新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 マニラ第4日目、目覚めからイラつくことが…
salazar

 今朝は騒がしい旅行者の物音で目が覚めました。

連泊してる郊外の宿は1000万人を超えると言われている大都会の喧騒とは無縁なのですが、昨晩遅くにチェックインしてきた太ったカップルがデリカシーに欠ける連中でしたので傍迷惑でした。彼らは朝食後に慌しくチェックアウトしていきましたので一安心なのですが、もう2度とお会いたくない部類の人たちでした。

気分転換に朝食をいただくことにしたのですが、今朝はチャイナタウンの「サラザール」という老舗のパン屋で買っておいた1個16ペソ(約32円)の星型のものでした。フィリピンは植民地だったためかパンが他のアジアの国より美味しい感じがします。円高で値段が安く感じるのでなおさらなのでしょうが…(笑)


gloriettalunch

 サタデーマーケットを目的にマカティに出かけました。

国際色豊かな屋台がたくさん出てるという話でしたのでサタデーマーケットの会場で何か食べようと考えていたのですが、駅前のグロリエッタという巨大な商業施設を探検していたら空腹になってしまいましたので、3階のフードコートで87ペソ(約174円)のシーフードの鉄板焼きを試すことにしました。

カウンターで受け取った時は熱い鉄板の上で料理がグツグツと煮えていて美味しそうでしたが、シーフードの中身がイカとツナだけでしたのでガッカリさせられました。それにツナはこういった料理には向かない食材だと思いますけどね。シンプルにイカだけのものをオーダーすれば良かったと少し後悔しちゃいました。



paperplasticcan

 食後にまたグリーンベルトに行ってみました。

マニラは大都会なのですが、ゴミを道に捨てても平気な人たちが多くてガッカリさせられることが多いのですが、それは街中にゴミ箱が少ないためなのかもしれません。たまに置いてあるゴミ箱はパリのように透明じゃありませんので爆弾対策じゃないみたいなのですが。

グリーンベルトの入り口には分別ゴミ箱が置いてあったのですが、私が目撃した範囲ではここだけでした。マニラのゴミは有名なスモーキーバレーの住人たちが分別するということで、普通の市民たちは分別の必要性を感じていないのかもしれません。この高級モールで捨てられたゴミもスモーキーバレーに運ばれるのかもですが、まさに「天国と地獄」って感じです。スモーキーバレーのゴミ分別での収入は1日50ペソ(約100円)という話がネットにありましたし…



makaticity

 駅の近くでのんびりしてたら時間がなくなりました。

サタデーマーケットは2時頃までということでしたので、あきらめて次のグリーンヒルズへと向かうことにしました。その途中にマカティのメイン通りのアラヤ・アベニューまで来たら地下道を通らなければならない構造になっていましたのでうんざりでした。マカティエリアは極端に自動車を優先する造りになっていて人間は地下道や空中のスカイウォークを歩かされるのですが、ハンディキャップ対策はほとんどされていない欠陥都市なのです。

見た目には高層ビルが建ち並んで豊かに見えるのですが、これらのビルの地下と地下道はつながっていないために不便さがさらに増す感じなのです。おまけに土曜日のためなのか上りしかないエスカレーターさえも止まっていましたので頭にきました。こんなアホな計画を推し進めた人間は土曜日の午後ですから郊外でゴルフでもやってるのかもしれないなと想像したら、ますます腹が立ちましたよ。(笑)



hazelrich

 マカティからMRTで5駅分ほど北上しました。

駅から炎天下の中を15分ほど歩いてグリーンヒルズという大きなモールへ行ったのですが、土曜日のためか買い物客が多過ぎてうんざりさせられました。それで無料のシャトルバスに乗ってティエンデシタスという民芸モールへ移動したのですが、そのシャトルの出発時間もいいかげんでしたのでイライラさせられました。ティエンデシタスはバンコクのウィークエンドマーケットにも似たタイプの商業施設で、生産地で買うより割高なのでしょうがフィリピンの土産ものなら何でも揃いそうでした。

これからまだ先の予定がある私は何も買うものがなく、隣にあったシューマートのスーパーセンターで買い物して帰ることにしたのですが、そこでもトラブルがありました。大好物のカボチャの種が20ペソ(約40円)と表示してあったので、安いと思ってカートに入れたのですが清算した後でレシートをチェックしてみたら倍以上の46.75ペソだったのです。それでレジで文句を言って品物を返して返金してもらおうとしたら「現金はお返しできませんから、別のものを…」とのことだったのです。日本を含めてほとんどの国では買った直後であれば返金してもらえると思いますが、どうしてもダメということでした。気分は悪かったのですが日本円にしてみると50円ほどの差額のことですから「もういいや、私が2度とフィリピンに来なければいいことだから…」と捨て台詞を吐いて宿に戻ることにしました。(笑)

 

mrtcard

 ティエンデシタスから歩いて駅に向かいました。

その途中のポディウムという小さな商業施設はそうでもなかったのですが、駅に近いシューマートのメガモールは混雑していて真っ直ぐに歩けないほどでした。私はアジア的な雑踏はキライなわけじゃないのですが、完成度が低いために混雑してるモール内を歩くのは大嫌いなのですぐに外へ出ちゃいました。

憎むべきシューマートじゃもう何も消費する気にもなれませんでしたので、MRTで終点のタフトアベニューまで出て夕食をと考えたのですが、またまた混雑していましたのでうんざりでした。マニラは人口増に交通インフラの整備が追いついていない上にオペレーションが悪過ぎるので問題なのです。チケットの自動販売機が少ないので窓口に長蛇の列ができて、さらに入り口で爆弾チェックがあるので、2度も行列に我慢することを強いられるのです。これは何とかしないとダメだと思うのですが、マカティの地下道を計画した輩と似たような体質でしょうから期待はできませんよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/28(土) 23:59)

 マニラ第3日目、かろうじてチャイナタウンに残ってたもの
yakitoriandyakitonlunch

 今朝も気持ちよく目覚めることができました。

マニラに着いて1日目はエルミタなどの古くからのダウンタウンを、そして2日目には新興のオフィス街のマカティを歩き回って足に乳酸が溜まってきた感じがしましたので、今日は午後からチャイナタウンだけを見て回ることにしました。それで11時頃に宿で知り合った旅行者の方と一緒にいつものようにジープニーでタクラバンまで出て、LRTの駅の近くの外資系ではないファストフードの店を試すことにしました。私はポークとチキンの串焼きが2本付いた100ペソ(約200円)のプレートと15ペソ(約30円)のコーラを頼んでみたのですが、六本木のミッドタウンの地下のフードコートあたりで出せば1000円くらい取れそうな上品な味で悪くありませんでした。

お揃いのユニフォームを着た店員さんたちはマニュアル通りに愛想良く、クーラーが効いてる店の雰囲気も悪くなかったのですが、壁のコンセントに蚊やハエを退治するための電撃ラケットが備え付けてあったのには笑ってしまいました。これがこの場所に常備してあるものか、あるいは充電の間だけなのかは不明ですけどね。ちなみに食事をしている間は虫は1匹も見かけることはありませんでした。



hongkongstylenoodle

 食後にLRTに乗ってチャイナタウンまで行きました。

これは駅前にあった「ISETANN」というデパートなのですが、「L」が2つあることから想像できるように日本の伊勢丹とは無関係のようです。また左手に見える「HONG KONG STYLE NOODLE」も香港じゃ見たことがないチェーン店です。チェーン店といってもどこも店員さんが2人くらいの小さなブースなのですが。
  
フィリピンの後に「本場」に行こうと考えていますので、いくら安くても「HONG KONG STYLE NOODLE」で食事をしようとは思いません。しかしこういったブースではよく飲み物だけを購入しています。ほんのりと甘い茶色の冷たい健康茶みたいなものが8ペソ(約16円)くらいで売ってますので、それで喉を潤すことも多いのです。



malacanang

 本日の目的は中華街で豆腐を買うことでした。

宿の近くで売ってるものは酸っぱいとのことで、私が買出し役を買って出たのです。それで豆腐店がある地区を最後にすることにして、まずは有名なマラカニアン宮殿に行ってみることにしました。宮殿までの道は路上で寝てる(あるいは死んでる…?)人がいまして、本当にこの先にあるのかと不安な気持ちにさせられたのですが、しばらく歩き続けたら徐々に街並みが高級っぽくなってきて、門番が立っている鉄のゲートが現れました。自動車は止められていましたが、歩行者は何もチェックなしに中へと進むことができました。マラカニアン宮殿の前に到着して門番に「中を見たいんだけど…」と申し出たら「予約番号は?」と返ってきました。「予約なんかしていない」と言ったら面倒くさそうに1枚の紙を渡されましたが、それには予約方法が英語で書いてありました。「予約してまで見たいわけじゃないけど…」と思いましたが、「サンキュー」と笑顔で受け取り、同じ道を戻ることにしました。途中にイメルダ婦人が愛犬と遊んだであろう芝生の庭が見えましたが、「宮殿」というわりには敷地が狭そうだなという印象でした。

門を出て帰ろうとしたら1人の制服を着たおじさんが「スーベニアに興味があるか?」と聞いてきましたので、どうせ小遣い稼ぎしたいだけだろうと思って「いや、中を見たいだけ」と素っ気無い返事をしておきました。その後に道路沿いにあったフィリピン軍関係の建物らしい入り口で10ペソ(約20円)払って「コブラ」という名前のジュースを飲んでいたら、そこにマラカニアン宮殿グッズが並べて販売されていました。さっきのおじさんはこれを観光客に高く売りつけているんだろうなと想像したのですが、おそらく当たってることでしょう。(笑)



cainatownmovie

 宮殿の帰り道で映画館をいくつか見かけました。

世界的にショッピングセンターのシネコンに押されて古くからの劇場は姿を消しつつあるのですが、かろうじてマニラのチャイナタウンにはまだいくつか残っているようでした。もう絶滅してるだろうと予想していたので嬉しくなったのですが、残念ながら上映中の作品は聞いたこともないホラー映画でした。入場料はたったの50ペソ(約100円)でしたから涼みながらの休憩と考えても良いのですが、テレビでやったとしてもまったく見ようとは思わないタイプでしたからパスすることにしました。ちなみにこの劇場の次回作は「トランスポーター3」ということですが、それならちょっと観てみたい気がしました。

この劇場の斜め前の劇場ではシネコンでも上映中の「ストリート・ファイター」をやっていましたので観ようかなと思ったら時間が合わなかったのであきらめることにしました。シネコンでは150ペソ(約300円)ですが、チャイナタウンなら90ペソ(約180円)と割安でしたからね。ネットで検索してみたら日本でも明日から公開されるということでしたが、前評判はどうなのでしょうか?公式ウェブサイトで予告編を見てみたらゲームの方が面白そうな感じでしたが…(笑)



fernasofticecream

 中華街で目的の豆腐を無事に買うことができました。

作ったばかりの大きめのものが22ペソ(約44円)でしたので割安感がありましたが、フィリピンの物価を考えると妥当な額なのかもしれません。豆腐を切り分けてもらっている間に店主と世間話をしたのですが、「日本からマニラまでいくら?」との質問に「セブ・パシフィックならそんなに高くないよ、片道14000円くらいだったから7000ペソくらい…」と答えたら店主は苦笑いしていました。豆腐320個分くらいの値段でしたから当然ですよね…(笑)

豆腐を買って宿に向かおうとしたら中華のファストフード店の前のアイスクリームマシーンに見慣れたイラストがあるのを発見しました。「FERNA」という会社の製品なのですが、どうみても熊本の味千ラーメンのキャラクターのチイちゃんにそっくりなのです。気になったので宿に戻って公式ウェブサイトをチェックしてみたら、オリジナルとは左右が逆でウインクしていないものでした。パクったデザイナーが言い逃れをするためにちょっとだけ変えたのかもしれませんが、そうだとすると悪質ですよね。ちなみにこの場所からLRTに3つほど乗ったところに本物の味千ラーメンの支店はあるのですけどね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/27(金) 23:52)

 マニラ第2日目、庶民的な街からハイソなエリアへ…
manilanomonouri2

 先日の歩き疲れもあり、ぐっすりと眠れました。

午前中は洗濯をしたり、NHKのニュースを見たりしてゆっくりと過ごして、お昼前にまた庶民の足であるジープニーに乗ってLRTとMRTの結束点のバクラバンという街まで行きました。軌道式の交通機関ができる前はどこにでもある普通のエリアだったと思いますが、交通の要所となったために慢性的に買い物客で大混雑するエリアへと変貌を遂げていました。中心部に近づくにつれて渋滞が酷くなり、シビレを切らした乗客がどんどん降りて歩き出しましたが、急ぎの用があるわけでもない私は最後まで乗って周辺の景色を眺めていました。

のろのろと進む車列の間を冷たい飲み物などを売ってまわるお兄さんがいましたが、気温が上昇してきていましたので繁盛してるようでした。混雑が酷くなったので私も降りて迷路のような路地を歩きまわったのですが、普通の庶民向けの生活必需品ばかりで面白いものは見当たりませんでした。



tortangtalong

 ちょっと早めでしたが、ランチを食べておくことにしました。

今日は午後から高級なエリアに行くので、そちらに行っちゃったら選択肢が少なくなるかもと考えたのです。靴ばかり売ってる路地の片隅にずらりと美味しそうな料理を並べてる屋台がありましたので、そこで済ませることにしました。気分で選んだのは40ペソ(約80円)の牛肉の煮込みと20ペソ(約40円)のナスの料理でしたが、素朴でなかなか美味しかったですよ。

この平べったいナス料理は「トルタンタロン」というそうですが、焼きナスの皮を剥いたヤツを平たく伸ばして溶き卵をかけてフライパンで両面を焼いたものみたいです。溶き卵に挽肉を入れるバージョンもあるという話でしたが、いろいろとアレンジしてみたら楽しそうですね。



powerplantmall

 食後にMRTに乗ってマンダルヨン地区に行きました。

以前に行ったことがあるSMメガモールはパスして、シャングリラ・プラザというモールを試したのですが、それなりに高級感があって悪くはなかったのですが特に珍しいものはありませんでした。そこから2005年にオープンしたというティエンデシタスというフィリピン産品が集まっている商業施設に行こうと思ったのですが、アクセスが悪そうでしたので先延ばしにすることにしました。

それで次に向かったのが高級なコンドミニアムが建ち並ぶベルエアに開発されたパワープラントモールでした。4層吹き抜けの正統派の造りでしたが、「フィリピンで誰が買うの?」と思うような高級ブランド店がすらりと軒を並べていました。資生堂の店があったのはさほどでもありませんでしたが、北海道のロイズの店があったのには少し驚かされました。シンガポールなら成り立つと思うのですが、マニラじゃ厳しいんじゃないかなと思えたのですが…



katorisenkou

 これはMRT沿いの道路の光景です。

かつては環7みたいな広い幹線道路だったのですが、その中央分離帯の部分に電車が走っていたのです。自動車も電車もひっきりなしに走る重要な道路ですから消費を喚起する巨大なビルボードもたくさん立ってるのですが、その中に風変わりなものがありました。

ハイソな雰囲気の女性のイヤリングがこのようになっているインパクトが強いもので、高額所得者向けの蚊取り線香の広告かなと思ったのですが、「シルバーワークス」と書いてありますので違うのでしょう。まだ正体は不明ですが、なかなか面白いですよね。(笑)



greenbelt5

 夕方にようやくマカティ地区に辿り着きました。

マカティはマニラ在住の日本人も多く暮らすハイソなエリアで、街を歩いてるフィリピン人の服装も他のエリアと少し違う感じなのです。建ち並ぶ高層ビルを見上げて「ずいぶんと変わったな?」と感心していたのですが、最後に行ったグリーンベルトというモールではさらに驚かされてしまいました。

庭園がある中庭を囲むように5つの商業施設が並んでる構成でしたが、香港やシンガポールにあってもおかしくないレベルの完成度だったのです。モール内にはゆったりとくつろげるソファが置いてありましたので30分ほどネット接続してみたのですが快適でした。あちこちのカフェでもネットしてる人を見かけましたが、おそらく株価などをチェックして一喜一憂しているのでしょう。フィリピンの違う一面を垣間見たような気がしましたよ。ちなみにここにもロイズの店があり、若奥様風なご婦人たちが試食していらっしゃいました。



maniladinner50peso

 マカティから2駅乗って庶民エリアに戻りました。

宿に戻るジープニーに乗る前に夕食を済ませておこうと駅に近いビルの中を歩き回ったのですが、先ほどまでとはまるで違う雰囲気でした。店頭のメニューをいろいろと見比べて選んだのは50ペソ(約100円)の風変わりな黄色いパスタと串焼きと厚揚げのセットでした。

パスタはスパゲッティを3分の一に切ったような微妙な短さで、周りを何かでコーティングしたような感じでしたが、それがカルボナーラ風に玉子なのかはわかりません。上にはカットしたゆで卵が乗っけられていましたけどね。ちょっと不思議な組み合わせの料理でしたが、100円ですから文句はありませんでした。食後に9ペソ(約18円)のソフトクリームを買って帰路に着き、宿の近くの床屋で40ペソ(約80円)で髪を切ってもらってサッパリしました。


 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/26(木) 23:59)

 マニラ第1日目、のんびりするはずだったのに…
mangodrink

 フライトと高速バスの疲れもあって爆睡できました。

朝方にちょっと蚊に刺されてしまいましたが、午前中は気温も30度以下で過ごし易い感じでした。宿には8週間の休暇を取ってダイビングをしにきたというイギリス人カップルがいましたが、ひたすら炎天下の街を歩き回る私とは違うタイプでした。彼らからしてみるとせっかく南の島まで来てるのにもったいないと思えることでしょう。(笑)

昨晩は遅くに到着したので何も用意していなかったので、宿で60ペソ(約120円)の朝食をいただきました。その後にこのマンゴジュースをいただいたのですが、自然の甘みと氷のツブツブ感が最高でした。私はいつもマンゴはスーパーで半身のものを購入してスプーンで掬って食べているのですが、シェイクにするのも悪くない感じです。



mallofasia

 午前中は宿でのんびりして、午後から出発しました。

15ペソ(約30円)のジープニーに乗って最初に向かったのは、マニラ湾沿いの埋立地に建設されたモール・オブ・エイジアでした。ガイドブックに「マニラに巨大なモールが出現!」とありましたが、600店舗ほどのテナントとデパート、シネコン、アイススケートリンクと盛りだくさんでなかなか見応えがありました。

しかしせっかく夕陽が見えるマニラ湾に面しているというのにウォーターフロントのデザインは貧弱なものでしたし、ありきたりのテナントばかりで私の足を止めるものはありませんでした。まあここはフィリピン各地からマニラに遊びに来た人たちが目指すようなタイプのモールなのでしょうが、ちょっと期待ハズレでした。



teriyakiboys

 埋立地の中を北のヨットハーバー方面に歩きました。

そこには華僑の成金たちが所有してそうなクルーザーを眺めながら食事を楽しむことができるようにハーバースクエアーという小さな商業施設が作られていたのですが、雰囲気は悪くありませんでした。マニラにも当然のようにスターバックスがあったのにはさほど驚かなかったのですが、隣の「Teriyaki BOY」という店に「太った少年」と日本語のタイトルが付いていたのには笑ってしまいました。

普通にカタカナで「テリヤキ・ボーイ」にしておけば何も問題なかったのでしょうが、この日本語タイトルは中途半端に日本語を知ってる人がヒネって考えた結果なのかもしれません。日本での運動不足でお腹のまわりの肉が気になりだした身としては、こんな名前の店には絶対に入りたくないと思いましたよ。(笑)



icecreamstand

 海岸線から懐かしいマラテ地区に移動しました。

ちょうど歩き疲れていたところにアイスクリームの屋台がありましたので10ペソ(約20円)の小さなサイズのものを試してみたのですが、体にまとわりつくような暑い空気の中で至福のひとときでした。ちなみにショッピングモールなどでは3?4倍くらいの値段ですが、屋台よりも量が多いので悪くはありません。しかしいろんなものを試してみたい私にはこちらの方が合ってますが。

この後も暑いので屋台やコンビニで冷たいものをいくつも買ってしまいました。ジュースは5ペソ(約10円)、ソフトクリームは15ペソ(約30円)からありますので予算的には平気なのですが、入ってる糖分を想像すると恐ろしくなってしまいます。旅行中は日本にいる時の100倍くらい歩いていますのでカロリーも消費してはいるのですが、冷たいものを補給する回数も多いですからね?。



harisonplaza

 両替屋が建ち並ぶマビニ通りで1万円を換えました。

中川大臣の醜態のせいもあり数日前から円安傾向でしたので、ついにフィリピンペソは5000の大台を割り込んで4971ペソでしたが、誤差の範疇ですので1ペソ=2円で計算し続けることにします。これまでは財布の中に前回の旅行の残りの100ペソ札が数枚しか入っていなかったのですが、今は500ペソ札が9枚も入っていますので急にお金持ちになった気分になりました。(笑)

観光局で地図などをいただいた後にいくつかのモールをハシゴしたのですが、どこもテナントは似たようなものでしたし、映画館も時間が合わなかったので今日はパスすることにしました。この教会は最後に行ったハリソンプラザという中規模の商業施設にあったのですが、予期していなかったのでちょっと驚かされてしまいました。今日はアッシュウェンズデー (灰の水曜日)ということで、額に灰で十字架をかかれた人を見かけましたが、さすがにカソリックの国ですよね。



queensgrill

 夕食はそのモールのフードコートでいただきました。

ご飯に焼きビーフンとポークチョップが乗ったものがソフトドリンク付きで85ペソ(約170円)だったのですが、素朴でなかなか美味しかったですよ。でもマニラのフードコートにはドリンク類の売り上げを伸ばしたいためか無料の水のサービスが見あたらなかったのが残念でした。ドリンク類は買ってもたいした値段では無いのですが、カロリーを気にする身としては冷水かお茶の方がありがたいのです。

マニラにも吉野家やペッパーランチ、味千ラーメンなどのチェーン店が進出していましたが、どうもまだアメリカ志向が強いような感じです。それで食事にはコーラ的な雰囲気が濃厚なのでしょうが、私にとってはありがたくない傾向です。このコンボメニューにもスプライトの代わりにアイス・ウーロンティーを付けてもらいたかったですよ。

食後にすぐ目の前にあったスーパーでフルーツや明日の朝のパンなどを購入して宿に向かったのですが、さすがにへとへとになってしまいました。マニラが暑いのはわかっていましたので、初日くらいはセーブしておこうと考えていたのですが、アジア的なアグレッシブな空気についつい引き込まれて予定の倍くらい歩き回ってしまいました。明日は途中に映画でも入れてのんびりするつもりです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/02/25(水) 23:59)

 梅田から難波、そしてイオンモールのち関空へ…
hanshin

 福岡からの高速バスは予定より早く到着しました。

梅田の北側に降り立ったら気温が6度ほどと低く、薄着で来たことを少し後悔しました。しかし「夏のマニラで防寒着を持って歩くよりマシ!」と自分に言い聞かせて難波に向けて歩くことにしました。今にも泣き出しそうな空模様の中を歩き始めたら、ポツポツと小雨が降りだしましたが、コンビニで傘を買うほどじゃなかったのでレインパーカーのフードをかぶってそのまま歩き続けることにしました。

梅田の北口でも南口でも建設用のクレーンが目に付いたのですが、北口の伊勢丹の方は未だに骨組みだけでした。そしてこの南口の阪急百貨店の新館は上の階はまだでしたが下層階は保護幕が取り払われていました。聞いた話によりますと、この阪急百貨店の新館が完成すると池袋の東武デパートを抜いて日本一の売り場面積になるということでした。南部の天王寺には横浜のランドマークタワーを抜いて日本一となる超高層ビルが建設されるという話ですし、「大阪はほんとうに景気が悪いのか…?」と疑いたくなってしまいますよ。



odona

 歩き始めてから10分ほどでオドナに到着しました。

三井不動産がプロデュースした風変わりな名前の中規模な商業施設は昨年の秋に大阪に行った時にすでに営業していたのですが、梅田から中途半端な距離にあるためチェックするのを先送りしていたのです。地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅と直結しているために地下と1階は多くの通勤客が早足で歩いていましたが、テナントの開店時間前でしたので2階にはこのように誰もいませんでした。

それでこのゆったりとしたソファで暖を取りながら休憩させてもらうことにしたのですが、この商業施設には無料の無線LANは用意されていないようでした。格調高い大人の雰囲気で小さいながらもなかなか良い出来だなと思ったのですが、たいして経費がかからない無線LANくらい導入しておいてもらいたかったですよ。



ikeatsuruhama

 梅田から1時間ほど歩いて難波に到着しました。

そして大阪エアシティターミナル前から無料のシャトルバスに乗って湾岸エリアにオープンしていたイケアに行ったのですが、それはおそらく世界でいちばん安いであろうイケアの朝食を試すためでした。私はあちこちの国でイケアの朝食を試しているのですが、大阪の鶴浜店のは99円のモーニングプレートに1枚20円のクネッケ、そして10時までは200円で飲み放題のコーヒーが無料でしたのでトータル119円で済んだのです。量的には少し物足りない感じでしたが、この安いモーニングプレートに比べてスープやサラダは異常に高く感じてしまいましたので追加するのはガマンしました。

今晩のマニラへのセブパシフィック航空のフライトが控えていましたので何も買わずに無料のシャトルバスで難波に戻って、大阪在住の友人と待ち合わせをした大阪エアシティターミナル地下のマクドナルドに急ぎました。イケアにとってみたらありがたくない客だったことでしょうが、たまに少額ですが買い物をしていますので許していただけることでしょう。それに日本人の中ではかなり多くの支店に行ったことがある「イケアマニア」のひとりでしょうしね。



grillnewlight

 午前中は友人と南堀江あたりを歩き回りました。

お昼の時間になって試してみたのは、私が以前にテレビで見て面白そうだと思っていた老舗のグリルニューライトという洋食屋でした。店頭の食品サンプルは完全に色が変色しているような感じで、店内もタイムスリップして昭和に戻ったような雰囲気でした。いろんなメニューがある中でオーダーしたのは明治軒のインデアンカレーに似た液状のカレーに生卵を落としたセイロンライスというもので、ありがたいことに2009年なのに450円でした。

私は初めてでしたので別に懐かしい気分にもなりませんでしたし、もう一度食べたいかと聞かれたら首を横に振ることでしょうが、一昨年あたりから試してみたかった料理でしたので満足できました。ランチタイムはほぼ満席になるほど繁盛していましたので、急にこの店が無くなることはないとは思うのですが、老舗がひっそりと店を閉めてしまうことはよくある話ですから、こういったB級グルメに興味がある方は早めに体験しておくべきだと思いますよ。



aeonmallrinkuu

 ランチ後に友人と難波の高島屋まで歩きました。

デパ地下のいくつかの店で試食をした後に神戸スイーツを買って南海電鉄乗り場近くのコーヒー店に移動してこっそり食べたのですが、ランチ代を含めて1000円以内に収まりました。友人ともっと喋りたい気持ちはあったのですが、フライトの時間が迫ってきていましたのでサヨナラを言って620円のチケットを買って電車に乗りました。

関空行きの電車ではなく、和歌山方面への快速に乗ったのは関空の対岸にオープンしていたイオンモールりんくう泉南で買い物を済ませるためでした。人工的に白い石が敷き詰めてあるビーチに面したイオンはどこにでもあるタイプの標準的なもので、スーパーの棚の配置もそっくりでしたから楽に今晩の夕食などを買うことができました。今晩のマニラ行きのフライトはいわゆるローコストキャリアと呼ばれるもので、機内食や飲み物は有料ということでしたので自己防衛しておいたというわけです。買い物を済ませて100円のスカイシャトルというバスに乗り30分ほどで関空に到着しました。

関空は完成した頃に一度だけ電車でチェックしに来たことがありましたが、電車代を節約するために中には入ったことがありませんでした。アジアに次々と巨大な空港がオープンしていますので、それらに比べるとしょぼい感じでしたが、景気低迷で国際線が減ってる現状には合ってるのかもしれません。コンピューターのシステムダウンで時間はかかってしまいましたが、無事にチェックインを済ませてゲート近くの無線LANのアクセスポイントで最後のメールチェックを済ませて機上の人になりました。約4時間のフライトでマニラの空港に到着して、ジープニーを乗り継いで宿へ急ぎ、1時間の時差のおかげでなんとか24日のうちにベッドに横たわることができました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/24(火) 23:59)

 熊本を出発する前に最後に食べたものは…
takanaman100yen

 熊本を出発する日になんとか雨が上がってくれました。

天気予報では雨のちくもりだったのですが、太陽も顔を出してくれましたのでありがたかったですよ。24日の夜には真夏のマニラの空港に到着することになりますので、薄いレインパーカーの下に長袖の薄いスウェットシャツを重ね着していただけの軽装でしたからね。

本日は高速バスの始発の交通センターまでわざわざ来たのですが、それは隣のくまもと阪神デパートが6周年ということで割安なランチをいただくことができるというニュースを見たからでした。しかしその期待は見事に裏切られてしまいました。割安なランチは限定30食とかでしたし、選択しも少なかったのです。仕方が無いので地下の食品店で100円の高菜が入った肉まんみたいなのを買ったのですが、もう一度買う気にはなれない感じのものでした。それで博多で美味しいものを食べることにして、約2時間の車中の人になりました。



tenjinwifi

 天神のバスターミナルに到着後、近所を歩きました。

福岡の友人から「以前は盛り上がっていた大名エリアが閑古鳥が鳴いているようだ」と聞いていたのでチェックしてみたのですが、私が勝手に予想してたよりはマシでした。しかし歩いてる人の数も以前より少ない感じでしたし、ショッピングバックを持ってる人も少なかったので状況は見た目より厳しいのかもしれません。2011年には博多駅に巨大な駅ビルが開業することになりますので、今後はますます大名エリアは悪化しそうだというのが一般的な見方なのです。

2時間ほど路地を歩き回って疲れてしまったのでふれあい広場に面した市役所の案内所で休憩させてもらうことにしたのですが、そのエリアは広域な無線LANの実証実験中でした。天神エリアの商店主たちが地域を活性化させようと頑張って行政や通信会社などに働きかけてくれたようで、その計画に賛同してくれたスペインのFONという会社が200台も通信端末を提供してくれたということでした。それをあちこちの店に配置してあり、誰もが無料でネットにアクセスできる仕組みになってるようでした。実証実験は3月までということでしたが、おそらく追加の経費もかからないことから延長されることでしょう。



gatestsutaya

 その後、友人と待ち合わせた中州方面に歩きました。

ネットのニュースで寂れきっていた中洲のゲイツというテナントビルにツタヤが入居することになったというのを見ていたのでチェックしてみたのですが、知名度と集客力があるテナントだけに今後は雰囲気が好転しそうでした。ツタヤは歩いて行くこともできる天神の国体通り沿いにも大きな店があるのですが、おそらく相当に家賃を安くしたので入居することを決めたのでしょう。

この後に友人の自動車でモツ鍋屋に行くことにしたのですが、偶然に通った裏道に人気焼肉屋の無料駐車場が空いていたので急遽変更することになりました。その店は友人も何度かトライしたものの満員であきらめたということでしたが、時間が少し早かったので空いていたみたいです。まあモツを煮ると焼くの違いでしたし、美味しくて割安感がありましたので問題は無かったのですが。



hakataekisugoca

 食後に友人に博多駅まで送ってもらいました。

出発まで少し時間があったので本屋で明日の大阪のことをチェックしたり、土産物屋を冷やかしたり、建設中の駅ビルを見物したりしていたのですが、駅構内がこれから大規模に模様替えされそうでした。博多駅の商業エリアのデイトスは全館リニューアルということで3月31日をもって閉店するということでしたし、博多口と筑紫口を結ぶ自由通路の部分の壁や柱も工事中でした。

ほとんどの駅を支える構造の柱が装飾をはがされて保護シートで覆われているような状態でしたが、1本だけ真新しいタイルが貼られた上にガラスで覆われているのを見つけたのですが、どうやら見本に1本だけ仕上げたようです。クラッシックさとモダンさを併せ持ったデザインで博多の玄関口としては悪くないんじゃないでしょうか。「SUGOCA」と言うICカード乗車券と電子マネー機能を備えたカードの広告がありましたが、こちらのカエルなどのイラストをモチーフとしたデザインは残念な感じでしたが。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/23(月) 23:59)

 街外れのスモールビジネスの先行きは晴れ模様…?
agepanya

 熊本は最近の景気のように雨模様でした。

そんな天気の中をヤボ用があったので午前中に水前寺駅方面に出かけました。用事を済ませて帰る途中に新聞の新店舗紹介のコーナーで見たのを思い出して、その揚げパンの専門店を探してみました。水前寺駅の裏口の何も無いエリアにその店はあったのですが、予想してたものよりはるかに安普請なものでした。

駐車場の料金所くらいの大きさのもので、ホームセンターで波板と角材を買ってきて作ったんじゃないかと思わせるようなものでした。雨漏りがするためなのか、店主らしきお兄さんがビニールをかけているようでした。揚げパンは1個80円ということでしたが、フィリピンから帰国後にまだ営業していたら試してみようと考えています。



nekonohi

 2月22日は語呂合わせで猫の日ということです。

「にゃん・にゃん・にゃん」というとツカサのウィークリーマンションのCMを連想してしまうのですが、ペット業界ではこれを機会に利益率が高い高級品へのシフトを促したいところなのでしょう。このPOPには「いつもそばにいてくれるネコちゃんにありがとう」とありましたが、たしかに寒い時期には体温が高い猫はありがたい存在です。

しかし最近は毎朝、「重たいな?」と感じながら目覚めるのですが、それはいつの間にか猫のバジちゃんが肩の部分に乗って寝ているからなのです。こうやってブログを書いている時にも濡れた体でやってきてノートPCの前に割り込んで邪魔をするのです。まあ旅行中はしばらく触れ合うことができませんし、猫の日ですから許しちゃいますけどね。(笑)



cyokichokihouse

 フリーペーパーでこんな広告を見かけました。

QBハウスのような1000円理髪店のキャンペーンみたいなのですが、期間中に1000円で髪を切ると次回に半額の500円で切ることができる割引券をくれるということのようです。つまり2回で1500円ですから、1回あたりだと750円ということになります。

私は昨年はプノンペンやソウル、今年はクアラルンプールで300円ほどでカットしたのですが、日本では750円は安くても高く感じてしまいますので止めておきますよ。もうそろそろカットしてもいいかなと考えているのですが、次回はマニラでカットするかもしれません。マニラのダウンタウンならまだ路上の床屋もありそうですからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/02/22(日) 21:01)

 こんな時代に必要なのかと思わせるプロジェクト
koutyushakaijittken

 熊本は今日も晴れて春のように暖かくなりました。

高速バスのチケットを購入しておくために中心部を歩いていたら「くまもと安心移動ナビ」というプロジェクトを紹介してるコーナーがあり、お揃いの黄色いジャンパーを着た県庁職員らしき人たちが説明していました。この「くまもと安心移動ナビ」というのは2011年の春の九州新幹線全線開業に向けて、ユビキタス技術を活用して、やさしく簡単で誰でも使える公共交通や観光地・公共施設等の案内を、携帯電話を使って行うという趣旨のプロジェクトということのようです。

つまり観光案内板にハイテクの付加価値を付けたようなもののようですが、こういったものを税金を使って開発する意義があるのか疑問です。こういった案内板や専用端末を特注するのって高いと思うのですが、危機的な財政状況の自治体がやるべきことなのかと思うのですよ。3月に台湾のMSIから無線LAN内臓のネットブックをデスクトップにしたような安価なPCが発売されるのですが、そんなのを街中に何台か置いておくだけで良いんじゃないかなと思うのですが。それだと広告収入だけで楽に運営できると思うのですが。



kakuyasuhanbaiki

 チケット屋で高速バスの回数券を購入しました。

ネットで熊本から大阪までの直通バスを買おうと思ったら売り切れていたため、福岡から乗ることにしまして、福岡までのチケットを買うことにしたのです。福岡までの高速バスは2000円で、4枚つづりの回数券だと1枚あたり1600円なのです。チケット屋ではそれを安く購入して、1590円とほとんど変わらない値段で売っていました。片道2000円と思えば安いのですが、1600円というのが頭にありますので「な?んだ」と思ってしまいました。

チケットを買って帰ろうとしたら、この格安チケットの自販機が目に付きました。店員さんの人件費を節約するためなのかもしれませんが、なぜか店内に置いてあったのです。こんなものは道路に面した店頭に置いておかないと意味が無いとうに思えるのですが…



kumamotozeniginkou

 今朝の新聞に善意銀行の広告が載っていました。

どんな組織なのかと検索してみたら公式サイトに「熊本善意銀行は、みなさんの尊い善意に基づいて提供される金銭、物品、ボランティア活動などを取りまとめ、社会福祉施設、地域福祉、恵まれない方々のために払い出しています。払い出しに際しては、みなさんの善意を有効に生かし、かつ公平性を保つために、運営委員を置き、審議し、払い出し先などを決定しています」と説明してありました。

公益性がある社団法人ということですが、お金をかけて新聞に広告を出す必要があるのかと疑問でした。でもこの組織の事務局は新聞社の2階にあり、会長や理事に新聞社のお偉いさんの名前が並んでいましたので広告費を払ってるわけじゃないのでしょう。それは問題ないとしても、デザイン的にはどうかなと思ってしまいましたよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2009/02/21(土) 22:15)

 おバカブームもついに終りかと思わせる書籍が…
obakademo1200yen

 昨日からの雨は午前中に上がり、晴れてきました。

フィリピン行きの航空券の手配のために中心部まで出かけたのですが、その時に立ち寄った書店で珍しいものを見かけました。熊本市出身のおバカタレントのスザンヌの母親が書いたという「おバカでも明るい育て方」という1200円もする本だったのですが、マイナーな版元ではなく主婦と生活社から出版されていたので驚かされました。

気になって検索してみたら2月11日に上通の書店で妹のマーガリンも参加しての出版記念サイン会があり、150人もの物好きな人が集まったそうです。スザンヌ本人は出版のことを知らなかったと公式ブログで書いていましたが、それは計算のような気がします。なんでもブームの最後にはこういった便乗したがる人が出てくるものですが、もうおバカブームも終わりそうですよね。(笑)
 


leiwedding0yen

 こちらはこれから出版される無料の雑誌です。

全国的にこういったブライダル情報を満載した無料の雑誌は増えているのですが、どうも紙資源の無駄遣いに思えて仕方がありません。少子高齢化で婚礼ビジネスの市場は確実に縮んでゆくというのに、こういったメディアや婚礼のための施設は増え続けているのです。

このプレ創刊号をめくってみたら、聞いたこともない施設がたくさん紹介されていました。これから不景気が本格化すれば体力が弱いところから夜逃げしてゆくことになるのでしょうが、その後は処分に困ることになるのでしょうね。その廃墟は大阪のフェスティバルゲートのことを連想させることになるんじゃないでしょうか。(笑)



kumamotohansin11000yen

 地元の新聞に気になる記事が並んでいました。

熊本で創業して世界各地で店舗展開してる「味千ラーメン」なのですが、23日にシンガポールでの上場を記念して、食事をしてくれたお客さんに持ち帰り用のラーメンを配布するということでした。これが22日なら「味千の日」でラーメンが安いのですが、タイミングが合いませんし数量限定みたいですから食べに行く気にはなれません。

23日が創業記念日という「くまもと阪神」は1万円の商品券に1000円のプレミアを付けた「夢得チケット」を売り出すということでした。高齢者向けのデパートでは買うものなんて無いのですが、「くまもと阪神」の前の「岩田屋伊勢丹」創業時の36年前の価格で食事や食品などを提供するということですからランチタイムにチェックしてみるつもりです。この記事によると熊本名物の太平燕などが安くなるということなのですが、36年前の価格なら280円くらいかな…?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/02/20(金) 22:19)

 かばしま家の莫大な借金を減らすためには…
kabashimakenofusai

 今日の熊本は県財政と同じように冴えないものでした。

熊本県は総額7193億円の2009年度一般会計当初予算案を発表したのですが、これは昨年4月に就任した蒲島知事が手がけた初めての本格予算ということです。熊本県は自動車や半導体関連などの企業を誘致していたのですが、不況下での急速な業績悪化で先行きに暗雲が立ち込めています。法人事業税も大幅減となってるということですが、今後はますます厳しくなりそうなのです。

夕方のニュースで熊本県の財政状況をわかりやすく説明するために単位を変えて図解していましたが、このままでは夕張みたいに財政再建団体に陥ってしまいかねないという現実がようやく理解されつつあるようなのです。でもこのまんまる笑顔じゃ危機感が無いような感じがしますから不適切ですよね。(笑)



sengaidekochan598yen

 これは南熊本駅近くのスーパーで見かけたものです。

「選外デコちゃん」とありますが、見た目がキレイなものなら1個200円とかするデコポンの不揃いなものがネットに入れられて安く売られていたのです。15個くらいは入ってるみたいですから、1個あたりにすると40円ほどということになります。旅行の予定が無ければ購入してみても良かったのですが、余っちゃいそうでしたので止めておきました。フィリピンでもフルーツは安いですからね。

美味しい柑橘類がたくさん栽培されているのは熊本県の特色ですが、どうもそれを最大限に生かしているようには思えません。税金を使ったPRなどはやってるみたいなのですが、「戦略」が無いと効果が薄いと思うのですよ。財政難なんですから税収を上げるための戦略を早急に打ち出す必要があると思うのですが、県民性なのかのんびりしてるみたいですよ。(笑)



hanakiridaikon100yen

 これもスーパーで見かけた熊本製の商品です。

100円コーナーに置いてあったのですが、乾燥大根と昆布をパックしたはりはり漬でした。パッケージの表と裏のイラストが面白かったので撮影してみたのですが、なかなかキッチュですよね。「鯛の刺身を残してしまうほど美味しい」というようなことが書いてありましたが、そんなことは無いだろうと思って購入はしませんでした。

ちなみにこの商品を販売していた「ダイノブ」というスーパーは熊本県に2店舗しかないのに、マンハッタンに海外進出1号店を出したそうです。海外展開に熱心な味千ラーメンみたいな前例もありますから、もしかしたら「DAINOBU」という名前はかつての「YAOHAN」並みに有名になっちゃうかもですね?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2009/02/19(木) 21:46)

 本格的な春になってしまう前に雪景色をと…
michinoekiaso

 本日は雪景色を見るためにドライブしてきました。

どうもこのまま気温上昇が続きそうな感じでしたから、今のうちに山頂の雪景色をと考えたのです。熊本市内から1時間ほどのドライブで昨年にオープンしたばかりの道の駅に寄って地図などをいただいてきたのですが、やはり円高になってからは外国人観光客が減っているということでした。この道の駅には「阿蘇を世界文化遺産へ!」というバナーがあったのですが、なぜ文化遺産なのか不思議でした。

ガソリン代はずいぶん下がりましたので、福岡などからのドライブ客もまた阿蘇に戻ってくるとは思うのですが、不景気と円高傾向で以前のようにアジアからの観光客には期待できそうにありませんから観光に携わってる皆さんは厳しそうです。この道の駅の売り上げも昨年のオープン当初がピークだったのではないでしょうか。



kanponoyadoaso

 これは国会でも騒がれている「かんぽの宿」です。

ここが例の売却リストに含まれていたかどうかは知らないのですが、どんな所なのか興味がありましたので中に潜入してみました。平日だったこともあり宿泊客はそれほど多い感じじゃありませんでしたが、さほど廃れてるというわけでもありませんでした。いかにも郵政官僚が好きそうな無駄な吹き抜けのロビーの先には場違いなグラウンド・ゴルフのコースがありました。

近所の農家のオバちゃんらしき団体さんが楽しそうにプレイされていたのですが、農閑期のイメージがここ数年でずいぶんと変化していることでしょう。どうもこの地方では町村合併前の低レベルのしこりが残ってるみたいで、選挙対策としてグラウンド・ゴルフ場の整備が利用されているようなのです。それなら町村民の健康増進に役立つということで利益誘導と批判されないでしょうからね。(笑)



syogayakilunch680yen

 お昼は初めての店を試してみることにしました。

昨年の7月にオープンしたという「チェリーブロッサム」というペンション風の店でしたが、観光地なのに日替わりランチが680円と良心的な値段でしたし、食事をしたら100円でいただくことができる水出しコーヒーも美味しゅうございました。

この近くの店は山の景色を楽しんでもらうために大きな窓や眺めが良いテラスなどを工夫してるところが多いのですが、この店は新築なのに残念ながらその要素は盛り込まれていませんでした。工事をした頃はまだ日本の景気も良い時代でしたのでそんな余裕も無かったのかもしれませんが、敷地には余裕がありそうでしたから今からでも再考されてみてはと心の中で思いました。



uekiichi2009

 帰り道に郊外で開催されていた植木市に行ってみました。

昨年もこの時期に行って梅や桜などの画像をアップしたのですが、今年は熊本らしい柑橘類の苗木の画像を選んでみました。普通のミカンから聞いたこともない種類のものまでたくさんの種類の苗木が並んでいたのですが、さすがに農業県ですよね。

しかし不景気のためか、買い物済みの苗木を持って歩いてるお客さんは少ない感じでした。この会場では植木以外の食品や雑貨なども売っていますので、それを冷やかすのを目的に遊びに来てるような人も多いんじゃないかなという感じでした。東京モーターショーみたいに来年は開催が危ぶまれることになるかもです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/18(水) 21:03)

 少し早いけど美味しい桜が届きました
sakurahiyoko8

 本日も晴れましたが、けっこう寒い朝でした。

昨日はいただきものの信州銘菓のことをアップしたのですが、今朝は有名な博多銘菓が届きました。最近では羽田空港などで東京土産としても人気という「ひよ子」ですが、その季節・販売数量・地域限定商品だったのです。この「桜ひよ子」のことはアジア旅行の発着に福岡空港を利用したので知ってはいたのですが、8個入りで1050円と安くないお菓子ですから試すのは初めてでした。

検索してみたらこの「桜ひよ子」は白餡に国産の刻んだ桜葉を入れた商品で、販売されているのは「ひよ子」発祥の地の福岡県のみのようです。ちなみに3月31日までの限定販売ということですが、福岡では花見の季節に間に合うようです。普通のひよ子より少し大人っぽい感じで、どことなく桜もちを連想させるものでした。味はまったく満足できるものだったのですが、このパッケージが8個入りだったのが残念でした。普通のひよ子のパッケージなら9個入りのサイズでしょうから、上げ底みたいで損した気分にさせられちゃうからです!(笑)



koromusubi100yen

 お昼にヤボ用で熊本の商店街を歩き回りました。

アーケードに面した書店を出たところでロッテリアの赤い看板が目に付いてしまったので、それに釣られて「コロむすび」というのを試してみました。この商品のことはGIGAZINEの新製品レビューみたいなもので見たので知っていたのですが、税込み100円のOTOKU価格に負けて衝動買いしてしまったのです。

この「コロむすび」は大量生産品を冷凍して全国のロッテリアに納入されているのでしょうが、揚げたてでしたのでサクサクして美味しゅうございました。しかしサイズが予想以上に小さかったのと、チーズは入れ忘れたんじゃないかなと思わせるほどでしたので残念でした。どこを食べても均一な感じでしたからメリハリがなくてつまらなかったのですが、真ん中にウズラのゆで卵とかバターでソテーしたササミなどが入ってたら良かったんじゃないかなと思いましたよ。



kakunitakanaman150yen

 ちょうど食べ終えた所で肉まんを売っていました。

「コロむすび」では胃袋的にも気分的にも満足できなかったので、ついつい山水亭というラーメン屋の店頭で湯気を上げていた蒸篭の蓋を開けてしまいました。ロールパンみたいな形の税込み150円の角煮とピリ辛高菜入りの「グァバオ」というのを試してみたのですが、熱々でとっても美味しかったで大満足でした。

個人的にはもう少しピリ辛であっても良かったかなと思いましたが、万人向けにするためにはギリギリだったのでしょう。私みたいにすぐに食べ歩きしたい人のために店頭にカラシを用意してあればと思いました。ちなみにこの商品は山水亭の公式ウェブサイトから10個入りのものが通販で購入できるようです。豚まんとグァバオの各5個セットの商品もあるみたいですし、ラーメンの2食入も500円と良心的な値段ですから寒い内にいかがでしょうか?。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2009/02/17(火) 21:36)

 いつもの2月の気温に戻った朝に食べたものは…
dorsetcereals

 先日までの暖かさがウソのように気温が下がりました。

熊本市内で夜間に降った雨は阿蘇山頂付近では雪に変わったようで、ニュースのレポーターは白い世界の様子を嬉しそうに伝えていました。これからまたしばらくの間は最高気温が10度前後の普段の冬の気温が続くことになりそうですから暖かい国へ逃避行したいところなのですが、都合により少し先になりそうです。

昨晩はついつい「ポロック 2人だけのアトリエ」という映画を最後まで観てしまいましたので寝坊してしまいました。目覚めたら風邪気味で朦朧としていましたので、コーヒーを飲むのをやめてシリアルだけで済ますことにしました。このイギリス製のシリアルはシンガポールのカルフールで安売りしてたのですが、レーズンやひまわりの種など私の大好物がたっぷり入っているタイプでしたので気に入りました。あまりに安かったので不味いのかなと心配していたのですが、こんなことならもう1?2箱買っておけば良かったですよ。(笑)



kurikintontsumeawase

 東京の友人から美味しいお菓子をいただきました。

長野県の「いと忠」という会社の「巣ごもり」と「栗きんとん」の詰め合わせでしたが、前者は黄味あんをホワイトチョコレートで包んだもので、「ひよこ」を高級にしたような雰囲気で美味しゅうございました。後者は混ぜ物が入っていない正統派の高級品で、ひとつひとつ職人さんが手で絞った様子のほのぼのしたもので、こちらも本物の栗の甘さだけといった感じで美味しゅうございました。

この「巣ごもり」というお菓子は第20回全国菓子大博覧会名誉金賞受賞ということでしたが、まだ長野県内や高速のサービスエリアくらいでしか取り扱っていないようです。おそらくデパートの催事場で信州フェアなどをやる時くらいにしか県外には出ないタイプの地域のお菓子みたいです。Yさん、どうもご馳走様でした?。



syokukoukumamoto

 地元の新聞が変なキャンペーンをやるみたいです。

「食考」という造語を使ったもので、「新聞と食とはつながっている」というコピーがあるのですが、この新聞広告では何のことかさっぱりわかりませんでした。それで検索してみたら完成度が低いウェブサイトがあって、「年間企画としてスタートさせた読者参加型のキャンペーンで、県民の生活習慣病の改善と食生活の見直しなどを通し、県民の健康づくりに貢献することをめざします」と短い説明がありましたが、それって「食育」とどう違うのとツッコミを入れたくなりました。

「食考」というコンセプトとはあまり関係が無さそうな熊本県産品のプレゼントが半分を占めているのですが、そこには「おいしいものを食べて、ご自身や家族の食と健康について考えてみませんか?」とひねりが無いコピーが添えられていました。一応ウェブサイトからも応募できるようにフォームが用意されている点は評価できたのですが、このキャンペーンは趣旨が曖昧なダメ企画だと思いますよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/16(月) 21:06)

 熊本でいちばん高いビルが建つ予定の工事現場では…
atarashiikumamoto

 熊本は今日もぽかぽか天気でした。

今日はお昼前にヤボ用があったので熊本駅前のホテルまで出かけたのですが、車中は温室状態で窓を開けて走っても平気なほどでした。そういえば最近は朝晩でも膝掛けだけでガマンできますので暖房は使っていません。このまま春になるわけじゃないのでしょうが、確実に季節は移り変わりつつあるようです。

このブログで何度か書いたことがありますが、熊本駅前は2011年の九州新幹線の開通に向けて大きく変わりつつあります。これまでは昭和チックな旅館や食堂などが建ち並んでいた駅前の一等地も更地となり、再開発プロジェクトの現場ということをお知らせするフェンスができていました。この場所には熊本でいちばん高いビルが建つ予定なのですが、地上げ交渉が長引いたせいで工事が半年ほど遅れることになってるそうです。不景気ですから資材の調達や作業人員の確保などでは問題は無いのでしょうが、ビルの完成後にテナントが埋まらないという危険はあると思います。そうなると「新しい熊本、はじかきます。」というコピーが相応しかったりして…(笑)



kamesenkaishime

 駅前の帰りに先日のスーパーに寄ってみました。

大好物の亀せんが売り切れていたので悔しい思いをさせられたのですが、今日はまだ少しだけ残っていました。95円で安売りされていた食パンや全品半額だったアイスクリームなどと共に買い物してきたのですが、レジでの支払いの時はまるで原油高で食品の値段が上がる前みたいな雰囲気でしたよ。しかしまだチーズやバターなどの乳製品は値段が下がらないのですけどね?。

円高で輸入飼料も下がっているはずですし、景気も低迷してるわけですから日本の乳製品の値段ももうそろそろ下がっても良さそうなのですけどね。しかし日本の酪農業界の深い闇には堕落しきったマスコミは切り込む気配がありませんから、消費者は不満を持ちながらも高い乳製品を買わなくちゃならないみたいです。乳製品は要冷蔵なものが多いですから、海外で安いのを見つけても買っておこうという気にもなれませんから悔しいものです。



aeonmallparkandride

 ついに熊本でもパーク&ライドが始まるみたいです。

遠隔地から通勤する人などが郊外にあるイオンモールの駐車場に自家用車を停めて、そこから熊本バスに乗り換えて中心部の職場に向かうという仕組みなのですが、これが普及すれば朝晩の幹線道路のラッシュは軽減されるでしょうし、無駄なエネルギーを使うこともなくなりますので環境面の省エネ効果も期待できます。

利用は台数の制限があることから申し込み制ということですが、利用するためは毎月5000円分のイオン商品券を購入するだけで、実質的には駐車料金は無料ということですから悪くないですよね。つまり月に5000円以上イオンで使えば良いということですが、通勤の帰りにイオンで自家用車に乗り換える前にジャスコで何度か買い物すれば楽にクリヤーできる金額に設定されているみたいです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/15(日) 20:21)

 環境対策で日本がドイツに抜き去られた理由は…?
feb14kokusaikouryukaikan

 本日の熊本の最高気温はついに20度を超えました。

静岡市では観測史上最高の25.9度の夏日だったそうですから熊本はまだマシなのですが、ちょっと気持ちが悪いものですよね。気温は暖かい方が過ごしやすいのですが、これも異常気象のひとつの表れかもと思うと喜んでいるわけにはいかないですからね。上着が不要な陽気の中を自転車で国際交流会館まで出かけたのですが、それは環境省の九州支部が主催した環境関連の報告会に参加するためでした。前半がドイツの、そして後半が韓国の視察旅行の報告があったのですが、期待に反して目新しい話はあまりありませんでした。昨年の初夏に洞爺湖で開催された環境サミットの前後に報道各社が環境関連の番組を放送したからでもあるのでしょうが、本日のレポーターの皆さんの力量の低さもあったのかもしれません。

ドイツでは選挙で多くの国民が緑の党を選んだ結果、2002年に原子力発電を廃絶してゆくことを閣議決定して、その後の法改正で風力や太陽光発電などの環境関連のビジネスが成り立ちやすい環境を整えて、そういったことが遠因で環境分野で先行している部分が多かった日本を抜き去ってしまったということなのですが、高い支持率を背景にしたオバマ大統領がグリーンニューディール政策を大胆に遂行してゆけば周回遅れのアメリカの後塵を拝する身となるかもしれません。ドイツの事例を報告された新聞社の方は支持率も環境関連への関心も低そうな麻生内閣のことを憂いていらっしゃいましたが、私はそれを聞いていて、「御用新聞社や堕落しきったマスコミがそれを許しているんじゃ…」とツッコミを入れたくなりました。ドイツ語はまったくわからないので自分では判断できないのですが、「市民力」というものに差があるとすれば、それは日独のジャーナリストの質の問題じゃないかという気がしますよ。



kamesenurikire

 報告会が終わった後に駅方面に走りました。

わざわざ遠回りしたのは今朝の新聞のチラシに私の大好物の亀せんの特売情報があったからでした。昨年の原油高の影響で亀せんも原材料が値上がりしたためか、今年になってからは100円以下で売ってる店は見かけなくなっていたのです。

チラシには個数制限も書いてなかったので5?6袋ほど買い占めてやろうと考えていたのですが、皆さんも考えることは同じみたいで買い占められていた後でした。同じ料金に値下げされていた隣のあられは大量に売れ残っていましたので、私以外にも亀せんファンが多いことがうかがえます。特売期間はまだありますので、早い時間にリベンジしてみようかな…(笑)



valentinedaylunch

 今日の新聞にバレンタインランチの広告がありました。

「夢みる二人のLove Loveランチ」という恥ずかしくなるような名前みたいですが、サラダとオムライスとコロッケのプレートランチに日替わりのデザートと飲み物が付いて2名分で1500円ということでしたが、東京のチョコレート専門店じゃ一口サイズのチョコが500円とかしてますので較べると割安感がありますよ。

しかし「お一人様でもどうぞ」という情報は不要だったんじゃないかなと思います。カップルが多いシーズンにカップル向けに広告をしている店に1人で入る気には誰もならないと思うのですよ。しかもカップルで行くよりも50円高いですしね。もし1人で行ってコレを注文したら、バイトの女の子が「夢みる二人のLove Loveランチ、お待たせしました?」と持ってこられたら最悪ですしね?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/14(土) 21:51)

 熊本経済は土砂降りになりそうな気配も…
theclubofexcellent

 熊本は朝から小雨が降り続いていました。

テレビCMで明日のバレンタインデーにオープンするという邸宅風の結婚式場がありましたので、いつもとは違うスーパーに行くついでに様子を見に行ってみました。以前は田畑だったらしい郊外に開発された新興開発エリアの公園前に建てられていたのですが、お隣は倉庫群でしたので変な感じでしたよ。

日本全国にこういった施設ができているのですが、熊本には次々と新しいのがオープンしていますので、競争がかなり過熱気味です。日本は少子高齢化で婚礼期の男女の数が減り続けている上に、これから不況が本格化するといわれているのにコストをかけて新規参入してくるなんて無謀なんじゃないかなという気がします。競争激化で婚礼価格が安くなったとしても私には関係ありませんので、ほどほどにしておいていただきたいという感じです。(笑)



akunebontan

 この果物の値段は競争の結果かもしれません。

日曜に鹿児島に行った帰りに阿久根市の国道沿いの無人販売所で購入したのですが、これくらいの大きさのものが7個ほど入ってるものがたったの500円だったのです。見栄えが良く形の揃ったものは有人の直売所で3個で500円ほどで販売されていたのですが、不揃いなものは不人気のためか激安だったのです。

皮がこれだけ厚い果物ですから見た目より食べることができる部分は少ないのですが、それでもけっこうな量がありました。これに似たサイズのザボンは200?300円、そして晩白柚なら1500円くらいしちゃいますので、かなりお買い得ということになるでしょう。



gulmetfesta2009

 これは明日から郊外で始まる食のイベントです。

地元でそれなりに評価されている60軒ほどの店に参加要請しただけのイベントじゃないかなと思うのですが、まったく期待できないので内容を確認しに行く気にはなれないのが残念です。何か目玉企画でもあればドライブのついでに立ち寄ってみても良いのですが、この広告からは工夫のかけらさえ感じることができませんからね…

検索してみても公式ウェブサイトは見つかりませんでしたし、主催の熊本日日新聞社のウェブサイトで「グルメフェスタ」をキーワード検索しても何も出てきませんでした。会場のグランメッセのウエブサイトにようやく「熊本県内はもとより県外からも“うまかもん”や“ご当地グルメ”が大集合。会場での飲食はもちろん、テイクアウト品も充実!」とだけ短い説明がありましたが、このイベントの責任者の情報発信能力は問題ありだと思いますよ。昨晩のニュースで小泉元首相が麻生批判を書いてある国会議員のブログをプリントアウトしたものを手にして、「これを麻生首相の所にファックスしておく」と時代錯誤なことを言って笑わせてくれましたが、このイベントの担当者も似たようなタイプの人なのかもしれませんね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/13(金) 22:16)

 昼下がりの大盛りの子羊のソテーのランチ
kohitujilunch2000yen

 熊本は今日も晴れて気温が20度近くまで上がりました。

佐賀の伊万里で和牛のハンバーグを試しましたが、たまには本格的なフレンチを食べたくなって友人と熊本市役所近くのレストランで待ち合わせをしました。「ル・プティ・パリ」という店は熊本では老舗の部類のフレンチで、落ち着いた雰囲気の中でカジュアルに丁寧な仕事の料理を楽しむことができる貴重な存在なのです。

昨年末にパリの友人が遊びに来た時にもお世話になったのでシンガポールなどで購入した食材などをお土産に持って行ったのですが、店側の配慮で私が頼んだ子羊のソテーを大盛りにしてくれました。前菜にサンマのソテーが盛り付けられたサラダ、そして定番のポタージュ、最後にデザートとコーヒーが付いて2000円でしたが、あまりお腹が空いていなかった友人が持て余したビーフも美味しそうでしたから引き受けてしまいましたので胃袋がパンパンになってしまいました。この文章を書いているのは20時頃なのですが、まったく空腹感はやってきそうにありません。今日は深夜にお茶漬けかな…(笑)



suidocyonobori

 食後に展示会や本屋を冷やかしたりしました。

その後に中心市街地から少しだけ離れた裏道を歩いていたら、落ち着いた雰囲気に似つかわしくない安っぽい黄色いバナーがいくつも視界に入りました。「水道町スイーツ」とだけ書いてあったので意味不明なのですが、検索してみたら「2008年10月から始動したプロジェクトで、水道町界隈の10店舗が活気ある街づくりと熊本が誇る農産物をPRするため、同じ農産物を使ったお菓子を季節ごとに開発し販売していく…」という説明がありました。

今期は玉名市で生産されている「ひのしずく」というブランドイチゴをテーマにしてるようですが、いくらシーズンだといってもありきたりの食材がテーマでは試してみようとは思わないのではないでしょうか。どんなものがあるのかなと画像を探したのですが、あまり食欲をそそるものは見つかりませんでした。熊本県庁のウェブサイトにあった10の画像がすべてなんじゃないかなと思うのですが、てんでバラバラで統一テーマがあるようには思えなかったのです。このプロジェクトは数年前から始まった「札幌スイーツ」をベースに考えられたのかもしれませんが、もう一度ゼロベースで考え直すべきなんじゃないかなと思いましたよ。もちろんこのバナーも…(笑)



unzenmikadohotel7800yen

 これは今朝の新聞に載っていた温泉旅館の広告です。

霜降り特選牛、特選ズワイ蟹、贅沢ひらめ、厳選まぐろと高価そうな料理が食べ放題で、しかも1泊2食付きで飲み放題で7800円ということですからメチャ安ですよね。公式ウェブサイトを見てみたら建物も風情があって悪くなさそうでしたし、雲仙なら熊本からフェリーですぐですから心をくすぐられました。

ただ残念ながら露天風呂の画像を見たら屋外なのに屋根がかかっているタイプでした。あるクイズ番組で知ったのですが、露天風呂の屋根は雨を遮って温泉の温度を高く保つためではなくて風呂の中の壁や床に成長する藻の繁殖を抑えるためということでした。それは理解できるのですが、私は天気の良い昼間に太陽光線を浴びながら入浴するのが大好きなのです。普通の人にはどうでも良いことなのかもしれませんが、屋根がかかってる温泉は私にとっては無価値な存在になってしまうのですよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/12(木) 20:31)

 まだしばらくは燃油サーチャージが下がらないので…
philippinesguidebook

 熊本は今年初めての黄砂でくもっていました。

1月後半に東南アジアに小旅行をしてきたばかりなのですが、南米方面行きの割安感がある格安航空券は見当たらないのでフィリピンなどを次の旅行先として考えているところです。ある人から聞いた話によりますと、1月1日からちょっと下がった燃油サーチャージはNY原油先物市場の原油価格と連動するシンガポールの航空燃料のケロシン市場が60ドルを切ったら廃止になるという話がありましたので期待したいものです。ちなみに最新の数値はガロンあたり132.86ドルですから、バレルあたりだと55.80ドルということになります。

航空会社によって違うのですが、現在の南米往復の燃油サーチャージ料金と似たような金額でフィリピンあたりなら往復できちゃいますので、2月はマニラなどでのんびりしておこうかなと考えているのです。10日に実施されたイスラエル総選挙では中道カディマのリブニ外相と右派リクードのネタニヤフ元首相がそれぞれ勝利宣言する事態となってしまいましたので政局が不透明になっちゃいました。中東情勢が荒れると原油価格の高等につながりかねないので心配なのですが、なんとかこのまま60ドルを下回る状況が続いてほしいものですよ。ついでに円高傾向も…(笑)



fukudabyoincurry

 スーパーにちょっと変わったレトルト食品がありました。

熊本の女性が子供を生む時に入院したがるバブリーな産婦人科として有名な福田病院というのがあるのですが、そこの「ナチュラル」というレストランが監修して作ったレトルト食品らしいのです。パッケージのイラストの大塚料理長という人が考案した牛肉のナチュラルカレーが380円、ハッシュドビーフが390円、そして材料が高いためか天草大王というブランド鶏を使ったカレーが495円もしました。

これらの商品は福田病院で出産した人が面白いと思って出産祝いのお返しなどに使ったりするのかもしれませんが、それだけの需要だけで商品化されたとも思えません。何か節税対策など裏の話がありそうな気がするのですが、根拠もこの商品を試してみる気もまったくありません。単に珍しかったので載せただけです。(笑)



kiyomasakou450

 これは今日の昼のニュースで見かけたものです。

熊本城を作った加藤清正が生誕450周年を迎えるということでキャラクターを作ったそうなのですが、どうにもヒネリが足りない感じの残念なものになっちゃったみたいです。昨年は熊本城の築城400周年ということで「ひごまる」とかいうキャラクターがあったのですが、それに続いて全国的な知名度を期待できないものになりそうですよ。

このキャラクターにはまだ名前が無いということで公募するということですが、競争力は低そうですから狙い目かもしれませんよ。ただし選ばれたとしてもたいしたものは貰えそうにないですけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/11(水) 20:26)

 春っぽい日差しを受けていたお寒い物件
minamikumamoto

 先日の雨がウソのようにスッキリと晴れました。

今日はヤボ用で熊本駅方面に出かけたのですが、信号待ちしてる時にビルの1階にテナントが入っていない店舗を見かけました。このビルは昨年末にオープンしたもので、スーパーやスポーツクラブなどが入っていますので条件的には悪くないと思うのですが、やはりこれも不況の影響なのでしょうか。熊本は2階以上に空き店舗があるのはザラですが、新築物件の1階で空いてるのは珍しいと思います。

あるテレビ番組によりますと、ブレまくりで支持率を落としまくってる麻生首相は日本の景気が欧米に較べたらたいして悪くはないという強気の姿勢ではブレが無いと指摘していました。たしかに日本の失業率はまだ低い方ですが、私はこんな風景を見るたびに不況がじわじわと忍び寄ってきているように思えて仕方がありません。



hotelnewskycarry1050yen

 不況下なのにムチャ高いレトルトカレーがありました。

汚染米問題で全国的に報道された美少年酒造などにより建設されたニュースカイホテルのレストランのレシピで作ったビーフカレーらしいのですが、1000円以上もするなんて時代錯誤じゃないかという気がしました。このカレーが企画された頃は政府が「いなざぎ景気を超える経済成長が…」と自信を持っていた時代かもしれませんけどね。

ニュースカイホテルは数年前に進出してきた日航ホテルにマーケットを侵食されて経営が悪化したみたいで、全日空の支援を受けて改装を行って名前も「熊本全日空ニュースカイホテル」となったようです。今後も景気が低迷すれば日航ホテルも全日空ホテルも共に墜落しちゃうかもしれませんから、このオリジナルカレーはコレクターアイテムとしては良いかもですよ。(笑)



nomagazine

 この不況下に不思議な地方紙がありました。

ウィキペディアの情報によりますと「no!熊本」(エヌオーくまもと)は、1996年に創刊された若者向けの情報誌ということですが、この2月号はなぜかビニール袋に入れて販売されていました。別に青少年に悪影響がありそうな内容じゃ無さそうなのですが、マナーが悪くて買わない客に立ち読みさせないためなんでしょうか。

いくら薄くて安い雑誌とはいえ、中身を確認できないと売り上げ部数が減るような気がするのですが。「no!」の(公式ウェブサイトを見ても内容がさっぱりわからないのですが、ディープな固定客だけを相手に細々と続けてゆく覚悟なのかもしれませんね。今月の特集の「熊本美少女写真館」はちょっと興味があったのですが、店員さんに隠れてビニールを開けてみる気にはなりませんでしたよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/02/10(火) 21:31)

 地方都市では珍しいラオス料理のレストラン
laosfood

 熊本は久しぶりに天気が下り坂となりました。

ヤボ用で郊外に出かけることになったのですが、その前にランチを食べておこうという話になりました。いくつかの候補の中から私が試したことがない「シンカム」というラオス料理の店にさせてもらったのですが、人口が少ない地方都市では珍しいと思います。住宅街の中にひっそりと建っている住宅の2階が飲食フロアになっていて、自分で好きなものを好きなだけ食べて良いブッフェスタイルになっていました。

ラオスには昨年の9月に行ったのですが、その時も「ラオス料理って何?」と思いました。あちらで会ったある人は「あまり辛くないタイ料理って感じかな…」と言っていましたが、今日のはさらにマイルドな味付けでした。スパイスをかなり控え目にした日本人向きのものに仕上がっていたのですが、上品で美味しゅうございました。でもまた行く価値があるかというと否定的にならざるを得ません。食べ放題としては安いのですが、1100円もしましたからね?。(笑)



kamenoihotel

 郊外をドライブしてたら見慣れない建物がありました。
 
つい最近のどこかで見た記憶がある亀の井ホテルというものでしたが、壁に大きく「シングル4800円 朝食付」と書いてありましたから出張組のためのビジネスホテルなのでしょう。この不景気な時期に新しいホテルを建てるなんてどんな会社なんだろうかと検索してみたら、別府の老舗旅館が1994年にファミレスのジョイフルに買収されて拡張路線に走ったということのようでした。

このホテルチェーンは九州各地で10店舗ほど営業中のようですが、さほど良いとも思えないロードサイドの立地に画一的なデザインのホテルを建設するという手法はジョイフルと共通しているような感じがしますが、このホテルもそのうちにあちこちの町でジョイフル並みに普通に見かけるようになるのかもしれませんね。(笑)



hitamudencyuka

 これは先日の新聞に載っていた日田市の広告です。

昨年の長崎のランタンまつりの時期に遊びに行った大分県の観光地の日田の豆田上町通りが2月11日に電柱を地中化した完成記念式典を開催するということのようですが、同時に餅まき、ふるまい鍋、あまざけなどを提供するイベントもあるみたいです。

日田市の豆田地区は行く度に店が増えてキレイになっているのですが、電柱の地中化工事が終わったということならますます良い雰囲気に変わっていることでしょう。日田市では2月15日から「天領日田おひなまつり」という恒例のイベントが開催されるそうですが、完成記念式典のイベントはそれと同じ日じゃないので出かける気にはなれませんよ。ガソリン代はリッターあたり100円程度に下がってはいるのですが、熊本から日田市まではちょっと遠いですからね?。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/09(月) 22:02)

 山間に漂っていた霧を抜けた所にあったものは…
kirinoasa

 今朝はヤボ用のために早起きして高速に乗りました。

熊本市内はスッキリと晴れていたのですが、高速で南下してゆくと霧が発生していました。それで時速50kmに減速するように促す表示が出たのですが、霧がそれほどでも無かったので無視して走ることにしました。高速料金を半額にするというのならスピードを半分に落としても良かったのですが、そんな割引はありませんしね。

高速を一律1000円にするという与党案もありますが、欧米などでは高速は無料というのが一般的ですから日本も旧道路公団の天下り体質の組織を解体して完全無料化を目指すべきでしょう。景気が悪い時代だからこそ、高速を無料化して地域間の交流を活発化させてゆくべきだと私は思いますが。



kagoshimakankyokan

 2時間ほどのドライブで鹿児島に到着しました。

ヤボ用を済ませてから向かったのは昨年の10月10日にオープンしたという「かごしま環境未来館」という子供向けの環境教育施設でした。この手の施設はけっして珍しくは無いのですが、ここはなかなかバランスが取れていました。環境学習というと変に説教くさかったり、手作り感覚を大事にし過ぎて貧乏くさかったりしがちなのですが、ここは親子が楽しみながらエコ意識を高めることができるようにいろいろと程よい工夫がしてありました。

建物の規模やコンセプトは豊洲にできた東京ガスの「がすてなーに」という施設に似てるのですが、駐車場から丘のようにゆるやかに起伏した屋根までを連続して緑化してあるために控えめで好ましい印象なのです。水俣のは論外として、北九州の類似施設よりも良い出来ですので、鹿児島に旅行された時にはオススメできる施設です。さらに鹿児島県庁跡地に建設された「かごしま県民交流センター」の6階にある「生命と環境の学習館」も悪くないですから、ついでに立ち寄られることを強くオススメします。



kaikatei1400yen

 お昼は昨晩ネットで見つけた店を試してみました。

「鹿児島 ランチ」で検索していて、こってりとしたラーメンもいいかなと思ったのですが、1050円でコーヒー付きという薩摩黒豚のとんかつというのに魅了されてしまったのです。鹿児島市内に3店舗あるという情報でしたが、「かごしま環境未来館」から近くて駐車場がある新しい店に行ってみることにしました。

ネットの画像で見てファミレスっぽいんじゃないかと心配していたのですが、わりとシックな造りで悪くありませんでした。本場の黒豚も予想以上に美味しくて、野菜や漬物が別に出てくるところなども良かったのですが、日曜だったのでランチ料金じゃなくて1400円もしたので期待はずれになってしまいました。「鹿児島 ランチ」で検索して出てきた情報ですので、日曜でもランチがあると思い込んでいた私のミスなのですが、ウェブサイトにも大きくは書いてなかったのも問題ありだと思います。また今日の鹿児島は20度近くまで気温が上昇したというのに暖房が効き過ぎだったのも残念でした。



aeonkagoshimanoshirokuma

 食後に2年前にも行ったイオンモールに行ってみました。

中央のインフォメーションカウンターがある前にイオンが企業として取り組んでいる環境関連事業を説明してるコーナーがあるのですが、そこに白熊の剥製が置いてありました。地球温暖化で北極海の氷が融けてしまうと絶滅すると危惧されている白熊ですから選ばれたのでしょうが、鹿児島名物のシロクマアイスというのが企画者の頭にあったのかもしれません。

鹿児島は沖縄ほどじゃありませんが、冬でも暖かいのでこの時期に旅行するのも悪くはありません。しかし夏はクソ暑いはずですから、地球温暖化に対する危機意識は他所の地域よりも高いのかもしれません。さらに熊本ほどではないと思うのですが、2011年に九州新幹線が全線開通した場合の悪影響のことを考えるとたいへんなことになりそうです。財政状況が悪化して温暖化が進んだら、夏のパリみたいに衰弱死する高齢者が増えそうですからね。



azsupercenter

 鹿児島からの帰りは国道3号線を使いました。

バカ高い高速料金を払って同じ道を通る気になれないのもあったのですが、阿久根にある24時間営業のスーパーセンターで買い物をしたいというのも理由でした。この商業施設は流通業界では伝説になりつつあるユニークな店で、このエリアに24時間営業のコンビニが無い時代に先進的にスタートして地元や近隣の消費者から圧倒的な支持を得たみたいなのです。その勢いで中古車販売まで手を広げたようですが、どうやらそれも軌道に乗ってるみたいでした。

割安な商品を探したいというのもあったのですが、この大胆な発想のスーパーセンターが次に何を仕掛けてくるのかというのにも興味があったのです。近くの阿久根の商店街はシャッター通りになっていましたが、このスーパーセンターの広大な駐車場は日曜の夕方ということもあって軽自動車で埋め尽くされていました。不況下でもやるべきことをやれば集客することができるという良い見本だと思いましたよ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/08(日) 23:30)

 ありがたいけどありがたくないお金の話です
38yencashbuck

 熊本は今日も暖かくて暖房要らずでした。

先日の長崎日帰りドライブで疲れましたので、今日は外出せずにビデオやDVDを見て過ごしました。それで一昨日の話なのですが、郊外のセルフスタンドで給油した時に最後の画面に出てくるスロットで珍しく当たりが出ました。2円引きでリッターあたり105円が103円になったのはありがたいのですが、機械に2000円を入れていたので38円のおつりが出てきてしまいました。小銭はありがたくないので、38円分を追加で給油できればありがたかったのですが…

ありがたいけどありがたくないお金といえば定額給付金もそうですね。世襲議員たちによる選挙目当ての薄汚れた思惑が透けてみえるだけに貰ったらさっさと使ってしまいたいものですが、そうしちゃうと漢字を読めない総理が喜びそうな気がしますので意地でも使わずに貯金してやろうかと思いました。しかしもっと良い方法は海外で使うことかなと考え直しました。可能な限り国内消費を抑えて海外で買い物をするようにすればアホな総理がトップの政府に消費税を払うこともありませんし、消費拡大にもつながりません。円高を生かすことにもなりますから最善の方法に思えるのですが、日本脱出のチケットを購入する時に消費しちゃって消費拡大に貢献するというのが難点です。廃材でも集めてイカダを作るしかないかな…(笑)



goukakukiganpan

 これは給油の後に見かけた企画商品です。

パン屋さんの店頭に受験シーズンなので合格祈願のヤツと、バレンタイン前ですのでハート型のものが並んでいたのです。両方とも単に文字を入れただけのものに見えるのですが、もしかしたら中身に何か工夫があるのかもしれません。合格祈願パンにはシャレで「祈・合・格」を「不・合・格」に変えたものを紛れ込ますくらいのユーモアがあっても良かったんじゃないかなと思いましたが…(笑)

不謹慎なようですが少子化が進む日本では定員割れの大学も多く、すでに全入時代になってるわけですから「合格祈願」なんて必要性が薄まってきているように私には思えるのです。途上国には大学など夢の夢で、このパン1個くらいのお金が家に無いために小学校にさえ行けない子供たちがたくさんいるわけですから、「お受験」なんて贅沢な話だという気がするのですよ。



takotaiyaki80yen

 これはフリーペーパーに載っていた広告です。

熊本県庁の近くの「たいやきランド」というたいやき専門店から「タコたいやき」という新商品が発売されるらしいのですが、これがどんなものか想像できないのです。たいやきをタコの形を変えたものなら「タコ型たいやき」とでもすべきでしょうし、タコが入ったたいやきなら「タコ入りたいやき」にすべきでしょう。

たいやきランドのウェブサイトを見ても何も情報がありませんでしたし、「タコたいやき」で検索してみてもそれらしきものは見当たりませんでした。私のように常に引っかかったキーワードを検索しちゃう人も少なくないと思いますので、新商品を投入する時には詳細をアップしておくべきだと思うのですが余計なお世話かな…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/07(土) 20:06)

 チャイニーズ・ニューイヤーの本場との相違点は…
imarigyulunch1500yen

 九州は今日も春のような晴天でした。

いつもより少し早起きをして朝食を済ませた後で佐賀に向かったのは東京から飛んでくる友人と待ち合わせするためでした。友人は長崎のランタンまつりに行きたいということでしたので、その手前の佐賀でランチでも食べてから向かうということにしたのです。佐賀市内でシシリアンライスというB級グルメやJA佐賀経済連直営のレストランで佐賀牛のステーキを試すという案もあったのですが、時間が早かったので伊万里まで走って伊万里牛をという話になりました。

のどかな田舎道を走ってちょうど空腹になった頃に伊万里駅に到着して、そこの観光案内所でいただいたマップに乗っていたレストランを数軒チェックしてみました。駐車場が無い店や概観がファミレスみたいな店はパスして4軒目のチムニーという落ち着いた雰囲気の店に決めたのですが、ここの和風ハンバーグは野菜が多くて楽しめました。最初に正統派のポタージュスープとサラダが、そして食後にコーヒーが付いて1500円だったのですが、ハンバーグが伊万里牛100パーセントだとすると安いかもです。メニューにはそのように書いてあったのですが、私は疑り深い性格なもので…(笑)



hasamicyo

 食後に伊万里の窯元を散歩してきました。

片岡鶴太郎のギャラリーがあるほどに観光化されてしまっていましたので残念でしたが、それなりには楽しむことができました。集落には何本かレンガ製の煙突が残っているのですが、「その中のいくつの窯に火が入ってるのかな?」という感じではありましたが。

友人が飛行機から持ってきた機内誌にお隣の波佐見の窯元が特集されていましたので、窯業の集落をハシゴしてみることにしました。機内誌に載ってた地図がアバウトでしたので少し迷ったのですが、そこは伊万里に比べて落ち着いた感がある本当の生産現場でした。狭い道の両側に100を超える窯元が点在している集落で、川沿いに建っていた古民家をリノベーションした店に立ち寄ってみたのですが、観光化されてしまった伊万里より100倍くらい楽しむことができました。

この波佐見町は人口が15000人程度の小さな自治体で全国的な知名度は低いと思うのですが、電柱の地下埋設や景観整備を上手くやればトルコのサフランボルのように世界遺産を狙えるんじゃないかなと思えました。4月4日と5日には桜陶祭というイベントがあるそうですが、再訪してみたいなと思わせるほどでした。



komaneko

 伊万里と波佐見でのんびりし過ぎてしまいました。

長崎市内に入る前の渋滞もあって中華街に到着した頃には暗くなってしまったのですが、私は昨年の同じ時期に昼の雰囲気も見ていましたし、友人は今日は長崎の高台のホテル泊ですので問題はありませんでした。イベントのスケジュールを見て、最初に中国寺のエリアを観光したのですが、いちばん山の手にあった寺の入り口に置いてあった狛犬のイルミネーションの上には猫が寝ていました。

九州は昼間は上着が不要なほど暖かかったのですが、日暮れと共に冷え込んで息が白くなるほどでしたので、狛犬のイルミネーションの上は暖かくて居心地が良かったのでしょう。特に狛犬の強そうな両手の間は守られている感じがしてリラックスできそうでしたからね。ここに来た観光客の多くが撮影していましたので、この猫は他所のブログにも登場してそうですよ。(笑)



cocowalk

 モールマニアとしてはここも見逃すことができませんでした。

昨年はまだ工事中だった「長崎未来ココウォーク」という観覧車がある商業施設なのですが、バスターミナルを併設してる上に駅にも近いこともあって地域に密着して繁盛してるようでした。あまり時間がなかったので駆け足で見て回ったのですが、ここにしか無さそうな面白いテナントは見当たりませんでした。

シンボルの観覧車はまだ新しいので回っていたのですが、長崎県の人口は札幌市より少ないですからガラガラなんじゃないかなと思いました。まあランタンまつりの開催中は近隣からの観光客も増えるでしょうから賑わうこともあるかもですが、おそらく次のGWまでは平日は空気を乗せているような状態だと思いますよ。(笑)



cyugokutera

 その後に中華街に戻り、屋台をハシゴしました。

目に付いたいろんなものを購入して半分づつ試したのですが、ハズレはありませんでした。神戸の中華街のように小さなサイズの温かいラーメン的なものは無かったのは残念でしたが、ちゃんぽんなどを主力メニューにしてるレストランに対する屋台の配慮で自主規制しているのかもしれません。五島うどんみたいなものはありましたので、暖かい汁物で暖まることはできたのですが。

この画像は中国寺のローソクを管理していらしたボランティアらしきおじさんなのですが、本場の中国寺と比べると雰囲気がずいぶんと違っていましたので面白かったですよ。香港や東南アジアのチャイナタウンでは大きな線香を何本も持ってお祈りしてる光景を見たのですが、ここでは1本100円という値段でしたし、チャイニーズ・ニューイヤーを心から祝う人もいないみたいでしたので線香の煙は皆無でした。またチャイニーズ・ニューイヤーの時期には寺の前につきものの物乞いもまったく見当たりませんでした。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/02/06(金) 23:59)

 こんな時代だからこそ必要だと思うことは…
hondainsight

 札幌では恒例の雪まつりが始まったそうです。

熊本は今日も晴れて暖かくなり、梅も開花したという話でした。午後から郊外のグランメッセで開催されていたビジネスフェアに行ってみたのですが、不況のためかブースは少ない感じがしましたが出品されていた製品は独自色があるものが多くて楽しむことができました。

これは明日から発売されるホンダの新型インサイトですが、何も付けない最安のタイプは189万円ということでした。しかもエコカー優遇税制が閣議決定されれば取得税と重量税が免除されるかもしれないということですからインパクトが強いですよね。ホンダがF1から、三菱がパリダカから撤退と自動車業界は暗いニュースが多いのですが、こんな時代だからこそアメリカのオバマ新大統領が唱えるグリーン・ニューディール政策のように新鮮なキーワードで時代を切り開いてゆくべきじゃないでしょうか。インサイトはホンダのグリーンマシーンの001号らしいのですが、今後もアグレッシブに新しい技術を盛り込んだ画期的なマシーンを期待したいものです。



ledtatami

 熊本の会社も面白い新製品を提案していました。

これはイグサの産地として有名な八代市の村上産業という会社が開発したLEDを光源とした光る畳でした。ネーミングが「HIKARI TATAMI」と凡庸だったのは残念でしたが、ナチュラルな雰囲気の畳から光がぼんやりともれてくる感じはなかなか新鮮で面白いなと思いました。LEDは熱をもたない光源ですから、京都の夏の風物詩である納涼床などに使うというのも良さそうです。

中国製の畳に押されて元気が無い熊本の畳業界ですが、こんな時代だからこそ新しい発想で新製品をどんどん開発して世界に向けて売り込んでいただきたいものですよ。この製品は水をこぼしてもすぐに拭けば大丈夫なくらいの耐水性はあるそうですが、全天候型のものを開発して新しい市場を開拓してもらいたいものですよ。



kumamotokabocm

 これはフリーペーパーに載っていた広告です。

明日から始まるというこのイベントは「至福のスイーツフェア」と大げさなタイトルなのですが、単にいくつかの商品が3割引くらいになってるだけのようです。まだ熊本にはSTICK SWEETS FACTORYの支店は無いのですが、こんな感じで地元の洋菓子メーカーがコンセプトをパクって参入しているのです。

熊本の中小の菓子メーカーも不況下に生き残るために必死なのは理解できるのですが、もう少しオリジナリティがある企画をお願いしたいものです。こんな時代だからこそ独自のアイデアを盛り込んだ斬新なスイーツを開発して世に問うていただきたいものですよ。ありきたりなチョコやいちご味のチーズケーキなんて私は半額になっていたとしても買う気にはなれませんからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/05(木) 20:20)

 雪がまったくない山への日帰りドライブで…
asonofusha

 本日も2月とは思えない春のような天気でした。

今日はヤボ用があって午前中から阿蘇方面に出かけたのですが、2月だというのに標高が高い山頂にもまったく雪がありませんでした。この季節なら先日の雨が雪に変わってもおかしくないと思うのですが、山頂でも気温がマイナスまでは下がらなかったのでしょう。

少し霞んだ山の斜面には風力発電の風車が並んでいるのですが、心地よい風を受けてグルグルと回っていました。日本の風車ビジネスは原油安の環境下で伸び悩んでる感じがしますが、将来的には慢性的にエネルギー不足になるのでしょうから、有望な投資先として政府や自治体がもっと腰を据えて取り組むべきものだと思うのですが。



matsudakamonanbansoba

 お昼ごはんは山の中の蕎麦屋に行きました。

本当は家庭料理の下田という店に行こうと思ったのですが、あいにく水曜が定休日だったのです。それで以前にも行った「まつ田」という蕎麦屋に行ってみたのですが、メニューが変わり映えしないものでしたので後悔しました。

私が頼んだのは鴨南蛮蕎麦で、それなりには美味しかったのですが、正直1050円の価値は無かったと思いました。少し前の観光地プライスがまだ残ってるような感じでしたが、ランチタイムはけっこう繁盛していました。だから強気な値段を維持しているのでしょうが、もう私は二度と行かないと思います。他にも選択肢はたくさんありますからね。(笑)



niremochi100yen

 これはフリーペーパーに載っていた広告です。

この1個100円の楡餅というのは10円饅頭で有名な店の新商品らしいのですが、まるで「おやき」のようです。「肥後焼餅」ということのようなのですが、検索してみても古い情報は出てこないので、この店の関係者が勝手に付けた名前なのでしょう。

それでも安くて美味しければ問題ないのですが、10円饅頭の店なのに100円は高過ぎるんじゃないでしょうか。1個50円なら試してみる気になるのですが、ちょっと手を出す気にはなれませんよ。ちなみに「うれし はずかし やきもち!」という意味不明なコピーも変ですよね。「楡餅」というネーミングも謎ですし、どうも近いうちに消え去りそうな雰囲気がします。10円饅頭は残るでしょうけどね?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/04(水) 20:27)

 この時代の、この季節にピッタリな雑誌の特集が…
onsen100yen

 熊本は昨晩から弱い雨が降り続いています。

2月にしてみるとかなり暖かい日が続いているのですが、やっぱり温泉で温まりたいという季節ではありまして、地元の情報誌でもクーポン付きの特集をやっていました。380円の雑誌を買って掲載されているすべての温泉を巡ると4万円分も得するそうですが、それは極端としても立ち寄り湯が100円になる所もあるみたいですから元を取ることはさほど難しくないようです。

不況が深刻化していますので、このような特集は的を得てはいるのでしょうが、このままではデフレ傾向がますます加速しそうですね。永田町では政府が紙幣を発行するという奇策を論じてる連中もいるということですが、無茶なことを続けて破綻した前例に学ぶことがないのか浅はかな議員たちの常識を疑ってしまいます。愚策のせいでデフレスパイラルに陥ってしまったら、景気の回復がさらに遅れてしまいそうですから心配ですよ。



banpeiyuandwine

 友人宅で晩白柚(ばんぺいゆ) とワインをいただきました。

昨晩はしゃぶしゃぶなどをご馳走になったのですが、食後に巨大な晩白柚をカットしていただいたのですが、独特の爽やかな味で美味しゅうございましたよ。大きさを引き立たせるために友人宅の子供に持ってもらったのですが、笑っちゃうくらいの大きさですよね。この子の顔出しは問題ないということでしたが、ネットの世界は何があるかわかりませんから薄くモザイクをかけておくことにしました。(笑)

私は日本ではアルコールを止めているのですが、珍しいワインがあるということでしたので1杯だけいただきました。普通のワインボトルよりもスリムなデザインで、それにカレンダーが印刷してありました。ギフトアイテムとしては面白いなと思ったのですが、容量が500mlと少なめでしたので割高なんじゃないでしょうか。



crazytalk5pro

 PC雑誌に載ってた新製品が気になりました。

12500円と高価なソフトなんですが、「ベイブ」みたいな映画のように動物が喋ってるように見せることができるということです。いくつかのテンプレートが用意されていて、リップシンクという機能によって複雑な操作をすることなく自然な動きを作ってくれるということでした。

このソフトがあれば自分の家のペットや自分が描いたイラストなどに自由に喋らすことができるということですが、そんなことが簡単にできるなんて楽しいですよね。このソフトの値段は現実味を帯びてきた定額給付金と似たようなものですが、まさかこのソフトを作ってる会社はそれを狙ってるわけじゃないですよね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/02/03(火) 19:26)

 殻付きの牡蠣を剥く苦労と食べる楽しみの割合は…
namagaki

 熊本は今日も朝から晴れて暖かい1日でした。

ある方から新鮮な牡蠣を1箱いただきましたので、久しぶりに剥いてみました。パリや築地の友人なら牡蠣剥きナイフのコレクションを持ってるのですが、私は1本も所有していないので少し苦労しましたが、なんとか怪我することもなく準備することができました。

シンガポールで名物の牡蠣と玉子の炒め物を食べることができませんでしたので、それをパスタ風にアレンジしたものを作ってみましたが、なかなか美味しゅうございました。他の具材はスライスした玉ねぎとほうれん草だけのシンプルなものにしたのですが、それが正解だったみたいです。



eat3free1

 マクドナルドの店頭にこんなPOPがありました。

昨年の11月から試してみたいと思ってるクオーターパウンダーなのですが、表参道店と渋谷店のオープン時のような割安なセットを見たことがありませんし、香港やシンガポールなどでもラインナップに無かったので未だに試したことが無いのです。

そろそろクーポンのメニューに乗るんじゃないかなと期待していたのですが、「3回食べれば、もう1個無料!」というキャンペーンでしたからガッカリでした。私は単に1個だけ割安に試してみたいだけですからね。別にどうしても試してみたいというわけじゃなく、昨年の11月に試してみるつもりだったのを引きずってるだけなのですが…(笑)



kankokukimuchicm

 今日の新聞に韓国観光公社の広告がありました。

左に2皿だけキムチが乗ってるお膳があって、それに「今まで食べたキムチが、本物のキムチだと思っていたあなた…」というコピーがあり、右にテーブルいっぱいにキムチが並んでる画像に「いますぐ、韓国にお越しください。」と誇らしげに書いてあるのです。

たしかに韓国のレストランでは無料でたくさんの種類の美味しいキムチが出てきますが、よほどの高級店に行かないとキムチの種類は限られてしまうので、この広告は少し問題じゃないかなという気がしました。実際にこんな店もあるかもですから誇大広告とは言えないかもですが、前の客の残したものを使いまわしているという報道もありましたからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/02/02(月) 18:04)

 パレスチナ問題はなぜこんなにややこしいのか…?
takajinbangumi

 2月になりましたが、春のような暖かさです。

日本じゃ大きなニュースも無く平和なものですが、中東では今でも局地的な戦闘が続いていることでしょう。昨年末から続いてるガザ地区での戦闘ですが、日本のニュースでは表層的な部分しか伝えられていないのでイライラさせられることが少なくないのです。日本では馴染みが薄い地域の話ですから報道の現場でも持て余し気味なのかもしれませんが、もっと使命を果たすべきじゃないかなと感じていました。先日のYMCAでの講演では現地通のジャーナリストの話をお聞きすることができて嬉しかったのですが、今日はたかじんの番組でパレスチナの血を引く女性の話を聞くことができました。

ジャパニーズ・レッドアーミーの女性戦士として恐れられた重信とパレスチナ男性との間に生まれた彼女は数年前まで無国籍だったそうですが、現在では日本国籍を取得してジャーナリスト活動をやってるそうです。なかなか背景が理解しにくいイスラエルとパレスチナの問題なのですが、それを独自の視点でわかりやすく解説されてくれました。しかし時間が限られていたことと、最近は特に老害と思える自分勝手な発言が目立つ政治評論家の横槍発言で中途半端なもので終わってしまったので残念でした。パレスチナ問題は複雑なだけにじっくりと彼女の解説を聞いてみたかったのですけどね。



madamkim

 気分転換にシンガポール製のお茶を試してみました。

「金貴人」というブランドのもので、ジンジャー味とレッドデーツ・ロンガン味の2種類でした。ショウガの方は日本でも馴染みやすい感じでしたが、ナツメヤシと龍眼をブレンドしたものの方は独特のクセがあって健康に良くても2杯目は遠慮しちゃうかなという感じでした。私はあちこちの国のスーパーでこんな感じの小袋入りのお茶を買っているのですが、今回はちょっとハズしてしまった感じです。

ところで日本ではこのタイプの商品がまだ未開拓のような気がします。手軽に効き目が期待できるインスタントの健康茶を美味しく作れたら、日本は高齢化社会が進みますからけっこう市場は大きいと思うのですが。日本メーカーの開発力をもってすれば美味しく作ることも容易いでしょうしね。



fukuokaairportpc

 これは情報誌に載っていたステーキ店の広告です。

先日と今日の2日間、ホテル日航の近くのステーキ専門店で熊本在住の少年のドイツでの心臓移植手術をサポートするためのチャリティーランチがあったということなのです。普段は1890円のフィレステーキランチが2日間に限り1000円になるそうで、500円はレジに設置してある募金箱にお客さんが自主的に入れるシステムということですから総額では1500円を払うことになるということです。

移植手術を待ってる少年は12歳の時に拡張型心筋症になったということで気の毒ではあるのですが、総額で8000万ほどかかるということですので家族や親戚だけでは無理ということでボランティアの皆さんが募金活動を行っていて、このステーキ店もその趣旨に賛同していらっしゃるのでしょう。私も少年と同じ境遇になってしまえば生きるために何でもする気になるかもですが、8000万という金額を聞いたら途方に暮れてしまうことでしょう。少年のように病気が治ったら未来があるわけじゃありませんから飲んだくれてしまうかもです。あるいはパレスチナあたりに行ってイスラエル軍の戦車の前に歩み出すかもしれません。日本人が轢き殺されれば日本のメディアでパレスチナ問題が少しは大きく扱われるかもしれませんからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/01(日) 22:57)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア