新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 日本時間のランチタイムに合わせてビール片手に出かけた先は…


 台湾滞在も台湾ドルも残りわずかになりました。

最近はどこの銀行でも両替手数料を取るようになってるので、何とか残金だけで乗り切りたいのですが。しかし旅行の最後に美味しいものを食べたいという思いもありますので、お土産類を買わないことやクレジットカードで買える土産にすることなどを検討中です。

それで旅行者から教えてもらった鰻屋を試すことにしたのですが、日本時間に慣れるためと混まない時間を狙って11時過ぎに到着するように冷やしておいたビールを持って出かけました。店で飲むと高いので到着する頃に飲み切るようにという魂胆でした。鰻屋がある路地は人通りは疎らですので、歩きながら飲んでも顰蹙を買いそうじゃありませんでしたので。






 11時なのに鰻屋の前には行列ができていました。

(都合により続きは後ほどアップします)






 小雨になったので土産を探しに行きました。






 雨が止んでくれたので鰻屋へ行きました。








 こんな台湾限定のTシャツを見かけました。







 夕方から夜市の様子をチェックしてみました。








 このホテルのことは気がつきませんでした。








 この小さな映画館のことも知りませんでした。








 この新しいホテルができたことも知りませんでした。








 行列を見るとついつい試したくなりますよね。








 地下のスーパーで夕食とパンを買いました。








 微風の東急ハンズでくまモン見かけました。








 この商業施設のことも知りませんでした。








 台北久しぶりに猫を見かけました。








お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/27(土) 23:59)

 台南駅の近くから150台湾ドルの高速バスに乗って出かけた先は…


 今朝も早起きしてサッと朝食を済ませました。

あまり暑くならない内に早めに台南駅の近くのバス会社に出かけたのですが、タイミング良く待ち時間ゼロで台中行きのバスに乗ることができました。まあ朝の時間帯であれば30分に1本くらい出ていますので待たされるとしても許容範囲ですけどね。このバスWi-FiはありませんでしたがUSB端子は用意されていて、タブレットの充電はできました。






 2時間半ほどで台中の朝馬に到着しました。

(都合により続きは後ほどアップします)






 すぐにイケア行きの5番バスがやってきました。








 初めてイケアのビーフロールを試してみました。








 なんと日本語版の絵本が置いてありました。








 台中には誠品書店の支店は2軒ありました。








 公園では和めるスペースが工夫されていました。








 風変わりな屋外美術館を見かけました。








 台湾では熊のキャラクターをよく見かけます。








 台中駅方面に歩いて行くことにしました。








 大規模な河川改修工事現場を見かけました。








 昔ながらの自転車の屋台がありました。








 名物のアイス屋には行列ができていました。








 台中駅の工事もかなり進んでいました。








 夕方にもうひとつの誠品書店に行ってみました。








 イケアで荷物を取ってバスに乗りました。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/26(金) 23:59)

 台南の皆さんに愛されてきたような羊料理を食べて向かった先は…


 今朝は午前中はのんびり過ごしました。

午後からレンタル自転車であちこちに行く予定でしたので、体力の温存を考えてのことでした。なにせ台南は暑いので無理すると熱中症で倒れてしまいかねませんので。そろそろ帰国後のことも考え、また地元の皆さんに人気だという店が混まない内にと日本時間の12時30分くらいにランチに出かけました。

羊料理が80台湾ドルでスープとご飯を加えたセットが100台湾ドルとわかりやすい大衆的な店でしたが、ビールが40台湾ドルでしたので注文してしまいました。宿の冷蔵庫にカルフール高雄店で購入したビールがありますので悩んだのですが、誘惑に負けて1日1缶の掟を破ってしまいました。






 食後に地震の倒壊現場に向かって走りました。

台湾鉄道の線路を抜けて大学エリアを快適に走っていたのですが、信号待ちしてる時に熊本式という名前のラーメン屋がありましたので驚きました。本当に豚骨ベースのラーメンを出しているのか試してみたくなりましたが、つい先ほどランチを食べたばかりでしたので止めておくことに。それに台湾では熊本のことを「ショウベン」と発音するのでスープを飲むのは少し抵抗があります。(笑)






 不思議な名前の弁当屋さんがありました。

なぜか千葉という名前でしたが、美味しそうなネーミングじゃないですよね。日本人の千葉さんが始めた店であれば違和感はありませんが、台湾人のオーナーさんが日本に観光に行った時に成田空港を利用したことで千葉に決めていたりするなら笑えてしまいます。






 モールマニアの私はこれは認めたくありません。

郊外型の大きめのペットショップでしたが、たまにこのレベルでショッピングセンターと表示してある店があります。店主が壮大な将来構想を持っていて、それを実現させるために自分や従業員を奮起させるために表記したするのかもですが、私はそんな暑苦しい連中は大嫌いです。






 こういった看板は日本の影響だと思います。

料理人を対決させるコンセプト流行ったのは「ミスター味っ子」をパクった「料理の鉄人」あたりからだと思いますが、それがラーメンブームの頃に店主に怖い顔で腕組みさせる構図が一般化しました。まあ真剣に味を探求してるように見えるので好んで多用されるようになってるのでしょうが、日本文化が浸透してる台湾にも影響を与えているようです。






 2月に起きた台南地震の跡地の現在の様子です。

現場はすっかりキレイになっていて、周辺の建物も被害を受けた痕跡は見当たりませんでした。あれだけのビルが倒壊したわけですから、何か当時の悲惨な状況を物語るようなものがあるかと思っていたのですけどね。ちなみに現場から戻って当時の倒壊の様子を動画サイトでチェックしてみたら、ビルが道路側に倒れたので被害が最小限で済んだみたいでした。






 大型商業施設はまったく無傷みたいでした。

ビルの倒壊現場から3kmくらいしか離れていないのですが、建物が新しいので無傷だったようです。熊本地震ではこういった郊外型の商業施設は大きなダメージを受けて長期間の閉鎖を余儀なくさせられましたが、ここは翌日から通常営業だったのでしょう。






 大学エリアに不思議な建物がありました。

(都合により続きは後ほどアップします)






 これは日本統治時代の建物みたいです。








 なんと台南にもイケアの店ができていました。








 シャワーを浴びてスッキリして出かけました。








 林百貨店の入場制限は無くなっていました。








 郊外の誠品書店の支店をチェックしてみました。








 今日は夜市に行くのは止めておくことにしました。








 食後に京都風な路地をチェックしてみました。








お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/25(木) 23:59)

 殺風景だった台東の駅前が少しだけ賑やかになりそうだった理由は…


 今朝も早起きして宿の朝食をいただきました。

シャワーを浴びてスッキリしてから殺風景な台東駅に出かけたのですが、駅前でクレーン使っての工事を見かけました。強い日差しと雨から旅行者を守るためのものでしょうが、これで少しはマシになるのでしょう。どうせならカルフール高雄店みたいにモバイル機器の充電ができるベンチでも作ってくれれば良いのですが。






 台湾の列車はけっこう古い車両を使っています。

今日のは1990年製造の日立の車両でしたが、ソウルオリンピックの2年後と考えると長生きだなあと誰もが思うことでしょう。それでもスタッフたちの努力でキレイに使われているようで、清掃も30分毎くらいに回っていました。






 急に思いついて高雄駅のひとつ前で降りました。

6kmほど手前の鳳山駅でしたが、前回はバス出かけた大東文化芸術センターまで歩いて行くことができる距離でしたので。今日は夕方に高雄駅から台南駅へ向かう予定ですので、同じ場所を通ることも回避できますし。先にイケアに行って荷物を預けたいというのもありましたが、同じルートを通ることよりもマシでしたので。

鳳山駅前は大きなロータリーがありますが、何やら工事中でした。看板には線路を地下化するためのものらしきことが書いてありましたが、中心部の渋滞を解消するために高架化するのでは無く地下化することにしたみたいですね。






 初めて文化センターの丘に上がってみました。

前回は歩き疲れていて敷地内の奥にある人工的な丘の上まで上がる気になれなかったのですが、今日は高雄に着いたばかりで元気がありましたので。丘の先には川が流れていて、その先には派手な色の寺がありました。建築家が文化センターの世界観を保つために丘を造成して見えなくしたのか、あるいは風水的な理由があるのか。どなたか理由をご存知であればコメント欄で教えてくださると感謝します。






 行列に釣られて日式の弁当を買ってしまいました。

ランチタイムには少し早かったのですが、看板を見たら急にとんかつが食べたくなったのです。日本時間なら昼は過ぎていましたし、帰国前であっても本能に従おうという気になりました。値段も60台湾ドルと安くて、おまけでヤクルト風なドリンクも付くみたいでしたし。

近くにコンビニの看板が見えなかったのでビールを買うのはあきらめ、ヤクルト風なドリンクを少し飲んでからカルフールで購入しておいた酒を入れてみました。安い酒をそのまま飲むと不味いのですが、カクテルにすると意外にマシでした。これは我が人生での新しい発見でした。(笑)






 こちらはまだ工事が続いていました。

前回は屋根を取り付けていましたのでオープンしているかもと予想していたのですが、まだクレーンで資材を運び入れていました。このモダンなデザインの建物は台湾政府による劇場などの文化施設ですから工期が遅れているわけじゃないのでしょう。台湾も台風被害がある地域ですので、先に屋根をかけてから内部工事を行うことで時間がかかっているように感じたのかもしれません。






 70番のバスでイケアに行き荷物を預けました。

食後のデザートとして10台湾ドルのソフトクリームを食べながら外へ出たら、隣の完成したばかりの高層ビルとの間に別の建物が工事中でした。私が最初にイケア高雄店に来た時は周辺には何もなかったのですけどね。短期間でこれだけ変化することも珍しいでしょう。これも大陸の資金が流入しているためかもですね。






 イケアの近くにシネコンができていました。

身軽になった私は1kmほど南にある夢時代ドリームモールまで歩いて行くつもりでしたが、新しいシネコンの建物をチェックすることに変更しました。2階建ての倉庫風なものでしたが、これもイケア効果のひとつなのでしょう。以前はかなり荒れた感じの工業エリアだったと思いますが、周辺にはコンドミニアムが増えましたしね。






 熊本の水がエビアンより高い値段でした。

シネコンの中に紀ノ国屋みたいな洒落たスーパーがオープンしていたのですが、そこでくまモンがデザインされた水が高い値段で販売されていましたので驚きました。高雄からは熊本へチャイナエアラインの直行便が飛んでいるのですが、その関係で仕入れられたものかもしれません。






 カルフールでこんなのを見かけました。

回転寿司屋の前に置いてあったのは充電機能が付いた赤いイスでしたが、カルフール内ではWi-Fiも使うことができて便利でした。現在は日本やアメリカと同じ100VのソケットとうUSB端子を備えているのが一般的ですが、そのうちに置くだけ充電みたいなタイプに変わるのでは。






 初めて高雄のドーム球場に行ってみました。

偶然に知り合った台湾人旅行者と世間話をしていて、工事中の台北ドームが話題となりました。その時に高雄ドームもあると言われて、そういえば存在は知っているけど行ったことが無いことに気がつきました。それでイケアの裏手からバスに乗ってみたのですが、隣が郊外型の商業施設になっていましたので楽しむことができました。






 さすがに紀伊國屋にはこの絵本がありました。

その商業施設にはユニクロやダイソーなどの日本の進出企業がたくさん入居していたのですが、誠品書店ではなくて紀伊國屋もあって賑わっていました。ショーウインドーにくまモンの絵本が置いてあったのも日系の書店ならではのことでしょう。ちなみに期待した日本語のフリーペーパーはまったくありませんでした。






 呉さんのパン屋はかなりの人気みたいでした。

世界一のブーランジェリーに選ばれたことがあるという有名店らしいのですが、平日の夕方だったためか行列に並ぶ必要はありませんでした。残りの台湾滞在と財布の中の台湾ドルの残高を考えると99台湾ドルのバゲットを購入するくらいでちょうどよかったのですが、残念ながら売り切れていました。まあ台北にも支店はありますし、帰国便は夜行便なので最終日にお土産と共にクレジットカードで購入して持ち帰るという手もありますが。






 高雄でも誠品書店は頑張っていました。

三越やそごうの近くのファーイースト21デパートの10階くらいに出店していたのですが、天井の高さを活かした劇場型の内装はなかなか迫力がありました。その本売り場への通路や広い窓が印象的だった文具売り場なども見事でしたが、日本の流通業界の担当者がパクるために視察に来ていたりするのでしょう。






 高雄の新しい図書館もなかなかのものでした。

いつの間にかイケア高雄店の近くに完成していたのですが、こちらは仙台のメディアテークを少しパクっているような感じでした。最近はこのような新しい図書館を整備するのが流行っていますが、ロケーションとしてはあまり良くないかと感じましたが。もちろんLRTなども整備されて将来的には悪くない場所になるのかもですが。






 高雄駅でくまモンに似たPOPを見かけました。

これまでもあちこちで赤いほっぺの熊のキャラクターは見かけてきましたが、それらは微妙に顔つきなどが違っていましたのでパクりとは言えない感じでした。ところがこのイラストは胸の三日月部分を塗りつぶせばかなり激似してしまうことでしょう。もちろんこれを描いた人は偶然の産物だと言い張るのでしょうが、私はそんなことを信じる気にはなれません。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/24(水) 23:59)

 花蓮の宿に朝食が付いていなかったので試してみた料理は…


 花蓮の宿には朝食が付いていませんでした。

それで気温が上がらない内に近所に何か食べに行くことにしたのですが、なかなか良い店を見つけることができませんでした。15分くらい歩き回ってようやく地元の人たちが朝食を食べ続けている感じの店が見つかり、久しぶりに朝粥を試してみることにしました。40台湾ドルと微妙な値段でしたが、ちょっと具材が少なくて残念でした。






 食後に駅の近くでこんなのを見かけました。

パームツリーの切りかぶから新芽が出ていたのですが、私はこれは珍しいことだと思います。これまで世界中で数万本のパームツリーを横目で見てきましたが、これと似たものは記憶にありませんので。パームツリーは一度カットすると枯れてしまうものだとばかり思っていたのですが、意外と生命力が強いのかもしれません。






 これが花蓮で唯一のモールみたいです。

開店前でしたので内部の様子はわかりませんが、ユニクロも入居しているくらいの現代的なものみたいでした。低層ですが奥行きはありましたし、台北まで行かなくても普通のものなら何でも入手できるのでしょう。それが時代のニーズに適応した現代台湾の実情なのでしょうが、少し残念な気がします。台湾中が同質化しちゃう感じですので。






 これはガソリンスタンドじゃありません。

おそらく日本のマイクロファイバーの技術を使って水道水をキレイな飲料水に純化させて売っているものだと思いますが、この販売手法は欧米人旅行者には危険なのでは。まあ普通の人ならすぐにガソリンスタンドじゃないと気がつくとは思いますが、中には間違えてしまう慌て者もいるかもですので。






 これは日本軍の占領下の写真だと思います。

学校のフェンスに昔の写真を引き伸ばしたものが展示してあったのですが、90歳前後の現地人や台湾に移り住んでいた日本人たちには懐かしいものなのでしょう。私は花蓮2度目なのですが、前回とは雰囲気がずいぶん変わっていました。しかしモノクロ写真の世界は現在とはまったくの異次元です。もしタイムスリップすることができたら、日本語だけで観光できるのでしょう。






 予定していた11時の電車に乗れませんでした。

少し遠回りしてスーパーでビールを購入して駅に行ったのですが、乗ろうと考えていた列車に乗れずに次の列車まで1時間も待たなくてはならなくなりました。それで駅前のローカルな店で弁当とかハンバーガーなど買ってと考えたのですが、なんとほとんどコンビニに駆逐されていました。

かなり駅の周辺を歩き回ったのですが見つからず、結局は駅前のセブンイレブンで39台湾ドルのおにぎらずみたいなものを購入したのですが、まさかこんなことになるとは予想外でした。






 台東駅に着いてみたらやけに殺風景でした。

花蓮の駅前も賑やかな感じはしませんでしたが、こちらは駅前にコンビニさえもありませんでした。もちろん台湾鉄道の駅ですからWi-FiはありましたのでGoogleマップでチェックしてみたら、賑やかそうなダウンタウンまでは7kmほど離れているみたいでした。

鉄道駅を郊外に移転させてしまったみたいでしたが、小さな地方都市でそんな必要があるのか疑問でした。私は最近の利用者の利便性を無視した駅やバスターミナルの郊外移転が大嫌いなのですが、台東市の第一印象は最低のものになりました。






 バスで昔の鉄道駅に行ってみました。

明日の高雄行きの時間が早いのでGoogleマップで見かけた駅の近くの宿にチェックインしたのですが、花蓮の出発が遅れたこともあってシャワーは後回しにして駅前からミニバスに乗りました。

15分ほどで到着したのは昔の鉄道駅の跡地でしたが、線路の周辺は現代アートの展示などに活用されているみたいでした。旧駅舎の中には観光案内所があり、なぜか三重県産品の展示などが行われていました。






 駅前には真新しい商業施設がありました。

いかにも最近オープンしたばかりといった感じでしたが、やはりユニクロが入居していました。また3階にはシネコンもあり、台東のカップルのデートスポットになっているようでした。ちなみにユニクロの広告が入ったシャトルバスを見かけましたが、企業イメージのアップになる良い手法だと思います。






 駅前に不思議なデザインの建物がありました。

コンテナを3段に積んで作った土台に湾曲した形状の屋根をかけたものでしたが、おそらく現代アートの展示場や工房、事務所などに使われることになるのでしょう。この建物の裏の10階建てくらいの古いビルも構造だけ残して改装中でしたが、もしかしたら裏で繋がるのかもしれません。






 台東でも誠品書店が頑張っていました。

旧駅舎からアートっぽい建物が続く散歩道を歩いていたら、そのいちばん奥にスターバックスのサインが見えました。「そうなるともしかして…」と思ったら、やはり誠品書店の支店がありました。おそらく地方自治体からも困ったら誠品に相談してみようという感じになってるのかもですね。






 行列ができていた臭豆腐屋を試してみました。

少し遠いけど海が見えるところまで歩いてみようかと適当にブラブラしていたら、ある庶民的な雰囲気の店の前に行列ができているのを見かけました。臭豆腐の専門店で、メニューは大100台湾ドル、少が50台湾ドルの2種類だけというシンプルなものでした。

店の冷蔵庫には「卑酒35元」の貼紙がありましたので、これは絶対にスルーできないと行列の最後尾に並びました。私はそれほど臭豆腐が好みではないので少を頼んだのですが、これまで食べた中で最高の美味しさで大を注文しなかったことを後悔しちゃいました。






 ここも行列ができていたので試してみました。

昼にハンバーガーでも良いかなと考えていたのですが、おにぎらず風なものになったのです。夜は魚介類をと考えていましたが、偶然に行列と出会ったのも何かの縁と前向きに考えました。120台湾ドルのハンバーガーセットを頼んだつもりでしたが、出てきたのはフライドチキンのセットでした。行列ができる理由はわかりませんでしたが、それなりには満足しました。






 無料シャトルバスには乗れませんでした。

時刻表に最終は19時30分とあったので安心してブラブラしていたのですが、平日は18時30分が最終とのことでした。「それなら時刻表の文字を薄くするとか網点をかけるとか工夫しておいてくれよ~」と愚痴を言いたくなりましたが、不注意だった自分の責任です。待ち時間がたっぷりできたので夜のアートエリアをゆっくり散歩できましたので悪くはありませんでしたが。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/23(火) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア