新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 私が被災者になってみて感じたリーダーシップの重要性は…


 早いもので東京から熊本に戻って1週間です。

今日は雨上がりで空気がキレイになっていましたし、涼しくて過ごしやすくて悪くありませんでした。しかし人口が少ない熊本は刺激が無いのと、腹が立つニュースが多かったりしてストレスが溜まります。今日のローカル新聞のフロントページにあった熊本県知事に対する県民の評価も腹立たしいものでした。

熊本で2度目の地震が発生した翌日の午前中に避難所に様子を見に行ってみたのですが、水とおにぎりを貰うのに2時間待ちという話でしたので行政の災害対策の不手際にあきれました。熊本県知事の口癖は「県民の幸福量の最大化する…」でしたが、それは「平常時に限っては…」ということだったようです。

ちなみに2度目の地震ですべてのライフラインが途絶えましたが、30分で電気だけは戻ってくれました。それで怯えた老猫を膝に乗せてずっとテレビのニュースを見ていたのですが、熊本県も熊本市も行政のトップが被災者に対してメッセージを発することはありませんでした。政治家たちは税金を無駄遣いして私腹を肥やすことができる滅多に無いチャンスでしたので、被災者のことなんて優先順位が低かったのでしょう。






 避難所だった小学校に地震の名残はありませんでした。

昨年の春には体育館が避難所として使われていた当時の大鍋とか炊き出しの痕跡が残っていたのですが、おそらく昨年の豪雨被害を受けた朝倉などにボランティアさんが食材と共に届けたのでは。せっかくの善意の炊き出しの道具類は今年の7月の慰霊の日のイベント用に倉庫にしまってあるのでしょうが、もしかしたら別の地域で出番があるかもしれません。






 こういった応援商品も被災地ならではですよね。

花見のシーズン前に売り出されたものだと思いますが、復興に役立つならと購入された幹事さんも少なくなかったことでしょう。100円以下の第3のビールでは寄付のシステムが組み込まれた復興応援缶は見かけたことがありませんが、普通のビールを購入できる余裕がある人たち向けの企画なのでしょう。






 春の番組改編でこんな深夜番組が始まりました。

中京テレビで制作されている芸人が好きなことを喋っているだけのヌルい番組ですが、私は民放各社があいのりでネット配信を始めた頃に見ていましたので懐かしい感じがしました。

太田プロは熊本地震の復興ライブとかやってくれていましたし、上田氏は出馬すれば次の熊本県知事になれる人ですので、もう少し早く熊本で放送を始めれば良かったでしょうに。






 大型連休前に阿蘇では期待が高まってるようです。

3月に一時的に火口への立入禁止規制が解除されたのですが、火山活動が活発になって再び規制されてしまいました。それが大型連休前に再び解除されたのですが、4月14日前後から全国ネットの番組で阿蘇からの中継も多かったことから観光客の増加が見込まれているようです。

私は連休中は混むのでどこにも出かける気になれませんが、何か面白そうな催し物などがあればドライブに出かけてみたいと考えています。まあ阿蘇は変化は少なそうなのでシンガポールからの帰国後でも構わないのですけどね。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/25(水) 23:59)

 小雨が降り出した早朝にヤボ用で空港に行く途中に見かけたものは…


 今朝は早朝から小雨が降り出してしまいました。

ヤボ用で空港まで行ったのですが、18日に空港に到着した時はシャトルバスで肥後大津駅に移動して電車に乗ったので第二空港線は久しぶりでした。これは地震で被災した市民病院が移転してくる工場現場ですが、まだ基礎工事の段階でした。





 空港からは益城町に行ってみることにしました。

第二空港線と平行しているのですが、こちらは空港ができる前からあったと思われる農作業用の細い道路です。信号も通行量も少ないのですが、野生動物は多いみたいです。北海道みたいに鹿が路肩でお亡くなりになっていたのですが、畑のビニールハウスの中を横断して道路に出た形跡がありました。






 プレハブの益城町役場にも行ってみました。

くまモンの壁画が取り付けられたのはニュースなどで見ていたのですが、間近で見たのは初めてでした。業務用の大型プリンターで出力されたのかと思っていたのですが、地元の小学校の皆さんが農業用の黒い日よけシートで作ったものでした。






 古い益城町役場の解体工事はほぼ終わっていました。

地震の後に閉鎖された後に耐震補強して使い続けることも検討したみたいですが、補助金が出るので同じ場所で建て直されることになったようです。私は益城町は熊本市と合併すべきだと思いますが、そうすれば役場を新築する必要も無くなります。復興特需が終わったら人口減少社会に拍車がかかるはずなので、効率的な行政運営が求められているのですが…






 早朝でしたので益城町の復興市場は無人でした。

プレハブの店舗は相変わらず地味な感じでしたが、その裏手に建設されたばかりの個人住宅の庭には孫の名前が描かれた5月の節句の旗がありました。地震から2年が過ぎても益城町はメインのアクセス道路の詳細が決められないのですが、余裕がある人の住宅の復旧は進んでいるみたいです。それで仮設住宅の空室も2割ほどに増えているみたいです。






 益城町に寄り道したのはこれが目的でした。

解体された益城町の体育館の前の農協の直売所なら早朝から営業してるだろうと思ったのですが、意外に9時からでした。近くの農家のおじさんが納品に来ていましたので、顔見知りであれば購入することもできたのでしょう。まあ最近はスーパーの野菜の値段も下がっているので問題ないですが。






 まだ日曜日の町長選のポスターが残っていました。

今回の町長選には現職に新人が挑んだのですが、新人の人相が悪かったのが敗因だったようです。もしも若いイケメンが出馬していたら面白い展開になったかもですが、今回の町長選はこの面子でしたので開票する必要は無いほどの大差でした。






 被災した木山神社の解体が始まっていました。

ここも阿蘇神社みたいに崩れ去ったのですが、小規模なので全国ネットで報道されることはありませんでした。ようやく寄付金が集まりつつあるみたいで工事が始まっていましたが、小規模なので年内には完成するかもしれません。来年の4月には新しい神社の前からの報道が増えることになるのでしょう。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/24(火) 23:59)

 いただきものの5種類の九州ラーメンの中で最初に選んだのは…


 今日は初めての九州ラーメンを試してみました。

福岡から鹿児島までの5種類のご当地ラーメンをいただいたのですが、悩んだ末に最初はいちばんスープが濃そうな鹿児島ラーメンを試すことにしました。熊本のアベックラーメンと同じようにストレート麺の2食入りで粉末スープと風味油のセットでしたが、かなり本格的で美味しゅうございました。






 テニスコート横のビルの工事が始まっていました。

それほど古い建物ではないので外壁のタイルの剥離などの補修工事だと思いますが、本格的な梅雨の前にして防水工事なども施されるのかもしれません。年度末の先月までに公費での解体は99パーセント終わったそうですが、それで職人さんたちが補修作業にも取り掛かれるようになったようです。






 先日の益城町の町長選は現職が再選されました。

熊本地震で最大の被害を出した小さな自治体の町長選挙でしたが、私はこのオジサマは初めて見かけました。これまで仮設住宅で孤独死を防ぐことや町役場や復興住宅の建設の準備などに取り組まれていたのでしょうが、延長がなければ来年は忙しくなるはずです。夜の談合も増えるでしょうし。(笑)






 地震から2年を過ぎて最後の集会所が完成しました。

ごくわずかですが仮設住宅を出て新生活をスタートしている余裕がある人もいるのですが、集会所は仮設住宅がゼロになっても役に立つので問題ないのでしょう。ちなみに「みんなの家」は熊本県内にはこの宇土市のヤツで95棟目だそうですが、県人口で割ると約19000人あたり1棟になります。

熊本地震の直接の死者数は50人で、関連死者数は200人を超えました。その2年間の関連死者数の中で仮設住宅での孤独死が何割くらいかはわかりませんが、多過ぎだと思える集会所が何人かの命を救ったことは間違いないでしょう。






 ようやく内閣支持率が3割を切ってくれました。

トランプと同じように極右の支援者がまだしぶとく支持してるだけなのでしょうが、知り合いにそんなアホはいないので腐臭が我慢できないくらいのレベルになっているのに今でも本当の意味での「国民の敵」を支持する気持ちが理解できません。

円安に誘導し続けてもらいたい財界人や脳が筋肉質な連中が支持してるのは何となく理解できるのですが、まだオリンピックが無事に開催できると決まったわけじゃありません。

北朝鮮と裏取引してオリンピックが成功したということにできとしても、その後の経済的な落ち込みをリカバリーすることは原発の処理より難しいかもしれません。支持率がもう少し下がったらヒール役の大臣を辞めさせてしまう気なのかもですが、破れかぶれで離婚しての総選挙などもありえるかも。






 こんな意味不明な漫画の新聞広告がありました。

ヤングジャンプ連載中の「キングダム」のコミック50巻目の広告ですが、どうやら都道府県単位でデザインを工夫しているみたいです。それは最近の広告手法のひとつではありますが、熊本と何の関連があるシーンなのか私には理解できません。何か凡人は理解できないキーワードが隠されているのかもですが…






料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/23(月) 23:59)

 木曜日に300円カレーを食べ損ねたので試してみたものは…


 帰国後にわざと食べていない料理がありました。

水曜日に熊本に飛ぶことにしましたので、木曜日に300円になるカレーを食べようと考えて我慢していました。しかし木曜日はヤボ用があったので食べることができませんでした。それでドンキホーテで88円で安売りされていた「神戸牛すじカレー」というレトルト食品を試してみることにしました。

インスタント食品としてはなかなか美味しかったのですが、やはり大鍋でじっくり煮込まれた手作りのものとは違いました。来週の木曜日にはリベンジすることにします。






 今日4月22日は世界的にはアースデイです。

しかし熊本では特に環境関連のイベントは見当たりませんが、なぜか寺フェスという仏教関連のイベントが行われました。ビジネス坊主には興味が無いので、ゆめタウンに出かけたついでに2015年8月の台風で倒れた大江小学校シンボルだった大木の遺伝子を受け継ぐクローン樹をチェックしておきました。

樹齢118年で倒れた大木を再生させる「おおえのき100年プロジェクト」というものらしいのですが、現在のか細いクローン樹は簡単にへし折れてしまうのでイタズラが心配です。






 これは大江小学校の近くで見かけたタバコ屋です。

閉鎖されてしばらく経っていそうですが、その原因が地震なのかはわかりません。健康ブームで喫煙者が減っていたり、単に建物が老朽化して建て直されることになったのかもしれません。もしかしたら大江小学校の大木と共にすくすくと成長されたタバコ屋の看板娘が老衰で亡くなられたのかも。






 大江小学校の近くでこんなのを見かけました。

公園の入口に設置されていたキノコのオブジェですが、山ほどある候補の中からなぜ選ばれたのか不思議です。石を磨いて作ってあるのでそれなりに高そうですが、こんなものに予算を使うのなら遊具やトイレなどを充実させるべきだと思いますが。

もしかしたらキノコが不人気だったので大幅値引きされ、その差額が公園整備課の忘年会に使われたのかも…(笑)






 世襲総理はゴルフ旅行から帰ってきたようです。

森友問題などに加えて財務省トップのセクハラ問題など政権が末期的だと思える感じですが、世襲総理は支持率が低い者同士のゴルフを楽しんでのほほんと帰国してきたようです。

たしか世襲総理は女性活躍社会の実現を公約にしていましたが、「息を吐くように嘘をつく」典型的な政治家の血筋ですから最初から無理があったのでしょう。






 大型連休前ですからこんなCMがありました。

長崎の伊王島に作られたファミリー向けのアトラクションみたいですが、入場料の高さがネックになるかもしれません。

このCMではどんな内容なのかわかりませんでしたが、V字回復したハウステンボスを意識して口コミによる外国人観光客の動員を目指しているのかもしれません。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/22(日) 23:59)

 復興特需があるわりには変化が少ない熊本でオープンしたものは…


 熊本は相変わらず変化が少なくて退屈です。

私の旅行中に工事中の天守閣にシャチホコが乗せらりたりしましたが、それに建設中のMICE施設の鉄骨がワンフロア増えたくらいしかかわりが無いみたいです。下通アーケードに猫カフェがオープンしたのですが、それくらいしか変化が無いみたいですのでサミシイものです。






 こんな復興支援が時代に合っていると思います。

富士フィルムの方が被災地のために何かできないかと自問された結果、チェキのくまモンバージョンを中国で販売されて好評だという話でした。それだけなら効果は期待できないのですが、被災地のためにチェキに熊本の観光ガイドブックをオマケに付けてくれたそうです。これからくまモンチェキを持ってる人を見かけたらより一層親切にしたいと思います。






 眼鏡店が工事中の熊本城を広告に使っていました。

地震の前の熊本城の画像を使っている広告は山ほどありますが、工事中の熊本城を使ったものは珍しいと思います。「熊本の未来を見つめて…」という陳腐なコピーがありましたが、コンクリート製の陳腐な城を見つめて熊本の暗い将来を憂うということなのでしょうか。






 電車通り沿いのNTTのビルが解体されていました。

地震には耐えた3階建ての古そうな建物でしたが、固定電話の利用者は減少していますので復興特需に便乗することにしたのでしょう。私は携帯電話事業を切り離して、固定電話の初期費用を国民に返還しないやり方は日本最大の詐欺だと思いますが、JRや電力会社と同じように政治家やマスコミを抱き込んで長い時間をかけて国民から金を奪い続けるのでしょう。






 セブンイレブンでは新商品の販売が始まっていました。

地震の前から熊本県では生産量が日本一のトマトや赤牛などのイメージから「熊本の赤」というコンセプトで熊本県の食材をアピールしていましたが、それにはくまモンの赤いほっぺが紛失したと詐欺的に使われていました。

全国のセブンイレブンでご当地メニューは開発されているのでしょうが、熊本ではくまモンを無料で使うことができますので難易度は低くて売り上げも期待できそうです。個人的には試してみたくなる商品はありませんでしたが、キャンペーン最終日に売れ残りが半額になっていたら購入するかもしれません。






 熊本県の広報番組が少しだけ変わりました。

以前はくまモンと亀仙人みたいなキャラクターだけがやりとりするものでしたが、それにウサギと人間が加わりました。ウサギは亀との昔話があるので理解できるのですが、実在の人間をキャラクター化して登場させることは何が目的かわかりません。ちなみに私はこれまで念のために録画してましたが、早送りを停止することはほとんどありませんでした。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/04/21(土) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア