新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 高原都市のように爽やかに明けたヤンゴンでいただいた朝食の味は…
2012myanmar8

 ヤンゴンの宿には蚊帳があったので熟睡できました。

人口600万とも言われる大都市ですが、現在は乾季に当たるようで高原都市のように爽やかでした。洗顔を済ませて1階に降りてフロントの少し日本語がわかるお兄さんに「おはようございま~す」と声をかけたら、「朝食、すぐ?」と聞かれたので頷いたら物静かな女性スタッフによりアジア的なものが運ばれてきました。生春巻きは美味しかったのですが、残念ながらコーヒーはインスタントのミルクと砂糖が最初から配合された3in1タイプのものでしたのでガッカリでした。

ミャンマーではコーヒー豆も栽培しているという話でしたので、ベトナムみたいに本格的なコーヒーを飲めるんじゃないかと期待していたのですけどね。せめて砂糖やミルクが入っていない普通のを用意しておいてくれたら有難かったのですが。もちろん日本の商社マンたちが泊まるような高級ホテルには挽きたての美味しいコーヒーを味わえることでしょう。その1杯は私が泊まっている宿代より高いかもですが…(笑)



2012myanmar9

 今日は午前中に日本の大使館に行くことにしました。

詳しく書くと長くなるので端折りますが、ミャンマーは歴史的な経緯で銀行などの公定の両替レートと街中で取引されている実際のものとの差が大きいのです。公的な機関である日本の大使館では公定レートの現地通貨で業務を行うことになっていますので、ヤンゴンでパスポートを新しく作ったり増補したりすると得なのです。私のパスポートはまだ新しくてスタンプが押していないページはたくさん残っているのですが、チャンスを逃す手は無いと増補をしておくことにしました。

iPod touchの地図で検索してみたらヤンゴンの日本大使館は中央駅の北側の湖のほとりにあるみたいでしたので、散歩ついでにのんびりと歩いていたら、動物園の近くで「アイスワンダーランド」という不思議な施設が目に付きました。入り口に貼ってあった写真を見てみたら、札幌の雪まつりのススキノ会場に置いてあるような氷で作られた世界の建物が展示してあるみたいでした。西麻布の霞町の交差点の近くにあったアイス・バーのように氷点下の世界を楽しむ施設のようでしたが、ここも外国人料金でしたのでガッカリでした。まあ仮に地元民料金で安くっても入らなかったと思いますが…(笑)



2012myanmar10

 パスポートの増補は30分ほどで終了しました。

増補分の40ページには最初から接着用のテープが付いているようですから、裏紙を剥がしてパスポート本体に張り付けてエンボスを押すだけの行程ですから急げば15秒ほどでできる軽作業だと思います。それに30分もかかるのは申請書類に不備がないかなどを確認したりするのに無駄な時間がかかるためでしょうが、料金は180チャット(約18円!)でしたので文句があるはずがありません。増補は日本で行うと2日ほどかかり、料金も2500円とかするみたいですが、もしかしたら世界でいちばん安く増補できたのかもしれませんね。

せっかく大使館まで来たので待合室に置いてあった衛星版の最近の新聞などを読ませていただいて外に出てみたら、真新しいレクサスが停まっていましたので驚かされました。人口6000万の国ですからトヨタのディーラーは何軒もあるのでしょうが、まさかレクサスのディーラーは無いはずですからね。おそらく新興成金が日本から直輸入したものなのでしょうが、18円で増補してきたばかりでしたからレクサスとの価格差を想像して頭がクラクラしてきました。(笑)



2012myanmar18

 ランチは小さなパゴダの近くでいただきました。

大使館から西に少し歩いた所にパゴダに向かう参道みたいなのがあって、その両脇にはたくさんの屋台が並んでいたのです。年配のおばちゃんの屋台だと簡単な英単語でも知らない場合もありますので、まだ顔にあどけなさが残る笑顔が素敵な姉妹の屋台で食べることに決定。美味しそうなエビを指差して「これと野菜などをミックスして」と伝えました。

にっこり頷いてくれたので安心して席で待っていたら、小皿に少量のエビでしたのでガッカリ。「まあ後でお腹が空いたら何か買い食いすればいいか…」と考えて食べ始めたのですが、素朴でありながら素材の味を上手く活かした料理で美味しゅうございました。会計の時に800チャットくらいかなと考えて1000チャット札を出したら、200チャット札が2枚返ってきました。量は少なめでしたが日本円で60円ほどのランチ、やはりミャンマーは良い国です。



2012myanmar19

 食後にヤンゴン最大級という商業施設に行ってみました。

空港からのバスの中で隣に座っていた女性に教えていただいたのですが、この「TAW WIN CENTER」というショッピングモールが最新で最大級らしいのです。タイと同じように入り口で簡単なセキュリティチェックを受けて中に入ってみたら、ヤンゴンの中心部の商業地とはまったく違った雰囲気の店が並んでいました。店名や値札などもほとんど英語で、暗号みたいなミャンマーの数字はほとんど使われていませんでした。

このモールは線路脇の不規則な三角形の敷地に建てられたせいもあって、1階の奥にミニシアターという不思議な配置でした。そこではなぜか「アバター3D」が上映中でした。また最上階の奥には「i TAB」という店名のアップルストアがあったのには驚かされました。アップルの専門店の経営が成り立つだけの富裕層がいるという証拠ですが、先ほどのレクサスといい、いったいどんな仕事の人たちが顧客なのか知りたくなりました。



2012myanmar20

 ちょっと歩き疲れましたので映画を観て休憩することに。

ヤンゴンの映画館はスーレーパゴダの北側に集まっているみたいでしたが、人口600万にしてみると少な過ぎる気がしました。かつてはもっとたくさんあったのかもですが、インド製やタイ製の違法コピーのDVDのせいで消えていったのかもしれません。意味がわかりそうなハリウッド作品は「ジャーニー2」と「アンダーワールド4」の2本だけでしたので、ドウェイン・ジョンソン主演の前者にしてみました。

料金は600、800、1000チャットの3つのカテゴリーでしたが、ネパールと同じ構図だろうといちばん安いスクリーンに近い600の席を購入しました。この映画は2008年の「センター・オブ・ジ・アース」の続編らしいのですが、面白く無かったのは前作を観ていなかったからではありません。CGはわりと良くできているのですが、映画の完成度が低過ぎたのです。魅力が無い出演者たちによりこれまで何度か見たことがあるような展開が続き、タイトルバックが流れた時には「マレーシアで200円で観なくて良かった…」と思わせてくれました。しかしオスカー俳優のマイケル・ケインはなぜこんな駄作に出演したんでしょう?(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/29(水) 23:59)

 タイから快適なフライトでミャンマーの空港に到着して驚いたことは…
2012myanmar1

 1時間ちょいのフライトでミャンマーに到着しました。

隣の国ですから物理的に近いのですが、私にとってはビザが必要な国なのでこれまで遠い国でした。しかし評判が悪かった強制両替の必要もなくなり、最近は日本の経済界でも次の投資先や工場の進出先として注目が集まっていますので変化する前の様子を見ておこうと初上陸してみることにしたのです。バンコクからエアアジアの直行便があったのも理由です。バンコク~ヤンゴン~クアラルンプールと飛べば楽ですし、その総額は1万円以下で収まりましたからね。

ほぼ満員の飛行機はヤンゴン国際空港に着いて、私はカトマンズのような小さな空港にタラップで降り立つものだと予想していました。しかしボーディングブリッジで寺社のような金色に輝くデコレーションされた立派な空港への楽な平行移動でしたので驚かされました。イミグレーションに向かって歩いていたらガラス越しに次のフライトを待つ欧米人旅行者たちの姿が見え、その中の数人がノートPCをいじっていましたので「もしかしたら…」とiPod touchでチェックしてみたら無料のWi-Fiが飛んでいました!

イミグレーションの女性は自然な笑顔で接してくれましたし、荷物の検査も無くて外に出てもしつこい客引きはありませんでした。観光案内所のお姉さんも親切で、「ネットで見た51番のバスで市内に行きたい」と伝えたら、そのバス停があるマーケットまでのピックアップを改造した近距離用の車の場所を詳しく教えてくれました。ちなみに私は父からもらったミャンマーの通貨を持っていたので問題なかったのですが、案内所で一緒だったイギリス人旅行者はとりあえずヤンゴンまでの移動費として2ドルだけ案内所で両替してもらっていました。「バス代くらいなら安いから私が払うけど…」と言ったのですが、初対面だったので怪しまれたみたいです。



2012myanmar2

 マーケットから乗り込んだ日本製のバスは満員でした。

場違いな2人の旅行者は他の乗客からの注目の的でしたが、しばらく走って席が空いた時に「どうぞ」と親切にジェスチャーですすめてくれました。おかげでいちばん前の見晴らしが良い席に座ることがのですが、iPod touchの地図で現在地を確認していたら隣の女性が通りの名前や目印を教えてくれましたので助かりました。初めての街は地図や目印になるものが頭に入っていないので降りるべき場所を通り過ぎたりしますからね。

なぜバスが日本製かとわかったかというと、「お降りになる場合は押してください」という日本語の表示が残っていたからでした。おそらくどこかの街で走っていた市バスが中古市場に流れて、はるばる海を越えてミャンマーまでやってきたのでしょう。運転手の後ろにはパンクに備えてスペアが置かれていたりして雰囲気は日本とはかけ離れていましたが、車体の外側には「JAPAN KIMUCHI RAMEN」というインスタント食品の広告があったので笑ってしまいました。



2012myanmar3

 心配してた宿はすんなりとチェックインできました。

バンコクのミャンマー大使館もスワンナプーム空港からの飛行機も欧米人旅行者たちでいっぱいでしたので、空港からタクシーでダイレクトに移動する彼らに先にチェックインされて空きが無いと高いホテルしか選択肢が無くなるかもと不安だったのです。最近はミャンマー政府も外貨獲得のために観光に力を入れているようですし、私のようにLCCで気軽に飛び回る旅行者もかなり増えているみたいですからね。

部屋に荷物を置いてとりあえずは手ぶらで街を歩いてみることにしたのですが、ミャンマーの元の首都ですから自動車は多いもののインドやネパールのようにクラクションをうるさく鳴らすようなドライバーがいないのでホッとしました。またヤンゴンはバイクや自転車の通行は禁止されているみたいで、それが無い分だけ静かでスッキリとした感じがしました。

しばらく左右を見ながら歩いていたら屋台マニアにはたまらない、まだ味わったことが無いものがありましたので200チャット(約20円)を払って試してみることに。厚揚げみたいなものに野菜の千切りを詰めて甘辛いタレをかけたもので、付け合わせのオクラとの組み合わせもバッチリでした。名前はわかりませんが、ミャンマー最初の食事として文句なしでした。



2012myanmar4

 その後もローカルな屋台をいくつかハシゴしました。

300チャット(約30円)の冷たくて甘いゼリーのようなものに食パンを浮かせたデザートやスイカやパパイアなどのフルーツでしたが、乾燥しているためか小まめに水分補給する必要がありそうでした。宿からゆっくりあちこち見物しながら1時間ほど歩いたら街外れの船着き場に到着したのですが、川の色がいかにもアジア的でした。

ここから対岸の街まで5分ほどで渡ることができるみたいでしたので乗ってみようかとも考えたのですが、外国人は割高なドル払いになるみたいでしたので止めておきました。その船賃は1ドル程度らしいのですが、私は人種差別と思える外国人料金が大嫌いなので、よほどの緊急事態でも無ければ払わないことに決めているのです。



2012myanmar5

 わりと規模が大きそうなスーパーをチェックしてみました。

入り口で地元の人は万引き防止のためか荷物を預けていたようですが、私のMacBook Airが入ったバッグは小さめなためか、あるいは私が外国人だからか預ける必要はありませんでした。店内は品揃えがなかなか良かったのですが、ネパールのスーパーと同じように外国製品の比率が高いみたいでした。ミャンマーの人口は6000万人もいるので、もう少し国産比率は高いのかと予想していたのですけどね。

喉が渇いていたのでとりあえずいちばん安いミャンマー産のビールとお茶を買ってみたのですが、これはストロングタイプで炭酸も少なめでしたのでガッカリでした。キンキンに冷えていたのでそれなりに美味しく飲めたのですが、これが冷えて無かったら最悪だったことでしょう。まあ安いビールからスタートして、高いビールに移行してゆけば満足度も高まると思いますが…



2012myanmar6

 歩き疲れたので床屋で休憩することにしました。

私はいろんな国で髪を切っているのですが、ミャンマー人の髪質は日本人のものとほとんど同じでしょうし、屋台の値段から推測すると散髪代も安そうでしたので初日に切ってみることにしたのです。今回の渡航先では中国がいちばん安いというのはこれまでの経験からわかっていたのですが、上海では時間が無かったもので…

ヤンゴンは人口が多いわりには床屋は少ない感じでしたが、15分ほどぶらついていたら道に面した3席だけの良さそうな床屋がありましたので1000チャット(約100円)払って試してみることに。噛みタバコを噛みながら黙々と切ってくれたおじさんの腕は確かで、ミャンマーで切って正解だったようです。タイやマレーシアでは倍以上しますからね。ちなみにこの床屋では懐かしいMG5の製品を見かけました。缶の蓋に大きくJAPANと書いてあったのが印象でした。



2012myanmar7

 散髪を終えてスッキリとして歩き疲れも癒えました。

宿に戻る途中に何か珍しいものは無いかと屋台をチェックしてみたのですが、ミャンマーは位置的な関係からインド風なものから中華風のものまでたくさんのバラエティがありました。かつてはイギリスの植民地だった時代もありますので西欧風なものも見かけますが、最近は和風なものや韓国風のものも若い人に支持されているようでした。

夕方から活気が出てきた屋台をいろいろと見て回って、路上で焼いていたパリパリの薄いピザみたいなものとチャパティ風の甘いヤツを試してみて、最後はインド風なラッシーを飲んだのですが、合計で1100チャット(110円)でしたから安いですよね。ちなみに宿に戻る途中にウィスキーの小瓶でも買って帰ろうかと思いついたのですが、ボトルショップが見当たりませんでした。何か法規制があるためかもしれません。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/28(火) 23:59)

 バンコク最後の日に見て、食べて、そして観なかった映画は…
2012thai44

 ついにバンコク滞在も最後の日となりました。

今回は一度も雨に降られることもなく穏やかに過ごすことができたのですが、やはり昨年の10月に来たばかりでしたから新鮮さはありませんでした。自分でもちょっと贅沢な話だとは思うのですが、タイは4~5年に一度くらい遊びに来るのが良さそうです。しかし5年後のバンコクはますます東京化が進んでいて、たいして変わらなくなってるかもしれませんが。

1週間ほどお世話になった宿の人に別れを告げ、重くなった荷物を担いで街の中心部に向かうためにルンピニ公園を抜けていくことにしたのですが、昨年の10月にたくさんいたイグアナたちの姿がありませんでした。公園内は広いのでどこかに移動したのかもしれませんが、ちょっと心配になりますよね。池の向こうには建築中のビルが見えていますが、これからも公園の周辺にはどんどんビルが増えていきそうな感じですしね。



2012thai43

 最後のランチはサブウェイにするつもりでした。

昨晩に知り合った旅行者の方と世間話をしていて、タイのサブウェイのサンドイッチも野菜たっぷりと聞いて急に試してみたくなったのです。最近見た「がっちりマンデー」で日本のサブウェイがOLさんたちにマーケティングを行って焼きたてパンにたっぷり野菜のスタイルに変化したことを見て試してみようと考えていたのですが、日本では割安感が無いので足が向かなかったのです。しかしタイなら大丈夫だろうとサイアムセンター周辺で探したのですが、パラゴンに小さな店があっただけで、そこには割安な日替わりメニューが無かったのです。

それでKFCのライスコンボというのを試してみることにしたのですが、どこの支店でもペプシ付きで59バーツ(約153円)と割安感があったので選んだのです。しかし見本は皿に乗っているのに店内で食べると言っても持ち帰り容器っぽいものに入れるのは止めていただきたいものでしたが。まあチキンがクリスピーでオニオンとのマッチングも良くて美味しかったので全体的には悪くなかったのですけどね。


2012thai45

 今日はランチ後に映画を観る予定でした。

しかし100バーツで観れるメリル・ストリープがアカデミー主演女優賞を取った「鉄の女」は14時15分からの回がありませんでしたから予定が狂ってしまいました。「ジャックとジル」や「ゴーストライダー」の新作は街中では140バーツ(約364円)と割安感が無いのでミャンマーの小旅行の後のマレーシアで観れば良いと判断しました。両方とも3月中はやってると思いますし、仮に不入りで打ち切りになって見逃してしまっても惜しくない作品ですしね。(笑)

しかし今年のアカデミー賞は「The Artist」が5部門も取っていましたが、フランス人たちは大喜びしてるでしょう。ハリウッドにオマージュを捧げるような作品でしたので審査員たちが票を入れやすかったと思うのですが、私はそれほど高く評価できる映画じゃないと思います。力量がある監督が良い女優を使って撮ってたら、もっと面白くなっていたはずですからね。



2012thai40

 最近はめっきりトゥクトゥクが少なくなりました。

信号待ちする度に感じるのですが、かつて道路を埋め尽くしていたトゥクトゥクは絶滅危惧種状態になっていて、数年後にはバンコクでは博物館や民族レストランの内装くらいでしか見ることができなくなるかもです。私はトゥクトゥクには数回しか乗ったことがありませんので思い入れは無いのですが、昨年のインド旅行でムンバイの中心部から消え去っていたことを思い出して切ない気持ちになってしまいました。

それとは反対に最近増えていると感じるのはトゥクトゥクに似たオープンエアタイプのホテルやコンドミニアムの送迎車です。駅前から通りの奥に開発された物件まで単純に往復しているみたいで、買い物帰りの主婦の圧倒的な支持を得てるみたいです。この手のサービスが無いコンドミニアムは購入の決定権を持つ奥様たちに敬遠され、必然的にあちこちで導入されるようになったんじゃないかと推測しています。



2012thai39

 缶飲料のチャクザに新しい仲間が増えていました。

昨年タイの「OISHI」という会社が「茶」と「ヤクザ」を合体させた「チャクザ」という摩訶不思議な炭酸入り緑茶を発売したのですが、すぐに消え去ると思っていたら意外にも新フレーバーを追加していましたので驚きました。1本15バーツ(約39円)ですから試せない値段じゃないのですが、「こんなの飲むくらいなら…」とついつい25バーツ(約65円)の缶ビールを買ってしまうのです。

今回の缶のイラストもヤクザとは無関係に思えるのですが、タイの人たちのヤクザに対するイメージは日本人のものとは違うのかもしれません。タイに来る度に若年層の指向は欧米より日本や韓国を向いている割合が多くなっているように感じるのですが、今後もこんな変な商品が増え続けることでしょう。次回は女性キャラが増えていたりして…(笑)



2012thai46

 今回のタイ旅行について少し書いておきます。

街から屋台がほぼ消え去った香港やマカオからやってくるとバンコクはまだまだ屋台が元気でホッとするのですが、それでもトゥクトゥクが消え去ろうとしているように街は大きく変化し続けているのです。たとえば新しいショッピングモールにウォシュレットが完備されたりとか、20年前のバンコクしか知らない人がスワンナプームに降り立ってスカイトレインで20分程度で楽に中心部までアクセスしたら驚かれることでしょう。

左のはマカオ最終日に空港の観光案内所でいただいた「マカオぴあ」ですが、これも数年前に最初に貰った時は「こんなちゃんとした印刷物が無料だなんて…?」と驚かされました。右のはバンコクのハイソ系の高級紙で印刷されたフリーペーパーですが、エステや高級レストランの情報などが載っていて目が丸くなりました。

私はこれから空港に行って早朝の飛行機で初めてのミャンマーに飛ぶのですが、おそらく地元の人たちはインドの地方都市並みの生活レベルじゃないかと予想しています。大昔に初めてバンコクの喧噪の中に立った時のような感じがするのかもしれませんが、ミャンマー政府は最近は観光に力を入れているという話ですからスレている部分もあるのかもしれません。しかしネットで情報収集したらミャンマーのネット環境はスリランカ並みに貧弱みたいですし、中国並みに規制も多いみたいでブログの更新はできないかもしれません。10年後には笑い話になりそうですけど、2012年はそんな状況らしいですよ。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/27(月) 19:11)

 たまには贅沢も悪くないと試してみたMKのタイすきの味は…
2012thai33

 早いものでタイの滞在も残りわずかになりました。

いつもは屋台で30~40バーツほどの庶民的な料理を食べているのですが、メキシコで知り合って沖縄とバンコクで再会した方と最後くらいは贅沢しても悪くないんじゃないかと近所のMKレストランのタイすきの食べ放題を試してみることにしました。私は過去に何度かアラカルトで食べたことはあったのですが、食べ放題は初めてでした。しかしシステムは日本のどこかのレストランのものを参考にした感じで、399バーツの食べ放題のメニューの中から好きなものを指差して注文するだけでしたから簡単でした。

ソフトドリンクも食べ放題に含まれていたのですが、日本人的に「とりあえずビール!」と別料金のシンハを1本だけ注文しました。1回に7~8皿ほどの注文を3回ほど繰り返したら「もうこれ以上は美味しく食べることができなくなる」という満腹状態になりましたので、別腹のアイスクリームを注文して会計をしました。2人で960バーツほどでしたから、1人当たりは1250円ほどで満喫できたことになります。やはりタイは良い国ですね。



2012thai34

 食後にバスで郊外の展示会場に出かけました。

北部のインパクトホールという晴海のビッグサイトのような会場で今日まで「GREENISTA EXPO 2012」という環境関連のイベントをやってるという話でしたので、タイでの盛り上がり具合をチェックしに行ってみたのですが、小規模な会場で地味に行われていただけでした。ステージではゲストを交えてなにやら環境談義をされていたようなのですが、空席が多いのは話の内容が面白くないというだけじゃ無かったのでしょう。

タイは基本的に資源が豊富な若い国ですから、消費活動も盛んで環境意識の盛り上がりにも欠けているようなのです。展示ブースに出品されていたものもどこかで見たことがあるようなものだらけで、タイのオリジナルのアイデアといった感じのものは皆無でした。タイは今後も経済成長するでしょうし、カンボジアやミャンマーも手本とするはずですから、もっと頑張っていただきたいものなのですけどね。



2012thai35

 イベントの後で近所のモールに寄ってみました。

インパクトホールに向かうバスから見えたので3kmほど歩いて行ってみたのですが、残念ながら面白いものが見当たらなくて完全な無駄足でした。まあ先日は2つの商業施設が面白かったので、打率としては悪くはないのですけどね。このモールはセントラルによるセントラルのために開発されたものみたいでしたから、それなりの完成度でしかないのは当然なのでしょう。

しかしコンピュータ関連を地下に配置したり、セントラルのデパート部分を中央に持ってきたりする感覚は理解できませんでした。それほど古くはないモールですから、開発担当者は常識的な配置くらいは知っていて当然なはずですけどね。もしかしたら茶坊主のような社員が経営陣に変なことを耳打ちしたのかもしれませんが、消費者の利便性を損なうようなことを続けていると自分の首を絞めてしまいかねないはずですけどね。



2012thai36

 セントラルの吹き抜けから郊外の様子が見れました。

目の前には広大な空き地があり、このあたりが最近になって急速に都市化が進んだことを教えてくれていました。また4~5kmほど先には高層ビルが一直線に並んでいたのですが、これは役所の都市計画課が北に向かって延びる幹線道路沿いだけに高層住宅の着工許可を出したからなのでしょう。これと似た景色をどこかで見た記憶がありましたが、それはブラジルの環境都市と言われているクリチバでした。

都市化が進むバンコク郊外でも後世のために緑地を残す手法をマネしたんじゃないかと思えたのですが、そうであるとすれば交通網の整備も同時に行うべきだったのではと残念に思いました。私は独立記念塔のロータリーからここまでバスに乗ってきたのですが、電車からの乗り換えや混雑具合を考えるとそろそろ近代的なシステムに移行すべきだと思えたのです。



2012thai37

 モールの案内所で帰り方を聞いてみました。

厚化粧のお姉さんたちは英語はあまり理解していただけなかったのですが、私が紙に独立記念塔から166番に乗ってきたことを簡単なイラストで描いて「バンコクに帰りたいんだけど…」と言ったら同じ番号のバスに乗るように言われました。「なるほど166番は単純に郊外との間を1日に何度も往復している通勤者のためのラインなのか…」と解釈してモールの前から乗ってみたら、またインパクトホールに行ってその先の団地みたいな所が終点で降ろされてしまいました。

その団地群とインパクトホールとの間にはこんなアウトレットモールがあったのですが、面白い発見はできたものの帰りのバスがわからなくなったのには困りました。タクシーに乗るには遠過ぎる距離でしたのでインパクトホールまで歩いて戻ってみたら、イベント会場を結ぶブリッジの下にインパクトリンクというモーチット駅までダイレクトに走るミニバスのようなものがありましたので乗ってみました。モーチット駅までが30バーツ(約76円)、モーチット駅からクロントイ駅までの地下鉄が37バーツ(約92円)と高くついてしまったのですが、おかげで楽に宿まで帰ることができました。



2012thai38




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/26(日) 23:59)

 朝一番に行ってみたバンコク旅行フェアでいただいたものは…
2012thai30

 朝一番でバンコク旅行フェアに行ってみました。

フリーペーパーに2月23日から26日まで宿の近くのクイーンシリキット・ナショナルコンベンションセンターで開催されているという情報が載っていたので午後に新しいモールをチェックする前にちょうど良いと思えたのです。私はクアラルンプールでも旅行フェアに行ったことがあるのですが、タイ人たちの旅行熱の盛り上がり具合もどの程度のものか確認したかったですし、来週のミャンマー旅行やその先の中央アジアなどの情報も何か入手できるかもと期待したのです。

旅行フェアの入り口で会場の地図と水をいただいてあちこちのブースを見て回ったのですが、まだ午前中というのに多くの来場者で盛況でした。会場のいちばん北側に特設のジャパンゾーンとインドゾーンがあったのですが、日本ゾーンでは311後のマイナスを取り戻そうと各自治体の皆さんがアピールに精を出していらっしゃいましたが、お隣のインドゾーンは「どうせ暑い国から暑い国へは来ないだろう…」とあきらめているかもように静まり返っていました。

ジャパンゾーンには熊本県もブースを出していましたが、久しぶりにポスターなどでくまモンを見かけました。くまモンの団扇が飾ってあったので貰おうとしたら「もう無くなりました…」ですって。熊本県の担当者がタイの旅行熱を甘く推測して少量しか送っておかなかったのが悪いのでしょう。タイの皆さんはキャラクターが大好きですから、お堅い内容の観光パンフレットよりも裏面にポイントだけを箇条書きしたキャラクターグッズを配りまくる方が結果的には多くの集客に繋がると私は思いますが。



2012thai27

 これは東京堂書店で見かけた今月の新刊書です。

いちばん上はタイで働くビジネスマン向けの書籍で、下段はタイ語やバンコクのガイド本などが並んでいました。しかしいちばん売り上げ的に多そうなのは中段の夜のガイドブックかもしれません。最近のタイは経済成長して怪しい雰囲気のものは相対的に減っているみたいに見えるのですが、まだまだ東北から出稼ぎに来る娘たちも多いみたいです。円高と需要と供給のバランスで成り立っている夜の世界のことは門外漢の私にはわかりませんが、こんな雑誌が何種類も出ているということはかなりのものなのでしょう。

日本では草食系とか少子化とかが社会問題化していますが、こういった東南アジアの夜の街との関係を学術的に深く掘り下げている研究者の方がいらっしゃれば概要をお聞きしてみたいものです。なかなか面白い題材だと思うのですが、検索しても怪しい情報ばかりがヒットしそうですから、この世に存在してるとしても探し出すのはたいへんでしょうね。(笑)



2012thai31

 ランチは先日に続いて今日もうどんにしてみました。

昨年の10月16日にユニクロと同じ日にオープンしていた讃岐うどんの横井という店を先日の丸亀製麺と比較してみようと考えたのです。最寄りのプロンポン駅からはけっこうな距離があり、そんな辺鄙な場所で大丈夫なのかなと思ったら土曜日ということもあってなのか大盛況でした。

純粋なうどんの味を確認するために69バーツ(約179円)のぶっかけの並を注文してみたのですが、これがもう一杯お代わりしたくなるほどの美味しさでした。丸亀製麺より10バーツ高いのですが、こちらは冷たいお茶がセルフで飲み放題ですし、味も喉越しも勝っているので私は駅から遠くても横井で食べるべきだと思います。まあ軽食のうどんですから両店をハシゴして食べ比べしても良いのでしょうが。(笑)



2012thai26

 レインヒルという新しい商業施設に行ってみました。

プロンポン駅とトンロー駅の中間くらいにありましたが、少しセットバックして壁面緑化も施してありましたので良いランドマークになっていました。中央が吹き抜けになっていて馬蹄形に飲食店や雑貨店が並んでいるような構成で、地下は駐車場になっていました。1階の奥にマックスバリュの小型店があり、2階に丸亀製麺の支店があったのですが、ここもランチタイムということで10人ほどが外で並んで待っているような状態でした。

まだ工事中の所もあったりしたのですが、全体的なムードも悪くなくて認知度が高まれば順調に推移しそうな感じの商業施設でした。しかしトンロー駅の先のエカマイ駅前には「ジャパニーズ・ライフスタイルモール」をコンセプトにしたエカマイモールが完成間近ですので、もしかすると競合してしまって経営に行き詰まるテナントも出てくるかもです。



2012thai28

 これはアソックの駅前にできた大型商業施設です。

昨年の10月の時点で「TERMINAL 21」というサインの取り付け作業を行っていましたので、そろそろ開業しているだろうと行ってみたのです。大通りに面したこの場所はスクムビット駅との乗り換えにも便利な交通の要所ですから、私はビジネスマンやOLさん向けの都会派のテナントが入居するのだろうと予測していました。ところが実際は対象年齢が若いフェスティバルタイプのものになっていたので驚かされました。

各フロアが「ローマ」や「パリ」など都市のイメージで区分けされていて、「トーキョー」も日本人から見るとちょっとおかしなデザインが施されていて買い物客の皆さんがあちこちで記念撮影していました。最上階のシネコンのフロアはなぜか「ロサンゼルス」では無くて「ハリウッド」になっていましたが、アメリカ西海岸が遠い異国であるタイ人たち向けであれば仕方が無いでしょう。

私はこのモールは外観とネーミングからまったく期待していなかったのですが、けっこう細かい部分にまで配慮されていて感心させられました。まだ早いですが私がいつも勝手にランク付けしている「モール・オブ・ザ・イヤー」の候補に入れておきたいくらいでした。ちなみにタイでの1階の「トーキョー」のトイレに行ってみたら壁面はコスプレ画像だらけで、なんとウォシュレットがありました。高級モールのパラゴンやエンポリアムにも無かったと思いますが、これも時代ですよね。



2012thai29

 最後に新しくできたホテルを見に行きました。

世界中で「Wホテル」などを展開しているスターウッド・グループのわりと宿泊費が安い「aloft」という業態のホテルの1号店がナナ駅の北側にオープンしたとフリーペーパーで見かけたので、どんな場所を選んだのだろうと興味があったのです。さほど賑やかでは無い道を北上して、サインも見当たらなかったので「本当にこの先にあるんかいな…?」と疑問に思いながら歩き続けました。

通りの最後の方でそれっぽいデザインのビルが見えてきたのですが、ナナ駅方面にサインが無かったのは手前のビルに遮られて効果が無いと思ったからかもしれません。まあスターウッド系列のホテルに宿泊する欧米人旅行者はタクシーで乗り付けるはずですから問題は無いのでしょう。健康のためにジョギングする人はいても、私のように30度を超す中を歩き回る人は少ないですからね。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/02/25(土) 23:59)

 久しぶりのタイの朝マックの後に食べたランチ、観た映画は…
2012thai22

 今朝は久しぶりに朝マックをすることにしました。

上海や香港で粥を食べ損ねたので、早朝からMBKまでバスに乗って行って24時間営業のマクドナルドで29バーツ(約75円)の粥を食べることにしたのです。しかし誤算だったのは昨年と違ってコーヒーとの39バーツ(約101円)のセットが無くなっていてコーヒー代を29バーツも払う羽目になったことでした。おまけにMBKの店ではコーヒーのお代わりもできないということでしたので、もう二度と行かないことに決定!

朝食後に小一時間ほどのんびりとブログの文章を書いて過ごし、10時のMBKの開店時間になったので7階のシネコンに行ってみました。私の英語力でもなんとか理解できそうなアダム・サンドラーが男女の双子を演じるコメディの「ジャックとジル」や「ゴーストライダー」の新作をやっていましたので観ようかと思ったら上映まで時間があり過ぎたのと、値段が140バーツ(約364円)と高過ぎたので止めておきました。クアラルンプールで午前中の回か水曜に観ればバンコクの半額ほどですし、マレーシア滞在は長くなるかもですので観る映画を残しておかなきゃですしね。



2012thai20

 MBKの後はサイアムセンターなどを歩き回りました。

今日は午前中の回の映画を観た後に何か和風のランチをと考えていたのですが、計画が狂ったのでちょっと早めに軽く食べておくことにしました。伊勢丹の正面のビッグCに丸亀製麺の支店ができたみたいですから、初めてのチェーン店の讃岐うどんを試してみることにしました。ちなみに丸亀製麺は全国のイオンのモールなどでさんざん見かけてはいたのですが、日本では割安感が無いので食べたことは無かったのです。

タイではぶっかけやおろしうどんが59バーツ(約153円)からありましたので、日本語を少しだけ理解できる店員に「おろし、小さいの、冷たいうどんで…」とゆっくり伝えたら30秒くらいで目の前に出てきました。レジでのマニュアル通りのドリンクのセールストークを途中で「ノー・サンキュー」と遮って会計を済ませ、無料のネギと揚げ玉、おろし生姜などを乗せたら見た目がちょっと豪華になりました。うどんは腰があって普通に美味しく、「なるほど、日本で店舗数を急速に増やせるはずだな…」と納得できました。



2012thai21

 ランチの後にビッグCで少し買い物しました。

それからアマリンプラザの東京堂という日本書店に行ってみようと思ったのですが、アップル関係のオシャレなグッズ屋に変わっていました。またバンコクの時代の変化を感じさせられたのですが、私のお気に入りの単館ロードショーの劇場であるスカラ座だけは残していただきたいものです。アマリンプラザの後で東のレイン・ヒルという商業施設に行こうかとも思ったのですが、それは明日にでも先送りして、気怠い午後のひとときは今日もスカラ座で優雅に過ごすことにしました。

私は3日前にもスカラ座でジョージ・クルーニー主演の「The Descendants」を観たのですが、今日は異色的なモノクロのサイレント映画の「The Artist」をやっていましたので見逃す手は無かったのです。無声映画ですから英語力はほとんど必要ないでしょうし、モノクロのノスタルジックな雰囲気はレトロなスカラ座にピッタリでしたしね。料金も100バーツ(約260円)と割安感がありましたし、座席もゆっくりしていてクーラーも強過ぎていないので快適でした。

長い予告編と国王をリスペクトするための短編の後に重厚な雰囲気で本編がスタートしたのですが、1930年前後の雰囲気をよく現していましたし、話題になっていた犬の演技も悪くありませんでした。これは面白くなりそうと期待したのですが、ヒロインの登場あたりから「この人でストーリーを進めちゃうわけ…?」とキャスティングした人の眼力を疑ってしまうことに。大不況、サイレントからトーキーへと時代が変化して主人公たちにドラマが起きるのですが、「力量がある監督が撮ったらもう少しマシだっただろうに…」と残念に思いました。この映画を作ったフランス人たちの意欲や努力は高く評価すべきものだと思うのですが、全体的に俯瞰して見ると物足りないのです。また犬の演技をアカデミー賞ものだと褒めていた人がいましたが、ラジー賞の方が相応しいと私は思います。



2012thai24

 時間があったので新しくなったZENに寄ってみました。

政治対立のデモで窓ガラスが割られたりした気の毒なデパートでしたが、壁面の補修だけですぐに営業再開した伊勢丹とは違ってデパート内のリノベーションまでやったので時間がかかったみたいです。外見は特に大きな変化は無いみたいでしたし、3日前に1階部分を通り抜けた時も「これで全面改装したの…?」と疑問に感じるほどでしたから、上の階までチェックしなくてもいいかなと思ったのです。

しかし信号待ちの時にゲイソンプラザ側から見ていたらペデストリアンデッキからZENの3階部分に歩いてる人影が見えましたので、何か工夫されているのかもとチェックしてみたのです。しかし「FLY NOW Ⅲ」などのようなタイの旬のブランドを揃えてはいたものの、モールマニアの私からしてみると老婆心から「もっと頑張らないと郊外店に負けちゃうよ!」と言いたくなるレベルのものでした。



2012thai25

 今日は明るいうちに宿に戻ることにしました。

その途中にこんな店を見かけたのですが、昨年ブログにアップした同じ名前の居酒屋とは無関係なのでしょう。この近くには「JAPAN」と大きく書かれたクレープの屋台があったりしますが、最近の日本の情けないニュースを見ていると過大評価されているようでちょっと恥ずかしくなります。

まあ温暖な気候の東南アジアの皆さんが涼しくて奇麗なイメージがある北海道に憧れるのは理解できますし、北海道経済のためにもそれを守っていくことは大事だと思います。私も1月末に久しぶりに北海道に行ってみて「やっぱり良い所だな…」と再認識したのですが、同時に多くの問題点にも気がつきました。平均的なタイ人の収入からしてみると「北海道は良さそうだけど高くて…」と敬遠されると思います。北海道観光に携わっていらっしゃる方たちは外国人目線で自分たちの取り組みを見直していただきたいものです。



2012thai23

 宿に戻る途中でまたアイスを買ってしまいました。

お腹まわりの肉をつまんで「アイスは1日2個、ビールは1日1本!」と決めていたのですが、タイの強い日差しの前では誘惑に勝てる人の方が少ないと思います。普通のコンビニに売ってるアイスならほとんどの種類を食べ尽していますので我慢できたかもしれませんが、アイス売りのおじさんが押していたカートに大好物のアイス最中風のイラストがあったので衝動的に呼び止めてしまいました。

「品切れだったら良いのに…」と思いながらイラストを指差したら、おじさんがニッコリ頷いて差し出してくれたので買わないわけにはいきません。10バーツ(約26円)払ってパッケージから取り出し、おじさんと一緒に撮ろうとしたらもう消え去った後でした。味の方は最中の質感が期待したレベルじゃありませんでしたが、サイズが小さめで悪くありませんでした。罪悪感を少しだけ軽減することができましたからね。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/24(金) 23:59)

 午前中は宿でのんびり過ごして、午後から出かけて食べたものは…
2012thai13

 今日は午後にミャンマービザを受け取る日でした。

ミャンマー大使館の都合で受け取りが中途半端な時間に設定されていましたので映画に出かけることもできませんでしたので、本日の午前中は宿でのんびり過ごすことにしました。日本を2月15日に出発してから慌ただしい日が続いていましたので、1日くらいは怠惰に過ごすのも悪くないですからね。宿で更新が遅れ気味のブログの文章を書いていただけでも昼には日本と2時間の時差があることもあって空腹になりましたので、タニヤ方面に出かけてランチを食べることにしました。

ドイツ大使館のあたりから曲がってみた路地に上手い具合に飲食店の屋台が20軒ほど並んだフードコートみたいなのがありましたので珍しい料理がないかと探してみたら、炒麺を玉子でくるんだようなオムそば風の一品がありましたので35バーツ(約91円)のイカ入りをオーダーしてみました。付け合わせは自分でバナナのつぼみや青ネギなどを好みで添えているようでしたので、私もマネしてみました。具材のコンビネーションも良くて文句なしに美味しかったのですが、バナナのつぼみはちょっと渋味があって合わないように思えました。まだ私の修行が足りないせいかもしれませんが…(笑)



2012thai14


 食後にアイスを食べながらタニヤ通りを歩きました。

ここらを日本人旅行者が歩いていると、半裸のタイ人女性がサービスしている画像を見せて客引きする連中が多くてうんざりさせられることが多いのです。せめて陽が暮れてからだけにしてくれるとありがたいのですが、客引きたちもタイの洪水の影響で旅行者が減っていて大変なのかもしれませんけどね。

客引きの姿が無くなった頃にこんな店名の電気屋を見かけたのですが、タイ人たちの日本製品に対する信頼と憧れからのものなのでしょう。しかし東京の秋葉原じゃ最近は日本製のものより中国製などの輸入品の方が多く売られている感じがするのですけどね。政府の無策により円高傾向が続いているのでソニーやパナソニックも大変なのでしょうが、かつてのウォークマンのような革新的な商品を作らなくなったことが日本の家電メーカーの首を絞めているのでしょう。日本企業の経営者たちが「やってみなはれ」と言わなくなって、保身ばかりを考えていることが日本をダメにしているのでしょう。



2012thai15

 炎天下を歩いていたら頭がクラクラしてきました。

クーラーが効いているコンビニに入ってゆっくりアイスを選んで食べてみたのですが、容赦ない南国の太陽の下では効果は10分ともたない感じでした。それでまったく興味は無かったのですが、シーロムギャラリアという宝飾品関係とアートギャラリーが入居している商業ビルに逃げ込んでベンチで休憩させてもらうことにしました。本当は冷えたビールでも購入して飲みたい感じでしたが、「それはパスポートを受け取ってから!」と自分に言い聞かせました。

程よいクーラーのおかげでiPod touchのカレンダーの入力中に寝てしまったのですが、10分ほどで目覚めたら体力も回復していました。それで地下に降りてアートギャラリーの作品を見て回ったのですが、タイですからこんな作品もディスプレイされていました。若い頃に仏教修行された時の国王が描かれているのでしょうが、なかなか良いですよね。アート好きな友人にプレゼントしたら喜ばれるかもですが、値段を聞くまでもなく私には手が出ないレベルなのでしょう。(笑)



2012thai16

 これは先日オープンしたばかりの商業施設です。

バンコクのフリーペーパーに「バンコクの新名所がオープン」と書いてあったので行ってみたのですが、まだ工事中の部分が多くて全体の3割くらいが営業しているような感じでした。「ASIATIQUE The Riverfront」という名前が象徴するようにチャオプラヤー川に面して開発されていて、4月頃に全面的にオープンしたらそれなり話題になって流行るかもしれません。

ちなみにこの商業施設には牛丼のすき家が進出していましたが、いちばん安いのは69バーツ(約179円)と手が出ない値段ではありませんでした。牛丼なら注文したらすぐ出てくるので試してみようかとも思ったのですが、4日前にマカオで牛丼とうな丼のセットを食べたことを思い出して止めておきました。タイ飯なら30~40バーツで美味しいものを食べることができますしね。



2012thai17

 少し遅れてミャンマー大使館に到着しました。

ASIATIQUEという商業施設が予想していた場所より遠かったので時間配分を間違えたのですが、遅れていったのが幸いして長い行列に並ぶことなく受け取ることができました。こんなハンコとサインのためになぜ810バーツと2日もの日数が必要なのか理解に苦しみましたが、これでクーデターでも起きない限りは初めてのヤンゴン滞在を満喫できそうです。

ちなみにミャンマーは数年前に日本人ジャーナリストが亡くなったことから危険な国と思っていらっしゃる方も少なくないのでしょうが、基本的には安全な部類に入る国だと思います。旅行者間の評判も良くて私は以前から何度も行こうと考えていたのですが、25ドルもかかるビザ取得が面倒なので先延ばしにしてきたのです。しかし中国やベトナムなどの人件費が高騰してきたために日本企業が生産現場としてミャンマーを真剣に検討しはじめているとのニュースを見て、雰囲気が荒れる前に自分の目で見ておかねばと考えたのです。



2012thai18

 無事にビザも取れたので祝杯をあげることにしました。

いつもは25バーツ(約65円)ほどの330mlの缶ビールを飲んでいるのですが、今日は炎天下を歩いて汗をかきまくったので40バーツ(約104円)の大瓶を買ってしまいました。「RED HORSE」という聞いたこともない銘柄でしたが、有名なサンミゲルの工場で作っている製品みたいでした。味はごく普通でしたが、アルコール度数を人工的に高めにした低所得者層向けのブランドなのかもしれません。

ちなみにタイの1バーツは約2、6円なのですが、地元の感覚では1バーツ=10円というのがしっくりくるように思えます。つまり30バーツの炒飯は300円で、40バーツのビールは400円といった感じです。そう考えると3駅ほど乗るだけのために20バーツもかかる地下鉄や69バーツの牛丼はタイの庶民感覚では高過ぎますよね。私も大瓶のビールは飲まないようにしなきゃ…(笑)



2012thai19

 夕食は近場の屋台で食べることにしました。

メキシコで知り合った人と1月に行った沖縄旅行で再会したのですが、偶然にも同じ時期にバンコクに滞在されていたので夕食をご一緒することにしたのです。最近はメールで簡単にやりとりできるので楽ですが、テレックスの時代だったら大変だったことでしょう。さすがに私もテレックスなんて映画などでしか見たことがない代物ですけどね。(笑)

数軒の屋台をチェックして中華風の麺類を出す屋台に決めたのですが、大根のスライスを煮たものが入っていて美味しゅうございました。小さい方で35バーツ(約91円)と少し高めでしたが満足できました。ちなみに私が部屋にiPod touchを忘れてきたのでiPhone 4で撮影してもらったものをメールに添付して送っていただいたのですが、さすがに画像がキレイです。私もiPhone 5が出たらSIMフリー版を買わなきゃ…




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/23(木) 23:59)

 タイ風の朝食を期待して初めて行ってみたイケアのレストランでは…
2012thai7

 私はおそらく日本一のイケア朝食マニアです。

これまで世界の半数以上のイケアのレストランで朝食を食べてきましたし、昨年に続いて今年もバンコクに立ち寄ったのは新規にイケアがオープンしたというのをネットの記事で見かけたからでもありました。マレーシアのイケアではアジアンな朝食がありましたので、イケアのバンナー店でもタイ風の朝食が出るかと期待して9時の無料シャトルバスに乗って行ってみたのですが、これが日本のイケアの99円の朝食と似たようなスクランブルエッグとソーセージといった欧米風のものでしたからガッカリでした。

値段も55バーツ(約143円)と割安感は無かったのですが、会計の時にイケアファミリーのカードを提示してみたらコーヒーの他に2ドリンクが無料という特典がありました。暑い国ですから水分補給が必要という判断でのサービスかもしれませんが、そんなことより値段を29バーツ程度に下げるか、タイ風の朝食を用意していただきたいものでした。

イケアのレストランは隣で工事中のメガバンナーという中国資本のショッピングモールと向き合っていたのですが、賑わった様子を演出したいためかエスカレーターには大勢の買い物客の書き割りが並べてありました。メガバンナーは5月5日にオープンする予定のようですが、イケア朝食マニアの私は同時にモールマニアでもありますので、完成後にまた訪れることになりそうです。次回はイケアのレストランでは40バーツだったスープとパンのセットを試してみようかな…



2012thai8

 イケアから戻るシャトルバスは貸切状態でした。

行きは10人ほどの乗客がいたのですが、朝食を食べてすぐに帰るのは私だけだったようです。朝の出勤の渋滞も終わったみたいでスムーズに来た時と同じBTSのウドゥムスック駅に戻ったのですが、その直前で見かけたセントラル系列のモールが気になりましたのでバイクタクシーに乗って行ってみました。わずか3~4kmの距離なのに50バーツ(約130円)もかかりましたが、おかげで3分ほどで簡単に到着できました。

モールマニアの私からしてみると工夫が足りないフツーのモールでしたので、20分ほどで主要部分を見終えてしまいました。せっかく50バーツも払って来たので最上階のシネコンで映画を観ることにしたのですが、内容は不明でしたが15分後に始まるデンゼル・ワシントン主演の「Safe House」という作品にしてみました。偶然の成り行きで元CIAの猛者とライアン・レイノルズ演じる経験が浅い若い局員が命を狙われながら逃避行するといったありがちなアクション映画でしたが、舞台が南アということで新鮮味がありましたので救われていました。日本で1000円の日に観ても後悔するレベルでしたが、こちらでは110バーツ(約286円)でしたから何とか我慢できました。ちなみにこの画像はタッチスクリーン式の券売機ですが、現金で払いたかったので結局は窓口で購入しました。



2012thai9

 映画を見終えたら14時を過ぎていました。

帰りもバイクタクシーに乗るのはもったいない感じでしたし、何も面白いものを見かけなかった大通りを歩くのも退屈そうでした。それでモール内でカギがかかっていないWi-Fiを見つけてiPod touchのGoogleマップで最短距離を検索してみたら、不規則な路地をクネクネと曲がって行く面白そうなルートがありましたので即決しました。そのルートへの入り口はイケアのバスも走る大通りに出る必要があったのですが、モールと住宅地を遮る鉄柵を乗り超えてドブ川沿いのタイトな路地を抜ければショートカットできましたので楽でした。

無駄吠えする住宅街の番犬を石で威嚇しながら歩いていたら、この地域の市場みたいな安普請の建物がありましたので遅いランチを食べることにしました。麺と具材とサイズを選ぶ方式でしたので、平たい米の麺で具材はミックスで30バーツ(約78円)の小さい方をと注文したら2分ほどで熱々のものが運ばれてきました。タイの屋台で不味いものに当たったことは無いのですが、今日も当然のように美味しくて満足できるものでした。まだタイに到着して2日目ということもあるのですが、タイは微笑みの国であると同時にB級グルメ天国でもあるので楽しませてもらっています。



2012thai10

 駅の手前の市場でフルーツジュースを購入しました。

いろんな種類のカットされたフルーツが入っているプラスチック製のカップの中から好みのものを選んでおばちゃんに手渡すと、それを氷とシロップと共にジューサーにかけてくれる仕組みで、どれも15バーツ(約39円)の均一料金でしたので嬉しくなりました。私はイチゴやキウイやニンジンが入ったものを選んだのでオレンジ色になったのですが、イチゴだけを選んだ前のお客さんのは当然ながら真っ赤でした。

キンキンに冷たくて一気には飲めないジュースを美味しくいただきながら、先週は最高気温が4度くらいの上海で温かい飲み物をありがたがって飲んでいたことを思い出して可笑しくなりました。iPod touchの世界の天気予報をチェックしてみたら、東京もまだ10度前後の日が続いているみたいで気の毒に思えました。バンコクの最高気温の35度前後は暑過ぎますので、朝晩の気温がいちばん快適なんですけどね。



2012thai11

 ウドゥムスック駅からトンロー駅まで電車に乗りました。

なぜ中途半端な何も無い駅で降りたかというと、紀伊国屋でいただいたフリーペーパーにカルフール撤退後にビッグCエクストラになった大型スーパーの隣にKビレッジという中規模な商業施設がオープンしているとの情報が載っていたからでした。それをチェックしてからビッグCでビールや食材を買い物して帰れば効率が良いと考えたわけです。

Kビレッジの周辺は日本人も多いエリアですし、最近の開発物件ですので少し期待していたのですが、それはあっさりと裏切られてしまいました。リンガーハットやCoCo壱番屋などの日系の飲食チェーン店やダイソーなどの物販を集めただけで、特に工夫されたものが見当たらなかったのです。「これじゃ撮影しておく気にさえならないな…」と肩を落としてビッグCに行こうとした時に少しだけ工夫した痕跡がある駐輪場がありましたので1枚だけこれを撮影しておきました。(笑)



2012thai12

 これはビッグCエクストラの西側の工事現場です。

Kビレッジの建設に触発されたのか、すぐ近くに別の商業施設らしきものが開発されていたのです。かつてビッグCがカルフールだった時代はこんなに商業施設の激戦地区になるとは想像できなかったのですが、周辺に高層のコンドミニアムが開発されたこともあって都心の将来有望なエリアとして再認識されたのかもしれません。ここにもKビレッジと同じような低層の物件が建設されていましたが、少しは工夫してモールマニアの私を満足させて欲しいものです。

バンコクではいくつもの商業施設の工事が進行中ですので、また近いうちに日本から飛んで来る必要がありそうです。今年は日本もLCC元年と言われていますので気軽に再訪することはできますが、エアアジアで飛ぶのもそろそろマンネリですから違う方法を試したいと思っています。例えば熊本空港から中国の南寧まで直行便ができたら乗ってみたいですし、南寧から陸路でベトナムを抜けるコースなどが面白そうですけどね。直行便が実現する場合は私がまだ乗ったことが無い中国南方航空になるとの噂でしたが、値段がLCCに比べてアホみたいに高いとあきらめざるを得ないのですけどね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/22(水) 23:59)

 早朝のスカイトレインでバンコクに降り立って手にしたものは…
2012thai1

 今朝は35バーツ払って空港から電車に乗りました。

昨年に着いた時と同じようにマカサンで降りて、他の通勤客たちと一緒に地下鉄に乗り換えようと歩いていたら地元のフリーペーパーを配っていましたので貰ってみました。すべてタイ語でしたので内容はほとんどわからないのですが、広告や映画など何か役に立つものがあるかもと思ったのです。スカイトレインとは違って景色を楽しむことができない地下鉄で紙面をチェックしてみたら、スペインのオレンジ祭りやタイの芸能人たちの話などが載っていただけで旅行者の私には役に立たないものばかりでしたのでガッカリでした。

また私を大いに落胆させたのが午後に伊勢丹の紀伊国屋で貰ったフリーペーパーの記事でした。なんと3月末までエアアジアでスワンナプーム空港に到着してエアアジアのカウンターで搭乗券を見せると通常は15バーツ(39円)~45バーツ(約117円)のチケットを10バーツ(約26円)で購入できるということだったのです。わずかな金額でしたが大損した気分にさせられました。



2012thai2

 いつもの宿に荷物だけ置いて、すぐに出かけました。

来週から初めてのミャンマー旅行の予定なのですが日本でビザを取るよりもタイの方が簡単そうでしたし、バンコクのミャンマー大使館は私がいつも宿泊させてもらっている所から歩いて行くことができたのでバンコクで取得することにしたのです。バンコクでのミャンマービザ取得をネット検索してみたら時間的な余裕はありそうでしたが、予想もしない祝日などがあったりすることを考えて早めに申請しておくことにしたのです。

大使館に向かう途中で1バーツ(約2、6円)払ってパスポートのコピーを取り、始業時間の9時ちょい過ぎに到着してみたら長い行列ができていました。旅行者から810バーツ(約2106円)も搾取するというのにヒドい仕打ちだとは思いましたが、民主国間の常識は通用しないというのは理解していますのであきらめざるを得ません。強制収容所に向かうかのように黙って列の最後に並んで大きな溜息をつきました。



2012thai3

 アホらしいビザの申請は1時間強かかりました。

これで安心ですから宿に戻ってのんびりしようかと考えたのですが、ビザ代で大半のバーツを使い果たしたので両替をしておかねばなりませんでした。上映中の映画のラインナップも知りたかったですし、スーパーで1週間ほどの滞在に必要な食材も買っておこうと考え直して出かけることにしたのです。

その途中にランチを食べることにしたのですが、安食堂の店頭の写真を見比べて青菜炒め的なものが食べたかったのでのコレを選んだのですが、ちょっとタイ風に甘めの味付けでしたがナンプラーや唐辛子などで調整して美味しくいただくことができました。見た目は屋台に毛が生えた程度の食堂でしたが、値段も30バーツ(約78円)と屋台並みでした。円高のおかげもあるのですが、やはりタイは良い国です。



2012thai4

 食後にナイトマーケットの跡地の横を通りました。

これはバンコクの日本大使館のすぐ近くから撮影したのですが、ジャングル化していて当時の面影は残していませんでした。経済発展しているタイのことですからルンピニ駅にも近い好立地をほっておくことは無いだろうと推測していたのですが、駅に近い部分で宗教関連のミニ公園のようなものが整備されていただけでした。跡地の向こう側のビル群の壁には日系企業の広告が見えていましたが、この跡地も日本企業により再開発されることになるのかもしれません。

世界的な不況の影響が大きかった上にバンコクを洪水が襲ったこともあって計画が遅れているのかもしれませんが、そのうちに木々は伐採されて基礎工事が始まることでしょう。数年後には新しいナイトマーケットを盛り込んだ「バンコクヒルズ」とか「ルンピニヒルズ」とかのネーミングの高層タワーと商業施設の複合ビルが出現するのではと予測しています。



2012thai5

 アメリカ大使館の先でコレを見かけました。

この工事現場の右のビルにはホームプラスというホームセンターが入居していて、その前にはモダンなデザインの高層ビルが建設中なのですが、今回のパークハイアットが入るらしいビルはウルトラモダンなデザインになるみたいです。壁に描かれていた完成予想のパースを文章で表現するのは難しいのですが、高層タワー部分から低層の商業施設部分にかけて布を被せたような感じなのです。完成すれば間違いなくバンコクの新しいランドマークとして広く知れ渡ることでしょう。

この高架路線が走る沿線には私が知っているだけで他に3つの大型の商業施設が開発中なのですが、そんなに作って大丈夫なのかと心配になります。昨年イケアが進出した郊外のバンナー地区などにもたくさん開発中みたいですし、いくら構成人口が若くて経済発展しているとはいっても限界はあるはずですからね。このビルは完成すれば美しいものになるでしょうが、工事が途中で止まったら醜悪なものになることでしょう。



2012thai6

 いつもの店で1万円を両替しておきました。

華僑系のおじいさんがゆっくり数えて出してきたのは3820バーツでしたから、今回も1バーツ2.6円で計算することにします。つまり100バーツの映画だったら260円ということになるのですが、数年前は300円と計算していたので円高に感謝せねばなりません。両替も済んだことですし単館の劇場の素晴らしい環境で観ることができるスカラに行ってみたら、ジョージ・クルーニーがオスカー候補になっている「The Descendants」が上映中でしたので観てみることに。100バーツ払って劇場に入ったらちょうどプミポン国王のために起立するタイミングでした。タイの映画館では必ず本編が始まる前に国王に敬意を払うために起立せねばならないようなのですが、私は外国人ですから無視しています。

日本では原題の「末裔」とかいう意味の単語では難し過ぎるので「ファミリー・ツリー」という意味不明なタイトルになるらしいのですが、ハワイの王族を先祖に持つジョージ・クルーニーの奥さんがスピードボートの事故で植物人間状態になって二人の娘たちと厳しい現実に向き合うことになるというシリアスだけどおかしさも感じるような不思議な作品でした。若い頃に2ヶ月ほどハワイに滞在したことがある私はジョージ・クルーニーが演じるマットが言うようにハワイがパラダイスでは無いことが理解できますし共感する部分も多い映画だったのですが、最後までジョージ・クルーニーはミスキャストだと思えて仕方がありませんでした。二人の娘を含めてその他のキャスティングは抜群だったのですけどね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/21(火) 23:59)

 コタイ地区に開発された新しいカジノは日本企業の将来を暗示するか…
2012nippon29

 レンタカーを返したので今日はバスと歩きです。

まずは昨年オープンしたらしいギャラクシーというカジノに行ってみることにしたのですが、真新しい無料のシャトルバスがガンガン走っていましたので簡単でした。無駄に広い正面玄関から入ると無駄にでかいカスケード型の噴水があり、田舎からやってきたと推測される中国人旅行者たちが記念撮影していました。特に面白い仕掛けやアトラクションも見当たりませんでしたので、右手のショッピングアーケードの裏にあったホテルオークラのロビーをチェックしてみました。

ギャラクシーホテルとはカジノを挟んだ反対側の約半分がオークラに割り当てられたスペースのようで、ロビーは「これだけしかないの?」と拍子抜けするコンパクトさでした。ロビーのインテリアはシックな和風モダンにまとめあげられていて評価はできるのですが、ショッピングアーケード側も正面玄関側もオークラらしさを感じることができなかったので残念でした。

おそらくギャラクシーホテル側のデザイナーがオークラや隣のバニヤンツリーホテルの要望を聞き入れなかったためでしょうが、この模型を見ればわかるようにありきたりのデザインで面白みに欠けていますので、「オークラのファサードは独自の和風のデザインが相応しいので承諾してもらえなければマカオへの出店は辞退させていただきます!」と強い姿勢で交渉すべきだったと思います。私の思い込みかもしれませんが最近の海外進出する日本企業は自分たちの意志を貫くという姿勢が欠けているように見えるのですが、このカジノがそれを暗示しているようにも思えてしまいました。



2012nippon294

 ギャラクシーから再びシャトルバスに乗りました。

(都合により続きは後ほどアップします)




2012nippon295




2012nippon296




2012nippon297




2012nippon29



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/20(月) 23:59)

 地平線の先の中国まで延びていそうな黒い壁の正体は…
2012nippon287

 今日はレンタカーでマカオを走りました。

(都合により続きは後ほどアップします)




2012nippon288




2012nippon289




2012nippon290




2012nippon291




2012nippon292




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/19(日) 23:59)

 香港からマカオへ2種類のフェリーで出かける前に見たものは…
2012nippon281

 今日は香港からマカオへの移動することにしました。


(都合により続きは後ほどアップします)



2012nippon282




2012nippon283




2012nippon284




2012nippon285




2012nippon286





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/18(土) 23:59)

 上海からの夜行列車で久しぶりに香港に到着して最初に食べたものは…
2012nippon277

 上海からの夜行列車は1時間ほど遅れました。

久しぶりに香港に到着して最初に食べたものは25香港ドル(約250円)のエビのワンタンヌードルでしたが、期待していた通りの美味しさでした。

(都合により続きは後ほどアップします)



2012nippon278




2012nippon279




2012nippon280




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/17(金) 23:59)

 上海の街を半日観光してから夜行列車で出かけた先は…
2012nippon275

 昨年の10月ぶりの上海はさほど変わっていませんでした。

(都合により続きは後ほどアップします)




2012nippon276




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/16(木) 23:59)

 初めての佐賀空港から片道9500円の春秋航空で出かけた先は…
2012nippon272

 朝早くからレンタカーで熊本を出発しました。

初めての佐賀空港は予想していた通りに何もないエリアにひっそりと建っていました。小さな空港でしたから移動距離は成田の10分の1くらいで楽に春秋航空の飛行機に乗り込むことができました。

(都合により続きは後ほどアップします)




2012nippon273



2012nippon274



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/15(水) 23:59)

 明日から避寒旅行なのにJRで福岡県の大牟田まで出かけた理由は…
2012nippon270

 明日からアジアに避寒旅行に出かける予定です。

それなのにJRで福岡県の大牟田まで出かけたのは、何とレンタカーを借りるためでした。佐賀空港まで送ってくれる予定だった人が急に都合が悪くなっちゃいましたので、乗り捨て料がかからないという理由で大牟田まで借りに行ったのです。大牟田までの運賃の820円とガソリン代を考えてもアホらしい乗り捨て料を払うより安かったのです。

レンタカーを借りて小雨の中を出かけたのは、わずか3年で経営破綻したネイブルランドという観光施設の跡地に昨年の3月18日にオープンしたというイオンモール大牟田でした。大牟田はたいした人口では無いのにシネコンもありましたし、全体的なバランスも良くて楽しめました。ちなみに広大なネイブルランドの跡地には大牟田市が帝京大学に無償譲渡することが決まったみたいです。



2012nippon271

 明日は出国前にハンバーガーを試すつもりでした。

昨年の12月15日に六本木ヒルズのマクドナルドで「ビッグアメリカンシリーズ」第一弾のグランドキャニオンバーガーをドリンクとポテトのセットで500円で試したのですが、日本を発つ前に第二弾のラスベガスバーガーを食べておこうと考えたのです。しかし北海道で貰ったクーポンをチェックしてみたら朝マックの提供が終了する10:30以降にしかクーポンは使えないということでした。

その時間には空港でレンタカーを返さなきゃならないので、見事にタイミングが合わなかったのです。それでは今晩の夕食にでもと思ったら、ラスベガスバーガーはなぜか熊本と大分では販売されていないということでした。まあどうしても食べたいというわけじゃなかったのですが、他の国じゃ試せないシリーズでしたから残念でした。



2012nippon269

 2月14日は世間ではバレンタインデーみたいですね。

それで熊本では有名な焼酎の会社の広告もこんな感じになっていたのですが、バレンタインデーにコレを贈るのって正解なんでしょうか。焼酎好きな人がこれを貰ったら単純に喜ぶでしょうが、キュンとはしないと思いますよ。くまモンは男性にもファンは多いと思うのですが、焼酎のファンとは重なる部分が少なそうな気がします。

さて今日はブログやネットでの情報収集を早めに終了して、明日のために荷造りをしなくちゃなりません。まあ荷造りといってもLCCで無料で持って行けるのは7kgまでですから悩まなくて良いので簡単なんですけどね。今回はタイやマレーシアの後は行き先を決めていないので、持って行く通貨の種類を少し悩んでしまいましたが。もうひとつ悩ましいのは中国で自分のブログにアクセスできないだろうということです。日課を邪魔されるのってムカつきますからね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/14(火) 21:03)

 明後日から避寒旅行に出かける前に済ませておいたことは…
2012nippon267

 明後日からアジアに避寒旅行に出かける予定です。

その前に済ませておいたことは、猫砂など消耗品の補充でした。以前はサンコーのペット&グリーンなどのホームセンターで購入していたのですが、国道3号線沿いの北熊本駅を過ぎたあたりにトライアルができましたので便利です。トライアルは福岡本社の24時間営業のスーパーセンターですから、道路が空いてる深夜や早朝に行くことができますのでね。

プライベートブランド商品が安いのですが、このPB猫砂も239円に値下げされていましたので助かりました。こういった消費期限が無い商品は多めに購入しておいても問題ないのですが、たくさん買うと運ぶのに苦労させられます。猫たちが自分で運んでくれると助かるんですけどね~。(笑)



2012nippon266

 2月19日の市民マラソンまで1週間となりました。

熊本市は73万人程度の都市で、熊本県の人口は181万人くらいです。今回のは熊本市が政令指定都市になることを記念して初開催されるものみたいですが、主に物好きな熊本市民が参加するのでしょう。フルマラソンを走った後に遠くまで帰るのはキビシイでしょうしね。

たしか1万人程度の参加者の市民マラソンですから、熊本市の100人に1人くらいが参加するといった感じでしょうか。それで各局のローカルニュースで大きく取り上げているのですが、ほとんどのスポーツに興味が無い私には迷惑なものです。開催日には日本にはいないはずですので交通規制などによる実害は無いのですけどね。



2012nippon268

 4月の新番組を2月というのに告知していました。

テレビ朝日系列のKABの「KUMAMOTO POWER STATION」、通称は「くまパワ」という夕方のニュースの新番組みたいですが、字数からくまモンに影響を受けたネーミングのような感じがしました。現在の視聴率が低そうな「ニューストレイン」という番組を梃入れするのでしょうが、KABはピンクの宇宙人風のイメージキャラクターから推測できるように体質がヌルそうですからダメかもしれません。

夕方の時間帯は熊本の民放各社は東京のキー局から送られてくるものをそのまま配信してるだけで、汗をかいてる感じがまったくしませんからね。語感的に「くまパワ」より「くまポワ」という名前の方がピッタリなんじゃないでしょうか。ちなみにオウム用語の「ポア」じゃないですよ。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/13(月) 23:59)

 避寒旅行に出かける前に閉塞感が漂う日本の政治に望みたいものは…
2012nippon263

 避寒旅行に出かける日が近づいてきました。

どんよりとした閉塞感が漂っている日本ですが、税金の有効な使い方とは到底思えない復興庁が作られたりしていてイヤな気分にさせられます。誤解を避けるために書いておきますが、私も被災地には2度行きましたし復興は緊急課題だと思います。そのためには東北をひとつの州にして権限と財源を渡して、特区構想なども国のしばりを外して自由に推進してもらうのが一番だと考えているのです。その場合の州都は仙台で、空港の規模を拡大してLCCの東北のハブを目指すべきだと思います。

道州制は北海道や東北を先進地域として地域的にまとまりやすい地域から順に進めていけば良いと思うのですが、九州の場合は一般常識では州都は福岡で決まりでしょう。まあ九州新幹線も開業したことですし、九州の人口の中心や他国の遷都の例などを参考にするなら鳥栖や久留米あたりというのも考えられると思います。これは熊本県庁の横に昔からありそうな自民党の熊本支部のビルですが、玄関の上に「めざせ!九州の州都・熊本」とアホなことが書いてありました。

昨年の3月に九州新幹線が開業して、今年は4月に全国20番目の政令指定都市になった後のめぼしい話題に欠ける熊本では県民に州都になれるという夢を見せようとしているようですが、その可能性は限りなく低いので私は政治に関わって給与を貰っている人たちは慎むべきだと思います。どうしても「熊本を州都に」と推進したい人は政治から足を洗ってNPOでも作って勝手にやれば良いでしょう。それは強力なライバルが多くて可能性が少ないオリンピック誘致とも共通することでしょう。どこも財源が逼迫しているわけですから、貴重な税金はこれまで以上に有効に使わなければならない時代ですからね。



2012nippon265

 これは今日のたかじんの番組の冒頭部分です。

先週までは録画で元気に出演されていましたが、今週からしばらく療養されるということで「委員長なしでも委員会 ニッポンの危機管理スペシャル」というタイトルで辛坊治郎氏が頑張って司会をこなしていらっしゃっいました。今日の放送はテーマが危機管理で、たかじん氏が以前にギャグでスタジオで倒れた部分を使っていました。番組の前半は軍事ジャーナリストの井上和彦氏が情けない防衛大臣の元での日本の防衛のダメな部分について狂信的に熱く語っていらっしゃいました。

後半は東京大学教授のロバート・ゲラー氏らをゲストに日本の防災について討議されたのですが、琉球大学名誉教授の木村政昭氏が地質学的な見地から推測すると30年以内には関東や東海エリアでの大規模災害は発生しないのではという発言はインパクトがありました。地震予知は不可能というのが持論のロバート・ゲラー氏も地震予知研究に税金を使うのは無駄と今日も強調されていました。

もちろんお二人ともいつかは日本の主要都市を大地震が襲うことはあり得るとの共通認識で、都市防災の重要性も感じていらっしゃるようでした。もちろん学者さんたちですから都市防災の具体論については言及されていませんでしたが、ゲストの志方俊之氏あたりは311後の自衛隊員たちの頑張りをアピールして国防費を増やしたいとの野望を発言ににじませていらっしゃいました。

私はタカ派の論理が支持されてブラックボックスの軍事費が増大してゆくことは危惧しているのですが、都市防災の重要性が増していることは認識していますので、道州制の導入と共に自衛隊の組織を国防と災害救助などに分けて再編すべきだと考えています。イメージとしては国は国防だけに集中して、それぞれの州が防災組織を持って大地震や台風などの自然災害に対応するという感じです。災害発生時にはそれぞれの州の防災組織が相互に補完しあうような関係が望ましいと思います。



2012nippon264

 今朝の新聞にこんな広告が載っていました。

大阪の維新の会に改革派のお株を奪われて最近はめっきり露出が減っている志が低そうな政党の候補者公募の広告でしたが、「増税の前にやるべきことがある!」というのは官僚やマリオネット総理とその茶坊主以外は日本中の皆さん同意できる話でしょう。ただこの世襲議員の作り笑顔は「福田や安倍たちも総理になれたんだから俺だって…」といった薄汚れた野望が透けて見える感じがしますので不快です。

国の借金が増え続けているというのに、ゼネコンと仲良しの政治家や官僚は議員定数や公務員給与の削減を含めて支出を絞る気が無いのにはほとほと呆れてしまいます。日本の2大政党が自ら襟を正すということは期待できませんから、次の選挙ではついに政界再編が進みそうですが、この人がこんな笑顔でいられるような結果には ならないと私は思います。(笑)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/12(日) 23:59)

 現在はこの場所から見えるダイエーのサインが見えなくなる理由は…
2012nippon259

 これは熊本学園大学の前の駐車場のゲートです。

ヤボ用で郊外に出かけた帰りに通ったので撮影しておいたのですが、それは今朝の新聞にこのJT工場の跡地が70億円ほどで広島のイズミに売却されて再開発されることになりそうとの記事が載っていたからでした。まだ計画段階らしいのですが、おそらく現在の「ジョイフルタウン大江」という低層の飲食店や住宅展示場を撤去させて都市型のゆめタウンが作られることになるでしょうからね。変化する前の周辺の様子を1枚押さえておくことにしたのですが、この駐車場のゲートの先には大江のダイエーのサインが小さく見えていました。

直線距離で1kmほどしか離れていませんし遮る高い建物がありませんから見えるのは当然なのですが、もしもこの場所にゆめタウンが開発されてしまったら見えなくなってしまうことでしょう。それはここに建物が建ってしまうと物理的に見えなくなるということもあるのですが、こんな近い場所に新築の大型商業施設が殴り込んできちゃったら老朽化してるダイエーは撤退を余儀なくされるだろうというのが私の予想なのです。



2012nippon260

 これは土曜日の午前中のローカル情報番組です。

テレビ朝日系列のKABの「駅前TVサタブラ」という番組なのですが、最近オープンした飲食店や週末に開催されるイベントの情報を紹介したりしてくれますので録画しているのです。1時間強の番組ですが、MCのくだらない喋りの部分を早送りすれば数分で見終えることができますので便利ですからね。

この番組では「告知にきなっせ」というコーナーがあるのですが、無料でイベントの告知ができるみたいですからイベント開催者なら利用価値は高そうです。今朝は小学生たちがハッピを着て初々しく告知をしていたのですが、やはりポスターにはくまモンが描かれていました。かなりデフォルメされていましたが、これは熊本県の認可は得ていないんだろうなぁ…(笑)



2012nippon261

 2月21日にはこんなイベントが開催されます。

「駅前TVサタブラ」を放送しているテレビ朝日系列のKABの政令指定都市誕生記念のフォーラムらしいのですが、熊本駅の近くのKABから歩いても行くことができる森都心プラザで開催されるということでした。政令指定都市になるからといっても市民生活に大きな変化は及ばさないはずですから題材としては面白くないのですが、私はまだ森都心プラザの中には足を踏み入れたことがありませんので申し込もうかと思いました。

しかし21日には私は避寒旅行に出かけている予定ですので、残念ながら申し込むことはできません。まあ森都心プラザの商業エリアのテナントが揃うのは3月になるみたいですし、自動車を駐車するのは苦労しそうですから暖かくなってから自転車で行けば良いでしょうから次の機会を狙うことにします。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/11(土) 23:14)

 熊本のアートポリス事業が残念な結果に終わっちゃった理由は…
2012nippon256

 BSで建築家の坂茂氏に関する番組を見ました。

坂茂氏が渡仏された北野武氏をメス市のポンピドゥーセンターの別館を案内するところから番組が始まり、最後は京都造形芸術大学で再会するという興味深い構成でした。私は以前から坂茂氏の建築に強い関心を持っていまして、銀座のスウォッチのニコラス・G・ハイエック センターは当然のこと、一昨年の秋にこのポンピドゥーセンターの別館も見に行きましたし、昨年の10月末には南三陸町のコンテナを再利用した被災者住宅もチェックしてきました。メス市のポンピドゥーセンターの別館に到着したのは夜でしたので残念ながら内部を見ることができなかったのですが、この番組で設計者自らが案内してくれましたので建物の細部まで理解することができました。

この番組を見終えて、わざわざ時間と交通費を使っても見に行きたくなる建築物が日本には少ないことを嘆かわしく思いました。熊本県では細川護煕元総理が知事だった時代にアートポリスという事業を推進して著名な建築家に公共建築物を設計させたりしていたのですが、自転車で行ける場所にあっても見に行きたくなるものはありません。アートポリスが残念な結果に終わっちゃった理由は建築家を選ぶコミッショナーの人選を間違えたんじゃないかなと思います。もう取り返しはつかないのですが、もしも坂茂氏がアートポリスのコミッショナーだったなら熊本は世界的に有名な都市になっていたかもですね。



2012nippon257

 バスカードにもくまモンの図柄が登場したようです。

正式名称は「くまモンデザインTO熊カード」というらしいのですが、2月9日から産交バスの窓口などで1000円、3000円、5000円の3種類のカードが販売されていて、先着1万人には現在運行中の「熊本ゆるキャラバス」のペーパークラフトがプレゼントされるということです。

ニュースではくまモンファンの方が5枚も購入されて3枚はコレクション用にされるという話でしたが、それだけで9000円分が死蔵されるわけですからもったいない話ですよね。まあこういったカードは有効期限は長いでしょうから、ブームが去ったらほとんどが使われるかもしれませんが。



2012nippon258

 今年もバレンタインデーが近づいてきました。

スーパーのチラシにもバレンタインチョコがメインになったりしているのですが、老舗デパートの鶴屋百貨店では毎年7階のホールでバレンタインのイベントが開催されているようです。今年もどこから見つけてきたのか熊本初登場のチョコを含めて100種類ほどが販売されるらしいのですが、「チョコは想いのカタチ」みたいですから不況は関係ないのかもしれません。

しかしCMは不況の影響を受けているようで、こんな感じの制作費がほとんどかかっていない感じのものでした。まあバレンタインチョコをキレイに物撮りしただけのものを垂れ流すよりマシかもしれませんが、増え続ける郊外店やネット通販などに押されて台所事情はキビシイのかもしれません。ちなみに明日の建国記念日はいちばん売れる日でしょうから、バレンタインスペシャルライブが開催されるようです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/10(金) 23:59)

 伝統的な立曳き工法で10mほど移動したクスノキのその後は…
2012nippon253

 熊本は今日も真冬のように寒い1日でした。

太陽が出てくれれば暖かくなったりするのですが、春の訪れはもう少し先の話のようです。今日は先日の夕方のローカルニュースで見た白川の河川改修現場の近くを通りましたので、工事現場の様子を見に行ってみました。まだ移動したばかりでしたからクスノキの根の部分は布で覆われたままの状態で、運ぶために敷き詰められた板などの撤去作業が行われていました。

作業員と比べてみるとクスノキの大きさが際立っていましたが、今日もずいぶんと無駄なことをするものだという印象でした。それというのも今回の河川改修工事は50年に一度とか予想されている集中豪雨による水害の被害が市街地に及ばないように白川の川幅を広げて備えておくというものですが、本音は税金を使って土木工事をしたいということみたいなのです。批判を避けるために理論武装して環境にも配慮しているように見せていますが、これから異常気象の影響でゲリラ豪雨が多発するようになるとしても川幅を広げることが優先順位が高い施策だとは私には思えないのです。

水道水をすべて地下水でまかなっている熊本市では地下水保全の輪を広げようと「水の国くまもとシンポジウム」というイベントが開催されたらしいのですが、地下水の量や質が低下しているのは郊外の宅地化などが進んで雨水をダイレクトに側溝から川に流したりしていることが主な原因と考えられるのです。つまり川幅を広げるよりも郊外の住宅やビルに税制の優遇などで雨水利用を促して、利用した雨水は側溝には流さずに雨水枡などで地下に導くべきなのです。



2012nippon254

 夕方のニュースの話題は今日もくまモンでした。

もう人気のピークが過ぎた感じの「くまもとサプライズ」のキャラクターのくまモンですが、ブームというのは終わりかけが一番おいしいということを証明するかのような動きがあるみたいなのです。熊本県庁の担当課には相変わらずくまモンの使用許可の申請が相次いでいて、最近はくまモンブームは一過性のものだろうと静観してきた熊本では大手の部類に入る会社も申請をしはじめたということでした。

お菓子の香梅が作っている熊本銘菓の陣太鼓もついにくまモンバージョンの「ハッピー陣太鼓」という製品の販売を始めたらしいのですが、廃盤になることも考慮してくまモンの絵柄を使うのはパッケージの表蓋だけにとどめているようです。



2012nippon255

 熊本城マラソンの開催日が近づいてきました。

4月1日に政令指定都市になることを記念して2月19日に初開催されることになっているのですが、地元の民放各社が生中継するみたいです。それは予想できたのですが、このようにラジオまで長丁場で生中継するとは意外でした。まだ寒い時期ですから郊外の路上に停めた自動車の中から応援するような人向けの放送なのでしょうが、記録を狙わないランナーの中にはラジオの放送を聞きながら走る人もいそうですね。

私はこういった都市中心部の交通に迷惑なイベントが大嫌いなのですが、開催日には避寒旅行に出かけていている予定ですので問題はありません。できれば19日には朝から大雨でも降って最悪のコンディションになってくれれば良いのですが、2月はわりと晴れが多いので私の願いは叶わないのでしょう。あり得ない話ですが、私のいちばんの理想は隕石が熊本城の天守閣に落ちて開催が中止になることです。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/09(木) 23:59)

 伝統的な立曳き工法で移植された白川沿いのクスノキの気持ちは…
2012nippon250

 白川の河川改修工事現場で動きがありました。

70トンもあるクスノキの巨木が江戸時代に考案された伝統的な立曳き工法で移植されたということで夕方の番組で報道されていたのですが、わざとジャッキなどを使わずに近所の小学生を参加させて「神楽桟」と呼ばれる巻き取り機を使って10メートルほどの距離を2時間をかけて移動させたそうです。

今回の白川の河川改修工事では地元の反発を抑えるために樹木を伐採するより移植させる方針だったようですが、もちろん川幅を広げるわけで物理的な土地が減るわけですから半分以上は伐採されてしまったのでしょう。2本のクスノキの巨木はシンボルとして移植されることになったみたいですが、人間の都合で根を切られて迷惑な話なのでしょう。ちなみに普通の市民には好意的に受け取られていると想像できる河川改修工事ですが、私は税金の無駄遣いだと思います。



2012nippon251

 全国放送のクイズ番組にくまモンが出ていました。

熊本出身のくりいむしちゅーのクイズ番組だからということかもしれませんが、「この昨年のゆるキャラグランプリで1位だったキャラクターの名前は?」というのが勝敗を左右する問題だったのです。キャプテンの有田は1列くらいはビンゴができるだろうと考えていたかもしれませんが、現実は9人の回答者の内で3人だけで得点にはつながりませんでした。

間違えてしまった6人の答えは「くま殿」、「くまひゃん」、「くろくま」、「立ちグマ」といったものでしたが、「ほっぺくん」や「あたらしいタレパンダ」と熊からズレちゃっているものもありましたので笑ってしまいました。私は有田を除いた8人の内の2人もが正解だったことが意外でしたが、これを見ていた普通の熊本のファミリーはなぜ芸能人たちが簡単な問題を間違えるのか不思議だったことでしょう。



2012nippon252

 これは熊本日日新聞で見かけた広告です。

2月25日に熊本日日新聞の別冊として高齢者向けのタブロイド版の季刊誌の「ゆとれあ」が発行されることになったらしいのですが、熊本県内の介護施設と高齢者の住宅情報がインデックス形式でわかりやすく掲載されるみたいです。全国でも平均寿命が長めの熊本も高齢化社会になりますし、高齢者はアナログ情報を好むでしょうから時代の流れに合ってると思います。

熊本日日新聞のウェブサイトをチェックしてみたら何も見当たらなかったので検索窓に「ゆとれあ」と入れてみたのですが、なぜか検索結果はゼロでした。創刊日まで半月ほどしか無いというのに普通にググってみても、ほとんどヒットしませんでした。不思議ですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/08(水) 23:59)

 基本的な部分が間違っていると思える熊本市の都市戦略は…
2012nippon249

 約3週間ぶりの熊本は変わり映えしてませんでした。

政令指定都市になりたいがために周辺自治体との無理な合併をして人口は練馬区並みの73万人となりましたので、正確に言えばまったく変化が無いわけじゃありません。新熊本市は4月1日からは5つの区に別れることになりますので、貴重な税金を使って区役所を新設していたりしているのです。「政令指定都市化は新たな箱物を造りたいためか!?」という良識派の市民の批判をかわしたいためか、中央区役所は現在の市役所の低層階部分を改装して入居することにしたようです。改装するのにも多額の税金が使われてしまうのですけどね。

全国20番目の政令指定都市なんて対外的なアピールは期待できないでしょうし、メリットより税金の無駄遣いなどのデメリットの方が多そうなのですが、熊本城に面した駐輪場跡地の工事現場を見かけてイヤな気分になりました。この場所は熊本市役所の花畑別館の裏手なのですが、本来は周辺のNTTやみずほ銀行などに移転してもらって土地をまとめて金沢の21世紀美術館仙台のメディアテークみたいな県外からわざわざ訪れたくなる集客力がある施設を開発すべきだと思います。

どうやら熊本市はこの場所にポンプ場や駐輪場を整備する計画みたいなのですが、熊本市の都市戦略は基本的な部分が間違っていると私には思えるのです。熊本市役所や中央区役所も重要な観光資源である熊本城の近くにある必要もありませんしね。早く市電をループ化して、慢性的に混雑している中心部から郊外に移転すべきだと思います。



2012nippon247

 留守中に録画しておいた番組をチェックしました。

沖縄や北海道にもパナソニックの液晶テレビを持って行きましたので普通の番組は生で見たりしていたのですが、日曜午後に放送されている「たかじんのそこまで言っても委員会」は東京じゃやっていないので録画しておいたのです。たかじん氏は食道がんにより療養されるという報道がありましたので、辛坊治郎氏が一人で頑張っていらっしゃるのかと思ったら事前に録画された通常番組でした。

たかじん氏に関してはこんなテロップが流されただけで、来週の放送分から病気療養で欠席されることになるみたいです。たかじん氏の公式ウェブサイトによりますと今回ばかりは酒や煙草を止めて静養されているという話ですから、意外に早く番組に復帰されるかもしれません。先週の日曜の午後は熊本では放送されていないTBSの「噂の東京マガジン」を見ながら「たかじん氏の番組はどうなるのかな…」と考えていたのですが、お元気に復帰されることを願っております。



2012nippon248

 くまモンは沖縄や北海道では見かけませんでした。

ゆるキャラグランプリで1位になったとしても、やはり人気があるのは熊本だけなんだなと再認識させられたのですが、熊本では相変わらず1日にいくつか新しいくまモンを使ったものを見かけます。これは今週末に郊外のグランメッセで開催されるラーメン祭と併催される「ふあふあ王国」という子供向けのイベントに初登場するものみたいです。

この機関車の色から推測すると熊本向けにトーマスと顔だけ交換したのではと思えるのですが、子供は無邪気に喜んでくれることでしょう。くまモンの体は黒一色ですから、ふあふあは他のものを流用することはできないでしょうが、こういったものなら交換するだけで簡単でしょうから悪くないでしょうね。私の推測が当たっているとすれば、交換作業は子供たちに見られないように注意していただきたいものです。(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/07(火) 23:59)

 中国旅行に出かける前に食べてしまって後悔したものは…
2012nippon241

 今日は夕方に羽田空港から発つ予定でした。

最後に友人たちとランチに行くことになったのですが、自動車でしたので店を選ぶのに悩みました。駐車場があるのはファミレス的な店が多く、そんな中で私はようやく昨年オープンした生パスタの店を思い出して推したのですが却下されました。友人は「鼎泰豊の小籠包が美味しかった」と玉川島屋に行くことを提案したので、「最近は中華っぽいのは食べてなかったのでいいか…」と承諾したのですが、この判断が大失敗でした。

平日の昼間というのに駐車場はムチャ混んでいましたし、ブリッジを渡って南館の9階に行ってみたら20人ほどが並んでいたのです。フライトまで時間はありましたので焦る必要は無かったのですが、並んでまで食べる価値があるか大いに疑問でした。小籠包が美味しいといっても日本での話でしかないと思えましたしね。

私は酸辣湯麺のセットにしてみたのですが、本格的な台湾料理といった感じで美味しゅうございました。しかしこれだけで1480円もしちゃってましたので満足度は低かったのです。出かける前にネット検索して生ビールの無料クーポンを用意していたのですが、それを用意していなかったら腹が立っていたことでしょう。また3人で食べても駐車場が2時間無料になる5000円に届かなかったのですが、たまたま友人が島屋のカードを持っていたので余計な出費にならずに済みました。中国旅行に出かける前に中華を食べてしまったこともあって後悔したのですが、いちばんの理由は有閑マダムの巣窟のような雰囲気が居心地が悪かったからでした。



2012nippon242

 食後に友人宅でバイクを修理しました。

修理といってもボルトを4本はずして新品のフェンダーに取り替えるだけでしたからムチャ簡単でしたが、人件費が高い国ですから設計段階から簡単に組み立てられるようによく考えられているようです。古いフェンダーは使い道が無いので燃えないゴミとして捨てるしか無いのでしょうが、面白いデザインですから現代アートの素材として使えるかもしれません。(笑)

他の使い道としては腕を骨折した場合の添え木として役に立つかもです。東京は大地震が発生する可能性が高いという話ですが、保管しておけば意外と近いうちに活躍してくれるかもしれないのです。友人宅はコンクリート製のガレージの上に建てられていますので大地震が発生しても骨折するような大怪我の心配は無いかもですが、「備えあれば憂いなし」ですからね。



2012nippon243

 友人宅の新入りの犬たちはかわいい盛りです。

この男の子はまだ1回しかワクチン接種を済ませていないので屋外に散歩に行けないらしく、室内で暴れまくっているようなのです。子犬が元気なのはなによりなのですが、元気があり余っていてゲージの中のトイレシートをメチャクチャに食破っていたりしましたので掃除が大変なのです。

またフローリングの床の表面を引っ掻いて、表面のプリント部分にダメージを与えていたのには驚いてしまいました。リビングルームの中央で目立つ部分ですし、補修で誤摩化せるレベルでは無いので全面的な張り替えが必要になりそうな感じでした。無邪気な子犬がやったことですから飼い主が責任を取るしかないのですが、次に引っ越しする時にはかなりの出費になりそうですから気の毒です。



2012nippon244

 この子はメスですから大人しいようです。

友人がペットショップにワクチン接種を終えた1匹目を引き取りに行った時に見かけて衝動買いしてしまったらしいのですが、この愛らしい瞳を見ると気持ちが理解できる感じがします。1匹目より誕生日が遅いのとメスなので体格差があって、まるで動くぬいぐるみといった感じです。

モコモコとした冬毛の手触りがビキューナみたいに最高で、ストーブの前でスヤスヤ寝ている姿は天使です。しかし友人が外出すると外に出ることができないストレスなのか、タスマニアデビルみたいな乱暴者に変身するみたいです。まあ2回目のワクチンを接種して散歩ができるようになれば落ち着くんじゃないかと思いますけどね。



2012nippon246

 友人宅から雨の中、羽田空港に向かいました。

南武線で川崎まで出て、駅前のバス乗り場から羽田空港行きの京急バスに乗る予定でした。しかし友人宅から最寄り駅までの道路が混んでいて1本後の電車になってしまったので、1時間に2本しかないバスに遅れてしまうことが確実でした。それで川崎から蒲田に移動してバスに乗ったのですが、南武線を羽田空港まで延伸させて京急と相互乗り入れでもすれば良いのにと思ってしまいました。

羽田空港の第一ターミナルでバスを降り、無駄にたくさん並んでいる日本航空のカウンター前を歩いていちばん奥のスカイマークでチェックインを済ませたのですが、片道7800円と安いので我慢しろと言われているようで不愉快です。日本航空のカウンターはガラガラに空いていて、それほどのスペースが必要ないことは明らかですから利用者の利便性を考慮して配置を変えるべきでしょう。



2012nippon245

 熊本までのフライトはけっこう揺れました。

さらに出発も到着も遅れたのですが、羽田で乗りこむ前に地上職員に尋ねた時は定刻の出発と言ってましたので腹が立ちました。最近はようやく日本の空港でも無料のWi-Fiを使えるようになりましたので、5分でも遅れるのなら遅れると表示すべきでしょう。そうすれば羽田を発つ前に「少し到着が遅れそうです」とメールしておくことができますのでね。

熊本空港に到着してみたら、到着ロビーに見たことが無い陶板のレリーフが飾られていました。検索してみたら「雲上の岳神」というタイトルのもので、日本交通文化協会が日本宝くじ協会の助成金を基に設置したそうです。今回の熊本空港の改修事業のコンセプトは良くないと感じていたのですが、コレを見てますますその思いを強くしました。こんなものより早く無料のWi-Fi環境を整備すべきでしょう。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/06(月) 23:59)

 駅前のスーパーに買い物に出かけた時に見かけたサミシイ景色は…
2012nippon239

 沖縄、北海道、東京の小旅行も最終日です。

バイクを友人に返却してしまったらペダルが重たい自転車であちこちに出かける気になれず、日曜ということもあってのんびり猫たちとテレビを見て過ごすことにしました。関西に出かけた友人から頼まれたトレイの修理もありましたし、ブログの更新も滞り気味でしたしね。

冷蔵庫に残った食材をチェックした後に駅前のスーパーに足りない食材を買いに出かけたのですが、その帰りに道路脇にまだ雪が残っているのを見かけました。北海道に住んでいた頃は4月か5月あたりに見かけるサミシイ景色ですが、ちょっと切ない気分になってしまうのは私だけでしょうか。



2012nippon238

 友人から頼まれたトレイの修理は難航しました。

木製のトレイの角の部分が欠けてしまって、断面から水分を吸収したみたいでボロボロになっていたのです。厚みがあるものなら修理はさほど難しくないのですが、トレイの角の部分は薄いので強度を保つのに少し工夫が必要でした。それでまずはトレイの薄い部分の中央に切れ目を入れ、薄い木材を挟んで木工ボンドで接着しました。

それを充分に乾燥させ、ダイソーで見つけた木材用の補修パテをよく練ってから多めに盛り付けました。2種類のパテを練り合わせることで化学反応して硬化するタイプでしたから楽でしたが、多め過ぎたために余分な部分を削るのに少し苦労しました。3種類のヤスリを駆使して滑らかにしてダイソーで売ってた絵手紙用の筆ペンみたいなもので着色してみたのですが、これが上手くいきました。最後にカッターの刃で木目風なスジを入れ、透明スプレーで全体を吹いておこうかと考えていたのですがツヤありでしたので止めておきました。



2012nippon240

 今晩は沖縄の食材で作った餃子を試してみました。

24枚入り99円の餃子の皮に那覇のスーパーで59円で買ったコンビーフハッシュを塗り、それに道の駅豊崎の隣のJAの直売所で購入した島らっきょうを乗せて包んだだけの簡単な料理でしたが、なかなか美味しゅうございました。付け合わせは浜松餃子風に軽く茹でたモヤシにしてみたのですが、それも1袋39円でしたのでコストパフォーマンスは高いですよね。

ちなみに同じJAの直売所で購入したスイゼンジナという葉物野菜も刻んで餃子の具にしてみようと考えていたのですが、傷みが早かったので北海道に行く前にすべて食べてしまっていたので今晩は1種類だけでした。島らっきょう餃子を食べながら「スイゼンジナを刻んだものを冷凍しておけば良かったかな…」と思いましたが、東京で作る時間があるかわからなかったので仕方が無かったのです。まあスイゼンジナは熊本でも入手できますので、試す機会はいくらでもありそうですが。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/05(日) 23:59)

 今年の5月22日以降に混雑することになりそうなマイナーな駅は…
2012nippon232

 東京は2月最初の週末も良い天気になりました。

先日から友人のバイクをお借りしたままでしたので秋葉原方面まで走ってみることにしたのですが、今年は5月21日の金環日食までは帰国しないこともあり得ますのでスカイツリー周辺の様子もチェックしておくことにしました。電波塔はほとんど完成していますので工事現場マニアの私の興味はすでに薄れているのですが、スカイツリー周辺で何か5月22日の開業を当て込んだ動きがあるのではと考えたのです。

このスカイツリーとファミリーマートとの間にある東武伊勢崎線の業平橋駅は3月には「とうきょうスカイツリー駅」という恥ずかしい名前になるらしいのですが、開業後は観光客で混雑することになりそうです。2000年度の一日の平均乗降人員は13000人程度だったものが昨年度は8万人を超えたみたいですが、来年度は10万人を超えるのは確実でしょう。



2012nippon231

 これはスカイツリー前にできていた案内所です。

公式の「東京スカイツリー インフォプラザ」という施設でしたが、公式キャラクターの「ソラカラちゃん」と記念撮影できるコーナーも設置されていました。開業までは108日ということですが、この施設はオープン後には無くなるということですから閉店までのカウントダウンでもあるみたいです。

この施設ではいろんな公式土産を販売していたのですが、種類が少なかったのには驚かされました。私が欲しいと思うものは皆無でしたが、遠方からやってきた観光客の皆さんは楽しそうに買い物をされていました。また私がいた時にはソラカラちゃんとの記念撮影コーナーは閑古鳥が鳴いていました。ちょっと今の時代には合っていないせいかもしれませんね。



2012nippon233

 秋葉原では2k540という商業施設に行ってみました。

JR山手線の秋葉原と御徒町間の高架下に昨年オープンしていた「2k540 AKI-OKA ARTISAN」という不思議なネーミングは東京駅からの距離が2540mということらしいのですが、あまり良くないですよね。テナントが「ものづくり」をテーマとした小規模なショップやアトリエ、ギャラリーだったりしたのは面白かったのですが、ドアを開けて店内に足を踏み入れてみたいと思うような店はありませんでした。

まあ都市部の高架下を倉庫や駐車場にしておくよりもマシだとは評価できるのですが、飲食施設も含めてヒネリが少なかったのが残念でした。高架下ですから長さがありますので、中央部分にフードコート的な広場を設けるなどの工夫があれば良かったでしょう。また高さもありましたのでパリの類似施設である「ヴィアデュック・デ・ザール」のようにメゾネットタイプのショップがあっても良かったのではと思いました。



2012nippon234

 秋葉原は多くの客で相変わらず賑やかでした。

昨年末のレコード大賞を受賞したことで人気が頂点に達した感じのAKB48ですが、調子に乗って駅前にこんなカフェまで作っていました。隣はガンダムカフェでしたので駅周辺はまさにアキバ的な空間となっていたのですが、そろそろ腐臭が匂ってきている感じでした。もうコアなファンは他のマイナーなアイドルグループに移っていて、ここに並んでいるのは最近のブームに乗せられた人たちでしょうし。

ランチタイムでしたのでテレビで見かけた「東京チカラめし」の焼き牛丼を試してみようと思ったのですが、秋葉原地区では見かけることができませんでした。Wi-Fiの電波を捕まえて店舗検索しなくてもバイクで走り回っていればどこかで遭遇するはずと楽観的に考えていたのですが、秋葉原でも隣の神保町でも四谷でも見つけることができませんでした。



2012nippon235

 新宿でようやく話題の牛丼を試すことができました。

最近の情報番組では「東京チカラめし」の焼き牛丼の並盛りは280円で味噌汁付きとコストパフォーマンスが高くて流行っているという話でしたが、食券を買ってからトイレに行って出てきたらカウンターにすぐに座ることができました。薄い肉とはいっても焼いているためか、普通の牛丼より多少は出てくるのに時間がかかりました。

焼き牛丼の第一印象は「なるほど、これは流行るはずだな…」というものでしたが、食べ進めていくにつれて何か物足りないものを感じました。カウンターに置いてあるショウガの漬け物が着色されていなかったのは良かったのですが、これじゃ色合いがサミシイ感じがしてしまいます。トマトやシシトウを焼いたものを乗せれば見た目も良くなりますし、料理としての完成度も高くなると思うのですけどね。



2012nippon236

 食後に新宿から青山を抜けて南下しました。

次の目的地の広尾まではいくつかのルートがありましたが、1993年にオープンした外苑西通りの無印良品青山3丁目店が閉店するという話を思い出して久しぶりに寄ってみました。ベルコモンズ近くの青山3丁目店は数ある支店の中でもかなり古いもので、私もまだ無印良品のコンセプトが新鮮だった頃に何度か買い物したこともあったのです。

後で検索してみたら1月末で閉店していたということですが、商品が搬出されてしまった後でスポットライトが外されていました。「北海道に行く前に来るべきだったか…」と少し後悔しましたが、その時は思い出さなかったので仕方がありません。まあファサードのサインが取り外される前に間に合ったということで自分を納得させるしかないでしょう。



2012nippon237

 最後の目的地は広尾にできた新しい美術館でした。

友人から2月5日まで有効の山種美術館の招待券をいただいたので、日本画にはあまり興味が無かったのですが建物と雰囲気をチェックしてみることにしたのです。最初は山種証券の創業者である山崎種二氏が蒐集した作品を日本橋兜町に開館した美術館で展示していたらしいのですが、2009年の10月に現在の広尾に移転開館したということでした。

1階にカフェが、地下に展示フロアとミュージアムショップがあるという構成でしたが、来場者の多さには驚かされました。最近のアートブームで六本木エリアの美術館も混んでいることが多いのですが、最寄りの駅から距離がありますので意外だったのです。美術館としては規模も小さくて他と違う面白さも無くて退屈だったのですが、来場者が少ない時間帯に行けばもう少しはマシだったかもしれません。週末の午後という時間帯に行ったことが敗因だったのかもしれません。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/04(土) 23:59)

 7800円の航空券を使って北海道から持ち帰ったものは…
2012nippon222

 今日はヤボ用で早起きせねばなりませんでした。

北海道では欲張って雪の中をあちこちドライブしましたので今日くらいは猫たちと惰眠を貪っていたかったのですが、平日の内にやっておかねばならないことがありましたので仕方が無かったのです。午後からは友人とランチの約束をしていましたので、まずは友人宅に自転車で行ってからバイクをお借りしてヤボ用を済ませることにしました。

友人への土産には干しホタテなど酒の肴になりそうな北海道産の海産物をいくつか購入しておいたのですが、それだけじゃ面白く無いので東洋水産のやきそば弁当の新製品であるナポリタン味と見たことが無かったたらこ味とあんかけ方式のヤツを購入してみました。こういった製品は東京のアンテナショップでも売ってると思うのですが、現地価格と違い過ぎますので東京じゃ買う気になれないことが多いですからね。



2012nippon223

 これは友人宅に行く途中で見かけたテニスコートです。

おそらく東京23区でいちばん西にある成城のテニスコートでしたが、絶好の青空というのにまったくの無人でした。私は1年の内で5ヶ月ほどは雪でテニスができない北海道から戻ってきたばかりでしたので、「もったいないな…」とこの光景を見てため息をついてしまいました。

このあたりには東宝の映画スタジオや老舗の芸能プロダクションなどがありますので、昭和時代にはこのコートで銀幕のスターたちがラケットを振っていたのかもしれません。もしかしたら「若大将シリーズ」や「エースをねらえ!」などのロケにも使われたことがあったかもですよね。(笑)



2012nippon224

 友人からバイクをお借りして都庁へ行きました。

路上に停めて地下広場を歩いていたら、「訓練中」のゼッケンを付けた無表情な集団と遭遇しましたので驚かされました。最近「4年以内に首都直下型の地震が高い確率で起きるかも」という報道があったばかりですから、都庁の職員が避難訓練でもしているのかなと思ったのですが、後に見たニュースで一般市民を対象にした訓練だったことを知りました。

私は以前から首都圏や東海エリアで起きる地震を恐れていて、最悪の事態を考えてこういった訓練は不定期に抜き打ちで何度も行うべきだと考えているのですが、携帯電話で避難情報を集めながらという今回の訓練のコンセプトはいかがなものかと思いました。地震の規模にもよりますが、大地震に襲われたらおそらくネット回線も含めてライフラインは全滅になるでしょうからね。米軍の危機管理のためのアーパネットから派生したインターネットは基本的に災害には強い方だとは思いますが、日本の通信会社は「想定外の事態でしたので…」と言い訳する体質でしょうから全滅することになるのでしょう。



2012nippon225

 都庁から戻って、友人とバイク屋に行きました。

昨年末にコケて傷つけてしまったバイクのエンドキャップなどを交換するために同じ部品を買いに来たのですが、入り口にライダーのお客さんたちが自由に使うことができるホットおしぼりが用意されていましたので「日本だなぁ…」と感心してしまいました。我々は自動車でやってきたので使いませんでしたが、寒い中をバイクでやってきた人には文字通り温かいおもてなしだったことでしょう。部品の交換などを終えて汚れた手をキレイにすることもできますし、リピーターを獲得するには良いアイデアだと思います。

迷路のような店内から目当てのエンドキャップなどを見つけ出して無事に購入できたのですが、店の商品量の多さには驚かされました。日本では少子高齢化が進んでいますのでライダーの数は増える要素は無いでしょうが、他の人とは違うバイクに改造して乗りたいという願望を持った人は増えているのでしょう。それが品揃えの多さに繋がっているのでしょうが、高級住宅地に近いという土地柄もあったのかもしれません。



2012nippon226

 買い物を終えて遅いランチとなりました。

以前から試してみたかった仙川の安藤忠雄ストリートに近い「しゃぶしゃぶブッフェ しゃぶ葉」というチェーン店のランチにしてみたのですが、いちばん安い880円の豚肉のセットでも野菜やウィンナーなどはセルフで食べ放題でしたので割安感がありました。スープも5種類の中から2種類が選べ、デザートも小さなアイスクリームが食べ放題でしたし、近所にこの支店があったら便利だと思いました。

熊本でMKレストランの支店に行った時にも感じたのですが、しゃぶしゃぶも大衆料理になってきたものですよね。しゃぶしゃぶは子供の頃にはたまにしか行くことができない高級料理でしたが、ドリンクバーを加えても1000円ちょいですから気軽に食べに行くことができる時代になりましたからね。ちなみにお肉をガンガン食べたい人やお酒をたっぷり飲みたい人のためにも割安感があるコースが用意されていました。



2012nippon22

 食後に仙川のホームセンターに行きました。

友人宅の新入りのわんぱくな犬がゲージから飛び出てしまうということで、それを防ぐための屋根を買いに行ったのです。希望の色の在庫が無かったので注文したのですが、友人が会計を済ませている間にトイレに行ったら途中にこんなチラシが貼ってありました。日本では昨年からAKBの勢いがスゴいことになっていますが、こんな所まで影響を及ぼしてるんですね~。

買い物を済ませた後に友人が行きつけのファイテンの店で新製品の「メタルシャワー」という磁気治療器具を30分ほど試してみたのですが、けっこう効果があった気がしました。患部が温められたこととプラシーボ効果のためかもしれませんが、気になっていた部分が改善された感じでした。ファイテンは京都の会社らしいのですが、これからの高齢化時代ですから任天堂に迫る大企業と化けるかもしれませんね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/03(金) 23:59)

 素晴らしく晴れてくれた北海道最終日に出かけてみた所は…
2012nippon200

 楽しかった北海道も今日が最終日です。

初日も最終日も素晴らしく晴れてくれたのですが、夜の内に薄く降り積もった雪がキラキラと輝いてキレイでした。朝マック&メールチェックした後に札幌の中心部を気が向くままドライブしていたのですが、カーナビで苗穂駅の近くで雪印資料館が表示されたので寄り道してみることにしました。この企業博物館は北海道に住んでいた頃にお借りしていた家からも近かったので「何時でも行くことができるから…」と頭の片隅にありながら、ついに一度も足を踏み入れることが無かった場所でした。

予約制ですから建物の中の展示を見ることはできませんでしたが、歴史がありそうな工場の敷地内を散策できたので悪くはありませんでした。資料館を見学した皆さんが最後に記念撮影をするために用意された牛の親子を撮影して、「次には電話じゃなくてネット予約できるようになってれば良いけど…」と心の中で願って、靴底に付いた雪を落として車内が冷えてしまったレンタカーに乗り込みました。



2012nippon219

 適当に走っていたら懐かしい場所に出ました。

札幌ドームと月寒ドームの間にある八紘学園に向かう牧歌的な道に偶然に出会ったので、道の真ん中にレンタカーを停めて周辺の急速な変化に思いを馳せました。景気が悪いと言っても交通の要所である36号線沿いには次々とマンションが建設され続けています。たしか以前はこのあたりからは札幌ドームがキレイに見ることができたのですが、高層の建物が増えてもうほとんど見えなくなっていました。

広い敷地の八紘学園にはいかにも北海道といった感じの牧屋を改装した資料館などが残っていたりするのですが、開発の波に飲まれてしまうこともあり得ます。一般的にはあまり知られていないとは思いますが、北海道の歴史を色濃く残しているエリアですから今後も大切に守っていただきたいものです。



2012nippon220

 午後に曇ってきて、急に雪が降り出しました。

レンタカーを返す頃になって降り始めるとは皮肉なものでしたが、自然現象には文句が言えません。「まあこれも冬の北海道の現実だからな…」と前向きに考えるようにしてススキノ方面をドライブしていたのですが、つぶれそうだったノルベサという商業施設の2階部分に新しい店が近日オープンという案内を見かけました。

どんな分野の業種でも難しそうなロケーションでしたから「物好きなチャレンジャーもいるものだな…」と店名をチェックしてみたらまんだらけでしたので「な~るほど、なかなか良い選択だな」と納得できました。現在はまんだらけ札幌店はドン・キホーテ前のコスモビルの5階にあるのですが、ノルベサの2階の方が賃料も安いはずですから移転するのは正解だと思います。まんだらけが入居することにより他のフロアにも似たような業種の店が集まってくるかもしれませんからノルベサにとっては救世主となるかもです。



2012nippon221

 レンタカーを返却して雪の中を歩きました。

札幌のランドマークとなる大通りのテレビ塔に到着してみたら、お子様サイズのアイススケートのリンクができていました。雪が止んだのでアルバイトのお兄さんたちがリンクに積もった雪を掃除していましたが、この作業を雪が降る度に繰り返さなければならないとなると仕事とはいっても大変ですよね。

まあ小さなリンクですから3人で行ったらすぐ終わると思いますが、これを撮影した後にまた雪が降ってきましたのでアルバイトのお兄さんたちはうんざりされたことでしょう。私が最後に雪かきをしたのは7~8年前になりますが、その頃のことを懐かしく思い出してしまいました。




2012nippon228

 大通りでは雪まつりの準備作業が続いていました。

週明けの2月6日からの開催ですので雪像作りは仕上げの最終段階に入っていましたが、ザッと見た範囲ではあまり面白そうな題材のものはありませんでした。札幌の雪まつりは毎年いろんな分野の新鮮な題材のものが工夫されているようなのですが、毒が無い健全なものが選ばれる傾向がありますので変わり映えがしないので残念でした。

雪像の画像をアップしているブログは山ほどありそうですから、私は会場の運営本部について一言。観光客は雪像しか見ないだろうと油断してプレハブの事務所で済ませているようですが、私は北海道産の素材を使って工夫したものにすべきだと思います。予算をかけずに面白いものを作ろうと思えば建築家志望の学生さんにでもボランティアで参加してもらって、変わったデザインの来場者の記憶に残るようなコンセプトのものを目指せば良いと思います。



2012nippon229

 最後に丸井今井の地下で買い食いしました。

まだ早い時間で空腹じゃなかったので、道産食材を使った食品の試食をして回りました。最後に小樽のかま栄のブースで210円のマヨサンドというのを試してみたのですが、なかなか美味しゅうございました。パンロールの姉妹品といった感じでしたが、売り場に書いてあったように女性にウケそうでした。また栗の形の回転焼き風なものも悪くありませんでした。

デパ地下巡りしていたら雪も止んでくれましたので大通エリアから地上部分を歩いて札幌駅まで行き、1040円も払って新千歳空港まで行きました。スカイマークの自動チェックイン機で座席を決め、荷物を預けて身軽になったところで話題の国際ターミナルにつながる「フルール」という変な名前の商業エリアへ行ってみました。なぜかドラえもんの「わくわくスカイパーク」という娯楽施設があったりしましたが、全体的なバランスと完成度は残念なレベルでした。

これは発着便が無いために閑散としている新しい国際ターミナルの様子なのですが、私はなぜこんな中途半端なものにしたんだろうかと不思議でした。既存の国内線ターミナルは弧を描いたデザインですから、今度のクパチーノのアップル本社ビルのようにリング状の建物にすれば良かったのではと思いました。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/02(木) 23:59)

 北海道新幹線が走ることになるかもしれない地域を走ってみて…
2012nippon213

 北海道旅行の3日目は朝から小雪が舞っていました。

今日は倶知安を抜けて室蘭方面を回ってみようと考えたのですが、それは時間的に無理がないコースであることに加えて北海道新幹線が計画通りに着工されたりすると函館から小樽にかけてこの地域を走ることになるかもしれないからでした。政府は消費税を上げて「人からコンクリート」路線に拍車をかけてゼネコンに儲けさせる方針のようで、LCCがガンガン飛ぶ時代にも新幹線を札幌まで延伸させるかもしれませんからね。

今朝は人間よりも野生動物の方が多そうな地域を走ってみて、こんな牧歌的なエリアに無粋な新幹線なんか走らせちゃダメだなと確信しました。残念ながら新幹線は新函館までは作られてしまうことになっちゃいましたが、それから先は在来線に振り子特急の性能をアップさせたものを走らせるべきだと思います。新函館で隣のホームに乗り換えなきゃなりませんが、札幌までの到着時間はたいして変わらないと思いますが。



2012nippon215

 心配だった山道は特に問題なくドライブできました。

白鳥大橋を渡って室蘭市内に入って現在は室蘭観光協会が入っている旧駅舎のあたりをチェックしてみたのですが、室蘭の経済は大不況のようで2007年の10月に通った時とたいした違いはありませんでした。次に1kmほど手前に作られた現在の室蘭駅の周辺に行ってみたのですが、電車が走っているのかと疑ってしまうほど静かでした。1台のタクシーがいつ来るかわからない客待ちをしていましたので、雪で電車が不通になってるというわけじゃ無さそうでしたが。

冬の室蘭は商店街も通行人はまばらで、「思えば遠くへ来たもんだな…」と感慨深いものでした。室蘭は製鉄業が盛んだった高度成長期には20万人の大都市だったのが、現在では半減して高齢化しちゃっているわけですから景気が上向く要素も見られないようです。仮に北海道新幹線の計画が中止されて在来線が強化された場合も室蘭は素通りになるでしょうし。私は個人的には室蘭のような衰退美を感じさせる情緒たっぷりの街は大好きなのですが、それほど一般受けはしないでしょう。



2012nippon214

 苫小牧に向かう途中でこんなのを見かけました。

引退すると言っていたのに恥知らずにも撤回したので、次の選挙は危ないと噂されている「友愛ほら吹き男爵」と「課税夫のノダ」の逆の意味での強力タッグでしたが、こんなのは民主党にとって逆効果なんじゃないでしょうか。どちらか片方でも支持率が高い人にしないとマイナスから浮上することすらできないでしょう。

前職と現職の日本のトップなのですが、うらさびれた国道36号線沿いでこのツーショットを見て日本人を辞めたくなるのは私だけじゃ無いと思います。自分たちの地位を守るために暗躍する政治家たちが日本をダメにしてゆく過程を見せられてきたのですが、そろそろ将来にツケを回すことも限界に近づいていますので沈む船である日本から逃げ出そうとする人が増えるのは当然でしょうからね。



2012nippon216

 苫小牧市をザッと見た後で恵庭市へ北上しました。

札幌方面に北上していてサッポロビール工場を超えた所で直進して恵庭市内を通るのと、右に折れてバイパスを走るのと2つの行き方があるのですが、バイパス沿いのカウボーイは変化してそうだと思って右折してみました。予想通りにカウボーイはトライアルに変わっていたのですが、建物の中の雰囲気は空きテナントも目立っていて昔と似たようなものでした。

ちょうどそろそろ何か友人たちに土産でも買おうかと考えていたところでしたので、北海道産の軽い海産物などをいくつか購入したのですが、さほど割安感はありませんでした。やはりトライアルはその時期の特売商品とプライベートブランドの商品くらいしか安くは無いみたいでした。



2012nippon217

 トライアルの次は三井のアウトレットへ行きました。

正式名称は「三井アウトレットパーク 札幌北広島」というみたいですが、「札幌」と付ける意味があったのか疑問です。「北広島」だけだと広島県にあると誤解されるかもと考えられたのかもしれませんが、それなら「三井アウトレットパーク 札幌ドーム南」とでもすれば良かったのかも。(笑)

私は三井のアウトレットは12店舗の中で8店舗に行ったことがあるのですが、このアウトレットはわりと新しい物件なのに新鮮な雰囲気ではありませんでした。先輩格の千歳のレラというアウトレットを視察してすべてクローズドタイプに決めたのでしょうが、私は良い選択じゃ無かったと思います。テラスモール湘南のように一部だけでもライフスタイルセンター的な開放感があるものにすべきだったのではないでしょうか。



2012nippon218

 最後に札幌のイオンモールを2軒ハシゴしました。

イオン札幌発寒ショッピングセンター‎とイオン札幌苗穂ショッピングセンターでしたが、発寒の方は2度目で苗穂の方は100回目くらいだったかもしれません。それくらい苗穂の方は馴染みがあるモールだったのですが、新規オープンした当時を懐かしく思い出しながら歩き回りました。最初のうちはお客さんも少なくて弁当類や刺身などが値引きされる時間も早かったのですが、現在では他と変わらなくなっていましたけどね。

久しぶりでしたから多少はテナントも入れ代わっていたのですが、ワールドのSHOO・LA・RUEがありましたので「札幌初出店か?」とチェックしてみたのですが、普通の店とはまったく違うものでした。ワールドの3can4onやHusHusHなどのブランドを集めただけのポリシーが無い店でしたのでガッカリでした。熊本のキッズ店もヒドいものでしたし、いったいSHOO・LA・RUEに何があったのでしょう?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/02/01(水) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア