新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 2009年の「あなたが選ぶ10大ニュース」は…?
gougai

 大晦日は自転車で池袋方面に行ってみることにしました。

池袋の西口の地下通路に年末らしい2009年の「あなたが選ぶ10大ニュース」という企画のディスプレイがありました。通行人がビニールに入った印刷物を剥がして持って帰ると壁新聞的な内容が顔を出すというありきたりなものでしたが、一般人の基準はどんなものかなと興味が出てきましたので私も1枚いただいてきたのです。

1位 歴史的政権交代で鳩山内閣発足

2位 日本でも新型インフルエンザ流行

3位 「裁判員制度」スタート

4位 日本がWBC連覇

5位 酒井法子容疑者、覚せい剤所持で逮捕

6位 天皇陛下即位20年

7位 高速道「上限1000円」スタート

8位 イチロー選手が大リーグ史上初の9年連続200安打

9位 巨人が7年ぶり21度目日本一

10位 「足利事件」の菅家さん釈放 DNA鑑定に誤り

スポーツが3つも入っていたのはガッカリでしたが、一般読者の投票でに選ぶとこんなものかもしれませんね。私が同感できるものはほとんど無かったのですが、この「日本人の常識」が私が日本で暮らしにくい原因のひとつなのでしょう。(笑)



esola

 これは池袋西口にオープンしていたテナントビルです。

11月27日にオープンしたばかりの「エソラ池袋」という9階建て40店舗規模の商業ビルでしたが、場所は駅前ですから抜群に良いものの、隣の巨大な東武デパートに較べると敷地面積が小さ過ぎましたので上層階は苦戦しそうでした。池袋を通勤経路とするOLさんたちのためにソツなくテナントを集めてあって悪くは無いと思ったのですが、このビルの経営母体が東京メトロのグループ会社のメトロプロパティーズということが気になってしまいました。都内で「メトロ・エム」や「Echika」などの商業施設を運営してる会社のようですが、この「エソラ池袋」は既存の空きスペースをリノベーションして有効利用するようなものでなく、新らしく建設したものでしたからね。

公式ウェブサイトを見てみたら、「東京地下鉄株式会社」は日本政府が53.4%、東京都が46.6%の株を持つ公的な色彩が強い企業ということですが、頑張り過ぎると民業圧迫になるんじゃないかと思うのです。国や都に税金を払っている人たちは東京メトロには副業よりも本業をしっかり頑張ってもらいたいと願っているんじゃないでしょうか。メトロプロパティーズが儲かっても内部で留保されそうですから、電車代が安くなるというわけじゃ無さそうですしね。(笑)



labinihonsouhonten

 池袋三越跡にオープンした家電量販店にも行ってみました。

最近は積極的に都心部に進出しているヤマダ電機が10月30日に池袋駅東口正面にオープンさせた「LABI1 日本総本店池袋」というスゴい名前の旗艦店でしたが、かつて三越だった時代があったとは信じられないほどの盛況ぶりでした。この新店舗は7000坪に150万点の品揃えということなのですが、さすがに迫力がありました。建物の外壁に「地球に優しい省エネ・環境保全活動を積極的に推進してまいります」と大きく表示されていましたが、その具体策はどんなものかわかりませんでしたし、明るい店内の電源が入った多くの家電の電気使用量のことを想像すると大いに疑問です。

次の避寒旅行用に購入を考えているデジカメは価格コムの最安値より3000円ほど高かったのでガッカリでしたが、1階に展示してあった東芝の「CELL レグザ」をいじることができましたので良かったですよ。10月6日からのCEATECでデビューした次世代テレビですが、3TBのハードディスクに8チャンネル分を同時に26時間自動録画するということですから、ついに家電もそんな時代になったのかと感心させられました。PCでは新しくない機能ですが、まったくスキルが無い高齢者たちでも慣れれば使いこなすことができるはずですからね。個人的には10大ニュースに入れたいくらいですよ。



hatoyamagoten

 池袋からの帰りに鳩山御殿に寄り道してみました。

音羽の講談社の近くにありますので、何度も鳩山御殿の前は通ったことはあったのですが、お金を払ってまで見るものじゃないと今まで素通りしていたのです。年末年始は休みで静かなものでしたが、通常なら地方からの団体さんも少なくないみたいです。

グーグルマップで「鳩山会館」を検索してみたら航空写真で建物や庭の様子を詳細に窺い知ることができましたし、ストリートビューで正門だけでなく、裏の路地から丘の上に建ってる鳩山会館の外壁も確認できました。私は生で見てみようと急な坂道を自転車を押して上がってみたのですが、鳩山御殿の裏側を手が届きそうな距離から見ることができました。意外と安普請な感じがしたのですが、裏側は手を抜いちゃったのでしょうか?(笑)



ichigayataiikukan

 その後に事業仕分けの会場にも立ち寄ってみました。

話題になった国立印刷局の印刷局記念館でしたが、大晦日でしたからかつての盛り上がりがウソのように静まり返っていました。グーグルマップでは「お札と切手の博物館」と表示されますが、「印刷局記念館」で検索してもちゃんと飛んで行ってくれます。ここでお人好しの国民を騙す茶番劇が繰り広げられたのですが、数年後には無駄な国有財産として「事業仕分け」されて売却されてしまうかもです。

しかしこの印刷局記念館の敷地は防衛省の裏手になりますので、世の中がきな臭い方向に向かえば平和憲法が書き換えられて日本軍の施設として使われるようになるのかもしれません。今も「防衛庁の天皇」と言われた守屋武昌の手法を引き継いだであろう防衛官僚たちはアメリカの軍産複合体のやり口を真似て、危機や仮想敵を捏造して自分たちの勢力拡大を企んでいるでしょうからね。今回の事業仕分けに喝采を送った国民は海外からの武力攻撃がありそうだとなれば、防衛予算を倍増することに盲目的に賛成するはずですし。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/31(木) 23:59)

 2009年末のアキバで見た4GBのmicroSDカードの最安値かも…
toshibasdcard

 東京3日目は年末らしく冷え込んできました。

今日は早めに一昨日のプチ忘年会の残り物をいただいてから、友人から頼まれたSDカードなどを買いに都心の空いた道を走り抜けました。年末のアキバは閉まってる店は2割ほどで、いつもとたいして変わりませんでした。おそらくボーナスでPCや家電などを買って、新商品をいじりながら寝正月というパターンが多いんじゃないでしょうか。

私はいつものように裏通りに自転車を停めて安い掘り出し物を探したのですが、あまり面白いものはありませんでした。友人から頼まれたSDカードの条件は「書き込みスピードが速くてデータが飛んでしまわないような国産の4GBの製品で安いヤツ」ということだったのですが、数店舗を比較してみて1980円の白い東芝製品を選んでみました。後で価格コムで検索してみたら同じ商品と思われるものが2623円でしたので最安値だったのかもしれません。

私は買うつもりは無かったのですが、ある店のレジの前に4GBで760円というmicroSDカードがありましたので衝動買いしてしまいました。後で価格コムで検索してみたら4GBの最安値は876円でしたが、こちらも2009年の最安値なのかもしれません。手書きPOPには「東芝OEM商品」と書いてありましたが、どれくらいの信頼性があるものかはまったくわかりません。まあ私はブログを更新する時にデータをPCにコピーしていますので、仮にトラブルがあったとしても被害は最小限で済むはずですから安いヤツで構わないのですが。でもあまりにも小さいので無くしてしまう危険性はあるのですけどね。最近はイージーミスが多いので気をつけなきゃ…(笑)



akibanokanji2009

 アキバらしい「2009年の漢字」を見かけました。

裏通りにオープンした「まんだらけ」のコンプレックスという店の入り口に貼ってあったのですが、独断と偏見で「エヴァンゲリオン」の劇場版が公開されてブームが再燃したことを根拠に選んだということでした。今年は小沢が傀儡政権を擁立して日本を破壊しようとしていますので、本家の「新」よりも「破」の方がピッタリなんじゃないかなという感じもします。しかし北朝鮮との緊張関係が高まったり、中国がバブル崩壊して内戦などに発展して日本の世論が右傾化して軍事オタクの石破茂が総理になるようなこともあり得るでしょうから、その時のために取っておくべきかもですが。(笑)

ちなみにエヴァンゲリオンは私も久しぶりに見てみたのですが、物語の前半でしたのでなかなか楽しむことができました。ハリウッドでジェームズ・キャメロン監督あたりが3Dでリメイクしてくれれば問題のラストも上手く軟着陸してくれるんじゃないかと思うのですが、日本のエヴァンゲリオンファンからしてみると邪道なのでしょうね。



ameyoko30122009

 アメ横に行ってみたらスゴいことになっていました。

テレビの中継でも人出が多いと言っていましたが、最盛期の札幌の雪まつりのように係員が左側通行を呼びかけてるくらいでしたから、私がこれまで見た中では最高の通行量でした。つまり右側の商店が気になっても気軽に立ち寄ることはできないわけでして、ちょっと異常な盛り上がりだったのです。私はお菓子の二木の路地を自転車を押して通り抜けようとしたのですが、動きが止まりそうでしたから途中で引き返しました。

私は特に割高な新年用の食品を買いたいわけじゃありませんでしたから素通りしただけなのですが、両手にカニや数の子などの箱を持った人も多く見かけました。ここに来ると「ホントに日本の景気って悪いの…?」という気になってしまうのですが、アメ横もこの時期だけの盛り上がりなのでしょうね。



ueno30122009

 京急上野駅の横の聚楽台が工事に入るようでした。

このレストランは上野駅前に残る昭和チックな心和む風景でしたが、建物の老朽化のために4月21日で閉店したということでした。今日のニュースで東京タワーの大食堂も最終日ということでしたが、この聚楽が閉店した時もそれなりに話題になったことでしょう。2010年秋の再オープンを予定していることでしたが、名物の西郷丼は次世代に継承されていくことでしょう。

上野には他に選択肢がありますので私は一度も敷地内に足を踏み入れたことは無かったのですが、閉まってしまうと一度くらい試してみれば良かったかなという気持ちになってしまいます。まあそんな感傷的な気分になるのも大晦日の夕暮れだからかもしれませんが。



lamptei400yen

 ちょっと早めに夕食をいただくことにしました。

上野のドンキホーテで買い物を済ませて走っていたら、神戸らんぷ亭の前に「デフレをぶっ飛ばせ!円高還元キャンペーン」というバナーがありましたので休憩がてらに夕食を済ませておくことにしたのです。定価500円のかつ丼が100円引きになっていたのですが、最近はかつ丼を口にしていなかったのでタイミングが良かったのです。

このチェーン店に足を踏み入れたのは2度目でしたが、公式ウェブサイトをチェックしてみたら2005年にダイエーグループから株式譲渡されてミツイワ株式会社グループの外食部門として再スタートしたということでした。牛どんチェーンとしては話題になることが少ないですが、関東に35店舗くらいしかないためでしょうか。しかし店名に「神戸」とありながら関西には1軒も無いみたいなのです。それに由緒ありげな雰囲気を醸し出そうとしていますが、創業は1993年とたいしたことはありませんしね。不況による値下げ合戦が続けば、近いうちに体力を消耗して消え去ることもあるかもです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/30(水) 23:59)

 2009年末に気になった逝く店・来る店
hararollaoyama

 東京の2日目も穏やかに晴れてくれました。

午後にアフリカで知り合った学生さんと目黒でランチを食べる約束をしましたので自転車で出かけたのですが、しばらく走ったところでロールケーキの専門店がオープンしているのを発見しました。これは急成長を続けるはらドーナッツの姉妹店で、神戸本店に続く2店舗目として神宮前に12月2日にオープンしたということでした。

1本売りの「はらロール」は白巻と青巻の2種類があり、その他にも切り売りされるものが紅茶や抹茶など6種類ほどがあるようでしたが、昨晩に2種類の不二家のミルキーロールを食べたばかりでしたから今日は何も買いませんでした。食べようと思えば食べることはできたのですが、ランチ前でしたので止めておいたのです。



eternallights

 久しぶりに恵比寿ガーデンプレイスに寄ってみました。

ジョエル・ロブション前のセンター広場に「Baccarat ETERNAL LIGHTS ?歓びのかたち?」という企画で世界最大級のバカラ製のシャンデリアが展示されているということでしたので、その様子を見に行ってみたのです。クリスタルパーツの総数は8472ピースで、ライトの総数は250燈ということでしたが、かなり立派なものでした。

開催期間はなぜか2009年11月3日から2010年1月11日までと中途半端なものでしたが、昼間でもなかなかキレイでした。しかしやはりコレを眺めるのなら雪の夜が最高なのでしょう。しかしもう一度、夜に出直して来るという気にはなれませんでしたが。(笑)



wendyslastlunch680yen

 ウェンディーズの目黒店はえらく混んでいました。

1980年に銀座に1号店がオープンして現在では関東や関西を中心に70店舗ほどの支店があるようですが、今月末にフランチャイズ契約が切れるので、日本からは撤退することになったらしいのです。それで最後にもう一度食べておこうと皆さんが考えたみたいで、13時を過ぎていたのに店の自動ドアが閉まらないほどの行列ができていたのです。ウェンディーズは日本からは無くなるものの、海外ではいくらでも食べることができますので、私は日本にしか無さそうな660円のクリーミーマッシュルームチキンのセットをオーダーしてみました。そのセットのコーヒーのサイズがあまりにも小さかったので、もう20円払って大きめのサイズに交換してもらいました。

食べてみての感想は、「美味しくないことはないのだけれど割安感がまったく無いので、次回も行ってみようとは思わないだろうな…」というものでした。日本から消えてゆくチェーン店に改善や向上を望むことはできないのですが、せっかく最後に食べておこうと多くのお客さんが来てくれたわけですから、15分毎くらいに店員さんがコーヒーのお代わりを注いでまわって感謝の気持ちを伝えたら良かったんじゃないかなと思いました。子供にはソフトクリームなどを無料で配ってもとも思いましたが。親会社のゼンショーも不況でたいへんかもしれませんが、それくらいはやるべきだったんじゃないでしょうか。



roppongihills29122009

 目黒から白金を通って六本木に行ってみました。

今年のイルミネーションの点灯式のゲストは米倉涼子だったらしいのですが、約400mのけやき坂通りの白色と青色のLEDを使ったイルミネーションはなかなか見ごたえがありました。ちょうど広場からの横断歩道のあたりからだと東京タワーも見えますので、ほとんどの観光客が携帯で撮影していました。

このけやき坂のイルミネーションの協賛はサムスン電子らしいのですが、特にそれをアピールするような看板やバナーは見当たらなかったので悪くないと思いました。表参道はHISの宣伝がヤボですから、控えめなこちらの方が好感が持てます。しかし例えば東京に留学中の韓国人の学生さんあたりがけやき坂で観光客の皆さんに「写真を撮りましょうか?」と声をかけてまわり、「サムスンの日本法人のウェブサイトに載せておきますから…」とウェブサイトのアドレスとパスワードが入ったカードを渡すようにすれば喜ばれると思うのですが。たいした費用はかけないで企業イメージをアップできる良い方法でしょうから、来年はそういったことを企画してもらいたいものです。



akasakasakas29122009

 最後に赤坂サカスまで行ってみました。

TBSストアの周りにやけに人が多いなと思ったら、期間限定でTBSストアを放送センターの1Fに移転させて、SMAPのグッズを売る店をオープンさせていたようでした。SMAP SHOPはたしか以前は表参道でやっていたりしましたが、赤坂サカスの集客アップのためにジャニーズ側に良い条件を提示して誘致したのでしょうか。

今年のSMAP SHOPのテーマは「CHAN TO SHI NAI TO NE!」ということのようですが、これは近くのミッドタウンで泥酔して問題を起こした草君を戒めているのでしょうか?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/29(火) 23:59)

 約2ヶ月ぶりの年末の東京で見た意外なものとは…
kanjyo2gousen

 約2ヶ月ぶりの東京は穏やかに晴れてくれました。

友人宅で遅い朝食をいただいてから銀座方面へと自転車で出かけたのですが、その途中でマッカーサー道路と呼ばれた「都市計画道路環状2号線」の工事現場を横切りました。今年の7月4日に道路拡張予定地にひっそりと残っていた日比谷神社のことをアップしたのですが、境内の樹木と共に消え去っていました。このどこかに歴史ある建物があったのですが、今ではそれがどのあたりに存在していたのかさえわからなくなっていました。

今回ちょっと驚いたのは景気が悪い時代なのに、道路沿いに20階建てくらいの薄いビルの新築工事が進んでいたことです。完成時には景気も底を打って回復基調へ転じることがあるかもしれませんが、逆に中国のバブルが崩壊して街には失業者があふれるようになるかもしれません。余計なお世話でしょうが、イザという時は難民化した新橋のサラリーマンたちを収納できるようにシェルターにも転換できるように設計しておくべきかもしれません。(笑)



af28122009

 銀座のアバクロには行列ができていました。

15mほどの短さでしたので10分ほどで入店できたとは思うのですが、アメリカでは並ぶことなんて想像もできないアバクロごときに1秒だって使う気にはなれませんでした。オープン日にテレビ中継で見た限りではアメリカでの価格の倍くらいするという話でしたし、私が欲しいようなタイプの商品は皆無でしょうからね。

この画像にはみの傘を被った人たちが写っているのですが、彼らは来年の1月9日から封切られる「彼岸島」というコミックが原作のオカルト映画のキャンペーン隊のようでした。この格好でゾンビ風のメイクをして銀座を歩き回るのでかなり目立っていましたが、アバクロみたいに広告を積んだ巨大なトレーラーを走り回らせるわけじゃないのでマシかもしれません。巨大な自動車に較べたら数人の人間が出す二酸化炭素なんて知れたものでしょうし。



fujiyamilkyroll1000yen

 不二家の数寄屋橋店ミルキークリームロールを買いました。

友人から「今晩のプチ忘年会の料理は作るので、ピエール・エルメあたりでデザートでも買ってきて…」と言われたのですが、年明けの避寒旅行前にそんな贅沢はできませんから、テレビの情報番組で見て試してみたかった1本1000円のミルキークリームロールを買ってみることにしたのです。こんな機会でも無ければ一生口にすることは無さそうでしたしね。

この画像を撮影した後に数寄屋橋店限定の1本800円の銀座ミルキーロールも買ってみたのですが、ふたつを食べ較べてみても大きな違いは発見できませんでした。たしかに店員さんが仰るように銀座ミルキーロールの方が濃厚な味わいではありましたし、ロール生地の風味も違ったのですけどね。「限定」という言葉に負けないで、やはり1本だけにしておけば良かったと少し後悔しちゃいましたよ。(笑)



harimayaginza

 休憩がてらに播磨屋の銀座店に行ってみました。

10月3日に霞が関店で初体験した播磨屋でしたが、なかなか美味しかったので銀座店も試してみることにしたのです。さすがに銀座は地価が高いためか晴海通り沿いのビルの2階にあったのですが、おかきと飲み物が無料ですから文句があるはずはありません。皆さんも同じ思いのようでして、決して良いロケーションとは言えないのですが細長いカフェスペースはほぼ満員でした。

前回と同じように今回も居心地の悪さを感じたのですが、その理由は何度も繰り返される注意事項のアナウンスと天井の変な説教のようなバナーのせいでした。それに加えて播磨屋のオーナーらしい播磨屋助次郎氏が書かれた「真実」というタイトルの著書もありましたので、居心地の悪さは頂点に達したのです。それがどれくらいのものなのかは播磨屋助次郎氏の公式ウェブサイトをチェックされてみると理解できると思いますよ。(笑)



slow21

 久しぶりに「スロウ」という季刊誌を買いました。

この足で稼いだレアな北海道の情報を上手く料理した季刊誌は北海道に住んでいる頃には何冊か買ったことがあったのですが、東京では有楽町の交通会館のどさんこプラザくらいでしか入手できないので、最近は公式ウェブサイトで概要を知るしか術が無かったのです。

今回の21号の特集は北海道らしい二段勾配の屋根が特徴の畜舎をカフェやギャラリーにリノベーションした力が入ったものだったのですが、かつて札幌近郊の牧畜エリアに暮らしていた私にとっては心に沁みる懐かしい風景でした。この雑誌はデフレ時代であっても定価が880円のままと少し高いのですが、雑誌のスタイルを表面的に真似する雑誌は増えても独特の視点をキープして丁寧に作られているようですから私は我慢せねばならないのでしょう。



dinner28122009

 今晩は古い友人たちとプチ忘年会を開催しました。

料理上手な友人がすべて用意してくれましたので私は食後の片付け係をやれば良かったのですが、久しぶりになかなか豪勢な夕食となりました。いちばん左の皿は名古屋の友人のオススメの百老亭という大須の老舗の餃子屋さんで20個1000円で買ってきたものでしたが、大陸的な小ぶりの餃子でなかなか美味しゅうございました。

しかし名古屋の友人も指摘していましたが、このデフレ時代に持ち帰り餃子が10個で500円というのは少し高いと思います。大須のお店で焼いてもらって食べるのならその値段でも納得ですが、持ち帰りなら380円くらいで抑えておいて欲しいところです。名古屋の友人は「小ぶりだからもう少し買っては…」と助言してくれましたが、20個で止めておいて正解でした。このテーブルの上の料理以外にロールキャベツやパスタなども出ましたのでね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/28(月) 23:59)

 約2年ぶりの名古屋でいただいたランチはやっぱり…
misonikomiudon800yen

 私の名古屋訪問は約2年ぶりでした。

過去のブログをチェックしてみたら前回は2007年の10月26日で、その日は金曜日で友人は仕事だったので、私は1人で大須の「矢場とん」で1050円の味噌カツ丼を試していました。今回は友人が昔から通ってるという大須の老舗で味噌煮込みうどんをいただくことにしたのです。友人は1000円の玉子かしわうどんを、私はいちばんプレーンな味噌煮込みうどんを試してみたのですが、やはり本場の八丁味噌が効いた熱々のものは格別なお味でした。

しかし正直な感想としては、以前に真冬にオートバイで旅行した時に寒さと空腹に耐えかねて国道沿いの適当な店に飛び込んで食べた味噌煮込みうどんの味には敵いませんでした。今日は12月とは思えない春を想わせる穏やかな天気でしたし、それほど空腹というわけじゃありませんでしたからね。やはり味噌煮込みうどんは最高に寒い日にいただくのが良いようで…(笑)



nagorin

 ナディアパーク隣の矢場公園にアイスリンクがありました。

ポスターに「NAGORIN」とあったので検索してみたら本物の氷を使ったアイスリンクで、ナゴヤ初の屋外アイスリンクだから「ナゴリン」となったということです。大日本印章という名古屋の印鑑の会社がお金を出しているようですが、アイススケートと何の関係があるのだろうと不思議な感じがしました。

チケットは大人が1000円で小人は500円と高いのですが、都会の真ん中でウインタースポーツを楽しむことができるのはココしか無いのでしょうから仕方が無いのかもしれません。ちなみにナゴリンの営業は12月12日から来年の2月21日までということでした。地球温暖化で真冬でも気温が下がらないとなるとリンクの氷を維持するために多大のエネルギーを消費するんじゃないかなと危惧するのですが、2010年には生物多様性条約第10回目締約国会議が名古屋で開催されるだけに批判の対象になるのではと心配です。



spiraltower

 夕方に友人に名古屋駅近くに送ってもらいました。

モード学園による新宿のコクーンタワーの後に完成したスパイラルタワーズをチェックしてみたのですが、テナント部分は新宿よりも面白くありませんでした。このスパイラルタワーズは真下から見上げるのも迫力があるのですが、このようにJRタワーの15階の展望フロアから眺めるのも悪くありません。低い名古屋城の天守閣からの眺めより格段に良いはずですからね。

ちなみに友人から聞いた話によりますと、JRタワーの正面の大名古屋ビルヂングの建て替え計画があるということでした。検索してみたら三菱地所が2015年度の完成を目指して高層ビルに立て替えるという発表があったようですが、日本郵政グループが駅の隣の旧名古屋中央郵便局を再開発するという話もありますし、札幌と同じように街の重心が栄地区から駅方面に移動するのかもしれませんね。



aeonminamioodaka
 
 今回の名古屋訪問の目的はこのイオンの新モールでした。

2年前に偶然に工事現場を通りかかった物件でしたが、イオン大高ショッピングセンターとして完成して盛業中でした。JRの大高駅の隣に南大高駅というモールのための新駅が作られて利便性が良いというのもあるのでしょうが、周辺には集合住宅や一戸建ても増えているようですから流行って当然かもしれません。

現在でも広範囲から集客できているようですが、来年の3月には10スクリーンのシネコンもオープンするそうですから、このモールの基盤は磐石なものになることでしょう。大衆的なモールでしたから面白さには欠けたのですが、さすがに横綱の貫禄でソツが無い感じでした。またちょっと面白かったのが三重県の桑名市に本社がある柿安が様々な業態の飲食店を同時に展開していたことでした。もちろんコメダ珈琲もありましたが…(笑)



harajyukutakeshita

 なんとか日付が変わる前に上京することができました。

一昨日の夕方は表参道のイルミネーション目当てのバカップルたちであふれていたであろう原宿の竹下通りも無人に近い状態だったのですが、コンビニだけが明治神宮の参拝のために大晦日から正月に押しかけてくる群衆に耐えるための補充作業に大忙しのようでした。

今日の乗り継ぎは以下のようなものだったのですが、JRの正規料金は名古屋から南大高が230円、南大高から原宿が6090円、先日の上熊本から名古屋までが11970円でしたから2日分の合計だと18290円ですから、青春18きっぷを使うことによって13690円ほど得したことになります。つまり正規料金の4分の1ほどで上熊本から原宿まで行くことができたわけですが、同じ行程を夜行の高速バスで行くとすると曜日によって違いますが9000円ほどですから、それだと2分の1という感じです。

青春18きっぷは確かに安い移動手段ではありますが、乗り換えが多過ぎますから疲れてしまいます。逆の行程なら夜行列車を使うことができますので、1回分の2300円+数百円で東京から熊本まで行くことができるので魅力的なのですが、今回のような九州から本州に向かうためには2回分の4600円が必要なので最初で最後になるかもしれません。アフリカやアジアの劣悪な列車で自然に鍛えられた私でも、さすがにちょっと疲れてしまいますからね。(笑)


名古屋 16:15?16:31  南大高

(駅直結のイオン大高ショッピングセンターをチェック)

南大高 17:16?17:28  刈谷
刈谷  17:31?18:03  豊橋
豊橋  18:12?18:44  浜松
浜松  18:49?20:02  静岡

(夜の静岡駅前を歩いて夕食探し)

静岡   20:52?22:04  熱海
熱海  22:08?23:38  品川
品川  23:44?23:59  原宿



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/27(日) 23:59)

 トワイライトゾーンに迷い込んだかのような早朝の列車で向かった先は…?
kamikumamoto

 年末にヤボ用で上京することになりました。

この時期は帰省シーズンですので東京までの航空券は片道1万円くらいじゃ入手不可能ですし、夜行の高速バスも乗り飽きていましたので、久しぶりにJRの青春18きっぷを使ってのんびりと列車で移動してみることにしました。青春18きっぷとは春・夏・冬の一定期間だけ日本全国のJRの普通列車が乗り放題になる11500円のお得なチケットで、期間中の任意の5日間は年齢制限なしで自由に乗り降りできるのです。つまり1日分だと2300円になるのですが、上熊本を6時に出発しいて以下のように列車を上手く乗り継げば23時前には名古屋に到着することができるのです。

東京までであればもう1枚必要ですから、つまり2日分の4600円で東京を目指すことになるのですが、飛行機や新幹線と違って乗客のほとんどは近距離利用の人たちですから、ローカル色が強くてなかなか面白いのです。普通列車ですからリクライニングも無くて快適とはいえないのですが、中国の安い列車などに比べると許容範囲です。この画像は上熊本から乗り込んだ時のものでしたが、玉名あたりまでは貸し切り状態でしたので寝転んで行けましたしね。


上熊本 06:00?06:50 荒尾
荒尾 06:54?08:04 博多

(博多駅で改札を出て、駅周辺の変化をチェック)

博多   08:45?09:58  小倉
小倉   10:09?10:28  下関
下関   10:34?11:43   新山口
新山口  11:47?15:35   糸崎
糸崎  15:38?17:06  岡山
岡山  17:08?18:43  姫路
姫路  18:57?21:23  米原
米原   21:54?22:55  名古屋



hakataeki26122009

 JR博多駅で40分ほどあったので改札を出てみました。

2011年の九州新幹線の開業に向けて阪神百貨店と東急ハンズが入居予定の駅ビルの工事が進んでいたのですが、前回は鉄骨だらけだったのに既に外壁の一部を貼り始めていましたので驚かされました。ここまで来ると荷揚げ用のクレーンは不要となるのでしょうが、近日中に解体されて地上に降ろされることになるのかもしれません。

JR博多駅の内部もまだあちこちで工事中だったのですが、しばらく全店休業して改装工事をしていた博多デイトスという駅構内のショッピングゾーンの大部分が完成していましたので駆け足で1周してみました。まだ時間が早かったので朝食を出すカフェや旅行者相手の土産物屋くらいしか営業していなかったのですが、全体の雰囲気は掴むことができました。以前の博多デイトスは古くて昭和チックなものでしたので、リニューアル後は見違えるほどキレイになったのですが、東京駅などと較べちゃうと貧弱さは否めません。まあ博多の駅としては充分なんでしょうけど、もう少し工夫が欲しいところでした。



shimonosekiekimae

 下関の駅での乗り換え時に見慣れぬ建物を発見しました。

地元の主婦がサンダル履きで来店しそうなダイエーの前に出現していたものは、ロンドンのセントポール大聖堂をモデルにしたような重厚なデザインの建物でしたが、グーグルマップで確認してみたら「グランプラス セント・ヴァレンタイン」という結婚式場ということでした。下関市に本社がある日本セレモニーが運営しているということのようですが、この不景気な時代に大胆な投資だなと感心しました。

この結婚式場以外にも列車の窓からはヨーロッパの教会やアメリカの大邸宅を想わせるような結婚式場をいくつも見かけたのですが、いつの間にか日本の婚礼儀式のスタンダードになっているみたいですね。時速100km以下で走る列車で移ろいゆく風景を見ながら変わりゆく日本のことをぼんやりと考えていたら、もうひとつ時代の変化を目の当たりにしました。それは乗降客数が少なそうな畑の中の小さな駅舎にもICカードの自動改札機が導入されていたことでした。自動改札機の値段もこなれてきているためもあるのでしょうが、人件費が高い日本では自然な成り行きなのでしょう。しかし日本の田舎の風景が少しだけ壊れてゆく感じがしました。



nagoyaeki26122009

 約17時間の長旅を終えて名古屋駅に到着しました。

友人のmixiへの投稿で駅ビルの2階のテラス部分にLEDでイルミネーションがしてあるということを知っていましたので急いで行ってみたら大勢のカップルや家族連れがイルミネーションをバックに楽しそうに記念撮影しているところでした。私も「間に合ったか?」とポケットからデジカメを取り出して電源を入れた途端にすべてのイルミネーションの電気が消えてしまいました。この画像は暗くなってから1,5秒後くらいのものでしたが、こんなこともあるんですねぇ。

まあ肉眼では見ることができましたし、ここのイルミネーションはたいしたことがなかったので悔しくはありませんでした。しかしイベントの関係者が来場者に何のアナウンスもせずにブチッと電源を落としたことに対してはあきれてしまいました。光のイベントの最後には物悲しげな音楽でも流してから、段階的にイルミネーションを消してゆくといった細やかな配慮が必要だったんじゃないかなと思いますが。たまに海外の映画館では最後のタイトルロールが始まった途端に上映を中止して館内を明るくする場合があるのですが、それと似たような嫌な気分を味わうことになってしまいました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/26(土) 23:59)

 北朝鮮による拉致被害者救出の3条件とは…?
rachikouenkai25122009

 クリスマスの熊本は雪ではなく雨になりました。

今日は午後から熊本テルサで開催された「北朝鮮拉致問題に関する講演会」に行ってみたのですが、注目度が高まっているためか地味な内容なのに会場は7割ほどが埋まっていました。最初に横田めぐみさんの拉致の様子をアニメ化した30分ほどの作品の上映があり、その後にお父上の横田滋氏たち拉致被害者の親族の皆さんの講演がありました。何度もテレビでお聞きした内容だったのですが、純粋に家族を救い出したいという気持ちがヒシヒシと伝わってきました。

最後は救う会の会長代行の西岡力氏による「拉致被害者救出の3条件」というテーマでの講演があったのですが、テレビのコメントでは聞くことができない愚痴に近いものをお話なさったので面白かったですよ。私はすっかり忘れていたのですが、鳩山首相は自民、社会、さきがけの連立3与党が訪朝した時に平壌に乗り込んで日本人の血税を使った米支援などを行っていたのですね。

鳩山首相は昨日の釈明会見で秘書の犯罪を「私は知らなかった…」を連発していましたが、北朝鮮の拉致被害者についても「あの時は知らなかった…」と仰るのでしょう。世襲政治家なら日本の国会議員と北朝鮮とのドロドロとした関係の噂くらい聞いていたはずでしょうし、資産家の自分は金銭には興味が無かったかもしれませんが権力を得るためには「臭いものに蓋」という姿勢を貫いたのでしょう。そういえば金正日の息子が偽造パスポートで千葉のディズニーランドに遊びに来た時にも丁重にお引取り願っていましたっけ。今回も日本の検察は鳩山首相をお咎めなしと判断しましたし、小沢もそうなることでしょう。この国では正直に生きてる人たちの不幸については知らん顔で、権力に近い者たちの犯罪には寛容過ぎるようですね。(笑)



kumamotojyokifukin

 これは熊本市の広報の1月号に載っていたものです。

クリスマスの朝に市長の新年のご挨拶を読むことになったのですが、関わった人たちは早いうちに仕事収めしてしまいたかったのでしょう。特に被害は無いのですが気分が出ないので、せめて週明けまで寝かせておいても良かったんじゃないでしょうか。この熊本城の復元基金については何度かこのブログで取り上げたことがあるのですが、不景気のわりには3億以上の寄付が集まっているということでしたので驚きました。これは本丸御殿を作る時には寄付してくれた人に熊本城への入場券しかくれなかったのに対して、今回は一口城主を証明する手形カードを配布して、あちこちの施設が無料になったり賛同する飲食店で割引が受けることができるようにした効果があったのでしょう。

先日のニュースで「おくりびと」の脚本家の小山薫堂氏が熊本を盛り上げるためのサプライズ企画として熊本城に泊まれるようにしてはという提案があったようですが、この一口城主制度の特典として毎年恒例のお城まつりの時にでも城主の誰かに宿泊できる権利が当たる福引でもやればもっと寄付金は集まるかもですね。宿泊するのはセキュリティの面でキビシイというなら、桜の季節に本丸御殿で殿様気分で宴会を開くことができる権利なんてのが良いかもですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/25(金) 23:59)

 日本国民に大迷惑な100日間を押し付けたヤツは…
hatoyamaseiken100

 クリスマスイブの熊本は15度ほどありました。

今日で鳩山政権はちょうど100日ということですが、日本国民にとってホントに大迷惑な100日間でした。しかし支持率は少し落ちたものの、世間では他人から貰った金で私腹を肥やしていたわけじゃないからと寛容な意見が多いようですから驚いてしまいました。そんなお人よしの国民が多いので小沢を喜ばせることになるのでしょうが、いまだに鳩山首相に寛容な人たちには小沢のほくそえむ顔を想像してみていただきたいものです。きっと小沢は心の中では「アホな国民たちは扱いが楽だな…」と笑ってると思いますよ。(笑)

新聞と一緒に撮影したのは昨日あたりから何度も流されている「クリスマスライトダウン in 熊本」という企画のCMです。「今年のクリスマスは電気を消して、大切なあの人にありがとうを伝えよう」というコピーですが、要するに明日のクリスマスは20:45から15分間だけ節電して地球温暖化について考えようという提案のようです。環境意識は高いという鳩山首相が喜びそうな企画ですが、税金を払ってCMを垂れ流すのは無駄遣いに思えますが。それに大金持ちの鳩山夫婦は省エネなんてしていないでしょうから虚しいですよね。



christmascakefordog

 これはペットショップで見かけた犬用のケーキです。

日本では無能な政治家たちのせいで大不況になっているというのに、1個1680円のケーキをお買い求めになる家庭が少なくないとは驚きです。もちろん他人が自分が稼いだ金を何に使おうが自由ですが、日本のこういった過剰な傾向は人口が14倍の中国が真似をするようになりそうですから心配なのです。

日本だけでペット数は2000万匹以上といわれていますが、その比率で中国で贅沢に飼われるようになると世界の飢餓人口は現在の倍の20億人となる日も近いかもしれません。それに中国でペット数が増えた段階でバブルが崩壊してしまうと悲惨な状況になってしまいそうです。不況になったアメリカではチワワの捨て犬が社会問題化しているそうですが、同じような過ちを繰り返してほしくないですよ。



koyamakundou24122009

 夕方のニュースに小山薫堂氏が出ていました。

以前は熊本県天草市出身の「料理の鉄人」などの放送作家として業界内では有名人でしたが、「おくりびと」がアカデミーの脚本賞を獲った時に頻繁にローカルニュースで取り上げていましたので知名度が一気にアップしちゃったみたいです。本日は熊本に帰省して新幹線元年事業のアドバイザーとして熊本県庁での観光戦略会議に参加されたみたいですが、客観的な視点で地域の活性化につながるアイデアをいろいろと提案されたみたいです。そのキーワードは「熊本サプライズ」というものだったようですが、前例が無いユニークなイベントをいろいろと開催してマスコミに取材される機会を増やして宣伝効果のアップを狙おうということのようでした。

熊本は2011年に九州新幹線が開業すると福岡に消費の一部を奪われてしまうと危惧されていまして、品揃えなどでは対抗できないので観光面で収益をアップさせる新しい戦略の重要性が指摘されているのですが、保守的な土地柄ですので地元からはなかなか良いアイデアが出てこないのです。小山薫堂氏の提案が素直に関係者の心に響いてくれると良いのでしょうが、新幹線開業時に整備される熊本駅の愛称を「おてもやん駅」にしようなんて動きがある県民性ですから、あまり期待はできないと思いますよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/24(木) 23:59)

 2600円を払えばあなたも熊本城主になれる…?
ginnanjyo2600yen

 本日は冬の寒さがやわらいだ1日でした。

不況のためなのか、休日といっても街は静かなものでした。おそらく郊外のショッピングセンターは賑わっていたのでしょうが、近所のスーパーの売り場はクリスマス前とは思えないほどの淋しさでした。主婦が手抜きできる惣菜類もたくさん売っていたのですが、お歳暮のシーズンですから贈答品の売り場も広げられていました。

そのギフトコーナーで陶器製の容器に入った山都酒造の銀杏城という芋焼酎を見かけたのですが、大きく見えるものの普通の720mlサイズでしたから中身よりも容器の方が高そうでした。熊本城は築城400周年の記念事業で本丸御殿を復元した効果もあって来場者が日本一になっていますので、こういったお土産類もたくさん作られているみたいですが、不況の影響で売り上げが伸び悩んでいそうです。まあこういった陶器の容器は少量でも発注できそうですから、あまり多くの在庫は持つ必要はないかもしれませんけどね。



fda

 富士山が描かれた路面電車を見かけました。

立木問題で知事の辞職にまで発展した静岡空港をハブにして熊本や鹿児島などと結んでいるフジドリームエアラインズのものでしたが、ゆっくり走る環境にやさしい電車にケロシンを大量消費して飛ぶ航空機が描いてあるのも面白い対比だと思いました。まだフジドリームエアラインズの悪い噂は聞いたことはありませんし、JALが撤退する松本路線も引き継ぐということですから経営状態はマシなのかもしれません。しかし熊本から静岡へ飛ぶというメリットは普通の人にはあまり多いとは思えませんし、私もキャンペーンなどで激安にならない限り乗ることは無さそうです。

フジドリームエアラインズのような地方空港を結ぶ航空会社は、JALがつぶれてしまえばチャンスがやってくることになりそうです。マーケティングをしっかりやって周遊できるようにするとか、飛行機と格安なレンタカーを組み合わせて旅行者の利便性を高めるようなことをすれば搭乗率を増やすことだってできそうですが。道州制になれば地方の州都同士を結ぶようなことも増えるでしょうし、日本の航空地図も大きく変わりそうです。



kumamotoshikuwari

 今日の新聞に気になる記事が載っていました。

熊本市は周辺の自治体との無理な合併を進めて政令指定都市になることが決まったのですが、それに伴って新しい区割りをどうするかでもめているらしいのです。合併後の人口は70万人くらいですから効率を追求すれば中心部と東西南北の5区に分けるのが常道でしょうが、地域性の違いから6区にしたいという要望も強いみたいなのです。たしかに6区にすればしっくりとくるのでしょうが、財政が厳しい時代ですから効率を最優先すべきでしょう。

しかし以前にも書きましたが道州制の時代になれば政令指定都市の意味がますます薄れてしまうでしょうし、新しい区割りで住所録や地図の更新を余儀なくされる熊本市民の皆さんはお気の毒です。もちろんしばらくの間は新区名を書かなくても郵便物などは届くのでしょうが、区割りによって予期せぬ悪影響も出てくるでしょうからね。人口増がある社会であればそういった面倒を乗り越えても区割りを断行する意味はあるかもですが、九州新幹線が全線開通すれば自然減に加えて人口流出することだってあり得るでしょうから私は疑問です。今からでも遅くないので、市民にメリットが少ない政令指定都市なんて止めてしまえば良いのではないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/23(水) 23:59)

 これは意図的な配置か、あるいは偶然の産物なのか…?
centerplaza40th

 先ほどちょっと面白いものを見かけました。

これはバスターミナルに付随する商業施設であるセンタープラザの入り口なのですが、開業40周年ということでいろいろと工夫してイメージアップを図っているみたいなのです。この商業施設は古いので客層も高齢者が多いのですが、老若男女が訪れるターミナルという特性がありますので、熊本では有名なスザンヌの母のキャサリンと妹のマーガリンを起用して40周年のキャンペーンをやっているようでした。以前から伊勢丹などでは「母娘消費」がキーワードにしていましたが、この商業施設でも実の母と娘を使って来店頻度が低い若年層を掘り起こそうとしているみたいです。

これを撮影した時には気が付かなかったのですが、この画像を拡大してみたら中央の奥の壁面にスザンヌのポスターがありました。熊本県庁が宣伝部長に起用したヤツでしたが、「ようこそ!くまもと」という文字の横で笑顔を振りまいていました。つまり正面から見ると、母と妹の間にスザンヌがいる配置になってるわけですが、これって意図的なものなのでしょうか。もはやスザンヌのギャラはこの商業施設じゃ払えないくらいの額になっていそうですからね。(笑)



hinokunikomachi

 熊本名物のいきなりだんごをいただきました。

スーパーや屋台に毛が生えたような小さな店で売ってるものは透明の薄いビニールに手作業で包まれたものばかりなのですが、これはちゃんと梱包機でパックされていました。「火の国小町」という商品名も付けてありましたし、全国的な知名度が無いいきなりだんごもそれなりに大量に売れる時代になったみたいですね。

しかしそんなことで驚いてはいけないようです。城下町名物のひとつとして「いきなりだんごパン」というのが発明されたようなのです。試していないので未確認なのですが、「もちもちの生地でからいもとつぶあんを包みました」と説明文がありますので、だんごの要素は無いみたいなんですけどね。以前に隣の「新町カラコロバーガー」は試したことがあるのですが、「いきなりだんごパン」は値段のわりには期待できそうにないので遠慮しておきます。(笑)



sagakeiba

 こんな競馬場の広告が新聞に載っていました。

地味な佐賀県の鳥栖市近郊にある競馬場だからなのか、「100円であなたの運勢が上向きになる!!…かも」と控えめなコピーでした。キャッチコピーは「100円から楽しめる週末レジャー」ということですが、な?んかラスベガスの5セントのスロットマシンみたいで和めます。西田敏行がやってる「億万長者ご一行様?♪」といった豪華なタイプの宣伝戦略とはえらく違うものですね。

しかしこのイラストを使った広告はほのぼのとした雰囲気があるのですが、実際に競馬場に行ってみたら殺伐とした雰囲気が待っていそうです。100円で馬券と夢を買って満足するような人はほとんどいなくて、くわえタバコでギャンブルに命を賭けていそうなおじさんばかりなんじゃないでしょうか。私は高速道路が民主党のマニフェスト通りに無料化されたとしてもガソリンの暫定税率はそのまま新税に移行するみたいですから行く気にはなれないですよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/22(火) 23:59)

 おそらく中国製のエコバッグを環境啓蒙に使うという矛盾
freeecobag

 本日の熊本は穏やかに晴れてくれました。

それなのに気が晴れなかったのは20日にコペンハーゲンで閉幕したCOP15の結果がとんでもないものだったからです。すでにニュースで詳細は伝えられていますが、温室効果ガスの排出量が世界一になった中国や、抜かれるまでトップだったアメリカに削減義務が課せられないということになってしまいましたからね。私も単純にCO2悪玉説を盲目的に信じているわけでは無いのですが、世界の国々が英知を集めて将来の子孫に禍根を残さないように紳士的な話し合いでライフスタイルをエネルギーを多く消費しないものに変えていこうという流れを自国の産業保護という大国のエゴで台無しにするという大人気ない行為に腹が立ったのです。

オバマというカリスマ性がある大統領を得たアメリカは20世紀に様々なテクノロジーを発明してきたという実績と、環境ビジネスが金になるとなれば前例が無くても大胆な設備投資を行う度量があるでしょうからマシだと思うのですが、かつての日本みたいにバブル景気に踊って冷静に自分たちの行いを省みることができず、物真似ばかりで独創的なアイデアに欠けるとアナリストから指摘されることが多い中国は私もまったく期待できないと思います。バブル経済が崩壊したら環境対策は二の次となるだけでなく、最悪の場合は深刻な環境破壊さえ引き起こすこともあり得ると思えますので心配です。

このエコバックは環境省のチーム・マイナス6%がイベントの時などに無料で配布しているものですが、おそらく中国製じゃないかと思います。そのエコバッグを環境問題の啓蒙に使っているという皮肉な構図になっていると思うのですが、私はエゴ丸出しの中国に対しては製品をボイコットするなど強硬姿勢を示すべきだと思います。しかし大訪中団が北京詣でして、書記長と記念撮影させていただいて喜んでいる国会議員が多いようでは無理な話でしょうね。(笑)



saisyunkancm

 こんな再春館製薬のお知らせを見かけるようになりました。

ドモホルンリンクルの通販で全国的に有名な熊本の急成長企業なのですが、「再春館イルミネーション事務局からのお詫びとお願いです」というナレーションがありましたので、何か不祥事でも起こしたのかと思ったら単に渋滞発生に対するものでした。再春館製薬では毎年この時期に熊本空港に近い再春館ヒルトップという自社工場の敷地内を電飾化して自動車1台につき200円の寄付金で通行できる「サンクス・イルミネーション」というイベントをやっているのですが、それが好評過ぎて渋滞が発生しているらしいのです。

クリスマスまでのシーズンはさらなる渋滞が予想されるために今後は来場車両のナンバーを偶数奇数で末尾制限を行い、混雑がひどい場合は入場できないこともあるということでしたが、それほどの人気になっているとは知りませんでした。私企業が勝手にやってることですから私が文句を言う筋合いじゃないのですが、いくら太陽光発電を活用した慈善事業といっても公道にまで悪影響を及ぼすということならイベントの中止や抜本的な改革を考えるべきなんじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/21(月) 23:59)

 日本海側だけではない拉致問題の解決策は…?
rachipanelten

 これは国際交流会館で見たパネル展の様子です。

「拉致被害者・救出活動 写真・パネル展」というもので、何度も見たことがある若き日の横田めぐみさんのモノクロ写真などが展示されていました。2007年12月21日にも熊本県庁で開催された拉致被害者の講演会に参加したことがあるのですが、めぐみさんのように日本海エリアだけでなく熊本県出身の人も北朝鮮から拉致されていることが濃厚ということでした。私はこのパネル展にあった人たちは北朝鮮の特殊機関による犯罪だろうと考えているのですが、日本の右翼のおじさまたちのように状況証拠だけでクロと断定するわけにはいきませんので、推定無罪の原則は尊重したいと考えています。

ですから確証が無い「横田めぐみさんたちは生きている!」という断定的なサブタイトルは気になってしまうのですが、4日後のクリスマスの日に講演のために熊本にやってくるという横田夫妻のことを考えると何も言えなくなってしまいます。夢多き少女時代から地獄のような監禁生活を強いられたであろう横田めぐみさんもお気の毒なのですが、全国各地を講演なさっている横田夫妻の心労は私の想像をはるかに超えるものであるはずですからね。

自宅の金庫から刻印が無い金の延べ棒が出てきた金丸やその後の自民党の歴代総理たちもダメでしたが、政権交代しても小沢の操り人形のお坊ちゃま総理では北朝鮮とハードに交渉することは無理でしょう。政権の支持率が落ちたら小沢がシナリオを書いて鳩山首相が電撃訪朝することもあり得るかもですが、北朝鮮から不純な動機を見透かされて良い結果は期待できないんじゃないでしょうか。横田めぐみさんたちが存命しているとして、いちばん早く家族と再会するためには田中角栄の影響が及ばない国のリーダーの登場を期待するしかないのかもしれません。私は国民の命より自分たちの保身を最優先にしていそうな世襲議員たちは大嫌いですし、彼らのためになんて1円だって税金は払いたくないと考えています。しかし物理的に時間が無い横田夫妻は世襲議員だらけの現政権にも淡い期待をお持ちなのでしょう。鳩山兄弟が母親から贈与された金があれば数人の拉致被害者を帰国させることができたでしょうに…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/20(日) 23:59)

 初雪が降った後の寒い週末のランチに相応しいものは…
chigenabe780yen

 昨晩はついに熊本市内でも雪がちらつきました。

もちろん朝には跡形も無く消え去っていたのですが、晴れていたのにかなり冷え込んでいました。今日は新聞の折込広告を見てユニクロに行くという皆さんに着いて行くことにしたのですが、その前にどこかでランチをという話になりました。和洋中といろいろと候補は出たのですが、気温が低かったのでカプサイシンがたっぷりの韓国料理で体の内側から温まることにしたのです。

私が以前に一度試したことがある白山通りの韓国のおばちゃんがやってる店に決定したのですが、前回は名物のサムギョプサルを食べましたので、今日は780円の豆腐チゲをオーダーしてみました。理想的にぐつぐつに煮えたものが運ばれてきましたので豆腐チゲにして正解だったかなと喜んだのですが、ちょっとコクが足りなかったので残念でした。以前に友人と銀座の清香園でチゲ鍋を食べた時に友人の鍋に玉子が入っていなかったことがあるのですが、今日の豆腐チゲも何かジャンなどの調味料を入れ忘れているんじゃないかなという感じがしました。これで3度目は無くなりそうですよ。(笑)



uniclo19122009

 郊外のユニクロは駐車場に停めるのに苦労するほどでした。

週末のボーナスシーズンに加えて寒波がやってきましたので、大勢のお客さんが詰めかけていたようですが、4台のレジがすべて開いているのに30人ほどの行列ができていたのには驚かされました。テレビで見たニューヨーク店やパリ店のオープン時には負けますが、私が体験した中では最も混んでいるユニクロの売り場でした。

私は次の旅行用に土日限定で5990円が3990円に値下げされていたプレミアムダウンウルトラライトジャケットというのを購入したのですが、同行した全員の合計は35000円を超えていました。1万円がその場で当たるくじは5000円に1枚ですから、7枚を選んでみたのですがすべてハズレでした。ランチに続いて残念でした。



erockit1600000yen

 これは昨晩のWBSで見て気になった乗り物です。

これはバイクに見えますが、ドイツで新しく開発された電動アシスト自転車の「eROCKIT」というものですが、スタイルに似つかわしくペダルを思いっきり踏むことにより最高時速は80kmまで出るということですから穏やかじゃありません。日本では「こんな高速走行できるものは前例が無いから…」と公道での走行ができないかもしれませんが、発想の転換がこれからの時代は必要だと思います。

サンフランシスコで開発された600万円ほどするモンスター電動バイクのミッション・ワンにも驚かされましたが、この電動アシスト自転車も販売予定価格は1万2460ユーロ(約160万円)ということですからビックリでした。どちらもとても手が出る値段じゃないのですが、機会があれば試乗してみたいものです。ちなみにダウンタウンの松本人志氏はパナソニックのEZという電動アシスト自転車を欲しがっていらっしゃいましたが、貯金が増えてしょうがないでしょうから日本で発売されることがあれば購入なさってみてはいかがでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/19(土) 23:19)

 文化6年生まれの横井小楠が見つめる先にあるものは…
yokoisyonan200nen

 熊本城の近くで見かけた銅像についての話です。

「横井小楠 生誕200周年」というバナーが目に付いたので銅像の横に設置されていた説明文を読んでみたら1809年に熊本で生まれた武士であり儒学者でもあったということでした。「四時軒」という私塾を開き、多くの門弟を輩出したそうで、坂本龍馬や井上毅など明治維新の立役者やのちの明治新政府の中枢の多くもその私塾を訪問しているそうでした。小楠が見つめる先には熊本市役所があるのですが、この維新の英傑は無理な合併を進めて政令指定都市になろうとしているのを見て、「愚かなり…」と嘆いているのかもしれません。

ちなみに小楠の右隣に座っているのは勝海舟で、地球儀を挟んで立っているのは坂本龍馬ということでした。小楠と彼らの関係がどれくらい深いものかは知らないのですが、来年はNHKで「龍馬伝」をやるのでこの銅像が話題となることがあるかもですね。徒歩1分以内にNHKの熊本支局もありますし。(笑)



backereisailer

 この季節のお菓子であるシュトーレンをいただきました。

1913年にオーストリアで創業した「Backerei und Konditorei Sailer」という老舗の支店らしいのですが、なぜか東京ではなく福岡市の郊外に店があるようです。最近では熊本のパン屋さんでもシュトーレンを焼いている店が増えているようですが、ドイツでも日本でも値段が高いので自分で買ったことは無いのです。

いつものように「サイラー シュトーレン」で検索してみたら、すぐに公式ウェブサイトが見つかりました。シュトーレンの値段は1本1890円ということでしたが、長さが22cmくらいしかないのに高いものですよね。デフレの時代にハーフサイズでさえ945円もするそうですから驚いてしまいます。ついつい「牛丼3杯分もするのか…」と考えてしまうのは私だけでしょうか?(笑)



koreaplazafukuoka

 在福岡の韓国観光公社の広告が新聞に載っていました。

2006年10月にJR博多駅前の朝日ビル5階にオープンした「コリアプラザ福岡」という韓国の情報センターを広報するためのものでしたが、韓国政府は忍び寄る不況と釜山での民間射撃場の事故の影響で伸び悩んでいる日本人観光客数を少しでも取り戻そうと躍起になっているのかもしれません。

私は近いうちに韓国にも行きたいと考えていますし、年内にJRに乗って福岡を通ることは予定しているのですが、それは早朝になるので徒歩1分のJR博多駅前であろうと立ち寄ることはできないのです。しかしコリアプラザは名古屋にもあるみたいですから、名古屋で時間があるようならチェックしてみるつもりです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/18(金) 23:59)

 地球温暖化対策で大国が守ることができる「ルール」を作れるのか?
event17122009

 熊本は12月らしい鉛色の空の肌寒い1日でした。

午後から国際交流会館で開催された「EPO九州環境政策セミナーin熊本」に行ってみたのは、最近の紅葉の遅れなどの地球温暖化の影響と思われる現象が九州の気候の専門家によりどのように捉えられているのかを聞いてみたかったからでした。前半は九州地方環境事務所の環境対策課や福岡管区気象台の専門家による現状分析があり、後半は大学教授をコーディネーターにしたパネルディスカッションがありました。ちょうどコペンハーゲンではCOP15が開催されていますが、大国のエゴを押さえ込んで国際的な温暖化対策の合意を得ることができるかが注視されています。

環境NPOの方が「MAKE the RULE」キャンペーンを紹介されたのですが、日本のマスコミではあまり紹介されない微妙な問題を指摘していらっしゃいました。普天間問題では約束を守れと迫る米国が自国の産業存続に悪影響があると京都議定書から離脱したり、バブル景気に沸く中国は温室効果ガスの排出量が米国に迫る勢いなのに途上国並みに責任を負わない立場に座ろうとしていることなど国際的なルール作りは難しいわけですが、日本国内でもCO2排出の半分は産業界が出しているわけで、景気が冷え込む中で産業界に環境税などを課す難しさもあるわけです。

つまり温暖化対策は重要ということでは国際合意ができるものの、誰が責任を負うかという利害関係が絡む問題ではもめるわけです。気候変動による将来の悪影響を考えれば更なる技術革新やライフスタイルを大幅に変えることが必要なわけですが、その将来ビジョンを誰も示せていないのです。指導力低下で国民の支持を失いつつある鳩山首相もデンマークに向けて出発したようですが、COP15でも日本の存在感をアピールすることはできないんだろうなぁ…



higokogatana

 熊本県伝統工芸館でのイベントにも行ってみました。

このブログで12月15日に取り上げた「熊本の鍛冶屋 刃物まつり展」というものでしたが、1階のギフトショップの横にテーブルが並べられているだけの簡易なイベントでしたのでガッカリでした。鍛冶職人の方たちが精魂込めて作られた包丁などは素晴らしいものでしたが、もう少し作品に見合う場所を提供すべきだと思いました。

これらは肥後守(ひごのかみ)と呼ばれる和式のナイフですが、地名が付いていることから歴史が感じられます。私は門外漢ですので価値はわからないのですが、検索してみたら通販サイトがたくさんありましたので密かな人気があるのでしょう。



kumamotonokomeko

 こんなコンテストの募集広告が新聞に載っていました。

熊本県が米粉の普及を目指して米粉を使ったフードコンテストを開催していて、熊本県内のプロや一般県民を対象に米粉を使ったパンやお菓子のオリジナルレシピを募集しているそうです。九州各県では地球温暖化の影響で白濁化して商品価値が落ちる米を高温に耐えることができるように品種改良する努力を続けているのですが、今後も温暖化が進むとなると品種改良では追いつかなくなることも考えられますので、米粉にして活用することは重要課題なわけです。

近い将来には世界的な食糧危機も起きるかもしれないということで減反政策を止めることも予想されますし、米粉利用を進めることは食料自給率を上げることにもつながるでしょうから理にかなっていると思います。そうであれば米粉のフードコンテストの対象は熊本県内に限ることは無いんじゃないかと私は思いますが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/17(木) 23:59)

 白い季節の到来と赤い長野りんごの到着
shiroisekai

 ついに熊本の山も白くなる季節となりました。

全国ニュースでは冬化粧した鹿児島の桜島の様子が選ばれていましたが、夕刊の記事によりますと今朝の熊本の阿蘇山頂付近も真っ白になって観光客たちが喜んで記念撮影をしていたということでした。この銀世界の画像は「9時20分ごろ草千里で撮影」と書いてありましたが、本社に送信されたものが用意されていた原稿にレイアウトされて、すぐに輪転機にかけられたのでしょう。夕刊の到着時間は15時前後なのですが、人間が配達するというアナログな方法で朝の様子が数時間後に届くというのは早いですよね。

夕刊のトップ記事は鳩山政権が普天間問題を先送りすることに決めたことを海兵隊の司令官が憂慮しているというものでしたが、なんとも情けない話になってきたものですね。日本はこのまま少子高齢化が続けば国民の医療や年金が滞ることになることが確実視されている貧乏な国という現実をアメリカに正直に伝えて、思いやり予算は全廃して日本国内の米軍基地に関しては近隣と同レベルの賃料を払っていただくことにすれば基地問題はあっという間に解決するでしょうが。もちろんそんなことは小沢が承諾するはずは無いので絵空事ですが、時代は変わっていることを日米の関係者には認識して早く着地点を探してもらいたいものです。(笑)



taipien179yen

 ダイレックスで太平燕が安く売られていました。

このブログで紹介したことがありますが、太平燕(タイピーエン)とは中国は福健省を起源とする中華料理を熊本でアレンジされた春雨のヌードルスープで、健康ブームに乗ってじわじわと全国に広がっているようです。インスタント食品も数社で商品化されているのですが、この白鳥印の太平燕はその草分け的な存在みたいです。普通のスーパーでは250円前後で販売されているものが179円で安売りされていましたので、友人たちの土産用に少し買っておきました。

私もたまに食べたくなることがあるのですが、アジア諸国では似たような料理を安く食べることができますので、熊本ではあまり食べる気にはなれません。それにいつでも食べることができると、意外と食べたいとは思わないものですしね。(笑)



kumamotocm

 熊本産の農産物を紹介するCMをたまに見かけます。

JA熊本経済連による農畜産物を宣伝するためのものでしたが、11月19日に阿蘇の草千里で撮影されたということでした。当時はまだ初冬という感じだったようですが、今では同じ場所は真っ白になっているはずです。熊本産の農産物を熊本県でアピールするという意味は理解できないのですが、福岡出身の武田鉄矢を起用するというのも不思議です。両親や奥様が熊本県出身ということみたいですが…

不思議といえば「KUMAMOTO」の筆で書いたようなロゴのMだけがグリーンなのも意味がわかりません。これだけがクワを持った人間をモチーフにしたもののようですが、農作物栽培の天性の才能という「グリーンフィンガー」を持った人という意味なのでしょうか?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/12/16(水) 23:59)

 これもデフレ傾向の現れか、27円のうどんと68円のおにぎり
itsukiudon27yen

 12月中旬になり、熊本も寒くなってきました。

今日はヤボ用で健軍自衛隊の近くに行きましたので、最近オープンしたらしいROCKYのスーパーセンターを試してみました。オレンジ色の外観は札幌のラルズに似てる感じでしたが、郊外店なのに品揃えもたいしたことがありませんでしたし、値段も近所の競合店に比べて割安感が無かったのでガッカリでした。

せっかく来たので何か買って帰ろうと思って店内をくまなく回ったら、五木食品のうどんが安くなっているのを見つけました。普通は50円前後するものが27円だったのですが、3個でも81円ですから安いですよね。最近の円高で輸入小麦粉が安くなっているためもあるのかもですが、食品会社もデフレ傾向の中で売り上げを維持するために効率を追求したり利益を減らしたりして頑張っている部分も大きいのでしょう。消費者としては助かるのですが、たいへんでしょうね。



omusubi68yen

 その近くのセブンイレブンにも行ってみました。

北海道在住の方のブログでセブンイレブンでは今日まで「おにぎり100円セール」をやっていて、160円未満のおにぎりは全品100円で、160円以上のおにぎりは150円で買えるということだったのです。北海道では298円の「佐藤水産」の大きなおにぎりが半額の150円で購入できたということでしたので期待して行ってみたのですが、熊本のセブンイレブンでは取り扱っていませんでした。品揃えに地域差があるのは仕方ないかもしれませんが、半額になるような300円前後の高額のおにぎりは置いてなかったのでガッカリでした。

おにぎりで思い出したのは西友系のサニーというスーパーの惣菜売り場でした。少し前に撮影した画像を探しだして確認してみたら、普通のスーパーなら100円で売ってるヤツが68円でした。調べてはいないのですが、全国の西友でも割安感を演出するために同じ値段で並べられているんじゃないでしょうか。最近じゃ250円の弁当も普通ですから驚くにあたらないかもですが、「デフレの最前線はここまで来ているのか…」と感心させられたものです。



sincity

 昨晩はBSフジで「シン・シティ」を観ました。

アメコミ世代のロバート・ロドリゲス監督らしいメチャクチャな作品で面白くないわけじゃないのですが、観終えた後に何も残らない空虚なものでした。東南アジアや南米の映画館で300円くらいで観ても後悔しちゃいそうなレベルでしたが、日本で1600円を払って観た人たちはお気の毒だと思いました。そういえばこの映画の公開時に西麻布に「青山立呑みBAR -SIN CITY-」というのがありましたが、その収支がどうだったのか気になるところです。

ナビゲーターを務めた中野美奈子アナたちは昼のレインボーブリッジをバックに楽しそうに解説していましたが、本編の暗いトーンとのあまりの格差に笑ってしまいました。別に映画に詳しくない彼女たちの感想など聞きたくも無いですから本編をさっさとスタートしてもらいたかったのですが、どうしても解説を放送するのなら「シン・シティ」のナビゲーター役は夜のレインボーブリッジをバックに阿部知代アナあたりにやってもらいたかったですよ。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/15(火) 23:59)

 毎年12月に期間限定で開催されるイベントが中止になった訳は…?
kumasyodept

 熊本は今日も穏やかに晴れてくれました。

午前中にヤボ用で空港に行ったのですが、帰り道はいつもと違う電車通りを走ってみました。信号待ちの時に何気なく横を見たら熊本商業高等学校の正門に「熊商デパート中止」の看板が出ていました。ウィキペディアによりますと熊商デパートは「毎年12月に2日間にわたり行われる熊商生の販売実習で、熊本では冬のイベントとして定着している…」ということでした。私も昨年は行ってみたのですが、高校生たちが店員になって健気に商売に励んでいました。

その商業高校の生徒諸君にとっては貴重な体験となるイベントが今年は新型インフルエンザ拡大防止のために開始以来初めて中止されることになったということですが、国の怠慢でワクチン接種の順番が回ってこないのでやむを得ないのでしょう。高校の教師や生徒の皆さんには落ち度は無く、すべて歴代のお金持ちの家に生まれた世襲議員たちの責任だと私は思います。高校生の皆さん、マトモな政権になるまで日本国内での納税はなるだけ控えましょう!(笑)



uniclo14122009

 …と言いながら、少しだけ消費税を払っちゃいました。

新聞の折込広告でユニクロが60周年で日替わりセールをやってるということでしたので寄り道してみたのですが、いつもとたいして違わない感じでしたのでガッカリでした。「お買い得品が何も無いな?」と自動車に戻りかけたら、ネオレザーエアテックコートという商品が2990円に値下げされているのを見かけました。この人工皮革のコートは風合いは本皮に近いのですが、試着してみたら軽くて着心地も悪くなく、サイズも揃っていましたので悩んでしまいました。これ以上ワードローブのユニクロ比率が高くなるのって気持ち悪いですからね。それにたとえ販売価格のわずか5パーセントといっても世襲議員たちばかりの政府に納税するのは嫌でしたし…

いつもなら悩んだら買うのは止めるのですが、目に付く首の部分のタグが「UNICLO」のロゴじゃなくて匿名性があるものでしたのでついつい衝動買いしちゃいました。プライスタグには2枚のセールプライスのシールが重ね貼りしてあったのですが、自動車に戻ってからめくってみたら正価が7610円と中途半端なものでした。それが一時的に5990円に値下げされたものの、不況と地球温暖化のために売れ行きが悪かったためか、更に半額に値下げされていたのです。もう2000円ほど買い物するとその場で10万人に1万円が当たるくじを引くことができたのですが、どうせ当たらないだろうと思いましたし、これ以上無能な政府に納税したくないので止めておきました。(笑)



hamonomatsuri

 明日からちょっと変わったイベントがあるようです。

城下町の熊本では刀剣や武具などを作る町工房が点在していたようですが、その伝統を受け継いだ「熊本の鍛冶屋 刃物まつり展」というイベントが熊本県伝統工芸館で開催されるということなのです。県内の鍛冶職人が集まって包丁やナイフなどを展示するということですが、マニアにはウケる内容なのでしょう。

私も永住の場所が決まれば切れ味抜群の和包丁を入手したいと考えているのですが、今はまだ指をくわえて見ておかねばなりません。消費税が大幅に上がるというようなことがあれば駆け込みで購入することを考えるかもしれませんが、選挙で大負けすることを恐れる現政権下ではしばらく無さそうですから先送りして問題ないでしょう。しかし次の政権により消費税をアップすることが明確になったとしても、またしても世襲議員なら納税したくないので買わないかもですが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/14(月) 23:59)

 熊本の庶民的な商店街で100円で買うことができるみかんの量は…?
mikan100yen

 熊本もずいぶんと年末らしい雰囲気になってきました。

熊本大学の近くに正月用のおせちの材料も含めた生鮮食品を扱っている庶民的な商店街があるのですが、そこで100円でみかんをどれくらい買うことができるかというと答えは「バケツ1杯」ということになるようです。この店では1,5kgほどありそうな感じでしたので割安感がありました。北海道で暮らしていた頃は同じくらいの量で300円とかしていましたので貴重品でしたが、熊本では安いのでいくらでも気にせずに食べることができます。物流コストがかからないためでしょうが、高速無料化になれば少しは安くなるかもですね。

しかし民主党がマニフェストで約束した高速道路の無料化ですが、その実現を望まない国民が多いのが不思議です。日本以外の先進国で基本的に高速が有料なのはイタリアくらいですが、それでも料金は日本に比べたら格安です。無料化になれば渋滞するのではという懸念があるみたいですが、平日も無料になれば分散するので渋滞は緩和されるはずですし、仮に渋滞しても無料なら高速を降りて一般道に迂回する自動車が増えるはずですから土日祝1000円の時より混むことは無いと考えられるのですが。私は高速は金を払うものだと思い込まされているアホな国民がアホな世襲総理を支持しているんじゃないかなと考えています。そのアホが多数派ということですからイヤになってしまうのですが…(笑)



chibou

 今日の昼は関西のお好み焼きをいただきました。

有名な千房というチェーン店の冷凍食品だったのですが、袋に入れたまま電子レンジで加熱するだけで良かったので楽でした。大量生産品ながら味はそれなりだったのですが、餅は不要というより邪魔な存在だなと感じました。餅は合わないだろうと思って、これまでの人生でお好み焼きに餅を入れたことも店で注文したことも無かったのですが、おそらく最初で最後の経験だと思います。

避寒旅行には関空から出かける予定ですから、大阪での最後の昼食はお好み焼きになるかもしれません。そしてローコストキャリアは機内食が出ませんので、今回も関空の対岸のイオンモールで寿司でも買ってから乗り込むことになると思います。ですからそれまでの期間はお好み焼きや寿司は食べないことにするつもりです。



yatarocm

 新聞に長崎の和風旅館の広告が載っていました。

来年のNHKの大河ドラマで「龍馬伝」をやるので縁の地の長崎市では不況の中での光明と捉えているのでしょうが、この旅館の「龍馬像にいちばん近い宿」というキャッチフレーズはどれだけ龍馬ファンにアピールできるのでしょうね。まあ1泊2食付きで1人が6800円ということですから、安さの方が訴求力がありそうですが。

私は龍馬という人物には何の魅力も感じないですし、歪んだ体質のNHKは大嫌いですから大河ドラマを見るつもりはありません。不況が続いていますから多くの国民がNHKへの支払いを拒否するようになれば良いのにと考えているのですが、世襲総理を支持している人たちは高速無料化を望まないようなアホでしょうから、今後も律儀にNHKに払い続けるのでしょう。もったいない話ですよね。(笑)

 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/12/13(日) 23:59)

 年に一度イタリアンカラーになる裏通りの神社です
kusabajinjya

 熊本の枯葉散る季節の風景を切り取ってみました。

中心部の裏通りにある古い神社なのですが、鳥居の横に大きな銀杏の木があるので年に一度はこのようなイタリアンカラーの景色が出現するのです。境内の参道部分は神主さんにより掃き清められていましたが、それ以外はどうせまだ葉が落ちるだろうからということなのか黄金の絨毯状態のままでした。

もう熊本県庁前の銀杏並木は枝だけになっていましたし、これらの樹木の葉がすべて落ちてしまえば熊本も一気に冬景色になってしまうでしょう。真冬になっても地球温暖化の影響で白い水墨画の世界になることは無さそうですが、寒いのが苦手な私は雪が降ったとしても避寒旅行に出かけますので見ることはできないのですが。



iwashikamabokoudon

 今日のランチはおろしうどんにしてみました。

ダイエーで国産小麦粉を使ったうどんが3玉99円で売っていたので、その喉ごしを味わうために季節はずれですが、おろしうどんを作ってみたのです。今日はいただきものの長崎県産の鰯の蒲鉾がありましたので、それを薄切りにして散りばめてみました。この「九州大地」シリーズは以前に焼きそばを試したのですが、このうどんのクオリティもまあまあのものでした。

この鰯の蒲鉾はなぜか「いわしかんばこ」と表記してありましたので検索してみたのですが、さすがにウィキペディアには載っていませんでしたし、その理由もわかりませんでした。ネット通販で他社の鰯の蒲鉾はいろんな種類が売っていたのですが、この商品は見つけることができませんでした。何でもネットで購入できる時代だと思っていたのですが、これは例外のようですね。



yokotemuracm

 これはフリーマガジンに載っていた広告です。

年末に発行される熊本日日新聞社の「宴会Navi」というグルメガイドに載っていたのですが、他の広告がゴージャスな刺身の船盛りやよせ鍋などの写真を使っているのに、この「よこて村」という飲食店は大胆なデザインで目立つ作戦のようです。この店のジャンルは「合コン居酒屋」ということですが、その戦略もかなり大胆ですよね。

公式ウェブサイトを見てみたら「なかなか出逢うチャンスがない皆さんのために、ちょっとでもお手伝いしたい…」との優しそうな店主の方の文章が載っていたのですが、草食系が増えているみたいですから合コンも店が主導してくれる時代なんですねぇ。この店では「ご成婚カップルが15組誕生!」ということですが、子供に馴初めを聞かれて「合コン居酒屋で…」と答えるのはちょっと恥ずかしいでしょうね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/12(土) 23:59)

 寒い冬の夜にピッタリな甘さ控え目のお汁粉の味は…
shiruko

 熊本もついに枯葉散る季節となりました。

福岡の廣八堂という会社のインスタントのお汁粉をいただいたので試してみることにしました。粉状のものでしたから熱湯を注いで付属の玉あられを乗せるだけと簡単でしたが、寒い冬の夜にピッタリで美味しゅうございました。原料は北海道産の上質小豆と本葛ということでしたが、上品な甘さで心が和む一品でした。

値段はいくらかと検索してみたら通販サイトでは1箱5袋入りで500円前後で販売していましたので、1杯分だと100円ほどになります。ちょっと高い感じもしましたが、重たいレトルト商品じゃないので海外旅行のお土産には良さそうです。これとパック入りの餅を持っていくと喜ばれそうです。電子レンジだけでも簡単に作れますしね。



asagaonotane

 これは熊本市現代美術館でいただいた種です。

日比野克彦氏が全国各地で展開している「明後日朝顔プロジェクト」という企画があり、それに賛同した熊本市現代美術館で育てられた朝顔の種を「ご自由に…」とカウンターに置いてあったのです。この種は2003年に越後妻有でのアートトリエンナーレでプロジェクトがスタートしてから6代目になるそうですが、今では全国に広がって17地域で花を咲かせて人々の心を和ませているようです。

手入れが不要でたくさんの花を咲かせる朝顔を育てることは悪くないとは思いますが、単なる観賞用の花は私は興味がありません。日比野克彦氏のアートマインドを否定するつもりは無いのですが、私なら地下に食べることができる数珠状のイモが実るアピオスを選ぶと思います。朝顔と同じようにツタを張って伸びていきますし、キレイな花も楽しむことができますのでね。ゴーヤと同じように建物の南側で壁面緑化に応用すれば夏場の空調費を節約するのに役立つはずですし、地球温暖化対策としての効果もあると思います。



newszero09122009

 ニュースで熊本市の取り組みを取り上げいました。

以前にこのブログで日本のペットのお寒い現実を書いたことがありますが、熊本市の動物愛護センタ?の「殺処分ゼロを目指す」という目標が現実のものになりつつあるということでした。以前は飼い主の身勝手な都合で捨てられたペットを機械的に殺処分していたようですが、2002年から「嫌われる行政になろう」という合言葉で安易に犬を捨てに来た人を説得することにしたそうなのです。

また保護した迷い犬などは持ち主を探すことはもちろん、新しい飼い主を探す努力を続けて殺処分の件数をゼロに近づけているということでした。それが今では「熊本方式」と呼ばれて全国から注目されているようですが、他の自治体も頑張っていただきたいものです。尼崎市のブリーダーがビルの屋上で登録やワクチンの接種をせずに200匹の犬を飼育していて、売れ残った老犬を尼崎市が大量に殺処分していたことが報道されていましたが、そんな醜い構図が繰り返されない対策を講じていただきたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/11(金) 23:59)

 ベントレーとナノくらいの差がある建物の話です
sanshikaikan

 熊本は朝から雨が降り続いていました。

今日はヤボ用があって上通りアーケードに出かけたのですが、ついでに郵便局に行ってみたらこんな建設中のビルを見かけました。この場所にはかつて蚕糸会館がありましたので建て直しているのでしょうが、中心部に近いというのに駐車場が広くて驚かされました。なにせ建物の反対側にも同じくらいの広さの駐車場がありましたからね。

しかし養蚕関係の仕事なんて21世紀の日本では少ないでしょうに、なぜ中心部に広い駐車場付きの低層のオフィスを作るのでしょうか?な?んか裏に何か悪いことをやってるような匂いがするのですが、単なる私の思い過ごしでしょうか。国からの補助金みたいな内部留保を国庫に返せと言われる前に使ってしまおうというような理由でもあるんじゃないかなと疑ってしまうのですが、ちょっと猜疑心が強過ぎるのかもしれません。(笑)



0yenhouse

 夕方に熊本市現代美術館に行ってみました。

「熊本0円ハウス」という展示が週末で終わってしまうので立ち寄ってみたのですが、なかなか楽しめるものでした。古い住宅の木製の窓を組み合わせた小屋が中央に置いてあったのですが、「北の国から」に出てきてもおかしくない感じで和みました。蚕糸会館をベントレーとすると、こちらはインドのナノ以下の建物です。

この展示自体は材料費が0円のアート作品でしょうから問題は無いと思うのですが、これを展示している熊本市現代美術館は私は税金の無駄遣いという側面が大きいと思います。この美術館は街の中心部にあって、アート本などを閲覧できるゆったりとしたスペースもあるのですが、景気が低迷する時代には合わないと思います。今後もよほどの幸運が続かない限りは熊本の景気が良くなることは無いでしょうから、この美術館は郊外の地価が安い所にある空いてるスペースに移転させるべきだと思います。



fukuokamotershow2009

 これは明日から始まるモーターショーの広告です。

人口が多い東京でさえ盛り上がらなかったので、福岡でもサミシイことになると思うのですが、一番の目玉がインドのタタの国内初披露ということみたいですから笑ってしまいました。私もナノがどんなレベルに仕上がっているのか現物をチェックしてみたいのですが、そのためだけに100kmも走る気にはなれません。それに福岡じゃ伝手が無いので無料券も入手できそうにありませんからね。

このイベントは中学生以下は無料ということですが、それはちょっとセコいと思います。若年層の自動車離れが懸念されている時代ですから高校生も大学生も無料にしてしまえば良いでしょうに。自動車業界は目先の利益より将来のために種を撒くべきだと思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/10(木) 23:59)

 2009年末の日本のデフレ傾向の行き着く先は…?
gekiyasurucky390yen

 午前中に友人を熊本空港に送って行きました。

東京での再会を約束して熊本市内に戻ったのですが、空港に隣接した民間駐車場の値段が下がっていることに気がつきました。たしか以前は24時間の駐車料金は500円が最安値だったと思いますが、今では390円にまで下落していました。この値段で空港までの送迎付きですから限界にきていると思うのですが、今後もデフレ傾向が続くようなら牛丼並みに200円台になることだってありえるでしょう。

鳩山首相はまたしても政府専用機で外遊に出かけたみたいですが、国内問題が山積みなのに気楽なものだと思います。なぜか首相の支持率はまだ高いみたいですから、日本を留守にするのは世論が沈静化するのに役立つと楽観視してるのではないでしょうか。驚いたことに日本の一般大衆は母親からの9億円の「子育て支援」は他人からの賄賂じゃないからと鳩山の続投を容認する意見が多いようですが、そういったヌルさが操っている小沢を喜ばしているということに気がついていないのでしょう。小沢は「これで鳩山に贈与税を支払わせて一件落着として…」とほくそえんでいるのでしょう。



nagasakichanponaji59yen

 ドンキホーテに不思議なスナックがありました。

フリトレーのご当地グルメシリーズの長崎ちゃんぽん味という商品だったのですが、パッケージに書いてあった「もんすごううまか!」というのは怪しいとは思ったのですが、59円と安かったので試してみることにしたのです。売り場のPOPには「ちゃんと再現されているか確かめてみて下さいね!」と書いてあったのですが、確認してみた私の感想は「バカヤロー、金返せ!」でした。

普通に美味しくはあったのですが、どの部分が長崎ちゃんぽんを表現しているのかまったくわかりませんでした。この会社のチャレンジ精神は買いたいですし、製品開発の現場ではいろいろと苦労もあったのでしょうが、まったく評価できないものでした。おそらく新橋駅前で100人にブラインドテストしてみても「長崎ちゃんぽん味かな…」と答える人は1人もいないかもしれません。「九州の味」とかのヒントを出しても正解者は2?3人じゃないでしょうか。(笑)



walkingexercise20160yen

 今日の夕刊にこんな広告が載っていました。

最近ではテレビで見ることも無い懐かしい人の名前でしたが、地方でも地道に稼いでいらっしゃるみたいでした。こういったタイトルですから本人が指導するのかと思ったら、実際の講師は別の人のようです。これは全6回で20160円ということですから1回あたりだと3360円ということになるのですが、代理の人に教えてもらうということであれば高いように感じます。募集定員は30人ということですから満員になれば60万を越すことになりますが、このモナコに住むおじさんはますます金持ちになりそうですね。

考えてみると本人がほんの少しだけ顔を見せるだけの方式なら日本中の地方都市で行うことができますので、全国展開なら数千万から数億のビジネスなのかもしれません。公式のDVDやグッズなどの売り上げだってバカにならないでしょうし、このおじさんはなかなか良い手を考えたものだと思います。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/09(水) 23:59)

 阿蘇名物の高菜めしはB級グルメではあらず…?
takanameshi

 本日の熊本は素晴らしい天気に恵まれました。

今日は12月5日に熊本にやってきた友人と昼過ぎから阿蘇方面にドライブしたのですが、遅いランチに外輪山を越えた所にある老舗の和食店で阿蘇名物の高菜めしを試すことにしました。高菜めしとは白米の中に刻んだ高菜を混ぜたもので、なかなかシンプルながら美味しい一皿なのです。友人はアラカルトで注文したのですが、私はホルモンやだご汁などとのセットをオーダーしてみました。

どの料理も美味しかったのですが、このセットで1280円もしたのはデフレ時代には高過ぎるんじゃないかなと思います。高菜めしの材料は高くないので、単品で580円の半額でも良いくらいだと私は思います。つまり300円くらいなら阿蘇のB級グルメとしてオススメできるのですが、600円近いと観光地プライスだという気がするのです。



cafetientien

 食後に見た目が古い新しい店に行ってみました。

湧水を利用した町づくりに取り組んでいる阿蘇市の一の宮に古くからあった洋裁女学校の校舎跡をリノベーションしたカフェや雑貨店の複合店舗でしたが、3棟の古い木造の建物の中では時間がゆっくりと流れているような感じがしました。熊本市内に比べると気温が5度くらいは低いですから大きな薪ストーブが置いてあったりしましたが、その上のホーローのやかんで敷地内で湧出する自然水が沸かされていました。その熱湯で淹れられたコーヒーをいただいたのですが、薪ストーブから出る輻射熱の前で飲むコーヒーは「北海道田園生活」時代を思い出させてくれました。

この店でリラックスしていたら、北海道の美唄の古い学校をリノベーションしたアルテピアッツァという文化施設のことを思い出しました。敷地の広大さでは美唄に軍配が上がるのですが、この阿蘇の店はそのままボトルに詰めたら高く売れそうな地下水がこんこんと湧き出しているので、どちらも甲乙付け難いのです。



wakuda

 日が沈む頃に俵山トンネルを抜け熊本市へ戻りました。

明日の午後に羽田へ飛ぶ友人と最後の夕食をいただくことにしたのですが、落ち着いた和風の個室がある和久田という店を試してみました。友人を店の前で降ろして、私は自動車を駐車場に停めてメールチェックをした後に合流したのですが、既にテーブルの上には美味しそうな料理が用意されていました。この後に美味しい料理がたくさん運ばれてきたのですが、話に夢中で撮影するのを忘れていました。

私はヤボ用がありましたので早めに店を出たのですが、熊本の夜の街は年末ということもあって多くの酔っ払いが歩き回っていました。私はアルコール類を飲まなくなってから夜の街とは距離ができてしまったのですが、どこか懐かしい感じがしました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/08(火) 23:59)

 やがて悲しき熊本中心部の「光のページェント」とは…
koutsucenter

 熊本も冷え込んできて、年末ムードが出てきました。

ローカルテレビで11月20日から来年の1月31日まで熊本中心市街地で「光のページェント」というイルミネーション事業が開催されていることは見ていたのですが、友人をホテルに送って行く途中にその実物をようやく見ることができました。この企画はおそらく神戸のルミナリエのイルミネーションをマネしたものなのでしょうが、規模があまりにも小さかったので悲しくなってしまいました。

主催している熊本商工会議所のウェブサイトには「熊本の新たな冬の風物詩となるべく、幻想的なイルミネーションの光が夜のまちを彩ります…」とあったのですが、私はそれはちょっと無理があると思いました。神戸のルミナリエや表参道のイルミネーションなどは大規模ですから集客効果は抜群ですが、このレベルでは熊本の新たな冬の風物詩となるのはキビシイと思うのです。



cebupacific

 これは数日前のセブパシフィック航空のウェブサイトです。

前回のアジア旅行の時もセブパシフィック航空を利用させてもらいましたが、2年前くらいから関空に乗り入れたLCCという部類の格安航空会社なのです。福岡発で欧米やオーストラリアまで65000円均一のキャセイのキャンペーンは私の希望日の空席を取るのは不可能のようですから、また関空からセブパシフィック航空でマニラまで飛ぼうかとウェブサイトをチェックしてみたら片道999円のキャンペーンがあったのです。燃油代込みでも3721円ですから激安でした。

しかしヤボ用のためにチケットの手配を後回しにしていたら、既にキャンペーンの席はすべて売り切れたみたいで終了していました。無線LANのノートPCでクレジットカードの番号を打ち込むのは怖いので、後から有線ケーブルのデスクトップで手続きしようと考えたのが敗因だったようです。セブパシフィック航空のウェブサイトがネットでは予約だけをでいて、支払いはコンビニでできたら良かったのですけどね。これでまた別の方法を考えなきゃなりません。



jyonaikaku

 今朝の新聞でこのような広告を見かけました。

左のヤツは佐賀県の唐津にある城内閣という和風旅館の広告ですが、「63年間のご愛顧有難うございます」と閉館を意味していると思えたのです。しかし公式ウェブサイトをチェックしてみたら「閉館」の文字が見あたらないのです。それで新聞広告をもう一度見てみたら「当館は1月11日をもってしばらく休館させて頂きます」と書いてあったのです。この旅館の「しばらく」は1週間くらいだったりして…(笑)

右のヤツはRKBラジオの「プロポーズ大作戦」というキャンペーンらしいのですが、スザンヌと相沢まきというタレントさんが付き合いたい相手を当てたら10万円が当たるという企画みたいでした。私は相沢まきというタレントさんのことは知らなかったのですが、ウィキペディアによりますとスザンヌとは同じ事務所(ケイダッシュステージ)の所属で、公私共に仲が良くて、一緒にバラエティ番組に出演することも多いということでした。つまりバーター出演ということなのでしょうか?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/07(月) 23:59)

 ワンコインで美味しいB級グルメ、熊本なら「ちょぼ焼」か…?
cyoboyaki500yen

 今日の熊本は穏やかな天気に恵まれました。

午前中に友人の家族を空港にお迎えに行き、何か熊本っぽいランチをという話になりましたので「ちょぼ焼」を試してみることにしました。これは広島お好み焼きに似た庶民的な粉ものの1種で、水で溶いた小麦粉を鉄板の上でクレープのように薄く伸ばして、それに炒めた肉やイカなどを乗せて折りたたんで出来上がりという日曜のお昼にピッタリの料理なのです。以前は熊本駅の近くに「福田流ちょぼ焼」というとてもキレイとは言えない有名店があったのですが、そこのご主人は充分な老後の資金を貯めて閉店・引退されたということみたいでしたので、田崎市場の中に最近オープンした「末広」という店に行ってみることにしたのです。

メニューはいろいろあったのですが、店のご主人が初めての人向けということでオススメしてくれた900円のミックス(天かす+たくあん+玉子+肉+野菜+麺+イカ+海老)を+100円で大盛りにして半分にするというのを試してみることにしました。最初はノーマルでいただいて、カウンターの上に置いてあるニンニクパウダーや唐辛子、オリジナルの熟成醤油ダレなどで変化をつけることができましたので最後まで飽きずに美味しくいただくことができました。

お茶やコーヒーなどもセルフサービスで無料でしたし、おにぎりも50円ということで良心的でしたので、熊本でB級グルメを試したいならこの「ちょぼ焼」の店が良いと思います。少し遠いですがJR熊本駅から歩いて行くこともできる距離ですし、田崎市場の中ですから「駐車場300台OK」ということでしたので大人数がそれぞれの自動車で乗りつけても大丈夫でしょう。ちなみにまだウィキペディアには熊本のちょぼ焼情報はあまり載っていませんでした。



ochibahiroi

 午後からある家の庭の掃除のお手伝いをしました。

その住む人がいない家の庭には数年分の落ち葉が溜まっていましたので、家庭菜園用にいただいておくことにしました。ちょうど上手い具合にメキシコの10ペソショップで購入しておいた園芸用の大きなビニール袋がありましたので、効率良く枯葉を集めて持ち帰ることができました。最近は庭で落ち葉や枯れ枝を燃やすと火事に間違われたりするそうですし、熊本市では9月からゴミの有料化が始まりましたので捨てるためにはかなりのお金がかかってしまうのです。それを有効利用できるわけですから良かったですよ。

枯れ枝は小さめに切り揃えておいて薪ストーブの燃料にすれば良いのですが、私の知人の中には使ってる家庭はありませんので有効利用法は思いつきません。やはり消防署に届けて庭で落ち葉焚きをやって、焼いもを作って食べるというのが正解かもですね。(笑)



tairagigai

 夕食は久しぶりにフランス料理店に行ってみました。

まず一皿目は生牡蠣だったのですが、もちろん文句なしの美味しさでした。しかし驚ろかされたのは2皿目のタイラギ貝でした。この大型の2枚貝は「海のギロチン」と報道された島原の堤防ができる前は浅瀬でたくさん獲れたらしいのですが、今では貴重品種になってきたということでした。その貝柱部分をサラダ仕立てにしてあったのですが、ホタテとはまた違う独特の風味で美味しゅうございました。 

3皿目は友人は肉料理から子羊を、私は魚料理からヤガラを選んでみたのですが、それもボリュームたっぷりで美味しかったのです。その後にデザートとコーヒーをいただいて幸せな気分になりました。日本料理にはそろそろ飽きてきていましたので、珍しい食材を使ったフランス料理は単調な生活に良いアクセントになってくれました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/12/06(日) 23:59)

 人生で最初かもしれない久留米ラーメンの感想とは…
TATSUNOYARAMEN650YEN

 朝方の雨はお昼過ぎには回復してくれました。

午後に東京からやってきた友人を空港まで迎えに行き、遅いランチをいただくために空港から10分ほどの所にある久留米ラーメンの店に行ってみました。熊本で久留米ラーメンというのもどうかなと思ったのですが、地元の情報通の方に「空港から熊本市内へ移動中に美味しい店はありませんか?」と聞いて教えていただいた店だったのです。もう2時近かったので人気店でも空いてるだろうと思っていたのですが、なんと入り口内の待合スペースではファミリー客がメニューを見ながら待っていました。

今日はおそらく初めての久留米ラーメンでしたので、この龍の家という店の看板メニューらしい650円のとんこつこく味というのを試してみました。一口いただいてみて「熊本ラーメンとたいして違わないな?」と思ったのですが、テーブルの上に置いてあったスリ胡麻や茹でたもやしを入れていたら少し違うかなと思うようになりました。チャーシューも時間をかけて作られたトロトロとした柔らかさでしたし、こってり味なのに最後まで飽きずにいただくことができました。450円くらいの熊本ラーメンより高かったのですが、これはこれでアリかなとも思いましたし、遅い時間でも満席に近かったのも納得できました。



SHOWROOM

 それから友人を宿泊するホテルへ送っていきました。

ヤボ用を済ませても時間があったのでコーヒーでも飲みに行こうかという話になったのですが、良さそうな店が見つからなかったので難民化してしまいました。しばらく歩き回っていたら新築のマンションがあり、「モデルルーム公開中」ということでしたので興味本位でチェックしてみることにしました。不景気ですから半分くらい売れ残っているのかなと予想していたのですが、意外なことに売れ行きが好調という話でした。

見せていただいた最上階の広い部屋は見晴らしも良く、デザイン的にもけっこうマシでした。しかしその値段は日本のサラリーマンの生涯賃金の半分ほどもしましたので、私の予想をはるかに超えていました。もちろん都心の高層タワーマンションに比べれば安いのですが、熊本でそれだけを出すのなら郊外に一戸建てを買った方が良いのではという気持ちになりました。友人も「意外と高かった」との感想でしたが、年末に向けて景気は悪くなっているようですから値引きはそれなりに期待できるのでしょう。



100yensushi

 夜は9月にオープンした寿司屋に行ってみました。

11月30日に持ち帰り寿司のことをアップした上通りの裏にある1貫100円のカジュアルな寿司屋でしたが、遅い時間でしたので空いていました。九州ではポピュラーなキビナゴなどネタの種類は豊富で、値段のわりにはまあまあだったのですが、普通の回転すし屋とは違って板前さんが年配の方が多かったのが意外でした。予想では20代のお兄さんが次から次に入るオーダーをスゴいスピードでこなしているというものでしたが、真新しいカウンターの向こうでは60代の経験豊富そうな板さんがゆっくりと握っていらっしゃったのです。

つみれ汁も美味しかったのですが、500円の海鮮サラダも割安感がありました。料金はお酒を飲まないで2人で2700円だったのですが、カウンターでお好みで握ってもらったにしては安いと思います。もちろん郊外のファミリー向けの回転すし屋の中にはもう少し安い店もあるのですが、そういった店の職人さんと寿司ネタのレベルはまったく期待できませんからね。これもデフレ傾向のおかげかもですが、ありがたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/05(土) 23:59)

 どうにかしてもらいたい20世紀的な住宅地の光景について…
gairojyu

 熊本でも気温が下がって、落葉の季節なのです。

全国ニュースで葛飾区の銀杏並木が落ち葉掃除が面倒との住民の声を受けて枝が落とされたと話題になっていましたが、熊本の住宅地でもバッサリと枝が切り落とされていました。これは樹木の枝が電線に触れるからなのでしょうが、ブロッコリーを半分に切ったような痛々しい感じでしたからガッカリさせられました。この可哀想な樹木の前には小学校があるのですが、伐採するにしても何とか配慮できなかったものかと残念な思いです。

この通りの左側では水害対策のために川幅の拡張工事が行われていて、これから低めの堤防も作られようとしているのですが、多額の税金を使って工事を続行するのであれば電線の地中化もついでにやってしまえば良いでしょうに。昨晩のWBSでアメリカではスマートグリッドという新しいコンセプトの配電網が構築されはじめているみたいなのですが、日本でも家庭用の燃料電池などと組み合わせた新しい基準のものを模索するべき時代じゃないでしょうか。そういったものを実現するためには天下りが多そうな電力各社の古い体質のおじさまたちがネックとなりそうですね。



okumahancard

 新聞に不思議なデザインのカードの広告が載っていました。

これは顧客に高齢者が多いくまもと阪神デパートのカードで、今日からの週末はポイント5倍になるということでした。熊本だから熊をモチーフにしたものかもしれませんが、たしか昔から熊本には野生の熊はいなかったはずですし、熊本の語源は「隈本」だったと思いますので、高齢者向けとしてもあまり良いアイデアとは思えません。

私はもうバイオメトリックス技術も一般化して安くなっていますので、そろそろカードレスにすべきじゃないかなという気がします。まずデパートの会員が来店時に入り口で指紋や虹彩を読み取らせると来店ポイントがゲットでき、以前のお買い上げ記録からそれぞれの売り場のPOSレジに常連客の来店を知らせるような仕組みを構築すれば良いのではと思うのですが。デパートの入り口から売り場までは数分のタイムラグがありますので、各売り場では過去のお買い上げデータを頭に入れた接客ができると思います。顧客データには顔写真も入れておけば、そのお客さんが売り場にやってきた時に「鈴木さま、いらっしゃいませ…」と名前で呼ぶことができるでしょうから、売り上げを上げることだってできるでしょうからね。



stateofplay

 10月に太平洋上で観た映画をDVDで見直しました。

ラッセル・クロウがワシントンDCの新聞社のベテランの記者役を演じた「消されたヘッドライン」という作品でしたが、やはりポイントを抑えた良い出来でした。今回はユナイテッド航空の貧弱な液晶と聞き取りにくいイヤホンじゃなかったので細かな部分もじっくりと観ることができましたしね。いつものようにウィキペディアをチェックしてみたら「イギリスBBCのテレビドラマ『ステート・オブ・プレイ?陰謀の構図?』をハリウッドでリメイクした作品」ということでしたが、それもチェックしてみたくなりました。

またこの作品は最初のうちは主人公の新聞記者役にはブラッド・ピットが、そして親友の議員役にはエドワード・ノートンがキャスティングされていたけれど、映画制作の遅れを理由に降板したという話も載っていました。それがラッセル・クロウとベン・アフレックに変更されたわけですが、結果的には良かったんじゃないかなと思います。編集長役のヘレン・ミレンや大物議員役のジェフ・ダニエルズもとても良かったのですが、WEB版の若い女性記者役は若い頃のジェーン・フォンダのようなもう少し骨がありそうな女優さんの方が良かったんじゃないかなという気がしました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/04(金) 23:59)

 熊本から紅白出場を目指す「伝説の歌手」とは…
keitokujirou

 これはツタヤのCDコーナーで見かけたものです。

人口が少ない熊本でも頑張って地元で音楽活動されている人はいるみたいで、上の「慶徳二郎」という人はローカル番組で見かけたことがありました。どんな人なのかなと検索してみたら本名は「山内要」ということがわかりましたので、さらにそれで検索してみたらウィキペディアに情報がアップされていました。この人は浅井企画所属のタレントさんで、「紅白歌合戦出演を夢見る演歌歌手」というキャラでCDをリリースしているということなのです。微妙ですが、デビューシングルの「ふりむけば慶徳」は完売したということですから意外に人気があるのかもしれません。

下のCDは「こそだてがかり」という女性2人組のユニットによるものです。「おっぱいの達人」というまんがの作者の桜田幸子さんとお友達の荒木直美さんによるCDのようですが、検索してみたら公式のブログがありました。しかし最新のものが「ゴールデンウイークに突入!」というタイトルでしたので、活動中止されてるのかもしれません。この2枚のCDを置いてあった棚はわりと良い場所で目線の高さだったのですが、はたしてどれだけの反応があるのでしょうか?



cugendai

 先ほどのテレビにマイケル・ムーア監督が出ていました。

来年の1月9日から日本で公開される新作の「キャピタリズム マネーは踊る」の宣伝のために来日してるみたいですが、なかなか興味深いインタビューでした。アメリカの現実を冷静に見つめながらドキュメンタリー映画という手法を使って20年に渡って問題提起されてきたわけですが、独特のユーモアがある切り口なので救われているような気がします。敵は多そうですが、暗殺されないのは明るくて憎めないキャラクターのおかげかもしれません。

私はマイケル・ムーア監督の作品はほとんど観たことが無いのですが、監督の目線はすごく理解できるような気がします。私も渡米する度に高級なエリアからスラム化したヤバい街まで幅広く見に行くようにしているのですが、きっと監督も都内各地を精力的に歩き回っておられるのでしょう。もしかしたら音羽の鳩山御殿あたりも既にチェックされたかもですね。個人的には事業仕分けでもタブー視されていた皇居にカメラを回して突撃していただきたいものです。日本の総予算の中で皇室費が占める比率は高くはないのですが、腰が引けている日本のマスコミはどこも追及しようとしない伏魔殿でしょうからツッコミ甲斐があるという気がするのです。(笑)



pandayaki

 フリーペーパーの12月号にこんな広告がありました。

ゆめタウンの10円饅頭屋が流行のタイヤキではなく、あえてパンダのデザインで参戦してきたみたいですが、なぜパンダなのでしょうね。あまりかわいいデザインじゃないみたいですし、色も単色じゃパンダを表現しにくいと思うのですが。子供にはウケるのかもしれませんが、ヒネリも何も無い安直な新製品ですから評価できないのですが。

また「新発売」の文字の上には「小饅寿本舗はロアッソ熊本を応援しています」というヨイショの1行が入っているのですが、私はこんなのを見る度に不愉快な気分になります。最近はスポーツ番組が増えていますし、国費でもっとスポーツ振興をという論調も増えている感じがするのですが、趣味の世界を盛り上げたいのであれば愛好家たちだけの基金でも作って勝手にやっていただきたいものです。少子高齢化で将来の成長が望めそうにない日本では「選択と集中」を心がけた国家運営を行うべきで、優先順位が低いものに予算を割く余裕なんてないと私は思います。その考えにはマイケル・ムーア監督なら賛同していただけるのではないでしょうか。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/12/03(木) 23:59)

 私がどうしても好きになれない「サポーター」という言葉
midorinojyutan

 これは日曜の「くまもと環境フェア」でいただいた種です。

ヨーロッパなどで地球温暖化対策のひとつとしてトラムの軌道が緑化されているのを鹿児島の市電がマネをして好評みたいですが、熊本の市電でも「緑のじゅうたん事業」として軌道を緑化することになり、企業や市民に寄付を募集しているみたいなのです。その広報ツールとして花の種にロゴを貼ったものを配布していたのですが、販促としてはちょっとアイデアが貧困なのではないでしょうか。

また寄付してくれる人を「サポーター」と呼称しているのですが、私はこの言葉が気持ち悪くてどうしても好きになれません。「緑のじゅうたん」というネーミングもいかがなものかと思うのですが、芝生の維持管理経費の寄付を税金を使って広報するというのも良くないのではと思うのです。NPOなどが自分たちの責任でネットなどで呼びかけるのなら「ご勝手に…」という感じなのですが、熊本市役所が業務でやるというのは税金の無駄遣いだと思うのです。



kusakimanjyu

 福岡の大牟田の老舗の饅頭をいただきました。

この「草木饅頭」というのは大正3年創業の総本家黒田家という店の看板商品のようですが、ちょうど良い一口サイズで素朴な美味しさでした。草木饅頭というネーミングも商品にマッチしていて良いなと思ったのですが、単に店がある地区の名前のようです。

公式ウェブサイトを見たらいろんなサイズの商品が載っていたのですが、25個入の草木饅頭は税込で1150円ということですから1個あたりだと46円ということになります。最近では1個10円の饅頭のチェーン店もありますので一口の饅頭が5倍もすると考えると高いように感じるのですが、たまには良いでしょうね。



freelotto

 先ほど怪しいウェブサイトが別ウィンドウで開きました。

普通に避寒旅行用の情報収集をしていただけなのですが、いきなり「2087.56米ドルの賞金が当たりました!」というのが飛び出てきたので驚きました。フォームに住所や名前、メールアドレスを入れて賞金を請求してくれということでしたが、そんなことをしたらカモのリストに載せられてしまうでしょうし、怪しいジャンクメールが増えることになるでしょうから無視することにしました。

このウェブサイトは20ヶ国語くらいの言語に変換できるみたいでしたが、どこの国の人間がいちばん騙されているのか興味が出てきました。人口が多い中国かなという気もしたのですが、検閲が厳しい中国ではこの手のウエブサイトは開くことができないのかもしれません。そうなるとセキュリティ意識が低い日本人が人口比では多いのかもですね。このウェブサイトの本拠地はアメリカにあるみたいですが、どこかのテレビ局が調査してくれないかな…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2009/12/02(水) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア