fc2ブログ


   新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 国内ドライブ748日目、熊本パルコ跡に建設中の建物の運命は…


 パルコ跡は予想した通りにOMO5に決まりました。

ホテルが乱立気味の熊本市の中心部に星野リゾートが進出することは予想外でしたが、決定したのなら星野リゾートの中では割安なOMOブランドなのだろうというのは簡単に予想できていました。それは日本各地の星野リゾートの宿泊したことは一度も無いけど外観をチェックしたことは何度もあったからでした。熊本のOMOも新築ですが、大阪や那覇のOMOをチェックしていたことも推定できた理由でした。

この2年半の感染拡大期は知名度がある星野リゾートであっても冬の時代だったのでしょうが、7月前半からスタート予定の県民割の全国拡大は大きなビジネスチャンスとなるはずです。1度は星野リゾートに泊まってみたい私も割引があれば宿泊してみたいのですが、8月以降にGoToトラベルが復活するかもしれないのでチャンスはあるかもしれません。

このタイプのホテルにはOMOレンジャーという街歩きをサポートするスタッフがいることで有名ですが、おそらく上乃裏通りや新町などを案内するのでは。OMO5熊本が開業する頃には漱石の坪井旧居もジェーンズ邸の工事も終わっているはずで、タイミング的には悪くないはずです。また熊本城も市役所側からも入場できるようになっているかもです。

台湾の半導体工場よりは星野リゾートの進出の方が活性化は期待できると思いますが、いくら知名度が高くてリピーターも多いとしても乱立気味なので景気が悪化すると経営は楽ではないでしょう。まあライバルは多いことは承知の上での熊本進出ですから星野社長には覚悟と秘策があるのかもしれません。また円安が続けば外国人観光客にALOFT風な面白いホテルだと口コミで人気となることもあるかもです。

熊本県民割である「くまもと再発見の旅」で再発見しまくったので熊本に関しては新米のOMOレンジャーよりは詳しいと思いますが、どの目線で熊本を紹介するのか興味があります。熊本城であればニセモノの天守閣ではなく石垣や宇土櫓に価値があることを、夏目漱石坪井旧居を紹介する場合には赴任した時に上熊本駅で降りて歩いたから「わが輩通り」ということなども付け加えると良いのでは。またふりかけや日赤などが熊本で始まったことなども盛り込むべきかと。

また勝海舟からの使者として坂本龍馬が熊本藩士で儒学者でもあった横井小楠に会うために熊本にやって来たらしいのですが、四時軒には多くの武士や客人が出入りしていたらしいので小楠は龍馬のことなどうろ覚えだったかもしれません。昔のことが詳細にわからないことを悪用して司馬遼太郎のおかげで昭和の高度成長期に有名になった坂本龍馬を過大に持ち上げようとする連中が多いのですが、捏造された偉人を観光に利用するのは高知や長崎に任せておけば良いでしょう。









 今朝の新聞は各紙でバラバラでした。









 石を投げに行きたいけど玉名は遠いな…









 また新しい珈琲店がオープンするようです。









 花立店は酒類の種類が少なすぎでした。









 益城の仮設住宅はまだ残っていました。









 益城の商業施設は相変わらずガラガラでした。









 新しいハンバーガー店が工事中でした。









 新しいチーズ専門店はなぜか休みでした。









 美術館の前に新しいバス停が工事中でした。









 富喜製麺所の前にも自販機がありました。









 再建された四時軒は7月に公開されるそうです。









 やはり龍馬は詐欺師でパクり野郎でした。









 今夜は大平燕と唐揚げにしてみました。











本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2022/06/28(火) 23:59)

 国内ドライブ747日目、我々の血税の正しい使い方は…


 納税者として納得できない話が多過ぎます。

日本の最大の課題である少子高齢化に対する政府の取り組みが少ないというのにロシアなどの脅威を煽ってアメリカの死の商人から高価な武器を爆買いしようとしているのですが、どこの国も攻めて来なければ税金の無駄遣いですし攻めてきたらら殺人をすることになります。それは現在のウクライナを見ればわかることですが、クーデターでも発生しなければ侵略を命じたプーチンが死ぬことはありません。プーチンは安全なクレムリンで何不自由なく暮らしているはずです。

同じようにプーチンを我々の血税でもてなした山口4区の世襲議員はアホノミクスの大失敗で日本経済を滅茶苦茶にしてしまいましたが、物価高騰で生活苦での自殺者が続出しているというのに逮捕もされずにのんびりゴルフを楽しんでいるのでしょう。世界に「原発はアンダーコントロールできている…」と大ウソをついて招致した東京五輪の予算は2倍以上に膨らみ、今後も負のレガシーとして昨年は生まれていなかった世代にも重い負担として残るわけですが、ゴリ押ししたポンコツは「日本選手がメダルを取って全国民が喜んだので…」と無茶苦茶なことを主張して涼しい顔をしています。

2019年の終わりに武漢でヤバい感染症が流行っているらしいと報じられた頃に緊急事態に対応する省を持たない日本では専門家を招集して正月返上で実務的な会議を行うべきでしたが、おそらくほとんどの政治家は地元に帰って忘年会をハシゴしていたのでは。今年のオミクロン型は沖縄や山口の米兵から広まりましたが、2020年の年明けは雪まつりなどを目的に来日した中国人観光客たちにより北海道で大流行しました。感染対策のイロハで中国からのフライトを止めるべきとの話はあったのに来日予定の要人に遠慮して中国人観光客の流入は止まらず、全国に広まってしまいました。

昨年末も後手後手総理は成田などの入国は納税者である邦人の帰国さえ制限しようとしていましたが、沖縄などの米軍基地に飛んで来る米兵はノー・チェックでした。そんな大失敗をしておきながら日本は未だに外国人観光客の入国をツアー客のみに制限しているのですが、それは7月10日の選挙で保守的な高齢者に投票してもらうためなのでしょう。現在でもオミクロン型の感染者数は増減を繰り返していますが、死者数は激減しているので欧米のように舵を切るべきですが。

世界中でリベンジ消費熱が高まっているので、日本の入国制限を解除さえすれば円安を享受しようと多くの外国人観光客が押しかけて消費してくれるのは間違いありません。非科学的な理由で入国制限を続けてビジネスチャンスを逃すと円安をさらに進めることになるので大迷惑なのですが、今でも志村けん氏のイメージが残ってる高齢者たちは外国人がコロナを持ち込むと盲信しているのでしょう。だからほとんどリスクがない屋外でのマスク着用にこだわっているわけですが、酷暑の中でマスク着用して健康のためにとジョギングしてたりするのを見ると熱中症で倒れろよと願ってしまいます。

また高齢者たちは台湾の半導体メーカーが熊本県に工場を建設することに異常に期待しているみたいですが、民間企業に我々の多額の税金が投入されていることをなぜ容認するのか不思議です。ワクチン製造もそうですが、元々の技術力や生産基盤はあったわけなので将来に備えて国内で製造できるように産官学で調整しておくべき課題でした。その大失敗を国民に詫びることなく足りないからとワクチンや半導体を輸入したりすれば円安になるのは当然ですし、安定供給のために熊本の工場やつくばの研究拠点のために我々の税金を国民にろくに説明もせずに大盤振る舞いするのは間違っています。

このつくばの新しい研究所では最先端の積層タイプの半導体の開発が行われるらしいのですが、台湾の民間企業に我々の税金を使うことが理解できません。また熊本県で建設中の工場で生産されるのは汎用型という話なので人材不足になるとは思えないのですが。熊本の新工場は台湾からリモートで管理することもできるでしょうし、いくら円安で日本人技術者を安く雇うことができるといってもインドのバンガロールなどの方が安いと将来的には日本人はお払い箱になるのでは。

日本は保守的な高齢者やアホな政治家のせいで国力が低下し続けているのですが、それが元凶であることをハッキリ指摘しないマスメディアにも責任があります。特に新宿御苑での花見に特別扱いで入場して大ウソつきに投票し続けた山口4区の有権者にはプーチンの支持者と同じくらいの責任があります。報道番組やワイドショーなどでは保守的なロシア国民を批判しているくせに世襲議員たちを当選させている日本の保守的な高齢者たちはまったく批判していません。侵略を命じているプーチンに較べれば経済政策の失敗で自殺者を出しているのはマシに思えるのでしょうが、日本の右傾議員たちは軍事費を倍増させてアメリカの死の商人たちを狂喜させ、攻撃されそうだと敵基地を先制攻撃しようとしているのに。

ブッシュはフセインが大量破壊兵器を隠しているとの勝手な推測で進軍してアラブ世界との対立を深めてしまいましたが、それと同じような失敗をするのはアホだし犠牲者を出してしまったら最悪です。第二次世界大戦で多くのアジア諸国に進軍して兵士だけでなく民間人も殺してしまった日本が同じ過ちを繰り返してはいけません。攻撃されそうだから先制攻撃するというのはウクライナ東部のロシア系住民が迫害されてるから救うというプーチンとなんら変わりませんので。









 地元紙だけ地震を大きく報じていました。









 空き店舗でエコなイベントをやっていました。









 また耐えきれなかった店が閉まっていました。









 パルコ跡の複合ビルはこの高さになるようです。









 老舗百貨店には「感謝」のメッセージが。









 熊本用に制作されたバッグもありました。









 70周年記念の絵画展は最終日で混んでいました。









 くまモンスクエアは今日もガラガラでした。









 キャンドゥの手前は空いたままでした。









 新しい飲食店の前も空いていました。









 今日はチキンとおつまみセットにしました。









 題字は熊本出身の書道家なのでしょう。











本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2022/06/27(月) 23:59)

 国内ドライブ746日目、熊本県庁を訪問した女性たちの将来は…


 またウクライナから避難民が来熊しました。

先に到着した眼鏡の大学生に続いて今度は27歳とアダルトな雰囲気の女性でしたが、熊本県庁でくまモンが自由だったので驚かれたのでは。若い大学生の方は日本のアニメ好きという話でしたのでゆるキャラブームのことを知っていたかもしれませんが、くまモンがグランプリで1位になって食品パッケージに印刷されたものや関連グッズの売り上げが1000億円を超えたと説明しても信じてくれないのでは。

くまモンなどが成功してるのを見て大学生はウクライナを支援するキーウ君とか発案するかもしれませんが、東京のウクライナ大使館までは黙認されても本国にプレゼンしたとしても「それどころじゃないだろっ!」と門前払いされそうです。まあくまモンを印刷するだけでこれだけ販売量が増えることは熊本県民だって予想できた人は少ないでしょうから戦時中のウクライナで通じないのは当然でしょう。どんな経緯で2人の女性が熊本までやって来たのか知りませんが、受け入れる側が民間団体であれば問題はありませんし、県知事やくまモンが職務時間に対応することも許容範囲でしょう。

しかし彼女たちに国費以外に税金から支出されることがあるのであれば特別扱いだと批判されるのでは。おそらくシリア難民やロヒンギャたちだと熊本で受け入れる団体も無いでしょうし、県知事もくまモンも時間を割いて会うことも無いでしょうから。もちろんプーチンのせいで戦闘のドサクサで強姦されるリスクが高まって母国で安全に生活できなくなった女性は気の毒ですが、それは他の難民だって同じですから。

もうひとつ気になるのはローカルニュースや地元紙で彼女たちのフルネームが紹介されていたことですが、日本に慣れて日本語が少しは理解できるまでにならないとヤバいのでは。もちろん受け入れ側の団体の皆さんは注意はするでしょうが、若い女性たちですからアホな大学生がちょっかいを出したりするのではと心配です。まあ彼女たちが熊本で交際や結婚しても構わないというのであれば自由なんですけどね。

ウクライナでの戦闘は長期化しそうですが、先に来熊した彼女たちを頼って3人目がやって来るかもしれません。ウクライナの人口は戦死者数が増えたとしても4000万以上はいるでしょうから戦闘が長期化すれば今後も日本へ避難してくる女性が増え続けるかもしれません。地震からの復興特需が終わった熊本からは出て行く人が増えそうなので住宅はますます余るようになるのでしょうが、避難民を支援する余力はどんどん低下してしまうでしょうから将来が心配です。

生活保護の受給者も増えそうですし、独り暮らしの高齢者も増加しそうです。やはりウクライナの避難民の受け入れは航空機利用ではなく船にして、日本に到着するまで生活習慣や日本語だけでなく老人介護などのプログラムも実施しておくべきではないでしょうか。もちろん以前にも書きましたが、行きは客室が空なので難民支援をしたいボランティアと支援する食料品や医療品を満載しておけば効率的でしょう。









 自民から裏金を貰っているから無理なのでは。









 中学生みたいなので無理だと思いますが。









 サウナブームを意識したポスターがありました。









 日曜だったので割と人が集まっていました。









 今日も風呂あがりにテイクアウトしました。









 今日は626水害の記念日という話でした。









 水害の季節なので県知事のCMがありました。









 熊本県も婚活イベントをやっていました。









 子供が生まれるとギフトが貰えるそうです。









 よくわからない本が出版されていました。









 久しぶりにまあまあの地震がありました。











本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2022/06/26(日) 21:30)

 国内ドライブ745日目、「検討と後手後手」の間違いなのでは…?


 熊本でも大阪の維新のCMが放送されています。

熊本ローカルのパチンコ屋のCMの後に急にカメラを睨みつける大阪府知事のアップが現れたりするので違和感があるのですが、熊本の4人の候補者は維新とは無関係なので広告費の無駄遣いだと思いますが。まあ今回はプーチンのせいで勇ましい雰囲気の政党に追い風が吹いているので維新は大阪のローカル政党から脱皮して全国的な広がりをと企んでいるのでしょうが、個人的に維新の生みの親の弁護士から後継者たちまで大キライなので目障りなので止めてほしいのですが。

目障りといえば全国各地をドライブ中に田舎道で見かけた歴代の自民党の総理のポスターも不快でした。山口4区の世襲議員の「日本を、取り戻す。」というのは何から取り戻すのか意味不明でしたし、密室で決められたポンコツの後継者は「国民のために働く。」という当たり前過ぎるコピーでしたので笑ってしまいました。その次の後手後手総理は「新しい時代を皆さんと ともに。」でしたので「新しい時代って何のこと…?」と見かける度に首を傾げさせられていました。

後手後手総理の中身はアホノミクスの焼き直しらしい経済政策の「新しい資本主義」でしたが、首相官邸のウェブサイトを見ても空虚でどこが新しいのかさっぱりわかりませんでした。後手後手総理は「新しい」と書けば国民はフレッシュでこれまでの閉塞感を払拭してくれると期待するのではとナメているのではと疑っていますが、プーチンや感染症や地球温暖化のせいで新しい時代はお先真っ暗でかなり深刻です。

野党が弱過ぎるので盛り上がりに欠ける選挙戦がスタートして党首討論も始まりましたが、ほとんどの党首が物価高などに矮小化しようとしているのでガッカリでした。また各党のキャッチコピーを見ても記憶に残らない空虚なものばかりでした。自民党は「決断と実行。」という短いものにしてましたが、なんと犯罪者の田中角栄のものと同じでしたので驚かされました。自民党の支持者の高齢者たちは昭和の高度成長期に日本を世界2位の経済大国に導いた田中角栄を懐かしむ傾向があるので、モラルの低下につながりかねないと批判されてもメリットの方が多いと考えたのかもしれません。

国会の答弁で「検討中で…」を連発して批判されたので「決断」と力強いイメージに変えて選挙戦を有利にしたいのでしょうが、聞く力はあっても決断力も実行力も無かったから沖縄や山口などで感染拡大を招いてしまったことは間違いないでしょう。決断力があれば日米地位協定があろうと米兵の入国にPCR検査を義務付けることくらいできたはずですから。後手後手総理のせいで沖縄県は今でも人口10万人あたりの感染者数はトップクラスで、せっかくの本土復帰50年の絶好の機会を生かすことができませんでした。また県民割の近隣県への拡大にも仲間外れ状態のままでお気の毒です。

これまでも沖縄に基地負担など押し付けておいて、沖縄の民意はハッキリしているのに辺野古の埋め立てなどは「決まったことだから…」と粛々と進めているので沖縄県民から帰れと罵声を浴びたのでしょう。それを「総理に対して失礼では」とか言うアホがいるようですが、足を踏まれっ放しの沖縄県民の苦難を理解できないアホなのでしょう。そんなアホな連中が田中角栄を懐かしんで後手後手総理が「決断」と書けば検討中では無いのだろうと信じてしまうのでしょう。

県民割の全国拡大である「全国旅行支援」キャンペーンは7月前半からとか節電ポイントキャンペーンは2000円くらいからスタートとの話ですが、そんなことくらいサッサと決断しろよと思いますが。GoToもワクワクもイメージが悪いからと県民割の全国拡大という無茶苦茶なことにして、その日程も検討中ですから決断なんて大ウソつきですよね。まあ選挙日の直前まで曖昧にしておいて選挙戦に陰りが見えたら物価高騰対策として大目の金額を発表する企みかもですが。









 人を不快にさせる顔は放送禁止にすべきです。









 与党に緩みがあれば少しは面白くなりますが。









 ナンバーが無い古い車を見かけました。









 古い納屋を改装した店がありました。









 かつて日本軍の飛行場があったみたいです。









 15分だけ無料公開されていました。









 なかなか見応えがある特集でした。









 雨上がりはキレイな夕陽を見ることができました。









 山芋焼きはなかなかの美味しさでした。









 明日は石を投げに行こうかな…









 今頃かよと思うJRの取り組みでした。










本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2022/06/25(土) 22:13)

 国内ドライブ744日目、シンガポールの友人から届いた画像は…


 シンガポールの友人から刺身の画像が届きました。

ドン・キホーテのハーバーフロントセンター店で購入して美味しかったという話でしたが、2パックで12ドルを超えていたので驚かされました。最近は円安なので1シンガポールドルは100円に近づいているのですが、私なら半額になっていても購入する気にはなれませんが。まあ日本からの空輸便らしいのでこの値段も仕方がないのかもですが、円安で日本のものは安くなっているはずなのに割高でしたので。

私はワクチン接種を済ませましたし、シンガポールの入国には何も問題ありません。タイも7月1日から外国人旅行者への保険の加入義務を撤廃するとの話なので東南アジアの周遊を模索しているのですが、那覇空港とチャンギ空港を結んでいたLCCが復活しないので躊躇しています。福岡空港からのバンコク便でも良いのですが、まだ先になりそうです。

8月のお盆前後の繁忙期は県民割の全国拡大である「全国旅行支援」キャンペーンは中止になるらしいので、その前からシンガポールなどに行きたいのですが、まだどうなるかわかりません。イケアがオープンしたマニラやソウルでも良いですし台湾でも香港でもどこでも良いのですが、円安なこともあって今のところ出かけられる状況ではありません。

昨年から来日を希望していた友人も日本の入国基準が緩和されないと無理ですし、こればかりはどうしようもありません。もしかすると7月10日の選挙後に外国人観光客を呼び込もうという気運が高まるかもしれませんが、それも高齢者たちが保守的なので期待薄です。今後もサル痘やデング熱、インフルエンザの世界的な流行なども続きそうですから。

IATAの幹部は「アジア太平洋地域では大半の国・地域でワクチン接種者は検疫を受けずに渡航できるようになったものの、PCR検査など出入国時の検査が旅客需要回復の足かせになっている…」と批判していましたが、日本政府は隣の中国がメンツをかけてゼロコロナ政策を推し進めているので影に隠れることができるとでも考えているのかもしれません。

諸外国から見ると日本は感染者数が低く抑えられているし、オミクロン型に置き換わってからは肺炎が悪化して急死する人は激減しました。もちろん医療現場の余裕がある現在でも基礎的な免疫力に難がある高齢者の皆さんにとっては安心できる状況ではないことは理解できるのですが、日本の国際的な評価が下がっていて円安目当てで来日したい外国人観光客をスルーするのは経済的な損失が大き過ぎるでしょう。

東京オリンピックの負のレガシーがこれから重くのしかかって来るのですが、無駄遣いした連中の責任追求はこれからビシビシやるとして開催地になって知名度が上がったことは利用すべきです。各国の大勢のメディア担当者がコンビニグルメや回転寿司などを紹介していましたが、入国規制を撤廃すれば大勢の観光客が押し寄せて東京や観光地の飲食店は大賑わいとなるでしょう。最近のパリでは腕時計や携帯電話を奪われる事件が多発しているそうですか、日本は外国人観光客にも安くて安全だと喜ばれて日本の景気回復にも役立つわけですからリスクが低いのなら割り切るべきだと思いますが。









 沖縄よりも参院選の扱いが大きい感じでした。









 もう徳富記念館の工事は終わっていましたが。









 ゆめタウンにエコステができていました。









 よくわからないイベントがありました。









 ゆめタウンも空き店舗だらけでした。









 かなり切実なメッセージもありました。









 「スノー」と言われても意味不明ですが。









 やはり大江でも大量陳列されていました。









 列車を貸し切りのキャンペーンがあったようです。









 風呂あがりにかた焼きそばを注文しました。









 これはeスポーツだとは思えませんが。









 桜十字の快進撃は止まりそうにありません。














本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2022/06/24(金) 22:05)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア