新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 新居引越し祝いにワンコインのスペインワインでランチを…
2010tokyo232

 友人宅の引越しから一夜が明けました。

早起きの腹ペコ猫の催促でまだ薄暗い内に起こされたのですが、今晩には大阪に夜行バスで出発ですから二度寝はせずにリビングに山のように積んである段ボールと格闘することにしました。友人が新居の収納や運んできた家具類にどんどん中身を入れてゆき、私が段ボールや緩衝材を処理したのですが、頑張ってなんとか午前中にはほとんど姿を消しました。

最近は外食が多かったですし、海外に出れば外食ばかりになってしまいますので、段ボールから出したばかりの食器を使ってパスタを作ることにしたのですが、数日前に見つけたディスカウント酒屋に行って料理に合いそうな安ワインを4本ほど買ってきました。トマトソースの煮込み用にはチリ産の赤ワインを、そして明日からの船旅用にはもしも移し変えたペットボトルから漏れてしまっても被害が少ないように白ワインを選びました。そして料理の時に飲むために500円のスペイン産の赤ワインを買ってみたのですが、2人で1本を空けてしまいましたので、午後はだらけた雰囲気になってしまいました。



2010tokyo233

 ダイソーでiPod touch用のフィルムを買いました。

数日前に同じダイソーで購入したiPhone用の液晶保護フィルムは電話する時のために耳に当たるスピーカーの部分に穴が空いていたのですが、これは第二世代のiPod touch専用の製品ですからスイッチ部分だけに穴があいているのです。現在のものが古くなったら張り替えようと思って購入しておいたのですが、パッケージから出せば薄くて軽い透明シートだけですので荷物にもなりませんからね。

友人宅に戻ってパッケージを開けてみたら、私の第4世代のiPod touchには上下がわずかに足りないようでした。ほんの数ミリですから許容範囲ではあるのですが、ダイソーさんには早く第4世代のiPod touchに対応した製品を作っていただきたいものです。ちなみに右のは旧型のiPhone用のシリコンジャケットですが、これも100円でしたからスゴいですよね。



2010tokyo234

 友人の新居にさっそく新聞の勧誘がやってきました。

引越し業者のトラックを見つけて段ボールを運ぶ作業員の後をついてきたのかもしれませんが、普段から管理人にお歳暮などを渡しておいて情報を得ているのかもです。友人は引っ越したら新聞を取るつもりだったようですから、あちらから勧誘にやってきたのは好都合のようでした。強気の交渉の結果、10月分は無料という結果を勝ち取りました。

今朝の新聞には10月の東京都の広報誌が折り込まれていたのですが、新しくオープンする羽田空港の国際ターミナルのことが特集されていました。友人の新居は成田は遠くなりましたので、羽田の国際化が強化されることはタイミングが良いのですが、環7や環8を南北に走る交通機関の整備が遅れていますので、結局は遠回りするしかないのです。



2010tokyo232

 夕方に新居の壁に新品のドリルで穴を空けました。

先日ドンキホーテで2980円で購入した充電式のドリルでしたが、ドリルの先をLEDライトで照らすことができますので便利でした。新居の壁は普通の石膏ボードでしたから2秒ほどで簡単に穴が空きましたし、ホームセンターで購入した石膏ボード用のネジも受けの部分をプラスのドライバーでねじ込むだけということでメチャ簡単でした。

壁に鏡などを取り付けた後にテレビのアンテナをつなげたのですが、以前は東京タワー方面に高層ビルがあって映りが悪かったのですが、新居は周辺は2階建ての住宅ばかりですし高い位置に共同アンテナがカラスが止まってもビクともしないようにガッシリと取り付けてあるみたいですからキレイでした。友人宅のテレビはまだアナログですが、地デジ対応の最新モデルに買い換えたらもっとキレイに見えるはずです。



2010tokyo236

 作業を終えてシャワーを浴びて駅に向かいました。

ガラガラの電車で新宿に着いてみたら、これから帰宅する人々の流れと逆でしたから真っ直ぐに歩くことさえ困難でした。ようやく表に出て何気なく電光掲示板を見てみたら「トニー・カーチス氏死去…」の訃報が飛び込んできました。85歳だったそうですからアメリカでは長寿の部類でしょうが、こうやって街角でお亡くなりになったことを知るとなんとも感慨深いものがあります。

明日は大阪ではあまり時間的な余裕がありませんでしたから、トニー・カーチス氏に思いを馳せるのは後回しにしてドンキホーテで上海までの48時間の船旅用に食料などを買い物しておきました。ランチをたらふく食べていましたのであまり空腹じゃ無かったのですが、高速バスに乗る前に大ガードを超えた所にあった松屋で250円の牛丼を食べておきました。松屋は上海にも支店があるのですが、中国じゃ割高感があるので食べないでしょうからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/30(木) 20:53)

 収穫の秋に練馬の畑で見た地元産の野菜はやはり…
2010tokyo227

 先日の雷雨がウソのように良い天気になりました。

今日は友人の新居の引越し当日ですが、幸いに良い天気に恵まれました。10時前に友人が住み慣れた神宮前のマンションで荷物の積み込みが始まって、途中で昼食があるだろうから到着は12時過ぎになるという連絡がありました。それでそれまでの時間を利用してドンキホーテに電動ドリルを買いに行くことにしたのですが、近い方の環八世田谷店には何度か行ったことがありましたので、わざと遠い方の練馬店を選びました。

ドンキホーテの練馬店までの道は昭和初期に大根畑を切り開いて作られたんじゃないかと思うのですが、今でもその名残りを見かけることができました。これは環八の外側ですが、一応都内ではあるのです。農民人口は1200万東京都民の1パーセント以下だと思うのですが、このあたりではプロの農家というのも珍しくは無いのでしょう。



2010tokyo228

 ドンキホーテの練馬店は6階建てのビルで目立っていました。

手前は広大な敷地の自衛隊でしたし、周辺にも高いビルは少ないので環8を走ってる限りは間違えようがない地域のランドマークとなっているようでした。まだ開店したばかりでしたので客の入りは少なかったので、ジャングルのような売り場ですぐに目的の工具を見つけることができました。

ドンキホーテの後は同じ環8沿いにあったダイクマに寄っただけで、すぐに新居に戻りました。そして12時半くらいから引越し業者の皆さんがやってきて怒涛のように家具と段ボールを置き去っていかれたのですが、それまでガラ?ンとしていた部屋が一気にもので埋まってしまいました。

引越し作業はドアを開けっ放しで行うものですから、業者の方が来る前に猫たちが外に逃げ出したりしないようにバスルームに閉じ込めておいたのですが、3時間後くらいにドアが開いたら段ボールだらけになっていましたので驚いたようでした。しかし猫たちは何も無い部屋よりも逃げ場がある乱雑な雰囲気の方が好きみたいで、午前中よりのびのびとしていました。



2010tokyo229

 業者の方たちが帰った後、まずはコーヒーを淹れました。

私は明日の夜には大阪に出発することになっていましたので、段取り良く片付けをしようと話をして、まずは食器や靴などの場所を取ってるものからそれぞれの収納場所に仕舞い込むことにしました。一晩ではとても片付く量ではありませんでしたので、まずは通路を確保して寝る場所を確保することにしたのです。

日が暮れて空腹になってきたのですが、さすがにキッチンの上にも荷物が置かれている状態でしたから外食以外の選択肢はありませんでした。それで近くの図書館を経由して駅の近くで何かを食べることにしました。これは図書館のトイレで見かけた杉並区のキャラクターの「なみすけ」ですが、これからあちこちで見かけることになりそうです。



2010tokyo230

 夕食は駅の近くの蕎麦屋を試してみました。

別に引越しだから蕎麦と決めていたわけでは無く、他に良さそうな店が見当たらなかったのです。周辺が普通の住宅地ですから神宮前に比べると飲食店数もかなり少ないのですが、今後も新居の周辺で外食する機会は多くなさそうですので問題は無いと思います。自転車で少し走って吉祥寺にまで行けば選択肢はグッと増えますしね。

友人はかき揚が別に添えられた冷たい蕎麦を、私はネギ玉子蕎麦を試すことにしたのですが、温かい蕎麦の上にふんわりとした玉子が浮かべられ、その上に白髪ネギがたっぷりと乗せられていて美味しゅうございました。このエリアにしてはちょっと洒落た内装と器の店で、値段もそれなりに高かったのですが、たくさん働いたので日本酒とつまみと共にご馳走になりました。Yさん、ご馳走様でした?。



2010tokyo231

 食後に駅の近くのスーパーで買い物しました。

引っ越したばかりでしたから冷蔵庫は空っぽでしたからいくらでも買うことができたのですが、二人ともうっかりエコバッグを持ってきていなかったので最小限に抑えておくことにしたのです。環境意識が高いためなのか、杉並区のスーパーでは買い物袋の有料化が徹底しているようなのです。

買い物をする時にレジに並んでいたら明後日からタバコが値上げされるという表示が目に付きました。最近は何かと時間に追われていましたし、つい最近まで真夏のように暑い日が続いていましたので実感が無かったのですが、もうすぐ10月で一気に秋に突入してしまうのでしょう。私は上海に渡った後に常夏のマレーシアに移動してロンドンに飛ぶことになると思うのですが、モタモタしているとヨーロッパは秋というより初冬になってしまいかねません。極端な温度変化は体にキビシイですから、体調管理に気をつけなければなりません。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/29(水) 23:46)

 日本一の乗降客数を誇る新宿駅にJRの新たな集金装置が…
2010tokyo221

 今日の東京は朝から小雨が降ってました。

神宮前の友人宅から新居に猫を運ぶために近所のガソリンスタンドでレンタカーを借りました。短時間なら近所の三菱自動車のディーラーで電気自動車を借りた方が安いのですが、途中のホームセンターで新居用に買い物するものもありましたので、6時間で2000円ちょいの安いレンタカーを初めて試してみたのです。

混まない道を模索して判断ミスをして、南新宿の弧線橋を超えることになったのですが、日本一の乗降客数を誇る新宿駅の南口にJRの新たな集金装置(ルミネ3?)が工事中でした。この鉄骨の骨組みは近い将来に新しいバスターミナルを併設した商業施設になるはずですが、最近の傾向からしてみて利益だけを追求したえげつないものになるのでしょう。有楽町の西武百貨店の後もJRのルミネに決まったみたいですし、ますますJRがキライになりそうです。(笑)



2010tokyo222

 浜松町1丁目の新しい抜け道を通りました。

築地の友人宅にスチーマーを返却するために通ったのですが、この正面には以前は古いビルがあってT字路だったのです。それがいつの間にか取り壊されて新しい道路ができていたのですが、これで東京タワー方面から湾岸方面に抜けるのがかなり楽になりました。イタリア街の方には以前から道路がありましたので、ほんの少しの土地の買収で大きな効果を発揮できたのではと思います。

しかしこの先にはJRなどの線路があって、その下の高さが2,20mしかない線路の下をくぐらなければならないので車高が高い自動車の方は要注意です。事前に高さを確認できるバーのようなものも無かったと思いますが、関東近県から遊びに来た人は都心にそんな昭和的な道路が残っているとは思わないかもですから、注意を促す工夫が必要なのではないでしょうか。



2010tokyo223

 ランチはまい泉のメンチバーガーをテイクアウトしました。

友人と方南町の島忠のホームセンターで待ち合わせをして買い物をした後にランチに行こうという話になったのですが、引っ越したら遠くなるので以前に見かけて気になっていたまい泉のバーガーを試してみることにしたのです。箸で切れるとんかつで有名な青山本店に新しくオープンしていたバーガー売り場でしたが、わりと大きめのサイズのメンチバーガーが280円でしたので割安感がありました。

友人宅は引越しの最終段階で、お湯は沸かすことはできるものの、予備のコーヒーはどこの段ボールの中にあるかわからないということでしたので、なんと昆布茶と共にいただきました。もちろんまったく合わない組み合わせじゃないのですが、淹れたてのコーヒーだったらと想像するとちょっと悔しい思いでした。



2010tokyo224

 食後に小雨の中で屋上のアンテナを外しました。

友人の新居には共同アンテナが付いていますので神宮前のマンションに置いていっても問題なかったのですが、まだ新しいアンテナでもったいなかったので外しておくことにしたのです。日本全国の高齢者は地デジのことを理解していない人も多く、おそらく来年の7月のデジタル化は延期されることになると思うのですが、いずれにしてもアンテナで困る人はどこかにいると思うのです。ちょっと嵩張りますが役に立つ日があるはずですので、それまでは保管しておく予定です。

しかしこの屋上からの眺めも最後になると思うと少しサミシイ気分になってしまいました。レンタカーの返却時間が迫ってきていましたので感傷に浸っている場合ではなかったのですが、ついつい四方の眺めを確認してしまいました。猫をケースに入れるのに少し手間取ってしまいましたが、無事に猫たちが住み慣れた神宮前のマンションをスタートすることができました。



2010tokyo225

 途中の阿佐ヶ谷ではらドーナッツの店を見かけました。

私が初めてはらドーナッツの存在を知ったのは目黒通りにオープンした時なのですが、この中杉通りの店は古そうでしから、東京では最も古い部類の店なのでしょう。ここは東京では珍しい街路樹が印象的な通りなのですが、こんなロケーションがはらドーナッツには合っていると思います。

最近では吉祥寺のアトレでカフェなどの新業態も見かけたのですが、私はこの原点と思える店を大事にすべきだと思います。もちろんドーナッツ業界は老舗のミスタードーナッツから新参者のクリスピークリームや生だ焼きだの競争はますます激化するでしょうから、生き残るためにはビジネスライクに物事を進めなくてはならないのでしょう。しかし安直に多店舗化することは自分の首を絞めることになりかなませんので、注意していただきたいものです。



2010tokyo226

 30分ほどで無事に猫たちを新居に運びました。

レンタカーの返却時間が迫っていましたので、猫のトイレに紙砂を入れてすぐに出かけることにしました。「新しい家に着いたよ?」とケースのフタを開けても猫たちは怯えた様子で出ようとしませんでした。「ここはどこなの?」といった感じでミャーミャー鳴くばかりでしたが、レンタカー屋から戻ってくる頃には新居に慣れているだろうと安直に考えていました。

しかし1時間後くらいに買い物も済ませて戻っても猫たちは借りてきた猫状態でした。さすがにもう鳴いてはいませんでしたが、「お家に帰りたいにゃ?」といった感じの恨めしそうな目で私を睨んでいました。神宮前のマンションでは抱き上げると足をだらりと伸ばしていたのに、すっかり怯えているみたいで体を固くしていました。もう契約も引越しの手配も終わっているので猫たちに慣れてもらうしか無いのですが、これほどの拒否反応があるとは想定外でした。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/28(火) 23:59)

 朝マック、昼スシロー、食後にカルディーの甘いコーヒーを…
2010tokyo215

 今朝は小雨の中を自転車で中目黒に出かけました。

自動車通勤の友人が引越し業者に任せたくない貴重品を運ぶために昼間の間は使っていない自動車を貸してくれるということでしたので、それを借りるために早朝から出かけたのです。途中まで休憩も兼ねて阿佐ヶ谷駅前で朝マックすることにしたのですが、ソーセージマフィンとコーヒーの200円のセットを注文したら、0円のスマイルで「プラス20円でコーヒーをミディアムサイズにできますが…」と言われましたので同意しました。

これから行く中国でもマクドナルドで朝マックすることがあるはずですが、中国元がじわじわと値上がりしているようですから、日本の不況が長引けばそのうちに値段は逆転するかもしれません。まあ中国がバブル崩壊して、日本が巻き添えと無らなければ話は別ですが…(笑)



2010tokyo216

 ランチは郊外型の回転寿司屋を試しました。

トルコ旅行中に知り合った方を友人の新居の近くでピックアップしてランチをご一緒することにしたのですが、無料で自動車を停められるところが良かったので、郊外型の回転寿司屋を試してみることにしました。最近の何かの番組でも創業時から現在までの経緯をドラマ仕立てでやっていたスシローでしたが、私は初体験だったのです。

回転中のものは止めておいて、タッチパネルで珍しそうなものをオーダーしてみたのですが、このホタテのフライとナスの天ぷらは当たりでした。北海道の生ホタテには適わないのですが、これは初めてでしたので特に美味しく感じたのです。最後に頼んだアサリの味噌汁はちょっと小ぶりで迫力不足でしたが、全体的なバランスとしては悪くなかったと思います。急成長も頷けました。



2010tokyo217

 立川郊外のケヤキモールに行ってみました。

ここはネットで「ライフスタイルモール」というキーワードを検索していて知った小さな商業施設でしたが、4年ほど前にオープンしたということでした。立川の郊外に住宅地に開発された物件でしたから、2階建ての低層で駐車場も無料とのんびりとした造りでした。吹き抜けや緑も多く配置されていましたし、マルエツのスーパーもありましたので、近所の奥様方には人気がありそうな商業施設でした。郊外型のモールではお馴染みのカルディーコーヒーの店もありましたので、無料の甘いコーヒーをいただいたのですが食後にピッタリでした。

しかし私が期待していた「ライフスタイルモール」という範疇には入らないタイプのものでしたので、ちょっとガッカリさせられました。「ライフスタイルモール」とはアメリカ各地で続々と作られているヒューマンサイズでスペースが空いていれば自動車が店の前に駐車できるオープンモールタイプの商業施設なのですが、それがピッタリと当てはまる商業施設は2010年の日本にはまだ見当たらないのです。まあ近いうちにどこかの地方都市にできるのでしょうが、今年の異常な夏の暑さを考えると東北や北海道じゃないと難しいかもですね。



2010tokyo218

 これは工事中の国立駅の北口の様子です。

南口の木造の駅舎が惜しまれつつ取り壊されたことはテレビのニュースで見たのですが、どうやら北口の方も同時に工事が行われるみたいでした。どんな駅舎になるのかは知らないのですが、美しい並木道には似合わない中途半端なものになるのは間違いないのでしょう。

私は特に木造の駅舎には特に思い入れは無かったのですが、JRが自分たちの利益だけを考えて駅ビルを建て続けているのにはムカついています。もちろん新しい駅舎は今後の高齢化社会のためにバリアフリーは考慮されたものになるのでしょうが、私は市民が無料で安らげるスペースを20?30パーセントくらいは盛り込むべきだと思います。まあ今のJRにそんなことを期待しても無駄でしょうが…



2010tokyo219

 新宿のオゾンでエコ関連の展示を見てきました。

中目黒の友人に自動車を返却して、近所のドンキホーテで少し食料を購入しました。それから山手通りを北上して新宿のオゾンに行ってみたのですが、それはこのプロと学生さんたちによる新しい発想のエコ関連の展示を見るためでした。2004年から開催されているもので、いろんな切り口のものがあって面白いものでした。

この展示を見て回っていたら吹き抜けの上からイタリア語が聞こえてきたので、階段を上がって様子を見に行ってみました。4階の空いているスペースにイスを並べての講演会のようなものが開かれていたのですが、著名なデザイナーの方たちによるものでした。タイミングが悪かったのですぐに終了してしまったので内容はわかりませんでしたが、家具業界の最新のヨーロッパの動向などだったのでしょう。ドンキホーテなんかに寄り道しなきゃ良かったと少し後悔をしちゃいました。



2010tokyo220

 三菱のディーラー前でこんなのを見かけました。

軽自動車のサイズで日本で初めての市販車の電気自動車であるアイ・ミーブを1時間500円という低価格でレンタルできるということのようですが、なかなか面白いですよね。三菱自動車としては電気自動車を多くの人に試してもらって、その後の販売につなげたいということなのでしょうが、その方針は悪くないと思います。

年末に発売予定の日産のリーフも本社がある横浜ではICカードを使った無人のカーシェア事業を実験的に始めるという話もありますが、電気自動車は街のちょい乗りに向いていると思います。このアイ・ミーブを1時間500円で借りることができるキャンペーンは年内だけのもののようですが、ICカードによる無人貸し出しも含めて来年も続けていただきたいものです。

例えば20時くらいの閉店後の三菱のディーラーの駐車場にアイ・ミーブが並べられていて、それをICカードで借り出して数時間のドライブの後に元の位置に戻して電気コードをつないで次の人のために充電しておくといったような感じなら便利だと思うのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/27(月) 23:59)

 ファミレスが生パスタ専門店に変わる成熟社会とは…
2010tokyo209

 9月最後の日曜はスッキリと晴れてくれました。

友人の新居の掃除に必要な道具などを購入するために自転車に乗って吉祥寺に出かけたのですが、いつもは井の頭通りや青梅街道を通ることが多いですから、今日はマイナーな早稲田通りを走ってみることにしました。日曜ですから自動車も少なかったのですが、道沿いのスーパーなどは「満車」の看板を持った係員が立っていて、店中での混雑ぶりがうかがえるものでした。

今川3丁目の交差点で工事中の郊外型店舗を見かけたのですが、元ファミレスを生パスタやピザの専門店に改装してるみたいでした。長引く不況と都市生活者の好みの細分化で全国的にファミレスが店舗の統廃合を進めていて、ファミレスが新しい切り口で再スタートするのかなと思ったのですが、調べてみたら別の会社によるイタリアンレストランの支店のようでした。

グーグルマップのストリートビューで確認してみたら、ここは以前はデニーズだったようですが、そこをジローレストランシステムという会社が居抜きで借りて「モルトモルト」という生パスタの専門店に変えているみたいでした。近くの国分寺店はバイキング形式みたいですが、ここには表示が無いので同じ名前で別のやり方を試すつもりなのかもしれません。しかしファミレスが生パスタ専門店に変わるということは日本が成熟社会に向かっているということなのでしょうが、もし円が暴落しちゃえば輸入小麦の値段が上がってパスタは庶民には手が出ない料理になってしまうでしょうから複雑です。高騰しちゃった輸入食材を指を加えて我慢しなきゃならない成熟社会なんてあまりにもサミシイですからね。(笑)



2010tokyo210

 ランチは吉祥寺の吉野家で話題のものを試しました。

ライバルに対抗して280円という戦略的な値段で投入した牛鍋丼でしたが、たしかに厚揚げが変化を醸し出していて、普通の牛丼より美味しくいただくことができました。なぜこれがこれまで店のメニューにならなかったのか不思議な感じがしたのですが、これは日本国内も含めて海外の支店でも定番メニューになるかもしれません。

アメリカでは牛丼はビーフボウルですが、牛鍋丼は何という名前になるのでしょうね。ビーフポットボウルじゃ変でしょうし、やはりアメリカ人に馴染みがあるということでスキヤキボウルでしょうか。(笑)



2010tokyo211

 食後に9月21日にオープンしたアトレに行ってみました。

給料日後の日曜ということでロンロンの頃とは比べられないほどの大賑わいだったのですが、吉祥寺は周辺に住宅数が多い上に中央線や井の頭線などの交通網が揃っているためにアトレ程度のものがオープンしても人が集まる構造になっているのでしょう。

このアトレの吉祥寺店は中央線の高架下に無理に作られた感じで、天井高が低い部分がかなり多いのです。定番のユニクロみたいなものから、珍しいはらドーナッツのカフェなどまでほどよく配置されていて悪くなかったのですが、私はJRはキライですから、喜ぶことはできません。やはりこのアトレも地域に貢献しようとか、文化的な施設とかは見当たらず、国鉄をルーツに持つ者たちが自分たちの利益を追求するためだけの存在に思えてしまいます。



2010tokyo212

 3月に閉店した伊勢丹の跡地に工事中のビルです。

駅からは少し離れているとはいえ、吉祥寺の街にとっては重要なアンカーテナントビルですから、10月15日にファッションブランドや生活雑貨など100店舗ほどが入居する「コピス吉祥寺」という複合商業施設として再スタートするということでした。「coppice」は「雑木林・小さな森」という意味らしいのですが、馴染みが無い言葉ですし、新規オープンの商業施設としては良くないと思います。

良い季節の秋口のオープンは悪くないと思いますし、それなりのテナントが揃っているようですからクリスマスや正月などのホリデーシーズンは賑わうことになりそうです。しかし今年の冬は寒いという予想もありますので、もし今年の猛暑の裏返しで激寒となれば駅に近い商業エリアだけしか人が集まらないということもあり得るでしょう。



2010tokyo213

 西荻窪の駅の近くは路上ゲーム場と化していました。

対戦型のカードゲームを販売している店の前にゴザが敷いてあって、そこに近所の男の子たちが集まってゲームをやっているみたいでしたが、ちょっと異様な感じがしました。ジャカルタでも同じような光景を見たことがありましたが、まさか2010年の東京でこんなのを見ることになるとは思っていませんでした。

この場所は公的な通路に見えるのですが、あそらくこの店の敷地内なのでしょう。店主らしいエプロン姿のおばさんが見守っているようでしたからトラブルも少ないのでしょう。しかしこれだけ流行ってる店ですから、意外と儲かってる有名店なのかもしれません。



2010tokyo214

 ダイソーで液晶保護シートを購入しました。

友人の新居の引越し準備のためにクイックルワイパー風の掃除道具や洗剤などを購入したのですが、iPhone専用の液晶保護シートがありましたので、新型iPod touchにも使えるだろうと思って試すことにしました。iPhone用のスピーカーのための穴は不要でしたが、ちょうどその場所が新型iPod touchではカメラになっていますので不都合はありませんでした。

私はカバー類は付けない主義ですが、液晶保護シートくらいは中国の路上の屋台のお姉さんにお願いして貼っておこうと考えていました。しかし中国でも液晶保護シートを貼る料金は105円以上はするでしょうから、ダイソーで見つけて良かったと思います。ちょっと貼るのを失敗して空気が入ってしまいましたが、もったいないのでこのまま使い続けて、帰国後に新しいヤツを買って貼りかえるつもりです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/26(日) 23:59)

 友人が秋刀魚を選んだのに私が鯵フライを選んだ理由は…
2010tokyo203

 友人の新居は静かでしたので安眠できました。

朝方は少し冷え込んで寒い思いをしたのですが、8月のように暑いよりマシでした。キッチンのIHヒーターでお湯を沸かしてコーヒーを淹れて昨晩にスーパーで買っておいたパンを食べていたら、友人が電話とインターネットの開設のために電車でやってきました。その直後に業者の人がやってきて工事は20分ほどで終了したのですが、友人がネットの設定に苦戦して2時間ほどかかってしまいました。遠隔サポートなどを駆使してなんとか設定が終わったのですが、これだけコンピューターが普及しているというのに相変わらず無駄なことを繰り返しているのがアホらしく思えました。NTTやソフトバンクなどが儲け続けるためには無理なのでしょうが、公的な地域単位のWANサービスみたいなものを望みたいものです。

約15時間ぶりくらいにネットに接続して、ブログの更新などを済ませて友人と荻窪駅に向かう途中にランチを食べることにしたのですが、駅の手前の路地に雰囲気が良い定食屋がありましたので試してみることにしました。友人が焼き魚の中から秋刀魚を、私は鯵フライを選んだのですが、その理由は10月に行く中国の沿海部でも秋刀魚は安く食べることができるかもと考えたからでした。鯵フライは高級な日本レストランに行けば食べることができますが、この定食屋の620円という価格より高くて味は落ちるものでしょうからね。



2010tokyo205

 荻窪駅前のタウンセブンは改装工事中でした。

このビルは名前から想像できるように昭和的な匂いがする古いタイプの商業ビルだったのですが、大型テナントの西友の部分を除いて10月7日に生まれ変わることになるようでした。隣にはJRのルミネがありますので、それに雰囲気を合わせたものになると思いますが、荻窪という土地柄ですから大部分のこれまでのテナントが残る大衆的なものになるのでしょう。

10月7日にオープンしたら西友の店舗は現在よりも古さが際立ってしまうと思いますが、不況ですから新規の投資が見送られたのでしょう。また西友は完全なアメリカのウォルマートの支配下に入るという話もあるみたいですから、近いうちにWALMARTとして改装されるのかもしれません。



2010tokyo204

 JRに乗って友人のバイクを借りに行きました。

自転車と電車の後でしたのでムチャ快適に感じたのですが、夏の終わりのこの季節のおかげかもしれません。空いている湾岸の道をブログの上では制限速度内で快適に走り続けて江東区のSUNAMOというショッピングセンターに行きました。ここはオープンして間もない2008年の12月1日にチェックしたことがあるのですが、土曜日ということもあってムチャ混雑していました。

私の目的はカーシェアの会社の会員になるためでしたが、このバイクを置いた場所から30mほど離れた場所に申し込みを受け付ける臨時のテントが張られていました。手続きはすぐに終わったのですが、誤算だったのは会員証のICカードは即日発行なのに利用できるようになるまでは1週間ほどかかるということでした。友人の引越しのためにすぐに借りる予定でしたが、当てが外れてしまいました。



2010tokyo206

 夕方に名残惜しいバイクを友人宅に返却しました。

友人のマンションは田町の駅の方が近かったのですが、わざと遠回りして品川駅まで歩くことにしたのは同じ道を歩きたくなかったからでした。モノレールが行き交う下を通って新築工事中の小学校前を「湾岸マンションが建ってるおかげで児童数も増えているのか…」と納得しながら品川駅に向かって歩いていたら、戦後の東京のイメージを残した一角がありましたのでビックリさせられました。

このあたりが単なる倉庫街だった頃は普通の光景だったのですが、こうやって周辺が高層化してくると目立ってしまうのです。この焼肉店はDIY好きの店主でもいるのか、運河の上に張り出すように小屋が増築されていましたが、私はこんな景色が嫌いじゃありません。若ければこんな店でバイトしてみたいくらいなのです。(笑)




2010tokyo207

 品川では久しぶりにエキュートに行ってみました。

最初の頃のJRのエキナカ商業施設としてマスコミでも話題となっていましたが、最近はどうかなと様子を見に行ってみたのです。エキュートの近くは年に一度くらいは通っているのですが、青春18きっぷで上京したりした時は深夜になることが多いので、すべて閉まった後だったりすることが多いのです。

他の駅により大規模な類似の商業施設ができていたりしますので、エキュートは小さく感じたのですが、相変わらず繁盛していました。これも品川停車の新幹線が増えたのと、湾岸マンションや湾岸オフィスが増えたためでしょうが、巨大ターミナルとしての立地の良さが最大のポイントでしょう。多額の国民負担の上で民営化したJRですが、私は内部留保が多そうなのが不満なのです。JRは公的な要素が大きい会社として、もっと地域に社会的な貢献をすべきだと思います。



2010tokyo208

 JRの原宿駅に到着したら暗くなっていました。

相変わらずムチャ混んでいる竹下通りをイライラしながら歩いたのですが、友人が引越しをしたらもう二度と歩くことも無いかもと想像したら人ごみの中でちょっとサミシイ気分になりましたので不思議ですね。明治通りに出てからはいくつかの行き方があるのですが、今日は気分でとんちゃん通りを選んでみました。

そのとんちゃん通りの最後の部分では秋祭りをやっていたのですが、さっき通った竹下通りの喧騒とは間逆の雰囲気でしたので心が和みました。このあたりはBEAMSやユナイテッドアローズなどの店が増えて歴史的な祭りなんて過去のものになっているのではと思っていたのですが、未だに続いていたみたいでしたので嬉しかったのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/25(土) 23:59)

 台風が来る前に一足早く自転車で新居への引越しを…
2010tokyo198

 東京は台風が近づいているので肌寒い1日でした。

お昼前に友人が不動産屋さんと予定通りに新居の契約を済ませてきましたので、私は鍵を預かって台風が来る前に一足早く自転車で新居への引越しをすることにしました。友人は猫たちと神宮前のマンションに残って荷物の整理をして、私は新居の掃除や買い物などを受け持つことにしたのです。重たい家具類は後日に引越し業者にお任せするのですが、猫や貴重品などはさすがに自転車で運ぶのは無理ですので、時期を見て自動車を借りて運ぶ予定です。

新居の方はわりと新しいマンションなので掃除は楽なのですが、友人は持ち物が多いので荷造りがたいへんそうでした。おまけに段ボール箱に荷物を入れようとしていると猫たちが中に入ったり、その途中の箱で眠ってしまったり邪魔をしちゃいますので進展しないのです。猫たちも何か手伝ってくれれば良いのですが、まったくその気配はありません。まあそれが猫という動物なのでしょうが…(笑)



2010tokyo199

 16時過ぎに荷物を積んで新居に向けて出発しました。

その途中でいつもと違う道を通ってみたら、こんな洋館風の建物を見かけました。千駄ヶ谷の裏通りには中小のアパレル企業がたくさんありますので、ミドルエイジ向けのヨーロッパ調のフェミニンな服のメーカーのビルかなと何気なくサインを見たら、なんとショッピングモールの常連の福島県いわき市が本拠地のHONEYSのビルでした。

以前にテレビ東京系の何かの番組でHONEYSのことを見た時には原宿のマンションの1室が東京事務所だったと記憶しているのですが、全国的にショップの数を増やしてるみたいですから東京本社はこんな戸建の建物に出世したようですね。ちなみに私が通りかかった時に2人の中年男性が左隣の空き地をメジャーで測量していましたが、もしかしたらHONEYSが手狭になっての増床があるのかもしれません。景気がメチャ悪い時代ですが、モールの勝ち組には関係ない話のようですね。



2010tokyo200

 今日は祭囃子に誘われて、小さな路地を走りました。

中野区や杉並区の初めて通る小さな商店街ではあちこちで秋祭りをやっていたのですが、自転車を停めてデジカメで撮影したいようなものはありませんでした。自転車には冷蔵庫も何もない新居で数日間生活するための荷物を積んでいましたので、途中の商店街で安い食材があったとしても何も買う気にはなれませんでしたし。

しばらく走っていたら見慣れない高層マンションが現れましたので、「そろそろ環7かな…」と位置が把握できました。聖堂通りの郵便局の駐車場に近所のイラストマップがありましたのでチェックしてみたら、パークシティ杉並という名前のようでした。新しいランドマークが建ったのは目印になるので便利ではあるのですが、このあたりは寺が多いエリアですから反対も多かったことでしょう。特にご近所で見下ろされることになった住宅の皆さんはお気の毒ですね。



2010tokyo201

 安そうな酒屋があったのでチェックしてみました。

新居の近くでしたので荷物が多少は増えても構いませんでしたので、缶ビールとチリ産のワインを購入したのですが、この店はチェーン店のやまや並みに品揃えが良くて割安な商品も多いみたいでした。このチリ産のワインは333円でしたが、値段のわりにはマシでした。料理を作る時に少し飲んだり、炒め物を作ったりする時の料理酒とするには充分ですからね。

この店は20時までの営業で、格安という酒屋チェーンみたいに配達はやっていないようですが、近くにあると便利だと思います。コンビニは新居の近くに2軒あるのですが、割高ですから私は利用することはないでしょう。自転車で少し走れば駅前にスーパーや商店街もあるみたいですから、旅に出るまではそこを利用することになりそうです。



2010tokyo202

 新居は当然ながら何も物がありませんでした。

友人の荷物が運び込まれるまではスッキリとしている予定で、たまにはこんなミニマムな生活も悪くありません。新居は最近のオール電化住宅ですからIHヒーターなどはビルトインされていますので、この画像を撮影した後に玄関のブレーカーを上げたら普通に生活をスタートできました。冷蔵庫と電子レンジが無いので少し工夫する必要はあるのですが、昭和初期に家電類が無かった頃の生活スタイルを想像して数日間を過ごせば良いので問題はありません。

椅子が無いので立ったまま缶ビールを飲んで一休みして、近所の商店街やスーパーをチェックしてみたのですが、最低限の生活に必要なものはすべて揃いそうな雰囲気でした。今日はお湯くらいしか沸かすことができませんので、スーパーで半額になった寿司などを買って帰りました。椅子が無いのでキッチンのカウンターに腰掛けていただいたのですが、初日ですから仕方が無いでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/24(金) 15:23)

 雨の秋分の日に最後になるかもしれないホットサンドを…
2010tokyo195

 秋分の日は残念ながら雨になってしまいました。

そのおかげで涼しくなったのは良かったのですが、自転車で出かけられないところがツラいのです。このTOKYO HEADLINEというフリーペーパーに今日は東京タワーで3333人に焼いた秋刀魚が振舞われるという話が載っていましたので、秋の味覚を楽しむために行ってみようかなと思っていたのですが、雨の中を電車で行って行列に並ぶ気にもなれませんでしたので止めておきました。

それでブランチはサラミとチーズのホットサンドにしてみたのですが、これが最後になるかもしれないのです。物持ちが良い友人宅のホットサンドを作る器具はアルミ製品で、引っ越す先のIHヒーターでは使うことができないからです。もちとん卓上型のカセットコンロを使えばホットサンドを作ることは可能ですが、そのカセットコンロさえ新居には不要じゃないかと友人の「新居に持って行かないもの」のリストに入っていたのです。私はオール電化住宅は大地震などの災害時に困ることになるので重要なライフラインとして「絶対に持って行くもの」だと主張しているのですが、友人は大量のダンボールを前にして「新居に越してから新しいのを買えばいいか…」と廃棄してしまうかもしれないのです。引っ越した後はバタバタしているでしょうから、鍋パーティーでもやる機会でもなければ新しいカセットコンロは購入されることは無いでしょう。何も起きなければ良いのですが、大地震が発生して電気が数日間止まってしまったら後悔することになるのでしょう。



2010tokyo196

 友人宅のチェストの裏側がスゴいことになっていました。

引き出しの中身を段ボール箱に移したので軽くなったチェストを動かしてみたら、裏側にはビッシリとカビが生えていたのです。友人宅のマンションは冬場のサッシの結露も深刻だったのですが、家具類は隙間を空けずに壁にピッタリと配置してあったので、空気が入れ替わらずにカビの温床となってしまったのでしょう。

これまでの経験からこんなことがあることは予想していて、築地の友人からドイツ製のスチーマーを借りていましたので、それで熱い蒸気をカビに当てて根絶やしにしてやるつもりです。カビはブラシなどで表面だけをキレイにしても細かい隙間に少しでも生き残っていると再生してくる恐れがありますのでね。スチーマーで根本的にカビを除去してしまえばカビの発生を抑えることができるはずです。まあ次の入居者の方の生活の仕方に左右されるのですけどね。



2010tokyo197

 iPod touchのアプリを増やすことにしました。

私は有料のアプリをダウンロードする気は無いのですが、無料のアプリを使うためにはクレジットカードの情報かスクラッチ式のiTunesカードを購入して番号を入力する必要があったのです。WiFi環境で使う端末にクレジットカードの番号を打つのは躊躇われましたのでiTunesカードを購入して番号を入れることにしたのですが、カードの裏面を削ってみたら16桁もありましたので気が遠くなりました。

数字とアルファベットを16桁も組み合わせると地球の全人口を越えることは確実ですし、いくらiTunesカードが世界市場を制覇してバカ売れしたとしても半分の8桁くらいで充分じゃないかと思います。おそらく数年の内にはGoogleなどの大企業が安全なネットマネーみたいなものを普及させて「iTunesカード?あの頃はそんなのあったよね?」と懐かしがられるようになるでしょうから16桁は無駄だと思います。アップルが気を利かせて2次元コードも印刷しておいてくれれば16桁だろうが構わなかったのですが、無料のアプリのダウンロードのために利用者にクレジットカードを使うかiTunesカードを買うかの選択肢しか許さないアップルの姿勢と共にかなりムカつきました。



2010tokyo159

 これは別に猫が巨大なわけではありません。

猫の手も借りたいくらい引越しでバタバタしているのに、な?んにも手伝わずにすやすやと安眠している猫とiPod touchを撮影してみたのですが、こうやってみるとiPod touchの小ささが際立ちますよね。これだけ画面が小さいのでホームページの定番のグーグルのウェブサイトなら問題が無いのですが、細かい文字がたくさん並ぶことになるニュースサイトなどはかなりキビシイのです。

iPod touchを購入した日には次の旅行にノートPCを持っていかないということも考えてみたのですが、画面の小ささから断念しました。文字の入力は予測変換機能を鍛えれば克服できると思うのですが、画面の小ささは許容範囲では無かったのです。アップルにはiPod touchをもう3mmほど厚くしても構いませんから、ニコンのCOOLPIX S1000pjのように壁面にPCのフル画面並みの情報を映し出すプロジェクター機能を組み込んでいただきたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/09/23(木) 23:59)

 2年前から近所にあったのに知らなかった美術館とは…
2010tokyo189

 東京は今日も30度を越えて暑い1日でした。

毎月22日は世界的(?)に味千感謝デーですから、なぜか東京には1店舗しかない西池袋の支店に自転車で行くことにしたのですが、その途中の四谷におもちゃの美術館があることを最近になって知ったのでチェックしてみることにしました。廃校になった四谷第四小学校の建物をリノべーションしたものでしたが、私は近所なのにこの美術館のことはまったく知りませんでした。

入館料は子供が500円で、大人は700円と高過ぎましたので美術館の中には入らなかったのですが、2階に上がってAptyというショップをチェックしてみました。木製の玩具が多くてなかなか良かったのですが、ここもやはり値段が高価過ぎるものが多いように感じました。この美術館には先が見えない不況であることを考慮して、入場料やギフトショップの値段を見直していただきたいものです。



2010tokyo190

 池袋に到着して、まずは駅前のドンキをチェックしてみました。

前回はまだ工事中だった新しい店舗でしたが、ついにドンキホーテも駅前の一等地に進出していたのです。しかし立地は良くなったものの、敷地は狭くて密集度はかなりのものでした。1階をザッとチェックして地下の食料品売り場に降りて、地下道を通って西武百貨店に行こうかと思ったのですが、地下道とは連絡していませんでした。

郊外の地価が安い立地からスタートしたドンキホーテが巨大ターミナルの前に出店する時代になったのかと感心させられたのですが、この裏手に位置するキンカ堂の跡地にも影響を与えるかもしれません。ただしドンキホーテの裏口は火災などの非常時だけしか使えないみたいでした。真裏に工事中のビルと合意に達すれば通り抜けることができるようになるかもですですが、ドンキホーテ側がメリットを見出さなければ閉じられたままになって裏手のエリアへの回遊性は無くなってしまうでしょう。もったいない話ですよね。



2010tokyo191

 改装していた西武百貨店に久しぶりに行ってみました。

「完成のはじまり。」という変なコピーがありましたが、リノベーションの手法もちょっと首を傾げちゃうものでした。大衆的な池袋の消費者傾向を分析した結果なのかもしれませんが、銀座の三越などと比べて古い感じがしたのです。特に8階のレストラン街は池袋地区初出店のものが多かったのに新鮮な感じはありませんでした。しかし地下1階の食品売り場はかなり充実していて、活気に満ちていました。

地下1階レベルは昭和的なイメージの地下鉄の通路に直結していて、現代的な食品フロアとは雰囲気がまったく違っていました。人々がせわしく歩き回る先の壁一面に「ルイ・ヴィトン」のロゴが見えましたので、「ずいぶん変な場所に宣伝してるな…」と思ったのですが、良く見たらそれは広告では無くてショップの看板でした。

なんと地下通路に面した辺鄙な場所にルイ・ヴィトンのショップがあったのですが、いつものエレガントな内装では無かったので驚かされました。入り口にはLVのモノグラムが入った小型のフォークリフトが置いてあったのですが、こんな店は世界でも珍しいでしょう。私はこの店についてはまったく知らなかったので、楽しいサプライズでした。



2010tokyo192

 夕食には早かったので、家電のアウトレットに行きました。

特に欲しいものがあったわけではなく、どんなものが安くなってるかをチェックしていたのですが、2階のデジカメや携帯電話のコーナーで新型iPod touchに対応したケースを初めて見かけました。それらはアウトレット価格ではありませんでしたし、「Born To Be Wild」がテーマソングの私は新型iPod touchも裸で持ち歩くことにしていますので、買うことはありませんでした。

ただ安いアプリをダウンロードするのにクレジットカードの番号を入れるのも躊躇われますので、レジの横に並んでいた1500円のiTunesカードを購入しておくことにしました。今回の新型iPod touchはカメラ付きですので、カードをスクラッチして出てきた2次元コードを撮影すれば良いのかと思ったのですが、2010年だというのに番号を入力しなきゃならないと聞いてガッカリでした。iTunesカードはレジを通さないと有効にならない仕組みでしょうから、店頭で番号を盗まれる心配は無いので工夫していただきたいものですね。



2010tokyo193

 池袋の東口から苦労して西口に移動しました。

駅の北側は歩行者用の長いブリッジがあるのですが、最初は自転車を押して行くことができるスロープがあるのですが、途中で階段になるので自転車を担いで上がる必要があったのです。工事の設計図を描く時に「自転車はどのように通そうか」と考えるはずなのですが、その担当者たちは自分が自転車に乗らないからと無視することにしたのでしょう。そんなアホな奴らが道路行政のプロとして私たちが払った税金から給料を貰っていることを考えると腹が立ちます。

苦労して池袋の西口に行ってみたら、こんな小型のイルミネーション。トラックが中国食材店を宣伝しているのを見かけました。この「友嘉中国物産店」は新宿の歌舞伎町的な雰囲気の平和通りにあって、関東に住む中国人たちのオアシス的な存在なのでしょう。もうすぐ上海に渡る私には用が無い店ですが、品揃えはかなり良いみたいですから、中国食材がお好きな方はどうぞ。



2010tokyo194

 東京で1軒しかない味千ラーメンに行ってみました。

毎月22日は味千感謝デーで、ラーメンが1杯300円になりますから混んでることを覚悟して行ったのですが、空席がけっこうありましたので拍子抜けでした。九州や中国では知名度が高い味千ラーメンですが、ラーメン激戦地の東京ではまだまだの存在のようですね。

今日は300円のラーメンだけを食べるつもりでしたが、500円の馬丼とのセットがありましたので試してみることにしました。ラーメンは普通に美味しかったのですが、馬丼の方はちょっと頼んだことを後悔させる味でした。馬肉に対してマイナスイメージを与えかねないものでしたので、上手く調理できないのならメニューから外すべきでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/22(水) 23:59)

 ソニーは復活の途上なのか、あるいはJALのように…
2010tokyo183

 本日の東京は9月後半とは思えない暑さでした。

朝から友人宅の引越しの手伝いを済ませてシャワーを浴びて、六本木でやっていた試写会に自転車で出かけたのですが、その途中の246でソニー・コンピュータエンタテインメントのオフィスがあったビルがこんな状態になっているのを見かけました。先週は荷物の搬出をやってましたので、幕張のゲームショーに合わせてプレイステーションの新製品でも発表するための模様替えでもするのかなと考えていたのですが、まさかの本社移転でした。

南青山よりもいろんなソニー系列の会社が集まる品川地区の方が効率的な企業運営ができるという判断なのかもしれませんが、最近のソニーの低迷ぶりを見ていると今回の移転がプラスに作用するかは疑問です。先週のWBSには高報酬で有名なソニーのストリンガー会長が出演されていましたが、眠たくなるような話ばかりで失望させられました。ソニーには何か画期的な新製品の隠し玉があって復活するのかもしれませんが、人間的な魅力が無い企業のトップの下ではJALのような結果が待っているのかもしれません。

このビルがどうなるかの情報は見当たりませんでしたが、最近は次々と自動車のショールームができていますので、ここにも新車がずらりと並ぶようになるのかもしれません。青山にはテスラが進出することは以前にアップしましたが、日産がリーフを中心とした電気自動車のショールームをぶつけてきたりしたら面白いのですが。(笑)



2010tokyo188

 本日の試写はあまり気乗りはしていませんでした。

ネットで検索してみたら、「目覚めたら脱出不可能な箱の中、手元にあるのはジッポのライターと携帯電話だけ…」という理不尽な極限状態をネチネチと描いた作品みたいでしたからね。また原題は「BURIED」、つまりBURYの過去形で「埋葬された」という意味らしいのですが、「リミット」という変なタイトルに変えられていましたしね。

さらに戦場つながりというだけで予告編には戦場カメラマンの渡辺陽一さんを起用したことはあざとい感じがしましたので暑い中を見に行くのは止めておこうかなと考えたのですが、ミッドタウンに行く用事がありましたので期待せずに観ることにしたのです。試写会でしたから予告編も無く、ほぼ時間通りに暗くなったのですが、印象的なタイトルの後、ずっと暗?いままの映画でした。

ネタばれになってはマズいので何も書けないのですが、なかなか面白い設定の意欲作でした。私は7月に北米行きの飛行機で期待して観た「ハートロッカー」よりも面白かったのですが、それはこの作品は期待していなかったからかもしれません。しかしDVD化はなんとか大丈夫でしょうが、テレビの地上波では放送しにくいでしょうね。(笑)



2010tokyo184

 試写を観た後でドンキホーテなどに行きました。

引越しで荷造りの真最中の友人からガムテープが切れそうなので買ってきてほしいと頼まれたからでしたが、ドンキホーテでは50mのクラフトテープが198円と高かったので驚かされました。食料品や酒類も他のドンキホーテに比べると微妙に高かったのですが、屋上の絶叫マシンの失敗を取り戻すためなのかもしれません。ガムテープは近所の100円ショップで購入したのですが、六本木のドンキホーテが客が少ない理由が少しわかったような気がしました。まあ夜はブランド好きなお姉さん方で賑わうのでしょうが。

この画像はロアビル側から三丁目方面を見たところですが、墓地の先に新しい高層マンションが建設中でした。墓地なら日照権を訴えることも無いのかもしれませんが、将来のためには墓地を郊外に移転させて地下に大規模災害避難所と駐車場を備えた都市公園を整備するべきでしょう。ちなみに右手の青い建物は2009年の8月14日にオープンしたというスモーキング・ラウンジです。検索してみたらブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの施設のようでしたが、税金対策と企業のイメージアップのためかもしれませんね。



2010tokyo185

 久しぶりに麻布台の外交史料館に行ってみました。

ウェキペディアによりますと、「外務省の一施設として1971年4月15日に開館した公文書館…」ということでしたが、都心の一等地の広い敷地で様々な外交記録の管理や保存をしていて、たまに面白い企画の展示もやっているのです。今回は7月5日から10月29日まで「外交史料に見る日本万国博覧会への道」という特別展示が開催されていたのですが、なかなか楽しむことができました。

もちろん上海で万博が開催されていることから発案された企画なのでしょうが、黎明期のロンドンやパリ万博の資料と大阪や上海万博のものと比較することができましたので悪くなかったのです。ちなみに1940年には東京で幻の万博計画があったらしいのですが、その場所が晴海の埋立地で勝鬨橋は万博誘致のために架けられたという事実は私には小さな驚きでした。



2010tokyo186

 夕方に六本木のミッドタウンに立ち寄ってみました。

今日は和紙で作られたキャンドルのイベントを見ようとやってきたのですが、まだ点灯されるまでには時間がありましたので館内の新しい店をチェックして回りました。ユニクロの大型店は地下のフードコートの跡に10月8日オープンということでしたが、連休中は話題作りのために割安な商品が並ぶことになりそうです。

ミッドタウンに行くと必ず立ち寄るのがガレリア地下1階の和菓子のとらやのギャラリーなのですが、不況の影響なのか今回の展示は地味でした。デザイナーによる創作羊羹が数個だけ展示してあるだけでしたのでガッカリでしたが、私のように楽しみにしてる人も少なくないでしょうから頑張っていただきたいものです。



2010tokyo187

 17時半くらいにミッドタウン・ガーデンに行ってみました。

まだ陽が暮れていませんでしたので、お揃いのグリーンのポロシャツを着た多摩大学のボランティアの皆さんが手漉きの和紙で作られた灯りのキャンドルに火を点けて回っているところでしたが、予想していたものより規模が小さくてガッカリさせられました。趣旨は秋の月を愛でるということで地上の灯りはわざと少なめにしてあったのかもしれませんが、ミッドタウン周辺の大都市特有の人工的な明かりの強さとはバランスが取れていませんでしたからね。

多摩大学の「日本大好きプロジェクト」というちょっと気持ちが悪い名前の団体の皆さんは手漉きの和紙を作ることで自己満足されてしまったのかもしれませんが、全体のバランスを考えて力の配分をすべきだったと思います。もちろん日が暮れてからイベントのことを何も知らずに訪れていたら良い印象は持ったとは思いますし、この企画を全否定するつもりはありません。いろんなイベントを見てきた私は他と比べてしまいがちで、たいていのものは評価が低いのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/21(火) 23:59)

 いつの間にかムックが4冊も発売されるまでになったイケアは…
2010tokyo177

 敬老の日の東京は28度を越えて暑い1日でした。

今日は千葉のユニクロで見かけた商品をチェックするために自転車で新宿に出かけたのですが、友人から新宿の書店でイケアの500円のクーポンが付いてる350円のカタログがあったら買ってきてほしいと頼まれました。友人は銀座の書店などで探したけど見つからなかったそうなのです。イケアのカタログにはホットドッグやソフトクリームの無料券も2枚づつ付いていますので、OLや主婦に人気で売り切れていたのかもしれません。

イケアのカタログはなかなか見つけることができなかったのですが、新宿の紀伊国屋本店でこのように下段の2冊の間に差し込んであったのをようやく見つけることができました。売り場には4冊もイケアに関するムックが並んでいたのですが、日本には関東の3店舗と関西の2店舗しかないのにスゴいなと感心しました。来年には福岡にも進出するみたいですし、インターネットで買い物する人たちも増えての人気だと思うのですが、ほとんどが輸入物ですから円が暴落するようなことになれば大変でしょうね。どれくらい深刻かによってイケアの対応は変わると思いますが、2000年のアルゼンチンみたいに4分の1ということになれば日本からの撤退なんてこともありそうです。



2010tokyo178

 新宿ではユニクロをハシゴしなければなりませんでした。

最初に行った南新宿店は小型店で私が目をつけておいた商品を置いていなかったので、伊勢丹の近くの大型店まで走らなきゃならなかったのです。ポケット部分にフラップが付いているアーミーパンツ風のものが連休中だけ値下げされていましたので、次の旅行用にでも良いかなと考えていたのですが、試着してみたらイメージしてたものと違いましたので止めておきました。それは3色展開の商品でしたが、カーキ色が売り切れ状態でしたので、近いうちに再値下げされてワゴンに並びそうでもありましたからね。

ちなみにユニクロはこれから行く上海にもたくさんの店がありますし、そこで割安になったものと出会うことができるかもです。またロンドン行きの飛行機に乗る予定のクアラルンプールにも支店がオープンしたという話ですから、無理に日本で買う必要は無いのです。もちろんロンドンやパリなどにもユニクロはありますが、消費税が高いのでヨーロッパではとても買う気にはなれません。



2010tokyo179

 南新宿の紀伊国屋でこんなポスターを見かけました。

「Fabulous Hot」という新しい写真集を出す叶姉妹の握手会が9月25日にあるというお知らせでしたが、3780円もする写真集には興味はありませんが生叶姉妹はちょっと見てみたい気がします。叶姉妹とは生活パターンも出かける場所もまったく違うでしょうから、普通に生活していて遭遇することなんて無いはずですからね。

叶姉妹ってテレビで見ていると印象が変わらないのですが、生で見ると粗が見えそうですね。お二人とももうけっこうな年齢でしょうから当然でしょうが、芸能界から突然に消え去ることだって充分にあり得ますので今のうちに見ておきたいと思うのです。25日は友人と夕食の約束があるのですが、遅れて参加させてもらおうかな…(笑)



2010tokyo180

 新宿の歩行者天国でフリスクを配っていました。

先日は六本木ヒルズでのイベントでカップヌードルをいただいたのですが、フリスクも邪魔にならないのでラッキーだと思ったのですが、この試供品はわずか2粒しか入っていなかったのでガッカリでした。日清さんはカップヌードル専用のマグカップと詰め替え用の製品までお土産にくれたのですが、フリスクの輸入元のクラシエフーズさんはちょっとセコいのではないでしょうか。

「2粒でも無料で貰えるなら良いのでは…」という声が聞こえてきそうですが、この大きさのパッケージならせめて7粒くらい入れておいていただきたかったものです。特に7粒に根拠があるわけじゃないのですが、2粒じゃあまりにもセコくてプロモーションが逆効果になりかねませんからね。ドラゴンボールだって7個だし…(笑)



2010tokyo182

 それから職安通りのドンキホーテに行ってみました。

この大久保のドンキホーテは周辺に韓国系住民が多いことから開店当時から韓国の輸入食材が豊富に取り揃えてあったのですが、数年前に職安通りを挟んだ斜め前に韓国広場という半島系の中型スーパーがオープンしてからさらに安さをアピールし出してるようです。ドンキホーテの売り場には「地域一番価格!」とかのPOPが目立ち、赤いパッケージの辛いインスタントラーメン類は軒並み韓国広場より10円安い戦略的な値段が付けられているようでした。

この辛ラーメンなんて50円で販売されていたのですが、賞味期限が10月末までと短いための特別価格のようでした。ちなみにこのパッケージは日本語バージョンでしたが、いつの間にかそんな時代になっていたようですね。販売は農心ジャパンという虎ノ門にある会社が行っているようですが、日本語の公式ウェブサイトで1967年にインスタントラーメンの生産を開始したということを知りました。



2010tokyo181

 帰りに通った歌舞伎町で神輿を見かけました。

規模は小さかったものの、キャバクラやホストクラブなどの風俗店が建ち並ぶ夜の街で未だに秋祭りが開催されていることが確認できて面白かったのですが、やはりちょっと違和感がありました。神輿を担いでる男衆の皆さんは古くから歌舞伎町で商売をしている店主たちなのでしょうが、ホストの皆さんも混じっているのかもしれません。

この集団の中にはキャバクラのお姉さんたちは混じっていないようでしたが、ニューマリリンなどに勤めるオナベの皆さんや新宿2丁目からゲイの方も参加されていたのかもです。見た目は普通なのですが、歌舞伎町ですから様々な性癖や職場の方たちが集っているのかもしれないのです。酒の勢いもあって、祭りの後は意外なカップルが生まれることもあるのかもしれません。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/09/20(月) 23:59)

 国を憂う人々が都心の交通渋滞の原因のひとつであるという現実
2010tokyo171

 本日は築地の友人宅でランチをいただきました。

午前中に青山や麻布のギャラリーの展示を見て、それから六本木ヒルズに向かっていたら国を憂う人々の黒い車が原因で交通渋滞が発生していました。北京の日本大使館前でもデモが行われているようですが、東京でも国を憂う人々は中国大使館前で不満をぶちまけたかったようでした。外務大臣が右寄りの松下政経塾出身の政治家に代わったとしてもバブルに沸く中国との関係を悪化させる道は選ばないようで、警官の皆さんは中国大使館の手前で道路を封鎖して国を憂う人々の黒い車を脇道にそれるように誘導していました。

私は公道において理不尽な理由で自分の行動を阻止されることは不愉快極まりないので、馴れ合いのやり取りはさっさと止めていただきたかったのですが、3分ほど「通せ!通さない!」の不毛なやり取りが続いていました。当然ながら押し問答の末に国を憂う人々の黒い車が折れて脇道に曲がり、バリケードは撤去されて直進できるようになったのですが、こんな茶番劇に国の税金が無駄遣いされていることを考えるとますます税金を払いたくなくなります。



2010tokyo172

 六本木ヒルズの日清食品のイベントは混雑していました。

ランチの約束に遅れてはマズいので、30分待ちというカップヌードルのイベントの行列に並ぶことはできませんでした。それで中途半端に時間が余ったのですが、テレビ朝日のアトリウムでロンドンハーツの企画でやってた青木さやかの写真展が開催されているのを思い出したので寄り道してみました。

オンエアでは未公開の写真もあってそれなりに笑えたのですが、携帯サイトでも配信されていますのでテレビ朝日まで来る必要は無いみたいでした。小道具の貝殻水着を展示するとか、3Dの画像とか、ここでしか体験できないような工夫が欲しいものでしたが、テレビ局も不景気で予算が無いみたいですね。青木さやかと赤ちゃんだけの写真ですし、まったくオススメはできないのですが、入場無料ですからヒマを持て余している方は9月28日までにどうぞ。(笑)



2010tokyo176

 東京タワーの近くで不思議なものを見かけました。

背が高い神輿に白い玉のようなものが数珠繋ぎになっているものが8本ほど付けられているものを担いで広場をぐるぐると回っていたのですが、参加者は普段着でしたから祭りの練習だったみたいです。このデザインのものは見たことが無かったのですが、芝大門あたりでやってるローカルな祭りの練習だったのかもしれません。

この雰囲気は日本的というより台湾や中国の香りがしたのですが、芝大門あたりは関係が深そうですから頷けますよね。もしかしたら台湾の地方都市で似たものがあったりするのかもですが、この正体をご存知の方がいらっしゃればコメント欄で教えてくださいませ?。



2010tokyo173

 築地の友人宅で美味しいランチをいただきました。

新型iPod touchを買ったばかりでしたので、オススメのお役立ちアプリや東京の街の変化、関東近県のモールの話などで盛り上がったのですが、暗くなる前にバイクを返そうと考えていましたので、友人宅の大掃除用にスチーマーなどをお借りして帰ることにしました。

神宮前に戻る前にTBSの赤坂サカスで連休中にサカスマルシェという秋のイベントが開催されているのを思い出して寄ってみたのですが、青山の国連大学前で週末に開催されているマルシェに比べると野菜類の出品は少なくてガッカリでした。サカス広場にはいろんな種類の料理を出すワンボックスを改造した屋台カーが停まっていて、あまり海外旅行に行かない人なら楽しめたのでしょうが、私は近いうちに旅行に出かけますので興味がわきませんでした。



2010tokyo174

 赤坂から表参道を抜けて代々木公園に行ってみました。

先週は同じ会場でスリランカフェアをやっていたのですが、今日はベトナムということでしたので様子を見に行ってみたのです。スリランカの時も多くの屋台やブースが立ち並んでいて人も多かったのですが、ベトナムはスリランカよりはるかに大きな国で知名度もありますので、先週と比べても驚くほどの賑わいがありました。

会場内を歩いていたらベトナム風のサンドイッチを食べている人を見かけましたので、私も久しぶりに試してみようかなと考えたのですが、1本500円という高さと長い行列を前にして諦めざるを得ませんでした。近いうちにはベトナムには行く予定が無いので値段が300円ですぐに購入できるようだったら試してみたのですが…



2010tokyo175

 湾岸の友人のマンションにバイクを返却しました。

それで久しぶりに自転車生活に戻ったのですが、ペダルが重たく感じてしまいました。まあ自転車は軽いので取り回しは楽ですし、一方通行も逆走できますので便利ではありますが坂道はツラいのです。それで立体交差を避けるためにヤナセの方に遠回りして六本木を抜けて帰ることにしたのですが、六本木ヒルズで開催されているカップヌードルのイベントに参加して一休みしてゆくことにしたのです。

カップヌードルは1971年の誕生から39周年ということで「CUPNOODLE 39! EXPO」が開催されていたのですが、会場の入り口で7種類のカップヌードルと21種類のトッピングを選ぶとその組み合わせのものを試食できるというものでした。私は試したことが無かったミルクシーフード味のカップヌードルにチーズを乗せるという組み合わせにしてみたのですが、悪くは無かったのですがトマト味のカップヌードルにすべきだったかなと少し後悔してしまいました。

会場内のステージでは正解すれば9個入りのカップヌードルの詰め合わせがもらえる○×形式のクイズをやっていたのですが、歴史あるカップヌードルだけにトリビア的な難しい問題ばかりでした。しかしそこはファミリー向けの日清ですから、回答者が正解を答えた場合はすぐに「正解です!」と拍手して、間違った答えの場合は「さて本当にそれでよろしいでしょうか…」と全員が正解になるように配慮されていました。食べ終えたカップと割り箸をゴミステーションに持っていけばカップヌードル専用のマグカップと詰め替え用の製品までお土産にくれましたし、こちらがサンキューとお礼を言わなければならないイベントでした。明日はグレイなど日清CMに縁がある人たちが生出演するコンサートもあるみたいですが、さすが日清ですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/19(日) 23:59)

 1都2県の商業施設のハシゴで見えてきたものは…
2010tokyo165

 先日は神奈川、今日は千葉方面を走ることにしました。

まずは家電量販店で新型iPod touchの予約をキャンセルして返金してもらい、日本橋方面をザッと見て回ってから湾岸エリアのギャザリア深川というイトーヨーカドーが核店舗として入ってる再開発エリアをチェックしました。その近くの辰巳にドイツ系の会員制のホールセールストアであるMETROが10月28日にオープンするという話でしたので見に行ってみたら、もうほとんど完成していて今月末にでもオープンできそうな感じでした。

そのメトロ辰巳店は「生鮮食品、米、酒、洗剤から調理器具まで食のプロが必要とする商品を約12500アイテム常備…」ということでしたが、都心から近いので繁盛することになりそうです。湾岸エリアは住民が増えていて、それにつれて飲食店も急増していますし、江東区だけでなく中央区の小さな飲食店なども噂が広まるとメトロの良い顧客となるでしょうからね。



2010tokyo166

 約10年ぶりにイクスピアリに行ってきました。

2000年に浦安市の舞浜駅から直結するような感じで開発されたショッピングモールなのですが、その開業当時とはまったく違う顔ぶれに変わっていたのには驚かされました。10周年ということで整備もされているみたいで、あまり古さを感じさせない独特の雰囲気を持ったモールになっていました。

私がイクスピアリに行ったのは友人から年内有効の1000円分のギフトカードをもらったからでしたが、何に使うべきか悩んでしまいました。イクスピアリはテナント数は多いのですが、私と波長が合う店はほとんどありませんでしたからね。それで丸善で図書カードを買おうと思ったのですが、過去にそういったことを考えた人は多かったようでダメでした。それで500円分のクーポンが付いてるイケアの350円のカタログを3冊購入する方法を思いついたのですが、それも誰かが先に考えついて売れ切れたのか並んでいませんでした。まあ小型店でしたから仕入れてなかったのかもしれませんが。

それで何に使うか悩んでいたのですが、成城石井に行ってみたらレトルトタイプのタイカレーが2つで550円で安売りされていましたので、違う味を4つ購入することにしました。レトルト食品なら来年でも食べることができますしね。最初からちょっと荷物になってしまいましたが、今日はバイクですから許容範囲でした。



2010tokyo168

 舞浜から久しぶりに幕張に行ってみました。

私の目的は幕張メッセで開催されていたゲームショーでは無く、9月18日にグランドオープンしたというイオンマルシェの新店舗でした。ここは以前はカルフールの幕張店だったのですが、日本でのマーケティングに失敗してイオンの傘下で細々と営業を続けていたみたいでした。日本ではカルフールの知名度は低く、今後も好転はしそうにないという判断なのか、全国のカルフールをイオンとして全面改装することになったみたいでしたが、これがまあまあ面白かったのです。

既存店舗の改装だから限界もあるだろうし、不景気だからたいしたことは無いだろうと予想していたのですが、それは良い意味で裏切られました。さほどお金をかけて改装してあるわけじゃありませんでしたが、飲むお酢バーなど現代のトレンドを程よく取り入れたバランスの良さで地域の人気店となりそうでした。全国のカルフールも順に幕張店のように改装されてゆくのでしょうが、よほど誰かがヘマをしない限りはV字回復しそうです。



2010tokyo167

 そのイオンの前で日清のラ王の試食をやっていました。

先日のネットのニュースで9月18日は日清のカップヌードルの生誕39年で六本木ヒルズでイベントがあるということを読んでいましたので、それ関係のイベントかと思ったのですが、ここではラ王の新製品の試食でした。8角形のラ王の容器に次々にお湯が入れられ、それを5等分にしたものが行列に並んだ全員に配られていました。

私は最初に醤油味を試して、予想してたよりはるかに美味しかったのでイオン内部をチェックした後に再び行列に並んで味噌味も試してみたのですが、背油が効いていて私は醤油味より好きでした。どちらも麺は同じノンフライだと思うのですが、そこいらの学食のラーメンより確実に美味しいと思います。スーパーでのラ王の値段は250円前後だと思うのですが、美味しいという評判が広まって給料日の翌日にはかなり売れるのではないでしょうか。



2010tokyo169

 幕張から渋滞してる14号を走って新三郷に行きました。

イケアの無料クーポンがあったので、まず最初は1階のカフェテリアでホットドッグとソフトクリームを食べて休憩しました。イケア新三郷店はWiFiも完備していましたし、渋滞疲れの身にはありがたいものでした。食後に日本のイケアの売り場を久しぶりに見て回ったのですが、微妙に海外店舗と違っていて面白かったのです。

それからイケアとコストコとの間に建設されたららぽーと新三郷に行ってみたのですが、駅に近い部分がオープンエアになっているという構造が不思議でした。ニトリをモールの中央に配置したり、スーパーはイトーヨーカドー系列だったりと他のららぽーととずいぶん違うなと感じたのですが、いちばん変だと思ったのはモールの中央にフードコートを配してることでした。このららぽーと新三郷は約1年前に更地に新しく建設されたものですが、全国で様々なモールを開発してきた三井不動産にしては小さなミスを犯し過ぎてると思います。



2010tokyo170

 新三郷からは4号線で都内に戻りました。

上野からは秋葉原に抜けてドンキホーテに寄ったのですが、それは安売りされていたラヴァッツァのコーヒーを購入するためでした。まだ友人からいただいたコナコーヒーやベトナムコーヒーは残っているのですが、普通のスーパーでは600円ほどで売ってる商品でしたから友人のために3つほど買いだめしておいたのです。バイクでしたから秋葉原を出て15分後には神宮前の友人宅に辿り着いて、買ったばかりのラヴァッツァのコーヒーを淹れていただいたのですが、渋滞してる道をロングドライブした後でしたから格別でした。

先日は神奈川方面を、そして今日は千葉や埼玉方面の大型商業施設をハシゴしてみたのですが、不況時代に勝ち残る顔ぶれがはっきり見えてきたような気がします。またこれまで郊外型のモールには興味を示していなかったと思われる企業も時代の変化に対応するためにモール向けの新ディビジョンを立ち上げたりする傾向も見られました。日本では西友と協力体制にあるウォルマートがEDLPを武器に本格参入するという噂も再び聞かれるようになりましたが、そうなれば日本勢との熾烈な競争になって面白くなりそうです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/09/18(土) 22:02)

 快晴の日に数年ぶりにバイクに乗って出かけた先は…
2010tokyo160

 本日の東京は快晴で、最高のお出かけ日和でした。

今朝はまず湾岸のマンションに春に購入してから忙しくてほとんど乗っていないという友人のバイクを借りに行き、多摩の友人宅に向かって快調に走り出しました。白金のプラチナ通りから山手通り、そして国道246を抜けて二子玉川で少し休憩したのですが、駅前に開発中の二子玉川ライズという商業ビルがかなり完成に近づいていました。左手には東急ストアの仮店舗がありましたが、以前は東急ハンズがあったあたりですから変わったものですよね。

ゴルフ練習場の跡地に建設されていた3本のタワーマンションもほぼ完成していましたし、二子玉川に各局のワイドショーのレポーターが終結する日も近そうです。ちなみにここの駐車場のおじさんによりますとすべてが完成するまでには2年ほどかかるらしいということでしたが、すでに営業を始めているゾーンもありました。私の予想では駅前の商業施設は来春くらいのオープンじゃないかと思います。



2010tokyo161

 多摩の友人の自動車でコストコに行ってみました。

コストコはアメリカでも建物は何件も見かけたことがある会員制のホールセールストアですが、会員になるには4000円くらいかかりますし、都心には店が無いので会員にはならなかった私のために立ち寄ってくれたのです。お昼時でしたから店内に入って、まずは飲食コーナーで食事を済ませることにしました。この店の目玉はホットドッグにソフトドリンクの飲み物が付いて税込み200円というものでしたが、お金を払うとこのように紙コップにホットドッグを入れたものを手渡されました。カウンター横でホットドッグに自分の好きなだけ刻んだ玉ねぎやピクルスを入れ、コーラなどもお代わり自由でした。

コストコは高い倉庫のような店内の工業用のラックに商品がぎっしりと並べてあって迫力があったのですが、予想していたよりは広くはありませんでした。店内の商品の値段は総じて安めなのですが、スーパーの特売ではもう少し安いのもあったかなという微妙なものでした。ベーカリーコーナーのパンやドーナッツ類もアメリカのウォルマートの値段に比べると倍くらいしている感じでしたが、日本では割安なようで多くのお客さんが次々にカートに放り込んでいました。



2010tokyo162

 本日の目的は本日オープンのアリオの橋本店でした。

JRと京王相模原線の駅から徒歩5分の立地に高層のタワーマンションと一体的に開発された大型ショッピングモールでしたが、地元民向けには2日前からお披露目があったみたいでしたが本日がグランドオープンということで周辺の道路は渋滞気味でした。立体駐車場には空いてるスペースを緑の光でお知らせする装置があったのが新しく、今後のモールのスタンダードになりそうな感じでした。

私は9月2日に北砂のアリオに行ったばかりでしたので期待していなかったのですが、この橋本店は規模も大きくて新しい試みもいくつかありましたので楽しむことができました。北砂に続いてLOFTの小型店が核店舗として入居していましたが、これも今後のアリオに引き継がれていくのでしょう。この橋本店のスーパーには割安な目玉商品があまり無かったので何も買わなかったのですが、大阪にありそうなキャベツ焼きが100円で販売されていましたので試してみました。コストコでも何も買わなかったので、本日の出費は300円だけということでしたが、商業施設側からしてみると悪い客ですよね。(笑)



2010tokyo163

 橋本から16号線を走って相模大野を見に行きました。

16号線のあたりを走るのは4年ぶりくらいでしたが、路面店や高層マンションが増えているのを確認できて良かったですよ。しかし都心の湾岸エリアにも高層マンションが次々と建設されていますし、コストコではありませんがドイツの会員制のホールセールストアであるMETROが東雲のイオンの近くに年内にオープンするという話ですから、日本が本格的な人口減少社会になれば相模原エリアも多摩センターみたいになってしまうかもと想像してしまいました。

18時前に多摩の友人宅に戻って、帰りは甲州街道を通ることにしました。環8を越えてから井の頭通りに抜けて環7の交差点まで来てみたら景色がちょっと変わっていました。井の頭通りは以前から道路の拡幅工事が進められていたのですが、大山交差点から環7までの間がついに2車線化されることになりそうでした。この画像の中央部分の工事が終わるのはもうすぐだと思うのですが、これでずいぶんと渋滞解消につながることになるのでしょう。

しかしこうやって都心のボトルネックが解消されることは基本的に賛成なのですが、これから人口減社会になって自動車が減ることを想像すると複雑です。道路や橋などはメンテナンスにお金がかかりますが、日本経済がアルゼンチン化した時には原油の輸入が激減するはずですから、電気自動車が普及していないと都心の道路はスカスカになってしまいかねないのです。そうなると道路が拡幅されて走りやすくなったと喜んでる人が、「こんな無駄な道路を作りやがって…」と怒り出すことになりかねないのです。(笑)



2010tokyo164

 最後にセルフスタンドでバイクに給油しました。

最近のバイクにはガソリンが減ってくると警告ランプが点くようになっていたのですが、私はデジタル式のメーターの時計と共に「便利だけど無駄な装備だな…」と思いました。日本は世界に冠たるオートバイ帝国ですが、国内販売額だけを見れば最盛期の10分の1にまで落ち込んでいる悲惨な状況らしいのです。

日本人の生活スタイルが変化したということもあるのでしょうが、日本のバイクメーカーが高コスト体質だということも大きいのでしょう。JALと同じ道を歩まないためには日本のバイクメーカーの経営陣がドラスチックに頭を切り替える必要があると思うのですが、これまでの無策ぶりを見ているとあまり期待できないようです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/17(金) 23:59)

 突然の雨と最高気温が21.9度という気温低下と新型iPod touchと…
2010tokyo156

 今朝は久しぶりにハッキリとした雨音で目覚めました。

本日は友人からバイクを借りる予定でしたが、空を見上げて延期することにしました。今日の都内の最高気温は21.9度までしか上がらなかったらしいのですが、小雨に降られたとしてもバイクだと体温低下になってしまいますので、今日は部屋で熱いコーヒーでも飲みながら新型iPod touchをいじってまったりと過ごすことにしました。

新型iPod touchのモダンなデザインのパッケージにはイヤホンとUSBケーブルと薄?い説明書などが入っていただけでしたが、昨晩はとりあえずアップルのウェブサイトからiTunesをダウンロードして初期設定だけ済ませておいたのです。今朝はすべてのアイコンを開いて使い勝手をチェックしてみたのですが、「さすがにアップルのUIは優れているな…」と感心させられました。

画面を長押しすることでタッチパネルだけでいろんなことができるように工夫してあったりして、わずか7,2mmの筐体でテレビ電話も含めたいろんなことができるようになっている点はたいしたものだと高く評価できました。まだ何もアプリをダウンロードしていないので2面目はこのようにスカスカなのですが、そのうちにすべて埋まってフォルダに整理しなきゃならなくなるでしょう。



2010tokyo157

 これは新型iPod touchで撮影したものです。

薄さや低価格を追求したためなのか、トイカメラ以下の70万画素クラスの情けないレベルなのですが、私はニコンのデジカメを一緒に持ち歩くことにしていて、メモ程度にしか使わない予定ですので問題ありません。新型iPod touchで撮影した画像をメールで送る場合も軽くて良いと思いますし、ちょっとした思いつきや発見を忘れないうちに友人に送ったりするのに役立ちそうです。

私はこれまでデジカメではあまり動画を撮影しなかったのですが、新型iPod touchでは撮影した動画をアップロードするのも簡単みたいですから、今後は活用することになりそうです。



2010tokyo158

 夕方に古い友人がやってきて食事を共にしました。

この画像も新型iPod touchで撮影したものですが、ブログにアップするくらいなら問題ありません。友人もiPhone3Gを使っていましたので、BUMPという有名なアプリを使ってお互いのデータ交換をしてみたかったのですが、まだ私がダウンロードしていなかったので手動での入力となりました。

現在は新型iPod touchでFace Timeでテレビ電話できるのは同じOSのiPhone4だけなのですが、そのうちにOSのアップグレードなどでテレビ電話できる相手が増えることでしょう。次のMacノートなどは当然として、年内に発表されるであろうアップルの液晶テレビにも搭載されると思います。現在の繰り返ししつこく流されているiPhone4のCMもそのための布石ではないかという気がします。iPadの登場が古い体質の出版界を大きく変えようとしていますが、多くの人がFace Timeでテレビ電話を楽しむようになるとNTTや携帯電話各社の経営を悪化させることでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/16(木) 23:01)

 9月15日は敬老の日じゃなく、初アップル記念日に…
2010tokyo150

 昨晩の雨のおかげもあり、かなり涼しくなりました。

そのおかげで久しぶりに熱い風呂に肩まで浸かって1時間ほどゆったりと過ごすことができました。風呂上りにネットの情報をいろいろとチェックしてみたら、ついに新型iPod touchがアップルストアや量販店に並びだしたということでしたので悩んでしまいました。私は有楽町のビックカメラで予約済みなのですが、10分ほど自転車を飛ばせして渋谷のアップルストアまで行けば、人気が無い8GBモデルなら残ってる可能性がありましたからね。しかしアップルストアは定価販売で、ポイント分の割引が無いので損した気分になりますからね。

それでヤマダ電機に電話で問い合わせしてみたら、「予約してる人から順にご連絡していますが、本日に予約されると1週間くらいかかるでしょう」という話だったのです。先週までは9月2日に予約した人の納品が月末になるかもという話でしたので、「面倒だけど新たに予約して、早く入荷した方を買うことにするか…」と考えて新宿のLABIに行ってみたら、タイミング良く8GBモデルが数台残っていてあっけなく購入することができました。

税込み価格が20900円で、ポイントは5パーセントでしたので実質的には2万円以下で入手することができたのですが、私が以前に使っていたソニーのクリエは4万円ほどしましたので割安感があります。カメラの機能だけはクリエが上でしたが、それ以外は新型iPod touchの方が優れていますのでね。クリエは不注意で液晶を割ってしまったのですが、私にとっては初めてのアップル社の製品ですし、今度はヘマをしないように気をつけるつもりです。



2010tokyo152

 これは千駄ヶ谷の普通の住宅地で見かけたものです。

普通の2階建ての家の玄関に「IKEA ウィンター&クリスマス メディアセミナー会場」と表示してあったのですが、2階の窓に季節外れのクリスマスデコレーションみたいなのがありましたので、おそらく近所のOLさんや奥様が参加する今後の季節を先取りしたセミナーが開催されていたのでしょう。

検索すれば何か出てくるだろうと予想していたのですが、ザッと見た限りでは何も見つけることができませんでした。まあどうせキリスト教の信者じゃない私にはクリスマス関連のものなんて関係が無い話ですので、このセミナーの内容がどんなものであっても構わないのですが。でももしこれが「IKEAの朝食 セミナー会場」だったらマニアの私は迷わず参加したでしょうが…(笑)



2010tokyo151

 これは代々木の裏道で見かけた工事中の飲食店です。

この場所は以前は納豆コーヒーゼリーサンドイッチを試したことがある鞍馬サンドの支店があったのですが、門前仲町にある鹿児島黒豚がウリの丹田という店の支店が9月23日にオープンするみたいでした。「舟田」という名前だと思ったら、「たんでん」というおへその下の気力が集まるといわれるポイントを店名にしているみたいでした。

オープン記念ということで9月29日まで和牛ホルモンの焼肉が半額ということですから、機会があれば行ってみたいのですが、このあたりは予備校の学生さんやサラリーマンが多いので混んでしまうかもです。ちなみに共産党の本部ビルからも近いので、小沢の悪口で盛り上がることもできるかもですよ。(笑)



2010tokyo153

 新宿東口のTOPSHOP前に行列ができていました。

この店は明日の16日のオープンのはずですから、徹夜して何か限定品でもゲットしたいのかなと思ったのですが、1時間後くらいに通ったら行列は消えていました。記念品をもらって帰ったのか、あるいはビルの中に入ったのか不明ですが、場所が新宿ですからセレブが呼ばれてワイドショーで報道されるということは無いと思います。

しかし9月も半分が過ぎて涼しくなったのはファッション店のオープンとしてはタイミングが良いのでしょうが、明日は雨という予報もありますのでお気の毒です。まあ新宿駅の東口から100mの場所ですから、雨でもそれなりに賑わうのでしょうが。



2010tokyo155

 代々木の新しい道路の工事現場をチェックしてみました。

9月6日にもアップした明治通りの服部学園のあたりから新宿御苑の横をかすめて、アクタスや伊勢丹の駐車場がある通りに抜ける渋滞緩和のための迂回路なのですが、この画像では右側の壁で囲われているところが将来の道路になる場所なのです。左側は現在は駐車場になっていますが、ここに道路が通った場合には一等地に生まれ変わりますのでインテリジェントビルが建つことになるのでしょう。

ちなみにこの画像の右の樹木は新宿御苑のもので、おそらく手入れはされても伐採は行われないと思います。ですから道路が完成したら都心で高層ビルと樹木を同時に見ながら走ることができる貴重な存在となりそうなのです。しかしもしかすると税収をアップさせるために無粋な巨大な広告の壁が出現することになるかもしれませんが。




2010tokyo154

 その工事現場近くに図書館カフェというのがありました。

普通のマンションの1階を改装して無理やりカフェにしたような雰囲気でしたが、図書館と名づけているということは本が好きな人が経営しているのでしょう。WiFi環境もあってネットカフェ風に使えるみたいですが、利用料金は100円のコーヒーなどのソフトドリンクを注文した場合は1時間500円、250円のビールなどアルコールを注文した場合は700円と変則的なシステムになっているようです。

図書館カフェの店長さんのブログには「新宿御苑の緑が見える図書館カフェは都心のヒーリングスポットで、 日頃あまり目にしないスピリチュアルな本がたくさん…」とありますので、そちら方面がお好きな方にとっては貴重なスペースなのでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/15(水) 22:42)

 アップルのウェブサイトの良いニュースに隠されたものは…
ipodtouch2

 東京もようやく少しだけ秋っぽくなってきました。

昨晩からアップルの新型iPod touchに関するブログなどへの書き込みをチェックしているのですが、「量販店では新製品を並べるためのスペースが用意されていた」とか、「クロネコヤマトから配達の知らせがあった」などの新情報が書き込まれていました。もしやと思ってアップルのウェブサイトをチェックしてみたら、出荷予定が2?3週間だったものが5?7営業日に早まっていましたので嬉しくなりました。

ヤマダ電機では今日から発売の可能性ありということでしたので、食料品の買い物のついでに渋谷店の2階の売り場をチェックしてみたのですが、店員さんによりますと月末になりそうだということでした。今回はアップルのウェブサイトで刻印ありで注文した人に中国からダイレクトに送られているものが早いみたいですが、私は有楽町のビックカメラで注文しましたので、もう少し待つしかないみたいです。ヤマダ電機に行った後に念のためにアップルストアにも寄ってみたのですが、やはりまだ新型は置いてありませんでした。

新型iPod touchの納期が早まったのは良いニュースだったのですが、以前は「FaceTimeでテレビ電話する時には着信はバイブ機能でお知らせ…」とあったものが、いつの間にかこっそりと削除されていたのにはガッカリさせられました。まあ薄い筐体にいろんな機能が盛り込まれて2万円くらいの値段ですので我慢はできるのですが、ウェブサイトにはお詫びの一文があってしかるべきでしょう。



2010tokyo145

 これは渋谷マークシティの真横の解体工事現場です。

JRの渋谷駅前のハチ公から100mほどの距離にある戦後の雰囲気を残していたエリアでしたが、老朽化や高度利用のために建て替えられることになったのでしょう。「ここに何があったっけ…?」といくら考えても思い出せませんでしたので、Googleマップでチェックしてみたら「エスパス日拓渋谷」というパチンコ屋だったみたいです。ここが何に変わるかは検索してみてもわからなかったのですが、駅に近いようでも裏道にしか面していないのでゲームセンターの上に居酒屋チェーンが入るくらいのありふれたビルになりそうです。

マークシティを建てる時にもう少し脇道側に配慮した作りになっていたら渋谷の街もマシになっていたと思うのですが、効率を追求して自己完結型になっていますので残念です。本来なら駅前の一等地ですから周辺の土地と合わせて規模の大きなものを狙うべきなのでしょうが、マークシティ側と地下やスカイウォークで結ばれる要素が無いとキビシイと思います。詳しいことは知らないのでしょうが、マークシティ側にはエリア全体で発展しようという姿勢が感じられないのです。



2010tokyo147

 渋谷の東急プラザ"の地下で野菜などを買いました。

丸鮮渋谷市場は渋谷エリアでは食材が豊富で割安な価格で入手できる貴重な存在で、ある程度たくさん購入する場合は近くのピーコックで済ませずに出かける価値があるのです。まずは澤光青果で野菜類を購入して、ニュー・クイックで挽肉を買いました。

ここの澤光青果のレジに並んでいて驚かされたのが、根菜類を買った場合に「根の部分をお切りしましょうか?」と声がかけられていたことです。買い物客に配慮して始められたものなのでしょうが、根の部分を切ると新鮮さが早く失われるような気がしますので違和感がありました。



2010tokyo149

 これは東急プラザの入り口に置いてあった神輿です。

以前は渋谷の宇田川町あたりでも秋祭りの時には担がれていたのでしょうが、おそらく駅前にスクランブル交差点ができたあたりで「担がれる」ものから「展示物」になってしまったのかもしれません。もちろんこの神輿は展示物になっても、新しく作られた現役の神輿が別にあるのかもしれませんが、駅の周辺では担がれているのを見かけた記憶はありません。

渋谷といえば109に代表される「ギャル文化」のイメージがあると思うのですが、丸鮮渋谷市場に代表されるような高齢者向けの店も共存しているのです。しかし生まれた時からパルコや109が当たり前のようにあったギャル世代とこの神輿を担いでいた世代との間には大きなギャップがあるように思います。



2010tokyo146

 渋谷の世代間格差を増大しそうなビルが建設中でした。

かつて映画館やプラネタリウムがあった東急文化会館があった跡に開発中のこの物件は「渋谷ヒカリエ」という変な名前に決定したみたいですが、地上34階・地下4階の超高層複合ビルということですから、この3倍くらいの高さまで伸びて渋谷の新しいランドマークになるみたいです。またビル内に作られるミュージカル劇場の名前は「東急シアターオーブ」に決定したようですが、景気回復の兆しがまったく見えない時代にはミスマッチなものになりそうな気がします。

渋谷ヒカリエの公式ウェブサイトを見てみたら、地下からの安藤忠雄氏デザインの東京メトロ副都心線の地下鉄駅からのアクセスは当然として、渋谷郵便局がある宮益坂方面からのアクセスも大幅に改善されることになりそうです。これだけの規模の駅前再開発ですから渋谷マークシティのように自己完結型にならないように将来は246側にも発展するような工夫を施しておいて欲しいものですが、こんな時代にミュージカル劇場を組み込むような発想の再開発ですから期待できそうにありません。20年後は東急グループの墓標といった存在になるかもしれませんね。(笑)



2010tokyo148

 先週は地味だったファサードがド派手に変貌していました。

本店の建物が老朽化により建て替えられることになった原宿のキデイランドがキャットストリート沿いに仮店舗を準備中なのですが、17日オープンということですから商品も運び込まれていて準備万端のようでした。おそらく16日の夕方からはキティ好きの芸能人たちが呼ばれてレセプションが開かれるのでしょうが、その様子は17日のワイドショーあたりで見ることができるでしょう。

この店は2年間ほどしか使わないのでしょうから仕方が無いのかもしれませんが、ファサードにはもう少し何か工夫が欲しいところでした。これから建設する原宿本店の方に力を入れるということなのかもしれませんが、菅首相が再選されたとしても政府には何も期待できない国ですから、キデイランドには夢を与えて欲しかったのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/09/14(火) 22:52)

 おそらく誰もハッピーにならない旧メディアのプロジェクトは…
2010tokyo139

 一度だけしか雨が降らないので、また夏に戻りました。

最近は自転車でお台場などに出かけてふくらはぎに乳酸が溜まってる感じでしたので、今日は日用品の買い物のついでに近場をストレッチ代わりに流すだけにしておきました。まずは本屋に行こうと青山の246まで走ってみたら似たようなデザインの大型トラックが目に付きました。マガジンハウスのGINZAのものみたいですが、広告を目立たせたいのは理解できるのですが、ガソリン消費も排気ガスの量も、そして混んでる道路の占有率も3倍ですから迷惑ですよね。

ブランドのロゴや写真の下には「HAPPY MODE PROJECT」という文字がありましたので検索してみたのですが、マガジンハウスの公式ウェブサイトをザッと見てもそれらしい情報を得ることはできませんでした。ファッション雑誌という斜陽の旧メディアの悪あがきのように感じるのですが、こんな時代錯誤の広告を続けていても広告代理店以外は誰もハッピーにならないのではないでしょうか。



2010tokyo138

 246から地下のリブロ青山店に降りてみました。

新刊書のコーナーをチェックしていたら、棚のいちばん良い場所に「今泉棚とリブロの時代」という新らしい本がありましたので目次を立ち読みしてみました。今泉棚というのは1980年代にリブロ池袋店の今泉正光というお兄さんが出版業界の常識にとらわれずに工夫して開発したもので、当時の時代を反映したテーマを次々と打ち出して話題になっていたみたいです。その今泉氏のキデイランド入社からリブロ池袋店への転職、そして堤清二氏によるセゾン路線の終焉と退社後までが本を愛する人の目線で描かれているみたいでした。

ショッピングセンターマニアの私は当然ながら西武池袋店は何度も行ったことがありますし、全国のリブロの支店にも行ったことがあります。しかし出版業界の内情は詳しくありませんし、最近は雑誌を含めて紙媒体を自費で購入するということもほとんど無くなりました。図書館に出かける機会も半分以下に減りましたし、新型iPod touchが手に入ったら紙媒体を目にする時間はもっと減りそうなのです。



2010tokyo143

 これは246沿いにあるエイベックスの本社屋です。

たしか以前は銀行のビルで、1階には飲食店などのテナントが入ってる普通のビルでした。それが現在ではエイベックス帝国の拠点となっていて、最近じゃ246を通る人や自動車に向けて2面の電光掲示板が設置されるほどになりました。1階にはエイベックスの一般ファン向けの情報拠点みたいなのがあって、ビデオクリップなどを見たり、ウェブサイトにアクセスできるようになっていました。

エイベックスといえば株主向けにコンサートを開くことで有名でしたが、コストの増加やネットでのチケットの不正売買などの理由で中止されることになったそうです。時代ですねぇ…



2010tokyo144

 青山でももうすぐ新しい道路が開通することになりそうです。

先日は恵比寿ガーデンプレイスの近くのT字路が山手通り方面に抜ける十字路に変化したことをアップしたのですが、この青山の骨董通りのT字路もビルの立ち退きがほぼ終わっているみたいですから、近いうちに六本木通りの南青山7丁目交差点に抜ける十字路になりそうなのです。以前から裏道を使えば根津美術館あたりから広尾方面に抜けることは可能だったのですが、これが完成すると簡単になりますのでスタイリストなどの業界人に喜ばれることでしょう。

この画像の正面には以前は2階建てのパパス・カフェが入居したルミネ青山というビルがあったのですが、跡形も無く撤去されてスッキリとした感じになっています。この新しい短い通り沿いにもハイファッションの店がオープンすると思うのですが、雰囲気的にKITSONなどに向いてると思います。表参道の近くに新しい路面店をオープンしたばかりですから、青山にまた出すことは無さそうですが。



2010tokyo141

 買い物を済ませて、今日は明るいうちに戻りました。

最近は日が暮れるのも早くなって、暗くなって戻ることが多かったのです。まずは猫を膝に乗せてコーヒーを淹れてまったりすることにしたのですが、普通のレギュラーコーヒーが終わりましたので最近は友人からいただいたちょっと変わったコーヒーを楽しんでいるのです。

右のヤツはコナコーヒーをブレンドしたヴァニラクリームのフレーバーコーヒーで、疲れている時に甘いアロマがマッチする感じのものです。左のは古い友人のベトナム土産の「MIKADO」という不思議なブランドのコーヒーですが、なぜかゴマ油みたいな香りがするのです。



2010tokyo142

 コーヒーを用意しても猫たちがやってきませんでした。

まだ昼間の暑い空気が残っていましたので、冷たい風呂場のタイルの床の上かなと思ったら、引越しの準備のために中身が空になったワインの箱ですやすやとお休み中でした。少し前に鍋猫というのが流行りましたが、鍋は底の部分がカーブしているから快適なのでしょう。しかしワインの木箱はスクエアですから、寝心地は悪そうなのですが太った猫には関係ないみたいですね。

まだ都心は昼間はクーラーが必要なくらい暑いのですが、少し雨が降ったこともあって夜は過ごしやすくなってきました。これで太った猫でもストレス無く暮らすことができそうです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/09/13(月) 23:59)

 渋谷区役所の駐車場で集められたリサイクル品の辿り着く先は…
2010tokyo132

 今日は午前中に自転車で渋谷区役所に行きました。

日曜なのに区役所に行ったのは、引越しの準備をしている友人に12時まで駐車場でリサイクル品の回収を受け付けているで持って行って欲しいと頼まれたからでした。区役所に近づいたら荷物を運んでる人たちを見かけましたが、渋谷区ですからそろそろH&MやEOREEVER21などの古着も混じっているのかもしれません。

この駐車場で集められた古着や古布などは「国内や海外でリユースされます…」と渋谷区のウェブサイトに書いてありましたが、その辿り着く先がどこなのか気になります。古くてどうしようもないものはウェスの原料として工業用に再利用されるのでしょうが、わりと新しいものはドネーション物資としてアフガンなどに送られているのかもしれません。もしかするとアフガンの反政府組織の若い兵士が憎きアメリカのクロムハーツあたりを着てたりすることもあるのかもと変な想像をしてしまいました。(笑)



2010tokyo133

 区役所から赤いバルーンが見えたので寄り道しました。

NHK前を通り過ぎて代々木公園の屋外ステージの近くに行ってみたら、「スリランカフェスティバル」とありましたので驚かされました。東京ですからスリランカレストランはたくさん見たことがあるのですが、わりと広い代々木公園をスリランカ1国だけの関連ブースだけで埋めることはできないのではと思ったからでした。

お昼時でしたのでカレーを求めて行列ができていたりしたのですが、「いつの間にかスリランカもメジャーになったものだな…」と感慨深いものがありました。このイベントでスリランカの観光資料などをいただいたのですが、私は1度しか行ったことが無い国ですから近いうちに再訪してみようかなと思いました。エアアジアが飛んでいて、クアラルンプールからはコロンボまで7000円ほどで飛べるみたいですしね。



2010tokyo134

 渋谷から山手線沿いに恵比寿に走り抜けました。

14時からのイベントまでに中途半端に時間が余っていたので、久しぶりに恵比寿のガーデンプレイスに寄ってみることにしたのですが、さほどテナントの顔ぶれに変化は無いみたいでした。一昨日も先日も知らない高層ビルをいくつも見かけたので、東京の景色も変わっているかもとガーデンタワーの39階のレストラン街に行ってみたのですが、残念ながら変化の激しい湾岸方面は高級な飲食店に入らないと見えない構造になっていました。

それでもエレベーターがある新宿方面には大きな窓があって、無料で東京の大パノラマを満喫することができました。これは恵比寿南公園から目黒区の清掃工場に抜ける新しい道を撮影してみたのですが、いつの間にか完成していたのです。ちなみにグリーン屋根の長?い建物は防衛省の艦艇装備研究所ですが、建物の中には水路があって船の模型の航行の研究などが行われているみたいです。



2010tokyo135

 14時開始予定の講演会は時間通りに始まりました。

恵比寿ガーデンプレイス前の日仏会館ホールで、贅沢にも元NHKの磯村尚徳氏の司会でSANAAの妹島和世さんと西沢立衛氏が最近の作品を解説していただけたのです。妹島さんと西沢氏は今年のプリツカー賞も受賞された著名な建築家ですが、日曜だったためか満席ではありませんでした。私は立ち見が出ることを予想して早めに会場入りしたのですが、今日は公務をサボって参加したいという人が少なかったためかもしれませんね。(笑)

代表作の金沢の21世紀美術館から最新のローザンヌ連邦工科大学ラーニングセンターやランスのルーブル美術館の新館など、様々な建築が紹介されて面白かったのですが、パリの老舗百貨店のサマリテーヌまで手がけることになったということでしたから楽しみです。私は10月に渡欧したらランスにも行ってみようと考えているのですが、近いうちに実物を見た感想をこのブログでアップすることができるでしょう。ちなみに講演の後に短い質疑応答があって、入り口に用意されていた飲み物で歓談となったのですが、さすがに日仏会館ですからワインとクロワッサンが置いてありました。できればフロマージュが置いてあれば良かったのですが…(笑)



2010tokyo137

 酔っ払い走行で広尾商店街を抜けてみました。

秋祭りの神輿を横目で見ながら細い路地に曲がってみたら、少し前にテレビで見たことがあるチュロス屋さんがありました。これまでもチュロスの屋台は見かけたことがあるのですが、こういった専門店は日本では初めてなんじゃじゃないかと思います。

この「CHURRO☆STAR」ではマックサンデー風のソフトクリームにチュロスを1本挿したものが夏の看板メニューのようですが、この夏の猛暑のおかげでかなり儲かったことでしょう。チュロスはまだあまり日本人に馴染みは無いでしょうが、広尾は外国人が多いので上手く営業を続けることができるかもですね。



2010tokyo136

 最後にJICAの地球ひろばに立ち寄ってみました。

民主党の事業仕分けチームが「JICAの途上億での活動の広報施設として、年間運営費を約1億3000万円もかけるのは多過ぎるのでは…?」と批判していたので規模の縮小や廃止になっているかと思ったのですが、平常通りに普通に営業していました。クーラーの効いた広々とした快適な空間で貧しい途上国の暮らしぶりなどを紹介していたりするのですが、私はそんな金はもったいないので財政破綻しつつある国庫に返すべきだと思います。

地球ひろばの横のカフェ・フロンティアという飲食スペースではセプテンバー・コンサートという音楽イベントが開催中でした。日本に暮らす外国人や青年海外協力隊のOBの皆さんによる世界各地の民族音楽のコンサートのようでしたが、珍しい楽器の演奏もあってなかなか面白いものでした。しかしこれもこんな広尾の奥でひっそりと行っていてはいけないと思います。地球ひろばや青年海外協力隊の原資は国民の税金であることをもっと考えていただきたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/12(日) 20:40)

 若年層の中で海外に行ってみたくない人が増えている理由は…
2010tokyo126

 東京にはまた厳しい残暑が戻ってきました。

今日と明日、大田区による羽田空港の新国際ターミナル完成を記念した「羽田グローバルエキスポ」というイベントが開催されるということでしたので、午後から自転車で出かけてみました。羽田空港まで自転車で行くのはさすがにしんどいので、無料のシャトルバスが出ている大森まで走ったのですが、先日のお台場と同じように途中で知らない高層ビルをいくつも見かけました。

新国際空港前の屋外駐車場にステージやテントを並べて行われたのですが、工夫が感じられない退屈なイベントでした。既にマスコミに内部が公開された新旅客ターミナルビルの中には入ることができませんでしたし、新D滑走路の見学バスツアーは参加対象2000人ということで、私が行った時には受付が終了していたのです。10月になればあちこちから飛行機が飛んでくるようになるでしょうから滑走路の中を自由に走り回ることができなくなるでしょうから、大森や鎌田などからのシャトルバスは滑走路を横切るようなコースにすれば良かったでしょうに。私が大田区民であればイベントを企画した人に税金で給料が支払われることを不満に思うことでしょう。

まあ私は近いうちにこの新空港に降り立つことになるでしょうから問題ないのですが、「グローバル」というタイトルを付けておきながら国際色が乏しかったイベントには不満が残りました。最近は若年層の中で海外に行ってみたくない人が増えているという話ですが、大金をかけてこんな新空港を作ったり、さして面白くないイベントを開催したりしてることに理由の一端があるのでしょう。私は中途半端な羽田の国際化には賛成できません。上海や仁川に対抗できるハブ空港になることは難しいでしょうからね。



2010tokyo127

 イベント会場にこんなパズルが展示してありました。

大田区は優れたスキルを持った小さな町工場が残っていることで有名ですが、こんな精密加工の実物を見るとリアリティがありました。側面はよく見ないとわからないほど金属同士がピッタリと接しているのですが、力を入れて押してみたら0.1mmほどの段差ができましたので、これが4つのパーツでできていることが確認できました。

大田区のこういった精密加工の技術が羽田を発着する航空機にもたくさん使われているのでしょうし、イベントではもっとこういったことを来場者に上手くアピールすべきだったと思います。この不況でずいぶんと町工場は減ってるらしいですが、まだスゴい技術の蓄積が残っているはずですからね。



2010tokyo128

 シャトルバスで羽田から大森に戻ってきました。

駅前に停めておいた自転車で向かった先は「カンブリア宮殿」という番組で見て興味がわいたダイシン百貨店でしたが、なかなか面白い商業施設でした。大森には駅ビルのルミネや西武系のキネカ大森、イトーヨーカドーなどの大型店がひしめいているのですが、このダイシン百貨店は高齢客層に照準を当てて繁盛店となっているのです。

これは隣の駐車場から撮影しているのですが、ダイシン百貨店はこの不景気な時代に増床工事を行っているのです。2012年には立体駐車場を組み入れた新館が大森の街に出現することになるそうですから、完成後にまた様子をチェックしに来ることになりそうです。



2010tokyo129

 工事現場が見えるかと思って6階まで上がってみました。

食堂のおばさんに聞いてみたらどこからも外は見えないということでガッカリでしたが、周辺は2?3階建てなのに窓が無い食堂は意外な感じがしました。食堂はかなり地味な雰囲気でしたし、たいして珍しいものもありませんでしたので帰ろうかと思ったのですが、喉が渇いてるところに冷たいお茶のサーバーがありましたので早めの夕食を済ませることにしました。田舎の市役所の食堂みたいな感じでしたが、500円のカツ丼はまあまあの味でした。

この食堂の壁には建設中の新しいビルのパースを大きく引き伸ばしたものが貼ってあったのですが、その底抜けに明るいイメージと現在のどんよりとしたムードとの乖離に笑ってしまいました。なにせ現在のダイシン百貨店の売り場は中国の地方都市のデパートみたいに地味な雰囲気ですからね。(笑)



2010tokyo130

 本日は最後にホッとデリという新業態を試す予定でした。

ローソンが他のコンビニと差別化するために実験的に太井の外れでスタートした、その場で調理してくれるデリカテッセンで、390円という価格でどの程度のクオリティなのか試してみようと考えていたのです。しかしダイシン百貨店の食堂で夕食を済ませてしまいましたので、今日は店内の様子を見るだけということになりました。

キッチンの前にはすぐに持ち帰りできるお弁当類も置いてありましたが、調理したてのものを希望する人が多いみたいでした。コンビニなら多少時間がかかっても立ち読みできる雑誌はたくさんありますので問題ないのでしょう。ちなみに小さなパックに蓋が閉まるまで入れ放題の惣菜パイキングが190円でありましたが、それと一緒に買っても580円ですから割安感がありますよね。



2010tokyo131

 太井の駅前は顔ぶれがずいぶん変わっていました。

駅前のきゅりあんはLABIに変わっていましたし、湾岸線の駅も初めてでしたので新鮮でした。「しばらく来ないうちにずいぶんと変わったものだな?」と感心していたのですが、戸越銀座方面に抜けようと走っていたら、劇団四季の看板がありましたのでガードを超えてみたら、駅裏の辺鄙な場所にこんな劇場がありました。これは今年の7月11日にオープンした「夏」という10番目の劇場らしいのですが、7月はアメリカ旅行中でしたので知りませんでした。まあこの程度の劇場のオープンじゃ日本にいても気がつかなかったかもですが。(笑)

この後に戸越銀座や三田などで秋祭りに遭遇したのですが、夜になっても気温が下がらなくて夏祭りみたいでした。東京ローカルの品川音頭でヤンママ風の奥様たちが踊っていたりしていたのですが、大都市のビルの谷間の盆踊りもなかなか面白いものでした。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/11(土) 23:59)

 テスラとトヨタのi?REAL、先に乗れそうなのは…?
2010tokyo120

 東京は晴れて、気温はまた30度を越す勢いでした。

今日は自転車でお台場の展示会に出かけたのですが、246を皇居方面に走っていたら工事中のビルに「TESLA」の5文字を発見しました。5月にトヨタと業務提携して日本にもショールームを作るということは何かで読んだことがありましたが、青山のレクサスの前に作るとは予想外でした。アメリカを旅行中にいくつかのテスラのショールームを見かけましたが、7月8日にボルダーの中心部で見たもの以外はすべて郊外型の店舗でしたからね。

この建物は外観は立派に見えるのですが、中央より左の部分は電気自動車を展示することができないくらい奥行きがありませんでした。右の部分はまあまあ広いみたいでしたし、ショールームは2階建てですので近くのBMWと同じくらいの規模なのでしょう。工事の人に訊ねてみたらオープンは10月ということでしたが、トヨタと共同開発中のLAV4ベースの電気自動車は間に合わないでしょうから、当面は輸入したロードスターだけということになるのでしょう。

この後にホンダのショールームに行ってみたのですが、受付でイベントのことを聞いたついでに「テスラが工事中でしたが、ホンダで電気自動車の開発は進んでいますか?」と聞いてみたら、テスラの存在をご存じないようでした。自動車メーカーのショールームでしたからテスラの知名度は100パーセントだと思っていたのですが、意外でした。まあショールームの女性スタッフは笑顔が素敵で、自社の製品だけ精通していれば良いことかもしれませんけどね。(笑)



2010tokyo122

 その後に六本木のミッドタウンに寄り道してしまいました。

前を通ったら5階のデザインハブで「台湾デザイン展」という特別展が開催されているというポスターがありましたので、面白そうでしたのでチェックしてみることにしてみたのです。台北では2011年の10月に「IDA Congress - 世界デザイン会議」の開催が予定されているらしく、それに向けて幅広いデザインの振興活動がいろいろと展開されているようなのです。

今回の展示物はどこかのデザイン専門学校の卒業作品展みたいな感じで、それほど面白いものはありませんでした。その中で目を引いたのはこのような漢字の入った食品のパッケージでしたが、すぐに中国の会社に真似されてしまいそうですね。(笑)



2010tokyo121

 お台場のビッグサイトはかなり活気がありました。

今日は久しぶりにギフトショーに行ってみたのですが、世の中が不況とは思えないほどの盛況ぶりでした。ランチは食べていなかったので到着後にすぐに同時開催の第8回グルメ&ダイニングスタイルショーというエリアに行って、全国各地の特産品を味見して回りました。最後に全国の地酒を試飲させてもらってから、いい気分になって雑貨などを見て回りました。

ギフトショーの傾向としてはファンシーな女性向けのものが減って、シンプルなデザインの万人向けのものが増えたような気がしました。また東5ホールではエコロジカルなプロダクトを集めた「Peaceful Life フェア」をやってましたが、異常気象で暑過ぎた夏の終わりには良いタイミングだったかもです。今回のギフトショーでの収穫は韓国のインスタントラーメンと海苔でした。他にも小さなサンプルはいろいろといただくこができましたが、特筆すべきものはありませんでした。



2010tokyo123

 その後にパナソニックセンターに寄り道してみました。

上海万博の日本館に出品して話題だったワンダーウォールを目当てに行ってみたのですが、シンガポールあたりの外国人の団体さんの予約が入っていたみたいで16時からしかダメということでした。その時間はトヨタのメガウェブでのi?REALのデモンストレーションとダブってしまうのであきらめてメガウェブに急ぐことにしました。

i?REALは2007年の10月19日にミッドタウンで現行のものより一回り大きなタイプのヤツをデモンストレーションを見たことがあったのですが、メガウェブでは抽選で5人が試乗できるということでしたのでパナソニックセンターより優先したわけです。30人ほどの観客がいたのですが、試乗希望者は11名でした。つまり競争率は2倍強ということでしたので乗れるだろうと楽観視してたらハズレでした。

トヨタとテスラが共同開発中の車とこのi?REAL、どちらも試乗してみたいのですが、はたして先に乗れそうなのはどちらでしょうか。大雨の日にメガウェブに行けば乗ることができると思うのですが、もしも希望者が6人で抽選でハズレになったら気分的に落ち込みそうです。テスラの国内生産の廉価版は数年の内に普通に試乗できるようになると思うのですが、日本では電気自動車の加速感を十分に楽しむことができなそうですよね。



2010tokyo124

 メガウェブの隣のヴィーナスフォートにも行ってみました。

ここは都心に続々と新しい商業施設がオープンしたために新鮮さを失って迷走したみたいですが、中国人観光客が増えたことと、3階をアウトレットフロアとしたことから活気が戻ってきたようでした。アウトレットがオープンした時は都心に初めてということで話題になったのですが、特に工夫されていませんでしたので退屈でした。2階のブロードアヴェニューではファッションドールの「ブライス」のチャリティー展覧会が開催されていたのですが、私は既に表参道ヒルズで見ていたものでしたのでガッカリでした。

ちなみにヴィーナスフォートは活性化のために秋に18店舗の新しい店を導入するということですが、10月22日にはハローキティの屋内型アミューズメント施設である「Hello Kitty’s Kawaii Paradise」をオープンさせるということでした。10月には羽田空港の国際ターミナルが開業することでアジアからの観光客が増えることを予想して企画されたものだと思いますが、これで国民的なキャラクターの存在価値はますます大きくなりそうですね。



2010tokyo125

 お台場から豊洲経由で秋葉原に向かいました。

最近は晴海大橋を使ってショートカットすることが多いので久しぶりに豊洲方面に回ってみたのですが、知らない高層マンションがニョキニョキと建ち並んでいましたので驚かされました。そのために湾岸エリアの人口が増えていて、以前は買い物客が少なかったジャスコは平日の夕方というのに大賑わい状態でした。

その後に秋葉原のヨドバシカメラに到着したのですが、ここも大勢の買い物客で賑わっていました。友人から頼まれたものを購入して2階のアップルのコーナーに行ってみたら新型iPod nanoが展示されていましたので使い勝手をチェックしてみました。よくぞこんな小さなサイズにいろんな機能を詰め込んだものだと感心させられましたが、8GBで13800円もしますので20900円の新型iPod touchの方がもっと多機能ですから良いだろうにと思いました。

ちなみにアメリカでは9月9日から発売が始まった新型iPod touchですが、日本では9月下旬ということしかわからないそうです。秋葉原のヨドバシカメラだけでも2000人ほどが予約を入れて待ってるということですが、早く出荷を始めてもらいたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/10(金) 23:59)

 賄い付きの下宿とロイド建築、そして目白の豪邸の末路は…
2010tokyo114

 今朝は曇りで、ちょっと涼し過ぎる感じでした。

友人たちと待ち合わせしてる場所に向かうために自転車で明治通りを北上していたのですが、その途中の脇道で古い日本建築を見かけました。2010年に現存してる賄い付きの下宿で、「日本館」という施設名で検索してみたら男子のみが入居可能で室料は食費込みで55000円?57000円ということでした。早稲田大学まで歩いて通うことができる立地ですので、ここで青春時代を過ごしたOBのおじさまたちも多く、今では日本経済を支える要職に就いていらっしゃる方もいらっしゃるのでしょう。

待ち合わせまでに少し時間があったので明治通りから脇道にそれたために偶然に出会うことができたのですが、取り壊されるまえに見ることができて良かったですよ。できれば空き部屋に1泊させていただいて、どんな食事が出るのか試してみたいものでした。



2010tokyo115

 友人たちと待ち合わせした場所は歴史ある建物でした。

以前から一度は行ってみたかったフランク・ロイド・ライトが設計した自由学園の明日館でしたが、普通の住宅地の中に唐突に現れた時には「お?、これか?」と声が出てしまいました。今日はこの古い建物を貸し切った雑貨などの展示会が開催されていたのですが、スカンジナビアのデザインに触発されたようなものも多くて上手くマッチしていて悪くありませんでした。

自由学園のウェブサイトによりますと、帝国ホテル設計のため来日していたライトが学園長夫妻の教育理念に共感して設計を引き受けたということでしたが、関東大震災や第二次世界大戦の空襲の被害も受けずによく生き残っていてくれたものだと感心させられました。もちろん老朽化したものを修復したりとこの建物を愛する多くの関係者の皆さんの努力の賜物なのでしょうが、ありがたい話ですよね。ちなみに館内にあった古いイラストによれば中央の建物の部分の2階は食堂になっていたようですが、そこで建設当時に出されていた食事を試してみたいものです。



2010tokyo116

 明日館にはカフェしか無かったので池袋に移動しました。

友人がネットで調べていてくれた店は13時をちょっと過ぎた時間でしたが、ランチがすべて売り切れて閉店していましたので、その近くで美味しそうな店を探すことにしました。4人でしたからタクシーで少し離れた知ってる店に行こうかという提案もあったのですが、それはちょっと勿体ない話ですから近くにあった大戸屋に行くことにしたのです。タクシー移動を提案した友人は大戸屋の存在自体を知らなかったので、残りの3人は「それは一度は試しておくべきじゃないの」という結論に達したのです。

私も大戸屋は久しぶりだったので、どれくらい変化してるかチェックしてみたかったのでタイミングは良かったのです。相変わらず素朴で美味しかったのですが、以前は1杯50円だった食後のコーヒーがファミレス風の200円のドリンクバー形式に変わっていたのが残念でした。東京で何杯もお代わりできて200円なら高くは無いのですが、ついつい昔と較べてしまうのです。ちなみに私は2?3年口にしていなかった鶏の竜田揚げの定食にしてみたのですが、友人がオーダーした秋刀魚を見て「失敗した!」と少し後悔しちゃいました。秋刀魚は不漁で高いのでショボいサイズのものが出てくるものと予想していたのですが、かっぱ橋の食品サンプルのように見事に焼き上げられた大ぶりの秋刀魚が運ばれてきたのです。



2010tokyo117

 友人たちと別れて半蔵門方面に急ぐことにしました。

その途中で久しぶりに目白通りを走ったのですが、それは故・田中角栄氏の豪邸の周辺がどうなっているのかを見ておきたかったからでした。報道などで相続税を物納した跡地の公園化に際して木の伐採に反対していたのを聞いていましたので、どんな感じに仕上がっているのかをチェックしてみたかったのです。

豪邸の敷地のかなりの部分を文京区に物納したために目白通りに面した入り口は移動されて迫力が無いものになっていましたが、それでも狭小住宅が1軒建ちそうな自動車を停めておくことができる余裕のスペースがありました。新しい田中邸はその先に新築されているのでしょうが、この正面からも隣の目白台運動公園からも高い塀に阻まれて様子を窺うことはできませんでした。

日本の高度成長期に総理の座に登りつめた故・田中角栄がもしもいなかったら、政治腐敗もここまで酷く無かったでしょうし、現在の小沢支配も無かったかもと想像すると腹が立ちます。その罪は田中邸のすべての土地を没収しても足りないくらいでしょうが、日本の法律では限界があるようですすから残念です。



2010tokyo118

 目白台運動公園の先にこんな温室ができていました。

郊外にありそうな観葉植物を扱う店が閑静な住宅地にあったので驚かされたのですが、近くの講談社の関連会社が経営しているもののようでした。そういえば店名の「音ノ葉」というのも音羽からの発想かもしれませんし、何か特別の思い入れがあるのかもです。

レジが置いてある売り場はクーラーが効いていましたが、温室部分までは冷気が届かないですから、今年の夏はたいへんだったようです。逆に冬は暖かい職場なのでしょうが、地球温暖化が今後も進むとすると根本的な対策を講じる必要がありそうな店でした。



2010tokyo119

 音ノ葉に寄り道したので、時間がタイトになりました。

狭い道の信号無視を繰り返して半蔵門の近くの試写にギリギリに間に合ったのですが、7月にアメリカを旅行中にポスターを見かけて観てみたかった映画でしたので良かったですよ。私は主演のザック・エフロンは昨年の6月12日に「17アゲイン」という映画で初めて見て、「これはトム・クルーズみたいに中年まで生き残る俳優になるかも…」と直感しました。今回の役どころは最愛の弟を事故で亡くすというシリアスなもので、ライトなコメディから脱して本格俳優の道を歩み出すきっかけの作品になるのかと注目していたのです。

ザック・エフロンは亡き弟との約束を守るために好きなヨットに乗ることを止めて、なんと弟が埋葬されている墓地の墓守として生きる生活を選ぶのですが、そこにヒロインが現れることで変化するのですが、ネタばれしちゃうので書けません。ポスターにキム・ベイシンガーとレイ・リオレッタの名前がありましたので期待し過ぎていたためか、ちょっとガッカリしてしまった作品でしたが、私はまあまあ楽しめました。ヒロイン役のアマンダ・クルーという女優さんもミスキャストだったと思いますし、ザック・エフロンももっと出演作を選べば良いのにと余計なことを考えてしまいました。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/09/09(木) 23:59)

 久しぶりの雨の日に久しぶりの銀座のデパートに出かけてみたら…
2010tokyo108

 東京は台風の影響で久しぶりの雨になりました。

本日は小ぶりの雨の中を銀座のライオンがトレードマークのデパートの発表会に出かけたのですが、出かける前に見たCXの「とくダネ!」のオープニングトークで有楽町の西武が年内撤退と聞いていましたので複雑な心境でした。前年比でマイナス成長が続く流通業界ですから新鮮味が無くなった百貨店が消え去ろうとしている中で、銀座のランドマーク的な存在の百貨店は再生をかけて隣に新館を建設して1,5倍に拡張して存在感を示していたのです。

これは新館の12階から旧館の屋上庭園を見下ろしたところですが、ふたつの建物の間に道路があるとは思えない一体感がありました。なぜか地下1階部分だけが工事が遅れて繋がっていないみたいでしたが、地下2階から9階まで新館と旧館は幅が広い地下通路と空中廊下で結ばれていて、そこが売り場や飲食スペースとなっていますので、注意深く見ていないと建物の境目がわからないくらいなのです。今年の2月5日にシンガポールで道路の地下まで売り場になっていた例を見かけましたが、日本ではこういった公共の道路の上下が売り場になっているのは初めて見ました。地震国の日本ですから、構造が違う新旧の建物を一体化させる工事は難易度が高いものだったと想像できます。また売り場構成も2010年に相応しいもので、オープン後には大人気になりそうでした。エスカレーターなどでは中国語のアナウンスが流されていましたが、中国バブルが崩壊するまでの間は中国人旅行者が多くの外貨を落としてくれることでしょう。



2010tokyo109

 デパートを出たら雨の勢いが激しくなっていました。

午後からは自転車でお台場方面に行く予定でしたが、それは完全武装しなきゃ無理でしたので断念しました。近くの松屋を通り抜けてからアップルストアに行ってみたのですが、まだ新型iPod touchは展示されていませんでした。アップルストアの銀座店は日本におけるフラッグシップショップですから、1台くらい置いておけば良いだろうと思うのですが、消費者をじらすのがアップルジャパンのいつもの手法のようです。古臭い手法で効果は無いと思うのですが、頭が悪い人たちが会社の上層部に居座っているためなのでしょう。

新型iPod touchのOSはiPhone4と同じですからiPhone4をいじって時間をつぶしていたのですが、雨が止む気配はまったくありませんでした。それで3階のシアターでやっていたプレゼンテーションに参加してみました。毎週水曜日はビジネスデーということで「iPhone4やiPadをビジネスに生かす」とかのお題でのプレゼンテーションが行われていたのですが、これがなかなか面白い内容でした。詳しいことは書きませんが、小型軽量の端末だけでもいろんなことができるというということが理解できました。もちろんノートやデスクトップPCとWiFiで連携させることが理想ではあるのですけどね。

雨が止まなかったので複数のプレゼンテーションに参加してみたのですが、その休憩時間にネットのニュースでグーグルとソニーのアンドロイドOS搭載の新発想のテレビが発表されたという記事を読みました。それでプレゼンテーションを聞きながらアップルが開発中という噂のテレビについて勝手に予想してみました。

40インチクラスのサムソンの液晶のハードディスク内臓のテレビで、WiFiのセンターみたいな機能となると思いますので、液晶テレビにアップルのTime Capsuleを組み込んだような感じでしょうか。リモコンは新型iPod nanoみたいな小型のものになり、iPhone4やiPadなどでも操作できるアプリが無料でダウンロードできるでしょう。また別売りのBluetoothのキーボードやMagic Trackpadも使えて、音声入力でのテレビの操作や検索もできることになると思います。さらにカメラを内臓していてiPhone4などとFaceTimeで無料のテレビ電話ができるというものです。これくらいの機能を盛り込んで値段を2499ドルくらいに抑えればジョブスが言っていた「画期的な新製品」に価すると思うのですが、はたして予想は当たるでしょうか?(笑)



2010tokyo112

 夕方になったら傘をさして歩く人がいなくなりました。

それで晴海通りまで歩いて路上に停めておいた自転車を取りに行ったのですが、そこで新しい地下鉄の出入り口だと思っていたものが自転車用の入り口であったことに気がつきました。今日はまだオープン前でしたのでパイロンが置いてあって使うことができなかったのですが、おそらくミッドタウンみたいに3時間無料とかになるのでしょう。

ネットのニュースによりますと銀座地区では最大規模の192台収容の駐輪場がオープンするということですが、9階の広場やこの駐輪場など公的なスペースを提供することとの交換条件で道路の上の売り場が認められたのかもしれません。銀座は容積率のアップで12?3階建てのビルも増えてきましたし、景気低迷が続くとしても日本一の商業地ですから今後も大きく変化していきそうです。



2010tokyo110

 外堀通りの「銀座めざマルシェ」に行ってみました。

前から行ってみたかった「めざましテレビ」がプロデュースした物産館でしたが、前回は商品の入れ替えでビル全体がお休みだったのです。入り口の案内板によりますと1階から6階までいろんな地方の特産品を揃えてあるということでしたのでエレベーターで6階まで上がって順に下ることにしたのですが、安直に地方の産物を並べただけの売り場はアピール度が低いようで閑古鳥が鳴いていました。

6階の沖縄/九州と5階の北海道/東北のフロアを見ただけで、これ以上はチェックする価値は無いと判断して1階に下りました。そこで目に付いたのが年内にフジテレビを退社することになった高島綾アナのパネルでしたが、彼女がフリーになると表明する前に声を吹き込んだ目覚まし時計が山積みで販売されていたのです。普通なら目覚まし時計のサンプルが置いてあって高島アナの声を聞くことができるようにしてあるのでしょうが、そんな配慮はしてありませんでした。銀座めざマルシェは年を越すことができないかもですが、それは高島アナのせいでは無いでしょう。内情はわからないのですが、私は甘過ぎる企画書にGOサインを出した役員の責任だと思います。



2010tokyo111

 それから同じ外堀通りのR25cafeに寄ってみました。

リクルートが出している人気フリーペーパーの「R25」の名を冠した、「仕事の合間の10分間の止まり木」というのをコンセプトにしたカフェでしたが、ここは駅などではすぐに無くなってしまうことが多いR25と女性向きのL25を入手できる可能性が高い場所なのです。今回も無事にゲットすることができたのですが、どちらも内容はありきたりで面白いものではありませんでした。

しかしR25は薄いのでお風呂で読むにはピッタリですし、今回は上手い具合にAXEのボディソープの試供品が付いていましたので、もう少し秋っぽくなったら試してみるつもりです。もしかすると私のようにR25は風呂で読むという人が多くて、そのマーケティングの結果で企画されたものかもしれませんね。(笑)



2010tokyo113

 最後に赤坂のアーク森ビルに立ち寄ってみました。

何かのウェブサイトでアーク森ビルの2階に「ベジマルシェ」という野菜のショールームが8月26日にオープンしたというのを見かけましたので、どんな感じなのか様子をチェックするために寄ってみたのです。しかし残念ながら今日は何かのイベントがあるようで、19時前というのに早仕舞いされていました。この店は「アンチエイジング」や「デトックス」などのキーワードのもとで作られたジュースを出したり、「美味しいものはカラダに良い!」という合言葉で勉強会や料理教室などが開催されているようですが、ドアの外から見た感じでは中途半端な感じがしました。

コンセプトは悪くないものの、首都高に面した六本木通り前の2階というのは感心しません。配送用のウォークスルーバンみたいな車両を改装した売り場をカラヤン広場にでも停めて営業して、ビジネスマンが少なくなる週末は近くのイベント会場やショッピングモールに出張するようなことでも良かったように思いますが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/08(水) 23:59)

 350円で500円+αの価値を買うことができる本とは…?
2010tokyo102

 今朝の東京は久しぶりに涼しくなってくれました。

友人は引越しの準備の真っ最中なのですが、私が書店で見かけた350円のイケアのカタログの話をしたら、新居用に1冊購入してきたのです。この分厚いカタログは日本国内の5つのイケアストアで無料配布してるものと内容は同じなのでしょうが、最初のページに500円のクーポンとソフトクリームとホットドッグの無料券が付いているところが違うのです。

つまり期限までにイケアで500円以上の買い物をすれば特することになるのですが、このあたりの集客の手法が大資本のイケアならではで注目に価すると思うのです。イケアの朝食もそうですが、思い切ったサプライズ的な値段を設定することで集客につながるのでしょうし、こうやってネットで口コミで広がったりするのでしょう。最近の円高で輸入物が多いイケアでは割安感が増しているかと思うのですが、近いうちにこのホットドッグのクーポンを1枚貰ってイケアに最近の値段をチェックするために行ってみる予定です。



2010tokyo103

 青山でマクラーレンのショップを見かけました。

何かのテレビ番組で見かけたことがある7月20日にオープンしたばかりという高級ベビーチェアの専門店でしたが、1?2階の店舗にかなりの密度で商品が並べられていました。この業界のことはまったく詳しくないのですが、さまざまな工夫と安全性などが考慮されているらしく、軽くて使いやすいのでしょう。しかし家計への負担はずっしりと重たそうですが…(笑)

ちょっと驚かされたのがマクラーレンの店の両側が空き店舗になっていたことですが、これも長引く不況の影響なのかもしれません。ランドマークとなるフロム・ファーストビルの近くで立地としては悪くないのですが、道路に自動車を停められないということがウィークポイントなのでしょう。



2010tokyo104

 マクラーレンの近くにフェラーリの店がありました。

同じ4輪の高級車でも値段は数百倍するのでしょうが、こちらはゆったりと2台だけが置いてありました。こちらの業界の情報にも疎いのですが、マクラーレンのベビーチェアは一度購入したらあまりお金がかからないのに較べて、こちらは購入後にムチャクチャお金がかかることは間違いないでしょう。

さすがにバブルの勢いで買い物しまくっている中国人旅行者も自動車は自国で購入するでしょうから、不況下でよくやってるなと感心させられます。しかしフェラーリの知名度は抜群ですが、ついにテスラも日本にやってくるということですからキビシイ状況になるかもです。電気自動車はガソリン車に較べて経済的な上に環境にやさしいということで日本政府からテスラには1台300万円以上の補助金が出るという話でしたからね。個人的にはテスラを買うような富裕層には補助金は不要だと思うのですが…(笑)



2010tokyo105

 これは青山の骨董通りで見かけたものです。

ここは以前からコムデギャルソンの店がいろいろと変化していたのですが、今度はモンクレールとのコラボレーションになったみたいです。夕方で多少は涼しくなっていたというものの、今夜も熱帯夜になりそうな気温でしたので、暑苦しい秋冬ものは見たくもない感じでしたので店内はヒマそうでした。まあ猛暑の時は冬は寒くなるという説もありますから、来週あたりからは繁盛するのかもしれませんが。

中国人観光客の間でコムデギャルソンやモンクレールの知名度がどれくらいあるかは不明ですが、若い富裕層の中にはそれなりにありそうですから、外国人の購入比率が高い店なのかもしれません。この店は3月25日に1年限定でオープンしたそうですから、年内に冬物をどれだけ売ることができるかにかかっているのでしょう。年が明けたらプロパーでは売りにくい商品でしょうからね。



2010tokyo106

 こちらはまだ正体不明の新築の商業ビルです。

プラダの裏手、ミュウミュウの斜め前ですから、欧米の高級ブランドが入居すると思うのですが、この外観ですから宝石店かもしれません。しかしいつもこのような画像をアップしていて感じるのですが、日本のこういった裏通りは電線や電柱がウザいですよね。わりと古いショッピング街は電柱の地中化が進んでいるのですが、最近になって住宅街に店が進出している通りは行政も対応できていないのです。

ちなみにここを右に曲がった通りにはコムデギャルソンがコルソコモ10とコラボした店などがいろいろとあるのですが、カトリーヌ・メミなどが撤退していて空いてるテナントがたくさん目に付きました。円高基調が続いていますから輸入物の値段は下がって売りやすいはずなのですが、不況が長引いていることで撤退を決めた会社が多いのかもしれません。またプラダを不当解雇されたと訴えている裁判が長引いていることの影響も少なくないのかもしれません。



2010tokyo107

 青山からの帰りに野菜を移動販売で購入しました。

246から脇道に入った団地に週に2回やってくるトラックが見えましたので立ち寄ってみたら、店仕舞いしてる最中でした。馴染みらしい奥様が「もっと安くしてよっ!」と売れ残りの野菜を買い叩いていたので、私も便乗して交渉してみたら何でも半額くらいになりました。

これだけで300円におまけしてくれたのですが、ちょうど良いタイミングだったみたいです。おそらく30分早ければあまりおまけしてくれなかったでしょうし、30分遅ければトラックは荷物を積み込んでどこかに消え去っていたでしょうからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/09/08(水) 08:54)

 青山近辺で見かけたワイドショーには出ない些細なこと
2010tokyo97

 東京はほんの少しだけ秋っぽくなってくれました。

しかし昼間はまだ真夏みたいですから、こまめな水分補給が欠かせません。夕立でも降ってくれると少しは涼しくなるのですが、まだ降雨無しの記録を更新中なのです。雨が降ってくれないので野菜や果物も安くなる気配がありません。困ったものです。

これは以前にナディフという洋書屋があったエリアの駐車場の一角で営業を始めたタイムズプラスというカーシェアリングですが、無人貸し出しシステムですから最初に1500円払ってメンバー登録する必要があるようです。会員のICカードを使ってこんな感じに置いてある自動車に乗って出かけることができるみたいですが、10月末までのキャンペーンで右のフィアット500も15分200円で借りることができるようです。青山あたりじゃ駐車場は月額4万円以上もしますので、自動車は所有する時代からシェアする時代になってるようですね。



2010tokyo98

 青山の書店で味千ラーメンに関する本を見かけました。

熊本で開業した小さな1軒のラーメン屋が世界で600店舗を展開するまでに急成長してマスコミでも多く取り上げられるようになりましたが、ついにこんな本まで出版されちゃったのです。海外進出は順風満帆ではなかったようで、この本の中では各国での苦労話が詳細に書かれているようですから、これからアジアに出て行こうと考えている外食チェーンの担当者の皆さんには役に立ちそうです。

中国では450店舗と急成長している味千ラーメンですが、中国経済がバブル崩壊しないとしてもヤオハンのようなことになってしまう危険性はあると思います。まだまだ今後もドラマはありそうですが、この「中国で一番成功している日本の外食チェーンは熊本の小さなラーメン屋だって知ってますか?」という長いタイトルの本の続編が失敗と挫折の恨み節で無いことを祈りたいものです。(笑)



2010tokyo99

 新潟県のアンテナショップに立ち寄ってみました。

新鮮な野菜を近所のスーパーより安く売っていたり、地酒の試飲があったりしますので何度か行ったことがある新潟館ネスパスでしたが、店頭で「かりんとう饅頭」というお菓子の試食もありましたので味見させてもらいました。表面がかりんとうのようにカリッとした食感なのに中身はしっとりとした黒糖の饅頭で美味しかったのですが、1個130円では購入する気にはなれませんでした。

ウィキペディアで検索してみたら、「かりんとう饅頭は主に福島県田村市船引町のものが有名で、郡山市や会津若松市、隣県の群馬県などでも類似品が販売されるようになり人気を博している…」ということでしたが、ついに日本海側の新潟にまで広がったようです。来年あたりはウラジオストックあたりに上陸してたりして…(笑)



2010tokyo100

 まい泉の本店に新しいカウンターができていました。

とんかつまい泉のウェブサイトをチェックしてみたら、これは3月17日にリニューアルオープンしていたようでした。普通のとんかつ弁当や定番のヒレかつサンドじゃない新しいカテゴリーのバーガー類を売り出したみたいですが、値段も250円からと手頃ですから機会があれば試してみようと考えています。

しかしバーガーだからといって、「まい泉」のロゴを「MAiSEN」にすることは無かったのではと思いますが。周辺にモデル事務所などあって外国人のお客さんは多いのでしょうが、統一感が無くなってしまうと思うのです。でももしかしたら「まい泉」も「味千」と響きが似てるので海外進出を狙っているのでしょうか?(笑)



2010tokyo101

 これは原宿キデイランドの前で見かけたものです。

昭和の高度成長期から表参道のランドマークとして親しまれてきたキデイランドですが、建物の老朽化により壊されて建替えられることになったのです。新しいビルの完成予定は2012年の夏ということですが、それまではキャットストリートのインテリアショップの跡地の仮店舗で9月17日から営業ということでした。

現在のキデイランドは歩道に面した1階の一部だけを使ってキティグッズを販売しているのですが、その隣の案内ブースでは似つかわしくない作業服を着せられて働かされていたのです。しかし両目をつむったキティというのは他で見かけた記憶がありませんので、貴重な存在なのかもしれませんね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/06(月) 23:59)

 9月ににゃっても暑いにゃんて信じられにゃいにゃ?!
2010tokyo91

 9月最初の日曜日も都心は真夏の暑さでした。

友人宅の猫たちもクーラーを効かせていないとお腹を出してだらしない格好で寝ていたりします。引越しの準備で引き出しを空にしておいたら、そこはいつの間にか猫のベッドに早変わりしていました。こちらに背中を向けて寝ていたので名前を呼んだら、「にゃにかな…」と背伸びしながら振り返った瞬間を撮影してみました。

猫たちは小さい頃から育ってきたマンションを引っ越すことになるとは思っていないようで、毎日18時間くらい眠って平和に暮らしています。新居にどういった反応を示すかはわかりませんが、しばらくはあちこちを嗅ぎまわって楽しんでくれることでしょう。でも新居もさほど広くないので、すぐに新鮮味が無くなってしまうのでしょうが。(笑)



2010tokyo92

 ヤボ用で新宿のヨドバシカメラに行ってきました。

そのついでにiPod touchの関連商品をチェックしてみたのですが、私の予想以上にたくさんの種類が出ていました。渋谷のアップルストアの2階に置いてあったアクセサリーなんて微々たるもので、ムチャクチャ多くの種類の関連商品が出ていたのですが、割安感があるものは見当たらなくて私が買えそうなものは皆無でした。液晶フィルムくらいは貼ろうかと思っているのですが、日本では高いので中国の路上で客待ちしてる専門家のお姉さんにお願いするつもりです。

ヨドバシカメラのiPod売り場は若い女性で賑わっていたのですが、彼女たちはネット端末というよりは音楽プレイヤーとして購入するのかもしれません。あるいはボーイフレンドがiPhone4を使ってるので、WiFi経由で無料テレビ電話を楽しみたいということかもしれません。SIMフリーのiPhone4に挿せる通信カードが出ましたが、世の女性たちは通信感度が悪いソフトバンクを敬遠してドコモやauの端末を選んでいる人が少なくないでしょうしね。



2010tokyo93

 それからコクーンタワー地下の書店に行きました。

西新宿で最大規模の書籍数を誇るブックファーストですから品揃えも良かったのですが、その雑誌売り場で懐かしい北海道のスロウという雑誌を見かけましたので驚かされました。隣には「スロウなカフェを訪ねて」というムック本のシリーズの4冊目も並んでいたのですが、相変わらず広い道内を走り回って丁寧に作ってあるみたいでした。

いつの間にか北海道物産を売る店だけでなく都内の一般書店でも販売されるようになったみたいですが、それ自体は悪くないと思います。しかし北海道のカフェを舞台にしたテレビドラマの影響もあり、リタイア後に北海道に移住してカフェを開きたいと安直に考えている人が増えていそうですから心配です。このムック本のシリーズで紹介されているカフェはそれぞれが素敵なのですが、すべての店が経営的に上手くいってるわけじゃないはずですからね。



2010tokyo94

 その後に職安通りの韓国スーパーに行きました。

韓国旅行から帰ってきたばかりの友人がビビンバを食べたいとの希望でしたので食材を探しにやってきたのですが、最近の韓国ブームのためか混雑していました。私も次に渡欧する前には大阪からフェリーで上海には渡る予定ですが、韓国にはしばらく行くことは無いので、韓国料理という選択肢は大賛成でした。

この韓国広場というスーパーには初めて行ってみたのですが、なかなかの品揃えでしたし、野菜類も新宿にしては割安な感じがしました。そのためか近くのハナマサがヒマになっているようでした。このスーパーは24時間営業ということでしたが、歌舞伎町の夜の街の住人たちも冷蔵庫代わりに重宝していることでしょう。



2010tokyo95

 これは南新宿の明治通りの工事現場の風景です。

東新宿の伊勢丹のパーキングビルのあたりから迂回して通ることができる道路の計画があることは知っていたのですが、こうやって雑居ビルが立ち退いてスペースが出現すると現実味が出てきます。高いフェンスが邪魔をしていて道路の整備状況はわからないのですが、もうかなり完成に近いのではないでしょうか。この道路が完成すると常に混雑している伊勢丹横の道路を通らなくなる配送車などが増えてくれるでしょうから、現在よりもはるかにマシになるでしょう。

東京は地価が高いので立ち退き交渉に時間はかかるようですが、他の自治体に較べて財源が豊かですから道路網の整備はあちこちで進んでいます。ボトルネックの渋滞がずいぶんと解消されていますし、リアルタイムなカーナビの渋滞情報を見て脇道に逃げるドライバーも増えているようで以前のような大渋滞は見かけなくなりました。不況のせいで配送車が減っているせいもあるのかもですが。



2010tokyo96

 今晩の夕食は友人がビビンバを作ってくれました。

3種盛りで380円のナムルのセットは韓国広場で買ってきたものでしたが、ピリ辛の料理は暑い夜にピッタリで美味しゅうございました。少し食べた後に韓国土産のコチジャンやエゴマ油で味を変えて最後まで美味しくいただくことができました。これでテーブルにキムチやカクテキなどの小皿をたくさん並べると本格的になるのですが、韓国広場でもかなり高価でしたのであきらめたのです。

次の旅行では今のところは韓国に立ち寄る予定は無いのですが、もしもエアアジアなどのLCCが羽田より仁川の方が割安なキャンペーン価格だったりすればソウルにしばらく滞在して韓国料理を堪能してから福岡に帰国することになると思うのです。以前は海外旅行というと日本から出る航空券と帰国する航空券は決めておくのが一般的でしたが、LCCが増えてきたので自由度が増して旅行がしやすくなりました。円高と共にありがたい話です。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2010/09/06(月) 08:38)

 故・丹下健三氏が設計したビルが青山から消え去った跡には…
2010tokyo85

 本日は午後から自転車で表参道方面に出かけました。

故・丹下健三氏により設計され、昨年30周年を迎えたハナエ・モリビルが建て替えのために取り壊されるという話を聞きましたので、最後の姿を目に焼き付けておこうと思ったのです。以前にこのビルの地下には知人の小さな店がありましたので何度も通ったことがあったのですが、またひとつ昭和の風景が消え去ると思うと暑いのに心の中には秋風が吹きぬけるようでした。

このハナエ・モリビルの対面にあったマクドナルドのビルも解体されていますし、キディランドも建て替えられるそうですから、表参道は変化の時期を迎えているようです。このハナエ・モリビルが青山から消え去った跡には所有者の大林不動産が新たなテナントビルを建設するのでしょうが、周辺のように単なる高級ブランドが入居するだけのつまらないものにならなければ良いと願っています。



2010tokyo87

 土曜ですから246の国連大学に行ってみました。

いつも週末に開催されているファーマーズ・マーケットを冷やかして、奥のビルの地下2階にある本屋に向かっていたらGEOCで講演会らしきものが行われていましたので途中から参加してみたのです。「宇宙航空研究開発機構の最新の宇宙映像から地球を考える」というお題でJAXA阪本成一氏の講演が行われていたのですが、週末の昼下がりに有意義な時間を過ごすことができました。

ベーシックな宇宙の話から旬の小惑星探査機のはやぶさのエピソード、そして将来の月や火星のステーションでの長期滞在生活の予想まで面白く解説していただいたのですが、数年間に及ぶ長期移動や地球外生活に必要な食料調達の話になった時に昆虫食が紹介されていました。月面基地などでは蚕の炒め物でも食べることになるのかもしれませんが、アストロノーツの募集要項に「食べ物の好き嫌いが無い人」という項目が追加されることになるのかもですね。(笑)



2010tokyo88

 それから渋谷のアップルストアに行ってみました。

週末の夕方でしたから混んでいたのですが、2階はわりと空いていましたのでFACE TIMEというテレビ電話のデモを試してみました。テーブルの上に置いてあった手順で操作したのにエラーでしたからスタッフのお兄さんに聞いてみたら、「ソフトバンクの電波が弱いから…」と困った様子でした。何度か試してようやく繋がったのですが、ショールームのデモとしては不合格ですよね。私は孫会長が大嫌いですのでソフトバンクも嫌いなのですが、アップルが音楽業界や出版業界に衝撃を与えたように通信業界も崖っぷちに追いやっていただきたいと心から願っています。

今日のお兄さんは普通に商品知識があったので新型iPod touchについていくつか質問してみたのですが、的確な答えが返ってきましたので助かりました。しかし最後の「カメラの解像度は?」という私の質問に対して「公表されていないんですよ…」と申し訳なさそうに答えていたので気の毒になりました。検索してみたら70万画素程度ということでしたが、画素数がショボすぎてセールスポイントにならないので非公開なのでしょうか?どうせすぐにバレることですから隠す意味は無いと思うのですが、アップルの常識を疑いたくなります。



2010tokyo89

 渋谷のヤマダ電機の店頭でこんなのを見かけました。

先日ビックカメラで17800円に値下げされているのを見かけた旧型iPod touchの8GB版ですが、イーモバイルのPocket Wifiと同時加入すると1000円ポッキリで購入できるとアピールしていたのですが、都内では無料や低価格のWiFiスポットが多いためか、通行客の感心を引いていないみたいでした。検索してみたら昨年末にも旧型のiPod touchはPocket Wifiと同時加入1000円で買えたみたいですし、割安感はまったくありませんよね。

ちなみにiPod touchは音楽プレーヤーとして位置づけられていますが、私はドライブ中以外はほとんど音楽を聴かないのでメールやニュースのチェック端末としての使い方がメインとなるでしょう。また旅行中は地図や時刻表などをメモしたり、WiFiのつながらない外出先などではボイスメモなどで後で思い出せるようにキーワードを遺したりするのに使うことになりそうです。

今度のiPod touchは画像撮影時にWiFiの繋がる範囲内ならジオタグという位置情報を残せるようですが、GPS機能は内蔵していないので外出先ではダメなようです。私はそろそろ単なるブログからライフログといったものに進化させたいと考えていますのでGPS機能は欲しかったのですが、20900円という販売価格からポイント分を引くと実質的に2万円以下で購入できたわけですから我慢すべきなのでしょう。これも円高のおかげですが、ありがたいものです。



2010tokyo90

 渋谷からキャットストリートを抜けて原宿へ行きました。

ランドマーク的な存在の安藤忠雄氏が設計したビルがグンゼの「BODY WILD Under wave原宿本店」というものに変わっていたのですが、最初の高級インテリアショップからパンツ売り場に変わった落差に驚かされました。もちろんこの店はアンダーウェアのオーダーメイドまでできるオシャレな店らしいのですが、ウィンドウに手書きのPOPで「パパパンツ」と書いてあったりしましたのでね。

自転車を停めてまで中をチェックする必要は無さそうでしたのでスルーしたのですが、原宿だけのオリジナルアイデアもたくさんあったみたいですので、店内をチェックしてみるべきだったのかもしれません。まあ私が買うことができる値段のものは置いていないと思うのですが、内装がどれだけ変わったかを見るだけでも面白いかもですし。しかし安藤忠雄大先生はテナントがコロコロと変わることをどう感じていらっしゃるのでしょうね?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/04(土) 23:59)

 龍馬ブームが過ぎ去った後の高知県の生き残り策は…
2010tokyo79

 本日は午後に汐留で築地の友人と待ち合わせをしました。

その前に少し時間があったので8月21日のオープン時には行列ができたという高知県のアンテナショップである「まるごと高知」という店をチェックしてみました。ここは抜群の集客力を誇る沖縄のわしたショップの隣であり、現在はNHKの大河ドラマの「龍馬伝」のおかげで高知県に注目が集まっている時期ですから、絶好のタイミングなために異常なほどの集客となったのでしょう。

私は高知県には2回しか行ったことがありませんし、地域の特産物に関して詳しいわけじゃ無いのですが、地下と1階の売り場を見て回った限りでは「これは他の地域には無い優れた特産物だな…」と思わせるものは見当たりませんでした。もちろん高知県には馬路村みたいに特産品の開拓を頑張っている地域があることは知っているのですが、単に龍馬のブームに便乗しているかのような志が低そうな商品が並んでいましたので辟易させられました。

このアンテナショップには高知県への観光旅行を呼びかけるブースもあったのですが、私は関西からのアクセスを改善することが最大のポイントだと思います。羽田から高知龍馬空港にはANAとJALが1日に4便づつ飛んでいるらしいのですが、高コスト体質の会社だけでは100年経っても航空運賃は下がらないでしょう。落ちたブランドのJALには撤退してもらって、スカイマークなどの格安航空会社に乗り入れてもらうべきでしょう。最近になってハブ空港化しつつある神戸空港から早割りで3800円くらいで飛べるようになれば、来年になって龍馬ブームが過ぎ去っても高知県の観光業は生き残ることができるのではないでしょうか。



2010tokyo80

 汐留ミュージアムでハンス・コパー展を見ました。

まだ友人との待ち合わせまでに少し時間があったので頂きもののチケットで入場してみたのですが、平日というのに会場内はえらく混雑していました。不景気な時代なのにアートシーンを支える中高年たちのアグレッシブさには驚かされます。まあ汐留ミュージアムの運営がパナソニックであるために、無料招待券が大量にばら撒かれているのかもしれないのですけどね。

美術鑑賞の後はシオサイトのキャニオンテラスでのイタリアンということにしてみたのは汐留ミュージアムにいた有閑マダムたちをマネしたわけじゃありませんでした。何かのメディアで「ラ・べファーナ」という店がレタスなどの植物を店内で人工的に育てているという話を見たので、それがどんな感じなのかチェックしてみたのです。

私と友人は2種類しかない1000円のピザランチをオーダーして、味の違いを楽しむためにシェアすることにしたのですが、最初に出てきたサラダの量が予想より多かったので嬉しくなりました。しかしキャニオンテラスに置いてあった植物育成のプラントだけではとても賄うことはできないということでした。考えてみると閑古鳥が鳴いているような店以外ではとても足りるはずがなく、植物育成のプラントは店のイメージを高めるための小道具のようでした。



2010tokyo81

 食後に友人宅に行く途中に工事現場を通りました。

晴海通りで解体中のこの物件は今年の4月に建替工事のため休館となった歌舞伎座ですが、2013年の春の完成を目指して工事が進められているのです。新しい歌舞伎座は下層階だけは古い建物のイメージを残しているものの、土地の有効利用を図るために地上約150メートル、29階建ての無機質なデザインのオフィス棟を背後に控えた複合施設として生まれ変わるということでした。

銀座4丁目の交差点まで徒歩3分くらいという最高の立地ですから、容積率いっぱいの建物を建てて利益を最大にしたいという施主側の気持ちは理解できるのですが、上下がアンバランスな建物が出現することに関しては私は否定的な考えです。歌舞伎座は郊外の地価が割安な地域にそのままの形で移築するような方法を模索すべきだったのではと思います。



2010tokyo82

 その後に銀座で行列が出来ている店を見かけました。

この「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」はアサヒビールによる看板商品のスーパードライを氷点下で味わうという、新しい飲み方を提案する期間限定店舗のようでした。-2℃?0℃にキンキンに冷えたスーパードライはグラス1杯550円のようですが、エクストラコールドを自分で注いだ人には特製の認定証を土産に貰えるみたいです。この暑さのために9月末までの延長が決まったみたいですが、行列に並んでまで飲みたくないので私は試すことは無いでしょう。

今年は猛暑でしたからビール会社の業績は良かったのでしょうが、私は日本はビールの税率が高過ぎますので飲む気にはなれません。自民党政権下でも「こんな政府に納税なんかしたくない!」と考えていたのですが、民主党に政権が変わってもヒドいままですので税率が高いものは飲まないように心がけています。もし小沢が総理のイスに座ったら、小額でも納税はしないようにするつもりです。



2010tokyo84

 銀座のアップルストアはまあまあの客数のようでした。

私は6月24日のiPhone4の発売日には福岡のアップルストア前で行列を見かけたのですが、今回はそれほどインパクトが大きくないiPodシリーズの発表でしたから、予約やチェックしにやってくる人は少なかったのでしょう。私はカメラ付きのiPod touchの発売を心待ちにしていましたので出かけてみたのですが、現物は置いてありませんでしたし、アップルストアのスタッフも商品知識が少ない人に当たってしまいましたのでガッカリでした。

この画像は銀座4丁目の三越の正面玄関ですが、9月11日の新館のオープニングに合わせて本館の方も工事中でした。このクソ暑い中で背広を着たスタッフが改装工事をやってることを知らずにやってきたおばさまたちを案内していましたが、張り紙で済ませないところがいかにも日本的ですよね。



2010tokyo83

 最後に有楽町のビックカメラに寄ってみました。

もしかしたら新型iPod touchの現物があるかもと思ったのですが、ここには旧型が17800円に値下げされたものがズラリと並んでいました。店員さんは拡声器で「カメラが不要な方はお買い得です!」とがなっていましたが、新型はバッテリーの容量も増えていますので2000円の値下げでは訴求力が無いと思います。アメリカのiPhoneみたいに99ドル程度にしなきゃダメだと思います。まあアップルの場合は日本で旧型の在庫が残ってしまっても、パッケージを変えて他所の国で売れば良いので問題は無いのでしょうが。

店員さんに聞いてみたら新型iPod touchの納期は3週間前後ということでアップルストアと同じだったのですが、こちらはポイントが5パーセント付きますし、もし私の渡欧までに間に合わない場合はキャッシュバックするということでしたので、20900円払ってiPodの予約専用レジで申し込んでしまいました。

新型iPod touchは香港やシンガポールで買えば日本政府に消費税を払わずに割安に購入できるので、もし入荷が間に合わない場合は予約をキャンセルしてしまえば良いわけです。東芝やサムソンからiPad対抗機種の発表がありましたが、もし私の渡欧前に7インチ液晶でカメラ付きのiPadの新機種の発表があればiPod touchはキャンセルしてしまうかもです。その可能性は低いので、iPod touchで私は初めてのアップル製品のオーナーになることになりそうです。アメリカで229ドルのiPod touchは今日の為替相場では19350円くらいですから、消費税995円を含んだ金額である日本の20900円という価格はまだ少し割高なのですが、以前のアップル・ジャパンの価格設定よりマシですので妥協しちゃったのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/03(金) 23:59)

 神楽坂の700年の歴史をぶち壊す現代建築とは…
2010tokyo73

 本日の東京はなんとかギリギリ猛暑日を免れました。

午後からクソ暑い中を自転車で秋葉原に出かけたのですが、神楽坂に寄り道してみることにしました。先月末にテレビのニュースで神楽坂の駅に近い赤城神社の敷地内に三井不動産レジデンシャルが神社と分譲マンションを一体化させたパークコート神楽坂という物件を開発したというのを見かけたのでチェックしてみたのです。

かつての赤城神社は地味な普通の神社だったのですが、目先の利益のために歴史的な景観を台無しにしていましたので腹が立ちました。私はほとんど税金を払わない宗教法人が幼稚園や駐車場を経営したりするのも好ましくないと考えているのですが、数十年に渡って権利が発生するマンションの開発は論外だと思います。三井不動産という大企業の開発物件でしたからテレビのニュースではわりと好意的に紹介していたと思うのですが、私はこんな愚行を許してはいけないと思います。神社はマンションを開発したい場合は神社を廃業すべきだと私は思います。



2010tokyo74

 秋葉原で最初に向かったのは新しいアート空間でした。

廃校になった中学校の跡をリノベーションした「3331 Arts Chiyoda」という施設でしたが、これはなかなか良い出来だったのです。残念ながらメインの展示室は作品の入れ替え時期だったのですが、常設の「読書コミュニティスペース」で開催されていた大日本印刷の「本棚と私たち」という展示など、けっこう楽しむことができました。

ただこの施設はせっかく秋葉原の近くにあるのに、それを最大限に生かしてはいませんでした。壁面緑化や屋上の菜園などは悪くないのですが、秋葉原の専門店とコラボしてソーラーパネルを導入したりとかLEDで植物を育てたりとかすれば良いのではと思いました。ここは秋葉原駅からも上野駅からもちょっと距離があるのですが、両駅前にベリブのように30分間は無料で利用できるICカードや携帯電話で貸し出しができる自転車を用意すると良いと思います。



2010tokyo75

 秋葉原では友人の引越し用にいくつか買い物しました。

その後にいつものように裏通りの個性的な店をチェックしていたのですが、昭和っぽい匂いがする怪しい店がありました。「¥1990」の文字が目立っているのですが、なにやら現代アートのような雰囲気でした。ギシギシと音がする階段を2階に上がってみたら、2010年なのに扇風機がヌルい空気を掻き混ぜている不思議な空間でした。

ePadという中国製のiPadのバッタ物も売っていたりしましたが、製品のクオリティが低そうですから店員に値段を聞く気にもなれませんでした。今日はアップルから新型iPod touchの発表があり、私の299ドルという予想より70ドルも安い229ドルでしたから、初めて本家の商品を購入することになりそうですしね。



2010tokyo76

 JRの秋葉原駅もずいぶんと完成に近づいていました。

この場所には秋葉原デパートという昭和的な売り場があったのですが、新しく建て直されてチェーン店ばかりになりそうな雰囲気です。駅がキレイになることには異存は無いのですが、JRは利益しか考えていないみたいですから腹が立ちます。民営化した私企業だから当然だと考える人もいらっしゃるかもしれませんが、民営化の際に18兆円もの負債を国民に押し付けた過去を考えれば、多少は利益を犠牲にして利用者の満足度を高める努力をすべきだと思います。

まだこの駅の中身については何も知らないのですが、凡庸なデザインの外観から想像する限りは面白くないものになりそうです。世界中から観光客が集まる秋葉原の中心的な存在ですから国際コンペでも開催して画期的な建築プランにすれば良かったと思うのですが、せっかくのチャンスを棒に振ってしまいました。もったいない話ですよね。



2010tokyo77

 秋葉原から北砂のアリオに行ってみました。

いつの間にか全国では9店にまで増えていたアリオの最新の施設でしたから、店内は新しくてキレイでした。このあたりは私はあまり馴染みが無いエリアだったのですが、近くの錦糸町にはオリナスが、南砂にSUNAMOという競合店があるわりには健闘しているようでした。斜めに走るような独特の導線という試みも興味深いものでしたが、あまり意味も効果も無さそうでしたが。

面白いなと思ったのですが、イトーヨーカドー系列のアリオなのに西武系のLOFTの小型店舗が入っていたことです。流通激戦時代になって系列とかにこだわっている場合じゃないのかもしれませんが、こういったことは今後も続くのかもしれません。



2010tokyo78

 アリオのイトーヨーカドーで寿司を買いました。

最後に1階のスーパーに寄ってみたら食パンが58円、玉子が88円などと都心に較べるとムチャ安でしたので、惣菜売り場でちょっと贅沢な寿司を買ってみたのです。贅沢といっても夕方で値下げされていてワンコインで買うことができたのですけどね。このイトーヨーカドーのセルフレジはたまたま子供が少なかったためかスムーズでしたし、品揃えも豊富で悪くありませんでした。

しばらく都心に向かって走ってから建設中のスカイツリーが間近に見える公園で88円のチューハイと共にいただいたのですが、なかなか美味しゅうございました。ただ残念だったのは夕方だというのに気温が下がる気配がまったく無いことでした。隅田川を越える時にほんの少しだけ涼風が吹いただけでしたのでね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/09/02(木) 23:59)

 熱帯夜の最多記録を更新中の東京で見かけたものは…
2010tokyo68

 9月になったのに真夏の気温が続いています。

東京では最低気温25度以上の熱帯夜が1994年の47日を抜いて49日目となりそうで、気温を下げてくれる夕立も降らないので最多記録を更新し続けるかもしれないのです。もう1週間くらいのガマンかもしれませんが、街角でこんなポスターを見かけると心が動いてしまうのです。もちろん公共のプールじゃキャップ着用とか、数時間ごとの休憩を命令されたりするのは煩わしいので行くことは無いのですが、まだまだ泳ぎたくなる暑さは続いているのです。

まあ今年は7月に渡米した時にカリフォルニア州とテキサス州でビーチに行くことができましたし、秋以降にロンドンに飛ぶ前にタイやマレーシアあたりでビーチに行くことも考えられますので、東京で無理して泳ぐ必要は無いのですけどね。



2010tokyo69

 今日のランチは焼きうどんと冷奴にしてみました。

やはり友人宅にも食べるラー油がありましたので試してみたのですが、食感がザラザラしていて冷奴には向いていないようでした。しかし食べるラー油ってどこの家庭にでも常備されているので笑ってしまいます。このまま家庭の常備品として定着するという説もあるみたいですが、私はほとんどの家からは消え去るものと予想しています。

食べるラー油のブームは年内には終わると思うのですが、それは次のブームの大きさによると思います。何か爆発的なヒット商品が出現すれば早いでしょうし、小さなヒットなら食べるラー油が来年まで生きながらえることもあり得るのでしょう。



2010tokyo71

 今日はヤボ用で四谷の新宿区の図書館に行きました。

その途中の新宿御苑の近くに新しいマンションが完成していたのですが、外苑西通りの道路とマンションの間にあった空き地に白い石が敷いてあるのを発見しました。この場所は以前は雑草が生えるがままにほっておかれた未利用地でしたが、マンションのデベロッパーが少しでも高級感を出そうと行政に根回しをして整備したのでしょう。

マンションの前の貧弱な建物は交番ですが、どうせ役に立たないので撤去してしまえば良かったのでしょうに。この場所で交番を残すとしても、新築のマンションの中に組み込むとか方法はあったはずですよね。東京はまたしても都市景観を改善するチャンスを逸してしまいました。まったくもったいない話です。



2010tokyo70

 図書館の1階で抽選会みたいなのをやっていました。

4台ほどの再生自転車を8000円程度で区民に販売していたようですが、12人ほどの希望者が集まっていたようですから、競争率は約3倍ということになります。円高基調が続いていて中国製の安い自転車なら1万円以下で購入できる時代ですから8000円前後という値段は安くは無いのですが、ちゃんと専門家がメンテナンスしているもののようですから安心感があるのでしょう。

このような再生自転車を買う人は巷の自転車ブームに乗せられている人たちとは違うのでしょうが、どちらも都心に安心して停めるスペースが減ってるというのは切実な問題でしょう。特に繁華街に近い駅前などは慢性的に駐輪場が不足していて、停めることができないからと路上に置いておくとトラックで勝手に持ち去られてしまうこともあるのです。それを保管場所に取りに行くと5000円前後の手数料を要求されちゃうから「じゃあ、新しいのを買うか…」ということになるのですが、この構図ってアホらしいと私は思うのですが。やはり東京も早くべりブのようなICカードや携帯端末を使って無人で貸し出しできる自転車のシステムを早く導入すべきでしょう。



2010tokyo72

 図書館の帰りにこんなポスターを見かけました。

厚生労働大臣の長妻氏のアップのポスターに「公募!区長・区議会議員を公募します」と書いてあるのですが、2011年4月の渋谷区区長選挙に民主党からの候補者を公募することにしたらしいのです。現在の渋谷区の区長は桑原敏武という人物らしいですが、民主党の言いなりになるような区長を擁立したいのでしょう。

渋谷区の人口は20万人弱ですが、都心部ですので投票率は低く、無党派層の動向がカギを握る構図なのでしょう。今回の党首選挙のゴタゴタで民主党の支持は落ちているでしょうし、14日にどちらが勝ったとしてもさらに低下傾向にあるでしょう。世間での長妻氏の評価も下がり続けているようですから、民主党から立とうと考える人は少ないかもしれません。これも鳩山兄弟のせいでしょうが、まったく迷惑な世襲議員たちですよね。兄の方は政界から引退するという話も無かったことにしようとしているみたいですし…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/01(水) 23:15)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア