新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 九州から東北へのドライブを早めに切り上げたかった理由は…


 5月17日からのドライブ旅行が終わりました。

梅雨入り前でしたので雨が降ったのは2日ほどでしたし、地震の被災地の熊本から出発して広島の土砂崩れの現場、そして20年が過ぎて復興した神戸の姿、仮設住宅は激減していたものの生活再建の途上の東北の沿海部、そしてまだ焼け跡が生々しかった新潟など走ってみて改めて日本国民は最悪の場合を想定した備えが必要だと痛感させられました。

それ以外にも様々な見所がありましたので予定を延長して青森方面や四国などにも足を延ばしてみたかったのですが、旅行中に猫と触れ合う機会が少ないので禁断症状が出てきて九州に急ぎました。久しぶりに膝に乗せて首筋や肉球などをマッサージしてあげたのですが、リラックスして眠りそうでした。



本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/29(月) 23:59)

 熊本で10年前に始まった取り組みを世襲総理が無視する理由は…


 今朝のニュースは韓国の話題ばかりでした。

フランスも韓国も番狂わせはありませんでしたし、どちらも政権の基盤が弱いので大騒ぎする必要はなさそうです。両国とも個人的に興味深いのですが、国際社会での存在感は高いわけではありませんし。その韓国の大統領選がトップ扱いなのは全国共通でしょうが、熊本では10年目となる「こうのとりのゆりかご」のことが大きく報じられていました。

これまで乳幼児を中心に125人が預けられているそうで、最初に預けられた子供はもう自意識がしっかりしている頃ですから客観的な検証作業が必要でしょう。ところが世襲総理が「赤ちゃんポスト」は日本古来の倫理観を壊すので認められないといった態度を表明していたので熊本以外では今でも受け入れるシステムはありませんし、125人が幸せに育っていると世襲総理の立場を悪くすると忖度するような連中は検証作業をしないことに決めているのでしょう。

先週の子供の日にも少子化の深刻さが話題でしたが、ほとんどの日本人は2050年に少子化で成長率が落ちて困ることになることには無関心なくせに2020年のオリンピックには関心が高いのでしょう。そんな国民の民度の低さを世襲総理の取り巻きの連中が理解していて入れ知恵していることが日本の子供たちを不幸にすることになると思います。






 私は日本ではできるだけ納税したくありません。

それは世襲総理が票につながらない少子高齢化問題の対策を新米議員を担当大臣に任命するだけでサボっているくせに共謀罪や憲法を変えることなどには熱心だからですが、2020年の東京でのオリンピックが稼ぎ時だと認識しているマスメディアは世襲総理にへつらっているので国会で追求されても薄ら笑いを浮かべて質問にも真摯に答えず関係ないことを延々と喋ってはぐらかしている態度にムカついています。

オリンピックを人質にすればアホな国民やマスメディアの連中は黙ってしまうと確信しているのでしょうが、国際情勢が悪化したり天災で首都圏が大きなダメージを受けたりすればオリンピックの開催ができなくなることもありえるわけで、アベノミクスの失敗を隠すためにオリンピックモードで突っ走るのはリスクが高過ぎるでしょう。

フクシマの汚染水問題などが悪化したりして風評被害が増すと健康な体を維持することを気にする世界中のアスリートは東京オリンピックへの参加を辞退することもありえますし、盛り上がりに欠けることが確実になれば訪日観光客が激減することだってありえます。もしそんな事態になれば広告収入に大打撃を受けるマスメディアは倒産するものも出てくるかもしれません。それで国と同じように最悪の場合を想定しないことにしているのでしょうが、その罪は重いでしょう。






 熊本ですからハンコもこんなのがあります。

数年前にイオン大江店の前にオープンしたスタンプ屋が完成間近なKKTの新社屋の近くに支店を作ったみたいですが、その開店を知らせる広告にくまモンデザインのハンコのサンプルがありました。ペットのシルエットや肉球のハンコは日本中にあるのでしょうが、熊本県庁から認可されたくまモンのハンコは熊本だけでしか販売されていないのでは。

熱狂的なくまモンのコレクターの方なら欲しくなるかもですが、同じ趣味の友人へのプレゼントには良いかもですね。熊本県以外の人でも電話して発注して郵送してもらうのも安そうですしポストに入るサイズなので楽なはずですので。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/10(水) 23:59)

 早朝に北朝鮮がミサイルを発射した日に見た番組で知ったことは…


 今朝は北朝鮮が発射したミサイルが話題でした。

海岸で史上最大規模の軍事アピールを見したばかりでしたので臨時ニュースのアナウンサーも緊張した感じでしたが、すぐに失速して北朝鮮国内に落ちたという話でしたので安心した視聴者が多かったでしょう。そんな半島情勢が不安定なご時世ですから、先日のソウルから熊本空港への韓国系LCCの初フライトの登場率は6割程度と少なかったようです。

北朝鮮の脅威をマスコミが過剰に煽っていることもあって、昨夜の朝生の最後のアンケートではトランプの北朝鮮に対する強行姿勢を評価する割合がアメリカより多い感じでした。北の将軍さまとはマトモな会話は成り立たないので武力鎮圧を願ってる老人が多いのでしょうが、米軍がフセインなどを捕らえたことを肯定的に記憶しているのでしょう。

アメリカの軍産複合体が画策してイラクに進軍した結果、イスラム国を生み出すことになって、中東情勢を不安定にして難民がヨーロッパに押し寄せることになりました。トランプが強い大統領となってアメリカで人気を得たいと北朝鮮に進軍すれば大量の難民を生み出してしまうかもしれません。そうなった場合にも北朝鮮には武力制裁しかないと言った人たちは己の浅はかさを恥じることはないのでしょう。






 夕方にロンドンから衛星中継がありました。

世襲総理の御一行は北朝鮮情勢が不安定になっている中で我々の税金で政府専用機に乗って観光旅行に出かけていましたが、仕事してることをアピールするためにプロンプターを駆使して用意されていた原稿を棒読みしていました。

驚いたのが記者の質問に対する答えまで原稿が用意してあったことでしたが、質問する順番からすべて事前に打ち合わせが行われていたのでしょう。最初の質問者はこれを放送していたNHKの記者でしたが、そんな政府ベッタリの姿勢のくせに「みなさまの公共放送だから国民は契約なしでも受信料を支払うのは当然だ」とでも言い張るつもりでしょうか。






 未だに世の中は猫ブームが続いてるようです。

ローカルなパチンコ屋が無邪気な子猫をアイキャッチに使っていたことは「マイルドヤンキー向けのありがちな手法だな…」と思えましたが、Googleが和歌山の猫駅長のことにスポットを当てていたのは違和感がありました。

すべてのデバイスをGoogleをトップページに設定しているので、くまモンを見かけない日はありますがGoogleロゴを目にしない日はありません。ここ5年ほどは24時間を超えるバス移動もしていないので、毎朝アクセスして仕掛けがあるロゴを見かけると小さな幸せを感じたりします。

しかし今朝は猫のイラストをクリックして久しぶりに損した気分になりました。Googleロゴの担当者がマンネリ気味なのを払拭しようとヒネリを入れることにしたのかもですが、大衆迎合の道へ踏み出したのではと危惧しています。






 明日はまたしても航空イベントがあるそうです。

航空機のパイロットが実際に使っていることでも知られているブライトリング社が広報活動と貴重性が高い航空機の保存を兼ねて行っている企業活動で世界中を飛び回っているみたいですが、大型連休の初番に熊本にやってくるそうです。

先週のブルーインパルスも被災地の熊本からスタートさせることで全国ネットのニュースで大きく扱われることを狙ったものだと思いますが、明日は熊本のローカルニュースでしか報じられないかもしれません。ジェット機の爆音もしないので頭上を飛行しても気がつかない人が多そうですし。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/29(土) 23:59)

 被災した熊本城を見て涙ぐむ人たちのことが理解できない理由は…


 現在の熊本城の天守閣は串刺し状態です。

内外の観光客が多い大型連休が終わるまでは天守閣は昨年の被災した姿のままにしておくべきだと思いましたが、2019年までに元の姿に戻したいというアホな連中は少しでも急ぎたいのでしょう。もし中部地震が発生したら熊本と同じくらい古いコンクリート製の名古屋城の天守閣は倒壊してしまう危険性があるということもあって木造で復元される方針なのですが、熊本では市長が次の選挙前に点数を稼ぎたいのでコンクリートのままで修復されることになりつつあります。

5日前に木造復元を公約のひとつとして戦って再選された河村市長は名古屋市民から建て替えを承認されたと思えますが、地震の前に選挙で選ばれた現在の熊本市長がコンクリートのままで修復するということやエレベーターを付けるという方針は熊本市民に一度も信を問われたことがありません。

熊本のメディアは市長のバックに控えている自民党に「忖度」して異議を唱えないのでしょうが、このままでは被災したコンクリート製の天守閣を見て涙ぐむようなアホな高齢者は「生きている内に間に合ってくれて良かった…」と喜ぶかもですが、若い熊本市民は木造復元された名古屋城と較べられて恥ずかしい思いをすることになるのでしょう。

午後にテレビ朝日系列で放送された熊本地震の特番でも熊本城の観光ボランティアのおじいさんが「熊本城は1960年に復元される時に47,5mものコンクリート製の杭が打ち込まれたので大丈夫だったんですよ」と誇らしげに説明されていましたが、見える部分のコンクリートの構造は地震でダメージを受けていたのに見えない部分の基礎の杭を憶測で何年くらい大丈夫だと言い張るつもりなのでしょうか。

名古屋城を木造復元するには多額の費用と年月が必要になりますし、その工事中は天守閣が無くなるわけですから観光面では大きなマイナスとなります。それを覚悟の上で軽くて耐用年数が長い木造化の道を選ぶことにしたみたいですが、名古屋城は名古屋市民だけのものじゃなくて日本国民みんなの歴史遺産ですので当然だと思います。






 こんな大型連休らしいイベントが始まるようです。

九州各県のビールとツマミを味わうことができるイベントみたいですが、サントリーの工場が再開した時の200円と違って普通に500円とかするので試してみる気になれません。まあこういった値段になるのは地震から1年が過ぎて中心部は復興していることを証明しているのでしょうが。

この花畑広場では数日前に人吉の焼酎の蔵元のイベントが終わったばかりなのですが、民間の会社が企業努力していることに文句があるわけではありません。しかし局アナが仕事中にわざとらしくはしゃいで飲んでみせるのは不快です。






 大型連休前にこのような折り込み広告がありました。

共通している部分は福岡などの県外に本社がある企業の広告ということですが、コストコ以外は熊本にも支店があります。しかしイケアはタッチポイントという福岡新宮店の10分の1くらいの小型店ですし、大型連休中に福岡にドライブするファミリーを狙ったものだと思います。

この時期にはテレビでも大分の水族館や温泉などのCMが放送されていたりするのですが、仮設住宅で暮らす年金暮らしの高齢者には無縁な話です。もちろん民間企業の戦略として誰も批判できるものではありませんが、被災地である熊本は仮設住宅の延長があるとしても出ていかなくてはならない日は来るわけですから支出は膨らみ続けるはずです。

それで日銀も熊本の景気状況を上向きと誘導しようとしていますが、実態と乖離している部分が大きいと感じています。熊本県から若くてやる気がある若年層が流出すれば復興特需が終わった後に悲惨な状況になるはずですから。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/28(金) 23:59)

 熊本城の天守閣の改修工事がヤバい雰囲気になってきた理由は…


 熊本城の改修工事はこれから本格化しそうです。

これまで1年をかけて密室で熊本市とゼネコンなどによりコンクリート製のままで改修する案が検討されてきたのですが、市民に時間と経費をかけて木造で再建する選択肢が示されなかったことは腹立たしいことでした。

熊本市長は2019年のラグビーのワールドカップ開催に天守閣だけでも修復して間に合わせるということが世界に熊本の復興をアピールできると言いわけしていますが、本心は選挙に行く率が高い高齢者の「生きてるうちに熊本城が元通りになっている姿を見たい!」というセルフィッシュな希望に擦り寄って次の市長選で再選されたいということなのでしょう。

足腰が弱い高齢者に支持してもらうためにコンクリート製のままでの改修にとどめてエレベーターまで付けるという浅はかさな計画が進行中なのですが、被害状況を詳しくチェックしてみたら破損により取り壊さなければならない箇所が多いということが判明したそうです。

昨年の地震は震度7クラスという規模が大きなものが2度も続くと珍しいものでしたが、3度目が起こらないとは誰も断定できません。60年ほど前にコンクリートで作られた天守閣は重過ぎて柔軟性もないことから被害が大きかったという指摘がありますが、市長や高齢者のためにコンクリートのままで改修した直後に3度目の地震が起きて重さによって土台の石垣ごと崩壊したら誰が責任を取るのでしょう。

熊本市長は地震の数日後にようやくテレビカメラの前に現れて「まさか熊本でこんな地震が起きるとは…」と被害者面で泣き言を言っていましたが、次に似たようなことが起きても同じような無責任な対応をするのでしょう。






 「熊本城組み立て基金」というのを見かけました。

富山に本社があるサクラパックスという会社が 熊本城の復興のためにダンボール製の熊本城のクラフトを2000円で販売するという話で「ずいぶん高いな…」と思ったら、その売り上げの全額を寄付してくれるというありがたい話でした。

公式ウェブサイトでポチっと押して購入して、届いたキットを組み立てるには30分ほどかかるそうです。その作業中は熊本城の構造を考えたりして400年前の城下町の様子を想像したりして楽しめるかもですし、熊本城のクラフトを契機に修復後に旅行してみようと考えてくれるかもしれません。

財政難の熊本市にとっては良い話なのでしょうが、コンクリート製の天守閣を手直しするだけの安直な改修案に反対している私はサクラパックスの社長さんに条件付きでの寄付をと希望します。民間の会社の善意からの寄付ですから個人的なお願いでしかありませんが、無条件で寄付してしまうと熊本市長が再選されるためのエレベーターの資金に使われてしまうかもしれないのです。せっかくの善意をそんなことに無駄遣いすべきでは無いことは当然だと思いますので。

ちなみに熊本城は全国ニュースでも大きく報道されていて一口城主制度に寄付する人も多いようですが、その影で復旧資金に苦労している文化財も少なくありません。それで熊本県立大学の学生さんが倒壊した手のひらサイズのジェーンズ邸のペーパークラフトを企画しているそうです。






 ようやく郊外のモールが全館復旧しました。

昨年の秋に1階部分が復旧して、その後に2階の半分ほどのフロアの改修が終わっていました。そして大型連休前に3階まですべてのフロアの改修が終わったみたいのですが、これで主要なモールの改修は終了したと言えるでしょう。

もちろん健軍商店街のアーケードのスーパーマルショクなど新築での建設が始まったばかりの商業施設はありますが、イオンモールやゆめタウンなどのピンクがコーポレートカラーの巨大流通グループはほとんど復旧しました。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/20(木) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア