新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台北のマッサージ屋で女の子と笑顔で記念撮影していた有名力士は…
taipei29

 2・28の記念日も台北はスッキリと晴れてくれました。

今日が台湾の休日で無ければ南部の高雄方面に出かけようと考えていたのですが、交通機関は休日料金で割高になるということでしたので1泊延長することにしました。それで宿で朝食やシャワーなどを済ませて、まずは徒歩30分くらいの所にある微風広場(ブリーズ・センター)という商業施設に行ってみることにしました。

しばらく歩いていたら日本語で「マッサージ」と書いてある店の前に女の子と笑顔で記念撮影している力士の写真が目に付きました。おそらく台北場所の後にマッサージを終えて、この店のオーナーの希望に応じたのでしょうが、まさかこの時は八百長問題が発覚するとは思っていなかったのでしょう。まだ横綱は疑惑だけですので、この写真もしばらくの間は客引きの道具として使われ続けるのでしょう。



taipei23

 微風広場に行く前にランチを済ませておくことにしました。

宿から20分くらい歩いた高架の下に上手い具合に限りなく屋台に近い安っぽい雰囲気の飲食店がありましたので、70台湾ドル(約210円)の羊肉炒麺を注文してみました。私はアジアの都市では屋台で食事するのが好きなのですが、経済発展している台北では、オートバイの数と共に屋台も激減しているので残念です。

また屋台でも最近は使い捨ての容器を多用する傾向がありますし、昔のような旅情を味わうことは難しい時代になりました。ちなみにこの店はプラスチックの皿でしたが、できれば縁が欠けた陶器の皿で出してもらいたいものでした。まあ大都会で普通に美味しい炒麺が200円程度で食べることができますので、満足すべきなのでしょうが…



taipei24

 微風広場は相変わらずバブリーな雰囲気でした。

この商業施設は訪問する度に日本化してるような気がするのですが、今回は地下2階に和菓子屋の甘月堂とディーン&デルーカがオープンしていました。両方ともそれほど大きな店ではありませんでしたが、顧客の要望なのか、あるいはオーナーの趣味なのか、これでまた少し日本との距離が縮まったようです。もちろんディーン&デルーカの本拠地はニューヨークですが、微風広場にできた店はなぜか日本にある支店の雰囲気がしていたのです。

ちなみにこの1階部分の横の広場には地下の広場に降りる階段があり、以前に訪れた時はちょうどミスター・ドーナッツの台湾1号店の開店日で、トレンドものが好きそうなお客さんたちが長い行列を作っていました。しかし現在はその場所はマダム向けのブティックに変わっていました。支店がたくさんオープンしたミスター・ドーナッツは微風広場にはそぐわないと判断されたのでしょうが、流行が陳腐化するサイクルが早いのも日本並みのような気がします。



taipei26

 微風広場からバスに乗って南港エリアに行ってみました。

2009年の6月3日には南港の展示会場にコンピューター関連のイベントを見に行ったのですが、今回はMRTとモノレールがつながったということで、周辺整備が進んでいるかと期待して行ってみたのです。しかし南港のひとつ先のソフトウェアの会社が集まるエリアの大規模な空き地に数本の工事用のクレーンが立っていただけでした。

またモノレールを挟んだ工事現場の対面の空き地にはイケア・カラーのブルーとイエローのテントがありましたが、そこにはシルク・ド・ソレイユの文字がありました。日本やマカオでの成功を受けての台北公演なのでしょうが、近い将来にシルク・ド・ソレイユは台北でも幕張にあるような常設劇場が建つのではないでしょうか。



taipei27

 夕方にモノレールでミラマーというモールに行ってみました。

最初に行った時にはモノレールが無かったので閑散としたイメージでしたが、現在では公共交通機関がループ状につながりましたので広範囲から集客できるようでした。また花博開催中ということで、台北以外のエリアから見学にやってきたファミリー客がミラマーで食事やショッピングを楽しんでから帰ろうとしたということもあるのでしょう。

ミラマーの目の前にはカルフールがあるのですが、毎日カルフールじゃ面白くありませんから、少し離れたa・martというスーパーを試してみることにしました。a・martに行くために信号待ちをしていたら、こんな看板を見かけました。日本でもお馴染みの馬英九氏と私は知らない楊というおじさんが並んでポーズを取っているものでしたが、かなりあざとい感じがしました。これだと逆効果になるんじゃないかと思ったのですが、まだ台湾だとこれが通用するのでしょうか…?(笑)



taipei28

 ミラマーからは無料のシャトルバスに乗りました。

台北駅方面に急いで帰りたい場合にはモノレールに乗れば良いのですが、シャトルバスの行き先が花博の会場の近くの剣澤駅でしたので、先日は電車の窓から見た会場周辺の様子を近くまで行ってチェックしてみようと考えたのです。シャトルバスは10分くらいでMRTの剣澤駅前に到着したのですが、タイミング良く花博会場に行く2番と書かれた別のシャトルバスがやってきたので飛び乗りました。

1駅分でしたから3分ほどでMRTの円山駅に到着して、会場の入り口の盛り上がりをチェックして帰ろうとしたら、今度は1番と書かれた無料のシャトルバスがやってきました。どこに行くのか不明でしたが、とりあえず乗り込んでみたら、花博の別の会場入り口などをいくつか経由して、最後は松山空港まで行くようでした。

空港まで行ってしまうと遅くなりそうでしたから2番目の停留所で降りてみましたら、ちょうど陽が沈むところでした。メインの会場の入り口は鉄骨を組んで作ってありましたので最終日の4月25日以降も残るのでしょうが、こちらの入り口は簡単に木が組んであるだけでしたので終了後は撤去されてしまうのでしょう。ちなみに会場の見取り図にWiFiと書いてありましたのでチェックしてみたら、パスワードが必要でした。近くにいた案内係に訊いてみたら、会場内のインフォメーションセンターに行ってパスポートを提示する必要があるとのことでした。花博の開催期間中くらいは来場者の利便性のためにアップルストアのようにWiFiを使い放題にしても構わないんじゃないかと思うのですが、そのセコさも日本をマネしたのかもしれませんね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/28(月) 23:59)

 気持ち良く晴れた朝に台北駅前から257番のバスで向かった先は…
taipei17

 今日も台北はスッキリと晴れてくれました。

日本とは1時間の時差があることもあって早起きしたのですが、今日も最初は郊外にあるイケアの別の店で朝食を試すことにしました。グーグルマップで確認したら直線距離は5kmほどでしたが橋を渡った対岸でしたので歩いて行く気にはなれませんでしたので、ウェブサイトに出ていた台北駅前から15台湾ドル(約45円)、257番のバスで向かうことにしました。日曜で道路が空いていたこともあり、10分ほどで巨大なイケアの建物が見えてきました。

表示に従ってエスカレーターで3階まで上がったら広いレストランフロアがあり、川に面して大きな窓がありましたので開放感がありました。残念ながらこのイケア新荘店の朝食メニューは一昨日の店と同じ2種類のものしかありませんでしたので、今日は安い方の39台湾ドル(約117円)のものと35台湾ドル(約105円)のコーヒーにしてみました。支払いを済ませた後でハッシュブラウンなどを追加で頼めることを知りましたが、それは別の機会に試すことにしました。

最初は太陽が当たる窓側で食べていたのですが、まだ2月でしたので冷房は弱めでしたので暑くなって移動しました。日曜でしたのでファミリー客が次々にやってきましたので、広いテーブルを占拠するのも気が引けましたしね。ちなみにこのイケア新荘店にもWiFiはあったのですが、途中でつながらなくなってしまいました。電波はガンガン飛んでいたのですが、不思議でした。


 
taipei18

 イケア新荘店からは無料のシャトルバスが出ていました。

橋を渡った所のMRTの駅を経由して板橋という副都心まで走っていたのですが、久しぶりに板橋エリアの変化を見に行こうと考えていた私には好都合でした。以前の板橋エリアは市役所の高層ビルが1本だけ建ってる状態でしたが、今回7年ぶりくらいに行ってみたら高層ビルが10数本に増えていましたので印象がまるで違いました。シャトルバスを降りて、まずは目に付いたデパートに行ってみたのですが、地元向けの大衆的な品揃えで面白くありませんでした。

日曜だから閉まっているだろうと予想していた市役所は、結婚式や市民の発表会らしきものをやっていたためか開いていました。それで前回と同じように8階の大食堂で早めのランチでもと考えたのですが、さすがに今日は職員の皆さんが休日でいないので休みでした。市役所を出る前に今回も33階の展望フロアに行ってみたのですが、そこから見る景色も大きく変化していました。

この2本のビルの下の部分は鉄道の駅舎ですが、新幹線も乗り入れていましたし、少し地下通路で歩いた所にはMRTも接続していましたので便利になっていました。駅舎にはGLOBALという商業施設がオープンしていて、賑やかになっていました。地下や2階にはいろんなレストランが入居していたのですが、あまり割安感があるものが見当たりませんでしたので、スルーすることにしました。



taipei19

 板橋からはMRTで芝山まで行ってみることにしました。

都市部の台北駅あたりでは地下を走っていた電車が地上に出て、郊外は高架を走るようになるのですが、円山駅という花博の会場前で停まった時に電車の窓から賑わっている様子を見ることができました。この博覧会の一般料金は300台湾ドル(約900円)、17時以降のナイトタイムでも150台湾ドル(約450円)もするみたいですから、私は入ってみようとは思いません。

しかし台湾の皆さんには強くアピールしているみたいで、今日は入場者数が14万人近くにもなったそうです。正月の明治神宮の参拝客数は300万人とかになるみたいですから、14万人はたいしたことがないように思えますが、台湾人にとっては安くない入場料で、総人口が2300万程度であることを考えればスゴいことでしょう。



taipei20

 芝山駅から3分ほど歩いて太平洋そごうに到着しました。

このエリアは昔から落ち着いた感じの住宅地で、少し離れた天母には日本人学校があったりします。その近くの新光三越はチェックしたことがあったのですが、太平洋そごうが進出していたとは知りませんでした。今日はランチを食べ損ねていましたので、エレベーターでフードコートに直行しました。台湾風なものなら何でも良いというくらいに空腹でしたが、上手い具合に食べようと思っていた牡蠣玉のセットがありました。

煮玉子と肉の煮込みがかかったご飯と青菜の蒸し物、そしてフィッシュボールのスープが付いて120台湾ドル(約360円)でしたが、大きな窓が開いている開放感があるフードコートでしたので悪くありませんでした。残念ながら牡蠣玉にオレンジ色のソースをかけないでくれという注文は間に合いませんでしたが、アメリカや中国のものに比べるとまだマシでしたので許容範囲でした。



taipei21

 食後に太平洋そごうの中をチェックして回りました。

東急ハンズの小型店やジュンク堂などがバランス良く配置されていたのですが、このフロアはぐるりと窓が開いていましたので新鮮でした。デパートはたくさんの商品を陳列するために壁面は商品で埋め尽くすことが多いものですが、この支店はなかなか贅沢なつくりになっていました。

そごうらしい正方形に近い敷地の中央部分に上下2本のエスカレーターという定番の構成でしたが、これまでのそごうの良い面は継承して、悪い面は排除して集客力のあるテナントを入れるという手法で、私が見た中でいちばんバランスが良いそごうの支店でした。私は国内外のほとんどのそごうの支店はチェック済みですから、これは最大限の褒め言葉です。



taipei22

 そごうの前のバス停から台北駅行きのバスが出ていました。

MRTは景色が見えませんので面白くないので、15台湾ドル(約45円)のバスで帰ることにしました。中山市場のあたりで降りて、地下を走るMRTの線路の上の部分を歩いていたらこんなロボットのオブジェが置いてありました。最近は台北のあちこちでストリート・オブジェ風なものが置いてあるのですが、中には担当者の趣味を疑いたくなるものも少なくないのです。

昨年の秋にミッドタウンで台湾のデザインの展示会があったのですが、その時に今年の秋に台北でデザイン博みたいなものが開催されるという情報を得ました。たしかにデザインの質は急速にアップしているとは思うのですが、台湾を代表するようなオリジナルのものが無いのは致命的だと思います。まあデザイン博を切欠にステップを上がっていくということでも価値はあるとは思うのですが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/27(日) 23:59)

 4月25日まで花博開催中の台北の中心部で見かけたものは…
taipei11

 台北は今日もスッキリと晴れ、初夏のようでした。

札幌の7月初旬並みの爽やかな気候で、Tシャツ1枚でも充分なのですが、なんと地元の人の中にはダウンジャケットにマフラー姿の人もいました。短い冬の間のファッションを楽しみたいのかもですが、見た目に暑苦しくて不快なくらいです。そんな中で私だけ半袖姿になるのも気が引けましたので、ロングスリーブのシャツを羽織って台北駅周辺をチェックしてまわることにしました。

台北では4月25日まで花をテーマにした博覧会を開催しているのですが、駅前にはそれを知らせる看板などが立っているのは日本と共通でした。このアジア的な大屋根の台北駅は地下や1階部分はたいして変化は無かったのですが、2階は微風広場のプロデュースによりキレイにリノベーションされていて、有名なレストランやフードコートなどがズラリと並んでいて迫力がありました。



taipei12

 久しぶりに古くからの繁華街の西門エリアに行ってみました。

日本で言えば浅草的なイメージの街ですから面白いものは無いだろうと前回の2009年には足を踏み入れることが無かったのですが、台北駅方面から見慣れない尖がった建設中の建物が見えましたので、建築現場マニアとしてはチェックしておくことにしたのです。西門の商店街は相変わらず田舎っぽいものばかり売ってる低層の店ばかりでしたが、その中心部を20?30軒ほど地上げして30階建てくらいのビルを建設中でした。壁面にはTAIPEI TIT TOWER SQUAREと表示してあり、誠品書店の名前がありましたので、下層部分はこのエリアで3軒目の誠品の商業ビルになるのかもしれません。

「ついに西門にも変化の波が押し寄せてきているのか…」と考えながら映画館が並んでいた歩行者専用道路を歩いていたら、街外れにわりと大きな電影主題公園というのが現れました。入り口の案内板には英語の説明がありませんでしたので詳細は不明ですが、いくつかのレンガ造りの古いビルが残されていましたので、101ビルのエリアなどが開発される前に歓楽街として賑わっていた時代の名残りを次世代に継承するという意味が込められた都市公園なのでしょう。見た目には古さを感じさせるものでしたが、案内板には馬英九氏のサインがありましたので、わりと新しいのかもしれません。



taipei13

 西門ではこんな怪しい看板の店もありました。

日本っぽい印象の2頭身のキャラクターが笑っている佐野ラーメンという店でしたが、もしかしたら以前にテレビ番組でラーメン修行の鬼コーチ的な存在としてよく出演されていた佐野実氏をイメージした店名なのかもしれません。佐野氏はいつも腕組みして睨みを利かせているようなイメージでしたから、この鎧を着て笑ってるキャラクターとは違和感があり過ぎますよね。この佐野ラーメンはチェーン店舗みたいで、西門エリアだけでも3店舗くらい見かけました。

その他にも台湾の日本風ラーメン・チェーンとしては銀座ラーメンというのがありましたが、もちろんちゃんと花月ラーメンみたいに日本のチェーン店が進出しているのもあるみたいです。ちなみに佐野ラーメンの1階のPIERMEIという店のキャラクターは不二家のペコちゃんに酷似していますよね。偶然に似ただけと言い張れるレベルでしょうが、佐野ラーメンの近くだったせいで怪しく見えてしまいます。(笑)



taipei14

 西門でこんな変わった飲み物の店を見かけました。

日本ではあまり見かけない白いゴーヤのジュースの専門店みたいでしたが、他所では見たことがありませんので台湾でも珍しいのかもしれません。先日はアスパラガスのジュースを買ってみたくらいに好奇心が強い私ですが、さすがに罰ゲーム的なこのジュースは試す気になれませんでした。もしかしたら美味しくて健康にも良いのかもですが、1杯45台湾ドル(約135円)もしましたので止めておいたのです。もし4?5人のグループだったら、一口づつ回し飲みして楽しむことができると思いますけどね。(笑)

ちなみにこのゴーヤ・ジュース屋の近くでは、飲食店の呼び込みのお兄さんから日本語で声がかけられました。先日は101ビルのエリアで道を訊かれたりしましたので、もう台湾じゃ紛れこめているのかなと思っていたのですが甘かったようです。やはり呼び込みのプロから見ると日本人だとバレてしまうみたいでした。



taipei15

 台北では日本でお馴染みの黄色い看板が増えていました。

バブル景気に沸く中国でも自転車が激減して自動車が増えていますが、台湾でもバイクの数がかなり減っているのです。次々にMRTの新線が開通しているというのも理由でしょうが、経済成長と共に自動車に乗り換える人が増えているのでしょう。そのためか慢性的に駐車場は不足しているみたいで、空き地は次々にこのような無人収納システムの駐車場に置き換わっているようです。

ちなみに料金は1時間40台湾ドル(約120円)とまだ安いように感じますが、コンビニなどのアルバイトの時給が100台湾ドル程度ということを考えれば妥当な値段です。またガソリン代は1リットル30台湾ドル(約90円)くらいと日本より少し安いくらいですから、やはり自家用車は金持ちの乗り物なのでしょう。



taipei16

 夕方に台北駅の北側のQスクエアに行ってみました。

台北に到着した夜に1階部分だけ歩いてみた、駅周辺では最新の大型商業施設でしたが、ここもかなり日本の影響を受けているような感じがしました。中央部分には吹き抜けがあり、そこには壁面緑化した円盤みたいなフロアが浮いているように作られていました。照明も抑え目で高級感があって悪くないデザインだなと思ったのですが、まだオープンしたばかりだというのに通路にワゴンが並べられていたのはマイナスポイントでした。

この円盤みたいなフロアには50年くらい前の台北中心部の模型でも展示したりすれば面白いと思うのですが、エスカレーターで上がって行ったらセールの看板とマネキンだけでしたので、ちょっとガッカリさせられました。ちなみにこの壁面緑化は台湾人の気質に合っているためなのか、大流行中であちこちで見かけました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/26(土) 23:59)

 1時間の時差がある台北で早起きして歩いて向かった先は…
taipei5

 温暖な気候の台北ではぐっすりと安眠できました。

熊本では日課だった猫の世話も無くなり、まったく束縛されるものが無い開放感で少し気分が良くなりました。洗顔などを済ませて早朝の台北の街を歩き始めたのですが、目的地は当然ながら松山空港の近くのイケアでした。普通の日本人観光客なら台北1日目の朝食は粥あたりにするのでしょうが、イケアの朝食マニアの私は他のものは眼中にありませんでした。

のんびりと1時間ほど歩いてイケアの前に来てみたら、同じ商業ビルに大きなニトリのサインがありましたので驚かされました。過去のブログで確認してみたら、前回は2009年の6月5日に朝食を食べに来ていたのですが、その時にはニトリはまだ台湾に進出していなかったと思いますが、現在ではイケアより店舗数が多いようでした。日本に攻め込んで来たイケアに対する意気込みのようなものが感じられましたが、もしかすると競合は他の国でも始まるのかもしれません。

事前に台北のイケアのウェブサイトをチェックしてみたら、2009年に食べたものと同じようなハムとスクランブルエッグという洋風な朝食の画像しか載っていなかったので、期待せずに地下のレストランフロアに降りてみたら、39台湾ドルのレギュラーなものと59台湾ドルの豪華版がありましたので、迷わず後者を注文しました。それはレギュラーなものにトマトにチーズを乗せて焼いたものやマッシュルームの料理が追加されたものでしたが、他の店では食べたことが無い初めての一皿でしたので大満足でした。8時過ぎの早朝に行っても、またイケアファミリーのカードを提示しても35台湾ドルのコーヒーは無料にはなりませんでしたが、それでも300円以下でコーヒーを何杯でも飲めて、これだけのボリュームでしたので文句はありませんでした。レストランではWiFiの電波も飛んでいましたしね。



taipei6

 朝食代を払ったら手持ちの台湾ドルが乏しくなってしまいました。

それで台湾銀行で2万円を両替したのですが、今日は円高のおかげもあって7120台湾ドルになりました。つま1台湾ドルは約2,8円ということになるのですが、面倒なので今までと同じように3円で計算することにしました。何でも3倍すれば良いので楽なのですが、いつまでも円高が続くわけじゃ無いでしょうから、次に台湾に来る時は両替率は悪くなっているかもしれません。

台湾は戦中の日本統治時代にインフラの整備が進み、日本の敗戦後も対日感情が他のアジア諸国に比べればはるかにマシだったようです。急速な戦後復興を遂げた日本のスタイルをマネした政策で台湾もものづくりに励み、今や日本のコンピュータ業界を脅かしている存在にまでなっています。久しぶりに台湾に来てみたら、ますます日本的になっている感じがしたのですが、日本の政治的な混乱が長引いてしまったら、シンガポールに次いで日本より個人所得は多い国になってしまうかもしれません。まったく情けない話ですよね。



taipei8

 お昼前に101の近くにオープンした阪急に行ってみました。

台北駅の北側にできたバスターミナル付きの商業施設と同じように阪急デパートの横にもバスターミナルがありました。この画像の右手あたりがバスターミナルのエリアになっていて、その屋上部分は空中公園的なものになっていました。このエスカレーターで上がると公園部分に出て、そこが阪急デパートの1階的な感じになっていて、ゆとりを感じさせ構造に工夫されていました。

地下2階にはユニクロの台湾1号店が、そして地下3階には無印良品が入居していたのですが、ユニクロはオープン時には行列ができたということでした。地下通路で隣の誠品書店の商業ビルや市役所までつながっていて便利そうでしたし、阪急デパートと同じ建物の裏手にはWホテルも進出していました。アジアでは香港に続いて2軒目だと思いますが、今後もあちこちに支店を増やしてゆくのでしょう。



taipei7

 阪急と誠品書店を抜けて、昼過ぎに市役所に行ってみました。

台北では北部の川沿いの広大な公園で花をテーマにした博覧会が開催中なのですが、市役所のロビーには会場の模型やデコレーションなどがありました。他には特に前回と変化は無いみたいでしたので、地下の食堂でランチでも食べようかと考えて降りてみました。重厚な雰囲気で割安なランチを食べることができるのは面白いのですが、2回目となると新鮮味はありません。

それで天気も良かったことから、地下2階の商業ゾーンの弁当屋で売ってた30台湾ドル(約90円)の炒飯を買って市役所のテラスで食べることにしたのです。ウッドデッキの横には砂が入れてあり、親子が砂遊びしてたりしましたが、それ以外に利用者は無くて実に静かなものでした。このエリアは新光三越や101ビルなど高級店ばかりで、阪急の地下の辻利茶屋の支店の抹茶パフェの値段は300台湾ドルとかしていました。そんな中でテラスで優雅に100円以下のランチを食べるなんて、ちょっと面白いですよね。(笑)



taipei9

 その後はBELLAVITAという商業施設に寄りました。

高級ブランドを集めただけの成金っぽいもので退屈でしたが、今後は大陸からの観光客が増えそうとでも考えてのことかもしれません。101ビルも変わりばえはしませんでしたし、たはりこのエリアでは誠品書店の商業ビルの地位を揺るがすものはしばらくは出てこないのでしょう。

それからカルフール、京華城とハシゴして、無料のシャトルバスに乗って忠考復興駅の近くの太平洋そごうまで行きました。すでに歩き疲れてはいたのですが、そこまで来たら3駅分ほどですから歩いて帰ることにしました。重い足を引きずりながら台北駅前の新光三越が入っている高層ビルを目指して歩き続けていたら、右手に古い倉庫群をリノベーションした華山1914という施設が現れましたので悩んでしまいました。もう1歩も余分に歩きたくは無かったのですが、出直してくるのも面倒でしたので頑張ることにしました。

華山1914創意文化園区は日本の統治時代には酒工場だったそうで、その跡地を生かしてクリエイティブアート空間にリノベーションしたようでした。このタイプの再利用としてはそれほど新鮮では無かったのですが、今後もコンテンツはいろいろと工夫されるでしょうから楽しみです。昨年にミッドタウンで台湾のデザインの展示を見た時に、デザイン博覧会のようなものが開催されるとの情報を得たのですが、ここも会場のひとつとなりそうですしね。



taipei10

 今日はカルフールではこんなものを購入しました。

左上がアスパラガスのジュース(6本入りで35台湾ドル)で、その右は台湾製の青島ビール(3本入りで88台湾ドル)、そして600g入りのミニ・トマト、手前は菓子パン(2個で30台湾ドル)とフライド・チキン(2個で29台湾ドル)です。総額で207台湾ドルでしたから、全部で600円もしないという安さでした。

もちろん私は割安感があるものばかり選んだのですが、台北は大都会のわりには物価は安い方だと思います。まあ円高のおかげで日本人からは割安に感じるのでしょうが、聞いた話によりますとコンビニのバイトの時給は100台湾ドル(約300円)程度ということですから、それを考慮すると適正価格のように思えます。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/25(金) 23:59)

 熊本空港から神戸空港、そして関西空港から台北桃園空港へ…
2011kyusyu150

 出国前に書いたものに台湾到着後に補足しておきます。

まず11時30分くらいに熊本空港に到着してスカイマークのカウンターを探したのですが、建物の左側の出発エリアのANAやJALなどのカウンターが並んでる所には見当たりませんでした。ヒマそうなJALのお姉さんに訊いてみたら右側の奥を指差して教えてくれましたが、なんと新入りの1社だけ到着ゲートの先に追いやられていたのです。空港利用者の利便性を考えれば国民の税金を無駄にしちゃいそうなJALのカウンターを縮小して、同じ出発エリアにスカイマークのカウンターも作るべきでしょう。もしくは出発エリアの入り口付近に航空各社の自動チェックイン機をズラリと並べて、「荷物のチェックインをしたい人はあちらに…」と表示すればわかりやすいと思いますが。

ちなみに私は別にスカイマークが好きなわけではなく、単に関西に行くのが高速バスと偶然に同じ5800円だったから選んだだけです。天草エアラインは大阪の伊丹空港まで前売りで8000円でしたが、同じ値段だったら選んだかもしれません。しかしJALがもし同じだったとしても大嫌いですから乗らないでしょう。スカイマークは近いうちにA380を導入して国際線にも参入するらしいのですが、ガンガン飛ばしてJALに引導を渡してほしいものです。(笑)



2011kyusyu151

 熊本空港の2階の土産物売り場でこんなのを見かけました。

からし蓮根売り場の隣にワンピースのキャラクターグッズの売り場があったのですが、作者の尾田栄一郎氏が熊本出身ということだからという理由みたいです。「KUMAMOTO」じゃ無く「ASO」のロゴが入ったキーホルダーなどが並んでいたのですが、知名度的にも後者の方が抜群でしょうから正解だと思います。近い将来に道州制になって県の名前が消えても阿蘇の地名は残りますしね。

ちなみにワンピースやスラムダンクの作者が熊本に縁があるということで、昨年あたりからマンガを熊本の町おこしに活用しようという動きがあるみたいです。しかし福岡を舞台にした長谷川法世さんの「博多っ子純情」みたいな有名なご当地マンガがあるわけでは無いので、まだ構想段階で漠然としているみたいですが。まあマンガのマニアは海外にもいますし、それほど資金が必要なわけじゃありませんから、熊本県や熊本市も今のうちから協力しておくと良いでしょうね。作者の先生方を名誉県民や名誉市民にでもしておけば、そのうちに何か熊本を舞台にした作品を描いてくれるかもですし…(笑)



taipei1

 熊本から神戸までは1時間の快適なフライトでした。

自動チェックイン機では安い5800円の席は通路側しか選択肢が無かったのですが、前方の窓側の席が空いていたので離陸前に移動したのですが、九州は快晴でしたので眼下に大分市内や佐多岬などがキレイに見えました。しかし四国あたりから雲が増えて、神戸空港に到着した時には雨が降り出しそうな気配でした。

神戸空港から歩いて行くこともできそうなイケアの神戸店には朝食を食べに行ったことはありましたが、神戸空港はまったく初めてでしたので1時間後のベイシャトルに乗ろうかと考えていたのですが、あまりにも狭くて時間を持て余してしまいそうでしたので、ザッと空港内を探検してから急いで船着場まで行ってみました。1:40に到着して2:00発のベイシャトルに乗ったのですが、この片道1500円という料金は高過ぎると思います。しかも4月1日からは1800円に値上げされるということですから、私はもう二度と乗らないと思います。ただベイシャトルに乗る客は神戸空港の駐車場が無料ということですから、もしも自動車で来た時には利用するかもしれませんが。



taipei2

 ベイシャトルは30分ほどで関空に到着しました。

1時間に1本くらい離発着している船ですので、香港のスターフェリー並みに着岸もスムーズでした。上陸した場所に待っていたバスに乗り換えて関空のターミナルへと向かったのですが、バスは1階では無く4階の出国フロアに到着しましたので印象が違いました。4階は天井が高くて明るくて、開放感がありますからね。

関空に到着して、最後に食べるのは松屋と決めていました。空港内のレストランは割安感があるものは少ないのですが、松屋なら250円の牛丼からいろいろとありますのでね。しかし日本最後の食事が牛丼だけというのもサミシイ感じがしましたので、期間限定で140円引きの490円になっていた焼肉定食を選んでみました。薄切り肉が8枚ほどでボリュームはちょっと物足りないものでしたが、牛肉を大根おろしで食べるという日本的なもので悪くありませんでした。



taipei3

 食後に関空の第二期工事の見学施設に行ってみました。

ランチを食べた松屋が入居しているエアロプラザというビルの横に関空の第二期工事を請け負っている会社のビルがあり、そこの5階が見学施設になっていたのです。道路と水路をはさんだ対岸には2km×4kmくらいの人工島が造成されていたのですが、多額の資金が必要な海上埋め立て工法の空港を作る意味があるのか疑問でした。

日本は平地が乏しい島国ですが、海上に埋め立てするよりも陸上に適地を探した方がはるかに安くあがりそうです。この工事を請け負っている会社や第二期工事にゴー・サインを出した担当者たちは大阪の近郊にはそんな土地は残っていないと正当化しそうですが、これから作るリニア新線の大阪と名古屋の中間あたりに作るという方法があったのではと私は考えています。茨城空港は利用客を増やすために、東京駅からは500円という特別料金でバスを走らせていますが、同じような発想で飛行機に乗る客だけは大阪からも名古屋からも片道500円でアクセスできるようにすれば良いのではないでしょうか。航空券をネットで予約・購入する場合にリニアでのアクセス権もついでに購入できるようにしておいて、当日は駅の改札でパスポート提示するだけで乗れるようにすればスマートだと思いますが。



taipei4

 フライト2時間前にチェックインを済ませました。

それから無料のアクセスポイントの近くで出国前のブログの更新を済ませて、関空の2階と3階のショッピングエリアをチェックしてみました。最後に本屋で立ち読みしていたら、出発時間が迫っているのに気がついて慌てました。まあ関空は狭いので間に合うだろうと楽観的に考えていたら、ジェットスターのゲートはメインターミナルとは離れた別のターミナルにありましたのでギリギリでした。

最後から2番目に飛行機に乗って、2時間半のフライトで台北の桃園空港に到着して、前回の残りの現地通貨を持っていましたので、すぐに90台湾ドル(約270円)のリムジンバスに乗って台北駅に移動しました。道路はさほど混んでいなかったので、1時間もかからずに到着しました。いつもの宿方面に歩いていたら、2009年には工事中だった台北駅の北側のビルが完成していましたので、少しだけ中の様子をチェックしてみました。バスターミナルを併設したQスクエアという商業施設でしたが、日本のテナントビルを意識して作ったような雰囲気でした。元々台湾はアジアではいちばん日本のテイストに近かったのですが、ますます日本の雰囲気に近づいているようです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/24(木) 23:59)

 熊本空港から神戸空港、そして船で関西空港へ…
 熊本は晴れて、かなり暖かくなりました。

退屈な熊本には先月末から飽きていましたので、今日からまた旅に出ることにしました。

熊本空港からは前売り5800円のスカイマークで神戸空港に飛んで、1500円のベイシャトルという船で関西空港に渡りました。関空のエアロプラザで遅いランチを済ませて、これから台湾行きの飛行機に乗るところです。



お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/24(木) 15:59)

 本日オープンの熊本城近くの県民百貨店の将来は…
2011kyusyu147

 今日は自転車に乗って旅行資金を下ろしてきました。

銀行から熊本交通センターの隣の県民百貨店は目と鼻の先でしたので様子を見に行ってみたのですが、本日オープンということで中高年の買い物客で賑わっているようでした。この建物はかなり古いのですが、不景気な時代に加えて3月12日に新幹線が開業したら影響を受けそうですから、お金をかけて改装することはできなかったようです。とりあえず赤いテントとその下に休憩用のベンチを用意してあったのですが、そんなのは他所で見たことがありませんでしたので違和感がありました。

自転車に乗ったまま県民百貨店の中の様子を窺ってみたのですが、何も無さそうな雰囲気でしたので自転車を停めて店内をチェックする気にはなれませんでした。この奥に熊本城が見えているのですが、県民百貨店の皆さんは新幹線でやってきた観光客が近くまで来たからということで立ち寄ってくれることを願っているのでしょう。しかし熊本城からは微妙な距離がありますので、ちょっと難しいと思います。



2011kyusyu148

 その後にドンキホーテの下通店で少し買い物しました。

いつも旅行に持っていく軽くて嵩張らないインスタント食品を買って、北海道のブロガーさんのところで見かけたマルちゃんのフリーズドライの釜めしの素を探したのですが、このドンキホーテは都心型のためか置いてありませんでした。まあ空港に行く途中に数軒の郊外型のスーパーがありますので、そこでは手に入ると思いますが。

ドンキホーテの前で撮影したのはエジプトポンドだと思うのですが、偶然に台湾の地下鉄のカードを探している時に見つかったのです。若い頃のムバラクの肖像だと思うのですが、別の国のものなのかもしれません。私はアラビア語は数字しかわからないのですが、どなたかご存知の方がいらっしゃればコメント欄で教えてくださいませ?。



2011kyusyu149

 これは熊本の外食チェーンの味千ラーメンのCMです。

相変わらず中国などでスゴい勢いで出店しているようですから、ついに世界で600店舗を突破しちゃったみたいなのです。その記念すべき時期が偶然に九州新幹線の開業の時期に重なったので、このような名前のキャンペーンになったみたいですが、ちょっと長過ぎますよね。キャンペーンはいくつかの料理が200円引きになるくらいでしたから、わざわざ食べに行く価値は無さそうです。

味千ラーメンは世界の12の国や地域に出店しているそうですが、中国の店舗数が多過ぎるみたいですのでリスク分散にはなっていないように思えます。もちろん中国ではリスクヘッジの契約になっているかもしれませんが、ヤオハンの前例がありますので心配ですよね。私は中国は近いうちにバブル崩壊すると思うのですが、その時に北京政府が批判をかわすために人民の半日感情を煽るような戦略に出ることも考えられますので狙われるリスクが高いと危惧しているのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2011/02/23(水) 23:08)

 熊本のデコポンチューハイは牡蠣とブロッコリーのパスタに合うか…?
2011kyusyu144

 先日に続いて今日も気持ち良く晴れてくれました。

昨年末にマレーシアから帰国して2ヶ月近くになり和食にも飽きていますので、ランチは牡蠣とブロッコリーのパスタにしてみました。次の旅行の出発日が迫ってきていますので、ワインのボトルを開けるのは止めておきました。冷蔵庫に先月末に購入しておいたデコポンチューハイがありましたので試してみたのですが、ちょっと甘過ぎて料理には向きませんでした。やはり缶チューハイに向くのは、レモンやグレープフルーツくらいが限界なのでしょう。
 
熊本のデコポンは柑橘類の中でトップクラスの美味しさですから、こういった加工品に使うべきでは無いのでしょう。新分野への応用を模索するのであれば、無理にアルコールと合わせようとせずにジェラートなどデザートのカテゴリーで生かす道を考えた方が良さそうです。



2011kyusyu145

 ローカルニュースでこんな出発式の様子を見かけました。

地元の太った「あまたく」というお笑いタレントが熊本からPRをしながら自転車で大阪まで走るという企画で、熊本市役所前で幸山市長やくまモンに見送られたということでした。1日100kmほど走って1週間ほどでゴールの大阪に到着するということみたいですが、国道3号線も2号線もそれほど起伏はありませんから楽勝でしょう。

無名のお笑いタレントさんならギャラも安そうですし、自転車ならガソリン代もかからないので悪くないでしょう。しかしタレントさんの後ろの自動車が伴走するとなると話は別です。タレントさんと伴走車のスタッフの分の食費や宿泊費、そしてガソリン代などを合計するとPR効果に見合うものか疑問です。タレントさんの旅の様子は「九州新幹線全線開業記念 芸人あまたく 熊本から大阪へ自転車の旅」というウェブサイトにアップされているのですが、検索して見つけるのに少し苦労しちゃうほどでしたし。



2011kyusyu146

 これはJAグループ熊本による地元産米のCMです。

阿蘇と思われる景色の前に熊本のスーパーで売られているお米が並べられているのでしょうが、おそらく熊本以外では無名なブランドでしょう。先日のKABフォーラムでも県産品のブランド化が大事だという話になったのですが、ヨイショ体質のJR九州の唐池恒二社長の「熊本は食の宝庫」という発言を受けて、蒲島知事が「熊本は水が良いので米も美味しい」と有権者に向けたアピールを始めたのです。

ところが司会の田原総一郎氏から熊本産米のブランド名を聞かれて、即答することができませんでした。勝間さんたちが「コシヒカリとかのブランド名は…」と促したら、ようやくひとつ思いついて「森のくまさんとか…」と小さな声で答えて醜態を晒していたので気の毒でした。JAグループ熊本のネーミングのセンスが悪いのは蒲島知事の責任では無いのですが、県産品のブランド化は重要ですから知事の立場から改善を促すべきでしょうね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/22(火) 23:21)

 郊外の人気店でホルモン定食を食べて出かけた先は…
2011kyusyu142

 今日は天気が良かったので、山の家に行くことにしました。

これまでも何度か行こうと思っていたのですが、標高が高い道路に雪が残っているという話でしたので止めておいたのです。私は北海道で暮らした経験がありますので雪道の運転は怖くないのですが、ノーマルタイヤで日陰の凍った道を走るのは躊躇したのです。

山に行く途中に恒例の植木市に寄って行くことにしたので、その会場に近い郊外のかつ美食堂という店でランチを食べることにしました。友人から馬のホルモン定食が美味しくて繁盛していると聞いていましたので早めに行ってみたのですが、12時前だというのに既に半分ほどの席が埋まっていました。

注文して1分もかからない内に運ばれてきたホルモン定食はたしかに臭みも無くて美味しかったのですが、このセットで930円もしましたので割高感がありました。ちゃんぽんなどの値段も周辺の店に比べたら高いようでしたが、最近のデフレ時代にはもう一度行きたいとか、友人に薦めようという気にはなれない店でした。



2011kyusyu140

 植木市の会場は平日というのに賑わっていました。

寒い日が続いていた熊本で久しぶりに暖かくなったので、高齢者たちが集ってきていたようでした。それでというわけじゃないのでしょうが、今回の植木市では大きな区画で墓石を展示していました。私は無神論者ですし、自分の死後にどこかの墓に入りたいとは望んでいませんので、墓石に興味はありません。ただキティちゃんの完成度が高かったので、面白いと思って撮影したのです。サンリオには無許可だと推測できるのでしょうが、職人さんが孫のために作ったものかもしれませんので、大目に見てやっていただきたいものです。

今日は久しぶりに長嶺エリアの住宅街を走り抜けてみたのですが、わりと近い場所にファミーユという家族葬を行うチェーン店が2軒もできていましたので驚かされました。ウェブサイトでチェックしてみたら熊本市にファミーユの斎場は10店舗ほどあるみたいですが、あちこちのロードサイドで見かけますので高齢化社会の現実を見せつけられているようでイヤな気分になります。葬式や墓なんて私は無駄だと思いますので、やりたい人にはたくさんの税金をかけるようにして、やりたくない人には国の機関が無料で遺体を引き取って無宗教の遺体置き場に運んでくれるようになれば良いと思いますが。



2011kyusyu143

 山の家に行ってみたら、残雪はこれだけでした。

もう標高が高い山の頂上付近の雪もすべて解け去っていたのですが、日陰の屋根から落ちた雪が溜まっていた所でかろうじてこれだけの雪が残っていたのです。山の家は標高が高い場所にあるのですが、日中は上着が要らないくらいまで気温が上昇していましたので、この残雪も明日には消え去ってしまうことでしょう。

熊本では長?い冬が終わって本格的な春を迎えつつあるのですが、私は近いうちに常夏の国へ飛ぶ予定です。その先はまだ航空券を購入していないのですが、中東へ向かうには早過ぎるかなと考えはじめました。もうエジプトの治安は問題なさそうですが、リビアなどの周辺国の情勢が荒れてきましたので悩んでしまうのです。とりあえずは先にインドに入国してからネットで情報収集しておこうと考えているのですが、今回の中東情勢で原油価格が値上がりしていますので早めに航空券を買っておくべきかもしれません。食料費なども値上がりしそうですし、円高もいつまで続くか不透明ですので将来が不安です。レイムダック状態の現政権には何も期待できませんしね。



2011kyusyu141

 夕方からKAB主催のフォーラムに参加してみました。

熊本県立劇場で「九州新幹線元年?熊本はどう変わるか?」というお題で開催されたのですが、老害が目立つ田原総一郎氏が司会でしたので、話はあちこちに脱線を繰り返していました。経済評論家の勝間和代さんは的確にポイントをついたコメントをされていたのですが、双日総合研究所の吉崎達彦氏はなぜゲストに選ばれたのか理解に苦しむ発言ばかりでした。

JR九州の社長の唐池恒二氏は作り笑顔で熊本の良い点を挙げていらっしゃいましたが、福岡や鹿児島でも同じことをしてるだろうと想像させる底が浅いものでしたので、JRがますます嫌いになりました。いちばん酷かったのはくまモンを連れてきた熊本県知事の蒲島郁夫氏でしたが、こんな人がトップに座っていては熊本の将来は暗いでしょうからリコールすべきだと思いました。政治学者だった蒲島氏は九州新幹線の全線開業や政令都市化を「百年に一度のチャンス」と捉えられているようで、その先には実現不可能と思える九州が道州制に移行した場合の州都の座を狙ってるみたいなのです。

私はこのブログで何度も新幹線や政令都市化は熊本にはメリットよりもデメリットの方が多いだろうと書いてきましたが、蒲島氏はフォーラム最後の質疑応答の時に4倍の効果があると豪語されていました。「新幹線開業のデメリットとしてストロー効果で福岡などに吸い上げられてしまうのでは…」という素朴な質問があったのですが、蒲島氏は「こんな質問があると思っていました」と大見得を切った後に「私は悲観論に汲みしませんが…」と続けて、根拠は示さずに多くのメリットがあると結論付けられたのです。最後に「それくらい思い込んでいなければ県知事はやってられませんから…」と最低限の理論武装さえもしていないことを露呈していました。

今回の九州新幹線の延伸が熊本までであれば、3月12日の全国ネットのニュースは熊本の地名を何度もアナウンスするので多少の効果はあるのでしょうが、「九州新幹線の鹿児島ルートが…」と報道されることになるでしょうし、おそらく途中駅で面白みが無い熊本県内の駅の映像が流れることは無いでしょう。熊本は歴代の知事の不作為で都市間競争では負けてしまうことになると私は予想しているのですが、すべての責任を現在の蒲島氏に負わせるのはお気の毒ですが、今後の落ち込みを補完する対策を講じる県知事としての本来の仕事を放棄なさるというのであれば糾弾すべきでしょうね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2011/02/21(月) 23:59)

 新幹線開業で浮かれてる中でひっそりと消え去りそうな商業施設は…
2011kyusyu139

 相変わらず熊本のメディアは新幹線で盛り上がっています。

たしかに日本の新幹線は世界的にも早くて安全な部類の交通機関ですが、中国では数年前から上海でリニアが走っていますし、日本でもJR東海が東京?名古屋間で実用化に向けて検討中です。熊本のアナウンサーたちが新幹線に試乗して「早いですよ?」とはしゃいでいましたが、私は1964年の東京オリンピックの時に走り始めた交通機関に乗って喜んでいるのが不思議でなりません。

そんなバカ騒ぎの中でひっそりと消え去りそうな商業施設が、このくまもと阪神というデパートです。1973年に岩田屋伊勢丹としてバスターミナルと共に新築オープンした商業施設でしたが、ライバルが強過ぎたことや立地的に恵まれていなかったこともあって撤退を余儀なくされたのです。その後に阪神が支援することになったのですが、3月3日に博多駅に同じエイチ・ツー・オー リテイリングによる阪急デパートが華々しくオープンしますので自店競合を避けるために撤退することになったのでしょう。それで正面に掲げられていた大きな看板が取り外されていて殺風景な雰囲気になっていました。



2011kyusyu138

 阪神の撤退後には県民百貨店という名前になるようです。

これは2月23日から経営形態が変わるという新聞広告なのですが、「新しい出会いは、第一印象が大切です」ということで、新しい制服に変わるということでした。せっかく再オープンするというのに、かなり古臭い雰囲気の制服になるようですが、このデパートは名前からもわかるように高齢者向けのものですから問題ないのでしょう。

このデパートの売り上げは今でも低そうなのですが、3月12日に新幹線が開業したら多少は影響を受けて下がることでしょう。それに今後は食品や燃料が値上がりすると予想されていますが、可処分所得が低い県民デパートのメインの客層が生活費のアップに苦しむようになればデパートでの消費はさらに落ち込むことになりそうです。



2011kyusyu137

 ついに中国でも民主化の動きが出てきたようです。

もちろん中国ではかなりの人員をインターネットの監視に割り当てているようですから、民主化デモの呼びかけは特殊機関に筒抜けだったようです。それで集まったところをすぐに拘留されてしまったようですが、これで終わりではないでしょう。国家転覆を狙うような人物はネットを見ただけで集合場所に集まったりはしないでしょうから、今回の呼びかけで集まったような小粒な連中は拷問を受けたりはしないでしょう。当局は携帯などの全データをコピーして、二度と反政府的な行動をしないように保護者共々脅かして家に帰すのでしょう。

そして中国では新聞やテレビで報道されずに何も無かったことになるのでしょうが、もうしばらくはこういった手法で民意を押さえ込むことができるかもしれません。しかしつい最近も中国政府の要職にある人物が汚職によるものと推測される理由で更迭されたようですが、中国経済がピークに達して崩壊が始まってしまったら最悪の状況を迎えることでしょう。成長の過程では押さえ込むことができていた政府内の悪事はあぶり出されてネット上に溢れ、人民の不満は中東のものとは比べ物にならない規模で大爆発することになると思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/20(日) 23:59)

 なぜか九州限定らしい「ひよ子のピィナンシェ」の味は…?
2011kyusyu134

 九州限定という「ひよ子のピィナンシェ」をいただきました。

ひよ子のシルエットを少し太らせた感じの焼き菓子でしたが、甘さ控えめで柔らかくて高齢者向きと思えました。私もこういった洋菓子は好きなのですが、ひよ子の会社の新製品を九州限定にする意味が理解できません。マーケティングリサーチをしたいのであれば、ひよ子に思い入れが強い九州じゃない地域が向いているでしょうし。

ひよ子のウェブサイトをチェックしてみたら、これは6個入りで525円でしたから、1個あたり90円近くする高価な商品です。ひよ子の形をしていないピィナンシェ風の洋菓子ならデパ地下などでもっと安く売ってると思いますので、私は贈答用としても買う気にはなれません。ひよ子本舗吉野堂はいつの間にか取り扱い商品を増やしているようでしたが、その戦略はいかがなものかと思います。毎年春に発売される福岡限定の桜ひよ子くらいなら許せますけどね。(笑)



2011kyusyu135

 昼の番組で興味深い金属素材の話がありました。

熊大の大学院自然科学研究科の河村能人教授が開発したという「KUMADAIマグネシウム合金」というものでしたが、マグネシウムに亜鉛やイットリウムなどを加えて、軽いけど強度不足という弱点を補うことに成功したということでした。中東情勢が緊迫化して原油価格が高騰する中で燃費を上げるための軽量化が課題となっている自動車や航空機などへの応用は当然として、海水から安価に量産される技術革新によってコストダウンに成功すればノートPCや携帯電話などの情報機器の筐体にも普通に使われるようになるのでしょう。

熊本大学ではこの合金以外にもいろいろと面白そうな研究開発を行っているようですが、いつもアピール度が低いように思えます。せっかくの優れた素材であっても「KUMADAIマグネシウム合金」という長ったらしいネーミングは響きも含めて良くないと私は思いますが。この番組のゲストだった小山薫堂氏は高級時計のリシャール・ミルに使ってもらえば良いのではと提案されていましたが、私はそれは違うんじゃないかと思います。ソニーや東芝などに素材を提供して、iPadやGalaxy Tabより軽くて優れたタブレット型の情報端末を開発することを目指すべきなんじゃないでしょうか。



2011kyusyu136

 夕刊の広告に3月12日のイベント内容が載っていました。

「歓迎フェスティバル」というベタなネーミングの新幹線開業記念のイベントで、駅前広場と近くの春日小学校で開催されるみたいですが、面白そうなものは皆無でした。地元の熊本駅周辺の11団体の1200人がボランティアで協力して盛り上げようということらしいのですが、「神輿清正公祭り奉賛会、春日小剣道部、熊本民踊会、健康体操和の会、中山芳保会、B-p.zy!ダンスカンパニー、民謡 竹峰流・真田流裕晶会、新地保存会…」というラインナップを見て、地元の皆さんの自己満足の場なんじゃないかなと思いました。

3月12日にはこの他にも熊本各地でいろんなイベントがあるみたいですが、私が知る限りでは面白そうなものはありません。それぞれにそれなりにお金はかかっていると思うのですが、私が熊本駅に降り立った旅行者であれば歌や踊りで歓迎してもらうのは嬉しくないでしょう。ボランティアの皆さんが地元の食材で作られた手料理などを振舞ってくれたりするのがいちばん嬉しいと思いますが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/19(土) 23:59)

 星の数ほどある中で九州新幹線全線開業記念企画の大本命か…?
2011kyusyu127

 熊本では新幹線開業記念の企画モノが溢れています。

星の数ほどある中で大本命かと思われる商品がスーパーに並んでいたのですが、なぜ私がそう思うかというと天下の日清食品とJR九州との共同開発商品だったからでした。「ラーメンで巡る九州の旅」という名前で、博多?久留米?熊本?鹿児島と路線に沿って4種類が用意されていました。人口規模で考えると3種類になりそうなものですが、やはり日清食品としては九州ラーメン発祥の地と言われている久留米は外すことができなかったのでしょう。

限定発売される地域も「九州・沖縄地区および山口県」と無理がないものでしたし、値段も200円前後のようですから、全国の新幹線ファンやマニアックな豚骨ラーメンファン、そして過度に九州新幹線に期待している地元の人たちにアピールすることができそうです。熊本県知事は今日も県議会でも「100年に一度のビッグチャンス…」とアホなことを言ったらしいのですが、そんな戯言を真に受けてしまう純朴な人も熊本には多いみたいですしね。(笑)



2011kyusyu133

 民主化デモの影響で中東情勢がきな臭くなってきました。

軍が独裁政権と距離を置いたエジプトでは勝利集会に数十万人が集まってお祭りムードになっているみたいですが、バーレーンの反政府デモでは秘密警察や治安部隊が空気銃や催涙ガス砲などを使って厳しく取り締まりを行っているらしいのです。バーレーンの対岸のイランやアラビア半島南部のイエメン、そして安泰と思えていたリビアでも反政府デモが発生しているようですから穏やかじゃありません。

私はバーレーンとイエメンとリビアには行ったことが無いので背景は周辺国の状況を参考に想像するしかないのですが、来月あたりに旅行するのに安全そうならエジプトに飛んでから周辺国にも行ってみようかと考えていたのです。しかしエジプトの後に荒れ始めたエリアは多数の死者を出す混乱状態になるかもしれませんので、しばらくの間は難しいかもしれません。ドバイで自動車を借りて、サウジアラビアやエジプトを抜けてモロッコあたりまでドライブしてみたいものですが、残念ながらまだまだ先の話になりそうです。



2011kyusyu123

 中東に比べると日本は実に平和なものです。

九州新幹線の開業の効果を最大にしようと熊本県知事とくまモンが吉本新喜劇のステージに立ったのですが、その様子が明日の午後に放送されるそうなのです。本番には熊本県の宣伝部長を務めるスザンヌも出演していたのですが、この番宣を撮影する時はスケジュールの都合でパネルでの登場ということになったようです。

関西の住民の「行ってみたい九州の県」というアンケートで最下位に近かった熊本県の知事として、関西で多少の経費をかけて広報活動を行うことに私は反対はしないのですが、新喜劇の舞台で転んでみせることで笑いを取るのは成人式で下手なAKBの歌を披露することと似たようなことですから感心できません。地域のトップの情けない姿を晒すことは子供の教育に悪影響があるでしょうからね。県知事や市長は税金から多額の給料を貰っているわけですから、それなりの品位を保っていただきたいものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/18(金) 23:59)

 沈みゆく国の沈みゆく映画界と沈みゆく航空会社の将来は…
2011kyusyu128

 ようやく3時間22分の長?い映画を見終えました。

山崎豊子さんの長編小説を角川が映画化した「沈まぬ太陽」でしたが、暑苦しい演技が鼻につく渡辺謙が主演でしたので録画するのをためらいました。日本航空の実在する社員の体験に基づいてるフィクションの社会派作品で、それなりに楽しめたのですが、善人と悪人の描き方が実に日本映画界的なものでしたので笑えました。こんな作品が昨年の日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を含めて総なめしたみたいですから、あきれてしまいました。

フィクションですからこの映画が描いたように当時の日本航空の経営陣や運輸省の役員たちが本当に腐りきっていたのかは不明ですが、御巣鷹山墜落事故の後に中東やアフリカ旅行中にいろんな人たちから聞いた噂と符合するものがたくさんありました。原作の小説が発行されたのは1995年からということで、当然ながら日本航空の社内では「この人物はあの人で、この事件はあれのことだな…」と囁きあっていたことでしょう。日本航空や運輸省は素直に小説を反省材料にして体質改善してくれれば立ち直ることもできたのでしょうが、欲に塗れた人たちのせいで日本も日本航空も立ち直ることは不可能なレベルに陥ってしまったなと私は考えています。

もちろん現在でもロボット技術やiPS細胞など日本が優位を保っている分野もありますし、バイオケミカルや環境技術などでの蓄積も多いことから、国が新たな成長分野の舵取りを間違わなければ少子高齢化社会であっても何とかそれなりの地位を保つことができるでしょう。しかし政府がエコ・カー減税やエコ・ポイント制度などで支援しているのは経団連の主要メンバーに名を連ねている古い産業ばかりですから絶望的です。ですから私は沈みゆく国にした責任がある政府には税金をなるだけ払わないようなライフスタイルを心がけていますし、日本航空には絶対に乗りません。ちなみに明日の日本アカデミー賞の候補作の中でお金を出しても見てみたいものは皆無でした。日本アカデミー賞なんて止めてしまえば良いのに…(笑)



2011kyusyu130

 大阪本社の会社から太平燕のカップ麺が発売されるそうです。

熊本県とエースコックが組んで九州新幹線の全線開通を記念して、定番の「スープはるさめ」シリーズを熊本の郷土料理の太平燕風にアレンジしたものを無謀にも全国一斉販売すると発表したのですが、そのパッケージには熊本県のPRキャラクターのくまモンや熊本城が描かれているそうです。

試食した蒲島郁夫熊本県知事は「美味しい、大ヒット間違いなし!」とまったくヒネりが無いありきたりな感想を述べたらしいのですが、定価は150円ということですから熊本県以外では売れないんじゃないでしょうか。熊本でも新幹線ブームが終わって、その弊害の方が多く囁かれる秋ごろになったら売れなくなって、在庫は半額以下で投売りされて廃盤商品になるのでしょう。(笑)



2011kyusyu131

 フリーペーパーにこんな広告が載っていました。

弐ノ弐という餃子屋が10周年感謝企画ということで、通常は250円の焼餃子を期間限定で22円にするということでインパクトはありました。熊本は不況の上に郊外店舗だけだった王将チェーンが中心部の下通アーケードにも進出してきて餃子無料券を配ったりしていますので、危機感があっての格安な料金なのかもしれません。

しかしクリス・アンダーソン著の「FREE」というベストセラーにも書かれているように、無料と22円では天と地ほどの差があると思います。しかも弐ノ弐という餃子屋では1日300食限定で、テイクアウトは通常料金ということですから問題だと思います。感謝企画であるなら数量限定などケチなことを決めずに、お客さんにたらふく食べて飲んでもらって満足していただくべきじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/17(木) 23:59)

 日航ホテルの九州新幹線全線開業記念のディナーショーの顔ぶれは…
2011kyusyu126

 熊本の中心部に流行ってなさそうなホテルがあります。

熊本日日新聞社が郊外に移転した跡地に建設された中途半端な高さのビルに日航のホテルが入居しているのですが、そこの入り口近くにこんなディナーショーの看板があったので笑ってしまいました。バラエティ色が強い錦野旦さんと山本リンダさんのキャラが強いお二人のディナーショーでしたが、これも九州新幹線全線開業記念だそうです。この時期に開催されるものにはすべて自動的に開業記念になっちゃう勢いですが、アホらしい話ですよね。

1ヵ月後の3月16日に開催されるディナーショーの料金はS席が25000円、A席でも22000円もするらしいのですが、この不況下の時代にそんな値段で客が入るのでしょうか。錦野旦さんも山本リンダさんもそれぞれにコアなファンがいて、その相乗効果で集客を成功させたいということなのでしょう。人口が多い福岡あたりなら成り立つかもですが、周辺の自治体と無理な合併をして政令都市になる要件の70万都市となることができた熊本で大丈夫なのでしょうか?



SUGOCA

 福岡のICカードの名前はSUGOCAとスゴいのです。

3月12日に全線開業する九州新幹線の直前の3月3日には新宿高島屋に似た構成のJR博多シティという駅ビルがオープンするのですが、それを記念したSUGOCAが発行されるみたいです。デザインは不気味なカエルたちが駅ビルの前で胴上げしてるものでしたが、なぜか目覚ましテレビのキャラみたいな時計とビックカメラのCMに出てくる電車風なイラストが描かれています。駅裏の筑紫口にあるのはヨドバシカメラなんですけどね?。(笑)

ちなみに現在は博多駅には空港や天神に行くことができる地下鉄空港線があるのですが、郊外の橋本駅と天神南駅を走っている地下鉄七隈線の延伸がキャナルシティ博多の下を通って博多駅につながるルートで決定するみたいです。福岡市営地下鉄は料金が高いですし、博多駅から天神までは歩いて行くこともできる距離ですから私は開業後も急いでる場合以外は乗ることは無さそうですが。急ぎの場合でも景色を楽しめる割安なバスに乗るでしょうし。



2011kyusyu125

 九州新幹線の影響は地元のCMにも及んでいます。

早めの自動車の登録手続きを促すCMなのですが、そのお題で謎かけをして「九州新幹線全線開業と解く…」ということでした。そのココロは「どちらも3月は混雑します」ということでしたが、座布団を全部持って行ってもらいたい完成度でした。(笑)

九州新幹線の全線開業までわずかになり、マスコミ向けの試乗会などがあったためなのか、ローカル局のアナウンサーやタレントたちは変にはしゃいだりしているのが目に付きます。九州新幹線が全線開業すると、福岡や鹿児島などに新スポットがオープンした場合の取材が楽になるということもあるのでしょう。新幹線は交通費を自費で払わない人たちには早くて便利な交通機関ですからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/16(水) 22:43)

 山鹿名物の山鹿羊羹というベタなネーミングのお菓子は…
2011kyusyu121

 山鹿名物と書かれた和風のお菓子をいただきました。

甘さ控えめの漉し餡を柔らかい求肥で包み込んだもので、羊羹という概念の範疇ではありませんでした。ネットで検索してみたら5個入りで300円ということでしたが、けっこうボリュームがある第24回全国菓子大博覧会で金賞を受けた美味しい和菓子が1個60円ですから悪くありません。

羊羹が大好きなマニアの人にこの山鹿羊羹をプレゼントしたら、「これは羊羹じゃないっ!」と怒られてしまうかもしれませんが、おそらく日本人の8?9割くらいの人は気に入ってくれそうな安心感がある和菓子でした。機会があれば山鹿市の製造現場で、できたての山鹿羊羹を食べてみたいものです。



2011kyusyu122

 ようやく都知事候補が出揃うことになりそうです。

共産党前参院議員の小池晃氏に続いて「ワタミ」の会長だった渡辺美樹氏が東京都知事選への立候補を表明されたのですが、会見もリハーサルを繰り返して臨んだかのようにソツが無くて、これで民主党がよほど国民的に人気がある候補者でも立てない限りは決まったと感じました。長過ぎると批判が多い石原は出馬しないでしょうし、かねてから噂があった東国原も負け戦と判断して国政の方を選ぶかもしれませんし。

渡辺氏はよくコメンテーターとしてテレビ出演していましたが、以前から出馬を考えていたためなのか、優等生的な無難な発言が多かったと思います。「都民のための政治を実現する」ということで、高齢者福祉の充実や雇用振興、都財政の健全化などを公約に掲げているようですが、疑い深い私は額面通りに受け取ることはできません。右寄りの石原よりマシかもですが、本心はもっと右寄りの危険思想の持ち主かもしれませんからね。浦沢直樹氏のマンガなら渡辺氏のキャラは羊の皮を被った悪人でしょうからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/15(火) 23:59)

 長引く不況とデフレ時代の温泉割引クーポンの値段は…
2011kyusyu118

 2月は熊本の観光地はどこもヒマなようです。

冬の寒い時期に賑わっているのは雪まつりの札幌と雪あかりの路の小樽、そしてランタンフェスティバルの長崎くらいではないでしょうか。政府の無策のせいで不況は長引いていますし、世の中はデフレ時代ですから熊本の情報誌にオマケで付いていた温泉地の割引クーポンの値段は100円というのが多かったのです。通常は500円くらいの立ち寄り湯の値段が100円になるということなら、情報誌を買ってみようという気になりますから売れ行きも良いのでしょう。

温泉側としても通常の値段で来客数が少ないよりも、100円でも多くの観光客に来てもらって食事やお土産などで消費してもらった方が助かるでしょうし、良い印象を持ってもらってリピーターになってもらいたいのでしょう。また口コミ効果も期待できますので、レジの近くに無料WiFiとiPod touchかノートPCを用意しておくと良いと思います。風呂上りの休憩中にブログに感想をアップしたり、mixiなどでつぶやいてくれた人には100円程度のドリンクやアイスを無料ということにすれば良いのではないでしょうか。



2011kyusyu119

 「革命テレビ」という番組で面白いバイクを見ました。

私は5年ほど前から電動バイクを欲しいと思っているのですが、バイク大国の日本の二輪メーカーから電動の特性を生かした製品が出てこないのが不満なのです。単にエンジンをモーターに換えただけの製品なら安い中国製で充分ですし、日本の会社はもっとアグレッシブに研究開発をして、画期的な製品を世に出すべきだと思います。特にホンダはアシモを作れるほどの技術力があるわけですから、面白い機能を盛り込むことができるはずですが…

これはカナダの若い学生さんが開発したUNOというバイクですが、高速走行中は普通に走って、低速では前輪と後輪を重ねて一輪車のようにコンパクトにできる画期的なアイデアでした。セグウェイのように加速度センサーを内蔵しているので一輪車の状態でもバランスを維持して走行できるようですし、その場でクルクルと回転することもできるようでした。また全長が短くなりますので、バイクのままエレベーターに乗り込んでしまえますので、都市部で道路に駐輪スペースが無いという問題の解決策にもなるでしょう。自動車のトランクにも入りそうですし、円高の内に市販化してくれると嬉しいのですが…



2011kyusyu120

 夕方のニュースの時間帯にこんなCMがありました。

熊本の繁華街のアーケードで通行客にTPP反対の印刷物を配っている農家の皆さんらしき人たちを撮影したものの最後にこのJAグループのロゴが出るものでしたが、私はこれを広告費を払って流すのはいかがなものかと思います。私は北海道に住んでいる頃に家庭菜園を熱心にやっていましたし、人口が1億2千万の国での安全政策としても農業が大事だと考えています。しかし単にすぐにゴミになりそうな印刷物を配ったり、テレビで広告費を無駄に使うようなJAの体質は変えるべきだと思います。私は単純なTPPには反対ですが、日本の農業をダメにしたJAに味方する気にはなれません。こんなCMも不愉快ですから見たくありません。まあ最近は録画した番組しか見ませんので、不快な思いをすることも少ないのですが。

農家の皆さんでTPPの反対意見を世に訴えたい方は、工夫して撮影した面白い映像を動画サイトにアップしたりすべきじゃないでしょうか。童話の「北風と太陽」の話じゃないですが、こうやって印刷物を配っていることは効果が無いと思うのです。多くの人に共感してもらいたいなら、時代に合った方法を模索するべきじゃないでしょうか。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/14(月) 23:59)

 1ヵ月後に迫った新幹線の開業に合わせた阿蘇のイベントは…
2011kyusyu115

 久しぶりに書店に行ってみたら、こんなのがありました。

「阿蘇ゆるっと博」というイベントの公式ガイドブックだったのですが、1ヵ月後に迫った新幹線の開業に合わせようと考えられた企画のようです。九州では2006年に長崎で「さるく博」というイベントが成功したのですが、阿蘇・九重エリアは広いので主に自動車を使ってゆっくりと観光してもらうことを想定したのでしょう。前世紀にフランスなどで流行ったエコミュージアムという広域エリアを「屋根が無い博物館」と見立てて観光するという阿蘇・九重エリアに参考になりそうな前例がありましたが、日本人には馴染めない語感でしたので「阿蘇ゆるっと博」というヌルい印象のネーミングになったのでしょう。

九州新幹線の全線開業に合わせて何かやろうという地元の一部の人のやる気は評価できるのですが、このイベントは面白そうな目玉企画が無いのが残念です。公式ガイドブックにはいろんな温泉や観光施設のクーポンも付いているのですが、このデフレ時代には物足りない割引率のものばかりでしたし。この公式ガイドブックはたいした内容じゃないのに880円もしたのですが、お得な感じがしないので売れ行きは悪そうです。道の駅などに行けば無料の地図やパンフレットが貰えますし、ネットにも情報が溢れている時代ですからね。



2011kyusyu116

 数日前に「熊本ルネッサンス」という名前を知りました。

熊本では数年前から熊本築城400年に合わせて消失した本丸御殿の再現事業を行っていて、その効果もあって熊本城の入場客数が首里城を抜いて一時的に日本一になったことということは知っていたのですが、その背景に「熊本ルネッサンス」という変な名前の県民運動があったことはまったく知りませんでした。

ウェブサイトをチェックしてみたら、歴史の中で育まれた文化遺産を再発見して活力と魅力あふれる熊本を復活させることを目的に、「肥後学の振興と永青文庫の活用」や「歴史の見える魅力ある街づくり」、そして「賑わいの熊本創造」などを推し進めてゆくということのようですが、どうも具体的に何をやりたいか見えてきません。

「熊本城400年と熊本ルネッサンス」県民運動本部はRKKというテレビ局内にあるみたいでしたし、法人・団体が1口1万円、個人が1口3千円の年会費だけで運営されているのなら問題は無いと思います。しかしこれにもし税金が使われているとすると問題だと思います。熊本は今後は財政的に厳しくなることが予想されますので、小額だとしても無駄遣いは許せないはずですからね。



2011kyusyu117

 フリーペーパーに新しい飲食店の情報がありました。

全国ネットのバラエティ番組の悪乗り企画でもたまに見かけることがある、くりいむしちゅーの上田晋也のお兄さんの店らしいのですが、「上田兄餃子楼」という店名はスゴいですよね。(笑)

店の名前で検索してみたら、2月19日の朝にテレビ朝日系列のKABの情報番組で紹介されるみたいでしたが、上田兄はタレントとしてローカルな番組にも出演しているみたいですから、そのコネを利用したのではないでしょうか。店の立地も悪くないようですし、餃子も250円からと高くないので最初は繁盛しそうですが、美味しさでリピーターを獲得できないとジリ貧となるかもです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/13(日) 23:59)

 5分ほど雪が降った後にエジプトの変革を見て考えたことは…
2011kyusyu112

 温暖なはずの熊本でも朝方に5分ほど雪が降りました。

午前中は熱いコーヒーを片手に、1面に大きく「ムバラク氏即辞任拒否」と報じた朝刊に目を通しながら、テレビで歓喜に沸くタハリール広場の群集の様子を複雑な気持ちで見つめていました。今回のデモでは軍隊が市民に発砲しなかったので犠牲者は少なかった方だと思うのですが、それでも罪が無い多くの市民の血が流れてしまいましたからね。それにチュニジアから始まった民主化の動きがエジプトで世界中から注目されるようになり、それがさらに周辺のムスリム圏にも拡大しようとしていますし、もしかして中国に飛び火すると天安門事件以上の大惨事となるかもと想像してしまったのです。

北京政府は四川大地震などの災害が発生してもオリンピックや万博を力技で成功ということにして、人民に日本を抜いてアメリカと肩を並べる大国に成長したという自信を抱かせてインフレなどの不満を抑えることに成功しているように見えます。中国では政府により国際ニュースやネットメディアに対して特殊機関により厳しく管理されているようですし、まだ天安門事件の記憶も薄れてはいないでしょうから、仮にバブル崩壊したとしても市民による大規模なデモに発展することは無いかもしれません。しかしそれは人民が被る金銭的な被害の大きさによって起きるであろう騒動の大きさは変わると思います。

広告などで物欲を刺激されて、家電や自動車などを長期のローンで購入しちゃった人たちに給料が支払わられなくなったとしたら大騒ぎになると考えられますし、預金封鎖や戒厳令が敷かれたりすることになれば、かなりヤバい状況になってしまいそうです。エジプトの軍隊は状況を見極めて市民に銃口を向けませんでしたが、政府側から見ての不満分子の数が違う中国では兵士の銃のトリガーは軽くなるかもしれませんからね。また人民解放軍が一枚岩では無いという説もあり、地域毎に割れてしまったとしたら内戦状態に発展することだってあり得る話だと思います。地政学的な要素に加えて、中国経済に深く関与してしまっている日本も影響は受けざるを得ないでしょうが、そのXデーが頼りない菅政権下でないことを祈りたいものです。私は無神論者ですから神頼みしたいわけじゃありませんが…(笑)



2011kyusyu113

 これは昨晩のWBSで見たつくば市の新しい試みです。

2月10日に展示会で見たロボットスーツのHALを開発したサイバーダイン社の本社もある日本の頭脳の集積地とも言うべきつくば市ですが、国にロボット特区認定の申請を行ったということでした。経済産業省もサービスロボットの市場予測を2035年には10兆円に達すると見込んでいて、ロボットの耐久性や安全性を検証する生活支援ロボット安全検証センターという施設をオープンさせていて、自動車や家電に代わる産業育成を目指しているようなのです。

既に松下記念病院では薬局から薬を運んでくれる自律移動ロボットの「ホスピー」が稼動中で、その他にも様々な医療や介護の分野で活躍してくれるサービスロボットの開発が行われているようですが、公道で人間が乗って移動するタイプの自走ロボットも増えるという予測からナンバープレートのデザインを選定中ということだったのです。

国の借金が1000兆円に達しそうな少子高齢化の日本で将来の稼ぎ頭になってくれそうな分野ですから、税金を投入して支援する価値は大いにあると思うのですが、ナンバープレートを義務付けるというのは止めていただきたいものです。役所としては公道で事故が起きた場合のことを想定して、さらに新しい許認可のおいしい部分を確保したいという浅ましい考えもあるのでしょうが、ロボットの総背番号制につながりそうですから止めていただきたいものです。手塚治虫さんが生きていらっしゃったら、きっとそう望まれることでしょう。



2011kyusyu114

 明日は熊本駅近くの市場でイベントがあるそうです。

4回目の田崎市場の感謝祭ということでしたが、これも九州新幹線全線開業のプレイベントという位置付けみたいでした。模擬競りやマグロの解体ショーなどの定番イベントに加えて新幹線クイズなどが行われるそうですが、あまり面白そうじゃありません。

それほど遠いわけじゃありませんし、市場本来の卸売りの仕事は日曜はお休みでしょうから、駐車場も空いていて停めやすそうです。しかし晴れたとしても寒そうですから出かける気にはなれません。何か出かけて行きたくなる特別な料理の試食でもあれば別ですが、ここでもサプライズは何も無さそうですし…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/12(土) 23:59)

 台北からシンガポールに飛んだ後に向かうべき国は…
2011kyusyu111

 これは日本に就航しているLCCのルートマップと値段です。

先日のWBSで特集されていたのですが、上海?茨城空港の片道が4000円という衝撃的な値段で参入した春秋航空を筆頭にずいぶんと路線が増えたものです。この図には乗っていませんが、関空とマニラを結んでいるセブ・パシフィック航空や、成田と関空からオーストラリアの東海岸の都市や台北に就航しているジェットスターもありますからね。まだ正式決定してるわけじゃないようですが、これに全日空系列の新会社や北京?那覇間に中国の海南航空が参入してくるみたいですので選択肢は増える一方なのです。

私はもうすぐスカイマークで神戸空港に飛んで、ジェットスターに乗り換えて久しぶりに台北の桃園空港に降り立つ予定です。その後はエア・アジアでバンコクに飛ぶか、セブ・パシフィック航空でマニラへと検討していたのですが、値段と効率を考え合わせてシンガポールに向かうことに決めました。Tシャツで楽に暮らせる国で面倒なインドビザを取りに行こうかと考えているところですが、到着までに日本人がビザ免除になってくれることを願うばかりです。(笑)



2011kyusyu109

 22時過ぎにエジプトが動きそうだという報道がありました。

CNNなどが「情報が錯綜していて真偽のほどは確かではありませんが…」という前提で、ムバラクと家族がカイロから脱出したと報道したのです。ムバラクはアメリカやヨーロッパの首脳から退任すべきということを突きつけられても、9月の選挙までは居座ることを明確にしたばかりでしたので、単に休暇に出かけたのかもしれません。

軍人出身のムバラクとしては座り心地が良い大統領の座をこれまで見下してきた大衆に追われることはプライドが許さずに、なんとか金をばら撒いて手懐けてきた秘密警察などを動員して軟着陸できる可能性を探ってきたのでしょうが、どうやらもうすぐタハリール広場の群集に朗報が届きそうです。命の危険があるというのに、ムバラクは粘った方だと思いますが、観光が国の基幹産業である国で民衆蜂起が長引いたらムバラクの勝ち目は無いはずですよね。



2011kyusyu110

 これは12日に目覚めてから見たニュース映像です。

BSでテレビ東京のWBSのトレンドたまごのコーナーまで見て睡魔に負けて寝てしまったのですが、私が猫たちと安らかな眠りについた後にエジプトの革命の成功を報じる臨時ニュースが放送されたのでしょう。タハリール広場では先日までとは様子がまるで違っていましたが、勝利を祝うお祭り騒ぎはしばらく続くことでしょう。

私は1989年にベルリンの壁の崩壊した直後に旧東ヨーロッパの国々を旅行したことがあるのですが、この熱い映像を見ていてカイロに飛んで行きたくなりました。いつでも行くことができるインドは後回しにして、シンガポールからUAE経由でカイロに飛んでみようかな…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/11(金) 23:59)

 将来にお世話になるかもしれない日本が世界に誇れる技術とは…
2011kyusyu106

 今日は午前中に郊外の展示会場に行ってきました。

先日のテレビのニュースでグランメッセで開催されていた「くまもと産業ビジネスフェア」に筑波に本社があるサイバーダイン社のロボットスーツが出品されていることを見て、ガソリン代をかけてもチェックしてみる価値があると思ったのです。ごつい全身タイプのロボットスーツは何度もテレビでは見たことがありましたが、小型軽量化された下半身タイプのものはじっくり見たことが無かったのです。

バッテリー部分を腰の後ろに巻くような感じで装着して、太ももや足首の上あたりをマジックテープで固定すると老化現象や障害などで歩行困難になった人が再び歩き出すことやリハビリができるという画期的な製品で、今後ますます深刻化しそうな少子高齢化の日本には無くてはならないものになりそうでした。この分野では世界にまだライバルがいないようですから、医療や福祉という分野で外貨を稼いでくれそうで、実に頼もしい存在です。大量生産によりコストダウンしてくれたら、私も将来にお世話になることになるかもですし…(笑)



2011kyusyu107

 熊本市の主催で政令市の説明会が開催されたそうです。

会場の公民館にはたくさんの椅子が並べられていたのですが、なんと参加者は5人だけで説明役の市役所側の人数の方が多かったというので笑ってしまいました。この住民説明会では政令指定都市になった後の区割りや新しい交通体系の案などがテーマだったようですが、市民の関心の低さが証明されたと思います。

熊本市の皆さんは政令指定都市になることのメリットやデメリットについて考えていないんじゃないかと思いますが、不便になる人も少なくないはずですから反対すべきだと思います。しかし政令都市化の推進役の市長が再選されたばかりですので、熊本市民の多くは間接的に政令都市化を承認したことになるのでしょう。私は近い将来に道州制が導入されると予想しているのですが、そうなれば政令市の意義はこれまで以上に無くなるでしょう。アホらしい話ですよね。



2011kyusyu108

 午前中や深夜の時間帯にこんなCMを見かけます。

デジタル化により3チャンネルとなるTBS系列のRKKがハッピーヴァレンタインのキャンペーンをやっているのですが、抽選で当たるのが地デジチューナーということですからアホらしいですよね。どうせなら地デジチューナー内蔵の液晶テレビかDVDレコーダーを商品にすれば良いでしょうに。不景気で広告収入が落ち込んでCM枠が空いているので、こんなCMを垂れ流しているのかもしれません。

しかし地デジ化の目標の7月を前にして、キャラクターの地デジカの露出が増えていて不快です。旅に出てしまえば見なくて済むようになりますが、地デジ化の期限は延期されるかもしれませんからウザい地デジカは年末まで出まくるのかもしれません。おそらく海外ではデジタル化の際にこんな変なキャンペーンはやらないと思いますが、それはデジタル化の対応は各家庭で自己責任で行うべきことという割り切った考え方が徹底しているからでしょう。日本で地デジカの露出が多いのは、税金を使ったキャンペーンが納税者の迷惑になってるという自覚が日本の役人に無いためかもですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/10(木) 23:59)

 新しいGoogleのiPhone向け翻訳アプリの使い勝手と完成度は…
2011kyusyu103

 Googleの新しい翻訳アプリを試してみました。

無料のアプリですから期待はしていなかったのですが、音声認識の精度は満足できるレベルでした。「銀行はどこですか?」みたいな旅行中に使いそうな簡単な単語の文章なら、ほぼ間違いなく音声から変換してくれましたし、それを50言語以上に翻訳してくれるようです。音声認識は現在は15言語に対応しているということですが、Googleのことですから需要に応じて増やしてくれることでしょう。

これだけでもかなり利便性は高いのですが、50言語の内の23言語は読み上げの機能があり、その流暢さには軽い感動を覚えるほどでした。以前は機械式の音声が単語を繋げると違和感がある場合が多かったのですが、まるで人間が読み上げた文章を聞いているような完成度の高さだったのです。

Googleは検索や地図をはじめ、様々な便利な機能で世界中の人々の生活を変えてくれましたが、この翻訳という分野でも貢献してくれそうです。本日のiPod touchの最安値は送料無料で18000円でしたが、その金額でネット端末として便利に使うことができるカメラ付きの音楽プレイヤーを入手できるというのはありがたい話ですよね。ポケットに入れて持ち歩くことができる百科事典+世界地図に加えて、C?3POみたいな翻訳機の要素まで加わったわけですから。

ちなみにiPad2やiPhone5の製品情報も明らかになりつつありますが、Googleが開発しているアンドロイド端末の評判も洩れ伝わってきています。私はアップルのMacBook AirのOSがレオパードからライオンに変わったら買おうかと考えているのですが、その前にGoogleの端末が割安な料金で発売されたら衝動買いしてしまうかもです。iPhone5にもお財布携帯のような支払い機能が付くという話がありますが、Googleならより使い勝手が良い世界通貨的な機能を盛り込んでくれるかもしれませんしね。クレジットカードでLCCの航空券などを買う時に番号を打ち込む度に面倒だなと感じていましたが、Googleならそんな不便を解決してくれそうです。そうなるとアメリカン・エクスプレスなどの株価が落ちることもあるかも…?(笑)



2011kyusyu104

 これは熊本市の中心部の軌道部分の工事の様子です。

今年から熊本の市電は鹿児島をマネして軌道の緑化事業をやることになって、3月12日の新幹線の開業に間に合わせようと工事をしているようなのです。線路はそのまま残しておいて、敷石を剥がしてグラウンドラインより低くなった部分に他の場所で育てた芝生のシートを持ってきて貼り付けるのではと予想しています。

軌道の緑化事業はたいした費用はかからないと思いますし、街の中心部に緑が増えることに文句はありません。新幹線の開業に合わせて地名に馴染みが無い観光客にわかりやすいようにいくつかの停留所の名前の変更もするとのことで、それも良いことだと思います。しかしどうせなら効果が期待できない政令都市化などを止めて、電車の料金を100円均一にしたらどうでしょうか。混雑防止に役立つでしょうから、よほど市民の賛同を得ることができると思いますが。(笑)



2011kyusyu105

 最近はJRの新幹線に関するCMをよく見かけます。

新幹線が開業したら鹿児島方面にも関西方面にも行くことができるのですが、熊本の人がいちばん使う機会が多いのは最短33分間で結ばれることになる博多までなのでしょう。それで回数券の2枚きっぷのCMを始めたのでしょうが、往復7000円は高いと思います。

私がよく利用している高速バスの熊本?博多は4枚綴りだと6000円で、往復なら3000円と半額以下なのです。時間は約2時間と新幹線に比べれば遅いのですが、街の中心部から乗ることができますので便利なのです。街外れにある熊本駅まで行く時間や費用を考えれば、遅い高速バスも悪くないと思えますからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/09(水) 23:59)

 初午大祭を祝う熊本城稲荷神社はどこかに移転すべきでは…
2011kyusyu100

 今朝はヤボ用で熊本城の近くに出かけました。

熊本城稲荷神社で初午大祭をやっていましたので、信号待ちしている時に参拝客で賑わっている様子を撮影してみました。無神論者の私は熊本の商店主たちはこんな所で商売繁盛を祈念するよりも、これから厳しくなる状況を想像してビジネスモデルを時代に合ったものに再構築すべきではないかと考えてしまうのですが、神頼みをしてしまうようなタイプの人には通じない話なのでしょう。(笑)

熊本は3月に新幹線が開業すると、その効果は半年くらいで尻すぼみとなっていくと予想されます。3月3日には博多駅前に、そして5月4日には大阪駅前に巨大な駅ビルが誕生する予定ですが、新幹線でそれらに行った熊本からの観光・買い物客は熊本に帰ったら貧弱な熊本駅前の様子にガッカリされることでしょう。

今後はネット通販の売り上げも上がり続けるでしょうし、熊本の商業はジリ貧傾向になるでしょうから、せめて観光面では集客を頑張って利益を上げることを目指すべきでしょうが、数少ない観光の目玉のひとつである熊本城の近くには道の駅に毛が生えた程度の商業施設ができるだけみたいです。私は中心市街地にいちばん近い場所に居座っている熊本城稲荷神社と熊本市役所をどこか郊外の駐車が楽な場所に移転させて、跡地を魅力的なものに再開発すべきと思います。熊本城稲荷神社の跡地は伊勢のおかげ横丁、熊本市役所の跡地は金沢の21世紀美術館を参考にして、地下通路や坪井川の観光船の船着場などと共に整備すれば良いと思います。



2011kyusyu101

 今日は退院した友人と熊大の近くにランチに行きました。

いろいろと選択肢はあったのですが、和食にも飽きていましたので、ネットで見かけたペルシャ料理の店を試してみることにしました。店は大学の裏の住宅地にありましたので、狭い路地を抜けて駐車するのに苦労しちゃいました。ようやく店内に入ったら田舎の温泉街のスナックのような造りでしたので、私が勝手に懐いていた何らかのイラン的な要素の淡い期待は吹き飛んでしまいました。

私はサラダ付きで800円の牛肉と鶏肉のケバブランチを試してみたのですが、残念ながらこちらもテヘランの200円程度で食べることができる安食堂より落ちる味でした。食後のコーヒーは150円でしたから、合計では950円だったのですが、このレベルならサラダ・コーヒー付きで750円くらいじゃないとリピーターは増えないと思いました。日本は深刻なデフレ時代ですからねぇ…



2011kyusyu102

 熊本では深夜に「美少女ナビ」という番組をやっています。

素人の女の子を撮影しただけの「美少女図鑑」が好評で、全国で類似の紙媒体が印刷されているようですが、それで紹介されたことがありそうな女の子にKKTの番組を紹介させる5分ほどの番組をやっているのです。紹介といっても喋れりが上手いわけじゃありませんので、単にニコニコして番宣のスタートを促すだけなのですが…

その草食系の男子学生にコアな人気がありそうな「美少女図鑑」ですが、それに明星食品が目を付けてこんなCMを作っていました。熊本の素人の女の子が自室と思われる部屋でカップ麺を食べるだけのCMなのですが、ヒネリも無くて面白くありません。コピーは「熊本のオンナノコのキレイを応援します」という陳腐なものなのですが、カップ麺を食べてキレイになるとはとても思えませんけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/08(火) 23:59)

 否定ばかりの「朝まで生テレビ」へのあてつけのような番組が…
2011kyusyu96

 日曜に録画していた番組がなかなか面白いものでした。

先日の「たかじんのそこまで言って委員会」のお題は「今の日本、A案のままで委員会? B案グランプリ2011」というものでしたが、軍事ジャーナリストの田岡俊次氏が普天間問題の代替案を出したり、前農水大臣の山田正彦氏がTPP問題についての私案を述べて袋叩きにあったりして面白かったのです。消費税増税を前提とした岸博幸氏の話やキー局の春の改編に関するデーブ・スペクター氏のフザケた私案は余分でしたけどね。

2月5日に否定ばかりで代替案の提案が少ない「朝まで生テレビ」へのあてつけのような良い企画でしたが、今後もこの「B案グランプリ」は不定期で続けていただきたいものです。ちなみに私が取り上げていただきたいのは、消費税や国民背番号制に対する代替案です。最近はニュースでどちらも避けられないことのように喋るアナウンサーがいたりしますが、そんな財務省の手先のような連中にダメ出ししてやっていただきたいものです。(笑)



2011kyusyu99

 夕方のニュースで阿蘇での新しいバスの話がありました。

九州産交バスが新幹線開通後の熊本観光の目玉にしたいということで、阿蘇にやってくる観光客向けに3月12日から九州では初めての屋根がないバスの運行を始めると発表したのです。この20人乗りの小型マイクロバスを改造した「阿蘇山上オープントップバス」は阿蘇の草千里から有料道路を経由して、阿蘇中岳火口までの約3・6キロを1日13往復するそうですが、往復運賃は大人が2000円、小学生以下でも1000円と高価なようなのです。

ゆっくり歩いても1時間程度の距離に2000円は高いと思うのですが、山頂に近いので春から秋にかけての観光シーズンにはそれなりに賑わうのかもしれません。しかし冬や梅雨の季節はガラガラになるんじゃないでしょうか。九州産交は2月18日までバスの愛称を公募しているそうですが、また変な名前になりそうです。



2011kyusyu97

 2月7日は1981年から北方領土の日だそうです。

それで貴重な税金を使って新聞に全面広告を出しているのですが、この女の子の顔に4島と日の丸を描いたデザインはいかがなものかと思います。サッカー人気に乗っかって政治問題に無関心な若年層に訴えようということでのものかもしれませんが、志が低い政治家たちを叱咤激励するデザインにすべきなんじゃないかと思います。

税金を払っている国民の世論を盛り上げるより先に、税金で飯を食っている政治家の意識を高めることが北方領土の返還には早道だと私は思います。現在の内閣は愛知県のトリプル選挙でもはっきりしたように国民の支持を失っていて、そんなレイムダック状態の政府に対外的な交渉なんてできないと思います。こんな広告で世論が盛り上がるとも思えませんし、無駄遣いは止めるべきだと思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2011/02/07(月) 23:59)

 温暖なはずの熊本なのに寒く感じる理由とその将来は…
2011kyusyu93

 温暖なはずの熊本なのに寒く感じることがあります。

その理由は熊本の商店街のあちこちで空き店舗が目立っているからですが、昨年の8月14日のブログに閉店していることをアップした並木坂通りのBAPE STOREの跡地は未だにテナントが入っていませんでした。角地の1階でけっして悪くはない立地なのですが、目立っていたブランドが撤退したという強い印象が災いしているのかもしれません。また3月14日に九州新幹線が開業したら熊本のアパレルショップの売り上げは落ちると予想されていて、それが新たな投資に二の足を踏ませているのかもです。

ちなみにBAPEは香港の急成長アパレル企業のITという会社により買収されたそうですが、その背景には今後の中国本土での急拡大を視野に入れた強気の戦略があるのでしょう。レノボによるIBMの買収を思わせる、日本のアパレル界にとっては衝撃的なニュースだっただろうと想像できます。しかし日本国内は少子高齢化で成長が見込めないですし、中国がバブ崩壊する前の良いタイミングでの売却で良かったんじゃないでしょうか。日本国内じゃBAPEは飽きられてブランド力が落ちているでしょうし。



2011kyusyu94

 土曜の午前中に「駅前TVサタブラ」という番組があります。

数年前にテレビ朝日系列のKABが本社を熊本駅前に移転して、土曜日の午前中の情報番組なので「サタブラ」と名付けられたのでしょう。テンポが遅いヌルい情報番組なのですが、たまに役に立つ情報がありますので、HDに録画しておいてCMやMCの無駄な喋りを最高速で早送りしてチェックしています。
 
その番組の中で「リ・ゲレンデビューPROJECT」という不思議なネーミングの企画がありましたので、KABのウェブサイトをチェックしてみました。冬の特別企画ということで「もいちどスノボに連れてって!バスツアー」というのがKABの事業部とラド観光という会社によって運営されているみたいでした。そのツアーの名称は「ホワイトドルフィン」というもので、すべてのネーミングに違和感がありましたが、それって私だけでしょうか…?



2011kyusyu95

 これは熊本の老舗デパートのヴァレンタインのCMです。

こちらは「若っ人ランド」という情報番組とタイアップしたもので、番組のお飾り的な女の子がチョコを手作りしてるところが流されて、最後にこの「チョコは想いのカタチ」というヌルいコピーが出るのです。鶴屋百貨店では乙女心を利用した大人たちの金儲けの場としてのヴァレンタインの特設会場が作られていてるようですが、相変わらず志が低い戦略に乗せられている人は多いみたいです。

鶴屋のイベントカレンダーを見たら、ヴァレンタインの特設会場は2月15日に1日だけ休んで、次の日からはホワイト・デーの会場になるみたいですが、義理チョコを貰ってのお返しの品を買いに行くおバカな男が存在することを想像すると笑えてしまいます。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2011/02/06(日) 23:59)

 春のような午後にいただいた牡蠣と菜の花のパスタの味は…
2011kyusyu90

 2月最初の土曜日は晴れて暖かくなってくれました。

今日はスーパーで1パック100円で安売りされていた牡蠣と1束180円で買った菜の花などで春を感じさせるパスタを作ってみたのですが、ほろ苦さが効いてなかなか美味しゅうございました。先週あたりから温暖な気候の天草では菜の花畑が満開になってるのですが、今日の暖かさで菜の花前線もぐんぐんと北上してゆくことでしょう。

食後にPCでニュースをチェックしながら録画しておいた「朝まで生テレビ」を見ていたら、iPod touchに友人からFACETIMEで連絡がありました。iPhoneでも買ったのかなと思ったら、MacBookにソフトをインストールしたということでした。両方とも回線の状態が良かったためか、これまで試した中でいちばん通話状態が良くて、改めて「使えるな…」と感心させられました。しかし昨年の9月にカメラ付きのiPod touchを購入して半年くらいになるのですが、日本の家電メーカーから追いつきそうな類似機種が出ないのはサミシイものです。昔はそういった小型軽量のハイテク製品は日本のお家芸でしたが…



2011kyusyu91

 昨晩の「朝まで生テレビ」は期待ハズレでした。

お題は「激論!日本は本当にダメな国なのか?」というものでしたが、時差の関係でエジプトが緊迫していましたので、放送中に何か起きたら現場中継に切り替わりそうな雰囲気でした。結局エジプトの反政府勢力は大統領府に突入できなかったのですが、それで金美齢さんとホリえもんの低レベルのバトルを楽しむことができました。しかしホリえもんは売国奴的な発言を繰り返していましたが、これで日本経済がヤバい状況になった時に隠し持っていた大量のドルを持って国外に逃げたりしたら命の危険もありそうです。(笑)

私は閉塞感が漂っている日本を明るくする何らかの面白いアイデアを誰か提案しないかと少し期待していたのですが、司会の田原総一朗氏の仕切りが悪いこともあって、日本をダメにした人物や背景ばかりを挙げる人たちばかりでしたのでつまらなかったのです。起業家だったみんなの党の松田公太氏くらいは何か具体的な処方箋について話すかと思ったのですが、渡辺喜美代表から発言には注意するようにと釘を刺されていたのか、無難な発言ばかりでしたしね。

私は今の日本では無理だと思いますが、日本経済を再生させるためには魅力的なリーダーが将来のグランドデザインを明確にして、既得権を持った日本をダメにしている人たちを排除して、道州制を早期に実現して地方分権を推し進めるしかないと思います。県単位に分かれている行政の仕事を州単位に効率化することで公務員の数を半減させることを目標にすべきと思いますが、レイムダック状態の菅内閣にそんなことができるわけありませんし、よほどのリーダーシップがある政治家が出てこないと無理だと思います。



2011kyusyu92

 新聞にこんな新幹線の映画の広告が載っていました。

ひらがなのタイトルから鉄道好きの子供向けの映画ということが想像できますが、21世紀にこんな映画が作られているとは驚きでした。値段もけっこう高いのですが、こんな金額を払って観に行く人は少ないでしょうから、新幹線の沿線の自治体や学校などに無料券がたくさん配布されるのかもしれません。

常に様々な小さな改良は加えられ続けているのでしょうが、熊本では20世紀の古い交通インフラの枠を出ない新幹線に過剰に期待して大騒ぎしていることをアホらしいと感じています。全線開業による経済効果なんて半年くらいで無くなってしまうでしょうし、仕事やビジネスチャンスを求めて福岡に移住する若い人が増えて、長期的には熊本の活力が低下するのではと予想していますし。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/05(土) 23:59)

 ハウス食品の「できたてづくり」シリーズの完成度は…
2011kyusyu87

 ランチにハウスのインスタント食品を試してみました。

4種類ある「できたてづくり」シリーズの中のふんわり親子丼というものでしたが、一般的なレトルトパックかと思ったら電子レンジでチンするタイプでした。まず紙のパッケージの真ん中あたりからカットして、それを電子レンジ内での転倒防止用具のスタンドとして組み立てる必要がありました。そのスタンドの中に封を切った親子丼の材料が入った中袋を立て、そこに割りほぐした卵を加えて電子レンジで4分ほど加熱して出来上がりというものでした。

ハウス食品独自の「卵食感維持調整技術」が生かされたソース配合によってレンジ加熱後の卵の固さをコントロールしてふんわり柔らかな食感に仕上がるように工夫されているということでしたが、期待したほどではありませんでした。ご飯とこの食品と玉子さえあれば簡単に作ることができるのですが、やはり自分で材料を揃えて作った方が良さそうです。この「できたてづくり」シリーズは料理が面倒だったり嫌いだったりする人たちのためのものでしょうからね。



2011kyusyu88

 夕方のニュースで新幹線絡みのニュースをやってました。

九州新幹線の開業後にやってくる観光客に買ってもらうために、熊本県産の食材利用の土産物を審査して優秀なものにお墨付きを与えるという「くまもとうまカモン!」というプロジェクトでしたが、152の候補から選ばれたという21品をザッと見た感じでは購入して試してみたいという水準のものはありませんでした。

それぞれの食品メーカーの開発者たちは地道に努力されているとは思うのですが、その過程や背景を消費者に知らせる工夫は見当たらないのです。「くまもとうまカモン!」という専用のウェブサイトでも立ち上げて、そこに開発サイドの苦労をダイジェスト版の動画でアップすれば少しはアピールできると思うのですが。



2011kyusyu89

 先ほどこんな不思議なイベントのCMを見ました。

3月19日から菊池市で開催される武者祭りというイベントで、グランプリ賞金10万円の「ザ・イケ武者コンテスト」というものがあるらしいのですが、第2回とありましたが私は菊池でこんなことをやってるなんてまったく知りませんでした。これと似たようなことは全国の城下町でもやっていて人気のようですが、私はちょっとアイデアが貧困なんじゃないかなと思います。

地理的に新幹線の効果があまり期待できそうにない菊池ですから、もっと工夫が必要なんじゃないかなと思います。3月後半は桜の季節ですから、それを生かすものが良さそうですが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/04(金) 23:59)

 九州新幹線の全線開業が九州に及ぼす影響は…
2011kyusyu84

 これは宇土に作られた新幹線の車両基地の様子です。

3月12日の九州新幹線の全線開業を前にして、国道3号線を通る自動車にアピールするかのようにズラリと並べられていました。この場所は交通量が多い九州の大動脈ですから、新幹線の車両基地はもっと地価の安い田舎の山の中にでも作れば良いだろうにと私は思ったのですが、何か特別な理由があるのかもしれません。

今回は新幹線の開業前に旅立ちますので、その前後のバカ騒ぎの様子は見ることができません。まあ新幹線なんて少し早いだけの電車で珍しくは無いですから問題なしですが。私はJRは大嫌いですし、新幹線は料金も高いので乗ることは無いと思います。しかし国籍を変えたら割安なレイルパスを買うことができると思いますので、もしかすると将来に乗ることがあるかもです。その頃は円安になっていて、レイルパスがさらに割安になっているかもですしね。



2011kyusyu86

 今日のニュースで熊本県知事が会見していました。

たいした内容じゃ無いのに菅総理のように原稿を棒読みしていましたが、内容は3月12日の開業の前後に行われるサプライズの要素が無い催し物の報告などでした。知事は「全線開業はゴールではなく、新しい熊本のスタートです…」と仰っていらっしゃいましたが、少しだけ早い電車が中途半端な熊本に及ぼす影響なんてたいしたことが無いのに何を言ってるのだろうと不思議でした。

新幹線が全線開業したとしても九州の中で観光面でいちばん潤うのは終着駅の鹿児島のはずで、商業面でのいちばんの勝ち組は博多の新しい駅ビルになると想像できます。熊本では「くまもとサプライズ」をキーワードにしておきながら、観光客が驚きそうな催し物は見当たりませんし、駅前はかなり見劣りしていますので新幹線の開業はトータルではマイナスの方が多そうなのです。私は知事は「頑張らないと全線開業は新しい熊本の苦難の道のスタートになるかもです!」と県民に訴えるべきだったと思いますが。



2011kyusyu85

 これはデパートで開催中のイベントの広告です。

九州新幹線の全線開業でダメージを受けることになるであろう老舗百貨店の鶴屋で、恒例の「全国有名駅弁当とうまいもの大会」というものをやってるのですが、新幹線の開業直前ということで福岡と鹿児島の駅弁も販売されることになったみたいなのです。

私は各地の名物はそれぞれの地元で食べたいと考えていますので、このタイプの催し物にはまったく興味がありません。それぞれの弁当の責任者がちゃんと監修してるのかもしれませんが、地元で食べるよりも味が落ちるのは仕方が無いことだと思うのです。この手の会場では作ってる人たちも「面倒だけど、仕事だからやるか…」といった雰囲気がしていますし、料理人としての志も低そうですからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/03(木) 23:59)

 畑の中にオープンしたスーパーセンターの実力と将来性は…
2011kyusyu80

 今日はヤボ用で宇土市の郊外に行ってきました。

熊本市の南のベッドタウン的な要素が強くなってるエリアでしたが、少し前に国道3号線から少し入った畑の中にトライアルというスーパーセンターがオープンしたとの噂を聞いていましたのでチェックしてみることにしたのです。私はこのチェーン店は数年前に九州内をドライブした時に何度か買い物したことがありましたが、まだ熊本市内には支店が無いので最近の様子は把握していなかったのです。

スーパーセンターの立地としては畑の中というのは珍しくは無いのですが、やはりちょっと意外な感じがしました。店内は倉庫のようなローコストを追求した作りで、どことなく東北をドライブ中に立ち寄ってみたイオン系列のスーパーセンターに似ていました。以前に比べて割安なPB製品が増えていたのですが、原産国の表示を見てみたら中国や韓国ばかりでした。トライアルは本拠地がある福岡を中心にデフレ傾向を追い風に全国に店舗網を広げているようで、アグレッシブに韓国にも出店済みでした。今後は中国あたりも狙っているのでしょうが、ぜひ熊本市内にも出店してもらいたいものです。



2011kyusyu81

 久しぶりに国道沿いのモールにも行ってみました。

この宇土シティというモールはジャスコを核店舗に据えて、かつてはそれなりに繁盛していた典型的な郊外店でしたが、5kmほどの距離に巨大なイオン・モールがオープンしたこともあって、じりじりと客離れしていったようです。その状況を何とかしようと「味彩市場」というコーナーを作ったりしていましたが、焼け石に水という感じでした。

これは宇土シティの1階の奥のフードコートの様子ですが、ランチタイムまで少しあったとはいえ、こんな閑散としたフードコートは久しぶりに見ました。週末には多少は賑わうのかもしれませんが、こんなガラガラだったら撤退する店が増えるかもしれません。これからガソリン代が上がれば来店客数は減りそうですし、またパンデミックのような話となればモール自体が閉鎖されることだってあり得るでしょう。



2011kyusyu83

 ランチは郊外の生パスタを出すレストランを試してみました。

最近では生パスタを売り物にするファミリー向けのレストランをあちこちで見かけますが、この南熊本駅に近い流通団地のエリアの裏道にひっそりとオープンしていたデルジョルノという店には「しあわせの生パスタ」とちょっと恥ずかしいサブタイトルが付いていました。パスタランチは5種類ほどの本日のパスタの中から選べ、スープとサラダとガーリックトーストを付けたものが990円ということでした。

スープはちょっと味付けが濃い感じでしたが、私が選んだイカとホウレンソウのクリームパスタも良く言えば濃厚でした。しかし悪く言うと素材の風味を楽しむ食事の醍醐味を邪魔している感じでした。生パスタはもちもちとした食感で悪くは無かったのですが、またこの店を試してみたいとは思わせないレベルのものでした。



2011kyusyu82

 明日は私にはまったく無関係の節分です。

新聞にはこんな広告が出たり、スーパーでは鬼のお面付きの豆類を売るコーナーができていたりしましたが、私は子供の頃から節分という儀式には馴染めないのです。どういった理由で豆を撒くだけで鬼が逃げ出すのか理解に苦しみますし、最近では全国のスーパーでも見かけるようになった恵方巻きなんて完全にナンセンスだと思うのです。そんな安直な方法で縁起が良くなったり願いが叶ったりするのであれば、政府は子供手当てなんて止めて税金で恵方巻きを全国民に配れば良いという話になりますからね。(笑)

最近では恵方巻きから派生した恵方ロールというスイーツまで見かけるようになりましたが、そこまでくると笑えます。まさか恵方ロールを食べる人は真剣に幸運を願う人はいないと思いますが、世の中いろんな人がいますから、たかが数百円を払うだけで高望みしたがる人もいらっしゃるのでしょう。アホらしい話ですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/02(水) 23:08)

 エジプトで100万人なら中国ならどれくらいになるのか…?
2011kyusyu79

 先ほどのニュースでエジプトのデモの様子を見ました。

押さえつけようとしても難しそうな民衆の本気度が軍に伝わったのか、どうやら近いうちにムバラク大統領はどこかに亡命せねばならなくなりそうです。私が最後にエジプトに行ったのはブログを始める前なので定かでは無いのですが、たぶん2004年の2月前後じゃなかったかなと思います。その当時はアメリカの庇護の下にムバラク体制は揺るぎが無いように思えたのですが、やはり30年はあまりにも長過ぎたみたいです。

私はエジプト人のメンタリティから、ムバラク大統領や側近たちが血迷うことがなければ、これ以上の大規模な流血騒ぎには発展しないのではと予想しています。次のリーダーの有力候補が出てきていないようですが、半年もすれば落ち着きそうですので、近いうちにマグレブ諸国と共に訪問してみたいと考えています。7月頃にはスーダンの南部も独立してアフリカ54番目の国が誕生するという話もありますので、そのあたりもついでに訪問してみたいと考えています。

しかし今度の中東の動向は変な方向に飛び火しかねないと心配な面もあります。それは原油価格の高騰もあるのですが、日本にとって最大の影響を与えそうな中国の今後が心配なのです。私は天安門事件の時とは違って、次に民主化の動きがあれば、人民解放軍は政府側に付かないんじゃないかと危惧しているのです。もちろん中国軍も一枚岩では無いでしょうから、中国バブルの崩壊の兆しが見えた時に北京政府に近い軍は民主化を求めるデモ隊に「反政府テロ」というレッテルを貼って首都防衛の名の下に武力での沈静化を図るかもしれませんが、上海や広州の地方政府は人民の不満をかわすために北京政府の失策のせいだと責任転嫁して、それぞれの地域の人民解放軍も勝ち馬に乗ろうとするかもしれないのです。

バブルが行き着くところまで行った中国は各地で失政の責任者探しをすることになり、ネットでの内部告発や自分たちに追求の矛先が向かわないように責任転嫁をしたり、証拠隠滅や捏造したりする悪党も出てくることでしょう。中国人のメンタリティから、あちこちの都市で流血騒ぎとなると思うのですが、私はいちばん被害が出るのはマカオだと予想しています。なぜそう考えるかというと、マカオは中国本土からの距離が近過ぎるのと、押しかける暴徒から都市を守るだけの武力を持っていないと推測されるからです。北京政府も不満のはけ口が自分たちに向かわないことを願っているはずですから、マカオが火の海と化しても軍を派遣することは無いだろうと思うのです。こんな物騒な予想は当たらなければ良いのですが、今回の中東のムーブメントは中国の軍人や学生たちにもかなりの影響を与えてるでしょうからヒドいことになりそうな予感がしているのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/02/01(火) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア