新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 午前中から晴れてくれたので自転車で出かけみた先は…


 今日は午前中から晴れてくれました。

もう雨の心配は無さそうですし、気温も上がりそうでした。それで自転車で熊本城などに出かけることにしたのですが、それは避寒旅行に出かけるまでにチェックする機会が無いかもと考えたからでした。まだ九州は15度前後の日が続きそうですが、来月には10度を超えることは無くなるでしょうし。






 熊本城に行く前に少し寄り道してみました。

今年の1月6日に桜町の工事現場の一般公開を見学した後に小泉八雲の旧居の前の入場無料の看板を見かけて初めて足を踏み入れたのですが、当時は復旧工事が終わっていなくて建物の一部だけしか見ることができませんでした。

それが工事が終わって10月6日に再開したという話でしたが、しばらくの間は入場無料を続けるみたいでしたので寄り道してみました。さほど広くは無かったのですが、展示内容はなかなか楽しめました。くまモンスクエアから徒歩5分ほどですので県外の方にもオススメできますよ。






 桜の馬場の駐輪場に自転車を停めました。

観光案内所をチェックして二の丸広場行きの無料シャトルバスに乗るつもりでしたが、出発まで少し時間がありました。それで飲食店や売店の変化をチェックしてみることにしたのですが、熊本城の復興に便乗するような福袋みたいなものを販売していましたので辟易させられました。






 二の丸広場のイベントは地味な感じでした。

なぜか熊本城の反対側にステージが作られていましたが、熊本城の見学に来た観光客に配慮したためかもしれません。屋台の料理もたいしたことが無いみたいでしたし、これだけのためにやって来た人はガッカリしそうな感じでした。






 天守閣には白い屋根がかけられていました。

最上階部分が一時的に撤去された後に新しい屋根が乗せられて、これから瓦や鯱が乗せられるみたいです。これから冷え込む季節になりますので寒風の中での作業を楽にするために屋根が用意されたのかもですが、天守閣前の広場で軽いチタン製の瓦を乗せた後にクレーンで吊り上げて設置すれば良かったでしょうに。






 今日の新しい発見はこの元太鼓櫓でした。

以前は崩落の危険があるので近づけなかったのですが、それが10mほどの距離で見学できるように規制ラインが配慮されていました。たしかこの櫓と奥の西大手門は築城400周年の前後に再建されたものだと思いますが、重たい建物を再建させたことにより石垣が崩れたのか分析する必要があるのでしょう。






 飯田丸五階櫓は今日で見納めになるかもです。

私が地震の翌朝に様子を見に行った時に「これは数時間後に余震で倒壊するだろうな…」と思ったのですが、鉄の爪と言われたサポートの仕組みが間に合いました。その後に坪井川のほとりから鉄骨で支えられて鉄の爪はご用済みとなりました。それで近いうちに櫓は再建のために撤去されてしまうそうです。






 環境フェアは盛り上がっていない感じでした。

昔はダイエーだったCOCOSAの前にいくつかのブースが設置されていましたが、あまり通行人にアピールできていない感じでした。それぞれのブースの担当者はそれなりに努力をされているとは思いますが、立ち止まって内容を確認してみたいものは皆無でした。こんなイベントをやるより「不都合な真実2」の試写会でもやった方が効果的なんじゃと思いますが。






 このイベントはスルーすることにしました。

それは会場の西区のアクアドームまでのガソリン代を考えると野菜を買いに行く気になれないということもありましたが、このありがちなデザインのCMを見かけて「JAが支配してる日本の農業には夢も未来も無えよっ!」と思ったからでした。もちろんAIを駆使した新規参入組であれば将来性があるので会場が遠くても見に行きたいのですが。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/18(土) 23:59)

 わざわざ少し離れた国分のスーパーまで買物に出かけた理由は…


 今日は晴れたのに気温は15度くらいでした。

青森などでは初雪だったみたいですのでマシなのでしょうが、いよいよ押し入れからストーブを出さねばなならいと思うと憂鬱です。まだ避寒旅行に出かけるまでかなりありますので。

午後から食料品を買いに出かけことにしたのですが、全国ネットの番組で見かけた暴言市議の自宅をチェックするために国分のスーパーに行くことにしました。その祖父の代からの住宅は石垣が立派で敷地も広そうでしたが、隣の家は天井が抜けていました。地震でダメージを受けたとすれば修理をしそうなものですが、放置してあるのは何か理由があるのかもです。






 ついでに疑惑のマンションもチェックしました。

テレビ朝日のモーニングショーによりますと、暴言市議の母親が所有してるマンションの空室を熊本市が税金を使って借り上げているのが怪しいと報じていました。つまり口うるさい市議のご機嫌を取りたい熊本市の職員が忖度して契約しているのではという疑惑でしたが、今治の獣医学部の疑惑を1000分の1くらいに小さくしたようなものかもしれません。

熊本市長は定例会見で行政が歪められていることを市民に謝罪していましたが、水面下では暴言市議に辞職してもらうように説得中なのかもしれません。ただ3度の辞職勧告を出されても無視するくらい復興特需でおいしい思いをできるみたいですので、よほど良い条件を出さないと辞めないかもですが。






 今日は花畑広場でイベントがあったそうです。

天草エリアの食料品を集めたものでしたが、同時開催でビールを1杯100円で売るイベントもやっていました。今日はボージョレヌーボーの解禁日でしたので、ワインも100円で提供することにしたみたいですが、少し心が動かされました。






 今度は市議のW不倫が話題になっていました。

その疑惑の横浜市議は熊本のホテルで逢瀬を楽しんでいたという話ですが、熊本の市議たちの間ではいろんな噂で盛り上がっていることでしょう。週刊誌に熊本から羽田空港に戻った後のキスシーンを撮られているのに強気でマスコミ対応しているみたいですが、時間稼ぎして理論武装するつもりかもですね。






 先日は坂本龍馬の誕生日だったみたいです。

そんな時に詰め込み型の教育から脱するために龍馬たちの名前を教科書から消すかもしれないという話が出てきたのですが、知名度が高いわりにはたいした実績が無いので当然だと思います。自分のバンドに海援隊と名付けるようなマニアの龍馬ファンのオジサマは大いに不満でしょうが、歴史の教科書を好みで勝手に改竄しちゃいけないので我慢すべきでしょう。

しかしたちが悪いのは坂本龍馬を偉人扱いする連中は業績を美化することに罪悪感が無いことです。私も龍馬の功績がゼロだと言う気はありませんが、幕末の時代に理想に燃えていた大勢の青年たちのうちの一人でしかないと思いますが。龍馬が本当に偉人であったのであれば司馬遼太郎が「翔ぶが如く」や「竜馬がゆく」を書く前に有名だったはずですけどね。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/15(水) 23:20)

 晴れてくれたので郊外に出かけてみることにした理由は…


 熊本は今日もスッキリと晴れてくれました。

それで益城町を抜けて大津町のイベントに出かけることにしたのですが、まずはローカル番組で見かけた益城町の九州ラーメン党や妙見神社の近くの仮設住宅をチェックしてみることにしました。それは日本で初めての障害者向けのものでしたが、なぜわかりにくい住宅地の中に作られたのかは謎でした。






 益城町で少し野菜類を購入しておきました。

それから畑の中の断層を捜しに行ったのですが、その途中にあった津森神宮で休憩することにしました。この神社のことは知らなかったのですが、やはり地震の影響を受けて少しだけ傾いていました。なかなか雰囲気がある神社でしたが、宮司も含めてまったくの無人状態でした。周辺には数軒の民家は残っていましたが、仮設住宅暮らしが多いためかもしれませんね。






 畑の中の断層は既に消え去っていました。

数ヶ月前に見た番組ではこの黄色い重機がある場所にくっきりと断層が残っていたのですが、来年の作付けのために改修工事が行われていました。断層の名残りは畦道に残っていたのですが、それは事前に知識が無いとわからない程度でした。






 空港の北側の熊本県畜産市場に行きました。

この施設のことは空港の北側のメガソーラーをチェックした時に知っていたのですが、敷地内に入るのは初めてでした。そこは熊本県内の畜産関係者の家族で賑わっていたのですが、中央の体育館みたいな建物の中では乳牛の品評会みたいなものが行われていましたが、その基準はまったくわかりませんでした。






 大津町の被災した文化財に初めて行ってみました。

地震が起きる前から名前だけは知っていた江藤家住宅という地域の豪商の住宅でしたが、被害が大きかった益城町にも近いことから大きなダメージを受けてしまったそうです。全国ネットのニュースでは取り上げられないと思いますが、その修復中の現場が今日のからいもフェスティバルの関連で一般公開されるということでしたのでチェックしてみました。

その被害は想像した以上のものでしたが、道路が狭い上に樹木も生い茂っているので大型クレーンなどを導入できないので修復には5年はかかりそうという話でした。場所も把握しましたし、これから完成するまで不定期に見守ることにします。






 最後にからいもフェスティバルに行ってみました。

毎年この時期に大津町のホンダの工場の敷地内の広場で行われているのですが、ここも敷地内に足を踏み入れることは初めてでした。普段は従業員が使っているであろう駐車場に停めてからシャトルバスに乗って会場に行ってみたらくまモンのエアー遊具が2体もありましたので驚かされました。





 これは熊本市内に戻る途中に見かけた線路です。

9月3日に成田から熊本空港に着き、無料のシャトルバスに乗って肥後大津駅に到着しました。それから新水前寺駅までJRに乗ったのですが、その反対側の阿蘇方面への線路は阿蘇大橋と共に土砂崩れで押し流されてしまいました。それで肥後大津駅の先の線路は錆び付いてしまっていたのですが、鉄路が阿蘇方面に復活するのはいつになるか決まっていないみたいです。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/12(日) 22:34)

 小雨の中を早朝から高速に残って出かけてみることにした理由は…


 今朝はまだ昨晩の雨が少しだけ残っていました。

そんな中を植木インターから高速に乗るために国道3号線を北上したのですが、トイレに行きたくなったので新しい道の駅に寄ってみました。2011年に熊本市が政令指定都市になった時に合併されて北区になった植木はスイカ栽培が盛んなのですが、今週末にはいろいろとイベントがあるみたいでした。






 太宰府インターで降りてくまカフェに行きました。

福岡空港の近くのボーリング場みたいな建物をリノベーションしたっぽい九州国際観光広場という団体旅行客を相手にしたような施設の中にくまモンのカフェがオープンしたというのを見かけたのでチェックしてみたのですが、上海のカフェと似たようなレベルでした。くまモンは小山氏が考えられた「くまもとサプライズ」というコンセプトのおまけですので、もう少しサプライズの要素を盛り込むべきだと思いますが。






 天神に向かう途中にあった施設に寄ってみました。

シンガポールの友人と関西をドライブした時に立ち寄ったことがあるコンペイトウの会社の福岡支店でしたが、なぜか入口で靴を脱いでスリッパに履き替える必要がありました。この会社は創業者の会長さんが王様のコスプレで取材に応じているのを何度かバラエティ番組で見かけたことがありましたが、施設名の王国は大袈裟過ぎると思いますが。






 まず六本松にできた蔦屋書店に行ってみました。

かつて九州大学があった六本松駅前の一等地が再開発されたのですが、その東側の福岡市科学館のビルの2階部分には蔦屋書店が入居したと聞いて楽しみにしていました。

大濠公園の南側は落ち着いた感じのマンションが建ち並ぶ高級な住宅街ですし、既に福岡には数軒の蔦屋書店がありますので新築の物件を生かした面白い仕掛けがあるのではと予想していました。しかし最新の支店であるのに中途半端でしたのでガッカリさせられました。






 ランチは久しぶりに海老フライを食べました。

六本松の再開発ビルに隣接した立体駐車場の料金は1時間300円でしたが、テナントで2160円以上を買物すると無料になるという話でした。2階の蔦屋書店でも1階のボンラパスというスーパーでも買いたいものはありませんでしたので、1階の道路沿いのカジュアルな食堂で食事することにしました。

漬物類がセルフで食べ放題で悪くはなかったのですが、駐車場が無料になることを考慮に入れても割高でした。再開発ビルの裏手には公共の建物ができるそうですから二度と行くことは無さそうですが、もし再訪したとしても別の店に行くでしょう。






 食後に福岡ドーム方面にドライブしました。

それはテレビ朝日の番組で福岡市内に登り窯が残っていることを知ったからでしたが、さすがに周辺の住宅に遠慮して現在は使われていないということでした。この登り窯は福岡ドームまで3kmほどですし、地下鉄の藤崎駅まで600mの閑静な住宅地にありました。福岡ドームは再開発されてモールが追加されるとという話ですし、地上げ屋が暗躍しそうです。






 佐賀空港まではマイナーな道を選びました。

普通に国道3号線や県道17号線を南下するのでは面白くないですし、朝倉市に行った時に那珂川町が那珂川市になりますというポスターを見かけましたのでチェックしてみることにしました。福岡市から那珂川町に入った辺りでは都会的でしたが、町役場の周辺はかなり田舎っぽい感じでした。






 山の中のヒマワリ畑を見学しておきました。

さほど長く無いのに310円もする東背振トンネルを通りたくなかったですし、テレビ番組で見かけたヒマワリ畑をチェックしてみたかったので離合が困難な山道を走って峠を超えました。「こんな場所にヒマワリ畑なんてあるのかな…」と疑いながら下山していたら、急に黄色の楽園が現れました。






 新しそうな店で少し買物しておきました。

吉野ヶ里公園に向かっていたら急に道の駅みたいな施設が現れたのですが、玉ねぎ以外はさほど安くない感じでした。お金を払う時に尋ねてみたら、今年の9月にオープンしたばかりだという話でした。「またどうぞ~」と声をかけられましたが、遠いので二度と来ることは無さそうです。






 畑の中に似合わないモダンな駅がありました。

吉野ヶ里公園からいちばん近い駅ということで、ガラス張りのシリンダーからの眺望が良いことをウリにしているのかもしれませんね。周辺がほとんど平らですので見晴らしが良さそうでしたが、先週の熱気球大会の様子も見れたかもしれません。






 佐賀の中心部はさほど変化していませんでした。

数年前から古い日本家屋をリノベーションしてカフェや雑貨店などがオープンしていたのですが、さほど代わり映えしませんでした。まだ日が暮れたばかりでしたが、どこの店もお客さんが少なめでサミシイ感じでした。新しくオープンしたバルーンミュージアムにも寄ってみましたが、やはりヒマそうでした。






 今晩は大牟田でうどんを食べると決めていました。

ネットで丸亀製麺で7日から9日の夜だけ「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」が半額になると知りましたので、佐賀空港から熊本に帰る途中の支店を検索してみたらイオンモールの大牟田店が良さそうでした。丸亀製麺は今月の1日に半額になる釜揚げうどんを食べたばかりでしたが、なかなか美味しゅうございました。定価なら割高なので食べませんけどね。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/08(水) 23:59)

 3年連続で出かけてみた収穫の秋のイベントでいただいたものは…


 熊本は今日もスッキリとした秋晴れでした。

それで3年連続で北区にあるフジテレビ系列のテレビ局の収穫の秋のイベントに出かけてみたのですが、なぜか今年は行列が少し短い感じでした。先週くらいから朝の帯番組の中で今朝のイベントのことが告知されていたのですが、毎年イベントの内容が同じなので飽きられちゃったのかもですね。







 生放送を見ながらおにぎりなどをいただきました。

放送開始の直後から配分が始まりましたが、行列が長くなかったので待ち時間は10分くらいでした。今朝はコーヒーだけでしたので空腹でしたので、かなり美味しゅうございました。普段は早送りしている生放送を見ながらいただいたのですが、CMになったらついついリモコンを探してしまいました。(笑)






 テレビ局にはお馴染みのポスターがありました。

フジテレビ系列局ですから今年の初夏に新社屋に移転した日本テレビ系列局に較べるとポスターは少ない感じがしたのですが、午前中の「とくダネ!」の後の時間帯の視聴率は熊本ではいちばんだということでした。ちなみに左の印刷物はおにぎりに巻かれていた有明海産の高級海苔のチラシでした。






 食べ終わってスタジオを見学してみました。

月曜日から金曜日までこの小さなスタジオから生放送されているのですが、外部の人間が好き勝手にスタジオに入ることができるのは珍しいことなのでしょう。スタッフの人数は15人程度しかいませんでしたが、生放送でヤバい人が乱入したりしたらどうするんだろうと少し心配になりました。






 テレビ局からの帰りは旧道を走ることにしました。

それは昨年の地震から1年半の時に見かけたローカル番組でダメージを受けた6棟ほどのマンションが住民の合意を取り付けることができずに放置されてるというのを見かけたのです。

その内のひとつのマンションが京町にあったのですが、ここだけ昨年の4月から時計が止まっているような感じでした。このマンションのいびつに崩れていた駐車場には押し潰された自動車が放置されていましたが、住民の合意がまとまって解体工事が行われてエンジンがかかったとしても自走はできないので持ち主には廃車費用が重くのしかかるのでしょう。

ちなみにマンションは少しだけ右に傾いているように見えましたが、もし大きめの余震が起きたら倒壊してしまうかもしれません。この中途半端に古いマンションは震災遺構として保存する価値は無いでしょうから、早めに熊本市などが根回しして話し合いで解決すべきだと思えますが。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/03(金) 21:05)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア