新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 来週の世界博物館の日に熊本では無料になる施設が無さそうな理由は…


 今日も熊本市の現代美術館に出かけました。

それは14時からホームギャラリーで開催される被災した文化財の復旧に関する講演会に参加するためでしたが、少し早めに着いたので館内を歩き回りました。入口で美術館の友の会の会員募集のフライヤーを見かけたのですが、年会費が5000円もしていましたので時代錯誤だと思いました。

ちなみに5月18日は世界博物館の日でいろんな博物館が無料になったりしますが、熊本では見当たりません。昨年の地震の影響があるわけじゃないと思いますが、不思議です。






 熊本市の文化財の被害はたいしたことありません。

全国ネットのニュースで大きく報じられた熊本城の天守閣は60年くらい前にコンクリートで建造されたものですし、それ以外はほとんど報道されない程度のものでしかありません。今年は夏目漱石関係のイベントが予定されていたのですが、旧居が被災したりはしました。

赤十字関連のジェーンズ邸なども倒壊して地道に復旧される予定みたいですが、これまで何度も移転を繰り返している建物ですから熊本城の近くのNHKの跡地にでも移すべきかもしれません。隣のJTの跡地を熊本市が取得するという報道ありましたが、金沢の21世紀美術館クラスのものを地下に建設して船着き場を整備すれば良さそうですが。






 地下のチケット売場に行ってみました。

そこでは熊本地震のDVDやQUOカードなどが販売されていたのですが、熊本城とくまモンの1000円のカードを買うと2円が寄付されるということでした。寄付の割合が低過ぎるとは思いますが、その手続きやカードの印刷代などにかかる費用の方が高いのでアホらしいのでは。






 週末で中心市街地のアーケードは賑やかでした。

長引いていた同仁堂の復旧工事も終わっていましたが、空き店舗が増えていたのに驚かされました。郊外型店舗の復活やネット通販の利用が増えたことなどが理由なのでしょうが、販売員の確保に苦労しているのも原因かもしれません。






 書店のシンボルの河童像も復活していました。

この老舗の書店は被災後に復活するのにかなり時間かかっていましたが、柱が少なかった構造が災いしたのかもしれません。店頭には熊本地震関連の書籍が集められていましたが、この河童像に投げ入れられた賽銭はすべて地震被害への寄付になるということでした。しかも集められた賽銭と同額が書店からも寄付されるということでした。






 これは長崎書店で見かけたイベントの様子です。

熊本県は特産品の赤牛やトマトなどから「熊本の赤」というキーワードを打ち出しているのですが、そのコンセプトに賛同した熊本の食品会社などの赤い商品が展示されていました。ちなみに人口では福岡県には敵わない熊本県や鹿児島県は九州での2番手を狙うライバル関係ですが、熊本の赤に対して鹿児島は黒をイメージカラーにしているようです。






 水道町の手取教会の工事も始まっていました。

地震後に近くの手取神社は鳥居が落ちるなど目に見える被害がありましたが、教会は特に変化は無いみたいでした。教会の内部に被害があったという噂も聞いていませんでしたが、ルターのポスターがありましたので単なる経年劣化を防ぐための外壁の塗り替えなのかもしれません。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/13(土) 23:59)

 ユーロ高で円安傾向になったのでヤケになって購入したものは…


 今日はユーロ高の影響で円安になりました。

フランスの大統領選が終わってユーロ危機が遠退いたのが理由でしたが、歴代で最年少の大統領の政治基盤は強固では無いのでユーロ高はそれほど長く続かないかもしれません。

そんなこともあって今夏の渡欧には暗雲が立ち込めてきましたので、ヤケになって999円で安売りしていた珪藻土のマットを購入してしまいました。ナチュラルな素材ですし、猛暑の熊本で気化熱で涼しくなれば老猫の昼寝の場所に良いかと考えたのですが今のところは興味無いみたいでした。






 今日から知事や市長が仕事に復帰したそうです。

偶然だと思いますが、熊本で知名度が高いリーダーが仲良く大型連休中に手術入院していたのです。2人とも連休直後に復帰したそうですが、健康面での不安を払拭して震災後の復興に取り組むことをアピールしていました。

.2人とも無党派層の反発を避けるために自民党色を抑えるように画策しているのですが、復興の美名の裏で貴重な税金が公共工事などに無駄遣いされていることについては熊本のメディアでは問題だとは報じられていません。

これは水前寺公園に道路を挟んで面している熊本県の知事公邸から黒塗りの公用車で退院後に初めて県庁に向かうシーンだと思いますが、今朝は五月晴れで爽やかでしたし健康のためにも歩いて行けば良いのにと思いましたが。

原発などの迷惑施設が無い熊本の自治体の財政はすべて厳しいのですが、震災後にさらに切迫することになりました。仮設住宅の期限の延長が無ければ来年には多くの一人暮らしの高齢者が生活に困窮することになると予想されているのですが、熊本県のリーダーは広々とした高級住宅地の公邸から黒塗りの専用車で登庁し続けるのでしょう。そして熊本のメディアはそれに何も疑問を感じないのでしょう。






 熊本での生活は不快なことが少なくありません。

行政のリーダーが被災者と乖離した贅沢な生活をしていることや、それを知っていながら問題点を報じないマスメディアは唾棄すべき存在だと思います。地震から1年が過ぎて益城町や南阿蘇村など震源地に近かったエリア以外はダメージが残っていなくて、公共工事に税金をジャブジャブ投入しているので笑いが止まらない建設業者とかも多いようです。その構図は津波被害で大きくダメージを受けた石巻市などと復興特需で夜の街が賑わった仙台と似ています。

仙台では楽天イーグルスが人気でしたが、人口が少ない熊本には地元のプロ野球チームはありません。それでも熊本城の城内エリアの西側には場違いな県営の藤崎台野球場があり、不定期にプロ野球の公式戦が行われています。

私はすべてのプロスポーツは大嫌いですのでニュースの途中でスポーツの話題になるとイライラさせられるのですが、スポーツが被災地の活性化につながるという脳が筋肉化しているような連中が出しゃばることにもムカついています。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/08(月) 23:59)

 被災地の熊本で初めて見かけた復興特需のマイナス面は…


 これは先日の午後に見かけて驚かされた貼紙です。

数年前に国道3号線沿いに進出してきたつけ麺屋が閉まっていたのですが、何をやっても長続きしない物件でしたので「やっぱりダメだったか…」と早合点してしまいました。それからしばらくして新市街アーケードに移転していたことに気がついたのですが、昨年の地震で郊外型の商業施設がなかなか復活できなかったので中心部の客数が増えていたりしますので結果的に良い判断だったのではと考えていました。

しかし大型連休中で稼ぎ時なのにシャッターが閉まっていて、その理由が人手不足だと書いてあったので本当に求人に苦労しているのかと半信半疑でした。南阿蘇の道の駅では大型連休中に観光客数は増えるのに被災した東海大学から学生が消えてしまったのでアルバイトを熊本市内まで送迎しているというニュースがありましたが、中心部でも人手不足が原因で店を閉めることがあるとは信じられない思いでした。






 下通に熊本ラーメンの有名店が開店していました。

熊本駅の近くの二本木に本店がある黒亭の支店でしたが、本店ほどではありませんが行列ができていたので驚かされました。人手不足で閉める店があるかと思えば観光客相手に荒稼ぎする店もあったりと面白いのですが、本格的な復興期となる熊本では数年は混乱が続くことになるのでしょう。






 みやはらでこんな新製品を販売していました。

昭和の高度成長期から熊本ラーメンを家庭で手軽に作ることができることで人気のアベックラーメンを作り続けている五木食品が開発した名古屋風なピリ辛の汁なし麺でしたが、どの程度の完成度かチェックしてみることにしました。

挽き肉やニラは別に用意しなけれならない二人分の商品でしたが、税別で149円と安くはありませんでした。それで材料を揃えると一人分で200円くらいになってしまいそうですが、生麺タイプで電子レンジでも短時間に調理できるということですので手軽で悪くないかもですね。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/06(土) 22:45)

 久しぶりに雨が降った日に限って起きて腹が立ったトラブルは…


 今日の熊本は久しぶりに雨が降りました。

それで屋上の太陽熱温水器の温度が上がらなかったのですが、風呂に入ろうとしたら昨年の地震でズレた深夜電力を使うタイプの温水ボイラーを修理に来た業者が電源を切って貯まっていたお湯を抜いてしまっていたので腹が立ちました。

慢性的に忙しい業者に時間がある時に修理してくれと頼んでおいたのですが、お湯を抜く前であれば10分ほどでシャワーを浴びることができたのにと悔しい思いでした。無事に修理は終わったのですが、タンクにお湯が貯まるまで1日かかります。それでアフリカ旅行中みたいにバケツにお湯を入れて行水したのですが、気温も低めでしたので不快でした。






 小池都知事が五輪旗を持って来熊していました。

どういう理由か理解できないのですが昨年から旗を持って熊本に行くことを明言されていましたが、築地市場の移転の話を都議選の後に先送りしたのでヒマなのかもしれません。五輪経験者と熊本県庁を訪問してくまモンとハグしてましたが、「観光旅行かよっ!」とツッコミを入れたくなりました。

地元の選挙区が神戸だという都知事は仮設住宅も訪問していましたが、無神経に「がんばって」と発言していましたので被災体験は無いのだろうと想像してしまいました。神戸も東北も熊本も仮設住宅に暮らす人たちは「がんばって」と言われることに飽き飽きしてると思いますが、被災地に寄り添う気持ちはポーズだけであることを表していると思います。

失言大臣がクビになって福島出身の自民党議員に代わりましたが、国も都も被災地の復興を支援するのは上辺だけでしかないことは明白です。まあ都知事選の前から厚化粧の下の顔は善人では無いことは透けて見えていましたが、田舎のおばあさんたちは嬉しそうに手を振っていました。






 一昨日から地元局がCOCOSAを取材しています。

業界関係者や新規に募集したカード会員、そしてマスコミ関係は明日のグランドオープン前に入店できたのです。昨年の地震の後にいろんな商業施設が復活していましたが、新規オープンの商業施設としては初めてです。

1973年に火災で多くの死者を出した太陽デパート、その後は不採算店舗となって撤退したダイエーの跡地だけに一等地での再スタートであっても安心はできないでしょう。近くの桜町や熊本駅前でも新規の商業施設の開発が予定されていますし、中国みたいに実店舗で試着して確認した後にネットで購入する人はますます増えるでしょうし。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/26(水) 23:59)

 屋上で税金の無駄遣いの本番を見物してから出かけてみた場所は…


 今日はブルーインパルスの本番がありました。

先日のリハーサルとほとんど同じでしたが、会場の近くは混んでいるはずでしたので屋上で見物しました。ブルーインパルスの飛行は非日常的な面白さはありましたが、特に先日のリハーサルより高度なテクニックがあるわけじゃありませんでしたので途中で見物を止めてしまいました。






 ランチ後に水の科学館に出かけてみました。

以前から存在は知っていましたが、特に面白そうなイベントも行われていないようでしたので先送りしていました。今日はブルーインパルスの本番であると共に北熊本駐屯所の一般公開日でもありましたので、水の科学館に駐車して歩いて行くことにしました。熊本の中心部から遠いカントリーパークに停めてシャトルバスに乗り換えるのは面倒でしたので。

今日は夏日の日曜日でしたので、近所の子供たちは気持ち良さそうに水遊びしていました。せっかく来たので5分ほど退屈な展示を見ていたら、無料のコーヒー付きの学芸員による解説が始まるというアナウンスがありました。開いていた扉から会場を見たらガラガラで、コーヒーだけ飲んで途中退席できそうになかったのでスルーしました。






 北熊本駐屯所の入口では持ち物検査がありました。

最近は北朝鮮情勢がヤバくなってきたこともありますが、一般人に混じってスパイや工作員が何か持ち込むかもですし。迷彩服の隊員がハンディな金属探知機で上半身だけを簡単にチェックするだけでしたので、女性が厚底の靴に上手く隠せば小型の武器や爆弾など持ち込めそうでした。

この海外から見れば陸軍基地は九州でも際大規模で2000人ほどの軍人が生活してるみたいですが、大勢が出入りする建物にタイマー付きの細菌兵器をこっそり仕掛ければ戦力にダメージを与えることだってできるはずです。






 会場では戦車や装甲車に乗ることができました。

娯楽が少ない熊本での無料イベントでしたので多くのファミリーの行列ができていたので私はスルーしましたが、子供から「乗りた~い!」とせがまれて奥さんたちが日陰で休憩してるのに炎天下に並んでいるお父さんはお気の毒でした。

安全面の配慮から110cm以下の子供は乗車できないという看板がありましたが、熊本の駐屯所だけにイラストが工夫されていました。これなら身長足りずに乗れなかった子供も泣いてぐずったりしないかもですね。(笑)






 駐屯所内には大きなバナーが飾ってありました。

被災する前の熊本城の画像にお決まりのコピーがありましたが、これも税金でプリントアウトされているのでしょうからイヤになります。まあ今日の開放日に子供を連れてきて軍服を着せて記念撮影して喜んでいるようなタイプの皆さんはバナーを見上げて喜んでいたりするのでしょう。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/23(日) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア