新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 おそらく最初で最後の積丹半島一周ドライブ
ebisuiwa

 本日も晴れましたが、先日も快晴でした。

小樽の潮まつりの翌朝に念願の積丹半島一周のドライブに出かけたのですが、天気にも恵まれて最高に気持ちが良いものでした。積丹は2年前の夏に走ろうと思っていたのですが、勢力が衰えず北上してきた台風18号が猛威をふるい湾岸の道を破壊してしまったので断念したのでした。

まず余市の市街地を出て229号を少し走ったら、突然こんな景色が出現しました。えびす岩と大黒岩というものみたいですが、左側のヤツは蹴ったら倒れてしまいそうですよね。地球温暖化の影響で、今後も台風18号のようなヤツが上陸する回数が増えるとするとラストチャンスだったのかもしれませんよ。



kamuimisaki

 その後も信号がほとんど無い道を走り続けました。

自然のままの海岸線は気持ちが良いものでしたが、予想外にトンネルが多くてガッカリしました。住民の生活道路としてはトンネルがあると早くて便利なのでしょうが、ワインディングロードの景観を楽しみたい旅行者にしてみると「余計なお世話」って感じなのです。トンネルを作っても古い湾岸の道も残してくれればマシなのですが、ほとんどは通行止めにしてあるのです。

積丹岬の次に積丹半島のハイライトである神威岬に行ったのですが、かなりの絶景でした。駐車場から舗装されたなだらかな歩道が続いていましたので高齢者に配慮して台無しになってるのかと心配したのですが、先の方はこんなワイルドな道だったのでホッとしましたよ。もちろん階段や手すりは整備してあったのですが、転落事故を防止するためには仕方ないことなのでしょう。明治時代にはもう灯台が作られたということでしたが、それが無い時代にタイムマシンで行ってみたいなと空想してしまいましたよ。



tomarinkan

 個人的なもうひとつのハイライトは泊原発でした。

現在3号機を建設中で、それに誰かが4回も放火などのイタズラをしたことで全国ニュースにも出ていましたので有名だと思うのですが、道内の消費電力の約3割を発電してる施設なのです。泊原発は東ドイツ時代のチェックポイント・チャーリーのような厳重な入り口に阻まれて、その奥の建物が見えないようになっていましたので、その近くのとまりん館という原発PR施設に行ってみました。

肝心の原子力に関する展示コーナーが工事中でしたし、泳ごうと思っていたプールは帽子が必要ということで、あきらめてロビーで参院選のことが載ってる新聞を読んでいたらアナウンスがありました。無料の館内のツアーと大型バスでの原発ツアーがあるということでしたので申し込んでみたのですが、なんと館内ツアーはオバサンと2人だけで、バスでの原発ツアーは私だけの貸切状態でした。とまりん館から出る時には3人に見送られ、バスの中はドライバーとバスガイドさんと説明員の3人でした。これまでの北海道での4年間の生活で北海道電力には20万円弱を支払ってきましたが、私だけのためにと思うと恐縮してしまいましたよ。(笑)

バスは厳重なチェックを2回抜けて原発の工事現場を見下ろすことができる小高い丘の上に到着しました。そこで説明員の方にいろいろと教えていただいたのですが、なかなか面白いものでしたよ。私は新規の原発建設については反対する考えの持ち主なのですが、それについて書くとたいへんですのでやめておきます。ちなみにこの団扇と記念品はツア―参加記念にいただいたのですが、無料のツアーとこれらを貰ったために原発批判を遠慮してるわけじゃありませんよ。原発に対しては書きたいことがたくさんあるのですが、ドライブの疲れが残っているのです。でもひとつだけ書いておきますと、撮影禁止だったことが不満です。治安のためなのでしょうが、な?んか隠蔽体質って感じがしますよね。このブログに原発の工事中の画像を載せたかったのに…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/07/31(火) 20:13)

 小樽の潮まつりの賑わいと静寂
kitakarou

 先日の小樽の街中の様子をアップしておきます。

早めに出発したので多少混んでるといったくらいで小樽に到着して、港湾エリアに自動車を停めて折りたたみ自転車でメインの堺町通りに行ってみましたら、さすがに日曜で潮まつりの最終日だけに多くの観光客で賑わっていました。私は今回で小樽は10回目くらいですが、これまででいちばん混んでいましたよ。前回は「ゆきあかりの路」の時でしたが、冬と夏じゃえらく違うものですね。

アジアからの旅行者も増えていることから小樽の情緒ある街並みを歩きまわる観光客はまだまだ増加し続けると思うのですが、北海道の企業も続々と進出しており、北菓楼の横には六花亭が店を出していました。中身は普通の六花亭ですが、小樽ならではのパッケージの限定品もありました。ひととおり売り場をチェックしていたら2階への案内板がありましたので、階段を昇って行ったら吹き抜けの周りの壁がギャラリー風になっていて、中札内美術館にありそうな絵画が展示してありました。また60円と80円のシュークリームを販売していて、それを購入するとコーヒーが無料でした。混んでいたのでカウンターに立っていただきましたが、平日なら10くらいあるテーブルでゆっくりと絵画を眺めながら味わえるのではないでしょうか。

ちなみにこの店の出口には六花亭の「満足補償制度」というポリシーみたいなものが刻まれた重厚な雰囲気のプレートが貼り付けてあり、そこには「お口に合わない、いつもとちょっと違う、どんな理由でも結構です。ご満足頂けなければ交換、返金、ご希望どおりに対応いたします」といった内容の宣言がありました。ミートホープ事件でイメージが低下した北海道ですが、このようなしっかりとした倫理観とホスピタリティを他の企業も見習ってほしいものですね。ちなみにこの文章を書くために検索していたら、この店は2002年にオープンしてたというのに気がつきました。単なる私の勘違いでした。



sada

 潮まつりの会場も観光客であふれていました。

小樽市の人口は14万人くらいで、しかも高齢化が進んでいますので、浴衣姿の若い男女は札幌などからやってきてるのでしょう。会場付近は普段は閑散とした港湾エリアなのですが、魚貝類などを焼く屋台がズラリと並び、まるでマラケシュのようでした。

花火の前のステージに登場はさだまさしの妹さんだったのですが、1曲歌った後のトークで「寒いですね?」と正直な感想を述べて観客の皆さんをしらけさせていました。私は自転車だったためもありサマーセーターの上に薄いジャケットを着ていたのですが、浴衣や半袖Tシャツ姿の皆さんはかなり肌寒い思いをしていたはずですからね。(笑)



otaruyakei

 小樽港での花火は20時から21時まででした。

私は19時半くらいから車中でフジテレビの27時間テレビを見ながらメールチェックなどしていて、20時前にまた潮まつりに行こうと考えていたのですが、返事を書いてるうちに20時になってしまいました。27時間テレビではヌルいボウリングを長々とやってたみたいですが、急に安藤さんのキビキビとした司会に変わり、参院選の速報モードに切り替わりました。結果はご存知の通りに自民が大敗したのですが、残念ながら2人区の北海道では女ムネオは自民のおじさんを脅かすだけで終わってしまいました。

まあ私が小沢以上に嫌いな自民の世襲議員たちが困る状況になっただけでもいいかと考えて自転車で花火を見にいったのですが、規模が小さなもので15分くらいで飽きてしまいました。わりと近い場所からの打ち上げでしたので悪くはなかったのですが、やはり量が圧倒的に足りていないのです。せっかくの海でやる花火ですから、花火を仕込んだ船を使うとか工夫の余地はいろいろとあったんじゃないかなと思うのですけどね。

アルコールはやめていますので、じっと立って見てると肌寒くなってきましたので、自動車に戻り車中からブログなどをチェックしながら窓から花火を見学することにしました。そうしているうちに21時になり花火も無線も終わってしまいましたので、昼間に行った堺町通りがどうなってるか見に行ってみましたら、昼間の喧騒が嘘のように静まり返っていました。空には満月が出ていましたが、小樽の歴史的な建物に似合いますよね。先ほどの大混雑してた場所から1kmほどのところなのですが、えらく違うものですね?。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/30(月) 07:15)

 小樽港に轟く自民大敗の祝砲!!
 先ほどから小樽の潮まつりに来ています。

花火の規模は小さなものでしたし、渋滞も恐いので早めに自動車に戻って車中で選挙特番を見てるところです。予想以上に自民が負けましたが、小沢が「ガハハ」と笑ってることを想像すると素直に喜ぶことはできません。ちなみに先ほど北海道では民主の現職が当選しました。さて女ムネオはどうかな…?

もうすぐ無線が切れるので詳しくは明日の朝に。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/29(日) 20:51)

 道民生活4年にして、ついに生ムネオと接近遭遇!!
namanuneo2007

 先日は小雨混じりでしたが、今朝は晴れました。

選挙日和ではありますが、私は様々な理由で行かない主義ですので、日課のブログ更新を終えたら小樽の潮まつりに行く予定です。その様子は後日にアップするとして、先日の生ムネオとの初めての接近遭遇の様子を報告しておきましょう。

北大博物館での市民セミナーの後に大通公園近くをドライブしていたら、選挙戦最終日ということで揃いのユニフォームを着た一団が目に付きました。もしかしてムネオがいるかもと期待して駆けつけてみたら、ビンゴでしたよ?。主役のアイヌ出身の候補者は助手席から手を振るだけでしたが、ムネオはそこら中を駆け回ってニコニコと握手や記念撮影に応じていました。投獄生活と闘病生活を経て復活したムネオの底知れぬパワーみたいなものを間近で感じることができたのですが、これで北海道での心残りがひとつ無くなりましたよ。(笑)



hokudaipetm

 北大博物館での市民セミナーは今回も大盛況でした。

テーマは「深海堆積物に記録された急激な気候変動」というもので、理学研究院の阿波根教授が「ちきゅう」などの海洋調査船で地道に集められた資料からわかってきたことについて淡々と説明してくれました。馴染みが薄い専門的な内容でしたので、理解するのが難しい部分もありましたが、豊富な資料のおかげでなんとか海洋研究の最前線の様子を垣間見ることはできました。

このテーマは奥が深く、説明するのはたいへんですので、私が驚いたポイントだけを書いておくことにします。それは量が一定だと思っていた海底のメタンハイドレードが、実は過去に大きく変動しており、日本近海のものは危険度が低いものの、地球温暖化が北米近海のメタンハイドレードの崩壊の引き金を引くこともあり得るという話だったのですよ。メタンは二酸化炭素の20倍以上の温室効果ガスですから、北米沖のメタンハイドレードが崩壊しはじめると無力な人類はその暴走を止めることができそうにないのですよ。そうなると札幌でさえ毎日が「酷暑日」となるかも…



hakubutukancenter

 北大の後で札幌市の博物館活動センターに行きました。

何度も行ったことがあるスピカの隣でしたから、今までも行こうと思えば行けたのですが、名前から内容をイメージすることができなかったので足が向かなかったのです。北大博物館が立派ですので不足してるというわけじゃないのですが、200万都市の札幌には相応しい規模の博物館が無いのです。札幌市では自然系の総合博物館を建設する構想があるそうですが、財政難で実現するためにはクリアーすべき課題が多いみたいなのです。その機運を盛り上げるためと収集した資料を整理したりするために博物館活動センターというものが作られたみたいですが、小規模ながらまあまあの内容でした。

ユニークな成り立ちの札幌は博物館の「素材」として申し分ないのですが、札幌市役所に展示してあったサッポロカイギュウのような新しい発見もあり、それらを上手く組み合わせれば滞留時間が長い観光施設として税金を使って新築する意味も充分にあるでしょう。これで札幌で三内丸山や吉野ヶ里みたいな縄文遺跡でも発見されれば新しい博物館を作ろうという機運が盛り上がるのでしょうが、今のところは画期的なものは出土していないのですよ。まあ白石区あたりでは地道な発掘作業が進められているようですから、そのうちに何か「歴史的な発見」が出土するかもしれませんが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/29(日) 09:01)

 明日は参院選ですが私は投票には行きません
saninsen2007

 昨晩は久しぶりにまとまった量の雨が降りました。

明日は参院選の投票日ですが、天気は回復するようですから投票率は伸びるかもしれません。2人区の北海道では現職の自民と民主の議員に加えて6人が立候補しており、今日の20時まで大票田の札幌で精一杯アピールされることでしょう。私は日本の政治には絶望していて、選挙には行かないことにしているのですが、今回の選挙は自民と民主で分けている指定席が崩れるかもしれないというので興味はあるのです。街中のポスターは8人のはずなのに7枚しかないので不思議だと思っていたのですが、泡沫候補のおじさんが供託金を支払うだけで資金が尽きたのかもということでした。

北海道の新聞やテレビでは全国的な流れで民主の候補が再選され、残りの議席を現職の自民のおじさんと「女ムネオ」として認知度が高い新党大地の多原香里という新人が競ってるということでした。新党大地と民主は協力関係にあり、来札した菅直人代表は女ムネオの応援を頑張っていたようでした。選挙は最後まで何があるかわかりませんが、業界筋の興味はトップを走ってる民主候補ではなく、2位にどちらが滑り込むかということに集中しているようです。



jiminkouho

 自民の現職はかなり焦ってきているようです。

年金問題などで逆風が吹いている上に、息子の飲酒のトラブルでイメージが悪化しているみたいなのです。年齢が68歳と女ムネオの倍ほどあるのもマイナスポイントなのでしょうが、悪代官的な雰囲気をプンプン醸しだしているのも不人気の理由なのでしょう。

2人区の北海道で指定席を失いたくない自民は「大物」を応援に送り込んだようですが、これが功を奏するかは疑問です。しかし「偉大なるイエスマン」は最近は見かけませんでしたが、かつての親分の来札となればホイホイと駆けつけたようですね。(笑)



saninsencm

 北海道の選挙のCMにはタカアンドトシが出ています。

選挙に興味が無い素振りをしてる数人のエキストラにタカアンドトシが「選挙に行きましょう!」と呼びかけると、ニッコリして「はい、行きます!」と返事するというベタなCMなのですが、こんなのを見せられると私は「絶対に行くもんかっ!」と思ってしまいますよ。

もうタカアンドトシのギャラも安くないでしょうから、衆院選の時のように旭山動物園の動物を起用すれば良かったでしょうに。しかし考えてみれば毎日のように多くのキャスターが某元テレビ朝日の女子アナみたいに「選挙に行きましょう!」と連呼していますので、選挙のCMは不要かもしれませんね。国の財政は悪化する一方ですから、少しでも節約するべきではないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/28(土) 09:11)

 さくらんぼに似たグミという果実
gumi2007

 北海道もかなり夏らしくなってきました。

夏休みで大賑わいの旭山動物園ではシロクマたちに氷が差し入れられたみたいですが、もうそんな季節なのですね。我が家の庭のグースベリ―はまだ熟していないのですが、さくらんぼに似たグミという果実は真っ赤に色付いていましたよ。

午後からの集まりに持ってゆくために手が届く範囲のものを収穫したのですが、デジカメの調子が悪いためか変に明るくなってしまいました。フォトショップで修整してみたのですが、私のテクニックではこれが限界みたいですよ。まあたまにはこんなのもよいでしょう。(笑)



yukatanoyukatan

 今日は街中でもテレビでも浴衣姿が多いのです。

豊平川で花火大会をやるからなのですが、北海道テレビの「イチオシ!」の天気予報士のお姉さんも浴衣を着ていらっしゃいました。キャスターのおじさんがスタジオから「似合うね?!」とか冷やかしていたのですが、無視して予報していたのが印象的でした。

キャスターのおじさんはさらに「浴衣のゆかたん」などとたたみかけていましたが、お姉さんは気に入らなかったのか、それも軽く受け流されていました。お互いに悪気は無かったのでしょうが、ちょっとキャスターのおじさんに同情しちゃいましたよ。(笑)



185m

 これは先日のニュースで見たものです。

道庁の赤レンガ庁舎の前にJRタワーを抜いて札幌でいちばん高い建物ができるという内容でしたが、200mも無いということでしたから、すぐに他のマンションに抜かれてしまいそうですよ。

六本木のミッドタウンは300m近くありますし、台湾の101は400mほどですから、それらに比べると低いのですが、歴史的な建物に近いことから景観問題ともなりそうです。しかし既に近くには同じような中途半端な高さのビルが完成していますので、外壁などが目立ちすぎる色にでもならない限りは問題にはならないと思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/27(金) 20:35)

 かろうじて夏日だったので自家製野菜の冷やし麺
natsuramen

 天気は下り坂ですが今日も25度を越えていたようです。

菊水という製麺メーカーの「たっぷり野菜と食べる北海道小麦のサラダ麺」というのが2皿分で55円と半額ほどで安売りしていましたので、我が家の家庭菜園で取れた野菜と合わせてみました。パッケージにはコーンやトマトなどがトッピングされていましたが、コーンは入れない主義ですし、トマトはまだ熟していませんでしたので違った感じになりました。夏はやっぱり冷やし麺が美味しいですね。これからお盆明けまで今年もソーメンや蕎麦、そしておろしうどんなどのローテーションが続くことでしょう。(笑)

ちなみに皿の両側にある小さな花は蕎麦です。左は普通の白い蕎麦の花ですが、右のは昨年の秋に小樽の天狗山で採取してきた赤い蕎麦です。ヒマラヤ原産の高根ルビーとかいう品種なんじゃないかなと思うのですが、詳しくないので確かではありません。



suberuhiyu

 植物に詳しくないので、これも正体不明です。

細木数子の番組にゲスト出演していた俳優の岡本信人は野草が好きらしく、野草に関する本まで出しているそうでしたが、番組の中でこれに似た草を見つけて喜んでいたのですよ。「スベリヒユ」とかいうもので、炒めても美味しいと言ってましたが、我が家のものがそれと同じ種類なのかは不明です。

これまで雑草だと思って抜いていたのですが、美味しいのならそのままにしておいて、そのうちに試してみようかなと考えています。以前に見たグルメ番組で京都の野草を調理する和食屋に感銘を受けたことがありましたが、食事会の時にこういった地味な食材をさりげなく料理して出すことができるようになりたいものですよ。



rollkun

 これは先ほどの夕方のニュースに出た問題です。

美瑛町の四季彩の丘とかいう観光スポットにある「ロール君」にも使われている牧草ロールの重さを当てるというものでしたが、私は以前に500kgと聞いたことがありましたので3番の600kgかと思っていました。しかし正解は2番の400kgで、草の種類や密度によって多少違うものの、350kg?400kgほどになるということでしたよ。

ずっと我が家の前に転がっていたロールは500kgあると信じていたのですが、な?んか騙されていたような気がしますよ。まあ350kgにせよ500kgにせよ、そんな重さを量る術が無いですからどうでもよい話なんですけどね…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/26(木) 19:51)

 ベビースター北海道スープカレーヌードル630円
suopcurrynoodle

 札幌は今日も晴天で、ついに真夏日になりました。

昨年より11日遅れだったようですが、これで本格的な夏の到来という感じがします。たしかに昼間は暑い感じでしたが、窓を開けて走れば心地良く、まだ今年は一度も自動車のクーラーは使っていません。昨年もほとんど使っていませんが、今年は冷夏になるという話ですし、もしかしたら一度も使うことがないかもですよ。

北海道のスープカレーのブームは落ち着いた感じですが、土産物店でこんなのを見かけました。4食入りで630円ですから1食あたりは150円ほどになります。やきそば弁当などのコンビニ販売価格と同じくらいですが、ちょっと高いですよね。1食100円以下でバラ売りしてあれば試してみても良いのですが…



headlight

 最近自動車のヘッドランプを交換しました。

こういったランプは自動車の種類によって種類がたくさんあるのかと思っていたら、ほとんどの自動車メーカーは共通化してるということでした。そのためかホーマックに2灯で798円というお買い得品がありましたので助かりましたよ。

オートバイのランプ類は交換する時に工具が必要だったりしますが、自動車の場合は予想外に簡単でした。ボンネットを開けて固定してあるキャップをひねって外して、ランプを固定してあるバネをズラすような手順で簡単に交換できました。ディーラーに頼んだら手数料などが加算されて4000円ぐらい取られちゃうのかもですね。



chikadansou
 
 これは最近のニュースで話題になってるものです。

柏崎で11人の犠牲者を出した地震が記憶に新しいのですが、札幌の近くでも活断層があるみたいなのです。これまで北海道の大都市を襲った地震は見当たりませんので、札幌の行政担当者も市民の皆さんも危機感が薄いようですが、地下には断層が潜んでいるようですから「備えあれば憂いなし」だと思うのですけどね。

地震国の日本ではどこで大地震が発生してもおかしくないわけですから、200万都市の札幌ではそれなりの備えと覚悟が必要だと思うのですが、そのように考えている人は少ないようですよ。以前にも書きましたが私は常に最悪の場合を考えていまして、ライフラインが切れても半月くらいは問題なくサバイバルできると思うのですが、備えていない皆さんは困ることになるんだろうなと心配ですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/07/25(水) 19:32)

 今年最初のロール運び、窓からの景色が一変!
rollhakobi

 深夜に降り続いた雨は早朝に上がりました。

空気は澄み切っていますし、昼の気温も30度近くまで上がったみたいで家庭菜園には理想的な1日でした。野菜もですが、木々の葉も生い茂り、それで電波が吸収されてるためかネット接続が調子悪いのですが、それ以外は特に問題ありません。田園エリアには選挙カーも回ってきませんので静かに過ごすことができるのですよ。

しかし午後に我が家の前の牧草地でちょっとした異変がありました。しばらく置きっ放しだった牧草ロールをトラックでどこかに運んでしまったのです。牧草ロールが無作為に転がってる景色はお気に入りだったのですが、サミシクなってしまいました。牧草は成長していますので、またそのうちに突然に出現するのですけどね…



rachelcarsonmanga

 これらはレイチェル・カーソン関連の本です。

このコミックは7月14日に北大のレイチェル・カーソン生誕100周年記念の展示で見かけたものですが、近所の図書館にあったので借りてみたのです。1907年にペンシルヴァニアで生まれたレイチェル・カーソンが17歳になってケープコッドの海洋生物研究所の夏季研修に参加して、生まれて初めて海を見るところから物語は始まるものでしたが、描画能力に問題があるものの、なかなか面白いものでした。この男性はレイチェル・カーソンの本で環境問題に目覚めた副大統領になる前のゴア氏らしいのですが、若い頃とはいえ雰囲気が違い過ぎますよね。この作者も「不都合な真実」で有名になるとわかっていたら、もっと似せる努力をしたのかもですが…

右の本はレイチェル・カーソン日本協会理事の方が書かれた「沈黙の春の40年」という本で、レイチェル・カーソンの著書を網羅した入門書のようなものです。これも図書館にあったのですが、この2冊を読むとレイチェル・カーソンの偉業のアウトラインが理解できますのでオススメですよ。ちなみに北大博物館では「センス・オブ・ワンダー」という映画や記念の講演もあるようです。



sekitankisoukyoku

 これは日曜の午後にUHBで放送されたものです。

再放送らしいのですが、「石炭奇想曲 夕張,東京,そしてベトナム」というタイトルのドキュメンタリー番組で、日本の石炭について掘り下げた内容でした。番組の最初はさびれた夕張の風景から始まり、最後は日本向けに日本人技術者の指導の下で石炭を掘るベトナムの様子を丁寧にカメラで追ったものでしたが、資源が無い国のエネルギー政策などについていろいろと考えさせられてしまいましたよ。

たまたま日曜の夜にはTBSの「情熱大陸」で、かつての夕張市民病院の立て直しに尽力している村上医師にフォーカスを当てていましたが、つくづく国策の失敗のツケを払わなければならない不条理というものについても考えてしまいました。それについてはまた別の機会に掘り下げようと思っています。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/24(火) 20:41)

 北海道観光を外から見てみたら…
JTM

 大暑の日の札幌は最高気温が28度を超えました。

でも夕立が降ってくれたおかげで夕方はいつものように半袖では肌寒い感じになりまして、家庭菜園の水遣りをサボることができますので、私にとっては理想的でした。本日は午後から京王プラザホテルで開催された「外から見た北海道観光」というセミナーに参加してみたのですが、目新しい内容は無かったので期待はずれでした。

JTB系の研究所のおじさんが過去5年ほどの観光統計により北海道と沖縄の観光面の比較をされ、それ自体はまあまあ面白かったのですが、分析だけで終わってしまってる感じだったのです。おそらく今後の観光動向を予測するとJTBにも都合が悪いことがたくさん出るので、曖昧にしておこうということかもしれませんが、そのような姿勢は評価できませんよ。私は北海道観光は中国が世界恐慌の引き金を引かず、また円安傾向が続けば現在の調子で横ばいを続けると思いますが、悪い材料もいくつかあると思いますので、それを北海道の観光に携わる関係者の共通の認識にすべきだとも考えています。



nordicdesign

 セミナーの後でモエレ沼公園に行きました。

2階のギャラリーでMETROCSという店がノルディックデザインの家具や雑貨の展示をしていたからなのですが、それなりに多くのものが並べてあったのですが、あまり面白いものではありませんでした。
北欧デザインのものは夏の北海道には似合うと思うのですが、単にキレイに並べるだけじゃ物足りないのですよね。

「ご自由にお持ちください」と置いてあった、このグリーンの小冊子はフィンランド政府が六本木ヒルズで開催した「フィンランドカフェ」というイベントのために作ったものだと思うのですが、モエレ沼公園でもそんな新しい発想でやってほしいものですね。



nanda

 最近始まった海商の新しい店のCMが変です。

今度のススキノの変な名前の店はファミリー向けの苗穂店とは客層も違うからなのでしょうが、まるでホストクラブのCMみたいな雰囲気なのですよ。いつもは赤いハッピを着て「今日も激しく!」と連呼してる名物社長がスーツ姿で挨拶していらっしゃるのです。

銭函や苗穂の店は食べ放題で2000円以下だと思うのですが、さすがにススキノですから値段は高く設定してあるようです。駐車場も無いでしょうし、雰囲気も悪そうですから私が行くことは無さそうですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/23(月) 20:41)

 夏が来て、落ち葉拾いの季節かな…
niwasouji2007

 天気予報が見事にはずれて晴れてくれました。

それで久しぶりに気温が上昇して本格的な夏っぽい天気になったのですが、半袖でちょうど良いのは夕方までで、太陽が牧草地の地平線に沈む頃には長袖が必要になりました。先ほど今年初めての落ち葉拾いをやってみたのですが、まだ7月というのにけっこう落ちていました。8月の中頃に1週間ほど暑い日が続いた後には急速に秋っぽくなり、毎日これくらいの落ち葉が降ってくることになるでしょう。

落ち葉を掃除していますといろんなモノを発見しますが、今日は何かの鳥の羽を見つけました。キレイな水玉模様のものでしたが、「生命の神秘」って感じですよね。



JICAtosyokan

 これはJICAの図書館で見た本です。

国道12号線にJICAの札幌事務所がありまして、そこの図書館に国際協力関係の図書が揃っていたのですが、JICAの活動を批判するような内容の本まで置いてあったのは意外でした。時間がなかったので、じっくり読んだわけじゃありませんが、「美しい国際協力」の薄汚い裏側が書いてあったみたいですよ。

私もいろんな国で電気も無いような田舎町で献身的に働く青年海外協力隊員の方とも会ったことがありますし、それとは真逆の税金の無駄遣いの実例も垣間見たことがあります。この本を書いた人も前者で、青年海外協力隊の将来を憂いてあえて恥部を告発する内容にしたのでしょうが、それを「組織」が図書館に並べておくなんて珍しいですよね。広尾には置いてないんじゃないかと思うのですが、札幌事務所の担当者の懐が深いのかな…?



sendaibin

 今朝の週間ニュースでエアートランセのことを見ました。

昨年の初夏に紀伊国屋でエアートランセの江村社長の講演に行った時に、「オフレコだけど仙台へ新路線を…」と仰っていましたが、ようやく実現したみたいですよ。経営がたいへんで道内の路線を縮小したというニュースの後は何も報道されなかったと思いますので、仙台線も頓挫したのかと思っていたら頑張って夢の実現に向けて歩み続けていらっしゃるみたいですよ。

江村社長は融資先との関係のためか会長になっていらっしゃいましたが、景気回復を追い風に今年は飛躍の年となるかもですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/22(日) 20:32)

 大通公園ビアガーデン、出足絶不調かも…
beergarden2007

 先日からの週末は北海道は天気が悪いようです。

20日の朝には雨が上がりましたし、昨晩に霧雨みたいなものが降っていましたが、今日は曇りでしたので最悪じゃありませんでしたが、気温は22度くらいまでしか上がりませんでしたので冷たい飲み物が恋しい感じじゃないのですよ。恒例の大通公園のビアガーデンも始まったのですが、当然ながら席はガラガラでした。

ビール会社各社は地球温暖化による消費拡大を期待していたかもしれませんが出足は不調のようですね。個人的にはとうもろこしワゴンと同じように、マンネリ化しているのが売上が伸びない理由なんじゃないかなと思いますが、なぜもっと工夫をしないのでしょうかね?提供されるのは毎年似たような料理ばかりですし、二条市場と同じように友人が来札しても案内しようなんて思わないですよ。



hakkougauen

 ここは偶然に見つけた野菜の直売所です。

札幌ドームの近くの清田通りを走っていたら、牧歌的な風景の中に「野菜直売」の旗が目に付きましたので寄り道してみたのです。八紘学園の広大な敷地内の古い牛舎を改装したもので、周辺の農家からのものや、学生さんが育てた野菜などが販売されていました。

並んでいた野菜は新鮮そうでしたが、値段はさほど安くはありませんでしたし、我が家の家庭菜園も収穫できるようになりましたので何も買いませんでした。でも他のお客さんたちが次々とソフトクリームを買っていらっしゃいましたので、名物なのかと思って私も150円のスモールサイズを購入してみました。曇天で気温が高くないせいもあったのでしょうが、少しばかり私には甘すぎましたよ。



manbow

 以前から行ってみたかった安いと評判のスーパーです。

西野の2丁目にあるマンボウというスーパーで、テレビで何度か見ていましたので期待していたのです。店構えも安っぽくて駐車場も混んでいましたし、お客さんも多かったので期待がますます高まったのですが、卸売スーパーと大差ない感じでガッカリしちゃいました。

もちろん安いものもありましたし、近所にあれば利用価値は高いのですが、ガソリン代を考えるとまた行きたいと思うほどじゃありませんでした。テレビでは「日本一利益率が低い店」とか言っていましたし、店の外壁には「食費を半分に!!」というバナーがありましたが、「看板に偽りあり」じゃないかなと思いましたよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/07/21(土) 20:05)

 3回目で最後のカルチャーナイト
aisyokufair

 夜に降り続いていた雨は早朝に上がりました。

本日は私にとって3回目で最後のカルチャーナイトですから、まずは友人と道庁で待ち合わせをしました。赤レンガ庁舎前で愛食フェアというカルチャーナイトとは無関係のご当地食品関係のイベントをチェックしてみようと考えたからなのですが、野菜類の値段も普通でしたし、特に珍しいものもありませんでした。

その後に道庁の近くの陽だまり亭というオーガニックバイキングレストランでランチをいただいたのですが、45分間で880円という価格は良心的でしたが、味付けが薄すぎる感じでしたし、デザート類がやや貧弱でした。素材の良さをアピールしたいのかもですが、熱々の献立を用意するのも含めて検討されると良いのではと思いましたよ。



hokkaidosummertime

 カルチャーナイトの最初は郊外を選びました。

トワイライトタイムに西区のチョコレートファクトリーからはじめて、最後に街中に移動する計画でしたが、このチョコレートファクトリーは単に庭園での生演奏があるだけで、展示はいつものように有料でしたよ。カルチャーナイトのガイドにも公式ウェブサイトにも有料とは書いてなかったのですが、不親切な話ですよね。

ガッカリして駐車場に戻る途中でサマータイムの時計を見つけました。石屋製菓の社長さんはサマータイムの推進派なのですが、こんな時計を作るよりも年に一度のカルチャーナイトの数時間くらいは無料開放すべきじゃないかなと思いましたよ。(笑)



sapporoichiba

 次は札幌の中央市場に行ってみました。

「市場ミステリーツアー」というものに参加してみたのですが、入り口で渡された黄色い帽子を被って、普段は一般人が歩くことができないエリアを見て回ることができて、なかなか面白かったですよ。

しかし担当のおじさんたちがイベントに慣れていないためか、段取りが悪くてイライラさせられました。特に広い市場でどこで受付をしているのかわからなかったので第一印象は最悪でした。ポスターはたくさん刷ってあるはずでしたから、それに矢印を貼り付けて方向を示してくれるだけでも印象はずいぶんと違うのですけどね。



sapporocityhall

 その後に行った札幌市役所でも同じでした。

時計台側の入り口から入ろうとしたら閉まっていて、「時間外はこちらの窓口へ」といった表示があり、そちらにいってみたら守衛さんから「正面入り口に」と言われてしまいました。ここでも「大通側の正面入り口へ」という表示とポスターを貼るだけで不愉快な思いをする人がいなくなるはずですけどね。

しかし市役所の屋上からは最後の5分間の花火を見物することができましたし、普段は入れない茶室や市長室、それに議会などを見て回ることができましたし、案内役の市の担当者の皆さんも親切でしたので好印象で終えることができました。ちなみに市役所の1階では豊平川で発見された海牛の復元模型や発掘の様子などが展示されていましたが、これもなかなか面白かったですよ。



faightersrensyujyo

 カルチャーナイトの最後は苗穂に行きました。

このファイターズの練習場は我が家に帰る途中にありましたし、22時までといちばん遅くまでやっていたからなのですが、閉まる前にギリギリ間に合いましたよ。

この画像は子供がスピードガンで速度を量ってるところのものですが、22時近くに小さな子供を遊ばせるのはいかがなものかと思いましたよ。小学校の高学年なら年に一度くらいは構わないと思うのですが。23時までやってるイオンでも小さな子供を見かけるのですが、そのうちに社会問題化するんじゃないかなと危惧しております。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/20(金) 17:01)

 絹さやとイタリアントマトとゴーヤの赤ちゃん
babygoya

 北海道には久しぶりに雨雲が近づいているようです。

明日はカルチャーナイトですし豊平川で花火大会がありますので、それが終わるまでは降ってほしくないのですが、家庭菜園には恵みの雨ですから歓迎しないわけでもありません。できれば夜のうちにしとしとと降って、午前中にからりと晴れてくれると嬉しいのですが。

枝豆はまだですが、ようやく絹さやは収穫できるようになってきましたし、イタリアントマトも次々と熟してきました。ゴーヤも赤ちゃんみたいなものが出てきたのですが、なかなか気温が上がらないので上手く成長してくれるか心配ですよ。北海道は来月の今頃には秋になってしまいますが、間に合ってくれるのかな??



uchiyamani

 久しぶりに札幌テレビの内山アナのネタです。

私が4年前に引っ越してきた頃には漁村や農村からの元気いっぱいの生中継で笑わせてくれたのですが、最近はスタジオで大人しく原稿を読まれるだけですので面白くないのです。だから最近は録画しなくなったのですが、数日前にたまたま録画した時に「顔ちぇき」の話題がありました。

携帯電話で撮影した画像を「顔ちぇき」のサイトに送ると似てる人を3人教えてくれるという人気のサービスですが、内山アナの結果を見ると噂通りに精度が低そうですよね。ちなみに私は「顔ちぇき」も「脳内メーター」も試したことはありません。時間がないわけじゃないのですが、試す価値があるほどの完成度とは思えないからなのですよ。



ACCM

 数日前の北海道新聞にこんな広告がありました。

ACこと公共広告機構の地域CMなのでしょうが、私が嫌いなひらがなが多いタイトルですし、何のためにやるのか意味もわからないので不快です。北海道には自慢できるところはたくさんありますが、それは大都市の満員電車に耐えて自動車や家電を作って収めた税金から補助金が出て支えられているものが多いと思うのです。もちろん食料生産や人材を供給するなど北海道と大都市とは補完関係にありますが、このような広告には企画段階でその視点が欠けているように感じます。

誤解される人がいると困りますので、北海道と補助金の関係などについては秋に出て行く時にじっくり総括してみたいと考えています。ただ本日書いておきたいのは、このようなCMは個人的にうんざりだということですよ。この仕事をした人が、うっかりドアに足の小指をぶつけることを心から願いますよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/07/19(木) 20:08)

 架空の広告ポスター展とUN40と札幌市水道記念館
miyatayacoffee

 本日は雨になるかと思っていたら快晴でした。

午後から秋のような空気の中を豊平区の平岸までドライブしたのですが、それは「豆蔵珈房 宮田屋」というコーヒーチェーン店のギャラリーでDIDOというデジタルイラストレーター団体により開催されていた「架空の広告ポスター展」というのを見に行くためでした。実を言うと札幌のクリエーターの皆さんの作品は期待しておらず、以前にスポーツ施設のキタエールに行った時に見かけて気になっていた古い倉庫のような宮田屋の方に興味があったのです。

平日の午後というのに駐車場は満車に近く、店内は美味しそうなアロマを漂わせているカップを手に談笑したり読書したりする人々で賑わっていたのですが、「架空の広告ポスター展」をやっていたギャラリーは貸しきり状態でしたよ。ひとりでのんびりと作品を鑑賞できたのは良いのですが、やはりあまり面白いものはありませんでした。



un40

 次は円山方面の高級住宅地のギャラリーに行きました。

ロングコンテナのような作りのギャラリー門馬という所で開催されていたUN40というのを見に行ったのですが、その風変わりなタイトルの意味は「40歳以下の北海道の建築家による建築以外の表現展」ということでした。若手の建築家が仕事の息抜きに作ったような小作品ばかりで、あまり面白いものではなかったのですが、展示の「箱」はなかなか個性的な造りで興味深いものでした。

個人住宅の端に無理やりに四角柱を突き刺したような感じで、入り口から作品を見ながら進んでゆくと高低差があるために裏の森に浮いたようなデッキに出ることができ、サプライズがありました。裏の森は野生動物が遊びにきてもおかしくないような自然豊かな環境でしたが、ギャラリーの借景としては面白いものでしたよ。



suidoukinenkan

 最後に5月26日にオープンした水道記念館に行きました。

もいわ山のロープウェイが無料だった時にも行ってみたのですが、その時は4時過ぎでしたのでゲートで追い返されてしまったのです。今回は早めに行ったので問題なしでしたが、歴史的な古い建物をリノベーションした展示施設はなかなか完成度が高いものでした。

階段状に水が流れる特徴的なデザインのエスカレーターで2階に上がり、いくつかの部屋を抜けてかつての浄水施設だったタンクの部分に降りてゆく順路になっているのですが、このような歴史的な道具などの展示もあり、大人の鑑賞にも耐えるものでした。そのトータルプランニングは北大博物館と同じように在京の会社が請け負ったみたいですが、北海道の企画会社も頑張ってほしいものですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/18(水) 19:38)

 北海道の虫さんたちは食わず嫌いなのかも…
murasakihabuji

 本日は夕方にほんの少し雨が降りました。

しかし降水量が少なすぎて家庭菜園の土の表面だけを湿らせただけで終わりました。今年の北海道は雨が少ないのでプロの農家は収穫量が少ないのではないかと心配してるみたいですが、今晩の雨雲も道南だけを潤すだけという予想です。梅雨が無いのは快適なのですが、夏っぽい夕立が待ち遠しいものですよ。

雨は少なくても我が家では朝に水撒きしていますので、それなりに育ってくれています。今年初めて紫のキャベツを育てているのですが、なぜか虫さんたちに人気がないみたいです。無農薬栽培ですからブロッコリーなどは穴だらけなのですが、紫キャベツはキレイなものなのですよ。このまま無傷で結球してくれると嬉しいのですが…



summertime2007

 今朝から道庁ではサマータイムを始めたそうなのです。

商工会議所あたりでは半月前くらいに始めてましたが、道庁は今年はやらない賢明な判断をしたのかと思っていたら懲りずに一部の人間だけでやるみたいですよ。サマータイムは日本じゃその効果がさほど見込めないだけでなく、全国で一斉にやらないと意味がないということが理解できないのでしょうかねぇ。

先日は最高気温が27度でしたが、今日は22度ほどでした。そんな北海道じゃ夏にクーラー代を節約するより冬の暖房を本州並みにすることが効果があるわけです。サマータイムをやりたい人は夏に省エネした気分になって冬は半袖で暮らしたいというのが本音かもしれませんし、4時に仕事を終えてビアガーデンに行きたいという不純な動機が透けて見える感じですよ。札幌では5時過ぎになると気温が20度以下に下がることもありますので、それじゃビールが美味しく感じられないでしょうからね。(笑)



nakajimakilt2007

 明日からキルトのイベントが始まるそうですよ。

毎年この時期になるとコンベンションセンターやってるのですが、明日トークショーをするというキャッシー中島がHTBの夕方のニュースで見どころを説明していましたよ。たしか彼女はハーフだと思うのですが、グラビアで人気があった頃とは桁違いの体重になってるみたいでした。ついつい沢尻エリカの将来の姿を想像しちゃいましたよ。

ちなみに最高気温が40度近いタヒチから帰国したばかりで北海道は寒いと愚痴をこぼしていましたが、見た目にはぜんぜん平気そうでしたよ。私はキルトにもキャッシー中島にも興味がありませんので、無料でも行く気はありません。何かタヒチのお土産が配られるというなら、ヤボ用のついでに寄ってみても良いのですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/07/17(火) 20:01)

 我が道を行くのがテレビ東京の遺伝子なのか…?
WRC

 今朝の地震はかなりのものだったようですね。

北海道はまったく揺れなかったのですが、当然ながら午前中の番組は次々に特別編成へと切り替わっていきました。テレビ東京系列のテレビ北海道以外は、なのですが。昼過ぎに塩崎官房長官の生中継が始まった時にザッピングしていたら、民放各社はどれも緊迫感がある生中継だったのにテレビ北海道だけはWRC・世界ラリー選手権を放送していたのですよ。

天皇が死んだ時にも民放各社が似たような追悼番組を流してる時に、予定通りにムーミンを放送して高視聴率を記録した成功体験がテレビ北海道にも受け継がれているのでしょうか。全部見てたわけじゃありませんが、字幕での地震情報も出していないみたいですので、ある意味偉いですよね。(笑)



aburatou

 今日は早めに昼食を食べて講演会に行きました。

またもや地球温暖化をテーマにしたものだったのですが、風変わりな3部構成で楽しむことができましたよ。最初は滋賀県の彦根の近くで先進的にバイオディーゼルなどに取り組んでこられた油藤商事という会社の方の話で、前半は予想してた範疇だったので無駄足だったかなと思ってしまいました。しかし後半の化石燃料を使わずに世界1周するというプロジェクトには眠気が吹き飛んでしまいました。

油藤商事では使用済みのてんぷら油を精製して再生燃料として販売してるのですが、そういった会社は北海道にもいくつかあるくらいで珍しくもありません。驚いたのは精製装置を普通車に乗せれるほど小型化して、移動先で使用済みのてんぷら油を集めながら世界1周するというプロジェクトだったからです。私もいつかは自分の自動車で世界旅行をしてみたいと夢見てるのですが、面白い企画で近いうちに実現されるということでしたから羨ましい限りでしたよ。

以前テレビ東京では札束をばらまくようにしてタクシーでロンドンまで走るというアホな企画がありましたが、油藤商事のプロジェクトはそれとは逆に捨てればゴミとなる使用済みのてんぷら油を再利用しながらという話ですから今の時代に合っていますよね。



tomonokai

 講演会の最後に道産食材の試食がありました。

最近ではフードマイレージという言葉も一般化してきましたが、地球の裏側から食品を輸入するより近くで採れた食品をいただいた方が運送にかかる化石燃料が少ないので環境にやさしいに決まっています。ガンガン灯油を使ってビニールハウスで野菜を育てるよりも、路地栽培で育てられた季節の野菜をいただく方が良いわけでして、そういった地産地消や食育みたいなものを教えていらっしゃる団体の方が簡単に作ることができるおからドーナッツとミルクプリンみたいなものを作ってくれました。

ちなみに3部構成の中間には安心安全な道産小麦で特色がある麺類などを商品開発している江別製粉の方の事例発表があったのですが、特筆すべき内容じゃありませんでした。小型のミルを開発して、世界最高品質のハルユタカを加工して様々なタイプの製品を送り出していらっしゃるのは偉いのですが、会社の環境への取り組みなどが成されていないようでしたのです。また私も輸入小麦の倍以上するハルユタカを購入してパンを焼いてみたことがあるのですが、腕が悪いためか良さを実感できなかったのです。またハルユタカを使った市販品のパンや麺も試したことがあり、美味しいのですが値段には見合わないという結論に達したのです。もちろん素人の判断ですが、偽ブランド米を販売する悪質業者と裏で通じてる役人が多そうな日本の農政ですから、小麦だって信用はできないとも考えているのです。江別製粉は正直に真っ当に製品を作っていても、中間問屋や小売店で安い輸入物と混ぜてるかもしれませんしね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/16(月) 20:27)

 やきもの市とホルスタインショーと卸売スーパー
tashikanayatou

 本州は台風でたいへんだったみたいですね。

進路を劇的に変えなければ無関係な北海道は、晴れたり曇ったりの冴えない日曜日でした。家庭菜園の野菜のためにはカラリと晴れるか、あるいは恵みの雨が降ってくれるのが望ましいのですが、台風4号は各地で被害を与えたみたいですし贅沢な話ですよね。

3日続けて北大の講演会などに出かけましたので、今日は家でのんびりしようかなと思いましたが、北海道で過ごす夏も最後ですから札幌の隣の江別市でやってた「やきもの市」というのに行ってみました。陶器に興味が無い私にはいささか退屈なイベントでしたが、好きな人がけっこういるみたいで、普段はシャッター通りと化している商店街が大賑わいでした。しかし共産党のマニフェストを配っていたおばさんたちの周辺は寂しげでした。やきもの市に来てる人たちは「確かな野党」を必要としない層なのかもしれませんね。(笑)



rakunoudaigaku

 次に12号線を走り、酪農大学に行ってみました。

札幌の副都心の新札幌から4kmほどの広大な敷地に牛を飼ってる北海道らしい大学の「ホルスタインショー」という北海道らしいイベントでしたが、ほのぼのとしていて楽しめました。乳牛の乳の張り方のコンテストなんてのに興味を持つ人は少ないみたいで、お客さんはまばらでしたが、ヤギや羊などもいましたので子供と散歩するのにはピッタリだと思いましたよ。酪農大学オリジナルのアイスや手作りケーキなどの販売もやっていましたし、お近くの方にはオススメですよ。

ところでホルスタインをお客さんの前に引っ張り出す担当の学生さんたちが被っていた帽子が気になりました。マクドナルドの店員さんのと似たデザインなのですが、これって牛肉か牛乳などに関係する歴史的なものなんじゃないかなって気がしました。アメリカかオーストラリアの映画でもホルスタインの品評会みたいなシーンがあり、こんな帽子を被っていたような記憶がありますのでね。



oroshiurisuper

 最後に新札幌にオープンしたスーパーに行きました。

駅前なのにこれまで何度かテナントの入れ替えがあったビルの1階に安さを武器に多店舗展開する卸売スーパーが乗り込んできたのですが、厚別区の奥様たちにウケるかは未知数です。我が家からは北区の店の方が近いので、あまり利用価値は無いのですが、選択肢が増えることは歓迎ですよ。

本日はオープン記念ということで割安なものがいくつかありましたので、冷蔵庫は満杯なのに買い物しちゃいました。このサンマも初物ながら58円でしたので、1匹だけ購入してみました。まだ今年の水揚げが始まったばかりでして、他のスーパーでも冷凍ものしか置いてなかったりするのですよ。東京のデパ地下なら3倍くらいはするのでしょうね。北海道バンザ?イ!(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/15(日) 19:27)

 博物館と丸善のコミック、そして道産ロケットの話
ishimori

 台風が九州に上陸したようですが、札幌は晴れでした。

午後から3日続けて北大に出かけたのですが、それは北大博物館で無料で開催されている土曜市民セミナーに参加するためでした。こちらも遠友学舎と同じようにテーマと講師が毎回違うようで、本日のお題は「博物館は生き残れるか?」というものでした。観光学高等研究センター長の石森先生が情熱たっぷりに、危機的な状況に陥りつつある市民の共有財産である博物館の状況について話されたのですが、それが「経済大国」の話なのかと驚かされました。

なにしろ日本には5000を超える博物館があるというのに、専任館長がいるのは3割程度で、重要な専任学芸員は1.18人しかいないというのには耳を疑ってしまいました。小泉改革からの流れで、予算と人員の削減のツケが現れた結果のようですが、ボランティアの導入を図ってる博物館も16パーセントしかないということで暗澹たる気持ちになってしまいましたよ。ちなみに北大博物館ではボランティアを募集していましたが、お近くの方はいかがでしょうか。



maruzenmanga

 その後にようやくレイチェル・カーソンの展示を見ました。

生誕100周年を記念したもので、3階のこじんまりとした部屋にパネルやビデオなどが展示してあったのですが、驚いたのは収集されたレイチェル・カーソンの関連書籍のコーナーにコミックがあったことです。それも丸善から出版されていまして、パラパラとめくってみたらなかなか面白そうな感じでしたよ。

パネル展示は9月17日までで、「センス・オブ・ワンダー」の上映は期間中の日曜日の13時30分から3時20分とのことですから、興味がある方はいかがでしょうか。また8月5日と9月5日には1階の知の交流コーナーで公開講座もあるみたいですよ。私も久しぶりにレイチェル・カーソンの「沈黙の春」を図書館で借りてみようかなと考えています。本当はこの丸善のコミックの方が良いのですが、道立図書館にだって蔵書してないでしょうね…(笑)



nagata

 その後に紀伊国屋で開催された講演に行きました。

朝日新聞のナレッジスクエアという無料のイベントで、テーマは200万円の道産ロケットとして全国ニュースでも話題となったハイブリッド型のCAMUIでした。北大の工学研究科の長田教授に宇宙やロケットについてわかりやすく解説していただいたのですが、燃焼実験に10回ほど連続して失敗された動画には笑ってしまいましたよ。

次回の打ち上げはえりも岬に近い大樹町で8月4日の早朝に行われるということでしたが、北海道で過ごすのも残りわずかですので、見学に行ってみようかなと心を動かされています。ガソリン代が高いので積丹半島にウニを食べに行くか、オンシーズンの富良野でラベンダー畑を散策するかのどちらかにしようと考えていたのですが、さらに選択肢が増えてしまいました。トイレで1万円入りの封筒を見つけたら3ヶ所とも行くのですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/14(土) 20:24)

 マークエステルとハイブリッドライブラリーの話
enyugakusha

 沖縄では台風みたいですが、晴れてきました。

雨上がりの北大に2日続けて出かけたのですが、それは遠友学舎という無料の市民向けの公開講座みたいなものに参加するためでした。毎回、お題も講師の方も違うのですが、今回はマークエステルというフランス人芸術家についての話でした。クラーク財団にお勤めの女性がひょんなキッカケからマークエステル氏の絵と出会い、日本の神話を題材にした絵を集めた画集を出版する手伝いをするうちに親交を深めていったというエピソードを淡々とお話になったのですが、なかなか興味深いものでした。

マークエステルという人のことは知らなかったのですが、日本語も堪能な親日派のノーブルなおじさんということで、日本の神話をモチーフにした絵を日本各地の神社に奉納していて宮司さんたちの間では超有名人みたいです。またヨーロッパの社交界はもちろんのこと、故岡本太郎氏のような芸術家や加山雄三さんなどの芸能界の人たちとも親しいみたいでした。マークエステル氏のエピソードは楽しめましたが、私は日本の神話にも絵画についても詳しくないせいもあり彼の作品の良さが理解できませんでした。日本橋三越あたりの有閑マダムが好みそうな作風なのですが、おそらくよほどの心境の変化が無ければ好きにならないタイプの絵だと思いますよ。(笑)



hokudaitosyokan

 終了後に北大の図書館北別館に行きました。

出版されたマークエステル氏の画集を北大の図書館に寄贈したら、粋な計らいで2階の入り口付近にコーナーを作ってくれたということだったのです。イタリアで印刷された画集はかなり立派なもので、なかなか見応えがありました。でも日本の神話を題材にしていると知っていなかったら、そのことに気が付くことはなかったことでしょう。

この展示コーナーは入り口のゲートの内側にあるのですが、図書館の方に身分証明書を提示することで一般人も見ることができます。近くの北大博物館ではレイチェル・カーソンの生誕100年記念のパネル展もやっていますので、皆さんもいかがでしょうか。



nttmirai

 その後に急いで道庁の近くの日本生命ビルに行きました。

18時から札幌市立大学のサテライトキャンパスで「創造する図書館の未来像」という講座が開催されるからでしたが、ペダルをフル回転させましたのでギリギリ間に合いました。まず特別事例研究としてNTTの未来ねっと研究所の方が4Kデジタルシネマについてわかりやすく説明されました。4KとはフルHDTVの4倍を超える885万画素(横4096画素・縦2160画素)の高精彩な映像のことで、最近のシネコンに導入されはじめた映像システムなのです。

その後に遅れて到着されたクリエイティブ・コモンズの方が次世代の著作権などについての興味深い話があったのですが、私も以前から考えていたことと似たような内容でしたから、それを表現するアイコンのデザインなどの細かな点をのぞけば共感することができました。私はクリエイティブ・コモンズについても知らなかったのですが、講師の方の丁寧な説明もあってわりとすんなりと理解できました。

またまったく初耳だったのですが、2008年の7月に札幌で約40カ国のコンテンツビジネスの専門家たちが集うiCommonsSummit2008というものが開催されるということでした。6月に洞爺湖で開催されるG8サミットに続いての国際的なイベントなのですが、円安傾向ということも選ばれた理由のひとつかもしれません。特にユーロ圏の人からしてみると札幌の物価はかなり割安感がありそうですからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/13(金) 20:33)

 第16回環境道民会議セミナーに行ってきました
yamanaka

 本日は雨で、最高気温は18度しかありませんでした。

お昼頃には雨も止んだので、いつものように札幌市街地のハズレに自動車を停めて自転車で北大へ行きました。2時から温暖化についての2部構成の環境道民会議セミナーというのがあったのですが、前半の地球環境科学研究院の山中氏の話も、後半の北海道地球温暖化防止活動推進員の岡崎さんのものもそれぞれにわかりやすくて有意義な時間を過ごすことができました。

両人とも「化石燃料を大量消費する飛行機に乗りまくっていながら…」と正直に前置きされてからの講演でしたが、欧米への飛行機以外の移動手段は時間がかかりすぎるので現実的じゃないので仕方が無いことでしょう。ただ演台の上にはガラス製の水差しが用意してありましたので、ペットボトルは持ち込まれない方が良かったかなとは思いましたが…(笑)



hokudaimuseum

 セミナーの後で急いで北大博物館に行きました。

レイチェル・カーソンの生誕100周年記念のパネル展をやってるのを思い出したからなのですが、なんと4時半までだったので間に合いませんでした!最悪でも5時まではやってると予想していたのですが、変な時間に終わってしまうものですね。7時までやってれば仕事帰りのビジネスマンも行くことができると思うのですが、7月20日のカルチャーナイトの日以外は延長されることはないみたいですよ。

まあ展示は9月17日までやってるみたいですし、北大には近いうちに行く予定がありますから問題ないのですが、北大博物館に寄り道したために少し雨に降られてしまいました。本降りになる前には自動車に辿り着くことができたので問題ないのですが、もう10分早ければパーフェクトだったのですが…(笑)



maxvaluhigashikariki

 最後に本日オープンのマックスバリュに寄りました。

275号沿いにホーマックなどと工事が進んでいたのですが、本日はツルハドラッグとマックハウスだけしかオープンしていませんでした。マックスバリュの店舗としてはわりと大きめで、品揃えも悪くなく、お買い得品もそれなりにあったのですが、限定数の目玉商品はすべて完売でしたよ。やはり早朝に出かけるべきだったのかもしれません。

これはコロッケ売り場ですが、イオン系列と知らない人が多いのか、50円という価格のためもあり、かなり売れていたようです。もちろんもうミートホープの偽装牛肉を使った商品は紛れ込んでいないでしょうが、イオンの上層部が廃棄処分しろと命令したコロッケをもったいないからと現場のおじさんが揚げて並べてるかもと想像しちゃうと私は手が出ませんでしたよ。家を出る前に中国の「段ボール入り肉まん」のニュースを見たせいもありますが…

ところで全国ニュースではイチローと参院選ばかりで話題になっていないみたいですが、牛肉偽装に関する告発情報を農水省と道のどちらがほったらかしにしたかという件は「客観的に確認できる資料がなく、これ以上の調査は困難」との結論に達して事実検証は灰色決着で終わったそうです。これまで何日もかけて協議して、最終日には農水省から10人が、道から9人が出席して非公開で約3時間も話合われたそうですが、結局どちらも責任を取らないことにしたみたいです。

私の勝手な推測では農水省の不作為だけど処分されたくないので道庁のせいにしようとしたんじゃないかなと思いますよ。親分の赤城大臣もろくに説明もせずに海外逃亡しちゃいましたし、腐ってるのは社保庁だけじゃないみたいですね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/07/12(木) 20:25)

 運動不足の解消のためもあり、家庭菜園を拡張しました
hatakeencyou

 函館は雨みたいですが、我が家も曇天でした。

半袖では寒いくらいでしたので、本日は家庭菜園を拡張することにしました。北海道とはいえ炎天下で作業するのはキビシイですし、あまり日焼けもしたくないですからね。

東京では毎日自転車で走り回っていましたが、北海道に戻ってからは自動車の生活に戻りましたので、運動不足の解消にも役立つと思って草を刈って3mほど土を起こしました。今の耕作面積でも自分で食べるには充分なのですが、上京する前に撒いておいたのがたくさん芽吹いてしまいましたので拡張する必要に迫られたのですよ。



meathope

 先日のニュースで気になるものがありました。

北海道の子供なら誰でも歌えそうな「サンマルコ体操」のCMでお馴染みのサンマルコのコロッケに、何とあの忌まわしいミートホープ社の偽装牛肉が使われていたということなのです。コロッケはイオンの惣菜用に出荷されていた分に使われていたということで、私が半額セールの時に購入している5個入りで200円ほどの冷凍コロッケには使われていないということみたいです。

サンマルコも被害者みたいですからミートホープに責任を取ってもらいたいものですが、厚顔発言で日本中の顰蹙を買った社長は自己破産することにしたそうですから怒りをぶつける相手がいなくなってしまいます。この苫小牧の会社が近ければ、玄関の前で立ちションでもしてやりたいところですが、高いガソリン代を使ってまでやる気はありません。偽装牛肉の内部告発をほったらかしたのが農水省か道なのか、まだハッキリしていないのですが、もし道の担当者の不作為ということなら道庁の玄関に立ちションしてやろうかな。(笑)



maxopen

 明日オープンするスーパーのCMが気になりました。

けっこう長い間工事していたイオン系列のマックスバリュがついにオープンすることになりましたので、明日の夕方にでも行ってみる予定です。隣にはホームセンターのホーマックも工事していましたが、同時にオープンするのかもしれません。

明日は北大に出かける予定ですが、夕方に立ち寄るとするとローカル情報番組の中継に遭遇するかもしれません。大泉洋の事務所の若手のオクラホマあたりがレポートしてそうだな…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/11(水) 20:23)

 自家製野菜とカッテージチーズのサラダ
cheesesalad

 今日は7月10日で「納豆の日」だそうですね。

北海道には坂田発酵食品という多品種で有名な会社がありまして、夕方のローカルニュースでも特集していました。発酵食品は体に良いのでなるだけ欠かさないようにしていますが、我が家で常備しているのは4カップで68円の茨城県産のおかめ納豆というものですから絵になりませんので、もうひとつの発酵食品であるチーズの料理をアップすることにします。

家庭菜園でも数種類の野菜が収穫できるようになったので、茹でたマカロニと合わせてパスタサラダを作ってみたのですが、仕上げにイオンで半額になっていた雪印のカッテージチーズをたっぷりと乗せてみました。本当は夕焼けの牧草地をバックに撮影したかったのですが、残念ながら石狩方面の雲が邪魔をしてしまいました。まあ味には関係ないのですが、キレイな夕焼けが見れないと損をしたような気分になりますよ。(笑)



haikarasakaba

 これは8日に火事になった中央区の建物です。

北5西14のハイカラ酒場という店でしたが、幸いに怪我人はいなかったそうですよ。建物のすぐ前には消火栓がありましたが、木造家屋は火のまわりが早いですから隣にも延焼しちゃったみたいです。

札幌の中心部にはこのような開拓時代の雰囲気を残す建物が少なくなりましたので、補強して営業を再開してもらいたいものですが、これ幸いに取り壊されて味気ないマンションに変ってしまうのかもですね。時代の流れではあるのでしょうが、そろそろ真剣に文化的価値がある建物は保存することを考えるべきじゃないかなと思いますよ。



newlogo

 先ほどのニュースで気になるロゴがありました。

高橋はるみ知事も主席して、経済産業省中小企業庁の企画に乗った中小企業地域資源活用プログラムというものの新しいロゴの発表があったそうですが、たくさんの矢印を組み合わせた図案でした。

域外市場向け新商品の開発や事業化と地域資源のブランド化の支援を柱に、地域産業発展の核となる新事業を5年間に全国で1000件創出する目標で、北海道では200件の新規事業を興して道外に売ってゆこうというものらしく、それで矢印が外に向いてるのでしょうがわかりにくい感じですよね。もうひとひねりが欲しいものですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/10(火) 20:03)

 道庁で鹿肉ランチを試してみようと考えていたのですが…
doucholumch470yen

 本日は晴れたり曇ったりのさえない1日でした。

午後からの講演会が時計台の近くだったので、以前から試してみようと考えていた鹿肉ランチを目的に道庁に行きました。混雑し始める12時前に到着して、地下の食堂の食券の自動販売機で鹿肉をさがしたのですが見当たりませんでした。少し前のニュースでは毎日数量限定で提供されているということでしたが、売れ行きが悪かったのか、現在では月に数回しか出していないみたいでした。次回は7月24日に鹿肉のカツレツが200食限定で550円で提供されるそうですが、今のところ中心部まで出かける予定はありません。ガソリン代も高いので悩んでしまいますよ。

胃袋は鹿肉モードでしたが、時間も無かったので470円のマス料理にしてみましたが、値段のわりにはまあまあでしたよ。しかし道庁の地下食堂はクールビズのためか、あるいは単に換気が悪いためか、蒸し暑くて不快でした。外気温は25度くらいで爽やかでしたが、地下に大勢が集まると暑くなってしまうのでしょうね。これから本格的な夏を迎えるというのに道庁の皆さんもたいへんですね。



biomass

 午後からの地球環境フォーラムは大盛況でした。

最初の商工会議所のおじさんの挨拶も短めでしたし、農水省の局長の話もわかりやすくて良かったのですが、今回も具体的なアクションの話はほとんどありませんでした。因果関係はハッキリしないものの、北海道では台風18号や佐呂間の竜巻などの温暖化の影響と思われる被害が発生していますが、地元選出の国会議員が温暖化により農作物の収穫量が増えるとか冬場の除雪や暖房費用が安くあがるなどの発言があるくらいに楽観視されているようです。

農水省では「バイオマス・ニッポン」というキーワードでバイオエタノール燃料の普及などを目指しているようですが、おそらく一般的な知名度は低いものでしょう。北海道は1人当たりのエネルギー消費が全国平均よりかなり高いので、来年の洞爺湖サミットまで1年となった今、目に見える効果が期待できる政策を推し進めるべきでしょうが、残念ながらどこからもそのような声は聞こえてきません。

私は洞爺湖サミットのプレスセンターの近くの未利用地を国が購入するか長期に借り上げてバイオマスタウンとして位置付けて道内企業に呼びかけて、世界に向けた環境技術を研究開発して発信するようにすれば良いのではないかなと思いますが。ちなみに現在は全国に97ヶ所のバイオマスタウンが認定してあり、2010年までに300市町村へ広げることを目標としているそうですが、単に量の拡大を目指すのではなく質を高めるためにシンボリックなものがあると良いのではと考えているのですよ。



akagi

 ニュースで見たコレが気になってしまいました。

このブログでは北海道に関したものにするようにしているのですが、あまりにも可笑しかったので取り上げることにしました。渦中の農水大臣なのですが、「政治家は、一本のロウソクたれ」というのをモットーとしているということでした。つまり自分の身を削ってでも周りを明るくするという意味のようですが、悪い冗談みたいですよね。

安倍首相はこのおじさんを「月に800円のために辞任させるのですか!」と擁護したようですが、それなら月に800円くらいなら無銭飲食しても罪にならないということなのかな…?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/09(月) 20:11)

 ロシア産なのに「花咲ガニ」って問題ないのでしょうか?
hanasakigani

 梅雨が無い北海道は素晴らしい日曜でした。

降水確率が限りなくゼロに近い感じでしたから、朝から洗濯したいくらいでしたが、まだ脱衣カゴにはそれほど溜まっていませんでした。いつものようにブログ巡りをして、家庭菜園に水撒きして、図書館で借りてきたガイドブックを見ながら夏のドライブの計画などを考えて午前中を過ごしました。今年の夏はまだ行ったことが無い積丹半島や、オフシーズンにしか行ったことがない富良野などにドライブしてみたいと考えているのです。

この画像は近所のスーパーで見かけたのですが、ロシア産だからなのか2匹で598円(1匹なら299円)とずいぶん安いものでした。花咲ガニって食べたことが無いのですが、ゴツゴツしていて迫力がありますよね。しかし表示を「花咲ガニ」としてあるのは問題ないのでしょうか?たしか根室方面の港町の名物だと思うのですが、紛らわしいのではないかと思いますよ。



yasaisweet
 
 これは「きたキッチン」で見かけた野菜のお菓子です。

6月25日から7月8日までの期間限定商品で、どこかのレストランのシェフが道産の野菜を使ったスイ―ツを数種類作っているということでした。おそらく野菜でお菓子を作るというアイデアは中目黒のポタジェからのものじゃないかなと思うのですが、商品のラインアップはまったく違うものでしたから、オリジナルを追及されたのかもしれません。私は以前にルバーブ入りのケーキをいただいたことがありますが、たしかにそういった野菜ならマッチして美味しいですよね。

ちなみに小さなサイズで480円ほどしましたので、私は購入しませんでしたが残りわずかでしたから好評だったのかもしれません。まあ作った量も少なかったのかもしれませんけどね。〈笑〉



morimanbangumi

 これは昨晩から始まったモリマンの深夜番組です。

「モリマンのこれやり□ in the Loop 」という変なタイトルですが、道内の頑張ってる素人の学生さんをイジるというヌルいものでした。1回目は学祭でジンギスカン丼の出店を準備してる北大の企画サークルの学生さんに密着しでいましたが、早送りしても長く感じてしまいましたよ。薄い内容ながら次週までジンギスカン丼ネタで引っ張るというのに驚きましたが、モリマンの実力もHTBの企画力も無いんだな?と改めて知りましたよ。

いろんなタイプの学生さんにスポットライトを当てるという部分は良いと思うのですが、それを生かせないのって悲しいですよね。道産食材は1流なのに、それを調理する料理人のレベルが低いと言われていたのと構造が似てるのかもしれません。誤解を避けるために書いておきますが、以前に比べると料理人のレベルは高くなってるようです。番組の制作サイドも頑張ってもらいたいものですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/08(日) 20:04)

 札幌郊外の研究所の一般公開に行ってきました
cherry

 北海道はまたしても高原のように爽やかでした。

家庭菜園の世話はやろうと思えばキリが無いのですが飽きてきましたので、気分転換にドライブすることにしました。その前に近所でアスパラガスを作ってるおばあちゃんに東京土産を持っていったら、「さくらんぼでも食べていきなさい」と勧められました。

我が家の家庭菜園の数百倍はありそうな畑の横にあった木にたわわに実っていまして、味もなかなかのものでしたよ。我が家の庭にも実っているのですが、あまりにも高い位置にありますので鳥さん専用となっています。ちょっと悔しいのですが、ハシゴや高枝切りハサミなどを用意するほどのものじゃないのでガマンしています。



kanchi

 まずは寒地土木研究所というのに行ってきました。

本州とは冬の厳しさが違う北海道ならではの土木技術を研究・開発している所で、豊平区にしては広めの敷地に管理棟と4つの実験棟がゆったりと配置されていました。私は2年前の一般公開と今年の桜見物に足を踏み入れていましたので、今回が3回目でした。展示は変わり映えがしないものばかりでしたが、それなりに新しい発見もありましたので満足でした。

受け付けでいただいた引換券を使ってキンキンに冷やしてあった飲み物もいただきましたので悪口を言うつもりは無いのですが、この独立行政法人はすでに使命を終えているんじゃないかなと思いましたよ。もう基礎的な研究は終えているでしょうし、展示を見ていて筑波あたりの似たような土木研究所に統合しちゃっても良いのではと考えてしまいましたが、この場所で続ける意味があるのでしょうかねぇ?この研究所の立地は地下鉄の駅や豊平川に近いので、跡地にマンションでも建てれば人気となるでしょう。



hokunouken

 その後に北海道農業研究センターに行きました。

札幌ドームと観光名所の羊が丘展望台の間の広大な敷地に研究棟や農業施設などが点在するという贅沢な施設で、その規模の大きさは道民生活4年の私を驚かすには充分なものでした。我が家の家庭菜園の数万倍はありそうな畑には実験的にいろんな条件で様々な種類の野菜がゆったりと栽培されていまして、その地道な研究により「おぼろづき」などの北海道米が開発されたそうですよ。通常の米より胚芽が大きな「北海299号」というのを試食させてもらいましたが、なかなか美味しかったですよ。

この3色のジャガイモも北農研で開発されたもののようですが、栄養価も高くて見た目にも面白いので人気となりそうですよ。このジャガイモはポテトチップスなどの加工品も含めて何度かいただいているのですが、自分でも育ててみたい品種です。種芋が市販されるようになるのはもう少し先になるようですが。

食料の自給率が低い日本ではこのような研究施設をフル回転させて収穫量が多くて美味しい品種をどんどん開発すべきだと思うのですが、札幌市内に無くても良いのではないかなと思いました。由仁町や栗山町あたりに移転させて、跡地に札幌ドームの手前でストップしている地下鉄を延伸させて副都心でも作ったら良いんじゃないかなと思いましたよ。道庁や市役所などを移転させてしまえば札幌の慢性的な渋滞も少しは解消するんじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/07(土) 19:57)

 オーロラタウンで開催中の「Fight!ゆうばりフェア」
yubarifair

 昨晩は久しぶりに雨がしとしと降っていました。

しかし午前中の早い時間に晴れてきましたので、20度以下という予想ははずれて24度くらいまで気温が上昇したそうですよ。札幌は大都市のわりには空気がキレイですが、雨が空気中の細かなゴミを洗い流してくれたようで高原のようでした。

特に興味があったわけでも無いのですが、今朝のニュースで地下街のオーロラタウンで夕張の映画祭に関する展示があるということでしたので銀行のついでに立ち寄ってみました。財政破綻の町に関するものですから期待してたわけじゃないのですが、それでも面白みがなくてガッカリさせられましたよ。単に過去の映画祭のポスターなどを並べてあっただけで、学祭レベルだったのです。

夕張の映画祭は財政難で中止になると言われていましたが、なんとか支援を受けることができるようになって2008年の3月19日から開催されることになったそうですが、関係者の皆さんにはもっと頑張っていただきたいものだと思いました。人口が少ない夕張じゃこのようなイベントや来年の映画祭のためのボランティアを集めるのもたいへんでしょうから、mixiなどを活用して札幌圏の学生さんなどを組織化するのが良いんじゃないでしょうか。また余計なことかもしれませんが、来年は7月に洞爺湖でサミットがありますから、特別にその前後に映画祭をぶつけるというのでも良かったんじゃないでしょうか。世界中からメディアが集まりますので、それなりに知名度をアップして、その後の観光収入を増やすチャンスだと思うのですが…


 
itohideko

 大通公園で今年初めて選挙カーを見かけました。

去年は同じ場所で民主党の逢坂候補が演説しているのを見かけましたが、今日は伊藤秀子さんがまばらな通行人に向かって熱弁を振るっていらっしゃいましたよ。

今回の選挙は腐りきってる自民が大敗すれば良いと願っていますが、民主が伸びても嫌いな小沢が喜ぶことになりますので困ったものですよ。まあ私はかなり前から日本の政治には絶望していますので、どのような結果になろうが構わないのですけどね。(笑)



play

 札幌市役所の前でこんな大型バスを見かけました。

表参道などでよく見かけるエイベックスのPR用のラッピングバスですが、わざわざ札幌まで運んできたようですね。目立ちますから宣伝効果があることは理解できるのですが、地球温暖化の対策が必要な時代に化石燃料を大量に浪費することは安室新曲のPRにとって逆効果になるんじゃないでしょうか。

明日は東京と京都でLIVE EARTHという環境問題を訴える音楽イベントがありますが、若年層に影響力が大きい音楽産業は真剣に取り組むべきだと思いますよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/06(金) 20:13)

 大きくなりすぎたズッキーニの初収穫
greengiant

 今日の札幌の最高気温は22度くらいでした。

今晩は待望の雨が降るかもということでしたし、明日はさらに下がって19度という予想でした。涼しいのは有難いのですが、家庭菜園のトマトが熟すためにはもう少し高めの気温が欲しいものですよ。トマトはスーパーの野菜売り場で安売りしていてもガマンしているのですが、熟すのが待ち遠しいものですよ。

それとは逆にズッキーニは留守中に大きく育ち過ぎていました。こんな姿になってしまいますと食欲が失せてしまうので困ってしまいます。ズッキーニはフライにしてタルタルソースで食べたいのですが、フライにするとますます量が増えてしまいますので消費することができません。トマトが熟してれば夏野菜のスープに使うのですが…



toyosuisan85yen

 スーパーで変った魚肉ソーセージがありました。

「北海道産ほっけすり身100パーセント使用」とありましたし、値段も高く無かったので試してみようと購入してみたのですが、味は期待したほどじゃありませんでした。もちろん普通のものに比べて遜色は無いのですが、何事も期待し過ぎちゃダメってことですね。マルちゃんの名誉のために書いておきますが、ビニールの包装にもくっつかない食べやすい食品ですから、ロングドライブや登山などに向いてると思いますよ。

しかしほっけは煮付けにするのがいちばん美味しいと思いますよ。東京に住んでいる頃には焼いたものしか食べたことが無かったのですが、こちらに住み始めてフライや煮付けにすることを知りました。ほっけについて書いていたら食べたくなってしまいました。明日は気温も低いみたいですから作ってみようかな…



posfulshacyou

 今朝のニュースで大型店の進出の話がありました。

旭川から北に60kmほど走った所にある名寄市という小さな町にイオンの傘下になったポスフールが大型店を計画中なのですが、地元の反対があり高橋はるみ知事が「充分に話し合うように…」と説明に来た社長に話したそうなのです。名寄の個人商店は旭川にイオンが進出した時も影響を受けたのでしょうが、近くにオープンしたらたまらないと考えるのは理解できますよ。しかし時代の流れには逆らうことは無理なんじゃないかなと私は思いますよ。

知事も地方を重要視してるポーズを見せるために頑張っているのでしょうが、やるべき課題は山積みでしょうから時間は有効に使うべきなんじゃないでしょうか。ちなみにミートホープの件じゃ道民のひとりとして恥ずかしい思いをしたのですが、内部告発の情報を道庁側が放置したということだったらますます恥ずかしくなりますよ。また食肉業界の作業場を道の職員が「抜き打ち検査」をしたそうですが、こっそり検査日程を教えた上での検査なら道民なんて辞めたくなります。知事を含めて税金で給料を貰ってる人たちにはちゃんと仕事をしてほしいものですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/05(木) 19:47)

 野菜たちの成長は嬉しいものですが…
kusakari

 九州では大雨みたいですが、また晴れでした。

梅雨が無い北海道は晴天が続いていたみたいですが、家庭菜園の野菜たちは枯れることもなく無事に成長してくれました。しかし留守にした2週間の間に雑草も野菜に負けじとぐんぐんと成長していましたので、それをダイソーで購入したカマで刈り取ったのですが、この手押し車に7台分くらい頑張りましたので疲れてしまいました。

でも最高気温は25度くらいでしたので爽やかな作業でしたよ。夕方には長袖を着なきゃならないくらいでしたので草刈り自体は問題ないのですが、やぶ蚊が飛び回るシーズンとなったのが難点ですよ。



sanmanomarine100

 スーパーでサンマのマリネというのがありました。

北海道に引っ越してきてサンマを焼かないでも食べるようになりましたが、今年も安く出回るようになったらたくさん食べたいと考えています。新鮮なサンマが50円ほどになったら5匹くらい買ってきて、1匹を刺身でいただいて、さらに1匹は塩焼きに、そして残りはマリネに加工してチビチビといただきたいと考えています。

この商品は2匹分で100円ですのでお買い得な感じはするのですが、この季節の加工品はあまり期待できないかなと思って購入はしませんでした。やはり多少の手間はかかっても、旬の時期にくちばしが黄色いヤツを選んで自作したいですからね。



furanojuku

 先ほどのニュースで環境フォーラムの話がありました。

脚本家の倉本聡さんが主催する富良野自然塾が開催した初めての地球温暖化に関する企業向けのフォーラムだったそうですが、たった18社しか参加しなかったということでした。富良野での開催だったからかもしれませんが、それにしても少なすぎますよね。今のところ北海道は地球温暖化の悪影響が少ないのですが、数年後に「こんなことになるとは…」ということになるのでしょうから、北海道の企業ももっと真剣に取り組むべきだと思いますよ。

富良野塾の演劇には興味が無いのですが、倉本聡さんが取り組む環境問題の啓蒙施設などは何かの機会に見てみたいと考えています。そういえばもうすぐヘソ祭りというのがありますが、一度くらいはそれも含めて見に行ってみようかな。観光シーズンのラベンダー畑もまだ一度も見たことがありませんし…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/04(水) 20:53)

 気になっていた我が家の家庭菜園の野菜たちは…
roll2007

 昨晩は久しぶりに羽ぶとんで安眠できました。

東京では寝苦しい熱帯夜もあったのですが、さすがに北海道は7月でも夜は20度以下ですから気持ちが良いものですよ。早朝に久しぶりに隣の牧草地の様子を見に行ってみましたら2週間前よりもかなり牧草が成長していましたよ。

このロールを作っている時に私は千歳空港に向かったのですが、その時には一面が刈り取られた枯草色の状態でしたからね。やはりこの景色を見ると気持ちがホッとしますよ。



egoma2007

 家庭菜園はさほど問題はありませんでした。

東京の天気予報で見ていると北海道は雨が少なかったようでしたから心配していたのですが、野菜たちはすくすくと成長していてくれました。気温がまだ足りないせいか、すぐに食べることができるのはラディシュや京菜くらいのものですが、そのうちにトマトや枝豆なども飽きるほど食べることができそうですよ。

少しばかり驚いたのが出かける前に撒いたエゴマの種が一斉に芽吹いていたことでした。出発前でバタバタしていましたし、どうせ発芽率が悪いだろうと思って適当に撒いたらこんなに密集して育ってしまいました。今日は洗濯と草刈りをして1日が終わってしまいましたが、明日にでも丁寧に植え替えてやるつもりですよ。



hatsugaritsu

 その逆にこちらは発芽率が半分ほどでした。

やはり出発前にひとつのポットにひとつの種を埋めてたっぷりと水を与えて出かけたのですが、晴天が続いて水分が足りなかったようで芽吹かなかったものがたくさんありました。路地のものは夜露などで水分補給ができたみたいですが、このようなポットは出かける前に何か工夫をしていかないと無理だったみたいですよ。

まあ既に我が家の家庭菜園は飽和状態ですから、まったく問題ないのですけどね。今後もラディシュや枝豆などは様子を見ながら追加して行く予定ですが、世話する手間が大変になりますのでこれ以上は増やすつもりはありませんよ。自分で消費する分なら現在の半分ほどで充分なくらいですからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2007/07/03(火) 20:07)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア