新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 北海道を捨てた男…?
papapapa

 またしても晴れて、秋のデカン高原のように爽やかです。

昨日は初キュウリも収穫できましたし、ピーマンも来週あたりには実りそうで、8月を前にして我が家の家庭菜園も賑やかになってきました。北海道はあと半月ほどで夏が終わってしまい、9月中旬からは寒さを感じるようになるのですが、雪虫が飛び始めると北海道から逃げ出したくなるのです。ずっと雪と共に育った道産子の皆さんは慣れていらっしゃるかもですが、いつも真冬は避寒旅行に出かけている私には原油価格が高騰していることもあり脅威なのですよ。

そんな冬が厳しい北海道から逃げ出した男とパフィからからかわれていたのが、数年前までローカルスターだった大泉洋です。北海道では先日の昼に放送された「パパパパ・パフィ」の復活版の冒頭で「天狗になってる」とか「北海道を捨てた男」と前フリがあった後に無言で登場した大泉洋は料理が趣味ということで、寿司とこのオムライスを作っていましたが、本気なのか笑いを取るためなのか美味しそうじゃありませんでした。

そして昔の道外では認知度が低かった頃の卓球対決(2000年)で浴衣をはだけたシーンが流されたのですが、こうやって見るとずいぶんと今とは印象が違いますよね。私が北海道に引っ越してきて、テレビで大泉洋とモリマンを久しぶりに見た時には「地元で細々と頑張ってるんだなぁ…」と思ったものでしたが、大泉洋は私がブログを始めた頃から全国放送にも頻繁に出るようになりました。モリマンは山崎邦正との対決の時くらいしか全国放送では電波に乗らないでしょうが、北海道ではたまにド田舎からのグルメレポートなどで見かけることがありますよ。(笑)



ooizumi4

 これらも最近になって大泉洋が出ていたものです。

テレビ版の「東京タワー」が撮り直しで放送延期となった不運な大泉洋ですが、いろんな番組に出まくっていますので問題ないのでしょう。ネット検索してここに辿り着いた道外の大泉洋ファンのために説明しておきますと、左上はドラバラDVD発売と番組の告知CMで、右下はサントリーのBOSSの北海道限定のCMです。詳しく知りたい方は動画ファイルでも探してみてくださ?い。



tsuribaka

 本日の気になったCMはのまたしても大泉洋です。

もうすぐ封切られる「釣りバカ日誌」に出ているらしいのですが、ついに声だけの出演だったジブリ映画からレベルアップしてのスクリーンデビューです。でも事務所の社長が監督した映画には出ていたみたいですから、映画出演も初めてじゃないみたいですが。まあこの勢いなら、映画の主演や全国版のCMに出ることもありそうです。

かなり前に「パパパパ・パフィ」で大泉洋を初めて見た時には、すぐにいなくなるタレントさんだと思っていたのですが、まさかここまでメジャーになるとは意外でした。私の目は節穴だったようです。しかしまさかモリマンの映画主演ってことは無いでしょうね…?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/31(月) 14:09)

 ホッカイドリームソーダ
dreamsoda

 天気予報が外れて絶好の洗濯日和となりました。

7月の前半は梅雨のような天気が続いてうんざりしていたのですが、最近は晴ればかりで家庭菜園の土が乾いていますので、勝手なものですがそろそろ夕立でも欲しいところです。

25日発売のスロウという季刊誌をチェックしてみようと思って近所のモール内の書店に行ってみたら、この不思議なタイトルの本が目に入りました。パラパラとめくってみたら、ニトリが北海道の明日を担う人材育成のために開催した講座の内容をまとめたもののようでした。道内の有名な企業経営者が講師を勤めたようで、表紙にはローカル番組でお見かけする社長さんたちがズラリと並んでいました。

私は引越し前提なので本は買わない主義ですが、こんなタイトルじゃそうでなくても買わないのではないでしょうか。ちなみにスロウも悩んだ挙句に今回はやめておきました。相変わらず頑張って全道を走り回って取材されているようですが、内容が以前より女性向けになってるようでしたので私の好みではなくなっていたのですよ。ホッカイドリームソーダもスロウも図書館の棚に並ぶかもしれませんので、それを期待したいと思います。



tokachihon

 こちらは図書館にあった十勝産食材の料理本です。

家庭で簡単に作れそうなジャガイモ料理50品と長イモ料理50品が紹介してあり、もちろん十勝在住でなくても便利に使えそうな本でした。我が家では長イモは育てていませんがジャガイモならたくさんありますので、収穫できたらいろいろと試してみようと考えています。

ちなみにこの本はスロウと同じ帯広の出版社が作っていました。先々週の札幌テレビの「D!アンビシャス」という番組でスロウの編集の裏側を取り上げていたのですが、なぜかソーゴー印刷という小さな会社が地方都市の帯広で頑張ってるようなのです。

この料理本はshun books1号と書いてありますが、帯広圏で無料配布している「しゅん」というホットペッパーのようなクーポンマガジン関連として位置付けられているみたいです。その「しゅん」は一昨日の花火の前に立ち寄ってみた札幌中央図書館で初めて現物を見たのですが、リクルートの社員でなくても「侮れないな…」と感じるのではないでしょうか。

内容は主婦向けですので、私が欲しくなるようなタイプじゃないのですが、非常に興味深いものでした。この会社は最近になってマイステージという主婦を組織化するようなウェブビジネスの展開をスタートしたばかりなのですが、十勝中心にスタートして実績を積み重ねたら、最大人口の札幌圏を標的にするのかもしれません。

最近のテレビ東京のWBSで企業がブロガ?さんをマーケティングに活用する事例が特集されていましたが、このネットに親しんだ主婦層を組織化するという試みは意外な所まで発展するかもしれませんから楽しみではありますね。



kakuchi

 本日の気になったCMは道内各地のものです。

夏休みになりましたので子供たちとの行楽シーズンとなり、全道各地でいろんなローカルイベントが開かれているのです。北海道ではあまり市町村合併は進んでおらず、今でも180もの自治体がありまして、この4つのCMにしても深川の地名しか知りません。他の所はどのあたりに位置するのかまったくわかりません。知名度を上げるためにもイベントを企画してCMも流すのでしょうが、どれも動きが無いものですから訴求力不足です。もう少し工夫した方が良いと思うのですが、きっとこのまま変らないのでしょうね。

合併特例の期限が過ぎたので全国的に「平成の大合併」はひとまず終わった感じなのですが、北海道では最近になって180の自治体を59に再編する計画が持ち上がっています。この4つの自治体の名前も歴史の中に消え去ることになるのかもしれませんね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/30(日) 20:22)

 田園風ルッコラピザ
rocketpizza

 週末は久しぶりに下り坂の天気の北海道です。

しかし昨日はスッキリと晴れ渡り、昼過ぎには30度近くにまで気温が上昇しました。最近は晴天続きだったので記憶が薄れているのですが、先週大雨でグッタリしていたルッコラが太陽の恵みを浴びて復活してきましたので半分ほど間引きをしまして、その若葉を有効活用するためにピザを焼いてみました。

昨日もお出かけでしたので、生地は市販のものを使って手抜きしたのですが、朝採りの完全無農薬安心ルッコラでしたので、なかなか美味しゅうございましたよ。作り方はネットで見たものに我流でアレンジを加えたのですが、簡単ですから皆さんもいかがでしょうか。

これはピザ生地にオリーブオイルを薄く塗り、ルッコラとエゴマをたっぷり乗せて、エリンギのスライスしたものを加えて、すり胡麻を少しとパルメザンチーズなどを乗せてオーブンで焼いただけなのです。我が家の冷蔵庫には入っていませんが、生ハムなどの高級食材を乗せても良いでしょう。チリでは1本丸ごとで1万円ほどと庶民の食べ物だった生ハムですが、日本ではグラム単位で買うセレブ対象商品ですね。あぁ、もっとたくさん食べてくれば良かった…(笑)



artvillege

 午後にお邪魔した所でお菓子のお得情報がありました。

札幌大丸の地下にある店ですが、その支店が郊外の大麻という住宅地にオープンして1周年ということで数種類が謝恩価格で販売中という新聞広告があったのです。シフォンケーキをいただいたのですが、それもなかなか美味しゅうございました。

それを食べた後にもうひとつ面白いものがあったと冷凍庫から出して見せていただいたのが、このお豆腐レアチーズでした。色もパッケージもサイズもまさに豆腐ですが、メレンゲのクリームチーズの中にレモン色の層がある面白そうなものでした。

普段は800円ほどするものが500円プラス消費税ということで、ワンコイン価格になっていましたので試しに購入してみたのです。値段の割には美味しくいただけたのですが、何かもう一工夫あっても良かったのではないかなと思いました。名物のアロニアなどのベリーでも良さそうですが、これから収穫期を迎える枝豆を使って「ずんだ」みたいなものをアレンジしてみても合うかもですね。



artmura

 そして涼しくなった夕方から芸術の村に行きました。

以前にも書きましたが、ここは開園20周年ということで屋外の「箱根彫刻の森美術館」みたいなエリアが無料開放されていたのです。まったく期待はしていませんでしたが、無料なら散歩に再訪しても良いかなというレベルでして、600円なら来札する友人にはオススメしないというような感じでした。

作品はダラス郊外のビジネスセンターにありそうな作品ばかりで少々ガッカリでしたが、このテンポラリーなレストランは良さそうでした。PMFという音楽イベントのためにいろんな国から音楽家が集まっていて、その皆さん用の食堂と化していたようですが、紛れ込んでみたくなりましたよ。しかし音楽の専門的な話題で話しかけられたら正体がすぐにバレてしまうでしょうから止めておきましたが。(笑)



aglio1979

 地上の芸術鑑賞後に天空の芸術も見に行きました。

豊平川で開催された朝日新聞主催の花火大会を橋の上で見たのですが、札幌経済の低迷を象徴していたのか打ち上げの間隔が長い地味なものでした。おまけにその間に男女の新米アナウンサーみたいな掛け合いで企業広告が入るというしらける演出でしたし、何枚か撮影した画像も平凡だったので、花火の後でいただいた大盛りのパスタの画像をアップすることにしました。

この中央区南7条西24丁目にあったAGLIO1979というイタリアンレストランは友人から教えてもらった所で、バラエティと量がある割には安いということでした。検索してみたら、人気店のわりに駐車場が少ないというのがありましたが、ラッキーなことに入り口横のベストポジションに停めることができました。

私は夏ということでナスのトマトソースを、友人はミートボールのものをオーダーしたのですが、味はそれなりでしたが、たしかに量は東京のコジャレたレストランの3倍はありそうなものでしたよ。アルゼンチンで胃袋を鍛えた私は完食できましたが、友人は残してしまいました。友人はパスタの量を減らしてサラダなどとのセットメニューにしてほしいとこぼしていましたが、たしかにその方が有難いですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/29(土) 14:35)

 大通公園のビアガーデン
oodoribg

 本日も晴れて、昨日と同じくらいの気温になりそうです。

天気予報では29度ということですが、今日は金曜日ですし豊平川で花火大会もありますので、ビアガーデンも大賑わいになるのではないでしょうか。

先日は地域イノベーションフォーラムというのがグランドホテルであったので出かけたのですが、そのあとに大通公園に様子を見に行ってみたらかなり繁盛していました。これはアサヒビールの画像ですが、木陰が多いためか高齢者が多かったように感じられました。北海道は湿度が低いためか、木陰に座っていればかなり爽やかな感じです。周辺の交通量は多いのですが、周辺の木々が音の波を吸収するためか、さほどうるさくはありません。今年は冷夏になるかもと心配していたのですが、これから晴天が続けば我が家の家庭菜園と同じでなんとか挽回できるかもしれませんね。

ひとつ気になったのは、工事現場に使うようなバルーンの照明が点灯していたことです。冷夏も地球温暖化のひとつの現象と分析されていますが、大通公園のようなシンボリックな所で「多くの補助金を貰いながら財政難に苦しむ札幌市では電気の無駄遣いをしています」というような印象を与えることはやめるべきですよね。このビアガーデンには近くの北海道庁や札幌市役所の職員も大勢がアフターファイブ(サマータイムの場合はアフターフォー?)の楽しみのために訪れると思うのですが、誰も指摘しないのでしょうか…?



oodoribg2

 こちらはお隣のキリンビールのエリアの画像です。

木陰が無い場所ですが、真ん中に噴水がありまして悪くはない感じでした。まだ日差しが強かった時間帯でしたので、客席にも空きが目立ちましたが、おそらくトワイライトタイムには満席になったことでしょう。面白かったのは4リットルが入る大きなメスシリンダーのようなビールサーバーがあったことで、あちこちのテーブルの上で誇らしげにそびえ立っていました。見かけは大量に感じられますが、8人で飲めば1人当たりは500ミリリットルですからあっという間ですよね。

値段は4200円ほどでしたから、その場合は500円ほどになります。まあ日本国内としては妥当な値段なのでしょうが、割安感はありませんよね。このタワー型のビールサーバーは1本目が4000円で、2本目は3000円、3本目は2000円と割り引くようなシステムにでもすれば良いでしょうに。



konishiki

 帰宅途中にイオンに寄ったらKONISHIKIがいました。

何やらハワイアンのCDのキャンペーンのために札幌に来てたみたいで、ダンサーを従えて歌っていましたよ。私は現役時代に取り組みを見たことがありますが、その時よりもひとまわり大きくなっていたのではないかと感じました。先ほどの北海道文化放送でやっている生番組にも出演して歌っていましたが、奥さんも歌手デビューしたそうですよ。ハワイに大きな家を建てたそうですが、こうやって地味に地方まわりをして頑張って稼いでいるのですね。(笑)

先ほどのニュースでは北海道の失業率は5.4%と全国で最悪のレベルらしくて、毎日のようにコンビニ強盗みたいな事件が発生しているのですが、道産子の皆さんもKONISHIKIを見習って頑張るしかないかもしれませんね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/07/28(金) 14:15)

 真っ赤なトマトの味
tomato3

 本日も気持ち良く晴れ渡り、28度まで上るそうです。

午後からお出かけなので今日は爽やかな朝のうちに書いてるのですが、我が家の家庭菜園にもついに「夏」が実りました。

日照不足により遅れていたミニトマトがついに赤く熟したのですが、先月からスーパーでは生のトマトを購入するのをぐっとガマンしていたので、もぎ立てのものを口に含んだ時の味は格別でした。

「太陽の恵みを凝縮した味」と表現することがありますが、それではちょっと足りません。「大地の養分をぐんぐん吸い上げて、次世代に遺伝子情報を残すために美味しく丹念に仕上げましたよ?」とでもトマトが言ってるような感じかな…(笑)



gagome

 これは友人からいただいた昆布味のキャラメルです。

北海道の注目食材のがごめ昆布を練り込んであるものみたいで、ジンギスカン味などの変わりキャラメルのシリーズなのでしょう。

パッケージデザインもなかなか良いですし、面白いなと思ったのですが、味の方は昆布入りと言われてみないとそれとわからないレベルで期待はずれでした。大人には甘すぎるのもマイナスポイントだと思いましたが、開発担当者が思考錯誤した結果だったのでしょうね。まあこういったものは1個試せば充分ですから、持ち歩いて皆さんに配ってまわることにしましょう。(笑)



snoopy

 本日の気になったCMは子供向けのイベントのものです。

これは今日からサッポロファクトリーで開催されるスヌーピーの展示会のもので、夏休みにはピッタリのもののようですね。

しかしこのイベントはスヌーピーを題材にしたアート作品の展示もあるみたいでして、それは子供のお小遣いでは手が届かない値段のようですから親の世代を狙ったものかもしれませんね。

ちなみに猫が好きな私はビーグル犬のスヌーピーにはあまり興味がありません。でも東急ストアの工事の進み具合のチェックも含めて、久しぶりに立ち寄ってみようかなと思っております。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2006/07/27(木) 09:46)

 巣立ちの季節
hato

 本日の最高気温は26度で、3日続けての夏日でした。

道内の子供たちも休みになったらしいですし、大通公園のとうもろこしの屋台も冷凍から生のものに切り替わったそうで、これで北海道も本格的な「夏」になりました。

札幌駅前のJRタワーが遠くに見えるくらいの距離ですが、我が家の周辺は自然が豊かで鳥さんたちがたくさんやってきます。トンビやカッコウなどの常連さんから、たまにやってきてはけたたましい音でその存在をアピールするキツツキ、そして海鳥のはずのセグロカモメやカラフルなコウライキジ、そしてラッキーなことに真冬にシマフクロウまで飛来してきたことがあるのですよ。

そして最近は温暖化のためか、このあたりでは見かけることが無かったハトが住み着くようになりまして、PCの部屋の窓から見える所に巣を作っていたのです。しばらくの間、せっせと親鳩がエサを運んでいたのですが、いつしか静かになってしまいました。

それで、そ?っとチェックしに行ってみたら、すでに巣立ちの後のようでした。巣の中には孵化しなかったらしい不運な卵がポツンと残されていました。これも自然の摂理なのでしょうが、厳しいものですね。



torinosu

 本日の午後にまた庭に落ちてる巣を発見しました。

この大きさなら小型の野鳥なのでしょうが、これで私のコレクションは3つになりました。散歩してる時に落ちてる巣を見つけたら持ち帰って保存しているのですが、ツバメの巣では無いので利用価値はまったく無いのですけどね。(笑)

ちなみにこの巣の後ろにある木にはキツツキが頑張ってあけた穴がありまして、何度か出入りするのを見かけましたが、素早いので撮影に成功したことはありません。私のサイバーショットはリモコンが付いていないので、三脚で固定しても巣から顔を出した瞬間を捕えるのは難しそうなのです。キツツキも巣立ちの季節でしょうから、残されている時間も少なそうなのですが…



bellasia

 本日の気になったCMはベル食品のスープカレーです。

先日紹介したBOSSのCMに出てきた大泉洋プロデュースのスープカレーの第2弾である「アジア」という商品のものです。私は大泉洋もスープカレーもあまり興味が無いので買ってみようとは思わないのですが、道内以外でも大泉洋のファンは多いみたいですからそれなりに売れているのでしょうね。ちなみにこのコマーシャルは昨年のもので、最近は見かけなかったのですが、夏になったためかまた放送されるようになりました。アジア風のスープカレーがいちばん売れるのはやっぱり夏なのでしょうね。

しかし大泉洋の「本日のスープカレー」を聴きながらローソンで購入したコレを食べて、食後にBOSSの缶コーヒーを飲む人ってきっと「存在」するのでしょうね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/26(水) 19:37)

 札幌芸術の森 情報誌 ルア
lure

 本州各地の雨による災害はたいへんですよね。

まだ全国的には梅雨も明けずに天気が悪い所が多いようですが、有難いことに北海道は秋のような爽やかな晴天が続いています。庭ではトンボが元気に飛び回っているのですが、あまり人間を恐れていないようで撮影の最中にも写りこんできたりしますよ。

これは日曜日のあるイベントでいただいてきた南区の札幌芸術の森の情報誌なのですが、4色刷りの36ページもある立派なもので驚いてしまいました。年に3回発行されているもので、この世知辛い時代に希望者には無料で自宅まで送ってくれるということでしたので、さらにビックリでしたよ。発行元は札幌市芸術文化財団という財団法人みたいですが、補助金が潤沢なのかもしれませんね。

ちなみに札幌芸術の森は開園20周年を迎えるということで、27日から29日の3日間は普段は600円もする野外美術館が無料開放されるそうです。週間予報では日曜日まで雨マークはありませんから、私も行ってみようかなと考えております。



3books

 秋のような天気なので読者もしてみました。

左側のヤツはエッセイストの玉村豊男氏が長野県の東御市に移住して作ったガーデンファーム兼ワイナリーのヴィラデストのカフェブックなのですが、季節のレシピだけではなく農作物を育てて美味しくいただくという素朴な喜びが美しい写真と飾らない文章から伝わってくる貴重な1冊です。先週放送されたテレビ東京系列の「ソロモン流」という番組でも少しだけその様子が映し出されていましたが、設備などがかなり充実してきているようですね。ヴィラデストは代官山のショップがオープンした頃から注目しているのですが、まだ私はガーデンファームには行ったことがないのですよ。東京からなら日帰りも可能ですから、次回には立ち寄ってランチをいただいてみたいですよ。

中央はブログマダムたちが喜びそうなル・クルーゼの料理本です。伝統的なフランス料理の作り方を丁寧に説明してありますので、ル・クルーゼを持っていなくてもキッチンに置いておきたくなるような本でした。本を開くと右側に創作意欲をそそる写真があり、左側にはそのレシピが簡潔にまとめられていて、定番ながら余計なものは一切ない潔さが心地よく、この本もル・クルーゼも欲しくなりましたよ。

そして右側のヤツは北海道の増毛町出身の三国シェフの料理に対する考え方が描かれたものでしたが、これもなかなか面白い内容でした。札幌のグランドホテルで修業した話やヨーロッパでのカリスマシェフたちとの交流、そして四谷にオテル・ドゥ・ミクニを開いた経緯や、最近の子供達の食育に関したものまで読みやすくまとめられています。私は単なる料理好きの男で、家庭菜園も3年目の素人ですが、あちこちを旅行していろんなものを食べてきましたので、三国シェフの料理や食材に対する考え方は理解できるつもりです。

巻頭以外は文章だけのシンプルな本で楽しく読み終えることができたのですが、ただひとつ三国シェフが自分のことを「僕」と書いてあったことが最後までどうしても馴染めませんでした。



bossooizumi

 本日の気になったCMはサントリーのBOSSのものです。

BOSSは全国で発売されていますが、なぜか北海道では大泉洋の所属する事務所の社長さんがコマーシャルを作っているのです。

このコマーシャルは不思議なことにシリーズになっているようで、ハンディカムで撮ったような映像に商品名が出るだけの安上がりなものなのです。このバージョンでは大泉洋がプロデュースしたベル食品スープカレーの販売促進用の立て看板を撮影しただけのもので、それに「BOSS×大泉洋×カレー」というテロップが出るのですが、この場合は大泉洋やベル食品にはギャラが発生するのでしょうか…?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/25(火) 20:29)

 ファイターズ・キティガイ
fkitty

 夏のスポーツシーズン真っ盛りの北海道です。

私は高校野球もプロ野球も興味が無いのですが、新庄が電光表示ベルトをしていたのは早送りしていた時に見たので知っております。期待を持たせるような発言のわりには地味な演出だったようですが、まあその方が私的には有難いのですけどね。

個人的には新庄の引退でトーンダウンして人気が低迷してくれれば嬉しいのですが、北海道のファイターズ狂の皆さんは層が厚いようで、このハローキティのように様々なものを見かけますから驚いてしまいますよね。ファイターズには灰色のクマのようなオリジナルのマスコットがあるのですが、こんなものまでメーカーに作らせるなんてスゴいですよね。そのうちにマリモッコリのファイターズバージョンなんてのも出来るのではないでしょうか。(笑)

余談ですが新庄の影響なのか、アニメキャラの扮装の選手を見かけましたが不愉快でした。相撲取りがオフシーズンにお遊びで女装したりするのはカワイイものだと思うのですが、今は野球のシーズン中でしょうから、選手は余計なことを考えずにプレイしてればよいのにと思いますよ。新庄のお馬鹿なパフォーマンスを面白がったりしたから、他の選手も「新庄の後は自分が…」と考えたのかもですね。

また大騒ぎした結果、茨城の欽ちゃん球団の存続が決まったみたいですから困ったものですよ。私は全体責任みたいなものは気持ちが悪いと思っているのですが、辞める辞めないで騒ぐのが嫌いですし、どうも誰かが書いた筋書き通りの着地点に落ち着いたような感じがしますので不愉快なのですよね。



dabesa

 ファイターズ関連の商品はこんなものまでありました。

シャッターのリモコンに印刷するだけですから簡単なものでしょうが、ここまでファイターズ関連商品で揃えたいという人がいるのでしょうか?このような商品の耐用年数は10年以上はあると思うのですが、このリモコンが寿命を迎える頃にはたしてファイターズという球団は存続しているのでしょうかねぇ…?

もしも北海道からプロ野球チームが無くなってしまったら、ファイターズ狂でこれを買った人は毎日リモコンを見るたびに不愉快な気分になってしまうのではないでしょうか。まあその時はファイターズのロゴを削り取ってしまえば良いのでしょうけどね…(笑)



sbeer

 本日の気になるCMは野球につきもののサッポロビールです。

コマーシャルもファイターズ関連のものにしようと思ったのですが、画像のファイルに見当たらなかったので北海道のビール会社を選びました。もちろんサッポロビールは全国でもコマーシャルをやっていますが、これは北海道限定のものではないかと思います。

先週から大通公園のビアガーデンが始まったのですが、雨こそ降らないものの最高気温が25度前後の天気が続いてますので、ビール会社の人も今年の収益を心配しているのではないでしょうか。

お酒を飲まない私はもちろんビアガーデンの席には座ったことが無いのですが、それは料理も魅力が無いということもあります。もう少し魅力的な品揃えを考えるべきではないかといつも思いますよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/24(月) 19:33)

 アイヌとして ?萱野 茂が遺したもの?
ainu

 北海道はまたしても肌寒い曇天の日曜日でした。

九州や四国などでは大雨被害が発生してる所もあるらしいので文句は言えませんが、もう少し日差しと気温が欲しいものです。

さてこれは先週放送されたテレメンタリ?2006というドキュメンタリー番組で、北海道平取町二風谷出身でアイヌ民族初の国会議員となった萱野茂氏について考察されたものでした。5月6日に肺炎のため79歳で亡くなったそうですが、アイヌ文化を保護育成する「アイヌ新法」の成立に尽力したり、先住民族としての権利や誇りを訴え続けた人生だったそうなのです。

私はアイヌ系の知り合いはいませんし、普段の生活でかつて我が家の近所でも狩猟生活を営んでいたであろう先住民に対して思いをはせることもありません。しかしこんな番組や博物館などでアイヌ民族の分布マップなどを見たりすると、感慨深いものがありますよ。

萱野茂氏が若い頃はあからさまな差別もあったらしいのですが、最近では状況はかなり好転しているようでした。北米やオーストラリアなどの先住民に比べれば人口が少ないのが理由かもしれませんが、はっきりとした理由はわかりません。機会があればアイヌ集落を訪問して、観光面でない部分を自分の目で確かめてみたいですよ。



gumi

 かつてアイヌも食べたかもしれないグミの実です。

まるで信号機のように熟していました。試しにいちばん赤いものを口に入れてみましたが、まだちょっと早かったようです。しかし遅くなると鳥さんたちに食べられてしまうので、タイミングが難しいのですよ。

これは種が大きいのでジャムに加工したりするには向いていません。まあ量も少ないので、家庭菜園の草取りの間のオヤツとして自然に感謝しながらいただくことにしましょう。



hokuden

 本日の気になったCMはほくでんのものです。

北海道電力だから「ほくでん」なのでしょうが、個人的にはひらがなの会社は嫌いですし、これは原子力のPRですから、ますます好みではありません。ちなみに郵政民営化による新会社の名前は「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命保険」に決まったようです。これが小泉改革の成果なのですね…(笑)

地元のタレントさんを使ったものですが、ギャラは安いとしても放送回数はかなりのものですから経費の無駄使いに思えます。そんなにお金が余ってるなら電気料金を値下げしてほしいと思うのは私だけじゃないでしょうね。まあCMをたくさん放送することにより、放送局に圧力をかける意味が大きいのでしょうが。

原発がある泊村あたりにはアイヌはいなかったかもしれませんが、身の丈に合った生活スタイルを営んできた北海道の先住民族たちからは、現在の道民のアメリカ人並みの消費生活はどのように映るのでしょうね。あるスーパーでは夏だというのにレジのパートのおばさんの足元にはハロゲンヒーターが稼動中でしたよ。生ものが多いのでクーラーが強めに効かせてあったのですが、困ったものですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/07/23(日) 18:14)

 大通公園ビアガーデン&カルチャーナイト2006
beergarden

 九州は「湿舌」の影響で大雨らしいですが、大変でしょうね。

北海道はようやく本来の夏が到来して晴れた日が続いています。しかし夏日までにはならないので、始まったばかりの大通公園のビアガーデンは賑わってはいませんでした。もちろん私は飲まないのですが、カルチャーナイトでいくつかの場所をハシゴしている時にガラガラの客席を見かけたのですよ。たしか昨年はビール消費量の最高記録だったと思いますが、今年はスタートから夜は寒いくらいですから記録更新は無理かもしれませんね。

これはロシア娘がアナウンサーをやっているニュース映像風に見えるでしょうが、北海道放送で深夜にやっている「LOVE ON TV」というトレンド番組のトピックスのコーナーなのです。ロシア語の音声の上に日本語のナレーションをかぶせているのですが、以前に似たような番組をやっていたと思うのですが、その番組名も放送局もどうしても思い出すことが出来ません。TBSかテレビ朝日だったように記憶していまして、アートや音楽、映画などの最新のカルチャーを外国人が紹介していた15分ほどの番組だったと思います。



maruyamazoo

 昨日のカルチャーナイトのスタートは円山動物園でした。

これは公共施設などを夜間開放して、市民に地域の文化に親しんでもらおうということから始まったようですが、パンフレットには80カ所ほどがラインアップされていました。それで昨年に続いて円山動物園に今年も行ってみたのですが、サル山に面して2階建ての展望レストハウスというものが完成していましたよ。ガラス越しにサルと対面することができるようになっていましたが、これは良い意味で旭山動物園の影響が表れているのでしょうね。

サル、アシカ、シロクマなどに餌をやるところを見て回ったのですが、昨年よりも人が増えている感じで、昨年ののんびりとしたムードとは変わっていて残念でした。どうやら口コミで人気となったようですが、来年はもっと混雑するかもしれませんので、来年は円山方面はやめておこうと思いました。



ookurayama

 動物園の後は近くの大倉山ジャンプ競技場に行きました。

ここは1972年の札幌冬季オリンピックのために作られた競技場で、当時のスポーツ選手のユニホームやスキーなどの道具を展示したウィンタースポーツミュージアムというものがありまして、なかなか楽しむことができました。

ちなみに競技場の頂上まで登ることができるリフトは無料ではありませんでしたので、標高307メートルから夜景を眺めることはあきらめました。片道250円ですので乗ってみても良かったのですが、他にも行ってみたい所がありましたのでやめておいたのです。

ミュージアムの後で土産物コーナーを物色してみたら、人気のために入手困難といわれているカルビーのジャガポックルがありましたので、試しにひとつ購入してみました。すぐに味見をしてみたいと思いましたが、これは誰かが遊びに来た時のために保存しておくことにしました。味や食感などの評価はその時にまたアップしますよ。



1934

 次は知事公館近くの三岸好太郎美術館に行きました。

まったく期待していなかったのですが、この若くして亡くなった画家の半生はドラマチックでしたので面白かったですよ。晩年に中野区の鷺の宮に新築したバウハウス風のアトリエの完成を見ずに1934年に旅先で亡くなったという話でしたが、まるで映画のようですね。

ちなみに亡くなってからしばらくの間は作品を展示してあったらしいのですが、現在は建て増しをして娘さんが住居として使っているそうです。当時は東京の郊外で地価も安かったのでしょうが、現在ではかなりの資産価値がある物件となっているのでしょうね。美術館の2階にそのアトリエに関する短い映像があったのですが、なかなか興味深いものでした。この美術館も多少はアトリエの要素を取り入れて作られたということですが、どうせならまったく当時と同じものを札幌で再現すれば良かったのではないかと思いました。そうしていれば今の時代にピッタリだったと思いますし、日産のコマーシャルにも使われて有名になったのではないでしょうか…(笑)

最後は京王プラザホテルで写真などを見て食事をして帰宅したのですが、今年もなかなか楽しむことができました。来年は私にとっては最後のカルチャーナイトですから、今まで行ったことが無い所をなるだけ多く行ってみたいと思っています。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/22(土) 19:52)

 トンボの季節2006
tombow

 北海道では早くもトンボが飛び交う季節になりました。

予想では夏日になるという話でしたが、気温はそこまで上がる気配はありません。この調子では長袖のスウェットシャツを脱ぐことは出来そうにありませんよ。

この画像は特殊な方法で飛んでいるトンボを撮影したものではなく、蜘蛛の巣にひっかかっているヤツを撮っただけなのです。しかしこのトンボはツイてないですよね。おそらく羽化して飛びはじめたとたんに捕まってしまったのではないでしょうか。

自然がいっぱいの我が家の周辺には蜘蛛の巣もたくさんありまして、気をつけている私もたまにひっかかってしまうくらいですから、脳味噌が1グラムぐらいしか無さそうなトンボなどが餌食となってしまうのは仕方がないことでしょう。それが北海道にアイヌが住み始める前からの自然の摂理なのでしょうが、厳しいものですよね。



softball

 こんなものまで出現する季節となってしまいました。

最初は誰かがゴムボールでも並べたのかと思いましたが、正体は丸くて白いキノコでした。大型のマッシュルームみたいな感じで、美味しそうな感じもしましたが、やはりキノコは怖いですから収穫はしませんでしたよ。

我が家の近所ではいろんなキノコが出現して驚かしてくれますが、こんな種類は初めてでしたよ。



megapuri

 本日の気になったCMはプリンスという眼鏡店のものです。 

深夜番組で流されていたものですが、この理髪店のポスターのような顔は少し前の大泉洋じゃありませんか?。他のコマーシャルは契約が切れたためか最近は流されていないのですが、このコマーシャルは制作年度が古そうですから、長期間の契約なのかもしれませんね。事務所の社長さんもこのコマーシャルを契約した頃には、まさか大泉洋がこれほどメジャーになるとは思っていなかったでしょうし。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/21(金) 11:14)

 ノルッキー
fuurin

 本日も最高気温が23度で爽やかな北海道です。

昨日は長野などは大雨で大変だったみたいですが、北海道は晴れていましたし、午後には肌寒くなるくらいの過ごしやすい天気あのです。そんな冷涼な気候ですから札幌の地下鉄にはクーラーが無いという話ですが、毎年この季節になると風鈴が取り付けられていることになっているようですよ。

今年も地下鉄職員が朝から取り付けて回ったみたいですが、絵柄がいつもの年とは違って来年開催されるノルディックスキーのマスコットキャラクターのノルッキーというものになったそうです。個人的には地下鉄にも乗ったことがありませんし、ノルディックスキーにも興味が無いのですが、北海道の時事ネタということで載せてみました。

ちなみにこの風鈴は8月15日まで鳴り続ける予定みたいですよ。お盆を過ぎると北海道はもう秋ですからね?。(笑)



familymart

 これは先週行ってみたファミリーマート1号店です。

なぜか韓国やアメリカよりも遅れて北海道にも上陸したファミリーマートですが、テレビのニュースでもたくさん取り上げていましたし、まだ1店舗しかないのにコマーシャルもそれなりに流されていることもあり、駐車場は満車でした。

特に変わったことが無い普通のファミリーマートでしたが、無印良品のコーナーが多いなと感じました。これは初めての出店ということで特別なのか、あるいは最近のファミリーマートの戦略なのかはわかりません。私はあまりコンビニを利用することはありませんし、じっくりと見て回ることもありませんからね。

驚いたのは、レジカウンターに置いてある温かいスナック類がすべて売り切れていたことです。それと65円で安売りされることもあるマルちゃんの焼きそば弁当が150円の定価で販売されているのにも驚かされました。お店のスタッフの数も多かったですし、久しぶりに活気があるコンビニを見たような気がします。2号店は清田区に出店することが決まっているそうですから、すぐに珍しさはなくなるでしょう。

本日もまた札幌でコンビニ強盗があったということですが、初めてファミリーマートが被害に遭う日はいつになるでしょうか…(笑)



chinbostu

 本日の気になったCMは映画の「日本沈没」のものです。

これは全国でやっているものでしょうが、いちばん最初に「北海道沈没」というナレーションがありますので、ついつい反応してしまいます。財政破綻した夕張市の市長の給与も半分に削減されることが決まったそうですが、そういったニュースの後にこのコマーシャルがあると、リアリティーがありすぎますよ。

コマーシャルでは景気が良い名古屋も東京も「沈没」するのですが、六本木ヒルズが傾いてしまうところが笑えました。きっと監督さんたちも六本木ヒルズだけは絶対に壊したかったのでしょうね。個人的には地下駐車場で見た2台のフェラーリが落ちてきたコンクリートでグシャリと潰れるところをみたいと思いました。青と黄色のヤツですが、たしか持ち主はリバウンドした「あの人」だったはずですから…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/07/20(木) 19:52)

 ほっかいどうFan
hokkaidofan

 今日も北海道は爽やかに晴れてくれました。

またしても新しい北海道に関する雑誌が出ているのを発見しました。「どうしん」の名で道民から親しまれているらしい北海道新聞社から北海道百科の別冊として840円で出版されたもので、以前にこのブログで紹介したことがある「北海道生活」と似たようなコンセプトのもののようでした。

つまり「北海道は自然がいっぱいで良い所ですから、移住など考えてみませんか?」といった感じでして、それなりにキレイな写真がたくさん載っているのですが、私は羊頭狗肉なんじゃないかなと考えてしまうのですよね。

「観光に来てください」というものなら良い所ばかり見せるのも罪は無いと思うのですが、移住を勧めるのであれば北海道での生活や今後の財政面で大きな問題を抱えていることなどを簡単にでも説明しておくべきだと思うのですよね。

北海道新聞社といえば報道機関としてそれなりの社会的責任があるはずと私は考えていまして、せっかく作るのならもう少し別の編集の仕方が、それと雑誌のネーミングも別の選択肢があったんじゃないかなと思うのですよね。

私はひらがなの「ほっかいどう」や「さっぽろ」が氾濫する最近の傾向にはうんざりしていまして、北海道新聞社に投書してみようかと考えていたのですが、その道もこの雑誌を見て閉ざされてしまったことを悟りました。(笑)



ijyuu

 道内のニュースでも北海道への移住関連のものを見かけます。

2007年から団塊の世代のリタイヤが本格化するので、それを当て込んでるオジサマたちがいろいろと策を練っているようなのですよ。たしかにある種のビジネスチャンスではあるのでしょうが、私は全国から移住者を集めるのはデメリットもあると思うのですけどね。推進派のオジサマは都会の北海道に憧れている中高年が道内にお金を運んでくると思ってるのかもしれませんが、人口のバランスが崩れてしまったら、将来に問題となるのではないでしょうか。

つまり北海道への移住が増えたら、最初のうちは歓迎ムードだったものがそうではなくなってゆくと予想されますし、高齢化が深刻化すれば、ますます疎まれるようになるのではと思うのですよ。65歳で移住してきた道外の人も10年が経過すれば75歳となり、預金も使い果たすかもしれませんし、頼みの年金もインフレが進めば厳しい状況となるでしょう。そして移住してきた人も10回も北海道の冬を体験したら、北海道へ移住したことを後悔してるかもですので、根っからの道民の皆さんとの間に精神的な亀裂が大きくなってるかもですよね。

ちなみに私はまだ北海道の本当の冬を体験したことがありません。寒いのはなんとか我慢できるのですが、太陽光線が欠乏しちゃうのが辛くて旅行に出ちゃっていました。でも今年の冬は最後ですから、旅行には出ずに本当の冬を体験してみようと思っているのですよ。雪祭りも一度くらいは見てみたいですしね。(笑)



logocm

 本日の道内CMシリーズは賑やかなものを集めてみました。

遊園地やサーカス、飲食店などのCMなのですが、私はどれも興味がありません。夏が短い北海道では稼ぎ時なのでしょうが、新しいアイデアが付加されていないようなものは面白みを感じないのですよね。

人生経験が短い子供なら興味を持つかもですが、既にいろんなことを経験済みの大人にアピールするのは難しそうですね。こういったCMを見ていますと、工夫しだす前の旭山動物園を想像しちゃいます。少子高齢化なんですから、大人の鑑賞に耐えるものを目指してほしいものですよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/07/19(水) 20:46)

 ルッコラ・グッタリ・ガッカリ
guttari

 本州ほどじゃありませんが、北海道も大雨の一日でした。

旭川の北にある美深町では1時間の雨量が観測史上1位の46mmを記録したそうですから、かなりのものだったようですよ。

雨の切れ間に家庭菜園を点検してみたら、キャン・ドゥで購入した種から成長したルッコラが長時間の雨に打たれてグッタリしていました。もう少し伸びたら、シンプルなルッコラのピッツァを焼こうと思っていたのにガッカリですよ。明日からは天候が回復するという予想なのですが、はたしてルッコラちゃんは立ち直ってくれるでしょうか…



hasu

 大雨のおかげで小さな池の水位も上がってしまいました。

急に15cmほど高くなったので、ハスの茎の長さが足りずに葉が水没しかかっていましたよ。つい最近の「所さんの目がテン!」で見た情報ですが、水位が上がるとハスの茎はスゴい速さで成長するらしいですよ。この半分ほど沈んでいる葉も、明日の朝には平気な顔して水面に浮かんでいることでしょう。

しかし今年は花が咲くのが遅いようです。まだ蕾らしきものも見当たりませんでした。これも気温が低いせいかな。涼しいのは良いのですが、最高気温が28度くらいの晴天が続いてほしいものですよ。



ooizumikokuchi

 本日の気になるCMは大泉洋の映画告知のものです。

フジテレビ系列の北海道文化放送でやってたものですが、これって全国でもやってるものかもですね。26時間テレビでも映画と「東京タワー」の告知を頑張ってたみたいですが、全国での露出が増えると北海道ローカルの出演が減りそうですよね。

大泉洋が初めて「うたばん」に出た頃は北海道の両親の家に住んでることMCの2人にバカにされていましたが、さすがにもう東京に部屋を借りてるのでしょうね。乱立気味の湾岸マンションかもしれませんが、あまり似合いませんよね。個人的には大泉洋なら中央線沿線がピッタリのように思いますよ。緑が多くてジブリ美術館も近い三鷹あたりが似合いそうな感じですが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/18(火) 20:18)

 豆腐とチコリのサラダ
chikorisalad

 ランチまでは晴れていましたが、午後から雨になりました。

家庭菜園の水遣りの手間は省けますので好都合ですが、いつもの年よりも雨が多いように感じています。温暖化の影響で北海道にも梅雨というものが上陸したのかもしれませんね。

雨が降る前に庭でいただいたのが、この豆腐とチコリのサラダです。京菜を敷いた上にチコリを並べ、そこに角切りした木綿豆腐と大根菜をごま油で炒めたものを乗せ、収穫したばかりのラディッシュやブロッコリーを配置しました。トッピングはルッコラのスプラウトと砕いたピーナッツで、胡麻ドレをかけていただいたのですが、夏っぽくてなかなか美味しゅうございましたよ。

トマトがまだだったのが残念でしたが、7月も中旬となり収穫できる野菜も増えてきたのは嬉しいですよ。スプラウト用以外に土に植えておいたルッコラの若葉もずいぶん成長してきましたので、それも来週には食べ頃となりそうです。春に森下のイタリアンレストランでいただいたルッコラのピッツァを再現してみようかな…



39yen

 昨日は夕方からあちこちに買い物に出かけました。

屯田のジョイフルは何もお買い得品が無かったのですが、迷い猫がいたのでしばらく遊びまして、隣のイトーヨーカドーでは138円の亀田製菓の柿の種などを購入しました。次に立ち寄ったイオンのスーパーセンターでは177円の3本入りカセットボンベなどを買い、最後のコープさっぽろでは39円のブナピー、アルミフォイル、ラップ、そして185円の森永のバターなどを購入したのです。

以前にブナピーは10円、カセットボンベは168円くらいで売ってるのを見た記憶がありますが、他の商品は私的には最安値のようですよ。最近はガソリン代が高いので、近くのスーパーで購入した方がトータルでは安かったかもしれませんが、安いのを見つけると気分は良いのですよね?。昔はレジの人に安いのばかり買ってると思われるのではと、さほど必要では無い高い商品も混ぜて購入してたりしましたが、最近ではぜんぜん平気になりました。北海道では知り合いにバッタリ出くわすという可能性が少ないのと、オバサン化が着実に進行しているのが理由かもしれません。(笑)



coop

 本日の気になるCMはコープさっぽろのものです。

生協周辺にいそうな人や犬などの数種類のイラストがポップアップするもので、子供がいる奥様向けの害が無いイメージ広告みたいです。私はこの道内CMシリーズのために気をつけて録画済みのものをチェックしているのですが、普通の視聴者の記憶には残らないタイプのものじゃないかなと思います。最近は主婦でもHDDに録画する人も増えているでしょうから、このようなタイプは不利なように思います。ついでに個人的にはコープさっぽろのひらがな表記が嫌いです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/17(月) 19:14)

 はちコレ 2006夏号
hachikore

 図書館の情報ラックに置いてあった小冊子です。

札幌を中心とした8市町村による広域圏の組合があるみたいでして、そこが編集してる8ページの印刷物です。8市町村だからということで、表紙のハニカムデザインや蜂のキャラクターは偉いオジサマが発想されたのかもしれませんがベタですね?。(笑)

たいした内容ではありませんが、巻頭の花火大会の情報は役にたちました。札幌市の中心を流れる豊平川では毎年3週連続で花火が上がるのですが、私は21日のカルチャーナイトの夜にだけ行く予定ですよ。カルチャーナイトとは札幌の公共施設などが夜間開放されるもので、入場無料になる所もありますので昨年もあちこちをハシゴしました。今年も雨が降らなければ折りたたみ自転車を自動車に積んで行って、短時間でいくつかのポイントを走り回る予定なのです。

北海道に引っ越してくる前は10月1日の「都民の日」に無料となる美術館などに出かけていましたが、北海道では「道民の日」というのは聞いたことがありません。カルチャーナイトを道民カルチャーデイにでも格上げして、午前中9時頃から21時頃までの全施設の無料開放にすればスッキリして良いと思うのですけどね。ついでに市バスや地下鉄などの公共交通機関も無料にして、税金で給料を貰ってる人たちが納税者に年に一度の感謝の気持ちを示すというのでよろしいのではないでしょうか。



aosasoba

 友人からいただいたあおさで天ぷら蕎麦を作ってみました。

水で少しだけ戻したものに衣をつけてカラリと揚げて、大根おろしの上に乗っけたシンプルなものでしたが、夏にピッタリでたいへん美味しゅうございましたよ。

真ん中のものは端っこが傷んできた小さなズッキーニです。まだぜんぜん小さなものでしたが、収穫しないと傷みが拡大しちゃうのでポキリと折ってきたのです。夏は冷たい蕎麦と天ぷら、そして麦茶が最高の組み合わせですよね。



SWEET DECORATION

 本日の気になったCMは雑貨のチェーン店のヤツです。

家具の長谷川グループが経営する「SWEET DECORATION」というスゴい名前のファンシーな店で、札幌や小樽、帯広などに8店舗があるみたいです。私は昨年に本郷通りに新しい店が出来た時に一度行ったことがあるのですが、場違いな所に足を踏み入れてしまったかなと思ったものでした。

ベルメゾンみたいな通販雑誌をそのまま店にしたような商品構成で、我が家に似合いそうなものは皆無でした。しかし店が増え続けているということは、支持する客層が少なからず存在するのでしょうね。

私の勝手な予想では平岡あたりの北米的な住宅街で年末に家全体にイルミネーションを施すようなタイプの奥様が、このタイプの店のお得意様ではないか?と思っています。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/07/16(日) 12:12)

 哀愁のマルベリーパイ
kuwa

 昨日は真夏日でしたが、また少し涼しくなりました。

それでもここ数日の陽気で裏庭のマルベリーが熟してきましたので、手が届く範囲の分を収穫しました。真っ赤なものが劇的に黒く変化する落葉高木の実で、眼精疲労に効き目があるアントシアニンが豊富らしいので鳥さんたちに横取りされないうちに無駄なく消費したいと思っているのです。国際センターの集まりにも持ってゆこうと思ってパイを焼いてみたのですが、大失敗してしまいました。

この倍のサイズの冷凍パイシートを焼いて、その上にミルフイユ用のクレーム・パティスィエールというカスタード・クリームみたいなものを作って焼きあがったパイに塗り、その上に収穫したばかりのマルベリーを一面に敷き詰めたのですが…

完成して撮影しようと思ってお皿に移動させようとしたら、半分がボキッと折れて足元に落下してしまったのです!デジカメを置いて両手で持てば良かったと悔やみましたが、「時すでに遅し」でした。そのせいで、ただでさえ少なかったパイの分け前が半分になってしまいました。まあ季節の味覚を楽しんでいただくという主旨だけは伝わりましたが、勿体ないことをしでかしたものですよ。面倒くさがらずにパイ生地をこねて作るべきだったかと、ちょっと後悔しちゃいましたよ。


hotatepasta

 これは夕食にいただいたホタテとゴーヤのパスタです。

友人から沖縄名産のあおさをいただいたので、水で戻したものをパスタに加えてみたのですが、風味が増したようで美味しゅうございましたよ。ホタテとあおさには火が入り過ぎないように注意して作ったのですが上手くいきました。あおさはまだたくさんありますので、今度は天ぷらを作ってみようと考えています。ズッキーニと枝豆が収穫できたら、それらも一緒に揚げてみようと思っています。



ishikari

 本日の気になったCMは石狩市の祭りのものです。

周辺の町が全国的な知名度があった「石狩」に集まって石狩市と格上げになったのが10年前になるということみたいですね。静止画にナレーションだけのシンプルなCMで、素材さえ準備されていたら家庭用のPCでも5分で作れそうな感じでした。ちなみにゲストでまちゃまちゃがやってくるそうです。この時期の北海道の営業は彼女にとっても悪くないでしょうね。しかしまちゃまちゃのことを知らない石狩のおばあちゃんたちは驚くだろうな?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/15(土) 11:05)

 まずは小さな世界で1番になる…かな?
niwatoriatama

 本日ついに札幌が真夏日を記録したそうです。

昨年より3週間も遅かったそうですが、これでようやく北海道も夏らしくなってきました。天気予報がはずれて日差しが強かったからで、雨だったら30度を越えることは無かったことでしょう。

先日は札幌駅前の紀伊国屋で開催されたエアトランセの社長さんのトークショーに行ってきました。若くして日本初の女性の航空会社社長となったこの人は、「まずは小さな世界で1番になる」という本を出していて、その宣伝とサイン会を兼ねたものだったのです。

エアトランセは2004年8月にスタートしたばかりなのに、すでに道内に5路線を持つという成長ぶりなのです。もちろん全日空や日本航空に比べればまだまだ小さなキャリアですが、もしかしたら旭山動物園に続いて北海道の期待の星となってくれるかもしれません。

エア・ドゥやスカイマークがドル箱路線の羽田便で航空2強に挑戦しているのとは違い、エアトランセは道内のバス路線に挑戦しているようなもので、お金で時間を買いたい層にアプローチしているみたいですよ。この社長さんは有言実行が服を着て歩いてるような感じの人で、たしか「金スマ」出演時の目標は40歳までに1000億企業になるということだったと思います。そのためには、まずは小さな世界である北海道で1番になる必要があるのでしょうが、道内の景気予測が下方修正された状況で実現できるのでしょうか?

知床が世界自然遺産に選ばれたことから、道外からの観光客の増加は期待できるのでしょうが、エアトランセの全国的な知名度はまだまだでしょうから売名行為的な活動を今後も続けるしかないかもですね。個人的には冬の観光のオフシーズンにエア・ドゥや北海道庁などと連携して、知床での環境サミットのようなものを開催するのが面白いのではないかと思っています。「ソトコト」のような雑誌と連携して、厳寒の中でオホーツク海の流氷をバックにアイスキャンドルを配置してのコンサートみたいなイベントも絵になるのではないかと思いますよ。環境分野でのダボス会議のようなものを目指してみれば、それなりに上手くアピールできるのではないかなと思うのですが。

3号機の機体にはラッセンのイラストが描かれるそうですが、来年の東北新路線などのために4号機を購入するのなら、私はクリオネみたいな環境っぽい図案がよろしいのではないかと思いますよ。しかしこの社長さんはバブル期に東京で青春時代を過ごされたみたいで、環境方面には無関心かもしれませんけどね。小さなお子様も2人いらっしゃるようですから、私はその子たちのためにもそれなりの社会的な責任を果たされた方が良いとは思うのですが、体質がバブリーな人ってセルフィッシュな場合が多いので無理かもですね。



kastugenice

 帰宅途中にいつものイオンでカツゲンアイスを発見しました。

これは日持ちがしそうな商品ですから全国でも発売されているものかもしれませんが、道外ではカツゲンそのもののネームバリューは無いはずなので無理かな?

私も試しに買ってみようかなと思いましたが、1リットルのカツゲンが88円で安売りされていることを思い出してやめました。これが50円なら衝動買いしたのですけどね?。(笑)



aeonsc

 本日の気になるCMはイオンのスーパーセンターです。

東京にはスーパーセンターが無いと思いますので、イメージできない方もいらっしゃると思いますが、アメリカのウォルマートみたいに平屋のワンフロアに食品から家庭雑貨、安いアパレルなどすべて揃ってるもので、地価が安い畑の中にポツンと建っていたりします。

道内にはまだ3店舗ですが、今後もたくさんオープンするのではないでしょうか。我が家からはどれも10km以上ありますので、札幌市内の1店舗しか行った事がないのですが、花火のついでに今日からのセールをチェックしてみようかなと考えています。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/07/14(金) 19:23)

 ホワイトロール出現!
whiteroll

 本日は晴れで、30度近い最高気温となりそうですよ。

3連休は天気が崩れそうな予想ですが、晴れの合間に近所の牧草地では「働く自動車」たちが独特のエンジン音を響かせて、こんなのをアッという間に作っていきました。

このちょっと美味しそうな白いかたまりは1個が500kgほどあるらしくて、近くで見るとなかなか迫力があります。値段は1万円くらいするものらしく、これだけで20万円ほど置きっ放しなわけですが、さすがにこれは盗んでゆく猛者はいないようですね。(笑)



kage

 晴れていれば、夕陽がキレイな季節になりました。

我が家からは石狩平野に沈む夕陽を楽しむことが出来るのですが、デジカメの限界なのか、何度か撮影してみても似たような画像になってしまいます。マニュアルを読んで、設定を弄れば何とかなるのかもですが、面倒なもので…

そのうちにやろうと思っていながら、やらないことってありますよね。デジカメの設定もUSBケーブルでPCに繋いだ状態で、専用のウェブサイトの親切なガイドに沿って出来るようになれば良いでしょうに。SONYさん、頑張ってくださ?い。(笑)



obihiroexpo

 本日の気になったCMはこの新聞広告でした。

本日から帯広で始まる「働く自動車」の展示会のものですが、おそらく国内最大のものだと思いますよ。北海道に引っ越してきて面白かったのが、オランダあたりで走り回ってるような大型の耕作機械がフツーに走り回ってることでした。

物好きな私は、こんな展示会なら自分の生活に無関係でも行ってみたいのですが、帯広まではちょっと遠いのでガマンだなぁ…



ところで先ほど、ブログのメールフォームを使ったメールをいただきました。このブログを基本的には褒めていただいている内容でしたが、初めての方に返信するのも無用心かもですので、次回からはコメントの利用をお願いしたいと希望しておりま?す。メールフォームは内緒の話の時などにご利用ください。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/07/13(木) 11:43)

 大泉洋の人気はホンモノか…?
dakaretai

 雨上がりで爽やかな空気の中、夕陽がキレイでした。

そのあたりはまた別の機会にアップするとして、本日は北海道のローカルスターだった大泉洋について考えてみました。日常的にネット接続してる人ならブロガ?さんで無くても大泉洋のことを知らない人はいないと思うのですが、映画の宣伝の時期でもありますので、あちこちで目にする機会が増えてきました。

あるバラエティ番組の抱かれてみたい男のランキングでも、なんと65位に入っていましたよ。それも圏外からのランクインかと思ったら1年前でも100位内だったそうな。F1層には全国でも人気があるとは予想していましたが、昨年からランクインしていたとは意外でした。さらに昨年も今年もウエンツより上だなんて…。しかもSMAPよりも上!お見逸れしました?。(笑)



koibito


 その次に驚かされたのが、松たか子との熱愛の噂です。

以前に見た北海道の番組で沖縄のリゾートに一人で行ったとかのエピソードを大泉本人が語っていましたが、そんな男がついに梨園のお嬢様と噂になるなんてスゴいじゃないですか?。映画の宣伝のためなのでしょうが、それでもビックリしましたよ。

しかし大泉洋はどこまで行くのでしょうね。まだ全国ネットのドラマでは主役はつとめていないと思いますが、8月のテレビ版の「東京タワー」では一応主役ですよね…?映画版の「ゲゲゲの鬼太郎」ではねずみ男だから準主役級ですよね。若い頃には「パパパパ・パフィー」で面白くない冗談を言ってたローカルタレントさんが、今や全国区のスターになっちゃいましたね。今晩の深夜に北海道放送される「R30」という番組のゲストも大泉洋みたいですよ。

ネットの番組表によりますと、「深夜で19%!?あの北海道の伝説の超カルト番組のヒット裏側」とありますから、「水曜 どうでしょう」あたりの話を国分太一がイジるのかもしれませんね。



komechen

 本日の気になったCMも大泉洋関連を選びました。

今回はすべて大泉洋ネタにしようと思って、最近の番組中のCMを早送りしてチェックしてみたのですが。なぜか見つけることが出来ませんでしたので、ちょっと前にやっていた北海道米の販促キャンペーンのものを過去の画像フォルダーから引っ張り出してみました。

去年は毎日何度もCMで顔を見ていたのに、最近は地元での露出が減っているようですよ。事務所がギャラの吊り上げを行っているのかもしれませんね。まあ需要と供給の関係なのでしょうが、全国のCMに出るようになれば道内企業の地方CMには出なくなるかもですね。それを昔からのファンはどう思うのでしょうね?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/12(水) 19:44)

 明るさは本物か?北海道経済
asahi

 予報では曇りのち雨ですが、まだ晴れております。

そんな下り坂の天気にピッタリの番組が北海道テレビで深夜枠で放送されたのですが、そのタイトルは「明るさは本物か?北海道経済」というものでした。

高橋はるみ知事の新鮮味が無い基調講演の後に、田原総一郎が司会のシンポジウムというベタな構成で、パネリストは道でバッタリ合っても絶対にわからない副知事、お菓子メーカーのきのとやの社長さん、片言日本語のオージー経営者、そして北海道好きな東大教授でしたが、珍しく女性パネリストは呼ばれていませんでしたよ。

内容は北海道が直面している問題点を浅?く掘り下げて、パネリストがそれぞれの得意分野の話をするというもので、特に目新しい話はありませんでした。これは私のプライベートなブログなので、道政や北海道の経済界と何もしがらみも無い道民生活3年目の個人的な意見を書かせてもらいますが、最近の北海道経済には明るさはまったく感じられませんよ。プチバブルなチリの後に住宅バブルが発生していた北米西海岸へ行き、その後に絶好調の名古屋のセントレア空港に降り立ち、湾岸バブルの東京を見て回った後に北海道に戻ってきたということもあるのでしょうが、コンビニ強盗のニュースを見る度に「これが格差社会の現実か…」と考えさせられますよ。

実はまだ雪が残ってる時期に、ある公共工事の反対集会みたいなものに出かけたことがあるのですが、そのお寒い内容には驚かされたものでした。赤字団体に転落したら福祉は真っ先に切り捨てられそうな状況なのに、国から開発資金を引っ張ってこれるという理由で、工事は市民への充分な説明も無しに粛々と進められようとしているということだったのですよ。

将来の夢が無い夕張から若い人が出て行ったように、こんな20世紀的なことを続けていたら、そのうちに北海道から若い人はみんな逃げ出しちゃうんじゃないでしょうか。このシンポジウムの最後の質疑応答でもある女子高生が札幌は田舎っぽい印象なので東京に行ってみたいみたいなことを言ってましたが、私はそれが今の若い人の当然の反応なんじゃないかなと思いましたよ。札幌にはアップルストアもオープンしましたし、ダブルミリオン都市ですから生活に必要なものはほとんど揃ってるのですが、夢が無いのですよね。私はいささか東京生活に退屈してましたので、日本を出る前に気分転換にどこか地方都市に住んでみようと思って期間限定で北海道での田園生活を始めたのですが、沈む船に乗っていようとは思いません。

若い道産子にツケを回すような公共工事を続けていたら、つまり北海道という船に重い負債を積み込み続けたら、沈む前の傾きを感じた若い人は迷うことなく景気が良い都市に移住しちゃうのではないでしょうか。そうなりはじめた時にツケ回しを続けてきたオジサンたちから「お前達、北海道を見棄てるのか!」と批判の声が上がるかもしれませんが、もうその時は手遅れでしょうね。オジサンたちはみんなのために工事したのだから、これから一緒に頑張って借金を返してゆこうと言うかもしれませんが、若い人からしてみるとオジサンたちが勝手に高い料理を飲み食いした宴会の最後のデザートあたりで呼び出されて、「いや?、美味かった。さあ、みんなで食べたのだから一緒に払ってくれ」と言われるようなものですから、知ったことじゃないって考えるのが当たり前でしょうね。

このシンポジウムで東京に行ってみたいという女子高生に、東大教授が「なぜ行きたいのかわからない」と吐き捨て、女子高生が魅力的に見えるからといったような理由を説明したら、憮然とした顔で「それなら東京に行ってヒドい目にあってくればよい」とイヤミを言ってましたが、信じられないメンタリティですよね。札幌は都会ですが東京との格差は歴然ですし、NANAみたいなアニメを見て親元を離れて上京してみたいと思うのは当然ですよね。東大教授はアウトドアが好きらしくて、北海道の自然がお気に入りのようですが、それは自分が枯れた年齢で充分に都会生活を経験しての帰結でしょうに、夢見る乙女に悪態をつくとは感心しませんね。

東大教授は女子高生が都会で遭遇するトラブルを心配するような「人物」じゃないでしょうから、単に田原総一郎と同じで「老害」なのでしょうが、困ったものですよね。北海道のテレビ局もこんなオジサンたちをわざわざ東京から呼ばなくても良いだろうと思うのですが、札幌にはまともに司会やコメントができる人がいないのでしょうかねぇ。

私は別にけしかけるつもりはありませんが、東京も名古屋も楽しい街ですから、行ってみたい道産子娘はぜひ行くべきだと思いますよ。ただし生活環境は広々とした北海道からしてみるとかなり劣悪ですから、ご注意くださいませ。交通量が多い幹線道路に面した建物くらいしか2重サッシではありませんから、冬場の断熱はほとんど考えられていませんし、夏はヒートアイランドで炎天下は赤道直下のシンガポールより体感的に暑いですからね。それにNANAたちが生活してるような格安の振り分けのマンション物件なんて、まず見つけることは不可能ですからね?。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/07/11(火) 10:57)

 2006年夏のBBQ
bbq7

 昨日の北海道は朝から晴天で、BBQ日和でした。

まるで12月のオークランドのように爽やかで、屋外での催し物にはピッタリの気候でした。先月のBBQの時も午前中は雨が残っていたのに、午後からはカラっと晴れてくれましたし、どうやら普段の行いが良い人が私以外にもいたみたいですね。(笑)

いつものように地元に精通した奥様方が程良いクオリティの肉などをバランスよく準備していただきまして、私は焼き担当とカメラ担当を兼任しましたが、人数も多くてかなり盛り上がっておりました。午前中に準備を終えて、お昼頃から食べ始めたのですが、アルゼンチン人並みに胃袋に詰め込みましたので、しばらくの間は家庭菜園の野菜中心の食事でも問題ない感じになりましたよ。


vino

 これは粗大ゴミ置き場の画像ではありません。

今回は2団体の合同のBBQだったのですが、お互いに1ダースずつのボトルを持ち寄ったために大量の空き瓶と酔っ払いが発生してしまったのです。まあ全部で60名ほど参加者はいたそうですから、一人当たりにしてみるとたいした量ではありませんが、この他にもビールなどもありましたので、皆さんは堪能されたみたいですよ。

私はアルコール類をやめていますので、コーヒーなどをいただいたのですが、初めてお会いした方たちから「なぜ飲まないの?」と同じことを聞かれましたので困ってしまいました。その時は酔っ払い相手に真剣に答えるのは面倒ですので、健康のためなどと言っていましたが、実は複数の理由があるのです。

本日は数10年後に読むかもしれない私の子孫のために、それを簡単に説明しておこうと思います。まずアルコール類はカロリーが高いため、体形をこれ以上崩したくない私としては当然の選択だったのです。次にオートバイから自動車にスイッチした時に、検問に引っかかる確率が高まるという危機感もありました。飲酒運転の罰則強化もやめようと考えた大きな理由でもありました。

ここまでは他の最近になって断酒した皆さんと似たような理由かもしれませんが、私はさらに現在の政府に酒税を払いたくないという理由もありました。私は可能な限り理不尽な政策を続けている政府には納税したくないと考えていまして、半分ほどが税金であるビールは大好きなのですが、当時の小渕首相の顔を思い浮かべて、断酒することに成功しました。(笑)

そして最後の理由はアルコール類の原料が穀物が多いことなのです。以前にアフリカなどのLLDPの国を旅行しまして、満足に穀物さえ食べることができない現実を垣間見てきましたので、豊かな先進国の中で肥満や病気を気にしながらも過剰に摂取する傾向には疑問を感じているのです。

21世紀は世界人口が増え続けて、水を奪い合う戦争が起きることが確実視されていますが、穀物を育てるために大量の水を消費しますし、その加工品を輸入するということはバーチャルウォーターを大量に使っていることになりますので、食糧輸入国でありながら無駄にがぶ飲みすることや、野球の優勝決定戦でビールを掛け合ったりするのはいかがのものかと考えているのです。

昔のモノクロの小津映画にはウイスキーを大事そうにちびちびと飲るシーンがありますが、日本人にはそれくらいがちょうど良いのではないかと個人的には思いますよ。日本が大量にバーチャルウォーターを消費すれば困る国が出てくるということを考えれば、ビールかけなんてできないと思うのですが、野球関係者の思考回路はセルフィッシュに歪み切っていますので困ったものですね。

もちろん赤ワインは原料がブドウですし、ポリフェノールは健康にも良いということが証明されていますので、適度に楽しむには問題がないでしょう。ですから食料自給率が高い国に移住したら、食事の時に赤ワインを少しくらいは飲むような生活になるかもしれませんが、今のところはガマンしておこうと思っているのですよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2006/07/10(月) 20:58)

 7月のワラビ
7gatuwarabi

 本日も気持ち良く晴れ、近所の公園でBBQしました。

それはゆっくり明日の話題にするとして、最近のビックリしたことをアップしておきます。なんと7月で牧草地でロールが作られる季節だというというのにワラビが出現していたのですよ。

本州なら春の代名詞のようなワラビが生長してくるとは、さすがに北海道ですね。最近はシベリアに飛び立たない渡り鳥もいるらしいですし、どうも異常気象はじわじわと忍び寄っているみたいですね。



tane

 これは100均のキャンドゥで購入したスプラウトです。

以前に試しに買ってみたレッドマスタードの発芽率が悪く無かったので、いろいろと購入してみたのですよ。これをキッチンでも育てながら、家庭菜園にも植えてみましたところ、無事に成長し始めました。

もっと早く発見してたら良かったのですが、北海道は夏が短いのでどれだけ収穫できるか疑問です。でも元手が安いですから、ルッコラだけでもむしゃむしゃと食べることができれば良いかなって感じです。



coop

 本日の気になったCMはコープの夏ギフトのものです。

涼しい北海道でも普通の家庭では夏のギフトを贈ったりするようで、やはりメロンは定番のようですね。生産地に近い所で贈っても有り難味が薄いのではとも思えますが、道民が北海道以外に送る場合には有効なのでしょうか。

個人的には全国どこでも売ってるメロンを送るのは面白くないと思うのですが、ベタなものを送るのが安全だと思うようなコンサバな人達が経費を使って送るので問題ないのかもしれませんね。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/09(日) 20:28)

 ラディシュの初収穫
hatukadaikon

 沖縄は台風のようですが、北海道は朝から晴天でした。

まるで11月のジンバブエのように爽やかで、雨が降った後なので家庭菜園の植物の成長も勢いがあります。一カ月以上前に種を蒔いたラディシュもようやく食べられるくらいの大きさに成長してくれましたので、撮影した後に水撒き用のホースで洗って丸かじりしてみましたら、みずみずしくて最高でしたよ。

今年は春先に低温が続きましたので、まだ収穫できるものはラディシュと京菜くらいしかありません。トマトやブロッコリーは来週という感じですし、枝豆は月末か来月になりそうですよ。それもこれからいつもの年のように北海道らしい晴天が続くということでの話なのですが…



tofu

 お昼ご飯には45円の豆腐でサラダを作りました。

家庭菜園から収穫したばかりの京菜の上に四切りにした木綿豆腐を乗っけて、刻んだゴマ高菜の漬物とキッチンで栽培しているスプラウトをトッピングしました。材料費は安いものの、新鮮な自家製の野菜でしたので味は格別でしたよ。葉っぱには虫食いの穴もありましたが、無農薬栽培の証拠ですから気にしないことにしています。

しかしスーパーに並んでいるキレイすぎる野菜たちにはどれだけの農薬が使ってあるのかを想像すると怖いものがありますよね。随分と残留農薬については政府の基準が厳しくなっているという話ですが、抜け道はいくらでもありそうですからね。何でもかんでも自分で作るのは無理ですが、エンゲル係数を下げる意味でもできるだけ頑張って栽培したいと思っています。

自分で育てた野菜はかわいいものですから、すべて無駄なく有り難くいただこうという気持ちなりますし、料理の前に必要なだけ収穫するので合理的です。東京に住んでいた頃は冷蔵庫の奥でダメになったヤツをもったいないなと思いながら捨てていましたが、最近はそんなことはほとんど無くなりました。

家庭菜園を始めたばかり時は一度にたくさん収穫期を迎えてしまって、消費するのに苦労したこともありましたが、最近では成長のスピードを考えて時間差で種を蒔いています。まあ我が家の家庭菜園は小規模ですから、漬物に工夫したり友人にあげたりすれば問題ないレベルなのですけどね。今年は寒い日が多くてスタートが遅かったので、どれだけ収穫できるが心配ですが、面積を昨年比で2倍ほどに増やしましたので大丈夫でしょう。



boss

 本日の気になるCMはサントリーの缶コーヒーです。

全国発売しているボスなのですが、なぜか北海道では大泉洋が所属している事務所と提携したコマーシャルをやっているのですよ。どれくらい前からなのか知りませんが、昨年はこの事務所の社長さんがボスのジャンパーを着ているヤツがあったように記憶しています。

以前にも書きましたが、この社長さんはコマーシャルの監督業もやっていまして、アルバイト情報誌には名前を出したりしていましたよ。しかしこのコマーシャルは私にはまったく意味不明です。まず最初に「BOSS×CUE」というタイトルが現れて、カメラの手前の影の声が「ボスのCM、40本くらいできるよね?」みたいなことを聞いたら、社長さんがちょっと嬉しそうに驚いているというものなのです。

つまりサントリーの担当者が社長さんに発注しているところをドキュメンタリー風に撮影したような感じなのですが、おそらくすべて了解済みで撮影したものでしょう。私の勝手な推測なのですが、缶コーヒーを大量に消費する人は大泉洋もコンビニもワールドカップも大好きなような気がします。そしてそういった人は、このコマーシャルも本当に社長さんが驚いている場面だと信じているかもしれません。さらにそういった人は中田の引退表明の文章も本人が書いていると信じているのでしょう。コマーシャルの製作側やチーム・ナカタからしてみるとかなり有難い「お客さん」でしょうね。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/07/08(土) 20:17)

 夢プロジェクトほっかいどう
yume

 これは日曜日に放送された札幌テレビの番組です。

デジタルハリウッドに入学したばかりの学生さんが作ったようなCGのスタジオに3人の子供を連れてきて、北海道の注目企業などを紹介するというNHKの教育テレビのような内容でした。「北海道には頑張ってる企業がたくさんありますから、みなさんも頑張って下さいね?」みたいな雰囲気の内容でしたが、夕張市が財政破綻した後でしたからタイミングは良くなかったですよね。

私はどうもこのような大本営発表みたいな感じの番組は好きではありません。もちろん子供相手に北海道の危機的な状況をいたずらに誇張するのも良くないとは思いますが、厳しい現実を理解してもらった上で頑張ってほしいと伝えるべきではないかと思うのです。つまり国の借金が莫大になり、少子化対策も進んでない上に高齢化は深刻で、このままでは北海道全体が夕張市のようになってしまうかもしれないことを伝えて、もしそうなったら冬場の除雪も幹線道路しかできなくなるかもしれないし、公共施設の暖房も全国レベルに抑えなくてはならなくなるかもしれないと説明すべきだと思うのですよ。

「新幹線も函館まで作っているし、さらに借金して札幌まで伸ばそうとしているけども、借金を払うのは工事で儲かるゼネコンや政治家ではなく将来の君達なんだよ」って本当のことを伝えておかないと子供達が近い将来にグレてしまうのではないかと心配ですよ。北海道は札幌オリンピックの頃から先のことを考えずに、今さえ良ければ良いという雰囲気で突っ走ってきたような感じがしますが、大失敗だったらしい「食の祭典」や北海道拓殖銀行の倒産などにより軌道修正する機会はいくらでもあったと思います。

しかし道内メディアが未だにこのようなヌルい番組を作っているわけですから、夕張市みたいになってしまうことは不可避なのかもしれませんね。数年後に北海道が赤字団体に転落ししまったら、この番組のVTRをゲストの3人の子供達に見せて、どのような反応をするか見てみたいですよ。それをドキュメント番組にするのも面白そうですね。日本テレビさん、いかがでしょうか?(笑)



ooizumi

 これは北海道の大スター、大泉洋についての話題です。

明日からフジテレビが製作したアニメ映画が封切られるということで、宣伝のために早朝からの生番組に出演していたのです。右側はとんねるずの番組の予告編に出ていたところなのですが、それもフジテレビですし、テレビ版の「東京タワー」もフジテレビしゃなかったかなと思いますので、やたらと関係が深くなっているようですね。

なぜか私は東京に住んでいる頃から大泉洋の存在は知っていましたが、2年前くらいにブログを始めた頃には全国区のタレントさんでは無かったことを考えると感慨深いものがあります。北海道ではテレビで大泉洋の顔を見ない日は無いといったようなことを書いたと思いますが、それがじわじわと全国に広がっているようですね。もうそろそろ全国区のコマーシャルにも出演すると思うのですが、どんな業種のものが最初になるのでしょうね。ちなみに北海道では、銀行や眼鏡店、北海道米のキャンペーンなどに起用されています。



famima

 本日の気になったCMはファミリーマートのものです。

これは道民以外には珍しくもないフツーの「あなたと、コンビに、ファミ?リ?マ?ト」といったコマーシャルですが、北海道ではおそらく初めてのものなのですよ。それというのも本日がファミリーマートが北海道に初上陸した記念日でして、我が家からもそう遠くないところに1号店がオープンしたとニュースでも取り上げられていたのです。

セイコーマートと組んで、今後3年間で道内に50店舗ほどを出店するという計画らしいのですが、これでますますコンビニ強盗をたくらんでいる人には選択肢が増えることになりますね。

昨日のテレビ東京系列のワールドニュースサテライトで見たのですが、原油高の影響が深刻なのと、春先に低温が続いたことから日銀支店長会議での北海道の経済動向予測は芳しくないらしいのです。これでますます札幌近郊でコンビニ強盗が発生する率が高まるのではないでしょうか。困ったものですね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/07/07(金) 19:06)

 1枚10円ってこと…?
65en

 北海道は久しぶりに雨となり、20度と肌寒くなりました。

しかし最近は晴天続きでしたので、家庭菜園にはちょうど良いお湿り具合って感じですよ。雨が降っても気温が高ければ成育のスピードは速いのでしょうが、まだ収穫できるものは京菜くらいですから、週に2?3回のスーパー通いは欠かせません。本格的な収穫期になると週に一度で充分となのですけどね?。

これは先日のホクレンショップでのレジ前の光景なのですが、7月5日の語呂合わせてGO!GO!セールとかいうのをやっていたらしく混雑していました。55円のものもたくさんありましたが、主婦の目線に近い私が安いなと思ったのは65円のなめ茸と食パンでした。

特に食パンは1枚あたり10円ほどになりますので、かなり安い朝食ということになります。そのクオリティはアメリカのスーパーで安売りしているもののようにスカスカなのですが、これがフレンチトーストにするとなかなか美味しいのですよ。



morimoto

 バランスをとるために普通のベーカリーも紹介しておきます。

札幌に何店ものパン屋さんを展開しているモリモトという会社の新しい業態ということで、かなり力が入った感じでした。場所は札幌パルコと丸井さんの間で、カナリヤという老舗の手芸店の隣で、デパ地下に似合いそうな内容ですが、あえて路面店にこだわったのは何か特別な理由があるのかもしれません。ケーキやパンの対面カウンターの奥にイートインの飲食コーナーがありまして、三越でお買い物をされたようなご婦人たちで賑わっておりました。

店名のラ・レコルトというのはフランス語で収穫という意味らしいのですが、ちょっと無理がある感じかなと思いました。まあ65円の食パンを発見して喜んでいる私にはあまり関係がない店ですが、それほど高級というわけではありませんので、美味しそうな季節の限定商品などが発売されれば試してみたいと思っています。



kanariya

 本日の気になるCMは主婦に人気のカナリヤのものです。

秋田の児童殺人事件とはまったく別次元の幸せそうな親子がミシンで裁縫しているというシーンに、「いつもカ?ナ?リ?ヤ」というコーラスが流れるという平和を絵に書いたようなコマーシャルなのです。

私も北海道に引っ越してきた時にカーテンなどを作ろうと思って生地を探したことがあるのですが、品ぞろえも値段もまあまあなのではないかと思いましたよ。しかしヤボ用で上京した時に新宿のマルナンで安くて良い生地を見つけたので、まだこのカナリヤでは一度も買い物したことは無いのですけどね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/07/06(木) 19:56)

 その時、北海道知事は…
takahashi

 7時に目が覚めて、テレビをつけてみたら大騒ぎでした。

夜明け前に北朝鮮のミサイルが北海道方面に飛んできたということですから恐ろしい限りですが、着弾点は稚内からはずいぶんと離れていたみたいですね。朝のニュースでは北海道にかなり近いところに落ちたというような印象でしたが、夕方のニュースではかなりロシアや北朝鮮寄りに落ちたという報道に変っていました。

全国ネットの放送では流されていないと思いますが、稚内の沖合に着弾したという最初の頃の報道を受けて、北海道知事が強い抗議の意思を表明したいといったことをおっしゃっていました。報道陣からマイクを向けられて何か喋らなければならないことは理解できますが、あの北朝鮮に対して地方自治体の長が文句を言っても仕方がないことですよね。この人は官僚出身で、北海道選出の有力自民党議員に担がれて知事選に出て当選したそうですが、今日のようなヌルいインタビューを聞かされる度に誰がこんな人に投票したのだろうかと考えさせられてしまいます。

ちなみに北海道庁の危機対策局は6時過ぎから稼働し始めたらしいのですが、一発目が3時半ということですから迅速な対応とは言えなかったのではないかと思います。ミサイルには燃料が注入されていて、小樽には米海軍のキティホークが寄港しているわけですから24時間体制で備えておくべきであったと思いますが。

しかし北朝鮮もどうせミサイルを発射するのならば、もう少し早くやってもらえれば良かったのにと思いました。中田がネットで引退表明をした直後にでも撃ってくれれば有難かったのですけどね。(笑)



yamagishi

 図書館で読んだ新聞に興味深い記事がありました。

たまにテレビで地方自治などに対してコメントをしている大学教授が次の知事選に担がれてかもしれないという話ですが、これでなかなか面白くなってきました。私は別に民主党を支持しているわけではありませんが、自民党が担いだ軽いお飾りのような知事よりもマシだろうと考えていまして、有力な対抗馬の出現を期待していたのですよ。

以前は元のニセコ町長であった逢坂という人物が知事選候補として有力視されていたと思いますが、昨年の選挙で民主党から出馬して国会議員になってしまいました。私は個人的に逢坂という人物はしゃべりは上手いけども内容が薄いと感じてきました。この大学教授は逢坂と同世代ながらはるかにマシなような感じがしますので、今後の動きに注目しておきたいと思います。

現在の知事を選んだ人は、自民党の息がかかった人物でなければ国から金を引っ張ってこれないのではないかと考えたのかもしれませんが、もうそういった低レベルの話からは抜け出していただきたいですね。生温い補助金体質からの脱却を真剣に考える人を選択していただきたいものだと思いますよ。


ここまで書いたところで夕方のニュースを見て、少し訂正しておきます。北海道庁に国からのミサイル着弾の第一報があったのは6時半だったそうです。高橋知事が国に対して、もう少し早く情報提供を申し入れたいとイラついているようでしたが、道民向けのポーズでしょうね。また「不安をなくすために最大限の努力をしたい」ということをおっしゃっていましたが、これこそまさに官僚答弁ですね。高橋知事は自ら「選んで米チェン!」というコピーの北海道米のキャンペーンに出演していましたが、次の知事選では「選んで知事チェン!」となってほしいものですよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/05(水) 20:23)

 さらば中田英寿、さらば報道ステーション
oosawagi

 東北地方は水害も発生したようですが、たいへんですね。

しかし津軽海峡を越えた札幌近郊では晴天が続いています。本日は札幌でも26.8度を記録しましたが、生粋の道産子の皆さんにとっては暑過ぎるのかもしれませんね。しかし私にとってはちょうど良い気温で快適でしたよ。
毎日が食欲旺盛な虫さんや伸び盛りの雑草との戦いですが、家庭菜園の野菜たちも無事に育ってくれていますので問題ないのですが、昨晩からのニュースにはうんざりさせられたものです。

私はいつも報道ステーションをハードディスクに録画しておいて、ベッドに入る前に早送りして見ているのですが、番組の冒頭にスポーツの話題が割り込んでくるのは良くない傾向だと常に感じていました。昨晩もたかがサッカー選手の引退くらいで30分ほど引っ張っていましたが、腹が立ちましたので2度と見ないことに決めました。これまでニュースステーション時代からの習慣で、放送がある日はほとんど欠かさずに見てきましたが、もう愛想が尽きました。ワールドカップのブラジル戦までの我慢だと自分に言い聞かせてきましたが、くだらない川淵というおじさんのサル芝居に続いて、ええかっこうしいのサッカー選手の引退表明文を重大事件のように感情移入して読み上げる古館一郎を見ていて、2月に帰国した時点で録画するのをやめておけば良かったと後悔しましたよ。

しかし温度差はあれ、どこのニュースでも取り上げていますので困ってしまいます。最近はニュースでも市民へのインタビューに字幕が出ますので、早送りしてもおおよその内容は把握できるのですが、不思議なことに引退を惜しむ声ばかり放送していますよね。中には私のように「中田なんて大嫌い。引退してくれて良かった。」なんていう人も存在すると思うのですが、そういったインタビューは見たことがありません。もちろん私のような意見は少数派であるとは思いますが、否定的な意見をまったく報道しないのは気持ちが悪い感じがします。

番組を作っている世代が「キャプテン翼」を見て育った世代に移行しているでしょうから、彼らが自分たちの志向にあったものにじわじわと歪めているような感じさえします。ゲストコメンテーターもそういった風潮に迎合している人が増えてきたようにも感じています。「私はサッカーには興味がないので、ワールドカップは見ません」と言えば、次からはゲストに呼んでもらえないおそれもありますからね。

4年に一度のことだし、サッカーファンはお祭り騒ぎを楽しんでいるのだから、そんなに否定的にとらえる必要はないのではないかという意見もあるでしょうが、私は日本がアルゼンチンみたいになっていくことを危惧しているのです。経済規模や人口、産業構成など違いますので、比較にならないという考え方もあるでしょうが、青いユニホームに熱狂した民衆が領土問題でナショナリズムに目覚めて戦争して、その結果が経済崩壊であったことを考えると不安なのです。

8月15日に小泉首相が靖国神社に行けば中国や韓国で何らかの事件が起きるに決まっていますが、トリノオリンピックやワールドカップでの成績不振でフラストレーションが溜まっている青いユニホームが好きな連中が騒ぎ出すこともあり得ると私は予想しているのです。食糧輸入国である日本が国際紛争を経て財政破綻に陥ってしまえば、国中が夕張市みたいな状況になってしまいます。気がついてみたら武器商人や政治家たちだけが大儲けして、高齢者などの社会的弱者が割を食うみたいな状況になるのではないでしょうか。



noriyuki

 これは日曜日に放送された佐藤のりゆき氏の特番です。

北海道地区では人気がある朝の帯番組でして、医療制度が変わったことにより数年後に医療難民が出現しかねない状況を掘り下げるために作られた番組で、朝まで生テレビみたいな感じで討論されていました。拙い演技の再現ドラマみたいなものは不要だと思いましたが、北海道にこれから起きるであろう悲惨な状況にスポットライトが当てられていて、それなりに面白かったですよ。しかし時間的な制限もあり、夕張市に続いて他の産炭地などが財政破綻に陥った場合とか、北海道自体が行き詰まった場合などについての考察は皆無でしたので不満が残ります。いくらゲストの小沢綾子やダンカンたちが格差社会の問題点を論じても、彼らと医療難民になりそうな地方都市の高齢者たちの間には格差がありすぎてリアリティーはありません。


関東や東海地方では景気が良い話もたくさんありますが、北海道は本当に少ないのですよね。北欧や北イタリアを例に挙げるまでもなく、普通は北部の方が豊かだったりするのですが、長い間の中央集権が悪い方に作用したためか北海道の小中学校の学習レベルは低迷しているそうです。財政再建と構造改革を両立するのは難しいことですが、何とかしなければ北海道全体が夕張市のようになってしまうわけですから、頑張っていただきたいものです。個人的にはヨサコイにかける情熱の半分くらいを投入すれば上手くいくのではないかと思っているのですが…(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/07/04(火) 20:36)

 札幌で林檎は育つのか?
applestore

 雨が多かった6月が嘘のように晴天が続いています。

いつも年なら初夏のカルフォルニアみたいな爽やかな天気が当たり前のように続くのですが、週間天気予報を見ると最高気温が20度に届かないおそれがあるみたいでした。家庭菜園の生育が遅れていることを考えると、もう少し高ければ嬉しいのですけどね。

さて本日の画像は昨日行ってみた札幌のアップルストアなのですが、中心地全域がセール期間中の日曜日でしたのでけっこう賑わっていましたよ。この建物は昨年まで丸善が使っていたのですが、札幌駅前に紀伊国屋の大型店舗ができたこともあり、丸善はイトーヨーカ堂系列のアリオというショッピングモールに移転したのです。その跡にアップルストアが入居したのですが、見た目は2階もありそうですがワンフロアで、何も特色が無い普通の店でした。

このあたりは駐禁の取り締まりが厳しくなりましたので、短時間とはいえ気軽に新商品のチェックをすることはできなくなりました。アップルストアが札幌で出店地を探すとすれば常識的なロケーションだとは思いますが、私はトロントのようにショッピングモールに出店すべきだったのではないかなと思いましたよ。冬が長くて雪が多い土地柄ですから、自動車でのアクセスが良い郊外店舗の方が長期的な視点で見れば正しかったと思うのです。おそらく社内の会議では検討されたことだと思いますが、時期尚早ということで却下されたのではないでしょうか。しかし真冬の平日のどんよりとした日に、自分たちが間違った決定をしたことを思い知らされることになるかもしれませんね。

この場所から500mほど離れた場所にあったソーテックは札幌から撤退してしまいましたが、はたしてアップルは根付くことができるでしょうか?新しいOSには興味がありますし、画期的な新商品が発表されたらアップルユーザーにもなってみたいと考えているのですが、これまではタイミングが合わなかったのですよね。



hamosastu

 そのアップルストアの近くでハモサツというのをやっていました。

数人がサングラスをかけて歩行者天国に作られたステージでアカペラで歌っていましたので、どうやらハーモニー・サッポロの略のようですね。個人的にはあまり興味がないジャンルなのですが、札幌の観光にはプラスに作用するかもしれませんので頑張ってもらいたいと思っています。しかし場所があまり良くないのではないでしょうか。

昨年の夏に社会実験ということで北海道庁の赤レンガ庁舎前の道路がオープンカフェになりましたが、そんな絵になる環境で開催するのが相応しいのではと思いましたよ。



hanafesta

 最後に大通公園の花フェスタ2006にも行ってみました。

私は観葉植物にはあまり興味がないのですが、何か変わったものがあればと思って駆け足でチェックしてみたのですが、たいしたものはありませんでした。最終日でしたから割安な植物があったら購入してみても良いとも考えていたのですが、お客さんが多かったためか私が納得できる価格のものはありませんでした。

大通公園にはフラワーカーペットということで、色とりどりの花を並べて大きな絵が描かれていたのですが、これは左下の見物台よりもテレビ塔に登ってから見た方が良いみたいですね。ウェブサイトに並べている様子の動画がありましたが、もう少し話題になるような絵柄を選んだ方が良いのではないかと思いましたよ。

ところでこの画像でテレビ塔の左側に写っている工事中のビルは40階建てくらいのマンションになるらしいのですが、ちょっと邪魔な感じですね。サッポロファクトリーにも近いですから、マンションの住人は便利なのでしょうが、札幌市にとってはマイナスの要素もあるのではないでしょうか。これ以外にもタワーマンションがたくさん建設中ですが、批判する声が増えてきたようで、桑園駅前に計画中だった高層マンションは認可が下りないことになりました。良かったですね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/03(月) 13:18)

 犯人は誰だ?!?
nazedarou

 北海道は3日続きの晴天で、爽やかな日曜日ですよ。

いつもの朝は忙しそうに働くトラクターの音が遠くに聞こえるのですが、今日はお休みのようで鳥さんたちの鳴き声だけですよ。それを聞きながらホースで家庭菜園に水を撒いていましたら、トマト苗に異変が発生しているのを発見しました。

咲いたばかりの上の方の花が2つばかり何者かによって切られていたのです。キツネみたいなヤツが背伸びして噛み切ったとは考えにくいので犯人は昆虫かな?まあトマトの花はこれからいくらでも出てきますので、2つくらいは問題ないのですが、ムカツク野郎ですよね。

犯人が特定できれば、見つけ次第にその一族郎党を冥土送りにしてやるのですが、それが出来ないのでもどかしいですよ。無農薬栽培は虫さんたちとの戦いの日々ですが、9月までの短期戦ですので、今年初めての冷たい麦茶でも飲んで頭を冷やしたいと思います。



vaiotypeu

 気を取り直して、新しいPCの話を少しばかり…

先週のキャンドルナイトの日にヨドバシで現物をチェックして物欲が刺激されたソニーのVAIO type Uにハードディスクが無いタイプのものが追加されたのです。

PC用語では回転する仕組みのものを「スピンドル」と言いますが、このタイプはハードディスクもDVDプレイヤーも無いので「ゼロ・スピンドル」というわけです。ハードディスクが約16GBのフラッシュメモリーに置き換わっているのですが、ようやくその時代になってきたのかと感慨深いものがありますよ。PCから回転するものが無くなれば、消費電力が少ないとか、情報の書き込みなどが高速化するとか、衝撃などのトラブルに強いとか様々な利点があるのですが、いままでは価格の問題で実現が難しかったのですよね。

もちろんまだハードディスクモデルよりも6万円ほど高価なのですが、このゼロ・スピンドルモデルはワンセグチューナーを内蔵していますし、私好みのブラックモデルです。う?む、なかなか魅力的ですね。

これまでのモデルも520gと軽かったのですが、これは492gとついに500gを切っちゃいました。これに携帯電話の機能も搭載してくれれば嬉しいのですけどね。ソフトバンクモバイルとでもコラボして、通話もデータも使い放題のモデルを出してくれないかな?。別売りだけどBluetoothヘッドセットを使えば運転中でも通話できちゃいますから便利なはずですよね。

ノートPCでも100GBを越えるハードディスクが一般的になってる時代に16GBは少なすぎる感じもしますが、データ通信が使い放題ならガンガンどこかの無料スペースにアップしてしまえば良いわけで、普段にサブマシンとして使うのには支障が無いことでしょう。夏の終わり頃に現在愛用している無線接続の契約が切れるのですが、そのタイミングで製品が出てくれるのを願っております。でもエキサイトブログの条件付の容量アップも1ヶ月くらいのタイムラグがあったっけ。今度こそ間に合ってほしいものです!(笑)


iloveodori

 本日の気になるCMは札幌中心地のセールのものです。

前回も書きましたが、関東なら初夏のような気候で夏物のクリアランスと言われても「まだ夏も始まっていないのに…」とピンとこない私ですが、この時期に売らないと商機を逃してしまうことになる商店街の皆さんは必死のようです。

特に最近は郊外店舗が増えていますし、6月から札幌中心地での駐禁の取り締まりも厳しくなりましたので、危機感は増していたのでしょう。そういった諸々の事情があって、今年からはあちこちの商店街が合同でセールをやることにして、このCMもそれを伝えているのですが、完成度やアピール度は低いですね。

どこの代理店が持ちかけたのか知りませんが、テレビでマス向けのCMをやるより、その資金を話題性があるセール期間中だけのイベントや季節商品の開発に回した方が効果はあったんじゃないでしょうか。北海道の七夕は8月ですが、例えば仙台の七夕祭りのように各商店街でディスプレイを工夫するとか、昨年やってたようなオープンカフェの社会実験をぶつけるとか、いろんな工夫が出来そうですよね。

面白いことをやればローカルニュースや情報番組で取り上げることになるでしょうから、こんなテレビCMは不要になるはずです。20世紀的な発想の代理店やテレビ局の人は困るかもしれませんが、そういった人たちは近いうちに淘汰される運命なわけですから、早めに引導を渡した方が良いのではとも思いますよ?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2006/07/02(日) 10:52)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア