新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 原油価格が下落した後に届いたペレットストーブ
oldandnewandcat

 明日から12月とは思えないほど暖かい1日でした。

先週は100ドルの大台に乗りそうな勢いでしたが、90ドル前後まで下落しちゃいました。ガソリンが安くなるのは好都合なのですが、値上がりし続ける灯油価格を考慮して山の家にはペレットストーブを注文しちゃったばかりでしたので複雑な気分でしたよ。

本日はるばる岩手県の釜石から届いた189000円のクラフトマンというストーブはロボットみたいなデザインでした。背が高いのは上部に燃料のペレットを入れるためのスペースがあるためで、それが砂時計みたいに少しづつ落ちて燃焼する仕組みですから電気が要らないですしファンも回らないので静かなのです。また薪を併用できるのが特徴で、うっかりペレットを切らした時には到着するまで凌ぐことができるのですよ。これで山の家が完成してからリビングを暖め続けてくれたダッチウエストの薪ストーブは御役御免ということになります。



ranapellet

 これがストーブの燃料となるホワイトペレットです。

クラフトマンに一袋だけオマケについていたのですが、10kg入りですから1晩で燃えつきてしまう量なのです。つまりこれはあくまでもテスト用ってことなのですよ。灯油ストーブとも併用するのが前提ですからとりあえずは1トンほど別に発注してあるのですが、節約すれば一冬は大丈夫だと思います。もちろん温暖化というのが前提なのですけどね。これが北海道なら倍以上は必要なんじゃないでしょうか。

まだどれくらいの燃焼効率なのかは不明なのですが、灯油が60円の頃にでもペレットの方が長い目で見たら割安だという話でしたので、原油価格が100ドルを越える時代になればもっと有利になるでしょう。メンテナンスは灰を捨てて、春先に一度くらい煙突掃除をするだけで良いということですので楽なはずです。冬が長い北海道では年に2回やらなくちゃいけないかもですが、こればかりは使い方や燃料であるペレットの質に左右されますのであくまでも目安なのですが。まあじんわりと暖かい暖房器具で、中段の部分にヤカンを置いておけば加湿器要らずであることは間違いないでしょう。煮込み料理も美味しくできそうですよ。(笑)



whitedogs

 山の家では動物たちがぬくぬくと暮らしています。

この2匹は似ていますが、まったくの他人なのです。オス同士なのですが、かなり仲が良くていつもこんな感じで一緒に寝ているのです。もう2匹ともおじいちゃんなのですが、昼間は元気に草原を歩き回っていたりします。それで夜は一晩中ストーブで暖められた部屋で似たような格好で寝ているのですが、灯油代が嵩んできたのでペレットストーブの導入ということになったのです。

もうすぐ上京のために走り出すことになりますのでクラフトマンの周りでまどろむ動物たちの寝姿は見ることができないのですが、おそらくこんな感じで平和な光景なのでしょう。私が少し気がかりなのはどちらかが先に逝くようなことがあればということと、九州にはペレットを生産している工場が無いことです。北海道では役場などで前向きに導入している地域もあり、最近ではペレットも7ヶ所くらいで生産しているようなのですが、明日から師走というのに最高気温は20度近くもある九州じゃ需要が低いと考えられているみたいなのです。カーボンニュートラルという観点からも九州の地方自治体でもペレットストーブを導入すべきなのでしょうが、九州でペレットを生産してる所が無いので導入する動機につながらないのでしょう。でもそれって「ニワトリと玉子」なんでしょうけどねぇ…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/30(金) 20:33)

 北海道じゃ売っていないであろう食品
garakabu

 本日も11月末とは思えないくらいの暖かさでした。

そのおかげで路地もの野菜もスーパーに並んでいまして地域格差を感じるのですが、鮮魚売り場では更に品揃えでの違いがあります。これは 「がらかぶ」という見かけが無骨な感じの魚なのですが、から揚げなどにすると美味しいのです。東京あたりでは「かさご」とかいう名前で出てると思います。他のヤツは知らない名前でしたが、いろいろと種類があるものですよね。

そのかわりにこちらでは「はたはた」や「ほっけ」などは出回っていません。生のサンマは普通に安く売っていますので流通の問題じゃなく馴染みが無いので置いても売れないから販売しないのでしょう。試しに生のほっけを熊本のスーパーの店頭に置いて実験してみたら面白いでしょうね。おそらくほとんど売れないんじゃないでしょうか。(笑)



kamesen

 これは「亀せん」というクラッシックなお菓子です。

カメの甲羅に似た少し甘い煎餅は全国にもありますが、私はこの「亀せん」が世界でいちばんだと信じております。普通の店では100円ほどで売っていますが、ダイレックスという食品チェーンでは88円で販売していました。どうも以前より量が減ったような気がするのですが、私の勘違いかもしれませんが。

これは北海道で販売しても売れるんじゃないかなと思いますが、まだ九州以外では見たことがありません。このメーカーには愚直に安っぽい感じで作りつづけてほしいものですから、あまり有名にはなってほしくない感じです。でもブログには書いちゃいましたけどね。(笑)



hinodeseifun

 これもほとんど九州でしか売られていないものです。

以前にも書きましたが、インスタントラーメンの中ではトップクラスだと思えるロン龍という日の出製粉の商品なのですが、いつの間にかラインナップが充実していたようです。これは昨晩に立ち寄ったイオンモール宇城バリューの地元産品コーナーで撮影したのですが、私はオーソドックスなタイプしか食べたことがないのですが、他のフレーバーも試してみたくなりましたよ。

このラーメンを友人たちへのお土産にしようと考えて国道3号線沿いにある工場の直売所に行ってみたのですが、途中で温泉などに寄り道したために時間が遅くなってしまったので購入できませんでした。でも明後日は熊本市内で売ってるスーパーの前を通りますので定価で少しだけ購入することにします。本当は箱で買うために工場の直売所までドライブしたいのですが、そこまでのガソリン代を考えるとバカらしいので止めておきますよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/29(木) 20:49)

 120円で満喫できるひなびた鹿児島の温泉
motoyu

 本日は雨は降りませんでしたが、曇っていました。

鹿児島から海岸線の国道3号線を走ったのですが、晴れていたならと残念でしたよ。それでも雨じゃなかったのでマシでしたけどね。早朝にガソリンを5000円分給油して鹿児島市を出発したのですが、ロングドライブで疲れていましたので、国道3号線から少し寄り道をして日置市の温泉で朝風呂に入ることにしました。

レトロな雰囲気が残る湯之元温泉の元湯打込湯というのをネットで見たのですが、自動販売機で120円を払い脱衣場へ入ってみたら先客のおじいさんたちが数人和んでいらっしゃいました。中央に「元湯」と「打込湯」という浴槽がありましたが、私にはその違いが感じられませんでした。でも温泉の効能は抜群で、その後に3時間ほどは体がポカポカしてTシャツ1枚でドライブしても平気なほどでしたよ。鹿児島の温泉はスゴいですね!(笑)



bontan

 阿久津という街で景色が良い海岸線に出ました。

今年は地球温暖化の影響でちょっと早いみたいでしたが、このあたりの名物のぼんたんという巨大な柑橘類がロードサイドに並んでいましたので、5個入りで500円のヤツを購入してみました。片手でやっと持てる量の果物がワンコインで買えるなんてスゴいですよね。

しかしその後にしばらく走ったら無人販売で7個入りで500円のヤツがありました。「しまった!」と少し後悔しましたが、安いからいいかと思い直しましたよ。無人販売の方が見た目が悪い感じでしたしね。ちなみに7個入りのヤツは片手で持ち上げるのは無理でしたよ。(笑)



hisatsutetsudo

 南九州は温暖で、いろんな柑橘類が作られています。

私がいちばん好きなのは「ぼんたん」よりも大きな「ざぼん」なのですが、まだシーズンじゃないみたいでした。産地でも500円くらいする高級品ですが、東京なら1000円以下じゃ売ってないと思います。

数年前に新幹線が開通したことにより、在来線の赤字路線が「肥薩おれんじ鉄道」という第三セクター方式でスタートすることになっているのですが、そのキャラクターのポスターにもやはり柑橘類が使われていました。私が嫌いなひらがな混じりのネーミングですが、温泉もぼんたんも安かったので気分が良かったので腹がたちませんでした。しかもこの路線は経営が厳しそうですからね。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/28(水) 20:13)

 一足早く新幹線がやってきた鹿児島は…
kagoshimaWF

 本日は久しぶりに小雨混じりの天気になりました。

午前中に都城のジャスコなどをウロウロして、お昼頃に10号線を下って宮崎県から鹿児島県へと入りました。残念ながら対岸の桜島方面は霞んで見えませんでしたが、たまにはそんなこともありますよね。まず2005年にオープンしたというドルフィンポートというウォーターフロントの商業施設に行ってみたのですが、この近くには水族館もありますので観光拠点として定着しつつあるようでしたよ。NHKでドラマ化されるので、「篤姫館」というのも今年の1月にオープンしたということでした。たしか以前はこのあたりの埋立地はさびれた感じの倉庫街だったと思うのですが、ずいぶんと印象が違うものです。初夏の天気が良い日ならもっと第一印象が良かったことでしょう。

鹿児島は数年前に新幹線が走り出しましたので、それに合わせていろんな投資が行われたみたいで、これらのウォーターフロントの開発もその影響なのかもしれません。それなりにキレイにできていましたが、夏の夜に賑わうようなタイプの商業施設でしたから昼間は閑散としていました。まだ家賃を滞納して逃げ出したテナントは出ていない感じでしたが、古さが目立ってきたらそうなるかもですよ。(笑)



aeonkagoshima

 鹿児島にもイオンの大型店がオープンしていました。

モール部分が3層構造の大型のタイプで、最近のイオンに入居している主だったテナントが勢揃いしていました。そのためかモールを案内するリーフレットもいろいろと作られていました。フロアガイドとグルメガイドを分けるのがこれからの主流となるのかもしれませんが、個人的には一緒になってるヤツの方が便利だと思います。

ここのイオンも流行ってはいましたが宮崎みたいに1人勝ちをしている感じはしませんでした。鹿児島県庁の近くにオプシアミスミとかいう中型の商業施設などがオープンしたためもあるのでしょうが、テナント構成が都会的過ぎたのも理由なのかもしれません。熊本のイオンモールクレアみたいな田舎っぽいテナント構成の方が良かったんじゃないかなと思いましたよ。(笑)



kagoshimaeki

 その後で鹿児島中央駅の商業施設にも行ってみました。

この観覧車があるアミュという駅ビルは新幹線が乗り入れた時に作られたもので、札幌で言えばJR札幌駅のステラプレイスとススキノのノルベサを足して3で割ったような感じでした。ここもテナントが都会的過ぎるように感じましたが、駅ビルですから今はそれでも良いのでしょう。しかし2011年に新幹線が福岡まで延びた時には競争に負けて悲惨な状況に追い込まれるのかもしれませんよ。

地元の新聞を読んでたら、九州新幹線が山陽新幹線と繋がったら大阪までの直通列車を要望するといったことが書いてありましたが、そんなことが実現したらますます鹿児島の商業はストロー現象ってヤツで大都市に吸い上げられてしまうんじゃないでしょうか。鹿児島の人たちはラテン的なノリで、先のことはどうにかなるだろうと考えているかもしれませんが、特に良い材料があるわけじゃ無さそうですからこの駅ビルのような新しい物件が古ぼけてきた頃にはキビシイ状況に陥るんじゃないでしょうか。既に屋上の観覧車はノルベサと同じようにほとんど無人のままで虚しく回転していましたしね。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/27(火) 20:23)

 宮崎は「どげんかせんといかん」って感じでした
tsujunkyo

 遅れていた紅葉を探すためもあり宮崎に行きました。

その途中に通潤橋(熊本県)と高千穂峡(宮崎県)という観光名所がありましたので寄道してみたのですが、両方ともなかなかのものでした。この画像は江戸時代に水不足を解消するために当時としては画期的なアーチ構造の道水路を備えた石橋である通潤橋を作った布田保之介の銅像を撮影したものです。タイミングが良いか、あるいは5000円を支払うかすれば後ろの石橋から水が放出される場面を見ることができるのですが、それが無くても充分に楽しむことができました。手すりが無くてスリル満点の石橋の上には上ることができましたし、そこから見る素朴な棚田の景色も美しかったですよ。

高千穂峡も風が吹くと枯葉がハラハラと舞う「日本の秋」という風情で楽しめたのですが、観光した後で高千穂駅に行ってみましたら閉鎖されていたので複雑な思いでした。ただでさえ乗客数が少なかったところに風水害により線路が被害を受けたためにバスによる代替輸送に切り替えたようですが、JR北海道が開発したDMVを導入することを検討中ということでした。DMVは一般道路も通行できますので時代に合った方法だと思うのですが、キャパシティが少ないのが不安材料です。DMVのものめずらしさもあるでしょうから観光シーズンには地元の人が乗れないなんてことになりかねないと危惧するのですが、東国原知事がどげんかしてくれるでしょうか。(笑)



sonomanmaichiba

 午後に延岡、日向、宮崎と海岸線をドライブしました。

高速道路が未整備ですし、大動脈のわりには1車線しかない個所では渋滞も多くてイライラさせられました。16時くらいに宮崎市内に入り、すっかり有名になった宮崎県庁に行ってみましたら近くに知事グッズなどを扱う「そのまんま市場」という店がオープンしていましたので驚きました。かつての東国原知事の相方の大森うたえもんが作ったらしい「びっきょ」という会社の販売拠点のようですが、落ち着いた雰囲気の県庁通りにありましたので違和感がありましたよ。

民間企業がやってることですし、既製品に知事の似顔絵シールを貼っただけの安直なものだけじゃなく、それなりにオリジナリティがある商品の開発もやっていましたので評価はできるのですが、かつての竹下通りのタレントショップのノリでしたので眉をひそめざるを得ませんでした。また入り口付近のカウンターでは数年前に「金スマ」で有名になった台湾アイスの雪花氷(しぇーほぁびん)を販売していたのですが、宮崎オリジナルのフレーバーが明日葉だけとサミシイ感じでした。安直に他所の名物を持ってくるのもいかがなものかと思いましたし、オリジナルのフレーバーを増やす努力をしないというのも不思議でした。有名人が知事になって全国区のテレビで放送される機会が劇的に増えたわけですから、例えば鹿児島の「シロクマ」に対抗するような新しいアイデアのアイスを「サッポロスイーツ」のようにコンペ方式で考案しても良いのではないかと思いましたよ.




maroburger

 宮崎で久しぶりにB級グルメを試してみました。

いろいろと検索してる時に見つけた宮崎のファストフードの草分け的な店ということでしたが、イオンモール宮崎とシーガイアがある海岸側と国道10号線の中間くらいの郊外のロードサイドにありました。チキン南蛮バーガーというのもありましたが、店名にもなっているマロバーガーのセットを頼んでみたのですが、まずコーラをコーヒーに変更できなかったのでガッカリしました。まあたまには昭和チックな気分を味わうのも悪くないかと数年ぶりにコーラを飲んでみたのですが、やはり単品だけの持ち帰りにして他所の店でコーヒーを買うべきだったと後悔してしまいました。またマロバーガーもそれなりに美味しかったのですが、このセットで450円でしたので割安感はありませんでした。単品なら250円で、100円バーガーなどが無かった時代なら問題ないのでしょうが、平成不況になって大企業が格安なものを工夫していましたからねぇ。ネットの情報にあったとおりに人が良さそうな老夫婦が頑張って続けてる店でしたので文句は言えない雰囲気でしたが、せめて美味しいコーヒーとフレンチフライにタルタルソースを加えることをお願いしたいものだと心の中で思いましたよ。

バーガーができる間に宮崎日日新聞を読んでいたらシンポジウムで知事が挨拶してる記事がありました。またフリーペーパーには大森うたえもんがインタビューに応えていたものが載っていました。そして偶然にも民放が2チャンネルしかない宮崎では月曜の19時から放送されているらしい「スマスマ」では東国原知事が出演する回を目撃してしまいました。たしかフジテレビでは少し前に放送されたはずでしたから、イオンの家電売り場で見た時には「録画したものを流してるなんてスゴい人気なんだなぁ…」と思ったのですが、その後に自動車に戻ってテレビを見たらジェームス・ブラントが歌っていましたのでオンタイムの放送だったみたいです。宮崎に入った途端から知事の顔を見たわけですが、それは良いとしても数年ぶりの宮崎だったのに変化が少なすぎたのが意外でした。別に宮崎に大型の公共事業を期待してたわけじゃないのですが、印象が薄かった宮崎が全国的に有名になったというのにチャンスを生かそうとしない宮崎県民の保守性が気になったのですよ。既製品に似顔絵シールを貼っただけで売上が上って喜んでいると将来がたいへんじゃないかなと思うのですよ。もう知事の顔の賞味期限は切れつつありますからね…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2007/11/26(月) 20:11)

 「こんにちは熊日です」という講演会に行ってみました
kumanichi1125

 連休最終日も気持ちよく晴れてくれました。

今日はWowowでやる「カーズ」の日本語版を録画予約して、13時から熊本学園大学60周年記念会館ホールで開催された「こんにちは熊日ですin熊本市」という講演会に行ってきました。「くまもと都市戦略 政令市を考える」というテーマで元三重県知事の北川正恭氏と新潟市長の篠田昭氏の基調講演だけ聞いてきました。

熊本より早く大型合併により政令市になった新潟の話はそれなりに面白いものでしたが、わざわざ出かけるほどの内容じゃありませんでした。無理に政令市を目指すという意味もわかりにくいですしね。この新潟市長の講演の後に潮谷義子知事や幸山政史熊本市長を交えてパネルディスカッションが行われたようですが、それはパスしちゃいました。面白く無さそうでしたのでね。(笑)



kumamotoshiopenhouse

 24日と25日にアーケードでこんなのをやっていました。

熊本市は2期目の幸山市長の下で総合計画というものを策定中らしいのですが、それを一般市民向けにクイズ方式にして認知度を探ろうということのようでした。私は時間が無かったですし、メリットも無さそうでしたので参加してみなかったのですが、こんなことを税金を使ってやる必要があるのかなと疑問でしたよ。

熊本市は周辺の県庁所在地に較べて観光客が宿泊してみたいと思わせる魅力が少ないと思うのですが、新幹線が通って移動時間が短縮されれば、ますますその傾向が多くなりそうですから、その対策が急務じゃないかと思うのですが、あまり面白そうなプランが見当たりません。こんなアリバイ作りみたいなことをやってるからダメなんじゃないでしょうか。(笑)



seireishikarasyutohe

 中心を流れる白川のほとりにこんな看板がありました。

2011年に新幹線がやってくると福岡と鹿児島などが近くなるので、将来の道州制が実現した時には九州の州都になることを目指そうという内容なのですが、それってどうなのかなと疑問です。ニューヨークとワシントンDCの関係のように経済の中心と政治の中心を分けることは海外では珍しくないものの、日本では九州の州都は福岡というイメージだと思いますよ。

特に福岡空港を移転させれば博多駅から地下鉄1本でアクセスできる広大な土地を副都心の建設立地とすることが可能ですから、そのあたりが順当じゃないかなと私は思うのですよ。もちろん熊本市だって未利用の土地はあるのですが、コストパフォーマンスや波及効果などを考え合わせると、熊本市が政令市になれても州都はムリって感じがするのですけどね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/25(日) 18:31)

 2011年に新幹線がやってくると熊本駅はおてもやん駅…?
kumamotoekiura

 3連休の真ん中も爽やかな秋晴れでした。

午前中に洗濯などを済ませて午後から自転車で熊本駅に行ってみたのですが、新幹線の工事が始まっていてずいぶんと雰囲気が変わっていました。この画像は駅の北側の春日陸橋の近くの神社の階段から撮影したものですが、新幹線の線路の高架がこの陸橋のレベルに迫ってきているので不思議でした。それで近所の住民に聞いてみたら、春日陸橋も含めて3本の陸橋が撤去されて代替道路が作られるということでした。

つまり新幹線と在来線は熊本駅のあたりだけ高架になり、人間や自動車は地上のレベルを移動するようになるみたいです。現在は踏み切りや陸橋で東西に分断されているわけですが、2011年には駅の東側には新しい広場が完成するみたいですし、現在ではさびれた住宅地でしかない西口エリアも大きく変化するみたいですよ。


kumamotoekiura2

 これが11月24日現在の熊本駅の西側の状態です。

春日小学校の角あたりから撮影したのですが、現在は存在していない西口に向う道路を作っていました。大分駅でも似たようなことをやっていましたが、あちこちの都市で駅裏の住民は引越しを余儀なくされているみたいですよ。まあそれなりの金額は貰うことができるのでしょうが、住み慣れた土地から離れたくない人も多いでしょうからお気の毒ですよ。

万日山という山が近いので物理的に広げようが無い駅裏がどのように変われるのかはわかりませんが、駅の東口には新しいターミナルが建設されることになるみたいです。現在の貧弱な駅舎よりはマシなものになるのでしょうが、新幹線に35分乗れば福岡駅に到着することになりますので比較されるとキビシイでしょうね。ちなみに福岡駅ビルも名古屋や札幌のような大規模なものになるそうで、熊本の小売店の売上がかなり落ちるのではと危惧されているのです。


kumamotoekiyoko

 熊本駅の南側の空き地も大きく変化しそうです。

現在は熊本城の近くにある合同庁舎というのがこの場所に移転するという計画があるみたいで、数年後にはビルが建ち並ぶことになりそうなのです。おそらく機能重視の面白みが無いビルが建設され、面白みが無い人間が働くエリアになるのでしょう。駅の周辺を走り回ってみての感想は、熊本にとって新幹線はあまりメリットが無さそうということでした。早くて便利になるのは確実ですが、人口減が確実視されている世の中で「対投資効果」があるのか疑問ですよ。

ちなみに福岡に消費を奪われてしまうのではないかという危機意識から、熊本駅の周辺では高知の「坂本竜馬空港」のように愛称を付けて観光に役立てようという動きがあるようですが、それで候補になっているのが「おてもやん駅」ですって。これは何かの冗談に違いないと思ったのですが、今朝の新聞に署名活動を始めたという記事がありましたので本気で動き出してる人たちがいるみたいですよ。う?む、まさか実現することは無いでしょうが、もし何かの間違いで決まったとしたら「お気の毒です」としか言えませんよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/24(土) 20:57)

 観光面で反面教師となる南阿蘇の愚行
shirakawasuigen

 3連休の初日も最高の天気に恵まれました。

午前中に山の家のヤボ用を済ませて熊本市内に戻ることになっていたのですが、時間の余裕があったので回り道して久しぶりに白川水源に行ってみることにしたのですが、せっかくの晴天を台無しにすることになってしまいました。白川水源は清らかな湧水で有名で、遠くからポリタンクを持参して水を汲みにくる観光客が多い場所でしたが、駐車場からそこに至る道には安普請の土産物屋が建ち並び、水源の入り口には協力金を払えという看板が立っていたのです。

誰の発案なのか知りませんが、公的なみんなの水源にゲートを作ろうなんてとんでもない話ですよね。京都の神社の拝観料に次ぐ愚行ではないでしょうか。



sakuratoparkgolf

 その後で「一心行の桜」という観光名所に行ってみました。

畑の真ん中に桜の老木がひっそりと立っていたのですが、ニュースステーションの桜の中継で有名になり、見物渋滞がおきたということで駐車場の整備が進んだとい話でしたが、驚いたことにすぐ近くにはパークゴルフ場も作られていたのです。

おそらく桜の季節は短いので、それ以外の時期にも駐車場を有効利用しようといったようなことからの発案なのでしょうが、これまたとんでもないことをしでかしてくれたものですね。ここで楽しんでプレーしてる地元の皆さんは悪気がないのでしょうが、これはあきらかに観光面でマイナスになると思いますよ。貧困な発想で計画案にGOを出した地元自治体の議員の皆さんは松岡体質のおじさんなのでしょうが、できるだけ早く松岡の後に続いてほしいものだと思いましたよ。(笑)



dagojiru780yen

 気分はげんなりしたので、気分転換をすることにしました。

普通に美味しいという噂を聞いて「だんご汁定食」というものを試してみたのですが、これが素朴な味で美味しゅうございました。注文を聞いてから朝取り野菜を刻み始めるということでしたし、大きなきしめんのようなものも自家製ということでした。さらに唐辛子ペーストのようなのも自家製っぽい感じでしたよ。

美味しい煮物や漬物が付いて780円でしたが、このランチのおかげで気分がずいぶんと良くなりました。やはり嫌な思いをした時には美味しいものを食べるに限りますよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/23(金) 20:54)

 ついに九州も蜂蜜が固まる季節になりました
hachimitsu

 本日も熊本は降水確率0パーセントでした。

先日からまた山の家に来ているのですが、標高はけっこう高いですから平野部に較べると5度以上冷え込むようです。それで暖房を入れてないキッチンに置いてあった蜂蜜はねっとりと固まっていましたよ。撮影した後にストーブの前にしばらく置いていたら柔らかくなりましたが、ついに九州もそんな季節になったのですね。

家族の話によりますと先々週の野生の猿に続いて猪が近所を歩いていたそうです。私はまだ目撃したことは無いのですが、滞在中にシャッターチャンスに恵まれたらアップしたいものです。本当は捕まえて鍋にでもしたいところですが、とても私の手におえる相手では無さそうですので撮影だけにしておきますよ。名古屋で購入した八丁味噌はまだたっぷり残ってはいるのですけどね。(笑)



tanukineko2

 寒くなってきたので、またタヌキ猫が撮影できました。

夏の間は山の中で野生化して生活しているみたいなのですが、さすがに最近の冷え込みでエサとなる野ネズミなどが減っているためか、家の中に戻ってくるようになったそうです。昼間の気温はまだかろうじて2桁ありますので朝ごはんを食べた後は元気に野山を駆け回っているのでしょうが、夜はまた戻ってくることでしょう。毛並みは抜群に良いので若く見えますが、もうかなりのおばあちゃん猫だそうですから、だんだんと家に戻る時間が増えてゆくのかもしれません。

目つきはかなり悪い猫ですが、物静かでなかなか性格が良さそうです。北海道の長い冬にもこんな猫がいたら良かったのにと思いましたよ。そうすればネズミにリモコンを齧られたりするイタズラに悩ませられることも無かったはずですからね。(笑)



ronryu

 スーパーで懐かしいインスタントラーメンを見つけました。

数年前に原宿の友人の店のオープニングパーティの時に映画などの撮影用の屋台を借りてきて、このラーメンを振る舞ったことがあったのですが、店頭に並んでるのは初めて見ました。インスタントと侮れない本格的な味のラーメンですが1人前で130円くらいでしたので、悩んだ挙句に2人前で207円のものが168円で特売されていた「熊本火の国とんこつラーメン」を購入しました。来週にはこの「ロン龍」というラーメンを作ってる街の近くを通る予定もありますので、そのあたりのスーパーで安く売ってるかもしれませんからね。もし工場の直売があれば箱で買って上京する時にお土産にしようかなと考えています。アキバあたりのインスタントラーメン専門店には「ロン龍」を売っているかもしれませんが、おそらく高いでしょうからね。

この他にも定番の「アベックラーメン」や「うまかっちゃん」の「博多からし高菜風味」などを購入しました。後者は新しいフレーバーのようですが、かなり辛いものの美味しかったですよ。でも肝心の高菜はほんの少ししか見当りませんでしたが。「からし高菜風味」ですから間違いじゃないのですが、ちょっと期待を裏切られてしまいましたよ。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/22(木) 20:48)

 全国区では見かけなくなった芸能界の大物が…
kokaisyotengai

 本日も晴れで、また少し暖かくなりました。

こんな感じで秋から冬へと移り変わっていくのでしょうが、なんといっても日本の冬といえば寒風吹きすさぶ日本海じゃないかなという気がします。私は年末が近づいてくると「津軽海峡冬景色」みたいな世界をドライブしてみたくなるのですが、地球温暖化の影響が残る九州じゃ雰囲気が違い過ぎますよ。でもたしか歌ってる石川さゆりも熊本県の出身だったはずですけどね。

しかし地元を代表する大スターと言えば芸名に地名を盛り込んだ水前寺清子と八代亜紀じゃないでしょうか。その水前寺清子は4年間の北海道での生活で見かけた記憶が無いのですが、さすがに地元の熊本では露出することが多いみたいです。これは毎年恒例の秋の祭りの発着点として有名な藤崎宮に近い子飼商店街の入り口なのですが、誇らしげに「水前寺清子出生の地」と書いてありました。今では買い物客よりも店員の方が多そうなさびれた商店街になってしまったのですが、デビュー前の水前寺清子が鼻歌を歌いながら手伝っていた頃は真直ぐに歩けないほどの人出があったんじゃないでしょうか。おそらく流通業界で日本一となったピンクをテーマカラーとする企業が誕生する前の話だと思いますが、そう考えると世の中はずいぶんと変化しているものですよね。



komecm

 静止画でしたが、地元のCMにも出演してらっしゃいました。

北海道米のCMには大泉洋の次に北島のサブちゃんが起用されていましたが、やはり熊本ではこの人に頼むしかないみたいですね。演歌界の大御所にしゃもじを持たせた図柄に「しあわせ米こむプレゼント」というコピーを乗っけるなんてスゴい感覚ですよね。初めてこれを見た時には何かの番組での冗談なのかと疑ったくらいですが、これはローリングストーンズみたいに「偉大なるマンネリ」の成せるわざなのかもしれませんよ。(笑)

「大泉洋」で検索してこのブログに辿り着いた若いファンの皆さんは「水前寺清子」や「ローリングストーンズ」をご存じないかもしれませんが、その場合は検索してみるか、お父さんやお母さんに聞いてみてくださいませ?。(笑)



bunkado

 商店街にはまだこんなレコード屋が生き残っていました。

下通りと銀座通りの角ですからマクドナルドが狙いそうな良い立地なのですが、ここだけ昭和チックな世界が残っているのです。断言はできませんが、デビューしたばかりの水前寺清子はこの店でもレコードを買ってくれたお客さんにサインしたりしたんじゃないでしょうか。もしかしたらビールケースに乗って歌ったことさえあるかもしれません。そして今は亡きばってん荒川さんに「この子は絶対に売れる!」というお墨付きを得たのかもしれません。

妄想はそれくらいにして現実的な話にしておきますと、この店の左側にはズラリと自動販売機が並んでいました。氷川きよしのCDなどはけっこう売れるのかもしれませんが、今ではレコード店の売上よりも自動販売機の稼ぎの方が多いんじゃないでしょうか。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/21(水) 20:25)

 城下町としての魅力を高めるためには…
guttusanke

 今日は久しぶりにポツポツと小雨が降りました。

北海道で家庭菜園をやってた頃には雨を心待ちにしたことがありましたが、今は特に必要性がありません。熊本は地形的に地下水も豊富ですので、中途半端に降ってもらわなくても構わないのですが、自然現象ですからどうしようもありませんけどね。(笑)

この画像は「ぐっさん家」という番組が熊本でロケした時のものです。タレントの山口智充こと「ぐっさん」がテキトーに思いついたようなことをワンカメで追うような東海テレビのヌルい番組なのですが、阿蘇と熊本の回を放送してましたので録画してみたのです。本物の熊本城の前に模型とフィギュアを並べていましたが、特に意味は無さそうでした。そんな感じで地味に進行する不思議な番組ですが、続いていますのでコアなファンがいるのかもしれませんね。



kumamotocitymap

 これはホテルキャッスルの近くにあった観光地図です。

熊本の中心部はランドマークとなる熊本城がありますし、上通りと下通りというメインのアーケードの間を路面電車が通るというわかりやすい構造ですが、要所にはこのような地図があると良いですよね。先週熊本城に行った時にも韓国語が飛び交ってましたが、今後円安傾向が続けば外国人の観光客が増えるでしょうから、もっと必要になるかもしれませんよね。

これから城下町としての魅力を高めるためには、このようなマップに別の付加価値を加えるべきなんじゃないでしょうか。地元企業のCMを入れることにより無料で使うことができるような街頭PCなんてのも良いかもしれません。すでに秋葉原や渋谷でやってるようなことですから、ハードルは低いんじゃないかなと思いますよ。



rakugaki

 城下町を台無しにする落書きは困ったものです。

しかしこんな無粋な警告の張り紙もダメですよね。私には落書きと同じくらい罪深いものに見えちゃいますよ。こんな張り紙をした人は罪の意識がまったく無いのかもしれませんが、街を汚しているという意味では落書きと大差ないんじゃないでしょうか。

最近では高感度なCCDカメラや大容量のHDDが発売されていますので、落書きが多発するエリアに予告無しに設置して、夜中にやってくる犯人を特定して起訴すべきじゃないでしょうか。そして罪を免れるための城下町清掃のボランティア制度なども用意しておくと良いんじゃないかと思いますよ。詳しいことは知らないのですが、ドイツあたりに良い見本となる制度がありそうですよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/20(火) 19:38)

 地元関連本の間に平積みされていたものは…
matsuokahon

 本日は放射冷却のためもあり冷え込みました。

山間部では氷柱が見られたり平野部でも初霜が降りたそうですが、昼間は穏やかでしたので近場なら上着無しでも歩けるくらいでした。札幌なら10月末くらいの気候だと思うのですが、つい最近まで夏日の日があった熊本の皆さんにとっては寒く感じるみたいで、ダウンジャケットを着ている人さえ見かけましたよ。遠くからオートバイなどに乗ってきた人かもしれませんが、それにしても「まだ早いだろう!」と心の中で呟いてしまいましたよ。(笑)

本屋でも「こんな所に置いてもいいの?」とツッコミを入れたくなるような光景を目撃しました。タイトルに「美しい国」という言葉が入っていますが、内容は地元出身の利権まみれの自民党議員について書かれた内幕モノみたいでしたから、この配置には違和感がありました。以前に松岡氏を偲ぶ会の新聞広告を紹介したことがありましたが、それは先日ニュースカイホテルで盛大に開催されて800人も集まったそうですよ。この本も熊本以外では平積みされないのでしょうが、地域による「差」というものを感じさせられましたよ。ちなみにこの本は今年の7月に出版されていたみたいですが、札幌や東京などでは見かけることがありませんでした。熊本と霞ヶ関の本屋以外では片隅に追いやられるタイプの本ですから当然でしょうが…(笑)



torokukokutei

 今日のお昼は念願のとろく黒亭でいただきました。

日曜が定休ということを知らなかったので、前回は選択肢が無くなってチェーン店の味千ラーメンを食べる羽目になったのですが、ようやく食べたかったラーメンを口にすることができました。値段は味千と同じ500円でしたが、駐車場が満車だったため店に入るまで5分ほど待たされたためもあり、細麺のオーセンティックな熊本ラーメンを非常に美味しく感じることができましたよ。

待たされたおかげで車中のテレビで「笑っていいとも」に出演していた大泉洋を少しだけ見ましたが、もう芸能界での地位が確立してるみたいですね。でも北海道以外の人は彼の歌手の一面をあまり知らないのかもしれません。まだ今年は無いと思うのですが、今日の歌の話を聞いて新曲を出すという話が進み、来年の紅白出場なんてのが実現するかもしれませんよ。若い視聴者からの徴収料のアップを狙いたいNHKですから充分にあり得る話なんじゃないでしょうか。



pringlesPCG

 食後に上熊本のドンキホーテに行ってみました。

以前は地上駐車場だけの小さな店でしたが、いつの間にか立体駐車場を備えた大きな店になっていました。目的のものは置いてなかったのですが、せっかく来たので食品売り場をウロウロしていたら、またプリングルスの期間限定品が目につきました。

類似品のポテチは100円ほどで売っていたりしますので悩んでしまいましたが、好奇心に負けてカゴの中に入れてしまいました。レジを抜けて駐車場に歩いてゆく途中に味見してみたのですが、ごく普通のチーズ味でしたので返品したくなりましたよ。普通に美味しい商品でしたが、「ポテト」と「チーズ」は納得できたものの、「グラタン」はどこにも見つけることができませんでした。まんまとプリングルスの巧妙な戦略に引っかかってしまいました。反省しま?す。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/19(月) 20:00)

 おそらく日本で熊本県だけのUDウィーク
UDweek

 ついに九州も11月らしい気温になってきました。

昼間は上着は不要な感じでしたが、夕方から冷え込むのを予想して持って出かけたのですが正解でしたよ。まあ先週までのように半袖で過ごせる方が異常ですのでこれで良いのですが、屋外でイベントをやってる皆さんにとっては不都合なようでした。福祉畑出身の女性知事の熊本県ではユニバーサルデザインの普及に力を入れているのですが、上通り入り口のびぷれす広場で先日からUDウィークのイベントをやっていましたのでチェックしてきたのです。

日本はこれから本格的な高齢化社会を迎えますので、安価で優れたUDプロダクトの必要性が高まっているはずなのですが、数年前に西新宿のOZONEで見たUD展から少しも進歩していないんじゃないかなという感じでした。日本の大企業が本気で取り組めば、もっと素材やデザインなども含めて斬新なものが開発できるんじゃないかなと思うのですが、残念ながらその気配が感じられなかったのです。先月ミッドタウンで見たトヨタの3輪の未来カーのような画期的なものをどんどん開発してもらいたいものだと思いましたよ。



anshinidounavi

 UDの展示の中になにやら不思議なパネルがありました。

12月7日までの「くまもと安心移動ナビ・プロジェクト」という変なネーミングの実証実験のようですが、国交省と熊本県によりユビキタス技術を活用して簡単に乗換案内や観光情報などがわかるシステムを検討するということのようです。少し前に六本木でやってたようなものだと思うのですが、ウェブサイトを見てもよくわからないのです。

「ユビキタス」という言葉だってまだ一般の認知度は低いと思いますので、これを企画した税金で給料を貰ってる方たちには上手く表現できるようにタイトルも含めて練り直すべきなんじゃないかなと思うのですが、その場合はひらがなを使うのはやめてほしいものです。私のブログの常連さんならご存知でしょうが、ひらがなのタイトルは個人的に幼稚な感じがしますので大嫌いなのです。(笑)



hibinoworkshop

 イベント会場の3階で不思議なプロジェクトがありました。

5年前に街のど真ん中に熊本市立美術館ができたのですが、そこの受け付けの横のスペースにダンボールで作った不定形な塊がゴロゴロと転がっていたのです。どうやら市民参加型のアートイベントのようで、日比野克彦氏の発案の「石垣プロジェクト」というものらしいのです。市民に勝手にダンボールで「石」を作ってもらい、それを組み上げて美術館の中に石垣を出現させるというものみたいでしたよ。

今日は古い繊維街である川原町で行われたイベントに日比野氏がやってきて、市民に製作の指導をしてたようですが、屋外だと集まりが悪かったんじゃないかと思いますよ。つい先々月まで道民だった私にはたいしたことがない冷え込みでしたが、寒さに不慣れな熊本の皆さんにとっては「冬」みたいだったかもしれませんからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/18(日) 18:52)

 熊本県立大学での「まち育て塾」という講座
motanikousuke

 本日も晴れましたが、日増しに秋が本格化しています。

今朝は熊本県立大学のイチョウから落ちた銀杏の臭い匂いを嗅ぎながら17番教室に行き、「まち育て塾」という講座に参加してみました。熊本県庁の都市計画課が主催したもので、2番手の藻谷浩介氏が昨年の札幌の講座の時のように早口でまくしたてるのを楽しみに出かけたのですが、阿蘇に泊まられて温泉にでも入って充電されていたためか今日もかなりパワフルでした。

しかし残念だったのがテーマの「歩けるまちを育てるため」からの脱線が少なかったのと、講座の時間が短すぎたことでした。怠惰な地方都市の商店街のゾンビ店主に浴びせるキツイ言葉をもう少し聞きたかったのですが、次の北海道での講演のためもあり、20分ほどの延長で終了となりました。午後の講座なんて眠たいだけでしたので、藻谷氏に2倍の講座をお願いしたい感じでしたよ。(笑)



tenjinudon

 講座の間のランチは「天神」という店を試してみました。

日曜でしたので熊本県立大学の学食がやってなかったので通りすがりの学生さんに聞いてみたら、歩いて5分ほどの釜揚うどんの店を勧められたのです。あまり期待せずに行ってみたのですが、タモリさんが好きそうな昆布だしが効いたうどんで悪くなかったですよ。

私は定番の330円のゴボウ天うどんを注文したのですが、ここの店のは細く切ったものではなく、薄くスライスしたものを揚げてありました。私は初めてでしたが、これもアリだなと思いましたよ。



midorinet

 そのうどん屋の前に古い建物が残っていました。

この道路は熊本で国体が開催された時に整備された新しい道で張り付いてるロードサイドの店も新しいものが多いのですが、この旧免許センターの建物だけ古ぼけたものが残ってるのです。自動車の通行量も増えていますので、使わないのなら勿体無いので民間に払い下げるなどすれば良いのにと思ったのですが、「水土里ネット」という変な名前の看板がかかっていましたので「利権」の匂いがしましたよ。

おそらく「水土里」は「みどり」と読むのでしょうが、検索してみたら土地改良事業団体連合会という組織の関連のもののようでした。有効利用されない建物の中で有効利用できないタイプのおじさまたちがお茶を飲んで新聞を読んでるだけという感じがしたのですが、それが当たってるかどうかは知りませんよ。あくまでこの建物の外観から見た時の私の勝手な憶測で?す。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/17(土) 19:53)

 泥武士ランチ、産官学フォーラム、古代塩の店
dorobushi

 本日も晴れましたが、少し冷え込みました。

午前中にヤボ用を済ませて家族と「泥武士」という店でランチを食べました。東京にも3店舗の支店がある野菜が好きな人の間では有名店だと思うのですが、本店は熊本の路地裏にあるのです。私は広尾の店だけ行ったことがあったのですが、ここは初めてでした。

ランチは1000円前後の価格帯で6種類ほどありましたが、私はいちばん変わった小松菜うどんのセットにしてみました。温かい緑色のうどんをキノコ汁っぽいものにつけて食べるというもので、山盛りサラダとおにぎり、ダシ巻き玉子などが付いて850円でしたから割安感がありましたよ。もちろん食後のコーヒーもありましたし。ちなみに東京の支店とはメニューが違うそうですからご注意くださいませ?。



sankangaku

 食後に全日空ニュースカイホテルに行ってきました。

「九州産学官連携シンポジウムin熊本?地域ポテンシャルとICTによるイノベーション熊本の創出?」というものが開催されていたからでしたが、それなりに面白かったものの疑問も残りました。基調講演の方の年内に新しいWIMAX基準の光に匹敵する移動体通信が決定する予定というのを聞いて、ようやくそんな時代がやってくるのかと思いましたよ。ウィンドウズモバイルの次世代ビジネス携帯が発売されるようになると光環境下のデスクトップPCと同じことが携帯端末でできるようになるわけです。その頃には日本にはいないかもですが。

後半のパネルディスカッションもバラエティがあって面白いものでしたが、不思議なメンバーだったのが気がかりです。アルファ・システムというゲームのコンテンツを作ってる会社と楽天で「餃子の王国」という人気サイトを運営してる双和食品という会社の社長さんが 「産学官連携の強化と熊本における地域活力の向上」をテーマに話をされたのですが、他にもっと適任者がいたんじゃないかなと疑問でした。

おまけ:これを書いた直後にネットのニュースを見たら、ジュネーブで開催されている世界無線通信会議で通信基盤となる第4世代携帯電話向けの周波数帯域の割り当てが決まったということでした。国内でどのグループが獲得することになるのか興味津々ですが、私が嫌いなNTTにはならないことを祈りたいと思います。(笑)



kodaishio

 その後に歴史的な下町を散策してきました。

2年ほど前にオープンしたばかりのピュアりーという店に行ってブログにもアップしたことがありましたが、その周辺が変化してるんじゃないかなと期待していたのですが、マンションや駐車場が増えているだけでした。古い建物は耐震性や使い勝手に問題があるのでしょうが、どうも簡単に壊しすぎるんじゃないかなと思いますよ。小樽運河の倉庫群も壊して道路を作ろうという計画があったそうですが、一部の常識的な人たちにより破壊を免れて観光資源として活用されているわけですが、熊本ではそのような声が少な過ぎるのかもしれません。

これはピュアりーという店の斜め前のマンションに入居していた古代塩の専門店ですが、このような特色がある店は古い建物の方が似合うような気がしますよ。この店の「塩アイス」というものに惹かれたのですが、夕方で気温が下がっていましたので試しませんでした。ランチの直後だったら誘惑に負けていたでしょうが…(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2007/11/16(金) 19:29)

 鶴屋で思いがけず3種類のトワイライトゾーンに突入
daidosankoichi

 本日も晴れて、最高気温は20度を超えたみたいです。

午前中のニュースで札幌の石屋製菓が白い恋人の製造を再開するというニュースで新社長の肩にちらつく雪が乗っていましたが、九州ではようやく本格的な秋を迎えているところですから地域によって差があることを痛感させられましたよ。まあそんな北の厳しい風土が豊かな食材を育んでくれているのでしょうけどね。

先週はくまもと阪神というデパートで北海道の物産展があったばかりですが、今度は鶴屋で大道産子市というものが始まりました。内容は先週と大差ない感じでしたが、やはり多くの買い物客で混雑していましたよ。私が買ってみようと思うような商品は無かったのですが、富良野デリスのプリンには少し心を動かされてしまいました。富良野の店に行った時に定休日だったので味見したことが無いもので。値段も割高じゃなかったので試してみようかなと思ったのですが、現地で食べないと意味が無いと考え直してやめておきました。



yashiroakikaigaten

 鶴屋の8階では八代亜紀の絵画展も始まっていました。

モナリザの模写やかわいい猫などを題材にしたもの、そして築城400年を記念しての熊本城など不思議なトワイライトゾーンに迷い込んだような感じがしましたよ。おまけにご自身がステージに立ってる場面を描いたものさえありましたし。(笑)

まったく期待していなかったので楽しむことができたのですが、皆さんにオススメはできません。まあ6階の特設会場での大道産子市のついでにというのであれば悪くないと思いますけど…



yosyomeisakuhinten

 これもついでなら良いのではないかと思いました。

南阿蘇と北鎌倉に美術館を持つ葉祥明氏の作品展が東館の3階のエスカレーター脇で行われていたのですが、すべての作品が似たような感じですから、このでも別次元のトワイライトゾーンに迷い込んだような気がしましたよ。11月17日には14時から本人のサイン会があるということですが、それを見に行ったらさらに異次元のトワイライトゾーンに誘われることになるんじゃないでしょうか。(笑)

驚いたのがジェイクという白い犬のマスコットなどがいろいろと商品化されていたことです。まだこれまで一度も街で目にしたことは無かったのですがネットショップもありましたので、それなりに売れているのかもしれません。会場のモニターではジェイクのアニメのようなものをやっていましたが、そんなものさえ作られる時代なのですね。私にはまったく理解不能な世界でしたよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/15(木) 20:45)

 築城400周年の熊本城に行ってみて…
kumamotojyo400

 本日も良い天気で昼間は20度を越えたみたいです。

以前にも書きましたが、熊本のシンボルの城は400周年ということで本丸御殿というのを復元工事していまして、その資金を集めるために「一口城主」という制度を作り、寄付してくれた奇特な人に記念招待券を配っていたということです。その招待券をいただいたので久しぶりに熊本城に行ってみたのですが、平日というのに外国人観光客が多いせいもあり、わりと混んでいました。

滋賀県の彦根城も築城400年で「ひこにゃん」というキャラクターの著作権問題でも話題となってるようですが、おそらく熊本城のことは全国ニュースにはまったく載っていないのでしょう。この看板や招待券のデザインが象徴するように熊本市で企画を担当している部署に問題があるためだと思います。ちょうど看板の後ろに見えるのが熊本市役所なのですが、札幌市役所と同じように観光名所の目の前に居座っていることから無神経だと思います。既に熊本県庁は郊外に移転していますが、市役所やNHKなど街中に要らない施設はさっさと郊外に移転すべきですよ。そしてその敷地には観光に寄与する集客力や話題性がある施設を作るべきなんじゃないでしょうか。
 

kumamotosaruku

 天守閣近くの売店では記念グッズも販売してました。

ありきたりなキャラクター入りのクッキーがありましたが、魅力が無いためか売れ行きは悪そうでした。観光客が何に興味を示すのかレジの横で見ていたら、飛ぶように売れていたのは11月も中旬というのにアイスクリームでした。広い熊本城の中を歩かされるので当然かもしれませんが、やはり地球温暖化の影響でもあるみたいですよ。

ドアに貼ってあったポスターは「くまもと さるく」とありますが、完璧な長崎の「さるく博」のマネなんじゃないでしょうか。私が大嫌いなひらがなのネーミングですし、こんな企画を考えた猿マネ野郎に「アホか」と言ってやりたいですよ。(笑)
 


 nihonchinbotsu2

 熊本城の天守閣が大破した決定的な瞬間です。

数日前にWOWOWで放送してた「日本沈没」の導入部のシーンなのですが、先ほど上ってきたばかりの天守閣に阿蘇の大噴火で飛んできた溶岩が直撃していましたので笑ってしまいました。熊本市内には大昔に阿蘇の火口から飛んできた岩がたくさん残っているそうですから、これから先にも本当に飛んでくる可能性はありますが、関東や東海地方の地震に較べると起こりうる可能性が桁違いに低いのでフィクションとして映画を楽しむことができましたが。

でも「日本沈没」は樋口真嗣監督ですから、このような特撮部分はわりと良くできていたのですが、ドラマ部分は学芸会レベルでしたので何度か早送りしてしまいました。この映画を作る時に東宝の偉い人たちの間にミミ・レダー監督の「ディープ・インパクト」みたいなヤツをという思いがあったのかもしれませんが、キャスティングが大失敗だったと思います。防衛庁(2006年当時)や消防庁が撮影に全面協力していなかったら薄っぺらな仕上がりだったんじゃないかなと思いますよ。しかし国民の血税で購入された特種車両などが娯楽映画のために使われるというのもいかがなものかと思いましたけどね。



kumamotocastle3650yen

 熊本城つながりでこんなのもありました。

数種類の城がありましたが、やはり熊本城がいちばん上に置いてありました。3650円もする高価なものでしたからディテールがしっかりしているのかと中身を確認してみたのですがガッカリしましたよ。マニアにしか売れないものだから強気の値段なのかもですが、年間にどれだけ売れるんだろうかと疑問ですよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/14(水) 19:24)

 まだ熊本は初秋なのに宴会ナビって…
enkainavi

 九州地方は高気圧に覆われて晴れが続いています。

平地の最高気温は20度前後ありますので気持ちが良いのですが、山のスキー場では人工の雪を作り始めましたから冬は確実に近づいているみたいですね。もう繁華街でもクリスマスデコレーションをたくさん見かけるようになりましたが、地元の新聞社からは年末年始用の「宴会ナビ」というフリーペーパーが出版されていましたよ。

大人数で楽しめそうな店がたくさん載っているのですが、また師走は自動車での移動となりますので私にはまったく不要な情報です。アルコールもまだやめていますしね。それより気になったのは鶴屋で始まる八代亜紀の絵画展の広告です。サイン会もあるみたいですから、生八代亜紀も見てみたいものですが、週末は予定が…(笑)



kumamotosuidou

 水道の蛇口の上にこんなのが貼ってありました。

たしか熊本市の水道はダムの水ではなく、すべて地下水でまかなわれているということでしたが、人口増加や工業用に汲み上げる量が増加していて地下水位が減ってるという指摘もあるらしいのです。宅地が増えて地下にしみこむ量も減少してるらしく、美味しいと評判の熊本市の水道水に黄色信号が灯っているみたいですよ。

私はアフリカのモーリタニアからマリに移動する時に砂漠の端を横切った時に水資源の大切さを思い知らされたのですが、21世紀は世界中で水資源を奪い合う世紀になるという予測もあることから、地方自治体レベルではない国による効果的な啓蒙活動が必要なんじゃないかなと思いますよ。地球温暖化の影響でオーストラリアみたいな旱魃が日本でも起こらないという保証はありませんしね。



bajichan

 久しぶりに熊本の猫のこともアップしておきます。

ちょっとマヌケな模様がかわいいバジちゃんという猫なのですが、少し鳴き声がうるさいのが難点なのです。物静かなタビーに慣れているからかもですが、喉をゴロゴロと鳴らすまで「ニャー、ニャー」と鳴き続けるのが気に障るのですよ。まあメス猫ですから膝に乗せても重くないですし、この時期には暖かいので我慢しますけどね。

でも2階には猫ドアがあるので問題ないのですが1階には無いので、「入れてくれにゃー」とか「出してくれにゃー」とうるさい時は面倒なのです。まあまだ寒くないし、かわいいので許しちゃいますが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/13(火) 19:22)

 福祉畑の女性知事の熊本県だからこそ…
fujisakidai

 本日も晴れましたが、かなり秋っぽくなりました。

最高気温が17度ほどですから昼間は平気ですが、朝晩はフリースに袖を通さねばならないくらいになりました。ストーブを点火させるのはもう少し先でしょうが、夜はひざ掛けがありがたい感じなのです。先週は夏日があったのですが、急速に秋に突入したみたいですよ。

本日は家族から頼まれたPCの設定や荷物整理などして過ごしたので先日の画像をアップしておきます。これは熊本城エリアに昔からある藤崎台球場なのですが、以前には無かったゆるやかなスロープの導入路が追加されていました。熊本県は北海道や千葉県、そして新幹線の新駅を否定したことで有名になった滋賀県と並んで女性知事なのですが、福祉畑の出身ということでバリアフリーやユニバーサルデザインの普及には力を入れているみたいでして、このスロープもその影響なのかもしれません。パレアという施設にもUDのショールームみたいなものがオープンしていましたしね。



babypost

 これは全国ニュースにも何度も出た有名な「装置」です。

カソリック系の慈恵病院の横に簡単な工事で作られた「こうのとりのゆりかご」ですが、「赤ちゃんポスト」の方が有名みたいですね。運用を始めてから半年になり、これまで新生児から3歳までの8人の子どもが預けられたということです。この病院が普通の住宅地に近過ぎるのは意外でしたが、夜になれば人の目が気にならないくらいになるのかもしれません。入り口に「まずは相談してください」と書いてありましたが、そのあたりの効果は不明です。

ドイツなどにはいくつもの病院が似たような「装置」を備えているという話でしたが、日本では未だにここだけのようですね。それが福祉畑の女性知事の熊本県だからなのかどうかは私にはわかりません。個人的には熊本県がUD先進県として頑張るのも良いと思うのですが、県内には水俣もあることですし環境分野に関してももう少し力を入れてほしいものだと思いますよ。既に人口規模なりのものはあると思うのですが、女性知事らしい細やかな取り組みを期待したいところです。なんといっても環境が悪化した場合にいちばん被害を被るのは社会的な弱者になるはずですからね。



ajisen

 最後は女性知事とは無関係なラーメンの話です。

先日の夕方に家族を空港に送る途中に東海大学近くの黒亭というラーメン屋で食べようと思ったのですが、残念ながら日曜で休みだったのです。街中に戻るのもイヤでしたので、空港方面に走っていたらチェーン店の味千ラーメンしか選択肢が無くなってしまいましたので我慢して食べました。私が選んだのはいちばん安い500円のラーメンなのですが、普通に美味しかったものの国外も含めると300店舗ほどあると思うと美味しさが半減してしまいました。

味千ラーメンは創業40周年ということで「GOGOチィちゃんゴールドパスポートキャンペーン」というのをやっていましたが、最低でも応募券を5枚集める必要があるということでしたので諦めざるを得ませんでした。おそらく半額キャンペーンでも無いかぎりは味千ラーメンを口にすることは2度とないでしょうからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/11/12(月) 20:28)

 これぞB級グルメ、カラコロバーガー250円也!
karakoroburger

 本日は少しだけ冷え込んで20度を切りました。

それでも太陽が当たってるところはポカポカと暖かく、札幌でいえば晩夏か初秋というレベルでしたよ。熊本ではTBSの「サンデー・ジャポン」は放送していないため、「サンデープロジェクト」と「たかじんのそこまで言っても委員会」などを録画予約して夜の飛行機に乗る予定の家族と近場のドライブに出かけました。

まずは定番の熊本城の周辺などを見てまわったのですが、昼食はかねてから試してみたいと考えていた熊本城の下町にある「村上からし蓮根店」 という店のカラコロバーガーというものにしてみました。名前からは想像できないかもですが、からし蓮根をミンチにしてコロッケ仕立てにしたようなものをキャベツと共にバンズに挟んであり、それに焼肉のタレのような特製ソースをかけて食べるというものでした。

250円という庶民的な値段やその醸し出す雰囲気など、まさに地方の名産を生かしたB級グルメの見本のような食べ物でしたが、3年前から販売されているということでした。店頭で作り置きの冷めたものが販売されていて、それでも充分に美味しかったのですが、できれば揚げたてのものを試してみたいところでした。でもからし蓮根専門店の朝は早そうですから早起きしなきゃムリみたいですね。



kumamotocityhall

 熊本城のエリアはずいぶんと整備が進んでいました。

築城400周年記念に向けていろんなものが工夫されているのですが、以前からあった古い裁判所の建物を改装した熊本市役所の古京町分館というものが気になりました。なぜ本庁舎から離れた場所にあるのかなと疑問に思って検索してみたら熊本城総合事務所や築城400年記念事業室というような部署が入居しているようでした。

古い建物を有効利用するというのは良いと思うのですが、城のエリア内に観光に寄与しないものを税金で作るのはいかがなものかと思います。東京で言えば上野の美術館エリアみたいなものですから、安藤忠雄氏によりリノベーションされたことでも話題となった国際子ども図書館みたいなものを参考にして、建築マニア以外でも訪れてみたいと思わせるような施設を作るべきじゃなかったかなと思いますよ。



yukisadataidan

 午後に地元新聞社主催のイベントに行ってみました。

「地域とともに こんにちは熊日です」というタイトルの熊本日日新聞社主催の地域交流事業だったのですが、あまり時間が無かったので14時からの「世界の中心で愛を叫ぶ」や「北の零年」の監督である行定勲氏の対談だけ見てきたのですが、驚いたのが監督があまりにも饒舌な人だったことです。外見はみうらじゅん氏みたいでしたのでシャイな職人気質の人なのかと想像したのですが、トークは島田紳助並みのスピードでして、司会のかなぶんや氏も予定の時間枠に収めるのに苦労されていたみたいでした。

しかし最後までトークのテーマに設定されていた「映画から未来をのぞく」というものに軌道修正されることはありませんでした。また普通の監督なら次回作の構想や過去の映画の撮影時の大スターとの意外性があるエピソードなどを盛り込むところなのでしょうが、それらは皆無でした。吉永小百合さんの話などを期待してやってきた感じの近くに座っていたおばあさんはすっかり熟睡されていましたよ。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/11(日) 20:49)

 老舗中華料理店と老舗書店の行方
toukagen

 本日はほんの少しだけ秋っぽくなりました。

それでも20度以上はありましたので感覚的には初秋という感じなのですが、11月ですから3週間ほど季節がズレているんじゃないかと思いますよ。そのあたりのことはまた別の機会にすることにして、まずは昨晩のホテルキャッスルの中華についてアップしておきます。

桃花源は老舗ホテルの地下にある四川料理の有名店で、かつて「料理の鉄人」で陳健一氏と当時の料理長である斉藤隆士氏は同門対決したことがあると思います。その斎藤氏はその後にホテルキャッスルの社長になられたようですが、その卓越した調理の技はちゃんと後任者に受け継がれたようで安定した美味しさでした。私は先日までまったく気がついていなかったのですが、ナプキンにはボタンホールが開けられていました。でもこれをシャツのボタンにかけたいとは思いませんでしたが。(笑)


nagasakisyoten

 その老舗ホテルの近くには歴史ある書店があります。

郊外に大きな書店チェーンが次々とオープンしていますので、この書店はアーケード街から消滅しちゃってるんじゃないかなと心配していたのですが、キレイに改装して繁盛店になっていました。レジにそれを記念してなのか「粗品」が置いてありましたが、まるで工夫が無い2008年のカレンダーでしたので文字通りのものでしたよ。(笑)

鶴屋と下通りアーケードの間にあった壽屋が撤退した跡にツタヤが入居して、紀伊国屋書店は中心部から郊外の光の森にオープンしたゆめタウンというモールに逃げるような状況になったのですが、この老舗書店は店の裏側をテナントに貸すなどして耐え抜いてくれたようです。店頭には創業当時のビルの写真のようなものが貼ってありましたが、おそらくアーケードが無かった頃のものなのでしょう。ちなみに長崎書店は長崎次郎という人が創業したもののようで、長崎県とは関係ないみたいですよ。



nagasakisyoten2

 その書店内には小さなギャラリーコーナーがありました。

最近の書店にはよくあるタイプのものですが、熊本日日新聞の夕刊にあった「吉岡功治が撮る くまもと人の顔」というコーナーを単行本化した記念の写真展が今日から始まっていたのです。柔道の山下選手や放送作家の小山薫堂氏などの著名人のにこやかなモノクロポートレイトが並んでいたのですが、著者の方がサイン会のために座っていらっしゃるというのに観客はわずかなものでした。

まあ私が見物していたのは数分間のことですから、その後にたくさん本が売れてサインされたのかもしれませんが、2500円もする本でしたからちょっとキビシイ感じでしたよ。



nov11lunch

 これは本日の昼にいただいたブッフェの料理です。

ある催し物でビデオの記録係を務めたのですが、その会場のテーブルに並んでいたものをランダムに皿に乗せてみました。この他に茶碗蒸と炊き込みごはん、デザートなどがあったのですが、さほど食材に珍しいものはありませんでしたし、味もごく普通のものでした。

ここ数日は家族が揃ったために贅沢な料理が続いたのですが、それももう終わりです。週明けからはまた安くてそれなりに美味しいB級グルメというものを探求することにしましょう。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/10(土) 20:46)

 数年ぶりに家族でランチ、猿たちとの遭遇
suganoya

 本日はついに最高気温が25度を越えて夏日でした。

ポカポカ陽気の中をTシャツ1枚でドライブして、数年ぶりに家族勢ぞろいで阿蘇で昼食を食べたのですが、その前に昨晩の馬刺ディナーについてアップしておきます。家族を熊本空港に迎えに行ったので、そのすぐ近くにオープンしていた菅乃屋の支店を試してみたのですが、名物の馬刺しはさすがに美味しかったですよ。

私は3000円のディナーセットにしてみたのですが、馬刺し以外の前菜やメインのステーキはまあまあで、サラダとスープとデザートが落第点でした。夜は広い店内がガラガラでしたが、その理由はそのあたりにも理由があるのかもしれません。まあ最大の理由はアメリカの田舎町にありそうな外観だと思うのですけどね。(笑)



asonoshimoda

 本日のランチはネットで見つけた店を試してみました。
 
2006年2月にオープンしたばかりの「手造り食の店 しもだ」というこじんまりとした和風の建物の店で、縁側方面に広い解放があるという独特の雰囲気を持ったものでした。チキンかハンバーグの1575円のコースと200円ほど高いカラスガレイのホイル焼きのコースがありまして、前菜からスープ、自家製石釜で焼き上げたパンに至るまで美味しくてコストパフォーマンスが高いものでしたよ。

家族は満足してたようですが、個人的に残念だったのはデザートがネットで見たゴマアイスではなくて、クルミなどが入ったケーキだったことですが、それは気温がもう少し低ければ問題なかったことでしょう。でも縁側の近くに座ったもので、背中に夏(?)の太陽を浴びていたために体がアイスを欲していたのでした。(笑)



asonosaru

 その後に家族全員で山の家に行ってみました。

食事中に料理や家族を何枚か撮影したのですが、全員のものが無かったので山の家でセルフタイマーで撮影しようとしていたのですが、突然そこに猿の群れが出現しました。温暖化の影響で冷え込みが遅いためか、えらく元気そうに20匹ほどが庭を走り抜けていきましたが、小猿も数匹いたみたいでしたよ。

自然の中でランチをいただいて、食後に野生の猿の群れと遭遇したのですが、山の家には悪さはしないということのようでしたから暖かく見守るべきなのかもしれません。でも近くの農家では野菜や果物をやられてるんじゃないかなと思いますけどね。驚いたのが山の家の犬たちが侵入者に反応を示さないことでした。最初のうちは威嚇して吠えていたそうですが、今では慣れてしまったということでした。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/11/09(金) 18:41)

 立冬なのに夏日になりそうな異常な天気でした
tetorikyokai

 本日はスッキリと晴れて気温が24度ほどまで上がりました。

2日続けての快晴でしたから空気は乾燥していまして、まるで北海道の初夏のようでした。午後からホテル日航熊本災害に関する「防災・減殺フォーラム2007in熊本」という催し物に参加するため出かけたのですが、街にはクリスマスデコレーションが飾ってありましたが、南半球のクリスマスみたいで違和感がありましたよ。(笑)

このマリア像は会場の隣に古くからある手取教会のものですが、地球温暖化による気温の上昇をじっと目撃し続けてきたんじゃないでしょうか。工事の足場みたいなものがありましたので、もしかしたら新しいものに置きかわっているのかもしれませんが、目の前の鶴屋デパートの信仰心が無くて単なる商業主義のクリスマスデコレーションを嘆いているようにも見えました。



bosaiforum

 防災フォーラムの会場はほぼ満員状態でした。

今年の7月の集中豪雨では1万人に避難勧告が出されたということで熊本市民の皆さんにも危機意識が高まってるのかもしれませんが、16時の終了後に近くの飲み屋で遊んで帰ろうという魂胆の背広姿の公務員のおじさんたちがたくさんいらしていたみたいですよ。内容は札幌で開催されたフォーラムと似たようなものでしたが、驚いたのは会場のホテル日航熊本のロビーの暖炉には火が入っていたことです。室外の気温は24度くらいでしたから、半袖Tシャツで気持ちが良いといった感じでしたが、まさかそこから1歩入った所で暖房器具を目にするとは思わなかったのです。

さらに会場には弱冷房が効いていたのもビックリでしたよ。背広姿のおじさんたちのためなのでしょうが、防災フォーラムの基調講演で熊本大学の教授が地球温暖化について警鐘を鳴らしていらしたばかりでしたので笑ってしまいました。会場のホテルと隣接してる鶴屋のファッションビルではウォームビズのディスプレイがあるのでしょうが、防災フォーラムなのですから会場の冷房は止めて参加者に上着を脱いでクールビズに徹してもらえば良いんじゃないでしょうか。(笑)



velotaxikumamoto

 環境意識の低い熊本でもベロタクシーが走っています。

黒沢明監督もお気に入りだったという熊本城が築城400年ということで復元工事を行っているのですが、その観光名所である城のまわりを走るためのもののようです。つまり市民の足の交通手段というよりも、小樽の人力車のような観光客のためのもののようでした。車体にも築城400年をアピールする広告が大きく入っていましたが、あまり良いロゴやキャラクターとは言えないみたいですね。

ちなみに私は長崎の「さるく博」のことはネットの情報で知っていましたが、熊本の「築城400年」のことはまったく知りませんでした。熊本市内では看板などをあちこちで見かけますので知らない人は皆無に近いのでしょうが、おそらく東京でも北海道でも「築城400年」について知ってる人はほとんどいらっしゃらないんじゃないでしょうか。城マニアで有名なロンブーの淳なら知ってるかもですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/08(木) 18:32)

 うなぎと芋かりんとと秘伝豆酪
daishinunagi

 本日も天気が良く、最高の洗濯日和でした。

お昼前にヤボ用で繁華街に出かけたのですが、ランチは以前にも行ったことがある「大新」といううなぎ屋を選んでみました。独特の甘いタレが美味しい庶民的な店で、たしかいちばん安いのは650円くらいだったと思いますが、少し値上がりして788円になってました。

この値段で肝吸いなどが付いていますので、ランチタイムはかなり混雑していたのですが、商店街の通行量が減っているためか、あるいは店の選択肢が増えているためかすんなりと座ることができました。お店は改装してキレイになっていましたが、今後も庶民派の路線は守りつづけていただきたいものですよ。



imokarinto99yen

 食後にブラブラしてたらドンキの店を発見しました。

上熊本駅の近くにもありましたが、それは自動車で行くようなタイプの郊外店でして、今回の店は六本木店や新宿店のような飲み屋街にあるタイプのもので、化粧品やブランドものが充実してるようでした。もちろん私は関心が無いものでしたから食品エリアをチェックしていたのですが、どうも値段が東京の店より高いような気がしました。全国的に値上がりしているのかもしれませんけどね。

特に九州らしい食品は無いなと思っていたら、下手なイラストのパッケージが目に止まりました。「宮崎名産の芋かりんと」とありましたが、硬い食感でしたが素朴な味で美味しかったですよ。99円でしたから今度上京する時にお土産にしようかなと考えております。でも全国のドンキでも販売してたりして…(笑)


hidentouraku630yen

 アーケード街の入り口で特産品販売をやってました。

まだ夏日になりそうな天気ですから野菜もすくすくと育ってるみたいで、サトイモやキャベツなども100円で売ってたのですが、今日は徒歩ですので購入する気にはなれませんでした。それで嵩張らないものはないかと探したら「秘伝豆酩」という豆腐のもろみ漬けが630円で売っていましたので試しに購入してみました。

ネットで検索してみたら「秘伝のもろみに4ヶ月間漬け込みました。低温で長期間熟成させることで、表面はナチュラルチーズのようにやわらくとろけるように、中はもろみの味が芯までしみこんだ独特のコクが味わえます。」とありましたが、なかなか美味しそうです。これも美味しかったら友人たちのお土産にしようかなと考えたのですが、残念ながら要冷蔵でした。



hokkaidobussanten

 最後にデパートの北海道物産展に行ってきました。

くまもと阪神というデパートの8階でやってたのですが、予想に反して大盛況でした。懐かしい六花亭やロイズの商品などが並んでいましたが、大人気のようでしたよ。カニやイクラなどは札幌三越並みの値段でしたが、生もの以外はそれほど割高じゃないみたいでした。

でも販売してた人たちは北海道の人じゃないみたいでしたよ。別に商品の産地の偽装が無ければ問題はないのでしょうが、できれば生産に携わる人から直接購入したいものです。北海道じゃ当然のことだったので、単なる気分の問題なんですけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2007/11/07(水) 20:03)

 歴史ある城下町の憂鬱、その未来は…?
hattukutsucyousa

 本日も小雨が降り続くさえない天気でした。

午後からの「城下町に住み集う」というタイトルのシンポジウムに参加するために雨の中を出かけたのですが、その途中の住宅地で発掘調査の現場に出くわしました。熊本は細川元総理の先祖が統治していた城下町でして、たしか53万石とかいう話でしたが、それがどの程度の財力だったのかはわかりませんが。

この現場のあたりでは地下に武家屋敷の基礎部分などが埋もれていたりしますので、工事をやる時には数ヶ月かけて専門家が調査することになってるみたいなのです。歴史的な価値があるものが出土すると調査が長引くこともあるそうですが、そういった過去の遺産と共存するのもたいへんみたいですね。別に地方自治体が補助してくれるわけでも無いみたいですから。城下町じゃないですが、奈良の明日香村でも似たような話を聞きました。地主が工事する人に「余計に掘らんといて…」とお願いするということでしたよ。(笑)



jyoukamachinisumitsudou

 雨のためか、シンポジウムの参加者は少なめでした。

熊本と似た規模の城下町である金沢と岡山からのゲストを交えて、「ピンクの増殖」により疲弊する「まちなか」の現状と課題についての話があったのですが、マイクを握っていらっしゃったのが市役所の企画担当者や商店街組合のおじさんたちでしたから少しばかり退屈でした。3都市の現状を3つのスクリーンで説明した前半はなかなか面白かったのですが、「ピンクの増殖」から守りの姿勢に徹してる商店街組合のおじさんたちの保守的な思考回路にはついて行けない感じだったのです。個人的には古都のイメージを保存しつつ、21世紀美術館や金沢駅東広場のもてなしドームのような革新的なものにも大胆にチャレンジする金沢が将来性があるんじゃないかなと思ってるのですが、政令指定都市の仲間入りが目前の岡山と熊本はよほど頑張らないとダメなんじゃないかなと思うのです。

金沢と熊本は近い将来に新幹線が乗り入れることになっていて、それにより大都市に近くなることになりますので大きな影響を受けざるを得ないわけですが、そのマイナス面をカバーできるのは観光資源を持つ金沢だけだと思います。つまり熊本から九州新幹線に35分間乗って福岡に買い物に出かける人は多くても、逆に福岡から魅力が少ない熊本に観光にやってくる人は少ないんじゃないかと予想してるのです。熊本では築城400周年記念事業の一環として、かつて「城内プール」というのがあった「桜の馬場」という場所に観光施設を整備するというプランがあるということでしたが、ここは金沢を見習って大胆に若手の建築家などを起用して革新的なものを創るべきでしょうね。姫路城前のようなありきたりの土産物屋みたいなものを作っちゃダメだと思うのですが、今日のシンポジウムの感じでは姫路的なものを作っちゃうんじゃないかなと心配ですよ。(笑)



kaga100mangokuten

 シンポジウムの後にデパートの催事に行ってみました。

会場のパレアホールというのが鶴屋百貨店の東館の10階にあり、そこからエレベーターで降りていたら「加賀百万石展」のポスターが目に付いたからでした。ブリッジを渡って本館6階の催事場に行ってみたのですが、あまり馴染みが無い金沢の食材や伝統工芸がたくさん集結していました。最終日ということで多少の値引きはありましたが、やはり高価なものが多かったので味見だけで我慢してしまいましたよ。

しかし雨だったこともあるのでしょうが、熊本最大のデパートは予想以上に客の入りが少ないように感じました。火曜日だったので「ピンク」の火曜市を選んだ人も多かったのかもしれません。雨の日は自動車で郊外のイオンに行き、立体に駐車すれば一滴も濡れずに買い物できちゃいますからね。もちろん鶴屋にも立体駐車場がありますので似たようなものなのですが、ある程度の金額を買わないと無料にならないのですよね。

ちなみに明日からはくまもと阪神デパートで「北海道物産展」が始まるようです。まだ北の味に飢えているわけじゃないのですが、くまもと阪神デパートの地盤沈下のレベルをチェックするついでに行ってみようかなと考えております。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/06(火) 20:35)

 雨の熊本、気になったいくつかのこと
nazonotenji

 本日は朝からしとしと雨が降り続いていました。

家族から頼まれた買い物と街の変化を見るために熊本中心部のアーケード街を歩いたのですが、通行人が減ってるような感じがしました。郊外に大型のモールがオープンした影響もあるのでしょうが、雨だからということもあるでしょうから確かではありません。

サンロード新市街というアーケードを歩いていたら、こんな謎の展示のようなコーナーがありました。干物が吊るしてあり、電子レンジが置いてあることから試食なのかもしれませんが、トレリスに貼ってある写真は「第1回火の国YOSAKOIまつり」のものなのですよ。いったいこれは何なのでしょう?(笑)



okematsu

 下通というアーケードで不思議な店を見ました。

古そうな桶の専門店みたいですが、21世紀の日本の繁華街でこんな店が生き残っているのですね。一応この店の数百メートル離れた土地が熊本市の最高値の商業地ですから、この場所だってそれなりには高いはずなんですけどね。

桶を誰が買うのか、また家賃は不要としてもどのように維持費を捻出してるのか不思議ですよね。また場違いなEdyの看板も気になりました。まさかEdyで桶を買う人も少ないでしょうにねぇ。(笑)



matsuokashinobukai

 地元の新聞に気になる広告がありました。

なぜ今頃になって松岡センセーをしのぶのでしょうか。またホテルでの献花と飲食代で5000円もしちゃうのですが、どういったタイプの人が集まるのでしょうね?もう政治的なメリットは何も無いでしょうから純粋に友人関係の方が集まるのでしょうか?盟友だったかもしれないムネオは北海道からやってくるのでしょうか?(笑)

右の新聞記事は阿蘇で牧草ロールにお絵かきしたという牧歌的な季節ネタですが、そのサイズが北海道のヤツより小さいみたいですよ。やはり北海道は「でっかいどう」ってことのようですね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/11/05(月) 19:20)

 大分産のハヤトウリとカボスを生かした料理
hayatouri

 山に3泊して、午前中に熊本平野に降りてきました。

天気が良いせいもあり、熊本盆地の気温がぐんぐんと上がって長袖の薄いブロードシャツ1枚でも暑いくらいでしたが、さすがに11月ですからTシャツ姿になるのはやめましたよ。しかし子供たちは半袖もたくさん見ましたし、タンクトップの少年も2人ほどいましたが。(笑)

自動車での移動中は外食が多かったので、キッチンが使える所では料理がしたいと思っていたので、いろいろと安い食材を探して作ったりしております。これは昨晩の夕食の献立ですが、大分のときわのスーパーで7個入り100円で売っていたハヤトウリと10個ほど入りで50円だったカボスを使って酢の物を初めて作ってみたのですが、なかなかサッパリとしていて美味しかったですよ。

他は7匹100円だった小鯵をたたいて作ったナメロウと、これまた8個で100円だったサトイモと大豆で作った鶏肉に似たミンチ肉みたいなものの煮物でした。ずいぶんと素材が安く感じられるかもですが、九州の物価は北海道より高いような気がします。最近の原油高騰による食品の値上がりのせいもあるのでしょうが。安売りの時は99円だったイオンの1リットルのトマトジュースも128円になっていましたし。ガソリンもレギュラー145円が最安のようですし、困ってしまいますよ。今後も安くて美味しそうな食材を探さなきゃですよ。(笑)



kumadai

 午後に「五校」と呼ばれた熊本大学に寄りました。

学園祭がやってるということでしたので、屋台でも冷やかしてみようかなと思ったのですが、これが間違いでした。屋台の数はそれなりでしたが、高校の学園祭レベルのものしかなく、国際色もほとんど無くて北大に較べるとかなり落ちる感じだったのです。

九州ではそれなりに権威がある大学なのですが、学生さんたちは子供っぽい印象でした。北大の学生さんに対してもそのように感じていたのですが、それよりも頼りない印象でした。普通の日に大学内を歩いてみれば印象は違うのかもですが、家族にその話をしたら、皆そのように感じているようでしたよ。大学生が頼りないのは全国的な傾向なのでしょうが、将来を考えると不安ですよね。



diamondcitykumamoto

 午後に2年前にオープンしてたモールに行ってきました。

オープン当初は「ダイヤモンドシティ・クレア」だったものが名前が「イオンモール熊本クレア」に替わったものですが、日曜日ということもありオープン当初の発寒イオン並みに混雑していましたよ。もうそろそろ空いてる頃なのかと思ったのですが、すっかり周辺のベッドタウンの住民の心を掴んでるみたいでしたよ。

その正面では使用済みの天ぷら油を原料としたBDFという燃料で九州をキャラバンしてまわるという大型車が停まっていましたが、見学者はまばらでした。イオンモールの客層は消費には熱心みたいですが、省エネにはあまり関心が無いのかもしれません。(笑)



tsuruyaone

 イオンから戻る途中に新しいスーパーを発見しました。

数日前に大分のときわによる郊外スーパーをチェックしたばかりでしたが、熊本の老舗百貨店の鶴屋もFOODYONEという高級店を10月19日にオープンさせたらしいのです。この場所には元々鶴屋の配送センターがあったのですが、イオンがオープンして周辺にロードサイド型の店が増えてきたこともあり、その一部をデパ地下のような店に改装したみたいなのです。

ポンパドールをコーナー展開したり、近くの農家が野菜を持ち寄るような地産地消コーナーなど工夫してありましたが、高くて何も買うものはありませんでした。でも店も駐車場もかなり混んでいましたけどね。イオンとはまるで違う客層でしたが、地方都市の格差社会の一面を見たようで興味深いものでしたよ。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/04(日) 20:51)

 ついに九州の山にも初霜の便りが…
hatsushimo


 温暖化ですが、ついに九州でも初霜となりました。

まあ平地では最高気温が22度くらいの予想でしたから早朝に冷え込んだだけということなのですが、家族の話によりますと今年は紅葉も初霜もかなり遅いそうですよ。北海道の生活で寒いのには慣れてるとはいえ過ごし易い気温が良いわけですが、この自然のサイクルのズレが深刻な事態となるということなら心配ですよね。

そんな人間の心配事とは無縁のようにこの広い庭では猫や犬たちは平和に快適に生活していますが、毛の量が多いタヌキ猫は「暑いにゃ…」とボヤいているのかもしれません。先日は久しぶりに対面したせいで私のことは忘れていたらしく、触ろうとしたら逃げられてしまいましたが、後で台所で遭遇した時には普通に頭を撫でさせてくれました。半野生化してる警戒心が強い猫ですが、家の中の人間は食事の用意をする僕と認識してるのかもですね。(笑)



nekonoitazura

 猫たちはかわいいのですが、たまに悪さもします。

トイレのドアを開けたままにしておくとフレディー・クルーガーのような鋭い爪でひっかく悪いヤツがいるということでした。家族の話によりますと犯人は白猫らしいのですが、その子を撮影のために探して連れてくるのも面倒でしたので、たまたま近くにいたタビー君に登場してもらいました。白い壁に白いトイレットペーパー、それに白い猫じゃブログにアップする画像としては適さないですからね。(笑)

他にもいろいろと問題があるのですが、困るのは1日に何回も犬同士が唸りあうことです。大型犬に中型犬がちょっかいを出す感じなのですが、毎回同じような始まり方で同じように終わるのでうんざりなのです。野球は早めに終わってくれたのでホッとしたのですが、犬同士の唸りあいはどちらかが死ぬまでエンドレスのようですよ。



dogandcat

 しかし犬と猫の仲はさほど悪くないみたいです。

猫たちが犬の前足と後ろ足の間を駆け抜けてゆくのはしょっちゅうですし、近くに人間の足が無い時には犬に足にスリスリする変な猫だっているのです。この画像は猫が犬小屋を占領していて、犬が「オレの場所なのに…」とでも思っているかのようですよね。

でも家族にこの画像を見せたら、意外に犬たちは小屋に入りたがらないそうでした。この猫もたまたまこの場所で日向ぼっこをしたいだけだったのでしょう。このようにして山の動物たちは平和に暮しているのですが、日本の人間の社会と同じように高齢化が着実に進んでいるということでした。歩くのさえやっとの老犬もいるのですが、同じくらいの年齢の猫の方が元気なようです。やはり歳を取ると体重が軽い方が有利なようですね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/11/03(土) 16:08)

 山の家で山の猫が日向ぼっこしていました
tanukineko

 昨晩遅くに家族の山の家に到着しました。

湯布院から照明が無い道をドライブしたために風呂に入ってすぐに寝てしまったのですが、本日は天気も良くて目覚めも爽やかでした。コーヒーとパンで簡単に朝食を済ませて家のまわりに変化がないかと散歩してみました。北海道では見かけないススキの群生なども新鮮でしたが、標高が高いためか紅葉もわりと進んでいました。

その散歩の途中で半分野生化した猫と目が合いました。数年前にこのブログでも紹介したことがある「タヌキ猫」ですが、相変わらずたくましく自然の中での生活を謳歌しているようでした。以前は膝にも乗ってきたフレンドリィな猫なのですが、今日はなぜか頭を撫でようと近づいたら逃げていきました。残念!



kuromeshio

 午前中にドライブ旅行で溜まったものを洗濯しました。

その後に家族と旅の話をしていて、松山でいただいた塩を思い出したのですが、これはどうやら「くろめ」という豊後水道のきれいな海でしか育たない昆布に似た海藻を乾燥させて細かくしたものを塩と混ぜたもののようでした。私は勝手に色が黒いことからのネーミングだと思っていたのですが、間違っていましたよ。

先日の大分のときわのスーパーでも「くろめおこわ」とか「くろめ寿司」などがありましたが、見かけが地味なわりには高価でしたので購入はしませんでした。冬の間しか出回らないものみたいですから試しておけばよかったかなと少し後悔しております。(笑)



syouenenavi

 これは「省エネナビゲーター」という機械です。

省エネルギーセンターという財団が家庭でのエネルギー消費の削減のためにモ二ターを募集してたそうですが、それを家に取り付けてと家族に頼まれたのです。子機のようなものを配電盤に取り付けて、親機に無線で電気量などの情報を無線で飛ばして、それをPCで管理するという仕組みのようでした。

つまり使ってる電気を目で見て確認することで省エネに役立てるということのようですが、どことなく岡田斗司夫のダイエット法に似てるような気がしましたよ。毎日メモしたりチェックしたりしても消費量を控えめにできるかは個人の忍耐力次第でしょうけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/02(金) 16:24)

 小雨の中の岬ドライブ、そして九州へ…
jyakoten

 先日とは違って四国最終日は雨になりました。

信号がほとんど無い岬のドライブは楽しみにしていたのですが、残念な天気となりました。しかし明日香村や直島などに寄り道したため予定もオーバーしてましたし、晴れを待つわけにもいきません。でもしばらく走っていたら雨は止んで薄日が差してきましたよ。

途中の道の駅で海と風車を眺めながら休憩したのですが、ジャコテンの売り場がありましたので、ひとつ試してみました。ノーマルなタイプ以外に薄い衣を付けて揚げたものが100円で売っていたので試してみたのですが、素朴な味で美味しゅうございました。バンズに挟んでハンバーガー風にしても良さそうでしたよ。



sonic

 大分市内はヨソに較べると変化が少ない感じでした。

しかし大分出身の磯崎新氏が設計した駅周辺の工事が始まっていましたので、数年後には変化しそうな感じでしたよ。現在は昭和チックな駅裏に抜ける自由通路みたいなのが完成したら、状況が一変するかもしれませんよ。

たまたま見慣れない青い列車が駅を出るところでしたので撮影してみたのですが、検索してみたらJR九州のブルーソニックというタイプのもののようでしたよ。日本の列車のデザインも洗練されてきた感じがしますよね。



iwashisushi

 大分駅からさほど遠くない所で寿司を購入しました。

地元のデパートのときわが経営してるスーパーのようでしたが、なかなか品揃えが良かったですし、郊外の道の駅みたいに野菜の直売コーナーみたいなのがありましたのでいくつか購入してみました。支払いはセルフレジを使ったのですが、イオンのヤツと違うタイプでしたので小銭を入れる場所を間違えて顰蹙を買ってしまいました。統一してくれると良いのですけどね。

スーパーを出ようとしたら店頭でずんぐりした寿司を販売しているのが目に止まりました。関サバで有名な地域のものらしいのですが、見た目が良くなかったのですが150円と安かったので期待せずにイワシの寿司を購入してみたのです。しかしこれがメチャ美味しいもので、空腹だったらもうひとつ買いたいくらいでしたよ。これこそB級グルメの見本みたいなものでしたよ。



umetownbeppu

 大分の後に隣の別府までドライブしてみました。

坂の街の雰囲気や老人が多いあたりが小樽に似てるのですが、海岸にゆめタウンが工事中だったのでビックリしました。11月29日にオープンするみたいなのですが、こんな大きなものができたら古い商店はたいへんでしょうね。

駅前にはヤマダ電機もオープンしていましたし、別府も情緒が無くなりつつあるみたいでしたよ。モール巡りは好きなのですが、日本の古い街の中心部への出店は避けてほしいものだと思いますよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/11/01(木) 20:45)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア