新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 簡単なはずだったカーメンテナンス
kantanmente

 本日の北海道は素晴らしい秋晴れでした。

それでディスクブレーキのパッド交換にチャレンジしたのですが、発注したものが前輪のものだったようで、後輪には適合しませんでした。せっかく準備したのに残念ですが、徒労に終わりました。

実はこの文章は先ほど書いたものを思い出しながら再び書きました。間違えて文章の保存に失敗したのです。今日はツイてないみたいので、ネタは用意したのですがもうやめておきます。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/30(日) 20:43)

 バ?ジ?ルの花が?咲いて?い?る♪
bajirunohana

 早朝は雨でしたが、昼前に晴れてくれました。

ようやく全国的に秋に突入したようですが、我が家の家庭菜園はついに最終段階でして、バジルにも小さな花が咲いていました。これとミントは鉢に植えていますので、霜が降りる季節になったら室内に避難させることもできるのですが、引越し先に持ってゆくことは非現実ですから知人宅に差し上げようかなと考えています。サラダやパスタなどに数枚使うと本格的な仕上がりになりますが、今年がいちばん良く成長してくれましたので、ずいぶんと活躍してくれたのですよ。

この花から来年のための種が取れるかは不明ですが、北海道を出る時に採種できそうだったら封筒に入れていこうかなと考えています。サカタのタネみたいな会社の苗なら種が取れない品種改良したものかもですが、バジルとミントは八紘学園で購入したものですから大丈夫かもしれません。まだどこの土地に撒くことになるかは決まっていないのですが、少なくとも次回は12月まで霜が降りない地域にすることは確実ですよ。(笑)



kuucyukabocha

 カボチャの種も移転先に持ってゆく予定です。

カボチャの種はキレイに洗って薪ストーブの上で炒って中身を食べているのですが、30個ほど残しておくことにします。土が変れば味も変わってしまうかもですが、手入れをしなくても勝手に育ってくれますので、移転先でも頑張って子孫を残してもらおうと考えているのです。

この画像は知らない間に垂れ下がっていた木の枝に絡み付いて空中で育っていたものなのですが、カボチャって引力に引っ張られると形が変るということを発見して笑ってしまいましたよ。無重量の宇宙ステーションで育てたらどうなるのかなと考えてしまいましたが、引力に引っ張られないということは普通の形になるのかな…?(笑)



yamaguchitomoko

 アイヌ関連のイベントで面白そうなのがありました。

ドラマに出てる頃は別になんとも思わなかった山口智子さんですが、彼女のチリについて書いた「手紙の行方」という本を読んでから只者じゃないと思ったのです。最近もベルメゾンの「山笑う」という自然派のブランドの企画にも携わっていらっしゃるみたいですし、テレビ北海道で9月23日に放送された「手わざの細道」という番組も彼女が楽しそうにナビゲーションしていて実に興味深いものだったのです。

今度の10月27日のアイヌ文化フェスティバルは山口智子さんと映像作家の外人さんとの対談がメインのようですが、世界を旅してる二人が北海道を、そして先住民文化を見てどのような切り口で発言なさるのか楽しみですよ。しかし開催時期があまりにも遅いので私は無理なのです。生で山口智子さんを見る機会は残念ながらしばらく無さそうですよ。どなたか興味がある方は申し込んでみてください。そしてネットに感想をアップしてみてくださ?い。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

4平方米の食糧生産 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/29(土) 20:09)

 満月から続いてたおでんナイト
odennight

 午後から晴れてきましたが、雨が多いのです。

今日も関東は真夏日らしいですが、北海道は朝晩は冷え込むようになってきていまして我が家では薪ストーブを使っています。まだ厚着をすれば暖房は要らないくらいですが、溜まってる紙の資料を処分するためもありまして煮込み料理と一石二鳥と考えてたのです。札幌でも市長選で現職が再選されたことからゴミの有料化が決まりそうですが、少しでも出す量は減らしたいということもありまして、燃えるものは燃料に使い、生ゴミはコンポストに入れています。

満月の頃からおでん種を追加しながら食べていたのですが、ようやく昨晩で完食しました。最近は大根も玉子も蒟蒻も安かったのですが、これから冬に向かうと高くなるのでしょうね。雪の季節となれば地元で採れなくなるというのもありますし、原油高が続くようですからハウス栽培や本州からの輸送代などにも影響するでしょうからね。



alterna4

 午後にオルタナの第4号が郵便で届きました。

定価は350円となっていますが、ネットで申し込めば無料で届けてくれる環境がテーマの薄い隔月の雑誌なのですが、登録者が増えてきたので10月15日で締め切るということです。広告収入だけで印刷代と送料をまかなうのはたいへんだろうなと思っていたのですが、やはり厳しかったようですね。紙面から真面目さが伝わってきますので、ネットで個人情報を入れて申し込んでも大丈夫なんじゃないかなと思いますので、環境問題に興味がある方は申し込まれてみてはいかがでしょうか。私は「脳内メーカー」みたいな怪しげなサイトに本名を入力するのはイヤですが、オルタナ編集部なら名簿を流出させたり、他の用途に悪用させたりしないんじゃないかなって思いますが。

一緒に撮影した本は図書館で借りた「不都合な真実」の入門編で、中学生レベルでも理解できるように工夫がしてあるものでした。でも内容に目新しいものは無く、1200円もしますからオススメはできませんが、図書館で見かけたら借りてみられても損はないと思いますよ。



sorapuchi

 これは明日の夕方にHTBで放送されるドラマです。

滝川に実在するという「そらぷちキッズキャンプ」という難病の子供たちの施設を取り上げたものということで、先ほどの夕方の番組に来札した布川敏和(元シブがき隊のフックン)が出て撮影中のエピソードなどを話していました。医者の役をやるというのでミスキャストだと思っていたのですが、なにやら難病の子供を育てたことを綴った本が目に止まってオファーがあったということでした。

一応録画予約してみましたが、最初の5分くらいを見てみて面白くなりそうになければ消去しちゃうつもりです。最近はHD録画するのが主流派になりつつあるでしょうが、私のように導入部分がもったいぶっていたり間延びしているのは我慢できないタイプの人も多いでしょうから、ドラマの製作現場も変わってきているのでしょうね。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/28(金) 20:21)

 刺身用の甘エビで作ってみた生春巻
namaharumaki2007

 本日は曇りのち雨でさえない1日でした。

お昼に昨晩に刺身でいただいた甘エビが残っていましたので、久しぶりに生春巻を作ってみました。生春巻の皮が食品庫に余っていましたので、使い切るためでもあったのですが、冷蔵庫にモヤシがなかったので困ってしまいました。10円ほどのモヤシのために自動車で買いに行くのも面倒でしたので、何か代用になるものがないか探していたらホワイトアスパラガスの缶詰が目に付きました。

それをモヤシに似せてスティック状にスライスしてサラダ用の葉などと一緒に巻いてみたのですが、食感はまるで違いましたが悪くなかったですよ。最初は普通にタイ製のナンプラーをかけてみたのですが、最後の1個はマヨネーズと少しだけ粒マスタードを加えて試してみたのですが、なかなか良い組み合わせでしたよ。熟したアボカドがあれば、もっと良かったかなと思いました。



yubarichikamaisetsu

 夕方に図書館で見た新聞記事が面白かったですよ。

財政再建中の夕張の炭鉱跡に温室効果ガスを閉じ込める実験に成功したというものでしたが、地元だけでなく北海道にとっても良いニュースとなるかもしれません。地震国の日本では解決すべき問題が多いのでしょうが、使われることがない炭鉱跡を有効利用できて、地球温暖化対策になるということなら朗報になるはずなのです。外国から排出権を買うのとの価格差などが問題となるかもですが、それも誰かがコストダウンなどの方法を考え出してくれるかもしれません。

来年は洞爺湖でサミットがありますが、ヨーロッパの来訪者の皆さんには炭鉱などの産業遺産はウケが良いでしょうから、それらと環境対策を組み合わせたような期間限定のパビリオンみたいなものを作ると良いんじゃないかなと思いますよ。サミットの1ヶ月前くらいから内外の芸術家を招いて、夕張の産業遺産を見て思いついた芸術作品を制作してもらうなんてのも面白いでしょうね。洞爺湖と夕張はそれほど遠くないので、悪くないアイデアだと思うのですけどね。



fcfair

 新聞に明日だけのイベントの広告がありました。

起業や独立といったフランチャイズビジネス関係のものということですが、金曜だけなんて珍しいですよね。起業したい人のためなら日曜や祝日にやるべきじゃないかなと思うのですが、ウィークデイを選んだのは何か特別な理由があるのかもしれません。

最近いろんな会社で起用されているのが目に付くのですが、この広告にも羊が丘にある有名なクラーク像が使ってありました。おそらく遺族の目に触れないだろうと勝手に使ってるのでしょうが、きっと遺族の方は不本意でしょうね。特にゼロから起業するようなタイプじゃなく、レールの上に乗っかるようなフランチャイズに加盟するような人と「開拓者精神」は正反対ですからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/27(木) 20:01)

 収穫の秋なのに季節外れのゴーヤ発見!
minigoya

 北海道は昨日の夕方から晴れてきました。

それで中秋の名月も見ることができましたし、新蕎麦などいろいろと初収穫の話題が続く時期なのです。我が家の家庭菜園も地下で育つもの以外は終わりに近いのですが、わざと時間差で植えたトマトや枝豆などが細々と残っているといった感じです。

ゴーヤは市販の半分にも満たないプチサイズのものが1本だけ収穫できただけで終わりだと思っていたら、先ほどマクロで撮影しなきゃならないほどのウルトラミニサイズのものが成長してきているのを発見しました。もうそろそろ我が家の周辺の最低気温も1桁になるでしょうから、このゴーヤの赤ちゃんが育つことは周囲をビニールハウスみたいに覆わないと無理でしょう。よく探してみたら、似たようなサイズのものがもう1本見つかりましたが、そんなウルトラミニサイズのゴーヤを美味しくいただく方法はないでしょうか?(笑)



kurumisyukaku

 今年も裏庭のクルミは大量に採取できました。

小さなバケツに2杯分あったのですが、まだ頭上の木の枝にはかなり残っていますのでトータルでは3杯分くらいになりそうです。これをしばらく水に漬けておいて、皮がふやけてきたら地面に置いて足で踏みつけて中のクルミを取り出します。それをクルミ割り機みたいなもので割れば中身を取り出すことができるわけですが、それも面倒ですので我が家ではクルミは市販品を買っていまして、採取したものは観賞用にしています。

この画像の左側には美味しそうなキノコも写っていますが、さすがに恐いので一度も試したことがありません。よく札幌地下街などでキノコの鑑定会みたいなものが開催されているのですが、市販品も安いのでわざわざ持っていくことはありませんでした。知識を深めるためには出かけていって勉強すべきなのでしょうが、中途半端にやるとますます危険な感じですからやめておきます。



ringonamiki

 ローカルニュースでも秋の収穫の話題がありました。

札幌には未完成ながら環7みたいな環状道路があるのですが、その中央分離帯の緑地にはリンゴ並木がありまして、毎年この時期になると立派に実をつけるのです。長野などの町中にもリンゴ並木がありますが、100万以上の大都市では珍しいんじゃないでしょうか。

私は台風18号が北大のポプラ並木をなぎ倒していった年に、このリンゴ並木の横を通過していて「ご自由にお持ちください」と置いてあったリンゴを貰っていったことがあります。今年は何も被害が無かったことから、無事に自然を愛する近所のNPOなどにより収穫されたようです。本州では台風や大雨などの自然災害の影響を受けたところがあったみたいですが、北海道はいろんなものが豊作みたいですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/09/26(水) 19:29)

 久しぶりの雷雨と初雪の報せ
ameagari2007

 今朝は近くで落雷があってビックリしました。

用心してPCの電源を落とそうかなと考えていたら晴れてきたので、今晩の中秋の名月も見ることができるかなと思ったのですが、次から次と雲が流れ込んできていましたので、どうも期待薄みたいですよ。しかし今晩から雲は切れるみたいですし、明日と明後日の方が満月に近いという話ですから暦にこだわる必要はないのですけどね。

昨晩遅くから雨でしたので、平地の冷え込みはたいしたことがなかったのですが、さすがに山頂では雪に変ったようでした。平年より1日だけ遅いということでしたので、ここでは地球温暖化の影響は出てきていなかったようです。真っ赤に紅葉した山に白いものが覆いかぶさるような北海道らしい独特の光景は一度は肉眼で見てみたいと考えていたのですが、ついに機会がありませんでした。ガソリンは高いですし、寒い中を歩き回るのも苦手ですからね。(笑)



morimotoCM

 中秋の名月ということで、こんな広告もありました。

いつも立ち寄るイオンの苗穂店にも店を出しているモリモトの新聞広告ですが、どら焼きを月に見立てている基本に忠実な昭和チックなデザインのものでした。白い恋人の石屋製菓がまだ休んでいるので多少は売上が上がってるんじゃないかなと思うのですが、タイプが違うのであまり変らないかもです。

先日もモリモトの苗穂店の売り場をチェックしてみたのですが、これらの商品にはあまりスペースが割かれていないみたいでした。モールの客層は若いので、和風のものよりハローウィンの方がウケるのかもしれませんね。ジャスコのレジの近くには早くもズラリとカボチャのディスプレイが飾られていましたし。



masuzoe

 組閣が進んでいますが、この人も再任されそうです。

世襲議員じゃないけど嫌いなタイプの人で、なぜあれほど人気があるのか私には不思議ですよ。仕事はできるのかもですが、私は人間性が見た目通りに「ねずみ男」的なので好きになれないのです。今朝も安倍元首相が総裁選が終わってからのこのこ出てきたことについて擁護するようなコメントをしていたのですが、大臣の座がよほどお好きなようですね。(笑)

安倍元首相が「安倍っちゃう」前に、あるテレビの番組で同じスタジオに居ながら民主党の長沼氏との対決から逃げた情けない男ですが、安倍元首相のおかげで10日ほど時間を稼ぐことができましたので、秘書や官僚に理論武装のレポートを書かせたんじゃないでしょうか。近いうちに長沼氏と国会でやりあうことになると思いますが、馬脚を現しそうですから楽しみですよ。



uwasanoshinsou

 引越しで荷物整理してたら面白いのがありました。

廃刊になった「噂の真相」の2003年6月号の記事なのですが、小泉政権下の幹事長時代の元気があった頃のものでした。地元の韓国系パチンコ業者との怪しい関係を記事にしたら東京地裁に訴えてきたというような内容でしたが、その背景や結果などはどうだったか、私は記憶にありません。「終わった」政治家ですから、もうあまり興味は無いのですが、モラルが低下して今後も「安倍っちゃう」政治家などが増えるんじゃないかなと心配ですよ。

本当に体調が悪いのであれば代理を立てて入院すれば良かったのでしょうが、急に「安倍っちゃう」ものですから財政難だというのに30億円以上も無駄にしちゃったみたいですよね。それなのに政治家は続けたいということですから、厚かましいヤツですよね。私は幹事長時代からそんな男だと思っていたから関係ないのですが、年金を貰えそうにない若い世代に与える悪影響を考えると逮捕してもらいたいくらいです。急に「安倍っちゃう」ことにしたのも「お告げ」があったからという噂もありますが、本当にそれが真実なら死刑にしてもらいたいくらいですよ。コンビニの電源から無断で携帯に1円分くらい充電したら起訴されたって話がありましたから、神のお告げで30億も損失を与えたら死刑でも良いんじゃないでしょうか!(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/25(火) 20:33)

 連休最終日にイベントをハシゴしてきました
ramenmatsuri2007

 北海道の最低気温はついに氷点下に突入しました。

札幌の最低気温あ10.2度でなんとか2桁だったのですが、幌加内町の朱鞠内湖ではマイナス0.2度だったそうですよ。しかし昼間は爽やかな秋晴れで22.2度と最高の気温でしたので、午後からいくつかのイベントをハシゴしてきました。

まずはさとらんどで開催されていたラーメンまつり2007に行ってみたのですが、最終日のランチタイムということで混雑していました。私は北海道のラーメンは何度か試したことがあるのですが、途中で飽きてしまうことが多いのです。700円という値段設定もいかがなものかと思いますし、行列に並んでまではと思いますので止めておきました。いくつかの店の味を試すことができるように半分の量のものが250円だったら食べてみても良かったのですけどね。



okadahiroshikouen

 その後にエルプラザで開催されたフォーラムに行きました。

日本自然災害学界が主催した「災害の教訓は活かされているか」というタイトルのものでしたが、時間が無かったので南西沖地震や有珠山噴火についての基調講演だけを聴いてきました。つい最近もジオウィークで北大の岡田教授の話を聴いたばかりでしたが、今日もすごく面白い話でためになりました。

近いうちに函館に向かう途中で洞爺湖の近くを通る予定ですから、噴火で被災したエリアも再訪してみようと考えていますが、おそらく多少の知識が増えた分だけ楽しむことができそうです。残念なのはついに津波に襲われた奥尻には行くことができなかったのですが、離島への渡航費用は安くもないので仕方ないですよ。礼文島と共に老後の楽しみに取っておきますよ。(笑)



doubutsuaigo

 フォーラムを切り上げて郊外のスキー場へ行きました。

年に一度の動物愛護フェスティバルというのが16時までだったからなのですが、私は猫以外の動物にはさほど興味がなく、ばんけいスキー場がどんな感じなのか見てみたいと思っていたのです。天気にも恵まれて多くの犬を連れたファミリーで賑わっていたのですが、特に面白いものではありませんでした。これは今年の2月に開催されたノルディックスキーのキャラクターじゃないかなと思うのですが、なぜか会場をウロウロしていました。

この後で宮の森と大倉山のシャンツェをハシゴして、宮の森美術館でヤノベケンジの展示を見て、いつものイオンで買い物して帰宅したのですが、なかなか充実した1日でしたよ。明日は天気が崩れるみたいですから、タイミングはバッチリでした。ただ中秋の名月を見ることができるかは微妙ですけどね。皆既月食は見ることができましたが、はたして幸運は続いてくれるでしょうか…?〈笑〉


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/24(月) 20:26)

 手稲の山に沈みゆく夕陽と日本の行方
20070923yuyake

 本日は先日に続いて素晴らしい天気でした。

先週の季節外れの真夏日が異常で、今日のような天気が当たり前なのですが、昨晩は初めて薪ストーブに火を入れてしまいました。まだたいして冷え込みは厳しくなかったのですが、北大の帰りに198円で堀川のおでん袋が安売りしていましたので、それを煮込むためと不要な紙などを燃やすためでした。4年間の北海道の生活で溜まってしまった資料などを処分したのですが、ついつい読みかえしたりするので時間がかかるのです。

総裁選が終了してから少しイモを掘って散歩に出かけてみたら、手稲方面にきれいな夕陽が沈むところを目撃しました。時計を見たら5時半くらいでしたから、早くなったものだなと思いました。沈みゆく夕陽をしばらく眺めながら日本の将来について考えてしまいましたよ。



fukudanaikaku

 先ほどテレビ朝日で珍しいフライングがありました。

投票が終わったばかりの時点で用意されていた新総理誕生のテロップが流れてしまったのですが、誰もがそう思っていたでしょうからクレームは少ないんじゃないでしょうか。昼過ぎにネットの番組表で25日の予約をしていたら似たようなフライングを見かけました。日本テレビ系列のSTVの「NEWS ZERO」の内容が「福田内閣また組閣で…顔ぶれは残るのはいったい誰?派閥配慮かそれとも…」というのがあったのですが、ちょっと気が早すぎるんじゃないかと思いましたよ。

私は世襲議員が大嫌いなもので、今回の総裁選はまるで興味がなかったのですが、ついつい古い体質のおじさんたちが万歳するまで見てしまいました。今度の犬顔のおじさんはブッシュのように親子で最高権力の座に着いたということですが、イヤな傾向ですよね。私は幹事長の時代の鼻につく受け答えが嫌いだったのですが、これでまたしばらくはテレビでのらりくらりとした答弁を聞かされるとなるはずですから気が重いですよ。早く解散総選挙になってくれることを祈るばかりですが、仮に民主が勝ったとしても大嫌いな小沢が笑うことになると思うとうんざりですよ。(笑)



fukudahatsugen

 新内閣の最大の課題はテロ対策特別法ということです。

テロ特措法については以前にも書きましたが、最近の各社の世論調査で容認派が増えているというのを見て少しばかり驚いています。「テロとの戦い」という名目で米軍に給油された燃料がイラクの空爆に使われた可能性が高いという報道があるのに、その真偽が確認されない段階で賛成する人がいるのが不思議なのです。自分の口に入る輸入牛肉なら全頭検査して安全が確認されなきゃダメでも、イラクの空爆で死ぬ罪も無い民間人がいても構わないというタイプの人たちなのかなって考えちゃいますよ。

昨年の安倍首相誕生の時に支持してた7割の日本人が「国連が感謝してくれるなら…」なんて考えるのかもしれませんが、我々の貴重な税金をまともなことに使うように考えを変えてほしいと思いますよ。イラクでは米軍の誤爆により民間人の死者が出てるわけですから、核を搭載していないはずの空母が国内の港に寄航するのとはレベルが違う話ですからね。「テロとの戦い」という言葉に騙されることが遠い国で不幸な戦争孤児を生み、さらには怒りの連鎖の芽を育ててしまうことを考えてみてほしいものですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/23(日) 20:14)

 2003年に札幌で発見されたカイギュウという生き物
sapporokaigyu

 本日はいつもの爽やかな北海道の秋に戻りました。

いつももように町外れに自動車を置き、自転車に乗り換えて北大博物館で開催された市民セミナーに出かけたのですが、本日のテーマはサッポロカイギュウについてでした。以前にカルチャーナイトの頃に札幌市役所でサッポロカイギュウの骨格模型の展示を見たことがありますが、その時はパネルの説明だけだったのでピンと来なかったのですが、今回は札幌市博物館活動センターの古沢氏の詳しい説明がありましたのでわかりやすかったですよ。

先週UHBで放送された「環境野朗Dチーム」でも17世紀にベーリング海で細々と生息していたカイギュウが人間の乱獲により絶滅させられたということをやっていましたが、そのきっかけとなったのがピョートル1世の命令で探検に出かけたベーリングが率いる調査隊の船がカイギュウが棲む海で難破したことだったというエピソードには驚かされました。サッポロカイギュウ生きていたのは札幌の中心地が海だった大昔の話なのですが、それと近い種のステラーカイギュウが最近まで生き延びていたみたいなのです。お仲間のマナティやジュゴンも絶滅危惧種なのでしょうが、これ以上は人間は愚行を重ねちゃダメですよね。来年の洞爺湖サミットは環境がテーマですが、モチーフにサッポロカイギュウを上手く使って環境に関する啓蒙活動に役立たせることを考えるべきなんじゃないかなと思いましたよ。



keitekiryokouenkai

 市民セミナーの後で急いでクラーク会館に移動しました。

私にはまったく関係ないことですが、北大の恵迪寮という建物ができて100年ということで恵迪百年記念祭というのをやっていて、「新渡戸稲造を育てた札幌農学校」というタイトルで講演会があったからです。市民セミナーとダブってましたので前半は聞き逃してしまいましたが、ポプラ並木の講演会の時にクラーク博士や初期の札幌農学校の様子についてはある程度聞いていましたし、開拓の村に移築した恵迪寮も見たばかりでしたのでタイミングは良かったのです。

面白いと思ったのは自由を尊ぶニューイングランドの気風が初期の札幌農学校には満ちていて、それは恵迪寮での共同生活が育んだということでしたが、そういった反骨精神的なものが政府に嫌われ予算削減などでスポイルされてしまったということでした。北海道に引っ越してきてクラーク博士直伝の開拓者精神的なものが見当たらないなと思っていたら、北大が従順な官僚製造工場と化していたというのが理由のひとつだったということみたいですよ。(笑)



miyakozoyayoi

 その講演会のすぐ後に寮歌の合唱がありました。

クラーク像がある中央ローンという小川がある公園みたいな場所でお揃いのハッピを着たOBの皆さんが肩を組んで「都ぞ弥生の?…」と合唱されていたのですが、なかなか微笑ましい光景でした。講演会でいただいた百年記念祭のパンフレットには「1万人で歌う都ぞ弥生」とありましたが、集まったのは500人ほどだったと思います。まあそれでも寮の記念祭に全国から集まるなんてスゴい話ですけどね。

その合唱はすぐに飽きてしまいましたので、午前中に除幕式があったという「都ぞ弥生」の歌碑を見に行ったのですが、かつての恵迪寮があった場所を示す記念碑の近くにひっそりと設置してありました。見学に来られていたOBの方に聞いたところ、同じ場所にあった歌碑が古くなったので新しいものになったということでした。私は北大とは無関係ですが、北海道を出てゆく前に古き良き時代の片鱗をうかがう機会に恵まれて幸運だったと思いました。北大祭や学食も楽しませてもらいましたが、様々なタイプの無料のアカデミックな催しに参加させていただいて、知的好奇心をかなり満足させてもらいましたからね。北大に行くのは今回が最後になるかもですから、夕方に自動車に戻る時になんとなく後ろ髪を引かれる感じがしましたよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/22(土) 19:59)

 札幌は観測史上最も遅い真夏日でした
osoimanatsubi

 全国ニュースでもやってましたが、今日は暑い1日でした。

もうすぐ10月だというのに札幌で31度なんて「シンジラレナ?イ」話ですが、先日の予想を軽く上回ってしまったのです。この変な天気のせいで大通公園ではラムネがかなり売れたそうですが、涼しさを求めて来札してきた本州の観光客の皆さんはガッカリされていたみたいですよ。私は数日だけのことですので問題はないのですが、短い滞在の予定の方にはお気の毒としか言いようがありません。湿度が高くて雨も降ったりしていましたしね。

まあ明日は平年並みの22度くらいに下がるということでしたし、天気予報によりますと連休中は太陽マークが並んでいましたので安心できるみたいです。あまり寒くなるのも困るのですが、私が出てゆくまではマイルドな秋が続いてほしいものですよ。



inaniwaudonsalad

 お昼は暑かったので久しぶりに冷たい麺にしました。

食品棚に秋田名産の稲庭手揉饂飩の乾麺が残っていましたので、それを和風のサラダ仕立てにしてみたのです。乾麺はうどんを製品化する時に余る切れ端の部分を集めた安いものなのですが、サラダ仕立てにするにはピッタリなのです。

大根おろしやワカメをたっぷり乗せて、ぽん酢と生姜でいただいたのですが、さっぱりしていて美味しゅうございました。それでも最後にはちょっと飽きてきましたので、S&Bのチューブ入りの柚子ワサビで味に変化を加えました。ちなみにそれは近くのスーパーで68円だったのですが、なぜかその店だけ安いのが不思議なのです。



saihatenohimawari

 先ほどHBCで日曜に放送されたドラマを見ました。

HBCの開局50周年記念番組の「さいはての向日葵」というタイトルのもので、世界自然遺産に選ばれた知床を舞台にしたものでした。大塚寧々親子が東京から弁護士過疎の知床にやってくるという設定は面白そうでしたが、生活の違いで子供がカルチャーショックを感じる部分などの演出が少なく、逆に観光CMっぽい部分が余分な感じで残念な仕上がりでしたよ。

北海道で作られたドラマはいくつか見たのですが、どれも底が浅いような印象でした。TBS系で全国でも放送したみたいですから無理もないかもですが、有名な俳優は使わずに北海道の中でキャスティングすれば良かったのではないかなと思いましたよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/21(金) 19:59)

 防災・減災フォーラム2007に行ってきました
namasatororiyuki

 昨晩から降り続いた雨は午後に上がってくれました。

しかし湿度が高くて生暖かい空気がまとわりつくような変な天気で、いつもの北海道じゃないみたいでした。札幌の最高気温は23.6度だったということですが、体感的にはもっと高いような感じでした。明日は28度近くまで上がり、今日以上に蒸し暑くなるという予報でしたが、この時期の札幌で夏日なんてビックリですよ。

先日は夕方から札幌駅の北口のエルプラザで開催された「防災・減災フォーラム2007」というものに行ってきたのですが、道民生活4年目にして初めて生の佐藤のりゆき氏を見ることができました。全国的にはまったく知名度は低いのでしょうが、北海道では毎朝「とくダネ!」の後に冠番組を持っている有名なおじさんなのです。

フォーラムの前半はその佐藤のりゆき氏と札幌と千歳の間にある長沼の町長さんの対談で、後半は北大教授やNHKのお天気キャスターのお姉さんなどのパネルディスカッションだったのですが、風水害関連の情報に詳しくない私は知らないことが多くてためになりました。ただ防災というタイトルだったので地震の話もあるのかと期待していたら、大雨などによる水害に関する話ばかりだったので残念でした。また防災や減災に関する何らかの具体的な対策というものも期待していたのですが、単に早くて正確な情報収集に努めてくださいといったレベルでしたのでガッカリでしたよ。



hazardmap

 これはロビーに張ってあった札幌のハザードマップです。

水位が上昇した時に水没する可能性がある地域を青く表示してあるのですが、開拓前は広大な葦原だったという札幌駅の北側はやはり青いですね。札幌には東京の下町みたいなゼロメートル地帯は無いのですが、札幌の西側は円山などの丘陵エリアですから、数日前に東北で大被害を与えたような大雨が降れば札幌の中心を流れる豊平川に集中して、堤防を乗り越えてしまえば北区や東区などでは床上浸水となる可能性があるわけです。、 

NHKのキャスターのお姉さんも「もしあの日に北海道の上空に高気圧が無かったら、東北並みの大雨が札幌を襲っていたのかもしれない」というようなことを仰っていましたが、最近は地球温暖化の影響なのか気象が極端になってきているようですから心配ですよね。北海道は9月にたくさんの雨が降る傾向にあるということでしたが、なんとか私が住んでる間は無事でいて欲しいものですよ。



kaihatukyoku

 これは会場の近くに立っていた情報掲示板です。 

信号待ちしてる時に目についたので撮影したのですが、防災・減災フォーラムの後援団体のひとつでもあった国土交通省の北海道開発局の「自立する北海道の実現に貢献する開発行政の推進」という長ったらしいスローガンでした。これまで北海道開発局が行ってきた公共工事で道内各地のハザードマップの青いエリアが救われたことも多かったのでしょうが、もう国や道の財政に余裕は無いわけですからダンプカーでやるタイプの対策は全道的には続けることができないでしょう。道民人口が減ることも確実視されていますので尚更なわけですが、人口密度が高い地域だけ守るというのでは過疎地域の切捨てとして非難されかねないわけですから難しい問題なのでしょう。

客観的に見て誰もが納得できる予算配分とそれに伴う公共工事というものが求められるのでしょうが、まだまだ北海道には我田引水タイプの考えのおじさんが多いみたいですから「北の知恵」というものが必要な時代ですよね。でも「明日」という簡単な漢字もわからないようじゃ北海道開発局に「北の知恵」があるのかは疑問ですよ。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/20(木) 18:29)

 落ち葉といろんなモノが壊れる季節です
ochiba2007

 晴天は1日だけで、また天気は下り坂のようです。

雨が降ると落ちた葉がくっついたりしますので、降りださないうちに庭の掃除をしておくことにしました。別に力を入れてたわけじゃないのですが、数年前にホーマックで購入した竹ホウキが途中からポキッと折れてしまいました。

値段は100円と格安のモノでしたので、もう元は取れてるのですが、もう少しだったのにと思いましたよ。まあ使いにくいだけですから、買い替えや修理はぜずに残りの期間は我慢して使うことにします。そして最終日には薪ストーブの燃料になってもらうことにしますよ。



soujiki

 我が家の掃除用品が相次いで壊れておりました。

これは数年前にイオンの苗穂店がオープンした時に購入した中国製の掃除機ですが、たしか2980円だったと思います。3年以上酷使したので根元部分から折れてしまったのですが、これも充分に元は取れたと思いますよ。

これもハンドルを握ってなら使えますので、このまま使い続けることにします。これは誰も欲しがらないでしょうから粗大ゴミの日に出さなきゃって感じですよ。まだ使うことができるものを捨てるのは気が進みませんが、引越しの荷物を増やしたくないので仕方ないのですよ。



oretahaetori

 もうひとつハエ取り電撃ラケットも折れちゃいました。

たしかバンコックの露天屋台で10バーツで購入したもので、牧場エリアでハエが多い我が家では大活躍してたものですが、何度か空振りしたりしてぶつけてしまったのが悪かったようです。これもそろそろ不要になるのですが、まだ昼間は飛び回っていますので先ほどボルト締めして修理しました。最後にテープで補強しておきましたので、最終日までなんとか活躍してくれることでしょう。

しかし最近は我が家ではいろんなものが相次いで壊れています。デジカメも調子が悪かったので売り場に新製品のチェックに行ったらすぐに壊れちゃいましたしね。竹ホウキも掃除機もハエ電撃取りラケットも処分することを考えていたのですが、そんなことを考えると道具に伝わってしまうのかもですね。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/09/19(水) 15:36)

 全国2番目の冷え込みとなった北海道の秋
20070918kion

 今日は久しぶりに晴れて洗濯日和になりました。

札幌の最高気温は23.3度ということで、半袖で少し寒いくらいで気持ちが良い1日でしたが、朝晩はけっこう冷え込んでいるのです。昨晩はフリース1枚じゃ寒かったので、その上にもう1枚羽織らなきゃならないほどでした。そんな格好で全国ニュースで猛暑日などの残暑の話題を見ていると違う国のことみたいでしたよ。

我が家の周辺の最低気温はまだ2桁あるのですが、なんと道北の中頓別町では5.2度だったということでした。ちなみにその気温は富士山頂に続いて全国2番目の冷え込みだったそうですから、さすがに北海道ですよね。例年なら裏の林で薪集めに精を出さなくちゃならない季節なのですが、もうすぐ出てゆくので今年は楽なものです。でもそのかわりに引越しの準備に忙殺されているのですが…(笑)



tenoritonbow

 我が家の庭では無数のトンボが飛び交っています。

なかなかフレンドリィなヤツで、指を出しておくとすぐにとまって休んでいたりします。これを撮影してるデジカメを持った右手にもとまっていましたし、気配を感じて首を回したら背中にも数匹がミレニアム・ファルコン号みたいにくっついていましたよ。

トンボにも最適な気温なのでしょうが、北海道の秋は短いですから、近いうちに力尽きて死んでる姿を見ることになります。これから毎日のように蜘蛛の巣にも引っかかっていたりするのを目撃するようになるのですが、自然の摂理とはいえ物悲しい気分になってしまいますよ。トンボは愛らしい感じがしますので尚更ですよね。英語ではドラゴンフライですが、私はそのネーミングは納得できないですよ。



goyanotane

 この冷え込みでゴーヤに劇的な変化があったようです。

「遊星からの物体X」に出てきた犬のように先っぽが割れていたのですが、真っ赤な種が毒々しい感じでしたから発見した時にはビックリしましたよ。まだ右のヤツと同じくらいで短かかったので、もう少し成長したものを収穫しようと考えていたのですが、最近は冷え込んだのでゴーヤは種を残すことにしたみたいですね。

右のヤツも黄色くなりかけていますので美味しくないかもしれませんが、150円の苗から成長して残った1本ですからチャンプルーにでもしてみようと考えています。今年は台風被害が無かったですのでズッキーニやミニトマトは大黒字でしたが、ゴーヤやオクラなどは赤字となりました。素人の感覚なのですが、地球温暖化が進まない限りは北海道でゴーヤを露地栽培するのは難しいみたいですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/18(火) 19:52)

 敬老の日に関係ない3つのイベント
tourdehokkaido2007

 本日は曇天の中、近場の3つのイベントに行きました。

少し走れば千歳の鮭まつりや岩見沢の百餅まつりなどもやってたのですが、ガソリン代に見合う価値は無さそうでしたので、近くで開催されていたイベントをハシゴしてきました。まず午前中にモエレ沼公園で最終日を迎えたツール・ド・ホッカイドウ2007に出かけてみたのですが、まず普段はガラガラの駐車場が混んでいたのに驚かされましたよ。海外チームや日本の大学や企業のチームが9月13日から北海道各地を走ったあとに、最終の札幌では一般道ではなく公園内をぐるぐると走り回ったようですが、私が到着した時には終了していて表彰などが始まっていました。

先週のマラソンとは違って閉じた公園内でのレースでしたので交通規制は皆無でしたが、人口密度が高い地域ではそのようにすべきですよね。昨年からバカなおっさんの発案で始まった東京のマラソンでは4時間ほど陸の孤島状態になる地域があったらしいですが、一部のマニアのために私権が制限されるのは真っ平ですよ。札幌のマラソンも大通公園をグルグルと走りまわれば無関係な人に迷惑をかけることも少ないでしょうに。



gungun

 その後に近くのさとらんどという公園に行ってきました。

広報が足りていなくて私は知らなかったのですが、モエレ沼公園で「さとの収穫祭」のポスターが目に付いたので寄ってみたのです。近隣の農家から持ち寄られた野菜の販売やファミリー向けの手打ち蕎麦教室、それに子供向けのステージイベントなどをやっていたのですが、面白いものではありませんでした。ずんぐりした緑色のキャラクターがさとらんどの公式キャラクターの「ぐんぐん」ということでしたが、ぐんぐん野菜が生長するというイメージからのネームングでしょうか。

ちなみにさとらんどでは22日からはHOKKAIDOラーメン祭りという道内各地の有名店が集結するイベントが開催されるということでしたが、今年もイベントとして工夫が足りないみたいですから行かない予定です。ラーメンマニアの皆さんにとっては楽しいイベントなのでしょうが、せっかくならいろんな店のラーメンを味わってみたいという私みたいな人間にとっては嬉しくない企画なのですよ。



asirchepnomi

 最後にアイヌ民族の伝統行事を見学してきました。

豊平川の河川敷で地味に開催されていた「アシリチェップノミ」というものでしたが、鮭が産卵のために遡上してくる時期に行う儀式だということでした。アイヌの行事を見るのは初めてでしたので詳しいことはわからないのですが、オスとメスの鮭をヌササンという祭壇の前に供えたりして収穫に感謝したり来年の豊漁を祈ったりするもののようでした。明治政府の禁漁政策で一時は廃れた儀式だったということですが、1982年に復活したそうです。豊平川の鮭も復活してくれれば良いのでしょうが、残念ながら昔のように目の前の川で捕れた鮭で儀式を行うことは不可能なようですよ。

200万都市の中心部でおごそかに行われていた伝統行事は興味深いものでしたが、イチャルバという先祖供養のあたりで小雨が降り始めてしまったので途中で帰ることにしました。大昔は3日3晩もかけていたものを3時間ほどに凝縮してあるもののようですが、それでも長ったらしく感じてしまったので少しばかり退屈でしたしね。しかし北海道を出てゆく前にアイヌ文化に触れることができてラッキーでした。でも期待していたアイヌの伝統的な味を試すことはできませんでした。売っていたのは普通のお弁当やたこ焼きなどでしたが、せっかくなら珍しいものを販売していただきたいものですよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/17(月) 20:11)

 1959年に撮影された1枚の写真から考えたこと
hiroshima2

 北海道の天気は回復して、路面は乾きました。

今日は真駒内でキリンのサッカー関連のイベントや千歳鶴の駐車場で秋まつりみたいなものをやってたのですが、両方とも面白くなさそうだったので止めておきました。引越し予定日も迫ってきましたので、その準備をしなくちゃなりませんからね。古い資料などをチェックしながら昨晩テレビ朝日系列の北海道テレビで放送された「テレメンタリー2007 ゲバラがつなぐヒロシマの願いとキューバ」という番組を見ていたのですが、いろいろと考えさせられてしまいましたよ。

キューバ革命を成し遂げたゲバラたちが中東などの旅行の際に日本にも立ち寄り、日本の役人の反対を押し切って広島を訪問して、有名な「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」という言葉に感銘を受け、帰国後にカストロ首相に報告し、それが2003年のカストロ首相の訪日にも繋がったという話でした。対米戦略のためもあり、キューバでは歴史の時間に原爆の悲惨さを詳しく教えていて、ほとんどの人がヒロシマ・ナガサキについて理解しているということでしたが、沖縄戦で日本軍の関与という事実を闇に葬ろうとしてる「美しい国」とはえらく違うものだと思いましたよ。ソ連崩壊後も独自路線で頑張ってるキューバですが、国家的な危機を乗り越えたとして有名な有機農法にも日本人が係わっていたという話を別の番組で見たことがありますし、昨晩の番組でゲバラやカストロが広島を訪問したということがあるということを知り、日本とキューバの関係や違いについて改めて考えさせられてしまったのですよ。



hiroshima1


今日も多くの番組で安倍ドタキャン後の政治やテロ特措法について多くの時間が割かれていましたが、私はそれを見ていて日本はキューバのスタンスを参考にすべきなんじゃないかなという思いを新たにしました。チャイナスクールといわれる犬顔の世襲議員が新総理になったら来年は北京オリンピックが開催されることもあり、対中関係が親密になるとも言われていますが、もちろん老獪な人物ですから対米追随も揺るぐことは無いでしょう。テロ特措法も名前を変えただけのものが出てきて、田中角栄の遺伝子を受け継いだ腹黒い連中により世論操作を経て通過させられちゃうんじゃないかなと思いますよ。

真偽のほどは確かじゃないですが、アメリカの諜報機関は真珠湾攻撃や911テロの計画を察知していたのに米政府が世論操作するために、あえて攻撃を受けたという説があります。それは検証のしようもありませんが、「戦争を終わらせるために」という「テロとの戦い」と似たような発想で広島と長崎に原爆が投下され、イラクでは大量のクラスター爆弾が使用されたことは事実でしょう。アメリカが始めた戦争にブッシュを選んだアメリカ人が払った税金を戦争に使うのは文句を言う筋合いじゃないでしょうが、もし「テロとの戦い」という名目で「アフガニスタンのために使う」という説明で国会を通過した法案が実はイラクで人殺しのために使われた部分が多いとなると私も納税者の1人として文句を言っても良いでしょう。

以前にも書きましたが日本なりの国際協力のやり方というものはありましょうし、日本人が払った税金が他国で人殺しのために使われることは避けなければならないと思いますよ。新総理がアメリカの言いなりで給油を続けることを主張するならば、これまでのテロ特措法で本来の目的以外に税金が使われていないことを国民に説明すべき責任があると思います。それは「軍事上の秘密で明かすことができない」ということなら、信頼が置ける有識者が非公開の会議で内容を吟味して、これまでテロ特措法で我々が払った税金が適切に使われたことを証明すべきでしょう。その会議の内容はすべて記録しておいて、10年後くらいに公開するということにすれば国民も納得できるのではないでしょうか。もちろん「軍事上の秘密」の数値を誰かが故意に改竄したり、隠蔽や破棄をしたりすることがあれば厳罰に処すことが必要でしょう。

まあこのように個人的な理想を書いても、就任当時に安倍を支持したような日本人が多数なわけですから虚しいですよ。「過ちは繰り返しませぬから」という言葉は忘れられ、そのうちに戦争ができる「普通の国」になりさがるのでしょう。またキューバでもカストロ亡き後はマクドナルドが進出することになるのでしょう。世界遺産のハバナ旧市街が「普通の街」になるのと、日本が「普通の国」になるのとどちらが早いのか興味深いのですが、私はどちらも見たくないですよ。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/16(日) 18:34)

 道民生活最後にして北海道遺産を知る
hokkaidoisan

 本日は朝からず?っと雨ばかりの1日でした。

午後から新札幌に近い北海道開拓記念館で開催された北海道遺産に関する講演会に出かけてみたのですが、講師を務められた北海道遺産構想推進協議会の辻井氏の話は私が知らないことが多くて非常に面白いものでした。北海道遺産という名前は数年前から耳にしていたのですが、どうせ世界遺産の真似のようなものだろうと思い、内容については調べてみたことが無かったのです。北海道では地域を愛する意識が他所より強いためか、やや自画自賛してるものを見かけることが多いものですから、北海道遺産もたいしたことが無いものにまで権威を持たせようとしてるんじゃないかなとも誤解していたのです。しかし52の歴史的な地域や自然、無形なものなどが選ばれた背景やそれぞれの詳細を聞いていましたら、な?るほどと思わせるものが多かったのですよ。

もう少し早く知っていればと悔やまれるものがたくさんありましたが、北海道にはまた遊びに来ることもあるでしょうから欲張る必要もないでしょう。火事や地震などで消失しちゃう危険性はありますが、さらに多くのものが認定され、観光用に整備が進むかもしれませんからね。講演会には満足したのですが、せっかくの北海道遺産の見せ方については不満がありまして、関係者の方が検索して読まれることもあるかもですから、いくつか提案しておきます。

まず北海道遺産は広域なエコツーリズムの概念に近いので、そのことを短い文章でわかりやすく伝える工夫が必要なんじゃないかなと思いました。次に52の北海道遺産を同一に取り扱わずに、歴史建造物・自然・無形などのカテゴリーに分けるべきじゃないかなと思いますし、シーニック・バイウェイなどの観光モデルルートに組み込む工夫も必要なんじゃないかなと思いました。歴史や地名などに詳しくない道外や海外からの観光客に理解しやすいマップを用意して、空港やフェリーターミナル、レンタカーのオフィスなどに置いてもらうと良いと思いますよ。さらに52の北海道遺産を制覇したいようなマニアのために仕掛けを用意すればとも考えたのですが、180の市町村全部には関係ないので、北海道遺産がある市町村の郵便局とタイアップするのが良いのではと思いました。たとえば52種類の北海道遺産にまつわるイラストを公募して、それで選ばれた図柄の絵葉書や切手を作り、その地域の郵便局でしか販売しないことにすれば面白いでしょう。また年に4回ほど北海道遺産の町を持ち回りで地域興しのイベントを開催するのも良いでしょうね。



kujiraten

 講演会の後で鯨に関する展示を見学してきました。

開拓記念館の常設展示はダメでしたが、2階でやってた特別展の「鯨」はありがたいことに講演会の参加者は無料で見ることができたのです。中央には小型の鯨の骨格見本がデーンと置いてあり、なかなか迫力がありましたよ。動物性蛋白の食料としては陸上の小動物で充分だったためか、アイヌ民族はあまり捕鯨は行っていなかったようですが、後からやってきた倭人たちはアメリカやロシアと競うように捕鯨していたようで、そんな歴史的な資料がたくさん展示してあり面白かったですよ。

本日は夕方から札幌駅前の紀伊国屋でサイエンス・カフェというイベントがあったのですが、雨が強くなってましたので行くのは止めました。講演会と鯨の展示で知的好奇心がある程度満足しちゃったことと、テーマが性染色体などで北海道に関連したものじゃ無かったからなのですが、最大の理由は自転車で行くと濡れちゃうからでした。東京に比べたら安いものですが、有料の駐車場に入れてまでって感じですからね。近くにはたまに利用してる買い物すれば2時間無料のヨドバシカメラの駐車場もありましたが、先週デジカメを買ったばかりでしたので、もう必要なものは無かったのですよ。(笑)



hiyashiramen69yen

 帰宅する前に新札幌のスーパーに寄ってみました。

私は先日までで北海道の夏日が終りだと思うのですが、スーパーのバイヤーさんもそのように考えたみたいで、冷やしラーメンとスープが安売りされていました。麺は安くても88円くらいしていましたが、69円とは1食分で23円ほどですから安いですよね。ちなみにスープは小瓶ですが、50円でしたので半額って感じでしたよ。

麺には「冷やしラーメン」と表記してありますが、茹でたものを温かいスープで食べたり、炒めたりすることに使えますので、いつもなら迷わずカートに入れたのですが、我が家には買い置きの乾麺が残っていますので購入しませんでした、いくら安くても無理して食べることになるのはイヤですものね。キノコ類やフルーツなどだけ購入して帰宅したのですが、最近は買い物の量が少ないので楽なものですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/09/15(土) 20:39)

 またしても夏日、それで冷たいデザートを…
zundawarabimochi

 札幌は先日に続いて28度近くの夏日になりました。

9月半ばというのにクーラーを効かせているところさえあったほどですが、この暖かさは家庭菜園の野菜たちにとってはありがたいものでした。我が家の枝豆ももうすぐ終りですが、それを茹でてフードプロフェッサーで細かくして「ずんだ」を作りました。

それを残っていたインスタントのわらび餅の粉で作ったものにかけたのですが、夏日にぴったりの涼しげなデザートとなりました。わらび餅の粉の消費期限は来年までありましたが、引越しのために少しでも荷物を減らしたかったのでグッドタイミングの夏日でした。最近は在庫の食材を減らすために外食は控えていますし、お弁当や惣菜も買わないことにしています。でもそんな時に限って近所のおばあさんがトウモロコシをくれたりするのですよね?。(笑)



telbox

 近所にクリストの作品のようなものが出現してました。

電話ボックスに自動車がぶつかったのか、少しばかり傾いていました。それで中に人間が入ると倒れてしまうかもしれないということで使用禁止にしてあるのでしょう。しかしこんなにグルグル巻きにする必要は無いでしょうにねぇ。

少し前にどこかの県で犬のおしっこで腐食した交通標識が倒れて通行人が怪我をしたという事件がありましたが、もしかするとこの犬が電話ボックスを傾けた犯人なのかもしれません。ジンギスカンの旗の側におしっこをかけ続けたために、そちら側の土が流されてたりして。京都の寺などに雨のしずくで穴があいた石があったりしますから、まったくありえない話じゃないですよね。(笑)



mayu

 本日の北海道新聞の夕刊にこんな広告がありました。

若くして乳がんになった札幌在住の大原まゆさんの本を映画化した作品で、北海道だけ先行ロードショーされるということのようですよ。明日は主演の平山あやが初回の上映後に舞台挨拶するということですが、彼女の男性ファンは乳がんの話に興味は無いでしょうから、お客さんが少ないんじゃないかなと心配ですよ。

北海道新聞の本社のギャラリーでも乳がんに関する展示をやってましたが、関心が低いためか貸切状態でしたっけ。マンモグラフィーという検査機械で早期に発見できるという話でしたが、欧米に比べると普及率が低いそうですね。国もピンクリボンなどで啓蒙運動もしているようですが、妊婦が救急車でたらい回しにされてしまうような国ですから期待できないかもです。高齢化社会が進めば医療保険システムも崩壊しかねないですから、ある程度は自分で予防するしかないですよね。危機的な状況に陥った夕張の市民病院の院長に志願された村上医師も、ある講演会で予防することが最良の選択というような主旨のことをおっしゃっていましたが同感ですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/14(金) 19:55)

 52回目の夏日にピッタリのランチとは…
jingidon

 本日の札幌の気温は26度まで上がったそうです。

8月上旬並みの爽やかな気候でしたが、もうすぐ寒くなることを考えると貴重なのですよ。それで裏庭でランチをいただくことにしたのですが、冷凍庫に特売で買っておいたジンギスカンがありましたので丼にしてみました。まずフライパンでスライスした玉ねぎをソテーして、それに解凍したジンギスカンの肉を加えただけの手抜き料理でしたが、これがなかなか美味しかったのですよ。使ったのはテレビでも広告してるニチロ畜産の「昔ながらの味 ジンギスカン」という900g入りのヤツで、たしか500円でしたが悪くありませんでしたよ。

ちなみに画像の右のゴーヤはなかなか大きくなってくれません。明日も晴れて夏日になるということですし、もう少し様子を見ることにしますが、近いうちに小さなまま収穫することになりそうです。



cyukamanjyu

 食後には初めて中華まんじゅうを試してみました。

以前からなぜそんな名前なのか不思議だったのですが、安くもないので試したことは無かったのです。しかし近所のスーパーで50円で売っていましたので、迷わずカートに入れちゃいました。

多少は何か中華風な味付けがあるのかなと予想していたのですが、単に半身のどら焼きを折りたたんだだけのものでした。普通に美味しいものでしたが、もう一度買いたいと思わせるものじゃありませんでした。普通の値段で売ってる中華まんじゅうはもっと美味しいのかもしれませんが、北海道での生活も残りわずかですから、もう試す機会は無さそうですよ。



sundia

 北海道は夏日でも冬のためのCMをやっています。

以前にストーブやスノータイヤのCMのことを書きましたが、北海道ならではのものに500リットルも入る灯油タンクというものがあります。古い家ではドラム缶を再利用したようなヤツとか球体のものなどがあるのですが、最近の家庭はほとんどこのタイプのようです。たしかホームセンターでは2万円台後半くらいで販売していたと思います。高かったので我が家では6千円ほどの90リットルのヤツを購入して、自分でセルフスタンドで灯油を購入して入れてるのですが、ほとんどの家庭は契約した業者に配達してもらってるみたいです。

ちなみにこのサンダイヤという会社は儲かっているのか、卓球の福原愛ちゃんを起用していました。灯油タンクと愛ちゃんはまったく関係ないでしょうし、彼女を使うことによる宣伝効果はたいしたことないと思うのですが、社長さんの趣味なのでしょうか。中華まんじゅうのネーミングと同じくらい謎ですね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/13(木) 19:48)

 さらば世襲議員、でも次の総理も世襲議員かな…?
20070912yugure

 本日の夕暮れは今日の話題にピッタリでした。

昼食をいただいてる時に突然に発表された総理の辞任ですが、最後までワケがわからない困った人でしたよね。戦後の復興のために頑張って働いてきた老夫婦の大事な年金を横領するような体質の官僚国家を「美しい国」なんて羊頭狗肉の見本みたいなことを数日前まで喋っていましたが、さすがに今日はそんな発言はありませんでした。私は小泉政権の官房長官の頃から嫌いなタイプのおじさんでしたが、ようやく支持率が落ちてきて、これから長妻議員にねちねちと質問されて困るところを見たいと思っていただけに残念ですよ。(笑)

以前にも書きましたが、私は日本の総理大臣が成しとげなきゃならないもののトップは環境対策だと考えていまして、その次に本当の意味での聖域が無い改革を断行して国の財政を立て直すことだと思います。もちろんレベルが低下しているといわれる教育や国際協調なども重要ですが、極右の人たちの考えているものとは違うものですけどね。まあこれでお坊っちゃん世襲議員の政治生命は終りでしょうから次は少しはマシな方向に進むかもですが、次期総理には口が曲がった世襲議員が有力とも言われていますので困ったものですよ。

911の翌日に起きた小さなコップの中の嵐みたいな事件ですが、私はブッシュや安倍といった世の中の光と影を知らない世襲議員が世界を悪い方向に導いてきたと考えています。もちろん何の罪も無い一般市民を巻き込むテロ行為は憎むべき犯罪ですが、世界の貧困問題を解決できるほどの巨額の軍事費を使って産油国を空爆・制圧して傀儡政権を作ろうとすることがさらにテロを生み出すことになりかねないと思うのです。以前のアメリカの子供に対する「なぜ911テロが起きたと思う?」というインタビューで、多くの子供たちが真顔で「アメリカを嫉妬してる」なんて言ってましたが、もしかしたらお坊っちゃんの世襲議員も似たような思考回路かもしれませんね。テロ特措法の延長を「テロとの戦いで、国際社会に対する責任」などと表現して、野党や国民に説明して理解を得たいとか発言していましたが、さっさと辞任して後任に期待しようなんて勝手なものですよね。

911テロが起きた6年前はまだ都民でしたが、友人とテロのついて話をしていて印象に残ったことがあります。私が何気なく「ワールドトレードセンターで亡くなった人たちよりも、イラクでクラスター爆弾でやられた人の方に同情を禁じえない」という主旨の発言がえらく評判が悪かったのです。罪も無い人が巻き込まれるということでは同じですが、WTCの犠牲者の多くは大企業の社員でしたからカリブ海のバカンスなどは当然だったでしょうが、イラクでは海外はおろか海さえも肉眼で見たことが無い子供まで巻き込まれてるだろうと考えたからでした。また殺人行為としては許せないものの自分の生命も賭けてハイジャックした飛行機で突っ込むのと、絶対に安全な高さからクラスター爆弾を落とすのとはずいぶんと違うと感じたからでした。

お坊っちゃんの世襲議員は「911テロでは日本人も殺された」とか「テロとの戦い」などとアメリカなどためにガソリンスタンドを続けることを正当化しようとしていましたが、私は日本が成すべき国際協力の方法はそんなことじゃないだろうと考えています。私はイラクやアフガ二スタンには行ったことが無いのですが、その周辺国で会った一般の人々との交流からテロ行為を根絶するためには「戦い」ではなく「対話」だろうという思いなのです。かつて日本帝国軍がゼロ戦や回転魚雷などでアメリカ軍にカミカゼアタックを仕掛けていた頃の心理とWTCに突っ込んだイスラム原理主義者のそれが共通であるというわけじゃないのですが、日本は欧米とは違うメンタリティや経緯があることで中東で「対話」により国際平和のために貢献できると思うのです。その具体策を誤解されないように書くためには、基礎的な中東情報まで書かなきゃなりません。それはしんどいのですし、長くなり過ぎですのでこのあたりで止めておきますよ。(笑)



dosankokantoku

 余談ですが、北海道じゃこの人の辞任が話題です。

地元のメディアではかなりの時間を割いて放送されていたのですが、全国ネットではほんの少しだけだったことでしょう。「温度差」ってものを感じますが、まあ野球好きの北海道の皆さんには大きなニュースだったことは道民4年目の私も理解できますよ。

しかし正確にはヒルマン監督の「ドサンコ」という表現はおかしいですよね。たしか「道産子」とは北海道生まれの馬から広まった言葉ですよね。「ドサンコになったような気分」くらいの表現なら構わないのでしょうが、出稼ぎ外国人監督が一時的に住民票を移したとしても「ドサンコになれて」はよろしくないのでは?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/12(水) 20:36)

 枝豆食べ放題、シソ乗せ放題の昼食
ikuradonshizonosehoudai

 本日は小雨がパラつくさえない1日でした。

まだ昼間は半袖で暮らせるほど暖かいのですが、夜は冷え込むようになりました。それで家庭菜園はサミシイ感じになってるのですが、枝豆とシソは最盛期を迎えていまして食べ放題なのです。

それで昼食は茹でた枝豆と自家製のイクラの醤油付けで作ったイクラ丼にしてみたのですが、かなり美味しかったですよ。イクラの醤油付けは近所のマックスバリュで100g298円の筋子が半額だった時に作ったものなのですが、今日のヤツで食べ尽くしてしまいましたので近いうちにまた半額のヤツを探したいと考えています。筋子をほぐすのはたいへんですが、もうすぐ北海道での生活も終りですからたくさん食べておこうと思っているのですよ。



ikuratoufusalad

 これは先週いただいたイクラと豆腐のサラダです。

PENTAXのデジカメが壊れたのでPC内蔵のカメラで撮影したものなのですが、やはり画質が劣っていますよね。ボツにしようかと考えていた画像ですが、新しいカシオのデジカメとの比較にアップしておくことにしました。

イクラと豆腐の相性ですが、見た目の色合いは良いのですが、豆腐が淡白すぎて物足りない感じがしました。それで和風ドレッシングを加えたらイクラの風味が消えちゃいました。やはり炊き立ての白米とのコンビネーションに勝るものはありませんよね。



attukeshi

 北海道のこれからの海産物と言えば牡蠣ですよね。

代表とする産地は道東の厚岸なのですが、今朝の放送で漁協のCMを初めて見ました。牡蠣などの食材のアップが続いた後に厚岸漁協のおじさんたちが出てくるという安っぽいCMだったのですが、それなりに効果はありそうな感じでしたよ。

秋には厚岸牡蠣まつりというのもあるみたいで、私も一度くらいは行ってみたいと思いつつ機会を逃してしまいました。引越し前に無理をすれば行くこともできるのですが、ガソリン代を考えると東京のオイスターバーで食べるより高くなってしまいますので我慢せねばなりません。牡蠣まつりの前後にカムイロケットの打ち上げなど、何か魅力的なイベントがあるならドライブしても良いのですが…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2007/09/11(火) 17:51)

 新しいデジカメで遊んでしまいました
aritoshiso

 午前中は雨でしたが、午後にやみました。

それで引越しの荷物整理を一休みして、購入したばかりのデジカメを持って近所の散歩に出かけてみました。720万画素ですから普通の景色はそれなりにキレイなのはわかっていましたが、マクロはどの程度のレベルなのか試してみたかったのです。

SONYのサイバーショットT20の被写体に1cmまで近づいて撮影できる拡大鏡モードというのには敵いませんが、それなりに細かい部分まで写っているようでした。カタログにはレンズ面から10cmとありますが、もう少しだけは被写体に近づくことができそうでしたよ。今日は曇天でしたので、また別の晴れた日にシャッタースピードを早くして撮影してみる予定です。ちなみに画像の右側の花のようなものはシソの穂の部分です。もうそんな季節なんですねぇ…

exilimmoereyamazoom

 遠くのものはどれくらいかとモエレ山を写してみました。

ズームを最大にして撮影した画像の中心部分をデジカメのトリミング機能で切り取ったものを、さらにフォトショップで再編集したら、肉眼じゃ見えない電柱などがいろいろと見えました。壊れた300万画素のPENTAXではボケボケでしたが、今度のものはかなり被写体に迫ることができますので利用価値は高そうですよ。

液晶も明るくて見やすいですし、MENUで表示される文字も大きいので助かります。ズームボタンの位置が使いづらいのですが、それも次第に慣れることでしょう。付属のクレードルに刺すとPCとの接続や充電ができるタイプですので面倒は少ないのですが、旅行する時にはクレードルを持っていかなきゃならないので、その分だけ嵩張るので困りものです。壊れたPENTAXにはスペアのバッテリーがあったので便利だったのですが…

exilimtorisetsu

 面白いと思ったのはレイアウト機能というものです。

撮影済みの2つか3つの画像をデジカメ内でひとつの画像にまとめることができるもので、「使用前」と「使用後」などを1枚の画像で表現する時に便利です。背景色の数が少ないとか、それぞれの画像のサイズを変更できないなど不満はありますが、フォトショップでいじらなくても良いので手軽です。

ちなみに左側の斜め上から撮影した取り扱い説明書を真上から撮影したようにアングル修整する機能も便利そうでした。私が最初に買ったデジカメもカシオ製でしたが、いろいろと進化していますよね。旅行が多い私としては燃料電池で撮影できて、撮影した画像を無線で勝手にサーバーに保存してくれるようなコードレスのデジカメなのですが、そこまで進化するのに何年かかるでしょうか。さらに欲を言えば音声入力でMENU操作できたり、レーザープロジェクターを内蔵していて壁面に画像を写し出したりもできるようになってほしいですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/10(月) 20:34)

 迷惑な北海道マラソンで遅刻しちゃいました
hokakaidomarathon

 今日は午前中に雨でしたが、見事に晴れました。

気温は25度近くまで上がりましたので、いつもの爽やかな札幌の空気じゃありませんでしたが、ランナーの皆さんにとっては悪いコンディションじゃなかったことでしょう。私は午後から北大の理学部5号館で開催されたジオパークの講演会に出かけたのですが、見事に東8丁目で交通規制に引っかかってしまいました。

いつもギリギリに到着するように出かける私も悪いのですが、北大をぐるりと取り囲むようにコースが設定してあったものですから回り道も無く、通過するためには1時間以上待つしかなさそうでしたので、あきらめてアリオの近くに自動車を停めることにしました。私がいつも置かせてもらってるの場所よりも7ブロックも手前でしたので、余分に自転車のペダルをこがなきゃなりませんでしたよ。マラソンはトップランナーから200人くらいは規制されても仕方がないかもですが、それ以下のランナーは10分に一度くらい止まってもらって自動車を通すようにしても構わないんじゃないかと思いますよ。そうすれば自動車は最大30分くらい待たされるだけで済むでしょうに。



geopark

 マラソンのせいもあり、講演会場は空いていました。

ジオパークというのはユネスコが世界の地質遺産にお墨付きを与えているもので、火山が多い日本でも申請しようという動きがあるということでしたが、あまり面白い内容ではありませんでした。噴火予知で実績がある岡田弘教授が堅い内容を真面目に話されたのですが、もう少し話を脱線させても良かったんじゃないかなと思いましたよ。

講演会の後はクラーク会館で開催されていた「地質情報展2007」というのも見たのですが、こちらも内容が地味でした。しかし見学コースの最後にあったカイギュウなどの骨格見本はなかなか迫力がありましたよ。ステージの上に大小3体のものが展示してあったのですが、残念ながらデジカメが壊れたので撮影はできませんでした。



casioexilim

 それでヨドバシカメラで新しいデジカメを買いました。

ノートPCが内蔵してるカメラは起動してないと使えないので、シャッターチャンスを逃さないためには新しいのを買うしかなかったのです。残ってる2万円分ほどのポイントで買えるものはないかなと売り場に行ったところ、ちょうどカシオのエクシリムEX‐V7がタイムセールで19800円になっていましたので衝動買いしちゃいました。帰宅途中に価格コムで値段を見てみたら最安の店でも21780円でしたから得した気分になりましたよ。

左のPENTAXもその前に使っていたSONYのサイバーショットもズームレンズの部分が壊れてしまったので、今回はレンズの稼動部分が露出しないタイプにしようと考えていて、このエクシリムとニコンのCOOLPIXのS50とSONYのサイバーショットのT20が候補だったのですが、スペックは似たようなものでしたのでタイムセールがあったのはラッキーでした。SONYのT20の被写体に1cmまで近づいて撮影できる拡大鏡モードというのには引かれたのですが、メモリーがDUOだったで気分が乗らなかったのです。メモリーの値段は下がっていますが、現在使ってるSDカードやメモリースティックを無駄にしたくないですからね。ちなみに背景がヤマダ電機ですが、特に深い意味はありません。帰宅途中に立ち寄った苗穂のイオンの駐車場で陽が暮れる前にと考えて撮影しただけですので。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/09/09(日) 20:33)

 9月8日はポプラ並木記念日
20070908hokudai

 日付が変わって北海道に台風が上陸しました。

昨晩はヤバイかなと思いつつベッドに入ったのですが、目覚めてみたらまったく気配がなくて拍子抜けしてしまいました。背が高いヤーコンなどが傾いていたくらいで、ほとんど被害はありませんでした。2004年の9月8日にやってきた台風18号は北大のポプラ並木をなぎ倒すなど大被害だったことに比べると雲泥の差がありました。

今日は北大博物館で開催された「ポプラの思い出」というお題の土曜市民セミナーに出かけてみたのですが、最初に北大にポプラが植えられた背景から、倒木をチェンバロなどの楽器の素材とした経緯などが藤田正一教授から詳しく説明していただけました。最後にそのチェンバロの演奏があったのですが、なかなか充実した内容の面白いセミナーでした。その後に初めてポプラ並木の実物も見学したのですが、有志の寄付により植えられたというポプラの若木が順調に成長しているみたいでしたよ。



senjyuminnohi

 本日は国際先住民の日でもあったようです。

STVに近いリンケージプラザで国連宣言などについての講演やアイヌの舞踊があったみたいなのですが、北大と完璧にダブってしまったので参加できませんでした。15時過ぎからの市内アピール行進というのは間に合いそうでしたので見に行こうかなと思いましたが、単に参加者がゾロゾロ歩くだけというものなら面白くないかなと考えて止めておきした。最後に大通公園あたりで舞踊でもやってくれるというなら駆けつけたのですけどね。

ちなみにアピール行進をした道路は明日は北海道マラソンのコースとなります。私はまったく興味が無いもので、交通規制されるのが迷惑なだけですので、台風がもう少し遅く上陸してくれればと考えてしまいましたよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/08(土) 20:52)

 さっぽろオータムスイ―ツファンタジー
SASF

 札幌に向かって台風9号が真っ直ぐ北上しているようです。

大通公園では今日から「さっぽろオータムスイ―ツファンタジー」というイベントが始まっているのですが、先ほどから雨が強くなってきましたのでイベント関係者の皆さんはガッカリなさっていることでしょう。このイベントは札幌をスイ―ツの街として盛り上げるために企画されたものでしょうが、白い恋人の消費期限偽装問題があったばかりですから、関係者の皆さんはなんとか秋晴れの中で爽やかに盛り上げたいという思いだったのでしょうね。

しかし今年は神戸スイ―ツとの合同イベントということで主旨がボヤけてるみたいですし、ひらがなを使った変なネーミングですから、台風が迫っていなくてもダメだったかもしれません。以前にも札幌スイ―ツの展示会に行った時にも書いたと思いますが、私はどうもイベントの盛り上げ方が上手くないんじゃないかなと思っています。会場にはいつもの工事現場にあるようなコンテナみたいなものが並んでいるだけでしたが、アルミ製のキャンピングカーを改装したような専用車を何台か連ねて全国をキャラバンするようなことを考えても良いのではないかなと思いますが。もしくはフランス政府がやってたように古い客船を改装して、まるごと札幌をスイ―ツをアピールするための移動パビリオンとして日本中の港や台湾や香港、さらには中国の沿海部までを回ることなんてのも企画してみても面白そうですけどね。



SSgarden

 夕方のニュースでは新しいスイ―ツの店を紹介してました。

美園にオープンしたばかりの「札幌スイ―ツガーデン」という創作どらやきの店でしたが、以前から人気の発寒の「ふくらか」という店とコンセプトが似てるようです。オープン記念ということで週末までは安いようですが、半額じゃないのなら私は行列に並ぶ気になれませんよ。今日は午後に売り切れたらしいのですが、明日と明後日はテレビやネットを見て行く人も増えそうですから、もっと早い時期に売り切れる可能性もありますしね。

北海道らしい食材のものがあるのなら引っ越す前に試してみたいものですが、どうやら全国どこにでもあるようなラインナップですから用事が無い美園た発寒方面に行くことはないでしょう。最近は東京にもこんな店がたくさんオープンしてるみたいですからね。



edamamecake

 我が家でも久しぶりにスイ―ツを焼いてみました。

家庭菜園の枝豆が最盛期を迎えていますので、柔らかめに茹で上げたものをフードプロフェッサーで細かくして、パウンドケーキも生地にに練りこんで焼いてみたのです。断面に緑のつぶつぶが見えて、それも面白い感じでしたが、枝豆を柔らかく煮てしまってドロドロの液体状にしてから、マーブル模様ができるように焼く前のケーキの生地に流し込んでみるのも面白そうですよ。

引越し前に買い置きしてる小麦粉やバターなどの食材を消費するためにも、またこれから収穫できるカボチャなどを生かすためにも今月は頑張ってスイ―ツを焼く予定ですよ。最近は気温も下がってきましたので、オーブンを使うのも問題ないですからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/07(金) 20:36)

 今こそdoing…?北海道知事がやるべき事とは?
chijidesu

 首都圏に台風上陸みたいですが、北海道も雨です。

勢力が衰えないまま北上してくるとすると、収穫期を迎えている北海道の農業に大打撃を与えるかもですが、もうひとつ台風以上のインパクトとして心配されているのが日豪のEPA交渉でして、9月1日に北海道文化放送でやってた「知事です 今こそdoing 北海道」という番組ではそのEPAについて警鐘を鳴らしていました。

EPAについては以前にも書きましたが2国間の取り決めでして、農産物や畜産関係がオーストラリアと競合する部分が多い北海道では拓銀の破綻以上の深刻な影響があると懸念されているのです。最近では苫小牧にトヨタ系の企業が進出したりしていますが、まだまだ第1次産業が盛んな北海道ですから、再選されたばかりの知事が番組で取り上げたい気持ちは理解できるのですが、 私は日豪の交渉は国の仕事だと思うのですけどね。肝心の農水大臣がコロコロと変るので、知事が「どがんかせんといかん」と考えるのは当然かもですが、知事が「今こそ」取り組むべきことじゃないと思うのです。



morisaki

 番組の最後はちょっと恥ずかしい感じでした。

大泉洋の所属事務所のタレントさんが北の大地の真ん中で「だって北海道が大好きだから!」と叫ぶというベタなものでしたが、そんな終わりかたじゃ説得力が無いんじゃないかと心配になりましたよ。まともな北海道の人間は地元を愛しているでしょうし、貿易の自由化により道内の産業に悪影響があることにたいしても危機感を持っていることでしょう。しかし600万人ほどが頑張っても国の方針が変らなきゃ日豪EPAは北海道の農家に不利な方向で進みそうだということもうすうす理解してるんじゃないかと思いますよ。

これから資源国であるオーストラリアの通貨が上がり、日本の富裕層が預金を国外に避難させたりすることにより円が下落したりすれば、北海道の農家の皆さんが心配するほどの被害は無いんじゃないかなと私は考えています。それよりも円安により燃料や輸入飼料が上がることの方が深刻なんじゃないかなと思うのですけどね。知事が成すべきことは様々な状況に応じてきめ細やかな止血や緊急手術を行う体制を作っておくことだと思います。大きなことは国に任せるとしても、初期の対策は重要ですからね。



doucyouP

 これはSTVの早朝のニュースでやってたものです。

これまで道庁のエレベーターやウェブサイトにCMを入れたり、体育館のネーミングライツを販売したりして収入を得ようとしてきたのですが、今度は道庁横の来庁者用の駐車場を民間に貸すことにするということでした。道の財政は真っ赤ですから、なんとか少しでも改善したいという気持ちは理解できるのですが、北海道庁が駅に近い一等地にあり続けることが時代遅れなんじゃないかなという気がします。

最近は建物の更新時期に郊外移転する地方自治体が多いのですが、北海道庁や札幌市役所なども中心部の土地を売却して郊外の未利用地に移転すべきじゃないかなと思いますよ。たとえば地下鉄東豊線を札幌ドームの先まで延伸させて、広大な羊が丘の試験場に公共機関を集めるというのも面白いんじゃないでしょうか。もちろん中心部にも最低限の手続きなどが可能な機能を持つサテライトオフィスみたいなものは残すとして、道や札幌市の中核機能は郊外に集約しても良いんじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

メディア寸評 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/06(木) 20:33)

 夏の終りの小樽・余市への小旅行
temiyasen

 昨晩は雨でしたが、今日はさえない曇りの1日でした。

引越しの準備をしながらBTTFを2夜連続で見てしまったので溜まってしまったビデオを見ながら過ごしたのですが、先日の家族と行った小樽方面への小旅行について書いておきます。まずはいつものように5号線を飛ばして小樽に行ったのですが、今回の目的のひとつだったのが、「雪明りの路」にも使われてる旧国鉄手宮線の廃線跡を利用した「小樽鉄路写真展」でした。

雨の日も風の日も9月9日までの開催期間中は24時間オープン展示してあるおおらかな写真展ということでしたが、敷居が低くてなかなか楽しい芸術イベントですよね。最近はぜんぜん雨が降ってなかったので良かったみたいですが、関東に上陸しそうな台風が北海道方面に北上してくるとなると後半は見学者が激減することになるかもしれませんし、作品が吹き飛ばされてしまうかもです。台風の進路によっては早めに撤収されてしまうこともありえますから、興味がある方は早めの方が良さそうですよ。



kakizakilunch

 ランチは余市の柿崎商店の2階でいただきました。

大きなホッケ定食が450円と安いので有名な店ですが、今回は同じ値段のナメタカレイ定食にしてみました。家族は1400円ほどのウニ丼にして、値段は忘れてしまいましたが、サイドオーダーでホッキ貝を焼いたものを頼んでシェアしました。駐車場にすんなりと停められたので空いてるかなと思っていたら店内はほぼ満席で、あいかわらずの人気のようでしたよ。

食後にニッカの余市蒸留所を散歩したのですが、あいかわらず隅々まで配慮が行き届いていて気持ちが良いものでした。北海道に引っ越す時に最初の候補地としてた余市を最後に訪れてみて、やはり良い町だなという思いを再認識した次第です。冬は雪が多くてたいへんみたいですが、海に近い土地はやはり魅力的ですね。



taiwansweets

 午後は小樽の中心部をいろいろ観光しました。

家族と一緒でしたから、普段なら店に踏み入れないような土産物店にも行って試食したりしながら歩き回りました。家族がルタオのチョコレートの店で買い物してる間に近所をぶらぶらしていたら、小樽にも台湾スィーツの雪花氷の店がオープンしてるのを発見しました。500円と観光地プライスでしたし、私は渋谷のドラゴンアイスを試したことがありましたので注文しませんでしたが、家族は初めてということでしたのでマンゴーのヤツを味見していました。

金スマで有名になった雪花氷ですが、小樽にも上陸したくらいですから日本中の観光地に広まっているのでしょうね。今年はもうシーズンは終りですが、来年も地球温暖化の悪影響は続きそうですからビジネスチャンスということで、あちこちに増殖しそうですよ。



dreanbeachisunset

 夕方は早めの時間に天狗山方面に行ってきました。

歴史的な能楽堂を見学した後に天狗山の斜面に咲き乱れている赤蕎麦を見に行ったのですが、なぜか昨年より赤くない感じでした。7月に気温が上がらなかったり、雨が少なかったりしたのが原因かもしれませんが、日本の気候に合わせて変化してきているのかもしれません。気候で植物の色が変化するのかは怪しいのですが、土の養分が関与しているのかもですね。

最近は18時前後に陽が沈みますので早めに海岸線方面に行ったのですが、残念ながら曇りでダメでした。それで銭函の海商に寄ってみたら、そこも18時で閉店だったようで間に合いませんでした。あきらめて札幌に向けて走りだしたら雲が切れてきて余市方面が赤く染まりそうでしたから急いでゴールデンビーチに行ってみたらキレイな夕焼けを見ることができました。やはり小樽観光の最後はコレでなければという感じですよね。



shikanikudinner

 夕食は以前から試してみたかった鹿肉にしました。

オープン当初に友人とランチを試した宮の森の東急の近くのノースコンチネントという店でしたが、以前には無かった鹿肉のハンバーグがメニューに加わって人気だとテレビで見たのです。似たようなことを考えた人が多かったのか、混んでいて客席に座るまで10分ほど待たされてしまいました。

1400円ほどしましたので道庁の食堂のものに比べれば高価ですが、店の雰囲気や8種類から選べるソース、新鮮な付け合せの野菜など、その価値は充分にありましたよ。若いオーナーが素材選びから頑張ってるカジュアルな店ですが、テレビの影響や口コミでも広がってるみたいですから、次回からは予約した方が良さそうでしたよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/05(水) 19:25)

 ハナマルノルベサホーマック
hanamarusushi

 本日は天気予報はハズれて良い天気になりました。

思いがけず絶好の天気の中を午前中から遊びに来ている家族と小樽方面に出かけているのですが、それは都合により明日にするとして、先日のことをアップしておきます。夕食に鹿肉のハンバーグでもと考えたのですが、BBQをやったばかりですので、定番の回転寿司に行くことにしました。

今はやはりサンマが旬ですが、その他にも北海道らしい美味しいものがたくさんありまして、知らぬ間に皿を積み上げていました。面白かったのは「ちゃんちゃん焼き」という寿司でした。軽く炙った半生の鮭の上に味噌ベースのタレを塗ったものでしたが、なかなか良いアイデアだと思いましたよ。最後にサンマのつみれ汁を注文したのですが、もちろん美味しかったのですが、やはり生がいちばんでしたよ。



fighterssenjyafuda

 食後にホテルの近くのノルベサに行きました。

遅くまで開いていて、3階のフロアが改装したばかりだとテレビで見てたので行ってみたのです。表参道ヒルズにもあったスタジオジブリ関連の商品を扱う店やハロプロショップ、海洋堂などのフィギュアを展示したミュージアムなどがありましたが、空いたテナント部分を無理やりに埋めた感じでサミシイものでした。

フロアの中央は以前と同じように大画面でスポーツ観戦ができるようになっていまして、壁面にはファイターズとコンサドーレのパネルが設置してあり、そこに応援メッセージを書き込むと透明ポーチをくれるというので書き込んでおきました。ちなみにキャッシュディスペンサーのような機械はオリジナルのファイターズの千社札を作ることができるマシーンでした。



homacsuperdepot

 家族をホテルに送って、帰りにホーマックに寄りました。

マックスバリュの横に8月29日にオープンしたのですが、オープニングキャンペーンで割安な商品が多いためか、駐車場がめちゃ混んでいました。このホーマックの東雁木店は清田区のものなどと同じスーパーデポという名前の大型店で、売り場はかなりの広さでした。もう1年ほど住むのなら買い置きしたいものがたくさんありましたが、もう生活に必要なものはありませんでしたので何も買いませんでした。

4年前に私が引っ越してきた頃にオープンしてたら便利だったのですけどね。しかしこの近くにはジョイフルAKの3店舗目ができるという噂がありましたが、ホーマックはそれを迎え撃つために店をだしたのでしょうか。厚別店や環状通りの店、また札幌ビール園の近くなどに店があるのですが、マックスバリュと同じで自店競合するんじゃないかなとおもいましたよ。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/04(火) 17:07)

 クルマにのってまちにいってきました!!
okadahiroshi

 本日は半月ぶりくらいに雨が降りました。

今日は家族が来札しているのであちこちに出かけているのですが、それについては明日にするとして、先日の日曜のことをアップしておきます。9月2日から13日までは「北海道ジオウィーク2007」というものをやっていまして、その第1日目は札幌市博物館活動センターで第3回ジオ・フェスティバルというのをやっていたのです。私はそこに行くのは2回目でしたが、前回とは来場者の数が桁違いだったのにいささか驚かされてしまいました。

イベントは化石や火山などの説明など地味なものでしたのでさほど面白いものじゃなかったのですが、地質関係としては工夫の余地が少ないので、そんなものかもと思って全館を見て周りました。最後に2階でやっていたサイエンスカフェという講演に行ってみたら、どこかで見た白髪のおじさんがいちばん後ろに座っていらっしゃいました。その方は北海道の、特に虻田町近辺の住民の皆さんにはお馴染みの北海道大学の岡田弘教授でした。岡田氏は2000年の有珠山噴火を予知して住民を安全なエリアに避難させて、1人の死者も出すことがなかった功労者として有名な方なのです。9日の北大での講演会でジオパークについて基調講演されるということですが、一足早く「生岡田」を拝むことができましたよ。(笑)



kurumawooite

 その後にパルコの裏のシャワー通りに行きました。

ボンネルフという歩行者優先の道にリニューアルしたことを記念して昨年から始まったという「クルマをおいてまちまをあるこう!!」というイベントがあったのですが、漢字を使わないイベント名と共に企画を見直すべきなんじゃないかなと感じました。オープンカフェやライブステージの後ろに、車体に「地球温暖化防止のために公共交通を利用しませんか?」と書かれたラッピングバスが停めてあるような構成でしたが、アピール度が低いんじゃないかなという気がしました。

「自動車を置いてきて街まを歩こう」というコンセプトは悪くないのですが、そのことを上手くアピールするためには「パーク&ライド」みたいなものの導入を真剣に考えるしかないと思います。具体的には札幌市の近郊の数ヶ所の未利用の市有地に自動車を停めてもらい、そこから地下鉄やラッピングバスのような公共交通に乗り換えてもらうというものでしょうが、これは中途半端に行ってもダメでしょう。自動車の利便性を凌駕することは難しいわけですから、よほどドライバーにメリットが無ければ成功しないわけですからね。



saigonobbq

 その後に今シーズン最後のBBQを楽しみました。

いつものように大量の食材が持ち寄られ、胃袋に夕食が入らないほどたらふくいただいたのですが、北海道で最後のBBQですから限界にまで挑戦しちゃいましたよ。面白いと思ったのはトウモロコシを皮を付けたまま焼くということでした。私のイメージでは皮を剥いて醤油をつけながら焼くというものですが、皮があることにより蒸し焼きにされる感じで、粒の乾燥を防ぐことができて理にかなってるようでした。

余談ですが、札幌でトウモロコシといえば大通公園の屋台ですが、これまで大量に廃棄されていた皮を再利用しようと名刺などの用紙にリサイクルしようという動きがあるようです。以前にこのブログでバナナペーパーの本について書いたことがありますが、トウモロコシの皮もバイオマスとして有効活用すべきですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/03(月) 11:32)

 もしも北海道だいどんでんふるさと市場
moshimohokkaido

 北海道は本日までは雨が降らないようです。

午前中にイベントに行き、午後から今シーズン最後のBBQを堪能したのですが、都合によりそれは明日にするとして、今日は先日の3つのイベントをアップしておくことにします。まずは防災の日ということでサッポロファクトリーの煙突広場で開催された「もしも北海道2007」という防災関連のイベントですが、地味なテーマですからイベントも盛り上がっていませんでした。2004年に北海道各地に爪痕を残した台風18号をきっかけに始まったそうですが、もう少しやり方を工夫すべきなんじゃないかなと思いましたよ。ナマズのイラストもありきたりですし、防災担当者のおじさんたちの話なんて退屈すぎますしね。

防災手帖というものが配られていたのですが、これもお付き合いの広告だらけで内容もあまり役に立ちそうにないものでした。我が家には防災袋はありませんが、仮にあったとしても、その中に入れて置こうとは思いませんよ。9日には帯広で、そし14日には旭川で開催されるようですが、ヒマを持て余した方にしかオススメできません。



daidonden

 三越前の道路では「だいどんでん」というイベントがありました。

大道芸や獅子舞、ミュージシャンによる演奏と、歩行者天国となった道路のあちこちでパフォーマンスが繰り広げられていましたが、賑やかでなかなか面白いものでした。しかし周辺の店に気を使ってか、あるいは主催者が問題の発生を嫌ってか、イベントにつきものの出店のようなものがありませんでした。トルコの伸びるアイスとか、何度か空中で注ぐことを繰り返して冷ますマレーシアの紅茶とか、アクロバティックな飲食をいくつか点在させても良いのではと思いましたが。

また全国の大道芸を勉強してるような皆さんに自己費用での参加を呼びかけて、モエレ沼公園あたりで講習会や勉強会みたいなものを開催してみてはとも思いましたよ。札幌市が航空会社や宿泊設備などと交渉して格安なパッケージを用意してあげればと良いでしょうし、札幌が大道芸のインキュベーターの役割を果たすことは将来にもつながることなので良いと思うのですが。格安な旅行費用も用意できない貧しいパフォーマーにはWWOOFのような仕組みを参考にして、札幌近郊で農産品の収穫などの手伝いや福祉施設でのボランティアをすることで参加できるようなプログラムを用意すれば良いのではとも思いましたよ。



softcream250yen

 最後に大通公園のふるさと市場に行ってきました。

北海道の各地から名産品が持ち寄られるイベントで、晴天に恵まれ割安な農産品もあることから大賑わいでした。500円の毛蟹汁などが人気でしたが、気温が高くて試す気になれず、私は250円のカボチャのソフトクリームを選んだのですが、これが甘さ控えめで当たりでした。他には我が家では育てていない5個入りで100円の玉ねぎや値下げされていた十勝産の漬物などを購入したのですが、他にもいろいろな種類の食材を試食できて楽しめました。

このイベントはバラエティが豊富で悪くないと思うのですが、一筆書きですべてのテントを回ることができるように配置を工夫すべきなんじゃないかなと思いましたよ。また子供向けの食育にも配慮したらさらに良いでしょう。道東や道北の生産地の皆さんは産物がどうやってできるのか身近なのでしょうが、札幌の子供たちは知らないことが多いでしょうからね。苦労して産品が出来上がる行程を工夫して見せることで、道産品を愛することにもつながると思うのですが。また毛蟹汁やラーメンなども小さなサイズを用意して、子供は無料にしても良いんじゃないかなって思いましたよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/02(日) 16:42)

 乾燥しきった北の大地で働くくるま
hatarakukuruma

 晴天続きなもので、土はかなり乾燥してます。

来週には雨が降るという予想ですが、できれば夏らしく昼間は晴れて、夕方に夕立がザッと降ってくれたらと都合の良いことを考えております。思い起こせば7月は雨が多くて肌寒く、8月の後半は晴れ続きでけっこう暑い日が続いていましたが、9月はまた急速に肌寒くなりそうな気配ですよ。昨晩は8月の最終日でしたが、初めて薄いフリースに袖を通してしまいましたもの。

これからは植物が枯れてゆき、緑から茶色い世界に変り、10月下旬から白い世界に変化するのですが、私はもう純白の景色を見ることはできません。スノータイヤが不要な世界に移り住むからなのですが、今月はそのための準備に追われることになりますので憂鬱ですよ。荷物を増やしてしまったのは自分自身ですから、ガマンするしかないのですけどね。(笑)



donguri

 これは厚別西友の近くにある郊外型のパン屋さんです。

このDONGURIという店はちくわパンというのが有名みたいで、何度か通る度に寄ってみようかなと思いつつ、いつでも行けるからということで機会を逸していたのです。朝食用のパンの買い置きはありましたが、そろそろチェックしてみるかと思い立ち寄ってみたのですが、予想外にけっこう混んでいましたよ。

札幌エリアにはたくさんのパン屋さんがありますが、さほど良いロケーションとは思えないのに混んでいたので驚いたのです。いくつか味見してみましたが、特にリピーターを獲得できるレベルじゃないと感じたのですけどね。ちなみにこのパン屋さんの並びには銀波楼という郊外型のラーメン屋さんがありますが、そこの駐車場もいつも混んでるのです。そのラーメンは一度だけ試したことがあり、たしかに美味しかったのですが、また行きたいというほどじゃありませんでした。このエリアに繁盛店がある理由は謎のままに終わりそうですよ。(笑)



uragirinonikusyokunin

 これは今晩放送されるドキュメンタリー番組のCMです。

偽装牛肉問題で世間を騒がせて自己破産したミートホープ社の社長のことを取り上げる内容らしいのですが、かなりインパクトが強いタイトルですよね。北海道テレビでは昨晩のニュースでも解雇されたミートホープ社の従業員のその後の生活について特集していましたが、これから寒くなるというのに再就職先が決まらなくて困ってる人も多いということです。白い恋人の石屋製菓は10月には生産再開されそうだということでしたので、解雇される人はいないのかもですが、これにも格差というものを感じますよ。

10月に函館からフェリーに乗る前に苫小牧は通過しますので、閉鎖されたままのミートホープ社にも立ち寄ってみようと考えています。まだ10月なら印象的なこの牛さんのサインは残ってることでしょうね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

北海道の四季 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/09/01(土) 18:16)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア