新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 被災地から被災地にドライブに出かけてみて考えさせられたことは…


 九州は今日も晴れて暑くなりそうな感じでした。

7月15日までだった博多山笠の見物の途中に朝倉市などの被災地もチェックしてみようと考えていたのですが、予想以上に行方不明者の捜索が長引いたので出かける機会を逸していました。しかし今日と明日は日田市で復興を祈願した祇園祭が行われるということでしたので出かけることにしました。 昨年12月にユネスコの無形文化遺産に登録されたのですが、豪雨被害の影響で観光客は少なそうでしたので。

朝食の準備中にステンレスポットに温かいコーヒーと冷たい麦茶を用意したのですが、それと温泉に入るかもしれませんので着替えやタオルなども車に積み込みました。それで阿蘇方面に出かけたのですが、まずは堤防工事がほとんど完成していた龍田4丁目地区に寄ってみました。

川幅が広げられて堤防が築かれていましたので、豪雨により白川が氾濫する危険性は減少しているようです。しかし半月前の朝倉市と同程度の記録的な雨量だった場合に耐えることができるかは誰も保障できないでしょうか。

行政担当者やゼネコンが喜ぶ税金を使った大規模な堤防工事には限界があるので、上流エリアで雨水枡などに補助金を出して普及率を上げるべきだと思いますが。






 来月オープン予定の商業施設をチェックしました。

福岡に本社があり北海道まで店舗を増やしているブルーがコーポレートカラーのウォルマートを意識していると思えるトライアルというディスカウントストアでしたが、なぜかこれまで熊本には2店舗しかありませんでした。ようやく3店舗目が大津の郊外に8月2日にオープン予定なのですが、地価が安そうなのにそれほど巨大じゃないみたいです。

トライアルのオープニングセールは割安感があるものは少なそうですが、何かのついでにチェックしてみる予定です。






 外輪山のトンネル工事が本格化していました。

昨年の地震で九州電力のダムが決壊したことにより外輪山の大規模に斜面が崩落して国道57号線がダメージを受けたのですが、その修復工事に時間がかかるので迂回するトンネルの工事が進められているようです。

これはその工事現場の横にあったプレハブの事務所ですが、山を切り開いて道路を整備している部分はカーブで撮影できませんでしたので…






 「日本で最も美しい村」の南小国町にやってきました。

フランスを真似して2005年に7町村でスタートしたのですが、南小国町は初期メンバーだったようです。南小国町にはそのトレードマークをイメージしたような田舎っぽいバス停が点在しているのですが、最近は蕎麦街道というコンセプトで整備が行われているようでした。






 これは熊本県側で被災した宿泊施設です。

(都合により続きは後ほどアップします)






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/22(土) 23:59)

 34度近くまで気温が上昇した午後にドライブに出かけた先は…


 熊本は今日も晴れて34度近くまで上がりました。

本当は朝倉市や日田市を通って初めての博多山笠の見物に出かけようかと考えていたのですが、行方不明者の捜索が長引いているので止めておくことにしました。この時期に被災地に行く外部の人は少ないでしょうから邪魔にはならないでしょうが、物見遊山のヤツが来たと思われたくありませんでしたので。ちなみに私は被災した経験がありますが、観光客を疎ましく思ったことはありません。しかしそれは私だけかもしれませんので、もう少し時間を置くことにしました。

パンや野菜など切らしていたこともあってローカル番組で見かけた宇城市の夏祭りに出かけてみることにしたのですが、その途中に「火の君マルシェ」という道の駅みたいな施設がありましたので寄り道してみました。3年くらい前にオープンした時に何度かテレビで見かけていたのですが、裏道にあったので今日まで存在に気がつきませんでした






 今日の目的のひとつはこの展示を見るためでした。

国道3号線沿いの「道の駅うき」の少し南側から少し入った場所に熊本県の博物館ネットワークという施設があり、そこで「熊本地震と文化財レスキュー」というイベントが行われていたのです。メインは巨大な断層の剥ぎ取り標本でしたが、それ以外はたいしたものがありませんでした。

せっかく交通量が多い国道に面しているのに小さな看板がひとつだけあっただけで、ほとんど見学者はいない感じでした。17時の閉館の少し前に到着したのですが、無人の館内はクーラーがガンガン効いていました。閉館30分前に空調の電源を切っても良いのではと思いましたが、熊本県の職員は節電という概念が無いのでしょう。






 久しぶりにイオンモール宇城に行ってみました。

熊本県内のイオンモールとしては最古参だと思いますが、最近のイオンスタイルなどに較べるとさすがに古臭い感じでした。特に何も面白いものはありませんでしたが、さすがに入口にこんな熊本城に関する展示がありました。






 小川の商店街はかなりローカルな雰囲気でした。

毎年7月15日に交通を規制して屋台が出ての夏祭りが開催されているみたいですが、私は先日のローカル番組で初めて知りました。博物館ネットワークからも近かったので行ってみることにしたのですが、かなりローカルな雰囲気でしたので楽しめました。予想に反して若い人が多くて、甘酸っぱい青春のイメージもありましたし。






 かなり力作のシンゴジラの造りものもありました。

建物の名前がローカルだったのが微笑ましい感じでしたが、屋上に配置してあったのが縮尺が違い過ぎるプラモデル用のミニチュアの兵隊でしたので違和感がありました。ゴジラも胴体に較べて尻尾が長すぎる感じでしたが、何か昨年までのものを再利用したのかもですね。






 熊本城の飯田丸五階櫓の造りものもありました。

地震の翌日に熊本城の被害をチェックしに行った時に余震が起きれば早ければ数時間で崩れ落ちるだろうと予想してたのですが、補強されるまで数ヶ月も耐え抜いたので驚かされました。単なる偶然でしょうが、「熊本県民の願いが天に通じた!」とかアホなことを言い出す連中がいるのが不快です。






 商店街の突き当たりに小川阿蘇神社がありました。

阿蘇の本家や人吉の阿蘇神社は行ったことがありましたが、人口が少ない小川にもあることは知りませんでした。普段は静かなのでしょうが、平日のトワイライトタイムに再訪してみたら静かで別の意味で面白いかもしれません。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/15(土) 23:59)

 小雨の中をパンを買いに行った時に見かけてムカついたことは…


 今日は典型的な梅雨空で小雨が降り続いていました。

パンを切らしたのでディスカウントストアに買いに出かけたのですが、その手前で工事現場を見かけました。その雰囲気から奥の建物はマンションで、手前はテナントビルなのかなと予想しました。支払いの時にレジのおばさまに尋ねてみたら、両方ともJR九州という話でしたのでムカつきました。

人口が少ない九州では鉄道事業では黒字化することが難しいので駅前開発などを行っていたのですが、最近では資金力を生かして鉄道駅から離れた場所にも手を伸ばしています。ゼロからのスタートであれば企業努力してるからと民業圧迫だと批判する気にはなりませんが、国鉄時代の18兆円もの負債を国民に押し付けて民営化してるわけですから…






 今朝は世襲総理のアホさ加減が話題でした。

国民に約束した丁寧な説明をしないので「腹心の友」のためにゴリ押ししたという疑惑が濃厚になっていますが、それをごまかしたいためか理不尽なことを言い出したのでモーニングショーのレギュラーの皆さんもあきれていました。

誰しも規制緩和に反対しないでしょうが、人口減少社会で獣医の数が需要を上回るように増えることは心配でしょう。日本は怠惰な政府のせいで少子高齢化社会が本格化しますが、より効率的な生活を心がける必要があります。少子化対策に無関心な世襲総理は現在の窮地を乗り越えることができれば先のことはどうでも良いとでも考えているのでしょう。

人口減少が続けば年金も医療費も将来は息詰まることが確実ですが、フクシマはアンダーコントロールできてると大嘘をついてオリンピック招致に成功して世間知らずの若年層の支持を増やすことに成功しているようですが、将来に多額の借金を払う時になって後悔することになるのでしょう。

ちなみに大分や長野で地震が続いていますが、もし2020年の前に首都圏や中部などで大地震が発生したりすればオリンピックは開催できないということになり、日本経済は大波乱状態となるでしょう。昼間人口が多い時間帯に大地震が発生すれば帰宅困難者が充分な食糧を得ることができずに暴徒化することもありえますが、それを鎮圧するために警察や自衛官が市民に武器を使用する最悪の事態も予想されます。

世襲総理を支持しているネトウヨたちは日本は中国などとは違うのでそんな事態にはならないだろうと考えているのでしょうが、私は実際に被災した経験からも緊急物資が公平に分配されなければ暴徒化は避けられないと予想しています。






 夕方の番組でくまモンのコーナーを見かけました。

くまモンと局アナがおそらくワンボックス車でスタッフと熊本県内を旅して観光名所や特産品などを紹介するというありがちな企画なのですが、次回の苓北町が最後だという話でした。つまりこのコーナーは次回が最終回になるのかもですが、もしかしたら2周目に突入するのかもです。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/06/27(火) 22:37)

 世襲総理の内閣に納税したくないのに買物しちゃった理由は…


 熊本は梅雨明けしたらムチャ暑くなりそうです。

今年の長期予報では酷暑になりそうだということでしたが、私はクーラーが好きじゃありません。それでクーラーは酷暑の日の昼間だけにして普段は扇風機を使っているのですが、ディスカウントストアのセールで水冷方式の縦型のファンがありましたので衝動買いしてしまいました。

下部のタンクに水を入れ、それを背面のエアーの取り入れ口に吸い上げて気化熱で冷やしてから吹き出すというものでした。気化熱方式ですから限界はあるのですが、扇風機で生温い風を掻き回すよりはマシです。値段は税込みで7000円ほどでしたが、数年で元を取ることができるでしょう。






 久しぶりに良くできたSF作品を見ました。

タイミングが合わなくてマレーシアで見逃していたリドリー・スコット監督の「オデッセイ」でしたが、予告編でほとんど内容は把握していましたので見たいと渇望していたわけじゃありませんでした。知人から貸してもらったので見はじめたら、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

子供の頃にSF小説を読んで惑星間旅行に憧れ、アリゾナのバイオスフェア2も見学しに行ったくらいですが、この作品のベースになった小説を書いた作家も片道分しか燃料が無くても火星に行ってみたいと考えるタイプかもしれません。

地上波放送前なのでネタばれになるので詳しいことは書けませんが、駄作だった似たコンセプトの「アポロ13」に較べると良くできていました。もちろん実話とフィクションですから較べるのはフェアじゃないとロン・ハワードから言われそうですが、監督の力量の差は歴然でした。






 先ほどネットで元文部官僚の会見をすべて見ました。

ニュースでは2時間の会見のごく一部しか報じられていませんでしたが、世襲総理たちに批判的な内容を発信しているリテラで「前川前次官が田崎スシローを批判!」という記事があったので読んでみたら、会見は奥が深そうでしたのでネットで公開されているのをすべてチェックしてみました。

元文部官僚は政府批判をする理由を丁寧に説明されていましたが、それは充分に納得できるものでした。国会が開かれていた間は隠されていた文書などから特区認定が京都ではなく愛媛県になった経緯は怪しいのですが、世襲総理も「特区の選定過程に1点の雲りも無い」と言い張るのであれば会見を開いて丁寧に説明すれば良いでしょうに。

世襲総理は歓迎されないのに沖縄の戦没者追悼式に行ったり、神戸で我々の疑問には一切答えずに自民党の支持者たちにアホっぽい俳句を披露していたりしましたが、自分たちに非が無いというのであれば今日の熊本の梅雨空のようにどんよりとしてる現状を会見により晴らすべきでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/06/25(日) 23:59)

 沖縄で梅雨明けした日に雨がじゃなかったので自転車で行った場所は…


 今日は早くも沖縄で梅雨明けしたみたいです。

まだまだ熊本は先の話ですが、今日は雨が降りませんでした。それで午後から県立劇場で開催された講演会に自転車で行くことにしたのですが、その途中で完成間近の病院の前を通りました。手前のスペースは普通に駐車場になると思っていたのですが、近所の奥様がベビーカーを推しての散歩中に休憩できそうな小さな公園が整備中でした。






 講演会の会場の書籍売場は賑やかでした。

前半の坊さんも後半の対談相手の館長も多くの本を出していますし、終了後にサインしてくれるということでしたので。雑誌を含めて紙媒体とは縁遠い生活の私はもちろんスルーしましたが、地震前の熊本でロケした「うつくしいひと」の主演男優ですからサインしてもらいたい人は多かったようです。






 今日の講演会はゆべしのお土産付きでした。

芥川賞作家でもある坊さんは福島県生まれという話でしたが、故郷の和菓子店のゆべしを「こころの好縁会」の記念品として出口で配っていました。坊さんの話は説法臭くは無かったのですが、大昔の歴史的な裏付けが無い逸話を断定的に論じられていたのには腹が立ちました。真偽が定かでない話はゆべし程度では治まらないレベルでした。(笑)






 帰り道は新しいテレビ局の前を選びました。

先週の次期県知事が司会した番組の収録もこちらであったみたいですが、まだ建物の外壁は殺風景ですので引っ越しは終わっていないのかもしれません。この建物の2階部分には安藤忠雄大先生のマネをしたようなガラスのシリンダー状のものが埋め込まれているのですが、その部分もサミシイ感じでしたし。明日の夕方の生放送で次期県知事と相方の話があるらしいので、もう少し詳しいことがわかるかもしれません。






 1200人を無料ご招待との新聞広告がありました。

国学院大学の創業135年記念という話ですが、普通にチケットを買えば高いはずですから応募する人はかなり多いでしょう。熊本地震の復興祈念コンサートを無料ご招待というのはありがたい話ですが、応募がハガキだけというのは時代錯誤でしょう。郵便料金も値上がりしたばかりですし。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/06/22(木) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア