新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ホワイトアスパラガスとサーモンのクリームパスタ
kyusyu114

 4月最終日も熊本は早めの五月晴れでした。

しかし最高気温は20度くらいしか上がらなかったので、先日スーパーで買っておいたホワイトアスパラガスはサーモンなどと供にクリームソース仕立てのパスタにしてみることにしました。クリームソースにはホウレンソウが合いますが、うっかり入れ忘れてしまいましたので、最後にバラフを乗せてみました。いつものカイワレダイコンではマンネリですからね。

ホワイトアスパラガスはペルー産だったのですが、ヨーロッパ産や北海道産に比べるとちょっと落ちる感じがしました。しかし5本で78円と割安だったので、コストパフォーマンスは高いものでした。ホワイトアスパラガスはペルーの田舎から遠路はるばる運ばれてきたのでしょうが、円高と現地での給料の安さから日本での低価格が実現できているのでしょう。長崎産あたりを買った方がフードマイレージを少なくできるのですが、おそらく値段は3?4倍くらいしてしまうのでしょうから手が出ないのです。



kyusyu117

 ようやく録画していた「おくりびと」を観ました。

この映画は韓国やメキシコなどの映画館で300円程度で観ようと思いながら、今まではタイミングを逃してしまっていたのです。2008年の9月に公開された映画をようやくテレビでチェックすることができたのですが、広末涼子がミスキャストでしたが、それ以外は悪くありませんでした。ロケ地の山形の風景も美しく、丁寧に作られているところが好感を持つことができました。

しかしTBSは130分の作品をCM込みで129分の枠内で放送していたので無理があると思いましたし、CM明けにスポンサーのテロップを出すのは我慢するとして、右上のタイトルがずっと消えないのにはイライラさせられました。TBS側が違法にコピーされることを警戒してのことかもしれませんが、そんなアホな決定をした人間には腹が立ちます。TBSの視聴率が低迷して、アホな決定をした人間がリストラの憂き目に遭うことを心から願うばかりです。(笑)



kyusyu116

 連休前から熊本でもハウステンボスの広告をやっていました。

経営危機に陥っていた長崎県佐世保市のハウステンボスがエイチ・アイ・エスを中核とした新会社により支援を受け、大型連休に合わせて4月28日にリニューアルオープンしたのですが、その第一弾のステージがなぜか「あのねのね&プリンセス天功のスペシャルジョイント公演」ということでしたので笑ってしまいました。

今回のリニューアルでは無料で入れるゾーンが新設されたということですから、近くを通ることがあればチェックしてみようかなと思ったのですが、パーキングは普通車は1台500円と高いみたいですから止めておくことにしました。私は近いうちに渡欧する予定ですので、金を払ってまで完成度が低いまがい物を見る気にはなれませんからね。ハウステンボスの立地はド田舎ですから、そんな場所で自動車を停めるために金を取るという発想は理解しがたいのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/30(金) 23:59)

 昭和の日に昭和的な乗り物で出かけた昭和的なイベントは…
kyusyu111

 GW初日の昭和の日は快晴に恵まれました。

先日にも書いたように今日は昭和的な路面電車が無料ということでしたので、電停まで自転車で行ってからイベント会場まで乗ってみました。今日は中心部の交通を遮断して3回目のくまもと城下まつりというイベントが開催されていたのですが、年に一度というのに銀座の歩行者天国より混んでいない感じでした。国内外から集客してる銀座と比べても仕方が無いのですが、天気が良いのに来場者数が少ないのは内容が面白くないためだと思います。

私が到着した時には「天装戦隊ゴセイジャーショー」から「松原のぶえオンステージ」に変わる時でしたが、担当者が昭和的な発想で企画されているようですからまったく楽しめなかったのです。熊本県出身の脚本家の小山薫堂氏の提言により「くまもとサプライズ」という取り組みが始まっているのですが、今日のイベントはまったくサプライズの要素が無かったのです。こんなレベルのイベントに公費を使うのは無駄でしょうから、来年は中止すべきだと思いますよ。



kyusyu111

 イベントの後に熊本市現代美術館に行ってみました。

今日は「祝祭と祈りのテキスタイル」という展示の1000円の入場料が無料ということでしたから会場をチェックしてみたのですが、まったく期待はしていなかったのでそれなりには楽しむことができました。ただ入り口近くの大漁旗などのコレクションなどは興味深かったのですが、途中から現代美術に変わってからは退屈してしまいました。

「以前に入場料を払って見た人たちはお気の毒だなぁ…」と思いながら普段から入場無料の奥の小さな会場に行ってみたら、「ドンサ」という昔の漁師の作業着の展示がありました。単に数着のドンサを展示してあっただけでしたが、実際に沖に出る漁師の無事を祈って一針づつ丹精込めて縫われたものでしたので迫力がありました。こちらは明日からも無料ですから、私はオススメできますよ。



kyusyu113

 今日のイベントは15時までの開催でした。

現代美術館を出て再び無料の路面電車で帰ることにしたのですが、さすがにイベント終わりでしたから混んでいました。それでも路面電車は新型の低床タイプの2両編成でしたので、一台だけ待つことで次の電車に乗ることができました。途中の停留所で乗る人がいることを考慮して7割ほどの混み具合で出発したのですが、おそらく年間で最高の乗車率だったのでしょう。

私は日本で路面電車に乗るのはかなり久しぶりだったのですが、普段とは少し違う視点でのんびりと街を眺めることができましたので悪くありませんでした。しかし客数が多くて張り切っていたのか、停留所の案内などのアナウンスがうるさいのと、子供のマナーが悪かったことには辟易とさせられました。少子化時代で甘やかされているためでしょうが、ちゃんと躾ができないのなら公共の交通機関には乗せるなと言いたくなりました。日本以外ではそんな不愉快な思いをすることは無いのですが、GWの期間中にそんな子供たちが海外で恥を晒してまわると想像すると憂鬱な気分になってしまいます。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/29(木) 23:59)

 にゃっとうとはにゃんというにゃまえにゃんでしょう!
kyusyu108

 熊本はちょっと早く五月晴れになってくれました。

図書館に行ったついでにスーパーに立ち寄ってみたら、納豆売り場でこんなのがありましたので笑ってしまいました。熊本では「お城納豆」というブランドで有名な丸味屋という会社の新製品でしたが、「にゃっとう」という冗談みたいな名前とパッケージでしたからね。誰でも思いつきそうなダジャレから本当に商品化されるなんて、発案者自身がいちばん驚いているんじゃないでしょうか。

丸味屋の公式ウェブサイトをチェックしてみたら、このパッケージは熊本デザイン専門学校の学生さんの作品で、ジェル状のかつお風味タレをかけるところがねこまんま風というイメージで企画されたみたいです。ご丁寧に平成22年2月22日に発売ということですが、なぜかこれまでは他のスーパーでは見たことがありませんでした。



kyusyu109

 同じスーパーでこんな酒のコーナーができていました。

「坂本龍馬酒検定」ということでしたが、龍馬に関するこれほどたくさんの種類の酒が商品化されてるとは驚きでした。酒の場合はラベルを印刷するだけで龍馬ブームに対応できることから多くの酒造メーカーが参入したのではないかと思うのですが、最大の理由は龍馬のラベルが付いているだけで買ってくれるありがたい客がたくさん存在してるからでしょう。

私はこんな様子を見る度に「龍馬ブームに乗っている人たちが日本をダメにしたんだろうな…」と考えてしまうのです。以前にもこのブログで書きましたが、龍馬がラベルに印刷されただけの酒を買うようなタイプの人たちが以前に小泉純一郎や田中真紀子に熱狂していたのでしょう。その後の総選挙で民主党に期待して鳩山政権を誕生させ、今回の普天間問題などでは幻滅する側に回って嘆いているのでしょう。5月末に鳩山首相がデッドロックに乗り上げて小沢と共に辞任して、後任の総理が若くて新鮮味があれば懲りずに支持するのでしょう。それが小沢の書いた筋書きと気がつかないのが不思議ですが、ヌルい体質のマスコミのせいだとも思います。



kyusyu110

 明日のGW初日のイベントの広告を見かけました。

2011年3月の九州新幹線の全線開業に向けたプレイベントとして通町筋電車通りで「くまもと城下まつり」というイベント開催されるということでしたが、ちょっと新幹線が大き過ぎるんじゃないかなと思いました。今年は3月23日に近隣の城南町と植木町と無理な合併をして「新・熊本市」になったことも記念しているようですが、内容はいつもと変わりばえしないもののようでした。

私はこの中身が無いイベントには興味が持てないのですが、明日は市電が終日無料運行となるそうですし、熊本市現代美術館も入場無料になるということですから様子を見に行ってみるつもりです。美術館の展示内容は「祝祭と祈りのテキスタイル」ということですから、まったく興味は持てないのですけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/04/28(水) 23:59)

 バラフという南アフリカ原産の野菜とタケノコのサラダ
kyusyu105

 今日は昨晩の雨がウソのように回復してくれました。

日曜に福岡県境の山鹿市の竹林にタケノコ掘りに行った時に「道の駅かほく」で南アフリカ原産のバラフという野菜が1パック140円で販売されていましたので衝動買いしちゃいました。今日はそのバラフとタケノコなどを使ってサラダを作ってみたのですが、この初夏の季節にピッタリで美味しゅうございました。

私が初めて肉眼でバラフを見たのは東京の高級スーパーでしたが、1パック400円ほどしましたので手が出ませんでした。その後に2009年の5月31日に熊本郊外の和食店で初めて口にしたのですが、今回が2度目だったのです。九州でバラフ栽培の先駆者的な存在の佐賀大学の関連業者のウェブショップでは1パック300円くらいでしたから、かなり割安価格で購入できたのかもしれません。



kyusyu106

 先ほどのWBSで興味深いものを見かけました。

未発表の新製品をいち早く取り上げる「トレンドたまご」のコーナーで紹介されていたのは、ノズルを研究開発してる会社の自信作のようでした。水の粒子が細かなマイクロミストを発生させる手のひらサイズの機械でしたが、気圧を下げることで水を低温で沸騰させ、それを特殊なノズルで噴射することで安価に小型なサイズで「濡れない霧」を発生させることに成功したみたいです。

最近の地球温暖化に対してもマイクロミストは有効でしょうが、これだけ小型化されれば他の分野にも応用されてゆくことでしょう。例えばデスクトップPCの液晶ディスプレイに内臓されたら、乾燥肌のOLさんなどにはウケるんじゃないでしょうか。以前にWBSで服の中にファンで空気を送り込む「空調服」というのを見ましたが、それにこの装置を組み込むと更に効果がアップするかもしれません。自動車はもちろん、このサイズならミニバイクにだって搭載できるのでしょう。

また液体をマイクロミスト化するということは、今後は思わぬ分野で利用されることがあるのかもしれません。開発されたノズルネットワークの方は医療分野やガソリンエンジンへの応用などを例に挙げていらっしゃいましたが、映画館やテーマパークなどで活用するのも面白いんじゃないでしょうか。今年は3D元年ということですが、数年後にはこの技術を応用した香りで臨場感を出す映画やアトラクションが登場するかもしれません。



kyusyu107

 今日の夕刊でこんな健康茶を見かけました。

「キャサリンさんが作った健康茶」という見出しがありましたが、スザンヌの母親であるというだけで健康食品分野にまで担ぎ出されたのかもしれません。キャサリンさんは熊本の飲食街で立ち飲みバーを経営されているのですが、そこのお客さんが普通のお茶にスザンヌの名前を使って儲けようと画策したけど事務所NGだったので、キャサリンさんにお願いしたんじゃないでしょうか。

「マンハッタンの日系スーパーでも販売中」とありますが、これはおそらく日本領事館の近くにオープンした熊本に本店があるダイノブのことでしょう。これもキャサリンズ・バーのカウンターでの酒の席で商品を置くことが決まったんじゃないかなという感じがします。これはあくまでも私の想像なんですけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/27(火) 23:59)

 農業県の熊本ならではの野菜の安さの水準は…
kyusyu103

 これは今朝の新聞のスーパーの折込広告です。

最近の天候不順で全国的に野菜の値段は高騰していますが、熊本は農業県ですから東京などの大都市に比べると野菜の値段はまだ割安感があります。今日の目玉商品は1玉98円のキャベツでしたが、さすがにすぐに売り切れてしまったことでしょう。スイカはまだ出始めですので高いのですが、それでも小さめのヤツが1玉1000円くらいで店頭に並ぶようになりました。

熊本はこれから気温がぐんぐん上昇するはずで、キャベツが50円になる日も遠くないでしょう。スイカも最盛期には500円以下になることもありますし、以前にトラックの路上販売で1玉50円で投売りされているのを見たことがあります。「豊作貧乏」を絵に描いたようなものなのでしょうが、スイカはロシアみたいに酢漬けにしたりしないので仕方がないのでしょう。間引きしたメロンは漬物にできますが、スイカは見かけないので向かないのでしょうね。



kyusyu102

 これは先日の新聞で見かけたものです。

無名の鞠智城のマスコットの「ころうくん」が平城遷都1300年祭のメーンイベントの時期に奈良に出かけて、有名な「せんとくん」と初対面して、招待券をプレゼントしてちゃっかり新幹線をアピールしたという記事でした。しかし「ころうくん 新幹線」というキーワードでニュース検索してみても、残念ながら1件もヒットしませんでした。

平城宮跡を全国にアピールしたい奈良の担当者は地方の無名キャラに対しても優しく接してくれたのでしょうが、熊本県内でも知名度が低い「ころうくん」でしたから、熊本日日新聞以外では記事にならなかったのでしょう。熊本日日新聞のウェブ版には載っていたのかもしれませんが、会員登録が必要なために検索サイトの情報収集ロボットが拾えなかったのではないでしょうか。



kyusyu104

 これは新聞で見かけた東京観光旅行の広告です。

2泊3日で29800円とそれほど高いわけじゃないのですが、その安さの理由は都内観光をお金がかかる所に行かないということのようです。目玉が押上で建設中のスカイツリーの工事現場や国会議事堂というわけですから、交通費だけしかかからないわけです。

工事現場マニアの私もスカイツリーに名前が決まる前の基礎工事の段階から何度かチェックしているのですが、これほどまでに見物人が増えるとは予想していませんでした。最近の不況下の日本はいろんな分野で低迷していて、国民も自信を失くしてると思うのですが、スカイツリーは久しぶりに世界一の高さですから人気が出てきたのかもしれませんね。これが世界で2番目に高いタワーの工事だったら、こんなツアーは成立しなかったことでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/26(月) 23:59)

 往復80kmを走って手に入れた旬を過ぎた筍の味は…
kyusyu99

 4月最後の日曜は素晴らしい晴天となりました。

それで福岡との県境の山鹿市の竹林にタケノコを掘りに行きました。合併前は鹿北町だった所にその竹林はあったのですが、熊本市からは40kmほどの距離がありました。わざわざそれだけ遠い所に出かけたわけですし、タケノコの季節ももう終わりですから、頑張って斜面を駆け回って10本ほどのタケノコを掘り起こしました。

タケノコは熊本のスーパーでは大きさによりますが、200?500円ほどで販売されています。1本300円としてみても3000円分ほどのものでしたから、往復80kmを走って労力を使ったわりには見返りが少ないという感じでした。しかし自然の中での良いエクササイズになりましたので、悪くはありませんでした。タケノコはちょっと旬を過ぎていましたが、まだなんとか許容範囲でした。



kyusyu100

 竹林の近くの食堂でランチをいただきました。

今日は気温が上がったのでサッパリしたのをと考えて650円の蕎麦定食をオーダーしてみたのですが、予想以上にボリュームがあったので驚かされました。山鹿市では昨年からこの季節は「たけんこ街道」という名前で町中の飲食店がタケノコを使ったメニューを工夫しているようですが、この店でも煮物や天ぷらに使われていました。

天ぷらや蕎麦には花が添えられていましたが、そういった気配りのある素朴な料理が650円でいただくことができましたので嬉しいものでした。これもデフレ傾向のおかげなのでしょうが、日本の地方の現実を垣間見たような感じがして、少しサミシイ思いがしました。



kyusyu101

 食後に国道3号線沿いの道の駅に行ってみました。

建物の裏側に子供向けのプールがあったのですが、九州とはいってもまだ早くて鯉のぼり以外は泳いでいませんでした。この道の駅は裏手の山を散策できるように工夫してあったのですが、それ自体は悪くないアイデアだと思えました。しかし肝心の道の駅の方はありきたりのものでしかありませんでしたので残念でした。

この道の駅には「かほくバーガー」というご当地バーガーがあって、試してみようかなと思ったのですが、日曜で来客数が多かったためか、すべて売り切れだったのです。他のメニューはありきたりのものばかりで、試してみたいと思うものは皆無だったのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/25(日) 23:59)

 味千ラーメンに続く九州発信のチェーン店となれるか…?
kyusyu96

 最終地の中国から帰国して1ヶ月になりました。

先日のニュースでは上海万博のブサイクな日本館のお披露目もありましたが、各局の現地取材ではバブリーな中国の様子も面白おかしく伝えています。今朝のBSジャパンで放送された「ガイアの夜明け」では中国や東南アジアで爆発的な店舗展開している味千ラーメンなどの日本の外食チェーンに密着していましたが、今回の万博は中国全土や近隣国から観光客がやってくるわけですから、これを機会に中国全土に店舗網を増やそうとする企業は多いのでしょう。なにせ日本国内は人口減で頭打ちですから、多少のリスクはあっても国外に活路を見出したいという企業の生き残り戦略は理解できます。

今日の熊本日日新聞の夕刊の1面に載っていらっしゃった岡田珈琲の方も海外出店にチャレンジされているのですが、そのきっかけは味千ラーメンの重光社長と共に熊本の店に来店された香港の板長寿司チェーンの社長さんだったそうです。香港には既にスターバックスなどのコーヒーチェーン店はあるのですが、日本的なテイストの店が新鮮だったのか、ネーザンロードの重慶マンションの地下がリニューアルされる時に板長寿司チェーンの社長さんに香港への出店を誘われたそうなのです。私も3月14日に岡田珈琲の香港店でハヤシライスとコーヒーのセットでも試そうかなと考えたのですが、板長寿司チェーンが始めた「自家うどん」という店の方が割安感があったので岡田珈琲の完成度はチェックできていないのです。

左の黄色いハッピのおじさんは日本では有名な宮崎県産品のセールスマンですが、新宿のアンテナショップと同じ「KONNE」という名前の店を福岡にもオープンさせたようで、今日は店頭で接客に励んでいたみたいです。この店は日本国内の大都市であれば出店しても大丈夫かもですが、海外は無理でしょう。岡田珈琲は味千ラーメンのように中国各地で見かけるようになるかもしれませんが、宮崎県産品のアンテナショップは黄色いハッピのおじさんが国政に転進したら消え去ってしまうことになるかもしれませんね。



kyusyu97

 夕方の地元の番組に城マニアの芸能人が出ていました。

新聞のテレビ番組ガイドに「ロンブー淳 熊本城を語る」とあったので、どんなことを喋るのかと思って録画してみたのです。今では歴史マニアと自称する芸能人は多いですが、ロンブー淳はブームの前から城マニアを自認していましたからね。今日の番組は別のクイズ番組の撮影のためにやってきたついでのインタビューだったようですが、意外だったのはロンブー淳が熊本城に来たのは2度目で、城に目覚めたのは1度目の小学校の頃だったということでした。

私は城マニアの淳ならコンクリートで再建された天守閣については正直に厳しい意見を言ってくれるかなと少し期待していたのですが、万人にウケるコメントしか聞くことはできませんでした。まあ5月16日には「おしろツアーズ」という城マニアの淳がナビゲーションを勤める番組があるらしいのですが、その番組では城マニアらしく中途半端な熊本城に対して少しは苦言を呈してくれるかもしれません。でも淳は城マニアである前に世渡り上手なお笑い芸人でしょうから、自分にプラスにならない本音は隠し通すかもしれませんが。
 


kyusyu98

 最近は旅行シーズンですが、こんな広告がありました。

熊本発着で中国の青島までの5日間の船旅が24800円からということでしたので、どんなものかと興味が沸いてきたのです。私は1ヶ月前に上海から片道2泊のフェリーで帰国したばかりでしたので、利用する気は無かったのですけどね。下関までは貸切バスで往復して、青島では4つ星クラスのホテルを利用して、9回の食事付きでこの値段ということで、それだけ読んだらお得な感じがしたのです。

しかし右のスケジュールをチェックしてみたら、3泊もフェリー内での宿泊ということでしたのでビックリしました。つまり土曜日に出発して1晩かかって中国までやってきて、上陸するのはわずか1日だけということのようなのです。船旅をしてみたい人なら向いているツアーなのかもしれませんが、上海フェリーで中国人スタッフのガサツな対応にイライラさせられた私は止めておくべきではと思ってしまうのです。もちろんこの航路は未経験ですので、断言はできないのですけどね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/24(土) 23:59)

 熊本に九州新幹線がやってきたらどう変わるか…
kyusyu93

 「熊本のすがた2010」という印刷物がありました。

熊本県の各種の統計が載ってるものでしたが、この表紙にも来年開業予定の九州新幹線が描かれていました。熊本県内には4つの駅が作られていて、現在では90分ほどかかる博多までは35分ほどで結ばれることになるのです。先ほどの夕方のニュースでも九州新幹線がやってきたら熊本がどのように変わるかという特集がありましたが、沿線住民のアンケートでは「経済効果が期待できる」という割合がいちばん低いのが熊本県だったそうです。

県の人口は全国23位の約182万人と、まだ下にはたくさんの県があるのですが、経済に関する統計ではかなり下位になってしまうのです。先週の日銀の支店長会議でも九州は景気の回復が遅れているとの話でしたし、九州新幹線の開業後は若年層が福岡や大阪などの大都市に流出することが予想されますので、この手の統計の数値はますますキビシイものとなるでしょう。もちろん開業当初は交流人口が増えたり、大事な血税を使っていろんなイベントをやるでしょうから少しは盛り上がると思うのですが、現在のような無策が続けばじりじりと落ち込んでゆくのでしょう。

熊本では九州新幹線の開業に伴うありきたりな駅前再開発と、無理な合併をして政令指定都市になるということ以外に何も無いというのがサミシイのですが、熊本の中から何か新しいものが出てくる気配は無いのです。火山噴火の影響などで世界的に冷夏が続いたりして、農作物に悪影響があったりすると農業県の熊本の存在感は増すかもしれませんが、農業だけではこれから深刻化する高齢化の時代を乗り切るのは無理だと思うのです。



kyusyu94

 GW中に熊本市の中心部でイベントが開催されます。

熊本市の中心部である通町の電車通りを通行止めにして開催される「くまもと城下まつり」というものですが、そのさまざまな催し物の中で「マッチフラッグプロジェクト2010」というものが目に付きました。これは日比野克彦氏を講師に迎えて、南アで開催されるワールドカップを応援するフラッグを作るというワークショップらしいのですが、人口規模が極端に違う国という単位で競い合うサッカーの試合なんて興味が持てませんので、そんなものに一喜一憂する人種の暇つぶしに対しては「死ぬまでやってれば…」というスタンスです。

しかし気になるのはワークショップをやるのには人も金もかかるということです。サッカーごときに公金が使われるというのなら大反対ですし、ボランティアや民間の寄付でまかなわれているとしても、「呑気にスポーツ観戦なんかしている場合なのか…?」と思ってしまうのです。先ほどの統計によりますと熊本県の財政は県税の比率が24,5パーセントと低く、相変わらず国からの地方交付金頼みの依存体質から抜け出すことができないのですけどね。新幹線が開業して政令指定都市になった後に進むべき道のことを真剣に考えておくべきなんじゃないかなと思うのですが。



kyusyu95

 明日の午前中にこんな番組が放送されるようです。

「わが心の大地 阿蘇ジオパーク」というタイトルの番組ですが、2009年10月に阿蘇がジオパークに認定されたことで、その意義などを一般の県民に啓蒙するために製作されたのでしょう。まだ「ジオパークって何?」とか、「それで阿蘇の何か変わるの?」といったようなレベルでしょうから、番組の製作サイドは将来のために少しでも認知度を上げたいと考えているのでしょう。

今回のアイスランドの火山噴火でも自然の圧倒的な力を見せつけられましたが、世界的に有名な活火山の阿蘇は単に観光名所というだけではなく、これからの時代は地熱の活用なども含めて、その域内の生態系を俯瞰的に捉え直すようなことが必要なんじゃないかなと思います。国からの補助金を貰って当然だと思っているような地元のおじさまたちじゃ期待はできませんけどね。この番組を見ても、「阿蘇がジオパークってヤツに認定されたらしいけど、どうやって観光客から金を取ろうかな…」と考えていそうですものね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/23(金) 23:59)

 「肥後の胡麻太鼓」の製造元の電話番号は…
kyusyu86

 本日の熊本も夕方から小雨が降ってきました。

アイスランドの噴火により閉鎖されていたヨーロッパの空港が正常化しつつありますが、一抹の不安を残しつつ旅立つ家族を先ほど上熊本駅まで送ってきました。出国は数日後ですが、また火山活動が活性化するかもしれませんので安心できません。アイスランドでは別の火山が連動して噴火するかもしれないということですから、飛行機では帰国できなくなる恐れもあるのです。ヨーロッパでの延泊はけっこう負担が大きいですから、旅行自体を取りやめるという選択が正解だったかもですが…

今日の夕刊の上で撮影したのは「肥後の胡麻太鼓」というお菓子ですが、有名な佐賀県のオニザキの胡麻を使って作ってあるようです。製造元は岩田コーポレーションという熊本の会社ですが、電話番号は0120?159243(ヒゴクニヨイサ)ということでした。郷土愛は理解できるのですが、ちょっと無理がありますよね。(笑)



kyusyu87

 これは熊本空港の情報誌で見かけた路線図です。

以前は熊本空港からはJALとANAにより羽田と伊丹と小牧くらいしか飛んでいなかったのですが、SNAや天草エアライン、そしてフジドリームエアラインズが参入して神戸や沖縄、静岡などにも飛ぶようになったのです。また一時は大韓航空が撤退して国際線はチャーター便のみになってしまったのですが、数年前からアシアナが新規参入してきてソウルにも飛べるようになったのです。

天草までは20分、いちばん遠い羽田までも100分ほどで飛ぶことができますが、熊本県の人口は180万人程度と少ないので便も少ないのです。選択枝はかなり増えたのですが、今後は景気の低迷に加えて来年の新幹線の開業後には九州を訪れるビジネスマンが福岡空港や鹿児島空港に流れることも予想されますので、現在の路線が史上最多ということになるのかもしれません。



kyusyu89

 これは韓国のエアプサンの新聞広告です。

3月29日に福岡ー釜山間に就航した、大韓航空やアシアナに続く第三の航空会社なのですが、公式のウエブサイトをチェックしてみたら4月26日に関空ー釜山間にも就航するということでした。福岡と釜山の間は英仏海峡みたいなトンネルを作ろうかという話が出るほど近く、高速船で3時間ほどの距離なのですが、それでも日韓の交流は盛んになっていますので需要はあるのでしょう。

これまで私はあちこちの航空会社を試していますので、このエアプサンにも乗ってみたいのですが、割安感が無いので難しそうなのです。釜山には近いうちにまた行こうと思っているのですが、値段が安くて時間を有効に使うことができる夜行のフェリーになりそうです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/22(木) 00:41)

 携帯の落し物がアナログメディアで話題にならない理由は…
kyusyu91

 ここ数日の話題といえば「携帯の落し物」でしょう。

6月22日に発表されるとの噂がある次世代iPhoneの試作機と推測される端末がサンフランシスコ空港の近くのレッドウッド・シティのバーに置き忘れられていて、それを米GIZMODOが入手して、その顛末をネットにアップし続けていたのです。その落とし物はiPhone 3GSっぽくカモフラージュしてあったそうですが、いじったり分解してみたところ、本物に間違いないという結論に達したようなのです。

この記事を信じるならば次世代iPhoneは角ばったデザインになり、背面カメラとは別に前面にビデオチャット用のカメラが搭載されていて、液晶の解像度も格段に向上しているということのようです。この試作機のスペックも事前流出の経緯もなかなか興味深いのですが、これがアップルによる話題作りのための「仕掛け」だとすると不愉快な話です。まあGIZMODOにはアップルから正式に返還要請が届いたらしいので、その線は疑わなくても良いのかもしれませんが。

この手のネタなら「とくダネ!」のオープニングで小倉さんが取り上げるかなと思ってたのですが、今のところはまだやっていないのです。「めざましテレビ」では放送されたということですが、録画していなかったので詳細は不明です。日本の民放はiPhoneのCMなどを大量に流してくれるスポンサーとしてのアップルやソフトバンクに配慮して取り上げていないのかもしれませんが、それって報道機関の姿勢としてはいかがなものでしょう。「真偽のほどはともかく、こんな事件があったようです…」と報道するべきじゃないでしょうか。



kyusyu90

 午後にヤボ用で下通りでランチをいただきました。

古い友人がもう少しビジネスにネットを活用したいという相談があったので、「センターリバー」という老舗のハンバーグ屋が下通りにオープンさせた新しい店を試してみることにしたのです。ファミレスよりワンランク上のインテリアながら、私が頼んだ日替わりランチは777円と値ごろ感がありましたし、ネットにあった食後のコーヒーが126円になるクーポンも使えましたので悪くないなと思えました。

しかし鉄板の上で美味しそうに焼けているハンバーグが荒挽きタイプでは無かったのが残念でした。繊細なタイプがお好きな上品な奥様方に向けたものなのかもしれませんが、私の好みではありませんでした。3種類のソースが用意してあったり、サラダやコーヒーのお代わりができたりと、また違うメニューを試してみたいと思わせる要素はあったのですが、肝心のハンバーグが好みで無かったので…



kyusyu92

 最近このようなTV広告を見かけます。

福岡に本拠地を置く福岡ソフトバンクホークスを応援するため、福岡銀行がプロ野球開幕シーズンに合わせて「ホークス応援定期預金2010」という企画を毎年やってるようなのですが、熊本ではそれを熊本ファミリー銀行が取り扱ってるみたいなのです。これはチームの順位に応じて金利上乗せというのがウリのようですが、リーグ優勝の場合で0.12%、シリーズ優勝の場合でも0.15%アップということで、ほんの気持ち程度というものでした。

このホークスファンの預金者の中から抽選で70組に公式戦観戦ペアチケットが当たるらしいのですが、「ホークスの選手とキャッチボール」という変わったものもあるようでした。これは1人しか当たらないということですが、さほど球団や選手に負担がかかるものじゃないでしょうから、もっと乱発しても構わないと思うのですが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/21(水) 23:59)

 2010年はじめて味わうことになった麦茶の味は…
kyusyu85

 本日は二十四節気のひとつの「穀雨」でした。

午前中まで降り続いていた雨が昼過ぎには上がってくれましたが、4月は半分くらいに傘マークが付いている感じですのでイヤになってしまいます。青空が待ち遠しいところなのですが、週間天気予報を見てみたら梅雨の時期と似たような感じでした。これも何らかの地球温暖化の影響なのかもしれませんね。

気温は20度を超えてきましたので、スーパーで安売りしていた麦茶を衝動買いしてしまいました。久留米市の築邦製茶というマイナーな会社の製品でしたが、国産大麦を使用していながら129円と安価だったので驚いてしまいました。次に渡欧する時にも1パック2.5円のこの麦茶は活躍してくれることでしょう。



kyusyu84

 書店で「くまもと経済」という経済誌を立ち読みしました。

ネットの全国ニュースでは報道されなかったので、その頃は中国を旅行中だった私は知らなかったのですが、3月16日に熊本の蒲島知事が大阪に出かけて、府庁で橋下大阪知事と会談したそうです。蒲島知事は来年の3月に開通する九州新幹線の「さくら」をPRしたようですが、巨大な新幹線の「招待券」を手渡された橋下知事は迷惑だったのかもしれません。九州新幹線が開業すれば大阪から熊本までは3時間強の時間で行くことができるようになるのですが、特に訪問するメリットが無さそうな橋下知事がこのチケットを使って来熊することは無いんじゃないでしょうか。

橋下知事は「3時間なら飛行機より新幹線の方がいい」と遠来の客にリップサービスで応じたようですが、大阪府と大阪市の解体・再編を目指して新たな政治グループを立ち上げたところですから、用が無い熊本まで足を運ぶことは無いでしょう。何か舌禍事件でも起こして知事を辞任することなどあれば別ですが、相変わらず物事の裏を読めない大阪の大衆にはウケが良いみたいですから多忙な状況は続きそうです。国政に転じることなどあれば尚更でしょうしね。



kyusyu83

 新聞に餃子の王将のチラシが折込まれていました。

これまで熊本では郊外に出店していたのですが、ついに中心部の下通りアーケードに4月15日に新規オープンしたらしいのです。それで4月21日から23日までオープニングセールをやるということでしたが、23日は通常価格が504円のビールの大瓶が200円になるということでした。チラシには定番の餃子の無料券が付いていましたので、これを使えば200円で餃子をつまみにビールを飲むことができるのでしょう。まあそれが許されるとしても、それだけしか頼まない人はいないでしょうけどね。(笑)

2010年の1年分の中華料理は既に食べ終えた感があるのですが、最後に食べたのは上海から大阪へのフェリーのレストランでしたので、そろそろこのチラシを持って食べに行ってみようかと考えています。中国の中華と日本の中華は別物だったりしますしね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/20(火) 23:59)

 シャープの新型タッチパネル端末は検討に価するか…?
kyusyu80

 シャープの新型タッチパネル式の端末が発表されました。

NetWalker」の第2弾の「PC?T1」というモデルでしたが、本体サイズは150(幅)×90(高さ)×18?21.3(厚さ)ミリということですから、私が風呂や国内旅行の際に愛用しているパナソニックの防水テレビとほとんど同じくらいの大きさでしたから携帯性は優れているみたいなのです。大きめのポケットになら入るサイズですが、重さは280gとiPhoneの135gの倍くらいありますから微妙なのです。

5月に4万7000円前後で発売されるということで、iPadの日本での発売時期に似たような値段でぶつけてきたのですが、シャープのタッチパネル式の携帯端末はスティーブ・ジョブスが大嫌いなスタイラスペンで操作するタイプでした。iPadには無いmicroSDスロットが付いてるので便利そうですが、iPadの10時間に比べて6時間の動作時間はちょっと物足りない感じがしてしまいます。

iPhoneの3.5型ワイド液晶(480×320)に比べれば5型ワイド液晶(1024×600)は格段に見やすいはずなのですが、それでも小さ過ぎるかもしれません。私は旅行先でWiFiで接続してメールやニュースをチェックしたいということ以外に地図を見たいのですが、この大きさではあまり実用的じゃないかもしれません。やはりAndroid OS搭載のGoogleタブレットの発表を待つべきなのでしょうね。



kyusyu82

 スーパーでこんなパッケージの野菜を見かけました。

ヒゴイチという会社のベビーリーフでしたが、北欧で発明されたテトラパックのようなパッケージだったのです。嵩張るので輸送コストがかかって不利だと思うのですが、近場だけに配送するということなら許容範囲なのかもしれません。あまりこのパッケージのメリットは無さそうなのですが、何か他に理由があるのかもしれません。

デザイン性で若い女性にアピールするというのなら、もう少し工夫の余地はあるのではと思えました。この手のパッケージはキレイに並べるのが難しいと思うのですが、専用の台座みたいなものを工夫するなりすべきじゃないかなと思えました。



kyusyu81

 こんな広告が今日の夕刊に載っていました。

デパートでは定番の北海道物産展ですが、「初夏の」と付いてるので笑ってしまいました。北海道は先週の冷え込みでスノータイヤに履き替えたという話もありましたからね。この画像はGW前後の桜が終わった後の牧場のような感じがするのですが、九州からの視点では北海道は年中こんな感じに見えるのでしょうね。

しかし「もっかいど?!!」という意味不明のコピーはいかがなものでしょうか。何度も開催している北海道物産展に足を運ぶことに「もう一回どう?」と促しているかもしれませんが、あまり訴求力が無い広告だと思います。何度も似たような企画をやり過ぎているので目新しい目玉商品が無いのかもしれませんね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/19(月) 23:59)

 2010年はじめて味わうことになった天ぷら定食の味は…
kyusyu77

 今日の熊本は先日に続いて晴れてくれました。

午後にアイスランドの余波で先日の渡欧予定がキャンセルになった家族を熊本空港に迎えに行ったのですが、今朝も早起きして空港に行ったものの、しばらく待ったものの飛ばないことが決定してガッカリしたそうでした。まあ美味しいものでも食べて気分転換をという話になって、空港の近くの天ぷら屋に行ってみました。

家庭的な雰囲気の店だったのは問題なかったのですが、揚げたての天ぷらとの距離があり過ぎたのが決定的にNGでした。料理は目でも楽しむものだと思うのですが、目線が遠いと美味しさが半減する感じがしますからね。それに天ぷらは白衣で揚げてもらいたいものだと思いました。



kyusyu78

 熊本の中心部に戻り、NHKに行ってみました。

昨日から局内で「つつじフェア」というイベントが開催されていたのですが、丘の上のNHKの建物は老朽化により移転計画がありますので、どんな感じなのか確認しに行ってみたのです。スタジオ内では「龍馬伝」や「坂の上の雲」などのドラマに関する展示などがあったのですが、私以外はドラマを見てる人たちばかりだったようで、皆さん楽しそうに見学されていました。

今日のイベントは一般向けのイベントで、東京のNHKの技術研究所の公開日のような新技術の展示はありませんでしたので、ちょっとガッカリさせられました。3Dの展示も銀座のソニービルで見たものを超える水準ではありませんでしたしね。



kyusyu79

 NHKの近くで民主党のポスターを見かけました。

右のおじさまは鳩山内閣の内閣官房副長官に就任したので、ニュースでよく首相の後ろで見切れている松野頼久氏ですが、「ロンドンハーツ」の「奇跡の1枚」の写真みたいに作り込んであるような感じがしますので笑えました。中央のわざとらしい構図のヤツは検索してみたら、松野頼久官房副長官の私設秘書を務めている本田浩一という新人のもので、民主党が参院選熊本選挙区に擁立することを決めたようです。左の「亀原了円」という変わった名前のおじさまは浄土真宗本願寺派西養寺の住職でもあるということでした。

彼らは鳩山内閣の発足時には「新政府の支持率も高いことだし、参院選は楽勝かも…」とほくそえんでいたかもですが、最近の支持率下落で頭を抱えていることでしょう。彼らは選挙前に小沢と鳩山が辞任して、アホな国民にウケる見栄えが良い新総理が登場することを心から願っているのでしょうが、小沢はそういった筋書きを考えているのでしょうから何とか当確ラインに残ることができるかもしれません。

今日も山田杉並区長と中田前横浜市長たちが「日本創新党」の結党を発表しましたが、龍馬気取りの為政者たちの新党ブームはもう少し続きそうですから憂鬱です。私は日本を悪くした世襲政治家たちも押し付けがましい極右のじいさんたちは嫌いなのですが、中田宏のようにベラベラと偉そうに喋る松下政経塾出身の政治屋も大嫌いなのです。横浜市長の座を自分の卑しい欲望のために放り出したくせに、日本を憂う振りをしてるところが許せないのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/18(日) 23:59)

 2010年はじめて味わうことになった明太子スパゲッティの味は…
kyusyu74

 今日も良い天気になり、気温も春っぽくなりました。

それでというわけじゃないのですが、ランチに残り物の明太子を使ってスパゲッティを作ってみました。今年になってパスタは何度も食べましたが、明太子のスパゲッティは今年初めてでした。撮影した後に刻み海苔を大量にかけていただいたのですが、なかなか美味しゅうございました。

食後にテレビでヨーロッパの空港が閉鎖されたというニュースを見ていたら、今日から渡欧する予定だった家族が空港で足止めを食らって、今日はホテル待機になったという知らせが入りました。明朝の便に変更になったということですが、現地の空気中の火山灰濃度が低くならなければ待機し続けなければならなくなるかもです。こればかりは自然が相手ですからどうしようもありませんけどね。



kyusyu75

 夕方に近所のスーパーに買い物に行きました。

全国的に野菜は高くなっていまして、ピーマンは5個で138円もしましたので手が出ませんでした。しかし熊本産のゴーヤは小さめでしたが98円でしたので、1本購入しておきました。しかしこの時期に夏野菜のゴーヤが100円以下で買うことができるというのは、さすがに熊本は南国ですよね。

ゴーヤはチャンプルーにしていただく予定ですが、余ったら玉子でとじて大根おろしを乗せて食べるつもりです。桜海老漁が解禁されているはずですから、それも加えて春っぽく工夫してみたいものです。



kyusyu76

 テレビでフリーペーパーの広告をやっていました。

植木町と城南町を合併した新・熊本市を中心に30万部の戸別配布をやってるという「すぱいす*spice」というフリーペーパーのCMでしたが、なんと世帯普及率は90パーセントを超えるということでした。毎週金曜日に戸別のポスティングにより配布されているのですが、寒暖に負けずに配布されてる方たちはご苦労なことですよね。

しかし「すぱいす」とか「くまもと生活応援紙」とかひらがなが多くて気持ちが悪いですよね。極右の新党も「みんなの党」に続いて「たちあがれ日本」とひらがなを多用したものでしたし、新党名が明日の午後に発表されるという中田宏・前横浜市長たちの首長新党もひらがなの名前になるのかもしれません。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/17(土) 23:59)

 熊本市内を流れる白川左岸の工事現場は…
kyusyu72

 寒かった熊本も晴れてマシになってくれました。

明日も天気予報は二重丸でしたから、ようやく平年並みの気温に戻ってくれることでしょう。先ほどヤボ用で熊本市内を流れる白川左岸の工事現場を通ってみたら、先月までは道路との境目に設置してあった工事用のフェンスが取り除かれていました。すでに完成してるようにも見えるのですが、右手のグリーンのフェンスの先にはまだ川幅を広げる工事が残っているのです。

「近所にキレイな遊歩道ができてラッキー♪」と考える住人も少なくないようですが、この公共工事の原資は財政が苦しいはずの行政ですから、私はいかがなものかと思うのです。川幅を広げるのは100年とか50年に一度の記録的な集中豪雨に備えるためということなのですが、私はこの手法には懐疑的ですからね。



kyusyu67

 先ほどちょっとハッピーかもしれないことがありました。

亀田製菓のハッピーターンを食べていたらハート型のヤツがあったので、「おっ、何だろ?」と思ってパッケージを見てみたら、「ハートハッピー あったらハッピー♪」という説明があったのです。以前に「シルシルミシル」という番組でチョコボールの金と銀のエンジェルが出るまで食べ続けるという実験をやっていましたが、私の記憶では1割ほどしか無かったようでした。それで「ハートハッピーが入っていたのでラッキーだったのかも…」と思ったら、なんと4個も入っていました。

ちょっと入れ過ぎなんじゃないのかなと思ったのですが、これが偶然に1つの商品に4個のハートハッピーが入ったとすれば珍しいことなのかもしれません。ハートに響くハッピーなことがあったらハッピーなのですが、何かラッキーなことが起きるでしょうか?(笑)



kyusyu73

 フリーペーパーにこんな広告が載っていました。

今日から郊外のグランメッセというイベントスペースで開催されている「日本全国こだわり食の彩典」というものでしたが、北海道から沖縄までの91店舗の飲食店のブースが出店しているみたいなのです。顔ぶれをザッと見たところ、私が知ってるのは東池袋の大勝軒くらいのもので、知名度が高いものは見当たりませんでしたが。

まあそれでも「試食などあるかも…」と考えて、行ってみようと思っていたら、入場料が500円もかかるということでしたので止めることにしました。私はあちこち旅行することがありますので、ご当地グルメはそれぞれの地域でいただけば良いわけですからね。ちなみに次は日本が梅雨入りする前の渡欧を考えているのですが、関空と成田とどちらから飛ぶべきか悩んでいるところなのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/16(金) 23:59)

 寒い朝に寒い映像を見て寒い思いをした話です
kyusyu69

 今日の熊本の最低気温は6度位しかありませんでした。

先週は27度近くまで気温が上昇して初夏のようでしたが、また冬のような天気に逆戻りして寒い朝を迎えました。熊本市内はしとしとと雨が降り続いていたのですが、阿蘇山頂付近ではこの寒さで雪になって咲き始めたミヤマキリシマに積もったそうです。山頂とはいってもまさか4月に九州で雪の便りを聞くとは思いませんでした。

先ほどのニュースではこの冷え込みで荒尾の梨農家に霜による被害が出てるという話でした。農家の経営者がインタビューで「平年の半分ほどしか収穫できないかも…」と嘆いていらっしゃいましたが、値段の高騰につながるかもしれませんので心配です。春野菜もずいぶんと高くなっていますし、異常気象は恨めしいものです。



kyusyu70

 これは4月14日の1時45分から放送された番組です。

テレビ朝日系列のKABで放送された「テレメンタリー2010」というドキュメンタリー番組でしたが、HTB(北海道テレビ)が製作した「流氷なき?凍らぬ海の異変?」というタイトルのものでした。私は北海道に住んでいた最後の年にオホーツク方面にドライブして雄大な流氷を見ることができたのですが、最近は地球温暖化のためなのか流氷が減っているらしいのです。

研究者の方の分析によりますと「流氷の勢力は100年前の半分」ということですし、「平均気温が4℃上昇すると凍らなくなる」と予想されているということでした。以前は氷と氷がぶつかることで「流氷鳴き」という自然現象が起きていたらしいのですが、最近ではその風物詩も無くなりつつあるそうです。流氷が無くなると道東の観光面での打撃があるだけでなく、植物プランクトンの発生などが減少して、結果的に海産物が激減する恐れがあるとのことでした。

氷の下の豊かな生態系に異変が起きているらしいのですが、このようなことが続けば世界的な食糧危機につながりかねないので心配です。最近はまた原油価格も上がりつつありますし、漁獲量の減少は食料資源が少ない日本にとっては深刻な状況となるかもしれません。今朝の「スーパーモーニング」で玉川氏によるギリシャのレポートがありましたが、円安とインフレに加えて食料価格が世界的に高騰したら蓄えが少ない日本人は半世紀ぶりに「飢え」と直面せねばならなくなることになるかもしれないのです。



kyusyu71

 これは明日からの祭りをデザインした食品です。

天草最南端の牛深市の伝統的なハイヤ祭りをモチーフとした焼印を押された瓦せんべいでしたが、さほど量が無いのに370円もしましたので驚いてしまいました。デザインも陳腐なものが1種類だけでしたが、こんなものを誰が買うのかなと不思議に思うのです。

牛深市にはかなり前に一度だけ行ったことがあるのですが、最近はどんな風になっているのか興味がありますので、機会があればドライブしてみたいと思っています。たしか牛深沖ではマグロの完全養殖をやってるはずですから、その様子も見てみたいですしね。枯渇しがちな海洋資源を増やすことができれば「人類を救うことができる技術」となるかもしれませんからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/15(木) 23:59)

 明日から始まるわくわくしない新番組の顔ぶれは…
kyusyu65

 明日からKABでこんな顔ぶれの新番組が始まるようです。

熊本市は昨年から「わくわく都市くまもと」という陳腐なスローガンを宣言してるのですが、そのコンセプトを説明するような3分番組を貴重な税金を使って放送するようです。中央が1回目のゲストの熊本の市長さんで、右は熊本以外では知名度がゼロに近い熊本城のキャラクターの「ひごまる君」です。左のおじさんは地元のタレントさんですが、なかなかスゴいキャラですよね。(笑)

熊本市は政令指定都市になることと、九州新幹線の全線開業を控えているのですが、それ以外に何も経済的にプラスになるような要因が見当たらないことから「わくわく都市くまもと」というわくわく感がまったく感じられないスローガンを宣言したのでしょうが、私には単なる税金の無駄遣いにしか思えません。



kyusyu68

 これも新聞に載ってた明日のための広告です。

スザンヌの母のキャサリンと妹のマーガリンが起用されているセンタープラザというショッピングセンターのものでしたが、「15日は地下の日です」とか「地下で楽しくお買い物」というコピーが不思議でした。地下ってセールスポイントにはなりえない感じがしますものね。

また中国で悲惨な大地震が起きたばかりですが、地震国の日本もいつ発生してもおかしくありません。近くに阿蘇などの活火山が多い熊本でも起こりえるのですが、このセンタープラザは昨年の春に創業40周年記念の大創業祭をやっていた古い建物の地下街ですから、地下をアピールするのって私には理解できないのです。(笑)



kyusyu62

 こんなローカルなガイドブックが発売されているようです。

これは3月20日から発売されている「まち×ひとガイドブック」というもので、最近のイベントや熊本市の中心市街地の500店ほどの情報が網羅されているということです。価格はワンコインの500円ながら、1000円分のクーポン券が付いているそうですから人によれば割安感があるかもしれません。

「まち×ひとガイドブック」はKABの「まち×ひとチャンネル」というウェブサイトから派生したものみたいですが、わざわざ印刷物にする価値があるのかなと疑問なのです。熊本の街は吉祥寺くらいの大きさですので、特にガイドブックなんて要らないと思えますしね。Ipadの発売は5月末に延期されましたが、これから薄くて軽いスレートタイプのデバイスが普及するのは間違いないですから、こういった情報はIpadやスマートフォンなどの端末で読みやすいように工夫して充実させておくべきだと思えます。スレートタイプのデバイスが普及して1万円以下に価格が下がるようになれば、街のあちこちでウエブサイトにアクセスできるユビキタス社会が実現するでしょうからね。

クーポン配布が目的ならフリーペーパーで充分ですし、中国の街頭にあるような希望者の携帯電話にクーポンを送信する装置の方がスマートでしょう。まあスマートフォンの普及が進めば、ウエブサイトからクーポンをDLしたり、ポスターなどの印刷物のQRコードなどを読み込んで使うことなども普通になるのでしょうが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/14(水) 23:59)

 2010年のカー・ナビゲーションに付いていたものは…
kyusyu60

 今日はエコカー減税を利用して買った車の話です。

私は不要だろうと強く主張したのですが、家族が「方向音痴だから…」とカー・ナビを付けてしまったのです。私は使わないのですが、ワンセグTVが付いていたので停車中に見ようとしたら音声だけで画面が出ないのです。スイッチ類をいじっても出ないので、面倒でしたがマニュアルを読んでみました。そこには画像を出すためには「サイドブレーキを引く」ことが必要と書いてありましたので愕然としました。走行中に画面が出ないことは理解できるのですが、ギアをPに入れるだけではダメだったのです。なんてアホらしい話なのでしょう。

ダッシュボードにはマニュアルの他にこんなディスクが入っていました。カーナビにはDVDプレーヤーも付いていましたので、「カーナビの使い方をアニメのキャラクターが説明してくれるのかな…」と思ってディスクを挿入してみたら何も始まらないのです。まさかと思ってパッケージの説明文を読んでみたら「CD‐ROMはPCなどでご覧ください」ですって。なんてアホらしい話なのでしょう。

いつも使ってるネットブックはワン・スピンドルですので、昔の重いノートPCを引っ張り出してチェックしてみたら、単に付属してる紙のマニュアルをPFD化したものでした。2010年というのにこんなものを付けるなんて信じられませんでしたが、こんなものを喜ぶ客がいるのかなと不思議です。ちなみにETCも付いてるのですが、6月から高速料金はETC無しで2000円になりますので無用の長物ということになります。なんてアホらしい話なのでしょう。



kyusyu66

 スーパーでレトロな雰囲気の商品を見かけました。

熊本県荒尾市の高森興産という会社の「マルメイ ナポリタン 復刻版」というものだったのですが、ソフト麺にトマトソースの粉末ソースが付いてるだけという構成で69円をしましたので、試しに買うのは止めておきました。

商品名で検索してみたら公式サイトに説明があり、販売地域の地図が載っていたのですが、東北・北海道以外では販売してるということでした。復刻版ということは人気があったからなのかもしれませんが、私はこの商品の存在自体を知りませんでした。



kyusyu64

 熊本日日新聞にこんな記事が載っていました。

福岡の三菱地所アルテイアムというイベントホールで英国人デザイナーのポール・スミス氏が収集したコレクションを彼のオフィスを再現した空間で見せるといった展覧会が開催中との内容でしたが、4月10日にはポール・スミス氏が来福しての「Inspiration and other stuff」というお題のトークイベントも開催されたみたいなのです。

ウィキペディアによりますとポール・スミス氏は1970年に初の店をノッティンガムにオープン、1979年にようやくコベントガーデンにロンドン一号店オープンして知られるようになり、円高・英ポンド安を背景に多くの日本人観光客が来店して購入する比率も高まってきたようです。1984年には青山店がオープンして、バブル景気に乗って日本中に店が増え続けて、その儲けが彼のアートコレクション蒐集の原資になっていたのでしょう。

私はあちこちの国を旅行していてポール・スミスの店を見かけることが多いのですが、それを支えているのも景気が低迷してるとはいっても1000店を超える日本の販売店であるのでしょう。ポール・スミスとアニエス・bは本国より日本のショップが格段に多い、「日本人が経営基盤を支えた」と言っても間違いじゃない海外ブランドなのですが、今後は円安に向かいそうですから、じわじわと日本国内では縮小してゆくのでしょう。少子高齢化で購買者が減ることに加えて、ネットショッピングする人は増えるでしょうから、人口が少ない地方の店舗では採算割れする所が増えそうですからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/13(火) 23:59)

 生まれて初めて購入予定のアップル製品は…
kyusyu63

 アメリカでiPadが発売されて1週間が経ちました。

ウェブ上のいろんな人の体験レポートを読んでみたら、「革命的で魔法のようなデバイス」とまではいかないようですが、なかなか楽しそうですね。「信じられられない価格」とまでは言えませんが、「600ドルくらいで発売されるのでは…」との私の予想を下回る価格で発売されることになりましたので、生まれて初めてアップル製品を購入してみようと考えているところなのです。

日本での発売は4月末ということですが、それまでに3週間を切っているというのに発売価格を発表しない怠惰なアップルの日本法人は大嫌いですので日本で購入する気にはなれません。さらに世襲議員ばかりの日本で納税する気もありませんので、無税の香港などで買いたいと考えているのですが、次に香港に行くのは来年の中国正月あたりですから10ヶ月以上も待たなくてはなりません。



Ipadframe

しかし2011年には現在のモデルよりも小型のiPadがより安い価格でリリースされるという噂もありましたので、しばらく待つことは正解なのかもしれません。「MISSION:REPAIR」というブログによりますと、「iPadのパーツを入手してみたら、内部フレームにカメラを付けるための穴があった…」というありそうな話がアップされていましたので、カメラ付きのモデルが出るまで待つべきかもしれませんしね。

しかしiPadのライバルとなるデバイスも各社から発売されることになりそうですし、特にGoogle Chromeが使えるタブレットPCで価格的に対抗できるモデルが投入されるようなら、次回も非アップル製品とするかもしれません。私は一度くらいはアップル製品を買ってみたいのですが、なかなかタイミングが合わないのです。これまでのモデルは高価だったり重過ぎたりしたのが主因でしたが、日本法人の理不尽な値段の付け方も大きな理由のひとつでした。今は円が少し下がり気味ですが、もし499ドルのモデルを5万円台で出すようなことがあれば私の日本法人嫌いは決定的なものになるでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/04/12(月) 18:42)

 2010年はじめて味わうことになった冷やし中華の味は…
kyusyu57

 本日も熊本は晴れて、まるで初夏のようでした。

それで今年初めてというか、昨年の秋以来の冷やし中華を作ることにしたのです。今日のはエビとタケノコで春っぽさを演出してみたのですが、さっぱりしていて美味しゅうございました。今日の冷やし中華はゴマだれタイプだったのですが、それに白ゴマとマレーシアで購入していたフライド・オニオンをふりかけてみました。

今回の旅行ではマレーシアの後に中国があったので、マレーシアで購入したのはコレだけだったのです。こういった麺料理にもアクセントとして一味変えてくれますし、サラダなどのトッピングとしても悪くないのです。最近は食べるラー油がブームだったそうですが、コレをラー油に入れるというのも簡単で良さそうです。



kyusyu58

 この陽気ですから、桜は最終段階を迎えています。

3月26日の朝に大阪からの高速バスの窓からこのNHKの桜を撮影した時には満開に近かったのですが、それから2週間ほど咲いていたわけですから、かなり長持ちしていたことになるのでしょう。ここは桜が終わってしまってもツツジが控えていますので、もうしばらくの間は地元の人々の目を楽しませてくれることでしょう。

ちなみにこのNHKの建物は老朽化が進んでいることと、交通センターの近くで大規模な再開発が予定されていることから、そこに移転することが計画されているみたいです。この場所は熊本城や美術館などに近いですし、来年の九州新幹線の開業後には駅から坪井川を小型の観光船で客を運ぶという計画もあることから、移転後の跡地を観光船の発着所と京都の納涼床みたいな城下町に相応しいものに利用するというのが良いのではと思います。



kyusyu59

 先日の午後にウド鈴木の旅番組をやっていました。

「メ?テレ」こと名古屋テレビの製作の「ウドちゃんの旅してゴメン」という30分のヌルい番組でしたが、今日は熊本市が舞台でしたので録画してみたのです。「旅ゴメ」の公式ウェブサイトでチェックしてみたら、名古屋では「火の国うまか 肥後の城下町」というタイトルで1月23日に放送されたもののようでした。

まずは熊本城の天守閣に上って、「黒亭」でラーメンを食べ、下駄屋の人力車に乗り、最後は新町の老舗の銭湯の「くすり湯」というベタなコースであまり面白くありませんでした。ウドちゃんはコンクリート製の熊本城を見て感激した演技をしていましたが、そんなテレビ的なヨイショは良くないと思います。褒めるなら焼け残っている木造の宇土櫓や武者返しと呼ばれる石垣にすべきだったでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/04/11(日) 22:03)

 1946年1月22日から 2010年4月8日を生きた男
malcolmmclaren

 昨晩のネットのニュースで1行の訃報を見かけました。

それは4月8日に悪性中皮腫によりマルコム・マクラーレン氏が亡くなられたという記事でした。スイスの病院で療養中だったそうですが、まだ64歳だったそうです。マクラーレン氏はセックス・ピストルズの生みの親として、またデザイナーのヴィヴィアン・ウェストウッドの元パートナーとしても知られている大不況下のロンドンで輝いていた人物ですが、世界に与えた影響も大きなものがありました。

私は若い頃のマクラーレン氏の存在は知ってはいたものの、共感できる部分が少なかったので「過大評価し過ぎている人が多いのでは…」と考えていました。世代が違うこともありましたが、バブル景気に浮かれた東京から斜陽のロンドンへ飛んで行ってパンク・ムーヴメントを目の当たりにしても、私の琴線に触れることは無かったのです。当時はマクラーレン氏の対極にいるようなポール・スミス氏の小さな店で買い物したりしていましたしね。

訃報を読んだ後にウィキペディアでマクラーレン氏の足跡を辿ってみても「そういえばそんなことがあったな…」と思うくらいで、さほど感情移入することは無かったのですが、当時のロンドンを東京に、そして東京を上海に置き換えてみたらなかなか面白かったのです。最近の不況下の日本ではバンドブームが再燃しているようですが、このまま世襲政治家たちによる無策が続いたら、もしかしたら反体制のムーヴメントが沸き起こるかもしれません。「蟹工船」のリメイク映画に共感した若年層も少なくなかったみたいですからね。

マクラーレン氏の死がきっかけでは無いのですが、私は近いうちにロンドンへ行ってみようと考えています。ずいぶんと英ポンドが下がったこともあるのですが、バブル絶頂期の上海を見た後に不況下の日本から久しぶりにロンドンに飛んでみて、キングス・ロードなどを歩いてみたくなったのです。旅先の宿で回線が太ければセックス・ピストルズの動画もDLしてみるつもりです。その感想は近いうちにこのブログでアップすることになるでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/04/10(土) 23:59)

 9日のサンキュー価格で390円だった豚天丼の味は…
kyusyu54

 4月9日なのにサンキュー価格というのがありました。

昨年も行ったことがある「あげたて」という天ぷらのチェーン店でしたが、すべての丼ものが感謝価格の390円になるということでしたので、通常は550円という豚天丼というのを頼んでみました。豚肉は大きめのが3枚乗っていましたし、中央のナムル風のもやしもなかなか美味しゅうございました。天つゆも甘さ控えめでしたので、390円なら文句は無いレベルでしたが、問題が無かったわけじゃないのです。

今日は割安な価格につられて多くの客が店に詰めかけていたようなのですが、そのせいで私もかなり待たされてしまいましたし、テーブルのお茶や漬物は品切れ状態でしたのでちょっとイヤな気分を味わうことになったのです。3月9日にもやったみたいですから混むのは予想できていたと思いますので、人を増やしておくとか対処法はあったんじゃないかなと思うのですけどね。



kyusyu55

 食後に立ち寄ったスーパーでこんなのを見かけました。

熊本産のしいたけが127円と割安感があったので購入してみたのですが、商品には「宮崎産」と書いてあったのです。熊本と宮崎の県境の山間の村で栽培されたものかもしれませんし、特に問題は無いと思うのですが「このスーパーは他の商品の原産地表記もいい加減なんじゃないか…?」とちょっと気になってしまいました。

まあ近い将来に道州制が導入されれば表記は「九州産」となるのでしょうから問題ないのでしょうが、もしかしたら「九州産(熊本市)」とか「九州・熊本市産」などと細やかな表記になるのかもしれませんね。



kyusyu56

 フリーペーパーにこんな建物のパースがありました。

独自路線の豪華な産婦人科医院として熊本では有名な福田病院が民間としては珍しい地域周産期母子医療センターの指定を受け、さらなる高度な医療サービスを提供するために増築中ということだったのです。ウィキペディアによりますと地域周産期母子医療センターとは「総合周産期母子医療センターに近い設備や医療体制を持っているが基準を満たしていない施設」ということですが、それでは「総合周産期母子医療センター」とは何かというと、「MFICUを6床以上、NICUを9床以上を有すなど相当規模の母体・胎児集中治療管理室を含む産科病棟、及び新生児集中治療管理室を含む新生児病棟を備えや、常時の母体及び新生児搬送受入体制を有して、合併症妊娠、重症妊娠中毒症、切迫早産、胎児異常等母体、又は児におけるリスクの高い妊娠に対する医療、及び高度な新生児医療等の周産期医療を行える医療施設」ということでした。

なにやら難しいのですが、少子高齢化の日本で安全な出産をサポートするために1996年に国の支援事業となったそうです。熊本では「市立熊本市民病院」と「熊本赤十字病院」、そしてこの「愛育会福田病院」が選ばれたようです。ちなみに山形県と佐賀県には認定施設が無いそうです。「地域格差」ってヤツでしょうね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/09(金) 23:59)

 2010年1月6日から3月25日までの今回の旅行の総括
kyusyu53

 上海から大阪南港に帰国して半月になりました。

最近ようやく落ち着いてきましたので、ここいらで1月6日から3月25日までの今回の旅行の総括をしておくことにします。前回の2009年はフィリピンのマニラからスタートして、インドシナ半島、中国、韓国と移動して釜山から船で福岡に帰国したのですが、今回はオーストラリアからスタートして、インドシナ半島、中国と移動してからフェリーで大阪に帰国したのです。オーストラリアは片道航空券では入国しにくいので、嫌々ながらネットで入出国日を変えることができないFIXチケットを購入したのです。オーストラリア政府はそれまでの無料のビザから20ドルもかかるESTAという入国管理システムに変更しちゃいましたから、それもついでにネットで支払いを済ませておきました。今回はジェットスターやエアアジアが就航していますし、円高基調でしたので航空料金は割安感があったのですが、通貨と物価がダブルで上昇していましたので、オーストラリア国内での1ヶ月弱はキビシイ耐乏生活を強いられました。

2月8日にパースからクアラルンプールに飛んでからは一気に物価が下がり、ようやくのんびり過ごすことができました。シンガポールから中国の海南島に入り、マカオ・香港と旅して最後の上海から船で帰国したのですが、今回の旅行では資源国で人口が増え続けているオーストラリアの経済の堅調さと次世代に向けて着実に歩んでいるシンガポールの成長、そしてバブルの真っ最中のマカオや中国の危うさのようなものを肌で感じることができましたので面白かったのです。またいつものことですが、短期間ながら日本を外からの視点で見ることで、小沢一郎のマリオネットの鳩山政権が将来への具体的な戦略を持たずに漂流していることが良くわかりました。

今回はビザ代の高さから経済成長しているインド行きは断念したのですが、上海で往復のフェリーチケットを買いましたので、近いうちにビザ代が安いというネパールあたりから入国したいと考えています。私は円高のうちにあちこち旅行しておこうと思っているのですが、夏は久しぶりに渡欧しようと考えていますので、インドを含めたアジア諸国は秋以降になりそうです。今日の画像は「world66.com」というウェブサイトで自分が行ったことがある国を赤く塗りつぶしてみたのですが、最近は行ったことがある国にばかりを旅行していますので、なかなか赤い面積を増やせないのです。「中央アジアの空白くらいは埋めておこうかな…」と考えていたらキルギスの事件が起きてしまいましたし、なかなか上手いタイミングがつかめないのです。行きにくい国ばかりが残っていますので仕方がないのですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/04/08(木) 23:59)

 桜散るテラスの陽だまりで和む猫は…
kyusyu50

 熊本は天気予報がハズれて晴れてくれました。

今日は最高気温が18度前後と先日ほどは気温が上がらなかったものの、昼間の日差しは暖かくて猫も太陽光を浴びてビタミン補給をしているようでした。ベランダには桜の花びらが舞っていたのですが、猫も季節の変化を肌で感じていたようでした。

まだ猫は冬毛ですが、これから急に暖かくなりますので、大量に毛が抜けるようになります。そうなると猫のお腹に頬でスリスリすると顔が毛だらけになってしまうのです。(笑)



kyusyu51

 夕食は島原で購入したちゃんぽんを試してみました。

3月29日に製麺所で購入した生麺タイプのものでしたので、そろそろ食べないとヤバいと思ったのです。1玉60円のちゃんぽん麺と30円くらいの液体スープを使って、製麺所でいただいてきたレシピを参考に、やはり島原で購入した筍などを入れて作ってみました。

熊本のスーパーで3玉100円程度で売ってるちゃんぽん麺の3倍くらいの価格差がありましたが、3倍の美味しさというわけじゃありませんでした。なかなか美味しかったのですが、次に島原に行った時にも買うかと聞かれたら「No」と答えることでしょう。



kyusyu52

 熊本日日新聞にこんな自社の公告が載っていました。

読者の皆さんに2010年のJリーグ手帳をくれるという新聞の販促のようでしたが、サッカーにまったく興味がもてない私は「こんなのを配布するくらいなら新聞の購読料を安くしてくれれば…」と思ってしまいます。まあ熊本日日新聞を配達してもらってる家庭は保守的な傾向が強いでしょうし、地元のロアッソも応援してる人も多いでしょうから文句を言う人は少ないのでしょうが。

2010年は4年に1度のワールドカップの開催年で、サッカーにまったく興味がもてない私にとっては騒がしいだけですからうんざりさせられてしまうのです。アフリカの将来のためにはぜひとも成功してもらいたいものですが、何か事件でも起きて中止になってくれたらと願ってしまいます。しかし南アフリカの問題で中止になった場合は他の地域で開催されてしまうかもしれませんから、日本が初戦で敗退してしまうというのが私にとっては理想なのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/07(水) 23:59)

 2010年はじめて購入した冷やし中華をいただく日は…
kyusyu48


 熊本は今日もスッキリと晴れて洗濯日和でした。

午後に近所のスーパーに朝食用のパンを買いに行ったら、早くも冷やし中華が出ていましたので衝動買いしてしまいました。熊本の昼間の最高気温はもう24度くらいまで上がって半袖でも大丈夫な季節ですから美味しくいただけそうなのです。デフレ時代ですから値段も2食入りで98円に嬉しいものでしたし。

この近くでは麦茶のパックも売り出されていましたし、テレビの番組改編と共にスーパーの売り場も変わっていきます。九州はこれからの梅雨までの2ヶ月ほどの季節はなかなか良いのです。しかし梅雨とその後の猛暑は耐えられませんので、またどこかに逃げ出さなければなりません。これから円高になってくれると良いのですが…(笑)



kyusyu47

 帰国後に録画した番組がたくさん貯まっていました。

古いビデオデッキが壊れたのでDVDレコーダーを買ったということでしたが、日曜の午後に放送されている「たかじんのそこまで言って委員会」が1月下旬の分から残されていたのです。ようやく最近の分はようやく見終えたのですが、まだ半日分くらい残っているのです。

先ほど日本語が堪能なアジアのいろんな国の人がコメンテーター席に座るという「いつまでの反中で委員会」というスピンアウト版を見終えたところなのですが、私はアジア諸国を旅行してきたばかりでしたので、なかなか面白かったのです。「アジアはひとつになれるのか!?」というテーマは良かったのですが、司会者も含めて最近のアジア事情の現実は自分の目ではあまり見てはいらっしゃらないようでしたので、ちょっともどかしい感じがしました。



kyusyu49

 こんな記事が今日の熊本日日新聞の夕刊に載っていました。

3月に周辺との無理な市町村合併をして政令指定都市になるのが確実視されている熊本市の区割り案が6区ではなくて5区案になりそうだということでしたが、名称は変わるかもですが中央の区の周辺に東西南北の区が取り囲むというわかりやすい構図になりそうですから私も反対ではありません。

しかし政令指定都市になることも、政令指定都市になるからといって区割りを行うのにも反対なのです。それは少子高齢化で人口減となることが確実視されている低成長時代にはメリットよりもデメリットの方が多そうだということだからですが、私の意見に異議がある方はコメント欄に具体的なメリットを書き連ねていただきたいものです。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/06(火) 23:59)

 2010年2度目に味わうことになったイタリアンの味は…
kyusyu43

 本日の熊本はなんと24度近くまで上がりました。

今日はヤボ用で阿蘇方面に出かけたのですが、昨年の7月にオープンしたらしい「トラットリア・ケイタ」というイタリアンの店を試してみることにしました。俵山トンネルを抜けた阿蘇五岳を一望できる道路より高い位置にあったのですが、残念ながら窓の右手に邪魔な看板や建物が目に入りました。新築の1戸建て物件をレストランにした店でしたので、客席は2階にすれば良かったのではと思いましたが手遅れでしょう。千葉のディズニーランドを見習って植栽で隠すなどの工夫が必要なんじゃないでしょうか。

私はゴルゴンゾーラのパスタのランチにしてみたのですが、前菜やスープも手が込んでいてなかなか美味しゅうございました。イタリアンは先週末のテラスがあるレストランに続いて2010年で2度目でしたが、そろそろ和食にも飽きはじめていましたので良いタイミングでした。1000円以下の選択肢はありませんでしたからデフレ時代には割高感があったのですが、内容は充実していましたので観光地プライスというわけではありませんでした。北イタリアの郊外にあるようなレストランを目指していらっしゃるだけなのでしょう。



kyusyu44

 標高が高い山の家の庭の桜は満開でした。

枝ぶりが多過ぎる感じでしたので、通販で購入した高枝切りハサミの先をノコギリに替えて切断したのですが、大きな盆栽をやってるようで面白い経験でした。植物にとってみたら迷惑な話かもしれませんが、さっぱりして見た目は良くなりました。

3月下旬には雪が降ったという山の庭にも春が訪れて、そろそろオオルリチョウシジミが飛び始める季節となるでしょう。家庭菜園の準備も進めるべきだと思うのですが、帰国後のバタバタでまだその段階までは来ていないのです。今週中には落ち着くことができるでしょうから、来週以降になりそうです。


kyusyu46

 阿蘇も春ですから、牛さんたちも和んでいました。

冬の間は狭い牛舎の中で春を待ちわびていたであろう家畜たちが外輪山を眺めながら美味しそうに新芽を食んでいたのですが、それもこの季節ならではの光景なのです。週末はこの牛さんたちはのんびりと食事をしながら、桜見物の渋滞を「アホじゃないの…」と眺めていたかもしれませんね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/05(月) 23:59)

 2010年はじめて味わうことになった大平燕の味は…
kyusyu36

 4月最初の日曜日は良い天気に恵まれました。

午後の便で東京に戻る友人を空港に送る前にランチを食べて行くことにしたのですが、東海大学の近くの黒亭が休みでしたので熊本県庁の横の味千ラーメンの本店でいただくことにしました。友人はラーメンと炒飯のセットにしたのですが、私は2月にマレーシアの支店で食べていましたので、今年はじめての750円の大平燕と200円の野菜餃子にしてみることにしました。

大平燕とはちゃんぽんの麺を春雨に替えたようなヘルシーヌードルですが、ここのはボリュームもあってなかなかのものでした。ゆで卵が油で揚げてあるなど細かい工夫もしてありましたし、最後まで美味しくいただくことができました。しかし餃子と炒飯は学食レベルのもので、中国人観光客にコレを出したら怒り出すかもしれません。日本の恥となるかもですので、改善を望みたいものです。



kyusyu37

 空港からの帰りに郊外のスーパーに立ち寄りました。

そのレジの部分に「祝ご入学」ということで学校名が書かれたバナーが並んでいたのですが、これって何のためなのでしょう。おそらく半径10kmほどの学校名が書かれているのでしょうが、これを見て喜ぶ人がいるとは私には思えないのですけどね。こんなバナーは他では見たことがありませんが、いったい誰の発案なのでしょう?

このディスプレイはたいした金額はかかってはいないとは思うのですが、見た目も悪いですからこれを最後にしていただきたいものです。こんなのを作るヒマがあるのなら売り場の整理でもしていただきたいものですが。まあ消費者としていちばんありがたいのは値段を安くしてくれることで、無駄なディスプレイは不要ですよ。



kyusyu45

 久しぶりにつまらない映画のDVDを見てしまいました。

2008年の「トワイライト?初恋?」の続編の「ニュームーン/トワイライト・サーガ」というものでしたが、ありきたりのストーリーの上に出演者も魅力が無く、なんでこんな映画が日本で封切られたのか不思議です。ウィキペディアによりますと「第30回ゴールデンラズベリー賞にワースト脚本賞、ワーストリメイク・続編賞、ワースト助演男優賞、ワースト・スクリーン・カップル賞にノミネートされている」ということでしたが、さもありなんという感じでした。

途中で見るのを止めてしまおうかと思うほどでしたが、制作費は安そうですからおそらく続編は作られるのでしょう。ゴールデンラズベリー賞の有力候補になったのも良い宣伝になったことでしょうからね。私は1作目も続編も見る気はありませんが、こんなクズみたいな映画にもファンがいて楽しみにしているのでしょうね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/04(日) 23:59)

 2010年はじめて味わうことになったイタリアンの味は…
kyusyu39

 本日の熊本は半袖でも平気なくらいになりました。

これだけの暖かさですから、今週末で平野部の桜の身頃は終わってしまいそうです。私はまだまだ和食は飽きていなかったのですが、せっかくの青空でしたからランチはテラスがあるイタリアンレストランに行ってみることにしました。友人はローマ風のミートボールを、私は馬肉が入ったトマトソースのパスタのランチにしてみたのですが、安定感がある美味しさで大満足でした。

春から初夏にかけての晴れた日のテラス席は3割ほど満足度がアップすると思うのですが、残念ながらテラス席に面した公園の隣ではマンションの工事が始まっていました。基礎工事が始まったばかりで、しばらくの間は騒音に悩まされることになりそうですからレストランにとっては営業妨害になりそうでした。まあマンションが完成すれば近隣住人が増えますので、常連さんは増えるのでしょうが。



kyusyu40

 昼食後に南阿蘇までドライブしてみました。

熊本の平野部の桜は終わりつつあるのですが、標高が高い阿蘇では今週末が見ごろということでしたので、有名な「一心行の桜」というのを見に行ってみました。ここは昔は畑の真ん中にぽつんとあって、たまに写真好きな人が立ち寄っていた程度のマイナーな存在だったのですが、テレビ朝日のニュースステーションでの中継で有名になってからは観光客が押しかけるようになったのです。

細い農道のままでは渋滞がヒドくなるので拡張工事が行われた上に駐車場も整備されたのですが、それと同時に当時の町長が選挙を有利にしようと考えたためなのか、地元民向けのパークゴルフ場まで作られてしまって雰囲気が悪くなってしまったのです。彼らの論理からしてみると「年に一度しかやってこない観光客のためだけに整備するんじゃもったいない」ということなのでしょうが、桜の美しさを台無しにするには充分なレベルのいかがわしさが透けて見えるのです。

国道から桜の方面に曲がってみたら、駐車場に停めるのに30分くらいかかりそうな大渋滞でした。それで友人を先に降ろして私はUターンして自動車の中で待っていようと考えたのですが、係員が「ここは一方通行です!」と叫びながらやってきました。「ここからは一方通行になります」という表示は無かったですから私は普段通りにUターンをしようと思っただけでしたが、それを静止されたのでムカつきました。ちゃんと警察の許可を取って一方通行にしているのなら、それをドライバーにわかるように表示しておくべきですからね。

もう残りの人生の中で渋滞の時期に再訪することは絶対にありませんから、ボランティアであろう係員に文句を言うのは我慢して「友人だけを降ろして私は車中で待ちたいんだけど、どこで待てばいいの?」と聞いたら戸惑っていました。イベントをスムーズに行うためには発生するであろう様々な状況に対処する方法を予め考えておくべきでしょうが、残念ながら何も考えられていないようでした。



kyusyu41

 その後に行ってみた「千本桜」でも腹が立ちました。

熊本県の高森から宮崎県方面に抜けるトンネルに上ってゆく途中の曲がりくねった坂道に桜が植樹されて観光地となっていたのですが、ここも一方通行にしていたのに告知のインフォメーションは皆無だったのです。また「協力金」という名目で箱を持ったおじさんたちが自動車1台につき100円を徴収していたのですが、小額とはいっても何に使われるかわからない金を払う気にはなれませんでしたので拒否しました。

先ほどの「一心行の桜」でも入場料を300円も徴収していたらしいのですが、自然の景観を地元の浅はかな住民たちが私物化して金儲けの道具にしている印象を与えますので、私はいかがなものかと思います。金を取る側は「我々がいつもキレイに掃除したりしているのだから、観光客が少し負担しても良いのでは…」などとか考えているのでしょうが、それは多額の補助金を貰ってぬくぬくと暮らしてる村民は主張すべきじゃないと思います。

入り口で金を取る行為は「北風と太陽」の昔話でいえば北風であって、観光客に悪い印象を与えてしまって、その後の消費を抑えてしまうことになりかねません。私がこうやってブログに書いているように、悪い印象は口コミで広がってリピーターを減らしてしまうだけではなく、南阿蘇の浅はかな取り組みが熊本県や九州の印象まで悪くしてしまいかねないのです。観光客にはまず無料で満足してもらって、食事やお土産などで多く消費していただき、リピーターや口コミでのさらなる集客を期待するというのが高齢比率が高い地方の自治体の住民が採るべき方策だと私は思います。



kyusyu42

 これは南阿蘇鉄道の終着駅の様子です。

以前はこの単線は国鉄の路線だったのですが、他所と同じように切捨てられて第三セクターの運営となったのです。桜の並木がある光景はかつての国鉄時代を思い起こさせるような懐かしさでしたが、先ほどの怒りを少しだけなだめてくれました。

ここは単なる執着駅で「一心行の桜」や「千本桜」みたいな観光名所じゃないので、カメラを持った観光客は私1人でしたが、どこか懐かしい悪くない景色だと思います。元の画王を最大限にアップにすると確認できるのですが、近所の猫ものんびりと横断していましたしね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/03(土) 23:59)

 2010年はじめて味わうことになったちょぼ焼きの味は…
kyusyu31

 今日も天気は回復基調で晴れ間が見えていました。

友人を宿泊先のホテルへ迎えに行き、まずは自動車のディーラーで疑問点を聞いた後に昨年も試した田崎市場の中のちょぼ焼き屋へ向かいました。前回は3人でしたので900円のスペシャルを超大盛りにして3等分にしてもらったのですが、今回は2人でしたのでスペシャルを大盛りを2等分にしてもらいました。

この店の常連の方から「焼く人が変わったのでちょぼ焼きの皮が美味しくなくなった」という情報がありましたので少し心配したのですが、言われてみると気になる程度でしたので許容範囲でした。相変わらず見た目は良くない料理ですが、未だにワンコインで楽しむことができる地元のB級グルメですから嬉しいですよね。



kyusyu32

 食後に有明海に面した河内方面へ行ってみました。

信号が少ない海岸線のワインディングロードをドライブした後に夏目漱石の小説の舞台となった温泉旅館の跡地に行ってみたのですが、初めてでしたので面白かったのです。かつての湯船が残されていたのですが、湯を張ったら映画の撮影に使えそうなレトロな感じでした。

これは風呂場から階段を上った所に再建されていた和室の中の様子ですが、由緒がありそうな掛け軸や漱石の胸像が無造作に置いてありました。特に防犯カメラなどは設置されていないみたいでしたが、来訪者のモラルに任せてあるとは偉いと思いました。まあ来訪者自体が少なそうではありましたが…(笑)



kyusyu33

 金峰山の横を抜けて熊本市内に戻りました。

自動車のディーラーに寄った後で熊本駅前を通ってみたら、駅前の再開発現場にクレーンが立っていました。この場所には来年の九州新幹線の開業をにらんだ高層マンションが建設されているのです。楽観的な人たちは新幹線が通ることをビジネスチャンスとして捉えているようですが、このままではヤバいことになりそうですよね。

不況が長引いてマンションに空室が目立つようになると昼間は新築でキレイに見えると思うのですが、夜になると電気が点いていない部屋が多くて暗さを強調するようになるのかもしれません。そんな光景を博多からの30分ほどの新幹線で貧弱な熊本駅に降り立って見たらサミシイ気分になってしまうのでしょうね。(笑)



kyusyu34

 こちらはほとんど完成してる新しい駅舎です。

福岡駅と同じように在来線の駅舎の裏側に新幹線用の駅舎が建設されたのですが、この安藤忠雄大先生が設計された駅舎は将来に禍根を残しそうです。この程度の規模の建物に25億もかかったという話でしたが、その無駄遣いのツケはJRの利用者に回されてしまいますので迷惑な話ですよね。

新幹線口の前はまだ空き地のままでしたが、来年の開業までにはいろんな建物が建設されるのでしょう。すでに完成してるいくつかの建物を見ると期待はできそうにありません。高さ制限なども厳しそうですし、長引く不況で企業の余裕も無いでしょうから、面白い建物を建ててみようという雰囲気じゃないでしょうからね。



kyusyu35

 その後に熊本駅の裏山をドライブしてみました。

さほど標高は高くないのですが、山頂からの景色はなかなかのものでした。熊本市は無理な合併をやっても70万を少し超える程度のものですから高層ビルなんて無いのですが、それなりの賑わいはありますのでね。今は花見の季節ですし実に平和なものでしたが、これもいつまでも続くものじゃないでしょう。

一時的には70万を超えた人口も少子高齢化の流れで自然減があるはずですし、九州新幹線の開業に伴って福岡の地位がアップすれば熊本の若年層が仕事を求めて移り住む人も増えそうですから人口流出による人口減もありそうなのです。人口減の負のスパイラルは街の活気を失わせ、それがさらに景気を低迷させると予想されるのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/02(金) 23:59)

 2010年はじめて味わうことになった蕎麦の味は…
kyusyu26

 昨晩の雨は止んで、晴れ間が見えるようになりました。

今日も友人と熊本の郊外をドライブする予定でしたが、宿泊先のホテルの近くの蕎麦屋で昼食をいただいてから出発することにしました。数日前にテレビで駿河湾の桜海老漁が解禁されたというニュースを見ましたので、今年はじめての桜海老のかき揚げの蕎麦でも食べようかなと考えたわけです。しかし残念ながらまだ熊本の蕎麦屋には届いていないようで、次回の楽しみにすることになりました。

メニューを見て春野菜を使った天ぷらの蕎麦にしてみたのですが、たいへん優しい味で美味しゅうございました。値段は1000円以上しましたので、財布には優しくなかったのですけどね。今日は冷たい蕎麦にするには早過ぎる気がしましたので温かい蕎麦にしたのですが、ちょっと蕎麦つゆの味が濃かったこと以外は満足できるものでした。



kyusyu30

 食後にコーヒーとケーキをいただきました。

スターバックスの店は遠かったので、駐車場に近い岡田コーヒーの支店を試すことにしました。本店も遠くはなかったのですが、2階ですから階段を上がるのが面倒でしたので。岡田コーヒーは熊本市内に5店舗ほどあるだけなのですが、香港に出店していましたので何か雰囲気に変化はないかとチェックしてみたかったのです。

香港の店はわりと流行っていましたので、今後は味千ラーメンのように中国に急速に店舗数を増やしていくことも考えられます。中国はバブルですから割高な値段のコーヒーを好んで飲む層も多いでしょうし、開店資金を集めたい場合も簡単だと思えますのでね。



kyusyu27

 夕方に久しぶりに田原坂に行ってみました。

西南戦争の激戦地で、両軍に多くの死傷者を出した「越すに越されぬ田原坂」でしたが、ここも桜が満開の時期でしたので、この場所で3万人近くが亡くなったとは想像できないほどのどかなものでした。田原坂の資料館にも行ってみたのですが、小さいながらも興味深い展示で見応えがありました。

現在の田原坂は植樹されて公園化してあるので当時の雰囲気は残していないのですが、この銃弾の跡が残った建物は激戦の様子を静かに伝えているかのようでした。資料館には空中でぶつかった銃弾が展示されていましたが、それほどの多量の銃弾が飛び交ったということでした。



kyusyu28

 田原坂から菊池方面にドライブしました。

かつての温泉街の道は整備がされてキレイになっていましたが、歩行者も自動車も少なくて、街は眠っているかのようでした。この古い建物が残るエリアには桜はあまり無かったのですが、この道路を抜けた所には桜並木がありましたし、そこから大分方面に抜ける坂道のあたりの斜面は見事な桜の木が点在していました。

菊池からは57号線バイパスで戻り、途中の光が丘のゆめタウンで友人が少し買い物をしたのですが、帰宅前に立ち寄ったと思われる買い物客で駐車場は混んでいたのです。先ほどの菊池の街とは正反対の雰囲気でしたが、これも時代の流れなのでしょう。菊池温泉に多くの観光客が訪れていた時代には光の森は田舎の畑だったと思うのですが、もしタイムマシンでその当時に戻って、「この場所は将来は大型のショッピングセンターになる」と話をしても誰も信じてくれないでしょう。(笑)



kyusyu29

 夕食は市立図書館近くの定食屋に行きました。

友人は特製ちゃんぽんを、私は旅行中に食べたかったいろんな料理が1皿に盛り付けてあるビジネスランチというのを試してみました。こういった料理は日本ではどこでも食べることができるのですが、意外と海外ではレストランの献立に見当たらないことが多いのです。

海外の和食店ではお金が取りやすい見栄えが良い料理を出す店が多いのですが、たまに場末の定食屋のAランチみたいなのを食べたくなるものなのです。かなり日本人が多い地域じゃないと、なかなかそんな店は無いのです。これからの時代は日本人が少ない地域でも意外とウケると思うのですけどね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/04/01(木) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア