新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 今こそdoing…?北海道知事がやるべき事とは?
chijidesu

 首都圏に台風上陸みたいですが、北海道も雨です。

勢力が衰えないまま北上してくるとすると、収穫期を迎えている北海道の農業に大打撃を与えるかもですが、もうひとつ台風以上のインパクトとして心配されているのが日豪のEPA交渉でして、9月1日に北海道文化放送でやってた「知事です 今こそdoing 北海道」という番組ではそのEPAについて警鐘を鳴らしていました。

EPAについては以前にも書きましたが2国間の取り決めでして、農産物や畜産関係がオーストラリアと競合する部分が多い北海道では拓銀の破綻以上の深刻な影響があると懸念されているのです。最近では苫小牧にトヨタ系の企業が進出したりしていますが、まだまだ第1次産業が盛んな北海道ですから、再選されたばかりの知事が番組で取り上げたい気持ちは理解できるのですが、 私は日豪の交渉は国の仕事だと思うのですけどね。肝心の農水大臣がコロコロと変るので、知事が「どがんかせんといかん」と考えるのは当然かもですが、知事が「今こそ」取り組むべきことじゃないと思うのです。



morisaki

 番組の最後はちょっと恥ずかしい感じでした。

大泉洋の所属事務所のタレントさんが北の大地の真ん中で「だって北海道が大好きだから!」と叫ぶというベタなものでしたが、そんな終わりかたじゃ説得力が無いんじゃないかと心配になりましたよ。まともな北海道の人間は地元を愛しているでしょうし、貿易の自由化により道内の産業に悪影響があることにたいしても危機感を持っていることでしょう。しかし600万人ほどが頑張っても国の方針が変らなきゃ日豪EPAは北海道の農家に不利な方向で進みそうだということもうすうす理解してるんじゃないかと思いますよ。

これから資源国であるオーストラリアの通貨が上がり、日本の富裕層が預金を国外に避難させたりすることにより円が下落したりすれば、北海道の農家の皆さんが心配するほどの被害は無いんじゃないかなと私は考えています。それよりも円安により燃料や輸入飼料が上がることの方が深刻なんじゃないかなと思うのですけどね。知事が成すべきことは様々な状況に応じてきめ細やかな止血や緊急手術を行う体制を作っておくことだと思います。大きなことは国に任せるとしても、初期の対策は重要ですからね。



doucyouP

 これはSTVの早朝のニュースでやってたものです。

これまで道庁のエレベーターやウェブサイトにCMを入れたり、体育館のネーミングライツを販売したりして収入を得ようとしてきたのですが、今度は道庁横の来庁者用の駐車場を民間に貸すことにするということでした。道の財政は真っ赤ですから、なんとか少しでも改善したいという気持ちは理解できるのですが、北海道庁が駅に近い一等地にあり続けることが時代遅れなんじゃないかなという気がします。

最近は建物の更新時期に郊外移転する地方自治体が多いのですが、北海道庁や札幌市役所なども中心部の土地を売却して郊外の未利用地に移転すべきじゃないかなと思いますよ。たとえば地下鉄東豊線を札幌ドームの先まで延伸させて、広大な羊が丘の試験場に公共機関を集めるというのも面白いんじゃないでしょうか。もちろん中心部にも最低限の手続きなどが可能な機能を持つサテライトオフィスみたいなものは残すとして、道や札幌市の中核機能は郊外に集約しても良いんじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/06(木) 20:33)

 朝まで激論とはならなかった知事選候補の公開討論会
araishikouyaku

 本日の札幌の積雪は13cmほどあったみたいです。

我が家の周辺では強風で飛ばされたためか、あまり多くはなかったので雪かきはさほど必要ではありませんでした。シーズンの最後にドカ雪が降ることを覚悟していたのですが、温暖化の影響もあるみたいですから今週で雪は最後になるかもですよ。

先ほどの夕方のニュースで民主党候補のマニフェストが出て、これで知事選の3人のものが揃ったのですが、どれもあまりピンとこないのですよ。特に候補選びが難航した民主党のものは現職との違いが感じられません。退職金の廃止を打ち出したのは新しいのですが、どうせ自分には関係無いからだろうという感じもしますしね。(笑)



dousuru

 これは数日前の深夜に北海道テレビで放送されたものです。

「朝まで激論 どうする!北海道?知事選立候補予定者・公開討論会?」というタイトルの番組でしたが、激論なんて皆無でしたよ。3人の知事候補が行儀良くいかにもといった持論を述べて終わりだったのですが、非常に退屈な内容でした。

ずば抜けて背が高い共産党候補が真っ当な事を喋っていたのですが、自民と民主の候補にとんでもないスキャンダルが表面化しない限り当確ラインに乗るわけは無いですから意味がありません。

左の民主党候補は女性票を獲得することはできないでしょうから、現職が投票日直前に病気で入院でもしない限りは無理なんじゃないかなと思いますよ。現職に対して北海道出身ということを強くアピールしても劣勢を立て直すことは難しいんじゃないでしょうか。



tochijikouho

 それに比べると都知事選の方がマシかもですね。

丸山弁護士が出馬しないことにしたようですから票が割れることがなくなりましたので、石原が落選する可能性が出てきましたからね。もちろん石原は前回も300万を獲得したわけですし、未だに支持してる都民も多いのですが、批判される材料が前回とは違いますからね。

まあこちらも直前に吹く風によって当落が決まるのでしょうが、無風に近い北海道に比べたらはるかに面白そうですよ。北海道知事選のことは全国ニュースでも取り上げられることは少なそうですが、きっと乱戦模様の夕張市長選のことは多くの局で報道されることでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/03/13(火) 20:21)

 hibi.N and Oton
hibin

 早朝は強い雨でしたが、昼前には上がってくれました。

しかし午後からも気温が上がる気配はなく、寒い1日となりそうですが札幌ドームだけは日本シリーズ前の練習試合をやるらしいので「熱い」のでしょうね。私も出かけるつもりで早めにブログを更新しているのですが、窓の外の寒そうな景色をみると早めにベッドに入って本でも読んでおいた方が良さそうにも思えます。ホームセンターに行かなければならない用事もありますし、札幌に3年も住んでいるのに一度も札幌ドームには行ったことがないので、雨がまた降りださない限りは行くつもりです。その結果は明日にでも報告しますよ。

北海道はアウトドアの季節は終わって、これからは暖かい室内で楽しむシーズンになりますが、薪ストーブの前でペラペラとめくるのが似合いそうな北海道の雑誌がありました。この「hibi.N」という雑誌は少し前に創刊準備号というのを見た記憶がありますが、いつの間にか定期的に出版されているようです。ハイティーンから第2次ベビーブーマーあたりのネイチャー志向の読者をターゲットにしたような雑誌で、それなりに頑張って作っているような感じです。しかし内容は薄くて喫茶店や美容院でめくるのなら問題ないでしょうが、私はお金を払ってまで購入したいと思うようなものではありませんでした。

それとは対照的に創刊されたばかりの「Oton」という雑誌は団塊の世代がターゲットのようで、札幌のおじさんたちが馴染みの寿司屋を紹介するような退屈な企画が長々とありました。札幌でも多少は景気回復しているみたいですから、このような雑誌も登場したのでしょうが、コンサバティブすぎて面白くありません。両方の雑誌はそれなりにそういった情報を求めている人がいて成り立っているのでしょうが、私の予想では両方とも長続きはしないのではないかと思います。



neoneo

 これは最近よく見かける札幌のフリーペーパーです。

ホットペーパーみたいなクーポンマガジンに1月分のテレビ番組表がついているもので、役に立たないことはないのですが文字が小さすぎて私にはツラい感じですよ。

私はテレビ番組はインターネットの番組表で片っ端から予約して、コマーシャルやつまらない前置きなどをガンガン飛ばして見るような生活パターンになっていますので紙媒体は必要ではないのですが、ベッドサイドに置いておくと便利ではあります。また要らなくなったら薪ストーブを点火する時にも役に立ちますしね。(笑)



jobcafe

 本日の気になったCMはジョブカフェのイベントです。

本日と明日、スピカで就職活動のイベントがあるみたいですが、今年はどのような感じなのでしょうね。先週見たある番組では東海地方の求人率はえらいことになっているみたいですが、北海道のは本日の気温と同じで寒?いのではないでしょうか。

高校野球は準優勝でしたし、プロ野球も優勝しましたので盛り上がっているようですが、経済面ではあまり良いニュースは聞こえてきません。ファイターズ人気で札幌ドームの経営は黒字になったそうですが、会場のスピカはどうなのでしょうね。天井が開閉式のユニークな建物なのですが、空いているのは見たことがありませんが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/10/17(火) 17:37)

 夢プロジェクトほっかいどう
yumeproject

 本日は秋晴れの中、今年最後のBBQでした。

旅行中に何度も落とした私のデジタルカメラがついに壊れてしまいましたので、その画像はありません。BBQの帰りに100円ショップで精密ドライバーを購入して分解掃除しているのですが、複雑なズームレンズの部分ですから慎重にやらねばなりません。ヨドバシカメラのポイントが貯まっていますので新しいものを購入しても良いのですが、ソフトバンクから通信料が個定の高性能なPDAタイプのものが出るのではないかなと予想していますので、このタイミングでは中途半端なものは買いたくないのですよね。

本日の画像が無いので、BBQをやってる時に日本テレビ系列の札幌テレビで放送された北海道の広報番組について書いておきたいと思います。これは以前にもこのブログで紹介したことがある「夢プロジェクトほっかいどう」という子供向けの番組ですが、今回はハイテンションアナウンサーの内山さんが司会をしていらっしゃいました。今回のテーマはバイオマスで、十勝地方で実験中のバイオガスプラントや私が最近注目している木質バイオマス利用のペレットストーブなどについて紹介していました。

残暑に苦しんでいる東海地方などの皆さんからは信じられないかもしれませんが、北海道は短い秋を経て10月末には初雪が降り、4月まで雪景色が続くことになります。つまり半年近くが冬の気温というわけで、灯油価格が高騰する中で道内で割安で自給出来るエネルギーの確保は当然なのです。道内にたくさんいる家畜の糞尿を活用するバイオガスや、間伐材や熊笹などから作れるペレットの利用は化石燃料を消費しないことからもエネルギーを多く消費する北海道民にとっては当然の選択だと思うのですが、今のところ安定供給の体制が確立されているとは言えませんので普及していません。

個人的には化石燃料を使う暖房手当は全廃して、バイオマスを活用する暖房に補助金を回すようにすれば急速に意識変化が起きると思うのですが、真冬に室内で半袖で暮らせるほど暖房を使うことが良いと思っている古いタイプの価値観を壊すのは難しいかもしれません。

ちなみにさすがに最近は涼しくなりましたので少なくなったと思いますが、8月中はエンジンをかけたままクーラーを効かせて昼寝している営業マンらしき人をたくさん見かけました。ガソリン代は会社持ちだからというわけでしょうが、生産性を下げた上に環境破壊まで行うとは信じられません。同じような気候のスカンジナビアでは一定時間以上のアイドリングは罰金という話ですが、北海道でも導入していただきたいものですよ。ついでに冬場に自動車内の暖房を効かせるためのリモコン方式のエンジンスターにも特別な税金をかけてほしいものですよ。(笑)



cup

 本日の気になったCMはカップシチューのものです。

これは新製品のようで初めて見たものですが、有名なタレントさんが出ていてお金がかかっているようですから、11月くらいになれば北海道以外でも放送されるようになるかもしれません。以前にも書きましたが、まだ昼間は北海道でも25度くらいはありますのでシチューのコマーシャルは違和感があります。しかし道民生活も3年目になりますので、このようなことにも慣れてはきました。でも何とも感じないようにはなりたくないものだと心ひそかに願っております。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/09/03(日) 20:48)

 元気!ミルク大学
milkuniv

 今日も理想的な秋晴れの北海道の週末でした。

昼間はTシャツ1枚でちょうど良く、夕方にはスウェットが必要なくらいで、関東なら9月末か10月初旬の感じでしょうか。いやホントに北海道は良い所ですよ。10月末から5月まで寒くなきゃですが…(笑)

今朝はヤボ用で出かけた後に近場の農業イベントを冷やかしてから昼過ぎに帰宅して、この録画しておいた変わった番組を追っかけ再生したのですが、なんとも不思議な内容でしたよ。

10年前から毎年のように子供を集めてミルク大学という3泊4日の体験イベントをやってるらしくて、この1時間の番組はそれをまとめたものなのですが、いったい誰が見るのでしょうね。私のような物好きな人は少ないでしょうから、参加した子供の家族や酪農関係者くらいしか見ないのではないでしょうか。(笑)



tanakayoshitake

 番組はスポンサーの牛乳普及協会の意向に沿ってるようです。

ミルクが苦手な子供が、イベント会場である酪農学園大学の卒業生の田中義剛や一般のサポート役の学生さんたちとの共同生活と共に飲めるようになるのです。中には最後までミルクを受け付けない子供がいたかもしれませんが、番組は亀田のボクシングを中継したTBS系列の北海道放送ですから「無かったこと」にするのでしょうが。

子供たちは牛さんとふれあい、乳搾りなどいろんなことを体験して、最後には屋外でジンギスカンを食べながらの卒業パーティなのですが、この時もミルクが添えられていましたが、ジンギスカンとミルクなんてちょっとお気の毒ですよね。

しかしこんな企画や番組をやるなんて、さすがに北海道ですよね。他の地方ではこんなことはやってないですよね。西新宿のマクド本社にハンバーガー大学とかいうのはあるみたいですが…(笑)



onchan

 本日の気になったCMはテレビ局のものです。

テレビ朝日系列の北海道テレビのキャラクターのONちゃんがミルクを持っているのですが、このCMはちょと不思議なのですよ。

まずお母さんが冷蔵庫から牛乳パックを取り出して、2つのコップに注ぎ始めると片方が足りなくなり、それを見ていた兄弟らしき二人がゴクリと唾を飲むとお母さんが2本目の牛乳パックを出して2つのコップに平等に注ぎ終えて、めでたしめでたしといった感じなのですが、これってどのようなメンタリティで作られたのでしょうね。大スポンサーである北海道の酪農業界へのヨイショかな…?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/09/02(土) 19:57)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア