新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 これも熊本が政令指定都市になったことによる制度変更かな…?
2012nippon487

 早いもので5月も今日で終わりです。

12日間で4200kmほど走ったドライブ旅行の疲れはとっくに癒えているのですが、記憶をたどりながらのブログの更新と次の避暑旅行先の検討に時間を取られているのですが、両方ともおろそかにすると将来に禍根を残すことになりかねないので頑張るしかありません。変化が少ない熊本ではブログネタになるものも少ないのですが、先ほど届いた6月1日版のフリーペーパーにあった広告について書いておきます。

熊本市では「放置自転車ゼロ作戦」ということで明日から中心部での路上での駐輪ができなくなり、それに対する批判をかわすために駐輪場の整備が行われているらしいのです。その駐輪場は2時間以内は無料で、その後は場所によって4時間、6時間、12時間ごとに100円かかるみたいです。つまり中心部に近くて人気がある駐輪場は4時間で100円ということでしょうが、ちょっとわかりにくいですよね。

これも熊本市が政令指定都市になったことによる制度変更なのかもしれませんが、私は放置自転車を撤去して取りに来た市民から保管料という名目で金を取るのが目的なんじゃないかと疑ってしまいます。全国の20の政令指定都市の中では18の都市が類似の放置禁止区域を設定して駐輪場を有料化しているみたいで、アホな市役所の担当者も「それじゃ熊本でも…」と安直に考えたのかもしれませんが。

最近の熊本市の交通渋滞は目に余るものがありますし、低エネルギー社会へシフトしてゆくことも求められていますので、自転車のような環境負荷が少ない乗り物は行政として推進すべきものでしょう。また熊本市には市電が生き残っているという特性もありますので、各電停の近くや主要部分にパリのVelibのようなレンタル方式を日本式に進化させた、全国の自治体のモデルになるものを導入すべきだと思います。またその場合は観光客の皆さんにも使いやすいものにすべきでしょう。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/31(木) 22:46)

 税金で給料を払う価値が無いダメ政治家たちのための家は…
2012nippon486

 先ほどのニュースを見ていて腹が立ちました。

野田首相が「関係自治体の一定の理解は得られつつある…」との認識を表明して、近いうちに関西電力の大飯原発の再稼働に突き進む姿勢を示したということでした。昨年のフクシマの忌まわしい記憶がまだ風化していない多くの国民はまだ安全対策が不十分だと危惧しているでしょうが、主権者である国民よりも自分たちの保身のことを優先しがちな政治家たちは時期を見て押し切ろうという魂胆のようです。

野田首相は自分の責任で判断するという不遜な考えのようですが、もし何か次の不幸な災害でフクシマと似たようなことになっても「1000年に一度のことで、想定外のことだった…」とでも責任回避の言い訳をしそうです。それで国民生活に深刻なダメージがあっても、素知らぬ顔で議員年金を貰い続けて不自由が無い生活を享受しようとするのでしょう。

政治家や東電のおじさんたちは国民をなめているわけですが、なめられる原因を作ったのは国民にも責任があると思います。以前にも書きましたが、昨年の計画停電という脅しに屈したことが最初になめられる原因を作ったと思います。原発再稼働に反対の人の半数が電気代の自動引き落としの契約を解除するだけで本気度は伝わっただろうと思いますが、文句をブツブツ言いながらせっせと払い続けていたら「そろそろ再稼働しても良さそうだな…」と安心させるのに充分ですからね。

原発の再稼働をしてしまえば日本が自然エネルギーにシフトするチャンスを逸してしまうことになるでしょうし、電力会社の横暴を増長させて将来に渡ってどんよりとした閉塞感を漂わせることになるでしょう。電力会社には「なめたまねをしやがると電気代を払わないぞ」と、また政治家には「納税者である国民の安全を最優先しないのであれば禁酒禁煙して生活必需品以外の消費は控えるぞ」と覚悟を伝えるべきだと思いますが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/30(水) 23:59)

 変化が少ない熊本でほんの少しだけ変化していたことは…
2012nippon469

 人口規模が小さな熊本は変化が少ないのです。

約半月ぶりに近所のスーパーに買い物に出かけてみたのですが、その駐車場の部分がほんの少しだけ変化していました。道路に面した建物の角の部分のデッドスペースだったスペースを有効利用するためにサンルーム的な張り出し部分を工事していたのですが、奥行きが無いので生花や園芸グッズなどを扱う店舗になるんじゃないでしょうか。

このスーパーの経営者の方は最少の投資でそれなりの成果を得たいとの考えなのかもしれませんが、どうせなら道路に面した部分の店舗を5mほどセットバックさせてベーカリーカフェ的なものを作るべきではと思いました。もしも大江のJTの跡地にライバルとなるゆめタウンができたら売り上げが落ちることが予想されますので、今のうちからご近所の買い物客の皆さんの好感度を高めておくべきだと私は思いますが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/29(火) 23:59)

 これも熊本が政令指定都市になったことによる経済効果…?
2012nippon468

 熊本市は4月1日に政令指定都市になりました。

もうすぐ2ヶ月になるわけですが、住所に区名が加わったくらいで以前と特に変化を感じることはありません。政令指定都市になることを懸命に推進していた熊本市長はバラ色の未来が待ってるかのように語っていましたが、4月以降に観光客や進出企業が増えたって話は聞いたことがありません。最近は地上げするのに時間がかかったために開業が遅れた熊本駅前の再開発エリアが完成したくらいしかなくて、景気回復ムードであっても話題性がある大型の新規物件は見当たりません。

今朝の新聞の折り込み広告の中にはバカ高い熊本市の区地図の発売を知らせるものがあったのですが、政令指定都市になった経済効果なんて最初の数ヶ月で終わってしまうでしょう。今回の区割りの変更で名刺などの印刷物を新しくしたり、新しい地図を買ってしまえばしばらくの間は刷り直したり買い替えたりする必要はありませんからね。それは東北の被災地で見かけた仮設に住みながら新車を購入してパチンコ屋に通うようなライフスタイルと共通する部分があるような気がします。

ちなみに今朝の新聞にはホテル日航熊本で開催された「熊本市を州都に」という有識者会議で話し合われた内容の一部を掲載してあったのですが、「九州の中心の熊本が州都になるべきだ」とか「何もしなければ福岡にとられる」といった幼稚な発言があったみたいでしたので笑ってしまいました。また議長役を務めた蒲島知事は「一極集中のリスクを回避するため、福岡は経済都市としてニューヨークを、熊本は政治都市としてワシントンを目指すべき…」という持論を展開したそうですが、知事という役職の方がそんな勝手な論理が熊本以外で通じるとでも思っているとしたら呆れてしまいます。

州都を決定する時には州を構成する住民感情を無視することはできないでしょうから、人口が多い福岡県の意向が決定権を持つと予想するのが普通でしょう。仮に福岡県民に向けて「熊本は政治都市としてワシントンを目指しますので、あなたたちは経済都市としてニューヨークを目指してみられては?」と言っても相手にされないはずです。東京のオリンピック誘致ほどは税金を無駄に使ってはいないとは思いますが、もういいかげんに止めていただきたいものです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/05/28(月) 23:59)

 12日間で4218kmを走りきったロングドライブを終えて…
2012nippon448

 なんとか無事にロングドライブを終えました。

12日間で4218kmを走りきったのですが、1日あたりだと350kmくらいでしたから2009年7月の北米ドライブに較べたら楽なものでした。今回のドライブにも12Vの自動車のシガレットライターの電源から100VのAC電源に変換する機械やPCやポータブルTVなどを持って行きましたので、移動リビングといった感じで普段とさほど変わらない生活でした。しかし各地でバイパスができていて高速走行できるようになっていますので、危険なので昔のように音声入力でブログの文章を打ったりするのは止めておきました。

これから数日かけて猫を膝に乗せて、12日分のドライブの様子をアップすることにする予定です。ドライブ中は外食が多かったので料理もするつもりですが、今朝の朝食はイケアで購入したホットドッグを試してみました。ホットドッグを10個作ることができるセットを499円で売っていたので、福岡の友人とシェアすることにしたのです。ソーセージは冷凍して保存できますが、バンズは早めに食べ切った方が良いですからね。同じものじゃ飽きてしまいますので、ひとつは普通のホットドッグにして、もうひとつはハムにしてみました。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/27(日) 17:34)

 ドライブ12日目、北九州からイケア新宮店の朝食を試して熊本へ…
2012nippon532

 ドライブ12日目は北九州からのスタートでした。

歴史的な景観が残る門司港地区をザッとチェックして、小倉駅前やリバーウォークを抜けて向かったのは2007年に浅生第1公園前に移転新築された戸畑区役所でした。これまで何度も電車や高速バスでは近くを通っていたのですが、今回は自動車でしたのでようやくチェックすることができました。

高齢者向けの高層住宅が併設されている3階建ての戸畑区役所がユニークな点は屋根の部分が階段状になっていて、7月第4土曜を含む前後3日間行われる戸畑祇園大山笠競演会のための観覧席になっているところでした。早朝でしたので区役所内部の様子は入り口のガラス越しにうかがうしかなかったのですが、階段状の座席の立ち上がりの部分にガラスがはめ込まれていましたので太陽光を取り込むことができるようでした。個人的には祭りにはまったく興味を持てないのですが、この区役所はなかなか面白いアイデアだと思いました。



2012nippon533

 それから戸畑駅前をチェックしました。

イケア新宮店の朝食が提供される9時30分まで時間があったのでスペースワールドの周辺をチェックしてみることにしたのですが、芝生の広場に葉巻型の宇宙船が降り立ったような北九州イノベーションギャラリーというものができていました。またその隣の北九州市環境ミュージアムの角には環境住宅の実験棟みたいなものが建てられていました。

高度成長期に鉄鋼産業など重厚長大型の工業で成長してきた北九州市は、アジア諸国の追い上げもあって早い時期から環境問題へ取り組んできたようです。その方向性は悪くないと思えるのですが、こういった環境学習型の施設も中途半端で外部へのアピール度も低いように思えます。まあ最近になって新しくなったというミュージアム内の展示は見たわけじゃありませんので決めつけることはできないのですけどね。



2012nippon534

 11日ぶりにイケア新宮店に戻ってきました。

5月15日はランチ後に到着して1階のビストロでアイスクリームを食べて、すぐにイオンモール福津に向かいました。今回は朝食開始の直後に到着して2階のレストランに駆け上がってみたのですが、すでに多くの人がトレイを持って並んでいましたので驚かされました。私はこれまで世界中のイケアのレストランで朝食を試してきましたが、これまでのトップ5に入るくらいの混み具合だったからでした。

私の番になって朝食の種類を訊いてみたら、定番の99円のヤツしか無いということでしたのでガッカリでした。もう30回以上は食べたことがありましたので止めようかとも思いましたが、せっかく早朝に来たので全店舗の朝食制覇の野望のためにガマンして注文しました。福岡のイケアですから、明太子定食みたいな和食メニューがあってもと思いますけどね。



2012nippon535

 朝食後に久しぶりにイケアで買い物しました。

レジでお金を払って、今回も最後に50円のソフトクリームを買って食べながら駐車場に行こうかなと考えたのですが、両手がふさがっていましたので止めておきました。荷運び用のカートを取りに行ったり戻したりするのも面倒でしたし、安いだけでたいして美味しいわけじゃありませんからね。

それから福岡の友人宅に寄ってランチに行くことにしたのですが、私の何か博多っぽいものをというリクエストで友人のお気に入りのラーメン屋に行くことになりました。ノーマルなヤツと黒いスープのラーメンがありましたので私は後者を選んでみたのですが、九州ラーメンは久しぶりだったこともあって美味しゅうございました。博多ですから替え玉もできたみたいですが、先ほど朝食を済ませたばかりでしたので…



2012nippon536

 友人と別れて向かった先は太宰府でした。

学問の神様の菅原道真を祀る神社として有名な太宰府天満宮がある町ですが、何かのウェブサイトで参道にスターバックスの変わったデザインの店がオープンしたことを知りましたので、遠回りでしたがチェックしてみることにしたのです。この建築家の隈研吾氏がデザインされた太宰府天満宮表参道店のコンセプトは「自然素材による伝統と現代の融合」らしいのですが、木の温もりに覆われているような独特の空間は参道に新たな息吹を付加するもので、良い試みだと思いました。

店頭で参道を行き交う人を眺めながらというのも良いでしょうが、店の奥の庭の梅の木を愛でながらというのも悪くなさそうでした。チェーン店はどこも同じデザインで飽きてしまうのですが、ここでは午後のひとときをのんびり過ごしてみたくなるような魅力がありました。しかし高い駐車料金を払ってまで飲もうと思うほどじゃありませんでしたが。



2012nippon537

 福岡からは国道3号線を南下しました。

もうすぐ長いようでアッという間だった25都府県にまたがったドライブ旅行も終わりだなと行程を思い出しながら走っていたら、道の駅のサインが見えてきましたので最後の休憩をしておくことにしました。トイレに行った後に農作物の直売コーナーをチェックしてみたら、新鮮そうな野菜がありましたので割安感があるものをいくつか購入しておきました。

自動車に戻ろうとしたら野菜の苗ももう最後らしく1つ50円になっていましたので、さほど必要ではなかったのですが衝動買いしてしまいました。野菜は多過ぎても持て余してしまうのですけどね。道の駅からも快適にドライブして熊本に戻ってきたのですが、中心部が渋滞気味でしたのでイライラさせられました。熊本市の人口であればボトルネックの部分を解消すれば走りやすくなるはずなんですけどね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/26(土) 23:59)

 ドライブ11日目、姫路城から岡山や倉敷の駅前をチェックして呉へ…
2012nippon526

 ドライブ11日目は姫路城からのスタートでした。

最近の「探検バクモン」という番組で半世紀に一度の大修理を行っている姫路城のことを取材していましたが、天守閣がすっぽりと防護壁に覆われていて、この中に白鷺城と呼ばれる歴史的な建物があるとは思えない感じでした。

修理工事が終了するまでは大天守の大屋根や最上層を外側から観察することができるということでしたが、駐車料や入場料のことを考えたら今回は止めておくことにしました。元日や姫路城世界遺産登録日の12月11日は無料ということですから、その内に機会があるかもしれませんからね。



2012nippon527

 岡山はたいして変化していませんでした。

前回は青春18きっぷで旅行した時に1時間ほど岡山駅の周辺を歩き回りましたので、今回は後楽園の周辺や市電が走る中心部などをチェックしてみたのですが、変わっていたのは桃太郎大通りの柳川交差点の角にグレースタワーという中途半端なツインビルができていたくらいでした。

岡山市は平成の大合併の時にかなり広域の町村を組み入れて2009年に政令指定都市になったのですが、関西に近過ぎるのと観光では倉敷に食われてしまうことなどが災いして盛り上がりに欠けているようです。熊本市もそうですが、政令指定都市になるための人口70万の要件を満たすために無理な合併をした弊害もボディブローみたいに効いてくるはずですしね。

岡山駅の前で信号待ちした時に駅裏の西口に工事用のクレーンが見えたのですが、どうせたいしたものじゃないだろうと考えて線路を超えてまでチェックしに行くのは止めておきました。前回はわざわざさんすて岡山からペデストリアンデッキを渡ってNHKや全日空ホテルなどが入ったビルに行ってみたのですが、まったくの時間の無駄でしたからね。



2012nippon528

 倉敷での目的地は美観地区ではありませんでした。

モールマニアの私としては倉敷駅の北口のチボリ公園の跡にオープンしていたアウトレットモールをチェックするために来たようなものでしたが、162号線を走っていて派手なディスプレイのディスカウント屋がありましたので立ち寄ってみました。24時間営業のメガディスカウント・ディオという店でしたが、大黒天物産という倉敷に本社がある会社が経営しているので金色の大黒さまがシンボルとして立っているようです。

ここもウォルマートが広めたEveryday Low Priceを体現しているような店で、平均するとトライアルよりも少し安いんじゃないかと思わせるものでした。今回のドライブ旅行ももうすぐ終わりですから、特に必要じゃなくても安かった日用品をいくつか購入しました。チェーン店みたいでしたから、この先にも支店があるかもしれなかったのですけどね。



2012nippon529

 倉敷の駅裏はイメージが激変していました。

以前はコペンハーゲンのチボリ公園と契約したテーマパークがひっそりと営業していたのですが、経営難のために2008年末で閉園したみたいです。チボリ公園は岡山市が市制施行100周年の目玉事業として誘致しようとした経緯があったらしいのですが、政治マターになって隣の倉敷市のクラボウ倉敷工場跡地に決まったようなのです。

閉園後に紆余曲折があってイトーヨーカ堂が再開発の事業者と選ばれ、三井不動産と共同で取り組むことになってアリオ倉敷三井アウトレットパーク倉敷がオープンしたらしいのですが、どちらも最新版ではあったもののモールマニアの私は他で見たことがある業態でしたし、さほど工夫も無かったので新鮮じゃありませんでした。

マイナスからのスタートですから再開発には何らかの革新的な要素を付加するべきだと思うのですが、2つの商業施設の間の倉敷みらい公園にあったツリーハウスはなかなか面白い取り組みだと思えました。しかし残念ながら雨の日は階段が濡れて滑るかもしれないということで内部を見学することはできませんでした。階段の両側には手摺がありましたので、安全に関しては自己責任でということで良いのではと思いましたが。



2012nippon530

 倉敷では美観地区にも行ってみました。

しかし川沿いには自動車が通行止めになっている箇所がありましたので、ムカついて次の福山に向かうことにしました。私は今回のドライブ旅行で東北の被災地や筑波の竜巻被害の現場などを見てきたのですが、通り道でしたのでまだ記憶に新しい福山の火災現場にも立ち寄っておくことにしました。

不幸があった場所を地元の人に聞くのも憚られましたので、ネットで検索してGoogleマップに表示させて探したのですが、ホテルのサインは焼け残っていましたので簡単でした。その建物には黄色い立ち入り禁止のテープが巻かれたのですが、破れた窓の奥に脱出を妨げたというベニヤ板が見えていましたのでリアリティがありました。火災の直接的な原因は不明ですが、こんな不幸を繰り返さないための工夫が必要でしょうね。



2012nippon531

 三原からは少し遠回りすることにしました。

そのまま2号線を走れば早くて楽だったのですが、夕暮れの瀬戸内の風景を楽しむために185号線に迂回することにしたのです。大昔はヤボ用で広島や呉に何度も滞在したことがありましたが、竹原市方面は生まれて初めてでした。行き交う自動車や信号も少なくて、ワインディングロードを気持ち良く走り抜けることができて良かったのですが、途中で思わず自動車を停めて撮影したくなるような景色はありませんでした。

1回だけ休憩して呉へと急いだのは、暗くなる前にこの潜水艦の前に辿り着きたかったからでした。大昔はな~んにも無かった港湾エリアにゆめタウンができて、さらに大和ミュージアムも開業したのです。私の気のせいかもしれませんが、戦争を美化するような感じがしますので内容には興味が無いのですが、どれくらい呉の街が変わったかを確認したかったのです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/25(金) 23:59)

 ドライブ10日目、ささしまライブ駅から奈良や大阪を通って神戸へ…
2012nippon520

 ドライブ10日目は駅前からのスタートでした。

JRのツインタワーとトヨタの高層ビルの間を南下して久しぶりに行ってみたのは、ささしまライブ駅というイベント開催日以外は乗降客数が少なそうなマイナーな駅でした。ラ・バーモという商業施設の横には愛知大学の笹島キャンパスが建っていましたが周辺は空き地だらけでしたので、これから進出する企業が増えれば昼間人口も増えて賑やかになるかもしれません。

ささしまライブ駅の真下をくぐるような新しい道路も工事中でしたが、これが完成すれば名古屋駅西口から運河町の三叉路につながって南北の横断が便利になりそうです。2027年に開業が予定されているリニア中央新幹線の名古屋駅は現在のツインタワーの横に建設される新しいタワーの地下周辺を含めた部分になりそうという話ですが、それは一期工事の区間が東京~名古屋になることで新幹線や在来線への乗り換えが便利なようにと考えられた結果なのでしょうが、私は多額の開発費が必要なリニア中央新幹線はもうタイミングを逸したのでお荷物になりかねないと危惧しています。



2012nippon521

 大阪へのルートを選ぶのに少し悩みました。

名古屋~大阪は何度も走っていますので、どのルートも新鮮ではないからでしたが、遷都1300年記念のイベントがあった奈良が変化しているだろうと考えて亀山バイパスを走ることにしました。途中からショートカットするために.北笠置交差点を左折して狭い田舎道を走ったのですが、途中に奈良県と奈良市の看板が並んでいましたので驚かされました。その県境から奈良の中心部までは20kmほどありそうでしたからね。

奈良の中心部はさほど変化は無さそうでしたので、平城遷都1300年祭のメイン会場だった平城宮跡会場に直行しました。当時の様子を現代に伝えるために資料館ができていたり、池を配した東院庭園が再現されていたりと楽しむことができたのですが、このような無粋な看板があったのは残念でした。



2012nippon522

 次は関西文化学術研究都市を目指しました。

けいはんな学研都市という愛称の方が馴染みがある筑波みたいな田舎の人工的な街ですが、1994年の都市びらきから20年近くになりますので最近はさすがに落ち着いてきた印象があります。2006年には学研奈良登美ヶ丘駅まで近鉄けいはんな線が開通したようですが、モールマニアの私の目的地は丘の上に建っていたイオンモール奈良登美ヶ丘でした。

高低差がある敷地に建っていて、南側の駐車場に停めましたのでモールの建物は小さく感じたのですが、実際は変則的なL字型の3層構造の建物でしたから奈良市の古いモールや既存の商店を脅かすのに充分でした。3階から1階まで降りて北側に行ってみたら奈良登美ヶ丘駅が目の前でしたので、駅前モールでもありました。イオンモールは奈良登美ヶ丘店から5kmほどしか離れていないところに高の原店があるのですが、どちらも違う路線の駅前ということで共存できているようです。



2012nippon523

 次に向かったのは歴史的な構造物でした。

数年前に何かでその存在を知ってから、取り壊される前に一度は行っておかねばと考えていたのは東淀川区西淡路5丁目の高射砲台跡住宅でした。高さ約4m,直径約10m、鉄筋コンクリート製の戦時中の遺跡なのですが、戦後直後から住居や物置などに使われ続けていたらしいのです。

現在ではマンションの間に埋没するように3基の砲台が残っていたのですが、ここから新大阪まで直線距離だと2kmほどしかないとは信じられない静けさでした。個人的には昭和の遺産として残すべきだと思うのですが、財政難の大阪では取り壊して道路を拡幅することしか頭に無いようでした。数年後には取り壊すという小さなニュースを見ることになりそうですが、「あの時に見ておいて良かった…」と思うことになるのでしょう。



2012nippon524

 新大阪からは尼崎方面に抜けました。

天王寺で建設中のあべのハルカスの工事の様子をチェックしたかったのですが、淀川を渡ってしまうと混みそうでしたので止めておきました。それで久しぶりに国道2号線を神戸方面に走ったのですが、時代のためかロードサイドの店が増えているように感じました。六甲道の駅の近くで信号待ちしていた時に偶然にモンベルのショップを見かけたのですが、雰囲気がサンフランシスコのパタゴニアに似ていました。

このモンベル六甲店の2階には「M.O.C.クライミングセンター」というクライミングジムがあるみたいですが、六甲山をテリトリーにしていらっしゃる関西のクライマーの皆さんの間ではショップ共々お馴染みなのでしょう。



2012nippon525

 日暮れ時にHAT神戸に着くことができました。

東北や茨城の被災地を見てきたばかりでしたので、最近の人と防災未来センターの周辺の様子をチェックしてみることにしたのですが、前回は遅い時間に着いたためにチェックできなかったブルメールHAT神戸というモールに行ってみました。ユニクロなどのチェーン店やシネコンなどが入ったあまり面白みが無いものでしたが、このあたりの埋め立て地のマンションの住民の皆さんには充分なのでしょう。少し電車に乗りさえすれば三宮でも梅田にでも簡単に行くことができるわけですしね。

その後に久しぶりに阪神大震災で被害が大きかった長田地区に行ってみたのですが、まだ駐車場など有効利用されていない土地が多くて街を歩く人や自動車も少なく、他所と較べるとかなり暗い感じがしました。阪神大震災から17年も経っているのですが、まだまだ長い年月がかかるようです。神戸でさえそうでしたから、東北のこれからもたいへんでしょう。阪神大震災の頃から政府の被災地対応は不十分ですからね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/24(木) 23:59)

 ドライブ9日目、諏訪から雪を眺めながら南下して名古屋の友人宅へ…
2012nippon512

 ドライブ9日目は諏訪から14号を南下しました。

先日とは違ってスッキリと晴れてくれ、爽やかな高原エリアの田舎道を快適にドライブできたのですが、南アルプスには雪が残っていましたので新鮮でした。日本海側を北上する時にも富山あたりで残雪を見ることができたのですが、やはり個人的にはこちら側の方が好みです。

先日は天気が悪かったのと、大月や甲府など内陸を走ったので富士山を見ることはできなかったのですが、やはり金環日食はこういった人口密度が少ないエリアで体験すべきでした。次回は極端な円安にでもならない限りは2017年に北米へ飛んで見る予定ですが、その場合は今回の失敗に学んで何も無い大平原のど真ん中でひとりぼっちで体験したいものです。



2012nippon513

 昼過ぎに無事に名古屋の友人と会えました。

友人が最初に考えていたイタリアンの店は残念ながら休みでしたので、ちょっと走って東区役所と森下駅の間にあった川長という老舗に連れて行ってもらいました。私は看板メニューのうなぎの釜めしを、友人は何度も食べたことがあるということでしたので蟹の釜めしを注文したのですが、炊きあがるまでけっこう時間がかかりました。

その間に今回の東北ドライブも含めていろんな話ができたので問題ありませんでしたが、待つことによりさらに最初の一口が美味しく感じることができたと思います。名古屋といえばひつまぶしが有名ですが、うなぎの釜めしもやはり最後におこげの部分と供にお茶漬け風に味わうことができましたので幸せな気分になりました。もちろん最初に蓬莱軒でひつまぶしを口にした時の幸福感には敵わなかったのですけどね…



2012nippon514

 食後に友人宅で一休みさせてもらいました。

諏訪の友人宅ではWi-Fiが無かったので自分のMacBook Airでネット接続することができなかったのですが、名古屋の友人宅は高速で快適でした。情報収集した後に、久しぶりに名古屋の中心部をチェックしてみたかったので、自転車をお借りして出かけることにしました。名古屋は大都市ですが、栄と駅前くらいなら頑張れば半日でチェックできますのでね。

栄のラシックという商業ビルに友人が支店を出したという話でしたのでチェックしてみたのですが、その入り口に招き猫風のディスプレイがありました。なぜ猫が2匹いるのかと思ったらオープンして7年ということで「にゃにゃ周年」というダジャレでした。ついでにMacBook AirのデータをウィンドウズPCで使っていた外付けHDに保存する方法をアップルストアに訊きに行こう考えて表に出たら、ずっと「おいでシャンプー」が繰り返し流れていました。名古屋だからSKE48の曲かと思ったらなぜか乃木坂46の曲でした。(笑)



2012nippon515

 名古屋駅周辺はあまり変化がありませんでした。

再開発が決まった大名古屋ビルヂングはまだ健在でしたし、いくつかの小規模の建て替えが行われているだけでしたのでね。それで駅前からテレビ塔方面に寄ってから友人宅に戻ろうと適当に走っていたら、古いアーケード街に遭遇しました。それは円頓寺という歴史ある商店街でしたが、長久山圓頓寺の門前町として成長してきた商店街だったようです。

しかし時代はとっくの昔に郊外型のモールに移っていることもあって、このシャッター通りとなっていた商店街は歩いている人もまばらで先ほどまでの栄や駅前と同じ街とは信じられない格差がありました。そのおかげで普通のアーケード街では憚られる自転車での走行もできましたので楽でしたが。



2012nippon516

 テレビ塔周辺は地味に変化していました。

オアシス21周辺もたいして変化していなかったので、新しい科学館のプラネタリウムの周辺もチェックしてみたのですが想像の範囲で面白くありませんでした。次は名古屋城の本丸御殿の様子を見に行ってみたのですが、案内図の看板にこんなのが追加されていましたので工事が始まっているみたいです。

名古屋は国内では財政力がマシな自治体ですし、選挙で選ばれた人たちが決断して市民の皆さんに充分な説明をして合意を得ているというなら問題ないのでしょう。しかし私は熊本城の残念な本丸御殿が思い浮かんでしまいますので、この先が読めない時代に税金を投入するのは好ましくないのではと考えてしまいます。今からでも中止してしまえばと思いますが、どうしても続けたいということなら熊本城の失敗を教訓にしてマシなものを作っていただきたいものです。

もし名古屋城の本丸御殿の工事関係者の方がこの文章を読まれて、「熊本城の本丸御殿は見に行ったけど、何も問題は無かったじゃないか!」とか「そんな時間や義務は無い!」ということであれば、名古屋市民のために工事をすぐに中止すべきでしょう。同じ失敗を繰り返すことになりかねませんからね。



2012nippon517

 夕食も初めての店に連れて行ってもらいました。

普通の住宅地にあったために地元の人じゃないと探すのに苦労しそうな「鯱乃家」というでしたが、カレーうどんや肉うどんが美味しいとのことでした。私は初めての店でしたのでどちらも試したいと思ったのですが、友人はカレーうどんにするということでしたので、冷たい肉うどんを選んでみました。見た目を較べてみたいというのもあったのですが、カレーうどんは次回に寒い時期に試せば良いかなと思えましたのでね。

食感が抜群の太麺の上にやや甘めの肉と大根おろし、そして薬味のネギが乗ったシンプルなものでしたが「これはありそうで他所では味わうことができないな…」と思わせるもので大満足でした。友人が頼んだカレーうどんも美味しそうで、次回の楽しみが増えました。名古屋港にはお台場に続いてレゴランドの進出が決まったようですが、イケアも出店してくれると朝食をイケアで、ランチをカレーうどんにすることができて、イケアの朝食マニアの私にとってはありがたいのですが…(笑)

ちなみにカレーうどんを看板メニューに東海地方を中心にチェーン展開している若鯱家は鯱乃家がオリジナルだったみたいです。今日の店も元々は若鯱家という屋号で営業されていたのに、商標登録で先を超されてしまったために変えざるをえなかったとか。理不尽な話ですが、場所がわかりにくくても、コインパーキングしかなくても若鯱家チェーンではなく鯱乃家に行きますので、本家の味を守り抜いていただきたいものです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/23(水) 23:59)

 ドライブ8日目、立川からイオンやアピタに寄って諏訪湖の友人宅へ…
2012nippon503

 ドライブ8日目は小雨が降る中のドライブでした。

多摩の友人宅で朝食をいただいてから立川に向かったのですが、駅の北側の雰囲気が少し都会的に変化していました。立川エリアはマンションが増えるのに合わせて大型商業施設も順調に増えていきましたが、多摩モノレールの駅が空中にあるためなのか、駅とデパート、さらにファーレ立川を結ぶペデストリアンデッキも見る度に伸びてきました。

これは高島屋の西側に建ったパークアベニューというテナントビルの前ですが、このビルの前にも新しいペデストリアンデッキが工事中でした。完成すれば西側のマンションなどの住人は便利になるのでしょうが、私は人口が増えない社会では費用対効果は高くないと思います。

駅の周辺の変化をチェックした後に立川防災館の前を通って上砂町にあるのふじようちえんに行ってみたのですが、噂通りになかなか良くできていました。私立の幼稚園でセキュリティが厳しくて歩道からしか建物内の様子を窺うしかなかったのですが、中では子供たちが楽しそうに遊んでいました。「こんな幼稚園に行きたかったな…」と思ったのですが、送り迎えが常識となっているのは窮屈です。まあ大都市はどこも同じなのでしょうが、帰りに寄り道できないのはイヤなものです。



2012nippon504

 立川から北上して武蔵村山へ行きました。

次の目的地は幼稚園から4kmほどの距離のイオンモールむさし村山でしたが、前回チェックした時はダイヤモンドシティ・ミューという名前でした。当時は郊外モールに老舗百貨店の三越が出店したと話題だったのですが、戦略ミスで撤退を余儀なくさせられたようです。「最近はどうなってるのだろう…?」と久しぶりに行ってみたら、ワールドのフラクサスやH&Mが入居していましたので驚かされました。

立川駅の北にある多摩都市モノレールの高松駅の近くには都内では初となるイケアの出店が決まったようですが、その近くにはヤマダ電機の参入も決定しているという話です。2014年から2015年にかけて立川が大きく変わることになりそうですが、そういった情報はイオンの戦略チームはウェブや新聞に載る前からご存知でしょうから、イオンモールむさし村山もそれに合わせて梃入れされることでしょう。イケア立川店の朝食と供にチェックするのが楽しみです。



2012nippon505

 ようやく瑞穂町のジョイフル本田に行きました。

茨城県の土浦市に本社があるホームセンターですが、数年前に都内に進出とのニュースを見て楽しみにしていたのです。しかし都内といっても横田基地に隣接した西部にありましたので、なかなか機会が無かったのです。イオンモールむさし村山からは4kmほどと近かったので好都合でしたが、行ってみたら併設のスタンドが安かったので行列に並んで給油しておきました。

ジョイフル本田は以前に神宮前の部屋を改装する時に荒川沖店に何度か買い物に行き、東北ドライブの途中にニューポートひたちなか店をチェックしたことがあるのですが、この瑞穂店がいちばん繁盛している感じでした。やはり周辺人口が多くて、ライバル店が弱いためでしょうか。



2012nippon506

 八王子や甲府の駅前をチェックしました。

どちらの駅前も久しぶりだったのですが、たいして面白いものも見当たりませんでしたので、適度に道の駅で休憩したりして甲州街道を走り続けました。甲府から10kmほど走った甲斐市にラザウォーク甲斐双葉というイオンモールに似た雰囲気の商業施設ができていましたのでチェックしてみたのですが、愛知県稲沢市に本社があるユニーが展開しているアピタを核店舗とする大衆的なモールでした。

なぜか道路を挟んでアミューズメント棟が建てられていたのですが、イオンモールの配置に慣れているためか他にも違和感がある箇所がいくつかありました。しかし一番の疑問はモールのネーミングでした。LAZAっていったい何なのでしょう?公式ウェブサイトにも載っていなかったもので…



2012nippon508

 多摩から200km走って諏訪に到着しました。

友人宅にお邪魔するのは初めてでしたので諏訪大社の近くに迎えにきてもらうことにしたのですが、待っている間に参道の入り口の近くにこんな土産物屋がオープンしているのに気がつきました。団体バスも停めることができる大きな駐車場がある「門前ひろば食祭館」でしたが、2010年の3月1日にオープンした複合施設みたいでした。

つまり前回の祭りから7年目に開催される御柱祭の直前に合わせてオープンしたということみたいですが、知名度は上がる一方ですから多くの観光客で賑わったことでしょう。私も一度は生で見てみたいものですが、次回は2016年の5月でしょうから何とかなるかもしれません。



2012nippon507

 友人宅からは諏訪湖がキレイに見えました。

標高が高いので冬はかなり冷え込んだそうですが、今年の冬は久しぶりに諏訪湖が凍って御御渡りが発生したくらいでしたのでキビシイものだったことが想像できます。また食祭館あたりではキレイにワンセグ放送が受信できていたのですが、自然豊かな環境の中にある友人宅は電波がまったく届いていませんでした。それで友人宅のエリアではケーブルテレビに加入するのが常識になっているそうでした。

下諏訪は小さな町ですが、24時間営業の西友もあって普通の商品を購入するのは困らないということでした。ちょっと特殊なものは30kmほど走って松本まで行けば入手できるでしょうし、高速を飛ばせば東京の日帰りだってできますので楽なようでした。松本市の南端に位置する信州まつもと空港までは30分で行けるみたいですから、長野県が頑張ってLCCが就航するようになればかなり便利になりそうです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/22(火) 23:59)

 ドライブ7日目、竜巻が襲った町からスカイツリーに寄ってお台場へ…
2012nippon496

 ドライブ7日目はつくば市に行ってみました。

5月6日に北条地区で発生した竜巻はまだ記憶に新しいのですが、国内最大級のものでしたので現場はまだ修復の途中でした。吹き飛ばされた家の敷地は真新しい駐車場のようにキレイになっていたのですが、テレビで見た時に印象的だった5階建ての雇用促進住宅は窓の部分がブルーシートで覆われていて、まるで現代アートの作品のようでした。

私は津波が襲った地域から戻ってきたばかりですから北条地区の被害はそれほどでもないと思えたのですが、東京からやってきたら大災害だと感じたことでしょう。私は阪神大震災の2ヶ月後くらいに神戸の長田地区に行ってみたことがあるのですが、都心にお住まいの方で被災地をご覧になった経験が無いということなら北条地区を訪問されてみられることをオススメします。最近の異常気象もあって都心でも被害に遭う可能性があるわけですから、現場を見てイザという時の心構えをしておくことは有効だと思います。もう現地の生活はずいぶん戻っているようですが、もし訪問される場合は被災地の方の邪魔にはならないように心がけるべきだとは思いますが。



2012nippon497

 それから皆既日食を見る場所を探しました。

つくばからは6号線を南下したのですが、どこで生まれて初めての金環日食を見るべきか悩みました。私の最初のプランでは大洗を南下したあたりの海岸で見て、その後は木更津のアウトレットへ行こうと考えていたのですが、ETCを付けた自動車でないとアクアラインの割引を受けることができないということでしたので止めておくことにしました。

それで内陸を南下することにしたのですが、金環日食の時間が迫ってきても6号線沿いでは雰囲気が良い広々とした場所がなかなか見つかりませんでした。そうしている内にも太陽はどんどん欠けてしまいましたので焦ったのですが、7時20分になったので我孫子のイトーヨーカドーのあたりで自動車を停めて観察することにしました。

その周辺は普通の住宅街でしたが、意外にも屋外で観察している人はわずかでした。「中途半端な場所を選んじゃったな…」と少し後悔したのですが、すべてが隠れるのは5分ほどという話でしたので他所へ移動する余裕はありませんでした。しかし我孫子の空には薄雲はありましたが、皆既日食をじっくりと観察できて悪くはありませんでした。どうせダメだとは思いましたがデジカメで数枚撮影してみて、ブログ用に携帯テレビを太陽の方向にかざして1枚押さえておきました。



2012nippon498

 四ツ木からスカイツリー方面に降りてみました。

6号線を南下していたらイヤでも目に入りましたので、開業前の周辺の様子もチェックしておくことにしたのです。朝の情報番組でもスカイツリーからの日食中継をやってましたので、朝から多くの観光客が押しかけてきてることはわかっていたのですが、私はスカイツリーに来る前に柏の葉駅周辺のその後の変化をチェックしていましたので、そろそろ観光客は浅草などへ移動している頃だろうと予測していたのです。

今回は以前は工事中で走行できなかったスカイツリー側の水路沿いの道を走ってみたのですが、もう開業してるんじゃないかと思わせるような賑わいでした。もちろん明日の開業を控えて東京ソラマチのテナントのスタッフさんたちが出入りしていたこともあると思いますが、スカイツリーからの日食中継を見た人が「もう開業したのかな…?」と勘違いして来ちゃった人もいたんじゃないかなと思いました。(笑)



2012nippon499

 午前中にヤボ用を済ませて都心を走りました。

東京のアホみたいに高い駐車料金を払うのはイヤでしたので、今日はずっと都内各地を走り回ることにしました。まずは丸の内仲通りを通って東京駅の赤レンガ駅舎に行ってみたのですが、もう防護壁はすべて取り外されて戦前の重厚な外観を現していました。JRのことが大嫌いな私ですが、この古い東京駅を取り壊して無粋な利益追求最優先の駅ビルに建て替えをしなかった経営判断は良かったと思います。

この赤レンガ駅舎の右手には東京郵便局の建物の建て替え工事も最終段階を迎えているのですが、こちらは下層部だけは以前の建物の外壁を残しているのですが、その上には醜いデザインの高層ビルが乗っかっていて最悪ですからね。しかし日本のマスコミは国民に負担を押し付けて民営化した会社が、我が物顔で土地の高度利用を行って私腹を肥やすことに対してまったく批判をしないことには腹が立ちます。まあ日本のマスコミは広告収入で成り立っているので、お得意様であるJRや日本郵便の批判はできないということなのでしょうが、それなら自分たちを「我々はジャーナリストだから…」とプライドを持つのは止めて「へへっ、しがない御用マスコミでごぜいやす…」という態度で暮らすべきでしょう。



2012nippon500

 銀座を流した後にお台場方面に行ってみました。

築地の友人もまだダイバーシティには行ってないんじゃないかと思って誘ってみたのですが、仕事で外に出れないということでしたので1人でドライブしたのですが、ダイバーシティは何か3000円以上も買わないと駐車場が無料にならないということでしたので立体に停めることは断念しました。

日本科学未来館の近くに路上駐車してダイバーシティ正面のガンダムは撮影したのですが、そんな画像はネット上に溢れているでしょうから、私は今日は利用しなかったフジテレビ側の立体駐車場の様子をアップすることにしました。裏側のカラーリングは正面と共通でしたが、高速道路からも見えるはずなのに地味ですよね。お台場地区は15分に1便程度のベイシャトルという無料バスがあるみたいですが、その路線図でもデカく表示しておけば良いでしょうに。



2012nippon501

 久しぶりにレインボーブリッジを渡りました。

お台場から2月12日に開通したばかりの東京ゲートブリッジを渡ってみようかとも考えたのですが、友人との夕食の約束の時間が迫ってきましたので船橋のイオンモールに行くのは次回にすることにしました。汐留の様子をチェックした後に銀座のユニクロの裏手のコム デ ギャルソンのドーバーストリートマーケットの銀座店の外観をチェックしてみることにしたのですが、その途中で東銀座の歌舞伎座の近くを通りました。

晴海通りに面した低層の歴史的なファサード部分はまだ工事の真っ最中でしたが、その裏手の高層タワーはかなりできあがっていました。この歌舞伎座のプロジェクトも東京駅前の日本郵便のJPタワーと同じように歴史的な外観を残しつつ高層化して敷地のポテンシャルを最大限に生かそうというものですが、こちらの方は高層部分が別の建物に見えるのでマシかもしれません。しかし工事中も晴海通りを通る自動車は多いわけですから、パリのオペラ座が改修工事の期間中にやっていたように防護壁にクラシックな建物をイラストで描くといった工夫があっても良かったんじゃないでしょうか。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/21(月) 23:59)

 ドライブ6日目、仙台からちょっと寄り道して制限解除区域へ…
2012nippon489

 ドライブ6日目は仙台からスタートしました。

日曜の朝でしたので交通量は少なめでしたが、久しぶりの大都市でしたので信号も多くてうんざりでした。仙台の中心部は昨年の10月にチェックしましたので、今回は昨年は偶然にオープン日に訪れた宮城野区の福田町南1丁目公園の仮設住宅の中央部分に建てられた「みんなの家」のその後の様子を確認してから南相馬市の制限解除区域へ南下することにしました。

前回は空き地にぽつんと置かれたイメージでしたが、「みんなの家」の周辺には手入れが行き届いた花壇が作られていて、裏手にはストーブ用の薪が積み上げられていましたので大事に使われている感じがしました。まだまだ多くの被災者の皆さんが暮らしていらっしゃる仮設住宅の中の小さな家ですから皆さんの要望には応えることはできていないのでしょうが、今後も平等に有効利用されると良いのですが。

昨年にこれを見た後にニュースで聞いた話では、これと似た規模のものを5人の建築家の善意で10戸くらい作りたいということでしたが、まだ2戸しか実現していません。ほとんどの仮設住宅には既に共有スペースがあるので手を挙げるところが無いという話もあるのですが、おそらく地元の政治家が自分に利益が無いことだけに熱心じゃないのではと疑っています。



2012nippon490

 仙台から初めて相馬市方面に南下しました。

以前に何度か走ったことがある国道6号線でしたが、前回と前々回は30km制限がありましたので内陸の国道4号線を走ることを余儀なくさせられたのです。今回は20kmまで制限地域が縮小したので行ける所まで南下してみることにしたのですが、かなり南下しても雰囲気はあまり変わりませんでした。もちろん元々の人口密度も少ない上に20km圏は関係者以外は通行止めとなっていますので交通量は少なかったのですけどね。天気が良い日曜であっても宮城県南部にドライブに出かける人はほとんどいないはずですしね。

相馬と南相馬の道の駅をハシゴして、現時点で南下してゆくことができる限界の地図を探したのですが見当たりませんでした。それでとりあえず国道6号線を南下してゆけば、そのうちに案内板でもあるんじゃないかと考えて自動車に戻ることにしました。しかし道の駅のトイレの横の広場に大きな魚を抱いて運んでいる人が目に付きましたので様子を見に行ってみたら、子供向けの魚ロボットのデモンストレーションをやるみたいでしたので私もチェックしてみることにしました。

中央の魚の直売所のおじさんに見えるのが海洋楽研究所の林正道氏なのですが、海好きが高じて独学で魚ロボットを作り続けていらっしゃるというユニークな方でした。円形プールに子供たちを集めて海洋生物について楽しいレクチャーがあったのですが、最初の5分だけ見るつもりだったのに最後まで見てしまいました。付き添いの大人たちが撮影していましたので動画サイトで見つけることはできそうでしたが、ついつい引き込まれてしまって午後の予定を変更することにしたのです。



2012nippon491

 今回のドライブの主目的は日食でした。

しかし311後に初めて入れるようになったエリアが実際はどうなっているのかを自分の目で見ておきたいという思いも強かったのです。名取や岩沼あたりでは水田に田植えが終わってのどかな雰囲気だったのですが、耕作放棄地が増えてきて異様な光景が広がってきました。

小高の駅前通りに行ってみたら、昨年の3月で時計が止まってるような景色が現れました。仮設住宅から自宅に物を取りにやってくる人はいらっしゃるみたいでしたが、本格的に壊れた部分を補修したり片付けをしようという人は少ないみたいで、まるでゴーストタウンのようでした。交通量はほとんどないのですが、信号が点いていたのが印象的でした。



2012nippon492

 小高駅の後に海を見に行ってみることにしました。

錆びた線路を見下ろしながら跨線橋を渡ったら、下る途中で数台の自動車が流されたまま放置されているシーンに出くわしました。道路上に流れ着いた自動車は立ち入り制限が解除される前にすべて撤去されたのでしょうが、こういった乗り上げているものはクレーンなどが必要になるので後回しになっているのでしょう。

ここでも時計が止まったままだったのですが、国道6号線から海岸までの間も放棄された水田の中に多くの残骸が残っていました。日曜ということもあって数組のボランティアさんたちが片付けに来ていらっしゃいましたが、まだまだ時間がかかりそうでした。原発の人災さえなければとっくの昔に作業が終わっていたのでしょうが、改めて無責任な東電や政府に対する怒りが沸いてきました。



2012nippon493

 6号線は浪江の手前で通行止めでした。

そのまま南下できれば早いのですが、Uターンして相馬まで戻って大きく迂回するしか方法がありませんでした。国道沿いには被災したホームセンターやコンビニなどが当時のままで残っていたのですが、その多くは応急処置として入り口や窓がベニヤ板などで塞いであったのですが、1軒のコンビニはガラスが破れたままでしたので様子を見てみることにしました。

窓ガラスが地震や津波で破れた感じではない雰囲気でしたが、レジの横のATMが無理やりにこじ開けられた形跡がありましたので、30km圏内が制限区域になってから誰かが盗みに来たのではないでしょうか。このコンビニの店主はレジは空にして避難されたのでしょうが、それ以外はブレーカーを落とすくらいの時間しか無かったようでほとんどの商品はそのまま置き去りにされていました。

地震や津波に襲われた後に人間や動物にもやられた感じでしたが、当時のままの雑誌類が本棚に並んでいましたのでタイムスリップしたような不思議な感じがしました。ちなみに新聞のラックには3月11日のスポーツ紙が並んでいたのですが、その1面トップの記事はコント55号の坂上二郎さんの訃報でした。昨年は私はマレーシアにいましたので初めて気がついたのですが、当日は二郎さんが亡くなった記事を読んで「俺とたいして歳は変わらないのに気の毒に…」と思われた後にご自身も津波で亡くなられた方がいらっしゃったのでしょう。

昨年はテレビや新聞で過去の津波を教訓にして高台に移転されておいたために難を逃れたといった話や、普段から避難訓練をやっていたので助かったとかいった話をずいぶんとやっていました。昨年の天災で亡くなられた方や先祖の皆さんは前回の津波の後に「もうしばらくは地震は起きないだろう」と考えて被災地に家や仕事場を再建されたのかもしれません。地震にはある程度の周期はあるようですが、いつ発生するかは誰にもわからないわけですから大自然の前では無力な存在の人類は謙虚に思慮深く生きるしか方法が無いと改めて思いました。



2012nippon494

 数キロ走っただけで日常に戻れました。

検問所が10km移動したはずなのですが、その境界線や痕跡はわからないのです。いつの間にか普通に営業している自動車ディーラーやコンビニが現れ、ファッションセンターしまむらの郊外店の先には真新しいパチンコ屋があったのですが、ここの駐車場も停めるのに苦労しそうなくらい流行っていたのには驚かされました。

これを撮影した直後にケーズデンキやユニクロと駐車場を共有するフレスコというスーパーに行ってみたのですが、そこには普通に食品が棚を埋め尽くしていましたので頭がクラクラしました。そのスーパーから数キロ走れば1年以上前の食品が散乱しているコンビニがあり、そこから10kmほどの海岸沿いには綱渡り状態のフクシマ原発があるわけですからね。

私が被災地に入る前日にも震度4の地震があったのですが、私はスーパーで東京の友人に何を買って帰ろうかと品定めしていた時に大地震が発生したらフクシマの原発が危険な状態になり大量被爆することになったかもしれないのです。スーパーで日食観察用のグラスがおまけに付いた雑誌を楽しそうに購入していた親子も、もう一度原発に何かがあれば難民化してしまうことだってあり得るわけです。1年以上も経っているのに国民を仮設住宅に住まわせておいて平気な政治家たちですから、自分たちの利益が最優先で根本的な対策は後手に回っているのでしょうがヒドい国だと思います。議員年金は問答無用で全廃して、復興の道筋を示すことができるまで国会議員の給与は半額にするくらいはすべきだと思いました。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/20(日) 23:59)

 ドライブ5日目、遠野から三陸海岸の被災地を通って石巻へ…
2012nippon470

 ドライブ5日目のスタートは遠野からでした。

昨年の10月の東北ドライブの時にも立ち寄ったのですが、駅前の観光施設が完成しているだろうと思ってチェックしてみることにしました。4月1日にオープンしたという遠野市観光交流センターは「旅の蔵 遠野」という名前だけに新築ながら旅行者に郷愁を感じさせるような重厚な造りで悪くありませんでした。同じ敷地内の30分無料の駐車場に停めて中身をチェックしてみたのですが、内容は工夫が少なくてハードとソフトが釣り合っていないと思いました。

面白くなくて5分もかからなかったので遠野駅に行ってみたら、たまたま伝統舞踊のようなものをやっていましたので楽しむことができました。たまたま週末でタイミングが良かったのでしょうが、こういった小さなサプライズは得した気分になります。遠野市の皆さん、ありがとうございました~。



2012nippon471

 遠野から釜石に移動したら雰囲気が激変しました。

昨年に較べれば確実に町はキレイになっていたのですが、再建策がまとまっていないためなのか1年以上も経っているというのに復興の兆しが見あたらないような状況でした。それというのも消費税を上げることや党内の揉め事に時間や労力を使っているからでしょうが、大地震や津波は天災ですから仕方が無い部分はあるのですが、原発事故やその後の復興に時間がかかり過ぎているのは人災として批判されるべきものだと思います。
 
政府の被災地対応が充分で無いのは誰しも感じることで、地震で多くの建物が崩壊するのを目の当たりにした建築家たちも様々なスタイルで被災地支援に取り組んでいるようです。私は昨年の10月に仙台で「みんなの家」という仮設住宅の中に建築家が集会所のようなものを寄贈する現場に遭遇したのですが、その第2弾ともいうべきものが釜石に作られたというニュースを見てチェックしてみることにしました。

釜石の中心部から5分ほど南下した平田公園に作られた仮設住宅の中に、四角い箱にとんがり帽を乗せたような小屋が作られていました。まだ桜の花が残っているくらいでしたから、最近までヒーターを使っていたらしく窓は閉じられていましたが、これからの季節は全解放されて気持ち良く利用することができるのでしょう。



2012nippon472

 釜石の後で大船渡まで南下してきました。

ここもまだ復興とはほど遠い状況でしたが、瓦礫は町外れに集められていましたのでスッキリとした印象でした。前回との違いを確認しながら走っていたら、テレビで何度も見たことがある「かもめの玉子」の建物の前にやってきました。製造元のさいとう製菓の社長さんが撮影された動画を改めて見てみたら、この建物の前をいくつもの家が流されていましたので、「よくこの建物は無事だったものだな…」と感心させられました。

もちろん2階の天井近くまで津波が襲っていましたので、建物は無事であっても中のものは使い物にならないのでしょう。この津波に耐えた建物も大船渡の再建プランが決まったら取り壊されてしまうのかもですが、その場合でも報道番組で取り上げられることでしょう。この建物の前でいろんなことを考えさせられたのですが、かもめの玉子はかつてのチリ地震の津波の壊滅的な被害からも復活した歴史があるみたいですから、今度も頑張っていただきたいものです。私も微力ながら買い物をしようと思ったのですが、現在の販売店舗の地図がありませんでしたので購入できませんでした。



2012nippon473

 大船渡の町は昨年と少し違っていました。

それはホームセンターとコンテナで作られた復興屋台村ができていたからでしたが、駐車場はほぼ満車状態と賑わっていました。人口のわりにまだ店の数が少な過ぎるということもあるのでしょうが、娯楽も少ないのでホームセンターの材料で工夫していろいろと生活に必要なものを自作しようという人たちが多いのではと思えました。

ランチは屋台村で「ひっつみ」という「すいとん」のような郷土料理をいただいたのですが、素朴で美味しゅうございました。屋台村のおばさんと世間話しながら食べていたら、2人のかなり高齢のおばあさんが中年の娘さんと食事にやってきました。「お久しでがんす…」と屋台村ができたことで遠方の仮設住宅からでも初めてやってきたことがうかがえました。

まだ食事中でしたので何気なく方言まじりの会話を聞いていたのですが、その内容がムチャ壮絶なものでしたので箸が止まってしまいました。なんと前回のチリ地震の時と生涯に2度も津波に建物ごと流されて生還されたということだったのです。私がドキュメンタリー映画の監督だったら、すぐに出演依頼したことでしょう。しかしその話を聞けただけではるばるドライブしてきた甲斐があったと満足して席を立ちました。



2012nippon474

 34号線を南下していたらコレがありました。

気仙沼駅のひとつ手前の鹿折唐桑駅の前の道路を塞ぐように第十八共徳丸が陸に乗り上げたままになっていたのですが、余震や強風で倒れたりしないように鉄骨で補強されていました。第十八共徳丸は全長約60メートル、重量330トンの大きさらしいのですが、見学にやってきていたバスと較べるとその巨大さが理解できると思います。

第十八共徳丸の所有会社が費用面から再利用を断念したそうで、復興記念公園のモニュメントにする計画が進んでいるようですが、私も将来への教訓として保存して展示することに賛成です。もちろん家族を無くされた方の中には災害を思い出してしまうので撤去してほしいという気持ちは理解できます。しかしチリ地震の教訓に学べなくて多くの人命や財産を失ってしまった現実がありますので、できるだけ多くのシンボリックなものを残していただきたいものです。



2012nippon475

 そして今回もこの場所にやってきました。

あまりにも有名な南三陸町の防災対策庁舎でしたが、私は個人的に今回の大災害で残った建物の中で後世のために保存すべきものの筆頭だと考えています。野田首相が国会で美談として取り上げた危機管理課の女性職員が身の危険をかえりみず避難指示のアナウンスを続けた建物でもありますが、その方も含め42人もの方が亡くなられたので町民の皆さんにとっては早く取り壊したい存在かもしれません。

宮城県に何の縁も無い私が私論を押し付けようとは思わないのですが、この津波により壁などがはぎ取られた鉄骨の残骸は忘れがちな自然の脅威を我々に無言で教えてくれる貴重な存在であると思うのです。重機とバーナーがあれば撤去するのに半日もかからないような鉄骨の残骸ですが、できればこの周辺を慰霊公園と整備して残すべきだと思います。もしこのエリアの再開発の邪魔になるようなら、近くの適地に移設することを検討されるべきだと思いますが。



2012nippon476

 南三陸からは初めての道を通りました。

昨年は通行止めだった海岸沿いの398号線の復旧工事が終わって通ることができるようになっていたのですが、生まれて初めて通る道だった上に、見たことが無い被災したエリアの中を通ることもできましたので貴重な経験でした。狭い道で路肩が崩れた箇所もありましたので、ごく稀にすれ違う対向車に気をつけて女川町まで走ったのですが、昨年は工事中だったコンテナによる仮設住宅はすっかり馴染んでいるみたいでした。仮設住宅の中央部分にはテント構造の集会所などが完成していたのですが、そこでは子供たちがサッカーを楽しんでいました。

意外だったのは中央部分にまで駐車場が作られていたことと、リビングからの出入りに不便そうなフェンスが追加されていたことでした。私はこの中央部分には家庭菜園でトマトなどを育てるのが良いだろうと勝手に考えていたのですけどね。私は自動車は仮設住宅が作られたグラウンドの敷地の外でも良いのではと思うのですが、住人の皆さんがこのままの方が利便性が良いので変えたくないということなら、仮設の屋根同士をワイヤーで結んで、そこに水耕栽培のトマトの枝が広がるように工夫されたら良いのではと思いました。適度な日陰もできて真夏でも過ごしやすくなるんじゃないかと考えられますが。



2012nippon477

 石巻の新しいランドマークにも行ってみました。

木の屋水産の工場脇にあった魚の油をためるタンクが300mほど流されて橋の手前の県道の中央分離帯あたりで横転したままになっている津波の威力を証明するような「残骸」なのですが、これをどうするかはまだ決まっていないようです。今回はタンクの周囲に子供が描いたようなパネルが置かれていたのですが、私は中途半端であまり良い方法では無いと思いました。

恒久的に東日本大震災の教訓として残すのであれば、早めに国際コンペを行って鎮魂公園として整備すべきだと思います。計画案を決定して基金を集めて、ある範囲の国道沿いの土地を買い集めて、観光客が安全に自動車を停めて犠牲者に祈りを捧げる環境整備をすべきだと思います。またこの場所から旧北上川にかかる日和大橋まではわりと近いですから、祈りを捧げた後に橋の上まで歩いて行って石巻の復興の様子を見ることができるようにすれば良いと思います。



2012nippon478

 石ノ森萬画館はまだ閉まったままでした。

5月4日と5日に現在の館内の様子をコアなファンの皆さんに見てもらう「萬画館探検隊」というミニ企画が開催されたみたいですから、何か昨年までとは変わってる部分があるのではと行ってみたのですが、変わっていたのは隣の教会の方でした。防護幕で囲んでありましたので「まさか取り壊しでは…!?」と心配したのですが、改修工事のためのものでしたのでホッとしました。

ウィキペディアによりますと、旧石巻ハリストス正教会教会堂は現存する日本最古の木造教会建築で、現在は石巻市が所有して宗教施設としては使用されていないそうです。1980年に石巻市に寄贈された後は市指定の有形文化財となって一般公開されていたらしいのですが、被災後は休館して今年の4月11日から5月11日までは修復資金を集めるためのライトアップパフォーマンスが実施されたみたいです。

この2つの建物は早く元通りの状態に復旧してもらうことを願っているのですが、石巻の復興のシンボルとしての新しい施設を建てるのも悪くないと思います。津波の被害を免れた石ノ森萬画館の2階と3階は数日の間は避難所となったらしいのですが、また将来にこのエリアを津波が襲うこともあり得ますので1階部分を駐車場にしているピラミッド状の東日本大震災記念館のようなものを建設すれば良いのではと思いました。



2012nippon479

 日没時に屋台村みたいな所に行ってみました。

昨年の7月30日に石巻街道の末広町交差点近くにオープンしていた「ホット横丁石巻」という施設でしたが、「築地銀だこ」を全国展開するホットランドという会社が主体となって立ち上げた東北応援プロジェクトということでしたので雰囲気が浜松町のハイボール酒場のホット横丁東京に似ていました。

「地元の方々の営業再開支援や雇用創出、未来の担い手となる子どもたちの育成を目指し、地元の皆さんと一緒に盛り上げていきたい」というスタート時の理念は悪くないと思ったのですが、1周してみて食べてみたいものや買って帰りたいものは皆無でしたので残念でした。石巻まで行かないと食べることができないものや売っていないものを割安に提供することでリピーターの獲得に成功すると思うのですが、私は次回には面白そうな話が無いと素通りすることになると思います。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/19(土) 23:59)

 ドライブ4日目、上越から会津若松や喜多方を通って山形へ…
2012nippon480

 ドライブ4日目で会津若松までやってきました。

昨年の10月の東北ドライブの時に新潟を通ったので、今回は長岡から内陸に切り込むことにしたのです。テレビ放送はもちろん、ラジオさえ聞こえにくい山道を走り続けて数年ぶりに会津若松の街に辿り着くことができました。昨年は2回も福島に行きましたが、走り疲れたので内陸はパスしたのです。

それで会津若松は久しぶりで楽しみにしていたのですが、たいして面白いものはありませんでしたので期待ハズレでした。歴史がある街ですから変に開発してはいけないのでしょうが、それでも何か新しいものを付加していかないとリピーターの獲得にはつながらないと思いますが。普通の市民生活があるわけですからコンビニも必要なのでしょうが、コーポレートカラーも制限するくらいの景観条例が必要なのではないでしょうか。



2012nippon481

 喜多方に向かう途中で少し休憩しました。

国道121号線沿いにあったイオンタウン塩川でしたが、見たことが無いようなローカルなテナントが多くて遠くまで来たことを実感させられました。アメリカの田舎道を走っていても似たような経験があるのですが、日本の地方都市のロードサイドもすごくアメリカナイズしてきたように感じています。

全国的に車社会になったためかドライブスルーの店も増えましたし、最近はセルフスタンドの方が多いように思えるほどになりましたしね。郊外のショッピングモールは当然として、ウォルマートをマネしたようなEDLP(Everyday Low Price)をウリとする24時間営業のスーパーセンターや、アウトレットモールも増えてきましたしね。



2012nippon482

 喜多方の街は以前と少し変わっていました。

以前は白かった駅のファサードの中央入口部分にレンガが貼付けられ、両脇にはなまこ壁風のデザインが施されて重厚さを感じさせるようになっていました。また駅前の道路は拡幅されており、同時に電線の地中化も行われたみたいでしたのでスッキリしていましたのでね。

蔵の町、ラーメンの町として全国的に有名な喜多方ですが、この駅前の整備で鉄道を利用してやってくる遠来の観光客の第一印象はかなり良くなってると思います。現在は整備済みの箇所はまだそれほど長くないのですが、今回のものが評判が良ければ予算が計上されてゆくこともあり得るでしょう。



2012nippon483

 途中で寄った米沢で不思議なものを見ました。

信号待ちの時に見かけただけなのですが、アイディアの泉神社という名前はインパクトがありますよね。この神社を2001年に作られたのは近くの小島洋酒店の方らしいのですが、少し検索しただけではなぜ酒屋さんがアイディアの泉を発想されたのかはわかりませんでした。





2012nippon484

 今回のドライブは日食の時期を選びました。

5月21日に太平洋岸で金環日食を見ることができなければ東北に桜前線が通過する時期を選んだのですが、ちょっと遅過ぎたので標高が高い山間部でも無理だろうとあきらめていました。しかし思いがけずまだ咲き誇っている桜を見ることができたのですが、種類が普通の桜とは違うのかもしれません。



2012nippon467

 陽が暮れる前に山形の駅前に到着しました。

久しぶりに行ってみた会津若松や喜多方が私にとって面白いものが無かったので明るいうちに到着することができたのですが、駅裏に高いビルができていましたのでイメージが大きく変わっていました。この画像では中央の駅ビルと右のドコモのビル、そして左の駅裏のビルだけしか写っていませんので田舎っぽいイメージですが、かなり都会的になっていたのです。

この画像の手前に写っている線路をくぐる東西道路も完成間近のようでしたし、駅前の拡幅工事もずいぶん進んでいましたので、次回の訪問が楽しみになりました。山形市は東北の拠点都市である仙台市まで直線距離で60kmほどと近過ぎるので都市力が弱い部分があると思うのですが、やりようによっては伸びる要素はあると思います。九州における熊本みたいに身分不相応に州都を目指したりするのは間違いだと思いますが、将来の東北の州都になるであろう仙台を補完する役に徹するという道を選ぶのも悪くなさそうですが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2012/05/18(金) 23:59)

 ドライブ3日目、おおい町から金沢やかほくに寄って高岡へ…
2012nippon462

 ドライブ3日目はある町役場に寄りました。

それは原発再稼働問題で全国的に有名になった福井県のおおい町の役場でしたが、その建物の前にはこのように墓地がありました。おおい町の原発では死人は出ていないと思いますが、もし何か大事件が起きたらマスコミで好んで使うことになりそうな意味深な構図でした。

おおい町はこれまで何度か通ったことがありますが、今回改めて気をつけて走ってみたら身分不相応な大きな公共建築物が目に付きました。電源三法交付金などで作られた、いわゆる「箱物」なのでしょうが、普通の田舎町をそんないびつな構造にしてしまった人たちはこの墓地に眠っているのでしょう。



2012nippon463

 今回のドライブの目的のひとつがコレでした。

何も知らなければ湖畔にひっそりとたたずむ美術館といった感じのモダンな現代建築でしたが、これは4月21日にオープンしたばかりの片山津温泉の街湯なのです。設計は世界的に有名な谷口吉生氏だそうですが、そんなことに興味が無さそうな近所のおばあさんたちが続々と入浴されていました。

2階はオープンテラスがあるカフェになっていたのですが、たまたま定休日でした。またガラス張りの建物の中には柴山潟の湖畔に面した「潟の湯」と白山連峰を愛でることができる「森の湯」があり、それが男湯と女湯として入れ代わるみたいです。つまり2日間通えば両方の風呂を堪能できるみたいです。

オープンから1ヶ月近く経つのに湖畔側の庭の部分が工事中でしたが、すべてが終われば風呂上がりにこの街湯の周辺を散策することができるようになるみたいでした。個人的には湖畔には露天風呂でも作っていただきたいものでしたが、周辺の温泉旅館に遠慮したのかもしれません。



2012nippon464

 金沢で見たかったのはこの郊外型の書店でした。

前回に21世紀美術館を見に行った時にも既にオープンしていたみたいですが、その時には存在を知らなかったのです。どこかの機内誌の記事で見て、ずっとチェックしてみたかったのです。石川県庁近くの「金沢ビーンズ」という3層構造の郊外型書店でしたが、そのネーミングから想像できるように空から見たら豆のような形をしているのです。

この書店は延べ床面積は約1200坪もあり、在庫冊数も約80万冊ということで充実していたのですが、期待し過ぎていたのでガッカリさせられました。もちろん近所にあったら嬉しいと思えるレベルの書店なのですが、ツタヤの「代官山T-SITE」を見た後では物足りない感じがしたのです。



2012nippon465

 遠回りして新しいモールに行ってみました。

金沢からは8号線バイパスを北上すれば早いのですが、羽咋市方面に北上した所にあるかほく市に2008年の10月31日に開業したイオンモールかほくは北陸3県はもとより日本海側最大級の商業施設という話でしたので、モールマニアの私としては多少のガソリン代の負担があっても行かないという選択肢はありませんでした。国道8号から国道159号の津幡バイパスに乗って表示されていた所で降りたら、「こんな場所にホントにあるのかな…?」と思わせる田園地帯でした。

かほく店の立地の雰囲気は同じイオンモールの宮城県の名取店や岩手県の盛岡店に似てるなと感じたのですが、私のように全国のショッピングセンターを較べて回る物好きな人種は少ないわけですから設計図をスタンプで押して作成したような商業施設でも問題ないのでしょう。(笑)



2012nippon466

 8号線に戻って、次は高岡市に向かいました。

私はモールマニアですからイオンモール高岡が目的だったのですが、その前に「高岡おとぎの森公園」に行ってみることにしました。それは何かで公園内に富山出身の藤子・F・不二雄氏のドラえもんのキャラクターが勢ぞろいしていると見かけたからでした。私は別にドラえもんが好きなわけじゃないのですが、Googleマップで確認してみたらイオンモール高岡のすぐ近くでしたので負担じゃありませんでしたのでね。

この「ドラえもんの空き地」の実物大フィギュアの完成度はかなり高いものでしたが、子供たちがよく触る部分の色が剥げかけていました。それはたまに補修するしかないことだと思うのですが、私が残念だと感じたのはジャイアンが座っている土管が塞がれていたことでした。子供たちがもぐりこんだりしたら危ないという配慮かもしれませんが、私は眠っているのらイヌのクロでも仕込んでおいてほしいと思いました。



2012nippon485

 イオンモール高岡に行くのに少し苦労しました。

Googleマップを頭に描いて適当に北東に走ったら、水田の先に巨大な店舗が横たわっていたのです。「予想以上に簡単だったな…」とイオンに向かって直進していたら、そこには歩行者や自転車しか通れない踏切があったのです。それで結果的にかなり遠回りすることを余儀なくさせられたのですが、交通量が多い田舎道を右折を2回繰り返さなきゃならなかったので時間がかかってイライラさせられました。

あきらかにこれを撮影した場所から歩くよりも余計に時間がかかってようやく辿り着いたイオンモール高岡は、特筆すべきものが無い普通のショッピングモールで面白くはありませんでした。高岡おとぎの森公園とイオンモール高岡に寄らずに8号線を突っ走れば2時間ほど時間を節約できたのですが、失敗だったかなとちょっと後悔しました。(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/17(木) 23:59)

 ドライブ2日目、萩から松江や鳥取を通って原発銀座へ…
2012nippon456

 ドライブ2日目は萩からのスタートでした。

日本海側は地味な町が多いですから期待はしていなかったのですが、やはり新しいものが好きな私の興味を引くものは見当たりませんでした。次の目的地である出雲に向かおうとしたら「萩原発建設絶対反対」の看板が目に付きましたので「あれっ?」と不思議に思いました。いくら日本海側が原発銀座であっても、知名度が高い観光地の萩の近くに原発の計画なんてあるのかなと不思議だったので、自治労山口県本部のウェブサイトをチェックしてみたのですが、サイト内検索が用意されていませんでしたので見つける気が無くなりました。

ウキペディアによりますと、中国電力の原発は松江市の島根原発と山口県の上関町に計画中のものしか無いようです。昨年はフクシマの件がありましたので萩で新規に建設される可能性は少ないと思います。萩には波力や風力などの自然エネルギーを活用するものが似合いそうな気がしますが。



2012nippon457

 これは島根の道の駅で見かけたものです。

出雲市の多伎町にあった「キララ多岐」という道の駅だったのですが、島根県に入りましたので県のキャラクターである「しまねっこ」関連のディスプレイが置いてありました。このキャラクターの本宅は島根県庁内にあって、県内のあちこちにこの別荘が置かれているのかもしれませんね。(笑)

私は昨年のゆるキャラグランプリの時に「しまねっこ」に投票したくらいですので、こういったものも悪くないと思います。しかし以前に何か展示物にイタズラされたのかもしれませんが、「監視カメラ稼働中」と大きく書いてあったのは残念でした。せめて「さわらないでね、出雲の神様が見てるよ!」くらいにしておいてもらいたいものでしたが。



2012nippon458

 別の道の駅に韓国館のようなのがありました。

米子市の先の琴浦町のポート赤碕という道の駅に「風の丘」という韓国との交流の歴史を展示して物産を扱っている建物があったのですが、残念ながら水曜定休でした。まあ特に韓国製品で欲しいものは無かったのですが、たまたま週に一度の休みに当たるなんてちょっと悔しかったのです。

ちなみに日本海に面した道を走っているとラジオから対岸のハングルの放送が聞こえてきて、半島との近さを感じさせられます。北朝鮮有事の時はこの平和そのものといった地域にも武器を携行した難民が漂着するのかもしれませんが、大混乱して日韓友好どころじゃなくなってしまうのでしょう。



2012nippon459

 しばらく走ってイオン鳥取北で休憩しました。

特に目新しいものはない普通の田舎っぽいモールでしたが、トイレに行く途中で臨時の住民投票のブースができているのを見かけました。20日に投開票される「鳥取市庁舎整備に関する住民投票」の期日前投票所だったようですが、現在の庁舎を耐震に再整備するか、鳥取駅の裏側のイオン横の空き地に新設するかを問うていたようでした。

イオン鳥取北で休憩した後に両方の立地をチェックしてみたのですが、鳥取駅に近い方が将来的な利便性が高いのでしょう。しかし私は2つの選択肢では不十分だと感じました。どちらも今後の人口減社会の市庁舎の立地としては相応しくないと感じたのですが、鳥取県の人口なら県庁と市役所を同じ建物に組み込むようなことを考えても良かったのではと思いました。



2012nippon460

 イオンの駐車場でこんなのを見かけました。

ハンディキャップの方のための専用スペースなのですが、なんと入り口にバーが取り付けられていました。利用したい人は申し込むと開閉用のリモコンを借りることができるらしいのですが、こんなのは初めて見ました。おそらく不心得な健常者のドライバーが停めてしまうことが多いので考えられたものなのでしょうが、これは間違った方法だと思います。

ハンディキャップの方は自治体から障害者手帳を発給してもらっているはずですが、その時に全国のすべてのハンディキャップ用のスペースに駐車する時に提示するカードも発給してもらうべきだと思います。それを駐車する時に自動車のフロントガラスのあたりに置いて停めるようにして、ハンディキャップ用のスペースに停める健常者の自動車は罰則付きで取り締まるべきだと思います。



2012nippon461

 関西に近づいてきたと感じることがありました。

京丹後市の峰山町にあるマインというモールでしたが、このエールというスーパーは滋賀県に本社がある平和堂のロゴでしたからね。ドライブ旅行の必需品の液晶テレビのチャンネル設定をする度に地域が変わることは感じるのですが、やはりいちばん違いを実感するのはロードサイドの風景が変わることなのです。しかし中国地方でも大分本社のジョイフルや福岡本社のトライアルなどが増えていて、日本中のロードサイドが均一化していることを感じさせられました。

今後もイオンやイトーヨーカドー系列など流通大手のモールの新規開発やスクラップ&ビルドが増えて、日本中のロードサイドの均一化が進んでいくのでしょう。九州では寿屋やニコニコドーが消え去り、その代わりにイオンやゆめタウンなどが増えたのですが、数年後にはこのモールも大手資本の傘下に入ってしまうのかもしれません。意外にドン・キホーテあたりに変わるかもですが…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/16(水) 23:59)

 ドライブ1日目、熊本から福岡や下関を通って日本海へ…
2012nippon450

 ついにドライブに出発する日になりました。

熊本の植木インターから高速に乗って福岡空港まで走って、午前中にヤボ用を済ませました。その後に4月11日に新宮中央駅前にオープンしたばかりのイケアに寄って1階のビストロで50円のソフトクリームを買って休憩したのですが、平日だというのにムチャ混んでいたのには驚かされました。イケアの後に7kmほど離れたイオンモール福津に行ってみたのですが、こちらも混んでいて景気が良さそうな感じがしました。

イオンモール福津にはイオンの食品売り場の両脇にイオンリカーやイオンサイクルが並んでいて「さすがに最新店舗だな…」と思わされたのですが、わりと広いイオンラウンジというのがあったのには驚かされました。会員制の施設でしたので中には入れませんでしたが、お菓子や飲みものを無料でいただけて休憩できるようですから近所に住んでいるなら会員になる価値がありそうでした。



2012nippon451

 その後に道の駅むなかたで休憩しました。

そこで道の駅から3kmほど離れた宗像大社の近くに4月28日に「海の道むなかた館」という文化施設がオープンしていたことを知りましたので、逆方向でしたが寄り道してみました。海の道むなかた館は小さな図書館も併設したもので、イケアやイオンとは違ってガラガラでした。

海の道むなかた館には韓国や中国との交流の歴史を展示してあったのですが、入り口にはなぜかテムザックの歴代の番竜というロボットが並べられていました。何度かテレビで見かけたことがある家庭用のユーティリティロボットでしたが、こうやって進化の過程を垣間見ることができたのはラッキーでした。



2012nippon452

 次に行ってみたのは郊外型の飲食複合店でした。

沖縄から関東のイオンなどのモールで見かけていた野の葡萄という店を展開している「ぶどうの樹」という会社の本店が遠賀郡の岡垣町という人口密度が少ないエリアにあることを何かの番組で見かけて、以前からチェックしてみたいと考えていました。今回はようやく近くを通る機会がありましたので寄り道してみたのですが、人気の理由が理解できました。

敷地内にはカフェレストランやガーデンウェディング用の施設などが点在していて、近所の有閑マダムたちの憩いの場となっているようでした。20年くらい前の北米西海岸のガーデンレストランといった感じで、ほど良いオシャレな雰囲気が居心地が良いのでしょう。1995年の2月に設立した歴史が浅い会社らしいのですが、今後も郊外に建設され続けるショッピングモールと供に成長していくことでしょう。



2012nippon453

 北九州でもちょっと寄り道してみました。

小倉駅の北口でひっそり閉店していた「ラフォーレ原宿・小倉」の跡がまんだらけなどが入居する「あるあるCity」というオタク文化に特化したサブカルチャービルとして4月27日にリニューアルオープンしたという話がありましたのでチェックしてみたのですが、まだ5~6階に開設予定の北九州漫画ミュージアムは準備中でしたし時間の無駄でした。

大商圏である福岡に近過ぎるために何をやってもダメと思われる北九州なのですが、減っているとはいっても100万の人口がありますので工夫の余地はあると思います。単純に九州にまだ無いテナントを入れるというような安直なものではなくて、日本有数の環境都市であることを生かしたものにするべきだと思います。最近はあちこちでマンガを切り口にしている安直なのを見かけるのですが、良い方法だとは思えませんからね。



2012nippon454

 最近の北九州の話題といえばコレでしょう。

4月25日に元警部の殺害事件で福岡県警の捜査員による家宅捜索が行われた工藤会本部事務所だったのですが、ほとぼりを冷ますために構成員の出入りは少ないようでした。看板も外されていましたので「ここで間違いないのかな…?」と思って周辺を見回していたら、窓から怖そうなお兄さんが顔を出して睨んできましたので間違いないのでしょう。

私はテレビの報道で見た時にメディアドームに近かったので様子を見に来ただけでしたので、1枚だけ撮影しただけで門司に向かったのですが、暴力団の封じ込めに成功してまとまった土地が一般のマーケットに出るようになれば地域の活性化につながるのかもしれません。この事務所の周辺は駐車場が多くて、土地をまとめて大規模商業施設や高層マンションを建てるのにはハードルが低そうでしたからね。



2012nippon455

 門司は素通りして下関に向かいました。

門司には昨年の8月に韓国に向かうために立ち寄ったことがありましたし、ドライブ旅行の最後にもう一度通過する可能性がありましたのでね。下関の中心部もさほど変化していないみたいでしたので、ザッと流して先を急ぐことにしました。ドライブに出発する前にネットで最近の動向のチェックをしてみたら新下関の駅の近くにゆめタウンの新しい商業施設であるゆめシティがオープンしていたみたいでしたから行ってみたのですが、まだ国道191号線から直接アクセスできる道路である259号は完成していませんでしたので、迂回することを余儀なくさせられましたので面倒でした。

ゆめシティは3層のフロアに140店舗ほどのテナントが入居していて、山口県では大規模な商業施設ではあるみたいでしたが、モールマニアの私の興味を引くような工夫は見当たりませんでした。またこのゆめシティの周辺の国道沿いもナショナルチェーンのロードサイド店ばかりで面白くありませんでした。何も日本海側には期待していなかったのですが、それでもガッカリさせられてしまいました。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/15(火) 23:59)

 少子高齢化に苦しむ日本が早急に取り組むべきことは…
2012nippon447

 今日も小学生が亡くなる事故が起きてしまいました。

大阪で集団下校していた無垢な少女が犠牲者になったらしいのですが、少子化で一人っ子の家庭が多いでしょうから残されたご両親の悲しみは計り知れません。最近はやけにドライバーの不注意による悲惨な事故が多いように感じるのですが、居眠りや飲酒などでドライバーがまともな状態で無かったら子供たちや付き添いの大人がいくら注意していても無駄でしょう。

本格的な少子高齢化の時代を迎えているというのに、無謀運転や高齢者ドライバーの加齢によるミスで子供を殺めてしまうというような悲劇はなんとか減らさなければならないでしょう。そのためには以前にこのブログでも取り上げたことがあるブレーキとアクセルの踏み間違えを防止する装置や、TBSの「夢の扉」で見かけたフロント部分がエアバッグのように工夫されている自動車、また居眠りやレーンから外れることを防止する装置などの実用化が急務でしょう。さらに新しい小児集中治療室(PICU)を備えた総合救命救急センターのような設備を拠点整備するのも最優先課題だと思います。

Googleが北米で自動運転システムの実証実験を進めていますが、もちろん日本の自動車メーカーも数年前から着手していて、音声認識システムなどと組み合わせて「ナイト2000」のような自動車が登場するのも先の話では無いと思います。そういった民間企業の様々な工夫を上手く組み合わせて大量生産することにより価格を下げて、円高であっても差別化により輸出で外貨を稼げるように政府が導くべきだと思います。私は本来やるべきことを怠けて、将来像を示さずに消費税を上げることだけとか、オリンピックの誘致とか優先順位が低いことに時間を割くアホを選んじゃったことが間違いだと思います。



2012nippon444

 先日のたかじんの番組は興味深いものでした。

「今の警察にしっかりしろと言いたいことは」というお題で「本当にワルイのは警察」という警察組織の腐敗を追及している寺澤有氏がゲストだったのですが、コメンテーターの席に元警察官僚の政治家の平沢勝栄氏が座っていたので笑ってしまいました。和解はしたらしいのですが、平沢氏は寺澤氏の書籍を名誉毀損と訴えた経緯があったみたいですからね。

数年前の警察の裏金問題から始まり、最近は証拠ねつ造や猥褻行為など納税者の国民の目に余る状態が続いています。平沢氏は警察不祥事はほんの一部で大多数の真面目な警察官が可哀想だとの意見でしたが、私からしてみると発覚しているのは氷山の一角だけだろうから根は深いと感じています。

私も日本の警察を全否定しているわけではないのですが、これ以上ヒドい状況にしないためには大胆な内部改革を断行するしかないと考えています。日本の警察の旧態依然とした体質は自浄作用に期待するレベルではありませんので、政府が早急になんとかすべきことでしょう。しかし現政権は問題の先送りばかりで、優先順位の高い日本の問題を解決していこうという姿勢に欠けています。それなのに支持率は下げ止まっているとか。いったいどうなっているのでしょう?



2012nippon445

 全国的に暴力団対策が課題になっています。

北九州市ほどじゃありませんが、古い体質が残っている熊本でも市民生活の中に暴力団との付き合いは残っているようです。いろんな不祥事が続いている警察が国民から「税金ドロボー」と批判されるのをかわしたいためなのか、最近は暴力団からの不当要求を拒否しようといったキャンペーンを行っているようですが、それに「くまもとサプライズ」のキャラクターであるくまモンを引っ張り出すのはいかがなものかと思いました。

これじゃ真剣な取り組みのような感じがしませんし、熊本県警は自前の熊のキャラクターも持っているはずですからね。知名度も人気もまったく無さそうな県警のキャラクターを使うよりも目立って効果的だとは思うのですが、この類いのものにくまモンを担ぎ出すのは間違っていると私は思います。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/14(月) 23:59)

 たんぽぽのしらとりとくまもんのみぎうでのかんけいは…
2012nippon441

 熊本では先日に続いてイベントがありました。

「TKUの日2012inわくわく江津湖フェスタ」というもので、今日も会場から5時間以上も生中継されていました。お揃いのブルーのTシャツを着た局アナのヌルいやり取りは面白くないですから、録画してガンガン早送りしてチェックしてみたのですが、それでもかなり退屈でした。

番組の最後の方でゲストのお笑い芸人たちも参加してのクイズ大会があったのですが、なぜかくまモンもステージに上がっていました。局アナのお兄さんがたんぽぽの白鳥に「くまモンはいかがですか?」と訊いたら、その独特の無表情なアクションに「私はちょっとイラつく感じが…」との発言が。直後にくまモンが白鳥のアゴを持つというキワドいギャグがあったのですが、どうも事前に打ち合わせがあったような感じでした。

番組のエンディングでナイツの塙が泣きマネをして、局アナのお姉さんが「どうされたんですか!?」と訊いたら、「これでやっと東京に帰れます…」とギャグを言っていたのですが、半分は本音のような感じがしました。(笑)



2012nippon442

 これは動物園の売店で売ってたアイスです。

くまモンをイメージして商品開発をしたらしい、竹炭を練り込んで黒くしたモナカアイスでしたが、それだけで普通の価格帯より高く設定するのはいかがなものかと思います。まあ普通のモナカアイスのパッケージを変えるだけでないのはマシですが、黒くしただけじゃ工夫が足りないと思います。

近いうちにくまモンブームは終わるのは予想されているわけですから、モナカの型をオリジナルのものにできないのは理解できます。コストを抑えてオリジナル性を高めるにはRKKが開発した「くまフォト」というスマートフォンのアプリのようなものが良いのではないでしょうか。例えばパッケージを開けたらくまモンのメッセージカードが入っていて、スマートフォンでQRコードを読み込んだらくまモンと一緒のオリジナルの画像を撮影できるとかいったことなら話題になりそうですが。



2012nippon443

 ついにくまモンのガチャポンができてました。

ガチャポンはキーホルダーなどの既存のグッズをカプセルに入れるだけで済みますので、誰でも思いつくものだと思うのですが、やはり現物を見せられると「ここまで来ちゃったのか…」と関心させられました。このガチャポンは200円とぼったくり価格じゃありませんでしたが、中身をチェックしたわけじゃありませんので良心的かどうかは不明ですが。

くまモンアイスは冷凍庫で冷やし続ける必要がありますので、節電の夏には向かないでしょう。しかし電気が不要なガチャポンはピッタリだと思います。でも今日は曇りで暑くは無かったのですが、くまモンの中の人にとってはこれからの猛暑の時期は地獄でしょう。きっと本格的な秋になるまではイベント後のアイスが欠かせないのでしょうね。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/13(日) 23:58)

 北海道では裏庭で見かけたこともある動物が集められていた所は…
2012nippon439

 本日の熊本はまさに五月晴れでした。

それで自転車に乗って郊外の動物園に行くことにしたのですが、それはフジテレビ系列のTKUのイベントで今日と明日は無料で入場することができるからでした。熊本市動植物園の入場料は大人が300円と高いわけじゃないのですが、お金を払ってまで見たいと思わせる要素は皆無でした。しかし北海道の旭山動物園とどれくらいの差があるかを知りたかったので、せっかくの機会を逃さないことにしたのです。

イベント会場の動物園は家族連れで賑わっていたのですが、この鹿さんのケージの前は皆さんが素通りされていました。私は北海道に住んでいた時に野生の鹿を裏庭で見かけたことがあるのですが、熊本でも山の奥にはたくさんいて食害が問題になってるくらいの動物ですから珍しくもないですからね。



2012nippon438

 今日はバックヤードを見ることができました。

イベント開催日で客数が普段の数倍だったみたいで、今日は園長さんが特別に普段は入れない動物たちの食事を用意する作業場を案内してくれていたのです。手前のテーブルには草食動物のための野菜が仕分けされていて、その先でペンギンやアシカなどのエサについての説明をされていました。私は旭山動物園で聞いたことがある話で退屈でしたので、すぐに最近になって完成したというチンパンジーの施設を見に行きました。

その新しい施設は旭山動物園の行動展示を参考にされたみたいで、サルたちが水を嫌う習性があるために池の中の島に立体的な施設が作られていたのですが、「モンキー愛ランド」という名前はいかがなものかと思いました。しかしネーミングより残念だったのが、見学路が行き止まりになっていて同じ道を戻ることを余儀なくされたことでした。この施設は多額の税金を投入して2009年にオープンしたみたいですが、なぜ来場者に不便を強いるような導線にしたのか理解に苦しみます。業者が来場者から不便だという意見を出してもらって、再工事をして儲けたいということなのかと疑ってしまいました。



2012nippon440

 TKUのイベントはやはりヌル~い感じでした。

ステージでスリムクラブなどのお笑い芸人たちが「熊本は良いところですね~」みたいにヨイショするネタをやっていて、それをTKUではダラダラと6時間も放送していたのです。作者の尾田栄一郎氏が熊本出身ということからなのか、ワンピースに関するマニアックなクイズ大会とかやっていたのですが、フジテレビで放送された「ほこ×たて」のワンピースファンと編集者のクイズ対決の回の焼き直しのような感じでした。

くまモンは先日の夕方に準備中の会場からの告知のために来ていましたので、今日は熊本城築城400年の時の「ひごまる」という動きがトロいキャラクターが子供の相手をしていました。本物のくまモンは来ていませんでしたが、動物園内ではあちこちでくまモングッズを見かけました。中にはカジノの煙草売りのようにくまモングッズを首からかけて売り歩いているアルバイトさえいたのには驚かされました。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/12(土) 23:07)

 明日の午後にサイン会がある幸せをよぶ夢いっぱいの展覧会は…
2012nippon435

 明日は午後からサイン会があるそうです。

3月末から熊本県立美術館藤城清治氏の展覧会をやってるのですが、日曜の最終日の直前にファンのためにわざわざ飛んできてくださるらしいのです。それだけファンとのふれあいを大事にされているのかもですが、その温かい人柄が独特のシルエットアートの作風にも現れているような感じがします。

藤城清治氏は何かのきっかけでくまモンを気に入られたみたいで、このように藤城ワールドの一員に加えていただけたみたいですが、これにはくまモンの発案者の小山薫堂氏も驚かれたことでしょう。またくまモンのキャラクターデザインを担当された水野学氏も大御所の作品の仲間入りをするという予想外の出来事を喜んでいらっしゃるのではないでしょうか。



2012nippon436

 熊本駅裏が少しだけ賑やかになったようです。

私は今年の4月1日から20に増えた日本の政令指定都市にはすべて行ったことがあるのですが、その中では熊本の駅前がいちばん貧弱だと思います。熊本駅周辺は在来線側の再開発が一段落したところなのですが、古い土産物屋などが無くなってスッキリしたのですが景気の悪い時期だということもあって、空きテナントが目立つようなサミシイ状態になっているのです。

その駅裏のロータリーの近くに中堅の不動産会社が環境配慮型の支店をオープンしたらしいのですが、なぜ新幹線口を選んだのか疑問です。しかも2階建ての単独店みたいですが、経費の無駄遣いのように思えます。熊本はよほどのことがない限りは人口減の社会になると確実視されていますので、不動産市場の成長も期待できないはずですからね。



2012nippon437

 これは明日から郊外で始まるイベントです。

フジテレビ系列のTKUの初夏のイベントと同時開催される「S1グランプリ」というものなのですが、その「S」はソフトクリームのことみたいです。明日の天気は晴れという予想ですが、1個200円のソフトクリームを来場者が食べ比べして投票してくれるのか疑問です。厳密に審査するためには1個50円程度のミニサイズを食べ比べてもらうべきでしょうが、開催者側はブースの見た目や雰囲気で順位が緩く決まることに問題があるとは考えていないのでしょう。

「TKUの日2012inわくわく江津湖フェスタ」というイベントは会場からの生中継があるみたいですから、わざわざ行ってみる必要は無いだろうと考えていました。しかし夕方のニュースで江津湖の近くの動物園が無料ということでしたので、自転車で行ってみようかと考えています。日本で動物園に行ったのは北海道の旭山動物園が最後ですが、どの程度の差があるのか確認してみたくなりましたので…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/11(金) 23:01)

 東区の国体通りの熊本県立大学前に完成していたものは…
2012nippon432

 今朝はヤボ用で熊本空港へ出かけました。

同じ道を帰るのは嫌いですので、少し遠回りになるのは承知の上で国体通りを帰ることにしました。その熊本県立大学前には西南の役の時代の博愛社を前身とする、その歴史が田原坂で始まったという熊本赤十字病院があるのですが、その左手には新しい小児集中治療室(PICU)を備えた「総合救命救急センター・こども医療センター」が完成していました。

iPod touchのカメラの性能が低い上に走りながらの撮影でしたので文字がつぶれて読みにくかったのですが、拡大してみたら「ドクターヘリ」と書いてありました。「夢の扉」という番組で見かけて昨年の8月8日にも書いたことがありますが、赤十字の本館に隣接する駐車場だった土地に約50億円をかけて6階建ての病棟を建設して、3階のPICUは西日本では唯一、365日24時間体制で小児科医が常駐しているそうですから、ドクターヘリとの連携で県外も含めた広範囲の急患に対応してくれそうですから頼もしい存在です。



2012nippon433

 赤十字の近くの店で買い物を済ませました。

普段に食べるパンなどの他に来週からのドライブ旅行に役立ちそうなものを物色したのですが、見たことがないかめせんがありましたので試しに購入してみました。佐賀県の香田製菓という会社の製品で129円でしたが、やはり味は熊本の味家製菓のかめせんには敵いませんでした。

かめせんマニアの私はいろんな地域の製品を試しているのですが、未だに味家製菓を超えるものには巡り会ったことがありません。それで今度のドライブ旅行でも旅のお供に数袋を持って行くことにしているのですが、それは自分専用では無く、旅先で友人に配ったりするためでもあります。これまでも味の評判も良かったのですが、その素朴な1色刷りのパッケージもウケが良いみたいですからね。



2012nippon434

 これは明日の金曜に放送される番組です。

アグちゃんとグリくんという女の子と狸の人形がナビゲーターを務めるテレビ朝日系列のKABの5分間の番組なのですが、「Do You のうぎょう? 」というタイトルはかなりインパクトがありますよね。熊本市は4月1日に20番目の政令指定都市になったのですが、73万の都市のわりには農業従事者も多くて農業が生活の身近にあるようです。

4月20日から始まったらしい番組で私はまだ一度も見たことが無いのですが、JA熊本の提供ですから退屈な内容なのでしょう。ちなみにこの画像の左下の国際協同組合年というのは2010年に国連で決まったもので、「協同組合がよりよい社会を築きます」というスローガンに決まったようです。農協組織の体質の古さが現れているような、私は悪い見本だと思うのですが、誰も反対しなかったんでしょうかねぇ…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/10(木) 23:21)

 納得できない旅行者が選んだという世界の人気観光都市の順位は…
2012nippon430

 本日の熊本は30度を超えて真夏日になりました。

5月でこれだけ暑くなってるので今年は早めに避暑旅行に出かけるべきでしょうが、相変わらず燃油代が高いのでどこに飛ぶべきか悩んでいます。本来ならそろそろ南米を旅行したいのですが、燃油代は円高でもカバーできないくらい高いですからね。それでいろんなウェブサイトをチェックしているのですが、世界最大の旅行クチコミサイトだというトリップアドバイザーで「トラベラーズ チョイス 世界の人気観光都市2012」というランキングが目につきました。

その調査方法はわからないのですが、世界の都市の中で旅行者から高く評価されているのはイギリスのロンドンということでしたが、ポンド安でも基本的に割高ですし、運転しにくい都市ですから私の評価はまったく違います。また6位にマラケシュが、9位にシェムリアップが入っているのですが、私は100位以内にも入れたくない街ですから信じられません。

「口コミで選んだ世界の人気観光都市トップ25」に日本の都市がひとつも入っていないのも変な感じがするのですが、おそらくこのランキングはコンデナスト社の「トラベラー」みたいな旅行誌を読んでいるような欧米の中流から富裕層が投票したものなのでしょう。そうでなければ18位にボラボラ島みたいな高級リゾートが入っているわけがないはずですからね。


1位ロンドン、2位ニューヨーク、3位ローマ、4位パリ」フランス、5位サンフランシスコ、6位マラケシュ、7位イスタンブール、8位バルセロナ、9位シェムリアップ、10位ベルリン、11位シカゴ、12位フィレンツェ、13位ブエノスアイレス、14位シドニー、15位北京、16位プラハ、17位ラスベガス、18位ボラボラ島、19位上海、20位ホノルル、21位ロサンゼルス、22位ニューオリンズ、23位ケープタウン、24位チェンマイ、25位ダブリン…でしたが、納得できます?



2012nippon429

 夕方のニュースでこんなものを見かけました。

AKB48に続けとばかりにあちこちでご当地アイドルが誕生していますが、ついに熊本でもアイドルプロジェクトというオーディションが行われて「SENSE」というグループがデビューしたようです。そのデビュー曲は「HAPPY TIME GOOD LIFE」というもので、振り付けはダンス部の部長さんが考えたということでした。一期生の女の子たちは見た目が田舎っぽいのですが、AKB48の前田敦子だってデビュー当時はかなりのものでしたので大丈夫なのでしょう。

しかし昨年末に放送された紅白歌合戦でジャニーズ系とAKB系の人数の多さを見て頭がクラクラしてしまったのですが、全国のアイドル志望の子たちを集めたらスゴいことになるのでしょうね。バブル真っ最中の中国でもアイドルになって玉の輿に乗りたいと考えている子たちがうじゃうじゃいるみたいですから、秋元康氏の罪は大きいと思います。



2012nippon431

 これはよくお昼前後に見かけるCMです。

アレルギー問題で販売中止になった悠香の「茶のしずく石鹸」に似ている気がするのですが、「つかってみんしゃい よか石けん」という冗談のような商品名で検索してみたら、長寿乃里という福岡の会社の製品のようでした。このCMは熊本の下通アーケードのダイエーの前で地元の主婦の方にモニターになってもらって撮影したようですが、最大の顧客層に親近感を持ってもらおうという戦略なのでしょう。

九州のご当地アイドルのお母さんの世代が使うご当地石鹸なのでしょうが、こういった訴求力がある広告の効き目はかなりのものがありそうですからバカにならないのでしょう。このタイプのCMは九州の各都市のバージョンがありそうですが、そのエリアは沖縄を除く九州・山口あたりなのでしょう。(笑)
 



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/09(水) 23:59)

 2012年の5月21日の7時23分過ぎに熊本で起きることは…
2012nippon426

 楽しみにしている5月21日が迫ってきました。

太平洋岸を中心に25年ぶりに金環日食を見ることができると盛り上がっていますが、熊本の場合は人口密度が少ない県南エリアでしか見ることができないので微妙なようです。もちろん人口が多い熊本市などでも部分日食は体験することはできるみたいですが、50kmほど走りさえすれば金環日食を見ることができる限界線を超えることができますのでね。

私はこの時期には東北の被災地への3回目のドライブに出かけることに決めていますので、天気が良ければおそらく関東のどこかの海岸で見ることになると思います。熊本市に住んでいらっしゃる「ワサモン」の方は直前の21日の夜の天気予報をチェックして、晴れそうだったら目覚まし時計をセットしようとされるのではないでしょうか。それで早めに起きることができたら県南に走ってみようとする人が続出して九州自動車道や国道3号線が渋滞するようなことがあるかもです。



2012nippon428

 夕方のニュースでこんなものを見かけました。

八代市の熊本高専の生徒さんたちによる「CAPPA団」というボランティアグループが南相馬市や仙台市の被災地の子供のために日食観察用のグラスを作ってプレゼントするという話でしたが、買えば安くはないものですから良いアイデアだと思います。くまモンとカッパのキャラクターが印刷してある片目で見るタイプのものでしたが、晴れてくれれば「つかの間の天体ショーを楽しんで、復興に向けて協力しあって頑張って!」という気持ちは伝わるでしょうからね。

もしも5月21日に東北の被災地の空が曇ってしまったとしても、子供達であれば年齢的に次のチャンスはあると思います。八代の学生さんたちが頑張って作ってくれたものですから、どうか捨てずに次のために保管しておいていただきたいものです。ちなみに私は今回の日食を見ることができても、2017年に日食を見るために渡米しようと考えています。まだ先の話ですのでどのあたりで見るかは決めていないのですが、中西部の乾いた大自然の無人地帯で静かに体験してみたいのです。



2012nippon427

 スーパーでも似たような組み合わせを見ました。

これも偶然に金環日食関連グッズとくまモンでしたが、こちらはフィランソロピー精神を忘れ去ったと思える大企業による単なる金儲けの道具でした。内情も知らないのに決めつけちゃいけないのでしょうが、どうもこんなのを見ると広告代理店にそそのかされたんじゃないかと思えてしまうのです。

不景気な時代ですから企業が少しでも収益を上げようと努力するのを否定する気は無いのですが、1ヶ月も熊本にいると毎日のように人気が出たくまモンを利用しようとするあざとい企みを見せられてしまうのでイヤになってしまうのです。これじゃ東国原氏が宮崎県知事になった時と似たような構図ですからね。経営難の中小企業が藁にも縋る思いで熊本県庁にくまモンの使用許可を申請するのは見ないフリをしていますが、大企業には「恥を知れ!」を言いたくなるのです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2012/05/08(火) 23:21)

 事実婚の大統領となりそうな人を選んだ国に学ぶべきことは…
2012nippon423

 これは慈恵病院の新しいマリア館という建物です。

早いもので「こうのとりのゆりかご」の運用が始まってから明日で5年になるそうですが、これまで多くの幼い命が救われてきたようです。世界には事実婚の大統領となりそうな人物を選んだ国があるというのに、未だに省庁の縄張り争いで認定こども園をどうするこうするとかで騒いでるような国では慈恵病院はおそらく唯一の救いの場であり続けるのでしょう。

「こうのとりのゆりかご」は最初は赤ちゃんをポストに捨て去る責任放棄の装置と大きく報道されたこともあって、古い価値観を持つ人々からはその匿名性や母親の安易な選択を助長するなどと批判されているみたいです。社会的弱者の立場で子育てが困難になった場合の救済措置は、本来は少子高齢化の解消に励むべき国がやるべきことだと思います。しかし国の不作為が目に余ったので、慈恵病院ではドイツを視察して「こうのとりのゆりかご」を始めることにされたのでしょう。

私も何の罪も無い子供たちは、貧しくとも両親に育てられるのが理想だと思います。しかし女性の3分の1が貧困状態に分類されるような現状で消費税を上げることに政治生命をかけているようなアホな総理がいる限りは日本の子育ての環境は好転するはずも無いでしょうから、慈恵病院の存在はますます貴重なものになるんじゃないでしょうか。



2012nippon424

 子育てを考えさせられる映画を見ました。

ペドロ・アルモドバル監督の「オール・アバウト・マイ・マザー」という1998年の作品でしたが、交通事故で息子を亡くした主人公のマヌエラが似たような境遇の心に傷を持つ女性たちと手を合わせながら生きていく様子が淡々と描かれている秀作でした。ペネロペ・クルスが演じる女性は修道女の身分であるのにシングルマザーになることを選ぶのですが、そんな行き方は2012年の日本でも異端であるのでしょう。

シングルマザーを票田と考えていないこともあり、日本の政治家たちはフランスで事実婚の大統領が誕生しそうなことを「日本では起こりえないこと」だとでも考えているのでしょう。日本でもたまに毛色が違う政治家が国会をかき回したりすることはありますが、長続きはせずに消え去る場合が多いですから10年後も日本の少子化は深刻になり続けるのでしょうね。



2012nippon425

 最近この赤十字のCMを見かけるようになりました。

これまでの阪神・淡路大震災やハイチなどの被災地で活躍したレスキューセットのキズのアップが流された後にこのコピーが出て、最後に日本赤十字にご協力くださいとなるのですが、私は「赤十字を救うのは、人間だ」とでも言っているように見えてしまいます。もちろん私も赤十字が果たしている成果は認めているのですが、「この広告費はどこから出ているのだろう?」と疑問に思うのです。それは1面広告の政府公報などを見かける時にも感じるものと似てるのですが、「そんな金があったら他に使うべきなんじゃ…」と思ってしまうのです。

多少はマシになってるようですが、熊本はまだ不景気で広告が集まらないので「赤十字さんだったら破格の金額で…」と営業した結果で広告を多く見かけるのかもしれません。しかし疑い深い性格の私は311でたくさん集まったので広告代理店の口車に安直に乗っているんじゃないかと考えてしまうのです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2012/05/07(月) 23:59)

 晴天に恵まれた大型連休の最終日にガラガラだった所は…
2012nippon420

 大型連休の最終日は気持ち良く晴れてくれました。

それでローカルな情報番組で見かけたくまもと森都心プラザで開催されるイベントに自転車で出かけることにしました。くまもと森都心プラザは熊本駅前にあるのに地下駐車場の料金は1時間100円と高くは無かったのですが、最近は運動不足でしたので自転車で行くことにしたのです。

天気が良かったので多くの家庭は郊外に行楽に出かけちゃったためか道路はガラガラでしたが、目的地のくまもと森都心プラザもガラガラでした。この駅前再開発では駅と反対側の坪井川に面して親水スペースが作ってあったのですが、デザインが悪いためか市民にアピールできていないようでした。

この再開発は複数の地主との交渉が遅れたこともあって昨年の3月12日の九州新幹線の開業には間に合わなかったのですが、準備期間はたっぷりとあったはずなのに親水エリアに面したテナント部分は空きが目立っていました。将来はこの部分を熊本城との間の観光船の発着場として使うつもりでデザインされたのかもですが、もう少し工夫の余地はあったのではと思います。例えば姉妹都市のサンアントニオのリバーセンターモールのように川から広場に観光船を引き込むような方法もドラマチックでアリだと思うのですが…



2012nippon421

 今日の目的はこの「おたのしみ上映会」でした。

ニューヨークのマンハッタンの質素なアパートで猫と静かに暮らす現代アートのコレクターであるヴォーゲル夫妻の足跡を記録した「ハーブ&ドロシー」というドキュメンタリー映画だったのですが、元郵便局員と元図書館司書というごく普通の夫婦が20数年の歳月と常人には理解不能な情熱で膨大なコレクションを集め、子供に恵まれなかったこともあって国立美術館に寄贈したという話ですからスゴいですよね。

私も当時のニューヨークのアートシーンの急成長ぶりに注目していたこともあり、地味な作品でしたが楽しむことができました。この映画の中にはヴォーゲル夫妻と長い交流があるアーティストたちのインタビューも集められているのですが、それにより夫婦のアートに対する愛情が理解できました。

そのインタビューの中で梱包アートで有名なクリスト&ジャンヌ=クロード夫婦が語った逸話には驚かされました。それはクリストの作品が郵便局員の給料では手が届かなくなっていたために購入をあきらめた時に、コロラドの「ヴァレー・カーテン」のプロジェクトでニューヨークを留守をする間に猫の世話をしてくれればドローリングを差し上げると申し出たという話でした。何とも羨ましい話ですが、それはヴォーゲル夫妻の人柄が信頼されたからでしょう。



2012nippon422

 最近こんな不思議なCMが始まりました。

トレードマークの黒タイツに蝶ネクタイを付けた江頭2:50がなぜかパチンコ屋の店長という設定なのですが、コンビニの帰りかなにかでシャワー通りを歩いていると、ホールの従業員風の女性がやってきて「店長、プライベートは忙しいんですか?」と声をかけて、照れたエガちゃんが路上で逆立ちをするという感じの意味不明のものなのです。

なぜエガちゃんがこのCMの店長役に選ばれたのかは不明ですが、このパチンコチェーンは東北の被災地支援に熱心なようですから選ばれたのかもしれません。エガちゃんは出川哲朗と供に有名なわりにはCMには使われない特異な存在のタレントさんでしたが、その意外性を狙ったものかもしれませんね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/06(日) 23:31)

 こどもの日に新聞社のウェブサイトで見かけた社説の問題点は…
2012nippon417

 熊本はこどもの日もよく晴れてくれました。

朝食後にいつものようにいくつかの新聞社のウェブサイトをチェックしていたのですが、ちょっと時代遅れの社説を見かけました。「全原発停止 これでは夏の電力が不足する」と「こどもの日 次世代の重荷を減らしたい」という2本の見出しが並んでいたのですが、どちらも昭和時代から抜け出せないような古くさい発想のものだったのです。

1本目の社説は「原発の再稼働をしないと法律による節電の義務づけや計画停電が必要になるかもしれない…」と脅かして、「首相が先頭に立ち、大飯原発の再稼働実現に向け地元の説得に全力を挙げるべき…」ということでした。2本目は高齢化社会の先行きを憂いておいて、「重荷を減らすには消費税率を引き上げ、これを社会保障の財源とすることが不可欠…」と増税しか道が無いとでも言い切っているみたいでした。

この社説を書いたおじさんは資源が乏しい日本の経済成長のためには原発が必要で、皆で作った国の借金は全世代で広く負担を分かち合うしかないという考えの持ち主のようですが、こんな発想の人たちが日本の子供たちの負担を増やし続けてきたと私は思います。自分たちが現在の閉塞感が漂う状況を作ってきたという自覚も無いのでしょうが、こういったものを一言で表すなら「老害」というのがいちばん適切でしょう。(笑)



2012nippon416

 先ほどつい「ウォーリー」を見てしまいました。

私は封切り時の2008年にバンコクのスカラ座という世界一の劇場で観ていたのですが、オープニングだけ見ようと思っていたのに引き込まれて途中で止めることができませんでした。個人的な好みではピクサー社の作品の中では「モンスターズ・インク」がいちばん好きなのですが、アニメーションの完成度はこの「ウォーリー」がいちばんだと思います。

内部事情はよくわからないのですが、ピクサー社もスティーブ・ジョブスが遺した世界中の子供たちにとって宝もののような存在だと思います。閉塞感が漂っていない社会でピクサー社の作品を観て育つことができる子供は幸せなんじゃないかとつい考えてしまうのですが、政府の幹部宅以外はピクサー社の存在さえ知らないであろう子供たちがいる近くて遠い国よりマシだと自分を納得させることにします。



2012nippon418

 こどもの日の特番でこんなのを見かけました。

熊本県や熊本県警、地元の新聞社などのマイナーなキャラクターが勢揃いした「未成年を危険から守るキャンペーン2012」という取り組みのステッカーでしたが、肉食獣の熊3匹と草食動物とわけがわからない宇宙人っぽいキャラクターを並べて「みんなでなかよく」と言われてもねぇ…(笑)

ちなみに「未成年を危険から守る」というのは子供たちを交通事故や犯罪から守るというのが主題なのでしょうが、放射線の危険からも守っていただきたいものです。フクシマの子供たちみたいに昭和時代の発想のおじさんたちのせいで生まれ故郷を失うようなことがあっては可哀想ですからね。日本の子供たちにはこれから多額の借金を押し付けるわけですし…




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/05/05(土) 23:59)

 5月4日はみどりじゃなくてあお・あか・きいろの日にしてみては…
2012nippon415


 2007年から5月4日はみどりの日みたいです。

自民党政権下の卑しい企みで大型連休中の平日をみどりの日という変な名前の祝日にしたようですが、私はそんなのに付き合う義理はありませんので無視して普通に過ごしています。夕食後に猫とMacBook Airを膝に乗せて思いついたものを検索してみようとしたら、Googleのロゴがキース・ヘリング仕様になっているのに気がつきました。そのロゴをクリックしてみたら彼の生誕54周年記念ということでしたが、彼が亡くなって20年以上が経つわけですから早いものですよね。

私がよくニューヨークに行っていた時期にマイナーな存在だったキース・へリングのアートがどんどんメジャーになっていったのですが、彼がエイズによって31歳という若さで亡くなった時には驚かされました。私はまったく面識が無いのですが、彼がニューヨークで注目されはじめたけれど、まだ日本ではマイナーだった時期に青山1丁目の交差点で個展の案内のポストカードを自ら配っていたのを見かけたことがあります。その頃はこの世にGoogleは存在していなくて、彼へのオマージュのデザインを数億人が目にする時代になるとは想像ができませんでした。今日から私の中では5月4日はみどりじゃなく、キース・ヘリングへの思いを馳せる日になりました。



2012nippon413

 大型連休中にも大阪では会議が行われたそうです。

それはこの夏の電力不足を検討する大阪府と大阪市のエネルギー戦略会議でしたが、これまで何度も指摘されているのに関西電力の担当者は今回も具体的なデータを出さなかったので批判が集中したようです。明日になって北海道の泊村の原発が止まれば42年ぶりに日本国内の原発がすべて停止するそうですが、電力会社や寄生虫のような政治家たちは原発がゼロになる日が来るのだけは回避したかったのでしょう。

この夏は原発が再稼働しないとすると関西の需給がいちばん深刻なようですが、九州も無策のままでは足りないようです。それで九州電力では真夏のピーク時の家庭用の電気代を値上げして、その代わりに朝と夜は安くするという方法を模索しはじめたということでしたが、そんな初歩的な話を311から1年以上も経ってからしているのにあきれてしまいます。

政府や電力各社が責任も取らずに問題の先送りを続けているのは腹立たしいのですが、それは311の直後に不必要な計画停電などで国民が萎縮しちゃったのでナメられてしまったんだと思います。以前にも書きましたが、東電の無責任さや原発の再稼働ありきのやり口には不満だと100万世帯くらいが電気料金の自動引き落としを止めるだけで効果があったであろうと思います。「電気を止めれるもんならやってみろ!」と電力会社の態度が改まるまで電気料金は払わないという姿勢を見せるだけで充分だったと思います。座り込みのハンストをやったりしても原子力ムラの住民は何も困りませんが、金が入ってこないというのは彼らにとって死活問題なはずですからね。



2012nippon414

 明日は割安なラーメン屋がオープンするようです。

上乃裏通りの「さくらさくら」という店の跡にオープンする赤組という店なのですが、ベーシックなラーメンが390円ということですから近いうちに試してみようと考えています。ちなみにオープニング特価として生ビールが380円ということですから、その2品で770円、ついでに餃子も頼んじゃうと1120円と割安感は無くなってしまいますが。

姉妹店には壱ノ倉庫弐乃弐の名前がありましたので、熊本では有名な飲食チェーンの草野企画の新しい試みのようです。デフレ時代に合わせてのスクラップ&ビルドのようですが、値段を下げるだけでは芸が無さ過ぎると思います。ロケーションは良いとは言えませんので、何か値段以外のアピールポイントが無ければ存続するのがキビしいのではないでしょうか。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/04(金) 23:59)

 憲法記念日に見たアメリカ映画と国民を欺こうとする大ウソは…
2012nippon412

 今日は昨晩に録画しておいた映画を見ました。

日本では2008年の1月5日に公開されたらしい「勇者たちの戦場」というアメリカ映画でしたが、サミュエル・L・ジャクソン主演とタイトルから、クアラルンプールで観た「ACT OF VALOR」みたいに派手に武器を撃ちまくるような戦争映画かなと思っていました。しかし静かな導入部の後に「Home of the Brave」というタイトルが出ましたので、単なるマッチョな戦争映画では無いことに気がつきました。

冒頭に乾ききったイラクの地方都市での戦闘シーンがあるのですが、物語の中心はしっとりとしたワシントン州のスポケーンでの心に傷を持つ帰還兵たちとその家族との生活でした。私はイラクには行ったことが無いので本当の戦場のことはわからないのですが、アホなブッシュのために傷ついて社会復帰する苦しさは理解できるような気がします。それは日本で原発を推進してきた歴代の政治家や、東北大震災の時の最高責任者であった無能な総理のために福島第一原発から避難するのが遅れて被爆しちゃった人の苦しみに似てる部分があると思います。





 映画を見た後に「トモダチ作戦 」を思い出しました。

昨年の大震災後にクアラルンプールの宿でBBCのニュースを見ていて、米軍の被災地支援のオペレーションの名前が「トモダチ作戦 」だと知った時には複雑な気分でした。まずマレーシアでは無いのですが、貧しい国を旅行していると怪しそうな人が作り笑顔で「トモダ~チ!」とか言いながら寄ってきて土産物屋に連れて行こうとしたりしますからね。日本政府は多額の米軍駐留費を払い続けていますので、「思いやり作戦」とでも付けてくれたらしっくりきたと思いますが。(笑)

この動画は「トモダチ作戦 」の断片を東北の被災者の皆さんの無垢な笑顔の中に織り交ぜてあって、日米友好のためには良くできた動画だと思います。しかし私はアメリカ政府は人道的な配慮だけでオペレーションをしたと信じれるほど若くもないので、ついつい裏側を見ようとしてしまいます。先ほどニュースで見たフランスのテレビ討論ではサルコジは福島原発のメルトダウンは天災のせいだと断言していましたが、欧米の政治家たちも自分たちの都合を最優先してそうですしね。





 この動画はドイツの放送局が製作した力作です。

「フクシマの嘘」というタイトルがついているのですが、「日本政府のウソ」というのが正しいと思います。ジャーナリスト精神が死んでいないドイツ人記者が立ち入り禁止区域に潜入して廃墟となった汚染地帯を取材した真実が記録されているのですが、サルコジに「フクシマのメルトダウンはこれでも天災だと言うのか!?」と見せてやりたい気分でした。

私はこれまでフクシマに関するいろんな番組や動画を見てきましたが、この30分ほどのドキュメンタリーがいちばん良くできていると思いました。日本のテレビ局が作ったものは政府や電力会社への配慮があり過ぎて、真実を追求しようという姿勢に欠けていると思えますのでね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/03(木) 23:59)

 本来ならとっくの昔に日本政府が解決すべきだった問題は…
2012nippon411

 今日は4月末に放送された番組について。

今回は25周年スペシャルということで、司会の田原総一朗氏やゲストたちがわざわざ沖縄入りしての「朝まで生テレビ!」でしたが、お題は「激論!日本の安全保障とアジアの平和」というものでした。石原都知事の尖閣購入構想の発表などがあったこともあり、暗礁に乗り上げた普天間問題を棚晒しにしたまま訪米した野田総理は注目度が低かったようですが、最近はマスコミでの沖縄の扱いも少なくなっているような気がします。

今回の「朝まで生テレビ!」でも本来ならとっくの昔に日本政府が解決すべきだった問題について討論されたのですが、いつものように田原総一朗氏の仕切りが悪いこともあって消化不良のまま終了時間を迎えました。私は1月に久しぶりに沖縄に行ってみたのですが、日本でもLCCがバンバン飛び回る時代になり、那覇に近い米軍基地が段階的に返還されるようになれば沖縄の未来は明るいんじゃないかなと思えました。

もちろん沖縄県の人口は少ないですし、地元民は独自の発想で新しい時代を切り拓いていこうというアグレッシブな姿勢には欠けていると思います。しかしLCCにより沖縄の交流人口が増えて、香港やシンガポールのような税制優遇策を用意しさえすれば、やる気と資金を持った人たちが沖縄を基地にすることだってあり得る話でしょう。今回の朝生では沖縄独立論も語られていましたが、私は道州制を先取りして特別州となって自治を獲得する険しい道を模索すべきだと思います。返還地を近視眼的な発想で再開発した那覇新都心は大失敗だったと思うのですが、次は広い視野で上手くやってもらいたいものです。



2012nippon409

 これは夕方のニュースで見かけたものです。

先日の5月1日は水俣病の公式確認から56年だったみたいで、犠牲者慰霊式には市民や行政関係者など約750人が参列して冥福を祈ったそうですが、細野環境相も神妙な顔で参加されていたようです。しかし今回の細野環境相の水俣入りは被害者救済法の申請期限を7月末と決定したことを現地で周知させることが主目的だったのでしょう。

慰霊式後に熊本県知事と被害者救済法の申請期限を知らせる告知VTRの撮影を行ったらしいのですが、私は被害者救済に期限を決める意味がわかりません。水俣病の被害者の方たちは高齢化していますので、国の正しい姿勢としては「被害事実があればすべて無期限で救済する」というものだと思いますが。



2012nippon410

 これは明日からのイベントのお知らせです。

熊本では九州新幹線が開業する前に熊本城の築城400周年という区切りがあり、熊本駅から熊本城までの2kmほどのアクセスのひとつとして坪井川を利用することが模索されはじめたのです。花見シーズンの後の大型連休中に坪井川の水位を調節して小型船による体験乗船の社会実験を何度か行って、問題点を検証して恒常的なものにしようという考えのようです。

今回は明日から6日までの4日間のようですが、天気が回復するみたいですから大勢の市民で賑わうことでしょう。水質もキレイになった坪井川を観光に役立てることは悪くないと思うのですが、私は「坪井川園遊会」とか、「浪漫船めぐり」みたいな言葉を選ぶセンスの悪さにはムカつきます。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/02(水) 23:43)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア