新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 昨年春にオープンしてたらしい小さなイタリアンレストランの味は…
2011kyusyu156

 今日は梅雨の最後という感じの空模様でした。

午後に昨年の春に上通りの裏路地にオープンしてたらしい小さなイタリアンレストランのランチを試してみることにしたのですが、サラダとスープとメインのパスタ、そして食後のコーヒーが付いて990円と充実していました。食後のデザートは3種盛りで300円でしたが、イタリアで修行してきたという店のオーナーの料理はどれも本格的なもので美味しゅうございました。

この店の存在は「ひごなび」というウェブサイトで知ったのですが、イタリア料理で検索してみたら38件もヒットしましたので驚かされました。熊本市は周辺自治体との無理な合併を強行しても人口は70万人くらいしかいない地方都市ですから、けっこうな激戦だと思われます。



2011kyusyu157

 食後に書店に行ってみたら、こんな本が出ていました。

九州には佐賀の玄海と鹿児島の川内と2つの原発があるのですが、どちらも海に面して建設されていますので地震や津波の危険性と直面しています。九州電力の原発推進のチームは根拠が薄い「原発は安全です!」というフレーズを繰り返して財政が厳しい過疎化しつつある田舎の自治体に補助金や雇用という甘い言葉を囁き続けて建設しちゃったわけですが、「第2の福島」になる危険性がありますので再稼働には慎重にならざるを得ないでしょう。

海江田経済産業相は原子力の専門家が安全性をチェックしたので再稼働しても問題ないし、もしもの場合は政府が責任を持つと大風呂敷を広げているのですが、政府の信頼性は地に落ちているだけに冗談のように聞こえてしまいます。311以前は日本人の過半数が原発容認派だったようですが、おそらく今では少数派になっているはずです。しかし国民の生命と財産を守ることが第一の命題であるはずの政治家の多くはまだ推進派なのでしょう。総選挙が行われたらそのミスマッチを解消できるかもしれないのですが、「ただの人」になるのを恐れる政治家が多いのでしばらく先になりそうですね。



2011kyusyu158

 スマイルマークの飛行機が飛ぶことになりそうです。

帰国してみたらやたらとスマイルマークをアレンジしたデザインのものが増えているなと感じていたのですが、このスカイネットアジア航空が名称変更したソラシドエアも新CIに採用したようです。空と種(CEED)をかけて、さらに尻上がりの音階のイメージとも重ね合わせたネーミングでしたが、「トマト銀行」みたいで恥ずかしくなります。

私はJALやANAより安かったのでスカイネットアジア航空に乗った経験があるのですが、熊本空港にも昨年の10月31日に割安なスカイマークが就航しましたので、こんな恥ずかしい名前の飛行機には乗ることは無いと思います。乗客数が少なくて倒産する前に安い席を乱発するなら乗ることもあるかもですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/30(木) 23:59)

 2人前99円の冷やし中華と6缶499円の極麦の味は…
2011kyusyu153

 熊本で最初に試したのは2人前99円の冷やし中華でした。

先日の夕方に熊本空港から市内に向かう途中にスーパーで6缶499円の極麦という第3のビールと共に購入しておいたものでしたが、五木食品の冷やし中華は看板商品のアベックラーメンと似た形状の商品で、値段の割には美味しゅうございました。麺はストレートの乾麺で、ごまだれはペースト状でしたので常温保存ができるので災害時の保存食としても便利だとも思いました。

先ほど熊本でも震度4の地震があったのですが、阿蘇の怪しさも増しているようですから災害対策は各家庭で考えておくべきだと私は思うのです。水道を地下水でまかなえている熊本では災害時にライフラインが途絶えても水に困ることは短時間で済むと予想されます。電気やガスの復旧が遅いとしてもカセットコンロとこのような常温保存できる食品さえあれば飢える心配は無いわけです。



2011kyusyu154

 熊本では16時前には新聞の夕刊が配達されます。

朝刊の一面は全国紙と同じようなものになることが多いのですが、夕刊の一面は地元や九州に関するローカルなものになることが多いようです。今日のトップは佐賀入りした海江田経済産業相が古川康佐賀知事や岸本英雄玄海町長と会談して、「原発の安全性の問題はクリアされた」と再稼働を容認する意向を日本で初めて示したという悲しいニュースでした。

海江田経済産業相は「政府が責任を持つ」と空手形を切りまくっているようですが、原発の近くの町に引っ越す気はまるで無いようです。海江田氏は仕事が忙しいでしょうから佐賀県に引っ越すのは無理があるでしょうが、経済産業省や政府関係でリタイアした後の第2の人生を過ごす方たちに斡旋するくらいはすべきではないしょうか。原発を推進してきた役人たちが原発の近くに実際に住んで安全をアピールすることは誰にとっても悪い話ではないはずですからね。

しかし財政が厳しい佐賀が玄海原子力発電所の再稼働を容認して、もしものことがあると近隣の福岡や長崎が大迷惑を蒙ることになるでしょう。原発反対の意思を持っていても自分たちでは抗議の行動を起こすことが難しい福岡や長崎の皆さんは「頼むから玄海町長や佐賀県知事のリコールをやってくれ!」と願ってることでしょう。



2011kyusyu155

 深夜にやってや日本赤十字のCMが気になりました。

被災地で汗を流していらっしゃる皆さんの笑顔の静止画が何枚も出てきて、最後に「赤十字活動にご協力をお願いします」と締めくくるありがちなものなのですが、この広告費はどこから出ているのでしょうね。311が起きてしまった後に多くの日本国民が募金先として真っ先に思い浮かべたほど知名度がある団体ですから広告を打つ必要なんて無いのではと私には思えるのですが。

しかし日本赤十字は支援先の幅が広いために311の被災地に届けたいと考えて募金した人たちからしてみると期待ハズレだったという批判がありました。このCMはその批判をかわすために流したようにも思えました。募金した皆さんたちからは「そんな金があるなら被災地へ!」と苦情が出そうですが…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/29(水) 23:59)

 MacBook Airを買ったポイントを現金化するために行った方法とは…
2011tokyo111

 東京での最終日はスッキリと晴れてくれました。

今日は84800円のMacBook Airを買って貯まった15000円分ほどのポイントを現金化するために、自由が丘のLABIまで友人の代わりに液晶テレビを買いに行くことにしました。いつものようにiPod touchの地図に最短距離を表示させて走っていたのですが、今日もGoogleが機械的に示してくれたのは自分なら絶対に選ばないマイナーな道でしたので面白かったのです。

梅が丘2丁目の交差点から国士舘方面に南下していたら、道路の拡幅工事が進んでいました。これが完成すると世田谷区役所周辺のアクセスがかなり改善されると思います。ちなみにこの右側の国士舘の建物は道路の拡幅を織り込んで最近になって建設されたようでした。



2011tokyo112

 松蔭神社の近くの路地を通り、自由通りに出ました。

ようやく馴染みの道に出たとホッとしていたら、駒沢公園の手前で見慣れない店を発見しました。「+green」という店名から検索してみたら、今年の4月1日にオープンしたばかりのナチュラルレストランということでした。周辺の緑を借景として上手く活用しているようでしたが、なかなか良さげでしたので次回にでも試してみたいものでした。

梅雨やこれからの酷暑の時期はダメでしょうが、秋晴れの昼下がりに自転車で乗り付けてテラスでオーガニックワインでも飲みながら料理をいただくのが良いのでしょうが、ちょっと高そうですよね。円高の現在でさえ支払いには覚悟が必要でしょうが、円が暴落したらほとんど無理な話になるのでしょうね。



2011tokyo115

 炎天下を1時間ほど走って、ようやく到着できました。

あまり時間が無かったので、26日に来た時に目を付けておいた三菱の19インチの液晶テレビの細かな点を確認してポイントを使って購入しました。ちなみに通常は24800円で販売されているモデルでしたが、アウトレット価格は21800円と3000円安かったのです。ちなみに価格コムの最安値は23700円でしたが、それでも2000円ほど安いことになります。

32インチの液晶テレビが3万円以下で購入できる時代に小型の液晶テレビは値下がり率が少ないようにも思えますが、このクラスは友人のように駆け込みで購入する人が多くて需要があるのかもしれません。自転車で運ぶためにダンボール箱は捨ててしまいましたが、取り扱い説明書なども含めると5kg近くありましたから持ち帰るのはたいへんでした。まあその苦労があったので友人はデジタル化に間に合い、私はポイントを現金化することができました。



2011tokyo113

 自由が丘からの帰りは気温が上がって汗だくになりました。

行きは手ぶらでしたが、帰りは5kgほど重たくなっていましたので上り坂はしんどかったのです。友人宅のシャワーと冷蔵庫の中の発泡酒を想像しながらガンガン走り続けていたのですが、風がありましたので暑さはそれほどでも無かったのですが、汗の量がスゴくて熱中症になりそうでしたので水分補給しておくことにしました。

首都圏にたくさん展開している酒屋で90円のプライムドラフトというヤツを試してみたのですが、喉がカラカラでしたので美味しゅうございました。ちょっとクールダウンできたのは良かったのですが、友人宅に到着した頃には取り入れた水分はすべて失った感じでした。晴れてくれたのはありがたかったのですが、暑いには困りものです。



2011tokyo114

 シャワー後に急いでテレビのセットを済ませました。

それで電車を乗り継いで羽田空港へ移動し、夕方の飛行機で熊本に飛びました。今日は自動チェックイン機で左側の座席を選んでみたのですが、名古屋のセントレア空港と大阪の関空の2つの海上空港をハッキリと確認することができました。ちなみに富士山を見たい人は右側の座席を選んだ方が見ることができる可能性が高いでしょう。

今回はインドを旅行中にKLから羽田まで片道207リンギ(約5600円)という激安な航空券を入手できたのですが、その時期に早割りで購入しておいた羽田から熊本の国内の片道航空券も5800円とまあまあの安さでした。バブル時代には想像もできない値段ですが、これも不況で円高の今だけなのでしょう。



2011kyusyu152

 飛行機は熊本空港には定刻の19時に到着しました。

夏至が過ぎたばかりでしたので「空が明るいな…」というのが第一印象でしたが、熊本空港は拡張工事がまだ終わっていませんでしたので地味な感じがしました。3月12日の新幹線開業には間に合わなかったので、夏の観光シーズンの前にオープンするのかなと思って案内所で訊いてみたら来年という話でしたので驚かされました。

約4ヶ月ぶりの熊本でしたが、空港から市内までの道はさらに地味になっているような印象でした。九州新幹線の開業日の前日に東北を地震や津波が襲ったということも理由のようですが、政令指定都市化などのアホな取り組みに無駄な税金や労力を使ったりしているのが主因だと私は思います。九州新幹線の開業により大都市の福岡まで約30分となったわけですが、将来はどういった都市に成長して福岡や鹿児島と棲み分けするのかといったグランドデザインはまったく見えてこないみたいなのです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/28(火) 23:59)

 小雨の中を自転車でとしまえん経由で池袋まで出かけた理由は…
2011tokyo105

 まだ梅雨ですから、今にも降りだしそうな空でした。

雨の日はのんびり過ごしたいものでしたが、東京での滞在も期限があるので早めにランチを食べて出かけることにしました。今日は友人がいなり寿司を作ってくれたのですが、他の副菜もサッパリして美味しゅうございました。ただ用意したご飯の方が多くてかなり太めに仕上がっていましたが。

最後のマレーシア滞在中に伊勢丹やジャスコで買い物をして和風のものは食べていましたし、帰国して2週間が経ちましたので和食に対する飢餓感はとっくに無くなってはいたのですけどね。



2011tokyo106

 小雨が降る中を池袋方面に自転車で出かけました。

iPod touchの地図で池袋までの最短距離を表示させて普通に走るのでは面白くないですから、久しぶりに豊島園に寄り道してみることにしました。豊島園の周辺の道は特徴が無くてiPod touchの地図が無ければ行ってみようという気にならなかっただろうと思います。東京に住むなら軽くて良い自転車と走りながら確認するためのiPod touchをホルダーが欲しいものです。

豊島園の周辺にはいろんなものがオープンしているという話は聞いていたのですが、終着駅の隣にシネコンができていたのには驚かされました。また徒歩5分くらいの場所に立ち寄り湯やトイザらスなどがオープンしていました。日本は少子高齢化ですから、そのうちに豊島園はその形態を変えるのではないでしょうか。シネコンなどはそのための布石なのかもしれません。



2011tokyo107

 豊島園から30分ほどで池袋の西口に到着しました。

東口に比べて地味な感じがする西口ですが、文化面の中核的な施設の東京芸術劇場が20年ぶりのリノベーションのために4月1日から休館になっていましたので、ますます地味な印象になっていました。今回のリノベーションは2012年8月31日の予定ということですが、ずいぶんとのんびりしてるようです。

東京芸術劇場の無料券は貰ったことが無いので一度も劇場内はチェックしたことは無いのですが、改修工事が終わってオープンしたとしてもチェックする機会は無さそうです。しかし東京芸術劇場も財政的に豊かではないでしょうから、改装を機にネーミング・ライツの導入などが行われるのかもしれませんね。



2011tokyo108

 東口のビックカメラのアウトレットに行ってみました。

2年半前から旅を共にしている現在のMSIのネットブックのバッテリーがヘタってきたので、7月の新型発表前に値段が下がってきたMacBook Airを買おうと考えているのですが、もしかしたら割安な展示品が販売されていないかとチェックしてみることにしたのです。アウトレットには数台の中古のMacBook Airは置いてありましたが、検討してみる気にもなれない価格帯でしたのでガッカリでした。

7月24日の地デジ化まで1ヶ月を切ったことからアウトレットの入り口には割安なテレビが並べられていたのですが、32インチでついに3万円を切る商品がありましたので驚かされました。プラズマテレビが出始めた頃は1インチ1万円なんて時代でしたし、ちょっと前までは10万円くらいしていたのですけどね。



2011tokyo109

 その後に以前は三越だったLABIに行ってみました。

11インチのMacBook Airのいちばん安いモデルはアップルストアでは88800円ですが、価格コムでの本日の最安値は71000円でした。アルミ削り出しの筐体の高級感があるMacBook Airは以前から魅力的だったのですが、今までは高くて手が出なかったのです。6月6日のWWDC2011以降に買ったアップル製品は7月にMacOSがLionになったら無料でDLできるということでしたし。

どこのLABIでもMacBook Airの値段は84800円と固定なのですが、20日に渋谷で見た時にはポイントが15パーセントで、26日に自由が丘では16パーセントでした。池袋では17パーセントと表示されていたのですが、雨が降っていたためかタイムセール中で18パーセントに上がっていました。つまりポイントを差し引いた価格は69536円ということでしたので衝動買いしてしまいました。



2011tokyo110

 LABIでの購入後はどこにも寄り道をせずに帰りました。

10インチのMSIのネットブックと11インチのMacBook Airは大きさも重さもたいした違いはないのですが、その薄さと印象はずいぶんと違います。まるで東ドイツのトラバントからVWのパサートあたりに乗り換えたような感じでしたが、この最初に出てくるスターウォーズのオープニングのような画面は笑ってしまいました。

またMacBook Airのパッケージのデザインも秀逸でしたし、CDサイズの手引き書やリカバリー用のUSBメモリなども良く考えられているなと感心されました。XPからMacOSへの移行、そしてトラックパッドの新機能などに慣れるためにしばらくの間は戸惑うことも多そうです。またさらに7月にはLionに変わりますので、その時はさらに少し苦労させられそうですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/27(月) 23:59)

 ゴミ捨て場に置いてあっても違和感が無さそうなアート作品とは…
2011tokyo99

 東京は今朝も涼しくて快適な1日になりそうでした。

泊めていただいた築地の友人宅で美味しい朝食をいただいて、TBSのおバカな「サンジャポ」を見てのんびりと過ごしました。最後まで見たかったのですが、品川区の友人とランチの約束をしていましたので自転車で出発しました。まずは先日は時間が無くなって見ることができなかった銀座のエルメスのリメイクコレクションである「petit h」をチェックしてみることにしました。

レザーやシルクの端切れや傷がついたクリスタルなどの素材をモチーフにしたオブジェなどが展示してあったのですが、世田谷あたりのマンションのゴミ捨て場に置いてあっても違和感が無さそうなアート作品でした。エルメスのファンと思われる奥様たちは熱心に品定めをされていましたが、先々週はマレーシアで1食100円くらいで食事をしていた私には理解不能でした。エルメスの試みは興味深い現象ではあるのですが、ここで売られているオブジェがあちこちで夫婦喧嘩の原因になっているのではと危惧しています。(笑)



2011tokyo104

 銀座からは汐留のイタリア街を抜けて行きました。

日曜でしたからオフィスは休みで静かだろうと予想していたのですが、イタリア街の中心にはJRAのビルがあるので変な制服を着た案内係のおじさんたちが大勢いて目障りでした。そんな無駄な人件費を使うくらいなら競馬の配当を増やしてあげれば良いのにと思うのですが、日本中央競馬会も体質が古そうですからダメなのでしょう。

そんなことを考えながら浜松町の駅前を通っていたら、駐車場の入り口部分に安普請な屋台街のようなものが目に付きました。「ギンダコハイボール横丁」とありましたので、新橋あたりのおじさまたちをターゲットにした新業態なのかなと思えました。チェーン店の「築地 銀だこ」が経営しているのでしょうが、屋台街は夜のイメージがあるためなのかガラガラでした。夜は賑わうのかもしれませんが…



2011tokyo100

 浜松町からは高輪や五反田を抜けて大崎に行きました。

大崎のゲートシティは何度かチェックしたことがあるのですが、6月18日に吉祥寺のパタゴニアに行った時に大崎にもオープンしてると聞いたもので、少し遠回りでしたがチェックしてみることにしたのです。この3角形の低層の部分には以前はセガのゲームセンターがあったのですが、まったく雰囲気が違うナチュラルテイストの店に改装されていましたので最初は違和感がありました。

大崎は町工場のイメージから高層ビルが林立するビジネスマンの街に急速に変化したのですが、パタゴニアが出店する場所じゃないんじゃないかと思えました。しかし歩いて回れる範囲のタワーマンションには若い夫婦がたくさん住んでいるでしょうし、大崎駅に直結していますので電車通勤するビジネスマンが休日を楽しむための服や道具などを買い求めるのにも便利でしょうから悪くないはずですよね。



2011tokyo101

 品川区の友人とのランチはとんかつと決めていました。

いつも行っている目黒の「とんき」は16時からの営業でしたし、もう一度試してみたいと思い続けている鎌田の「丸一」は日曜定休でしたので大森の「はつ半」にと考えたのですが、友人がその存在を知っていた池上の「燕楽」という店に初めて行ってみたのです。地味な東急池上線の地味な池上駅から近い地味な池上通りに店はあったのですが、こじんまりとして悪くありませんでした。

お昼だけのお得な850円のカツランチというのがありましたので、2000円のロース定食と注文して二人でシェアすることにしました。この店では分厚い豚肉を低温のラードでじっくりと揚げているため時間はかかりましたが、約4ヶ月ぶりのとんかつということもあり、どちらもたいへん美味しくいただくことができました。ちょっと2000円は高いなとは思いましたが、友人とシェアしたので一人分は1425円でしたので割高な感じはしませんでした。



2011tokyo102

 食後に友人宅に寄ってコーヒーブレイクとしました。

のんびりと東北の被災地やPCの話などをしていたのですが、空模様が怪しかったので早めに戻ることにしました。途中の自由が丘の街を一回りして環8に出ようとしたのですが、その手前で道路からセットバックした高級感がある店舗兼住宅の建物を見かけました。

たしかこの場所には以前は「デポー39」というカントリータイプの雑貨屋があったのですが、いつの間にか建て直されていました。いちばん通りに向かってアピールできそうなコーナー部分には店がありませんでしたし、4~5軒ほどのテナント部分は奥まっている上に看板類は皆無でした。存在を知っている常連さんだけで充分に成り立つ力量があるテナントばかりなのかもしれませんが、この不景気な時代によく頑張っているものだなと感心させられました。



2011tokyo103

 環8からすぐの上野毛駅がモダンに変化していました。

東急目黒線は地下化されたりして駅がキレイになっていることが多いのですが、東急大井町線も手が加えられていました。道路を跨ぐような大屋根がかけられ、北海道のパン屋チェーンのHOKUOが駅前ベーカリーのテナントとして選ばれていました。

ネットで調べてみたら関東エリアは株式会社北欧トーキョーという会社が仕切っているようで、上野毛店は今年の4月5日にオープンしたばかりのようでした。関東では1都2県に40店舗以上も展開しており、いつの間にか北海道より多くなっていました。まあ北海道とは人口規模が違いますから当然なのでしょうが…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/26(日) 23:59)

 シンジュクロンハーマンテスラモリルパンコティディアンアキバ…
2011tokyo93

 今朝は先日の暑さがウソのように涼しくなりました。

小雨が降りだしそうな曇天だったからですが、自転車であちこちを回って築地の友人宅に行こうと考えていた私には好都合でした。まずは新宿のOZONEでいくつかの展示を見た後に、あえて代々木方面にショートカットする道を選ばずに、新宿駅の南口の工事の進み具合をチェックしてみました。

ここは甲州街道の弧線橋の架け替え工事が終わり、高速バスが発着する低層のターミナルの新築工事が行われているのですが、その建物が橋の上まで姿を現していました。以前は見えていた線路や高島屋などの建物が隠れてしまい、かろうじて代々木のドコモのビルのアンテナの部分だけが見えていました。今後は高島屋側に残っていた低層の建物が取り壊されるようですが、そのファサードの「南新宿口」の看板が取り外されていました。



2011tokyo94

 新宿から明治通りを南下して、千駄ヶ谷にやってきました。

青山方面にショートカットするためにサザビーの本社前を通ったら、昨年までは昔はキハチだった部分にオープンしていたロン・ハーマンが大増殖して1階のほとんどを占めるようになっていました。ロン・ハーマンはLAに4店舗、東京に2店舗、そして神戸に1店舗あるようなのですが、円高が続くようならアニエス・bのように日本の方が圧倒的に多くなるでしょう。

この千駄ヶ谷の建物の中にはペットは盲導犬以外は入ることができないと思うのですが、ペットと散歩中に店内で商品を吟味したい人たちのために入り口にペットのリードをキープする金属製のポールが立っています。そのポールの前にはロン・ハーマンのロゴ入りの皿が置かれていましたが、この商品は日本っぽいですからLAには存在しないんじゃないでしょうか?



2011tokyo95

 246のテスラのショールームに立ち寄ってみました。

ロータスの車体にモーターを乗せた高性能なロードスターがシリコンヴァレーなどの新興企業経営者たちに人気のテスラモーターズの日本初の支店でしたが、地価が高い青山という場所を選んだためか1階には1台しか置いてありませんでした。このロードスターは円高基調が続いているというのに1000万を超える値段でしたが、かなり静かで早いようですから試乗してみたくなりました。

(都合により続きは後ほどアップします)



2011tokyo96




2011tokyo97





2011tokyo98





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/25(土) 23:59)

 東北ドライブの疲れ+30度を越す暑さ+人災と思える不手際のせいで…
2011tokyo87

 今朝は東北ドライブの疲れでダルい目覚めでした。

トーストとコーヒーで簡単な朝食を済ませて数日分の新聞に目を通し、そしてテレビを見ながらブログに東北ドライブの画像をアップしたりして午前中はのんびりと過ごしました。朝のワイドショーでは来日中のレディ・ガガの「日本は安全な国…」とヨイショしたインタビューの様子などを繰り返し流していましたが、原発の近くをドライブしてきたばかりでしたので違和感がありました。県民全員の健康診断を行うという福島県の決断は税金の無駄遣いのようにも思えますが、政府がまったく信用できなくなっているのでやむ終えない判断なのでしょう。

昼になったので今年初めての冷やし中華を食べることにしたのですが、今日の気温にはピッタリで美味しゅうございました。大好物のミョウガを切らしていたのが残念でしたが、香菜や大葉が残っていただけでも良いと考えるべきなのでしょう。海外ではこんな大衆的な料理でも高くて手が出ないことがありますのでね。



2011tokyo88

 デザートはいただき物を試してみました。

(都合により続きは後ほどアップします)



2011tokyo89






2011tokyo90






2011tokyo91






2011tokyo92







テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/24(金) 23:59)

 東北ドライブ3日目、雨に濡れる被災地の絶望と希望は…
2011tokyo81

 東北ドライブ3日目は雨になってしまいました。

今朝は24時間営業のジョイフルというファミレスがありましたので、そこで399円の豚汁朝食を試しました。ジョイフルは大分からスタートして九州を中心に700店舗ほど出店し続けているチェーン店なのですが、なぜか東北では宮城県だけに飛び火して増えているようなのですが、ドリンクバーでコーヒーを何杯もお代わりできましたし、ポットにも氷を補給できて準備万端となりました。

食後に近くの石巻市に行ってみたのですが、観光の目玉の石ノ森萬画館も川の中州という立地が災いして被害を受けて休館中でした。たしか1階部分は受け付けやミュージアムショップなどだけだったと思いますので、石ノ森章太郎氏の貴重な展示品や資料などは無事だったんじゃないかと思います。夏休み前に復旧してくれると観光面でも貢献してくれるのでしょうが、周辺は大きな瓦礫こそ撤去されていましたが、まだまだ時間がかかりそうな感じでした。



2011tokyo82

 石巻からは高速道路を使って南三陸町に行ってみました。

友人と道の駅の地図を見ながら通行止めとなっている一般道をどうやって迂回して行くかを話し合っていたら、隣のおじさんが「料金所が無いから高速を無料で使って楽に行けるよ~」と教えてくれたのです。高速を降りて一般道をしばらく走っていたら、海岸線に近づいてくるにつけ倒壊家屋が増えはじめました。

海が見える所までやってきたら、周辺に残っているのは鉄筋コンクリートのビルだけでした。木造住宅はすべて瓦礫と化しており、ショベルカーなどによりうず高く積み上げられていました。その廃材置き場で目に付いたのが青い1960年のチリ地震により2。2mの高さまで津波が襲ったことを知らせる案内板でした。今回の津波は前回よりはるかに高かったのですが、過去の教訓を生かしていたら犠牲者を少なくできたのではと考えると残念でなりません。



2011tokyo83

 今回の東北ドライブでいちばん見たいものがコレでした。

私は311のことはマレーシアのクアラルンプールで知ったのですが、ネットで動画ニュースなどを見ていて釘付けになったのが南三陸町の防災対策庁舎のビルでした。地震の30分後くらいに町長を含めて30人ほどがこのビルの屋上から津波がやってくるのを目撃していたという話でしたが、リアス式の地形によって津波が増幅されたので壁や備品などをすべて剥ぎ取ってしまったらしいのです。お気の毒なことに屋上にいた20人ほどの方は津波に流され、フェンスにしがみついて九死に一生を得た方は10人ほどということでした。

この南三陸町の防災対策庁舎の前のテーブルの上には予想していた通りに亡くなられた方たちのために花や飲み物などが供えられていましたが、ちょっと違和感があるものが目に付きました。それは建物の屋上に立てられたアンテナでしたが、まさかこの象徴的な残骸に壁を張り付けたりして再利用しようとしているのでしょうか。私はこの残骸は過去の教訓に学ばない人間の愚かさを戒めるためにこのままの姿で保存すべきだと思うのですが…



2011tokyo84

 南三陸町では雨の中を1時間ほど歩き回りました。

北の気仙沼や釜石にも行ってみたかったのですが、被災地はもうたくさんだという気分になりましたし、海岸線の道路は復旧されていないみたいでしたから大きく迂回せねばなりませんでしたからね。それで内陸に移動することにしたのですが、南三陸町を離れる時に先ほどまで歩き回っていた戦場のような土地とはイメージがかけ離れた「またのおこしを」と呼びかける町の境界線を示す看板がありました。

私は神戸も震災後の2ヶ月後くらいから何度も訪れて復興の進み具合を見てきたのですが、南三陸町も何度か再訪することになると思います。しかし私が見たいのは現在の場所での町の復興ではありません。地元の方たちの町を愛される気持ちを理解できないわけではないのですが、過去に何度も津波に襲われているわけですから「自分が生きている間にはもうやってこないだろう…」と判断して子孫に負担を残すような愚かなことは謹んでいただきたいのです。



2011tokyo86

 海岸線から1時間半ほどで内陸の平泉町に到着しました。

小笠原諸島と供にユネスコから世界遺産に選ばれることが有力視されている平泉ですが、私は最近の世界遺産の大安売りをさらに拡大するものになると危惧しています。日本国内に世界遺産が増えることは、今後大幅な円安になった場合に有利に働くことだとは理解しているのですが、「平泉クラスでも世界遺産になれるんだったらウチの所も…」と頑張る自治体が増えそうで困ってしまうのです。オリンピックやワールドカップなどもそうなのですが、招致活動などに貴重な税金を使うべきじゃないと私は思いますのでね。

ちなみに平泉は今回の311の影響で観光客数が激減したそうですが、世界遺産に選ばれたら知名度が上がってマイナス分をはるかに上回る効果があると思います。先週末の最後の1000円高速の時も多くの県外車がやってきたようですが、太平洋岸の復興が進めば相乗効果も期待できるでしょう。観光客数が増えることを前提に4号線バイパスや北上川に近い駅裏のこの公園部分に道の駅を建設する計画があるようですが、変なものにならなければ良いのですが…



2011tokyo85

 今日のランチは大崎市の中華屋を試してみました。

平泉からは北上せずに4号線をひたすら南下して東京に戻ることにしたのですが、その途中で地元の食材を生かしたようなB級グルメを試してみたいと考えたのです。私は運転していたので助手席の友人に検索してもらったのですが、一関市や栗原市では良さそうなものが見当たらなかったのです。その南の大崎市でも同様だったのですが、ランチタイムはとっくに過ぎて空腹でしたので安いとネットで評判だった川香菜房という中華料理屋で妥協することにしました。

友人はラーメンを、私は焼餃子にライス・スープ・サラダ・ザーサイ・デザートが付いて380円と格安なAランチを選んでみたのですが、これがまったく期待していなかったので大満足でした。どれも特に美味しいわけじゃないのですが、地方都市とはいっても380円でこれだけ出てくれば文句を言えるはずないですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/23(木) 23:59)

 東北ドライブ2日目、予報が外れて晴れてくれたものの…
2011tokyo75

 東北ドライブ2日目は予報が外れて晴れてくれました。

いわき市ではファミレスが早朝営業していなかったので、マクドナルドで100になっていたフィレオ・フィッシュを久しぶりに食べました。100円のコーヒーのお代わりも無料でしたし、ドライブ中に冷えたお茶を飲むためにポットに氷を入れて欲しいとの要望にも笑顔で快く応えてくれました。

朝食後に近くの「アクアマリンふくしま」という現代建築風な水族館に行ってみたのですが、3ヶ月も経つというのに311の被害の復旧工事が終わっていませんでした。先ほどのマクドナルドは約1ヶ月でスピード復旧して、このエリアでは一番早くて喜ばれたそうでしたが、ガラスを多用したモダンなデザインの水族館はそのデザインがアダとなって時間がかかっているのかもしれません。



2011tokyo76

 いわき市からは15号線をひたすら北上しました。

(東北ドライブの疲れのため、文章は後ほど…)





2011tokyo77





2011tokyo78




2011tokyo79




2011tokyo80






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/22(水) 23:59)

 東北ドライブ1日目、新三郷のィケアでの朝食後に見たものは…
2011tokyo69

 今日から友人と東北へのドライブに出かけることにしました。

出発時間を早朝に決めた理由はあちこちを効率的に見たいということもあったのですが、ちょうど通り道の新三郷にィケアがありましたので朝食をと考えたのです。おそらく日本でいちばん世界中のィケアの朝食を試しているマニアの私の希望に友人が付き合ってくれたのですが、朝食は初体験という友人もィケアのファミリーカードを持っていましたので、99円で済ませることができましたので悪くなかったようです。

私も安さを追求するならベーシックな99円のヤツにすべきでしたが、他のィケアでは見かけたことが無いアラカルトメニューが用意されていましたので試さないわけにはいきませんでした。厚めのベーコンが100円、ハッシュド・ブラウンが90円、そしてホットケーキが60円でしたので総額で250円になってしまったのですが、ムスリムの国では高くて食べることができなかったので美味しくいただくことができました。ィケアにはWiFiもありましたし、ビストロのアイスクリームも50円でしたし、良いスタートになりました。



2011tokyo70

 新三郷の次はは筑波と決めていました。

(東北ドライブの疲れのため、文章は後ほど…)




2011tokyo71




2011tokyo74




2011tokyo72





2011tokyo73





テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/21(火) 23:59)

 中野から渋谷、そして代官山、下北沢と走ってみたら…
2011tokyo63

 東京は今日まで何とか曇りという予想でした。

明日からは東北ドライブに出かけることにしましたので、今日の内に渋谷方面をチェックしに出かけておくことにしました。今日もいつものようにiPod touchのGoogleマップに渋谷までの最短距離を表示させて、それに沿って走ってみたのですが、中野の警察学校の跡地の横を通ることになりました。

このあたりの再開発エリアはかつては将軍綱吉の生類憐みの令で野犬のための保護施設があったらしいのですが、そこに高層ビル建設プランが出てきて周辺住民としては反対せざるを得なくなったようです。高層ビルよりも防災拠点をと求めるのは311以来に不可逆的な流れになってると思うのですが、都民の皆さんが防災よりもオリンピック誘致に熱心な都知事を選んでしまったので仕方が無いのでしょう。福島でも原発推進に熱心な町長を住民が選んじゃったのが悲劇の始まりでしたけどね。



2011tokyo66

 最近オープンした中野の丸井に行ってみました。

創業の地である中野の本店は2007年8月26日に閉店していたのですが、今年の1月28日に再オープンしていたのです。売り場面積は小さそうでしたし、中野の主婦相手じゃ期待できないなとなかなか足が向かなかったのですが、今日は通り道でしたのでチェックしてみたのです。

本店の文字が消えて、「中野マルイ」とカタカナ表示になっての再出発のようでしたが、地下がピーコック、3階にハンズ ビー、4階に無印良品と他社に頼った感じの構成でした。丸井は編集型で伸びてきた流通グループですから、それが問題とは思わないのですが、もう少し面白くできたのではと思いました。この入り口は中野通りとは反対側のミニ緑地に面したものなのですが、311が起きたので急ごしらえで緑のカーテンを作っている感じでしたし。



2011tokyo64

 平日だったためもあり、渋谷は閑散としていました。

(都合により続きは後ほどアップします)





2011tokyo65





2011tokyo67





2011tokyo68





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/20(月) 23:59)

 約4ヶ月ぶりに作った豆腐サラダに加えた藻塩の味は…
2011tokyo61

 今日は約4ヶ月ぶりに豆腐サラダを作ってみました。

先日の夕方に吉祥寺のスーパーで4種類の野菜やスプラウトが4個で100円と安売りしていましたので、それに豆腐やワカメなどを乗せて最後に藻塩というのを加えてみたのですが、優しい味で美味しゅうございました。最初はシンプルにミョウガと生姜を細切りしたものだけで食べて、途中からゴマ油をかけて味を変えて最後まで美味しくいただくことができました。

ちなみに私は豆腐にはこだわりが無く、安い木綿でも充分です。サラダにはもう少し色があった方が良かったのですが、トマトやパブリカなどは高過ぎて手がでませんでした。野菜類はインドや東南アジアに比べるとムチャ高いので、帰国後2~3週間は買う気になれないのです。(笑)



2011tokyo57

 今日は午後から成城に向けて自転車で出かけました。

いつものようにiPod touchのGoogleマップに成城駅までの最短距離を表示させて、それに沿って走ってみたのです。途中までは何度も走ったことがある道で退屈でしたが、途中からまったく知らない路地になりましたのでワクワクしました。途中の不動産屋の前に大きな地図があったので、それを見ながら球形して成城の隣の祖師ヶ谷大蔵に寄り道してみることにしました。

しばらく駅に向かって走っていたら都内には珍しく畑があったのですが、なんと無人販売までありましたので驚かされました。世田谷産の野菜が100円から売られていましたが、地価を想像したら農家の人はアホらしくなるんじゃないかという気がしました。



2011tokyo58

 祖師ヶ谷大蔵といえばある店のことが思い浮かびました。

「たしか商店街の木梨サイクルがキレイに改装されたって話だっけ…」とウルトラマン商店街をキョロキョロしながら走っていたら、すぐに見つかりました。店内に木梨そっくりだという父親風の男性の姿もありましたが、道路からは遠くて確認はできませんでした。

以前に原宿で木梨サイクルのオリジナルグッズを見かけましたが、まさかこんな商店街の自転車屋がブランドとなるとは近所の皆さんは想像できなかったことでしょう。改装する前のことは知らないのですが、おそらく普通の町の自転車屋だったはずですからね。



2011tokyo59

 成城から二子玉川に多摩堤通りを抜けて行きました。

工事中に何度かチェックしたことがある駅前に二子玉川ライズという商業施設に初めて行ってみたのですが、ちょっと首を傾げてしまうような完成度でした。駅からはA館とB館の間を昔と同じように郊外へ向けて発着するバスターミナルへ抜けるような構造になっていたのですが、地下にまとめてしまえば良かったのではと思えました。

この二子玉川ライズは311の影響でオープン時期が遅れてしまったという話でしたが、近いうちに発生する可能性が高い関東大震災のことを考えれば、食品売り場なども外光を導くことができる地上部分に持ってきておくべきだったのではと思えたのです。

興味深かったのが以前は東急ハンズがあったのに消え去っていて、Loftがオープンしていたことでした。Loftでは今夏の節電対策ということで「COOL SUMMER」というキーワードを打ち出してクーラー無しでも涼しく過ごすことができるアイテムをたくさん販売していましたが、あまり新しいものは見当たりませんでした。



2011tokyo60

 二子玉川からは環8を走って帰ることにしました。

最後に環8のドンキホーテで買い物をしてから帰ろうと考えたのですが、その途中で意外なものを見かけました。それはアメリカのインディアンという大型バイクのディーラーだったのですが、この不況な時代にたいへんそうだなと思いました。なにせこのバイクなんか300万円以上もするみたいですからね。

私は現在の円高基調が長く続くとは思えないのですが、もしも関東や中部で大災害が発生したら日本経済が崩壊してアルゼンチンのようになってしまうかもしれません。そうなったらインディアンは1台1千万を超えることになりかねません。国産のオフロードバイクは被災地で活躍してくれて品薄になると思いますが、このタイプのバイクは値崩れが酷くなりそうです。



2011tokyo62

 夕食は久しぶりにボンゴレを作ってみました。

先日1パック111円という安いアサリのパックを購入していたので、1kg258円のイタリア製のパスタをドンキホーテで購入してきたのです。まず生姜を多めにオリーブオイルで炒めて、野菜類を投入して最後にアサリを入れて蒸すように仕上げたのですが、久しぶりでしたのでたいへん美味しゅうございました。

最近は和食続きでしたが、たまにイタリアンなどを入れた方が和食も美味しく感じることができると思います。まあボンゴレは仕上げに蕎麦つゆや海苔、刻んだ大葉などを入れたりしましたので、和食みたいなものですけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/19(日) 20:43)

 焼きそばとビールという黄金コンビを食べて出かけた先は…
2011tokyo51

 帰国後初めての週末のランチは焼きそばにしました。

先日のおろし蕎麦に続いて焼きそばも約4ヶ月ぶりに作ってみたのですが、豚肉を買い忘れたのでエビを入れてみました。エビはエビでそれなりに美味しかったのですが、やはり焼きそばは豚肉に限るなと再認識させられました。

ちなみに今日の飲み物はサッポロのドラフトワンにしてみましたが、缶に書いてあったように「キレ味、あざやか!」でありました。ウェキペディアによりますと「2010年3月24日 - 中味・パッケージデザイン・価格をリニューアル。ホップの配合比率を見直し、さらにすっきり味に…」とありましたが、私は以前の商品を知りませんので比べようも無いのですが…



2011tokyo52

 ランチ後に自転車で吉祥寺まで行ってみました。

まず行ってみたのは東急裏の住宅街にオープンしていた「はらドーナツ」の「momen」というカップケーキの専門店と、その2階の「はらの台所 マメゾン」でした。どちらも新しい試みのようなのですが、吉祥寺マダムの皆さんにウケそうな感じでした。

この店の奥はまだ普通の住宅地なのですが、この通りには小さくて特色がある店が増えてきましたので、そのうちにオセロのようにショップやレストランなどに変わってゆくことになるのでしょう。以前は東急裏なんて店はほとんどありませんでしたが、最近はGAPやZARAなどチェーン店だらけですからね。



2011tokyo53

 次に行ってみたのはパタゴニアの新しい店でした。

先月の28日にオープンしたばかりだという都内6店舗目となる吉祥寺ストアでしたが、井の頭公園のジブリ美術館方面にしばらく走った吉祥寺通りに面した新しいビルの1階と地下という構成でした。

特に新しい試みがあったわけじゃないのですが、相変わらず良いロケーションを探すものだと感心させられました。これまでも吉祥寺にはアウトドア・ブランドが数多く出店しているのですが、パタゴニアの登場によりほぼ勢揃いということになったと思います。



2011tokyo54

 今回もコピス吉祥寺という商業施設に立ち寄ってみました。

かつて伊勢丹が入居していた古い建物をリノベーションして昨年の10月15日にオープンしたテナントビルでしたが、モールマニアの私は他と似ていない独自性があってなかなか悪くないと思っているのです。その後にどんな感じになっているかを確認しに行ってみたのですが、週末だけにまあまあの賑わいでした。

これはA館の駅寄りの1階部分にあった「ムーミンスタンド」という店でしたが、私は前回は見落としていました。文京区のラクーアや博多のキャナルシティに「ムーミンベーカリー&カフェ」を展開しているベネリックという会社の新しい取り組みのようでしたが、なぜか地味なニョロニョロがメインキャラのようでした。飲み物類は380円からということで、ちょっと手が出ませんでしたが。



2011tokyo55

 コピスの近くでハワイアナスの即売をやっていました。

1962年にブラジルで創業され、今では全世界で26億足以上を販売するという有名なサンダルブランドですが、ここでは明日まで店頭でストラップカラーとソールカラーを自由に組み合わることができるということでした。自分好みにカスタムできるのは楽しいのですが、値段が2310円からと高かったので現実的じゃありませんでした。

ハワイアナスはサンパウロに大きな店をオープンさせていましたが、こうやって日本でコツコツと稼いだ金のおかげなのでしょう。ちなみに公式ウェブサイトの「メイク ユア オウン ハワイアナス」というページでは組み合わせをシュミレーションできるように工夫されていました。



2011tokyo56

 今日も帰り道に雨に降られてしまいました。

一昨日のラザニアの残りがありましたので安い赤ワインを1本購入してみたのですが、ワインも久しぶりでしたので美味しゅうございました。今回は物価の安い国を旅行してきたのですが、ムスリムの国が多かったので酒類は日本よりも割高なことが多かったのです。

円高のおかげで割安にそれなりの水準のワインを楽しむことができるのですが、そう長くは続いてくれないんじゃないかと心配です。帰国していろいろと311前との変化を感じているのですが、この国は政治が壊れているという絶望的な欠陥があることがハッキリしたと思います。これは民主党議員だけでなく政治家というか、政治屋全体について言えることですが、国民の生命と財産を守ることを第一とせねばならない国会議員の職務を放棄している怠慢な人たちにはさっさと辞めてもらわねばならないでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/18(土) 23:59)

 明日は東日本大震災の発生から100日目となるらしいのですが…
2011tokyo46

 明日は東日本大震災の発生から100日目となるみたいです。

しかし5月17日の警察庁の発表によりますと、死者数が15091名、行方不明者も未だに9093名ということで、被災地の雰囲気はまあまだ終わっていないという感じなのでしょう。書店には震災の関連本がたくさん並んでいましたが、久しぶりに帰国した私にとっては初めて見るものが多くて驚かされました。

3ヶ月を過ぎたというのに瓦礫の撤去さえまだ進んでいない地域もあるようで、その間の政治空白の責任の重さが深刻な影響を与えているようです。東京電力にも金を払いたくないものですが、ますます日本政府にも払いたくなくなりました。東電以外に給電してくれる会社は登場できないでしょうから選択肢はありませんし、イタリアのような原発の是非を問うような国民投票も否決されるに決まっていますから日本では行われる可能性は低いでしょう。やはり私は日本人を止めるしかないようです。



2011tokyo45

 午後から雨が止みましたので買い物に出かけました。

311の影響で値上がりしているものも多いのではと心配していたのですが、円高と不況の影響で逆に値下がっているものもいくつか見かけました。小麦が原料のインスタントラーメンなどはじりじりと上がっているようでしたが、このおにぎりは50円とコンビニの半額まで下がっていたので驚かされました。

こういったおにぎりの最安値は西友の65円前後のものだったと思うのですが、他店対抗プライスなのかここまで下がっていたのです。試しにおかかのおにぎりを1個買ってみたのですが、普通に美味しゅうございました。



2011tokyo48
 
 駅前のパチンコ屋の店頭でこんなポスターを見かけました。

311後に電力不足が演出された時に都知事から電気の無駄遣いと名指しされた自動販売機とパチンコ屋ですが、少しでも風向きを変えようと業界全体で努力しているのでしょう。都知事の発言は在日に対する嫌悪感からのものが感じられ不愉快なものでしたが、たしかにパチンコ屋は節電の余地も多いでしょうし、数自体を半減させるように税制などを工夫してゆくこともアリだと思います。

しかし私はドイツやイタリアのように原発を段階的に無くして行くことを決めてしまい、民間企業に節電対応製品の開発を促すのが得策だと思います。先ほどのニュースでも待機電力をゼロにするというチップの開発に目途が付いたことを取り上げていましたが、スマートグリッドやマイクロ発電など様々な技術の組み合わせで世界一の節電国家になることを目指すことが資源が少ない日本が選ぶ道だと思います。自動車や家電に代わる新しい輸出品を作り出すという意味でも有効でしょうし…



2011tokyo47

 帰り道にあったドンキホーテにも寄ってみました。

週末に必要な食材はすべてスーパーで購入済みでしたので、何か面白いものがないかをチェックするだけのつもりでしたが、このLOOKチョコレートの「石臼挽き抹茶あんみつ」という魅力的な響きに負けて衝動買いしてしまいました。4ヶ月近く日本を離れてしまうと、こんな抹茶風味のものに惹かれてしまいがちなのです。

すぐに一粒取り出して味見してみたら、たしかにほのかに甘さ控えめの抹茶の風味を楽しむことはできました。しかしもう少し強いものを期待していましたので、もの足りない感じがしました。周りのチョコレートが抹茶より勝ってしまうというのもあるのでしょうが、この値段のカテゴリーの製品としては原料を抑える必要もあったのでしょう。しかし日本の菓子メーカーの開発担当者の皆さんにはさらに頑張っていただきたいものです。



2011tokyo49

 路地奥のコロッケ屋さんも初めて試してみました。

「味じまん」の黄色い看板と近所の主婦たちが通っている姿を横目で見て、いつかは試してみようと心に決めていた店でした。今日はまだ帰国したばかりで、こういった日本のB級グルメには飢えていましたのでフラフラと店に引き寄せられてしまいました。

食べたいものだらけが並んでいたのですが、120円のメンチカツと160円の串カツを購入してメンチカツをすぐ食べてみました。細かい衣がサクサクで、梅雨空の鬱陶しい気持ちを日本晴れにしてくれる嬉しい逸品でした。近いうちに他の商品も試してみたくなりました。



2011tokyo50

 夕食はおろし蕎麦にしようと昨晩から決めていました。

大根以外の具材は刻みミョウガと揚げ玉、そして桜えびとシンプルなものだったのですが、蕎麦は約4ヶ月ぶりでしたので美味しゅうございました。また残しておいた串カツも衣がしんなりしちゃっていましたが、美味しくいただくことができました。

初めて試した3月1日に発売開始されたというアサヒの一番麦という第3のビールも変なクセが無くて、それなりに楽しむことができました。今回の旅の後半のインドやマレーシアではビール類が割高で手が出なかったのですが、デフレの日本では各メーカーの新製品開発室の皆さんが頑張ってくれていますので、帰国する度に割安な新しい製品を試すことができてハッピーです。開発室の皆さん、さらなる安くて美味しい製品を期待しておりま~す。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/17(金) 23:14)

 取り壊されるホテルと建設予定の高層ビル、そして改装中の駅は…
2011tokyo39

 今朝はまず避難所となっているホテルに行ってみました。

3月末に営業を終了した赤坂のプリンスホテルが東日本大震災の一時的な避難施設として活用されているという話でしたので、その様子をチェックしてみようと考えたのです。バブリーなホテルと避難生活というのがミスマッチで興味深いものでしたし、取り壊される前にもう一度ホテル内を見ておきたいと思ったのです。

しかし被災者の方の感情を考えてなのか、外部の人間は立ち入り禁止となっていました。もし私が被災者であれば「特に室内のプライベートな生活空間以外は希望者に見てもらっても構わない」と考えると思うのですが、心に大きな傷を持った被災者の方はそうでは無いかもですから我慢するしか無いようです。



2011tokyo40

 赤坂から虎ノ門の環状2号線の工事現場へ移動しました。

これまで何度も道路予定地の古い家の取り壊しの様子などをチェックしてきたのですが、今回は大きな動きがありました。環状2号線には1,5kmほどのトンネルとなるのですが、その上に六本木ヒルズ並みの52階建ての高層ビルが建設されるのですが、その基礎工事がついに始まっていたのです。

この模型で右に見えるのが建設予定のその高層ビルで、左のは特許庁の前のJTのビルです。将来はJTビルから汐留方面に走ると、この新しいビルのあたりからトンネルに入ることになり、JRの高架の手前で地上に出るということになるみたいです。ちなみに右の高層ビルの模型の後ろには都庁の建物が見えますが、これは大きさをわかりやすく説明するためのもののようでした。



2011tokyo42
 
 丸の内の中通りを走りぬけ、東京駅にやってきました。

早いもので丸の内側の古い建物の修復作業が終わった屋根の部分が防護壁の上に顔を出していたのですが、見慣れていた以前のものとは違って違和感がありました。まあすべての工事が終わって全体が出現すれば、すぐに慣れてしまうのかもしれませんが。

違和感と言えば、東京駅の向こう側にそびえてきた旧郵便局の新しいビルは醜悪なデザインで周辺の景観を悪くしそうです。民営化の後に古い郵便局の建物の外壁だけ残して内部をと取り壊して、そこの立地を最大限有効活用するために高層化することにしたようなのですが、これで「濡れ手に粟」的に儲けるヤツらがいることも腹立たしいものです。だから私はJRも日本郵便も大嫌いなのです。



2011tokyo41

 ランチはなか卯の東京駅北口店で食べることにしました。

東京駅前から八重洲口側に回ろうとしていたら、店頭の「牛丼と冷やしうどんのセット 390円」というバナーが目に付いたのです。ちょうど帰国後初めての冷たいうどんを食べたいと思っていましたので、そのお得なセットを試してみたのです。

牛丼はごく普通のレベルでしたが、冷たいうどんは食感が良くて美味しゅうございました。緑茶も冷やしたものを出してくれましたし、これが中央区で390円で食べることができるのは悪くないと思いました。デフレの影響なのでしょうが、帰国後の物価に慣れるためのリハビリとしては良い選択でした。



2011tokyo43

 京橋の工事現場でこんな昔の画像を見かけました。

京橋エリアでは大規模なビジネスビルの工事が行われているのですが、その防護壁に京橋の遍歴がわかるように昔の写真が引き伸ばされたものが表示されていたのです。時代と供に変化してゆく様子が理解できて面白かったのですが、その中に大正12年の関東大震災後のものに目が止まりました。

約90年前の大地震によりかなりの建物が失われてスカスカになった様子が記録されていたのですが、これを見て東京でも大災害が起こり得ることを我々はもっと真剣に考えなければならないという思いを強くしました。大正12年の関東大震災並みの地震が発生すれば、当時より格段に密集している東京の被害は国を傾かせるほどインパクトがあると予想されますのでね。私は東京はオリンピック誘致なんてしてる場合じゃないと思います。無駄な予算は使わずに、防災にもっと重点配分すべきだと思います。



2011tokyo44

 銀座では夕方から小雨が降り始めてしまいした。

どこかに自転車を置いて電車で帰ることも考えたのですが、最近はチェーンロックを切られて持って行かれてしまうことも多いみたいですから頑張って走って帰ることにした。自転車を持っていかれると辺鄙な場所に引き取りに行かねばならないようですし、その時に保管料として3000円もふんだくられるらしいですしね。

小雨でも長時間走ったらかなり濡れてしまいましたので、到着後にすぐシャワーを浴びました。その後すぐに夕食となったのですが、ホタテの前菜やエビの生春巻、イカのサラダなど美味しいシーフードがたくさんで美味しゅうございました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/16(木) 23:59)

 311の後に初めて見て回った都内の様子とその印象は…
2011tokyo33

 帰国後に最初に出かける先は秋葉原と決めてきました。

(自転車で疲れきってしまったため、続きは後ほど…)



2011tokyo34




2011tokyo35




2011tokyo36




2011tokyo37




2011tokyo38




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/15(水) 23:59)

 高層ビルが増え続けるKLセントラルから7リンギのバスで出かけた先は…
2011malaysia169

 ついに111日ぶりに帰国せねばならない日になりました。

雨が降っていなければLCCTまでのバスが発着するKLセントラル駅まで歩いて行くことにしていましたが、上手い具合に曇天でしたので助かりました。もちろん歩き始めて5分ほどで汗が噴出してきたのですが、暑い思いをするのも最後ですから問題ありませんでした。

15分ほど歩いたら先週もミッドバレーに行く前に見かけたKLセントラル駅前の建設現場が見えてきたのですが、商業施設の高層ビル部分は1~2階くらい伸びていたようでした。この位置から見える手前の駐車場部分には以前は低い建物が並んでいたのですが、近い将来は別の高層ビルが建設されることになるのかもしれません。まるで西新宿のようにビル街になってきたのですが、交通などのインフラ整備が足りるか心配です。



2011malaysia170

 今回もLCCTまでいちばん安いバスを選びました。

いつも乗っているのは8リンギの黄色いバスなのですが、エアアジアの9リンギの赤いバスのチケットをネットで購入したら6リンギになりますのでいちばん安いことになるのです。しかし一度試してみて「二度と乗るもんか!」と思わされることになりました。

赤いバスのコンダクターにパスポートを見せて乗り込もうとしたら「チケットは?」と聞かれましたので、「ネットで購入したので、そんなの無いよ」と言ったら、面倒そうに「KLセントラル駅内のエアアジアのオフィスで発券してこい」と言われ、オフィスでも行列に並ばされた上に面倒そうに発券されたので、そんな思いは二度としたくないと思ったのです。

今日の8リンギのバスは乗り場のおじさんに10リンギ札を出したら、チケットとお釣りが瞬時に渡されてスムーズに乗り込むことができて何の問題もありませんでした。おまけに乗り込んだ後にお釣りを確認してみたら3リンギありましたので、料金は実質的に7リンギ(約189円)だったことになりますので安上がりでしたし。



2011malaysia171

 バスは1時間ほどでLCCTのターミナルに到着しました。

(無事帰国しましたが、文章は後ほどアップします)



2011malaysia172




2011tokyo31




2011tokyo32




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/14(火) 23:59)

 炊飯の翌朝の定番であるお粥を食べた後に出かけた場所は…
2011malaysia163

 今朝は先日の残りのご飯をお粥にして食べました。

お粥は米を炊いた鍋をそのまま使うことができるので、炊飯の翌朝の定番なのです。作るのが簡単ですし、お粥を食べた後の鍋を洗うのも楽ですしね。無駄もありませんし、消化にも良いでしょうし、たまにしか食べないものですから美味しく感じます。

お好み焼き用に購入しておいた着色されていない乾燥小海老と、酒の肴にと買った体長5cmくらいの小魚を干したヤツを細かくして投入したのですが、適度な塩味が付いて美味しゅうございました。トッピングは寿司用にスダチのような果物の果汁を加えて煮た貝でしたが、サッパリしていて良い組み合わせでした。



2011malaysia164

 午前中にシャワーと最後の洗濯を済ませました。

日本の友人たちに帰国後の予定などをメールして、そろそろ最後の映画を観るために出かけようかと考えていたら大雨になってしまいました。先日は1歩も宿の外に出なかったので、「2日続けて外出無しか~?」と落胆させられたのですが、雨の中を傘をさして観に行くほどの映画ではありませんのであきらめることに。

それで帰国後に見に行く都内各地の情報をネットで収集することにしました。昼になったのでランチを作ることにしたのですが、野菜寿司の材料しかありませんでしたので、イカ入りの野菜ちゃんぽんみたいなものになってしまいました。醤油は寿司の時に使ってしまいましたので、味付けは粉末のトムヤムスープとスダチのような果物の果汁だけでしたが、これがなかなか良い味でした。



2011malaysia166

 ランチを食べ終えて洗い物してたら雨が止みました。

時計を見たら急いで行けば15時からの回に間に合いそうでしたので、あわててバスターミナルまで行って63番のバスに乗りました。行きは安いKTMの電車に乗って、映画の後で買い物して荷物が増えたらバスで帰ろうという計画でしたが、それを逆にすることにしたのです。バスは3リンギ(約81円)と高いのですが、郊外までは高速を走るので早いのです。

サンウェイ・ピラミッドの近くで高速を降りる時に少し混みましたが、なんとか40分ほどで目的地のサミットというスーパーの名前みたいなモールの前に到着できました。この大衆的なモールはサンウェイ・ピラミッドから頑張れば歩いて行くことができる場所にありましたが、私はその存在をゴールデン・スクリーン・シネマのウェブサイトで見て初めて知りました。モールマニアの私が知らなかったマイナーな商業施設でしたが、かなり古くてかなりのテナントが抜けていましたので訪問する価値は無いと思います。



2011malaysia165

 今回の旅行の最後に選んだのは「X-MEN」の最新作でした。

日本でも6月11日から「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のタイトルで公開されているようですが、こちらでは北米での公開日である6月3日の1日前から「X-Men: First Class」の原題で封切られたようです。有名なマーベル・コミックのシリーズの最初のエピソードを無名の若手俳優を起用して作るというスピンオフ的な作品で、まったく期待していませんでしたので楽しむことができました。

特に米ソ冷戦時代の1962年のキューバ危機を舞台としているところなどが面白く、なかなか良い時代と場所を選んだものだと感心させられました。しかし今回はギャラの節約のためなのかヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンが活躍しませんし、優れたCGが無ければ退屈していたかもしれません。また私は以前からX-MENのシリーズは「サイボーグ009」の影響を強く受けているのではと疑っていたのですが、今回はお揃いのユニフォームを着ているシーンがありましたので特に強く感じました。石ノ森章太郎氏がご存命だったらどのように感じられたかを訊いてみたいものです。



2011malaysia167

 映画の後に地下のスーパーで最後の買い物をしました。

軽くてお土産になりそうなものを物色していたのですが、こんな不思議な雰囲気のパッケージの「オタク」というスナックがありましたので、ひとつ購入しておきました。魚の粉末が練り込まれた「かっぱえびせん」のような商品だと思うのですが、1個1,59リンギ(約43円)でしたから、酒を飲みながらの話の種に良いかなと思ったのです。

LCCに絶対に追加料金を払いたくない私は重量に関しては余裕が無いのでこのような軽いものしか変えないのですが、サイズには余裕があるので嵩張るものでも平気なのです。仮に空港で1~2kgくらいオーバーしたとしても、着古した服を捨ててしまえば良いので問題ありません。デフレ傾向の東京で新しい服を買えば良いわけですから。



2011malaysia168

 モールからは割安なKTMに乗って帰ることにしました。

少しだけ気温が下がった夕暮れの郊外の住宅街を4kmほど北上したのですが、駅前に到着した頃にはけっこう汗をかいていました。モール前から行きとは反対方向のバスに乗れば楽で汗をかくことも無かったのですが、同じ道を戻ることが嫌いな私としては他に選択肢が無かったのです。歩いたおかげで途中には日本食レストランが多いことが理解できましたし、駅前にカルフールがあることも知ることができました。どちらも私は用はありませんけどね。

およそバスの半額の1,70リンギ(約46円)でクアラルンプールの駅に戻り、宿のキッチンで最後の食事を作ることにしたのですが、当然ながら先日の野菜寿司用に購入した残りの食材を総動員させた炒めものになりました。最後の日くらいは3食ともマレーシア料理をと考えていたのですが、食材を買い過ぎてしまったので3食とも自炊する羽目に。まあそれも悪くないのですけどね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/13(月) 23:59)

 クラッカーとコーヒーとマンゴーの朝食の後に作った昼食は…
2011malaysia158

 ついにマレーシアで迎える最後の日曜となりました。

いつもは前日に何らかのパンを購入しておいて朝食として食べているのですが、荷物を少しでも減らさなければならないために非常用に買っておいたクラッカーを食べ切ることにしました。現在お世話になっているチャイナタウンの宿は宿泊代も割安な上にコーヒーなどはセルフサービスですが無料ですので助かっています。難点と言えば時差のせいで眠くならないヨーロッパ方面から飛んできた旅行者たちが夜中までリビングルームで大声で談笑していたりすることくらいですが、昨晩は不思議なくらいに静かでしたので安眠できました。

クラッカーを食べた後は先日の午後に3つで1,50リンギ(約41円)という安さに目が眩んで衝動買いをしてしまったマンゴーを食べなければなりませんでした。まだフライトまでは余裕があるのですが、完全に熟して端の方が黒くなりはじめている状態でしたので、なるだけ早く胃袋に収める必要がありましたのでね。先日はランブータンも安売りしていたのですが、さすがに胃袋はひとつしかないので止めておきました。まだ冷蔵庫にはドラゴンフルーツも控えていますし。(笑)



2011malaysia159

 朝食後に少し休憩して、すぐに米を研ぎはじめました。

せっかくキッチンを自由に使うことができる宿に泊まっていますし、中東で購入した重たいカリフォルニア米を有効利用する方法を考えた末に、ネットで見かけた六本木ヒルズにオープンしたという野菜寿司のコンセプトを参考にさせていただいて、マレーシアの食材を生かしたヘルシーな寿司を作ってみることにしたのです。

私は料理は好きですが、寿司はほとんど作ったことはありません。鍋でご飯を炊くのも久しぶりでしたので緊張しちゃいましたが、炊飯という第一のハードルは何とか無事に越えることができました。ご飯を蒸らしている間にネットで寿司のシャリの作り方を検索して、どこかのレストランから貰ってきたビネガーの小袋と砂糖、そしてテスコで購入したスダチのような果物の果汁をミックスして用意しておきました。美味しそうに炊き上がった米を扇風機の真下でガラスのボウルにあけて、オリジナルの寿司酢を回しかけ、しゃもじが無かったのでスプーンで切るように混ぜました。

第二のハードルもクリアできたものの、切れ味が悪い包丁と宿には寿司を巻くのに使えそうな道具はおろかハサミさえも無かったことが私を苦しめることになりました。後で宿のスタッフたちに味見してもらうことは予定していましたが、一人用の寿司のために野菜を切ったり茹でたり炙ったりと働きまくって、採取してきたバナナの葉の上に並べ終わった時には疲れ果ててしまいました。こういったサイズを整える料理を作る時にはいつもですが、余分な部分を味見として食べながら作るので途中で空腹感が無くなったりしますので、「自己満足のために何やってるんだろう…」とアホらしくなりました。(笑)

しかしせっかく苦労して作りましたので、明るい宿の最上階に運んで記念撮影しておくことに。簡単に説明しておきますと左上から茹で筍、炙りテンペ、生イカ、四角豆と筍の巻きもの。そして左下から茹でアバロン・キノコ、茹で四角豆、煮貝、茹でベビー・コーン、そして最後の軍艦はウズラの玉子のピータンとトマトでした。ガリの代わりには紫タマネギのスライス、そして醤油が残りわずかできたのでスダチのような果物の果汁を多用しました。



2011malaysia160

 食後はお茶をいれる気力さえ残っていませんでした。

それでそんなこともあるかもと0.99リンギ(約27円)という安さに惹かれて購入しておいたグリーンティーの1リットルのパックが役に立ちました。格安な値段でしたから期待はしていませんでしたが、冷凍庫の近くに置いてキンキンに冷やしておきましたのでわりと美味しく飲むことができました。

お茶の後に宿のスタッフたちが食べることができるようにサビ抜きの巻きものでも作ってあげようと考えていたのですが、それは夜まで待ってもらうことにしました。まあ彼らは寿司の存在はテレビなどで知っていても食べたことは無さそうですから期待もしていないようでしたから、「後でもう1度作るからね~」と伝えても落胆した様子はまったくありませんでした。



2011malaysia161

 朝は晴れてましたが、午後は大雨になりました。

普段なら出かけることができなくてガッカリなのですが、今日は映画館も割高ですので出かける予定はありませんでしたから問題ありませんでした。「雨が降ると涼しくなるし、空気もキレイになるから…」と肯定的に捉えて間音をBGMに読書して過ごすことにしました。

読書といっても文学書では無く、シンガポールやマレーシアの紀伊国屋などでいただいてきたフリーペーパーでしたが、LCCは荷物の重量制限がキビシイですから持ち帰ることはできませんからね。もちろん広告主体のフリーペーパーの内容はたいしたものは無く、30分ほどで読み終えてしまいました。



2011malaysia157

 フリーペーパーの文章とは対極にあるものがコレでした。

ネットのニュースで「カタルーニャ国際賞授賞式でも村上春樹氏のスピーチに賛否両論…」という見出しがありましたので、その全文を探して読んでみたら久しぶりに読み応えがあるものでしたので、「さすがベストセラー作家だな~」と感心させられました。読み終えて「村上春樹 カタルーニャ国際賞」で検索してみたら既に多くの方がブログなどで紹介されているようでしたし、動画もアップされていましたので日本では皆さんが既に読まれた文章なのでしょう。

私も今回の東京電力や日本政府の人災とも思える決定や対応には村上春樹氏のお考えと似たものを感じていたのですが、「なるほど、こう表現すれば人の心に訴えることができるのか…」と自分の文章力の無さを恥じることになりました。ただ私も「非現実的な夢想家」の一人ではあるのですが、村上春樹氏が仰る政府や東電に好き勝手に原発推進をやらせた国民としての責任はあまり感じていません。全都道府県の海岸部をドライブしたことがある私は福島も含めてかなりの原発のすぐ近くを走り抜けたことがあります。

その時に「大地震や津波、テロなどが起きたらどうなるんだろう?」と考え、きっと「想定外のことで…」と責任回避するんだろうと想像していました。日本経済の将来に明るい兆しが見えない上に政府に少子高齢化や災害などへの将来構想が無いのもわかっていましたので、日本人であり続けるのは止めることを決断しましたので責任を感じていないのだと思います。もちろん将来の移住先探しの旅は日本のパスポートで行っていますので、私もまったく責任が無いわけじゃないのは理解しています。ただ人口あたりだといちばん日本からの印税が多そうな村上春樹氏と違うのは当然だろうと考えているのです。



2011malaysia162

 今晩の夕食も残った食材で野菜寿司を作りました。

ほとんど昼と同じなのですが、中央の白ナスのマリネ寿司が新たに加わりました。昼間は品数が充分だったので登場させなかったのですが、せっかくだからと試してみることにしたのです。白ナスはゴルフボールのように丸いので、寿司に乗せるように楕円形に切ることは難しいので、2枚を重ねて乗せることにしました。本当はホタテのように真ん中に切れ目を入れて開くようにして乗せたかったのですが、大量にオイルを使うことになるのであきらめました。

また面白い野菜寿司になると思って買ったバナナの蕾ですが、どうしても時間が経つと色が黒ずんできてしまうので今回はあきらめました。衣を付けて薄くスライスしたタマネギと一緒に揚げて、それを寿司にするというのが良さそうでしたが、今回は時間切れです。興味深い食材ですのでまた次回にでも再チャレンジしたいと思います。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/12(日) 23:59)

 野菜寿司用のテストと食料を減らすために作ったサラダの味は…
2011malaysia151

 ついに今回の旅の最後の週末となってしまいました。

そして今日は3月にマレーシアで何気なくメールニュースをチェックしたら「東北地方で大規模な地震発生…」との報道があってから3ヶ月目となります。あれから中東やインドなどを旅行して、再びマレーシアに戻ってきたのですが、長いようで短かったような不思議な感じです。もうすぐ地震後初めての帰国となるのですが、日本がどう変わっているか、不安でもあり楽しみでもあります。

今日は明日の午後に作る予定の野菜寿司用のテストとして、また食料を減らすためもあってサラダを作ったのですが、なかなか美味しかったですし、寿司に応用してもイケそうな気がしました。しかし野菜だけではどうしても味が薄くて物足りないのではと不安です。日本ならいろいろと調味料も工夫できるのですが、旅先では限界がありますし、現地の食材だけでどこまで面白いものを作ることができるかという点を大事にしたいですから、なかなか難しいのです。



2011malaysia155

 午後から散歩も兼ねて近所に買い物に出かけました。

帰国便は午後に出発しますので買い物のチャンスは残されているのですが、明日の野菜寿司用に東南アジアで広く食べられているテンペという納豆などを近所のスーパーに買いに行くことにしたのです。その途中に見かけたのが、この刑務所の入り口なのですが、植民地時代の面影を残していて映画のワンシーンにも使えそうです。後ろのビルはCGで消しちゃえば良いでしょうしね。

この刑務所の目の前にはモノレールが走っていますので、KLセントラルから乗れば5分後くらいに左側に見えてくるはずです。観光名所が少ないKLでは、これもひとつの目玉になると私は思うのですが。この刑務所はタイムズスクエアやパビリオンまで歩いて行ける良い場所にありますので、観光客が1泊10ドルくらいで体験入所できるようにすれば人気アトラクションとなると思うのですが。(笑)



2011malaysia156

 ここはチャイナタウンの外れにある一方通行の道路です。 

KLセントラルから空港行きのバスに乗る時やミッドバレーに映画を観に行く時などに通る馴染みの道なのですが、歩道が広く整備されて良かったなと思っていたら、その広さがアダとなって不法駐車地帯と化していました。おそらく近所の屋台村に食事に来た客が「ここなら駐車違反の取り締まりも厳しく無さそうだし、木陰だから自動車内部が高温にならずに済む…」と喜んで停めているのでしょう。

交通量が少ない一方通行の道路ですから、歩道をモラルが低いドライバーたちに占拠されていても車道を歩けば良いので問題は無いのですが、どうも釈然としません。歩道への自動車の乗り上げができないように2m間隔くらいに鉄製のポールを立てるとか、駐車違反の取締りを強化すべきと思いますが。



2011malaysia152

 本日の散歩の目的のひとつはバナナの葉の採取でした。 

明日は残っていたカリフォルニア米を炊いて、マレーシアの食材を乗せた野菜寿司を作ってみようと考えているのですが、宿にはメラニンの安っぽい皿しかありませんから、野菜寿司をバナナの葉に乗せてみようと思いついたのです。東南アジアでは安い弁当類はバナナの葉で包んで売られていることが多く、上野の合羽橋商店街で竹の皮が売られているのと同じようにバナナの葉もキレイに汚れなどが拭き取られたものが束で販売されているのですが、1枚じゃ売ってくれないでしょうから自分で調達することにしたのです。

KLは高層ビルが建ち並ぶ大都市に成長しちゃいましたが、それでもちょっと歩いたらあちこちでバナナを見かけることができます。しかし私有地に生えてるものは葉っぱでも勝手に採取したら怒られてしまうかもしれませんから、川の近くの人の気配が無い緑地のヤツからいただくことにしました。ちなみにバナナの蕾も明日の寿司の材料にしてみる予定ですが、それはさすがにスーパーで購入しました。さがせばどこかに生えていたと思うのですが、安いものでしたから…



2011malaysia154

 チャイナタウンの問屋で不思議なものを見かけました。

プラスチック製のサッカーボール型の置き物に見えますが、これを開いて変形させるとロボットになるという子供のオモチャでした。つまり映画化されたトランスフォーマーはトラックがロボットに変身するのですが、これはサッカーボールに変身しちゃうわけです。台座には「2010 WORLDCUP」とありましたので、2009年くらいに中国の田舎の工場で作られたらしい珍品ですが、そんなものが今も問屋のいちばん良い場所に置かれているというのが謎なのです。

ちなみに後ろの箱に入っているロボットはサッカーシューズに変身する仕掛けでしたし、もうひとつサッカーのユニフォームに変身しちゃうタイプもありました。この問屋の扉は閉まっていましたが、もしかしたら在庫の山の奥で商品の企画した責任者のミイラ化した遺体がぶら下がっていたりして…(笑)



2011malaysia153

 今夜はココナッツペーストという製品を試してみました。

スーパーでテンペ以外に寿司ネタとして使えそうなものが無いかと物色していた時に見つけた謎の食材でしたが、ペースト状ならワサビのようにシャリとネタの間に挟んで使えるかもと考えました。こっそり端を破って味見したい衝動は抑えて、近くで実演販売していたおばちゃんに「どんな味で、何に使うものなの?」と訊いてみました。中華系のおばちゃんは英語がマレー系の人たちより得意じゃありませんでしたが、「スパイシーな調味料で、イカなどを炒める時に水に溶いて使ったりする…」みたいなことを説明してくれました。

ちょうど目の前に新鮮そうなイカが売られていたので、今晩はゲソの部分をココナッツペーストを使って炒麺に試してみることにして、味が合いそうなら明日の寿司に使ってみることにしました。しかし予想に反してココナッツペーストはまったくスパイシーでは無く、ちょっと甘くボケた味でしたので困ってしまいました。このような炒め物の隠し味として使うには邪魔にはならないのですが、残念ながらどうも寿司には向かないようです。中華系のおばちゃんは別の表現をしたかったのに英単語が思い出せなくて「スパイシー」と言っちゃったのかもしれません。それとも料理をまったくしない人なのかも…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/11(土) 23:59)

 限りなく今年の3月23日と似た行動だった今日の反省点は…
2011malaysia145

 今日は予定通りに郊外のダマンサラ地区に出かけました。

今年の3月23日の時と同じようにクアラルンプールの中心部に近いThe Royale Bintang Hotelまで歩いて行って、10時45分発の無料のシャトルバスでダマンサラ地区のthe Curveというモールで降りて隣の棟のシネコンへと向かいました。本日のお目当ては先日から公開が始まった「SUPER 8」という1980年代のオハイオ州の小さな町での大騒動を描いたディザスター・ムービーでした。

この映画のタイトルのスーパー8とは製作を担当したスピルバーグ氏やエイブラムス監督も愛用していたらしい昔の8mmフィルムのことらしいのですが、主人公の自主制作マニアの少年たちが深夜の無人駅で8mmでゾンビ映画を撮影している時に偶然にアメリカ政府の貨物列車が脱線させられ、それを目撃した少年たちは事件に巻き込まれるというストーリーなのです。

アンブリンの映画ですからSFXの完成度は高いですし、懐かしい音楽や小道具が散り巡らされていて映画に引き込まれそうになったのですが、後半の盛り上がりの前に急に覚めてしまいました。それは正体不明だったものが徐々にあきらかになって失望させられたのと、もうひとつはスピルバーグ氏が関係する映画に共通するヒューマニズムの大安売りが居心地を悪くさせたためでした。それと劇場のクーラーが効き過ぎていて不快だったことも理由のひとつでしたが。今日は公開されたばかりの作品のためか、午前中の回だったのに12リンギ(約324円)もしたのですが、かなり損をした気分でした。3月23日の時は水曜日でしたので、ジョン・カーペンター監督の「The Ward」は6リンギ(約162円)で観ることができたのですが…



2011malaysia146

 映画の出来とは無関係にちょっと空腹になりました。

それでいつもケーキを食べているシークレット・レシピのthe Curve支店で15リンギのランチを試してみようかと考えたのですが、ゆっくり食べたとしても15時からのケーキタイムまでには微妙に時間が空いてしまうので止めておくことにしました。これが14時30分くらいなら、ランチの後にコーヒーとケーキを頼んで一緒に会計することができて良かったのですけどね。

「ィケアのランチメニューでもチェックしてみようか…」と歩き始めたら、シークレット・レシピの隣の店のランチメニューのバナーが目に付きました。5.90リンギ(約159円)で飲み物もついている「Chee Cheorg Fun」という料理は画像を見る限りでは米の麺にそぼろのあんかけをかけたように見えましたのでオーダーしてみたら、なんと3月23日にテスコの近くで試した料理と基本的に同じものでした。その時もよく内容を把握しないで注文したのですが、似たような場所で似たようなものを食べていましたので笑ってしまいました。席でWiFiの野良電波を拾うことができたところまでソックリでしたし。(笑)



2011malaysia147

 ィケア横のキッザニアはまだオープンしてませんでした。

数年前にこの敷地がまだ基礎工事の段階で、モール内の模型で建設計画を知ってから半年に一度くらいは工事の様子をチェックしてきたのですが、さすがにもうオープンしてると思ったのにまだでしたので驚かされました。子供用の擬似職業体験施設ですから、事故が無いようにと建物の中では細心の注意でシュミレーションが繰り返されているのかもしれませんが遅過ぎますよね。

the Curveから伸びたブリッジのあたりにはマクドナルドが入居するみたいでしたが、ここから300mほどの近い場所にも既にマクドナルドはあるのです。そんな近い場所に同じような内容の店を出すとは考えにくいので、こちらの新しい店は子供たちが働く擬似店舗となるのかもしれません。もちろん衛生的な問題などが発生すると大問題に発展しかねませんから、ちゃんと大人が監修するとは思うのですが。



2011malaysia149

 15時を過ぎましたので、コーヒーとケーキにしました。

先日の午後にシークレット・レシピ通いを解禁してしまったのですが、食べている間にテーブルの上に置いてあった新作のお知らせに気が付いて、「明日はコレにしよう!」とまんまと企業戦略に乗せられてしまったのです。その新作はチョコとチーズケーキとベリーの組み合わせで、税込みで7.90リンギ(約213円)と少し高かったのですが、安定感がある美味しさでした。

しかしこれまで10回近く食べた中で、私がいちばん美味しく感じたのは初回のバタースコッチケーキでした。2回目以降もそれなりに美味しいのですが、初回のインパクトを越えることができないのです。まだ試していないものがいくつか残っているのですが、そろそろ潮時かな。これを15時台に食べてしまうとお腹が減らないので夕食の時間が遅くなってしまいがちですからね。



2011malaysia148

 最後にテスコに寄って買い物して帰ることにしました。

私は大型スーパーに来ると人形売り場をチェックすることにしているのですが、マレーシアではバービーの新作らしい「I can be」シリーズが充実していました。左からニュースのアンカー、ペット・トリマー、コンピュータ・プログラマー、そしてオスカー女優と幅広いものでしたが、マレー系や中華系の金持ちの家庭の娘たちはこれらになりきって遊んでいると想像したら面白かったですよ。

ハリウッド映画もマレー語と中国語の字幕を入れる作業があるというのに全米公開とほぼ同じなマレーシアでは、こういった子供の玩具もダイレクトで早いようです。それはマレーシア用にオリジナル製品を作るほどはマーケットが大きく無いということと、マレー系や中華系の金持ちの家庭の娘たちは顔は思いっきり東南アジアなのですが、心はアメリカ娘だということなのかもしれません。



2011malaysia150

 久しぶりにスーパーで大量購入してしまいました。

帰国便は今回もLCCですので、7kgの重量制限があるので友人たちへの土産も重たいものはNGなのです。それで軽いスパイス類を購入したのですが、マレーシアも経済成長しているためか昔ほどの割安感はありませんでした。もちろん50g入りの黒胡椒が2リンギ以下で買えますので、まだ空輸する価値はあるのですけどね。

4袋にもなってしまったのは土産類の他に週末に作る予定の野菜寿司の材料を買ってしまったためでしたが、マレーシアの材料だけでどんなものになるか楽しみでもあり、また不安でもあります。ちなみにテスコではドリアンの小さなパックを売っていたのでドリアン寿司を試すか悩んでしまいましたが、予算の関係で断念しました。それにたいていの宿は匂いがキツいドリアンは持ち込み禁止ですし…



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/10(金) 23:59)

 なぜかトラがメインキャラクターを務めるKLのスポーツイベントの名前は…
2011malaysia139

 早いもので帰国まで1週間を切ってしまいました。

週末は映画の入場料が高くなるので今日も近場のシネコンに出かけることにしたのですが、その途中でトラがメインキャラクターを務めるスポーツイベントのバナーを見かけました。その名称は「SUKAN MARAYSIA」というものでしたが、別に「好かんマレーシア」というわけじゃ無いみたいでした。スカンはマレーシア語でスポーツという意味ということでしたが、競技名の表示と共に違和感がありました。

マレーシアでは外来語を独特の綴りで表記することがあり、「RUBGY」は「RAGBI」になるようなのです。香港のタクシーは「的士」と表示されていますが、それと似た違和感があります。まあ日本でも外来語に関してはおかしな表記があったりしますのでマレーシア人たちを笑うことはできませんが…(笑)



2011malaysia140

 今日は本日封切りの新しい映画を見ることにしました。

JJエイブラムスとスピルバーグによる「SUPER 8」とキアヌ・リーブス主演の「ヘンリーズ・クライム」 のどちらにしようかと悩んだのですが、入場料が安かった後者にしておくことにしました。明日はKL郊外に行く予定ですが、都心から離れたシネコンだと料金が安いことがありますのでね。

キアヌ演じるハリーは銀行強盗事件に巻き込まれ逮捕されてしまい、服役中に出会ったジェームズ・カーンと今度は自ら銀行強盗を実行しようと計画するという内容の作品なのですが、ちょっと偶然や幸運に頼り過ぎたシナリオは脚本家の力量を疑ってしまいます。しかし「マイレージ、マイライフ」でアカデミーの助演女優賞にノミネートされたというヴェラ・ファーミガという女優さんが好演していて救ってくれています。ただ私の英語能力の低さと映画の中で重要な要素となる「桜の園」というチェーホフの舞台劇に対する知識が欠如していることから心から笑うことはできませんでした。まあ8リンギ(約216円)分は充分に楽しむことができましたが…(笑)



2011malaysia141

 映画の後の「コーヒーとケーキ」を復活させることにしました。

3月に初めて口にして気に入り、いろんな支店のいろんな種類のケーキを6回も試してしまった「シークレット・レシピ」という店なのですが、ケーキは6~7リンギとそれなりの値段なのですが15時から18時までは美味しいコーヒーが無料になりますので割安感があるのです。ドバイのビーチなどでお腹の周りが気になったりしたものですから今回はガマンしていたのですが、ついつい誘惑に負けてチョコレート・ストロベリーというケーキを注文しちゃいました。

料金は税込みで7,55リンギ(約204円)だったのですが、日本ならワンコインの500円で映画とコーヒーとケーキを堪能できるわけですからマレーシアは良い国です。KLには観光名所が少ないからと1泊か2泊で次の都市に移動してしまう旅行者が多いのですが、私には理解できない行動です。



2011malaysia142

 夕方に地下のスーパーで買い物して帰ることにしました。

高級路線でも無く、安さを売り物にしているわけでも無い「コールド・ストレージ」というチェーン店のタイムズ・スクエア支店でしたが、日本でいえば東急ストアといった感じでしょうか。もうすぐ帰国ですから何か軽い土産になるものが無いかと物色したのですが、最近は東京で何でも手に入るので良さそうなものを見つけるのは至難の業なのです。

結局スパイスを少しだけ購入することにしたのですが、これから夕暮れの残暑の中を歩いて帰ることを想定して冷たい飲み物を体に補給しておくことにしました。いろいろと悩んだ末に選んだのがドリアン味とい缶入りのうソフトドリンクだったのですが、これが見事なハズレっぷりでした。値段は1,49リンギ(約40円)でしたから被害は少なかったのですが、パッケージ以外にドリアンの要素が見当たらない人工的な甘さの製品だったのです。冷蔵ケースの設定温度が低めでキンキンに冷えていたことだけが救いでした。



2011malaysia143

 帰りにある店の前でこんなバッジ類を見かけました。

世界のアイドルのジャスティン・ビーバーを押さえての一番人気はK-POPの2amの4人のようでしたが、マレーシアでも韓国勢の活躍はなかなかのもののようです。タイムズ・スクエアのBGMがどこかで聞いた曲だと思ったらKARAの「ミスター」のマレーシア語版と思われるものだったりもしましたしね。

今日の「ヘンリーズ・クライム」 の中でもジョーという男が韓国製のキッチン用品を販売してるというくだりがあったのですが、最近のウォン安を背景に確実に韓国製品は世界中で売り上げを伸ばしているようです。「コールド・ストレージ」にも独立した韓国食品コーナーがありましたし、円高傾向で「日本製品には手が出ないけど、同じくらいのクオリティの韓国製品は背伸びして買っちゃう!」というマレーシア女性は少なくないのでしょう。



2011malaysia144

 午後にケーキを食べたので夜はサラダだけにしました。

明日は郊外に行く予定ですから、今日は「コールド・ストレージ」では新しい食材を購入しなかったので残り物だけで簡単に済ますことにしたのです。それで食材を減らしておいて、明日は郊外のスーパーで割安な地元産の食材を探して週末にはマレーシア食材での寿司作りにチャレンジしてみようと考えているのです。

私は日本で買ってきた海苔とワサビ、そしてヨルダンで購入したカリフォルニア米をずっと持ち歩いてきたのですが、それらを使い切るために地元の食材だけでどんな創作寿司が作れるかにチャレンジしてみようと企んでいるのです。ドリアンを寿司ネタにするはちょっと無理があるでしょうが、六本木ヒルズにオープンした「野菜寿し ポタジエ」を参考にして野菜メインの寿司作りにチャレンジしてみる予定です。はたしてどんなものになるでしょうか…?(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/09(木) 23:59)

 リノベーションされたばかりのプドゥラヤ・ターミナルの完成度は…
2011malaysia133

 KLでは水曜日は映画料金が少しだけ安くなります。

それで数年前に華々しく繁華街の奥にオープンしたパビリオンというショッピングモールのシネコンに行くことにしたのですが、その前に6月5日に降り立つつもりだったプドゥラヤ・ターミナルをチェックしてみることにしました。ここは3月にはリノベーション工事の最終段階だったのですが、さすがにもう普通に使われているはずですからね。

ターミナルの大きさや構造は以前とまったく同じなのですが、テナントの数を減らして待ち合いの座席を増やしてありましたので広々とした印象になっていて悪くありませんでした。左側の小さなブースは交番で、正面はインフォメーションで、KLが初めての旅行者にもわかりやすいと思います。しかしいくつかの路線は南の郊外の新ターミナルに移したようですから、バス会社同士の競争が無くなって値下げ交渉が難しくなっていると思われます。まあマレーシアは料金の固定化が進みつつはありましたけどね。



2011malaysia134

 ちょうどお昼のランチタイムにパビリオンに到着しました。

KL在住の方から「ムスリムの国なのに、パビリオンの6階にトンカツ屋がオープンしました」という情報を教えていただいたので直行してチェックしてみたのですが、トンカツ定食が27リンギ(約729円)からと微妙に高いものでしたので止めておきました。私は来週には帰国しますし、高級な内装で誰も客が居なくて敷居が高い感じでしたからね。

それで地下のフードコートに行ってみたのですが、試してみたくなるような割安なプロモーションはありませんでした。別の商業施設に行くしかないかなとあきらめかけたら、KFCにマッシュルーム・ソースのチキンチョップという新メニューがありましたので試してみることにしました。本当はコーンが付いていたのですが、「コーンは嫌いなんですけど…」と言ったら快くコールスローに換えてくれましたし。値段は税込みで10.50リンギ(約284円)と安くありませんでしたし、マッシュルーム・ソースも「どこにキノコがいるの?」というレベルでしたのでガッカリでしたが、アジア飯ばかりでも飽きてしまいますので仕方なかったとあきらめることにしました。



2011malaysia135

 本日はCGを多用したアクション映画を観てみることにしました。

額から鼻にかけて十字架の刺青をしたドイツのド田舎の教会のモンク風なお兄さんがどこかで見たことがあるような怪物と戦うという「プリースト」という作品だったのですが、原作が韓国の漫画家のコミックでTokyoPopという出版社が製作したというのが興味深かったのでチェックしてみることにしたのです。プリーストとは「司祭」という意味らしいのですが、中東各国を旅してきてムスリムの国に滞在中ですので、映画の中でキリスト教のシンボルである十字架が意味深に多用されることに対してちょっと違和感がありました。

もしカダフィ大佐がこの作品を見たら「十字軍どもの陰謀だ!」と怒り出しそうでしたが、特に深い意味は無さそうでしたし、ありがちな内容の作品でしたから影響力もたいしたことは無いと思います。ちなみに今日は午後の回でも8リンギ(約216円)と少し安かったのですが、大損した気持ちになりました。(笑)



2011malaysia136

 口直しに「カンフー・パンダ2」を観てみることにしました。

前作もたしかKLのシネコンで観たのですが、ドラゴンボールなどからのパクリの要素は多かったものの、それなりに楽しめましたので、2作目はどういった切り口のストーリーになるか楽しみだったのです。前作はダメなパンダがカンフーに目覚めるまでの経緯が長過ぎてウザい感じだったのですが、今回は余計な前置きは無くテンポ良く展開しましたので好感が持てました。

ジャック・ブラックたちも楽しんで吹き替え作業をやっている感じでしたし、今回はさらにCGの仕上がりがキレイでしたので8リンギ(約216円)の入場料は安く感じました。「カンフー・パンダ3」も必ず作られるのでしょうが、また安い国で観ることができたら良いのですが。ちなみに「プリースト」の日本公開は9月23日、そして「カンフー・パンダ2」は8月19日ということですがアホみたいに遅過ぎますよね。



2011malaysia137

 4時間ぶりにシネコンから出てみたら小雨が降っていました。

おかげで久しぶりに涼しい夕方になりましたが、傘は持ってきていませんでしたので急いで夕食の買い物をして宿に戻ることにしました。たまに南国特有のスコールが降るKLでは歩道部分が奥まっている構造の建物が多くて、たとえ雨が降り続いたとしてもずぶ濡れになることなく宿に帰ることはできるのですけどね。

パビリオンを出た所の信号の先にはユニクロのマレーシア1号店があり、3月にはその隣で風変わりなデザインの店舗が工事中だったのですが、ようやく正体が判明しました。自動車や家電などのショールームでもオープンするかと予想していたのですが、人気が無くて日本からは撤退したセフォラでしたのでガッカリでした。



2011malaysia138

 今夜は3月ぶりに寿司らしきものを買ってみました。

本当はLOT10の伊勢丹の地下の寿司コーナーが半額になるのを狙いたかったのですが、雨が強くなると困りますので対面のビルの奥にあるジャイアントの寿司売り場のヤツで妥協することにしました。ここのは伊勢丹やジャスコの寿司より落ちるのですが、カルフールのヤツよりは少しだけマシなような気がしますし、18時過ぎの早い時間から「1個買えばもう1個は無料」となったりしますからね。

たくさんある種類の中から10リンギ(約270円)のマシな組み合わせのヤツを選んだのですが、見た目は寿司に近いものの、東京の友人にブラインドテストしてみたら正解率が低そうなレベルのものでした。来週の帰国便はエアアジアですからKLCCから羽田空港ですので、どこかの駅前あたりのスーパーでまともな寿司を買うことができると思います。値段は高いのでしょうが、本物の寿司を目の前にしたら試さずにはいられないことでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/08(水) 23:59)

 円高ドル安なのにKLの円相場があまり上がらない理由は…
2011malaysia127

 KLは今日も晴れて暑くなりそうでした。

朝晩は少しだけ涼しくなるので昼間のいちばん暑い時間だけショッピングモールやシネコンなどで過ごすことにしているのですが、先日はKLセントラルの南側のミッドバレーでしたから今日はアンパン地区のKLCCに行ってみることにしました。1.60リンギ(約43円)払って地下鉄に乗れば涼しくて楽なのですが、それじゃ街の変化を見ることができないので、いつもとは違うKLタワーの東側の道路を30分ほどかけて歩いて行くことにしました。

都心に近いわりには植民地時代の古い建物が残る独特な雰囲気の通りを歩いていたら、またこんな光景に遭遇してしまいました。経済発展し続けているKLではあちこちで高層ビルの建設が相次いでいるのですが、古い教会の後ろでしたから少しショックでした。こうなってくると数年後には教会の後ろはビルだらけになりそうですよね。



2011malaysia128

 KLCCの手前でこんな工事現場を見かけました。

工事中の高層ビルの隣に「KL CITYWALK」とありましたので、「低層階部分のテナントエリアの名前なんだろうな…」と早合点したのですが、検索してみたらビルの谷間に2階建ての細長い商業ビルを建てて通り抜けできるようにするというコバンザメのような手法の再開発のようでした。

KLCCの周辺はあちこちで高層ビルの建築が行われていて、私の頼りない記憶をさらに曖昧にしているのですが、たしか以前にこの場所には安い食堂が建ち並んでいたと思います。それらを地上げして近所のOLさんたちが喜ぶようなものを作ろうという計画なのでしょうが、私にはあまり良いアイデアとは思えません。



2011malaysia129

 KLCCに到着して、すぐにシネコンに行きました。

インドで時間が合わずに見逃していた、もはや説明不要のディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新作ですが、3Dで観る価値は無さそうでしたので9リンギ(約243円)の普通のヤツにしておきました。この作品も3月にKLで予告編を10回くらい見ていたのですが、映画が始まって5分ほどで眠たくなってきました。

昨晩はこちらの時間で深夜1時から始まったWWDC 2011をついついチェックしちゃったので睡眠不足気味だったのもあるのですが、ロブ・マーシャル監督のテンポが悪過ぎるのが原因でした。ジョニー・デップもペネロペ・クルスもちょっと老け過ぎていて残念な仕上がりでしたしね。ロケ地の自然や船などのセット、人魚やCGなどは素晴らしいものでしたが、まるで「レイダース/失われたアーク」の焼き直しのような展開にはあきれてしまいました。ネパールの映画館で100円以下で観ることができたら良かったのですが…(笑)

ちなみにこの画像は先日ミッドバレーで撮影したもので、KLCCとは無関係です。かなりの力作でしたのでアップしておくことにしました。



2011malaysia130

 映画の後にKLCCのフードコートへ行きました。

朝食にジャスコのレーズンパンをたっぷり食べたのであまり空腹じゃ無かったので軽いものを探していたら、ちょうど良さそうなロジャックという料理がありました。インドネシアのガドガドに似たピーナッツを多用した素朴な料理でしたが、今日の気分にはピッタリで楽しむことができました。

イカリングが乗っていて値段も5リンギ(約135円)とKLCCでは最低ランクの安さでしたし、窓からの眺めも悪くなかったのですが、食事を終えてもお喋りのために席を占領し続ける客や大量に食材を残すヤツなどが多くて不愉快でした。どうも最近はマナーが低下してるように感じるのですが、経済発展して拝金主義が横行し出しているためかもしれません。



2011malaysia131

 KLCC周辺の両替率はあまり良くありませんでした。

チャイナタウンでは1万円が370リンギ、そして先日のミッドバレーでは371リンギでしたが、円高が進んでいたことから、もう少し上がるだろうと期待していたのです。しかし円高というよりドル安の側面が強いためか、こちらでの円相場にはあまり影響が無いようでした。手持ちは100リンギを切っていましたが、夕飯の材料は購入済みでしたので両替は明日まで待ってみるという手もありました。

しかしKLCCからの帰り道にインド人街を通ってみたら373リンギになってる両替商がありましたので妥協しちゃいました。どうせ上がるとしても1リンギくらいでしょうから、今回の旅行で最後の両替を済ませておきました。出国する時に免税品も購入予定ですし、マレーシアは近いうちに再訪するはずなので2万円を換えておいても良かったのですが、もし明日375リンギになってたら悔しいので1万円だけにしておきました。(笑)



2011malaysia132

 夕食は残っていたペンネを使ったサラダにしました。

食材を捨てることができない私はエジプトでの残りのペンネをずっと持ち歩いてきたのですが、KLの宿にはキッチンがありますのでようやく食べ切ることができました。地元産の紫タマネギが安かったので1kgも買ってしまったので、それも大量に刻んで入れたサラダを作ってみました。

どうしても旅行中は野菜不足になりやすいのですが、スーパーでサラダを買うと高くつきますので自分で作ることにしているのです。最後にこんな時が来ることを予想してアブダビのィケアでマヨネーズの小さなパックをたくさんいただいてきましたし。良い子はマネしちゃダメですよ~。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/07(火) 23:59)

 帰国のフライトをマレーシアでのんびり待つことにした理由は…
2011malaysia121

 今朝のKLは初夏の軽井沢のように爽やかでした。

明け方までたっぷりと雨が降ったようで、そのために空気がキレイで気温もほどほどで最高の気分でした。マレーシアもシンガポールほどじゃありませんが自動車保有には多額の税金がかかるようで、そのために排気ガス対策が施された新しい自動車が多くて、大都市のわりに空気はマシなような気がします。また交通マナーもシンガポールに比べると少し落ちますが、ネパールやインドなどのようにクラクションを鳴らし続けるようなアホはいませんから快適なのです。

今朝は宿の裏手の路地の英語が通じない食堂に朝食を食べに行ったのですが、3月に初めて試したロントンを再び食べてみたかったのです。今回はテイクアウトせずにけっしてキレイとは言えない店で食べたのですが、サッパリしていて美味しゅうございました。値段は玉子を加えても2リンギ(約54円)と節訳家の私には嬉しいものでしたし。KLからの帰国便は午後の出発ですから、最後の日の朝食もコレで決まりでしょう。



2011malaysia122

 午前中はシャワーと洗濯などしてのんびり過ごしました。

それで午後からミッドバレーまで映画を観に行くことにしたのですが、3ヶ月ぶりに途中のKLセントラルの周辺が変化してるかを自分の目で確認するために歩いて行きました。この2本の高層ビルはKLセントラルの真横にそびえているのですが、これから右手の2本のクレーンが大活躍して3本目の高層ビルが仲間入りするはずなのです。

その工事が終了すると左からヒルトン、メリディアン、そしてセントレジスと外資系の高級ホテルが揃うことになるのですが、それにつれてJALホテルの地位はますます落ちて行くのでしょう。ちなみに低層のKLセントラルの駅舎を挟んでモノレールの駅の側にも2本の高層ビルと商業施設が工事中ですが、KLではこのエリアとペトロナス・ツインタワーがあるKLCCのエリアがいちばん変化が激しいエリアです。わずか3ヶ月でもけっこう変化していましたので、4~5年後には見違えるように変わっていることでしょう。



2011malaysia123

 いつものようにバンサーからシャトルバスに乗りました。

新しく完成していたエスカレーターを横目に見ながら最短距離で3階のシネコンにエレベーターで上がり、13:35分からの上映のチケットを8リンギ(約216円)で購入。時計を見たら13:10だったので、急いで同じ階のフードコートに移動。ここには和洋中からタイや韓国まで何でもあるのですが、クーラーも効いてることだし、久しぶりのクレイポット料理に決定。いろんな種類があったけど、時間も無いことだしオーソドックスな6リンギのチキンとシイタケのものをチョイスしました。

5分ほどで用意された料理は無難な美味しさでしたが、シイタケが1個だけだったし、ちょっと火加減が強過ぎたみたいでコゲの部分が多過ぎでした。3ヶ月前に郊外のジャスコで試したヤツはコゲが少なくて物足りなかったのですが、難しいものですよね。



2011malaysia124

 今回のKLで最初に選んだのはコメディ映画でした。

3月にはKLで10本以上の映画を観たのですが、その回数だけ予告編を見た「PAUL」というパン屋さんのようなタイトルのCGの宇宙人が主人公のおバカな映画で英語が簡単で楽しめるかと思ったのです。またシネコンのどこを探してもポスターはこのチケット売り場の壁面の1枚のみでしたので、水曜には終了してしまう感じでしたので観ておくことにしたのです。

アメリカの中西部が舞台なのでハリウッド映画かと思っていたらイギリス映画でしたので、日本で公開されるかは微妙ですが、内容はよくあるタイプですし笑えなくも無いレベルでしたので200円くらいなら悪くなかったと思います。しかしもう少しストーリーにヒネリが欲しいのと、主人公の英国人オタクの2人が魅力的で無いのが残念でした。しかしこの映画をスピルバーグ監督は何と評価するか聞いてみたいものです。(笑)



2011malaysia125

 映画を観終えて、ジャスコで買い物することにしました。

ミッドバレーには少し値段が安かったりするカルフールもあるのですが、ジャスコの方が品揃えが充実していますし、マレーシア風のおでんを作る材料もジャスコにしか置いていないですしね。KL在住の主婦みたいに野菜や果物の半額コーナーをチェックして割安な商品を8つだけ購入して、エクスプレスレジに直行しました。普通は10品までだと思うのですが、なぜかジャスコは8品までなのです。

8品までだとパンが変えなかったので、スーパーの外にある「ラ・ボエム」というカフェのような名前のベーカリーで3,90リンギのレーズンパンと半額の2リンギに値下げされていたバナナケーキを購入しました。ジャスコが14,80リンギでパン屋が5.90リンギでしたので合計は540円ほどでした。これで3食分以上はありますので、やはりマレーシアは生活しやすい国ですね。



2011malaysia126

 コレが夕食用に作ったマレーシア風のおでんです。
 
ゴーヤなどの野菜や厚揚げなどの中にツミレを入れたセットを今日は和風だしでは無くトムヤムスープで煮込んでみたのですが、さすがに気候に合って悪くありませんでした。3ヶ月前にお好み焼き用に買った乾燥小エビの隠し味も効いていましたが、やはり生エビも買えば良かったかなと少し後悔しちゃいました。エクスプレスレジが10品までなら買っていたのですが…

マレーシアは外食しても充分に安いのですが、最近いつも泊まってるチャイナタウンの宿はキッチンが使いやすいので夜は作って食べることにしています。記憶便はLCCですから7kgの荷物制限がありますので、食材を食べ切ってしまわねばなりませんし。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2011/06/06(月) 23:59)

 シンガポールから最終地のマレーシアまでバスの旅を選んでみたら…
2011malaysia115

 シンガポールは今朝も生憎の土砂降りでした。

日本に比べればまだシンガポールの物価は安いのですが、これまでのインドや最終地のマレーシアより格段に高いので、時間的な余裕はあったのですがバスで移動することにしました。これまでシンガポールとマレーシア間は何度も行き来していますが、今回は安さを追及してバスで旅することにしました。2,10シンガポールドル(約137円)を払ってジョホールバルのラーキンターミナル行きの170番の市バスに乗ったのですが、地下鉄の新線工事のための渋滞に引っかかって2時間近くもかかってしまいました。

そのせいでラーキンターミナルでランチという計画を止めて、1,50リンギ(約41円)のナシ・レマックを購入してすぐに出発するKL行きのバスを探すことに。日曜は空いてるかと思ったら混んでいて、なかなか安いバスが見つかりませんでしたが、WiFiも無いラーキンターミナルで2時間も待つのはイヤでしたので5分後に出るという40リンギ(約1080円)のバスに乗ることにしました。ドライバー側が2席、左側が1席のゆったりシートで快適でしたが、KLまで1000円以下で移動という目標は果たすことができませんでした。



2011malaysia116

 KL行きの高速バスは途中で1回だけ休憩がありました。

アジア的な鯉の噴水がありましたので、数年前の中国正月の時にも立ち寄ったドライブインだということがわかりました。ランチにナシ・レマックだけじゃ足りなかったので何か食べようかなと考えたのですが、夕方にKLのプドゥラヤ・ターミナルに着いてからチャイナタウンで早めの夕食にすれば良いと考えて止めておきました。

20分ほどの休憩でKLに向けて出発となったのですが、ここでなぜかバスを乗り換えることに。同じバス会社の同じクラスのものでしたので問題はありませんでしたが、なぜそんな面倒なことをやるのか不思議でした。特にバスに不具合などは無さそうでしたが…



2011malaysia117

 高速を快適に走っていましたが、突然渋滞が始まりました。

シンガポールの渋滞は地下鉄の新線工事が原因とはっきり理解できるものでしたが、マレーシアのは日本の大型連休の渋滞のように得体が知れないものでしたのでイライラさせられました。マラッカを過ぎてからしばらく走ったあたりで対向車線で3台の玉突き事故が起きていましたが、どうもそれを見るためにブレーキを踏んだ野次馬根性のドライバーが何人もいて、それが連鎖して渋滞が発生したようでした。

また高速の料金所のすべてのレーンが開いていなかったのも混雑の原因だったと思います。マレーシアはマハティールの時代にルック・イースト政策を行い日本のシステムをマネしてきたのですが、有料の高速というアホなシステムまでマネたのは大失敗だったと思います。今からでもアメリカやイギリスなどをマネして無料化すべきだと思います。



2011malaysia118

 渋滞のせいでKL到着は日暮れになってしまいました。

それもチャイナタウンに近いプドゥラヤ・ターミナルでは無くて、ミッドバレーよりも南の僻地に開発されたBander Tasicという新しいターミナルでしたのでガッカリでした。3月の時点でプドゥラヤ・ターミナルの改装工事はほぼ終わっていたので、私は元通りだろうと思っていたのです。

シンガポールから飛行機で飛べば早朝や深夜便でも2000円以上はかかりますので、1000円ちょいで移動できるバスがいちばん安いのですが、今日のような渋滞があると二度と利用したくなくなります。たかが400kmほどと東京ー名古屋間と変わらないわけですから、ノンストップの新幹線やTGVみたいな高速鉄道があってくれれれば良いのですけどね。



2011malaysia119

 仕方なく1,10リンギ(約30円)払ってKTMに乗りました。

KTMは料金は安いのですが、電車の運行間隔が長くて混んでいることが多いので個人的には嫌いです。おまけに空調が効き過ぎていることが多く、最寄りのクアラルンプール駅ではホーム内を無駄にかなり歩かされる構造になっていることもマイナスポイントです。車体や磁気式のチケットのデザインも味気なく、利用する度に「私がマレーシアの首相ならKTMの社長はクビだな…」といつも考えています。

マレーシアはシンガポールに引っ張られるような感じで急成長していてマナーも悪い方では無いのですが、KTMは電車の本数が少ないためと出入り口が狭くて少ないことからボトルネックになりがちなのも腹立たしいのです。降りる客を待ってから乗り込んだ方が早いのに、我先に席を取ろうと乗り込んでくるヤツが少なくないので、大声で「俺は降りるんだよ!」と怒鳴って私の前にいて邪魔していた青年を突き飛ばしてしまいました。ムチャ空腹でしたのでつい手が出てしまいましたが、ネパールやインドでうんざりした後にマナーが良いシンガポールに飛んでホッとしたところでしたので、つい帰国までその調子で行けると油断していたのです。



2011malaysia120

 シンガポールからいつもの宿まで10時間もかかりました。 

3ヶ月ぶりですから宿帳への記入なども不要でしたので、荷物を置いてすぐに夕食に出かけました。日曜の夜で小雨が降っていたせいもあり、開いてる店はまばらでした。それでチャイナタウンの中心部に近い路上の屋台で食べることにしたのですが、今日はビーフン・ゴレンにしようとバスの中から決めていました。マレーシアといえばサテーなどが有名ですが、私はシンガポールやタイで食べるビーフンを炒めた料理よりもマレーシアのビーフン・ゴレンの方が美味しいような気がしているのです。

ムチャ空腹でしたので、「ビーフン・ゴレン 4リンギ」と書いてあるメニューを指差して「大盛りにしてね」と頼みました。1分50秒ほどで目の前に運ばれてきたビーフン・ゴレンは見た目はあまり良くありませんでしたが、期待を裏切らない美味しさで大満足でした。大盛りは5リンギかなと思って10リンギ札を出したら5,50リンギのお釣りが帰ってきました。大盛りにしても4,50リンギ(約122円)でしたが、マレーシアはやっぱり良い国です。KTMでのマナーの悪さもすべて許せる気になりました。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/05(日) 23:59)

 雨上がりに出かけたべドックのホーカーでランチに試したものは…
2011shigapore33

 今朝のシンガポールはスコールのような大雨でした。

それでも昼前には止んでくれましたので予定より少し遅れてしまいましたが、チャンギ空港方面のべドックまで1.60シンガポールドル(約104円)払ってMRTで出かけました。まずは駅前の大衆的なホーカーでランチを食べることにしたのですが、選択肢が多くて悩んでしまいました。まだ東南アジア2日目でしたし、食べてみたいものが中心部より少し安い価格でズラリと並んでいましたのでね。

次のマレーシアで食べることができそうなものを候補から削っていった結果、最後にはこの豚肉のミンチと塩魚の蒸し料理と青菜炒めのセットが残りました。値段は5,50シンガポールドル(約358円)と高かったのですが、無性に青菜炒めが食べたくなったのです。豚肉のミンチと塩魚の蒸し料理は香港で食べた豚ミンチ丼に似ていましたが、青菜炒めとのバランスも最高に良く美味しくいただくことができました。先日に引き続いてシンガポールはつくづく良い国だと思いました。(笑)



2011shigapore34

 食後のデザートはやはりアイス・カチャンにしました。

少し前までは1シンガポールドル(約65円)で楽しむことができたシンガポールの庶民的なカキ氷ですが、最近は2シンガポールドル(約130円)近い値段の店が増えているのです。しかし郊外のべドックではまだ1.30シンガポールドル(約85円)という値段でした。せっかく安い店に来たことですから、今日は豪華にドリアンのペーストを乗せたアイス・カチャンにしてみたのですが、それでも2シンガポールドル(約130円)でした。

いつものように注文する時に大声で「コーンは不要」と英語と中国語で念を押しました。こうやっておかないとコーンが入ったアイス・カチャンを目の前にして、「不要と言ったじゃないの!」と「聞いてないわよ!」の言い争いになることがあるのです。クーラーが効いていないホーカーではアイス・カチャンはどんどん溶けていきますので、1秒も無駄にはできないのです。



2011shigapore36

 べドックの街には大きなスーパーが2軒ありました。

大衆的なスーパーでも中東やインドでは見かけなかった魚が泳いでいる鮮魚コーナーがあったりして感動的でしたが、他の物価に比べて酒類の値段は高めなのです。メジャーなタイガービールでも1缶2.50シンガポールドル(約163円)前後の価格で売られていますので、なかなか手が出ないのです。本日の最安値はタイのLEOビールの1,85シンガポールドル(約120円)で、マレーシアではもっと高いので飲んでおこうかと考えたのですが、冷えていなかったので止めておきました。ビール類は帰国するまで無理かもです。

ちなみにシンガポール人から聞いて楽しみにしていたタイガービールの工場見学の後の飲み放題が5シンガポールドル(約325円)という魅力的な情報でしたが、ウェブサイトをチェックしてみたら16シンガポールドル(約1040円)に値上がりしていましたのでガッカリでした。工場までの交通費も馬鹿になりませんし、とても元が取れるとは思えませんのでね。



2011shigapore35

 本日の目的地のひとつはこのべドック・ポイントでした。

空港からのMRTの窓から見かける度に「次回には行ってみよう!」と思い続けていたモールでしたが、ようやく実現できました。規模は小さそうでしたので特に期待はしていなかったのですが、ちょっと他とは違っていて楽しむことができました。まず1階から3階まで吹き抜けがあったのですが、その周辺はすべて飲食店だったのが驚きでした。なにせ近くには安いホーカーがひしめく激戦区でしたが、その中で飲食がメインのモールを作ったわけですからね。

その他の小売店や美容室などは面白いものが無かったのですが、地下の家電屋の店頭のiPad2がWiFiにつながっていましたので設定を日本語に変えて遊んでみました。なぜかシンガポールは先進国なのにアップルストアが無いのですが、あちこちに販売店はありますので気軽に触ることができるのです。ちなみにいちばん安いWiFiモデルのこちらでの価格は668シンガポールドルと日本とあまり変わらない値段でした。



2011shigapore37

 モールを出てたら駅前に見覚えがあるバスが停まっていました。

数年前に乗ったことがあるイケアのタンピネス店に行く無料のシャトルバスでしたが、「途中やイケアの近所に何かオープンしてるかもだし、1」シンガポールドル(約65円)のシフトクリームでも食べようか…」と考えて衝動的に乗り込んでしまいました。クーラーが効いたバスは郊外の空いてる道を快適に走り、15分ほどでイケアに到着しました。週末で混んでいるかなと想像したのですが、予想を上回る混雑でしたので「そろそろシンガポールには3軒目が必要なのでは…」と思ってしまいました。

このイケアのタンピネス店は1~2階が駐車場のためにビストロは3階にあったのですが、目当てのソフトクリームは1,50シンガポールドル(約98円)に値上げされていましたので困ってしまいました。「マクドナルドやバーガーキングは1シンガポールドル(約65円)なのに…」と貧乏たらしいことを考えて他の選択肢を探したのですが、1シンガポールドル(約65円)のホットドックは食べ飽きていましたので、50セント(約33円)のお代わり自由のコーヒーだけにすることにしました。レジの行列に並んでいる時にソフトクリームの表示の下に「サーモンロール 2」という小さなPOPを見かけたのですが、世界のイケアの半分以上を制覇した私ですが初めて見るものでしたので試さざるを得なくなりました。コーヒーと一緒だと2,50シンガポールドル(約163円)だと思ったら、なぜか2シンガポールドル(約130円)でした。サーモンの量はわずかなものでしたが、そろそろ洋風なものも口にしたいと考えていたところでしたので悪くありませんでした。



2011shigapore38

 本日の目当ての2番目は郊外の売春エリアでした。

私は何度も売春エリアの近くをMRTに乗って通過していたのに知らなかったのですが、シンガポール人に「ゲイランに政府公認で売春が行われているエリアがある」と教えてもらったのです。街の美化のためにチューイングガムを禁止している国で売春が公認されているなんて最初は信じられなかったのですが、「シンガポールは世界中の船が寄航する港町だし、禁止しちゃうと地下に潜ってマフィアの資金源になりやすいから…」との説明を聞いたら納得できました。「野党や女性議員の反対は?」と訊いたら、「70議席の中で野党は2議席(5月に選挙が行われ、現在では6議席)しかないし…」と笑っていましたっけ。

シンガポール政府の観光案内所で「売春エリアはどこですか?」と訊く勇気はありませんでしたので、ネット検索してみたらすぐにおおよその場所がわかりました。iPod touchの地図であたりをつけてべドックから歩いて行ったのですが、なかなかそれらしいエリアは現れてきませんでした。「もう通り過ぎちゃったのかも…」と心配になった頃に出勤前のプロっぽい女性を見かけるようになりました。

iPod touchの地図を再確認してみたら、やたらとホテルがたくさんあるエリアが見つかりましたが、そのあたりの路地を歩いてみたら日本風な名前の店がありました。まだ日暮れまでに時間があったためか駐車場はガラガラでしたし、呼び込みのお兄さんもいませんでしたが、このあたりで間違いなさそうです。おそらくバブル時代には日本人が派手に遊んでいたのでしょうが、現在では東北で地震もあったことですし激減しているのでしょう。しかしシンガポールは何度も滞在しているというのに、まだまだ知らないことだらけなのでしょう。奥が深いものですね。



2011shigapore39

 さすがに今日はへとへとに歩き疲れてしまいました。

変な時間にサーモンロールを食べたのであまり空腹じゃなかったのですが、夕食抜きだと夜中に起きてしまいかねないと危惧して軽く食べておくことにしました。こんな時にたくさんの種類と量を選ぶことができるシンガポールのホーカーは便利な存在で、24時間営業の店も少なくないので助かります。今晩は22時前ということでヘルシーなキャロットケーキの2,50シンガポールドル(約163円)の小さなサイズを選びました。

キャロットケーキとは看板にあるようなニンジンと大根から作られたらしい練り物をラフにさいの目に切ったものを油で炒め、最後に溶き玉子を加えて味を整えて出来上がりというお好み焼きに似た庶民のスナックなのです。マレーシアでも出す店はあるのですが、シンガポールの方が美味しいような気がしますので最後の1品として選びました。店のおじさんは別の人に替わっていましたが、素朴な味は昔のままでした。行列ができる人気店だけにおじさんは腱鞘炎にでもなるんじゃないかと心配していたのですが、単に充分に老後の費用を蓄えてのリタイアなのかもしれません。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/04(土) 23:59)

 約3ヶ月ぶりに戻ってきたシンガポールのランチに選んだ食べ物は…
2011shigapore27

 トリバンドラムからの飛行機は定刻に到着しました。

今回のタイガーエアの飛行機はイミグレーションの近くのゲートに降りてくれましたので、さほど歩かされることも無かったので助かりました。いつもの無料シャトルバスでターミナル2に移動し、パスポートを提示してWiFiのパスワードをもらってブログの更新などを済ませて、1,90シンガポールドル(約124円)のMRTでブギスに出てチェックイン。飛行機の中でインド人の子供がハイテンションではしゃいでいたせいであまり眠れず疲れていたのですが、このまま寝てしまうと時差の解消は遠くなってしまいますので頑張って中心部に出かけることにしました。

中東を一緒に旅行したシンガポール人に「帰国したらまず最初に何を食べたい?」と聞いたら「チキンライス!」と即答していましたが、私はやっぱりプラウン・ヌードルで決まりでした。豚肉と厚揚げのスライス、そして下茹でされたエビが3つ乗せられたものが3.50シンガポールドル(約228円)で、シンガポールの物価からしてみると割安な一品でした。シンガポールでコレを食べるといつも「麻薬的な味だなぁ…」と感じるのですが、今日は約3ヶ月ぶりでしたので麻薬的な美味しさがマックスに達していました。インドでも中華らしきものは何度か口にしていたのですが、まったくレベルが違いました。シンガポールはやっぱり良い国です。



2011shigapore28

 ランチ後にシンガポールの街をゆっくり歩きました。

シンガポールは先進国ですので当然なのですが、インドやネパールと違って誰もクラクションを鳴らさないので静かで心地良いのです。もちろん日本と同様に誰かが危険な割り込みをしたりすれば鳴らされることはあるのですが、それはごく稀なことです。日本とは違って自動車を所得するのに多額の税金が必要なシンガポールでは自動車は大事にゆっくりと運転されているようですし、交通渋滞が少ないことからドライバーたちはイライラせずに済むようなのです。

アート・フェスティバル開催中のためなのか、街中でアートっぽいものに出くわす機会も多く、そういったことが皆無に近かったインドから飛んでくると新鮮に映ります。また新鮮といえば街を歩いている女性たちの服装が大胆なこともそうでした。1年中30度前後の常夏の国ですから女性はタンクトップやミニスカートなどはごく普通の服装なのですが、インドではそんなに肌を露わにしている女性はいませんでしたので2~3時間ほど生足に目が行って仕方がありませんでした。夕方には薄着の女性にも慣れて普通の光景になりましたが、「ホリえもんも刑期を終えて刑務所から出てくると似た思いをするのかな…」と変な想像してしまいました。(笑)



2011shigapore31

 わずか3ヶ月弱の間にも街は変化していました。

ここは昨年に開校したスクール・オブ・アートの隣のランデブー・ホテルの建物ですが、その1階部分が閉ざされて工事中でした。たしかここは中に入ると吹き抜けがありましたが、防護壁にはカフェで談笑する人々の画像と「ランデブー・ギャラリー」とありましたので、アートをテーマにしたカフェ・レストランができるのではと想像しています。このあたりは昔は何もなく退屈なエリアでしたが、最近は裏通りにまで美術館やアート・ギャラリーなどが立ち並ぶようになり、少し前のニューヨークを思わせるものがあります。中国やインドの新興財閥などがよい顧客なのでしょう。

日本もバブル期にはアート関連が盛り上がりましたが、東北の震災の影響で冷え込んでいることでしょう。地震多発国では高価なアート作品の保存には気を使わなくてはなりませんし、国のリーダーが頼りなくて将来不安が大きければアート蒐集どころでは無いでしょうし。日本のアート蒐集家たちは中国バブルが崩壊する前に中国やインドの新興財閥のおじさまたちに売りつけておくべきじゃないでしょうか。(笑)



2011shigapore29

 今回もシンガポール政府の観光案内所に寄りました。

週末のイベント情報や次のマレーシアへ列車で行く方法などを訊いたのですが、アート・フェスティバル以外はさほど面白いものはやっていないみたいでしたし、列車移動は意外に時間がかかるようでした。私は飛行機やバスでは何度も国境を越えているのですが、列車は試したことが無かったので乗ってみようかと考えたのですが、メリットが少な過ぎるので今回も見送った方が賢明のようです。

観光案内所のお兄さんと変化し続けるシンガポールの街について世間話をしていたらアンケートに記入してとお願いされました。それに応えて頂いた資料が入った袋と共に帰ろうとしたら、記念品としてパスケースを渡されました。安っぽい作りのものでしたが、観光に力を入れているシンガポールの心意気を感じました。インドでは観光局に行ってもろくな資料はありませんでしたし…



2011shigapore30

 今日はオーチャードでの両替は止めておきました。

約3ヶ月前にはラッキープラザでの両替は1万円が153,50シンガポールドルでしたが、今日は150シンガポールドルということで、ちょうど今日のランチ代分だけ低くなっていましたので。他民族が暮らすシンガポールの街では週末でも両替に困ることはありませんし、節約すれば手持ちのシンガポールドルだけで済ますことも可能ですから焦る必要はありませんし。まあシンガポールドルは中国バブルが崩壊したとしても周辺国に比べれば悪影響は少ないと思いますので、持っていても困らない通貨ですので両替率さえ良ければ換えておきたいのですが。

オーチャードの端の方までやってきましたので、以前から気になっていた日本政府の文化施設に行ってみることにしました。ここは築100年くらいの植民地風の邸宅を改装したもので、日本のコミックやアニメなどのポップカルチャーをシンガポールのマニアたちにアピールする施設のようでしたが、残念ながら今日は何も展示がやっていませんでした。どうやら日本政府も海外の文化・広報にかける費用を惜しむ傾向にあるようですが、私は将来のために予算配分すべきだと思います。予算が少なければ「アーティスト・イン・レジデンス」という概念を元に、日本の若手の作家に2~3週間の単位でこの建物に住んでもらってシンガポールを舞台にしたコミックや短編アニメなどを創作してもらえば良いと思います。創作の邪魔にならない範囲で様子をウェブカメラで中継したり、実際に通路から見えるようにすればシンガポールのマニアたちにとっても良い刺激になることでしょうし、日本の若手の作家も国際市場のことを理解する良いきっかけになると思います。しかしシンガポールのことを気に入って、頭脳流出につながってしまうかもしれませんが…(笑)



2011shigapore32

 今晩はいろいろ悩んだ末に揚州炒飯にしてみました。

国際色が豊かなシンガポールでは日本食も含めて選択肢が多いのですが、和食は次のマレーシアで半額になった寿司でも狙うことにして、今日は無難に中華の王道の炒飯にしておくことにしました。4シンガポールドル(約260円)を払って、途中から味を変えるための調味料を用意して待っていたら、5秒前まで中華鍋で踊っていたと思われる熱々の炒飯が目の前に運ばれてきました。すぐに口に入れたい衝動を抑えて、ブログ用に1枚だけ撮影して味見したのですが、なかなかの美味しさでした。

香港のテイクアウト専門店の揚州炒飯も素晴らしく美味しかったのですが、ここのヤツも基本を押えた上品な仕上がりで大満足でした。ただスープがおまけに付いて来なかったのだけは残念でしたが。まあ最近はシンガポールも人件費が高騰しているようで、使い捨ての皿やペナペナのレンゲで炒飯を出す店もありますので、そうでなかっただけでもガマンすべきかもしれません。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2011/06/03(金) 23:59)

 特に面白みが無いトリバンドラムの街に飽きてバスで出かけた先は…
2011india85

 雨季に入ったらしいトリバンドラムは曇りでした。

もう傘はバッグの奥に仕舞ったので、帰国するまで使わないことを願いつつ、まずはトリバンドラムの新市街に出かけました。この街はケララ州の州都ですが、特にこれといった観光名所があるわけでもないので私もこの街からの安いフライトが無かったなら訪問することは無かったでしょう。でもせっかく来たのだからと駅前からメインストリートを3kmほど歩いてみたのですが、目立ったのはこの駅前のバスターミナルの建設現場くらいでしたのでガッカリでした。

マクドナルドの支店も無いようでしたので最後の朝マックもダメでしたし、iPod touchの地図でショッピングモールを検索してみたら歩いて行くには遠過ぎる場所にありましたので断念しました。オートリキシャに乗れば100円ほどで往復できるのでしょうが、私は日本人に法外な値段をふっかけてくるインド人の根性が気に食わないので緊急時以外は乗らないことにしているのです。それに地方都市のモールなんてたいした内容じゃないはずですし、雲の切れ間から太陽が顔を出しはじめましたのでバスに乗って近くのコヴァーラム・ビーチに行ってみることにしたのです。



2011india86

 バスに乗る前にジュースを飲んでみることにしました。

今夜の飛行機に乗れば明日の朝にはシンガポールですから、50円前後の安いジュースを楽しむことができるのも最後ですからね。この店はメニューが豊富でしたから飲みたいものはたくさんあったのですが、20ルピー(約36円)のピスタチオ味のミルクシェークを試してみました。ピスタチオの量が少なくてミルクの味に負けていましたが、冷たくて最高に美味しいものでした。

なにかにつけて文句ばかり言ってきたインドですが、郷土料理とフルーツの美味しさは素直に認めざるを得ません。もう前半の旅が終わるかと思うと少しサミシイのですが、また数ヵ月後に後半の旅がスタートする予定ですので問題は無いのです。ちなみにインドの旅行を2回に分けた理由は6ヶ月有効のダブルエントリーのビザを取得できたというのと、一度に回るにはインドはちょっと広過ぎますし、いくら美味しいインド料理でも2週間も食べ続ければ飽きてしまうからでした。



2011india87

 コヴァーラム・ビーチまではバスで30分ほどでした。

終点で降りてビーチまで歩いてみたら、雨季に入ったためなのか人影はまばらでした。西洋人は片手で数えることができそうなくらいで他はインド人ばかりでしたが、大衆化したゴアに比べれば100倍くらいマシな感じでした。サーファーにはたまらない大波がビーチに打ち寄せていて心地良かったのですが、残念ながらビーチの砂の色が黒くて見た目に難がありました。

ビーチ沿いのレストランで食事でもと考えたのですが、どこもそれなりの値段がしていましたし、無料のWiFiも無さそうでしたので悩んでしまいました。そうこうしている内に小雨が降り出してきてしまいましたので、ランチはトリバンドラムで食べることにしました。ちなみにバスは行きが14ルピー(約25円)で帰りは9ルピー(約16円)と値段が違いました。両方ともエアコン無しでしたが、さすがに不思議の国インドですね。(笑)



2011india88

 バス降り場の近くで工事中の建物を見かけました。

「おっ、ついにインドにもジャスコが進出か~!?」と驚いたら「JOSCO」と一文字違いでした。この店はこのあたりに多い貴金属の店のようでしたが、ピンクのコーポレイト・カラーからもジャスコのパクリであることは間違いないのでしょう。インド人の美女がにっこり微笑んでいるポスターも見かけましたが、きっとタイやマレーシアでジャスコの店を見てマネする気になったのでしょう。

この他にも「LuLu」とう名前の生地屋がありましたが、そのロゴはドバイのスーパーのものとソックリでした。ボリウッド映画はハリウッド作品のパクリだらけのようですし、商魂逞しいインド人の本性が透けて見える感じがして笑えました。でもインド人をこれ以上調子に乗せるとマズいでしょうから、このあたりで訴訟でも起こして懲らしめてやっていただきたいものです。



2011india89

 遅いランチはお好み焼き風のものを試してみました。

玉ネギなどが入ったお好み焼き風のものをチャパティのように片手でちぎってカレーなどのソースに浸して食べるものでしたが、これが30ルピー(54円)と安いわりに美味しくて得した気分になりました。カレーなどが少なくなると店のおじさんがお代わりを勝手に注いでいくというサービスも悪くありませんでしたし。これに似たものは屋台では見たことがあったのですが、レストランで食べるのは初めてでしたので、インド最後のランチに選んで良かったと思いました。

食べ終えたら15時を過ぎていたのですが、宿に戻って夜までのんびり過ごすことにしました。インドの宿は24時間制のものがあり、宿探しに手間取った私は昨晩の19時にチェックインしましたので、チェックアウトも19時と余裕があったのです。シンガポールへのフライトは深夜便ですからチェックアウト後に軽く食事をして空港に行けば良いわけで、24時間制の宿は私にとって実に好都合だったのです。



2011india90

 チェックアウト後に市バスで空港に向かいました。

宿のお兄さんによるとオートリキシャだと100ルピー(約180円)もかかるという話でしたが、駅の南側のロータリーまで歩いて市バスに乗ったら6ルピー(約11円)で行くことができました。まあ小さな都市ですから頑張れば空港までは歩いて行くこともできる距離ではありましたが。

トリバンドラムの空港はインドには似合わないモダンな建物でしたが、そのオペレーションはインドそのものでした。ここの空港もネパールのカトマンズ空港と同じように飛行機に乗る客しか中に入れない仕組みだったのです。入り口でセキュリティの担当者に「チケットを…」と言われたのですが、LCCに乗るのにいちいちプリントアウトなんかしないものですからもめてしまいました。私がターミナルの建物の外にあったLCCのオフィスに行って事情を説明したら、「1時間以内に乗客リストを送信しておきますので、それまで外でお待ちください」ですって。

蚊がたくさんいる屋外で1時間も待たされ、ようやく中に入ることができたのですが、まだ新しいせいもあるのかもですが、かなり完成度が低い空港でしたので驚いてしまいました。もちろんWiFiもありませんでしたし、このダメ空港から世界一の設備を誇るチャンギ空港に飛んで行ってインド人たちは恥ずかしくないのだろうかと不思議でした。今回はインド国内は2週間ほどの短さでしたが、このダメ空港を作ったような浅はかな人たちのせいで疲れてしまいました。明日からの東南アジアでゆっくり休憩することにします。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/02(木) 23:59)

 トリバンドラムから



最後のトリバンドラムにやってきました。

これからシンガポールへ飛びますので、続きは後ほど。
お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2011/06/02(木) 14:37)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア