新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 熊本地震に耐え抜いた歴史ある建物の周辺に起きていた変化は…


 ようやく九州北部も梅雨明けしてくれました。

夕方に少し涼しくなってから明日の朝食用のパンなどを買いに出かけたのですが、その途中で7月11日にも見かけた山田守氏が設計された病院の前を通りました。

その時にも地震に耐え抜いてくれた歴史ある建物をろくに市民に説明もしないで取り壊す決定をした自民系の議員やゼネコンの連中のことを「地獄に堕ちやがれ」と思ったのですが、今日は工事用のフェンスが設置されていましたので私の心はどんよりとした梅雨空に戻ってしまいました。






 また「男たちの悪だくみ」の文書が出てきました。

世襲総理の支持率が高かった時代に好き勝手にやってきたツケを払う時がきたようですが、議事録が1枚かと思ったら4枚だったと段階的に暴露して興味を次週まで引き付ける手法は誰の発案か知りませんがなかなかお上手ですよね。

もちろん山本大臣は文書を否定していましたが、会合に参加した日本獣医師連盟の委員長はそれに真っ向から反論せずに「皆さんが判断すること…」と意味深な発言したそうです。24日からの世襲総理が出席する閉会中審査の前に防衛大臣の隠蔽疑惑など次々に出てきてるのですが、世襲総理の2度目の「ボクちゃんお腹痛い」辞任の可能性が出てきました。

今治市に世襲総理の腹心の友の学園に決まったことについて「1点の曇りもないっ!」と偉そうに言う連中がいましたが、先週までの梅雨空みたいにどんよりとしています。

第一次安部内閣の末期を知りながら地元に利益誘導してくれるのでと票を入れ続けていた山口県民のせいで、また国政選挙で与党に投票した浅はかな連中のせいで日本の行政は歪められ続けてきました。もう同じ過ちを繰り返していただきたくないのですが、私は期待はしていません。






 梅雨明けで夏休みシーズンとなりました。

恐竜に関する博物館としては福井が有名ですが、 熊本市の中心部から30分ほどでアクセスできる御船町にも数年前に恐竜博物館がオープンしました。昨年の夏は地震の影響で客足は遠退いたみたいですが、さすがに落ち着いてきたので展示内容を見直して再訪者を増やそうとしているようです。

この恐竜博物館は普段の常設展示は500円とワンコインなのですが、特別展は1200円と倍以上に跳ね上がるので宣伝しても集客はキビシイのでは。まだ御船町にも恐竜博物館から歩いて行ける所に仮設住宅が残っていますし。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/20(木) 23:59)

 「こんな人たち」側から世襲総理を見て辞めてくれと願う理由は…


 今朝の「ワイドナショー」で世襲総理が話題でした。

支持率が高い頃にこの番組に世襲総理がソフトなイメージをアピールしようとゲスト出演していたのですが、番組の関係者たちは「超VIPが来てくれた!」とはしゃいでいる感じでした。私が知る範囲では総理になる前に日本テレビの「おしゃれ関係」、そしてたかじん氏が存命中に読売テレビの番組に、そして昨年はこの番組にゲスト出演していましたが、どの番組でもキビシイ質問は皆無で忖度しまくりでした。

この番組のMCが主張していたように私も世襲総理が100パーセント悪いとは思わないのですが、我々の税金から給与を貰っているのに憲法改正など優先順位が低いことに執着していて日本を間違った方向に導いているのでキライです。さすがにもう誰もアベノミクスを口にしなくなりましたが、円安と株高が続いているので国民への公約であるデフレの克服はできないけど許容範囲だとでも考えているのでしょう。

世襲総理をヨイショする経済評論家たちは「もし安部政権が交代したら日本経済が危機的な状況に落ち込む…」とか根拠が無いことを言ったりしているのですが、私は世襲総理の経済政策をこのまま続けていけば日本の将来は真っ暗闇だと思うので辞めてもらいたいのです。理由は安直な円安誘導で自然淘汰されるべき古い体質の企業を延命させてしまったことで日本企業が体質を改革する機会を逸してしまったからですが、イノベーションを生み出すことができない閉塞感が支配する情けない国にしてしまったことは弾劾に価すると思います。

自業自得で下落してしまった支持率を回復するために来週にでも閉会中審査に応じることにした世襲総理は国民の関心が政治に向かないタイミングを見ているのでしょうが、朝倉市などの豪雨被害で先送りされた皇室の婚約会見などを利用するかもです。それ以外にもアホなスポーツ好きな連中が喜びそうな国民栄誉賞の授与とか仕掛けてくるかもです。

8月3日と噂されている内閣改造では目に余る大臣を新鮮さを感じさせるものに取り替え、国庫は疲弊しているというのに予算をバラまくつもりでしょう。少子高齢化には無関心で2020年のオリンピックで自分の任期中はなんとか横ばいで行くことができるとでも考えていそうですが、その後の経済低迷のことなんて知ったことじゃ無いのでしょう。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/16(日) 22:57)

 熊本地震に耐えた歴史的な建物を遺さない選択をした理由は…


 今日の熊本は晴れてくれたので洗濯できました。

国会の閉会中審査は逃げたくせに被災地を慰問して点数を稼ぐために予定を切り上げて金がかかる政府専用機で帰国した世襲総理の支持率は落ちていますので私の気も晴れたのですが、イオン熊本中央の対面のくまもと森都総合病院を取り壊すことになったと知って暗澹たる気持ちになりました。

解体中の熊本市役所の花畑町別館と同じようにこの歴史ある建物は昨年の地震にも耐えてくれたのですが、何でも取り壊して跡地に味気ないビルを建てて儲けることにしか興味が無い自民党を支持してる建設会社や裏金を貰っている政治家や役人たちは熊本の将来なんて眼中に無いのでしょう。

昨年の地震により耐用年数を迎えつつあった熊本城の天守閣を本格的な木造で再建するチャンスだったのに、次の市長選を有利にしたいゲスな男のせいで市民に対して説明なしにコンクリートのままで修復されることになりましたが、城下町の古い建物もかなり取り壊されていますのでますます熊本の観光面での魅力は減り続けることになりそうです。






 永田町では次の内閣改造や選挙が話題でしょう。

感情的になって「こんな人たちに…」とか失言しやすい世襲総理は野党からの臨時国会の開催の要求に応じないでゴルフ三昧で過ごし、8月3日に大衆ウケしやすい面子に入れ替えて組閣して支持率の回復を狙うつもりなのでしょう。

しばらくは解散総選挙は無さそうですが、政府側のウソがバレて支持率が韓国並に下落すれば破れかぶれ解散ということもあるかもしれません。予算を握っている与党の世襲総理は大衆ウケしやすいバラまきを行い、自分ならオリンピックを無事に開催できると「フクシマはアンダーコントロールできてる!」の時と同じように自信満々に約束するのでしょう。

早めに選挙を行えば小池新党の準備も間に合わないでしょうし、「私の次はあなたが…」と料亭で密約を交わせば元々極右思想の似た者同士ですから国民ファーストのコンセプトを自公民も使わせてもらって選挙協力を取り付けることもできるでしょう。自民の正体がバレても野党が束になっても受け皿にならないことは都議選でも証明されましたし。

共産党がいちばんマトモなことを言ってると考えている私でも野党が結集して政権を取る可能性は限りなくゼロに近いと思いますし、批判するだけで満足してダメな道を突き進んでいる民進党には今後も期待できないと思います。

先日の閉会中審査でも民進党の党首は存在感を示すことができませんでしたが、女性党首としては小池にイメージで負けてしまうので工夫が必要だったと思います。たとえば解党的な再出発ということで、「あんな人たちの党」に改名するかもとギャグをかまして対決姿勢を明確にするとか…






 これは明日オープンするラーメン屋です。

熊本ラーメンの老舗で、経営者の高齢化で惜しまれつつ閉店していました。常連さんたちから復活を望む声が多かったみたいですが、賃料が安い郊外に移転しての再スタートとなったようです。私も久しぶりに食べてみたいのですが、普通のラーメンが650円と割高でしたので止めておきます。

ちなみに7月11日はレンゲと箸をイメージして「ラーメンの日」という話ですが、それでなのか味千ラーメン系列の桂花の支店や被災地への炊き出しで有名な九州ラーメン党の実店舗のオープンも重なっているようです。どの店も遠いので試すことは無いと思いますが、どうしてもどこか選べというなら障害者を雇用しているラーメン党の店にするでしょう。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/11(火) 21:38)

 久しぶりに晴れてくれた週末にニュースで見かけたものは…


 今日は午後から久しぶりに晴れてくれました。

豪雨被災地での死者数は16人になりましたが、明日も雨雲がどこかに行ってくれると捜索や土砂で汚れた家屋の掃除も進むことでしょう。渡欧先のハンブルグで豪華なディナーを楽しんでいる世襲総理夫婦とは対照的に被災地では炊き出しのおにぎりなどサミシイものでしょうが、72年前の広島の原爆投下後の惨状に較べればはるかにマシなのでしょう。

第二次世界対戦末期は皇室や軍部、そして一部の富裕層以外は食料不足に苦しんでいたでしょうし、原爆が炸裂した直後の広島に最低限の支援物資が運ばれたとは思えませんし。先ほど夕食を作りながら録画しておいた豪雨被害の特番を見ていたら、アホなタレントが「被災地に飲み水は…」とか心配していましたが、1945年の広島では死体が浮いている水溜まりで喉を潤したりして生き延びた方もいたでしょうし。

原爆の悲惨さは2011年のフクシマ以上でしょうが、そんな人類が生み出した悪魔の兵器を地上から葬り去ろうと考えるのは当然でしょう。特にトランプやプーチンみたいな人種が核のスイッチの近くに居座っていると想像すると不安になります。米軍からの空爆で多数の無垢な民間人を虐殺された日本は核廃絶の最前列に立つべきでしょうが、トランプにへつらうことしかできない世襲総理は国連を欠席するという情けない道を選んだようです。今日は原爆ドームの前で核廃絶に努力されてきた方たちが集会を開いたようですが、世襲総理にとっては「こんな人たち」の一部となるのでしょう。






 阿蘇駅に観光列車が戻ってきたという話でした。

黒い子犬のキャラクターが特徴の「あそぼーい」というファミリー向きの列車でしたが、昨年の地震の前は熊本駅から出ていたようです。しかし線路が阿蘇大橋と共に土石流で流されてしまいましたので、1年以上も運休していたようです。

雨が止んでくれたので阿蘇駅でのセレモニーもくまモンと共に多くの撮り鉄たちが集まったみたいですが、今回の豪雨被害による行方不明者の捜索が終わって落ち着いたら夏休みの観光旅行先として選んでいただきたいものです。

返礼品は不要と純真な気持ちで朝倉市や日田市にふるさと納税をする方法もあるでしょうが、私は実際に足を運んでお金を使うことがいちばんだと思います。もちろん時間と体力がある方はボランティアに志願されても良いでしょうが。






 熊本では住宅のショールームが増えています。

先ほどのニュースでは辛島町のMICE施設と同じ敷地に建設される高級な高層マンションのショールームの開設の話がありましたが、こちらは庶民的な平屋タイプでした。仮設住宅の期限は延長されることが予想されるので急ぐ必要は無いのですが、熊本地震みたいなことが首都圏や中部地方などで発生したら国の財政が破綻して支援は打ち切りとなるでしょう。

MICE施設と共に開発されている高層マンションの「熊本には未来がある」という恥ずかしいコピーは信じることができないマトモな人たちは熊本から脱出しているようですが、もちろん私もタイミングを計っています。こんな安っぽい住宅ばかりが目につくようになった街は魅力に欠けますのでね。







本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/08(土) 22:09)

 今夜の天の川を期待できない曇り空を見上げて考えたことは…


 今日も雨が降ったり止んだりの1日でした。

明日も似たような予報ですし、この季節の空模様は急変することもありますので油断はできません。熊本市内では一昨日からの大雨により大きなダメージを受けたエリアは無いと思いますが、夕方のニュースで見かけた「極めて危険」という認識はまったくありません。太陽が出ないので涼しいのは良いのですが、曇り空ですから天の川は期待できません。

今日も被害が大きかった福岡県南部の朝倉市などでは行方不明者の捜索が続いているようですが、まだ雨が降り続いているので地盤が緩んでいて捜索隊に二次被害が発生する恐れもあり、道路を塞いでいる危険な倒木に注意しながらの現場入りしなきゃならないので時間がかかりそうです。

気温が高い7月の災害ですから行方不明者の生存率は3月の東北大震災よりも有利なはずで、親族や友人の皆さんは多少の危険を冒してでも見つけて欲しいと願っているでしょう。集落の上に作られた農業用の溜池が決壊して被害を大きくした場所もあったようですが、それはかなり前に作られたものでしょうから人災の要素は無いと考えて良いと思います。

アホな防衛大臣が1時間ほど勉強会(?)に出かけていたことが問題視されていましたが、国民の生命と財産を守るために我々の税金から給与を貰っている国会議員としては失格でしょう。私は日本で大規模な災害が発生する度にブログに書いているのですが、地球温暖化や火山活動の活発化など脅威は増えていますので自衛隊を解体・再編してアメリカのFEMAみたいに緊急事態管理庁を新設すべきだと思います。

常に様々な危機的な状況が起きることを想定した訓練をしておき、発生した事態に最適なチームを即座に召集してひとりでも多くの人命を救助することを目指すべきでしょう。

日本はフランスを手本に少子化対策を頑張り、第二次ベビーブーマー以下の若い世代の国民が将来に夢を持てるような社会を目指すべきでしょう。ほんの一部の右傾化したおっさんたちしか希望していない憲法改正なんかを国会で審議することは税金の無駄遣いですから止めて国家予算は優先順位が高いことに集中的に投資するべきでしょう。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/07(金) 20:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア