新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 参院の選挙前に出てくるであろう「甘いささやき」は…?
kyusyu210

 鳩山首相が言っていた5月末になってしまいました。

自ら5月末までに普天間問題を解決すると期限を切ったのに、それができなかったために支持率が2割以下に落ちてしまったのですが、予想に反して今のところは辞任する気配はありません。記者から「退陣論が出ていますが…」と突っ込まれても、「国民のために頑張る」という有難いお言葉がありましたし…(笑)

しかし自分に忠実な代わりの総理を立てて選挙に勝って、院政を敷いてしまえば良い小沢にとっては参院の選挙前に鳩山を切るタイミングは今しかないでしょうから、近いうちに「甘いささやき」で鳩山首相を説得するのかもしれません。世襲議員たちの多くはそれなりに資産はお持ちですから、国内トップの総理の座に着くと名誉欲も満たされてしまいますので、「選挙で大敗して責任を取らされるよりも…」と考えるのも当然でしょうし。しかし占いに凝ってるという鳩山幸婦人には世間の常識は通じないかもですから、このままの体制で選挙戦に突入してしまうかもですけどね。



kyusyu209

 「TVタックル」で機密費のことを少し取り上げていました。

野中広務元官房長官が「官房機密費を政治評論家に配った」という発言がじわじわと波紋を広げているのですが、今日も政治と金の問題を厳しく追及してきたはずのマスコミがこの問題に対しては一部のメディア以外は沈黙していることが卑怯だと指摘されていました。かつて小沢の懐刀といわれた平野貞夫氏も政治部記者の接待を機密費で面倒みたと暴露したということですが、金や女で魂を売った多数派の記者たちは「鳩山辞任とかで世間の目が集中して、機密費問題はうやむやに終わってくれないかな…」と願っていることでしょう。

この問題を追及している上杉隆氏が「週刊ポスト」誌上で追及キャンペーンを始めたそうですが、その取材過程で多くのマスコミ人が機密費の受け取りを認めはじめているそうですから面白くなるかもです。この問題は日本の高度成長期からバブル期にかけて金銭感覚が麻痺したことから蔓延した贈収賄事件でしょうが、毒饅頭を食らったジャーナリストには何も期待できないばかりか若い社員たちにも悪影響もありそうですので、報道各社は厳密な調査の上で業界から一掃してしまうべきでしょう。しかしそれを命じる立場の経営陣が毒饅頭を食らったことがありそうですから期待できないのですが。これもバブル時代の後遺症でしょうが、私はそんなヌルい体質は大嫌いです。



kyusyu206

 これは先日の新聞に載っていた行政のお知らせです。

5月30日は「ごみゼロの日」ということでの単なる広報かと思ったら、熊本市では10月1日からプラスチック製容器包装の分別収集が始まることをお知らせする内容のものでした。これまでは燃やすゴミとして捨てられていたものを分別するとのお知らせでしたが、その理由についてはどこにも書かれていませんでした。

熊本市はゴミの有料化を始めたばかりですが、その時期になぜちゃんと取り決めをしておかなかったのか不思議です。途中での制度変更はわずらわしいばかりでなく、こういった広報活動にも余計な金がかかってしまいますのでね。住民に負担を押し付けておいて、「ゴミの減量にご協力ください」というのはいかがなものかと思いますが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/31(月) 23:59)

 南阿蘇の「赤牛ロード」という奇妙な取り組みの将来は…?
kyusyu203

 5月最後の日曜日も晴れてくれました。

今日は家庭菜園の準備などのために山の家に出かけたのですが、途中の久木野エリアでランチを済ませることにしました。空港方面から俵山トンネルを抜けたあたりには不況下にもかかわらず、いろんな店が次々にオープンしているのですが、このエリアではわりと老舗の部類に入る蕎麦屋を初めて試してみることにしたのです。

南阿蘇の久木野エリアでは「赤牛ロード」という地域の特産を生かした取り組みを始めていて、このあたりの数軒の飲食店がそれぞれ赤牛を使った一品を工夫して観光客に提供しているのですが、この蕎麦屋では1580円の赤牛のステーキ丼とかけそばのセットがありましたので、迷わずそれを注文してみました。

私が選んだセットには蕎麦のシフォンケーキとコーヒーも付いていたとはいえ値段が高いですから、それなりの量とクオリティのものが出てくるものと期待していたのですが、運ばれてきたものは残念なものでした。コンセプトは悪くないのですが、量が少ないのと肉質が硬くてダメだったのです。それほど脂が乗っている肉を好まない私でも頼んだことを後悔してしまいましたので、週末1000円の高速を利用して他県からやってきた観光客の皆さんはガッカリなさることだろうと想像してしまいました。このステーキ丼を「赤牛ロード」の企画に決定する時には地元の皆さんで試食会をされただろうと思うのですが、このレベルでOKが出たのが不思議です。使う肉のランクを上げるか、あるいは1200円くらいに値段を下げる必要があると思うのですが、なぜか店は繁盛していましたから改善は望めないのでしょうね。



kyusyu204

 山の家に着いて、まずは枯れ枝の掃除をしました。

春先に高枝切りハサミとノコギリで庭の樹木の不要な枝を落としたのですが、それがほどよく乾燥していましたので強力な枝切りの道具を使って持ち運びやすいように切断することにしたのです。直径が2?3cmくらいまでの細い枝はこの道具でカットして、それ以上の太い部分はノコギリを使ったのですが、けっこうな量がありましたので30分くらいかかってしまいました。

その後に刈り払い機で雑草を刈ったり芝刈りなどをして、最後にホームセンターで安売りされていた野菜の苗を植えてきたのですが、庭が広いので疲れ果ててしまいました。標高が高いので最高気温は20度を超えていたくらでしたが、けっこう汗をかいてしまいましたので温泉にでも入って帰りたい感じでした。しかしこのあたりの公営の温泉施設には「村民料金」という悪しき値段設定がありますので行く気になれないのです。国から多額の補助金を貰い続けているというのに村民は半額という設定を私は許すことができませんからね。



kyusyu205

 山の家には2匹の新顔が仲間入りしていました。

昨年までは老犬が数匹いたのですが、冬の間にバタバタとお亡くなりになって猫ばかりになっていたのです。新入りの2匹は捨て犬だったそうですから正確な年齢は不明ですが、生後3?4ヶ月くらいじゃないでしょうか。遊び盛りですから天真爛漫に芝生の上を走り回っていたのは微笑ましかったのですが、何も作業を手伝うことが無い役立たずですし、無芸大食のようですから困ったものですよ。

この犬たちもピクサーのアニメ映画の「カールじいさんの空飛ぶ家」に出てきた犬たちのように飼い主のためにせっせと忠実に働いてくれると嬉しいのですけどね。犬の知能があれば少し訓練したら電動の芝刈り機くらいなら使えるようになりそうですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/05/30(日) 23:59)

 世界の食卓を支える小さな働き者の大量死の原因は…?
kyusyu200

 本日は晴れて、久しぶりに暑くなりました。

昨年は全国で受粉用のミツバチが不足した深刻な問題が発生しましたが、ミツバチに詳しい方による養蜂例の紹介と解説があるということでしたので出かけてみました。これは本日の講師を務められた久志富士男氏がいろいろと試した末に行き着いたという「重箱式」の養蜂箱でしたが、扱いやすい在来種のニホンミツバチを飼育するには向いているということでした。箱のフタを取って中を覗き込んでみたら、元気そうなハチたちが忙しそうに動き回っていました。

重箱式の巣箱の利点はいろいろとあるらしいのですが、一般的な養蜂のイメージであるラングストロ式の巣箱はセイヨウミツバチの飼育に向いているのではということでした。数年前から話題になっているギンザ・ミツバチプロジェクトで活躍しているのは体が大きくて行動半径が約4kmと広いセイヨウミツバチでしょうが、久志氏によりますと小柄なニホンミツバチの方が飼い主に馴れてくれて育てやすいということでした。その証拠に空中にはブンブンとニホンミツバチが飛び交っていたのですが、素手で作業されていた久志氏も含めて参加者の誰もが刺されることはありませんでした。



kyusyu201

 中休みにハチミツを少し味見させてもらいました。

ハチたちが一生懸命、飛び回って集めたものを横取りするような感じでしたが、巣箱から取ったばかりのフレッシュなハチミツを試すのは初めての経験でしたので、ハチたちに感謝しながら味見させていただくことにしました。一般的なハチミツと比べると水分量が多くてシャバシャバした感じだったのですが、たいへん美味しく感じました。

ちなみにハチたちが巣箱の中で羽をはばたかせることで凝縮されてゆくみたいですが、糖度が80以上無いと常温保存では発酵してしまうということで、人為的に凝縮することもあるということでした。バブルに踊る中国の養蜂業者などはミツバチのウイルス対策で過剰に抗生物質を投与したり、農薬に汚染された植物の蜜を出荷したりしてる疑惑もあるみたいですが、この養蜂箱が置いてある場所は熊本駅の裏手の小高い山の住宅地ですので安全だということでした。



kyusyu202

 中休みの終わりに久志氏の最新書の紹介がありました。

今年の3月に出版されたばかりの「我が家にミツバチがやってきた?ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道?」という本でしたが、養蜂の素人にもわかりやすいように丁寧に説明してある入門書でした。ニホンミツバチの飼育のために必要な巣箱は日曜大工で簡単に自作することもでき、エサは自分たちで勝手に取って来てくれますし、トイレ掃除などの面倒もなく、刺されるリスクも少ないことから難易度は低いということでしたから試してみたくなりました。

しかし最近はダニやウイルスの影響に加えて、ネオニコチノイド系の農薬が使われるようになったことなどの複合的な要因でミツバチの大量死が各地で報告されていますので、気軽には取り組むことはできないのです。安易に飼育を始めたら、口蹄疫の蔓延に苦しむ宮崎の畜産業者のような苦しみを味わうことになるかもしれませんからね。ミツバチは果物や野菜などの受粉を担う世界の食卓を支える小さな働き者ですが、食料自給率をアップするのは国の責任のはずですから、安全なハチミツを自分たちで採れるようにネオニコチノイド系の農薬はヨーロッパのように使用禁止にしていただきたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/29(土) 23:59)

 熊本市の中心市街地の通行量減少の原因は…
kyusyu197

 夕方のニュースで気になる特集がありました。

熊本市の中心市街地の通行量減少の話だったのですが、来年の九州新幹線が全線開業が目前に迫ってきたこともあって、右肩下がりの減少傾向にさらに拍車がかかるのではと心配されはじめたようなのです。以前にもこのブログで書きましたが、新幹線が開業したら熊本駅から35分で行くことができるようになる博多駅には阪神デパートと東急ハンズが入居するビルが建設中ですし、45分で結ばれることになる鹿児島中央駅に直結している商業ビルは1.5倍に増床されようとしています。そういった賑やかな駅から地味な熊本駅前に降り立つと見劣りすることになると思うのですが、その格差はもうどうしようもないレベルのものになりつつあるのです。

すべては基礎人口の違いと長期戦略の有無から派生した格差なのでしょうが、今日の朝にそれを象徴する興味深い例がありました。本日のニュースはiPadの発売開始の話題ばかりでしたが、おそらく九州では現物を置いて販売していたのは博多のアップルストアだけだったと思います。著名なアーティストのコンサートも九州では博多だけでの開催ということが多いですし、相撲の興行だって人口が多い博多だけで行われているのです。これらは水が高い所から低い場所に流れるのと同じ当然の原理なのです。

今日のニュースでは「観光面ではメリットがありそうだから、デメリットばかり考えなくても…」と楽観視してるコメントもありましたが、私は熊本の人はもっと真剣に対策を考えておくべきだと思います。理由は新幹線の全線開業はどう考えてみても熊本にはメリットよりもデメリットの方が多そうだからですし、これまで中心市街地の通行量減少の主因だった郊外型の商業施設の建設に加えて、iPadなどの情報端末の普及によりネットショッピングの比率がさらに拡大することも通行量を右肩下がりにする原因となるはずですからね。



kyusyu198

 今晩の日テレの番組で興味深いランキングがありました。

「大田総理」の番組の中で子どもが選ぶ「こんな大人にはなりたくない有名人」の第4位に小沢が入っていたのですが、子どもたちのインタビューのVTRの後に意見を求められた生方幸夫氏が「ちゃんと子どもは見抜いていますね?」と冗談を言ってましたので笑ってしまいました。民主党の中でも同じような意見の議員は少なくないのでしょうが、他の人たちは小沢が怖くて何も言えないのでしょう。

実はこのランキングの1位は鳩山首相だったのですが、裏で操っているのは小沢ですから、実質的にダントツ1位は小沢ということになるのでしょう。しかし見せかけとはいっても、国のトップの人物が「こんな大人にはなりたくない有名人」の1位の座に着くとはなんとも情けない話ですよね。私は民主党の党首に鳩山がなった時に「こりゃダメだな…」と思ったのですが、なぜか昨年の総選挙では宇宙人に期待した人が多かったみたいです。そんな先見性が無い人たちは子どもたちのためにも反省していただきたいものですが、マスコミに乗せられて懲りずにまた同じ過ちを繰り返すことになるのでしょうね。(笑)



kyusyu199

 宮崎の隣の熊本では口蹄疫の影響が出ています。

明日、阿蘇のアスペクタという屋外会場で開催予定だった「南阿蘇さわやかウォーク」という恒例のイベントが口蹄疫の感染拡大を受けて秋に延期されることになったということですが、直接的な影響は少なそうですから南阿蘇の牧畜業者の顔色をうかがった過剰反応のような気がします。責任ある自治体が防疫強化に全力を尽くすのは当然だと思うのですが、民間主催のイベントを自主的に取りやめたりする必要は無いんじゃないかと私は思います。

多くの人間が移動すれば感染リスクは高まるのでしょうが、いくら防疫対策を講じても限界はあると思います。それは新型インフルエンザの流行の時にも思い知らされたと思うのですが、偶蹄類を飼育している業者の皆さんは藁にもすがりたい気持ちなのでしょうね。その気持ちは理解できるのですが、感染リスクがあることを前提に国がリスクマネージメントをしておくしか対処法は無いと思います。ある程度の国家的な危機の場合には所轄の官庁ではなく、総理大臣の指示の下に国家戦略室が全責任を負って采配を振るうべきでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/28(金) 23:59)

 長崎の安いざるラーメンと天草の高級地だこ天
kyusyu194

 熊本は今日も晴れてくれて過ごしやすい1日でした。

それでランチはスーパーで2食入りで98円で安売りされていた長崎の会社の和風だしのざるラーメンを作ってみたのですが、それだけじゃちょっとサミシイので天草で作られた高級っぽい地だこ天を加えてみました。ざるラーメンは和風だしが安っぽい味でたいしたことがなかったのですが、地だこ天の方は荒めにたたいたようなタコがたくさん入っていて美味しゅうございました。

地だこ天は単にスライスしていただいたのですが、残りは明日にでも少し炙ってから生姜を下ろしたものと共にいただくことにするつもりです。できれば炭で炙りたいところですが、地だこ天のためだけだと面倒で不経済ですからガスコンロで調理することになるでしょう。



kyusyu196

 こんなのをTBSのニュースで見て笑ってしまいました。

それはiPadに似た中国製のタブレットPCの名前が「iPed」だからだったのですが、かなり安っぽい作りのようですが、値段が730元と1万円以下ですので悪くないかもしれません。バッテリーの持ちが悪ければダメなのですが、この値段なら治安に問題がある地域の旅行に持っていっても怖くないですからね。上海行きのフェリーのチケットを持ってますので、万博が終わった後にでも買いに行こうかな…

しかしデルからもシャープのネットウォーカーと似たサイズの5インチ液晶のカメラ付きタブレットPCの「ストリーク」の発表がありましたし、今後も各社から様々な製品が出そうですからしばらく待つべきかもしれません。製品化には時間がかかるかもですが、ソニーの曲がるフルカラー有機ELディスプレイの開発という話もありましたしね。これでまたしても私が初めてのアップル製品を購入することは無くなるのかもしれませんが、情報が流出した新型iPodの完成度が高くて値段がこなれていたら衝動買いしてしまうかもしれません。(笑)



kyusyu195

 フリーペーパーにこんな抹茶処の広告がありました。

熊本城の本丸御殿の前の「長局櫓(ながつぼねやぐら)」と旧細川刑部邸の「喜遊亭(きゆうてい)」の2ヶ所に観光客向けの抹茶メインの休憩所がオープンしているという広告のようでしたが、前者は新築の安っぽい建物ですが、後者は歴史ある細川家の屋敷を場内に移築してきたものですから、ちょっと試してみたくなりました。

しかし熊本城は500円の、旧細川刑部邸は300円の入場料がかかりますので、両方に行ったことがある私は試すことは無いと思います。それにこの2軒の抹茶処は社団法人の熊本市シルバー人材センターが運営しているようですから、そんな胡散臭い団体には1円だって消費したいとは思いませんからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/27(木) 23:59)

 見た目は「満月ぽん」みたいな食べ物だけど…
kyusyu193

 本日の熊本は快晴で思いっきり爽やかでした。

知り合いから北海道旭川市にある壺屋総本店という菓子店の「き花」というお菓子をいただきました。見た目はまるで関西の「満月ぽん」みたいでしたが、アーモンドガレットでホワイトチョコレートを挟んだもので、なかなか美味しかったのです。

お店の公式ウェブサイトでチェックしてみたら、この商品は5枚入りから50枚入りまであるようですが、いただいた8枚入りのヤツは税込で940円ということでしたので1枚あたりは約118円ということになります。ちなみに「KIBANAダイヤモンドダスト」というひとくちサイズの小さなタイプもあるみたいでしたが、最近は運動不足でカロリーが気になっている私にはそちらの方が向いていそうです。(笑)



kyusyu191

 先ほど見た番組で地方空港の話をやっていました。

80ヶ所くらいある地方空港の内で赤字で無いのは3空港だけという恐ろしい話でしたが、これも長年の自民党政権下で国民のことを考えずに工事がしたいために必要性が少ない空港を作り続けていたためでしょう。JALの経営再建の余波を受けて30空港ほどが路線を減らされそうだということでしたし、1県に2空港がある地域では廃港の危機に直面しているところもあるようなのです。

しかしJALが路線を縮小するのをチャンスと考えたのか、スカイマークが今年の11月から羽田?熊本などに新規で就航することに決めたようなのです。現在は羽田?熊本間はANAとJALとSNAが結んでいるのですが、スカイマークが参入してくると競争が激化して料金が下がることも期待できます。また熊本空港の国際線はアシアナがソウルに週に3便だけ飛んでいるだけなのですが、韓国経済が回復してきてウォンが持ち直してきたら増便もあり得るかもしれません。

余談ですが、開港時のタイミングが最悪で先行きを危ぶまれてきた茨城空港に上海に本社を置く中国初のローコスト・キャリアの春秋航空が乗り入れを検討中ということでしたが、今後は日本各地に路線を増やすとしても高額な発着料を嫌って地方空港への乗り入れを模索するかもしれません。ジェットスターにエアーアジア、そしてエアマカオなど、今後も様々なローコスト・キャリアがJALのトドメを刺しにやってくることになりそうですね。この流れは自民党政権が復活でもしない限りは止められないでしょう。



kyusyu192

 熊本市の広報誌にこんなのが載っていました。

政令指定都市の要件の人口70万を超えるために周辺自治体との無理な合併を推し進めた熊本市ですが、そのキャッチフレーズが「九州ど真ん中!日本一暮らしやすい政令市 くまもと?水と緑と歴史が息づき 未来へ挑戦する交流拠点都市?」と陳腐なものでしたし、その下の「重点戦略 5つの誇りと挑戦」というのも中身が無いものでしたからガッカリでした。

熊本市はこれからの人口減社会では一時的に70万を越しても自然減があって都市力は落ちそうですし、新幹線で福岡や大阪と結ばれてしまえば減退傾向には拍車がかかりそうなのです。熊本市は築城400周年で熊本城の年間集客が沖縄の首里城を抜いて日本一になったことなどで気を良くして観光面での集客を楽観視しているのかもしれませんが、私はこれまでの熊本市の取り組みは評価できませんのでマイナス面の方が多いと予測しています。そこの視点に立ってからの都市戦略でなければならないと思うのですが、元々の志が低いようですから期待できないようです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/26(水) 23:59)

 ミドリムシは人口爆発の世界を救うことができるのか…?
kyusyu189

 先日の「とくダネ!」で興味深いものを見かけました。

番組の最後の「このままじゃ終われない」のコーナーでミドリムシ入りのクッキーを試食しながら、ミドリムシの持つ栄養素の多さなどを説明されていたのですが、原生動物でありながら光合成をするミドリムシは二酸化炭素の固定効率が高いだけでなく栄養価が豊富で、極端に言えば人間は水とミドリムシさえあれば生きていけるということでしたので驚いてしまいました。最近の東京のベンチャー企業の「ユーグレナ」が東大などとの研究開発により効率よくミドリムシを培養できるようになったというわけですが、食糧自給率が低い日本にとっては朗報でしょうし、これを上手く様々な食品に応用すれば日本経済を支えてくれる存在と成長してくれるかもしれません。

ミドリムシはあまりクセが無さそうですから、工夫をすれば食品中の含有量を増やすことができそうです。21世紀は日本など特殊な地域を除けば世界中で人口爆発しているのですが、ミドリムシの培養プラントを大量生産して輸出することで世界の食糧危機を救うことができるかもしれません。この技術はバイオ燃料の生産にも応用できるそうですから、食料問題とエネルギー問題を同時に解決できるかもしれないのです。そうなれば超借金国から抜け出すことができて超円高時代となるかも…?(笑)



kyusyu187

 こちらはローカルなスケールが小さな話です。

ツタヤの前のラックにタブロイド版の「muchcolor Style」というフリーペーパーが置いてありましたのでいただいてきたのですが、想定する読者層が若い女性みたいですからちょっと退屈しちゃいました。掲載店舗のクーポンもさほどお得感が無いものばかりでしたしね。

フリーペーパーといっても少しは読み応えがある記事がほしいところですが、景気の悪い時期に創刊したためか薄くて内容が乏しいものだったのです。創刊号であればそれなりの量と内容がないと、次に手に取ろうと思わなくなりそうですからね。



kyusyu190

 これは熊本駅に近い下町で見かけたものです。

岡本繁樹商店という会社が販売してる「守る君」と「おんぶマン」と変わった名前の製品を紹介するものでしたが、前者は防犯さすまたで後者は運搬用の背負子(しょいこ)ということでした。

ウェブサイトをチェックしてみたら「守る君」は9800円で「おんぶマン」は4800円ということでしたが、どちらも必需品や無いので高いように感じます。しかしさすまたみたいな防犯具は物騒な時代ですから、コンビ二などでは備えておくべきものなのかもしれません。バブル絶頂期の中国でも刃物を振り回す殺傷事件が起きているようですが、意外とさすまたは海外にも売れるのかもしれませんね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/25(火) 23:59)

 私が世界でいちばん行ってみたい国の次の100年は…
kyusyu185

 今年は日韓併合から100年の節目ということでした。

私が世界でいちばん行ってみたい国はあの北朝鮮ですが、今回の哨戒艦沈没事件で旅行する機会はまだまだ先になりそうです。独裁者の金正日が亡くなったら民主化への道を進むことがあるかもですが、日本の皇室を参考にしたかのような強固な世襲体制を支持する取り巻き連中も多そうですから、彼らの自らの保身のためにも現在のような状況は続くのかもしれません。

日本政府と韓国政府の間では1965年に当時の韓国の国家予算の倍くらいの多額の補償金を支払って国交回復をしていますので、日韓併合100年にあたる8月には日韓で何か平和的なイベントが開催されるかもしれませんが、国交が確立されてない北朝鮮との間では難しそうです。韓国の大統領は今回の哨戒艦沈没事件を北朝鮮による軍事的挑発と非難して様々な制裁を発することにして、日本政府もそれを支持する方向のようですからね。

今回の哨戒艦沈没事件は北朝鮮によるものと考えるのが普通でしょうが、疑い深い性格の私は第一報を聞いた直後に国際的な軍産複合体による策略ということが頭の片隅によぎってしまいました。米中関係が経済面から強固になり、台湾有事の可能性が低くなっていますので、常に軍事的な対立関係を保持しておきたい軍産複合体が緊張感を作り出すために秘密裏に仕掛けたとも考えられますのでね。米韓の合同軍事演習の際には、当然ながら軍産複合体の強い影響下にあるアメリカの軍人と韓国側の要人が密接に交流することがあるでしょうが、「軍縮などお互いの利益にならない方向には向かわないように…」という悪魔の囁きに同調することはあり得る話だと思うのです。米韓の政府が知らないところで秘密裏に行われたとすれば、北朝鮮の犯行に見せかけることは簡単でしょうからね。

中国政府としても国内の不平等感を和らげるためには「隣の国にはもっと貧乏な人民がいる」という構図は望ましいことでしょうし、それは程度は違うにしても日本や韓国でも共通でしょう。軍産複合体とて本当に戦時下になってしまえば継続的な利益を追求することはできなくなってしまうわけですから、今回のようなレベルで適度な緊張感が続いてくれることが望ましいのでしょう。今後の北朝鮮を含めた日韓関係の行方は不透明なままですが、なんとか上手く軟着陸していただきたいものですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/24(月) 23:59)

 雨の日曜日にブログの先のことを考えてみたら…
kyusyu184

 本日は日曜なのに朝から強い雨が降っていました。

午後から上熊本のドンキホーテに行った帰りにツタヤで雑誌を立ち読みしていたら、PC雑誌でライフログについての記事が目に付きました。ライフログとは人間の日々の行いをデジタルデータとして記録に残すことですが、デジタル機器やストレージの料金が下がってくれましたので、何でも気軽に残せる時代になりつつあるのです。

例えば目覚めたらEye?Fiカードを入れたデジカメを首から下げて、5分毎にインターバル機能を使って自動的に撮影すると1日に200枚ほど「生活の断面」を記録できることになります。それらの自動的な記録に加えて能動的に食べた食事や読んだ文章、あるいは会った人などをアップすれば、かなり詳細に自分の行動を記録することができて、将来において記憶を呼び起こすための材料になるでしょう。

ブログの1枚の画像や短い文章でも昔の記憶を呼び起こすためのキッカケとなることが多いのですが、1日あたり200枚くらい画像が残しておけば昔のことでも簡単に思い出すことができるでしょう。重要なことはメモを残しておけば万全でしょうし、カレンダー機能などを上手く活用すればうっかりミスなども防ぐことができるでしょう。



lifex

 これはソニーがやってるライフログのイメージです。

「デジタル機器で記録した写真や動画、文書メモや、ブックマークしたWebニュース、ブログなど、個人が日常の中で作り、集めたデジタルコンテンツをWebブラウザー上でまとめて管理できる…」と説明がありましたが、デモをチェックしてみたらそれなりに良くできているようでした。しかしどうも第一印象が良くないので、無料でも新規登録して試してみる気にはなれませんでした。それはホームページに「2010 FIFA ワールドカップライブ情報をLife-Xでお届けします。」という私が嫌いなサッカーのことが書かれていたためでもあるのですが、全体的にヌルい感じがしたので肌が合わないように感じたのです。

ソニーはIPadのようなスレートタイプの端末を開発中ということですが、私はこのようなライフログ機能を発展させたものを上手く組み込むべきだと思います。新しいVAIO Pくらいの重さの筐体に昔のC?1のように回転するウェブカメラを付けて、専用のシャッターボタンを押すかインターバル機能を使って自動的に撮影した画像は内臓したGPS機能により場所と時間が自動的にアップされて、それに文章によるキャプションや音声メモなどが簡単に残せるような機能を付けてくれたらと期待しています。後発としてIPadに対抗するにはライフログ機能に加えて、ディスクレコーダーやトルネで録画した番組を簡単に転送して楽しめるようにすることが必要だと思います。



pentax-w90

 昨夜のテレ朝系の番組で見たデジカメが気になっています。

PC雑誌のライフログの記事でも使われていたのですが、ペンタックスのOptio W90という防水タイプのもので、価格コムでチェックしてみたら最安値は27500円でした。旅行が多い私はレンズが出ない防水タイプを以前から買いたいと思っていたのですが、このデジカメはレンズの周りに3つのLEDライト付きでデジタル顕微鏡というマクロ機能が充実しているようですから面白そうなのです。ライト付きは旅行中に便利そうですし、マクロ機能は現地の子供にデモをやって見せたらウケそうですよね。

ちなみに防水でインターバル機能が付いてるということは、ちょっと面白い使い方もできそうです。例えば山の家の周辺にどんな野生動物が出現するのかを確かめたりできますからね。他にも1日の道路の交通量の変化を調べたりとか、植物の成長の様子を記録するなど、防水ならではの面白い使い方ができそうなのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/05/23(日) 23:59)

 「九州新幹線熊本駅レールウォーク」というネーミングはいかがなものか…
kyusyu181

 午前中にJR九州が主催するイベントに行ってきました。

「九州新幹線熊本駅レールウォーク」というネーミングでしたが、上熊本駅でスタートの受付をやり、3kmほど離れた熊本駅でゴールということが書いてありましたから、高架の新幹線のレールの上をウォークするのだろうと予想していました。しかし受付に行ってみたら一般道を歩くということでしたからガッカリでした。一応ゴールの熊本駅では100mほどレールの上を歩くことはできたのですが、それだけなのに「レールウォーク」というネーミングはいかがなものかと思いました。

レール上では危険でも無いのにヘルメットをかぶらされましたし、熊本駅の新幹線ホームの見学も工夫が無くて退屈なものでした。安藤忠雄大先生に頼んじゃったために25億円もかかったという駅舎もたいしたことがありませんでしたし、今日のイベントはハズレでした。

追記:親切な方のコメント欄でのご指摘がありましたので確認してみたら、安藤忠雄氏による設計の建物は新幹線口では無くて2013年度の着工で2016年度の完成を目指しているす在来線の駅舎側(白川口)の間違いでした。恥ずかしながら勘違いしていました。



kyusyu182

 これは新幹線ホームから駅前を見たところです。

熊本駅の裏の春日地区には古い木造住宅が密集していたのですが、それをすべて取り壊して更地にしていたのです。駅前にはタクシーなどが停まるロータリーが作られるみたいですが、それは常識的にアリだと思うのですが、せっかく更地になった大規模な土地に普通の木造住宅の建設が始まっていたのには驚かされました。

来年の3月に九州新幹線が全線開業すれば福岡まで35分ほどで結ばれることになるということですから、駅まで徒歩1分のこのエリアにはそれに相応しいオフィスやホテルなどが建てられるのだろうと予測していたのですが、以前にこのエリアにあった住宅がそのままの区画で建て直されているという感じでした。こういったエリアこそ著名な建築家に頼んでエリア全体の一括的な再開発をやるべきだったと思うのですが、まったくもったいない話ですよね。



kyusyu183

 これは在来線側の駅前に完成した市電乗り場です。

西沢立衛氏が「白い雲」をコンセプトにデザインしたという巨大なしゃもじのような屋根が駅舎から伸びていて、雨天時でも濡れずに電車に乗り換えることができるようになったのは良いのですが、私はこのデザインはいかがなものかと思います。駅前の統一感もありませんし、周辺と調和していなくて美しくないと思うのです。

これから何か工夫されるのかもしれませんが、この大屋根は日光を遮断していますので印象が暗くなっていますし、見た目に殺風景なのです。数年後には在来線も高架になってターミナルも建て替えられるということなのですが、しばらくの間はかなり貧弱な印象を与えることになると思います。来年には博多駅の再開発が終了しますし、鹿児島駅のターミナルビルも対抗して1.5倍くらいに増床されるという話ですからね。熊本駅だけ見劣りすることは確実ですからイメージは悪くなるはずなのです。今の鳩山内閣並みに戦略が無いということなのでしょうが、ヒドい話ですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/22(土) 23:59)

 10年後には笑い話となりそうなデータ転送の手段とは…
kyusyu178

 関東には負けましたが、熊本も暑い1日でした。

今日は友人に録画した番組をダビングしたDVDを送るために近所の郵便局に行ったのですが、デジタル録画したものをアナログな方法で郵送するなんて、10年後には笑い話となりそうですよね。その頃には回転するメディアは博物館に展示されるものになり、もしかしたら郵便という制度さえも廃れているかもしれませんからね。

世間では郵便事業は民営化されて以前よりもマシになったと言われているようですが、私はそうは思いません。それは民営化の際に格段に効率を追求するチャンスがあったのに逃してしまいましたし、東京駅前の中央郵便局の再開発に代表されるように、本来は国民の資産であるはずの全国各地の郵便本局跡の土地と建物を私物化して、内部留保をどんどん増やし続けそうな気配がありますからね。



kyusyu179

 今日はちょっと面白いニュースがありました。

トヨタがテスラと電気自動車の共同開発に合意したというのにも驚かされたのですが、やはりGoogleがソニーやインテルと共同で動画再生や検索などインターネット上のサービスを家庭用テレビで楽しめるシステムを開発中というのが興味深かったのです。ついにGoogleが家電業界へ進出して来るのですが、ソニーも頑張れば自社開発できただろうにと考えるともったいなかったと思えます。

20世紀末から国際的な競争に打ち勝つための方法として「選択と集中」がキーワードになっていましたが、ソニーは多品種生産の家電メーカーの座を降りておけば良かったのではと思います。ハイリスク・ハイリターンですから製造アイテムを絞り込むことに踏み切ることは無理だったのでしょうが、「肉を斬らせて骨を断つ」というようなドラスティックな改革が必要だったのではと私は思います。

私は21世紀になる前からテレビ番組は生で見ることはほとんど無くなり、録画したものをCMを飛ばして見ているのですが、最近のディスクレコーダーの普及に加えてGoogleの家電参入によりテレビCMを見なくなる傾向はますます強くなり、テレビ局の収益を悪化させることでしょう。キー局でさえキビシイことになるでしょうから、地方局なんて内部留保を溜め込んでいる会社以外は存在できなくなるんじゃないでしょうか。地方局は体質がヌル過ぎますからね。きっとGoogleのことは脅威に感じていらっしゃらないでしょうし。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/21(金) 23:59)

 人を「たまがらせて、幸せな気持ちにする」アイデアとは…
kyusyu176

 熊本は今日も小雨混じりのさえない1日でした。

そんな悪天候の中を配達されて届いたフリーペーパーにこんな記事が載っていました。熊本県は天草出身の小山薫堂氏をアドバイザーに迎えて、「くまもとサプライズ」という取り組みをはじめたのですが、それは来年の3月に九州新幹線が全線開業することをふまえて前例が無い斬新なイベントなどの企画をいくつか行って、全国的な話題となるように盛り上げようといった感じの取り組みなのです。

人をたまがらせて(驚かせて)、幸せな気持ちにするアイデアを公募するということなのですが、その商品はサプライズグッズ進呈としか書いてありません。この「くまもとサプライズ」は熊本県企画振興部新幹線元年戦略推進室という無駄に長い名前の部署が担当しているようですが、そこが考えるサプライズグッズなんて期待できないでしょうから、よほどの物好きしか応募しないんじゃないでしょうか。(笑)



kyusyu177

 先ほど熊本市と蔚山(ウルサン)市の交流の話がありました。

幸山政史熊本市長らが韓国の蔚山市を訪問して、これまでの交流で築いてきた信頼を元に友好協力都市協定を締結して、共同繁栄と発展を目指すという話でした。蔚山市は人口120万規模の現代尾浦造船や現代重工業など現代グループの企業城下町で、韓国の輸出産業を下支えしている重要な地域のようです。

それで釜山には近いのですが、ソウルからKTXの第2期線が伸びることになったようで、新蔚山駅が建設されているようでした。この1月のオーストラリア旅行中に蔚山市出身の韓国人と世間話したことがあるのですが、若い学生さんだったせいか日本の統治時代の話はあまりご存じないようでした。熊本には過去のアジア交流の歴史から唐人町と共に蔚山町という地名が残っていることも説明したのですが、ピンと来ないようでした。次回に韓国に行った時には中高年の人に聞いてみようと考えているのですが、今年はヨーロッパ方面ですから来年になりそうですよ。



kyusyu172

 新聞にこんなキャンペーンの広告がありました。

大分の別府に本社があり、九州を中心にビジネスホテルを展開している亀の井ホテルというチェーンのものでしたが、「誕生月プラン」ということで宿泊日が誕生月であればバイキングレストランでの朝食と夕食付きの宿泊が割安になるということでした。1部屋に3人以上で泊まった場合には1人4500円ということですが、朝食が500円、夕食が1000円と考えると部屋代は3000円ということになりますのでまあまあ安いですよね。

ビジネスホテルのバイキングですからたいしたものは出ないのでしょうが、長距離ドライブに疲れて外に食事に出たくないという旅行者には便利でしょう。それに誕生日ということで祝杯をあげたいグループにも気兼ねなく飲めるということですから向いているプランだと思います。しかし飲み過ぎると高いものについてしまうかもですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/20(木) 23:59)

 山の家の留守番を終えて下界に降りてみたら…
kyusyu166

 早いもので山の家の留守番も最終日を迎えました。

いつものトーストとコーヒーの朝食を済ませて荷物の整理をして、最後に猫たちにペットフードをあげてお別れをしました。荷物を自動車に積んでいてもお別れの気配を察して見送ってくれる猫は皆無で、ペット用のベッドの中で気持ち良さそうにまどろんでいました。

山の家から雨の中を40kmほど走って下界に降りてみたら、相変わらず小沢支配による澱んだ空気が停滞していました。新証拠が無いということで小沢の不起訴が決まり、6月からの高速道路の新料金体制への変更を小沢の一言で先送りされ、小沢のマリオネットの鳩山政権の支持率も20パーセントを切って危険水域に突入してしまいました。

国際関係でもユーロの下落、タイの政情悪化、カリブ海の原油流出など不安材料が多く、伝染病や火山噴火などの天変地異のリスクも高止まりしてる感じですから困ったものですよね。これで首都圏や中部地震などが発生でもしたら大変ですし、中国経済がバブル崩壊したら無茶苦茶な混乱状態になってしまうでしょう。



kyusyu175

 朝刊のトップは隣の宮崎県の口蹄疫問題でした。

政府の初期対策が遅れたために10万頭以上が殺処分されることになったのですが、まだ収まる気配がありませんので県境を越えることもありそうです。非常事態宣言が出て、感染地域の住民には外出自粛が要請されたということですから穏やかじゃありません。

そんな緊迫した世相とは裏腹に、今日の夕刊にはホテル日航熊本の「うたごえ喫茶」という中高年向けの企画の広告が載っていました。アコーデオンとピアノの伴奏で青春時代の懐メロを参加者全員で歌うという企画のようですが、日本の航空業界をダメにした日航系のホテルで、日本をこんな国にした中高年の皆さんが過去を懐かしがって群れているという構図はムカついてしまいます。もちろん群れている中高年の中には根っから善良で社会に多大な貢献した人もいらっしゃるのでしょうが、群れるのが大嫌いな私はどうも苦手なタイプですから否定的になってしまうのです。



kyusyu174

 日曜に放送されたたかじんの番組を見ました。

今回は「メディア論スペシャル」ということで趣向を変えてレギュラー陣は客席側に座り、コメンテーター席には田原総一郎氏や手嶋龍一氏などが座って好き勝手なことを喋っていたのですが、なかなか面白かったのです。「メディアは暴走してるか」という設問の時に上杉隆氏が機密費問題について発言してからヒートアップしたのです。小渕内閣の時代に官房長官を務めた野中広務氏が官房機密費の使途をマスコミ対策に使ったという暴露発言をしたことから、出演者の多くが「自分は貰っていないが…」と前置きしながら自論を述べていたのですが、嘘つきが数人いると想像できたので興味深かったのです。

些細な問題を正義面して糾弾する大マスコミが我々の血税が原資の機密費から金を貰っていたり、飲み食いをしたりしていると想像すると腹が立つのですが、この国のジャーナリストはバブル時代に根っこから腐りきってしまったのでどうしようもないのでしょう。新聞やテレビは慢性的な赤字体質になりつつあるのですが、そんなことはWindows95の時代から予測されていたわけですから、今頃になってオロオロしているのは滑稽でさえあります。

サブ司会の辛坊氏は日本のテレビ界の衰退の原因を金が無くなってきたからと分析していましたが、私はそれは違うと思います。日本のテレビ界をダメにしたのは「コンプライアンス」という言葉で過剰に自主規制するような横並びの体質と、「強者に弱く、弱者に強い」ジャーナリストにあるまじきヌルい体質にあると思います。そんな腐りきったメディアに自浄作用なんて期待できませんから、このままゆっくりと自滅してしまえば良いと思います。(笑)



未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/19(水) 23:59)

 個人宅で精米機を導入する必要はあるのでしょうか…?
kyusyu170

 山の家の留守番は6日目にして雨になりました。

芝生に電気代を払ってキレイな地下水を汲み上げて散水するのはバカらしいので、空から無料の雨が降ってくれるのは実にありがたいのです。でも雨が降り続く梅雨の時期はキライですので、そろそろ日本脱出プランを決めなきゃなりません。7月からジェットスターが関空から台北経由でシンガポールまで結ぶようになるというので、それも面白いかなと考えているところなのです。

山の家には精米機がありましたので、今日はそれを使って米を炊いてみました。精米したての米はそれなりに美味しかったのですが、それは精米機を使ったことを知っていたからでしょう。スーパーで買った数ヶ月前に精米された米と先ほど精米した米を食べ比べしても正解する自信は私にはありません。飲食店なら別ですが、個人宅で精米機を導入するのは自己満足にしか過ぎないのではないでしょうか。



kyusyu171

 先ほど野菜の苗を買おうかと立ち寄った店の光景です。

店の奥に地元産の野菜を売ってるコーナーがあり、その隣にはこのようにトラクターなどの農業機械まで並べられていたのです。中古ばかりのようでしたから、離農した農家の人が売りに出しているのかもしれません。気になったのは3輪の電動スクーターまで並べられていたのですが、高齢化している現実を現しているかのようでした。

世相を反映してることが多いトリンプの今年のテーマは「家庭菜園」でしたし、相変わらず農業に興味がある人は増えているようですが、このような農業機械まで購入して新規参入したいと考える人は少ないでしょう。家庭菜園レベルなら問題ないのでしょうが、今後は天候に左右される農業はますますキビシイものになりそうですからね。



kyusyu169

 山の家の近所では未だにコイノボリを見かけます。

最近は熊本市内ではあまり見かけなくなった風習ですが、さすがにこのあたりの村ではまだ続いているようです。もう5月も中旬ですからそろそろ仕舞い込まれる時期なのでしょうが、雨に濡れてしまったら晴天で乾くまで飾られたままになるのでしょう。

少子高齢化で子供の数は減っていますし、面倒を嫌ってコイノボリを飾らなくなる家も増えているみたいです。このコイノボリもそのうちに杖立温泉あたりに寄付されることになるのかもしれません。最近ではあちこちの観光地でコイノボリを大量に飾っているのを見かけますが、物置に死蔵されるよりマシでしょうからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/18(火) 18:58)

 芝刈りを終えた山の家の庭でいただいた高菜パスタの味は…
kyusyu164

 山の家の留守番5日目も晴れ渡ってくれました。

それで熊本市内では真夏日になったらしいのですが、標高が高い場所にある山の家は夏の北海道のように爽やかで過ごし易い気候だったのです。午前中にすべての芝刈りが終了したのですが、ようやくこれでスッキリしました。芝刈り完了記念として、今日のランチはピクニック気分で芝生の上にブランケットを敷いていただくことにしました。

今日のランチはローテンション的にパスタにするつもりでしたが、このあたりは高菜漬けが名物ですからアレンジしてみました。外輪山の内側の多くの食堂では高菜チャーハンはありふれたメニューなのですが、なぜか高菜パスタは見かけないのです。茹で上がったパスタを野菜などと共に炒めて最後に胡麻油を加えてみたのですが、なかなか美味しゅうございました。



kyusyu165

 ランチ後に携帯テレビで録画した番組を見ました。

ブルーレイ・レコーダーのHDに録画しておいた先日のロンブー淳が司会する「お城ツアーズ」という番組をSDカードにダビングして携帯テレビでチェックしてみたのです。少し前までは大きなVHSのビデオカセットを持ち歩いていたりしたわけですが、今では無くしてしまいそうに小さなSDカードで10時間以上もの番組を持ち運べるわけですから進歩したものですよね。バッテリーは3時間以上は持ちますのでドライブ中も楽しめますし、防水ですからお風呂でも大丈夫ですしね。

日曜の午後に放送されたこの番組はお城マニアのロンブー淳が司会でしたが、冒頭で戦後にコンクリートで再建された熊本城を「お城カッコイイ部門」の1位に挙げていましたので、「本当に城マニアなのか…?」と疑ってしまいました。しかし出題された問題は通好みのものでしたので、ちょっと感心させられました。もちろん放送作家も絡んでいるのでしょうが、ロンブー淳の意見が通ってるのしょう。おそらくロンブー淳は熊本城の問題点は理解していながら、「バラエティ番組で敵を作っても誰も得しないし…」とクールに構えてロケ地をヨイショすることにしているのでしょう。



kyusyu168

 昨晩もまたBSで映画を観てしまいました。

以前から機会があったら観ようと思っていたコーエン兄弟の「バートン・フィンク」でしたが、そのディープな世界観はなかなか楽しめました。先が読めない独創的なストーリー展開でしたし、それぞれのキャラクターの設定も秀逸だったのですが、観終わった後に何も残らない作品でしたのでガッカリでした。

最近の「バーン・アフター・リーディング」もそうでしたが、クセがある登場人物はどこか病んでいるのです。日々の平穏な生活から逃れて不条理な世界を楽しみたい人には向いているのかもしれませんが、私はタイプではありませんでした。意味深に剥がれ落ちる安ホテルの壁紙だって特にストーリーには絡みませんでしたしね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/17(月) 23:59)

 芝刈りの後に雨が降りそうにないので散水を…
kyusyu161

 先週まで雨が多かったのですが、最近は少ないのです。

山の家の庭の半分ほど芝刈りをした後に、天気予報を見ても雨が降りそうにないので散水をしておくことにしました。以前にアメリカのホームセンターで置いておけば水流でクルクル回転しながら均等に散水するヤツを購入しておいたのですが、探しても見つからないのです。どこかにあるはずなんですけどね。

しかし芝生の庭って手入れがたいへんですよね。私は北海道に住んでいる頃にはナチュラルガーデンということにして、ほとんど手入れはしていませんでしたが。ちなみに最近のロンドンのチェルシー・ガーデニングショーでもナチュラルガーデンが人気ということです。なんとなく理解できる気がしますよ。



kyusyu162

 これは山の家の周辺で見かけた無人販売所です。

紅ほっぺという種類のイチゴが300円で売られていましたが、無人の直売所のわりには高かったので購入はしませんでした。200円なら購入しても良いと思ったのですけどね。週末だから観光客が多いとの読みで高く設定してあるのかもしれませんが、平日なら下がるのかもしれませんね。

ちなみにこの販売所にはイチゴ狩りをやってるという案内板もありました。食べ放題だと1200円もするらしいのですが、イチゴは一度にそれほどたくさん食べることができるものではありませんので、ちょっともったいないですよね。イチゴ狩りが初体験の子供なら楽しいのかもしれませんが、私はワンコインの500円程度でなければ行く気にはなれません。



kyusyu163.jpg

 私がいつも不思議なのはこんな旅行の広告です。

行き先が伏せられた「ミステリーツアー」というものなのですが、熊本からグリーン車で往復700km以上遠くに行くということや、全食事付きや露天風呂がある温泉宿に宿泊する3日間の旅行ということ以外はわからないのです。それが55000円とけっこうな値段なのですが、次から次と企画されているところを見ると、そんなパックに参加する人がけっこういるみたいなのです。

リピーターや口コミでの集客を増やすためには、参加者がガッカリしないようなお得感がある内容なのでしょうが、行き先不明の旅行になんて私には信じられないのです。これが1万円くらいの日帰り旅行ならまだ理解できるのですが、55000円ですからね。日本は景気が悪いはずですが、そうでもないのかもしれませんね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/16(日) 19:08)

 理想は初夏のロンドンのリージェントパークの芝生ですが…
kyusyu158

 山の家での3日目も良い天気に恵まれました。

充電式の芝刈り機は1回の充電で刈り取ることができる面積が限られるみたいですので、庭を数日に分けて芝刈りすることにしました。ここが芝だけの均一な庭なら問題ないのですが、いろんな種類の植物が混在している状態でしたので、非力な充電式では上手く刈り取ることができないのです。この芝刈り機は安全面を考えて負荷がかかるとモーターが停止するようになっているのですが、その停止を回復させるボタンは手元には付いていないのでちょっと面倒でした。

それでも芝刈り機をなだめながらなんとか4分の1ほどを刈り終えたのですが、バッテリーが尽きてしまいましたので今日の作業は終了となりました。ロンドンのリージェントパークの芝生のようにキレイに刈り取るのが理想なのですが、すべてキレイに刈り終えたらブランケットでも敷いて昼寝でもしたいものです。



kyusyu159

 昨晩はチェ・ゲバラの半生を描いた映画を観てしまいました。

バティスタ政権を倒すためにカストロと共に戦うキューバ革命を描いた「チェ 28歳の革命」と、ボリビアでの敗北と処刑までを描いた「チェ 39歳 別れの手紙」の二部作だったのですが、さすがに4時間以上と長かったので疲れてしまいました。チェ・ゲバラ役のベニチオ・デル・トロは「ウルフマン」の狼男と同一人物とは思えないほど精悍な感じでしたし、はまり役でした。しかし監督がスティーブン・ソダーバーグじゃなかったら、もう少し面白かっただろうにと残念でした。

途中で1匹の猫がテレビの前にやってきて顔を洗い出したりして邪魔をしていましたが、それは「こんにゃ映画はつまんにゃい…」とアピールしているかのようでした。たしかに前半はまだ面白かったのですが、後半は最後まで観るのが苦痛でしたからね。この映画を観て、またキューバに行ってみたくなりましたが、最近のキューバ旅行はかなり金がかかるみたいですから、次はいつになるかわかりません。カストロが存命中にはなんとか再訪したいのですが…



kyusyu160

 この広告はフリーペーパーで見かけたものです。

明日の夕方にフジテレビ系列のTKUで放送される「おしろツアーズ」というクイズ番組のものでしたが、最近は歴女も増えているようですから、こういった番組も作られるようになったのでしょうね。お城マニアのロンブーの淳がナビゲーターを務めているのですが、わりと通好みのマニアックな問題が出るのかもしれません。

ちなみに右側には「年中夢中人 募集!」と書いてあるのですが、ローカル局のTKUの企画で「自分の夢や目標に向かって毎日一生懸命に過ごしている人を年中夢中人と呼び」、「熊本を元気づけるキャンペーンを展開します」ということでしたが、最近このキャンペーンで見かけたのは地元の子供のダンスチームでしたので、私が面白いと思うようなものは選ばれそうにありません。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/15(土) 19:04)

 山の家の庭でのホットドッグとコーヒーの朝食
kyusyu155

 本日も阿蘇地方は最高の天気になりました。

高地であっても半袖で充分で、昨晩はちょっと大きめの地震があったものの、実に平和な朝でした。今朝は庭でのホットドッグとコーヒーの朝食ということにしてみたのですが、昨年までは数匹いた犬がいなくなって猫だけになっていましたので、静かにいただくことができました。猫は人間の食事には興味が無いみたいですからね。

庭が広いのは気分が良いのですが、芝刈りなどのメンテナンスをすることを考えるとちょっと憂鬱なのです。もう少し広ければ人間が乗り込むことができる自走タイプの芝刈り機を導入するのでしょうが、今のところは押して回るタイプの充電式の芝刈り機なのです。



kyusyu156

 朝食後に頼まれていた倉庫の扉を塗りました。

この扉の中には洗濯機などが仕込まれているのですが、後から取り付けられた扉は未塗装だったのです。それでウッドロングという水溶性の木材防護保持剤をハケで塗ってるのですが、この溶剤は大量の水で希釈して使うタイプで色がほとんど無いのでどこまで塗ったのかわかりにくいのです。これは左の扉を塗り終えて休憩している時に撮影したのですが、見た目にはほとんど変わらないですよね。

しかしこれを2度塗りしてしばらく経つと、風雨などに晒せれて自然の風合いに変化するということです。この塗料の取り扱い説明書には「1度塗りで60年以上も堅牢な状態を保っているログハウスがあります」と書いてありますが、材質は違うでしょうが話半分としてもスゴいですよね。週明けにでも天気が良い日に2度目を塗る予定です。



kyusyu157

 塗り終えてから昼風呂に入りました。

私は風呂はいつもは遅い時間に入るのですが、山の家では外の景色を眺めながら入ることにしたのです。庭には特に珍しいものは無いのですが、広々としていて気持ちは良いですからね。本当は漫画家の江川達也氏の家の風呂みたいに屋外のウッドデッキ部分にバスタブをスライドできるようになってれば露天風呂気分を味わうことができるのですが、窓を開けっ放しで入れるだけでも良いでしょう。

今日は外は静かなものでしたが、たまにサルやイノシシなどの野生動物がやってきて賑やかになるそうです。私はここの庭ではサルしか見たことが無いのですが、タヌキやイタチ風の動物も出没するという話でした。今日は遠くから放牧されている牛さんの声は聞こえてきたのですが、放牧地には厳重な柵がありますので迷い込んで来ることはありません。山の家側の木製の柵は牛さんなら簡単に押し倒せるくらいチャチな作りなのですが、放牧地側の柵は家畜伝染病のこともありますので強固に作ってあるのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/14(金) 20:10)

 熊本県庁の前のミニ熊本城の前での記念撮影した後で…
kyusyu152

 本日はかなり早起きすることになりました。

福岡空港から南の島へ観光旅行に出かけるグループを熊本県庁の前の高速バスの停留所に送るためでしたが、福岡空港は小さくても国際線ということで、2時間前のチェックインが奨励されていたためでした。福岡空港は発着する便は少ないので1時間前でも充分だと思うのですが、航空会社が窓口の人員を増やしたくないために利用者側に不便を押し付けているのでしょう。希望者には座席の決定まですべてウェブ上で済ませてしまえる仕組みにすれば窓口業務は激減するわけですから、早く改革してもらいたいものですけどね。

時間があったので熊本県庁の前に作られたミニ熊本城の前で記念撮影しました。撮影を終えたら高速バスがやってきたのですが、けっこう混んでいました。福岡空港は便数も多くて競争があるためか安かったりしますので、国内線を使うために高速バスで向かう人も多いのです。熊本空港に比べれば2倍以上の時間もバス代もかかるのですが、行き先によればそれ以上のメリットがあったりしますのでね。



kyusyu154

 午後から留守番のために山の家に向かいました。

その途中で食料品を買うためにスーパーに立ち寄ったのですが、またもやこんな龍馬ブームに乗っかった商品がありました。「龍馬が愛した街 長崎」と書いてあるのですが、龍馬が愛していたかどうかは確認のしようが無いところも酷いと思います。宮崎で東国原知事が誕生した時にも似顔絵を印刷したり、シールを貼っただけの商品が溢れていましたが、私はこの手の安直な商品が大嫌いです。

こういった商品を皆さんが買わなければ安直な商品は作られなくなるのでしょうが、買う人がいるのでメーカー側が作るのでしょう。NHKのドラマを見ている人たちは保守層が多いのでしょうが、おそらくブームにも乗せられやすい人たちなのでしょう。困ったものですね。



kyusyu153

 留守番をするのために山の家に行きました。

到着してコーヒーを1杯飲んでから、久しぶりに庭を1週してみました。夕方のニュースを見ていたら、今日は南阿蘇の小学校でプール開きがあったそうでしたので、山菜の時期は過ぎている感じでワラビが数本だけ残っている感じでした。もう少し標高が高い地域まで行けば山菜の収穫が期待できるかもですが、その手間とガソリン代を考えるとスーパーで買った方が良さそうでした。

庭のあちこちにこんな食虫植物のような花が咲いていました。以前は見かけなかった種類なのですが、鳥さんが種を運んできたのでしょうか。それとも地球温暖化でこの植物の成長できる北限が伸びてきたのでしょうか。そういえばオオルリシジミが好むというクララという植物を庭では見かけなくなりました。オオルリシジミは飛んでいましたので、近所にはクララの花が咲いているのでしょうが…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/13(木) 23:59)

 数年ぶりに試してみたニラ蕎麦の味は…
kyusyu149

 本日の熊本は初夏のような爽やかさでした。

それで北海道で食べて以来、数年ぶりにニラ蕎麦を試したくなりましたので作ってみました。先週の日テレ系の「秘密のケンミンSHOW」でニラ蕎麦は栃木県の鹿沼市の周辺で局地的に好まれていると紹介されていましたが、なぜどこでも入手可能な食材で簡単に美味しく作ることができる料理が全国に広まらないのか不思議です。

ただ単に蕎麦が茹で上がる1分ほど前に適当な長さに切ったニラを投入して茹で上げるだけの料理なのですが、シャキシャキした食感が嬉しい一皿に仕上がってくれるのです。ニラは年中スーパーに並んでいる素材ですが、初夏のこの時期がいちばんだと思いますので、今のうちに試されることをオススメしますよ。



kyusyu150

 ニュースで熊本の「横軸」について特集していました。

来年の3月に新幹線が開業したら、南北の「縦軸」は強化されることになるのですが、熊本を代表する天草と阿蘇という2大観光地への「横軸」のアクセスが弱いのが難点なのです。もちろん天草にはコミューターが離発着する空港もありますし、熊本空港は阿蘇に近いのですが、それぞれの空港からのアクセスも悪いのです。

新幹線が発着するJRの熊本駅からは天草へも阿蘇へにも列車があるのですが、交流人口が少ないので本数も少ないのです。私はJRの料金が高過ぎるのも乗客が少ない理由だと思うのですが、民営化のツケを国民に押し付けて平気な殿様商売のJRには今後も期待できないと思います。またこの特集でも単純に熊本駅から天草や阿蘇に往復することを検証していましたが、今の時代は他県との周遊も考えないとダメだと思います。ドイツの国鉄が始めたという自転車のレンタルシステムのようなものを自転車から自動車まで旅行者の要望に応えられるものを工夫すべきじゃないかなと私は思います。



kyusyu151

 こんな工場見学の看板を街中で見かけました。

熊本にはプレミアム・モルツを作っているサントリーの九州工場があるのですが、それを試飲できる工場見学を行っていて、水前寺駅からは無料のシャトルバスも出ているということでした。私はその存在は知っていましたし、機会があれば行ってみたいのですが、いつでも行ける場所ですからなかなか行くことができないのです。

何か面白いイベントでもあれば行く気になるのですが、海外も含めていくつかのビール工場には行ったことがありますので、普通のビール工場ではモチベーションが上がらないのです。今朝の「とくダネ!」を見ていたら、港区の印刷工場の跡地をリノベーションした「タブロイド」というアート関係の複合施設がオープンしたそうですが、ビール工場は敷地はふんだんにあるでしょうから、ハイネケンのようにアート支援に取り組めば良いのではと思うのですが。

例えば工場内に宿泊もできるアトリエを作って、海外からも若い芸術家に来てもらって、数週間かけて芸術作品を創作してもらうというのもアリだと思います。近隣の農家から出荷に向かない野菜などを安く買い上げてアーティストに提供したり、ビールは飲み放題にする代わりに、創作した作品の一部を工場内のギャラリーに寄付してもらったりすれば良いと思います。また週末にはアーティストたちに市民向けのワークショップでも開催してもらって交流してもらえば、貧弱な熊本のアート界の層も少しは厚くなるんじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/12(水) 23:59)

 近日開通予定の川沿いの遊歩道の完成を喜べない理由は…
kyusyu146

 近所の川沿いの遊歩道が完成に近づいていました。

「立ち入り禁止」の看板の先には上流の橋まで続く遊歩道がほぼ完成していましたので、近いうちに散歩できるようになりそうです。この工事がここで終わってくれたら良いのですが、熊本は昔から自民党の勢力が強かった公共事業が大好きな土地柄ですから、これで終わるはずはありません。

このブログの常連さんならもうお分かりでしょうが、この画像の左手の白川の河岸の拡張工事がこれから始まるところなのです。その理由は「100年とか50年に一度の大雨に備えて…」ということなのですが、私は国の借金が1000兆円に近づいている時に取り組むべき事業ではないと思います。国からたっぷり補助金を貰って、こんな緊急性が少なそうな公共事業を続けていたら、傷口を広げてアルゼンチンやギリシャへの道を一直線という感じですよ。



kyusyu148

 これは1月31日のたかじんの番組で見かけたものです。

私がオーストラリアを旅行中にHDに録画されていた「そこまで言って委員会」での笑い話なのですが、この番組にもよく出演していた原口氏が次期総理候補のダークホースとしてネタになっていたのです。大衆が選ぶ次期総理候補のトップは未だに桝添みたいですが、ポスト鳩山は菅副総理や前原大臣などの有力者を抑えて小沢により原口氏が選ばれるという大胆な予測だったのです。

この時点では普天間問題も切羽詰っていませんでしたし、まだ鳩山の化けの皮もバレていませんでしたので、まったくの冗談だったのですが、次第に真実味を帯びてきたような感じがします。総理になることだけが目的だった世襲議員は参議院選挙で大敗する前に退陣するのに異存は無いでしょうし、「担ぐ神輿は軽い方が良い」が持論の小沢が原口氏を選ぶ可能性は高まってると思うのです。

5月末に普天間問題が座礁に乗り上げて、その責任を取る形で鳩山と小沢が役職を辞任して、後任がおばさまにウケが良い原口氏がなったら夏の参議院選挙は民主有利になるでしょう。昨年の選挙で裏で小沢が操っているのがわかりきっていたのに鳩山を支持していたイノセントな一般大衆の皆さんは3ヶ月は原口氏の笑顔に騙されて支持するはずですから、この冗談みたいな国会階段での集合写真は現実のものとなる可能性はあるのです。なんとも怖い話ですよね。(笑)



kyusyu148

 これは夕方のニュースの天気予報のシーンです。

夕暮れの街をバックに地方局の天気予報のお姉さんが季節の話題を披露していらっしゃったのですが、今日は初夏にピッタリなハート形のスイカでした。熊本市硯川町の農家の方が小玉スイカの実を特製の枠の中に入れて約1か月ほど待って、今年は60個のハートのスイカ作りにチャレンジされたそうでした。

60個のうち、成功したのは40個ということでしたが、福岡の百貨店では1個1万5000円以上で販売されたという実績もあるみたいです。ハート形のスイカはバブル景気に沸く中国でもウケそうですし、それがニュースなどで中国全土に放送されたりしたらマネをするスイカ農家が増えそうですよ。中国なら1個500円くらいで大量生産できるんじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/11(火) 23:59)

 熊本の地方都市が世界的に有名な悲しい理由は…
kyusyu144

 今朝の新聞の1面はB型肝炎訴訟についてでした。

自民党政権下での集団予防接種の注射器の使い回しを放置した国の責任が問われているわけですが、その左下には同じく自民党の政権下でスタートした国の自動車関係の電子申請システムが不評で、九州7県では撤退を検討してるところさえあるという話でした。このあたりは全国共通でしょうが、熊本では水俣病の療養費などの申請受け付けが開始されたチラシが織り込まれていたりしましたので、より暗澹たる気持ちになってしまいました。

「ミナマタ」は「ヒロシマ・ナガサキ」よりは知名度が低いものの海外にも知られた名前ですが、その理由もやはり問題の先送りを続けた国の責任でしょう。長く粘り強い交渉の結果、ようやく特別措置法が可決されて認定申請の手続きが始まったのですが、景気低迷が続いている時期ですからうんざりしてしまいます。以前にも書きましたが、バブル景気に浮かれてる隣国では「中国版水俣病」とも言われるような環境汚染が為政者の無作為という同じ理由で被害者を増やし続けているわけですが、日本は唯一の被爆国として核の脅威を訴えるだけでなく、経済発展を環境より優先したために大変なことになってるという現実を世界に知らしめる責任があるでしょう。

外務省は旅行業者などからの要請を受けて中国人旅行者のビザ発給基準を引き下げる方向のようですが、来日する富裕層は中国の製造業や自治体の意思決定に関わるような要職に就いている比率が高いでしょうから、環境省と組んで日本の高度成長期の不作為により被害が拡大した負の歴史をさりげなくアピールするような工夫が必要なんじゃないでしょうか。海の向こうの話に余計な税金の投入は無駄じゃないかと考える人もいらっしゃるかもですが、安全な食料輸入や黄砂と共に汚染物質が飛んでくることを考えれば妥当な出費ではないでしょうか。



vaiop

 ソニーからノートPCの新モデルの発売がありました。

5月5日にソニーの意味深な広告から「VAIO Pくらいの筐体に2枚のタッチパネル液晶を搭載した三つ折の製品で、開いたら2画面液晶のノートPCで、閉じたままでも電子ブックリーダーみたいに使うことができる新しいコンセプトの端末じゃないかな…」と予想していたのですが、見事にハズれてしまいました。

第一印象は「VAIO P」の従来機種とさほど変わらないように見えたのですが、地磁気センサーや加速度センサーが追加されましたので、使い勝手は格段に向上したようです。ユーザーの意見を検討して、ゼロベースで従来機のサイズに盛り込んだのは立派ですが、2画面や噂だった湾曲する液晶は求めないとしても、タッチ式の液晶は搭載していただきたいものでした。

本体重量は約619gと許容範囲なのですが、バッテリ駆動時間は約5.5時間と物足りなく、最小構成の価格が79800円ということですから、大幅に値下がりすることでもなければ次の候補になることは無いでしょう。このクロコダイル柄はちょっと欲しい感じなのですが、プラス3000円もするみたいですから話になりません。やはりIPadを追うようにソニーを含めて各社からスレートタイプの端末が出るでしょうから、それが出揃うのを待ちたいと思います。



kyusyu145

 明日から近隣県の長崎の物産展が始まるようです。

気候風土が似ていますから、物産展をやるほどのものは無さそうなのですが、長崎の業者さんたちは龍馬ブームを当て込んで商品を大量発注しちゃったのかもしれません。最近は週末の1000円高速に対抗してフェリーも値下げしたりしていますので、日帰りで長崎に買い物に行くことだって簡単なのですが、このデパートの客層はネット通販も自動車の運転もしない高齢者が多いみたいですから、ブームの間はけっこう売れるのかもしれません。

このCMでも長崎県の龍馬のキャラクターが使われていたのですが、龍馬と縁が深い高知県と長崎県あたりなら敬意を払って使うのも許容範囲なのでしょう。しかし私はこういった浅ましい商魂は好きになれませんし、パッケージに龍馬のシールを貼ったり印刷したりしただけの商品を有難がって買う消費者心理が理解できません。私はパッケージに金をかえるよりも中身の品質の向上や量を増やしていただいた方が嬉しいですからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/10(月) 23:59)

 大型連休最終日にトンネルを抜けた所でいただいたものは…
kyusyu141

 熊本の大型連休の最終日の天気は下り坂でした。

今日はヤボ用で山の家に出かけたのですが、その途中の俵山トンネルを抜けた所にオープンしていた小さなレストランでガレットを試すことにしたのです。先月もこのエリアでフレンチをいただきましたし、昨日のディナーもフレンチだったのですが、蕎麦粉のガレットはブルゴーニュ地方のファストフードといった感じで雰囲気が違うものですから、フレンチ続きでも問題なかったのです。

連休最終日でしたので店内はけっこう混んでいたのですが、サラダとガレットとデザートとドリンクで1200円のセットを注文してみました。ちなみにガレットは3種類あったのですが、私は阿蘇自然豚肩肉と高原キャベツのアンチョビソテーと卵とチーズが乗せられた「阿蘇の恵みのガレット」というのを試してみました。ガレットは2年ぶりくらいですたが、ここのヤツも素朴な風合いで美味しゅうございました。



kyusyu142

 その後に山の家に行ってヤボ用を済ませました。

熊本市内に帰る前に不純物がほとんど検出されない地下水でお茶を淹れ、東京の友人からいただいた「KEITH MANHATTAN」というブランドのチーズタルトを試したのですが、箱の大きさのわりに昭和的な空間たっぷりの内容量でしたので、ちょっとガッカリでした。私はてっきりホールサイズのチーズケーキだと思い込んでいたのですが、全部合わせたら箱の3分の1くらいの量でしたからね。

いかにも日本的な過剰包装というヤツでしたが、名前はディーン&デルーカみたいにNYから進出してきた会社っぽいのですが、どうやら本社が名古屋の製粉会社のディビジョンのようです。オーナー自ら手作りしたという素朴なレストランで、素朴なガレットをいただいたばかりでしたので、このケーキはかなり違和感がありました。



kyusyu143

 これは新聞に載っていた酒造会社の広告です。

球磨郡に本拠地を構える常楽酒造株式会社という会社の広告みたいですが、なぜかデビュー50周年のアントニオ猪木氏のBirthday記念ボトルというオリジナル商品を販売してるみたいなのです。公式ウェブサイトには「アントニオ猪木さんのお誕生日を記念した特別限定品です。限定品のため早いもの勝ち!!お早めにどうぞ!!」とあったのですが、どうせラベルを張り替えただけの商品でしょうから、急ぐ必要は無いような気がします。

アントニオ猪木氏とこの酒造メーカーがどういった繋がりがあるかは不明ですが、酒の席でのノリで決まったような安直さを感じます。何かもう少し工夫でもしないと「道」という限定品は酒造会社の不良在庫になってしまうかもしれません。まあその場合もラベルを貼り直して別の名前で安く叩き売れば済む話かもですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/05/09(日) 23:59)

 政令指定都市化前の熊本の不動産事情とは…?
kyusyu138

 本日も熊本は晴天で、夏日となりました。

東京からやってきた友人と夕食をご一緒することになり、駐車場から指定のレストランに向かっていたら、ちょっとサミシイ光景と遭遇しちゃいました。これは熊本の商業の中心のパルコの近くに建設されていたテナントビルなのですが、完成してからけっこう経つのですが、まだ1階部分の入居は決まっていないようなのです。

近年は郊外にもたくさんの路面店ができていますので、賃料が割高な物件は敬遠される傾向があるようなのですが、ここ以外にも新築なのにテナントが入っていない所がいくつかあるのです。来年は新幹線がやってきて、翌年には政令指定都市化することが決まっている熊本ですが、その不動産事情はちょっとキビシイみたいなのです。



kyusyu139

 今晩のディナーは久しぶりのフレンチでした。

もうさすがに和食には飽きていた頃でしたので、とても美味しくいただくことができました。6月に渡欧した場合にはもちろんフランスにも行く予定ですが、いくらユーロが安くなったとしても、あちらのレストランはけっこう高いですから、何かの祝い事でも無い限りはテーブルクロスがかかってる店には食べに行く気にはなれないのです。

今日は前菜はカボチャのムースを、その次には私はこのカツオのジュレの一皿で友人はホタテを選んでみたのですが、両方ともこの季節にピッタリでした。メインの肉料理も美味しかったのですが、最後のバナナのムースのクレープ包みとソルベのデザートも大満足でした。たまにはこんな贅沢も良いですよね。



kyusyu140

 今朝の新聞に自動車のイベントの告知がありました。

トヨタ関連の全国キャラバンイベントの「ドライブ王国2010」というものみたいですが、モーターショーに出品されたようなコンセプトカーやi‐REALのような次世代モビリティも展示されるみたいなのです。入場無料ですから出かけてみようかと思ったのですが、当日は会場のグランメッセの駐車場が試乗コースとなるみたいで、自動車で行くと遠くに停めてシャトルバスに乗らなきゃならないらしいので面倒なのです。郊外ですから自転車じゃしんどいので、バイクで行けば良いのでしょうが、天気次第で決めるつもりです。

ちなみにこの広告の左下には加藤清史郎君が微笑んでいるのですが、横にご丁寧に「こども店長は来店しません」と書いてありました。いくら週末だからだといっても売れっ子のタレントがやってくるとは普通は考えないのでしょうが、断り書きがあるということは他の地方都市で開催した時に常識が無い人から「会えると思ったから来たのに…」とクレームがあったのかもしれませんね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/08(土) 23:59)

 九州の景気が回復する前になにやらヤバい雰囲気に…
kyusyu136

 九州は朝方に雨も上がり、爽やかになりました。

しかし今日のトップニュースはNY株の大幅な下落でしたので、複雑な気分でした。6月からの渡欧を考えている身としては円高傾向になるのは大歓迎なのですが、日本の輸出産業に打撃が続くようなら景気が回復するどころか、ギリシャのようになってしまうかもしれませんからね。このムック本はローカルなガイドですが、景気の悪さを象徴するように「安さ」を強調した作りになっています。最近のマスコミでは「節約疲れ」により、手が届く「ちょっとした贅沢」が人気とか報道していますが、ギリシャ・ショックが南欧へと飛び火して世界的な不況へと進んでしまったら、九州の景気が回復する前に大不況に逆戻りしてしまうかもしれません。

しかしリーマン・ショックや今回のギリシャに端を発したユーロ圏の混乱も、近いうちに起こるであろう中国のバブル崩壊に比べればかわいいものでしょう。ギリシャのデモでは死者は3名でしたが、もしも中国で似たようなデモが発生したら内戦状態に陥ることだってあり得るでしょうからね。上海万博初日の混乱を見れば明らかですが、いくら準備をしていても予想外のトラブルが発生しやすい不安定さを持っている国情ですからね。誤解を避けるために書いておきますが、私は何度も中国に行って変化を見てきています。中国は嫌いな国じゃありませんが、過大に評価する気にもなれません。急速な経済発展の歪みが政府のコントロールが効かないレベルに達した時点でXデーを迎えることになると確信しているのですが、本音では今からでも人民の皆さんの総力を結集して軟着陸する道を選んでいただきたいと願っています。しかしバブルの最中にいる人民の総意は「もっと成長を!」というものでしょうから、バブル崩壊に向かって一直線という流れは誰にも止めることはできないと考えているのです。



kyusyu135

 熊本でのトップニュースは区割りの問題でした。

熊本市は周辺の2町との無理な合併をして政令指定都市になることが確実視されていまして、その区割りをどうするかでもめていたのです。審議会が6区案と5区案で検討して、効率やわかりやすさを基準に5区案を答申したらしいのですが、市議会最大派閥の自民などの市議たちは4区案を提案したそうなのです。

普通に考えれば中央区と東西南北の5区というのがシンプルでわかりやすいのですが、いろんな思惑があるみたいなのです。とりあえず熊本市長は区画審の答申通りの5区の方針を支持したらしいのですが、まだ市議の巻き返しもあり得るかもという話でした。市民にとってはメリットよりもデメリットの方が多そうな政令指定都市なんて今からでも止めてしまえば良いのでしょうが、政令指定都市になると格が上がると信じてる古い価値観を持ったおじさまたちにより粛々と進められてしまうのでしょう。政令指定都市になるためにはずいぶんと手間も金もかかるのですが、おじさまたちにとって県民から吸い上げた税金や国からの交付金は自分たちのためのものでしょうからね。



kyusyu137

 今朝の新聞広告にこんなのがありました。

熊本もついに真夏日になり、これから9月末あたりまで暑い日が続くことになるのですが、「吉村大扇堂」という老舗っぽい名前の会社が龍馬をモチーフにした竹団扇を売り出すということなのです。おそらくこの会社は龍馬とは無関係なのでしょうが、最近のブームに乗って稼ごうということなのでしょう。

私はこのような安直な発想の商品は好みではありませんし、最近は龍馬気取りの政治家や龍馬を過大評価する人たちが多過ぎるのも困った傾向だなと思っています。それでこの広告を見た時にはイヤな気分になったのですが、広告に「幕末の偉人」では無く、「倒幕・明治維新に影響を与えた幕末の武士」と表現がマシだったので救われました。龍馬はそれだけの人間で、それ以上では無かったはずですからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/05/07(金) 23:59)

 久しぶりの雨の日にイングリッシュマフィンでエッグベネディクトを…
kyusyu133

 連休明けの九州も久しぶりの雨になりました。

今日はイングリッシュマフィンを買ったので、以前から試してみたかったエッグベネディクトを作ってみました。軽くトーストしたマフィンの上にハムとポーチドエッグを乗せ、白ワインやバターで作ったオランデーズソースをかけるだけという簡単な料理でしたが、なかなか美味しゅうございました。左のオーストリアのアルプスで採れる岩塩で作られたというサリネン社のBad Ischlerブランドのハーブ塩はいただきものですが、こういった料理にはピッタリです。

オランデーズソースは初めて作ってみたのですが、甘くないカスタードクリームといった感じで、いろんな料理に応用することができそうでした。日本にはエッグベネディクトを出す店は少ないと思うのですが、その素材からあまり単価を高くすることができないためでしょうか。



kyusyu134

 先ほどドンキホーテでお菓子を買ってきました。

最近はこの手の商品はご無沙汰でしたが、テレ朝系の「シルシルミシル」でチョコパイ工場のことを見たばかりでしたので衝動買いしてしまったのです。今日の苺のキャラメル味の商品のパッケージには「食後のシアワセシリーズ」と書いてありましたが、他のフレーバーの新製品が出そうですので楽しみです。

カスタードケーキは期間限定の桃とバナナのフレーバーということでしたが、なぜそんな組み合わせにしたのか謎です。かなりミスマッチな第一印象でしたが、100人にブラインドテストをしてみても誰も正解できないような微妙な味でした。ちなみにパッケージの裏面には「モモちゃんとバナナちゃんのかみずもう」というゲームが印刷してあったのですが、果物を力士にするという発想もかなりユニークです。辻希美みたいなタイプの社員が考えたのかもしれませんね。(笑)



kyusyu127

 最近たまに深夜に見かけるようになったTV広告です。

厚化粧のお姉さんたちが微笑みながら「キャバクラチャンネル…」とつぶやいて、最後に「検索してね!」と言ってましたので検索してみました。九州各県のキャバ嬢のポータルサイトのようでしたが、深夜と言えどもテレビでCMを流すほど資金が潤沢なのかと不思議でした。

キャバ嬢たちは当たり障りが無いプライベートをほんの少しだけ曝すことで馴染み客にアピールできるということではメリットがあるのでしょうが、無料が常識のブログの世界ですから誰もお金は払わないでしょう。それではキャバクラの経営者が宣伝になるからとキャバクラチャンネルに金を払っているのでしょうか。店名はそれぞれ違うけど、すべて同じグループ企業の経営ということなら納得できるのですが、それならポータルサイト風に作る意味も無さそうですけどね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/06(木) 23:59)

 6月末からの渡欧前に欧州通貨はどのように動くのか…?
kyusyu130

 先ほどのニュースでギリシャのことをやっていました。

ドイツなど欧州各国からの14兆円規模の支援が決まって落ち着きを取り戻すかと思っていたギリシャですが、支援の条件となった年金削減などの緊縮策への抗議行動の一部が暴徒化して、火炎瓶により死人まで出す騒ぎになっているようです。第一報では詳細は不明ですが、前政府の不正行為への怒りと現政府のヌルい対応への不満が銀行や政府機関へ向かってしまったようです。私もギリシャでは警官たちの高圧的な態度にキレたことがありますが、熱くなりやすい国民性から国内の混乱は長期化しそうですし、その政情不安の要素は観光客の足を遠のかせるには充分でしょう。観光収入が財政の基盤であるギリシャにとっては死活問題でしょうが、尻拭いさせられるドイツ人たちなどからしてみると「アホな政治家を選んできたツケは自分たちで払えよな…」と迷惑顔なのでしょう。

6月末からの渡欧前に欧州通貨が値下がりしてくれるのは嬉しいのですが、政情不安が南欧まで広がってしまうのはありがたくありません。今回の大型連休では海外渡航客が増えたりと多少の景気回復基調が見えるようですが、ヨーロッパ情勢が不安定な上に、先月のような天変地異や昨年のようなパンデミックが発生したりしたらキビシイことになるでしょう。中国のバブル崩壊の危険性も高まってきていますし、万博を契機に安易に中国に足を踏み入れる企業が増えたりすれば日本経済も崩壊へのリスクは増大してしまいそうです。



kyusyu131

 Googleの書籍の有料配信も話題になっていました。

アメリカでiPadが28日間で100万台売れたことでも電子書籍への流れが一気に加速したようですが、Googleまでもが参入してきたことによって日本でも重い腰を上げる会社が増えることでしょう。書籍の電子化はウィンドウズ95の頃から一部で静かに進められていたのですが、電子ペーパーの技術やアマゾンのキンドルが出てきたあたりから普及の壁を越えたような気がします。

Googleも近いうちにiPadのようなスレートタイプの端末を発表するようですが、大型連休前にSONYがウルトラモバイル端末のティーザー広告を出したのも気になります。その広告にはクリップみたいなデザインの意味深なイラストがありましたので、VAIO Pくらいの筐体に2枚のタッチパネル液晶を搭載した三つ折の製品なのかもしれません。開いたら2画面液晶のノートPCで、閉じたままでも電子ブックリーダーみたいに使うことができる新しいコンセプトの端末じゃないかなと予想しているのですが、はたして当たるでしょうか。



kyusyu132

 これは今朝の新聞で見かけた阿蘇地域の広告です。

昨年のジオパークの認定、さらに中国や韓国からの観光客や、週末1000円の高速による遠方からのドライブ客の増加などを受けて、のんびり暮らしていた阿蘇の皆さんの目つきも最近は少し変わってきたようなのです。頼りにしていた地元選出の国会議員の自殺と、見返り目的で選挙を応援し続けていた自民党が野に下ったことからの危機感の増大もあるのでしょうが。

ベタなスナックの広告も微笑ましいのですが、4月29日から始まったらしい阿蘇火山博物館の「龍馬と豊後街道展?先人たちも見た阿蘇ジオパーク?」というのには笑ってしまいました。坂本龍馬が豊後街道を歩いたという史実はあるのかもしれませんが、それを火山博物館でやるというのは無理があるように思えるのです。ちょっと内容をチェックしてみたい気はするのですが、入場料が820円と高過ぎるので止めておきます。どうせたいしたことは無いでしょうからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/05/05(水) 23:59)

 初めての真夏日にいただいたデコポンの香りがしない菓子
kyusyu126

 ちょっと変わった形のお菓子をいただきました。

熊本果実連が推薦する「デコポンの香り」というものでしたが、なるほど少し尖った部分がデコポン風に見えないこともありません。検索してみたら「新鮮なデコポンをギュッとひとしぼり、さわやかな果汁をふんだんに使いました」とのコピーも見かけたのですが、さほどデコポンの香りは感じられませんでした。

博多名産の「ひよこ」をデコポンの形にして、ほんの少しデコポンの香りを加えたような感じでしたが、甘さ控えめで美味しゅうございました。この商品は20個入りで1050円で売ってるみたいですから、1個あたりは50円ということになります。また自分用に買う気にはなれませんが、一度くらい試すのは悪くはないと思いますよ。


kyusyu129

 先日の午前中に録画しておいたアニメ映画を観ました。
 
NHKで放送中の「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の劇場版でしたが、ウィキペディアでチェックしてみたら「エピソード2/クローンの攻撃」と「エピソード3/シスの復讐」の間の物語ということでした。スター・ウォーズ6作品では「クローン大戦」というキーワードだけは出てきたのですが、具体的にロボット軍とクローン兵士たちとの戦いの様子を観て「な?るほど!」納得できました。

最近はNHK教育テレビで放送されているシーズン1も観ているのですが、以前に何度か深夜に観たヤツと混同しちゃっています。3DCGは映画版に比べてポリゴンが荒くて、アナキン・スカイウォーカーたちはサンダーバードのマリオネットみたいな感じがしました。それに合わせてヨーダたちも実写版とは違う雰囲気となっていますので、最初は違和感があったのですが、徐々に慣れてきました。

しかしこのアニメがいくら完成度が高くても、クローン大戦についてはやはり実写版で観てみたいものです。ジョージ・ルーカス監督が「アバター3D」を観て、3Dで残りの3部作を作ることについて前向きな発言をしたというニュースがありましたが期待したいものです。



kyusyu128

 なぜか子供の日前にパチンコ屋のCMが増えています。

5月5日で数字のゾロ目に意味を見出しているようですが、なぜか複数のパチンコ屋が似たような企画をやっているのです。今回の連休中は天気も良かったことですし、子供の日には子供たちをアウトドアにでも連れて行ってあげればと思うのですが、こんなのをやってると気の毒な子供たちが増えそうですよね。

私はギャンブルに興味が無いのでパチンコ屋には行かないのですが、郊外にたくさん大型店ができているのには驚かされます。子供の日にこんなCMが垂れ流されているのを見てしまうと、児童手当などの交付金の内のかなりの部分が流れて行きそうな気がしてします。政府は何か対策を考えておくべきだと思うのですけどね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/04(火) 23:59)

 28度の夏日にカイワレたっぷりのおろし蕎麦を…
kyusyu123

 熊本は今日も晴れて、28度の夏日となりました。

それでカイワレをたっぷり乗せたおろし蕎麦を作ってみたのですが、考えてみたらコレって「親子蕎麦」ですよね。本当は以前に千歳で食べたようなニラ蕎麦を作りたかったのですが、新鮮そうなのが手に入らなかったので断念しました。ニラ蕎麦は朝採りの新鮮なニラを安く入手できないと作る気になれないのです。

これからしばらくの間は冷たい麺類を食べることになるでしょうが、6月に梅雨入りする前には渡欧するつもりですから、タイミングは良いと思います。日本で和食や冷たい麺類に飽きた頃に旅行するのが理想的ですからね。しかし問題はその頃の為替相場や政治や治安情勢です。円高傾向になっていてくれれば良いのですけどね。



kyusyu124

 録画しておいた「がっちりマンデー」を見て驚きました。

今日は和歌山の島精機の社長さんがゲストだったのですが、これまで何度も他の番組で取り上げられてきた会社でしたから、また今日も黎明期の軍手から最近の全自動でセーターなどを編み上げるハイテクマシンの話だろうと予想していたのです。前半はその読み通りに展開していたので退屈していたのですが、後半にSDS?ONE APEXという最新機器が紹介された時には驚かされました。

島精機は工業用の編み機だけじゃなくて、畑違いとも思えるCG機器を独自開発していることでも有名でしたが、今回はそれを進化・融合させたような画期的な発明品だったのです。簡単に説明すると、素材となる毛糸を1本だけスキャンして太さや色や風合いの情報をコンピュータに取り込み、その1本を元にCG技術でディスプレイ上にバーチャルに完成品を表示して、編み方やサイズなどをいじってデザインを修正したりするのです。デザインが決定したデータをホールガーメントの機械に送ると自動的にコンピュータでデザインした通りのセーターなどが編みあがるということで、少量多品種の製品を無駄なく作ることができるという魔法のような方式だったのです。

島精機は常に進化し続けている企業ですが、それを支えているのは工場の熟練工たちのミクロン単位で調整する技ということも改めて教えてもらいました。最近の日本の報道では上海万博の光と影の部分や中国のバブルぶりばかりを取り上げて日本の地位の低下を憂いてばかりいますが、島精機のような一朝一夕にマネができないとう独自技術を模索し続ける会社が増えることが今後の日本経済を安定させる上では重要だと思います。今後も頑張って円高基調を支えていただきたいものです。



kyusyu125

 これは今朝の新聞に載っていた記事です。

夏の参院選の時期も迫ってきたことから、新聞社が九州の7県連の幹事長に今回の小沢が検察審査会で起訴相当の議決を受けたことについてどのように考えているかというアンケートを行っていたのですが、小沢の進退に関しては辞任を求める声は無かったようです。九州各県の政治屋たちは見せしめで公共工事を止められた長崎のことでビビっていることもあるのでしょうが、県連の幹事長たちにとっては国民の総意なんてどうでも良いことなんでしょうね。

日曜のテレ朝のサンデーフロントラインでも自民党の石原の息子に民主党の小宮山洋子が「なんで小沢さんにキチンと言わないんだ!」と迫られて、「わたし一人が言っても…」と政治家としての責任を放棄していましたが、小沢による恐怖政治が続く限りは島精機のような会社がいくら頑張っても日本は良くはならないでしょう。それを理解していながら自分の保身のために「政治家の進退はご自身がお決めになること…」なんて言ってる政治屋たちは許せません。国会議員1人に年間1億かかると言われていますが、議員定数の削減を実現して税金泥棒たちを失業させるべきでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/03(月) 23:59)

 ニトリカードとアンドーナツと練兵町の話です
kyusyu120

 大型連休中の日曜日も良い天気に恵まれました。

それで遠出した人たちが多かったためか、中心部の道路は空いていました。今日はヤボ用で家具探しのお手伝いをしていたのですが、ホームセンターの後で郊外のニトリに行ってみました。ここはオープン当初はいつも混んでいましたので、店中に足を踏み入れるのは初めてでした。新しい店ですから何か今までと違う工夫がないかなと探したのですが、残念ながらどこにでもある普通のニトリでした。

会計の時に「会員カードをお作りしましょうか?」と聞かれましたので、ポイントを貯める気は無かったのですが、とりあえず作っておきました。ニトリカードは100円で1ポイントで、500ポイント貯めると500円分の利用ができるということですから、大きなものを買わないとキビシイのですけどね。そのうちにイケアのようにコーヒーが無料になるみたいな何か特典が追加されるかもしれませんからね。



kyusyu115

 秋田県では有名らしいアンドーナツを試してみました。

わりと薄いのですが、どっしりした重量感がありました。割ってみたら生地が薄くてアンがたっぷり入っていましたので、それが人気の理由なんだろうなと想像できました。これは大館市の山口製菓店という老舗で90歳を超える職人さんが一つ一つ包んいらっしゃるそうですが、キレイな形はその熟練の技によるものなのかもしれません。

いただいたものですから文句は無いのですが、値段は1個139円で、ネット通販では5個単位での販売ということでしたので、再び私の口に入ることは無さそうです。「まぼろしのアンドーナツ」との評判らしいのですが、また秋田に行く機会はあるかもしれませんが、わざわざ店を探してまで買いたいというレベルじゃありませんでしたし。



kyusyu122

 これは今朝の新聞に載っていた広告です。

「熊本城下町探検隊」というシリーズの第一回目らしいのですが、今回は明治41年からの歴史があるという「練兵町」の話でした。熊本城に近い場所に陸軍の練兵場が作られたらしいのですが、街の中心部にあると熊本市の健全な発展を阻害するということで明治33年に郊外に移転されたということでした。

第二次世界大戦で負けたために日本帝国陸軍は消滅したのですが、戦後に警察予備隊として復活した後に自衛隊と名前が変わり、熊本県庁の近くに拠点を構えています。その近くには環状道路や空港へのアクセス道路が作られ、現在ではそのエリアには住宅が立ち並ぶようになって発展を阻害する要因になっています。空港の近くにでも移転させてしまって、跡地は副都心にでも再開発してしまえば良いと思うのですが、そういった機運は無いみたいです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/02(日) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア