新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 秋の学園祭シーズンってことで自転車で出かけてみたら…
honkyusai2009
     
 10月末というのに熊本は晴れて暑くなりました。

本日は秋の学園祭シーズンってことで近所の熊本大学医学部の「本九祭」に自転車で出かけてみたのですが、学生数が少ないためなのか、えらく地味な感じがしました。医学部ですから白衣を着た人が歩き回ってるんじゃないかなと予想していたのですが、屋台のメニューも含めて裏切られてしまいました。

定番のお笑い芸人のステージも「Wエンジン」と「テンパちゃん」という知名度に難があるコンビでしたし、全体的にぬる?い感じでしたので屋台では何も買わずにすぐに帰ることにしました。ちなみに「ほれてまうやろー!」でお馴染みの「Wエンジン」のメガネのお兄さんは真夏の格好でした。長いこと全国の学園祭を回っていそうですから、九州は10月末でも暑いことを熟知していたのかもですね。(笑)



roassotent

 なぜか学園祭にロアッソのテントがありました。

全国的な知名度は無いと思うのですが、「ロアッソ」とはフェラーリのような馬がトレードマークのサッカーチームなのです。最初は「ロッソ」という名前だったのですが、数年前にその名前では登録できないとかの情けない事情が発覚して、無理やりに「阿蘇」を盛り込んだ「ロアッソ」という変な名前になってしまったのです。

私はサッカーに興味が無いので強いのか弱いのか知らないのですが、熊本ではあちこちで赤いロゴマークを見かけることがあります。オリジナルグッズを販売してる風でもありませんでしたので、この学園祭には何を目的にテントを出しているのかわかりませんでしたが、ファンクラブのメンバーでも募集していたのでしょうか?



100taco

 フリーペーパーにたこ焼きチェーンの広告が載ってました。

6個で100円という安さで店舗数を増やそうと頑張っている「100たこ」というフランチャイズチェーンみたいなのですが、10月30日には3号店が国体通りに、そして11月6日には浜線バイパスに4号店がオープンするということなのです。

京都の錦市場には会員になると普段は180円のたこ焼きが100円になる「カリカリ博士」というチェーン店がありましたが、こちらはプレーンのたこ焼きの定価が100円ということですから安いですよね。日銀の熊本支店の分析によりますと製造業などが持ち直し傾向にあるということでしたが、まだまだ不況は続きそうですからこのタイプの激安店は増え続けてゆくことになりそうです。自転車で行くことができるくらいの近所にオープンしたら試してみることにします。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/31(土) 23:59)

 忍び寄る新型インフルエンザの脅威と問題点は…?
news30102009

 熊本は晴れでしたが、日曜から下り坂ということです。

平和な状況が続いていた熊本県でしたが、ついに新型インフルエンザによる死亡者の第一号が出てしまいました。国内の新型インフルエンザ患者の週間の推計患者数は 114万人に(7月以降の累計は431万人)、死者数は40人近くになったようですが、冬に向かって発生が増えてゆきそうですので深刻な状況も覚悟しておかねばならないかもです。偶然にも新型インフルエンザによる死亡のニュースと熊本市のワクチンに関するお知らせが同時に届いていたのですが、小さな子供を持った主婦の皆さんなどは行政による早期の効果ある対策を望んでいらっしゃることでしょう。

前回の「TVタックル」でも日本の厚生労働省の新型インフルエンザ対策の問題点を指摘していましたが、アメリカでは「ワクチン接種を無料で希望する全国民に」ということなのに、日本では1回3600円と高価な上に人口の半分ほどに接種できる量しか用意できなくて、しかもスケジュールも遅いということですから「国民の生命と財産を守る」という憲法の理念にあきらかに反していると思います。なぜそんな情けない状況になってしまったかというと、役人が天下りしている4社の製薬会社にしかワクチン製造を許可しなかったというのが理由らしいのです。私はワクチン製造の専門知識は無いのですが、アメリカが3億人分を用意できるというのに、生活水準が同程度の日本が5分の1しか確保できないというのはおかしな話だと思います。もし来春に死者数が人口比でアメリカの数倍ということになれば、それはミドリ十字の薬害事件の時と同じように日本の厚生行政の不作為が主因ということを証明することになると私は考えています。



agfcoffee

 早いものでブラジルで買ったコーヒーを切らしてしまいました。

それでいただき物のコーヒーを飲んでいるのですが、これだけ大きなパッケージなのにハンディドリップというのが5袋しか入っていませんでしたので情けなくなりました。このタイプの製品は嵩張らないのでキャンプなどの時には役に立つかもですが、こんなゴミがたくさん出る商品は20世紀が生んだ無駄な発明品のひとつだと思います。

こんなのは自分では買わないので、いくらくらいするのだろうかと検索してみたら、あるショッピングサイトでは1箱250円でした。5袋入りですから1回分は50円ということになりますが、やはり高いものですね。ブラジルでは500gの真空パックのコーヒーが200円ほどでしたが、商品の種類が異なるとはいええらく違うののです。



jyosyuseido

 熊本市の広報誌にこんな情報が載っていました。

昨年の熊本城の築城400周年の際に本丸御殿復元の費用を捻出するために「一口城主制度」というのをスタートして多くの寄付金を集めることに成功したのですが、熊本市はそれで味をしめたようで今度は1万円以上の寄付をした人に「一口城主手形」を発行するという手口で一口城主を募のっているのです。

これを提示すると熊本城はもちろん、美術館などの熊本市の施設に無料で入場することができ、中心部の飲食店など約100店舗で料金割引の特典を受けられるということでした。ちなみにこの手形は名刺大で、「熊本城主」の文字は熊本出身の書家の武田双雲さんによって書かれているということです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/30(金) 23:58)

 不況が深刻化する中で新たな船出をした店の運命は…?
tsukemenonnoji

 熊本はまたしても25度を超えて夏日になりました。

札幌では初雪が降るかもしれないという話でしたが、まだ九州ではようやく山の紅葉が話題となりはじめたところなのです。今日はヤボ用で郊外までドライブしたのですが、数日前まで工事中だった街外れの飲食店がオープンしていました。まだ九州ではそれほど多くないつけ麺の店でしたが、ネットで検索してみたら仙台に本店がある「おんのじ」という店のようでした。

既にこの店を試した人のブログの情報によりますと看板のデザインもメニューも仙台の店と同じらしいのですが、500円前後でラーメンを食べることができる熊本で780円のつけ麺は高過ぎるんじゃないかなという気がします。この場所は街中から歩いて行くにはちょっと遠いのですが、自動車で行くには近過ぎるという微妙な距離で、コインパーキングに入れてまで食べたいというものじゃないでしょうし、なぜもう少し離れた駐車場付きを出店場所に選ばなかったのか不思議です。大不況の今なら選択肢は多いと思うのですが。この店はおそらく鳩山政権より早く終りを迎えることになると思うのですが、その前に苦し紛れで半額セールなどやるようになったら試してみようかなと考えています。



milkdvd
 
 ようやく以前から注目していた映画をDVDで見ました。

今年の4月10日に熊本現代美術館で「The Times of Harvey Milk」というドキュメンタリー映画を見たのですが、アカデミーの授賞式で主演男優賞を取ったショーン・ペンの熱いコメントを聞いてから、このガス・ヴァン・サント監督の「ミルク」を観てみたいと思っていましたし、久しぶりにサンフランシスコのカストロストリートにも行ってみたいと考えていたのです。7月にカストロには行ったのですが、中南米の映画館ではやってなかったので帰国後にDVDで観ようかなとあきらめていたのです。しかし千代田区在住の友人がDVDを用意してくれていましたので、意外と早く観ることができたのです。いただいたメディアがDVDプレーヤーでは再生できなかったので、ノートPCをプラズマに繋いでみたのですが、なんとか上手くいきました。ただリモコンが無いので、一時停止したい時はちょっと面倒でしたが。

ドキュメンタリー映画で先にハーヴェイ・ミルク本人を見てしまっていましたので、最初のうちは風貌が違うショーン・ペンは違和感があったのですがガス・ヴァン・サント監督の秀逸な演出で次第に気にならなくなりました。結末がわかっている映画でしたが、脇役の人たちも良かったですし、ドキュメンタリー映画で感じたいくつかの疑問点も解消できましたので久しぶりに観て良かったと満足できました。



furutachiandnagatsuma

 先ほどの報道番組に長妻氏が生出演していました。

「官僚が大臣を過労死させようとしている…」という噂を払拭するかのように最初のうちは大きな声で挨拶されていましたが、古館氏から年金問題などの展望が見えないことなどを指摘されているうちに元の小声に戻ってしまいました。やはりこの人に厚生労働の全般を任せたのは鳩山首相の間違いだったんじゃないでしょうか。

厚生労働省は分割して、年金問題は内閣府の中に特別チームを作って、長妻氏はそこのリーダーに徹することが正解だったと思うのですが、このままでは過労死はしないでしょうが短いであろう鳩山政権下ではたいした成果をあげることはできないでしょう。JALの高額な年金は公金投入で維持しながらも庶民の年金は行方不明のまま…なんてことになれば、無能大臣という烙印を押されて長妻氏の政治生命も終りになりかねませんからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/10/29(木) 23:59)

 ホームセンターの無料メジャーは物真似の物真似なのかも…
handsman

 本日の最高気温は25度に届きませんでした。

ついに夏日ともお別れなのかもしれませんが、もう10月末ですから当然ですよね。札幌が雪景色に変わるのももうすぐでしょうし。北海道に引っ越した年に初雪が降る前の急な冷え込みに耐えかねて苗穂のイオンで10000円くらいの灯油ファンヒーターを衝動買いしたことがありますが、今となっては懐かしい思い出です。それはブログを始める前の話ですから検索して日付を確認はできないのですが、たしか10月末だったと思います。

今日は午後に郊外のホームセンターにトイレの水道の補修用のパイプを探しに行ったのですが、残念ながらピッタリのものは見つかりませんでした。店の人は「いっそのこと蛇口ごと取り替えたら…」と提案されましたが、それでは高くなってしまいますので別の方法を模索することにしました。わざわざ遠くまで出向いたので他の売り場をチェックしていたのですが、こんな無料メジャーが置いてあるのを見かけました。このオリジナルアイデアはイケアだと思うのですが、数年前に東急ハンズでも見かけたことがあります。このホームセンターは名前が物真似っぽいですから、このアイデアもイケアじゃなくて東急ハンズの物真似なのかもしれませんね。(笑)



geoparkmap

 先ほどのニュースで久しぶりに明るい話題がありました。

新幹線の工事が終わったら何も次の展望が見えない熊本県ですが、ジオパークの国内選考で阿蘇と天草の御所浦の2ヶ所が選ばれましたので、県の担当者や地元の自治体の間では観光に弾みがつくと期待が高まっているようです。まあジオパーク自体の認知度はまだまだ低いみたいですから、今回のジオパーク認定がすぐに効果が現れるというわけじゃないのでしょうが、世代が変わると共にじわじわと効いてくるでしょうから悪くないと思います。

今後は両地域とも世界文化遺産登録を目指すということですが、天草の御所浦は知名度が低いので不利かもしれません。熊本県としても両地域の同時認定が理想でしょうから、両地域の移動に時間がかかるという問題を解決しなければならないと思います。熊本県の財政は厳しいので新規の交通インフラの整備というのは難しそうですから、何とか頭を使う必要があるでしょう。今の知事には期待できませんので、次の方に期待したいと思います。



yukotoshi30

 今朝の新聞にこんな広告が載っていました。

熊本市と桂林市が姉妹都市を締結して30周年ということなのですが、それを記念して11月1日に「熊本国際交流祭典」というイベントが開催されたり、熊本市長や市議、そして友好団の皆さんが桂林を訪問することになっているようなのです。この広告は桂林市と友好関係にある熊本の複数の会社の経費で賄われているようですが、市長や市議の皆さんは公費で旅行するのでしょうから観光旅行気分で行ってはもらいたくないものですよね。

ちょっと気になったのは11月7日から訪中する文化芸能団のメンバーが「大学生を中心とする創作ダンス(よさこい)チームのメンバー10名、随行2名」というものでした。つい最近、知らないうちに「熊本よさこい」というイベントが開催されたようですが、高知よさこいの物真似の札幌よさこいの物真似みたいなイベントのメンバーが訪中して、それが中国で物真似されて広まったらと想像したらゾッとしてしまいましたよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/28(水) 23:39)

 迷走する鳩山政権は迷走する航空会社を救うのか…?
jalfusaigaku

 先ほどの報道番組で気になる特集がありました。

違法献金問題などで立場が苦しい鳩山政権の命取りとなりかねない問題のひとつとして、企業として末期状態のJALの再生という課題がありますが、それを検討するために民主党のあるチームが改めて調査してみたら、企業年金などの負債が8000億円じゃなくて1兆円台になっていて、積み立て不足額が6000億円近いという衝撃的な内容だったらしいのです。こんな酷い状態になるまで放置しておいたのは自民党の責任が大きいのですが、JALに公的資金、つまり私たちの税金を投入するかは頼りない鳩山政権にかかっているのです。

日本の地方都市の中にはJALが倒産して飛ばなくなってしまうと困るところもあるのでしょうが、私は古い体質を温存することになりかねないので国費を投入することには大反対です。国の財政が破綻しかけているのに放漫経営が原因で倒産しかけている民間企業に税金を使うことは納税者に対する裏切り行為だと思うのですが、「JALが倒産すると社会的な影響が大き過ぎて…」などというもっともらしい理由で国民を騙そうとするのでしょう。鳩山首相も含めて永田町のおじさまたちはJALが大好きで、何か特別な思い入れがあるようですが、古い体質のダメな航空会社を温存させるために「みんなの金で救おう!」と決められるのは大迷惑です。JALを救いたいおじさまたちは、どうぞご自分の財布からお金を出してJALの航空券をお買い求めください。そんなんじゃ「焼け石に水」でしょうが…(笑)



blooddiamonddvd

 以前から興味があった映画をようやく観ました。

アフリカのシエラレオネの内戦下での紛争の資金調達のために不法に取引されるダイヤモンドを巡るあさましい人間の行動を描いた「ブラッド・ダイヤモンド」という作品でしたが、面白そうな題材なのに最後まで感情移入することはできませんでした。それは主演のレオナルド・ディカプリオがジンバブエ出身の元傭兵という設定に無理があったのと、ジャーナリスト役のジェニファー・コネリーがミスキャストだったためでしょうが、最大の敗因はエドワード・ズウィックが監督したことだったのでしょう。偶然にダイヤモンドの原石を発見したために運命に翻弄されてしまうことになる地元の漁師役のジャイモン・フンスーは良かったのですが、それだけが救いのダメ映画でした。

この映画の中で「TIA」というキーワードが出てくるのですが、その「This is Africa」という意味はこれからどうなっていくのだろうかと、ついつい遠くを眺めてしまいました。ジンバブエのムガベ体制は揺るぎつつあるようですが、来年には全世界から注目されるワールドカップが南アで開催され、そこで深刻な治安問題が発生すれば「やっぱりTIAか…」と言われることになるのでしょう。しかし奇跡的に成功裏に終われば、未来のアフリカ人たちが「This is Africa!」と胸を張って言える時代が来るかもしれません。死ぬ前に一度はアフリカに再訪してそんな場面を見てみたいものですが…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/10/27(火) 23:59)

 経年劣化による瑕疵が原因と推測される漏水の対処法を模索中…
nadepcard

 台風一過の熊本は午前中から晴れてきました。

昼過ぎには庭は乾いていたのですが、1階のトイレの手洗いの部分から水が漏れて床が濡れていました。水道の元栓を閉めてレンチで漏水の部分を取り外してみたら、パイプの継ぎ目の部分が割れていました。古いパイプですので寿命だったのかもしれませんが、取り付け時に業者が力任せに締め付け過ぎたのが原因なのかもしれません。パイプを新品に取り替えようといちばん近くの「ナフコ」というホームセンターに行ってみたのですが、同じものは置いてありませんでしたので他の方法での修理を模索中なのです。

ホームセンターではポイントカード制度が始まっていましたので作ってもらったのですが、「ナデポ」という変な名前でした。「ナフコ・デ・ポイントカード」の略みたいですが、普通に「ナフコ・カード」で良かったんじゃないのかなと思いました。「ナフコ」自体が変な名前なのですが、「ナデポ」ってさらに違和感がありますのでね。



koroukun

 また地域のゆるキャラの発表がありました。

昨年の秋の一般公開日に行ってみた国営公園化を目指している山鹿市と菊池市にまたがる鞠智城ですが、アピール度を増すためにキャラクターを募集することになって、シンボルの八角鼓楼を頭に乗せた辺境警備の防人の応募作品が選出されたようなのです。

知事はニコニコ顔で「見ただけで鞠智城のキャラクターだとすぐ分かり、明るく親しみも持てる。盛り上げていきたい…」と挨拶していたようですが、財源問題で国に余裕が無い時代に国営化は無理なんじゃないかなと思います。このキャラクターを公募するのにも税金が使われているのでしょうが、財政が厳しい熊本県としては無駄な支出じゃないかなという気がします。この無難なキャラクターは発信力もありませんから、全国にアピールなんてできないでしょうしね。



shinjyukuincident

 今年の春に中国で予告編を見た映画を観ました。

日本では5月1日に封切られたイー・トンシン監督の「新宿インシデント」という映画のDVDでしたが、「誰も見たことがないジャッキー・チェンがここにいる」というキャッチフレーズが象徴するようにジャッキーがお得意の香港アクションを封印した、完成度が低い「ヤクザ映画」に仕上がっていました。予告編で刑事役の竹中直人を見た時に嫌な予感がしていたのですが、峰岸徹や長門裕之らの日本人キャストたちは邪魔な存在でしかありませんでした。

中国人の違法就労者を香港の視点で描いてあるというのは興味深かったのですが、主役のジャッキーが歳を取り過ぎているということや、馴染みがある歌舞伎町の風景が出てくると現実に引き戻されることもあって、最後まで感情移入することはできませんでした。監督の力量不足ということも大きかったのでしょうが、香港映画としては新宿や神戸でのロケを敢行した破格のスケールということですから頑張っている方なのかもしれません。退屈な北野武映画の模造品みたいな水準でしたので、オススメはできませんが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/26(月) 23:59)

 栗饅頭とマロングラッセの甘?い結婚の結末は…?
kenjyoguri

 熊本は台風の余波なのか小雨が降り続いています。

10月最後の日曜はさえない天気になってしまいましたが、暑くも寒くも無い過しやすい天気が続いていますので文句はありません。少しばかり円安傾向ですが、年内は海外に出かける予定はありませんので大丈夫ですし。そろそろ「日本の小さな秋」を見つけるためにドライブしたいところなのですが、温暖化の影響なのか九州だと11月にならないとダメみたいなのです。

秋の味覚の栗を使った香川県のお菓子をいただいたのですが、栗饅頭とマロングラッセが融合したような感じでなかなか美味しゅうございました。名前の「献上栗」というのは江戸時代に高松藩の松平家が幕府に栗を献上していたという歴史からということですが、このお菓子自体はそれほど古くから存在しているものではないのでしょう。高松には何度か行ったことがありますが、この「献上栗」というのは一度も見かけた記憶がありませんからね。



mailfromrakuten

 昨晩、こんなメールが楽天トラベルから届きました。

「2009年シーズン、大健闘した楽天イーグルスを応援くださったファンのみなさまへのご声援に感謝して、ポイント3倍大盤振舞いキャンペーンを開催しています!」ということでしたが、私は野球には興味が無い上に野村夫婦は嫌いですので応援なんてしたことありません。「もちろん楽天イーグルス以外の球団を応援されている方も、この機会に是非とも楽天トラベルをご利用くださいませ♪」と書いてありましたが、「野球に興味が無い方も…」と書いておいていただきたかったものです。

楽天トラベルで10月30日までウェブサイトで申し込むとポイントが3倍になるというキャンペーンみたいですが、儲かってるわりにはちょっとセコイんじゃないかなと思います。せめてポイントを10倍にするとか、100人に1人は100倍になるとか工夫があっても良いと思うのですが。まあ私はキャンペーン期間中に何も旅行の予定はありませんから関係ないのですが…



okinawabin

 フリーペーパーに気になる広告がありました。

11月1日からスカイネット・アジア航空が熊本と沖縄を結ぶことになるのですが、その就航を記念しての割安感があるツアーが企画されていたのです。以前は熊本の人は高速バスなどで福岡空港まで行ってから沖縄に飛ばなければならなかったのですが、直行便が飛ぶようになるとお金も時間も節約できるようになるのです。

1泊2日で24600円からということですから悪くはないのですが、沖縄は一昨年の暮れに行ったばかりですので今回はガマンしなければなりません。沖縄で普天間基地の返還などが決まって、それに伴ういろんな計画の工事が始まるようならチェックしに行きたいのですが、最近は特に話題になるような大きな変化は無いはずです。沖縄に新しいショッピングモールがオープンしたという話も聞きませんし、4?5年先でも構わないんじゃないかなという気がします。まあその頃には熊本‐沖縄便はもちろん、スカイネット・アジア航空自体が無くなっているかもしれませんが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/25(日) 21:52)

 銀杏城が聳えている街のスーパーで見かけたものは…
renkon198yen

 熊本も少しだけ秋っぽくなってきました。

熊本城の別名は銀杏城ですが、熊本県庁の並木もイチョウの木が選ばれていて、それらも最近の気温の低下を受けて変色しはじめているようです。まだ平野部では銀杏の季節では無いのですが、県内の標高が高いエリアでは一足早く収穫期になったようで、初めて行ってみた南熊本駅の近くのスーパーの店頭に並んでいました。

銀杏は嫌いではないのですが、さすがにこんなたくさんの量では持て余してしまいますので手が出ませんでした。右のレンコンも安かったのですが、これも1kgと量が多過ぎましたので店内で小さな袋入りのものを購入しました。このスーパーはかなり庶民的な感じで、近所の主婦たちは割引きシールを貼った商品でカートを山盛りにしていました。海産物が安くてなかなか期待できそうな店でしたので、また特売の日にでも再訪してみるつもりです。



kyusyutonkoturamen79yen

 スーパーの隣にはダイレックスがありました。

ドンキホーテの「ピカソ」という小型店に近い規模と品揃えの店舗で、生鮮食品以外は何でも揃っているチェーン店なのです。値段もドンキホーテ並みに安いのですが、流通経路が違うためなのか他では見ない商品が置いてあったりするので要チェックなのです。

この久留米市で作られている「九州とんこつラーメン」というのも他のスーパーでは見たことがないのですが、安かったので試しに買ってみることにしました。前回の日の出食品のラーメンもまだ試していないのですが、3?4人で老舗のアベックラーメンと共に3種類を一度に作ってどれが美味しいかの食べ比べをしてみたいものです。



kumamotologo

 今日の新聞にまたこんな県産品のCMがありました。

宣伝部長のスザンヌが「くまもとロゴを使ってわたしと一緒にくまもとをPRしてね!」と呼びかけるものでしたが、県産品に熊本県のロゴを入れたとしてもさほど売り上げがアップするとは思えないのですけどね。新規にパッケージを作る商品であればロゴを入れることは問題ないでしょうが、既存のものを作り直すとすれば印刷コストなどを回収するのはたいへんでしょう。

またこのCMによりますと10月30日から「くまもと物産フェア」というのがグランメッセで開催されるそうですが、「県内最大級の物産展」ということですからチェックしてみようかと考えています。たいしたものは無いと思うのですが、期待しないで行けば何か拾い物があるかもしれませんからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/24(土) 20:01)

 霜降の夜は猫を胸の上に乗せてDVDを観て…
soukoutoneko

 今日は二十四節気のひとつの霜降でした。

近年の温暖化のためなのか、熊本ではさほど冷え込むことはありませんでした。しかし秋の夜長は胸の上に体温が高い猫を乗せてDVDを観るのがピッタリでした。難点は猫の爪が鋭いことなのですが、近所のドラ猫と戦うための武器ですから切るわけにはいかないのです。最近は見たことが無い近所の猫がずうずうしく部屋の中にまで入ってくることがあるのですが、縄張り争いに負けないためにも武器を取り上げてしまうことはできないのです。



watergate

 本日のDVDは1970年代の実話を元にしたものでした。

ロン・ハワード監督の「フロスト×ニクソン」という2008年の映画でしたが、フロストという英国の人気テレビ司会者がウォーターゲート事件で辞任に追い込まれたニクソン元大統領をインタビューする過程の駆け引きが単調に描かれていました。これは元々は舞台劇ということでしたが、ニクソン役のフランク・ランジェラとフロスト役のマイケル・シーンが映画版でもそのまま同じ役に起用されたということです。

ロン・ハワード監督は私はどうも肌が合わないのですが、この作品も残念ながら退屈なものでした。舞台劇では大柄なフランク・ランジェラでも気にならないのかもしれませんが、アップを多用する映画ではニクソン役はキビシイものがあったと思います。中途半端に有名なケヴィン・ベーコンをチョイ役でキャスティングするというのも理解できませんでしたし、映画のクライマックスとなるはずの高額なギャラのインタビューシーンも緊迫感が無いものでしたのでガッカリさせられました。この手の題材はロン・ハワード監督にはちょっと荷が重過ぎたんじゃないでしょうか。



hadakanotaisyou

 最近はやたらと「裸の大将」関連のCMを見かけます。

それは明日の放送分が熊本を舞台にしているからなのでしょうが、こうやって広告すると視聴率も大幅にアップするからなのかもしれません。私は塚地の演技が見るに耐えられそうにないので見たことはありませんし、明日の放送も見る気はありません。いくら秋は夜が長いと言っても他に見るものがたくさんありますしね。

友人からいただいた映画のDVDも観なきゃいけませんし、復活した古いデスクトップ機のハードディスクの中には録画したままの映画が10本ほど溜まっていたので大変なのです。その中には「ロード・オブ・リング」の3部作があるのですが、それはちょっと重たいので年内に消化できるかどうか…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/23(金) 23:59)

 忘れ去られていた今シーズン最後の「大物」の収穫
syukakunoaki

 先日の肌寒さがウソのように暑くなりました。

しかし阿蘇では昨日の朝は霜が降りたそうですから熊本市内も朝晩は冷え込んできていまして、家庭菜園もそろそろ終わりになろうとしています。午前中に庭を見回ってみたら、葉っぱの影にこんな「大物」が隠れているのを発見しちゃいました。これだけ育ってしまうと食用には向かないでしょうが、断面積が大きいですからキュウリ・パックに使うのには良いかもしれません。

この「大物」の種を採って来年のために保存しておけば、その子孫を数十倍に増やすことが可能でしょう。しかしキュウリばかりたくさん収穫できても困りますので、種の保存は少量だけで充分なのですが。キュウリに似たゴーヤは乾燥させてチップに加工できますが、キュウリは水分量が多過ぎてダメでしょうからね。


 
oldandnewpc

 ついに「ウィンドウズ7」の世界同時発売が始まりました。

それとは無関係なのですが、私が以前に使っていたテレビチューナー付きの「ウィンドウズMe」OSのデスクトップ機を引っ張り出してリビングのプラズマに接続してみました。古いデスクトップ機は15インチの液晶モニターの冷陰極管が切れて使い物にならないので、22インチくらいの液晶モニターを買おうかなと考えていたのですが、プラズマにPCが接続できることを思い出したので繋いでみたのです。最近はノートPCばかり使っていましたので久しぶりに起動させたのですが、まずはメインテナンスと考えてDドライブのプロパティをチェックしてみたら「このドライブが最適化されたのは1025日前です」という表示が出ました。約3年ぶりのメンテナンスでしたが、なんとか無事に終了しましたし、アナログ放送が終了する2011年までは「アナログ番組の録画機」として活躍してくれそうです。

銀座のソニービルで見て欲しくなったVAIOのLシリーズのハードディスクは1TBもありますが、古いデスクトップ機は60GBしかありません。しかし低画質で撮って、見終えたらすぐに消去するのであれば問題ありません。不況が長引けばブルーレイのレコーダーはもっと値下がりしそうですからまだ購入する気にはなれないので、もうしばらくはビデオデッキと古いデスクトップ機でやりくりすることにします。



kumamotosaikou

 テレビで熊本県がこんなCMをやっていました。

スザンヌが熊本県の宣伝部長に担ぎ出されたことは以前にも書きましたが、税金からギャラを貰ってる彼女がブルーバックの前で「熊本、最高!」という台詞をニコニコ顔で言うのは理解できます。しかし「熊本、さあ行こう!」という県庁のおじさまが考えたようなダジャレを県内で放送するのは理解できません。貴重な税金で観光推進のために放送するのであれば、県外でやるべきじゃないでしょうか。

県庁のおじさまたちは自分たちが仕事をしていることを熊本県民にも知らせたいのかもしれませんが、納税者からしてみると迷惑な話でしょう。こんな完成度が低いCMはあまり観光面で役に立たないと思うのですが、どこかのアホが予算を獲得したみたいで無駄に垂れ流されているのです。私は効果的なCMならこのブログで褒めたいと思うのですが、ちょっと目に余る水準の完成度でしたので批判しておこうと考えたのです。財政が破綻しそうな熊本県にこんな無駄な税金を使う余裕があるとも思えませんしね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/22(木) 22:54)

 郊外の中華料理店での牡蠣とカシューナッツの炒め物
oysterandnut

 熊本もついに最低気温が一桁になりました。

まだまだ薄い羽毛布団で充分なのですが、温暖な九州とはいえ10月も後半になってきましたので、今晩からは毛布を1枚用意しておくべきかもしれません。今日は郊外の中華料理店で食事することになったのですが、4人でしたからいろんな料理を注文することができました。まずは牡蠣とカシューナッツの炒め物が運ばれてきたのですが、素人が自作するのは面倒な揚げた牡蠣をさらに炒めるという料理でしたので嬉しかったですよ。

他にはホタテと冬瓜のクリーム煮や牛肉のピリ辛炒めなど運ばれてきたのですが、食べるのに夢中で撮影するのは忘れていました。デザートは中国茶を飲みながらの胡麻団子でしたが、これも揚げたてでしたので美味しゅうございました。やはり南米で食べていた3ドル前後の中華とは格が違いました。値段も桁が違いましたが…(笑)



nookbookreader

 今日はいろいろと新製品のニュースがありました。

アップルからはワイド液晶を搭載した新しい「iMac」や新型マウスなどの発表があったのですが、噂のタブレットPCじゃなきゃアップルストアのウェブサイトを覗いてみる気にさえなりません。アップルの日本法人は円高が進んでも日本での販売価格を割高に設定しているのも気に食いませんしね。

やはり今日の話題としては米書店最大手の「Barnes & Noble」が259ドルで売り出すことになった内蔵メモリは2GBの電子書籍リーダーの「nook」が注目に価するでしょう。特徴としてはモノクロの電子ペーパーディスプレイとタッチスクリーン方式のカラー液晶ディスプレイの2画面を搭載していることで、3G携帯ネットワークとWiFi経由で書籍をダウンロードできるそうなのです。面白いのは「Barnes & Noble」の店舗内であればAT&TのWiFiネットワークと無料接続して販売されているすべての電子書籍を無料で読めるということです。ということはWiFiが届く範囲、例えば書店の真上に住んでいたりすれば無料で読み放題となるってことでしょうか。



soeulmatsuri

 今日の新聞にこんな韓国旅行の広告が載っていました。

11月11日からソウル中心部の清渓川で灯祭りというのが初めて開催されることになったそうですが、それを熊本空港からの直行便で見に行こうというツアーが企画されたようなのです。まだウォン安傾向は続いていますし、11月だったらソウルもさほど寒くないでしょうから夜の清渓川沿いの散策も楽しめることでしょう。

このイベントは朝鮮時代の提灯遊びの伝統を踏襲しているそうですが、長崎のランタン祭の成功を見て企画されたのかもしれません。秋の夜長の時期の清渓川にはピッタリのイベントだと思います。私もそろそろ韓国料理を食べにソウルに行きたいものですが、今年はあちこちに出かけてしまいましたので年内はガマンしなきゃですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/21(水) 23:59)

 意味不明の「約束のどらやき」というイベント関連商品
countrygolddorayaki

 これは18日に開催されたイベントのお土産です。

阿蘇のアスペクタというLAのグリークシアターみたいな屋外会場で20年以上も続いているカントリーミュージックのイベントがあるのですが、その長さが裏目に出たような「約束のどらやき」という意味不明な商品があったのです。普通のどらやきにイベントの焼印を押してステッカーと供に箱に入れただけのもの(5個入りで840円!)でしたが、よくそんな割高で安直な企画にGOサインが出たものだと感心してしまいました。これじゃ焼き鳥の真空パックに知事の似顔絵を貼っただけの宮崎県の業者と似たようなものでしょう。

ちなみにカントリーミュージックのイベントは屋外での開催であるのに雨が降ったのは1回だけで、しかも雨天決行だったということです。今年も新型インフルエンザが流行ってきて、いろんなイベントが中止に追い込まれていますが、このイベントは天気にも恵まれて平年通りに開催されたみたいです。会場の県営のアスペクタも赤字施設ということで存続の危機だったこともあったみたいですが、現在は指定管理者制度で決まったNPOが細々と運営しているようです。そのNPOにもこの「約束のどらやき」の差し入れがあったかもですね。(笑)



kyusyuyakisoba129yen

 午後からヤボ用で郊外に出かけました。

待ち合わせまで時間があったので普段は行かないスーパーで時間つぶしをしたのですが、こんな地産地消を表面に出した商品を見かけました。焼きそばの麺と九州らしくラーメンの麺ではなくちゃんぽんの麺の2種類でしたが、スープ類は付いていませんでしたし割安感もありませんでしたので購入はしませんでした。

しかしパッケージには「地産地消 九州産小麦100%」とありますので、珍しい商品であることは間違いないでしょう。たしか国産小麦は全体量の2%ほどしかなく、その多くは北海道産だったはずですからね。国産小麦は輸入物に負けないように多額の税金が投入されていると思うのですが、九州産小麦100%の商品がこの値段で販売できているのも税金で補助されているためでしょう。私は国の財政が逼迫している時代ですから、もうそろそろ税金の投入は止めて市場原理に任せるべきじゃないかなと思います。そうなるとこの商品の売値は1000円を超えてしまうかも…(笑)



yomigaeruyamataikoku

 今朝の新聞にこんな広告が載っていました。

佐賀県の吉野ヶ里遺跡で今月後半から1ヶ月ほど「よみがえる邪馬台国」という企画展をやるというものでした。11月1日に開催される記念フォーラムのタイトルは「なぜ邪馬台国は九州か」と邪馬台国畿内説を主張する学者さんたちからしてみたら「なんでやねん!」とツッコミを入れられそうなものでしたので笑ってしまいました。つい最近の「たかじんのそこまで言って委員会」で邪馬台国の畿内説と九州説の論争を見たばかりでしたので、それを思い出しちゃったのです。

私はどちらでも構わないというか、そういったものは民間の大学教授や歴史マニアたちが自分たちの費用で勝手に研究して解明してくれれば良いという立場なのですが、国費を投入してどうのこうのというのは止めていただきたいものだと思うのです。国には金が無いわけですから、そんな畿内だとか九州だとか優先順位が低い話を税金を投入して解明するというのだけは勘弁してもらいたいものなのです。吉野ヶ里の整備にも相当な税金が使われたと思うのですが、私は遺跡の整備としては失敗例だと思っていますので、これ以上は吉野ヶ里には一切の税金を使っていただきたくないのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/10/20(火) 20:02)

 1匹68円のサンマのサラダ仕立てランチ
sanmasalad

 熊本は25度を越えて夏日となってしまいました。

まだ体感的にはメキシコからずっと夏が続いている感じなのですが、さすがに10月中旬ですから近所のスーパーには秋の味覚が並んでいました。9月末にメキシコシティの日本食材店で冷凍のサンマを見かけてから、「帰国したら日本は秋のはずだから久しぶりに…」と考えていたのですが、活きが良さそうなのが1匹68円で販売されていましたので4匹ほど買ってきました。

まずは1匹を3枚におろして、それをサラダ仕立てにしてみました。おそらく流通が発達している現在でも九州では馴染みが無いサンマを生で食べてる人は少ないと思うのですが、安くて美味しい食材ですからまずは刺身でいただくのが正解じゃないかと思います。それから酢漬けにしたり、焼いたりして楽しむのが良いんじゃないでしょうか。



honbaramen75yen

 これはスーパーで見かけたインスタント麺です。

「ロン龍」というマニアに超人気のインスタント麺を作っている宇城市の日の出食品という会社の商品でしたので、美味しいかなと思って試してみることにしました。検索してみたらメーカーのウェブサイトにショッピングサイトがあって、20食入りの箱が3360円で販売していました。つまり1つあたりが168円ということになりますが、このスーパーの売値は半額以下になっていましたが不思議ですよね。

この「本場ラーメン」は1袋が2人前ですから1食分が40円以下とムチャ安いのですが、日本のインスタント麺ですからそれなりに美味しいのでしょう。こういった商品も昨年までは円安や原料費の高騰を受けて高くなっていたのですが、最近はデフレ基調が続いていますのでずいぶんと安くなってきました。ありがたい話ですが、これから景気がますます低迷しそうですから心配です。日本は2014年のワールドカップに続いて2016年のオリンピックまで決まってしまったブラジルと比べると正反対のような閉塞感が漂っていますのでね。



changeling

 クリント・イーストウッド監督のDVDを観ました。

1920年代のロサンゼルスで実際に発生したゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にしたアンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」という映画でしたが、それなりには楽しめたものの、「なんでそうなっちゃうの…?」と最後まで感情移入ができませんでした。行方不明になった子供を駅に迎えに行って、自分の子供でないとわかったら自宅に連れて帰るとは思えませんからね。

実話を元に映画化してあるということですので、意志が弱い女性が高圧的な警察に促されてということも考えられるのですが、アンジェリーナ・ジョリーは芯が強そうですからミスマッチな感じがしたのです。クリント・イーストウッド監督の作品はどうも私は肌が合わないのですが、このエンドロールなどに出てきた1920年代のロサンゼルスを再現した映像の部分だけは楽しむことができました。私は世界でいちばんLAという街が好きですからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/10/19(月) 23:59)

 のんびりした熊本で開催されたのんびりしたイベントに…
ebisumatsuri2

 熊本はまったく秋になりそうな気配がありません。

午前中にヤボ用で土日に「えびす祭」というイベントをやっている並木坂の商店街を通ったのですが、まだ時間が早かったので通行客はまばらでした。会場の準備のためなのか、一方通行の終りあたりで制服を着た係員に静止させられてしまったのですが、シートを敷き詰めていた所の横に「ダンスバトル」という立て札がありましたので、午後になったらこの道路を通行止めにしてその会場とするようでした。

普通ならダンスバトルのようなイベントは広場や駐車場などの空いた広いスペースを会場にするのでしょうが、この並木坂ではあまり広いとは言えない道路で開催するようでした。魅力的じゃないイベントですから、来場者数も少ないので問題が無いのかもしれません。のんびりした熊本ですからイベントものんびりしていても問題ないのかもしれませんが、そんなヌルい体質のままではこの商店街は将来は生き残っていくことはできないんじゃないかなという気がしますよ。



ezone

 午後に郊外のグランメッセのイベントにも行ってみました。

第4回東経ビジネスフェア 住まいとエコ環境展」というものでしたが、環境分野に関する展示はあまりありませんでした。私の興味を引いたのは韓国製の小さな電気自動車でしたが、最高時速が60kmしか出ない車が日本の街で走行可能という話でしたので驚きました。ゴルフ場のカートみたいなのが大型トラックと並んで走れるということなのですが、逃げ足が遅いでしょうから、バイクより危ないんじゃないかなと思いましたよ。

今日のNHKの特集も電気自動車のようですが、2010年は「電気自動車元年」になりそうですから面白くなりそうです。この小型車を日本の街中で見かけることは無いでしょうが、三菱や日産の電気自動車やトヨタのプラグイン・ハイブリッド車などはすぐに珍しい存在ではなくなることでしょう。日本の街から公衆電話が消え去りつつあるのと同じように、遠くない未来にはガソリンスタンドが珍しい存在になってしまうかもですね。(笑)



nigirisushi398yen

 イベントの帰りにスーパーに立ち寄りました。

特に買わなくちゃいけないものは無かったのですが、グランメッセ近くのスーパーが約4ヶ月ぶりにどのように変わっているのかをチェックしてみたかったのです。熊本ですから売り場にはまだ路地物の野菜があふれていましたが、これから年末に向けて徐々に減っていって値段も高くなるのでしょう。しかし円高のおかげとインフレ傾向の余波で全体的な食品の値段はずいぶんと落ち着いてきてるようでした。

惣菜コーナーに行ってみたら持ち帰りの寿司が安く売っていましたので衝動買いしちゃいました。そういえば最後に寿司をいただいたのはブラジルのサンパウロでしたし。寿司はごく普通のものだったのですが、「阿蘇コシヒカリ100% 地球・体にやさしい」と「さくら美人の卵」という2つの表示は気になりました。両方とも知名度が低いものだと思うのですが、その印刷コストや手間隙をかけて表示を貼る意味があるのでしょうか?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/18(日) 23:59)

 まこもとエビと春菊の炒めもののランチ
lunch17102009

 熊本は今日も夏の終りのような陽気でした。

今日のランチは神戸から熊本に到着した日に購入したまこもを料理してみることにしました。まこもはあっさりしていますので淡白なエビと春菊と炒めものにしてみたのですが、なかなか美味しゅうございました。しかしまこもって不思議なフォルムをしていますよね。どんな感じで畑に生えているのか見てみたいものです。簡単に育てることができるようなら家庭菜園に仲間入りさせてやりたいものですよ。

まこもは外側の皮を何枚か剥くものかと予想していたのですが、そんなことはありませんでした。茹でたり蒸したりする場合にはいちばん外側の皮を剥くべきかもですが、炒めものならそのままでも気になりませんでした。アスパラガスのように色もキレイで均一ですから、茹でたものを薄くスライスしてサーモンあたりとミルフィーユ仕立てにするのも良さそうです。



katokazuhiko17102009

 午後にネットのニュースを見て驚きました。

加藤和彦氏が軽井沢のホテルで亡くなられたということでしたが、昨年の秋に偶然にある場所でお見かけした時にはお元気そうでしたので驚ろかされました。加藤和彦氏は「音楽でやるべきことがなくなった」というような内容の言葉を残して旅立たれたという話でしたが、残された家族や友人たちはとても納得できないことでしょう。

ウィキペディアで加藤和彦氏のことを見てみたら、その音楽性の幅広さを再認識させられました。特に思い入れがある楽曲は無かったのですが、加藤和彦氏が日本の音楽界に遺されたものの大きさについては音楽については門外漢の私がとても書ききれるものではありません。ひとつの時代を築いた才人のご冥福を祈りたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/17(土) 23:59)

 熊本経済の将来は絵に描いたような近未来なのか…?
kumamotokeizaiex

 熊本は今日も夏の終りみたいな陽気でした。

午後から食料を買い出しに行ったのですが、途中の書店に立ち寄ってみたら「くまもと経済」の別冊が出ていました。表紙には静岡空港との間を飛び始めた「富士ドリームエアライン」の飛行機や建設中の熊本駅前の最高層ビルの完成予想図、そして2011年に開業予定の九州新幹線などが描かれていました。内容も新幹線にまつわる駅前開発の様子や県知事と市長の対談などとありきたりなもので、後半は元気な地元企業の紹介ページになっていました。

熊本の経済は古い体質の勢力による中央政府への陳情型が続いてきましたので、決定済みの新幹線工事などが終わった後には何があるのだろうかと疑問です。古い体質の勢力は鳩山政権が短命に終わって、再び昭和的な談合ができる政権が誕生してくれることを心待ちにしているのでしょう。仮にそうなったとしても国に金が無いので、これまでのような将来の国民にツケを払わせる公共工事の無駄遣いは無理なはずなのですけどね。



kamesen99yen

 馴染みの亀せんが99円で売っていました。

原油高で円安な時代に国内の食料品の値段が上がった時代にはこの亀せんも原料費の高騰を受けて100円を超えていたのですが、最近のデフレ傾向を受けて価格が落ち着いてきたみたいです。しかし定価が210円と書いてありましたが、それはあんまりじゃないかなと思いました。

久しぶりの亀せんの味は「キング・オブ・カメセン」と断言できるものでした。つい最近、どこかのスーパーで長崎のメーカー製の亀せんを見かけたのですが、それはパッケージが小さいわりには高かったので購入しませんでした。全国の亀せんを食べ比べたわけじゃないのですが、私の中ではこの亀せんがナンバーワンなのです。



ebisumatsuri

 新聞に明日からのイベントの告知がありました。

週末に並木坂という商店街で秋のイベントをやるみたいですが、その名前が「えびす祭」というのは違和感がありました。「並木坂」というのも坂とは感じられない通りですから変なネーミングだと思うのですが、知名度が低い恵比須神社をイベントのタイトルに使うのもいかがなものかと思うのです。

イベントの内容もありきたりのものみたいですから歩いて行けるほど近くても出かけてみる気にはなれません。せめてオリジナル料理の割安感がある屋台くらい出してもらいたいものですが、ジャズライブとかダンスバトルとかやってる人が自己満足してそうなものしか見当たらないのです。似顔絵コーナーは「未来の絵描きさんが…」とありましたが、それって素人が描くってことでしょうし…(笑)



news16102009

 夕方のニュースは熊本市の合併の話でした。

全国ニュースやネットの地域ニュースにも載らないと思うのですが、熊本市と無理な合併をすることに決定した周辺自治体のおじさんたちとの握手のシーンがトップニュースだったのです。現在の熊本市の人口は政令指定都市の要件に満たないのですが、3万人規模の遠隔地の田舎町と合併することにより70万を超えることになって2010年の3月には全国で20番目、九州では3番目の政令指定都市となるのです。

これから新型インフルエンザが流行し、良い材料も見当たらないことから景気も低迷すると思うのですが、熊本では新幹線や駅前開発など昭和的な手法でなんとか乗り切ろうと考えているおじさまたちが主流派なような気がします。先行き不透明な時代ですから、地方自治体の首長には次世代を見据えた地域再生の将来ビジョンが不可欠だと思うのですが、政令指定都市昇格という優先順位が低い課題に熱心だったこのおじさまたちには何も期待できないと私は思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/16(金) 23:59)

 久しぶりに「わくわく」しない都市の熊本に帰ってみたら…
hellokittykumamoto

 高速バスは早朝に福岡で乗換えを強要されました。

新宿から大阪までの4000円のバス代に対して神戸から熊本までは5000円でしたから割安感はあったのですが、ネットでチケットを購入する時に乗換えがあることを説明しておいていただきたいものでした。そして乗り換える際には「ご不便をおかけしてすみません」という言葉と共に南米のようにコーヒーの1杯くらいサービスしてもらいたいものでした。

これは最後の休憩があった玉名インターで見かけたご当地キティですが、左のものが「キジ車」という伝統玩具を、そして右のは「晩白柚」モチーフにしたものでした。他に良い候補は無かったのかと思いましたが、からしレンコンや馬刺じゃ絵にならないようですから仕方が無いかもですね。(笑)



wakuwakutoshi

 9時過ぎにようやく熊本の中心部に到着しました。

久しぶりの熊本は何か変化してるかなと歩いていたら、市役所に掲げてある看板の文字が「平成24年4月1日 熊本市は政令指定都市をめざします」と具体的な日付に変わっていました。熊本市は周辺の自治体との無理な合併を強行して人口を政令指定都市の要件である70万人にして国内で20番目の政令指定都市になろうとしているのですが、私は時代に合わない愚行だと思っています。

政令指定都市に関してはこのブログで何度か書いたことがありますが、これだけ数が増えるとありがたみもありませんし、何よりも道州制の時代になったら存在意義も薄れてしまうことでしょう。政令指定都市は自民党が築いた古い時代にはそれなりに価値があったかもですが、これからの人口減の社会では貴重な税金をかけて取り組むべきことかなと疑問なのです。



makomodake200yen

 中心部のイベント広場で珍しい野菜を買いました。

中国原産の「まこも」というイネ科の多年草でしたが、タケノコとアスパラガスの中間のような食感という話でした。レシピもいただいてきたのですが、淡白な味のようですからどんな料理にも合いそうですので自由にアレンジしてみようと思います。

6本ほど入っていて200円と少し高い感じはしたのですが、初めての野菜ですから基準がわかりませんでした。タケノコみたいに皮を剥いてから使うみたいですから食べる部分は少ないのかもしれませんが、3本入り100円くらいのお試し袋があったらなと思いました。



delicious0yen

 見たことがないフリーペーパーが出ていました。

地域のグルメガイドみたいなありふれた内容でしたが、シンプルな構成のタブロイド版で画像も大きくて読みやすい感じでした。掲載店舗の場所もわかりやすく描いてありましたし、占いと4コマ漫画とエステの宣伝以外は役に立つ感じでした。しかしこれから熊本はますます景気低迷しそうですから、このフリーペーパーも掲載店もたいへんでしょうね。

まだ不景気でもフリーペーパーが発行されているうちは大丈夫かもですが、新型インフルエンザなどが蔓延して新規開店や広告収入が激減したりするようになれば編集が止まってしまうかもしれません。こういった印刷媒体の敵はネットではなくて伝染病かもしれませんね。



shirakawakasenkouji

 ついに白川右岸の河川工事が始まっていました。

最近のゲリラ豪雨みたいな災害のリスクを減らすために川幅を増やす工事をすることになっていたのですが、その工事がついに本格化したようなのです。ここにはかつて河川沿いに緑豊かな公園があって熊本市民の憩いの場だったのですが、拡張工事が進むと台無しになってしまうかもしれません。

右岸に続いて左岸でも工事が本格化するのでしょうが、私は政令指定都市化と同じで将来の市民たちにとっては愚行になってしまうだろうと考えています。この工事が終われば白川の両岸はサッパリした印象になるでしょうし、多額の税金をかけるのですからそれなりにキレイにはなるのでしょうが、その税金投入額に見合う効果があるかは大いに疑問なのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/15(木) 23:59)

 鉄道記念日に鉄道に乗って神戸に鉄人見学に…
kobebiennale2009

 関西3日目は阪急に乗って神戸の三宮に行きました。

友人宅の近くにはJRの駅があり、そこからだと三ノ宮まで楽に行けるのですが、JRが大嫌いな私は梅田まで歩いて阪急電車に乗ったのです。到着してからイケアの無料のシャトルバスに乗って無料のコインロッカーに荷物を預けて、すぐに次のシャトルバスで三宮に戻りました。いつものように観光案内所で最新情報をチェックしてからメリケンパークまで歩いて行ったのですが、それは「神戸ビエンナーレ2009」の会場の様子をチェックするためでした。

芸術作品ともゴミとも判別できないものを展示したコンテナを並べた会場は平日のためかガラガラでしたが、入場料が高過ぎるのも理由のひとつなのでしょう。今年から始まったという海上のアート作品を船から見てまわるという趣向は面白いのですが、船に乗のるのは「水都大阪」と同じようにムチャ高いのです。私は大阪湾を周遊する電車やバス並みの安い値段の海上交通網を作るべきだと思うのですが…



koubeshicyosenkyo

 神戸市は選挙前であちこちにポスターがありました。

今回の市長選では共産党公認の松田隆彦氏と3選を目指す現職の矢田立郎氏、そして無所属新人の樫野孝人氏の三つ巴の争いとなっているみたいですが、神戸市民は共産党の市長を選ぶほどは「成熟」してはいないでしょうから、事実上はキャリアのある現職か新鮮味がある新人の一騎打ちになるのでしょう。

現職は自民べったりで新人は民主推薦のようですが、まだかろうじて風は民主に吹いているようですから新人が有利かもしれません。私は新人の候補者について何も知らなかったのですが、ウィキメディアでチェックしてみたらユニークな経歴の持ち主のようですから地元では有名人なのかもしれません。公式ウェブサイトを見てみたら「情熱仕掛人」とか書いてあって、ちょっとウザい感じがしましたが。



tetsudokinenbi

 10月14日は全国的に鉄道記念日でした。

北海道に住んでいる頃には苗穂の車両基地でのイベントに参加したことがありましたが、ネットで検索してみて平日の14日に大阪や神戸ではイベントの情報は何も見つからなかったのですが、メリケンパークからJRの神戸駅まで歩いてみたら、ホームの中で鉄道の歴史に関するパネル展をやっていました。これは明治時代の古地図の上に現在の地図を重ねたものでしたが、100年くらいの間にこんなに違ってしまうものなのかと感心してしまいました。

このあたりから長田方面は阪神大震災の前後で街並みが大きく変化したのですが、そういえば震災後に鉄道がしばらく止まっている時期がありました。今ではビルが建ち並んでいて、大震災があったとは信じられないほど復興しているのですが、当時のことを知る者としてみると感慨深いものがあります。



syowaten

 デパートではこんな昭和のイベントをやっていました。

「鉄人28号と昭和の暮らし展」というのを新長田駅前の大丸の2階で開催していたのですが、昭和時代を懐かしむ中高年たちと、不思議なものを初めて見るという感じの女子高校生たちのコントラストが面白かったですよ。「なんでも鑑定団」に出品したら高値が付きそうなブリキの人形などがガラスケースの中に収められていましたが、コレクターにとってはたまらないものばかりだったのでしょう。

入り口には「鉄人28号」のフィギュアがありましたが、なかなか良くできていました。これはガンダムみたいにマニア向けに販売しているものなのか、あるいはこのイベントのためだけに1体だけ作られたものなのかわかりませんが、けっこうな値段がしそうでした。きっとこれもマニアにとってはたまらない一品なのでしょうね。



tetsujin28go

 大丸裏の公園に長田地区のシンボルが立っていました。

お台場の実物大ガンダムの後にこの鉄人28号も公開されたのですが、こちらは恒久展示となるようです。ガンダムに比べると完成度は低いものでしたが、公園の整備が終了すれば鉄人を真下から見学することもできるようになるのでしょうから悪くないと思います。

アーケードにある街の写真館にお願いすると鉄人を操作するリモコンを持って記念撮影することもできるようですが、これもマニアにとってはたまらない思い出になるのでしょう。リモコンのボタンを押せば鉄人が「ガォー!」と何かリアクションしたりすると良いのでしょうが、残念ながらそういった仕掛けは無いみたいでした。



dinner14102009

 夕陽タイムに鉄人の公園から三宮に電車で戻りました。

公園からはJRの駅が近かったのですが、大嫌いですから500mほど北側に歩いて西代駅から山陽電鉄に乗りました。三宮から再びシャトルバスに乗ってポートアイランドのイケアに行って夕食をいただいたのですが、499円のミートボールとスープ、そしてデザートのセットを試してみました。私はいろんな国のイケアに行ったことがありますが、どこの国にでもあるミートボールは初めてだったのです。

大阪でイケアのメンバーカードを作りましたのでコーヒーは無料でしたし、ワンコインでそれなりの食事を楽しめて、WIFIも完備されていましたので悪くありませんでした。イケアの閉店までレストランでPCや携帯テレビの充電をさせてもらったのですが、神戸だからなのかテレビでは「鉄人28号」のアニメを放送していました。最後にイケア近くの「イズミヤ」というスーパーセンターで関西の食品をいくつか買い物をして最終のシャトルバスで三宮に戻って市役所の近くから九州行きの高速バスに乗り込みました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/14(水) 23:59)

 大阪のデパート戦争の真の勝利者は誰になるのでしょうか…?
hankyu13102009

 大阪2日目も良い天気に恵まれ夏のようでした。

午前中に友人宅からTシャツ1枚の格好で歩いて行った先は大阪府庁でした。特に用事があったわけではなく、梅田への通り道だったからでしたが、お昼の少し前でしたので府庁の食堂で軽く腹ごしらえしていくことにしました。見本を見て味噌汁付きで350円の焼肉丼を選んでみたのですが、味の方はまあまあでした。

その後に9月にグランドオープンした梅田の阪急百貨店に行ってみたのですが、もう新装開店から1ヶ月以上も経っていましたので混み具合は普通でした。1階には八重洲の大丸を真似たようなスィーツ売り場がありましたし、11階あたりでは大北海道展などやっていまして、それなりに楽しめました。しかしほとんどがオバサマ向きの品揃えですし、今回は第一期工事が終わった段階でしたので狭くて中途半端な印象でした。これから隣接する既存の建物が取り壊されて新しいビルが2012年に完成するそうですが、その後にフロアが現在の倍くらいになると迫力が出ると思います。



chaska13102009

 茶屋町に建設中のビルの様子も見に行ってみました。

以前から東急ホテル跡地に安藤忠雄氏設計の「チャスカ茶屋町」という新しいビルが建設中だったのですが、完成すると地上23階、地下2階のホテル、共同住宅、店舗で構成される複合ビルになるそうです。「CHASKA」とは「茶屋町」と「大阪」からのネーミングだと思うのですが、覚えやすいものの私はちょっと違和感があります。

どんなテナントが入るかで変わるのでしょうが、ロケーションはロフトの隣ですから悪くないと思います。この周辺にはまだまだ低層の雑居ビルが残っているのですが、梅田には不況というのに商業施設がどんどんオープンしていますので、今後も再開発が進みそうです。



isetan13102009

 大阪駅新北ビルの工事も外壁を貼るまでになりました。

この駅ビルはJR西日本と伊勢丹の合弁会社のジェイアール西日本伊勢丹が整備を進めているもので、地下2階?地上10階に「大阪三越伊勢丹」という店名で2011年春の開業を目指しているようなのです。西側のタワー部分が高ければ札幌駅に似てると思うのですが、おそらく内容も似たり寄ったりなものになるのでしょう。

私は国民に多額の借金を押し付けておきながら涼しい顔をして全国各地で駅ビルを作り続けて暴利を貪っているJRが大嫌いなのですが、場所からいってもこの複合ビルがここ10年くらいのスパンで見たらいちばんの勝者になるのかもしれません。オープン時の2011年春に景気が最低になって売り上げが予想を大幅に下回ってくれると個人的には嬉しいのですが…(笑)



umedakita13102009

 これは「大阪三越伊勢丹」北側の空き地です。

ここも駅から近いですし、広大な面積がありますので将来が楽しみです。壁には未来都市のパースが描かれていましたが、まだまだ先の話でしょうから大きく変更されることでしょう。もし近未来に中国のバブル崩壊や関東や中部での大地震、大阪府の財政破綻などの大事件が発生すれば計画自体がゼロになってしまうかもしれません。

個人的にはこのエリアの地下にリニア新幹線の関西の拠点駅を持ってきて、南海電車もここまで大深度で延伸させてきて関空との結束点とすれば良いんじゃないかなと思うのですが、いろんな利権が複雑に絡んでいそうですから難しそうですね。こんな大規模な事業は国家戦略に則って行うべきものだと思うのですが、現政権にもそれは無さそうですから困ったものです。



monchouchou

 現時点でのデパート戦争の真の勝利者はココかもです。

芸能人がお土産に使うのですっかり有名になった堂島ロールですが、今日は友人宅で食後に食べるためにモンシュシュの本店で買ってきました。以前は平日でも長い行列ができていたものですが、梅田の阪急に支店ができたので行列はかなり短くなっていました。

今日は定番の「堂島ロール」ではなく、10月だけの季節物の1575円の「かぼちゃのロール」というのにしてみたのですが、予想していたより美味しかったので驚きました。もう支店は10店舗以上あるみたいですから大量生産で味が落ちてるのかなと予想していたのですが、なかなかのものでした。高価な商品ですから「また買うか?」と聞かれたら首を縦に振ることはありませんが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/13(火) 23:59)

 久しぶりの関西、「水都大阪」のイベント最終日でしたが…
kyotosc12102009

 新宿からの夜行バスは7時頃に京都に寄りました。

駅裏で数名の乗客を降ろして、次の大阪に向けて走り出したのですが、車窓から「2009年秋、大型ショッピングセンターOPEN!」というバナーの真新しいビルが見えました。これは開発業者が倒産したために開業が2010年の春にズレ込んだという商業施設なのですが、このまま不況が深刻化すれば開業することなく幽霊ビルとなってしまうことだってありそうです。

京都は人口の割合からしてみますとモールの数は少ないですから、これが駅裏にオープンすればそれなりに売れるとは思えます。しかし日帰り圏の大阪の梅田ではデパートの増床合戦が繰り広げられていますし、自動車で数十分の滋賀でも郊外型のモールが増えていますので、それらに挟まれた京都の駅前型のモールは万全の体制でないと生き残るのはキビシイかもしれません。



ikea12102009

 ちょうど8時ジャストに大阪の難波に到着しました。

今日もまずは湾岸にあるイケアに朝食を食べに行くことにしたのですが、無料バスの始発までは時間がありましたので、しばらくATCの前でネットで雑用を処理していました。シャトルバスは9時に難波を出てイケアの一番乗りをしたのですが、まずはIKEAファミリーカードの登録を済ませて、それから無料のコインロッカーに荷物を預けて2階のレストランに向かいました。

今日も99円の朝食メニューと10時まで無料でセルフでお代わりも自由なコーヒーにしたのですが、前回に試した安いクネッケは無くなっていましたので、90円の北欧風のパンを選んでみました。合計金額は189円となってしまいましたが、コーヒーを4杯ほどお代わりしましたので安いものでした。おまけに今回は高速のWIFIも拾うことができましたので得した気分になれました。



lunch12102009

 11時頃にシャトルバスで難波に戻ってきました。

ATCの近くの道頓堀では何もやっていませんでしたので、天気も最高に良かったですから散歩がてらに中ノ島方面まで歩いて行くことにしました。その途中の船場のアーケード街で「キャベッコ本舗」という店があったので試してみることにしました。

とんかつ1枚を入れたという300円の「キャべとん」というのを食べてみようかなと思ったのですが、残念ながら売切れていました。それで100円の「キャベッコ」というものにしてみたのですが、素朴でたいへん美味しゅうございました。しかしちょっとボリュームは足りない感じでしたけどね。



osakacityhall

 難波から1時間ほどで中ノ島に到着しました。

「水都大阪」というくらいですから水辺を歩いていたら何かあるのかなと思ったのですが、特にそれらしいものは見当たりませんでした。大阪市役所まで行ってみたら祭日というのに開いていて多くの人が出入りしていましたので私も入ってみることにしたのですが、その中ではヤノベケンジ氏による巨大な「トらやん」というキャラクターが待っていました。同じフロアは「おもてなしカフェ」というスペースになっていたのですが、特に「おもてなし」はされませんでした。

市役所から15分ほど歩いた中ノ島の東端エリアが「水都大阪」のメイン会場になっていたのですが、さほど面白いものはありませんでした。「フローティング・ダック」は9月末から他の国にお出かけになったみたいでしたし、「ラッキードラゴン」という船も夕方まで戻ってこないということでしたので、水辺の見所は全滅といった感じだったのです。これらの醜態はアートディレクターの力量の無さなのでしょうが、大阪の水質改善が進んでいないことも敗因だったと思います。



handm12102009

 中ノ島の会場から心斎橋方面に歩いて戻りました。

かつてのキリンプラザの跡地には「LUZ」という商業ビルが建設されていて、そこには近いうちに「H&M」の関西1号店が入居することになっています。この大きな壁面には近いうちにお洒落なモデルさんが登場するのでしょうが、そうなるとグリコの看板と対面することになるのです。

ちなみにナンパの名所の「ひっかけ橋」も工事してキレイになりましたし、近くにツタヤの大型店もできましたのでずいぶん雰囲気が変わりました。大阪は大不況のはずなのですが、さすがに心斎橋は関西のトップクラスの商業地ですからまだまだ元気なようですね。「H&M」の開店日には大行列ができることでしょう。



dotonbori12102009

 夕方にイケアに荷物を取りに行きました。

また2階のレストランで休憩しながらネットしようと考えたのですが、なぜか今回は電波が飛んでいませんでした。休日でお客さんが多かったので滞留時間を減らすためかもしれませんがガッカリさせられました。また難波に戻るバスも満員でしたので、20分後の次のバスを待つ羽目になってしまったのです。

今日は17時から道頓堀で結婚式があるという話で、その様子を見てから友人宅へ行こうと考えていたのですが、遅れて到着した時には結婚式は終わっていました。吹奏楽団が乗った船だけは水路を往復して演奏していましたが、「水都大阪」のフィナーレとしては物足りないものでした。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/12(月) 23:59)

 東京最終日、代官山で試した世界初の食べ物とは…?
zou33

 東京の最終日は良い天気に恵まれました。

午前中はテレビを見ながら荷物の整理をしてのんびり過して、午後から代官山方面に自転車で行くことにしました。連休でしたし、昨日と今日は恒例の猿楽祭りをやっていますので、代官山駅の周辺は多くの家族連れで賑わっていました。いつものようにあちこちの路地を走り回っていたら、細い私道を塞ぐような感じで軽のワンボックスを停めているのを見かけました。10人ほどが並んで待っていましたので何かなと近づいてみたら、「世界初製法のパン 象の耳」と書いてありましたので私も行列の最後に並んで試してみることにしました。

待ってる間に説明文を読んだのですが、「米粉、タピオカ&こんにゃく澱粉の使用により外はサクサク!中はもちもち!初めての不思議な食感!」ということでした。メニューは揚げパンのようにきな粉や抹茶の粉をまぶすだけのシンプルなデザートタイプのものが200円で、パンにカレーやチーズなどを乗せた食事タイプのものが280円、そしてもうワンクラス上のものが330円と3つのカテゴリーに分かれていました。5分ほど悩んだ末に一番人気という330円の「クリームチーズとオニオン&ベーコン」というのにしてみたのですが、ブラックペッパーが利いていて美味しいものでした。片手で手軽に食べることができて悪くは無かったのですが、ブラジルのサンパウロで食べた丸いピザ風のものに似ていましたので「世界初」という点が気になりました。まあ粉の分量はこの移動販売のオリジナルでしょうから「世界初」を名乗るのは勝手でしょうが、世界には似たものがありますから控え目にお願いしたいものだと思いました。



event11102009

 これは恵比寿駅近くで見かけたものです。

秋の目黒のサンマ祭りは全国ニュースでも報道してますので有名ですが、その人気に便乗したような祭りをガーデンプレイスに抜ける路地でやっていたのです。この周囲にはサンマを焼く煙が充満していたのですが、年に一度のことですから文句も出ないのかもしれません。私も最近はサンマを口にしていませんので食べてみたかったのですが、20人ほどの行列ができていましたのであきらめました。

まあ最近は物流技術が向上していますので、全国どこでも活きが良いサンマを入手しやすいですから自分で調理すれば良いですからね。北海道に住んでいた時のように安くは手に入りませんが、安売りの時は1匹88円くらいでしょうから許容範囲です。早くくちばしが黄色いヤツを調理したいものですよ。



sarugakusai

 ヒルサイドテラスでも秋祭り風のものをやってました。

やはり場所柄なのか、ちょっと高級感がある屋台がいくつか並んでいまして、その中には近所のエジプト大使館のものもあり、ファラフェルみたいなのを350円で販売していました。割安感があったので試してみようかなとも思ったのですが、お腹が空いていなかったので止めておきました。コシャリだったら迷わず注文したはずですけどね。

この猿楽祭に行った時間が遅かったので無料の綿菓子の列に並ぼうとしたら、「すみません、もう終りなんです…」と係りのお兄さんに言われてしまいました。別に「ここまでで終了」という立て札は持っていませんでしたので、子供や若い女の子なら並ばせてくれたかもですが、おじさんは不利ですよね。綿菓子って材料費が安いわりには値段が高いので買ってまで食べようとは思わないので、久しぶりに味わってみたかったのですが残念です。



omotesandouhillsevent

 それから久しぶりに表参道ヒルズに行ってみました。

丸の内の中通りにもオープンしていたブルックス・ブラザースの「BLACK FLEECE」の店が表参道ヒルズにもできていたりしましたが、あまり変わりばえはしませんでした。それで地下のイベントスペースまで降りてみたら、F1関係の写真展みたいなのをやっていました。

シャンパンの会社がスポンサーのようで、あちこちにボトルが飾られていたのですが、子供向けのラジコンコーナーにまでボトルがディスプレイされていたのには笑ってしまいました。もっとさりげなくアピールした方が効果的だと思うのですが、シャンパンの会社の広報担当者とは発想が違うみたいですね。



dinner11102009

 東京最後の夕食は友人の手料理でした。

豆のカレーとタンドリーチキン風の料理、そしてサラダなどでしたが、スパイシーでたいへん美味しゅうございました。本格的なインド料理でしたので、「ナンを買ってきて」と頼まれてしまいました。それで千駄ヶ谷のネパールカレーの小さな持ち帰り店でナンだけを購入したのですが、プレーンなものでも300円もしました。

ナンは注文してからその場で窯の内側に貼り付けて焼いてくれる本格的なもので美味しかったのですが、単なるナンが300円もするなんてさすがに東京ですよね。まあ友人宅から歩いても行ける所にナンだけを売ってくれる店があっただけでもラッキーかもしれませんが、原料費やネパールの物価を想像すると複雑な心境なのです。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/11(日) 23:59)

 新三郷に行くのをあきらめて青山あたりの散策してみたら…
lunch10102009

 幸いにも二日酔いは免れることができました。

先日穿いていたトラウザースに血が付いていたのでチェックしてみたら、両手に少しだけダメージがありました。やれやれそれだけかと思っていたら、デジカメの液晶が割れていました。アフリカやアジア、そして南米を無事に乗り切ったデジカメでしたが、安全なはずの東京で半身不随になってしまいました。

まあデジカメは消耗品だから仕方がないかとあきらめて、青山方面に出かけることにしました。(本当はららぽーとのショッピングセンターがオープンした新三郷に行こうと思っていたのですが、あまりにも交通費が高いので次回にすることにしたのです。)まずはどこかでランチをと物色しながら走ったのですが、四谷の蕎麦屋の600円の天丼と蕎麦のセットに決定しました。東京の蕎麦ですから期待はしていなかったのですが、それを上回る残念な味でした。天ぷらもサクッと揚がっていませんでしたので、私の心の中の「もう2度と行かない店」のリストのトップに載せておきました。



nedumuseum

 新装開店の青山の根津美術館に行ってみました。

これは入り口の竹林を過ぎた所にある石灯籠なのですが、こうやって見るとまるでどこかの日本旅館みたいですね。この反対側が美術館の入り口への長いエントランスになっていまして、来場者の期待感を高める装置なのです。

そのうちに無料で入る機会はありそうですから今日は中には入らなかったのですが、今回の新築工事でミュージアムショップやカフェまでもが有料ゾーンになってしまったのには驚きました。世界中の美術館の一般常識とは違う決定なのですが、それって設計者の思いつきなんじゃないかなと疑っています。まったく面識は無いのですが、イヤ?な感じがする建築家ですからね。(笑)



unmarket

 246沿いの国連大学の前でイベントをやってました。

恒例の「UNマーケット」というものらしいのですが、東京の近郊からナチュラルテイストの製品や無農薬野菜などが運び込まれて、その効能の説明と共に販売されていました。私もこういった製品はキライなわけではないのですが、価格重視のために購入には結びつかないのです。特に物価が安いメキシコが最後でしたので尚更でした。

しかし試食したり出品者から商品の説明を受けたりするのは無料ですから、30分ほど会場を歩き回っていましたが。天気も良くて来場者も多くて、ブースによっては早くも売り切れているところもありました。日本は不景気ということですが、さすがに青山あたりの奥様たちは多少の値段の差であれば安心・安全な食材と思われるものを選ぶみたいですね。



saikaihatsuyouchi

 国連大学の裏手にこんな自然が残っていました。

先週末に銀座のINAXギャラリーの展示で青山病院跡地の再開発に関するものを見たのですが、いつの間にか古い病院は取り壊されて更地になっていたのです。この池のようなものは以前からあったのかもしれませんが、私は敷地内に足を踏み入れたことがありませんでしたから知りませんでした。

都会の中に残された貴重な未利用地ですが、ここもまたイヤ?なタイプの建築家たちにより突飛なデザインの建物が作られるかもしれないのです。まあ日本の景気は低迷していますので、金がかかる変なデザインの建築は敬遠されるとは思うのですけどね。



event10102009

 17時からスパイラルであった講演会に行きました。

スパイラルでトイレを借りた時に「劇的3時間SHOW」という看板があったので、何だろうと聞いてみたら日替わりで講演があって、今日は漫画家の弘兼憲史氏ということでしたので参加してみることにしたのです。特に弘兼憲史氏に興味があったわけでは無いのですが、最近の出版不況のリアルな話が聞けるかなと思ったのです。

3時間の長丁場でしたが、前半は2人の編集者を交えた雑談風の軽いもので、後半は関西の作家さんが「これは変やろ」と思うような昭和歌謡にツッコミを入れるという企画でしたので気楽なものでした。弘兼憲史氏は話がお上手なのでそれなりには面白かったのですが、もっと業界の裏話が聞けると期待していただけにガッカリさせられました。まあ入場無料でしたから文句はないのですが…



omoideyokocyo

 講演会の後で新宿の西口に急行しました。

夜行バスで関西に向かうという友人と新宿で夕食をいただいてから見送るという約束だったのですが、待ち合わせの場所にやってこなかったのです。携帯電話を持たない主義の私はいつもノートPCで彼の携帯とメールのやりとりをしていたのですが、今日に限ってPCを持ってきていませんでしたので連絡を取ることができなかったのです。

30分ほど待っても来なかったので、あきらめて思い出横丁で食事をして帰ったのですが、「急用ができてしまった」というメールが入っていました。もしもの時用に彼の携帯の番号を控えていかなかったのが敗因でしたが、いつもはノートPCを持ち歩いているもので、ついつい油断しちゃっていたのです。最近はますますPCの依存症的になっていますので、これを機会に注意しなきゃいけないようですね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/10(土) 23:59)

 新宿でのランチの後に銀座で泥酔、そして自転車で転倒…
heiwakinenkan

 新宿で友人とランチをという約束をしていました。

時間があったので西口のOZONEに行ってみたのですが、7階のライブラリーコーナーが会員専用になっていましたので困ってしまいました。おそらく心無い人たちによる目に余る行為のために会員専用になってしまったのでしょうが残念です。いつもOZONEで建築関係の雑誌をチェックさせていただいていたのですが、またひとつ貴重なスペースを無くしてしまいました。

コンランショップなどをゆっくり見てまわっても、まだ待ち合わせの時間には30分ほどありましたので、住友ビルの48階にある平和祈念展示資料館に行ってみました。戦争前夜から戦争・終戦の時代を偲ぶことができる資料を展示してありましたが、なかなか見ごたえがありました。それなりに有意義な時間を過すことができて良かったのですが、なぜ高層ビルの48階なんかにあるのか不思議でした。このような展示は戦争で焼け残った古い住宅でやるのが良さそうですが。


lunch09102009

 友人と西新宿で待ち合わせをしてランチに行きました。

ネットで見かけた西口の思い出横丁の怪しい店でと考えていたのですが、休みでしたので新宿3丁目の老舗の洋食屋に行ってみることにしました。880円の本日のランチでしたが、クリームコロッケなどは懐かしい味で美味しゅうございました。

友人は私のブログをたまにチェックしていただいていましたので話が楽でしたが、ブログには書いていなかった内緒の話などで盛り上がりました。友人のところでも私の旅行中にいろいろとあったそうですが、いつもお世話になっていますので「何か手伝えることがあったら何でも…」と伝えておきました。私は年内は日本にいるつもりですから、わりと時間の余裕はありますのでね。



communitycycle2

 午後から丸の内エリアに行ってみました。

つい最近も日比谷公園までは行ってたのですが、その時は時間が無くて丸の内まではチェックできなかったのです。その日比谷公園のイベントで見かけたJTBのコミュニティ・サイクルの社会実験が丸の内で始まっていましたが、10日ほどしか経っていないためか実際に乗ってる人は見かけませんでした。

この自転車を利用したい場合はJTBの支店などに出向いて手続きをする必要があるということですが、それでは親切ではないと思います。丸の内にいくつかあるレンタルスペースに呼び出しボタンを付けておいて、利用したい人がそれを押して待ってると手続きをするスタッフが駆けつけるというのが理想でしょう。



bricksquare

 丸の内の新しい商業施設もチェックしてみました。

三菱地所の創業の地ともいうべき場所にレンガ造りの洋館を再現し、その隣接地に高層のオフィスタワーを建設していたのですが、その商業施設部分であるブリックスクエアをチェックしてみたのです。中通りにはブルックス・ブラザーズなどの大型店が、植物が豊富な中庭部分にはロブションの新業態店や行列ができるクロワッサンの店など並んでいて活気がありました。

レンガで再現された1号館は美術館と生まれ変わるようですし、その丸の内の歴史を最新の設備で見せるエリアなど素晴らしいなと思ったのですが、地下に関しては「?」と感じてしまいました。丸の内は一等地ですし、中庭から地下に光を引き入れることもできたはずですから、敷地いっぱいの地下の2フロアくらいに100店舗以上のテナントを入れた大規模なショッピングゾーンを作っても良かったのではと思うのですが、かなりしょぼい感じなのです。まあ不景気な時代ですから無理をしなくて良かったという感じではあるのでしょうが、三菱の底力を見せてもらいたかったと私としては残念な思いでした。



ginzanoparty

 その後に新PCのチェックのためソニービルに行きました。

発表された「VAIO X」の実物を触ってみたかったのですが、現在のMSIとほぼ同じ大きさなのに半分ほどに感じる軽さで欲しくなってしまいました。次の旅行は来年ですから値段がどこまで下がるかがポイントなのですが、2月にはアップルのタブレットPCが出るという噂もありますから慎重に考えねばなりません。タッチパネル式のデスクトップ型の「VAIO L」もHDDが1TBになりましたので欲しくなりましたが、海外には持っていけないので買えません。

ソニービルを出ようとしたら古い友人とバッタリ会いました。隣のガラスブロックの高級店のパーティに行くということでしたので、私もご一緒することにしました。会場のアート作品を観ながらシャンパンを何杯もお代わりして酔っ払ってしまいました。日本では禁酒するはずだったのですが、無料のシャンパンとなると断れなかったのです。明日からは止めようと心の中で誓いました。(笑)



kikumasamunelastday

 友人と別れて自転車で帰路につきました。

真っ直ぐに帰るつもりでしたが、日比谷シャンテ前のコンテナ広場の夜の様子をチェックしに行ってみることにしました。特に昼間と雰囲気が変わらないなと思いつつ日比谷公園方面に行ってみたら、「本日最終日」という貼り紙が目に付きましたので建物の中に入ってみたら、そこは菊正宗の企業パビリオンで黒いTシャツのお兄さんが「振る舞い酒をどうぞ!」と冷や酒を差し出してくれました。かなりシャンパンで酔っ払っていましたので自制心が働かずに受け取って飲んでしまいました。それで帰れば良かったのですが、くじ引きをやったら一人用のレトルト食品が当たって気分が良くなってしまったのです。近くのカウンターを見たら3杯の違う品種の利き酒ができるセットが300円ポッキリということでしたので注文しちゃったのです。

日本酒を冷やで合計4杯ですから気分は雲の上で、自転車に乗ったら風が心地良くて最高の気分でした。多少はよろけてしまいましたが、何度も走ってる道ですから怖いものは何も無かったのです。快適に皇居の周りを走っていたら、前方から皇居ランナーが数名走ってきましたので私が左側に寄ったのです。皇居の周辺ですから道のコンディションは悪くなかったのですが、街路樹のための土の部分にフタをするように置かれていたコンクリート製の敷石がズレていたのに乗ってしまい、久しぶりに派手に大転倒してしまいました。かなり酔っていましたので痛くはなかったのですが、自分の絵に描いたような失態が可笑しくてしばらくお堀の横で座り込んでしまいました。もう残りの人生でそんな酒での失敗は無いだろうと考えていたのですが、やらかしてしまったのです。まったくアホですねぇ…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/10/09(金) 23:59)

 台風一過の国会前で見た自動車に乗っていたのは…
nakagawa08102009

 台風は東京にはさほど影響がありませんでした。

それで江東区の免許センターに免許証の再交付に出かけることにしたのですが、その途中で通りがかった国会前で多くの職員の皆さんが集まっていたのを見かけたのです。テレビ局の人たちが撮影の準備を始めていましたので「どこかの国のVIPでも来日したんですか?」と聞いてみたら、「亡くなられた中川さんが乗った自動車がやってくるんです」という答えでした。

酔っ払いのイメージが強い元国会議員の中川氏ですが、何度か大臣を務めた政治家ですから儀式も立派なようでしたが、政治家が亡くなる度にこんなことをするのって税金の無駄遣いのような気がしました。もう借金だらけの日本にはこんな儀式を続けるような余裕は無いと思うのですが、議員定数の削減もできないだらしない政権ですから今後も無駄遣いを続けるのでしょうね。



idphoto

 免許の再交付にはなぜか写真が必要でした。

まだ期限がある間に再交付するわけで、本人確認はパスポートなどでできるわけですから写真なんて不要だと思うのですが、未だに役所の悪習が残っていたのです。それで千代田区と江東区のいくつかの「証明写真」と店頭にあった店に値段を聞いてみたら判で押したように1050円という答えでした。おそらく団体の決まりごとなのでしょうが、これって国民無視の「談合」のようなものじゃないでしょうか。

たかが写真ごときに1000円も払えないので無人の機械を探すことにしたのですが、大きな駅にしかないだろうと考えて錦糸町まで遠回りしてみました。楽天地のビルの横に機械はあったのですが、値段は700円とこれまた法外なものでした。しかし選択肢が無いので妥協したのですが、まったくこの国はデフレ傾向というのにこの業界はぬくぬくと暴利を貪ってるようですから腹が立ちます。しかしまだ700円はかわいいものでした。免許の再交付の費用は3650円とアホみたいに高かったのです。免許証の原価なんて数十円だと思うのですが、いったいその莫大な利益はどこへ消えてゆくのでしょうね。こんな不可解な金を取られる度に日本人をやめたくなりますよ。



lunch08102009

 15時過ぎに免許の再交付が無事に終わりました。

それで遅いランチを食べることにしたのですが、マクドナルドが期間限定でコーヒー無料のキャンペーンをやっていましたので、320円のチキンタツタという復活メニューを試してみることにしました。プレミアムコーヒーもチキンタツタもそれなりに美味しかったのですが、こんなものが320円もするなんて日本マクドナルドは暴利を貪ってるという気がしました。値段からもう少しボリュームがあるものだと思っていたのですが、アテが外れてしまいました。

おまけにこの江東区の支店では無料のWIFIが無かったのです。日本全国のマクドナルドでWIFIが使えるようにすることなんて簡単でしょうが、原田社長はどういった考えなのか疑問です。チキンタツタはあまりの売れ行きの良さに当初より5日間早い10月10日で販売を終了するということですが、売り切れるほど儲かっているわけですから頑張っていただきたいものです。



tokyoskytree

 日が暮れる前に新電波塔の工事現場に到着しました。

「東京スカイツリー」という変な名前に決まっちゃったのですが、早いものでもう100mを超えていました。旅行前に来た時には私以外に見学者はいなかったのですが、今回はここまで高くなってきていましたので、携帯で撮影している人たちがたくさんいらっしゃいました。

これから完成するまで何度かチェックするために足を運ぶことになるでしょうが、どうも私はこの建物は好きになれそうにありません。大林組が総力を挙げて建設しているもので、構造的にも工夫があるのですが決定的な「何か」が足りないと思うのです。それは上手く表現できないのですが、「東京スカイツリー」という変な名前と共にデザイン面も私の好みでは無いのです。スーパーの安売りチラシのモデル風というか、美人には違いがないのだけれど何かが不足しているという感じなのです。



akibamoemiyage

 日が暮れてから秋葉原へ行ってみました。

いつものように路地裏の店を冷やかしてJR駅方面に走ってみたら、ソフマップ本店の前で工事していた住友不動産のビルが完成していました。また同じ中央通り沿いにはなぜか紳士服のAOKIの大きな店がオープン間近でした。ネルシャツにジーンズが定番のアキバおたくの皆さんにスーツは似合わないと思うのですが、その企業戦略は上手くいくのでしょうか?また「俺たちの太郎!」という麻生グッズを売る店の看板が残っていたのは、オリンピック招致の看板みたいで笑ってしまいました。恥の上塗りですからね。目障りですから早く撤去していただきたいものです。

その横のドンキホーテに行ってみたのですが、相変わらず「萌え」系のものが充実していて外国人旅行者も楽しそうに買い物をされていました。何の役にも立たないような情報誌が置いてありましたが、20年ほど寝かしておけば「こんな時代もあったよね?」と笑えるアイテムとなりそうです。店の1階のクレープ屋の隣には「萌土産」を売るコーナーもできていましたが、ここの製品も20年後には笑えるでしょう。



dinner08102009

 夕食は話題の「スタ丼」というのを試してみました。

秋葉原の中央通り沿いにの田中無線電気ビルの地下に9月25日にオープンしたという「昭和食堂」という店でしたが、開店記念サービス第2弾として10月1日?10月10日までは600円の「名物スタミナ丼を500円にて提供中」ということでしたから、50円のキャベツサラダと共に注文してみたのです。

まずは壁に貼ってあった「スタミナ丼の美味しい食べ方」に従ってレモン果汁と唐辛子をかけていただいてみたのですが、なるほどサッパリした味でなかなかのものでした。半分ほど食べたところで生卵と特製のタレを加えてから食べてみたのですが、この食べ方はあまり感心しませんでした。最後まで白髪ネギか針ミョウガでも乗っけてサッパリといただくのがよろしいんじゃないかなという気がしましたが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/08(木) 23:59)

 強力な勢力の台風18号上陸前の東京で見たものは…
nikonUP300

 台風が近づいていますので、朝から雨でした。

帰国してから雨続きでうんざりしていたのですが、台風までやってくるとは予想外でした。10月に帰国すれば爽やかな秋の青空の下で東京を散歩できると考えていたのですが、まったくの誤算でした。これも異常気象のひとつなのでしょうが、雨が降ってしまうと本日オープンしたそれほど遠くない根津美術館でさえ遠く感じますので、そのチェックは先送りすることにしました。

雨の日は遠くに行く気にはなれないので近所のTEPIAに行ってみたのですが、旅行前とは少しだけ展示内容が変わっていました。「くらしとコミュニケーション」とか「健康と医療」、「環境とエネルギー・資源」など様々な分野の最先端技術が展示してあったのですが、このニコンの装着型のメディアプレーヤーはなかなか楽しめました。4GBタイプが59800円、8GBタイプが69800円と高価なため手は出ないのですが、2万円を切るくらいになったら1台欲しいなと思ってしまいました。



tepia2f

 TEPIA2階のビデオライブラリーにも行ってみました。

ハイテク映像作品を視聴することができる無料の施設で、昔はロボットアームがVHSのテープを出し入れいていましたので時間がかかっていたのですが、現在ではHDDに録画されていますのでレスポンスが早くなりましたし、右側のタッチパネル式のモニターを使って好きな場所に飛ぶことができるようになっていました。

このライブラリーの収蔵作品は日本のものづくりの原点のようなもので、表舞台には出ないけれども日本社会を底辺から支えている皆さんの苦労や喜びが結集しています。近い将来には自宅のPCからアクセスして観賞できるようになるかもですが、増え続ける映像資料の管理や整理を今まで以上に頑張っていただきたいものです。



hondajet

 それからホンダのショールームに行ってみました。

モーターショーの前ですので新しい自動車やバイクの展示は無かったのですが、この小型ビジネスジェット機の展示はなかなか面白くなりそうでした。主翼の上にエンジンを置くという独創的なレイアウトや自然層流設計などにより空気抵抗を3割も低減したという画期的な製品らしいのです。アメリカのノースカロライナ州のグリーンズボロに新工場が建設され、2006年10月より受注を開始していて、デリバリーは2010年からということでした。

私は将来の航空産業はエアバスのA380のような大型機とこのホンダの小型ビジネスジェット機のようなものが活躍するようになると予想しているのですが、早く両方の飛行機に乗ってみたいものです。A380の方はシンガポール航空が5機ほど所有してるようですから、近いうちにチャンスはありそうなのですが。



vancouver2010

 246沿いのカナダ大使館でこんな表示がありました。

早いものでバンクーバーオリンピックまで128日だったのですね。噂ではバンクーバーの街はあちこちで工事をやってるということでしたが、最近は行ったことが無いので近いうちにシアトルと共に行ってみたいものです。私はオリンピックはまったく興味が無いのですが、国際イベントをきっかけに街がどのように変化するか確認したいのです。

アメリカは入国のセキュリティ審査の費用がバカみたいに高いのでカナダのバンクーバーに飛びたいのですが、オリンピックを控えているためなのか最近はエア・カナダの料金が値上がりしてる感じですので次は何時になるか未定です。できればカナダまで行ったらついでにキューバや南米に飛びたいのですが、昔のような安いチケットがなかなか見つからないのです。



dinner07102009

 千代田区の友人宅で美味しい夕食をいただきました。

旅行前にも何度かご馳走になったのですが、帰国後にもまたお世話になってしまいました。酒税が高い日本ではアルコール類は止めるつもりだったのですが、薦められてついついイタリア産のワインを少しいただいてしまいました。まあワインなら税率が安いので、大嫌いな小沢が操る鳩山政権にそれほどプラスにならないだろうと妥協することにしたのです。

鳩山政権は早くも迷走しはじめていますので、これから支持率が激減して政界再編となるのでしょうが、その時には禁酒を中断して祝杯を飲みたいと考えています。ただ今回の選挙で鳩山政権を支持した人たちが次も私が考える最良の選択をするとは思えませんので、禁酒というささやかな抵抗は続けるべきかもしれませんが。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/07(水) 23:59)

 旅行中にオープンしていたものをハシゴしてみて…
jflibrary

 本日も東京の空模様は芳しくないものでした。

しかしなんとか傘をささなくても大丈夫なレベルでしたので、私の旅行中に近所にオープンしていたものをいくつかハシゴしてみてみることにしました。まずは四谷の韓国文化院の隣に7月22日に国際交流基金本部の1、2階にオープンしたというJFICライブラリーでしたが、国際文化交流と日本文化に関する情報を提供する施設としては質と量において国内最大のものかもしれません。

この丸いテーブル席は新宿通りに面しているのですが、1階ですから休憩がてらに立ち寄るのは便利でしょう。開館時間は月曜日から金曜日の10時から19時ということですが、一般的にも利用しやすい時間帯で悪くないと思います。



ronherman

 これは千駄ヶ谷のサザビー本社にオープンした店です。

この場所は最初はKIHACHIのレストランで、その後はショールームなどに使われていたのですが、お金をかけてリノベーションされ、LAのセレクトショップの「Ron Herman」の海外初となる旗艦店が8月29日にオープンしたということでした。LAのメルローズ本店と似た雰囲気の店で、オープニングパーティーではハンバーガーが出たらしいのですが試してみたかったですよ。

日本ではこれから鳩山政権のメッキが剥げて、不況も深刻化してゆくでしょうから、こんなセレブ向けの店は景気の波に押されてジリ貧になることでしょう。いつまでこの場所で存続できるかは不透明ですから、興味がある方は早めの方が良さそうです。



openingceremony

 こちらも8月30日に渋谷にオープンした中型店です。

公園通りの「シブヤ西武モヴィーダ館」は立地は悪くないのに面積が小さいので迷走を続けていたのですが、今回はオンワード樫山が頑張ってアメリカの「OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)」と提携しての事業展開となったみたいなのです。7フロアがそれぞれ異なったインテリアデザインで工夫してありましたが、渋谷の客層とは合っていないようで店内はガラガラでした。こちらは景気が低迷しなくても存続できる可能性は低いでしょうから、興味がある方は早くチェックしておくべきでしょう。



handmshibuya

 これはもう説明不要であろうH&Mの渋谷店です。

9月19日に文化村通りの旧ブックファースト跡地にオープンした国内最大規模のもので、銀座店、原宿店、横浜ランドマークプラザ店、ららぽーと新三郷店に続いて国内5店舗目となるようです。1F?3Fがレディース、4Fがメンズの4フロア構成でしたが、こちらは渋谷の客層に合ってるようでセール会場のような混雑ぶりでした。

飛行機の機内誌みたいな雰囲気のフリーペーパーが置いてありましたが、印刷の経費もけっこうかかるでしょうにたいしたものです。こちらは新宿や大阪などに次々と店が増えていっても閉店することは無いでしょう。服の値段が手頃ですから、よほどの円安にでもならないかぎりは日本国内でも生き残れそうですからね。



freecoffee

 小雨の中でアイスコーヒーの試供品を貰いました。

渋谷駅前の明治通りのマクドナルド前でプレミアムコーヒーの着ぐるみを着てる人がいたのですが、例のホットコーヒーの1時間限定の無料キャンペーンかなと思ったら、アイスコーヒーの試供品の配布でした。今日は気温が低めでしたのでホットコーヒーがありがたかったのですが、無料ですから贅沢は言えません。

なぜかアイスコーヒーはちびまるこちゃんたちがしりとりをするカップでしたが、マクドナルドのことですからマーケティングの結果なのでしょう。近いうちに復活したというチキンタツタをチェックしてみようと考えているのですが、まだ帰国したばかりですので「外食するなら和食が…」という感じですので先送りしているところなのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/06(火) 23:27)

 小雨の中を自転車で阿佐ヶ谷の公園予定地に…
totoronoie

 東京は今日も冴えない天気でした。

午後からのシンポジウムの前に先日の東京新聞で知った阿佐ヶ谷の公園予定地まで自転車で行ってみることにしたのですが、事前にグーグルマップのストリート・ビューでチェックしていましたので簡単にアクセスできました。この現場は「トトロの家」として親しまれ、今年2月に不審火で全焼した洋館の跡地ですが、宮崎駿監督のデザイン画をもとに公園として整備されることになったそうなのです。

現在は静かな住宅街の中にひっそりと佇んでいるのですが、完成後は宮崎アニメのファンや近所の住民たちが押しかける人気のスポットになりそうです。宮崎監督は広島地裁での鞆の浦の景観に関する裁判にも大きな影響力を発揮したようでしたが、たいしたものですよね。公園がどのような感じに仕上がるのか楽しみですよ。
 


kohukunokagaku

 この建物は別にテーマパークではありません。

前回の総選挙で惨敗した某宗教団体の支部の建物でしたが、相変わらず全国で浮世離れした建物を作り続けているようです。「やっぱり資金力はあるんだな?」と感心させられたのですが、よく見たらパニック映画のポスターのようなのが貼ってありました。もちろん私が観る機会は無いと思うのですが、どんな映画なのかダイジェスト版を見てみたい気もします。どこかの動画サイトにアップされているかもですから探してみようかな…(笑)



lunch05102009

 シンポジウム前にランチを済ませておきました。

まだ帰国したばかりですから食べたいもののリストはたくさんあったのですが、古そうな高円寺のハンバーグ屋の580円のAランチを選んでみました。旅先でも自炊する時に和食風のものは作っていたのですが、こういったタイプのものは最近は食べていませんでしたので新鮮だったのです。

特に美味しいわけじゃありませんでしたが、この値段でサラダや味噌汁も付いていましたので大満足でした。食後にコーヒーでも付いていたら最高でしたが、いくら日本がデフレ傾向だとしても無理なのでしょうね。赤いウィンナーも久しぶりに口にしましたが、かなり久しぶりでしたので嬉しかったですよ。



gnh

 シンポジウムのお題は「GNH」についてでした。

「GNH=gross national happiness(国民総幸福量)」とは20年ほど前にブータン国の第3代国王が提唱された概念で、「GNP=gross national product」(国民総生産)」あるいは「GDP=gross domestic product(国民総生産)」にとって代わるべき社会・国家の指標と目されているものということですが、幸福量の数値化なんてできないわけですから、このシンポジウムは漠然とした雰囲気のまま進行してゆきました。

今日のタイトルは「日本におけるGNHのかたち」というものでしたが、最後までその「かたち」は明確になることはありませんでした。後半のパネルディスカッションで質疑応答の時間がありましたので、そのことを質問しようかなと思いましたが、明確な答えは期待できませんでしたので止めておくことにしました。会場の雰囲気を壊してしまいそうでしたしね。



donkibon

 その帰りにドンキホーテに立ち寄りました。

帰国したばかりですから買いたいものはたくさんあったのですが、まだ日本の物価に慣れていないので自然にブレーキがかかりました。友人からの頼まれものと安売りされていた歌舞伎揚げやだんごなどをいくつか買い物してレジに並んだら、こんな不思議な小冊子が置いてありましたので頂いておきました。

右のはドンキホーテが始めたスモールビジネスを支援するシステムをマンガで紹介したものでしたが、さすがに日本だなと感心しちゃいました。まあ結果が良ければ良いのかもしれませんが、こんなマンガを読んで起業した人の店では買い物したくないなと思うのは私だけでしょうか…?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/05(月) 23:59)

 晴天の東京で本格的な讃岐うどんのランチを…
shintolunch

 帰国後の初めての日曜は良い天気に恵まれました。

サンジャポの時間に飛び込んできた中川昭一の訃報には驚かされましたが、死因が不透明ですので大臣経験者として「配慮」されているんじゃないかなという気がしました。例えば亡くなった原因がハード系のドラッグだとすると世間への影響が強過ぎるということで隠されるのではないでしょうか。生放送で死因についての報道はありそうな雰囲気はありませんでしたので、自転車で神楽坂へと移動しました。

昼のニュースでも10時過ぎの第一報と同じ内容が繰り返されるだけでしたので、あきらめてランチに出かけることにしました。日曜でしたので閉まってる店が多かったのですが、3?4kmほど走り回ってようやく江戸川橋で日曜でも手軽なランチメニューを出している店がありました。手打ちうどんと秋刀魚やイカを乗せたご飯のセットが850円だったのですが、帰国したばかりでしたので心に沁みる美味しさでした。実は先週メキシコシティでも手打ちうどんをいただいたのですが、それも美味しかったのですが、やはり1日に何度も打ってるプロの店のうどんとはレベルが違い過ぎました。値段も日本の物価に慣れていない私にも手頃でしたしね。



nashiandmikan

 ランチから戻って梨とみかんをデザートにいただきました。

私は梨はフルーツの大様だと信じているのですが、旅行中にたくさん食べた洋梨とは別物ですから美味しくいただくことができました。みかんはまだちょっと時期が早いのですが、これも日本ですから文句ないレベルです。しかしどちらも自分では決して買うことはできない高価なものなのでしょうが。

この梨の巨大さを表現するために新聞の上で撮影したのですが、今朝の東京新聞のフロントページは大新聞のとは違って「トトロの家」跡地の公園化の話題でした。今年の2月に焼失した洋館の跡地が宮崎監督のデザイン画をもとに公園化されることになったそうですが、国の行方には暗雲がたちこめているようですが杉並は平和なものですね。



tokyo2016

 これは移動中に国立競技場で撮影したものです。

オリンピック招致に負けたのですから、さっさと撤去すれば良いと思うのですが、公務員たちは土日は休みですから週明けからの作業になるのでしょう。まあ「東京でオリンピックを!」と言い出したアホな石原都知事に責任があると思うのですが、彼が暴走しだした後にも投票した都民がいたからですから、私が敵とすべきはそんな都民なのかもしれません。

「オリンピック招致に負けて残念!」と考えるような人は私とは波長が合わないでしょうから、このブログにはやってこないでしょうが、もし何かの検索キーワードでやってきても次へと飛んで行ってしまうことでしょう。願わくば少子高齢化でたいへんなことになる日本の将来を考えて、2020年のオリンピックに再トライなどということを他の石原的なヤツが言い出さなければ良いのですが、スポーツバカは多いですからきっと誰かが言い出すのでしょうね。困ったものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/10/04(日) 23:59)

 雨上がりの東京の中心部でちょっとした異文化体験を…
nogizakaparkhouse

 帰国後2日目の東京の朝は小雨模様の天気でした。

朝食や洗濯を済ませて、久しぶりに土曜朝の情報番組でテレビ局がオリンピック招致失敗をどのように報道するのか興味深く見ていました。シカゴが1回目の投票で敗退したことについての原因に言及したものは私は見なかったのですが、数週間前にネットで見た「シカゴは米政府が国家補償をしなければリオやマドリッドが有利…」との観測が正しかったようです。IOCの連中は2016年には少子高齢化が進んでどうなっているかわからない東京よりも経済発展中のリオデジャネイロを選んだわけですが、4都市の中では消去法ではリオデジャネイロが最良と考えていた私にとっては嬉しい結果でした。

お昼に友人宅で豚骨ラーメンなどを食べて、晴れ間が見えてきましたので日比谷公園のイベントに自転車で出かけることにしました。不景気と週末で交通量が少ない246を走り、外苑東通りを六本木方面に走っていたら、知らない構想ビルが目の前に現れました。看板を見たら「乃木坂パークハウス」という高価そうなタワーマンションでしたが、「不動産不況と言いながら、まだまだ建てているんだな…」と感心してしまいました。まあこのあたりは交通も便利ですし、周辺の環境も良いですから値段が高くても完売するのかもしれませんが、周りの低層住宅の住民からしてみるとかなり迷惑な存在でしょうね。



pinkribbonfestibal

 ミッドタウンあたりでピンクの集団がやたらと増えました。

道路整理のおじさんたちの揃いの上着には「PINK RIBBON FESTIVAL」とありましたので、乳がん関連のイベントだったのでしょう。検索してみたら「ピンクリボンスマイルウオーク」というもので、東京を皮切りに神戸、仙台の3会場で開催されるということでした。ピンクリボン運動は若くして天国に召された札幌の女性患者のことが映画化もされたこともあって認知度が増えていると思います。私はまったく詳しくはないのですが、マンモグラフィー装置などで早期に検診することでリスクを減らすことは可能とか。

ピンクの集団を見ていて、「オリンピック招致や新銀行東京への追加融資みたいな無駄遣いをせずに、予算を医療や福祉にまわしていれば…」なんてことをついつい考えてしまいましたが、ピンクのヘルメットの思想を受け継いだおばさんたちが大嫌いであろう石原都知事には通じない論理でしょう。今回の招致失敗で彼はレイムダック状態になるのでしょうが、あの厚顔ぶりから自分の責任などは一切無いと強気の姿勢で押し通すことでしょう。まったくもって迷惑な話ですよ。



globalfesta

 30分ほどで日比谷公園のイベント会場に到着しました。

今日と明日は10月6日の国際協力の日を前にして、「グローバルフェスタJAPAN2009」というイベントが開催されていたのですが、各国の政府関係や企業、NGOなどの団体がブースを構えていました。3流大学の文化祭程度のレベルが低いものから、「ほう、そんなこともやってるの…」と感心させられるものまでいろいろとあったのですが、まだ日本の物価には馴染めていないのでエスニックな飲食の屋台の前は素通りしてしまいました。

しばらくブラブラしていたらメインステージが騒がしくなってきたので行ってみたら、本日のハイライトと思えるCXの中野美奈子アナが壇上に上がるところでした。彼女は小倉さんから逃げるかのようにアフリカ取材に出かけたことがありましたが、そこで「絶対安全」なポジションから見たアフリカの様子などを語ってくれました。彼女の両隣には大使経験者たちが座っていましたが、聞いているうちに何だか腹が立ってきたので途中退席することにしました。私がなぜムカついたのか知りたい方はオリヴァー・ストーン監督の「サルバドル」という映画のDVDを探してみてくださ?い。(笑)

  

communitycycle

 会場には無関係とも思えるこんなブースもありました。

パリのベリブのようなICカードで貸し出しができる新しいレンタル自転車の展示だったのですが、国内では札幌に続いて丸の内エリアでも始まるそうなのです。このブースはデンマーク政府のコーナーだったのですが、世界に先駆けて市民や観光客が自由に使うことができるレンタル自転車システムを考案したデンマークがこれまでの経験を生かした新システムを再構築中ということでした。

この丸の内で10月1日からスタートした2ヶ月間の予定の社会実験はパリと同じように最初の30分は無料ということですから、ちょっと面白い利用法もありそうです。30分もあれば銀座や日本橋あたりの路地をあちこち走り回ることだってできますしね。ただ後発なのにデザインやシステムの面で何も優位性が無さそうなところが残念でした。ここでもYikeBikeのようなまったく新しいコンセプトの乗り物の導入を検討することを期待したいものです。



freecafe

 日比谷からの帰り道で播磨屋本店を見かけました。その存在は何かで見たことはあってぼんやりと知ってはいたのですが、実際に現物を見るのは初めてでした。「FREE CAFE」とありましたので、コーヒーだけが無料なのかなと店内に入ってみたら、なんとおかき類もすべて無料でした。まずはカウンターでトレイを取って紙コップに自分でコーヒーを注ぎ、小さな使い捨ての皿にガラスケースの中から適量のおかきを盛って席でいただくというシステムでした。

飲み物もおかきも無料だなんて海外に長期滞在してる日本人からしてみたら信じられないかもしれませんが、これが日本の民間会社の底力なのでしょう。無料で味見させて購買に結びつけるという京都の漬物屋みたいな戦略の会社のようですが、10月10日には銀座店がオープンするということです。各局のテレビリポーターたちが銀座店から生中継することになるんでしょうね。



tbskanshasai

 霞ヶ関から四谷方面を抜けて帰ることにしました。

TBS近くの「やまや」で安い食品を物色していたらトイレに行きたくなりましたので、TBSに行ってみたらやたらと警備員の皆さんがたくさん立っていました。赤坂ブリッツで有名人のコンサートでもやるのかなと思っていたら、広場にポニー競技の特設会場が作られていましたので「オールスター感謝祭」をやるんだということに気がつきました。

数時間後にはお笑いタレントたちが派手に落馬したりすることになるコースは、そんなことは感じさせないほど静かでした。ちょうど調布の朝採り野菜の店が閉まるところでしたので、100円のピーマンと50円の小松菜を買って友人宅に戻ることにしました。その途中でFIATのショールームに立ち寄って500の屋根が広く開く新車を見たのですが、日本では300万ほどするということで驚いてしまいました。さすがに東京はいろんなものがありますね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/10/03(土) 22:02)

 日付変更線を超えて10月2日に成田へ到着してみたら…
unitedlunch02102009

 日付変更線を超えましたので時計を1日進めました。

体内時計では夕食という感じでしたが、これは成田に2時前後に到着する前に出た食事ですからランチと考えるべきでしょう。トマトソースのパスタで味は悪くはなかったのですが、量がまるっきり足りませんでした。ワインは無料でしたのでマシでしたが、せめてチーズやパンやサラダくらいは付けてくれても良かったんじゃないでしょうか。

航空業界の一般常識として食後にコーヒーを注いでまわると思うのですが、何時まで待っても来なかったのでボタンを押して注文しました。それを見て他の乗客も次々に注文しはじめましたが、それってすごく効率が悪いことだと思います。ユナイテッドはもっとサービスを良くするように体質の改善をするか、あるいはすべてのサービスを有料化するかのどちらかを選択すべき時期を迎えていると思います。



stateofplay

 4本目の映画はなかなか見ごたえがありました。

日本では「消されたヘッドライン」というタイトルで5月に公開された映画のようですが、原題は「STATE OF PLAY」ということで、「形勢,」や「現状」を意味するようです。ベテランの新聞記者のラッセル・クロウとWEB版の若い女性記者のレイチェル・マクアダムスという対照的な2人が協力して特ダネを追ううちに、政治と社会の暗部に迫ることになるというありふれた内容なのですが、脚本とテンポが良いためか飽きずに最後まで観ることができました。

この映画に使われている英語は難しい言葉が多かったでしょうから、日本語吹き替え版があったのでラッキーでした。もし南米の映画館で観ていたら意味がわからなくて楽しめなかったでしょうからね。映画には架空のポイント・コープ社という民間軍事企業が出てくるのですが、民主党のオバマがアメリカの大統領になったから描けた背景なのでしょう。もし共和党政権が続いていたら、この映画はお蔵入りだったかもしれません。久しぶりに骨太のジャーナリストのあるべき姿を描いた映画でしたが、親友の議員役のベン・アフレックや編集長役のヘレン・ミレンなどもとても良かったのでオススメの1本です。



ecutenippori

 UA837便は定刻に成田空港に到着しました。

新しい靴の効果があったためか、入国審査では何ひとつ尋ねられませんでしたし、税関でも「申告するものはありますか?」と聞かれただけでバッグを開けなくて済みました。7月に出発した時の経験からカートを押してターミナルの外に出て、リムジンバスのWIFIを拾うことができたのですが、ノートPCのバッテリーが切れてしまったのでメールチェックやブログの更新はあきらめて京急に乗りました。当然ながらスカイライナーではなくて1000円の遅い電車でしたが、時差ボケで熟睡できましたのでアッという間に日暮里に到着しました。

そこでJRに乗り換えたのですが、以前には気がつかなかった所に小さなEcute日暮里がオープンしていました。検索してみたら2008年3月30日に開業したそうですが、あまりにも小規模でしたので私のアンテナには引っかかっていなかったのです。店内には美味しそうなものがたくさん並んでいたのですが、どうせメキシコの物価になれた身では手が出ないものばかりでしょうから店内のチェックはしませんでした。荷物もずっしりと重かったですしね。



olympicaoyastateofplayma

 17時過ぎにようやく重い荷物を降ろすことができました。

神宮前の友人宅に到着して、頼まれていた雑貨を手渡しました。夕食前に久しぶりにバスタブにお湯をたっぷり入れて浸りたいところでしたが、18時から青山でフェアトレードのシンポジウムがあるという情報がありましたので自転車を借りて出かけることにしました。7月の旅行に出発する前にも借りていた自転車でしたが、暑い夏の間は誰も乗らなかったみたいでタイヤの空気は抜けていました。

それでどこかで空気入れを借りて入れようと思ったのですが、青山あたりのシャレた店には自由に使えるものが置いて無かったのです。「たしか青山通りの老舗の自転車にあったかも…」と考えて押して歩いていたら、以前は東急ストアだった所がオリムピックに変わっていて、そこの店頭に「ご自由にお使いください」と空気入れが置いてありました。近くにブリジストンが大きな自転車のショールームをオープンさせていましたが、本来なら大手のメーカーこそこんなサービスを率先してやるべきだと私は思います。



fairtradecityevent

 表参道付近で急に小雨が降りだしました。

シンポジウムの開催時間が迫っていましたので雨宿りせずに会場のウィメンズプラザまで走り続けました。本日のテーマは「フェアトレードシティの作り方」というものでしたが、イギリスなどで増えているというフェアトレードシティが日本にひとつも無いというのに驚かされました。フェアトレードシティなんて基準が曖昧ですから、「非核平和都市」みたいにどんどん宣言しちゃっても構わないと思うのですけどね。

フェアトレードシティを宣言しちゃうと、その自治体の規模に応じてフェアトレード商品の購入を義務付けられたりするみたいですが、それはたいした金額じゃないと思います。日本でいちばん最初にフェアトレードシティになれば自分の自治体をフェアトレードシティにしたいと考える自治体の職員が視察にやってきたりするでしょうから長期的な視点では悪くないと思うのですが。



chirashisushi

 夕食は友人宅でちらし寿司などをいただきました。

久しぶりの本格的な和食でしたが、旅の最後のメキシコシティではけっこう自炊をしていましたので飢餓感が強かったわけじゃありませんでした。左の皿は韓国風の春雨炒めでしたが、こちらも久しぶりでしたのでたいへん美味しゅうございました。

これからしばらく和食を食べ続けることになるますが、マクドナルドでは日本にしかないチキン立田が復活していましたので近いうちに試してみる予定です。時間限定でプレミアムコーヒーも無料になるそうですから、その時間帯を狙って試してみようと考えています。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/10/02(金) 23:04)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア