新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 デフレ傾向の日本で試した持ち帰り寿司のクオリティは…
satsukisushi

 これは最近オープンした店の持ち帰り寿司です。

本店は高級店らしいのですが、初秋に上通りの裏道に1貫100円で食べることができる割安感がある支店がオープンしていたのです。その寿司屋のベーシックなものが900円のこのタイプでしたが、バランスが良くてなかなか美味しゅうございました。それなりのクオリティの寿司を1000円以下で楽しむことができるというのもデフレ傾向のおかげかもしれませんが、さすがに最近は和食にも飽きてきました。

そろそろ何か珍しい食事を試したくなってきたのですが、福岡空港から65000円で飛ぼうと思っていたキャセイのオーストラリア便の予約が取れそうにないので困っています。関空からジェットブルーに乗れば似たような値段でゴールドコーストに降り立つこともできるのですが、サービスが無いですし香港にもストップオーバーできないのです。円高基調で不況も続きそうですから、何か安くて面白い航空券が出るかもしれませんから、もう少し探してみることにしますが。



theemporium

 不況なのに新規にオープンする店もあるみたいです。

これまで何回も業態転換してもダメだった「ファイン」というテナントビルの1階なのですが、今度はワールドの「ジ・エンポリアム」と「ピンクラテ」ですから少しは長続きするかもしれません。両店とも12月3日にオープンするということですが、平日の木曜日というのは何か特別な理由でもあるのでしょうか。

不況とはいえ下通りアーケードはそれなりの通行量がありますし、ワールドは会社が大きいのでマーケティングもしっかりしているみたいですから不況が深刻にならない限りはそれなりにやっていけると思います。しかし2011年の九州新幹線開通後にはじわじわと悪影響が出てきて、熊本のお客さんの可処分所得と下通りの通行量も減ってキビシクなるんじゃないかなと私は予想しています。



310toyuma

 昨晩は久しぶりに西部劇のDVDを観ました。

逮捕された強盗団のボス役のラッセル・クロウをユマの刑務所行きの列車まで護送するクリスチャン・ベールとの不思議な関係を描いた「3時10分、決断のとき」という2007年の西部劇でしたが、アメリカではわりとヒットしたそうです。この作品は1957年に公開された「決断の3時10分」のリメイクということでしたが、ウィキペディアを見るまではそんな映画があったことさえ知りませんでした。

女性はほんの少ししか出ない男くさい作品でそれなりには楽しめたのですが、後半はちょっとダレてしまったのが残念でした。この場面はラストの舞台となるアリゾナ州のコンテンションという小さな町の駅なのですが、そのセットはなかなか良くできていました。7月の北米ドライブの時はフェニックスからサンディエゴに行く途中にユマの街は通ったのですが、おそらく南北戦争の直後はコンテンションと似たような規模の小さな町だったのでしょう。この作品を見た後にコンテンションの町に行ってみたらまったく違うでしょうから面白いかもですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/30(月) 23:59)

 「くまもと環境フェア2009」でふたつの初体験をしちゃいました
kankyofair

 11月最後の日曜はあいにくの曇天でした。

今日は「総ぐるみ くまもと環境フェア2009」というイベントに出かけてみたのですが、公式ウェブサイトを見て「あちこちでの分散開催だし、期待できないな…」という予想は残念ながら当たりました。「総ぐるみ」という不思議な言葉を使う意味もわからなかったのですが、なぜこの時期に開催されたのかもわかりませんでした。普通は環境イベントはアースデーや環境月間の6月にやることが多いのですけどね。

このイベントの主催は熊本県で、上からの呼びかけに応じて参加した部署や企業はそれなりに多かったのですが、やはりアリバイ作りのための参加といった感じがしていました。もちろん中には昨今の環境異変に脅威を感じて真剣に「どげんかせんといかん!」と頑張っていた人もいたのでしょうが、全体的なムードはヌルいものでした。熊本が独自でやってるような画期的なものもありませんでしたしね。



segweyride

 アーケード横の駐車場が会場になっていました。

ステージの横では親子が楽しそうにエコバック作りに励んでいたりしましたが、私は自分で絵を描いたバックを持ち歩けるほど心臓が強くないですし、あちこちの環境イベントでエコバックはたくさん貰ってますので素通りしました。その横ではセグウェイの試乗会をやっていたので、試してみることにしました。セグウェイは海外の空港やショッピングモールなどではセキュリティ部門で使われていたりしますので珍しい存在じゃありませんが、日本では販売価格が100万円前後と高いのと法整備の遅れがあって、発売されてからけっこう経つのに日本では実物を見る機会が少ない乗り物なのです。

恥ずかしながら私はセグウェイ初体験だったのですが、短時間でわりと簡単に乗ることができました。最初はピタリと静止するのが難しかったのですが、徐々に慣れてきて自由に乗り回せるようになりました。セグウェイは画期的な製品ですが、高価な大人のオモチャですからお金があっても買いたいとは思わないでしょう。セグウェイはビッグサイトや幕張などの展示場にレンタルがあると便利だと思うのですが、画期的に安全性がアップしなければ無理でしょうね。



freewhitering

 パレアという名前の県民交流館にも行ってみました。

ここの会場は鶴屋百貨店の新館の上にありますので場所が悪く、イベントに興味がある人しかやってこないので静かなものでした。イベントの最終日の最後の方でしたので、地味に表彰式などが行われていたのですが、パネル展示なども私が興味を持てるものはありませんでした。「時間を無駄にしちゃったな…」と考えながら歩いていたら、予期せぬ懐かしいものを見かけました。「ご自由にお持ちください」と置いてあったのは2005年くらいにブームになった「ほっとけない世界のまずしさ」のホワイトバンドとバッチだったのですが、300円もしたのが無料になっていましたので笑ってしまいました。

「ほっとけない世界のまずしさ」のキャンペーンはかなり胡散臭いものでしたから、私はこのホワイトバンドも初体験でした。もちろん身に着けるためでなく、笑えるアイテムとしていただいてきたのですが。しかし公式ウェブサイトをチェックしてみたら笑えない話が載っていました。世界は相変わらず貧しいままなのに、なんとこの団体は2008年の10月末に解散したということなのです。

「ほっとけない世界のまずしさ」のキャンペーンは中田など有名なスポーツ選手をマネージメントしているサニーサイドアップという会社の女性社長が仕掛けたものみたいですが、当時から「偽善的だ」とか「300円でスポーツ好きのバカに免罪符を買わせて大儲けしている」など批判がありました。かなりいかがわしいキャンペーンでしたからマスコミが追跡調査して関係者たちが私腹を肥やしていなかったのか追求すべきだと思うのですが、女社長に「ウチのタレントはおたくの局には出しません」と言われたくないために自粛しちゃうでしょう。特に中田の特番をやってる日本テレビとサニーサイドアップの関係は深そうですしね。日本テレビ自体も24時間チャリティイベントのような庶民に免罪符を買わせて大儲けするイベントを続けていますので後ろめたいということもあるのでしょうが。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/29(日) 23:59)

 日本ならではの発想のパンは世界に通用するのか?
chikuwapan98yen

 ドンキホーテで「ちくわパン」なるものを見かけました。

札幌の南郷通にある「どんぐり」というパン屋さんの名物パンが全国区になったのかと思ったのですが、愛知県のフジパンという大きなメーカーのものでした。ちくわとパンの組み合わせはいかにも日本的なものですが、いつの間にか全国に広まっていたようです。魚のすり身とパンとの組み合わせという点では小樽のパンロールが思い浮かびますが、個人的には「ちくわパン」は中途半端な感じがします。

最近ではアジア諸国でも総菜パンが増えてきていますが、魚のすり身を使ったものはまだ少ないと思います。日本ならではのオリジナルの発想のパンがじわじわと世界に広まるのを体感するのって楽しいものですが、その原点が北海道の店だったのかは不明です。テレビ朝日の「シルシルミシル」あたりで調査してくれないかな…(笑)



honmarubanana

 熊本ではこんな変なバナナが販売されはじめたようです。

熊本城は築城400周年の本丸御殿の復元工事が終わり、来場者数が沖縄の首里城を抜いて日本一になったそうなのです。2011年には九州新幹線の全線開業も控えていることから、さらなる観光客数のアップを目指して熊本城ではいくつかの復元整備事業が進んでいるのですが、このバナナは売り上げの一部がその復元基金に寄付されるという仕組みになっているみたいです。

この商品は単に熊本城のシールを貼っただけのもののようですが、ちょっと安直なんじゃないかなという気がします。熊本城とバナナの組み合わせ自体が違和感がありますし、なにもヒネリが無いみたいですからね。それにバナナ健康法のブームも落ち着いたようですし、この広告費も無駄なような気がするのですが。(笑)



kumamotoferry

 またデフレ傾向を裏付けるような値下げがありました。

11月21日にも熊本の南港と長崎の島原半島を結ぶ九商フェリーが11月末から期間限定で半額になるという新聞広告をアップしたのですが、今度は同じ航路の熊本フェリーは12月?1月の土日祝日限定で1000円ポッキリということですからスゴい値下げですよね。

熊本フェリーのオーシャンアロー号は熊本と島原を30分で結ぶ高速艇で、通常の6m未満車両の1台片道の値段は4630円ということですが、それが1000円になるということなのですから驚かされました。土日祝日に1000円になる高速道路に対抗するためなのでしょうが、かなり思い切った値下げだと思います。これもデフレ時代ならではのものでしょうが、利用者としてはありがたいのですが、不況が深刻化しそうなのでちょっと先行きが心配ですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/28(土) 22:28)

 ブラジル産のコーヒーを飲みながら見つめる先は…?
damascocoffee

 コーヒーを切らして、しばらくインスタントでした。

しかしブラジル産のコーヒーをいただきましたので、また目覚めがバッチリになりました。やはり朝は脳を覚醒させてくれる本物のアロマが不可欠ですよね。いつものように軽く焼いたトーストを食べながらニュースを見ていたのですが、ドバイの金融問題が影響を及ぼしたといわれる急速な円高には驚かされました。そろそろ避寒旅行に出かけようと考えている私には好都合なのですが、ちょっとヤバい雰囲気になってきましたので心配です。

この難局の舵取りは金持ちのボンボンの世襲議員には無理でしょうから、早く問題を犯した議員秘書の監督責任を取って議員辞職してくれれば良いと思うのですが、なぜかまだ支持率が高いみたいですから小沢は駒を換える気はないのでしょう。しかしいつものことながら事業仕分けのようなパフォーマンスで喜んでいる人々が未だに少なくないことに驚いてしまいました。「国の無駄遣いが初めて見えたので良かった…」などと言ってる人たちは郵政選挙の時には小泉に熱狂してたのでしょう。「懲りない人たち」って多いみたいですね。(笑)



nhkbs

 最近の地デジ関係のやり口には腹が立ちます。

アナログ放送では右上に出る表示がウザいと思っていたら、地上デジタル放送でも放送局名が出るようになりましたのでムカつきます。まだデジタル録画できるブルーレイレコーダーを買っていないので、映画はビデオデッキでアナログ放送を録画しているのですが、映画の最初の部分で「この放送は2011年に見ることができなくなります」というテロップが入るのでイライラさせられます。

またNHKのBSでは「お知らせがあります」という邪魔な表示が出るのですが、リモコンの青いボタンを押して出てくる案内を見ろということみたいです。私はこんな面倒なことを視聴者に強要するやり口も含めてNHKは大嫌いですから絶対に青いボタンは押しません。これから総務庁は各家庭に地デジの案内文書を郵送することになったみたいですが、地デジのCMも含めてそんな無駄遣いはすべて止めていただきたいものです。



akaaso

 ペットボトル入りの焼酎をいただきました。

汚染米事件や裏金問題の影響で経営破綻して「美少年酒造」から社名変更をした「火の国酒造」が作っている「赤阿蘇」というイモ焼酎でしたが、日本では酒類はやめていますので味見はしていません。鳩山政権が倒れて次にマトモな内閣になったら祝杯をあげるつもりですが、その機会は永遠にやってこないかもしれません。この国にはまともな政治家なんていないみたいですからね。

右の新聞広告は別の酒造会社のものですが、5リットルのペットボトル入りの焼酎ということでしたので驚いてしまいました。私の勝手なイメージですが、こんな徳用サイズを買ってる家庭はパチンコが好きな家族がいて、コタツで寝ちゃうような人が多いんじゃないかなという気がします。そんなライフスタイルが悪いってわけじゃないのですが、そんな人たちが今回の事業仕分けを高く評価して鳩山政権を支持してるんじゃないかなという気がするのです。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/27(金) 23:59)

 事業仕分けで検証して予算をカットしてほしい熊本の事業
meigobashikoujigenba

 近所の橋に工事の完成予想図がありました。

最近の異常気象による洪水被害を懸念して、熊本河川国道事務所が中心部を流れる白川の堤防の整備や橋梁の架替えなどを行っているのですが、このあたりでは樹木の整理などが終り、これから河岸が削りとられようとしているのです。予想外のゲリラ豪雨で白川が氾濫するということを想定しての公共工事みたいですが、私には工事をしたいおじさまたちのための公共投資のように感じています。

もちろん自民党政権当時に年間雨量や河川の水量などが専門家により計算され、その河川拡張工事の必要性の理論武装はできているのでしょうが、その数字はアクアラインの予想交通量のように都合が良いように水増しされていることも考えられるのです。本当に白川のピーク時の水量が氾濫をおかしかねないのであっても別な手法を取るべきだと思いますし、ここは一度工事をストップして事業仕分けでその正当性を検証していただきたいものです。



98yenmen

 これはダイエーの98円ワゴンに並んでいたものです。

以前に別のスーパーで128円で販売していた時にも紹介したことがある福岡の会社が作っている「九州大地」という大げさな名前の商品なのですが、原料が九州産小麦という珍しい食品なのです。農水省による国産小麦の保護のための補助金を出しているので3食100円以下の価格で販売することができているのでしょうが、安く買うことはできたものの税金の無駄遣いじゃないかという気もします。

今回は焼きそばを選んでみたのですが、これが意外と美味しかったのでちょっと驚かされました。そうなると他のうどんやちゃんぽんの麺も試してみたくなったのですが、賞味期限がそれほど長くないものをそんなに一度に買うことはできません。ダイエーが気を利かせて3種類を組み合わせたものを1人暮らしの人のために用意してくれればと思いましたが。少し手間はかかるでしょうが、試してもらってリピーターを増やすというのは悪くないと思うのですが。



cathayholidaycm

 今朝の新聞に福岡発の格安航空券の広告が載っていました。

「福岡発 キャセイホリデースペシャル」というキャンペーンで、ヨーロッパ5都市、オセアニア7都市、北米5都市、南アジア5都市への渡航が65000円の均一料金ということでしたので検討してみることにしました。2010年1月4日?4月16日福岡出発限定ということでしたから、まずは冬の欧米は消去することにしてオーストラリアとインドが残ったのですが、インドはもう少し成長するのを待つべきとの判断になって、最終的にオーストラリア方面が残りました。

最近は上手い具合に円高基調が続いていますので、正月明けにでも久しぶりにオセアニアに避寒旅行に出かけようかなという気になったのですが、このキャセイ航空のキャンペーンは最大滞在日数が1ヶ月と短いのが難点なのです。このキャンペーンはオープンジョーも可能で、途中降機も香港で1回は無料ということですから悪くないのですけどね。まあ1月出発分は11月中に申し込めば良いというわけですから、もう少し悩んでから決めるつもりですが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/11/26(木) 19:27)

 インスタントの口伝ラーメンをつけ麺にしてみたら…
kuchidenramen

 熊本は今日も晴れて暖かくなりました。

それでもう今シーズンは最後になるだろうと考えて、いただきものの棒状のインスタントラーメンをつけ麺仕立てにしてみることにしてみました。この静岡の市川園という会社の「口伝」というラーメンは和風な感じで、乾麺ですが茹で時間は3分ほどと短いので簡単でした。具材はシンプルに舞茸とワカメだけにして、最初は同封の液体タイプの出汁でいただいたのですが、途中で飽きてきましたのでゴマを振って、さらにゴマしゃぶのタレにつけていただきました。

箱に入っていた商品でしたから少し期待していたのですが、ごく平均的な水準の味でした。自分で買ったわけではないので文句はありませんでしたが、検索してみたら公式ウェブサイトでの販売価格は1箱5食入りで1050円でしたから、1食分が200円もすることになります。「その価値は無いな?」というのが私の正直な感想でした。



Jatropha

 昨晩のWBSでバイオ燃料について特集していました。

中米を旅行中に知り合った海外青年協力隊員の人から聞いたことがあった中南米原産のジャトロファという植物について取り上げていたのですが、国内でジャトロファの新芽の成長点を培養して大量生産しようとしているベンチャー企業の存在を初めて知りました。ジャトロファは荒地で栽培できる上に毒性があるということで動物や鳥に食べられてしまうことが無いし、他の植物性バイオディーゼル燃料のように食料の供給を圧迫しないというメリットがあり、地球温暖化対策の切り札として有望視されているそうでした。

山からエサを求めて降りてくるイノシシやサルなどを防ぐ緑のバリヤーとして、このジャトロファとトゲがある植物をベルト状に植えてみると効果があるかもしれません。園芸にはコンパニオンプランツという概念がありますが、その他にも唐辛子など野生動物が好まない植物を適度なバランスでミックスして育ててみることも効果があるかもしれません。よくテレビのニュースでは爆竹など大きな音がするものでサルを脅かしたりするシーンを見かけますが、換金作物でバリアーを作るというのが有効なんじゃないかなという気がするのです。



kumamotonomiryoku

 今朝の新聞に熊本のキャラクターが勢揃いしていました。

「今日もどこかで活躍中 熊本の魅力宣伝隊長」というコピーがあったのですが、熊本城の築城400周年のキャラクターの「ひごまる」や上天草市のイメージキャラクターの「四郎くん」など9種類が紹介してありました。そういった公的なキャラクターだけでなく、民間企業のキャラクターも並んでいて、それらからは広告料金を徴収しているのでしょうが、もしかしたら数合わせのために新聞会社が利益を度外視して格安料金で営業して並べたものかもしれません。

この他にも放送局のキャラクターなどいますし、人口が少ない熊本でもこんなに多いのですから、全都道府県だとスゴい数になってしまうのでしょう。他の国ではあまり見かけませんので、日本はおそらく人口比で群を抜いて世界一のキャラクター王国だと思います。しかしこういった地域のキャラクターのブームが中国で広まったら、あっという間に抜き去られてしまうのでしょうね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/25(水) 23:07)

 300円で熊本で結婚するふたりの笑顔は輝くのか…?
clover300yen

 熊本は先日の晴天が嘘のような雨の1日でした。

夕方にヤボ用で出かけたついでに駐車しやすい郊外の書店に寄ってみたのですが、覚悟はしていたものの品揃えの悪さに改めてガッカリさせられました。人口が少ない熊本でも街中の大型書店なら満足できる水準なのですが、郊外の書店はメインの客層の主婦やOLたちに合わせた品揃えですので、私がチェックしたい分野の本や雑誌が置いていない場合が多いのです。札幌のコーチャンフォーという大型店が全国展開してくれると良いのですが…

書店の売り場をブラブラしていたら「Clover」という新しい結婚情報誌が出ていたのですが、内容は他の情報誌と似たようなものでしたので300円の価値は無いんじゃないかなと思えました。表紙には「熊本で結婚するふたりの笑顔がますます輝きだす」というコピーがあるのですが、この情報誌にはそんな効果は期待できないと思います。



defiance

 ダニエル・クレイグ主演の不思議なDVDを観ました。

第二次世界大戦時のナチス・ドイツ占領下でのポーランドのユダヤ人たちの苦労を描いた小説を映画化した「ディファイアンス」という作品でしたが、どうも違和感があると思ったら「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィックが監督したということでしたので納得できました。この監督の作品は面白くないわけじゃないのですが、一言でいえば「浅い」のです。私はまったく評価できないのですが、おそらく「浅い」観客たちに支持されているのでしょう。

原作は基本的には実話に基づいていたということですが、映画では劇的な結末にするために脚色しちゃったので原作者が当惑したという話もあったようですが、そのあたりも「浅い」監督ならではのことなのでしょう。ダニエル・クレイグも昔と違って優位な立場でしょうから、出演作を選べば良かったでしょうに…(笑)



demonkakka

 今朝の新聞で変なウェブサイトが紹介してありました。

九州観光推進機構により11月10日に開設された「九州征服計画」という変な名前のウェブサイトですが、デーモン閣下が名誉編集長の九州のブログを集めたポータルサイトということでした。ブログという口コミ効果があるメディアを活用するというのは理解できるのですが、デーモン閣下を起用するというのはいかがなものかと思いましたよ。この「九州征服計画」は2010年3月31日までの期間限定らしいのですが、その理由もわかりませんし。

このウェブサイトを作った九州観光推進機構という組織は「九州はひとつ」の理念のもとに官民が会合を重ねて結成されたものということですが、九州の観光の魅力とイメージを象徴するキャッチフレーズを募集した結果、「感動がある。物語がある。九州」というのを選考したそうですから先が思いやられるようです。九州の観光戦略は各県がバラバラですし、この九州観光推進機構には何も期待できそうにありませんので私は無理があると思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/24(火) 23:59)

 連休最終日に小さな秋を探しに出かけてみたものの…
lunch23112009

 連休最終日は素晴らしい天気に恵まれました。

それで小さな秋を探しに午前中からドライブ旅行に出かけたのですが、ちょうど南阿蘇に着いたあたりでお昼となりました。ランチに予定していた祝日で開いてるはずの蕎麦屋が休みでしたので、近くの別の店を試すことにしました。それでネットで見たことがある「ディアローズ」というバラ園がある店を試してみることにしたのです。1000坪の敷地内には約100品種300株のバラが咲いているということですが、もうストーブを入れる季節ですから最盛期は過ぎていたもののバラの香りが漂う中でゆったりとランチを楽しむことができました。

喫茶がメインの店のようでランチメニューは2種類しかなく、同行者がビーフシチューを頼んだので、必然的に私はもうひとつの英国ランチとなりました。バラ柄の皿で運ばれてきたものは英国風の朝食でしたが、英国風の薄いトーストではなくてライスが付いてきました。ランチはどちらも1000円で、飲み物を付けると250円アップと観光地プライスでした。昨今のデフレ時代ではちと高い感じがしたのですが、バラに囲まれて優雅に食事できるというわけですから、そういったものがお好きな方は割安感があるかもしれませんし。ちなみに英国調の建物に似合う猫が6匹ほど歩き回っていましたし、支払い時に「お風呂に入れてみてください」とバラの花びらをいただきました。



gingabeer

 これは白水郷美術館の近くで見た廃墟です。 

ウィキペディアによりますと「1996年、岩手県の住宅メーカーの東日本ハウスの子会社として銀河高原ビール株式会社を設立。地ビールブームにのり順調な滑り出しを見せたが、2001年にはブームの沈静化を受け、高山、阿蘇の2工場を閉鎖…」とありましたので、8年ほどほったらかしの状態のようなのです。私は1996年の世界1周旅行の帰国後に禁酒したので銀河高原ビールは一度も飲んだことがなかったのですが、禁酒していなかったとしてもどうせ高価だったでしょうから試すことはなかったでしょうが。

剪定されていない木々で見えなくなっていますが、駐車場に停めて階段を昇ってから建物に入るという構造になっていたみたいです。駅からタクシーで行くには遠いので、自動車か団体バスがメインだったと思うのですが、最初から無理があった計画だったのですね。日本にはあまり先のことを考えずにやりたい放題だったおじさまたちがたくさんいて、そのツケを国民が払わされようとしているわけですが、現政権も先のことを考えていないみたいですから困ったものです。



yamanokouyou

 食後に久しぶりに山の家に行ってみました。

数日前にローカルニュースで阿蘇山頂が真っ白になったというのを見ましたので、「もう紅葉の時期は過ぎているのかな…」と思ったのですが、見回してみても赤いのはこの1本だけでした。天気が良かったせいもあるのでしょうが、山々にも緑がたくさん残っていましたし、11月下旬とは思えない初秋のような景色でした。

最近のニュースでは事業仕分けやJALの再建問題などがメインになっていますが、忍び寄る地球温暖化の脅威については忘れ去られているような気がします。現政権の政治家たちは歴代の自民政権が残した負の遺産の処理に追われて環境のことに対して取り組む余裕が無いみたいですが、長期的なビジョンなしで抜本的な対策を怠ると将来に禍根を残すことになると思います。

例えば閉鎖されたままの銀河高原ビールの阿蘇工場をバイオマス燃料を生産する工場に作り変え、徒歩圏内にある村営の温泉施設で格安で販売すれば良いと思います。阿蘇工場の敷地は南向きで駐車場も広いので、半分ほどをバイオマス燃料を使った野菜の温室栽培にしたりして、それら温泉に寄ったついでに購入できるように工夫すれば良いでしょう。地熱や風力、マイクロ水力発電なども組み合わせて環境学習に向くものにすれば県内外から小中学生がやってくるでしょうし、視察ビジネスも増えて観光面でも貢献すると思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/23(月) 23:59)

 発売後にネーミングを募集する熊本の米の実力は…?
kumasannochikara

 熊本は朝から冷たい雨が降り続いていました。

連休の中日はのんびりとビデオを見て過したのですが、夕方から上熊本駅の近くのスーパーに初めて行ってみました。近くのドンキホーテやツタヤには何度も行ったことがあったのですが、「エース」というスーパーチェーンは期待薄でしたので、今日まで足が向かなかったのです。レジの近くの米の売り場に11月7日に販売デビューした「くまさんの力」という不思議な名前の新製品がありました。

そういえば数週間前にニュースで見た記憶がありますが、この「ヒノヒカリ」と「北陸174号」を人工交配することで生まれた「くまさんの力」という新品種はJA熊本がブランド名を募集する米袋で販売するということで、パッケージには「名前をつけてね」と大きく書いてありました。普通は発売前にネーミングを募集して、その新しい名前で販売するのでしょうが、なぜこんな無駄なことをやるのでしょうね?



baiman24000

 これはPCの麻雀ゲームで上がった時のものです。

配牌はたいして良くなかったのですが、8順目に高めで三色になる手で張ったので即リーチしたのです。それを北家になかれてしまったのでリーチ1発が無くなってガッカリだったのですが、そのおかげでドラが乗って倍満になってしまいました。私が大好きなメンタンピン三色で上がることができて良い気分でしたが、録画しておいたたかじんの番組を見ていて気分が悪くなってきました。

今日は前半が事業仕分けの功罪で、後半が皇室関係の話題だったのですが、狂信的なおじさまたちが天皇の話題で変に盛り上がっちゃっていたのにはうんざりでした。私は皇室にも宮内庁にも知人はいませんので、彼らの生活ぶりや思考がどんなものかは知らないのですが、たかじんの番組の常連のコメンテーターのおじさまたちは皇室の人間のよそ行きの発言を額面通りに信じて、それを引用して絶賛したりしていますので困ってしまうのです。彼らは皇室の人間は善意の塊のような人格で、常に民のことを想ってつつましく暮らしてると信じてるようなのですが、疑い深い私とは真逆ですので聞いていてイヤな気分になってしまったのです。(笑)



solist

 気分転換に「路上のソリスト」というDVDを観ました。

これは実際にロサンゼルス・タイムズ紙のスティーヴ・ロペス記者が偶然にホームレスの音楽家ナサニエル・エアーズとダウンタウンで出会ってからの交流を綴った人気の連載コラムを映画化した作品で、南米を旅行中に飛行機の中で観たのですが、睡魔には勝てずに途中で眠ってしまったので日本語で見直してみることにしたのです。

ロペス記者役はロバート・ダウニー・ジュニアが演じていたのですが、最近はどうもこの役者さんは私は苦手です。それに加えてナサニエル・エアーズ役のジェイミー・フォックスもオーバーアクション気味でしたので途中でお腹がいっぱいになってしまいました。DVDを観終えて考えたのはこの夏に舞台となったロサンゼルスのダウンタウンで見たホームレスたちのことでした。ブロードウェイをドライブしたら見かけなかったので、「不景気のわりに減ってるのかな…」」と思っていたら、数ブロック離れた通りにうじゃうじゃたむろしていたのです。彼らの中にナサニエル・エアーズみたいな才人がいたのかもと考えたら複雑な気分になってしまいました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/22(日) 23:59)

 漱石も利用していたというレトロな商店街のイベントは…
kokaikanshasai

 今日は午後にヤボ用で子飼商店街に行きました。

熊本大学に近いためか夏目漱石も利用していたというレトロな商店街なのですが、昨日と今日は「満腹感謝祭」というイベントをやっていたみたいです。この広場では昨日はマグロの解体ショーを、そして今日は子飼大鍋の無料配布をやってたみたいですが、遅い時間に行ったので1本100円の石焼イモが残っていただけでした。

子飼商店街の公式ウェブサイトを見てみたら、「日本最初のスクランブル交差点や寺院もあり…」とありましたが、ここが日本初とは知りませんでした。また「この梅雨の季節をいかがお過ごしでしょうか?」という文章があったのですが、数ヶ月も更新されていない点は許してあげるべきでしょう。かつては和服を着たご婦人方で賑わっていたようですが、今ではちらほら高齢者が歩いてるだけの商店街で、公式ウェブサイトがあるだけでもスゴいと思えますのでね。



isugaaruie

 子飼商店街の周辺は静かな住宅街です。

低層住宅ばかりで住民の入れ替わりが少ないためか、昭和チックな2階建ての一戸建てが多いのですが、ちょっとモダンなデザインの集合住宅ができていました。周辺に配慮して植栽とベンチを配してくれていたのは良いなと思ったのですが、せっかくの配慮を清涼飲料水の自動販売機が台無しにしていましたのは残念でした。

このあたりには幼稚園や小学校があるのにコンビニや商店は見当たらないので自動販売機の売り上げはバカにならないものなのでしょうが、せめて配色くらいは配慮してもらいたいものでした。メーカー側はコーポレートカラーを大事にしたいと考えるのでしょうが、どんどん高齢化する日本の現状に合わせてこのような住宅地などでは地味な配色のものを工夫していただきたいものです。



kyushoferrycm

 新聞にこんなフェリー会社の広告が載っていました。

熊本の南港と長崎の島原半島を結ぶフェリーなのですが、高速道路が土日祝日に1000円になるのに対抗するためなのか、11月末から期間限定で半額にするということなのです。熊本?島原間は10km程度ですから船上にいるのは30分ほどと近いのですが、船に乗り降りするのに少し時間がかかってしまいますので、「1000円なら高速に乗っちゃおうかな…」と考える人も少なくないのでしょう。

しかし民主党政権が奇跡的に長続きして九州や北海道の高速道路を実験的に無料化したら、このフェリー会社はどうするのでしょう。片道500円くらいに値下げすれば「陸を遠回りするより楽だから…」ということで客足を引き止めることはできるでしょうが、それじゃ会社を存続できなくなってしまうでしょうから無理でしょうね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/21(土) 21:32)

 G-SHOCK的な薄型耐衝撃防水デジカメの実力は…?
exilimexg1

 ネットの新製品ニュースで良さそうなのがありました。

10月9日の深夜に皇居ランナーを避けて自転車で転倒しちゃったために今のデジカメの液晶が壊れてしまったので新しいのを物色中なのですが、このカシオが12月にアメリカで発売することになった新製品はG-SHOCK並みの耐衝撃と防水・防塵性能を兼ね備えているということですから、旅行が多い私にピッタリみたいなのです。

この「EXILIM G EX-G1」のアメリカでの予想価格は299ドル(約2万6700円前後)ということで、2万円以下で販売している他メーカーの防水デジカメより少し高いのですが、タフでありながら2cm以下の薄さを実現しているということですから心が動いてしまいます。国内での発売は検討中とのことのようですが、次の旅行の前に発売開始になったら買おうかなと考えています。家にはテヘランの宿で洗濯しちゃってレンズがダメになったEXILIMの古いヤツがあるのですが、そのリチウム電池が使えると良いのですが…



discover

 近所をドライブしてたら見慣れない店がありました。

アキバあたりではポピュラーなケバブの店なのですが、人口が少ない熊本ではまだ珍しい存在だと思います。空腹じゃなかったので試さなかったのですが、ネットで評判をチェックしてみて何か特色があれば近いうちに試してみようかなと思いました。不思議な店名とケバブとはミスマッチな海賊のマスコット、それに謎の53の数字とわからないことだらけですが、近いうちに聞いてみるつもりです。

ケバブは最近は食べていないのですが、日本じゃ500円前後の価格が普通ですからなかなか足が向かないのです。材料費から考えてみるとテイクアウトの店なら牛丼並みの300円くらいの値段で充分じゃないかなと思うのですが、この店もピタパンに挟んだ最安のものが400円と安くはないので悩んでしまいます。



girlsfestival

 その近所の高校の外壁にこんな表示がありました。

明日と明後日に開催される学園祭のお知らせだと思うのですが、「女祭り!」という手書きの文字がインパクトがあります。ここは女子高みたいですから「女祭り!」で間違いじゃないのでしょうが、よからぬことを想像するオトコもいるんじゃないでしょうか。(笑)

話は変わりますが、先ほど読売新聞のウェブニュースを見ていたら「マーガリンさん、一時停止せず?バスと衝突」という見出しがありました。まさかと思ってクリックしてみたらスザンヌの妹のマーガリンが熊本でバスと衝突事故を起こしたということでしたが、マーガリンって全国版のニュースで取り上げられるほど有名になってるのでしょうか?熊本ではレポーターをやったり、地元企業のCMにも出ていますので毎日のように見かける顔なんですけどビックリでした。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/20(金) 23:59)

 民間の努力を嘲笑うかのような鳩山政権の仕打ち
kimitsuhi

 今日は腹が立つニュースがいくつもありました。

新政権初という法案の強行採決はさほどでもないのですが、首相や官房長官の機密費に対する態度はムカつきました。民主党が野党時代に使途公表を義務付ける法案を出しているくせに、自分たちが領収書が不要な億単位の金を自由に使える立場になったら態度を豹変させていますからね。望むべき政治家の役目は高齢化や人口減という現実をしっかりと見据えて、今後の国家運営をどうやっていくのかの基本方針を示すことだと思うのですが、「友愛」などという抽象的な概念しか出せない世襲議員にはまったく期待できないのです。

また私には無関係ですが、警察庁が落ち葉を連想させるということで評判が悪い高齢者表示マークの代替デザインを公募することにしたそうですが、なぜそんな無駄なことをするのか理解できません。若葉マークやもみじマークみたいな役に立たないものを義務付けているのは世界中で日本だけですが、私は運転免許証の更新と共に全廃すべきものだと思います。そうすれば全国の免許センターの人員や規模を半減することができるはずですから税金の節約になるはずですし、我々も時間とお金を無駄にしないで済みますからね。

この竹とんぼは飲食店のちらしと共にポスティングされていたのですが、不況の中で落ち込む客足を何とかしようというオーナーの手作りのものということで、1本1本に店名とシリアルナンバーが書き込んである力作でした。民間では不況を乗り切ろうと地道な努力を続けているのに、税金でぬくぬくと暮らしている国家公務員たちの嘲笑うかのような仕打ちはあまりにもヒドいんじゃないでしょうか。



19kuchan

 これは日曜にイベントで見た食育のキャラクターです。

毎月19日は「食育の日」ということですが、この「クーちゃん」というキャラクターは県内のどこかの小学校あたりで活躍していたかもしれません。数年前から食育といえば予算が獲得しやすかったみたいですが、それで得た税金で作られたキャラクターなのでしょう。予算を消化するために全国の都道府県にこのようなキャラクターが蔓延っているのでしょうが、まったくイヤになってしまいます。

私は日本の子供たちには食育よりも、将来にやってきそうな世界的な食糧難の時代にサバイバルする方法を教えるべきじゃないかと思うのですが、自給率が低いくせに大量の食品残渣を平気で出し続けている現在の日本の教育界では受け入れられない考え方でしょう。



tetsukonoheya

 本日の「徹子の部屋」のゲストはスザンヌでした。

昨年末の紅白をピークに何かスキャンダルを起こして消えるんじゃないかなと思っていたのですが、ついに「徹子の部屋」にピンで出演するまでになるとは驚きでした。スザンヌは得意のフラフープを披露したりしていましたが、熊本県庁の広報や産業振興の担当者たちは「もっと県の大使に関する話を…」とイライラされていたことでしょう。

番組の最後あたりで「どこかで聞いたことがある話ばかりで面白くなかったな…」と思っていたら、スザンヌが「いぬばか」の映画化で宮内すぐり役で出演したいうことでしたのでビックリしてしまいました。オリジナルでは埼玉出身の設定らしいのですが、スザンヌが主演のためか映画版では熊本に変更されたみたいです。そのためかお母さん役は熊本大学を卒業した宮崎美子がキャスティングされていました。あまり芸が無いスザンヌはすぐに飽きられて消えるかと思っていたのですが、その予想は見事にハズれてしまいました。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/19(木) 23:59)

 低迷する日本経済とデフレ価格のおでんの関係は…
oden198yen

 今日は晴れていましたが、気温は低めでした。

阿蘇山頂は白くなってるみたいですから当然でしょうが、熊本はつい最近まで25度以上の夏日があったので違和感があります。今日は気分を変えて水前寺公園近くのスーパーに行ってみたのですが、ついつい198円のおでんに手が伸びてしまいました。その他に77円の大根と39円、119円の玉子など買ってみたのですが、スーパーの値段は景気低迷を受けてデフレ傾向ですから助かります。

しかし高い支持率の鳩山政権の経済政策はメチャクチャですし、原油価格もじわじわと値上がりしてきていますので、こんな状況がいつまでも続くわけはないでしょう。近いうちに鳩山政権の支持率はオバマ以下に落ちてしまうでしょうし、米ドルが持ち直すようなことがあったら輸入食材を中心に値段が上がりかねないですからね。



tamagokakefurikake299yen

 スーパーにテレビで見た商品が置いてありました。

この「玉子かけご飯専用ふりかけ」は「御飯の友」というベタな名前のふりかけを作り続けている老舗メーカーのフタバが試行錯誤の末に生み出した新製品ということでしたが、今年の4月23日に放送された日本テレビ系列の「秘密のケンミンSHOW」の中のミニドラマで熊本が舞台になった時に紹介されていたのです。

試してみたい気はしたのですが、299円とちょっと値段が高かったので購入はしませんでした。「100円前後の少量パックを作ってくれれば良いのに…」と考えながら「ふたば苑」という公式ウェブサイトのネットショップを見ていたら、「初回限定ご試食セットの販売もはじめました」という情報がありましたので近いうちに島崎のフタバの工場のすぐ横にあるという直販店をチェックしてみるつもりです。



ochibanomonogatari7

 夕方のニュースで秋っぽい生中継をやってました。

シンガーソングライターの女性が熊本県庁前の銀杏並木で歌っていたのですが、「落葉の物語7」と数字が付いていましたので毎年恒例のイベントのようです。今日の生中継は21日の本番前の宣伝のようでしたが、途中から見たので詳しいことはわかりません。

天気が良ければ自転車で行ってみようかなと思って熊本県庁のウェブサイトをチェックしてみたのですが、イベントカレンダーのページには載っていませんでした。この時期の熊本県庁前の銀杏並木はそれなりに見応えがあるものですから、イベントをやる時には収穫の秋をアピールするような県産品の屋台を出すなどの工夫があっても良いのではと思いましたが。「落葉の物語」という凡庸なネーミングも良くないですから、このイベントを続けるのならウェブショップとの連携も含めてゼロベースで練り直してみるべきじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/18(水) 23:59)

 2ヶ月ぶりの韓国料理、半年ぶりのサムギョプサル
buchan900yen

 昨晩からの雨は昼前に止んでくれました。

今日は古い友人とランチに行くことにしたのですが、私の希望で2ヶ月ぶりに韓国料理を試すことにしました。最後に韓国料理を食べたのはメキシコシティでのビビンバでしたが、今日のは最近になって白山通りにオープンしたサムギョプサル(豚バラ肉)の専門店でした。サムギョプサルは半年前にソウルで食べて以来でしたが、この店は傾斜がある石板で適度に油が落ちる構造になっていて、分厚い豚肉を韓国系のおばさまが豪快にハサミで切ってくれました。

その豚肉を焼いたキムチや水菜のサラダなどと共にサンチュに包んでちょっと甘めのタレにつけていただいたのですが、本場っぽい味で美味しゅうございました。豚肉をたらふく食べた後は赤い炒飯が運ばれてきたのですが、かなり辛い味付けでした。それだけボリュームがあっても開店価格ということで900円と割安感がありました。 



nitorinewshop

 食後に郊外のホームセンターまでドライブしました。

友人が少し補修用品を買い物して、それから国道3号線を南下してヤボ用を済ませました。SAKODAという鹿児島が本店のインテリアショップに立ち寄った後に国道3号線を北上していたら、北海道に本店があるニトリの新しい店が工事中でした。熊本県にはニトリは5kmほどしか離れていない「ゆめタウン」と八代市にあるだけですから、もう数店舗はオープンしても大丈夫なのでしょうが、SAKODAからしてみると穏やかじゃないでしょうね。
 
友人は「イケアが来るまでの命だろう…」とつぶやいたのですが、私はイケアは福岡止まりで熊本や鹿児島など人口が少ない地域までは展開しないんじゃないかなと予想しています。オバマ大統領がアジア戦略を中国やインドにシフトチェンジしているのが象徴するように、マーケットが縮んでゆく日本では100万都市以下の店舗展開は無いんじゃないかなと思えるのです。それに日本経済が低迷して円安になってゆけばイケアの割安感は薄れて売れなくなるでしょうからね。



kumamotoshinkanseneki

 それから友人と熊本駅周辺を見てまわりました。

先週の二本木まつりの時は在来線側の工事の様子をチェックしたのですが、今回は久しぶりに新幹線の工事が進む山側にも行ってみたのです。駅の裏側には木造住宅が密集していたのですが、それらのほとんどは取り壊されていました。安藤忠雄事務所による駅舎も姿を現していたのですが、これが25億円もするのかと驚かされました。

新聞で読んだだけですから間違ってるかもしれませんが、たしか最初の新幹線ホーム側の駅舎の予算は5億円だったものが建築界の重鎮の安藤忠雄大先生なんかにオファーしちゃったために25億円に膨れ上がってしまったらしいのです。多忙の安藤忠雄氏は事務所の若手に丸投げして出てきた案がコレなのでしょうが、その高い工事費のツケを払わされるのは利用者である熊本県民などでしょうからヒドい話ですよね。2011年に新幹線が開通してもJRが大嫌いな私は乗らないと思うのですが、こんな無駄遣いを見てしまうとますますその思いを強くしてしまいます。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/17(火) 23:59)

 熊本刑務所のイベントで考えた日本のお寒い現実とは…
kumamotokeimusyo

 熊本は急に最高気温が13度と寒くなりました。

それでというわけじゃないのですが、先日の熊本刑務所のイベントで考えたことを少し書いておきます。600人ほどの受刑者を収容する熊本刑務所はイスラエルの民族分断壁のような高い塀に囲まれているのですが、住宅地と隣接しているので少し高いマンションからは見下ろされることになります。この右のマンションは熊本刑務所側にはまったく窓が無い設計になっていますが、それが法務省の要請によるものか、あるいはマンション業者の自己規制なのかは不明です。

熊本刑務所では矯正展という全国巡回型のイベントをやっていたのですが、これは受刑者が出所後に社会に適応するために所内の軽作業場で作ったものを販売しているものでした。特に珍しい商品も割安なものもありませんでしたので何も買うものは無かったので期待ハズレでした。消費者の多様化した欲求と受刑者たちが作るものと大きな乖離があることが問題だと思うのですが、ものづくりの指導をネットを通じて外部のボランティアの協力を仰ぐということも考えてみても良いんじゃないでしょうか。消費者もネットのライブカメラで刑務所内の作業の様子を見ることができたり、「こんなものを作ってほしい」と細かな注文ができるような工夫だってできると思います。消費者からの反応を得ることができれば受刑者のモチベーションを高めることにもなるでしょうから犯罪の再発防止にも寄与するとも思えますしね。



syujinfuku

 矯正展の家具売り場の横にこんな展示がありました。

受刑者が刑務所内で着るユニフォームの現物展示でしたが、左のグリーンのが作業着で中央のグレイのヤツが部屋着ということでした。そして右のいかにも囚人服といったストライプのヤツが就寝時に着るパジャマということでした。これらは税金から支出されていると思うのですが、国の赤字を少しでも減らすことができるように大量生産品のTシャツや長袖のスウェットに刑務所のロゴをプリントしたもので良いんじゃないかと思うのですが。

この他にも刑務所内の食事などの展示があったのですが、意外だったのはいつの間にかPFI方式により建設された「民活刑務所」といった感じの矯正施設が4ヶ所に増えていたことを紹介してある展示でした。セコムが落札した国内初の「美祢社会復帰促進センター」のことは開所当時にいろんなメディアで取り上げられていましたので何度も見たことがあったのですが、その後に建設された喜連川社会復帰促進センター(栃木県さくら市)や播磨社会復帰促進センター(兵庫県加古川市)、島根あさひ社会復帰促進センター(島根県浜田市)の存在についてはまったく知りませんでした。



greenfingers

 刑務所でのイベントを見て思い出した映画があります。

日本の社会復帰促進センターのように軽犯罪の囚人たちが入所しているコッツウォルズのエッジフィールド更生刑務所で、ひょんなことからガーデニングを始めることになったクライヴ・オーウェン演じるコリンが王室主催のガーデニング大会に出場するまでになる実話を元にしたハートウォーミング・コメディの「グリーンフィンガーズ」という小作品でした。「グリーンフィンガーズ」というのは天性の植物育成の才能を持った人のことらしいのですが、なかなか良いタイトルですね。コリンがガーデニングに目覚めるきっかけを作る同室の老人や所長たちも良い味を出しているのですが、コリンの才能に気がついて王室主催のガーデニング大会出場を推薦する園芸の専門家役のヘレン・ミレンが良い感じでした。この手のイギリス映画は食傷気味でしたが、予備知識がまったく無かったこともあって楽しむことができました。

心に傷を持つコリンが更生刑務所の仲間たちと植物を育てているうちに次第と心を開いてゆく様子が自然に描かれていたのですが、「園芸療法」という言葉があるくらいですからガーデニングは囚人たちの社会復帰にも役立つことが多いと思います。矯正展には植物や加工食品などは無かったのですが、今後は社会復帰促進センターから取り組んで良い分野だと思います。街に近い熊本刑務所のように敷地が狭い所では不向きかもしれませんが、今後も郊外に増え続くことになりそうな社会復帰促進センターにはピッタリだと思うのです。

私は経験が無いので想像の範囲なのですが、「それでも私はやってない」みたいな映画での被疑者の尋問の様子や、夕方のニュースでよくやってる受刑者の顔にモザイクがかかってる実録ものの刑務所の映像で見るような日本のお寒い現実を考えると日本では「グリーンフィンガーズ」みたいな話は無理かもしれません。ちょっと前に日本テレビの「行列のできる法律相談所」で「電車の中で痴漢に間違えられた場合は?」という問題があったのですが、2人の弁護士の方の答えは「走って逃げる!」ということでした。つまりいくら無実を主張しても無駄に終わることになるだろうから、自分の身を守るためには現場から逃走するしかないということでした。かなり信用できそうな内部告発があるのに「警察に裏金は存在しない」と言い切っている警官なんかに取調べられたくはないですから痴漢に間違えられたら私も逃げることにしますが、我々の税金で暮らしている公務員をまったく信頼できないなんて、なんともイヤな時代ですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/16(月) 23:59)

 少子高齢化時代の家族連れで七五三を祝う風景は…
753fujisakigu

 今日は七五三で参道に屋台が出ていました。

和服を着た家族連れを多く見かけたのですが、少子高齢化時代のためなのか子供より大人の数の方が圧倒的に多い感じでした。景気低迷の影響もあるのか参道には屋台は5店ほどしか出ていませんでしたし、売れてもいないみたいでした。藤崎八旛宮の公式ウェブサイトを見てみたら「熊本の総鎮守と公称された歴史ある御宮」ということでしたが、毎年秋に行われる「例大祭」の時にはこの参道では祭りに参加する人馬の列を見ることができます。

無宗教の私は神社仏閣関係はまったく詳しくないのですが、芸能界が牽引するかのような最近の神前結婚式のブームはな?んか違和感があります。クリスチャンでもないのに教会で結婚式をやるのも変だとは思うのですが、非課税の宗教団体を肥え太らせることになるのはいかがなものかと考えているのです。



senninnabe100yen

 郊外ので開催された農的イベントに行ってみました。

「くまもと農業フェア&米まつり」の会場の農業公園に到着したのがちょうどお昼時でしたので、駐車場に停めるまで15分ほどかかるほどの盛況でした。天気も良かったので午前中から大勢の来場者があったみたいで、1杯100円の「千人鍋」はすでに売り切れていました。ネットのニュースを見たら約30分で売り切れるほどの人気だったということでしたが、熊本県産の農畜物の消費拡大や地産地消推進が目的でしょうから「万人鍋」にすべきではないかなと思いましたが。

それであちこちのブースで試食しながらランチになりそうなものを探してみたのですが、ありきたりのものばかりでしたのでガッカリでした。炭火で焼いたタイラギ貝など試してみたいものには長い列ができていましたが並ぶ気にはなれませんでしたので、1本100円の焼イモと野菜や米などを買って帰りました。



hinohikari1900yen

 イベント会場でお米を買ったら福引券を5枚もらえました。

今回は「ヒノヒカリ」という品種を買ってみたのですが、ウィキペディアによりますと「コシヒカリ(越南17号)と黄金晴(愛知40号)の交配によって生まれた水稲ウルチ米で、コシヒカリやひとめぼれに次いで全国第3位の作付品種」ということでした。5kgで1900円でしたので1kgあたりだと380円ということになります。売り場には1升マスに山盛りで600円というコーナーもありましたので試してみたのですが、1升は約1,5Kgということですから2kgほどあったと思います。

福引で当たったものは、擬人化された米のキャラクターが描かれたエコバックやガラス製のマグカップ、それにラップやぽん菓子などでしたが、デザイン面でもう少しなんとかならないかなというものばかりでしたので嬉しくはありませんでした。最近テレビで見た長野県のリンゴ米農家の若い経営者は「アグリズム」という農業をテーマにした雑誌を出しているそうでしたが、これからの農業にはそういった新しい視点が必要なんじゃないかなと思います。残念ながら今日の熊本の農業イベントでは何も新しいものが感じられませんでした。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/15(日) 23:59)

 熊本駅前に建設予定の熊本最高層の再開発ビルの運命は…?
kumamotoekimaesaikaihatsu

 ここに熊本県でいちばん高いビルが建設される予定です。

この工事現場には低層の木造住宅や安食堂などが雑然と建ち並んでいたのですが、地上げされて重機で取り壊された跡地は「熊本駅前東A地区」という味気ない名称で整備され、これから「THE KUMAMOTO TOWER」という35階建ての高層ビルを中心とした「くまもと森都心」という3棟からなる複合ビルが建設されることになっているのです。熊本駅とはブリッジで結ばれるようですが、なぜか地下通路は作られないということでした。

低層階には商業施設や飲食店、公共図書館などの入居が予定されているようですが、このビルのオープンは立ち退き交渉がもめたことから2011年の九州新幹線の全線開業より大幅に遅れるようですからキビシイことになりそうです。熊本駅前の再開発は全体をコントロールする調整役がいないことが最大の問題だと思うのですが、熊本県の陸の玄関口だというのに酷い話ですよね。



スラムドッグ$ミリオネア

 3月29日に韓国で観た映画をDVDで改めて観ました。

第81回のアカデミー賞を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」でしたが、2度目でも大いに楽しむことができました。韓国の映画館では英語の字幕の上に韓国語がかぶさったりしたので意味不明な部分もあったのですが、今回は日本語で観ましたので細かな部分まで理解できました。しかし結末はわかっている作品であっても楽しむことができるというのは監督の力量によるものが大きいのでしょうね。

子役たちの自然な演技も良かったのですが、なんと言ってもクイズ番組の司会役のアニル・カプール氏が今回も心に残りました。ネットのニュースでアニル・カプール氏がこの映画の出演料の全額を慈善団体に寄付したというのを読んだことがありましたので検索してみたら、彼の善意はプラン・インドの出生登録プロジェクトに使われたということでした。人口が増え続けているインドではいまだに生まれてくる子どもの3人に1人が市民として登録されないという推計があるそうですが、ムンバイなど都市部での経済成長からは信じられないような格差がまだあちこちの都市に現存しているみたいですね。



dekopon

 これはJAあしきたの産直品販売所のCMです。

「でこぽん」の公式ウェブサイトをチェックしてみたら今年の春にオープンした施設ということでしたが、鹿児島県に近い熊本県南部の話でしたのでまったく知りませんでした。アクセスマップで見ると幹線道路の国道3号線から少し外れた所にオープンしたみたいですから、ドライブ中にふらりと立ち寄るような感じではないのかもしれません。

施設の名前に地域の名産のデコポンをつけるのは構わないと思うのですが、「でこぽん」や「JAあしきた」に加えて敷地内の飲食店が「ぎゅーぎゅー亭」などひらがなを多用し過ぎていますのでイヤな気分になりました。こんなひらがなを多用する傾向は4?5年前から顕著になってきたと思うのですが、私はテレビのコメンテーターたちが好ましくない傾向だと指摘するのは見たことはありません。誰も変だとは思わないのでしょうか。不思議です。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/14(土) 23:27)

 お好み焼きに合うのは土佐の花かつおか安いけずり粉か…?
hanakatsuotosabushi

 今日のランチは久しぶりにお好み焼きでした。

今日はオバマ大統領が初来日するのですが、熊本の空模様も最近の日米関係のようにどんよりと雲っていました。報道では「日米の最大の課題の普天間問題は…」などと前フリすることが多いのですが、私は最大の課題は経済問題じゃないかなと思います。日本経済は中国に凌駕されようとしていますが、まだ国際的にそれなりの影響力がありますし、日米の経済を立て直さなければ防衛や環境などの重要課題の取り組みに支障があるでしょうからね。

話はズレましたが、お好み焼きで高知土産の花かつおと神戸のスーパーで買った安いけずり粉の2種類を食べ比べてみました。温かいお好み焼きに花かつおを乗せるとひらひら揺らいで美味しそうでしたが、味的には安いけずり粉の勝利でした。ちなみに私は歯ごたえが良いのでお好み焼きにはたくわんを刻んだものを入れるのですが、関西の方からは「邪道だ…」と言われたことがあります。お好み焼きですから好みで何を入れても構わないと思うのですが…(笑)



sna10000yen

 今朝の新聞の隅っこにこんな記事が載っていました。

スカイネットアジア航空が民主党の新政府が打ち出した外国人観光客3倍増計画に沿って、12月1日から外国人旅行客に限って「VISIT JAPAN」という1区間1万円均一の割引運賃を導入するということにしたという内容でした。スカイネットアジア航空は羽田と九州各地間を8路線飛んでいるのですが、利用できるのは90日以内の短期滞在の訪日外国人で、搭乗日に空港に行って空席がある場合だけということでした。

普通運賃に比べると半額以下になるということですし、ハイシーズン以外は満席になることはないでしょうから乗ることができる可能性は高いと思うのですが、予約ができないのに1万円はちょっと高過ぎると思います。ちなみに公式ウェブサイトでは外国語を選ぶことができないみたいですし、この「VISIT JAPAN」に関する情報も載っていませんでした。担当者がやる気がない証拠なのでしょうから、年末のボーナスを減額すべきでしょう。(笑)



mkcm

 九州ではたまにMKのCMを見ることがあります。

タイでは超有名なしゃぶしゃぶのチェーン店ですが、公式ウェブサイトで店舗の分布をチェックしてみたら、本社がある福岡に12店舗、熊本に2店舗、佐賀と長崎に1店舗、そして九州以外では1店舗だけだった千葉の浦安店が閉店したものの、その代わりなのか11月2日には東村山店がオープンしたということでした。1店舗しかない東京や佐賀などではCMが流されていないでしょうから、このテレビ広告は福岡と熊本だけじゃないかと思います。

MKを日本で展開しているプレナスという会社は「ほっともっと」や「やよい軒」のフランチャイズもやっているそうなのですが、MKは日本ではまだまだ知名度が低いでしょうから頑張ってCMを流しているのでしょう。しかし「しゃぶしゃぶしよう。MKしよう。」というコピーはいかがなものかと思いますが。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/13(金) 23:59)

 税金の無駄遣いとなりかねない熊本駅前再開発の行方は…
kumamotoekimaegoudoucyosha

 熊本駅の近くを通ったらかなり変化していました。

2011年の九州新幹線の開業時期に合わせて熊本駅前はあちこちで再開発計画が進んでいるのですが、この工事中のビルは国税局や税務署などの国の出先機関がまとまって入居予定の「合同庁舎A棟」なのです。役人主導で練られたであろう当初の計画では手前の空き地に「合同庁舎B棟」が建設されることになっていたのですが、民主党政権になって来年度予算案の見直し作業が進められていますので、その事業は中止になる可能性も出てきたのです。

熊本には「道州制になれば州都を熊本に…」と画策している古い体質のおじさまたちもいるみたいですが、私はそれ以前に九州新幹線の計画からしてみて無理があるように思えるのです。新幹線は昭和の高度成長期に国策として無駄を排して整備しておけば20世紀中に鹿児島から札幌までつながっていたと思うのですが、国の財政が危機的な状況にある現在では過剰な負担になりかねないと思います。役人たちは駆け込みで「合同庁舎A棟」だけでも間に合って良かったと考えてると思うのですが、そんな唾棄すべき人種のせいで国が没落してゆくのを見ているのはツラいものです。



tennouzaii20nen

 信号待ちの時にこんなバナーを見かけました。 

今日は皇居前でEXILEが歌ってたみたいですが、この高校のバナーも天皇の即位20年を祝うものでした。皇居からさほど遠くない市ヶ谷では先日から税金の無駄遣いを洗い出す「事業仕分け」が行われていますが、皇室関係の予算については報道されないのですが新政権になっても「聖域」のままなのでしょうか?

高齢の天皇が亡くなれば元号が変わることになるのでしょうが、平成だって西暦で何年なのかわからないので迷惑してるというのに、次も面倒なことが続くと考えるとうんざりさせられます。キリストの誕生年を起源にした西暦が良いわけじゃないのですが、役所なんかで用紙に記入させられる度の面倒を強いられることだけはなんとかしてほしいわけです。政府の行政刷新会議では皇室を税金で維持することに関しても検討していただきたいものですけどねぇ…



startrek

 6月11日にジャカルタで観た映画をDVDでまた見直しました。

ブログ内検索をしてみたら、「スタートレックのファン以外は秋に出るであろうDVDは借りる価値は無いんじゃないでしょうか」と書いていたのですが、見終えた後にその考えは正しかったと思いました。私はこの手の退屈な映画を観る度に「もしCGを一切使わなかったら…」と想像するのですが、この映画も観るに耐えないものになるでしょう。

今回のスタートレックについてトレッキーたちがどんな風に考えているのかは知らないのですが、それなりにはヒットしたようですから近いうちに同じメンバーで続編が作られるのでしょう。その公開時にどこか映画館の入場料が安い国にいれば観ることがあるかもですが、仮に入場料が300円以下でも観ないかもです。出演者がこのメンバーではまったく期待できませんからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/12(木) 23:59)

 日本の家電メーカーの製品が安い裏にある「理由」とは…?
newpanasonicphone

 ネットで注文していた子機付きの電話機が届きました。

これまで使っていたシャープの電話機の子機が調子が悪くなり、リチウム電池を新品に取り替えてみたのですが復活しなかったので、代引き手数料込みで6000円台のパナソニックの新品を購入することにしたのです。子機付きの電話機はサンヨーやシャープの方がもっと安いのがあったのですが、近いうちにインターホンも液晶画面で来訪者の顔が確認できるモバイル子機付きのものに買い換える予定ですので、少し割高であってもインターホンの子機としても使うことができるパナソニック製品を選んだのです。

子機付きの電話機は安い機種は5000円台前半からあったのですが、以前より機能はアップしているのにずいぶんと安くなりましたよね。これも日本の家電メーカーの地道なコストダウンの努力の積み重ねと中国の人民の皆さんのおかげなのでしょうが、こんな状態はそれほど長くは続かないと思います。オバマ大統領の滞在日数が日本より多いことが象徴するように、中国は近いうちに日本を抜いて世界第2位の経済大国になるという話ですからね。



haradonutskumamoto2

 11月9日にオープンしたばかりの店を試してみました。

神戸の本店の他に関東などに20店ほどの支店を展開している「はらドーナッツ」の九州2号店が熊本の中心部にもオープンしたのですが、開店記念として3日間だけは先着200組にオマケを1個くれるということだったので試してみることにしたのです。急速に店舗数を増やしているチェーン店ですから何か特別な理由があるのかなと思ったのですが、私は何も発見することができませんでした。

公式ウェブサイトによりますとプレーンのドーナッツは「オカラと豆乳をタップリ使用したヘルシードーナッツ。素朴な味わい。でも、モッチリと自己主張。」ということで、たしかに素朴で美味しくはあったのですが、「ふ?ん、こんなものか…」というのが正直な感想でした。全品半額の日でもあればまた買ってみても良いかなと思うのですが、おそらく私はもう二度と口にすることは無いと思います。



yakuman

 ガッカリの後にささやかな幸運が舞い込みました。

久しぶりにPCの麻雀をやってみたら、なんと小四喜を上がってしまったのです。どうせPC相手の遊びですし、東牌はもう1枚が山の中にありましたので大四喜を狙おうかなとも考えたのですが、残りが少なかったので上がることにしたのです。もちろんこの回は7万点ほどでトップになりましたが、なかなか気分が良かったですよ。

しかしテレビでJAL再建に政府が乗り出すことになりそうだという報道を見て、また気分が悪くなってしまいました。「国民感情を納得させるためには高額な年金の減額を…」と退任することが決まっているJALの社長がOBたちを説得することになったみたいですが、たとえOBたちが年金の減額に応じたとしても私は納得できません。腐った体質のJALを本当に再生させるためには一度つぶしてしまうべきでしょう。還暦を過ぎたおじさまたちはJALが大好きなようですが、将来に禍根を残すような処理はすべきではないと思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/11(水) 23:59)

 品揃えが悪い郊外の家電量販店をハシゴしてみたら…
kojimanewkumamoto

 今日の熊本は朝から雨が降り続いていました。

太陽が出ていないので先日よりも涼しくなったのですが、それでも最高気温は23度でしたので異常です。この温暖化の影響なのか、ついにエチゼンクラゲが最北端の稚内まで北上したらしいのですが、これから年末だというのに漁業関係者の皆さんにとっては深刻な状況となっているのでしょうね。最近では温暖化について報道される回数が減りましたが、どうも不吉なことが重なっているようで心配です。

今日はヤボ用の後で郊外の家電量販店にデジカメの動作をチェックするために行ってみました。ところがこの店の品揃えはかなり悪かったので、私の目的の機種は展示されていませんでしたのでガッカリでした。店内には「笑顔と真心で地域No.1を目指します」というバナーがあったのですが、あんな品揃えじゃ無理だと思います。



coolpixs70

 それで5kmほど離れた別の大型店に行ってみました。

この店には私がネットでその存在を知って現物をチェックしてみたいと思っていたニコンの「COOLPIX S70」が置いてありましたが、この機種の最大のポイントのタッチパネル式の3.5型有機ELモニターの使い勝手はなかなか良い感じでした。薄くて軽くてレンズが出ないタイプですし、マクロ撮影も3cmということですから、私の希望にはピッタリなのですが、「デジカメは消耗品」と割り切っている私には少し高い価格でしたので悩んでしまいました。

本日のネットの最安値は25380円で、価格変動履歴のグラフによりますと9月末から順調に値下がりしてたものが最近では横ばい傾向にあるみたいですから、今後の極端な値下がりは期待薄のようなのです。画素数は1210万画素もあるのに内蔵メモリは20MBしかないのが私には不満なのですが、やはり最大のネックは価格なのです。2万円を切ってくれれば衝動買いしちゃうのですけどね?。



wakuwakukinmugi

 家電量販店の隣のスーパーでコレを見かけました。

熊本にビール工場があるサントリーが「金麦」の缶に「熊本市制120周年 わくわく都市くまもと」の文字を入れた熊本限定版を出していたのですが、パッケージの方は「熊本市民誕生120年」になっていましたので変な感じがしました。こちらも「熊本市制120周年」で構わないでしょうに、なぜこんな不思議な表現にしたのでしょうね。

熊本城の一口城主募集の案内も赤いハートマークに「いきなりあなたも一口城主」という変なコピーが入っているヤツなのですが、どうせ熊本でしか売らない商品だからと、もしかすると経験が浅い人が担当しているのかもしれませんね。金麦の缶をデザインしたデザイナーはこれをご存知ないと思うのですが、偶然に検索していて私のブログに辿り着いてコレを見たらガッカリするのでしょうね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/10(火) 23:48)

 かつお生節を散らした野菜たっぷりの冷たいおろし蕎麦
katsuooroshisoba

 雨上がりの熊本は今日も夏日になりました。

もう11月なのに温暖化の影響なのか異常な暖かさで、半袖で問題なく暮らせるほどでした。それで今日の昼食は冷たいおろし蕎麦を作ってみることにしました。普通のおろし蕎麦じゃつまらないので、先日も活躍してくれた水前寺菜などをたっぷり敷いてみました。野菜の上に冷水にさらした蕎麦と大根おろしを乗せ、アクセントとして高知土産のかつおの生節を薄くスライスしたものを散らしました。

サッパリしていて美味しかったのですが、おろし蕎麦には硬めの生節より生魚をスライスしたものの方がマッチする感じでした。さすがにもう来年まで冷たい蕎麦を食べたくなることは無いでしょうが、もしかしたらもう1回くらいあり得るかもです。異常気象ですからねぇ…



haradonutskumamoto

 今日は平日ですが、オープンする店がありました。

東京でも特徴的な店舗を見かけたことがある「はらドーナッツ」の支店でしたが、まさかこんなに早く地方都市まで店舗展開するとは予想外でした。このドーナッツはおからや豆乳を使ったヘルシーさが特徴で女性に人気らしいのですが、まだ私は試したことが無いのです。

今日から3日間はドーナッツを買った先着200組におまけで1個プレゼントしてくれるそうですから、気分が向いたら買いに行ってみようかなと考えています。ただ明日からしばらくは天気が下り坂ということですから、自転車で行く気にはなれないかもですが。店がオープンした場所はオークス通りの近くですから自動車で行って路上駐車することもできるのですが、晴れた日に自転車で買いに行って、近所の公園で太陽の下で味見するのが正解だという気がしますのでね。



hakutakeroasso880yen

 ドンキホーテでこんなラベルの酒を見かけました。

東京でもテレビCMをやっていた白岳というブランドの酒でお馴染みの高橋酒造の「しろ」という米焼酎なのですが、その地元のサッカーチームの応援ラベルの商品が出ていたのです。この「しろ」なのに赤いパッケージの商品は熊本限定らしいのですが、純白のジャケット姿の水前寺清子さんがサッカーチームの応援ソングを力強く熱唱するテレビCMも熊本でしか放送されていないのでしょう。

「熊本の勇気と誇りを見せてくれ」という陳腐なコピーは笑っちゃいましたが、水前寺清子さんの歌はなかなかのものですのですから、興味がある方は高橋酒造のウェブサイトでチェックしてみてくださ?い。ちなみに「HIKARI」という応援ソングは「着うた」でダウンロードすることもできるみたいです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/09(月) 23:59)

 100円の水前寺菜と100円の野菜セットで作ったものは…
mifunegawa100yen

 本日の熊本は晴れのち曇りのち雨でした。

11月にしては異常に暖かく、昼間は半袖で充分なくらいでした。それで今日のランチは先日の午後にイベント会場で100円で購入した伝統野菜の水前寺菜を使ってサラダを作ってみることにしました。いただいたレシピ集には水前寺菜を使った料理がいくつも紹介してあったのですが、金曜日に「You You畜産物市場」というJAの店で100円で購入した野菜のセットもありましたので、10種類くらいの野菜を使ったサラダを作ってみることにしたのです。最後にスーパーの惣菜売り場で49円で購入した穴子の天ぷらをスライスしたものをトッピングしたのですが、なかなか美味しゅうございました。

この水前寺菜の葉の裏側は美しい紫色なのですが、ポリフェノールが豊富なだけではなく、ビタミンAやビタミンB2など多くの栄養素を含んだアンチエイジングフードということですから今の時代にピッタリの野菜ですよね。まだ水前寺菜は残っていますので、レシピ集を参考にしていろいろと工夫して調理してみるつもりです。



coolpix1000

 夜にヤボ用で郊外の大型家電店に行きました。

新しいウィンドウズ7搭載のPCなどをチェックしたりして、その後に防水デジカメをチェックしていたりしていたのですが、発売が延期されていたニコンの世界初のプロジェクター内蔵の機種のデモがありましたのでチェックしてみました。家電店内の照明はコンビニ並みに明る過ぎましたので、ダンボールの底に白い紙が貼ってある手作りの箱が用意されていたのですが、その薄暗い箱の中の映像はそれなりに鮮明でしたので「な?るほど」と納得できました。

手に乗るタバコサイズの大きさのデジカメにプロジェクター機能が内蔵される時代は私が予想していたより早かったのですが、量産化されて値段が下がれば携帯電話などにも普通に搭載されるようになるのでしょうね。ニコンは無線LANで画像データを飛ばすことができる機種も出していますが、デジカメも着脱式のメディアを廃して内蔵のメモリーだけになるのも意外に早いかもしれません。そうなるとSDカードなどの記録メディアはフロッピーディスクみたいな博物館に展示されるアイテムになってしまうのでしょうね。



gakufucm

 新聞に高校の入試説明会の広告が載っていました。

もう11月ですから入試説明会の広告があるのは理解できるのですが、この壁画と「ここから君の未来が始まる」というコピーはちょっと違和感がありました。広告の右下の説明によりますと、この高校の創立50周年を記念して美術教諭により描かれたもので「英知・気品・剛気」を表しているそうですが、なんとも意味不明な作品ですし、それを入試説明会の広告に使うという神経も理解できません。

10月10日に完成したという壁画は「本校の一つのシンボルとして生徒に親しまれています」と書いてあったのですが、本当かな?と疑問です。私学がやってることですから私が文句を言う筋合いじゃないのですが、高い授業料を払ってる生徒たちは「無駄遣いすんじゃねぇよっ!」と怒っているかもしれませんからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/08(日) 23:59)

 「第二回熊本駅前二本木まつり」というイベントで…
nihongimatsuri2009

 今日の熊本は夏の終りのような暖かさでした。

なぜか土曜日だけ開催された「第二回熊本駅前二本木まつり」というイベントに自転車で出かけてみたのですが、途中でサマーニットさえ不要になってTシャツ1枚になってしまいました。この二本木まつりというのは熊本駅前のテレビ朝日系列のKABの駐車場にステージや屋台が出ているだけの小規模なイベントでしたが、自社の「サタブラ」という番組で生中継していたためなのか賑わっていました。

私は昼過ぎに会場に到着したのですが、ちょうど景品の抽選会が始まっていました。なぜか関取衆がステージに上がっていましたが、九州場所前に故郷に戻った若い力士たちに声がかけられたのでしょう。KABのマスコットキャラクターのケービィー君はあちこちにありましたが、テレビ局での開催なのに社屋内のスタジオや移動中継車の見学は13時からのわずか2時間だけということでしたのであきれてしまいました。数名の案内係を張りつけるだけで済むことですから、第3回があるとすれば改善していただきたいものです。



suizenjinaburger250yen

 二本木まつりには特に珍しいものはありませんでした。

屋台も割安なものはありませんでしたので何も食べずに帰ろうかなと思ったのですが、御船町のテントに250円の「御船バーガー」というのがありましたので試してみることにしました。これはパティなどと共に熊本の伝統野菜の「水前寺菜」をはさんだものということでしたが、値段のわりにはボリュームがあって悪くありませんでした。

水前寺菜を検索してみたら、「18世紀頃に中国から伝わったキク科の植物で、学名はGynura bicolor、別名はキンジソウ(金時草)」ということでした。江戸時代には石川県で加賀野菜として栽培されていたようですが、同じ城下町の熊本でも肥後野菜として注目されているようなのです。水前寺菜も「御船川」という名前で100円で販売されていましたので、ひとつ買ってみました。レシピ集もいただいてきましたので、近いうちにいろいろと調理してみようと考えています。



ushibukafair

 二本木まつりの帰りにスーパーに寄ってみました。

中央の吹き抜けの部分で天草の牛深市の海産物などの特産品を販売していたのですが、ステージでは地元出身の演歌歌手が生歌を披露していらっしゃいました。紅白出場歌手だって駆け出しの頃はこのような地方まわりを地道に重ねていたのでしょうが、久しぶりに昭和的な光景を目の当たりにして感慨深いものがありました。

CDが売れない時代に演歌歌手として生きていくことの苦労は並大抵のことじゃないでしょうからね。最近は熊本出身の大御所の石川さゆりのコンサートの割引券をあちこちで目にしたのですが、不況の影響もじわじわと広がっているようですし。九州は温暖な気候ですから低所得者が灯油を買うことができなくて凍えてしまうような心配は無いのでしょうが、新幹線開業にともなう熊本駅前の整備が終わったら次に何も良い材料が見当たらない熊本では深刻さが増していきそうな気配なので心配なのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/07(土) 23:59)

 熊本の庭にひとつのだけの柿の食べ頃は…?
niwanokaki

 九州各地から紅葉の便りが届き始めました。

温暖な熊本でも標高が高い地域では見頃を迎えているということですから、近場の山が色づきはじめるのももうすぐでしょう。庭には昨年の植木市で購入した柿の若木があるのですが、その細い枝にひとつのだけ柿が生っていました。

本来は若木の頃は実が小さなうちに間引いてしまう方が良いらしいのですが、知らないうちに育ってしまっていたものですから手遅れになってしまいました。こうなれば完熟するまで待って味見をしてみるつもりです。その前にカラスにやられなきゃ良いのですが…



youyouichiba

 これは10月10日にオープンしていた店です。

オープン前にはテレビで宣伝していましたし、オープン後にもローカルの情報番組で賑わう売り場から生中継していましたので行ってみようと考えていたのですが、しばらくの間は混んでいそうでしたので様子見をしていたのです。もうそろそろ落ち着いたかなとヤボ用の帰りに寄ってみたのですが、平日の午後だというのに駐車場にはたくさんの自動車が停まっていました。

この「You You畜産物市場」という店はJA熊本が経営してるようで、基本的には農畜産物が多いのですが、大型店ですから酪農製品や魚介類まで扱っていました。店の中央には近隣農家の名前入りの野菜直売コーナーがありましたが、他のスーパーに比べてさほど割安感はありませんでした。何かもう少し面白いものがあれば再訪してみようと思うのですが、JAは古い体質ですから無理みたいですね。



kumamotokomematsuri

 11月中旬にはこんな農業イベントもあるようです。

「農業フェア」というのと「米まつり」が合体したもののようですが、地元の食材を使った千人鍋というのが目玉のようです。その他にも熊本ではお馴染みのミュージシャンたちのショーがあったりするようですが、きっと近所の家族連れで賑わうことでしょう。

この会場の熊本県農業公園というのは自動車で30分ほどの合志市にあるようですから、天気が良ければドライブしに行ってみようかなと考えています。でもどうせ行くなら千人鍋が無くならないうちに早めに出かける必要があるようですね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/06(金) 23:59)

 神戸の長田名物「ぼっかけ丼」と伊勢海老みそ汁
bokkedon

 本日は生まれて初めてのものを作って食べました。

10月14日に神戸に鉄人28号を見に行った時に長田地区名物の「ぼっかけ」というのを商店街の食堂で見かけて試してみようかなと思ったのですが、さほど空腹じゃなかったのでスーパーでレトルト食品を買って帰ったのです。この「ぼっかけ」というのは牛スジとコンニャクを煮込んだもので、長田地区ではそれをうどんやご飯の上に乗せたりして食べているみたいなのです。私は商店街の定食屋で見かけた卵とじの丼仕立てのものを作ってみたのですが、濃い味が玉子でマイルドになってなかなか美味しゅうございました。

一緒にいただいたのは宮崎県産のインスタントの伊勢海老みそ汁でしたが、こちらはブラインドテストしたら伊勢海老とはわからなかったと思います。まあ顆粒状のインスタント食品でしたから限界はあるのでしょうが。レトルトの「ぼっかけ」はたしか200円弱で安いものじゃなかったのですが、常備しておけば「ぼっかけうどん」や「ぼっかけ丼」を簡単に作ることができますので便利かもです。



kumamotosanyasai39yen

 先ほどスーパーで安い野菜を見かけました。

目玉商品でブロッコリーとサラダ菜が39円だったのですが、まだ路地物だからなのか安く売られていたのです。北海道に住んでいた頃に50円で買ってきたブロッコリーの苗を育てて3個ほど収穫したことがありましたが、手間ひまかけて育てるのが馬鹿らしくなるような値段ですよね。しかもアメリカ産じゃなく地元のものですから。

こんなに安いのでブロッコリーのスプラウトは別にして、家庭菜園では育てる気にはなれないのです。成長すると背が高くなりますので収穫する時は楽なのですが、けっこう場所を取りますので狭い家庭菜園には向かないですからね。



kumamotomybugkun

 これはたまに見かけるエコキャンペーンのCMです。

熊本市では9月1日から10月31日まで「レジ袋ダイエットキャンペーン」という社会実験をやっていて、その周知徹底のために昭和っぽいアニメを使ったCMを放送していたのです。レジ袋を有料化することにより、マイバッグ持参率の50%を目指すということでしたが、私が見る限りでは既に達成しちゃってるように思えます。

このCMにはテーマソングがあるのですが、熊本市のウェブサイトではそれを見ることができないようでしたし、このキャンペーン独自のウェブサイトも見当たりませんでした。テレビで広告することに比べれば専用のウェブサイトを作ることくらい安いものでしょうが、熊本市の環境保全局環境保全部環境企画課の温暖化対策室にはウェブサイトの重要性を進言する人が誰もいなかったのでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/05(木) 23:59)

 単色刷りの折り込みチラシに「売り切れごめん」の誘惑が…
sanma49yen

 熊本もずいぶんと秋っぽくなってきました。

秋は収穫期ですし「食欲の秋」でもありますので、美味しいものをいろいろと食べたいのですが、次の旅行も控えていますので贅沢はできないのです。それで毎日の新聞の折り込みチラシのチェックが欠かせないのです。単色刷りのチラシに「売り切れごめん」の刺身用の生サンマが49円と魅力的な値段で出ていたのですが、これを見たのが昼過ぎでしたので買いものに出かけるのはあきらめました。

しかし単色刷りの折り込みチラシって安いのがいろいろ載っていて楽しいですよね。制作費や印刷費を抑えることにより売値を安くしているのでしょうが、今の時代はそういった企業努力が大事でしょう。次回は早朝にチェックして買い逃さないようにしたいと思います。



suidoukouji

 ようやくトイレの水道の修理が終わりました。

右側のカーブした給水パイプのつばの部分がひび割れて漏水していたので、まずはホームセンターで使えるものがないかを探したのですがピッタリのものは無かったのです。つば付きの真っ直ぐなパイプは300円くらいから売っていたのですが、カーブしたものやフレキシブル構造のものは置いてなかったのです。それで製造メーカーのお客様相談室に問い合わせをしてみたら、そのものズバリのものが現在でも入手可能ということでした。

しかしそれは豪華なディナーを食べることができるほど高価でしたし、納期が2週間もかかるということでしたので断念しました。それでつば付きのパイプを半分に切断して、それを柔軟性があるゴムホースでつなぐ方法を考えたのですが、見栄えが悪くなるので何か他の方法はないかと模索していたのです。ひび割れた部分を溶接することも考えましたが、厚くなってしまうとネジが締まらなくなるかもしれないので止めておきました。それで薄いワッシャーをパイプにはめて、それとひび割れて取れてしまったつばの部分を弾力がある接着剤でくっつける方法を試してみたのですが、これが上手くいきました。修理にかかった費用は牛丼よりも安かったのですが、妥協してメーカーから新品のパイプを取り寄せなくて良かったですよ。



komesakajisan

 先ほどのニュースでこんなキャラクターを見かけました。

熊本県は農業に力を入れているのですが、最近では地球温暖化の影響で米が白濁化することを防止するために品種改良することなどに取り組んでいるようでした。最近では「おてもやん」の顔をおにぎりに取り替えたような「お米やん」というキャラクターが秋の新米キャンペーンなどをやっていたりするのですが、新しい米粉のキャラクターは「花咲かじいさん」がモチーフとなっているようです。

米粒を擬人化するのは構わないと思うのですが、それがおじいさんだと古米のイメージが重なってしまってマズいんじゃないでしょうか。それに擬人化した米粒を砕いたものをおじいさんが撒くというのも考えようによってはかなりブラックですしね。「美味しい米粉で暮らしに花を咲かせましょう!」というコピーもありきたりでつまらないですし、これはゼロベースで再考すべきなんじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/04(水) 23:59)

 2008年度のモンドセレクション最高金賞受のお菓子
chikushimochi

 ついに阿蘇では今年初めての氷点下を記録しました。

熊本市内も少し冷え込んだのですが、晴れていましたので午後は暖かくなりました。本日は福岡土産のお菓子をいただいたのですが、素朴で繊細な和風のもので美味しゅうございました。「筑紫もち」というのは聞いたことがなかったので検索してみたら、福岡市の博多駅近くにある「如水庵」という和菓子屋の看板製品のようで、モンドセレクションの金賞を2年連続で受賞してるということでした。

しっとりとした餅の上にきな粉がかかっていて、それにパック入りの黒蜜をかけて食べるという単純な構造の和菓子なのですが、シンプルゆえに誤魔化しが効かないと思いますので、微妙な努力の積み重ねの末に世に出た製品なのでしょう。こんなに小さいのに1個100円くらいするみたいですが、たまには小さな贅沢も悪くないでしょう。



konohanaosechi16000yen

 新聞には早くもおせち料理の広告が載っていました。

もう今年も2ヶ月ほどですから当然かもしれませんが、10月末にKFCの前でカーネル人形がサンタさんの格好をさせられていたのを見た時は、ちょっと早過ぎるんじゃないかなという気がしました。おせち料理もちょっと早過ぎる気がしましたが、高い食材を使うので事前注文で食材の無駄を出さないようにするために仕方がないのかもしれません。新年を祝うことに興味がない私には無関係のものですが。

ちなみに「木の花ガルテン」というのは大分の山間地にある大山町という小さな町のブランドなのですが、なかなか頑張っている地域なのです。大分は「1村1品運動」の発祥の地ですが、この大山町は小さくてもキラリと光る地域で「農家おもてなし おせち」というコンセプトも悪くないと思います。大山町は平成の大合併で現在は日田市の一部となっているようですが、いつまでも小さな町の良さを失わないでいただきたいものです。



angelsanddemons

 出たばかりの「天使と悪魔」のDVDを観ました。

駄作だった「ダ・ヴィンチ・コード」の続編ですので期待していなかったのですが、普段は想像するしかないヴァチカンの裏側が描かれていましたのでそれなりに楽しむことができました。主人公のロバート・ラングドン役のトム・ハンクスが控え目な感じだったのも良かったのですが、ユアン・マクレガーはミスキャストだと思います。「ミス・ポター」の時もそうでしたが、ちょっとこの役にも若過ぎる感じでしたからね。

監督は私が苦手なロン・ハワードでしたが、1時間に一度事件が起きるという原作のストーリーに助けられて退屈せずに済みました。しかしいくらローマやバチカンが狭いといっても、わずか数時間じゃ無理だろうと疑問に思うことはありましたが、なんとかギリギリ許容範囲でした。しかしこの映画を観て宗教としてのカソリックの恐ろしさを改めて痛感させられましたよ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/03(火) 23:59)

 つい最近まで知らなかった家庭用通信機器の進化とは…?
dokodemodoorphone

 11月になってようやく秋っぽくなってきました。

北海道などでは初雪が降ったようですが、熊本はまだセーターも必要ないくらいです。しかし天気予報では阿蘇山頂などの高地では積雪があるかもということでしたので、そろそろ紅葉狩りに出かけることを真剣に考えなければならないようです。今日は家電のショールームにインターホンを見に行ったのですが、それは固定電話の子機の調子が悪いためでした。ネットで電話を吟味していたら電話機の子機がインターホンにも対応してるということを知ったので、それじゃついでにインターホンもカメラ付きの新しいのに換えてしまおうかなと考えたのです。

ネットで見るまで知らなかったのですが、いつの間にかインターホンも進化していて、固定電話の子機風のワイヤレスモニター子機という便利なものがありました。この子機を手元に置いておけば来客があった時に壁に貼り付いてるインターホンのモニター親機の所まで行く必要はなく、同じメーカーの対応機種であれば電話の子機として使うこともできるのです。カメラ玄関子機とモニター親機、そしてワイヤレスモニター子機の3点セットで3万円ほどしちゃうのですが、楽できそうですから真剣に検討してみることにしました。ちなみにもう2万円ほど払うとリビングのプラズマテレビの画面に来客の映像を自動的に出すこともできるのですが、さすがにそれはもったいないので却下しました。



kawanouenokaki

 近所の柿の実が食べ頃に色づいていました。

しかしこの柿の木の大部分は川の上にありまして、通販でお馴染みの高枝切りハサミみたいなものが無ければ収穫できない感じなのです。以前にクイズ番組で「空中で敷地を越えてきたものは勝手に取っても構わない」ということを聞いたことがありますが、この場合は川の上ですからどうなるのでしょうか。

川の敷地は国のものでしょうから河川事務所の役人が収穫して有効利用することは合法なんじゃないかなという気がします。そんなバカなことを考えていて思いついたのですが、実験的に都市近郊の川の上にワイヤーを張って、それにゴーヤとかトマトなどの植物を這わせて育てるというのを都市緑化の国家プロジェクトとして検討するのも良いかもしれません。管理などは地元のNPOに委任すれば良いでしょうし、割安な料金で近所にお住まいの方に船で収穫してもらうと合理的かもしれません。



kodawarikimuchi

 新聞に韓国料理講座の広告が載っていました。

11月20日から毎週金曜日にキムチを作る講座が開催されるということでしたが、そういえば昨年の秋にソウルに行った時に宿のおばさんから出来立てのキムチをいただいたことを思い出しました。帰国前にメキシコシティで韓国料理を食べたのですが、こんな広告を見ていたらそろそろ食べたくなってきました。

驚いたのは全5回の講座が24000円もするということでしたが、いくら材料費込みということでも高過ぎると思います。まあどうせその時期は熊本にはいないはずですから、受講料が安くても参加できないのですが。24000円もあったら博多港から釜山まで行って、本場でキムチ漬けを勉強した方が楽しそうですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/11/02(月) 23:33)

 霜月の悲しみの雨に濡れる白川左岸の樹木たち
shirakawasagan

 本日の熊本は雨が降って肌寒くなりました。

それでも小雨になったタイミングを見計らって熊本大学でのシンポジウムに参加するために自転車で出かけたのですが、その途中で白川の左岸の工事現場を通りました。私が旅行に行ってる間に歩道が完成していたのですが、まだ通ることは許されていないようでした。

これで工事終了なら問題ないのですが、この歩道から数メートルだけを残して河岸がザックリと削り取られてしまうことになっているので、心ある市民は景観が台無しになってしまうんじゃないかと心配しているのです。川岸の木々はできるだけ移植されるという話のようですが、業者は「虫害で残せなかった」とか「老木だったので…」などの理由を捏造して切り倒したりするんじゃないでしょうか。



kumadaievent

 雨でしたのでシンポジウム会場はガラガラでした。

本日は熊本大学設立60周年・法学部設立30周年記念ということで熊本市長をゲストに迎えてのものでしたが、テーマは「今、求められるまちづくりとは」と面白そうなものだったのです。しかし最初の学者の方の「市町村合併後のまちづくり」という講演はアウトラインをなぞっただけのものでしたし、2番目の熊本市長にいたっては最近の政令指定都市化の苦労話や住民参加の取り組みをいくつか説明されただけでしたのであきれてしまいました。

議題が「今、求められるまちづくりとは」というものでしたから、新幹線の開業後や政令指定都市になった後のあるべき姿を討論されるものなのかと勝手に期待していたのですが、そのような将来ビジョンはまったく話題とならなかったのです。「わざわざ雨の中を出かけてきたのに時間を無駄にしたな…」とガッカリしたのですが、私のように自発的に参加した人はあきらめもつくでしょう。しかし賑やかしのために動員された法学部の学生さんたちは大迷惑だったでしょうね。



orc

 新聞に聞いたことがない航空会社の広告がありました。

ORCという会社とANAとの小型機による共同運航便が今日から福岡と五島列島を結ぶということでしたが、年末に向けて不況が深刻化しそうな雰囲気の上にJAL再建が話題の時期ですから関係者の皆さんの心境はシリアスでしょうね。NHKで「龍馬伝」が始まって長崎県を訪れる観光客が増えたとしても、ストーリーに無関係の五島列島まで足を延ばす人は多くは無さそうですしね。

しかしORCという社名は「ORIENTAL AIR BRIDGE」の略らしいのですが、発想が「TOKYO SKY TREE」と似たようなレベルですので違和感があります。発案者は独創的な名前だと満足しているのかもしれませんが、私はあまり感心できない傾向だと思います。余談ですが、右上の新婚カップルをお祝いする新聞広告には驚かされました。どこの方か知りませんが、末永くお幸せに?。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/01(日) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア