新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 札幌での国際イベントが盛り上がらない理由とは…?
dome20070228

 今朝は雪かきを覚悟していたのですが、杞憂に終わりました。

まったく新しい雪が降っていなかったのですが、最近は天気予報があまり当たらないような気がしますよ。まあ良い方に外れるのは嬉しく思うのですが、これも地球温暖化の影響だとすると喜んでばかりはいられませんよね。明日からは3月ですが、札幌ではついにマイナス10度以下には冷え込まないことになりそうだということでした。1876年に観測が始まって以来のことらしいのですが、この傾向が今後も進めば雪まつりを代表とする冬の観光やウィンタースポーツ大会などの開催に支障をきたすこともあり得るでしょう。

テレビ朝日系列で全国でも放送してるでしょうから知らない人は少ないでしょうが、現在札幌ではノルディックスキー大会が開催されています。私は興味が無いのですが、冬の北海道も最後ですから様子を見に行ってみたのですが、もう競技が終了した札幌ドームではコースが壊されていました。なんでもプロ野球のオープン戦が控えているとのことで、ドーム内では急ピッチで整備が進んでいることでしょう。



shirohatayama

 こちらは初めて行ってみた白旗山競技場の入り口です。

国道36号からの案内は皆無で道に迷いながら辿り着いたら一般の自動車は通行規制していて近くまで行くことができませんでした。どうやはシャトルバスで会場に入れることを前提に計画されてるようでしたが、21世紀にそんなことで良いのかと疑問でした。

また国際的なイベントのはずですがアルファベット表記があったのはこの壁面などほんの一部でして、千歳空港からレンタカーを利用してノルディックスキー大会を見に来た外国人観光客は苦労するだろうなと心配になりましたよ。複数の離れた会場での開催ですので最低限の案内板は必要でしょうし、通行止めをしていたチェックポイントでは私のようにふらりと訪れた観光客にも対応するような案内用の印刷物を用意しておくべきだと思いましたよ。



hillton

 これは今朝の「とくダネ!」で見たスキー場でのパーティです。

見てるだけで嫌悪感を覚えるパリス・ヒルトンの26歳の誕生会だというので早送りしようかと思ったのですが、ビジュアル的に面白かったので巻き戻してじっくりと見てしまいました。パリスが宣伝に出てる飲料メーカーがスポンサーになり、オーストリアのスキー場で開催されたみたいですが、このようにゲレンデにプロジェクターで映像を映し出したり花火をやったりしていて楽しそうでしたよ。

このくらいのことは簡単にできそうなのですが、数日前に行われた札幌ドームでの開会式は地味でありきたりのものだったようです。札幌出身の大黒摩季が歌って、和太鼓の演奏などがあったらしいですが、そんなんじゃ入場料を返せって暴動が起きちゃいそうですよね。

詳しくは明日のブログで書く予定ですが、最後に大通公園でのイベントなどどを見ていて札幌での国際イベントがなかなか盛り上がらない理由をいろいろと考えさせられてしまいましたよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/28(水) 20:15)

 海で捕れるナマキュウリって…
namakyuri

 本日は天気は悪かったものの、気温はプラスでした。

しかし夕方からは湿った雪が降ってきましたし、明日の朝は久しぶりに雪かきが必要になりそうだと天気予報のお兄さんが言ってました。明日は最高気温でもマイナス2度の予想で、久しぶりに真冬日になるらしいのですが、その後の3月初旬は全道的に良い天気が続くらしいのでオホーツク方面もドライブ日和なのかもしれません。

さて今日は特にトピックスが無かったので画像のファイルに残っていたものをアップしておくことにしました。これはキュウリウオというシシャモやワカサギなどの仲間の魚なのですが、「ナマキュウリ」って表示して売ってたのでちょっと可笑しかったですよ。

この魚にもキュウリのような体臭があるみたいですが、昨年のワカサギ釣りの時の匂いを思い出してしまいましたよ。今年は温暖化のせいか札幌に近い石狩川の河口は凍結しなかったようで風物詩のワカサギ釣りのテントを見ることができませんでしたが、まだまだ冬が続いているオホーツクの網走湖などでは目撃できるかもしれません。



omiya

 これは昨年末に出たらしい手土産のガイドブックです。

札幌のイエローページを出している会社のスタッフが厳選したという有名店から隠れた名店までの144の食品を紹介した「おみや」という本だったのですが、丁寧な作りでなかなか良さそうでしたよ。

デパ地下には置いて無さそうな、札幌の人も全部は知らないようなものが選ばれたような感じでしたので図書館にリクエストしてみようかなと考えています。欲しいのですが1000円もしますし、10月には引越し予定なので本は買わないことにしていますのでね。(笑)



bmwcm

 本日の気になったCMはBMWの新聞広告です。

ちょっと前の画像ですが、ファイターズのキャンペーンをやっていたみたいですよ。私はこれまで数多くのファイターズ関連のものを紹介してきましたが、ついにBMWまでもがとビックリさせられたのですよ。

ファイターズ関連のものなら何でも集めたい熱烈なコレクターもさすがにここまではカバーできなそうですよね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2007/02/27(火) 20:06)

 北国の春?は?、ゆっくり確実にやってきていますよ?
harunootozure

 本日はまったく新しい積雪が無く、穏やかな1日でした。

明日はまた雪になるという予想でしたので、昼食後にスキーを履いて裏庭の枯れ枝を集めに行きました。野生動物の真新しい足跡がありましたので辿っていってみましたら隣の敷地との間に掘られている溝が出現していました。この場所は先週までフラットだったのですが、最近の暖かさで表面の雪が自分の重さで崩落したのでしょう。

2月末ですから北海道はまだまだ白い世界なのですが、確実に春が近づいてきているようです。明日からは雪になるようですが、その後は天気が回復するみたいですから、そろそろ冬のオホーツクドライブに出かけようかなと考えています。暖冬の今年は流氷見物はあまり期待できないようですが、札幌圏には無いホンモノの北海道の冬ってものが横たわっているはずですからね。



harunootozure2

 これは我が家で唯一の昨年の生き残りの鉢です。

雪が降る前にいくつかの植物を家庭菜園から鉢に移植して南側の玄関の脇に置いていて、そのほとんどは枯れ果てたのですが、このブロッコリーだけが生き残ってくれました。夏にはぐんぐん成長してくれるのですが、冬の間は一月に1cmくらいでしょうか。

雪が消え去ったら菜園の土に植えかえてやろうと考えているのですが、はたして食卓に乗ることはできるでしょうか。



namashibori

 本日の気になったCMはサッポロビールの発泡酒のものです。

最初にジンギスカンやスープカレーなどのイラストが出てきて、最後に黄色い泡のアップの上にこの発泡酒の缶のイラストが乗っかるというものなのですが、季節感もシズル感も無くて宣伝効果もあるんかいなと大いに疑問な広告なのです。

それなりにお金をかけてマーケティングしてあるのでしょうが、この「北海道生搾り」というネーミングもあまり良くないんじゃないかなと思いましたよ。な?んかヌルい発泡酒でも飲みながら安直に決めて作ったようなCMですが、内外での評判はどうなのでしょうね?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/26(月) 20:30)

 鍋に飽きたら鱈のホイルの包み焼きはいかが?
tara

 2月最後の日曜日はすっきりと晴れてくれました。

目覚めてカーテンを開けたら自動車に5cmくらいの新しい雪が積もっていましたが、それも春の陽射しを受けて昼過ぎにはほとんど融けてしまいました。気温はかろうじてプラスで、先月の暖かい日と変わらないのですが、太陽光線を受けて自動車の上の雪が自然に融けたあたりが春の訪れを感じさせてくれますよね。

スーパーで小型の鱈が100円で安売りされていたので半身は定番の鍋にしていただいたのですが、もうすぐ3月ですから残りはブログ巡りで知った初めてのレシピを試してみました。それは鱈のホイルの包み焼きというものなのですが、簡単・ヘルシーで美味しゅうございましたよ。ホイルの上に白菜とスライスした玉ねぎとタケノコなどを敷いて、鱈の切り身を並べてしめじを乗っけてオーブンで焼き、仕上げにぽん酢を少し垂らしたのですが、鱈などから水分が出るということでしたので水分はまったく加えませんでした。

これだと鱈の身がふっくらと仕上がりますし、食べ終わった後の洗い物も簡単で良かったですよ。このメニューは冬のアウトドアでの食事にも向いているでしょうね。今回は和風でしたが、次回はキムチや甘辛いコチジャンみたいなものを使って韓国風にしてみようかな。



shitunaiondo

 数日前の夕方のニュースで室内温度のことを話題にしてました。

「ちょっと和久井のどーなの」とかいう身近に疑問に感じることなどを取り上げているありがちなコーナーなのですが、室内温度の高さに言及していたのに少し驚きました。北海道で冬を体験したことがあれば誰もが感じることだと思うのですが、中国人が食べきれないほどの料理をテーブルに並べたがるのと似た心理なのか、北海道では半袖で暮らせるほどまで室温を上げたくなるみたいなのですよ。

もちろん最近では燃料代も高騰してきましたし、地球温暖化対策のためのウォームビズの精神も広まってきているので不快なほどに室温が高いということは少なくなってきたのですが、たまに文句を言いたくなることがありますよ。そんな時は「お宅の設定温度は?」と聞くようにしてるのですが、すぐに答えが帰ってきたことはありません。自動車もエンジンをかけっ放しにしてるのをよく見かけるのですが、ドイツや北欧並みに法規制してほしいものだと心から願いますよ。



fightersvsswallows

 本日の気になったCMはプロ野球の新聞広告でした。

5月26日にやるセ・パ交流戦のものみたいですが、3ヵ月先の試合ですから気が早すぎるんじゃないかなと思いましたよ。気持ちが良い時期に札幌ドームでは無くてオープンエアの円山球場で開催されるゲームですから人気となるのでしょうが、はたして新庄や小笠原などが抜けた後でも盛り上がるのでしょうか…?

この広告にしてもダルビッシュとひちょりという選手はわかりますが、野球に興味が無い私はもう二人は誰なのか知らないですよ。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2007/02/25(日) 20:34)

 大失敗だったティラミス、ノルディックの大会は…?
itariancake

 昨晩の我が家の周辺の積雪はまさに私の理想の量でした。

2cmほどの細かな雪が融けかかって汚れた雪の上に薄いベールのようにかかってくれたのですよ。それで失敗したティラミスをキレイな雪のテーブルの上で撮影しておくことにしたのですが、画像が白過ぎましたので薪の前で撮影したものをアップすることにしました。

けっこう美味しそうに見えると思いますが、生クリームを買いに行くのが面倒でしたので牛乳で代用してみたらコクが無くてまったくダメでした。マスカルポーネをたっぷりと入れたので大丈夫だと思って手抜きしてしまったのですが、あらためて生クリームの偉大さを痛感させられましたよ。刷毛で塗ったエスプレッソコーヒーもどんどん中まで染み込んで行く感じでしたが、おそらく生クリームを使っていたらそんなことにはならなかったことでしょう。

大きさを比較するために一緒に撮影したのは、いつのまにかポケットに入っていたノルディックスキー大会のティッシュです。チケットの販促用に大量に配られたのでしょうが、こちらも失敗に終わることになりそうですよ。この大会はロゴタイプの完成度も高くないと思いましたが、右のキャラクターのノルッキーというのもありきたりで人気者にはなりそうにない感じですよね。(笑)



ookurayama

 我が家からは大会のジャンプ台を見ることができます。

競技中のためか、あるいは空気が冷えきっているためか、肉眼で見ると普段よりも明るく思えるのですが、デジカメの限界でよくわかりませんよね。この大倉山シャンツェは1972年に開催された札幌オリンピックのために作られたもので、当時の用具などを展示してあるウィンタースポーツミュージアムという博物館や土産物屋、そして夜景をキレイに見ることができそうな展望レストランがあります。

ウィンタースポーツミュージアムは昨年のカルチャーナイトの時に無料開放されましたのでありがたく見学させてもらいましたが、レストランや大倉山のジャンプ台の上まではまだ行ったことがありません。4月末から6月末までスカイマークが羽田ー新千歳間を5000円の早期割引料金で売り出すことになるそうですから、誰か友人が遊びに来ると思いますので誘って行ってみようかな…



ichidonoyuki

 本日の気になったCMは明日放送のドラマのものです。

TBS系列の北海道放送が製作した「たった一度の雪」というものなのですが、1972年の札幌オリンピックの時に来日した台湾の選手のエピソードがベースになっているようです。山岳地帯でもめったに雪が降らない台湾の選手が主人公というと、ジャマイカのチームを題材にした「クール・ランニング」という映画を思わせますが、しつこいくらいに垂れ流されていたCMには松田聖子の娘が出ていましたのでラブストーリー仕立てなのかもしれません。一応録画リストには載せておきましたので5分ほどは早送りせずに見てみるつもりですが、我慢ができなくなったら途中でHDDから削除してしまうかもです。

ここ数年は台湾などからの観光客が増えていますし、ノルディックスキー大会の期間中にウィンタースポーツを題材にしたドラマを放送するのはなかなか良いアイデアだと思いましたが、この番組は白い恋人を作ってる石屋製菓の1社提供みたいなのが好ましくないんじゃないかと私は思いますよ。このドラマは台湾でも放送されるのかもしれませんが、北海道で録画されたテープやDVDが台湾の家庭で視聴されることもあるでしょうから、あちこちのスキー場や観光地などのCMの方が相応しいと思うのですよ。また個人的にはヒロインが松田聖子の娘というのが気に食わないのですよね。頑張って新垣結衣くらいをキャスティングしてもらいたかったですよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/02/24(土) 19:54)

 季節外れの雨と予想外の乾燥食品について
driedbanana

 本日の札幌の最高気温は2桁近くまで上昇しました。

それで午前中から雪ではなく雨になってしまい、我が家の周辺の雪はかなり融けてしまいました。先日から開催されているノルディックスキーの会場でも雨だったでしょうから雪質はかなり悪化したのではないでしょうか。まあ明日からはまた氷点下の真冬日になるらしいですから、すぐにパウダースノーになってくれることでしょう。雪が融けて薄汚れた感じになっていますので、新しい雪が覆い隠してくれるのは大歓迎なのですが5cmくらいで充分ですよ?。(笑)

本日は国際センターの集まりに出かけたのですが、ベトナム土産でいただいたドライフードを試してみました。右はドライフードの定番のレーズンですが、左のヤツはなんとバナナです。完熟していないモンキーバナナみたいなものを加工したんじゃないかと思いますが、珍しい食べ物ですよね。予想以上に食感が硬くて驚いたのですが、保存食や携行食としては良いんじゃないかと思いましたよ。カロリーが高いでしょうから雪山登山などに向いているかもしれません。



cyoikara68yen

 帰宅する前にスーパーに寄ってみたら安いのがありました。

先日もブログで取り上げたやきそば弁当の新製品なのですが、底値に近い68円でしたので試しに購入してみました。最安値は50円台でしょうが、それを待ってるといつになるかわかりませんからね。安売りしていたスーパーから徒歩圏内のコンビニでは150円くらいで販売されていることを考えると10円くらいは誤差の範疇ですからね。

しかし以前にもこのブログで書いたことがありますが、このような安いスーパーの価格と普通のスーパーの100円前後の値段、そして150円前後のコンビニと3種類の違いがあるのが不思議ですよ。こういった傾向は北海道だけなのかな…?



sekaiski2007

 本日の気になったCMは世界スキー2007のものです。

競技は全国放送のようですからCMも北海道だけのオンエアじゃないのかもしれませんが、回数は圧倒的に北海道が多いんじゃないかと思いますよ。売れ残ったチケットを売りたいということもあったみたいで、年末からかなりの頻度で垂れ流されていましたからね。

私は特にノルディック競技には興味は無いのですが、まだ一度も行ったことがない白旗山会場などは近いうちに様子を見に行ってみようと考えています。ついでに大通公園で今年から始まったにぎわいまつりというイベントと二条市場にオープンしたのれん横丁もチェックしてみる予定ですよ。先日から始まった夕張応援映画祭というのも興味はあるのですが、札幌テレビのイベントで夕張には行ったばかりですし、距離とガソリン代を考えると足が向くことはありません。

ちなみに先日の映画祭のオープニング上映はロッキーの最新作だったそうで、ニュースでは「夕張市民は不屈の精神の主人公に勇気づけられ…」なんて報道していましたが笑ってしまいましたよ。確かにシルベスター・スタローンはロッキーの1作目の時は夕張市民との距離は近かったかもしれませんが、ハリウッドスターの仲間入りしてからは別次元の生活を送っているはずですからね?。

また長者番付の常連のみのもんたの夕張入りに勇気づけられたという人もいたみたいですが、ひねくれ者の私には信じられない話ですよ。ロッキーやみのさんに勇気づけられるような素直な市民だから財政破綻になりそうだということを見抜けなかったのかもしれませんが、それって笑えない笑い話なんじゃないでしょうか…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/02/23(金) 20:04)

 ニシンのチーズ挟み焼き、アスパラガス添え
nishinhasamiyaki

 本日の北海道は晴れて、なんと10度を越えた所もありました。

札幌は6.8度だったそうで4月並みの気温だということでしたが、明日はさらに上昇するという話で不気味ですよ。春が早いのは基本的に嬉しいのですが、その悪影響を想像すると単純に喜ぶことはできません。函館あたりでは福寿草が咲いているということですし、ゴルフ場では来月のオープンを目指して融雪剤を撒いているみたいですが、まるでパニック映画のオープニングの部分のようですね。

夏にデーブ大久保のような留守にしている間もクーラーをつけっ放しにしてるような男がゴルフ場でプレイしていると去年の佐呂間のような竜巻が発生して行方不明になるみたいなシーンが中盤で、徐々に被害が拡大してゆくというのがありがちな筋書きですよね。(笑)


月曜の夕方に放送された番組のレシピを参考にして卸売スーパーで1匹100円で安売りされていたニシンを料理してみました。オリジナルはみかんで柑橘ソースを作ってかけてあったのですが、我が家にはリンゴしか無かったので何かないかなと冷蔵庫の中を探したら数の子の加工品がありましたので親子盛りにしてみました。

作り方は簡単で、3枚におろしたニシンに 塩・コショウで下味をつけ、小骨を抜いた身の間にチーズをはさんで両面に小麦粉を振ってオリーブオイルを敷いたフライパンで焼くだけでした。本当は赤い色が欲しかったのでトマトやベーコンを一緒に焼きたかったのですが両方とも切らしていましたので付け合せはアスパラガスにしてみました。オリジナルの柑橘ソースのレシピをお試しになりたい方は北海道テレビ「イチオシ!」のウェブサイトを参照してみてください。



yakisobacyoikara

 これは北海道で人気のやきそば弁当の新製品です。

あちこちのスーパーで平積みされているのですが、今のところはイオンの88円がいちばん安かったですよ。以前に普通のやきそば弁当をライバル会社のものと食べ比べてみたのですが、なかなか美味しかったのでコレもそのうちに試してみようかなと考えています。

でも引越し予定の秋までは時間がありますから焦る必要はありませんので、どこかのスーパーで68円で特売されるまで待とうと思います。別に20円の差くらいはどうでも良いのですが、貧乏性なもので安く買うことができるとちょっと嬉しいのですよね?。(笑)



yakisobacyoikaracm

 本日の気になったCMはそのやきそば弁当のものです。

北海道出身の人気タレントであるタカ&トシを起用したもので、放送される回数も多いみたいですから追い上げを狙うライバル会社を引き離そうと力が入っているみたいですよ。

東洋水産のウェブサイトによりますと、この「やきそば弁当ちょい辛」は「どろソースをベースに10数種類の香辛料で仕上げたスパイシーな焼そば」ということでした。希望小売価格は155円とありましたが、残念ながら私はその希望には沿えませんよ?。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:13
(2007/02/22(木) 19:58)

 札幌にぎわいまつりとノルディックスキー2007
nigiwaimatsuri

 今朝の札幌の最低気温はマイナス7度まで下がったようです。

早朝は晴れていたのですが、10時くらいから雪が降り始めて5cmくらい積もってしまいました。それくらいなら明日は7度くらいにまで気温が上昇するということですから問題ないと思います。しかしまた道路がグチャグチャになるかと思うと迷惑な話ではありますが。

札幌の大通公園では今年から初めて札幌にぎわいまつりという冬のイベントが始まるそうですが、その会場もダメージを受けるかもしれませんよ。タワーの手前にあるドイツ製のテントは問題ないでしょうが、その前にあるかまくらが融けてしまわなければ良いですが。

このイベントは明日から3月4日までのFISノルディックスキー世界選手権札幌大会にやってくる海外選手や観光客を当て込んで企画されたものでしょうが、好評なら来年以降も継続されることになるんじゃないでしょうか。しかし個人的にはネーミングが良くないと思います。もう少し記憶に残るようなものに工夫すべきですよね。



nordicski

 札幌ドームはこのイラストのようになっているそうです。

ドームにはサッカーの天然芝を空気圧で浮かせて出し入れするために大きな開口部があるのですが、それを利用してドーム内と屋外にまたがるコースが作られていて、これは世界初となるそうですよ。

選手は屋外とドーム内を往復することになるわけですが、変化があってけっこう楽しいんじゃないでしょうか。これは札幌ならではのオリジナルアイデアで面白いと思ったのですが、他に何か仕掛けがあるのか楽しみですよ。開会式などもドーム内でやると思うのですが、アイデアを盛り込めば観客を楽しませることができますし、海外へ札幌をプロモーションする絶好の機会ですからね?。



nordicski2007

 本日の気になったCMはノルディックスキー2007のものです。

かなり前から放送されているものですが、最近までどんな内容なのかピンと来ませんでした。北海道は国内ではウィンタースポーツを楽しむ人口は多いものの、やはり日本ですから層は厚くないようです。

開会式のチケットは関係者が頑張って完売したみたいですが、札幌ドームや大倉山で行われる競技のチケットはまだ余ってるみたいですよ。誰かから無料の招待券が回ってきたら見に行きたいと思っているのですが、お金を払ってまでは見る価値は無さそうですよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/02/21(水) 19:04)

 オホーツク方面をドライブする前に除雪しておきました
haisetsu

 またまた天気予報が外れて、良い天気になりました。

流氷の接岸情報もありましたので、近いうちに路面の状況を見てオホーツクドライブに出かけようかなと考えているのですが、その前に万全を期しておくために家の周辺の除雪をしておきました。いつものように完全防寒して雪かきしていたら、すぐに汗をかいてしまい上着とフリースを脱いでしまいました。週間天気予報によりますと明後日は晴れて暖かくなるということでしたが、それ以外は雪マークが並んでいましたので除雪しておいて正解だったみたいですよ。

しかし雪かきを終えて雪の山が消え去ってフラットになるとある種の達成感があるのですが、数日後に新たな雪が降って新しい雪山が出現するとガッカリさせられるのですよね。季節の最後にドカ雪が降ることもあるというのが少し心配ですが、そういったことも最後だと思うとサミシイ感じもします。もちろん今週の雪が最後であってくれればそれにこしたことはないのですが、暖冬とはいえ北海道ですから3月にも雪はたっぷり降るのでしょうけどね。(笑)



emobile

 先日のニュースで気になる新製品の発表がありました。

携帯事業に新規参入するイー・モバイルからWindows Mobile 5.0を搭載したシャープ製の端末が出るそうで、通信速度はわりと高速で5980円の定額制だということですから、かなり私の希望に近いものでした。昨年の番号ポータビリティ制度がスタートする時にソフトバンクから似たようなコンセプトのものが月額4980円くらいで出るのではと予想していたのですが見事に外れてしまいました。

この端末にはワンセグチューナーが付いていますので自動車の中でもキレイに視聴できますし、カメラを内蔵していますからブログの投稿にも便利でしょう。現在使っている日本通信の通信速度が極端に遅い無線データカードが月額3000円ほどしますので、高速で音声通話もできて倍なら導入しても良いかなと思ったのですが、最初はデータ通信のみで、首都圏や関西などだけのサービスでした。



microvision

 もうひとつの新製品は小型のプロジェクターでした。

昨晩のWBSのトレタマのコーナーでやってたのですが、アメリカのマイクロビジョン社から携帯電話などに内蔵できるくらいの小型のプロジェクターが発売されるらしいのです。詳しいことはわかりませんが、レーザーとミラーを使ってあるということでしたから数年前に横浜で開催されたソニーの展示会で見た技術が応用されているのでしょう。そのうちにどこかの番組でわかりやすくCGで解説されると思いますが、レーザーで一筆書きした光線を回転する多角形のミラーで壁面に投影するタイプのものだと思います。

この小型プロジェクターのユニットは量産化すれば100ドルほどで他社にOEM供給されるようになるみたいですが、そのうちにいろんなものに内蔵されることになるんじゃないでしょうか。個人的には目覚まし時計に入れてほしいと思いました。ベッドで寝ながら楽に録画した番組を見ることができるようにカードリーダーを内蔵したもので、天井に投影するタイプのものが理想です。おまけに音声でオン・オフなどの操作ができるとリモコンが要らないので楽なのですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/02/20(火) 20:19)

 遅ればせながら北海道も「バブルにGO!」…?
ishiichan

 本日は天気予報が外れて、5cmほど雪が降りました。

今日は二十四節季のひとつの雨水だということですが、最近の温暖化のせいもあり例年と違ってきているようです。今シーズンは札幌でマイナス10度以上をまだ一度も観測していないそうですが、このまま暖かい日が続けば観測史上初となるかもしれません。東京でも雪が降らずに春を迎えるかもしれないという話でしたが、まったくどうなるのかなと心配ですよね。

この画像は今朝のフジテレビ系列の北海道文化放送でやっていたプチバブル的な動きの話なのですが、この他にも1箱1500円のティッシュやホテルの1万円朝食など紹介していました。北海道は景気の回復がいちばん遅れていた上に夕張の財政破綻もありましたので、毎日のようにコンビニ強盗などの事件が起きているのですが、中には頑張っている会社もありますし悪いことをしている公務員もいるみたいですから高級なものに消費することも増えてきたようですよ。

札幌以外でもオーストラリア系の会社がニセコ周辺で高級コンドミニアムを建設する話や洞爺湖のバブリーなホテルが高級路線にリノベーションする話などが紹介されていましたが、これでまた地域間格差広がることになりそうですね。特に洞爺湖周辺ではサミットを誘致する話が浮上してきましたので、もし気運が盛り上がれば内外からの投資が増える可能性があります。自民党の世襲議員がマリオネット化した知事に根回しさせているみたいですが、警備費などの財政負担がネックとなり実現は難しそうですよ。オリンピックの国内候補を決める時には石原知事の本気な誘致姿勢に早々と降りたことがありましたが、サミットは他府県も熱心に誘致運動するに決まっていますので止めておいた方が良さそうですよ。

もしどうしてもサミットを誘致するというのなら千歳空港からのアクセスが良い夕張が良いと思います。プレス基地は60kmほど離れたトマムにでも置けば良いのではないでしょうか。交通は特別電車を走らせればなんとかなりそうな気がしますが。各国の一般の官僚などには夕張駅前のホテルを利用してもらい、元首クラスは近くのシュウパロ湖の上にフローティングホテルを新設して滞在してもらってはと思います。そのホテルは分解して移動できるように設計しておけば無駄が無いので良いのではないでしょうか。



jyonio50yen

 我が家でもプチバブル的な高級豆腐を食べてみました。

土曜日に卸売りスーパーで購入したのですが、テレビでも何度も見ていましたし、あちこちのブログでも取り上げてありましたので私も一度は試してみたかった男前豆腐のジョニ男なのですが、今までなかなか割引シールが貼ってあるのが無かったのですよ。1個100円じゃ高いので半額になるまで待っていたのですが、ようやく50円のものを見かけましたので迷わずカートに入れたのです。ハートマークのパッケージに入ってましたのでバレンタイン用だったのかもですが、仕入れ担当者がマーケットを甘く見ていたのかもしれませんね。

たいしたことはないのではと予想していたのですが、これがなかなかのものでした。最初の食感が上品になめらかで、「な?るほど、売れるはずだな…」と感心させられましたよ。このジョニ男をジェラートみたいにしたりとか、黒ゴマの粉末と混ぜたりしたら美味しそうだなとかいろいろ考えているうちに完食してしまいました、量が少ないですからあっという間なんですよね。

ちなみに甘いシロップの小袋がおまけに付いていましたので最後に少し垂らしてみたのですが、私にはそれは不要でした。以前に紹介した「しおぷりん」というのにもシロップの小袋が付いているということでしたが、それって偶然の一致なのでしょうか。似たような事を思いつくことはありますが、どちらかが真似してたりして…(笑)



kitanosyokunin

 本日の気になったCMは北海道限定ビールのものです。

「北の職人」という名前が面白かったので以前にも紹介したのですが、今回のもなかなかインパクトがあるものでした。朝の番組のレポーターとしてもよく見かける「石井ちゃん」という人ですが、記憶に残る顔の持ち主ですからビール会社の人もそれを評価したのかもです。

しかしこの人を見慣れていない東京から出張してきた人などがホテルでこのCMを見たら少なからず驚くんじゃないでしょうか。私はずいぶん慣れていますが、いまだに製作意図などを考えてしまいますので。ちなみに私はこのCMを見るとフランスのプレステのCMを思い出します。かなり個性的なモデルさんを起用していましたのでね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/19(月) 19:22)

 石狩にサーモンライダー&イクライダー見参!
ishikarimatsuri

 本日は晴れたり、小雪が舞ったりしていました。

雪かきの心配は無かったので札幌市の隣町の石狩市で開催されていた冬まつりというのに出かけてみました。全国的にも道内でも知名度が低いものでしょうが、我が家からはさほど遠くありませんし、石狩図書館の隣での開催でしたからちょうど良いと思ったのです。石狩市は特に何も無い街ですが、図書館だけは充実しているのですよ。我が家の近くの図書館の雑誌コーナーは貧弱なのですが、石狩図書館はもっと近くにあったらと思うくらいの水準なのです。

会場はお父さんたちが頑張って作ったような滑り台やステージ、屋台などが並んでいてほのぼのとした雰囲気でしたが、流行のアイスバーの隣にこのようなサーモンライダーとイクライダーの書き割りが置いてありました。これも腕に自信があるライダー世代のお父さんが手作りしたのでしょうが、なかなか微笑ましい感じですよね。しかしサーモンライダーって弱そうですし、イクライダーというのは設定に無理があると思いましたよ。ご当地キャラクターは全国で増えているみたいですが、これは無名のままで終わりそうですよ。(笑)



sushi598yen

 図書館の読書の後であいの里のコープに行きました。

札幌市の北部に開発されたニュータウンの駅前にある店で、本日はテレビCMを見た私のような人が多かったみたいで駐車場はかなり混雑していました。しかし安いと感じるものはさほど無く、この16カンで598円の寿司などを購入してセルフレジで支払ってみました。私のように購買点数が少ない人には向いてるのですが、カートに山盛りの家族も楽しそうにバーコードをスキャンしていましたよ。

バーコードを読ませる時に寿司を垂直方向に立てるようにしなければならないのが難点でしたが、使い勝手にさほど問題はありませんでした。4台のセルフレジを見守るスタッフがいましたので、まったく初めての高齢者でも戸惑うことなく使えると思いますが、小銭の投入口は小さかったので工夫が必要だと思いました。

まあ近い将来にはバイオメトリックス利用で現金を使うことが無くなるでしょうし、すべての商品にICタグが付くようになればスキャンする必要も無くなるはずです。先ほどお母さんに体を持ち上げてもらってバーコードをスキャンしていた女の子が大きくなる頃にはスーパーからはレジそのものが消え去っているかもしれませんよ。数年後にはスーパーの出口のゲートでチラリと網膜を読ませて支払い金額を確認するだけで終りということになるんじゃないでしょうか。これなら割引シールが貼られたものをたくさん買うのも恥ずかしくないですよね。(笑)



chiharutokuban

 本日の気になったCMは今晩の松山千春特番のものです。

歌手生活30周年とかで最近はメディアへの露出度が多いのですが、1時間の特番をやるなんてさすが北海道ですね。そのせいでダウンタウンの番組などが火曜日の深夜に飛ばされるみたいですが、まあ許容範囲ですよ。

松山千春は夕張で100万円ほど買い物したことがニュースで取り上げられていましたので新党大地との絡みで政界進出でもあるのかなと予想する人も多いみたいですが、私はまだ先の話なんじゃないかなと思います。個人的には松山千春は単なるタレント議員じゃつまらないですから、何か面白いことをやってもらいたいものです。

夕張の後を追いそうな旧産炭地の財政が厳しい自治体を全部まとめて「産炭市」とかいう名前にでもして合併させて、その市長さんになってもらうというのはどうでしょうか。これぞ「男の仕事」って感じがしますし、松山千春なら適任のような気がしますが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2007/02/18(日) 19:58)

 2度目の冬の小樽、初めての雪あかりの路
sanma15yen

 本日も気持ちよく晴れてくれ、暖かくなりました。

陽射しは強いものの、まだ4月末頃まで薪ストーブを使うことになりそうですから裏庭に薪を集めに行きたかったのですが、ヤボ用でその時間がありませんでした。まあ非常用に蓄えた薪が納屋に数箱ありますし、全部無くなった場合でも灯油ストーブを最強にして使えば良いのですが、安くなったとはいえ灯油は1リッター60円ほどしますし、化石燃料はなるだけ使いたくないのですよね。

本日は先日の小樽の報告ですが、一昨年の冬に行った時は雪道で用心しなければならなかったのですが、今回のドライブは道路の雪は融けさっていましたので楽でした。行きと帰りは違う道を通りたかったので石狩方面から走って、まずは以前から行ってみたかった新琴似のとびつかという園芸店をチェックして、手稲山口のイオンに立ち寄り、これまた前々から行ってみたかった銭函の海商で買い物しました。予想していたよりも店が小さく品揃えも多くはなかったのですが、この1匹15円のサンマなどを購入しました。2階の食べ放題のレストランにも興味がありますのでもう一度くらいは行くと思いますが、次回は激安のタイムセールを狙ってみたいものですよ。(笑)



otarusyoutengai

 その後に5号線を走って小樽の街中を走りました。

雪あかりの路は素朴でなかなか良かったのですが、その画像は他所にいくらでもありそうですから、私はちょっと変わった視点からのものを紹介しておきます。これは観光客が皆無な駅に近いアーケードなのですが、一応雪で8の字のディスプレイが作ってありました。

この近くのレンガ横丁というのがどれくらい寂れているのかに興味があったのですが、それなりに続いているようでした。以前にボヤ騒ぎなどもありましたので半分くらいが閉まっているのではと予想していたのですが、たくましく営業を続けているみたいでしたよ。



otarubungakukan

 ここは休憩するために寄った小樽文学館のカフェです。

地元の情報番組で無料のコーヒーやお茶が楽しめるということでしたので歩き疲れた後で寄ってみたのですが、建物の外観とは違うモダンな内装で驚ろかされました。北欧の小さな都市の図書館にでも行ったような不思議な感じで楽しかったですよ。もちろんコーヒーも美味しかったですし、小樽のおもてなしの気持ちに感謝です。

その後にもうすぐ全部が完成するという出世前広場というのを見たり、ルタオの新しいチョコレートの専門店で味見させてもらったりして小樽を後にしました。最後に5号線沿いの卸売りスーパーという店に初めて行ってみたのですが、その報告はまた明日にでも書きますよ。往復100kmほどの小旅行は実りがおおいものでした。明日までの開催ですから、まだの方はぜひお出かけくださ?い。



kimatsukanshasai

 本日の気になったCMはコープさっぽろのものです。

明日の日曜は期末感謝祭ということなのですが、期待して良いのか疑問ですよ。ポイントが10倍というのが主婦の皆さんには好評なのかもしれませんが引越し前提の私には関係ないことですからね。

明日は石狩冬まつりというのがあるらしいので、北区のあいの里の店にでも立ち寄ってみようかなと考えています。たしか北海道では初めてセルフレジを導入した店だったと思いますが、そのセルフレジの水準がどの程度なのか興味があるのです。発寒のイオンにも4台ありましたが、お客さんが多くて試すことができなかったのですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/02/17(土) 20:21)

 夕張で「幸せの黄色いリボン」をリメイクしては?
sasakiriyouin

 天気予報が外れてくれ、今日は小樽観光に出かけました。

外出先では文字入力のストレスが多いので、雪あかりの路などの報告は明日にすることにして、今日は夕張からの帰路でぼんやりと考えていたことを書いておきます。それは夕張の再生のためには映画を撮影するのがいちばん良いのではないかということなのです。

大泉洋と共に舞台に上がった所属事務所の鈴井社長は夏にグレイなどと共にマウント・レースイというスキー場で野外音楽イベントを開催するということを話されていましたが、それももちろん有効だとは思いますが映画特有のロングテールな影響を考えると映画監督でもある鈴井氏には実現させることを真剣に検討してほしいものですよ。

つい最近アメリカでウィリアム・ハート主演で「幸せの黄色いリボン」がリメイクされることが決まったようですが、日本でも現代的な背景でリメイクしたら面白いんじゃないでしょうか。オリジナルの昭和の時代背景で作っても郷愁がありそうなので良いでしょうが、経済破綻後の夕張を舞台にするのが個人的にはよろしいのではと考えています。実際の夕張市民の皆さんに実際の役でエキストラでたくさん出演してもらうことにすると盛り上がるんじゃないかなと思いますが。



ooizumitorasan

 お遊びでキャスティングも少し考えてみました。

まず武田鉄也がやった3枚目キャラは知名度が全国区となった大泉洋で決まりでしょう。昨年放送された「大麦畑でつかまえて」というシリアスなドラマの息子の役はダメでしたが、これははまり役だと思いますよ?。武田鉄也の相手役だった桃井かおりの役には個人的に推しているSM女王キャラ芸人のにしおかすみこが良いんじゃないかなと思います。でも化粧を落としたら役に合わないかもですけどね。

難しいのは高倉健の役ですが、先ほど月桂冠のCMを見て伊原剛志がピッタリなのではと思いました。ちょっと若すぎる感じもしますが、彼は「幸せの黄色いリボン」が撮影された当時の健さんとほぼ同世代みたいですよ。役作りを頑張ってくれたらなんとかなりそうですよ。

いちばん悩んだのは賠償千恵子がやった昭和の女なのですが、40代の女優さんで待つ女の空気感を持つ人が思い浮かばないのですよね。不幸顔では木村多恵が浮かびましたが若すぎるし、年齢的には中森明菜くらいがちょうど良いですがキャラが濃すぎますよね。誰か良い女優さんがいたらコメントで教えてくださいませ?。



hoppouryoudocm

 本日の気になったCMは政府広報のものです。

北方領土の日の前後に放送されていたのですが、北海道限定ではなく全国でやっていたものでしょう。不幸顔の女優さんを思い浮かべていた時に、そういえばと思いファイルを探してみたら見つかりました。政府の意図がどのようなものかわかりませんが、このように記憶に残るという意味では良い人選だったのかもしれませんね。(笑)

しかし相手がスナイパー顔のプーチンですから領土交渉は難しそうですが、日本側の交渉責任者が頼りない顔の二世議員じゃますます無理でしょうね。開拓時代の北海道のようにお雇い外国人に頼む方が成功率が高いかもです。怖い顔のカルロス・ゴーンさんにでもクレムリンとの交渉をお願いしてみてはいかがでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/16(金) 16:56)

 雪中置き忘れスコップ救出大作戦
okiwasure

 本日は晴れてくれ、しかも気温は3度と高めでした。

こんな天気が続いてくれれば雪かきは必要ないのですが、今晩から荒れるという予報でしたので北側の窓を守るために午後からここに写ってるほとんどの雪を捨てました。一晩に20cmくらいの積雪なら屋根から落ちてきた雪が窓ガラスを割る心配は無いのですが、60cmも降ると危険なのですよ。朝方に雪が押して窓ガラスを割って部屋の中に雪崩れ込んできたら寒いでしょうし掃除するのも面倒です。数日前に置き忘れたスコップを救出するためにも頑張りましたよ。

今日は気温が高めだったので雪質が重くてママさんダンプを押すのがたいへんでしたが、数年後には雪かきしたことを懐かしく思い出したりするかもですね。「久しぶりに雪かきして、風呂上りにカツゲン飲みて?!」と思うようになるでしょうか…?今は筋肉痛ですので、そんなことにはならない気がしますが…(笑)



jyosetsuki29800

 もう何年か住むならこんなマシーンを買いたいですよ。

近くのイオンの入り口でシーズンが終わる雪かき用品が安売りされていたのですが、電気コードが付いているタイプの除雪機が3万円ほどで売られていました。我が家ならこのクラスのものでも充分だと思うのですが、もちろんもう少しの辛抱ですから買いませんでしたよ。

1万円くらいなら衝動買いしたかもしれませんが、春になれば自然に消え去るもののためにお金を使う気にはなれません。それに最近は旅行をしていないので、ぜんぜん歩いていなくて運動不足でしたからエクササイズのためにも機械に頼らない方が良いのですよ。



NEXCO

 本日の気になったCMはNEXCO東日本のものです。

高速道路上を除雪専用車が低速で走ることがあるので気をつけてほしいといったことをお願いするCMなのですが、別にお金をかけて放送する必要は無いのではないかと思います。道路公団は多額の負債を抱えて分社化したわけですが、経費削減に努めて料金を安くするのが国民の願いだと思うのですけどね。

内部事情は知りませんが、分社化する前からの広報費みたいなものが見直されていないんじゃないでしょうか。広告を発注する側とテレビ局とのどんよりとした癒着関係も残っていそうです。世界一高い高速料金を我々から搾取しているわけですが、NEXCOの社員はすすきのでテレビ局の人間と「骨抜きの改革で済んで良かったよな?」と笑って飲んでいるんじゃないでしょうか。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/02/15(木) 20:10)

 フェアトレードのチョコレートが世間では人気とか…
fairtrade

 朝は晴れていましたが、夕方からまた雪になりました。

午前中に北側の窓を塞いでしまいそうな雪を排水溝に落としたのですが、天気予報では金曜日まで雪マークが並んでいましたのでかなり憂鬱ですよ。東京では今シーズンは一度も雪が降らなくて、しかも早咲きの桜が開花したなんてニュースがありましたが、北海道はまだまだ無彩色の世界が続くことでしょう。純白の雪は本当にキレイなのですが、さすがにもう飽きてきました。着払いでよければクール便で全国発送しますよ?。(笑)
 
本日はバレンタイン・デーということですが、昼の番組でフェアトレードのチョコレートが人気だというのをやっていました。ガーナなどのカカオの産地では学校に通えない子供が驚くほどの低賃金で作業させられていたりしていますが、カカオマスを収穫する時に苦い欠片を口にすることはあっても砂糖を加えた完成品であるチョコレートを食べることはできないでしょう。満足に食べることさえ事欠くのに超高級品であるチョコレートを購入することはできませんからね。

原産国から先進国が搾取するのではなく適正な価格で買い上げることにより途上国の発展や産業の育成を促そうというのがフェアトレードの理念ですが、まだ日本はヨーロッパなどに比べてフェアトレード製品の支出比率が低いという話でした。私は俗世間とは無縁な田園生活ですし、チョコレート会社の戦略にも乗せられたりしたくないのでこれらのチョコレートをバレンタイン・デーには食べる気になれません。渋谷の風俗嬢の時給よりもガーナのカカオ収穫に従事する子供の月収の方が低いと思いますが、そんなことが頭にあるとなおさら口にする気になれないのですよね。でも近いうちに国際センターの集まりにでも持っていって食べようと思っていますが。(笑)



yukidarumadango

 チョコレートの代わりにこんなものを食べました。

白石区に工場があるロバパンという会社の「ゆきんこ」というものでしたが、チョコレートに押されて売れなかったためかスーパーの半額コーナーに置いてあったのです。パッケージが過剰で帽子に見立てた緑色のビニールが不要だと思いましたが、味は普通に美味しゅうございましたよ。雪かきの後に熱いコーヒーを飲みながら雪景色の中でコレをいただいたのですが、ホンモノの雪はもう充分ですがコレはまだいくらでも欲しいですよ。

ちなみに押入れの薪の在庫が無くなってきたので、「ゆきんこ」の後ろに写っている庭に立てかけておいた枝を裁断したいのですが、次から次に新しい雪が降ってくるので困っています。太陽光線が当たる場所ですから晴れが3日ほど続いてくれると乾いてくれるのですが、しばらくは期待できないみたいですよ。



umisyocyoukan

 本日の気になったCMは小樽の海産物屋のものです。

以前にもこの名物社長が前面に出るCMを紹介したことがありますが、今回はさらに黒バックで気合が入っております。「お客様のために安さを追及」とか力強くカメラ目線で訴えて、最後に「詳しくは明日の朝刊で!」と締めくくっていましたが、主要新聞各社に見開き広告でも打つのでしょうか。

小樽では18日まで雪あかりの路というイベントをやっていまして、私もその見物の前に海商にも寄ってみようと考えていましたが、皆さん考えることは同じでしょうから新聞広告に安い食材が並んでいたらかなり混むことになりそうですね。この時期にタイムセールで激安のものをゲットするのは無理かな?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/02/14(水) 20:28)

 初めての冬の夕張、初めての生大泉洋
18yubari

 先日も大雪でしたが、今朝もたっぷり降っていました。

今朝は終了した雪まつりの雪像を壊すのを見に行きたかったのですが、起床してカーテンを開けたら自動車に10cmほど白いものが乗っかっていましたので気分がすっかり萎えてしまいましたよ。3連休は外出してましたので恐ろしい量の雪かきを強いられてしまったのですが、それももう少しの辛抱ですしエクササイズと割り切って頑張るしかないですよ。もう何度も雪かきについては書いてきましたが、私にとっても重労働ですから高齢者の皆さんはたいへんでしょうね、先日の夕張でそのことを改めて痛感させられましたよ。

日本テレビ系列のSTVで日曜の夕方にやっている「1×8いこうよ」という大泉洋のバラエティ番組で夕張で映画祭をやると言うのでウェブサイトから応募してみたのです。その様子は次の放送で見ることができると思いますが、大泉洋主演の短編映画と視聴者が作った5分ほどの作品がゆうばり文化スポーツセンターで上映されたのです。この会場は現在の夕張の人口規模には似合わない立派なものでしたが、暖房の温度は低めでちょうど良いものでした。隣の老人福祉会館は設定温度が高すぎて汗をかいてしまうほどでしたが、財政再建と地球環境のためには好ましくないと思いましたよ。



10yencurry

 昼食は出店でこの10円のカレーをいただきました。

番組で開発中の経過をやっていたレストランおーやまという店の長いもハンバーガーを試してみたかったのですが限定100個でしたから早めに行ってもダメでしたのでカレーにしたのですが、まったくフツーのお母さんの味って感じで悪くはありませんでした。

ランチが10円でしたから文句を言う筋合いは無いのですが、せっかく夕張まで来たのですからちょっと変わったものを試してみたかったのですけどね。ちなみに映画祭が終わってからみのもんたが食べたらしいラーメン屋にも行ってみましたが暖簾がしまってありました。映画祭で多くの客が押しかけてスープが無くなったのかもですよ。



tankoukaiga

 3月末で閉鎖される予定の夕張美術館にも行ってみました。

2月11日から3月25日まで「Finish and Begin 夕張市美術館の軌跡、明日へ」というタイトルで最後の美術展が開催されていたのです。所蔵作品の中からこの企画のために選ばれた畠山哲雄、小林政雄などの古き良き夕張を描いた油彩などが集められていたのですが、今はない炭鉱の風景は非常に興味深いものでした。

炭鉱絵画というジャンルは昭和30年代がいちばん盛んだったみたいですが、落盤事故などで死が身近な生活の中で自分たちの生きた証しを残すためにキャンバスに向かったのではないかと想像させるような絵画群を閉鎖前に見ることができて良かったですよ。

入場料は一般100円、高校生以下無料でしたから、夕張に行かれる方はお見逃しなくと強くオススメしたいですよ。



eastobeden

 入り口が除雪された気配が無い夕張青年婦人会館です。

先ほどのニュースでほとんどのスキー場やホテル、石炭博物館など17の観光施設は再建の実績が評価されて加森観光が指定管理者制度を利用して運営することに決まったということでしたが、このような小規模な集会所などは永久に閉まったままになるのでしょうね。

夕張にあったという映画館で封切り時に「エデンの東」を見て青春時代を過ごした人でこの会館を利用していた人もいらしたことでしょう。誰も歩いていない無人の街角で撮影しながらいろんなことを考えさせられましたよ。雪が降る中での夕張往復はけっこう神経を使いましたし時間もガソリン代もかかってしまいましたが、美しい雪景色は堪能できましたし面白い体験をさせてもらいましたよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/02/13(火) 20:48)

 サッポロファクトリーと昔の写真とタワーマンション
jyamanatatemono

 本日は最高気温がマイナス2度と寒い一日になりました。

連休最終日は札幌テレビの短編映画のイベントを見るために大雪の中を緊張して運転しながら夕張まで行ってきたのですが、それは都合により明日アップすることにします。何故かっていうと外出先の自動車の中でノートPCで音声入力しようとすると性能が低いためにストレスが多いからなのですが、運転席でヘッドセットを付けて喋っていると通行人からは異様な感じに見えるらしいので最近は自粛しているのです。夕張の高齢者の皆さんを脅かしちゃ悪いですしね?。

先日は午前中にヤボ用を済ませて、午後に雪かきをしてからサッポロファクトリーの別館のホールで開催されていたアートイリュージョンというイベントに出かけてみたのですが、それはすすきの氷の祭典並みに面白くなかったのでガッカリさせられました。買い物と人に会うついでだったのでマシでしたが、退屈な催しに「イリュージョン」なんて大袈裟なタイトルを付けるなよって言いたくなりましたよ。

会場に行く途中にサッポロファクトリーの渡り廊下の部分でこんな景色が見えたのですが、景観を悪くする高層のタワーマンションにもイライラさせられてしまいました。このマンションは大通公園からも札幌タワーの後ろに見えちゃう邪魔者なのですが、昨年度のワースト建築物の観覧車ノルベサに続いて2007年度の受賞者となりそうですよ。もちろん私の勝手なランキングなのですが…(笑)



mukashinosapporo

 これはサッポロファクトリーで見かけた昔の写真です。

赤レンガ館の3階のギャラリーに最近の風景と対比するように並べてあったのですが、これが札幌の中心部とは信じられない「ゆとり」が感じられる光景ですよね。カラーでしたので戦後のものじゃないかなと思うのですが、この当時は手稲区や清田区は札幌市外で、野生の熊が生息していたんじゃないでしょうか。この写真に写ってる人たちは工場街だった創生川の東側エリアに40階クラスのタワーマンションができるなんて想像もできなかったことでしょう。

当時は路面電車がたくさん走っていたようですし、たなびく煙が写っていますから中心市街地でも薪や石炭を暖房の燃料にしていたのでしょう。ここに写ってる建物はおそらく現在の我が家並みにすきま風が入ってきたりしたでしょうから室内で半袖で暮らすなんてことはできなかったことでしょう。札幌オリンピックやバブル時代に資源を無駄遣いするようなライフスタイルになったんじゃないかなと思うのですが、40階クラスのタワーマンションの住人たちは環境意識が低い人ばかりで真冬でも半袖で暮らすことを良しとするタイプなんでしょうね。「中国人がマグロを食べるようになったら困っちゃうわよね?」ってセルフィッシュに考えるような奥様が住みそうな気がしますよ。もちろんこれも私の勝手な思い込みなんですが…(笑)



oroshi

 本日の気になったCMは割安なスーパーチェーンのものです。

ここは「卸売スーパー」とかなりインパクトが強い名前ですが、普通に小売販売もしているようです。店内の豊富な商品陳列をパンして撮影しただけの安上がりなCMですが、店のイメージと合っていてよろしいのではないかなと思いましたよ。

でもこの系列店は私の行動範囲からは外れていますので、私はあまり行ったことがありません。40階クラスのタワーマンションに住まわれる奥様ももちろん行かないでしょうね。デパ地下かサッポロファクトリーに去年オープンした東急ストアでお買い物なさるでしょうから。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/02/12(月) 19:14)

 雪まつりのさとらんど会場とモエレでのイベント
satoland

 今朝はまたたくさんの雪が降っていました。

午後からは晴れてくれましたのでサッポロファクトリーでのイベントに出かけたのですが、都合によりそれは明日アップ予定です。最近は雪かきなどのヤボ用に追われてゆっくりブログの更新もできないのですが、雪まつりなどの冬のイベントが終わればのんびりできそうです。でも薪の在庫が少なくなってきたので、裏庭での薪拾いに時間を取られることになるかも…(笑)

先日は国際センターのイベントなどを駆け足でチェックして2時くらいに雪まつりのさとらんど会場に行ってみたのですが、予想通りに子供向けのものばかりで面白くはありませんでした。まあ雪まつりは最初で最後でしょうから、どのような感じで開催されているのか確認したかったわけですし、その目的は果たしたのですが、いろいろと細かな不満は残ってしまいました。

でも駐車するために渋滞した第1回目の昨年よりはずいぶんと改善していたようですし、寒い中で4時間待ちだったという滑り台も倍に増やして1時間待ちくらいになっていたようです。売店や屋台では試してみたいようなものは皆無でしたが、夕張ゼリーのサンプルをいただきましたので久しぶりに口にしてみました。感想は子供の頃には美味しかったけど、現在ではフツーかなって感じでした。他にいろいろと美味しいものが出てきましたからね?。



saturaku

 さとらんどの外れにあるサツラクの工場に行ってみました。

普段は冷たい風を防ぐ牛舎にいる牛さんが雪まつりのシーズンということで見世物にされていました。このサツラクの工場は初めて行ってみたのですが、内容はいかにもフツーのものでしたし見学後の試飲などはまったくありませんでしたよ。残念!



moeregochisou

 夕方から隣のモエレ沼公園でやってたイベントに行きました。

冬の北海道のアートイベントを考えるという催しで、凍結した湖上の露天風呂で有名な然別湖や千歳、そして帯広などの先進事例が紹介され、モエレ沼公園でアート作品を作ったアーティストの皆さんもいろいろと感想を述べていらっしゃいました。

冬が長くて厳しい北海道では雪や寒さを厄介者として考えるのではなく観光資源として利用するというのは以前から正しいと考えていましたし、似たようなことを考えて実行している人たちが少しだけでもいたことは興味深いことだったのですが、600万近い道民の中ではかなりの少数派なのでしょう。

冬の観光に関しての私の考え方はオホーツクドライブが終わってからまとめてアップする予定ですが、昨晩のイベントの後に出た食事を紹介しておきます。北海道らしくサーモンやイカ、カニ、ジャガイモなどが山盛りでしたよ。関係者の皆さんご馳走さまでした?。



moeredance

 食後に参加者全員で駐車場に移動させられました。

普段はなんにも使われていない屋内駐車場の天井が無い場所にチェーンソーで十字に切り込みが入れられた4本の火がつけられた丸太が置かれ、その格闘技のリングのような空間で前衛ダンスが行われたのですが、なかなか面白かったですよ。

このタイプの定番でだんだんと衣服を脱ぎ捨て、最後に雪の中で転がりまわって背後のコンクリの壁に張り付いて倒れて終了したのですが、寒い中での熱演に観客から大きな拍手が贈られました。私はこの背後の壁がちょうどイスラエルの民族分断の壁と同じくらいの高さでしたので複雑な気持ちでしたが…

このダンスの後にアーティストや観客の皆さんはまた暖かい室内に戻られましたが、私は10時で照明が消えてしまうという大通公園の雪まつりを見学するために途中で抜けました。その画像もたくさん撮影したのですが、アート心を刺激された後で見た大通会場はあまりにも商業主義的でうんざりしましたのでアップしないことにしますよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/11(日) 15:16)

 函館の隠れた名品…?トラピスト修道院のクッキー
trappist

 本日は気持ちよすぎるくらいに晴れてくれました。

新しい積雪はなく凛とした寒さですから冬の札幌観光に適した日で、私は雪まつりのさとらんど会場などに出かけてみたのですが、その様子は都合により明日アップすることにします。今日は昨日の国際センターでの集まりの時に味わうことができた函館のトラピスト修道院のクッキーを紹介しておきましょう。素朴なパッケージに入った素朴な味のクッキーでしたが、そのストイックでシンプルなデザインが通好みの人に良いお土産になりそうだと思いましたよ。

道民生活3年の私も初めて見たクッキーでしたので、お土産の定番の白い恋人やバターサブレなどに比べたら知名度はかなり低いと思います。小分けの3枚入りビニールパックが過剰包装のようにも思えましたが、フレッシュさを保つことには役立っているようでしたし、このまま紅茶のカップの横に置いたりするのに便利そうでした。余市のニッカウヰスキーの記念館の中のリタの家のような所で庭の白樺を眺めながらいただくとさらに美味しそうなクッキーでしたよ。



jf

 こちらはインドシナ半島のベトナム製のお菓子です。

動物たちと留守番した厚別の方のお土産なのですが、ちゃんとしたパッケージに入ったジャックフルーツとバナナとポテトのチップスでした。ポテトチップスは北海道産の方が美味しかったですが、ジャックフルーツのヤツには驚かされました。生のものもそれほど食べた経験は無いのですが、チップスになったものは初めてでしたし、なによりも製品としての完成度が高いことが驚きだったのです。

ベトナムが高度成長していることは国際ニュースなどで知っていたのですが、実際のプロダクトを手にしてみたらリアリティがありましたよ。私が知っていた共産主義の雰囲気が残るベトナムは21世紀には存在していないみたいですね。ホーチミンの空気は排気ガスで汚れていたそうですが、それがキレイになる頃にはベトナムはアジアの基軸国の座が確立することになるのではないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/10(土) 20:47)

 未来の雪まつりはどのようになるべきなのか…?
ishiyaseikajump

 本日は最高気温がプラスの2度ほどになりました。

本日はさほど新しい雪は降りませんでしたので入口の雪だけを排水口に落として、金曜日だけ割安なスタンドで給油してから国際センターの集まりに顔を出してきました。その話は明日にでもアップすることにして、昨日に行ってみた雪まつりについて少し書いておきます。

札幌の雪まつりは知名度が高い歴史的なイベントですし、冬の観光資源として今後も期待できることから永続させることを考えなければならないでしょうが、地球温暖化が進むことを前提にすると近い将来にやり方を工夫するしかないということになると思います。北海道の財政は公務員給与を削減しなければならないくらい厳しいですし、多額の赤字を抱える国にも期待できないわけですからロサンゼルスのオリンピックの時のような発想の転換が必要になると思います。本来業務とは無関係な自衛隊員に長距離の雪の運搬や雪像づくりの作業をさせることも好ましいこととは思えませんしね。

この白い恋人でおなじみの石屋製菓がスポンサーらしいジャンプ台は今年からの新しい取り組みみたいですが、骨組みが鉄パイプで組んであるために使っている雪の量はさほど多くないと思います。つまり裏側は鉄骨だけの空洞なのですが、このようにすれば雪の量を最低限に減らすことができるでしょうし、空洞部分を土産物屋や飲食店などに活用すれば収益のアップも期待できるのではないでしょうか。

またこのジャンプ台は使っていない時間の方が圧倒的に長いようでしたが、選手の練習や競技に使わない時間帯は一般の観光客に有料で体験させるように工夫すると面白いんじゃないでしょうか。もちろんテクニックが無い一般人のジャンプは危険ですから、マカオタワーのように安全ベルトで保護するべきでしょうし、許可が降りるようならクレーンを配置してバンジージャンプみたいに吊り上げても楽しいでしょうね。大倉山でジャンプ競技を見たときもそんなことを考えましたが、けっこう人気が出るでしょうし、全国ネットのニュースに登場する回数も増えて話題になるでしょうね。ジャンプしているシーンの動画を公式のウェブサイトにでもアップして、パスワードを入力した人だけが見れるようにするサービス込みで1500円くらいの価格設定なら多くの観光客が行列するのではないかと思いますよ。



sapporo2

 これはまた別の視点からの新しい雪まつりの提案です。

モエレ沼公園のガラスのピラミッドの中に展示してあったSAPPORO?というものですが、大通公園への様々な現代アート風な雪像が提案してありました。おそらく美術学校の学生さんあたりが分担して作ったのでしょうが、日本人外交官が殺害されたイラクの現場などを雪像で作るアイディアなどが盛り込まれていて面白かったですよ。

社会的な辛口のテーマのものを白くて穢れが無い雪で作ることは平和をアピールするためにも面白いと思ったのですが、もちろん財政的にこのようなスタイルでは実現することは不可能に近いでしょう。しかし雪まつりが終了した後に雪像を壊す時に10日間ほど世界中の若い芸術家に自由に使って良いということにすれば話題性もあり意外と人気が出るのではないでしょうか。アーティスト・イン・レジデンスというアート作品を住みながら作るスタイルがありますが、さとらんどかモエレ沼公園内に雪でカマクラをアーティスト達自身で作ってもらい、そこに宿泊しながら雪像を作ってみるというのは資金もさほど必要ではないのであり得る話ではないでしょうか。

前半は商業的な雪まつりとしてさらに盛り上げるようにして、後半は反商業的な芸術の祭典として育てていけば「芸術都市札幌」という名前を世界にアピールできると思います。世界中から集まってくる若い芸術家が頑張って作品づくりをしているのを札幌市民が暖かい食べ物や飲み物などの差し入れなどを行ってサポートするような構図が実現したら楽しいですよね。口コミでニセコのゲレンデで多くのオーストラリア人が滑るようになったように、世界中の芸術を志す若い人たちが一度は札幌に行きたいと話ようになれば経済効果もバカにできないのではないでしょうが。次の札幌市長さんにはそんなことを認めるような柔軟な発想の人になってもらいたいものですね。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/09(金) 20:41)

 初めての雪まつりとスノースケープモエレ?
shinpitairiku

 本日は晴れてくれましたので雪まつりに行ってきました。

壊れていたデジカメも分解して組み立ててみたらズームが動くようになりましたので、いろんなものを撮影したのですが、普通の構図のものはは他のブログにもたくさんアップされているでしょうから私はちょっと変わった視点からのものにしてみます。これは大通会場の10丁目に作られた南極をテーマにした樺太犬のタロとジロの前で鮭の模型を持って記念撮影する観光客の皆さんです。このような感じでいくつかの大雪像の前の撮影ポイントでは係員がシャッターを押してくれるようでした。今回で58回目と歴史が長い札幌の雪まつりですからホスピタリティーも充実していまして楽しむことができました。次回は夕方にでも行ってライトアップされたものを見てみたいものです。

道路に自動車を停めて大雪像を見て、また移動して見学するみたいなことを繰り返していたわけですが、寒い思いをすることがなく楽に見て回ることができました。しかし期待していたよりはダイナミックさには欠けていましたし、なによりも総合的に見て雪まつりはこのままで良いのかと考えてしまいました。それというのも自衛隊がトラック1500台分の雪を運んで三つの大雪像を作ったようですが、そのためには多くの化石燃料と税金が使われているはずですからね。今年はなんとか遠くから雪を集めて必要量を確保したらしいですが、地球温暖化が進むようなら難しくなってしまうでしょう。サビシイようですが何が違う形態での開催を模索しておくべきかもしれませんね。



moereartkamakura

 雪まつりの後はモエレ沼公園のアートイベントに行きました。

スノースケープモエレというもので今年で2回目ということでしたが、知名度が低いためか観客は少なかったですよ。ガラスのピラミッドの周辺にいくつかの作品が作ってあったのですが、それらもそれなりに楽しめたのですが、私が面白かったのは標高50メーターのモエレ山でした。近くにありますのでいつでも登ることができると思っていて、今まで一度も登ったことがなかったのですが、雪があるうちに初登山にチャレンジしてみたかったです。冷たい風が吹いていましたので汗をかくことがなく頂上まで歩いて行きましたが、石狩平野の中ですから夕暮れ時の眺望は抜群でしたよ。

下山した後にこの画像の手前の大きなカマクラのようなアーティフィシャル・ケーブというのに入ってみたのですが、その中には回転するミラーボールが仕掛けてあり無人の半球の中で寝転んでいましたら異次元空間に入り込んだみたいで楽しかったですよ。このイベントは本日から2月12日までですから、雪まつりのさとらんど会場の帰りにでも時間がある方はオススメですよ。



umisyocm

 本日の気になったCMは小樽の海商のものです。

雪まつりの期間中に当て込んだ新聞広告でしたが、なにやらいろいろと商品名と値段だけを羅列しているインパクトが強い広告でした。この会社は嘘みたいな値段のタイムサービスをやることで有名ですが、私も以前から一度くらいは奥様たちに混じって激安の商品をゲットしてみたいと思っています。

小樽でも雪あかりの路という観光名所の運河エリアをロウソクでライトアップする手作り感覚のイベントがありますので、近いうちに行ってみようと考えているのですが、上手い具合にタイムサービスとタイミングが合ってくれれば良いのですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/02/08(木) 20:10)

 Q,捨てても捨ててもなくならないものは…?
haisetsukou

 捨てても捨ててもなくならないものは…雪です!

鹿児島では2日続けて20度を越えたそうですが、札幌は真冬日でまたしても新しい雪が降りました。同じ日本なのにずいぶんと違うものですよね。雪まつりの季節に雨が降っちゃマズイですが、今シーズンは少ないとはいえ雪かきはもう飽きてしまいました。

私が避寒旅行に出かけていた冬の間は道路の除雪された雪が高い壁となって入り口を塞いでいたようですが、自動車を出し入れするためには重たい雪を捨てるしかないのです。我が家では道路と防風林の間に掘ってある溝までママさんダンプで押していって落とせば良いのですが、たくさん降るとけっこう重労働ですよ。

この画像の左下に道路の端の一部が切れている部分がありますが、そこからせっせと溝に捨てているのです。深い溝ですからまだまだ余裕はありますが、ずいぶんと埋まってきました。全部が埋まる前には春になるので心配する必要はありません。最近は薪の在庫が減ってきたのが心細い感じなのですが、それも裏庭の奥の方まで行けばいくらでもあるので大丈夫なのです。



3rosenhaishi

 全国ニュースではやらなそうなものを紹介しておきます。

小さな飛行機で道内をネットワークしていたエアトランセが乗客の伸び悩みから新千歳ー女満別などの路線を廃止したということでしたが、ちょっと心配ですよ。埼玉出身の30代の女性社長が大きな夢を持ってスモールビジネスにチャレンジしてきたのですが、知名度の問題もあり壁にぶち当たったのではないでしょうか。

年末に社長のブログが急に終わってしまったので変だなと思っていたのですが、もしかしたら搭乗率を上げるために道内各地を奔走されていたのかもしれません。昨年の紀伊国屋での「まずは小さな世界で1番になる」という本のサイン会の時には4月頃に仙台便を就航させると笑顔で発表されていましたが、廃止して余った機体を東北路線などに回すと収益が回復するのでしょうか。小さい2人の子供のためにもぜひ頑張っていただきたいものですよ。



suidoukyoku


 本日の気になったCMは札幌の水道局のものです。

今日は真冬日でしたし、今晩の札幌の最低気温はマイナス5度の予想なのですが、マイナス4度が水道が凍結する目安ということで、そのことを注意喚起するCMを年末あたりからやっていたのです。

このCMでは水道局の公式キャラクターのウォッピー君も凍りついていましたが、水を落とすのを忘れるとたいへんなことになる我が家では微笑ましいユーモアだとはとても思えませんよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/07(水) 20:16)

 白い恋人 presents 雪まつりストレートジャンプ台
junp

 雪まつりが始まりましたが、先行きが不安のようです。

これも地球温暖化のためか気温が6度近くまで上昇して雪像の表面が解け始めたということですが、12日までの開催期間を無事に乗り切ることができるか関係者の皆さんはハラハラものでしょう。まあ明日は最高気温がマイナス1度の真冬日になりそうとの予想ですので、この白い恋人がスポンサーのジャンプ台で開催される競技は問題なさそうですよ。でも今日の雨に代わって明日は雪になるそうですから、また雪かきかと思うとちょっと憂鬱です。先ほどようやく残っていった裏庭の雪かきが終わったばかりですからね…

それにしても白い恋人を作っている石屋製菓はいろいろとユニークなことを考えるものですよね。小樽に出抜小路というレトロな雰囲気の屋台村みたいなものを作ったのが記憶に新しいのですが、この雪まつりの会場に面した旧拓銀本店の対面にも新しい商業ビルを建設するそうなのですが、観光客が多いエリアですから何かオリジナルの面白いアイデアを盛り込んでくれるのではないでしょうか。



animeshiroikoibito

 その白い恋人は30周年ということでアニメが放送されました。

年末の週末の午前中に1時間枠で放送されたのですが、タイトルはそのものズバリの「白い恋人」でした。創業時の昭和の札幌が舞台で、擬人化した猫が主人公という不思議なものでしたが、白い恋人のキャラクターが黒猫だからなのかもしれません。

子供向けのものでしたから私が面白いものじゃありませんでしたが、地方の一企業が記念事業で社史を元にアニメ化するということは珍しいでしょうから、その観点からは興味深いものでした。かなり製作費もかかったでしょうが、北海道の子供たちにアピールできたとすればその価値はあったかもしれません。ブログなどでは一度もアニメに関しての感想は見かけたことが無いのですけどね。(笑)

次回は2月10日の午後2時から2時55分までBS朝日で放送されるみたいですから興味がある方はチェックしてみてください。



shiroikoibitocm

 本日の気になったCMはその白い恋人のものです。

モデルさんが微笑むタイプの古い感じの広告でしたが、すでに知名度は抜群の商品ですから安全パイのもので問題ないのでしょうね。ある程度の頻度で繰り返すことで道民の深層心理に「白?い?恋?人」というCMソングが残ればよいのでしょうし。

ちなみに私は東京ではお土産で何度かいただいたことがありますが、北海道で暮らしはじめて一度も口にしたことがありません。西区の白い恋人パークも友人を送迎したことはありますが、足を踏み入れたことは無いのですよ。北海道にいるうちに一度くらいは行ってみたいのですが、無料開放日ってないのかな…?


テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/06(火) 20:43)

 侮れないベトナムのフェアトレード製品
shisyu

 本日は晴れてくれて、気温も4度くらいに上りました。

夜はさすがに氷点下に下がりますので薪ストーブを燃やしていますが、昼間は灯油ファンヒーターをたまにつけるだけで良いくらいでしたよ。もちろん厚着してのことですが。

デジカメが壊れたのでベトナム土産にいただいた食材のアップができないのですが、それは数日後にすることにします。それでみかんちゃんの昼の散歩の担当だった友人への土産だったバッグについて少しばかり。二条市場並みにぼったくるというホーチミンの市場に置いてあるような刺繍ではなく、かなり丁寧な作業に驚きましたが、キリスト教系のフェアトレードのものということでしたので納得でした。

デザインも縫製もかなりの水準でしたが、残念ながらファスナーの質が少しばかり難がありました。値段も月収100ドルといわれる水準からは高いものでしたが、フェアトレードで有効に使われるということなら国際的な格差是正のためになるわけですから問題ないでしょう。



fighterschikama

 新しい画像が無いので、少し前に撮影したものです。

お馴染みのファイターズロゴが付いたチーズかまぼこですが、いろんな商品があるものですね。これを食べながら札幌ドームで観戦する熱心なファンも少なくないことでしょう。

ところで右の焼酎は不思議な感じがしますよね。まったく美味しそうに感じられないパッケージデザインですが、よく商品化にゴーサインが出たものですよね。売れ行きも悪そうですが…(笑)



hokusen

 本日の気になったCMはほくせんカードのものです。

ロゴのオレンジの丸い輪に着目したものみたいですが、もう少し面白いものが作れそうな感じがしますが。せっかく顔が売れたタレントさんを使っているのにもったいないと思いましたよ。

しかし男性をカードのCMに起用するというのも私には不思議に思えます。問題を起こしそうにない清純タイプの女優さんかイノセントな動物が安全なように思えるのですが…(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/05(月) 20:39)

 アル・ゴア先生にとっては「好都合な真実」かも…
goa

 今朝目覚めてカーテンを開けたら白くなっていました、

昨晩の雪がガラスにへばりついていたのですが、昼からは晴れてくれてキレイな景色が出現していました。大通公園の主要な大雪像はほとんど完成に近いようですが、海外からの参加者もいる小さな雪像作りは今日からみたいです。ちょっと風は強かったですが、さほど冷え込みも厳しくないマイルドな冬ですから作業は快調に進んで雪まつりも私を含め多くの観光客で賑わうのではないでしょうか。

数日前には季節外れの雨で苦労して作っていた雪像に被害が出たみたいですが、これも地球温暖化の影響かと心配されているようです。もうすぐオホーツク方面に流氷見学に行きたいと思っているのですが、今年は少ないということですから困ってしまいます。しかし群馬県の榛名湖では氷が張らなくて、名物のワカサギ釣りが出来ないということですし、雪不足でオープンできないスキー場などもあったみたいですからマシかもしれませんが。先日はフロリダで大きな竜巻事件がありましたし、国際的な環境会議では今世紀末までに6度も気温が上昇するという予想が議題として真剣に検討されたりしているらしく、最近ではあまりにも異常気象が続いていますので日本のマスメディアでも多くの時間を割くようになってきましたよね。

先日も日本テレビ系列の「世界一受けたい授業」という番組に元米副大統領のアル・ゴア氏が先生として出ていましたが、そのタイミングは彼にとっては「好都合な真実」だったのかもしれません。昨晩の番組では15分ほどの短いものでしたし、先月の来日時にTBSのニュース23でやったものと同じような内容でしたので退屈でしたが、ゲストのバラエティ班のタレントさんたちが崩れ落ちる南極の氷などの映像を見た後に「こんなことになっているなんて知らなかった」とか「自分たちでできることから始めたい」なんて役割通りの陳腐な発言をしていましたので笑ってしまいましたよ。

地球環境の悪化はバブル景気の前から指摘されてきましたし、日本は京都議定書に調印していて日本の都市名まで冠しているのに数値目標を守れないという恥ずかしい状態が続いているわけですが、その最大の理由はトヨタなどの製造業に甘い政権与党にあるでしょうし、今回の番組のように表面的な部分だけしか取り上げないテレビなどのメディアにも責任があるでしょう。今朝のフジテレビ系列の「報道2001」では自民党の政治家が「国民にも意識改革を促して…」などと悠長なことを喋っていましたが、もはやその段階じゃないんじゃないかなと思いますが。環境負荷が少ないライフスタイルに飴とムチで誘導するのが政治の役割だと思うのですが、政治家たちが「環境は票にならない」と考えているみたいですから困ったものですね。



nago

 先日のファイターズ名護市でのパレードが気になりました。

選手たちが歩いてのパレードでしたし、紙吹雪きも無しでしたので好感が持てたのです。札幌ではわざわざオープンバスを関東から運んでノロノロ運転をさせ、1トン以上の紙資源をゴミにしていましたが、今後はそんな愚行はやめるべきだと思いますよ。

札幌のパレードを「キレイで最高でした?!」なんてはしゃいでいた民放各局のアナウンサーたちは盛り上がりに欠けるだろうからと反対するかもしれませんが、それなら「環境を大事にしましょう」なんて偉そうなことは言ってほしくないと私は思いますよ。沖縄で出来たことが札幌でできないわけじゃないですからね?。(笑)



uchieco

 本日の気になったCMはエコキャンペーンのものです。

北海道の民放各局のアナウンサーが厚着をして暖房の設定温度を下げましょうと呼びかけるもので、札幌テレビのハイテンション・アナの内山さんも出ています。けっこう放送される回数が多いこの広告の費用負担がどうなってるのか気になりますが、それ以前に偽善っぽい感じがしますのでよろしくないのではと感じています。

確認したわけじゃ無いのですが、どうせ放送局の建物の暖房の設定温度は高いままなんじゃないかと思いますよ。たしか北海道テレビのアナウンサーだったと思いますが、真冬なのに半袖の薄いニットを着てニュースを読んでいましたしね。(笑)

余談ですが私はルーシーさんというFMアップルの天気予報のお姉さんが気になっています。最近みかんちゃんの散歩のために厚別に通う途中で偶然聞いたのですが、その弾けぶりは初めてハイテンション・アナの内山さんを目撃した時に匹敵しました!(笑)

イブニングアップルという番組の中で夕方の5時半くらいの5分ほどの天気予報なのですが、かなりユニークな内容ですので電波が届く人にはオススメですよ。FMアップルのウェブサイトにルーシーさんについての情報はありませんでしたし、検索してみても見つけることができませんでした。どなたかルーシーさんがどんな人なのかご存知でしたらコメントで教えてくださいませ?。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/04(日) 19:50)

 厚別留守番最終日、動物たちとの別れの日
mikan6

 今日は節分ですが、留守番の最終日でもありました。

デジカメが壊れたのでこれは数日前の画像なのですが、柴犬のみかんちゃんとの寒い夜の散歩が終わると思うとホッとしますが、ちょっとサミシイ感じもします。なかなか散歩から帰りたがらなくて困ったことがありましたが、馴染みが無い住宅地の散歩は新しい発見もいろいろありましてそれなりに面白いものでした。

この画像の左側の黒く見える部分も興味深いものだったのですが、なぜ白くないのかわかりますか?答えは駐車場から歩道までのかなり広い面積をロードヒーティングして雪を解かしているからなのです。大きなボイラーで熱した水かオイルで大量の雪を融かしているのでしょうが、最近の地球温暖化のことを考えると資源の無駄遣いはやめてもらいたいものです。ちなみに大手の葬儀場の駐車場でした。



hanako6

 心残りだったのは猫たちが膝に乗ってくれなかったことです。

ベトナムから帰国したこの猫たちの飼い主によりますと、シャイな子なので普通に触ることができるようになっただけでも良いのではということでした。私はねこじゃらしでかなりの時間遊んだので3日くらいで仲良くなれると楽観していたのですが甘かったようです。

この家はストーブが24時間つけっ放しでしたし、ドライフードが常時食べることができるようにしてあり、そのためもあったのではないかなと思っています。ほど良く寒い環境で少しはひもじい思いをする猫だったら3日で落とすことができたのではと考えているのですが…(笑)


946

 本日の気になったCMは明日の釧路のイベントのものです。

道民生活が3年を過ぎた私が初めて聞いた名前のイベントですから全国的な知名度は低いと思います。この時期は道内各地で雪や氷を題材にしたイベントが開かれるのですが、どれも特色が無い感じです。もう少し面白い企画を盛り込んでくれれば良いと思うのですが、今のところは札幌の雪まつりと小樽のゆきあかりの路、そして層雲峡の氷瀑まつりくらいしか行きたいと思うものが見当りませんよ。

ちなみに先ほど厚別で動物たちと別れた後に新札幌で開催されていた「新さっぽろ冬まつり」というのをチェックしてきたのですが、会場は手作り感覚でそれなりに微笑ましい感じでそこそこ盛り上がっていましたが、もう少し頑張ることができる余地があるのではと思いました。地元のアーティストによるオリジナルキャラクターは良い感じでしたので、関係者の皆さんにはもうひと踏ん張りしてもらいたいものですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2007/02/03(土) 20:13)

 札幌広域圏組合編集・発行のはちコレ冬号
8koreandrera

 寒くなったと思ったら、いつのまにか2月でした。

全国ネットの放送では1月の異常な暖かさについていろいろと分析されていまして、札幌の大通公園での雪まつりの雪像作りにも悪影響を与えたことなども報道されていましたが、今日の札幌は真冬日のようですし、新しい雪もたくさん降りましたので5日後には問題なく開催されることでしょう。私はこの時期はいつも避寒旅行に出かけていましたので雪まつりを見るのは初めてですので楽しみですよ。

図書館でいただいてきた札幌広域圏の8市町村の情報が載っているはちコレという小冊子の冬号によりますと、2月は雪まつり以外にもいろんな冬のイベントが開催されるみたいですよ。札幌の雪まつりに続いて有名なのは千歳市の支笏湖の氷濤まつりだと思うのですが、オホーツクドライブに行く途中で立ち寄る予定の層雲峡のものに近い感じがしますので私は行かないつもりです。その他のものはファミリー向けのものが多そうですし、わざわざガソリン代を払って見に行くほどの特色も無いみたいですからやめておくつもりです。ちなみに明日からの新さっぽろの冬まつりは動物と留守番してる厚別の家に近いのでチェックしてみようと考えています。

右のReraというのはNPO法人の北海道アウトドア協会が発行しているフリーペーパーですが、今回の冬号も私にとって有益な情報はありませんでした。アウトドアに強い関心がある人なら楽しめるのかもしれませんが、私には退屈だったのです。ウェブサイトにレラに載っていた「北海道のアウトドアの課題と可能性」という座談会の詳細が掲載されていますので、ヒマな方はチェックされてみては。(笑)



shinjyodvd

 新庄の誕生日から発売されたDVDが店に並んでいました。

全国発売みたいでしょうが、こんなに大きなスペースにディスプレイしてあるのは北海道だけなんじゃないでしょうか。5000円もするDVDをどれだけの人が買うのだろうと不思議に思いますが、テレビでかなり宣伝されていますので購入したファンも多いのかもしれません。

新庄はしばらく見ないなと思っていたら、今朝のワイドショーで映画のPRをやるとか言っていました。「デジャヴ」「パイレーツ・オブ・カリビアン3」「ナショナル・トレジャー2」の3作の応援団長に就任したということですが何も新庄とは何も脈絡は無いみたいですね。



yukigassen

 本日の気になったCMは札幌オープン雪合戦のものです。

雪不足で当初予定していた札幌円山球場での実施が困難になり、サブグランドでの実施と変更することになったらしいのですが関係者の皆さんはたいへんですね。まあ雪不足で本物の雪で練習できない地域もあったらしいですから、まだマシかもしれませんが。

北海道で過ごす最後の冬ですから私は精力的にいろんなものを見に行こうと考えていますが、さすがにコレには足が向きませんよ。雪合戦のルールだって知りませんしね?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/02(金) 18:36)

 北海道とオーストラリアの微妙な関係
epa

 先日は春みたいでしたが、今日はまた冬らしくなりました。

それでも先日の暖かさで融けたのが固まった自宅の入り口のガチガチの雪を処分していましたら暑くなり上着だけでなくフリースさえも脱いでしまいましたよ。鳥の声を聞きながら汗をかいていたら、なんとキツツキがやってきて虫をさがしていました。まだまだ本当の春は先の話なのですが、雪融けが何度もあるのは迷惑なものですよ。

先日は閉鎖されることが濃厚な札幌厚生年金会館を一度は見ておきたいという気持ちもありまして、日豪のEPAに関するシンポジウムに出かけてみたのですが複雑な心境でしたよ。あまり報道されていませんから道民でも知らない人が少なくないみたいですが、EPAとは経済連携協定のことで、簡単に説明しますとWTOの貿易協定じゃなかなかまとまらないので個別に交渉してゆこうというものなのです。

人口密度が多くて自動車や家電などを生産する日本と、人間の数よりカンガルーの方が多そうな資源大国のオーストラリアとは良い補完関係にあり、両国の国民感情も悪くはないのです。最近では北海道にも多くのオージーが雪山に滑りに来ていますし、観光のCMに誘われて避寒旅行に出かけてコアラと記念撮影する道産子もいるみたいですよ。貿易に関してもお互いの得意分野を伸ばすようにして仲良くすれば良いのですが、北海道の場合は産業構造がオーストラリアと似てる部分がありますので深刻なようなのです。

つまり日豪のEPA交渉により農作物や牛肉、乳製品などの関税が下がればスーパーには安い商品が並ぶようになるでしょうから消費者としては嬉しいのですが、打撃を受ける生産者は廃業に追い込まれる者も出てくるだろうと危惧されているのです。日本の食糧自給率は40パーセントほどしかなく、危機管理のためにも増やすことが命題なのですが、関税が下がる方向が濃厚になれば農業や牧畜の後継者が育たなくなり、ますます高齢化が進んでダメになるのではと予想されているのです。

私も人間よりも牛さんの方が多そうな酪農エリアに引っ越して3年が過ぎましたし、家庭菜園もやりはじめましたので「生産する側」の気持ちも以前より理解できるようになりました。しかし江戸時代には人が住むのに適さないと考えられていた北海道で自動車や家電のおかげで快適に生活できていますし、それらを海外に輸出した利益で円高になって割安に燃料を輸入できて暖かい思いもしているわけでして、単純にEPAを賛成も反対もすることが出来ないのですよ。

トヨタ系などのシンクタンクの人間は「シンガポールのように生きる道を」と日豪EPAに肯定的かもしれませんが、私は北海道には大きすぎる打撃のことを考えると否定的な気持ちに傾いてしまいます。それは単純に北海道の農業や牧畜関係者に親近感があるからというものではなく、世界的な人口増や環境異変の行方を考えれば自給率のアップは教育再生などよりも優先課題だと思えるからです。日本は少子高齢化の影響で長期的には総合的な国力が低下して円安と向かい、輸入する燃料や農作物などが高騰するということも充分に想像できるわけですから国際関係のバランスが重要なのですけどね。



hokurencm

シンポジウムの冒頭で挨拶した高橋はるみ知事は選挙前に保守派の支持を受けようということで日豪EPAは大問題であるかのように力説されていましたが、私は北海道の農業や牧畜の国際競争力強化に努めてこなかった不作為を棚に上げての発言でしたので腹立たしい思いがしました。北海道で生活していると毎日ホクレンなどのイメージ広告が垂れ流されていることにうんざりさせられますが、これまで道政や道の基幹産業に従事する人たちが時代にあった改革をしてこなかったことが現在のオーストラリア製品などとの価格差を生んでいるわけで、その責任を自覚してもらいたいものだと思いますよ。

しかしシンポジウムのお土産で配られた米や砂糖などのサンプルから推測できるように反省する気配はありませんし、消費者にも向いていないと思います。規制の中でぬくぬくと暮らしてきた怠慢な人たちが、これからも楽に暮らしたいということみたいですが、今年は夕張に続く自治体も表面化するに違いないですし、時代が変わってきていますので怠慢な人たちは引退してもらいたいものだと思いますよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/02/01(木) 19:50)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア