新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 2012年の大晦日に試してみた不思議な組み合わせのランチの味は…
2012thai84

 早いもので2012年も最終日になってしまいました。

自動車や人が減ったせいでは無いと思いますが、真夏のジンバブエのような爽やかな朝でしたのでシャワーを浴びた後に宿のバケツを借りて青空の下で洗濯を済ませました。時差の関係で朝寝坊になってしまうオーストリア人旅行者が起きてきて「近くにコインランドリーがあるよ」と余計なことを言ってましたが、「あなたたちみたいに雑務から解放されるためにバカンスに来てるわけじゃ無いので…」といった内容を英語でカドが立たないように言う自信がありませんでしたから「ありがとう、でも量が少ないから…」と作り笑顔で伝えておきました。

タイの料理は豚肉を使うことが多いので、ランチには久しぶりに牛肉の料理を食べたくなりました。それで一昨日に貰った「KAKASHI」というファストフード店のクーポンを思い出して試してみることにしたのですが、割引後の値段が69バーツ(約194円)になる牛丼だけじゃサミシイ感じでしたので、日本人には不思議な組み合わせになりますが39バーツ(約110円)の餃子も注文してみました。

支払った後に番号札をもらって席で待っていたら先に牛丼が、3分後くらいに餃子が運ばれてきたのですが、テーブルには箸がありませんでした。それで店員さんを呼び止めてみたらレジの横に置いてありますといったことをタイ語で言われた感じでしたので不親切だと思いました。この現在は5店舗あるというチェーン店はタイでかなりの数の和食屋を展開中のOISHIコーポレーションの新業態なのですが、タイに上陸しはじめた吉野家やすき屋に対抗しようとするならもう少し値段以外でも頑張るべきじゃないかと思いますけどね。牛丼はマシでしたが、餃子は1個食べてみたら返品したくなるレベルでしたし。



2012thai85

 ランチの後に猫カフェを探しに行ってみました。

ネット検索してみたら早くも11月25日にオープンした「パー・キャット・カフェ・クラブ」という猫カフェに行かれた方のブログがありましたので、それを参考にさせてもらったのです。その方は定休日の月曜だったため猫と触れ合うことができなかったらしくお気の毒でしたが、私はおそらくタイで初めての猫カフェが出現した時代の背景というか雰囲気を確認してみたかっただけでしたので定休日の方が好都合でした。

「みんなの経済新聞」というウェブサイトのバンコク版には「トンロー・ソイ9を入った住宅街の一角…」と書いてあったので2日前に300mくらいにまで近づいていたのにたどり着くことができなかったのですが、「プロンポーン駅からソイ53を北上した左手の2階建ての家で、お祭り茶屋という飲食店の対面」とか書いてあれば迷うことは無かったのですけどね。

モデルのオーナーさんが普通の住宅を改装して新規事業を始められたみたいですが、場所柄からも猫カフェ開業を思いつかれたのは日本の影響かもしれません。私も昔は「ルオモ・ヴォーグ」などを毎月買っていたことがあるのですが、タイのイサーンの可憐な少女が大都会のバンコクに働きに来て、東京堂書店で「オリーブ」などの日本の雑誌に出会ってモデルという職業を志し、有名になったことでスポンサーが付いてめでたくオープンということなのかなと想像してしまいました。

私は資本主義社会では法に反しない限りどんな事業形態も自由と考えていますが、今日は大晦日で徳を積むために喜捨する人が多いというタイでは駅前などに普段の何倍もの物乞いが出現していましたから複雑な心境でした。クーラーの効いた猫カフェで何不自由なく暮らす猫たちと大都会の闇と対峙しながら路上生活する人の対比は看過できない問題のはずですからね。



2012thai86

 日本的な雰囲気のレインヒルにも再び行ってみました。

1階の奥にマックスバリュが、2階に丸亀製麺所があったりするせいでもあるのですが、丘でも無いのにヒルというネーミングを選ぶセンスや、壁面緑化などを行って環境保全をアピールするのも事業主が自由が丘などを視察して決めたコンセプトなんじゃないかと推測できます。このクリスマスツリーもリサイクルがテーマで、グリーンのプラスチック製のハンガーで構成されているのですが、着眼点は面白くても本物のもみの木を植えておくべきだったんじゃないかと…

ちなみにレインヒルはゲートウェイ・エカマイという新しい商業施設に近過ぎるためか、2階と3階のレストランが撤退していてサミシイ年の瀬を迎えていました。4階の子供向けの教育施設もバンコクでは早すぎるみたいでしたが、跡地にはサーキットトレーニングのカーブスの進出が決まってるようです。まあカーブスの方が成功する可能性は高いと思いますが、振動や騒音などの問題は下のフロアと折り合っているのでしょうか。



2012thai87

 路地の奥で大きめのフジスーパーを見かけました。

たしかこの辺りにも食べ放題の回転寿司屋があったと思って探していたら、東京堂の先に新しそうな外観のフジスーパーがあったのです。店内は正月用の食材を購入しようとしてるバンコク居残り組の邦人や客人のもてなしのために和食にチャレンジしてみようと考えていそうなタイ人で賑わっていました。

「椿屋」という食べ放題の回転寿司屋はこのスーパーの対面にひっそりとありましたが、食べ放題で340バーツ(約964円)と微妙な値段でしたので悩んみました。食べ放題の料金にビール代やサービス料が加わってしまうと1500円くらいになりそうですが、まだ旅行している期間が短いので寿司をそれほどたくさん食べたいというわけじゃありませんのでね。



2012thai89

 陽が暮れた頃にカウントダウンの場所に到着しました。

まだ日付が変わるまでには5時間以上あったのですが、すでに警察が会場前の道路を封鎖していました。道路上に空港のセキュリティチェックのようなゲートが置かれていて、もうその前に大勢のファミリーが並んでいましたので驚かされました。おそらくゲストの歌手の熱狂的なファンの皆さんがステージの間近で歌を聴きたいとかが理由なのでしょうが、この過剰と思えるチェック体制を見て気持ちが一気に萎えてしまいました。

バンコクではタクシン派と反タクシン派の政治的な対立もありましたし、タイ南部では過激派が勢力を保っているみたいですから、大勢の人が集まる場所では万全のセキュリティ対策が必要だというのが当局の判断は理解することができます。しかし私はニューヨークのタイムズスクエアのカウントダウンのようなものを想像していましたので違和感がありました。



2012thai90

 これはビール会社による今夜までのビヤガーデンです。

飲酒に関しては厳しくて販売禁止時間帯の制限があったりするタイですが、簡単に外貨を稼ぐこともできるということもあって、カウントダウンまでの期間限定でセントラルワールド前での営業が認められていたみたいです。おそらくこのスタイルはミュンヘンのオクトーバーフェストを真似た札幌の大通公園のビヤガーデンを視察したタイのビール会社の関係者が「バンコクでもやるべきだ!」と動いた結果じゃないかと思います。

そのことはテーブルの上のビアタワーが証明していますが、私は良い点が少なくて値段が高いビアタワーは世の中から消え去ってもらいたいリストの上位にありますので、また日本が変なことを広めてしまったと申し訳なく感じています。4社ほどのビヤガーデンで飲み残したものは大量に廃棄処分されるのでしょうが、その廃棄分を作るための材料である穀物を駅前で物乞いをする生活困窮者に分配してあげればどれだけ徳を積むことができるか深く考えるべきなんじゃないかと思いますが。



2012thai91

 気分が乗らないので早めに宿に戻ることにしました。

せっかく伊勢丹の目の前までやってきましたので紀伊国屋書店のフリーペーパー棚をチェックしてみることにしたのですが、3種類の新春号が並んでいて飛ぶような勢いで持ち去られていました。在留邦人が新店舗の開業情報やお得なお買い物情報などを探したりすることも理由なのでしょうが、中にはカウントダウンを座って見物する時にお尻の下に敷こうと考えて手に取る人も少なくなかったんじゃないかと思います。

何も成果が無いよりはマシでしたが、フリーペーパーだけを持ってトボトボと帰路につく私とは反対に、頭に光るLEDの飾りを乗せたファミリーたちは楽しそうでした。子供達は大晦日だけは深夜まで起きていることを許されるのでテンションが高いのでしょうが、けっこうな年齢の保護者もアホみたいな飾りを乗せていたりしましたので、ますます後悔させられました。



2012thai93

 これがイベントが始まる前のステージの様子です。

ステージの背後にカウントダウン用の時計塔やビヤガーデンなどがあるのですが、私はあまり良い配置だとは思えませんでした。バンコクは人口が多い大都市ですから、分散開催を考えるべきと思うのです。例えばルンピニ公園の湖に水上ステージを浮かべて、それをセントラルワールドの壁面にプロジェクションで投影することが良さそうですけどね。逆にセントラルワールドではゲイソーンプラザの壁面などにプロジェクションマッピングで1年を締めくくる映像を投影して、それはルンピニ公園の湖ではウォータースクリーンに映し出せば良いでしょう。

また複数の路線のバスが発着する戦勝記念塔の周辺やBTSの終着駅があるナショナルスタジアムのあたりでのパブリックビューイングなども考えられると思います。複数の会場でそれぞれの楽しみ方ができるように工夫すれば混雑の解消につながるでしょうし、カウントダウンの観客が自分の都合に良い場所を選ぶことができるというのは悪くないアイデアだと思いますが。またそれぞれの会場には無料のWi-Fiを用意しておいて、リアルタイムなプログラムの内容や混み具合、交通やトイレの場所などの案内を他言語の公式ウェブサイトで用意しておけば親切でしょう。外国人観光客が会場から臨場感がある情報発信をすれば、それが次に外資を落としてくれる観光客の獲得につながるので安い投資だと思いますけどね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/31(月) 23:59)

 なぜか無料で行くことができた郊外のメガバンナーで感じたことは…
2012thai76

 早いもので2012年も残すところ2日です。

ネットのニュースをチェックしてみたら恒例の成田の出国ラッシュとかの見出しがありましたが、4日ほど世話になっている宿では日焼けしていない旅行者を見かけたことが無いので実感がわきません。またバンコクから地方都市へ帰省するファミリー向けに高速道路が無料化されたという話があり、そう言われてみると普段より自動車が少なくなっているように思います。

明日の大晦日は中心部のセントラルワールド前で行われるカウントダウンイベントに行く予定ですから、今日はアメ横的な賑わいがあるチャイナタウンの様子でも見に行ってみようかと考えていました。しかしバンコクに着いた翌朝に郊外のイケアでローカルメニューを試さなかったことが気になってしまい、今年の内に済ませてスッキリさせることにしました。旅行中に知り合う人からは「たくさん地元の美味しいものがあるのにイケアで朝食…?」と怪訝な顔をされることが多いのですが、私には死ぬまでに世界中のイケアの朝食メニューを制覇するというマニアックな野望があるので仕方ないのです。

宿の近くからはイケアまでの無料のシャトルバスが発着するBTSのウドゥムスック駅まで45番や46番のバスで行くことができると聞いたので初めて乗ってみたのですが、なるほど乗り換えなしで行けるので便利でした。おまけになぜか筒状のお釣り入れのフタをパカパカ鳴らしながら料金を徴収しにやってくるおばさんも不在でしたので、スワンナプーム空港の手前のイケアまで無料で行くことができました。

この画像はウドゥムスック駅からイケアへのシャトルバスで撮影したのですが、運転席の後ろにケーキの箱が置いてありました。買い物客の忘れ物なのか、運転手の家族へのお土産なのかは不明ですが、「最後にクリスマスにケーキを買ったのって何年前だっけ…?」と遠くを見つめてしまいました。(笑)



2012thai77

 渋滞も無く、イケアに15分ほどで到着しました。

日曜でしたから混んでることを危惧していたのですが、レストランのレーンは片側だけのオープンでしたし、レジも1台だけで事足りるというサミシイ状況でした。英語がまったく通じない白衣のおばさまにボディランゲージで魚入りのお粥を注文してレジで代金の25バーツ(約70円)を支払いました。コーヒーも飲みたかったのですが、お粥と同じ値段でしたので朝食後にメガバンナーを見て回った後に1階のビストロでホットドッグと共にいただくことにしました。

タイのイケアのお粥は煮込んであるタイプでは無く、食器にライスをよそってから白身魚を煮たスープをかけるというものでした。それで熱々では無く、米の原型もしっかり留めていました。魚の量もたっぷりでしたし、朝食メニューの中ではいちばん安いのでオススメできます。お粥を制覇しましたので残りは45バーツ(約127円)のスープとパンのセットなのですが、それにコーヒーを付けてしまうと70バーツ(約197円)と3種類の中でいちばん高くなってしまいますので気が重いのです。中途半端な値段も先送りにしたい理由なのですが、味に意外性がまったく無さそうな組み合わせですからね〜。



2012thai78

 朝食後に広いメガバンナーの中を2周しました。

Googleマップで「Bangkok Megabangna」と検索して航空写真に切り替えたら円形の巨大モールの全体像を理解していただけると思いますが、モールは2フロアありますので2周する必要がありました。2階のシネコンは14スクリーンもありましたが、観たい作品が皆無でしたので驚かされました。その隣にはボーリング場とアイススケートのリンクがあったのですが、なぜか日本のISUZUがスポンサーになっているようでした。

日曜のお昼ということで大勢の家族連れがスケートを楽しんでいるようでしたが、まだタイには片手で数えられるくらいしかリンクが無いみたいで、まともに滑ることができる人はいないようでした。それで「ここならバックで滑って急停止するだけでもスターになれるかも…」と良からぬ考えが頭を過りました。それほど遠くない将来にインドシナ半島で初めてのオリンピックが開催されることになると思いますが、タイからウィンタースポーツのメダリストは出そうに無いですよね。



2012thai79

 ランチはホットドッグとコーヒーで簡単に済ませました。

その組み合わせは100回以上も食べて飽きているのですが、ホットドッグが15バーツ(約42円)でお代わり自由のコーヒーが25バーツ(約70円)と割安感がありますので、ついつい頼んでしまうのです。おまけにイケア1階のビストロには座り心地が良いソファがあり、わりと早いメガバンナーの無料Wi-Fiも1時間だけですが使えましたので、朝と昼をイケアで済ませるのも悪くなかったと思います。イケアはタイでも頑張っていると思いますが、あえて文句を言うとすればノートPCの充電用のアウトレットが見当たらなかったことと、1階のロッカーを借りる場合は係員に申し込む必要がある点でした。

14時過ぎに行きと同じ無料のシャトルバスでウドゥムスック駅へ戻り、そこからはネットで下調べしておいた48番のバスでチャイナタウンへ行くことにしました。MRTやBTSなら距離制ですから遠くまで乗れば高くなるのですが、バスなら固定料金ですからね。普段ならサイアムパラゴンなどがある中心部を抜ける48番は渋滞のために時間がかかるでしょうが、年末年始の時期だけは許容範囲だと思えましたし。

予想通りにバスはスムーズにBTSの高架の下を西に向かって走ってくれたのですが、さすがに中心部ではガクンとスピードが落ちてしまいました。この画像はノロノロ運転中のバスの窓からiPod touchを出して撮影したものですが、この新しいビルの1階にディーン&デルーカの支店があったので撮影しました。ソウルやシンガポールに出店したのもつい最近の話ですが、こんな早い時期にバンコクに上陸するとは意外でした。簡単なものなら1食30バーツ(約84円)で食べることができる屋台がある中への高級デリの出店ということですからね。



2012thai80

 チャイナタウンは意外に静かな雰囲気でした。

まあ中華街の住人たちにとっての本当の正月は2013年だと2月11日のはずですから、年末年始の概念が我々とは違うはずですので当然なのかもしれません。タイの田舎からバンコクに出稼ぎに来てる若い人たちが帰省したり、タイの会社が正月休みになることで仕事の量が激減したりしているのも静かだと感じた理由なのかもしれません。

それでもチャイナタウンの中心部には屋台がたくさん出ていて賑やかだったのですが、初めて見る不思議な揚げ物がありましたので試してみることにしました。どうやって作ったかわからないのですが、刻んだ海藻が押し出す前のところてんのように固められたものをカットして素揚げしてあるものでした。外がカリカリで、それに少し甘い醤油みたいなタレをからめて食べるのですが、揚げたてのものが20バーツ(約56円)でしたので悪くありませんでした。



 2012thai81

 チャイナタウンの映画館はまだ生き残っていました。

入口が地味過ぎて「バンコクの中華街に映画館なんて無かったけど…」と言う人が多いのですが、金製品を扱う店などと並んで2012年末も50バーツ(約141円)という名画座プライスで頑張って上映し続けているようでした。調べたことは無いのですが、おそらく公式ウェブサイトは無いので何が上映されているかはチケット売り場横のポスターを見るまでわかりません。電話すれば上映中の作品名と時間を教えてくれるでしょうが、私はタイ語も中国語もまったくダメなもので…

今日の上映作品は半年ほど前にクアラルンプールで観た「スノーホワイト」でしたのでガッカリでしたが、チケット売り場の猫が2匹に増えていましたので笑ってしまいました。猫は人間のジャマをするのが大好きな動物ですが、ここではお金やチケットをやり取りする半円形の穴を塞ぐように寝ているのです。もしかしたらエサを貰ってる恩義を感じて中の冷気が逃げないようにと体を張ってくれているのかもですが、猫のことですから自分にとって居心地が良いだけなのでしょう。

その猫たちが「招き猫」となって客が増えてくれれば良いのですが、かなり古い建物ですから取り壊されて味気ないビルに建て替えられてしまうことがありそうな気配です。この名前さえ知らない映画館とバンコク到着後に2日続けて行ったスカラ座はなんとか良い状態で後世に遺してほしいものです。



2012thai82

 チャイナタウンからは歩いて帰ることにしました。

映画を観ることが無かったので空はまだ明るかったですし、途中のサムヤーン駅前にできていた「TOO FAST TO SLEEP」というネットカフェの様子も間近で確認してみたかったのです。チャイナタウンゲートから5分ほど歩いて懐かしい雰囲気のファランポーン駅前にやってきたのですが、大規模な工事が始まっていたので驚かされました。

日本政府の資金援助で完成したMRTはこの真下あたりで終点となっているのですが、バンコクのヒドい渋滞を緩和するためにチャイナタウンや王宮方面まで延長することにしたのかもしれません。将来的にはバンスー駅方面へ伸ばして山手線みたいな環状の大動脈にする計画かもしれませんが、大江戸線のように郊外の衛星都市まで延びることもあり得そうです。工事のついでに八重洲地下街みたいなのを作るのかもしれませんが、今後も水害が懸念されていますので現実的じゃないのでしょう。



2012thai83

 これが新しくオープンしたネットカフェの正面です。

「寝るには早過ぎるんじゃね〜の」といった感じに見える店名で、最初にバスで通りかかった時は欧米人旅行者向けの24時間営業のカフェレストランかなと思いました。気になって検索してみたら近所のチュラロンコン大学生をターゲットにしたネットカフェらしいとの情報がありましたが、なるほどそれなら開放感がある吹き抜けなども理解できる感じがします。

将来のタイ経済を担う大学生がノートPCを持ち込んで勉強に打ち込むネットカフェなら観光気分の外国人が足を踏み入れちゃいけないのかもしれませんが、高速Wi-Fiは魅力的ですから大晦日のカウントダウン前に利用させてもらおうかと考えています。今年はNHKの紅白や日本テレビ恒例の「笑ってはいけない」もなにやらネット連動企画があるみたいですしね。

こちらの大晦日で22時になると日本は新年を迎えることになりますので、年賀メールをやり取りしたりブログをアップしたりして、23時過ぎにセントラルワールド前での年越しイベントに行けば間に合うはずです。どこかのビルの高層階でカウントダウンを迎えればチャオプラヤ川あたりで打ち上げられる花火も見ることができそうですが、皆さん同じことを考えそうですからハイリスクですよね。降りるエレベーターが混んでしまうと宿に戻るのが遅くなってしまうかもしれませんし。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2012/12/30(日) 23:59)

 キャットストリートの安藤建築に似た新しい店がたどる運命は…
2012thai70

 寒い日本から脱出して10日ほどになります。

今回も渡航先は中国や東南アジアですから和食が恋しくなることは無いのですが、久しぶりに本格的な讃岐うどんを食べてみたくなりましたので在留邦人が多いプロンポーン駅北側のエリアまで歩いて行くことにしました。MRTとBTSを乗り継いで行けば楽なのですが、中国から毎日欠かすことがなく飲んできたビールが及ぼした「成果」を少しでも減らそうと思ってエクササイズすることにしたのです。それに2月にビッグCの横で工事していた物件も気になっていましたのでね。

宿からiPod touchの地図を頼りに初めての細い路地を抜け、40分ほどで前回は鉄骨だけだった現場に到着しました。どこかで見たことがあるような気がしたのですが、原宿のキャットストリートの安藤忠雄氏が設計したものを大きくしたような建物だったのです。窓の中にはサムスンのロゴが見えましたし、「it CENTER」のサインがありましたので入ってみたらテナントが半分も埋まっていない悲惨な状況でした。キャットストリートの安藤建築も不遇な経緯でしたが、この新しい店の将来も期待できないんじゃないかという気がしました。



2012thai71

 すぐ近くのKビレッジもチェックしてみました。

リンガーハットなど多くの日系企業が入居している低層の都市型モールなのですが、近くに似たコンセプトでレインヒルやゲートウェイ・エカマイなど次々とオープンしていることから業績が悪化して空き店舗だらけになっているんじゃないかと危惧していたのです。しかしほとんど前回と変わらない感じでしたので、私の杞憂に終わりました。

Kビレッジは都会的な女性をメインターゲットにしているのでしょうが、広場横の空いたスペースに女性ウケしそうなかわいいシロクマなどのディスプレイが置かれていました。気候変動により生息域が狭められているシロクマをモチーフにして危機的な環境問題をソフトにアピールしようというコンセプトなのかもしれませんが、その横にポータブルタイプのクーラーを置いてオープンエアの中でフル稼働させていたのには驚かされました。中庭に建てられたテントの中で働いているサンタ帽をかぶった女性たちのための心配りなのでしょうが、節電の国からやってくるとヒドい電気の無駄遣いにしか見えませんでした。



2012thai72

 ちょうど昼過ぎに「横井うどん」に到着できました。

今年の2月25日に初めて食べに来た時には「香川の店の直営店だとしてもここはバンコクだし、香港の自家うどん程度のクオリティなのだろう…」と軽く見て冷たいぶっかけの普通サイズを注文したのですが、予想を超えた美味しさにお代わりしたくなりました。その時はレジ前に長い列ができていたのであきらめたのですが、今日は美味しいことがわかっていますので冷たいおろしぶっかけの大盛りをオーダーしました。

1分もかからないうちに目の前に用意された丼をレジに移動させて124バーツ(約349円)支払い、自分で好きなだけ天かすや刻みネギ、おろし生姜などを乗せることができるという嬉しいシステムは変わりありませんでした。近くのレインヒルの2階にある丸亀製麺所では冷たいお茶は有料だと思いますが、ここではセルフで何杯でも飲めて最高なのです。うどんは今日も高松で食べてるかのように美味しかったですから、大盛りで満腹になった後でも後ろ髪を引かれる思いでした。近所に住んでる日本人たちが近場に旅行に出かけたり日本に帰国していたりしてレジ前は忙しい感じではありませんでしたが、お代わりしたい気持ちをグッと我慢しました。クアラルンプールやシンガポールにも支店を出してくれれば嬉しいですけどね。



2012thai73

 食後に最近オープンした猫カフェを探しました。

iPod touchの地図を頼りに路地を歩いていたら、こんなディスプレイがある日本食材を扱うスーパーがありました。日本人が多く住むプロンポーン駅の北側のエリアに4店舗の支店を持つフジスーパーの3号店でしたが、空気の力で動くディスプレイも含めて最大級のものなんじゃないかと思います。ガソリンスタンドの入口で見かけるヤツをアレンジしたものでしたが、住宅街で見るとちょっと違和感がありました。

店内にはバンコクでも日本と変わらない生活ができるだけの豊富な商品が取り揃えられていましたが、日本を出て10日しか経っていませんので買いたくなるものはありませんでしたが、タイ製のフライドオニオンがあったので20バーツ(約56円)払って購入しておきました。なぜかビッグCなどの大型店では見つけることができなかったのです。ちなみに年末年始なので置いてあるフリーペーパーの種類は少なめでした。



2012thai74

 結局探していた猫カフェは見つかりませんでした。

まあバンコクでは街角で様々な猫たちとふれあうことができますので飢餓感があるわけじゃないのですが、バンコクの猫カフェがどんな雰囲気の建物なのか確認してみたかったのですけどね。まだGoogleマップにも載っていませんでしたが、じっくり探せばそのうちに見つかるでしょう。猫カフェは後回しにして本日の目的地であるゲートウェイ・エカマイという新しい商業施設に行ってみたのですが、ジャパニーズライフスタイルモールというコンセプトだけにバンコク初進出の店も含めてたくさんの日本的なショップが並んでいて壮観でした。

しかし低層階の充実ぶりに較べると上層階はテナントを埋めるために「何でもアリ」だったことを窺わせるようなダメさ加減でした。また館内にはあちこちにダルマや力士など日本をイメージしたFRP製のオブジェが置かれていたのですが、この鬼太郎のオヤジ風のキャラクターは不思議でした。アイドル時代ののりピーがサインの横にこんなのを描いてた感じがしますが、タイ人から見ると日本的な感じがするのでしょうか…?



2012thai75

 最後にテスコロータスで買い物をしました。

クロントーイ市場の近くにあるテスコとロータスがタッグを組んだ大型店は、ビッグCとも向き合っていることから気合いが入った店作りになっているのです。PBブランドの開発も熱心で600mlのミネラルウォーターが6バーツ(約17円)で販売されたりしていました。その調子でビールもPBの安いヤツを開発してくれれば良いのですが、どうもタイでも日本と似た業界内のもたれ合いの体質が残っているようですね。

買い物を済ませてエスカレーターを降りたらサンタ帽のお姉さんがクーポンを配っていました。1階に新しくオープンした感じの「KAKASHI」というファストフード店のものでしたが、タイの急成長企業であるOISHIコーポレーションの新しいディビジョンみたいでした。吉野家やすき屋に対抗するために開発されたのでしょうが、もしかしたら社長さんが日本を視察中に山田うどんで食べて思いつかれたのかもしれません。すべてタイ語のため詳しい内容はわからないのですが、クーポンを提示すると牛丼などが味噌汁とドリンク付きで99バーツ(約278円)で食べることができるようです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/12/29(土) 23:59)

 新しい観覧車を見に行く前に庶民的なフードコートで食べたものは…
2012thai63

 今日は映画を観るのは止めておきました。

いくら料金が100バーツ(約279円)と割安感があっても、観て損をした気分になることがあることを学習したばかりでしたのでね。それで今日はシーロムにオープンしたばかりの日本料理店の様子をチェックしてからチャオプラヤー川沿いに新しく開発された観覧車を見に行くことにしました。

今年の2月26日に試してみたタイスキの食べ放題の店の前に庶民的なフードコートがありましたので、近所で働いているOLさんたちの後ろに並んで注文してみたのはご飯の上にカレーとおかずを選ぶというシステムの屋台に毛が生えた程度の店でした。並んでいるものはどれも美味しそうだったので悩んだのですが、ナスのカレーにカツレツを刻んだようなものを乗せてもらって30バーツ(約85円)払いました。

もう1品加えても5バーツ(約14円)アップするだけでしたので目玉焼きでも乗せてもらおうかと思ったのですが、私の前に並んでいた皆さんが少なめに注文していましたので止めておきました。食べたいものを食べたいだけ注文できるシステムの店でしたが、質素なことを美徳とする雰囲気を壊してはいけないのだろうと自制心が働いたのです。しかしそれは私の思い過ごしで、普段は皆さん多くの種類を盛っているけど年末で懐具合がサミシイだけなのかもしれませんけどね。(笑)



2012thai64

 最初の目的の店はモールの半地下にありました。

改装してキレイになったシーロムコンプレックスという商業施設の吉野家などカジュアルな店が並ぶB階にタイ初進出という「とんかつ まい泉」の支店がありましたが、ランチタイムということもあって多くの人が席が空くのを待っているほどの盛況ぶりでした。メニューを見てみたらとんかつ定食が400バーツ前後と安くは無かったのですが、箸で切れるという噂が口コミで広まっていることでの人気なのかもしれません。

スワンナプーム空港のテレビで「銀座さぼてん」のCMを見かけたのですが、高度成長期のタイでは日式のとんかつがブームになっているのかもですね。私もとんかつは大好物ですので「開店記念で半額とかだったら正月に食べようかな…」と考えていたのですが、それは叶わぬ夢だったようです。まあ確かタニヤの雑居ビルに200バーツくらいで食べ放題の回転寿司屋がありましたので、正月はそれで充分ですけどね。ビール代とサービスチャージが加わったら350バーツくらいになるでしょうが、ちょうど1000円くらいですからね。



2012thai65

 パッポンで移動販売のおじさんを見かけました。

荷台に積んであるのはいろんな種類のホウキでしたが、タイでも暮れに大掃除するのかなと疑問が浮かびました。偶然にトゥクトゥクも一緒に写っていますので30年くらい前にタイムスリップしたような雰囲気の1枚ですが、まだこんな行商のおじさんが生き残っていてくれましたので嬉しくなりました。

かつてはバンコクのどこで撮影してもトゥクトゥクが必ず写り込むほど台数が多かったのですが、最近はかなり少なくなっています。オープンエアなので渋滞中は暑いので人気が無いのでしょうが、トゥクトゥクはタイの文化遺産みたいなものですから次世代に遺してもらいたいものです。スタイルはそのままで電気自動車にするということだってできそうですし。



2012thai66

 もう一つの目的の観覧車は動いていませんでした。

昨年チャオプラヤー川沿いにオープンした「ASIATIQUE THE RIVERFRONT」の駐車場で12月15日から回りはじめたみたいですが、最頂部の高さは地上60メートルほどでタイ国内では最大級の観覧車だそうです。数人がかりで何やら作業中でしたのでオランダ製なのに早くも故障しちゃったのかなと思ったのですが、エアコン付きのゴンドラとはいっても昼間の需要は少ないようで、17時から24時の営業で夕暮れや夜景を楽しむための新アトラクションということみたいでした。

ちなみにこの「アジアティーク・スカイ」の料金は、大人250バーツ(約705円)、小人150バーツ(約423円)とお高いので私が乗ることは無さそうです。ちなみに来年の2月末日まではオープン記念の200バーツ(約564円)ということですが、それでも試してみる気にはなれません。観覧車には何度も乗ったことがありますので、200バーツあったら美味しいものを食べに行くことを選んじゃいますからね。(笑)




2012thai67

 観覧車の隣では簡易型のステージが作られていました。

これからリフトアップされそうなサインには「アジアティークフェスティバル2013 カウントダウン」と書かれていましたので、大晦日の夜にここでも年越しイベントが開催されるみたいでした。後でそのポスターも見かけたのですが、まったく見たことが無いタイのミュージシャンたちによるミニコンサートが行われて、カウントダウンの後に川に浮かべられた船からでも花火が打ち上げられるという構成なのでしょう。

宿からここまでシーロムコンプレックスに寄り道したりしたこともあって2時間以上もかかったのですが、花火を見てすぐに大晦日は深夜2時までやってるという電車に乗って帰ったとしても宿のベッドにたどり着くのは早くても1時過ぎでしょう。日本時間だと真夜中の3時ですから、ちょっと遅くなり過ぎですよね。やはりカウントダウン後に早足でなら30分ほどで戻ることができますので、私は宿から近いセントラルワールドの年越しイベントに行くべきなのでしょう。歩き慣れた道ですから酔っていても迷わないでしょうし。(笑)



2012thai68

 夕暮れ時に女性が神様にお祈りしていました。

この祭壇がある場所は広大なアジアティーク・ザ・リバーフロントの敷地の一部だと思うのですが、道路に面しているために隣のビルの壁面には祭壇とはミスマッチな美容整形の大きな広告が掲げられていました。高齢化社会の日本なら祭壇の近くには霊園や葬儀業の広告がありそうなものですが、高度成長中のタイでは美容整形熱が高まっているためなのでしょう。

古今東西、女性が神に祈るのは末永く健康で良い縁談に恵まれることだったりするのでしょうが、祈った後に見上げると整形美人の笑顔が並んでいますので「私もボトックスでも注射してみようかしら…」という気になるのかもしれません。まあ韓国がいちばんですが、最近はどこのアジアの国に行ってもキレイな女性が増えている感じがします。ジャカルタや上海の次はバンコクでのアイドルグループの誕生となるのかもしれませんよね。「BKK48」なら覚えやすくて良いでしょうし。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/28(金) 23:59)

 バンコクに残っている世界一の劇場で2日続けて映画を観た理由は…
2012thai57

 昨日に続いて私が世界一だと思う劇場で映画を観ました。

それは今日から封切られていたトム・クルーズ主演の「ジャック・リーチャー」というアクション映画でしたが、予告編を見てもまったく期待できないタイプのものでした。身長にコンプレックスを持ってると思えるトム・クルーズがビバリーヒルズの高級スポーツジムで鍛えた肉体を見せびらかすために作った作品なんじゃないかと思ったのですが、劇場に到着した5分後に上映が始まるということでしたので100バーツ(約279円)払って観てみることにしました。凡作であったとしても世界一の劇場がカバーしてくれそうでしたし…

映画は私には懐かしいピッツバーグの遠景から始まったのですが、最初の導入部はまったく台詞が無くて冷徹な狙撃犯が川沿いの立体駐車場から対岸の無垢な人々を次々に射抜いていくという緊迫したシーンでグッと引き込まれました。しかし良かったのはそこまでで、後半はクリストファー・マッカリー監督の力量不足を心の中で嘆き続けるしかありませんでした。

日本では「アウトロー」というまったく無関係なタイトルで来年の2月1日から公開されるみたいですが、その前のジャパンプレミアでトム・クルーズやマッカリー監督が来日するらしいので御用マスコミの連中が「面白い!」とか絶賛することでしょう。映画評論家たちは試写会で観て好意的な原稿を書けば金が貰えるというヌルい構造ですが、この世界一の劇場でもカバーしきれなかった駄作を1800円払って観たら後悔しちゃうと思いますよ〜。トム様の熱狂的なファンの皆さんやお金と時間が有り余ってる人にはオススメできますが!(笑)



2012thai58

 なんと恵比寿マスカッツのポスターを見かけました!

ちょっと前にネットで解散すると見出しを見かけたのですが、マイナーと思える日本の深夜のアイドルグループが海外公演を行えるだけの人気があるとは意外な感じがしました。まあ恵比寿マスカッツのメンバーには中国で大人気だという女性もいましたが、大勢いる中にはタイ人男性の好みのタイプもいるということなのでしょう。

会場のセントラルワールドは宿から歩いても行ける場所にありますので、野次馬根性でタイでどれくらいの人気があるのかチェックしてみたい気もしたのですが、特に誰のファンでも無いのに1月19日までバンコクに留まることはできませんから無理なのです。ですからタイ在住のオタクや日本からの熱烈な追っかけのファンの方がYouTubeにでもアップしてくれることを期待することにします。



2012thai59

 左の要塞のような建物はサイアムセンターです。

バブル時代の丸井などに触発されて開発されたと推測できるバンコクの老舗のファッションビルなのですが、これまでも何度も大改装を繰り返してきました。周辺や郊外に次々と新しいテナントビルが開発されていますので、梃入れのために全店舗をクローズしてリノベーションされることになったようですが、ホリデーシーズンに行っていたので驚かされました。

2013年だと2月11日となる中国正月に向けた工事とも思えないので不思議だなと感じていたのですが、どうやら内装工事の遅れが原因のようでした。開発業者としてはタイの芸能人やモデルなどを集めて12月15日に華々しくオープンしたかったみたいですが、まだまだ「マンペイライ」が通用する世の中みたいで1月11日にズレ込むことになったようです。ですからこの外壁が取り外される様子はチェックできるかもですが、館内のチェックは次回の楽しみとなりそうです。



2012thai60

 これはパラゴン前のタクシー乗り場の様子です。

高級ブティックなどがゆったりと配置されたパラゴンはバンコクを代表する成金御用達の商業施設ですが、もちろん駐車場も完備しています。それなのになぜタクシー乗り場に長蛇の列ができているかというと、慢性的な渋滞のために空車がやってくる頻度が少ないということがあるのでしょう。

しかし最大の理由は成金の皆さんは年末は仕事に追われていて、大渋滞の中を自動車で買い物に行く気にはなれないのでフィリピン人やインド人のナニーさんに「行きは公共交通機関で行って、買い物したらタクシーで戻ってきて…」とお願いしてあるのでしょう。ちなみに虚栄心のために高級車を買ってる成金をアホだと思ってる本当のお金持ちがこの列に並んでいるかもしれません。まあ本当のお金持ちは混んでる時期にパラゴンになんか買い物に行かないでしょうけどね。



2012thai61

 これはセントラルワールド前の時計です。

この辺りでは大晦日の夜にニューヨークのタイムズスクエアのようなカウントダウンのイベントが行われることになっているようですが、それに向けて今年の残り時間が表示されるようになっていました。この「5」という数字を見て今年も残りわずかになっていることを再認識させられたのですが、常夏の国の年末はどこかのどかな感じです。この時計の北側にはビール会社による特設ビヤガーデンが設置されていたりしますしね。

カウントダウンのイベントはどこかのテレビ局が生放送すると思いますが、2013年に変わる時はこの時計の前からの中継になるのかもしれません。年末年始をバンコクで過ごすのは初めてですので、私も大晦日の夜はこの時計が見える所に行くつもりです。日本との時差は2時間ありますので、こちらの時間の20時くらいからネットカフェで日本の大晦日の様子をチェックして、日本が新年を迎えてからセントラルワールド方面へ移動することになるでしょう。こちらの時間に慣れてきましたので眠たくはならないと思いますが、心配なことがひとつだけあります。それはセントラルワールド周辺のコンビニで冷えたビールが品切れにならないかということですが、安いものから売り切れて高級ビールしか残ってなければ悔しいですからね。



2012thai62

 最近オープンしたらしい商業施設に行ってみました。

数ヶ月前にネットでセントラルワールドの北側の問屋街エリアに「SHIBUYA 19」いうアホみたいなネーミングの商業施設がオープンしたと見かけたのですが、この歩道橋の先のビルの低層階部分が渋谷とは無縁な安っぽい売り場でした。まあ私はいろんな国で似たような体験をしていますので「やっぱりそうか…」といった感じでしたが、18時を過ぎたあたりで店がどんどん閉められていくのには驚かされました。

バンコクは遅くまで屋台が営業していて不夜城といった雰囲気ですが、問屋街は早く開けて早く閉まるのが常識なのかもしれません。そうでなければ混雑する年末に仕入れにやってくる業者も少ないとか、地方出身の売り子さんが里帰りしちゃって人手が足りないから早めに閉めてしまえということなのかもしれません。それとも店のオーナーさんたちがセントラルワールド前のビヤガーデンに早く行きたいためだっりして…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/27(木) 23:59)

 寒かった冬の上海から半袖で歩けるタイに飛んできて感じたことは…
2012thai50

 スワンナプーム空港はクーラーが効き過ぎです。

設計者が暑さが苦手なドイツ人だったせいか、中流以上のタイ人が寒いくらいに冷やすのを好んでいるためか不明ですが、冬の上海から飛んできても寒く感じました。タイと日本との時差は2時間ありますのでターミナルの外が暗い内から目覚めたのですが、ほとんどの料金が割高な空港にいても何も良いことはありませんのでバンコク市内へ移動することにしました。

いつもスワンナプーム到着後は空中を走行するため渋滞とは無縁のスカイトレインに乗るのですが、いつもと同じじゃ面白くないので空港の2階の5番と6番の間に発着する無料シャトルバスに乗ってパブリックバスターミナルへ移動して市バスでイケアがあるメガバンナーという郊外型のショッピングセンターに行くことにしました。モールマニアであると共にイケアの朝食マニアでもある私には空港からバンコク方面へ向かう途中に大型モールが開発されて実に都合が良いのです。

空港の無料ネット接続は高い空港税を取っておきながら15分しか許されていませんのでメガバンナー行きのバスについて調べることはできなかったのですが、パブリックバスターミナルで係員に尋ねてみたら中国とは大違いの微笑み付きでミニバスの「552A」で行けますよと教えてくれました。満員発車のため少し待たされましたが、どうせイケアのレストランのオープンは9時30分と遅いので問題ありませんでした。

今回は中国が予想以上に寒かったので無錫にオープンしたばかりのイケアに行くことは断念しましたので、久しぶりのイケアでの朝食となったのですが、今年の2月22日に食べた65バーツ(約181円)の洋風なスクランブルエッグの朝食以外に25バーツ(約70円)のお粥や45バーツ(約125円)のスープとパンのセットなど選択肢が増えていました。死ぬまでに世界中のすべてのイケアの朝食メニューを制覇することを目標としている私としては試していない朝食メニューを選ぶべきでしたが、ベーコンの誘惑に負けて洋風な朝食を選んでしまいました。バンコクのイケアはまだ2度目ですから、他の朝食メニューは次回に試せば良いですからね。



2012thai51

 朝食後にメガバンナー内を探検してみました。

2月にはメガバンナーはまだ工事中で、先行オープンしていたイケアからは入口の部分しか見ることができなかったのですが、もう半年ほど営業していますので地元にすっかり馴染んでいるみたいでした。メガバンナーは山手線と中央線の構図のようにぐるりと1週する通路と横切る通路によって成り立っていて、タイでは最大級のモールになります。ユニクロもかなり大きな店を出していましたが、バブル景気だとはいってもオーバーストア化しているだけに大丈夫なのかと心配になります。

イケアは高度成長中のインドシナ3国内では初めての出店ですから経営状態は悪くはないのではと思いますが、タイの富裕層は成金趣味のデコラティブな家具を好む傾向があるみたいですから、イケアのシンプルなデザインの家具が受け入れられるまでには時間がかかるかもしれません。ちなみにブラジルのビーチサンダルメーカーのハワイアナスの専門店も初めて見かけました。タイでもクロックスの店がたくさんありますので割高なビーチサンダルでも受け入れられるとは思いますが、店内にお客さんは一人もいませんでした。



2012thai52

 昼過ぎにいつもの宿にチェックインしました。

「どうせ午後の暑さで汗をかくことになるから…」とシャワーは後回しにしてランチに出かけることにしたのですが、昨晩の第2候補だったフィッシュボール入りのヌードルを試してみました。いつものように最初はそのままの味を楽しみ、途中から卓上に備え付けてある調味料を加えて変化を楽しませてもらったのですが、日本のタイレストランなら600円くらいしそうなものが35バーツ(約98円)ですので大満足でした。

クーラーが無い大衆食堂でしたので食べ終わる頃には少し汗をかいていたのですが、上海で1週間ほど寒い思いをした直後でしたので文句があるわけではありません。これで中国並みにビールが安ければ最高なのですが、それはちょっと欲張り過ぎですよね。お隣のマレーシアに較べれば格段に安いわけですし…



2012thai53

 バンコクには私が世界一だと思う映画館があります。

宿から歩いて行くと1時間弱、6、50バーツ(約18円)払って47番のバスに乗ってMBK前で降りてからだと5分の距離にあるスカラ座という歴史ある映画館なのですが、ショッピングモールのシネコンが120バーツとか140バーツする中で100バーツで最新映画を堪能できる単館タイプの映画館なのです。雰囲気も素晴らしくて安いのに不思議と空いているのでバンコク滞在中には必ず足を運ぶことにしているのですが、今日のプログラムは何度も予告編を見て期待が高まっていた「Life of Pi」でしたから嬉しくなりました。

1976年にインドの東海岸にあるフランス領だったポンデチェリーで動物園を経営する一家が日本の貨物船でカナダに向かう途中に嵐に遭って沈没してしまうのですが、救命ボートに逃げ込んだのはパイ君と動物たちだったことから波乱の展開となるのです。日本での公開は「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」というネタバレしちゃってるタイトルで来年の1月25日からと遅いので映画ファンのマナーとして詳しいことは書けないのですが、世界一の劇場で2012年で最も美しい作品を観ることができて満足でした。

エンドロールが始まってアン・リー監督には拍手を贈りたい気分でしたが、撮影中に動物虐待になったのではと疑念が残ります。またチョイ役で出てくる日本人が喋る日本語が拙かったことも残念でした。おそらくその病室のシーンはカナダで撮影したために日系の役者さんをキャスティングしたのでしょうが、英語が上手い日本人俳優を起用すべきだったと思います。台湾人の監督さんですから、ハリウッド映画で変な発音の中国人が出る映画はたくさん見てきたはずなんですけどね。



2012thai56

 映画館を出たらもうすっかり陽が暮れていました。

歩道の両側に屋台が並んでいるために狭くなった中を抜け、紀伊国屋でフリーペーパーの最新号を貰うために伊勢丹に向かったのですが、クーラーが効いているサイアムパラゴンの中を抜けて行くことにしました。新たにH&Mやクリスピークリームドーナッツなどが仲間入りしていたようですが、日本で成功したものが数年遅れで上陸するというパターンのものでしょうからチェックしてみる気にはなれませんでした。

MBKのシネコンでは上映が終わっていた007のスカイフォールがパラゴンではやってるかもとチェックしに行こうかと思ったのですが、バンコクよりも年が明けてどこかの地方都市に行った時の方が可能性がありそうだと考えて止めておきました。以前にチャイナタウンの場末感たっぷりの映画館で「インディアナ・ジョーンズ」の3作目を50バーツで観たことがありますが、そんなことも期待できますしね。

買い物客で賑わうパラゴンから出ようとしたら、地下の水族館から音楽と拍手が聞こえてきました。サンタ服のお姉さんと手足がある不気味な魚のぬいぐるみたちによるダンスだったのですが、タイではクリスマスが過ぎた後でも問題ないみたいでした。日本では26日になったと同時にクリスマスのデコレーションは倉庫に仕舞われて、代わりに新年の飾り付けが登場しているのでしょうが、そのあたりはマネされていないようです。



2012thai54

 タイですからこんなイルミネーションもありました。

12月5日に85歳になられたプミポン国王の長寿を願うといった感じのものでしたが、この時期にバンコク入りしたのは初めてですので毎年恒例のものなのかは不明です。国王は高齢の上に病気で入院されていたため、今年から飾られることになったのかもしれません。日本の天皇よりはるかに多くの国民から敬愛されていそうなタイの国王ですから、映画館での上映前に必ずインサートされる1分ほどの国王を讃美する映像の時には私以外のほとんどの観客が起立しています。

かつて政治的に深刻な対立が続いていた時も、プミポン国王が調停役に出てきたらすんなりと終わったことがありました。その地位は以前に較べたら落ちているとの話もありますが、まだまだ国王はタイ人の心の支えなのでしょう。しかしバンコクの中心部でデパートやショッピングセンターなどを経営している財閥にとっては年末年始のかき入れ時に亡くなられては困るので長寿を願うという真意もありそうです。喪に服さなければならない時期は日本より長そうですからね〜。



2012thai55

 バンコクの街は節電とは無関係のようでした。

「国民の94、6パーセントが仏教徒、4、6パーセントがムスリムであってもクリスマス気分を味わっても構わないじゃないか!」という感じの力が入ったイルミネーションが多いのですが、私が半日ほどかけて見た中ではペニンシュラプラザの階段部分のものが一番でした。もちろんこれより大型のツリーをいくつも見かけましたが、全体的なバランスと細部のディテールでは抜きん出ていると思います。スポンサーはスイスのチョコレートの会社みたいですが、他の国で見かけたことがないのでタイの地元企業なのかもしれません。

タイ財閥の子弟や流通業やデザイン関係者は欧米や日本などに留学する者も多く、その経験を生かしてタイで成功していることが多いようです。世界遺産に選ばれたことで周辺国との領土問題が起きていますし、政治的な安定にもほど遠く、水害や都市化による問題が深刻化しています。それでも日本や中国に較べてマシに見えるのは緩やかな経済成長とタイ人のおおらかな国民性が今後も続きそうな感じがするからです。最近はエカマイのモールなど日本化したものが増えているのですが、日本の悪い面を反面教師としてくれればと願うばかりです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/26(水) 13:07)

 私があえて12月25日に中国から微笑みの国に飛ぶことにした理由は…
2012china300

 ようやく冬の中国から脱出できる日になりました。

買い置きしていたパンとコーヒーで簡単な朝食を、そしてWi-Fiで最後のメールチェックや情報収集を済ませ、1週間お世話になった宿の皆さんとお別れして地下鉄2号線で12月19日に降り立った浦東空港のターミナル2に戻りました。今回の旅行で私があえて12月25日に微笑みの国に飛ぶことにした理由はバブル真っ最中の上海のクリスマス直前の様子を確認した後に仏教国のタイに飛んで年末年始を暖かく過ごそうという考えからでした。もちろん春秋航空の上海〜バンコク便が25日だけ片道12250円と割安だったこともあったのですが。

クリスマスだから浦東空港でも何かイベントをやってるかもと予想していたのですが、ターミナル2の中央部分に小規模なステージが作られていてトークショーみたいなものが行われていました。私は中国語は麻雀用語くらいしかわからないのですが、裏手にドレスを着たマダムたちが控えていましたので、クイズなどの後にミニコンサートが開催されるという筋書きなのでしょう。12月21日に地球は滅亡しませんでしたが、中国のバブル崩壊は近い将来に起る可能性が高くなっていますので、こんな平和な光景はもう見ることができなくなってしまうかもしれません。経済状況が悪化すれば中国の航空需要が激減して、経費削減のためにターミナル2は無期限閉鎖ということだってあり得ますし…



2012china301

 時間になったのでチェックインを済ませました。

いつもは到着後に空港から早く宿へ移動できるように荷物は機内に持ち込むことにしているのですが、微笑みの国では到着後にインフォメーションカウンターでパスワードがプリントされたカードを貰って15分間無料のWi-Fi接続をやる予定でしたし、今晩はスワンナプーム空港内で1泊することに決めていましたのでMacBook Air以外の荷物は預けることにしました。私の荷物は日本を出る時には7kg程度でしたが、上海のスーパーで東南アジアでは割高になる中国食材を買い込んでいましたので重たくなっていましたしね。

邪魔な荷物が無くなりましたし、浦東空港には無料のWi-Fiも無いのでターミナル2の探検をすることにしたのですが、中2階部分で味千ラーメンの支店を発見しました。全世界の600店の中で中国国内だけで400店舗ほどを占めているみたいですから空港にあったって驚くには当たらないのですが、普通の支店に較べて割高な価格設定であっても食べている客が多かったのが意外でした。もちろんここは中国の空港ですから、持ち込んだカップ麺に給湯器でお湯を注いで食べている人たちも少なくなかったのですけどね。



2012china302

 空港のコンビニでこんな商品を見かけました。

日本の観光地でも見かけるご当地ポッキーの中国版という感じの商品でしたが、左からウーロン茶味、北京ダック味、フカヒレ味といかにも日本人旅行者を狙って開発された感じがしました。帰国後にお土産としてバラまくことを想定したパック商品でしたが、128元(約1753円)という値段はデフレ時代の日本人旅行者には高過ぎるように思えました。

30分ほどでターミナル2は探検し終えましたので早めにイミグレを通って免税店をチェックしてみることにしたのですが、酒の品揃えは悪い上に高くて買うものがありませんでした。円高の上にデフレ時代の日本では海外の免税店と変わらない値段で酒類を買えたりしますし、モスリム国のマレーシアは例外としてタイなどではビールが割安に買うことができますので荷物を増やす気にはなりませんでした。



2012china303

 今日の春秋航空のバンコク便はほぼ満席でした。

佐賀から上海までに較べるとバンコクまでは倍以上の距離がありますので狭い座席は窮屈でしたが、耐えられないほどじゃありませんでした。日本航空が無条件で大好きなタイプの人たちは信じられないかもですが、日本の次の次の政権あたりで日中の関係が改善されるようなことになれば、仁川空港をハブとして日本の地方空港に多くのフライトを持つ大韓航空みたいに春秋航空もなるかもしれません。

上海を出発して2時間ほど経過した頃にフライトアテンダントの皆さんがクリスマスっぽい衣装に着替えてゲーム大会が始まったのですが、すべて中国語でしたので蚊帳の外でした。まあクイズに答えて貰える景品は安っぽいクリスマスグッズだったみたいですから文句は無いのですが、もし無料航空券とかだったら英語でもやってもらいたいものでした。まあクイズよりくじ引きで当選者を決めるというのが最良だと思いますが。



2012china304

 30分遅れでスワンナプーム空港に到着しました。

無料Wi-Fi接続は15分だけでしたので素早くメールやニュースなどをチェックして、いつものように何も聞かれることなくイミグレと税関を簡単にスルーできました。今日も春秋航空の割高な機内食は食べずにスナック菓子などで凌いでいたのですが、さすがにまともな食事をしたくなりましたので1階の「Magic」というクーポン方式のフードコートへ直行しました。

約10ヶ月ぶりのタイでしたので食べたいものだらけでしたが、悩んだ末に40バーツ(約112円)のご飯に煮込み肉を乗せたものに決定しました。日本のラーメン屋でもサイドメニューで角煮丼を出す店がありますが、それを東南アジア風なエスニックな味付けにしたような感じの料理で大満足でした。タイでは安い店でもハズレが無いのですが、それは空港でも通用することでした。成田や関空でも見倣ってほしいものですね。



2012china305

 夕食後にコンビニにビールを買いに行きました。

酒類専門の安売り店が見当たらないバンコクでは大型スーパーでもコンビニでもほぼ同じくらいの値段でビールを販売しているのですが、空港のコンビニは少しだけ高い値段設定になっていましたのでガッカリでした。もちろんその空港の割高な値段でも日本に較べたら半額以下なのですが、大瓶1本が1、20元(約16円)から購入することができた上海から飛んで来たばかりでしたのでムチャ高く感じたのです。

私は「悩んだら止めておく」ことをモットーにしていますので、ビールは明日以降の楽しみとして電源を探してコイルヒーターでお湯を沸かしてコーヒーとチョコパイでデザートタイムということにしました。チョコパイは中国製のロッテの製品でしたが、郊外のスーパーで安売りしていたので12個入りのものに3個がオマケに付いたものを購入しちゃっていたのです。タイでは融けて食べにくくなることはわかっていたのですが、ついつい誘惑に負けちゃったのです。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/25(火) 23:59)

 しばらくの間ブログの更新が滞るかもしれません
 今日から1週間ほど上海に滞在予定です。

中国では人民政府による過敏なネット規制がありますので、しばらくの間はこのブログの更新が滞ることが予想されます。上海で投稿画面にアクセスできない場合は、次の更新は自由な微笑みの国からということになりそうです。もし21日に世界の終末日が訪れるとしたら、これが最後の投稿ということになりそうですが…(笑)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/19(水) 07:33)

 日本脱出の日にまたしても日本人をやめたくなった腹立たしい話は…
2012nippon1310

 久しぶりに日本を脱出する日を迎えました。

寒くなる前に暖かい国へ逃げ出したかったのですが、ちょっとした制約があって今日まで遅れてしまいました。そのおかげで民主党がドラマチックに大敗した様子もじっくり見ることができたのですが、熊本にはテレ東の系列局が無いので池上彰氏の選挙特番を見ることができなかったのですが。衆議院選挙の結果も目を覆いたくなるヒドさでしたが、同じ日に行われた都知事も開票直後に傲慢な男があっさり当選しちゃいましたのでガッカリでした。まあ何度も暴走老人を選んでも懲りなかった都民の皆さんですから当然の結果なのでしょうけどね。

自民党政権の誕生や副知事が横滑りすることは各メディアの事前予想の範囲内でしたので、それほどムカつくことは無かったのですが、東京都議会オリンピック・パラリンピック招致議員連盟会長のおじさまの暴走にはムチャ腹が立ちました。候補地として残っている3都市の中で東京はオリンピック支持の割り合いが低いのがネックになっているのですが、この川井しげおという都議会議員は回覧板を使って2020年の五輪招致の署名活動をするよう町内会にゴリ押しして、その用紙に誰が責任者なのか何も記載されていなかったこともあって問題化したらしいのです。その批判に対して何か弁明しているかと思ってウェブサイトをチェックしてみたのですが、訳が分からない言葉で五輪招致を呼びかけているだけでした。

私はフクシマの処理もできない国にオリンピックなんて無理だと思いますし、直前の冬期五輪が韓国での開催であることや、残りの2都市が強いこともあって税金の無駄遣いになりそうな東京のオリンピック招致には反対です。しかし状況が不利であってもヨーロッパ経済も問題を抱えていることもあることから、スポーツ愛好家の皆さんが自費で招致活動をされるということなら「お好きにどうぞ…」というスタンスです。しかし町内会の回覧板で署名を集めるというのは常識を逸脱した行為ですし、署名活動の用紙に責任者の所在を記さなかった理由はと聞かれて「多くの方が理解してもらえるものなので…」と自己中心的な言い訳をしていたことには呆れ果ててしまいました。

長引く不況で東京に本社を置いている企業からの法人税も減り、東京都の財政状態も厳しくなってきている時期に年間20億以上の経費をかけて招致活動をしても良いものかちょっと考えれば明らかだと思うのですが、傲慢な男を都知事に選んだような都民は回覧板で署名活動するようなことに対しても何の疑問を持たないのでしょう。まったくアホらしい話ですよね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/19(水) 06:51)

 「くまモン出没注意」という新商品さえ出そうな熊本の年末の風景は…
2012nippon1311

 熊本のスーパーでは変わった商品が目に付きます。

長引く不況で消費が低迷している中で年を越すために少しでも売り上げを増やしたいということみたいで、申請すれば自社製品にくまモンのデザインを無料で使うことができるので新商品が続々と作られているのです。熊本で愛され続けているロングセラー商品のアベックラーメンのパッケージにはくまモンが一足早く登場していましたが、他には伝統的な太平燕(タイピーエン)という春雨ヌードルにもくまモンが出没しています。

今日はくまモンが大きく描かれた豚骨の袋麺を見かけたのですが、有名な北海道土産のラーメンから発想して開発された商品なんじゃないかという気がしました。パッケージの大きさや値段などが酷似していましたので間違いないと思いますが、熊本のメーカーさんは「単なる偶然でしょう…」と中国人みたいな言い訳をしちゃうかもしれませんけどね。(笑)



2012nippon1314

 こんな不思議な新商品もスーパーに並んでいました。

玉名市の浦島海苔という老舗の海苔メーカーが開発した「熊本ラーメン風ふりかけ」という珍しいタイプの商品でしたが、豚骨味というのはいかがなものかと思いました。試してもみないで文句を言うつもりは無いのですが、100円以下でも味見のために購入してみる気にはなれませんでした。スーパーの店頭で試食イベントをやってくれれば嬉しいのですけどね。

これだけインパクトが強い商品ですからネットで話題になっても良いと思うのですが、まだ一度もニュースサイトなどで見かけたことはありません。先ほどファミリーマートでくまモンの顔が焼印された「くまモンのまんじゅう いきなり団子風」を九州地方限定で販売開始したというニュースは見かけたのですが、こちらの方がニュースバリューがありそうですが。



2012nippon1313

 これは子供向けのミルキーなドリンクじゃありません。

熊本では正月にお屠蘇として飲んだり、飲み残したものは料理の隠し味として使う「赤酒」というものなのです。それにくまモンがデザインされたお年玉袋がオマケに付けられていたのですが、正月に年始回りにやってくる子と孫がいる老夫婦の心をグッと掴むようなナイスなアイデアだと思います。

去年のくまモンの経済効果は25億円とか言われていて、今年は爆発的に商品のラインナップが増えましたので100億を軽く超えるのでしょう。しかしこのようなオマケの場合の経済効果はどうやって算出するのでしょうね。このオマケを付けることにより売り上げは確実にアップすると思いますが、正月に赤酒を買わない層は毎年増えていると思えますからね。



2012nippon1312

 年末年始用にこんな商品も作られていました。

くまモンがお札の肖像風に描かれた箱に入っている紅白餅なのですが、「お金餅」という商品名がスゴいなと思いました。額面が1億円の札束ですので200億くらいありそうな感じですが、中身は500円分くらいしか価値が無いと思います。まあ贈る人と貰う人の波長が合えば良いのでしょうが、私が貰ったら微妙な作り笑顔をしちゃいそうです。(笑)

今年もいろんなくまモン関連の商品や話題をブログにアップしてきましたが、ようやく日本脱出の時期になりましたので2012年最後となります。もちろん上海にもバンコクにも日本食品をたくさん売っていますので、くまモンを見かけることがあるかもですが、数年前から中国ではブログの更新ができなくなっているのです。他人からプライバシーをいじられる感じがして不愉快なのですが、見た目は先進国並みになりましたが古い体制のままですから仕方が無いのでしょう。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/12/18(火) 22:34)

 10月24日に発表されたiPad miniとiOS 6の私の感想は…
2012nippon1307

 ようやくiPad miniの現物をチェックできました。

日本時間の10月24日に発表された製品ですが、11月13日に新市街のベスト電気のアップル売り場に行った時に店頭に並んでいなかったので「ティム・クックの野郎、もったいぶるな!」とムカついて興味を失っていたのです。それにiOS 6のアップルの地図の評判もムチャ悪かったですから、Googleの99ドルタブレットが出るのを待つことにしました。

しかし最近になってiOS 6用のGoogleマップのアプリの無料提供も始まったということでしたので、ソフトバンクの店頭に誰にも見向きされずに展示してあったiPad miniをチェックしてみることにしました。今度のiPad miniは第5世代のiPod touchを大きくしたようなものですので、サイズや重さなどの全体の雰囲気を俯瞰してみるだけで充分でしたが、使い慣れたOSですから割高な値段以外は何も問題ありませんでした。

店頭のiPad miniにはGoogleマップのアプリがインストールされていなかったので、2010年の9月15日に新宿で購入した第4世代のiPod touchのOSを最新のものにして、アプリもダウンロードしてみました。さすがにGoogleだと感心させられる完成度でしたが、以前のGoogleマップを使い慣れていたので違和感がありました。またアプリが立ち上がるのに少し時間がかかるところもガッカリでした。しばらく遊んだ後に「やめておけば良かったかなぁ…」とちょっぴり後悔しちゃいました。



2012nippon1308

 初めて牡蠣うどんというものを作ってみました。

ネットで見かけて牡蠣がうどんに合うのだろうかと疑問だったのですが、作って食べてみたら悪くない組み合わせでした。レシピを検索してみたら片栗粉をまぶしてフライパンで焼いた牡蠣を入れるというのがありましたので、それを採用してみました。少しパリパリに焦がしたものがうどんの出汁で柔らかくなり、それが良いハーモニーを醸し出していましたし。他のものに較べると手間がかかりますので帰国後すぐに作ろうとは思わないでしょうが、来年の冬の始まりの時期にスーパーで割安な牡蠣を見つけたら作ってみようと思うかもしれません。

いつも泊まっているクアラルンプールの宿はキッチンがありますし、イオンや伊勢丹の食品売り場にはマレーシア製のうどんの玉も売っていますので作ろうと思えば作ることができるのですが、日本で作るより高くつきそうな気がします。デフレ傾向の日本では探せば安いものがありますからね。円高のおかげもあってマレーシアで買う食品の値段は安い方なのですが、経済成長しているせいでジリジリと値上がりしていますし。



2012nippon1309

 選挙も終わって街はクリスマスムードみたいです。

11月7日に改装してオープンした鶴屋百貨店の東館1階のパークテリアというフロアの前のイルミネーションの動画に首を傾げてしまう陳腐なコピーのロゴをかぶせただけの安上がりなCMでしたが、これも長引く不況で広告予算が減らされているためなのかもしれません。この場所は交通量が多い電車通りに面していますので、リノベーションする時にプロジェクションマッピングでも仕込んだら良かったでしょうに。

鶴屋百貨店はこの東館やアーケード街の中に小型のサテライト店舗などを展開中ですが、それ以外に郊外にFOODY ONEという高級指向のスーパーを5店舗ほど出店しているのですが、私は光の森のゆめタウンみたいな郊外型の大型店に経営資源を集中させるべきだったんじゃないかと思います。時計の針を20年前に戻すことはできないのですが、今後は当時の経営判断の失敗がじわじわと首を絞めることになりそうですね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/12/17(月) 23:59)

 やはり無風だった熊本の選挙区の結果から予想される未来は…
2012nippon1306

 今朝の新聞にはこんな折り込みが入っていました。

開票結果が夜中までかかってしまう場合にはギリギリまで輪転機を回すのを遅らせるので、その場合は明日の朝刊の配達が遅れることもありますという内容だったのですが、熊本の選挙区はやはり無風でしたので遅れることは無いかもしれません。まあ全国には熊本とは違って反自民色が強い激戦区もありますので、当確が出るまでに時間がかかることもあるのでしょうが、選挙特番を追っかけ再生して見てる現段階では大方の予想より早まるんじゃないかという気がします。

開票作業が20時にスタートするという話でしたので、私は21時くらいには熊本は自民と元自民の当確が出ると予想していたのですが、出口調査で明らかな票の差があったみたいで20時10分くらいには結果が出てしまいました。今回の自民党の圧勝から予想される熊本の未来は昭和時代のような政治のプロのおじさまたちによる我田引水的な密室政治に戻るということなのでしょう。政治的な裏のやりとりで将来の道州制が実現する場合には州都を目指すという動きが活発化するかもしれませんが、そんな無駄なことに時間や労力をかける余裕なんて無いのですけどね。今回の選挙結果によりダム建設などの公共事業も復活しそうな感じですが、実にもったいない話ですよね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/16(日) 23:25)

 光と影が織りなす年末の熊本の中心市街地で見かけたものは…
2012nippon1304

 今日は夕方からヤボ用で下通に出かけました。

最近は自動車で郊外にばかり買い物に出かけていますので、中心市街地に行く回数は激減しているのですが、以前から気になっていた熊本の古い店がまだ存在しているのかを自分の目で確認することにしたのです。11月28日にオープンした「長寿の里」というショップが最近はシャッターが閉まっていたオケマツという桶の専門店の跡にできたのではと心配していたのですが、それは私の単なる勘違いでした。

年末の週末ということで人通りが多いためか、オケマツはシャッターを開けて営業中でしたが、店内の様子はずいぶん変わっていました。以前は壁にはズラリと様々なサイズの桶が並べられていたのですが、今日はほとんどの商品が運び出されて空っぽになっていてサミシイ感じでした。「長寿の里」の明るくてキレイなショップとはえらく違うものでしたが、オケマツには今後も踏ん張って営業を続けていただきたいものです。



2012nippon1303

 オケマツの近くで維新の会の選挙カーを見かけました。

熊本1区では第44回総選挙で初当選して第45回で落選した自民党の元国会議員が追い風に乗って返り咲きしちゃいそうな勢いですが、この元民主党の世襲議員はアーケードの周辺を選挙カーに乗ったまま最後のお願いをすることにしたみたいでした。お願いを連呼し過ぎて喉が枯れているんじゃないかと思ったのですが、そこは世襲議員の強みでペース配分には慣れていて平気なようでした。

まあこの男は自民党の候補者に競り負けたとしても、比例名簿の順位は1位ですから声を枯らしてまでお願いする必要は無いみたいです。ただ自民党の候補とは因縁が、なおかつ世襲議員のプライドとして負けたくないということがあるのでしょう。しかし明日までは競争相手であっても、選挙後に暴走老人が同じ趣味の新総理と連立することになれば仲間になっちゃうのですけどね。そうなったら熊本1区の有権者の皆さんは「何のための選挙だったの…?」とガッカリされることでしょう。



2012nippon1305

 年末ですからパチンコ屋のCMが増えた感じがします。

熊本の庶民の少ないボーナスを奪い合うような競争が続いているのですが、韓流スターみたいな陳腐なコピーにはうんざりさせられてしまいます。韓流スターやパチンコ屋が愛しているのは客の懐の金であって、本心じゃないのはわかりきっていますのでね。私は暴走老人とはほとんどの考え方が真逆なのですが、節電も心がけなきゃならないご時世ですからパチンコ屋は日本から無くしても良いのではと同じ意見です。

最近は右翼政権の誕生を折り込んで愛国的なものが増えた感じがするのですが、清水寺で披露された今年の漢字が「金」だったのも擦り寄りみたいなものを感じます。テレビのコメンテーターたちは金メダルがどうのこうのとはしゃいでいましたが、アメリカが46個、中国が38個だったのに日本はわずかに7個だったんですけどね。人口が日本の半分ほどの韓国が13個でしたが、五輪誘致でおいしい思いをしたい連中に乗せられて喜んでいる人たちが少なくないことには驚かされます。

今年の漢字が金権政治とか近所迷惑な北朝鮮の金王朝などを意味するというのなら納得できるのですが、「金」だと発表されて「なるほど、いいね!」と納得してるような人たちが自民党政権を誕生させるのでしょう。本当に日本人であり続けることがイヤになりますよ。早く脱出しなきゃ!(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/15(土) 23:51)

 多くの熊本県民の皆さんが「未来」にまったく期待しない理由は…
2012nippon1302

 第46回衆議院議員総選挙が目前に近づいてきました。

迷惑なことに郵便受けにはゴミになる各候補の印刷物が勝手に入れられていますし、新聞にはモノクロ広告だけでなくカラーの印刷物まで折り込まれていたりします。熊本の5つの選挙区には男性17人女性3人の合計20人が立候補しているのですが、共産党が全選挙区の5人、次いで自民党が4人を公認しています。民主党と維新が3人づつで、社民党とみんなの党と未来の党が1人づつ、残りの2つは無所属という構図です。

未来の党は2区で画像左下の小太りのおじさまを公認しているのですが、今回の選挙はあまりにも民主党がひどかったので自民党に追い風が吹いている上に、自民党の候補者は組織票を固めている実力者ですので、2区の有権者の皆さんは比例を選ぶだけのための投票ということなるのでしょう。

未来の党の関係者の皆さんは「卒原発」と「脱増税」と耳障りが良いことを嘉田由起子代表が優しい口調で囁き続けていますので淡い期待を持っていらっしゃるかもですが、私は背後にダークなイメージの小沢が透けて見えるのでダメだと思います。それは1993年に熊本県知事だった細川護煕氏を担いで総理にしたことで熊本県民をぬか喜びさせておいて、すぐに辞めさせてしまった記憶がまだ残っているはずですからね。



2012nippon1301

 ノロは怖いのですが、誘惑に負けてしまいました。

牡蠣を入れたうどんを作ってみるために広島産のヤツを1パック購入したのですが、新鮮そうでしたので少しだけ生で食べることにしたのです。最近はノロウイルスが猛威を奮っていますので加熱したものを口にすべきなのでしょうが、生食の美味しさは抗いがたいものがありますのでね。

明治35年創業という酒造メーカーの茂作という白芋焼酎と一緒にいただいたのですが、なかなか良い組み合わせでした。最近のローカル放送で玉名地方に唯一残っているという花の香酒造という家族経営っぽい小さな酒蔵のことを知ったのですが、創業者である神田茂作氏の名前を付けたものだけに紙パックに入っているものでも味わい深い感じがしました。 



2012nippon1300

 くまモン隊が人材募集してるという話がありました。

ハローワークでくまモンのキャラバン隊の業務に従事する人材を「月給は16万円、要普通自動車免許、各種保険あり、勤務地は熊本県…」といった条件で募集していたらしいのですが、1名だけの募集ということですから話題作りのためではないかと疑ってしまいました。まだくまモン人気はありますので、口コミやつぶやくだけでもすぐに見つかりそうなものですし。

くまモンの公式ウェブサイトにも募集の詳細が出てるのかと思って久しぶりにチェックしてみたら、画像がこんなクリスマスバージョンのものになっていました。そのコピーは「モンタクロースからメリーくまくまス!」というヒドいものでしたが、着ぐるみに入る人よりもコピーライターの方を募集すべきなんじゃないかという気がしました。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/14(金) 23:59)

 フジテレビのバラエティ番組が取材に来るかもしれない店の朝食は…
2012nippon1296

 今日も熊本は晴れて温かくなりそうでした。

それでというわけじゃないのですが、数日前にローカル番組で見かけた田崎市場の中にオープンした和食店の朝食を試してみることにしました。つたない口調の女性レポーターが大げさに驚いてみせていましたが、市場の中とはいってもこの刺身定食が350円というのはたしかに安いですよね。

「爆笑!大日本アカン警察」というフジテレビのバラエティ番組では「日本一安いお店で食べ歩き生活」という企画でお笑い芸人の東京03の角田晃広が日本中の安い店で食べ歩いていますが、もしかするとこの店にも取材に来るかもしれませんね。



2012nippon1297

 朝食後に再び万日山トンネルを通り抜けました。

11月28日に通ったことがありましたが、田崎市場からの帰りを同じ道を戻る気にはなれませんでしたからね。先日の午後に電車とトレーラーの衝突事件があったらしい在来線の踏切を超えて、路面電車の祇園橋駅のあたりから細工町のヒストリカルなエリアに曲がってみたのですが、五福小学校前に選挙ポスターがあったので記念に1枚だけ撮影しておきました。

デジカメをポケットに収めて自動車に乗り込もうとしたら目の前に共産党の熊本事務所がありましたので、「へ〜、こんな場所にあったのか…」と不思議な感じがしました。自民党や民主党の事務所は熊本県庁の近くにあるのですが、県政の蚊帳の外の共産党は近くでなくても構わないということでしょうか。そういえば東京の共産党本部は代々木駅に近い千駄ヶ谷4丁目にありますが、‎熊本でも鉄道駅や路面電車の駅に近い静かなエリアを選んだのも合理的で理解できる気がします。

ちなみに共産党は熊本県のすべての選挙区に候補者を擁立していて、4区の元自民の強力候補の前で敵前逃亡した自民党より1人多いのです。脱原発や反消費税、反TPPなどまともなことを主張していますし、他の政党が離合集散を繰り返す中でブレずに細々と独自路線で存在し続けています。税金の無駄遣いである政党助成金の受け取りを拒否している唯一の党ですし、どう考えても将来の日本のためには一番良いことを訴え続けているのですが、16日の夜はこの事務所で5人の候補者の残念会がひっそりと行われることになるのでしょう。



2012nippon1298

 最近は選挙日を知らせるCMをよく見かけます。

ここにもくまモンが担ぎ出されていましたが、投票率が低い若年層にアピールしたいという考えなのでしょう。このCMでは最初にくまモンが「選挙、行きますか?」と書かれたボードを頭の上に掲げると、仕込みのサラリーマンや女子大生風の人が前向き発言をして、その顔に「あなたの想いを投票に」という陳腐なコピーが重なるといったありきたりなものでした。

この費用も我々の税金から支払われていると考えるとアホらしいのですが、「民意を政治に反映させる必要経費ですから…」ともっともらしいことを言う輩には腹が立ちます。本当に若年層の投票率を上げたいのであれば電子投票のシステムを導入すれば良いのでしょうが、古いタイプの政治屋どもは保守的な高齢者たちだけの票で安定した議席の獲得を目指したいというのが本音なのでしょう。ちょっとしたことで揺れる不安定な若年層の票は不要だから、誰かさんのように「無党派層は寝ていてくれればいい…」と心では願っているのでしょう。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/13(木) 23:59)

 真夏のタイから久しぶりに帰国した人たちとランチに出かけた先は…
2012nippon1294

 今日の熊本は朝から晴れて暖かくなりました。

それでも常夏のタイから師走の日本に久しぶりに帰国した人たちには体にこたえる寒さだったようですが、こればかりは早く慣れてもらうしかありません。私は次に東南アジアに出かけたら春っぽくなるまで帰国しないつもりですけどね。私は北海道で4年間だけ生活した経験はありますが、最近はめっきり寒さに弱くなっちゃっていますので…(笑)

帰国後の最初のランチはやはり寿司だろうということになり、数年前に北バイパスにオープンしていた回転寿司店に初めて出かけてみたのですが、寿司はまあまあでしたが醤油が甘過ぎたのが残念でした。イカ下足のにぎりのようにポン酢醤油で食べるような食材は良かったのですけどね。



2012nippon1293

 LCCのウェブサイト巡りでコレを見かけました。

そろそろどこかの会社でクリスマスセールが始まるんじゃないかと思ってブックマークに登録しているLCCのウェブサイトを毎日ハシゴしているのですが、またピーチ・アビエーションが割安な48時間・路線限定のセールをスタートさせていたのです。残念ながら私が日本にいない期間のセールなのですが、冬の北海道を堪能したい人などにはオススメできます。

私はまだピーチ・アビエーションには一度も乗ったことが無いのですが、帰国後にもこのようなセールをやっていたら衝動買いしちゃいそうです。LCCの業界では近いうちにエアアジアが名古屋にも就航する計画があるなど競争がますます激しくなるみたいですが、できればピーチ・アビエーションもアグレッシブに路線を拡大していただきたいものです。



2012nippon1295

 早くも来年の催し物のCMが流されていたりします。

まあ2012年も残りわずかですから新春のイベントの広告があっても不思議では無いのですが、選挙が終わらないと初笑いを楽しめるような雰囲気じゃないですよね。選挙結果が政治評論家たちの予想通りに自民党の圧勝だったりすると、本当に笑えない悲惨な雰囲気になっちゃいそうですが…

今朝は北朝鮮のミサイルが飛んでいましたが、朝鮮半島でイザコザが起ったりすればさらにキビシイ状況になりそうです。緊張が高まって、次の右寄り思考の世襲総理が北朝鮮にミサイルを撃たれる前に基地を爆撃するしかないと判断したりしたら、かつての朝鮮戦争の時のように対岸の火事というわけにはいきませんからね。またその攻撃に対する北朝鮮の報復が日本海側の原発に集中すると想像したら背筋がゾッとします。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/12(水) 22:59)

 平日の午後に再び熊本のアーケード街にやってくる市長の本心は…
2012nippon1290

 明日の午後にお騒がせ男が熊本入りするそうです。

つい最近まで民主党だった候補者の応援のためなのでしょうが、年上の世襲議員の方は比例名簿1位ですから応援は不要でしょう。最近になって寝返った若いヤツは知名度も実績も不足しているでしょうし、自民党候補に決まったようなものですから応援する価値は無いはずですけどね。まあどこに入れるか決めかねている有権者にアピールして、比例の得票数を少しでも伸ばしたいということなのでしょう。

私は道州制や改革のスピードなどの面では「元茶髪の風雲児」で現在は「黒髪の市長」のことは評価できるのですが、昔から肌が合わずに嫌いでした。自分にとって利用価値がある実力者にはおべんちゃらで擦り寄り、そうでない者は無能呼ばわりして自分をアピールするのに利用するあたりが人として許せないのです。人を見る目が無いということで「黒髪の市長」に投票した大阪の人たちも嫌いです。まあどうせノックに投票した人たちでしょうから何を言っても同じでしょうが…(笑)

ちゃんと使用許可を取って熊本のアーケード街で応援演説するのは問題ないのでしょうが、平日の午後なのに本来の大阪市長としての仕事をサボっても良いのでしょうか。今日は沖縄入りしていたみたいですから九州各地をまとめて回っているのでしょうが、その間は電話やメールで公務をこなしているから問題ないということなのでしょうか。私は暴走老人よりはマシだと思っていますので、ポケットに石を忍ばせて現場に行ってみる気にはなれません。しかしこの男が嫌いな人は多いでしょうから、SPも付いて回ることになるのでしょう。その費用は我々の税金から充てられるのでしょうが、迷惑な話ですよね。



2012nippon1291

 寒くなると食後に甘いものが欲しくなります。

それで何か変わったものはないかなと売り場を歩き回っていたら、丸ぼうろが並んでいるコーナーがありましたので久しぶりに買ってみることにしました。丸ぼうろは佐賀県発祥のものだと思うのですが、元々は南蛮渡来の焼き菓子がルーツとなっているみたいです。小麦粉と卵と砂糖を混ぜて焼き上げた素朴な郷土菓子で、たまに食べると美味しく感じるのです。

今日はたまたまなのかもしれませんが、黒糖やココアを使った色が濃いタイプのものが揃って半額になっていました。悩んだ末に小判型の鹿児島の会社の製品を買ってみたのですが、味は丸いタイプのものと大差ないものでした。大口を開けないで食べることができるというので上品な感じがしましたが、丸ぼうろじゃあまり意味は無いですよね。



2012nippon1292

 最近オープンした街湯のCMを見かけました。

山鹿市の中心部にあったものが閉鎖され、町おこしの一環として当時のスタイルで再建されることになったのですが、ニュースで見た限りでは良くできているようでした。高齢化に苦しんでいる山鹿市には亡くなった中村勘三郎が巡業した八千代座という劇場があったりしますが、今度の街湯も集客効果はありそうですから周辺への波及効果が期待できるかもしれません。

山鹿市といえば毎年お盆の時期に山鹿小学校のグラウンドで行われる灯籠まつりが有名なのですが、シーラカンスK&Hという建築ユニットにより面白いコンセプトのものに建て直されたみたいですから、来年のお盆の時期には初めて行ってみようかなと考えています。まず街湯に入って汗を流して、湯上がりにビールを飲みながら灯籠まつり見物という感じが理想ですが、その場合は誰か下戸のドライバーを探さねばなりません。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/11(火) 23:59)

 12月16日の第46回衆議院議員総選挙で日本人が選択すべき道は…
2012nippon1287

 12月16日の総選挙まで1週間を切りました。

民主党の歴代総理が下手な政治を続けてきて自滅の道を歩んでいますので、熊本県内の5区のすべての区で自民党のおじさまたちが早い時間に万歳しちゃいそうな雰囲気です。熊本でも無党派の割り合いが40パーセントを超えていちばん多いみたいですから、選挙直前に自民党が大きなヘマを犯したりすれば番狂わせが起る可能性はありますが、残念ながら自民党に逆風が吹いたとしても勝てそうな候補者が見当たりません。

テレビ局が行った電話調査では次の選挙の争点としてはメルセデスベンツのマークみたいに「社会福祉・年金」と「景気対策」と「その他」にキレイに分かれていました。長引く不況下で経済問題を優先させねばという気持ちはもちろん理解できるのですが、私は日本人は東日本大震災という過酷な経験をしているわけですから変わるべきだと思います。具体的には世襲議員たちによる古いタイプの政治は国民を幸福にしてくれないのが明白なので落選させるべきだという考えです。

このグラフに「政治のプロを永田町から追放」という項目はありませんから、いちばん近いのは「原発問題」です。活断層の上に建ってるような危ないものを安全かつ速やかに廃炉にするというのは当然ですが、国民に「原発は安全です」とウソをついて作り続けてきた歴代の政治家たちと跡を継いだ息子たちに任せられるわけがないと考えるのが普通だろうと思います。ですから16日の総選挙で日本人が選択すべき道は決まりきっていると思うのですが、このままではお腹を壊して放り出した世襲議員が権力の座に返り咲いてしまうことになります。都知事も同じように変わり映えがしない偉そうな男になりそうですし、私が日本人を止める日が近くなりそうです。



2012nippon1288

 阿蘇にはこんな雪だるまが登場していました。

熊本市内で降った雪は地面に着いた途端に融け去ったのですが、標高が高い大観峰エリアでは雪だるまを作れるくらい積もったようです。遊び心があるレストランの皆さんが作成されたみたいですが、記念撮影する人が続出するほど好評だったみたいです。ダンボールを丸く切ってフェルトペンで赤く塗ったあたりが素人っぽくて微笑ましい感じでしたが、できればサプライズの要素も加えていただきたいものでした。

例えば記念撮影する観光客の皆さんが楽しめるような観光のウェブサイトを用意しておき、白いくまモンの後頭部にでもQRコードを貼っておいて誘導すれば良いでしょう。「なんだろう?」とアクセスしたら大観峰からアクセスしやすい他の観光地を案内するウェブサイトに飛べて、いくつかのコースに立ち寄りながら周遊して白いくまモンと撮影した画像を証拠として見せると割引があったり、記念グッズなどを貰えるというメリットがあれば喜んでもらえると思いますが。



2012nippon1289

 最近この熊本の老舗のテレビ局のCMをよく見かけます。

NHKと変わらない時期に民放最古の局でもモノクロの放送が始まったみたいですが、当時はテレビ受信機の値段が家を買うことができるくらい高価だったと思いますので60年前の黎明期を懐かしむ人口は少ないでしょう。テレビの放送が始まった頃はVTRも無かったはずで、昼と夜のプライムタイムに数時間だけ生放送をやってただけでしょうし。

日本で本格的にテレビが普及しはじめたのは西岸良平氏の「三丁目の夕日」に描かれているような昭和30年代の高度成長期だと思いますが、熊本の民放局もそれを踏まえて昭和っぽい60周年のキャンペーンCMを作っているのでしょう。景気が良くて営業を頑張らなくても次々とCM枠が埋まり、NHK2局とRKKだけだったところに新規参入組の3局が加わり、それを最後にインターネットの時代になってテレビというメディアはかつての映画産業みたいに斜陽化しているのでしょう。

ぴっちり横分けのお兄さんが吉田拓郎の「旅の宿」を女性に歌って聴かせるというシチュエーションなのですが、「あの頃は右肩上がりで良かったなぁ…」とRKKの上層部のおじさまたちが昔を懐かしむような自己満足的なCMです。こんなものを垂れ流していても多様性でインターネットに対抗できないですから広告収入が増えることは無いでしょうし、テレビ業界にプラスになるものなんて何も無いと思いますけどね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/10(月) 23:59)

 もしも生まれ変われなら、どこの国民になりたいかの私の答えは…
2012nippon1284

 本日の熊本は平野部でも初雪を観測したそうです。

午前中から太陽が出てストーブのスイッチを切っても大丈夫なくらいになりましたので気がつかなかったのですが、夕方のローカルニュースで地面に着いた途端に融けている映像がありましたので間違いないのでしょう。ちなみに熊本市内では平年より14日、昨年よりも7日早い初雪だったそうです。

このグラフは昼間に放送されたトキオの国分太一がMCを務める「世界のみんなに聞いてみた」というTBSの番組での質問だったのですが、スタジオのひな壇に座っていた21人の外国人の内の15人は自分の国だと答えていて、日本人ゲストは4人全員が日本だと言ってました。日本語ベラベラの外国人と日本以外では通用しない芸能人たちでしたので当然の結果だと思ったのですが、いつもながら「日本は良い国だ」という盲信的な考えが前提の番組構成でしたのでガッカリでした。

もちろん私もこれまで訪問した130カ国ほどの中で日本はマシな方だと考えているのですが、それはこれまでの勤勉な皆さんの努力の蓄積があってのことで、今後も為政者たちが少子高齢化をほったらかしにすればどんどん国力が低下して住みにくい国になってしまうと予想しています。もしもこれから生まれ変わることができるとしたら資源も将来性も無い日本はイヤですが、どこの国民になりたいかと聞かれると悩んでしまいます。子供の頃ならアメリカと即答したでしょうが、何度も渡米したことがありますので候補に載せることはありません。周辺国の社会情勢はゴタゴタしていますが、やはりドイツかなぁ…



2012nippon1285

 これも今日の午後に放送されていた関西の番組です。

通常より30分長い「そこまでそこまで言って言って言って委員会」という拡大判でしたが、2012年に起きた様々な事件をコメンテーターたちが総括するという趣向でした。16個のお題はたかじんの番組らしく「尖閣国有化」や「韓国大統領の竹島上陸」などが並んでいたのですが、箸休め的な「マルちゃん正麺バカ売れ」というのもありました。このお題を評論家の宮崎哲弥氏が選んでラーメン通ぶりを発揮されていたのですが、驚いたことに宮崎氏以外は大ヒット商品のマルちゃん正麺を口にしたことは無いということでした。

ご高齢の保守的なコメンテーターが食べたことが無いというのはわかる気もしますが、副業でうどん屋をやってる勝谷氏が試されたことがないというのはいかがなものかと思いました。他のコメンテーターが日本の偉大な発明品が進化することは「問題ない」としていたのですが、勝谷氏だけは自分の副業に悪影響があるだけでなくデフレ傾向に拍車がかかると問題視されていました。相変わらずの歪んだ性格の露呈でした。

ちなみに日本のオリンピック委員会の会長の息子のコメンテーターがまたしても2020年のオリンピック招致に関して熱弁を奮っていましたが、たかじん氏の代りに仕切り役を務めている辛坊氏も同調して世論を煽ろうとしていました。今回の収録が12月7日の宮城県の三陸沖の地震の前に行われたからかもしれませんが、まだまだ余震の心配もある中で税金を使って招致するのは無駄遣いになるのではと誰も言わないのが不快です。広告収入で成り立っているテレビ局はオリンピックが開催された方がメリットが多いので賛成派を増やす方向に傾きやすいのでしょうが、公共の電波を使っているわけですから招致反対の意見が少なくないことも伝えるべきだと思いますが。



2012nippon1286

 これは夕方に放送された番組で見かけたものです。

TBSの「夢の扉+」で熊本県玉名市のナルセ機材という町工場の発明が取り上げられていたのですが、熊本ではローカルニュースでやっていたこともあって私は昨年の7月18日のブログにアップしたこともありました。シルバードライバーに多いペダルの踏み間違いによる事故を減らすことに使命感を持っていらっしゃる社長さんは日々の改良を熱心に取り組んでいらっしゃるようですが、相変わらず大企業は無関心なようです。

高齢化社会に不幸な事故を減らすために大企業もこのようなペダルの踏み間違い防止装置をオプションのラインナップに加えるべきだと思うのですが、コンピュータ制御の電動自転車が一般的になることはわかりきっていますので寄り道する気は無いのでしょう。私も新車を買う時に同じ値段で選択できるなら両親や親戚に薦めることができますが、余分に費用が発生するなら反対するかもしれません。踏み間違え事故はセンサーによる緊急停止装置でも減らすことができるはずですしね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/09(日) 23:59)

 初めて行ってみてガッカリさせられた誇るべき存在のはずの歴史遺産は…
2012nippon1281

 買い物に行くついでにジェーンズ邸に行ってみました。

熊本藩が明治初期に西洋技術を吸収するためにアメリカ人のリロイ・ランシング・ジェーンズを教師として招き、熊本城の近くに熊本洋学校を開校したという話は何かで見かけたことがありましたが、1970年に水前寺の住宅街の奥に移築させられたこともあって、私は今まで行ったことはありませんでした。最近たまたまジェーンズ邸のリーフレットを手にすることがあり、たまに買い物に出かけるスーパーに近いということに気がつきましたのでチェックしてみることにしました。

事前にGoogleマップのストリートビューで予習していましたので迷わず行くことができたのですが、「本当にこの先にあるのかな…?」と疑いながら住宅街の細い路地を走りました。ジェーンズ邸と共に移築されたらしい夏目漱石の3番目の旧居の横に自動車を停めてジェーンズ邸へ向かったのですが、熊本初の洋風建築ということで歴史を感じさせる立派な建物でした。その和洋折衷的な雰囲気の建物は日本赤十字発祥の地としての価値もあり、熊本県民が誇るべき歴史遺産であるはずです。

夏目漱石の旧居の窓の部分には手書きのインフォメーションがあって微笑ましい感じでしたが、2011年春の九州新幹線の全線開業を機に始まったらしい「ドラマチック・ゲートウェイ九州」という鹿児島・熊本・福岡の連携プロモーションで3県在住の65歳以上だけが無料ということでしたのでガッカリさせられました。九州各県も国から地方交付税をたくさん貰ってるはずですが、たいした収益減にはならないでしょうからすべての60歳以上とか、カップル合計で100歳以上とかの場合は無料にしちゃっても構わないと思いますが。



2012nippon1282

 自動車を停めたまま、近所を散策してみました。

味気ないブロック塀越しに紅葉がキレイな水前寺公園を眺めながら歩いていたら、観光案内地図がある裏門に辿り着きました。私は水前寺公園は土産物屋が並んでいる正門あたりしか知らなかったのですが、裏門の周りにはラブホテルが1軒あるだけで静かな感じでした。ここにきてようやくジェーンズ邸へ観光客を導く案内板がありましたが、なぜ移転先として辺鄙な住宅街が選ばれたのかも含めて不思議な感じがしました。

紆余曲折があったジェーンズ邸は歴史的な価値に加え、「ラストサムライ」でトム・クルーズが演じたオルグレン大尉はジェーンズを参考にしたという説もあり、ジェーンズの熊本での生活などを上手く掘り下げれば現在の数倍の集客力がある観光地となってくれることも期待できます。現在の場所は水前寺公園の裏門からは近いのですが、熊本駅や中心市街地から公共交通機関で行くには無理があります。希有な観光資源を生かすために再移転をとの話もあるみたいですが、私はこれから工事が始まる熊本城の交通センター周辺に移転させるべきだと思います。以前にもブログに書きましたが、姉妹都市のサンアントニオのリバーウォークのように坪井川を内陸に引き込んで熊本駅との間に無料のシャトル船を走らせれば良いと思いますが。



2012nippon1283

 これはジェーンズ邸の近くで見かけたものです。

火災予防運動の熊本のポスターでしたので営業部長のくまモンが変な格好をさせられて起用されていましたが、標語の完成度が低いですよね。子供たちの覚えやすいように「お・か・し」から始まる文章にすることを思いついたのかもですが、危険が迫ったら思いっきり走って逃げるべきだと思いますが。

本来は「くまもとサプライズ」のキャラクターであるくまモンをポスターに起用するのなら、こんなありきたりのものじゃなくてサプライズの要素がある記憶に残るユニークなデザインのものが良かったんじゃないかと思いますが。炎上中の「ひごまる」という熊本城のキャラクターをくまモンがバケツで水をかけて消火しようと頑張っている図柄とか…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/08(土) 23:53)

 二十四節気の「大雪」で初の冬日となった寒い日の夕食に食べたものは…
2012nippon1279

 今日の熊本は今シーズン初の冬日となりました。

二十四節気のひとつの「大雪」だったみたいですが、放射冷却で寒い1日となって昼間の数時間以外は暖房を欠かせないくらいの寒さでした。これだけ冷え込むとチーズフォンデュなどの体の芯から温まる料理が食べたくなるのですが、そのために買い物に行く気になれなかったので頂き物のインスタントのチェダーチーズ味のリゾットを作ってみることにしました。

パッケージにブロッコリーと書いてあったので、生のものを下茹でしたものとチーズを乗せてオーブンで焼いてみたのですが、カリカリに焼いたベーコンでもあればモアベターでした。インスタントとしてはまあまあの水準でしたが、物足りなさが呼び水になって久しぶりにヨーロッパに行きたくなっちゃいました。イタリアはもちろん、スイスにも行きたいのですが、物価が高過ぎて何も食べることができそうにありませんが。



2012nippon1278

 今日の新聞に熊本の選挙分析が載っていました。

熊本県内の5区には20人が立候補しているのですが、女性候補が3人しかいないことがサミシイというより民度の低さを証明しているような感じがしました。しかもその内の2人は当選よりも全区に候補者を立てることを目的とした共産党の候補者でしたし。また今回の選挙は12政党が乱立する珍しい構造となっているのですが、熊本は自公民共社にみんなの党と維新と未来を加えた8党だけというサミシサです。しかも民主から離脱した国会議員が維新や未来からの出馬になったために5区とも自民と元自民の候補者が勝ちそうな雰囲気なのです。

これから投票日までによほどの大スキャンダルでも無ければ熊本県では盛り上がりに欠ける無風選挙となりかねないのですが、九州の維新の比例名簿で1位の世襲議員も含めて熊本から国会議員となるのが自民党か元自民党のおじさまばかりというのは2012年末だというのに恥ずかしい感じがします。もちろん私は能力が無い女性議員に下駄を履かせようと主張する気は無いのですが、当選しちゃいそうなおじさまたちの顔ぶれを見てしまうと溜息しか出ないのです。(笑)



2012nippon1280

 早くも来年の春夏キャンペーンが始っちゃいました。

全日空系のLCCであるピーチ・アビエーションの先取りキャンペーンなのですが、距離は近いとはいえ燃油代込みで関空から香港まで片道4980円ですから安いですよね。もちろん関空の1500円の空港税は別に払う必要があるのですが、それでも国内旅行みたいに気軽に旅行できる時代になったわけですしね。関空からソウルなら2480円ともっと安いのですが、空港税は一律ですのでアホらしい感じがしちゃいます。

四国の高松空港までアクセスがしやすい場所に住んでいれば片道3000円+税の春秋航空で上海に飛んで、中国内を観光しながら香港に移動して、マカオあたりで遊んでからピーチ・アビエーションで関空に帰国するというのも悪くないでしょう。そうすれば帰りは夜行便ですから時間を有効に使うことができます。でもシートに座って寝た途端に関空に到着するような感じでしょうから、体力が無いとキビシイでしょうが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/08(土) 12:51)

 土建屋体質政権と傲慢都知事になって消費税が上がったりしたら…
2012nippon1275

 新聞各社の状況分析では自民党が優勢のようです。

最近は16日に国土強靭化を主張する土建屋体質の政権が誕生することを予想して円安になったりしていますが、東日本大震災後に円高に動いたのと同じように他人の不幸の上のマネーゲーム的な側面が見えますので健全なことだとは思えません。W選挙で傲慢作家が都知事になって、その後に財務省が無理やり辻褄を合わせて消費税が上がったりしたら暮らしにくい国になりそうです。おまけに世襲総理が日銀に圧力をかけてデフレからインフレに大きく振れたりしたら、社会的な弱者がますます生活に困るようなキビシイ社会になることでしょう。

この画像は熊本では3週遅れの深夜に放送されている朝日放送の「ビーバップ!ハイヒール」という番組なのですが、今回のお題は「世界が愛した知られざるニッポン!~海の向こうの英雄たち〜」というものでした。領土問題で韓国や中国と軋轢があったばかりですが、ゲストの白駒妃登美という作家さんはインドネシアやウズベキスタンなど多くの国で日本は愛されていると主張されていました。そのご意見を全否定する気は無いのですが、130カ国ほど自費で旅行してきた私は元国際線客室乗務員だったという大先生とは見解を異にします。

資源が乏しい極東の小国が第二次世界大戦後に焼け跡から復興して高品質な自動車や家電などを作れるまでになったことを私も高く評価していますし、ノーベル賞の決定前から山中教授のiPS細胞など次世代に世界に貢献できそうな研究に対しても注目していました。しかし光があれば影もあるもので、海外旅行していると日本のアラや弱点もよく見えた気がします。私は安宿に泊まり歩いているためか日本人だからといって特別扱いされたこともありませんし、特に日本国民が愛されているといった印象を持ったもとはありません。高性能の日本製品やODAなどのジャパンマネーは愛されているようでしたが…(笑)



2012nippon1276

 これは国際的なNGOによるランキングです。

ベルリンに本部があるトランスペアレンシー・インターナショナルが発表した「2012年版の汚職指数」でしたが、上位はデンマークなど北欧の小国が多く、日本は順位を下げて17位でした。176カ国・地域の中の17位ですから調査が正しいとすればマシな方ですが、私は今度の選挙の結果次第ではさらに順位をじわじわと下げることにつながることになるんじゃないかと危惧しています。それは田中角栄が確立した手法をやりたい放題に拡大してきた世襲議員たちの政党が政権を握ったら、また同じ失敗を繰り返すことになりそうだからです。

まだ高度成長期の頃なら日本のものづくりの現場は輝きを持っていましたし少子高齢化はまだ先のことだと余裕があったのですが、歴代の政府の怠慢のせいで日本中が夕張化しています。また誰もがフクシマやトンネル崩壊事故で身にしみたようにインフラの老朽化やメンテナンスの甘さなどは今後もボディブローのように効いてくるはずです。消費税が上がっても高齢者も含めてすべての国民が北欧諸国のように安心して暮らせる社会になれば良いのですが、復興資金でさえ掠め取るような奴らばかりですから心配なのです。ちなみに全国ネットのニュースでは取り上げられていないみたいですが、熊本では荒瀬ダムを取り壊しながら新たな立野ダムの着工が決まりました。



2012nippon1277

 これはホームセンターで見かけたポスターです。

普通の家で100匹以上のミニチュアダックスフントを飼っていた元ブリーダーの女がエサを与えずに20匹ほど餓死させて逮捕されたという悲惨な事件があったばかりですが、日本はペット用のクリスマスケーキやおせち料理が存在する不思議な国なのです。もちろんアメリカの方がもっとゴージャスなペット用のグルメがありそうな気がしますが、日本は食料自給率が低い国ですから節度をわきまえるべきだと思います。

最近は円高のおかげもあって普通のペットフードは値段はさほど高いとは感じないのですが、次の選挙の結果次第ではインフレや円安になりかねないので心配です。年金暮らしの老夫婦などは自分たちが食べる分だけでも大変になるでしょうが、子供同然のペットを飢えさせることもできないので相当な無理を強いられることになりそうですからね。

エコノミスト誌の姉妹会社が発表した「生まれるための最高の国」というランキングでは1位はスイスで、世界3位の経済大国であるはずの日本は25位と残念な結果でした。16日に国土強靭化を推進する土建屋体質の政権が誕生しても少子化対策に力を入れることは期待できませんし、年金崩壊や社会インフラの老朽化などに対しても後手に回りそうですから「生まれるのに良い国」のランクもじりじり低下しそうです。それでも日本が良い国だと思いたがる人はたくさんいそうです。そういった人たちが世襲議員たちを選んできたわけですしね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2012/12/06(木) 23:58)

 私が「がんばれ!」とか「がんばろう!」とか言う人間が大嫌いな理由は…
2012nippon1274

 今朝はずいぶん冷え込んで阿蘇は雪模様でした。

それでも熊本市の中心部は二桁の気温があったようですが、明日は最高気温が8度までしか上がらないだろうと天気予報で言ってました。街は相変わらず不景気で寒々しい雰囲気が漂っていますが、クリスマスと選挙のシーズンが重なったのでうるさくなってきました。前者は宗教心からのものはわずかで、弱小の小売業者がなんとか利益を上げようと頑張っているわけですから大目に見てあげても良いと思っています。

しかし短期間とはいえ、街の景観を台無しにする選挙ポスターを許す気にはなれません。Photoshopで修正しても隠すことができない卑しい顔を見せられるのも不快ですが、そこに気持ちが悪いコピーがあったりしたら最悪です。私は「がんばれ!」とか「がんばろう!」とか言う人間が大嫌いなのですが、その理由は子供の頃に元軍人の教師から理不尽な仕打ちを受けたからだと思います。その教師は当時でも高齢でしたので存命しているはずありませんが、今でも思い出す度にムカつきます。人を教える資質に欠ける「暴走老人」的な教師でしたが、生きているうちに罵倒してやれなかったことが悔やまれます。



2012nippon1273

 今朝の新聞にTTPに対する意見広告が載っていました。

私も当然ながら日本にデメリットの方が多そうなTTPは反対ですが、JAみたいな古い体質の組織は大嫌いです。しかしそれより嫌いなのは「平成の開国」とか言って交渉に参加しないことをネガティブなことのように印象づけようとする輩です。TTPは発案した国や参加を表明してる国を俯瞰してみれば日本に有利では無さそうだということはアホでも理解できると思うのですが、高い米を守りたいJAのようなイメージが悪い団体が反対しているのでTTPに参加しないと将来が不利になると思い込む大都市の住民が少なくないのでしょう。

私はいろんな国で1kg100円以下の米を食べてきましたので、日本の高い米を守りたいなんてまったく思いません。これまで自民党の議員たちが農村票を集めたいために農家を優遇し過ぎてきたことが裏目に出ているだけで、米に関しては市場原理に任せて荒療治すべき時期を迎えていると考えています。米なんて汚染されていなけりゃ産地にこだわる気は無いのですが、TTPの悪影響はヒロシマ・ナガサキ・フクシマ級のレベルになりそうですので大反対なのです。



2012nippon1272

 選挙シーズンでしたのでこんな広告がありました。

元総理も人気があった横須賀の世襲議員は若手のホープで、人寄せパンダ的に使うには他に並ぶ者が無いというのは理解できるのですが、こうもあからさまに宣伝されると笑ってしまいます。上に並んでる熊本の候補者たちの政治経験を合計すれば元総理の息子の人生の倍以上になると思いますが、ベテランのおじさまたちは恥ずかしいと思わないのでしょうか。まあ政治家は落ちればただの人ですから、当選するためには利用できるものなら何でも構わない人種なのでしょうが。

ちなみに街頭演説の場所までは歩いても10分ほどでしたので、8月20日に銀座にオリンピック選手団のパレードを見に行った時と同じように踊らされている人間がどれほどいるのかをチェックしに行ってみようかと一瞬考えました。しかし候補者のおじさまたちの作り笑顔を見たら不快になるに決まってますので止めておきました。暴走老人が演説に来るんだったらポケットに石を忍ばせて行きますけどね。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/05(水) 22:47)

 来年の10月末に開催予定のイベントのキャラクターにふさわしいのは…
2012nippon1267

 これは昨晩の熊本県の広報番組で見かけたものです。

「第33回全国豊かな海づくり大会」という税金を使うことが目的と思われるイベントですが、表向きは「水産資源の維持培養や海域環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、水産業の振興と発展を図ることを目的として、昭和56年以降、毎年全国各地を巡りながら開催されている大会…」という復興予算を掠め取った時と同じような説明文がありました。

私はこれまで豊かな海づくり大会というイベントが日本全国で開催されていたことも知らなかったのですが、よくこんな意味が無さそうなイベントが仕分けで廃止対象にならなかったのが不思議でした。日本は先日のトンネル崩落事故で広く知れ渡ったように税金を無駄遣いする余裕なんて無いと思います。

豊かな海づくり大会のテーマは「育もう生命かがやく故郷の海」ということみたいですが、これまで海岸線の至る所を護岸工事してきたりテトラポットを設置し続けてきたことを反省せずに「国土強靭化」とか言い出す神経が私は理解できません。どうしても来年熊本で開催するというならキャラクターとしてふさわしいのはくまモンじゃなくて夕張のメロン熊をスイカ模様に変えた感じの怒り狂ったスイカ熊じゃないでしょうか。



2012nippon1268

 昨晩のWBSで熊本県庁で取材した映像を見かけました。

天草出身の脚本家の小山薫堂氏が熊本県から頼まれて発案した「くまもとサプライズ」という地域活性化のためのコンセプトの副産物として出てきたくまモンが大方の予想以上に人気となったので、熊本県は悪ノリしてくまモンを営業部長として任命したり、宮崎県の東国原知事キャラをマネしてキャラクターの無料使用許可を乱発してきたことによる経済効果などが分析されていました。くまモンがゆるキャラグランプリで1位になってからは、知名度が上がったこともあって商品にくまモンデザインを取り入れる企業が爆発的に増えましたしね。

くまモンのデザインを商品のパッケージなどに使いたい場合はこの熊本県庁本館7階の「くまもとブランド振興課」に出向いて、必要書類に記入して認可を得る必要があるようです。熊本県やくまモンの品位を汚すようなじゃなければ別にサプライズの要素が無くても使用許可が出るみたいですが、私はそれは良くない傾向だと思います。まあ熊本県庁の公務員たちがサプライズが苦手なタイプでしょうから、認可にサプライズがあることを条件にすることにしなかったのでしょうが。



2012nippon1269

 これはマルちゃんの九州バージョンのCMです。

東洋水産の「バリうま」というカップ麺のシリーズで、ごぼ天うどん、黒とんこつラーメン、とんこつ長浜風、長崎ちゃんぽん、赤とんこつラーメンの5種類があるみたいですが、CMには各地のキャラクターが起用されていました。どうせここにも無料で使うことができるくまモンが並んでいるのだろうと思ったのですが、なぜか熊本城の築城400周年の時に何度か見かけたことがある「ひごまる」という城キャラが起用されていました。その他のキャラクター名はまったくわかりません。

黒とんこつラーメンとくまモンは別に違和感もありませんし、申請すれば問題なく認可されただろうと思うのですが、ひごまるを使うことにしたのは担当者の好みなのかもしれません。このCMのディレクターや東洋水産の社長さんがお城マニアだったりしたのかもですが、最近くまモンはカゴメの全国CMにも起用されている時代ですから意外な感じがしたのです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/04(火) 23:35)

 2012年末に選挙シーズンに突入しちゃった熊本で感じたことは…
2012nippon1265

 当然ながら熊本は都知事選とは無関係です。

明日からW選挙じゃない普通の選挙シーズンに突入しちゃうことになるわけですが、不景気な上に忙しい年末の選挙となって迷惑だと感じている人が多そうです。それは熊本県の人口が自然減に転出超過が加わって180万程度と少ない上に富裕層の割り合いも低いというのも理由でしょう。九州新幹線の開業効果は薄れていて、それとは逆に福岡や大阪などへのストロー効果はじわじわと拡大しているでしょうし。

これは上通アーケードの入口付近の様子なのですが、恒例の年末のイルミネーションが飾られていてなんとか盛り上げようと頑張ってはいるようです。しかし左側の宝塚という映画館があった跡のテナントは長期間まだ決まらず空き家のままなのです。ちなみに数年間はダイソーが入居していたのですが、下通の書店跡に移転しちゃったのです。近くのパルコの地下にg.u.の大型店がオープンしましたので、ここにはユニクロの最新の大型店舗が進出するかなと思っていたのですけど…



2012nippon1264

 フジテレビ系列のTKUで特番をやっていました。

「とくダネ!」直後の9時55分から放送された「あす公示 激戦!熊本選挙区」という1時間枠の生放送だったのですが、保守色が強い熊本ではそれほど「激戦」にはならないようです。県内が5区に別れていて民主という沈む船から逃げ出したネズミ体質の候補者がいたりして小さな騒ぎになっているようですが、小粒な候補者ばかりで全国のニュースで注目されるような番狂わせが起りそうな気配はありませんしね。

今日の報道特番では解説者が正直に分析してしまうと「政党が乱立したわりには面白くなりそうにないな…」と投票率が落ちることを危惧してなのか表面的な話だけに終始していたのですが、熊本4区なんて3人しか立候補していなくて、しかも自民も民主も勝負にならないと候補者を擁立するのを止めたみたいですから「激戦」とは正反対なんですけどね。

まあ高齢の実力者が安倍のように急に病気になっちゃうこともあるかもですし、選挙期間中にまた暴走老人が問題発言をして維新のイメージが低下してしまうことはあるかもですので、税金の無駄遣いになるだろうと予想されていても16日に選挙を行うのは当然のことですけどね。ちなみに熊本4区の天草では九州で3基目の原発建設計画があったみたいですが、フクシマの人災のあおりでフェードアウトしちゃったようです。



2012nippon1266

 これは最近たまに見かける化粧品の広告です。

熊本の化粧品といえばCMを垂れ流してドモホルンリンクルを売りまくっている再春館製薬が有名ですが、この井上晴美さんが出演している「咲水」という化粧水はリバテープ製薬という老舗の絆創膏メーカーが開発した新製品みたいです。阿蘇の天然水と保湿力がヒアルロン酸の5倍もあるスイゼンジノリという藻が主成分の自然派ローションということで、お試しサイズは送料無料の500円で気軽に購入できるみたいです。

リバテープ製薬は絆創膏だけ作っていても経営が先細りしそうなので自然派化粧品の分野を開拓しているのかもしれませんが、選挙の結果次第では不況がさらに深刻化するかもですから「経営方針の転換を間違えた」と言われることになるかもしれません。ちなみにリバテープ製薬がある植木町は政令指定都市になるための人口要件を満たすために熊本市と合併して北区となったのですが、今回の選挙ではこちらも無風状態の3区となっているようですから盛り上がりに欠けるのでしょうね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/03(月) 22:37)

 九州でもストーブが欠かせない時期になって日々やってくるものは…
2012nippon1261

 九州でもストーブが欠かせない時期になりました。

それで最近は猫が頻繁に膝の上に乗ってくるのですが、猫は体温が高いので最初のうちは悪くありません。しかし同じ体勢でじっとしているのもツラくなってきますし、子泣きじじいのように体重がずっしりと重くなってくるのです。もちろん実際に子泣きじじいに乗ってこられた経験は無いのですけどね。

先月までは外出して半日ほど帰ってこないこともありましたが、最近は外へ遊びに行っても15分ほどで戻ってきたりします。ようやく降りてくれたとホッとしてトイレに行って戻ってきたら、こんな感じでソファを占領していたりします。寝てるところを起こして降ろすと膝の上に乗ってくるので、私が別のイスに座らなきゃならなくなるのです。まあ上海に飛んじゃったら猫の温もりが恋しくなりそうですけどね。(笑)



2012nippon1262

 忘年会シーズンで、安上がりな番組を見かけました。

フジテレビ系列のTKUで14時5分から放送された「忘年会だョ2012~番組リポーターが教える熊本話題のお店一挙公開!~」という1時間の番組だったのですが、TKUの番組リポーターが番組のスポンサーであるサントリーが懇意にしてそうな店でサントリーの酒を飲みながら料理を食べるだけという安直なものでした。店やサントリーは宣伝をすることができ、リポーターたちとTKUは取材という名目でおいしいものを食べて広告収入も入るということで、時間を無駄にさせられる少数の視聴者以外はハッピーな番組なのでしょう。

ちなみにこれは下通1丁目にある「肥後の陣屋」という居酒屋のオリジナルの泡ハイボールというものみたいですが、サントリーモルツの泡を加えたハイボールで、デコポンと天草晩柑と甘夏の3種類があるみたいです。くまモンハイボールはコーラで割ってあって、味オンチなOLさん向きなのでしょう。



2012nippon1263

 熊本ではこんな公開講座をやってるようです。

熊本の歴史に縁ある場所を会場にして「平成藩校くまもと塾」という全4回の公開講座を行っているみたいですが、11月中に前半の2回が終わり、今月中にもう1回が、そして来年の1月に最終回が予定されていて、開催後は講座の一部をインターネットで動画配信することになっているようです。

「平成藩校くまもと塾」は「加藤・細川ヘリテージマイスタープロジェクト」ということで、熊本の歴史と文化を再発見することも目的にしたものみたいですが、私はまったく興味を持てません。タイトルを「くまもと塾」とひらがなのタイトルにしたあたりも気に入らないですし、どうせ講師の皆さんは歴史を都合が良いように美化しちゃうのでしょうし。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/02(日) 23:20)

 弁護士から政治の世界に転身したドラマチックな物語の結末は…
2012nippon1257

 昨晩の深夜にアホな映画を最後まで観てしまいました。

2001年に公開されたリーズ・ウィザースプーンがカルフォルニアのピンク大好き女子大生のエル・ウッズを演じた「キューティ・ブロンド」という映画の続編だったのですが、今回も「そんなアホな…」と思いつつ楽しめてしまいました。前作はボーイフレンドから別れを告げられたことからハーバード大学のロー・スクールに転入して頑張って弁護士になっちゃったエルちゃんでしたが、今回はワシントンD.C.の下院議会に乗り込んで政治の世界で大暴れしていました。

日本でも「茶髪の風雲児」という弁護士が政界をかき回していますが、今回は自分は脇役ですので上手く筋書き通りに運ぶかは疑問です。この「キューティ・ブロンド/ハッピーMAX」では新法案を成立させて前作で知り合った恋人とも結婚してハッピーな結末を迎えていましたが、コスプレ不倫がバレて少しばかり女性票を失った「黒髪の市長」は年末にヤケ酒を飲まなきゃならないことになるかもしれません。(笑)



2012nippon1258

 映画が終わった直後に「朝生」の放送が始まりました。

放送はかなり遅い時間でしたし、深夜のCMなんて1秒だって見たくありませんでしたので録画したものを早送りしながら見たのですが、司会の田原総一朗氏の老害がヒドくなっていてイライラさせられました。しかしタイミング良く暴走老人の「フェードアウトってどういうことですか?」という問題発言があったばかりでしたので、その党内矛盾に関する苦しいやりとりの部分は楽しむことができました。

番組の最後に局が用意した「この総選挙で一番関心あるテーマは?」という質問の1位は「原発・エネルギー問題」だったのですが、せっかく「黒髪の市長」が工夫して原発政策の落ち着き先を決めたのに「暴走老人」がちゃぶ台をひっくり返しちゃったので投票日までに民意を無視するまとまりが無い政党というイメージがつきまとってしまうかもしれません。

また反原発の山本太郎氏が衆院選への出馬を宣言したみたいですが、これに賛同して著名人が何人か出馬してくれて暴走老人たちの候補をガンガン落選させてくれれば面白いのですが。中国の脅威に対抗するためには核武装が必要だと公言していた暴走老人は最後まで本当に原発を停めてしまうことになりかねないフェードアウトを公約にすることは反対でしょうから、反原発を武器にする山本氏はやりやすいはずですからね。



2012nippon1260

 今日から熊本の駅でもSUGOCAが使えるそうです。

SUGOCAはSmart Urban GOing CArd の略称とかなり無理があるのですが、要するにJR九州版のPASMOやICOCAのようなICカード乗車券と電子マネー機能を備えたカードです。2012年の最後になってようやく熊本や鹿児島などでも使うことができるようになったのですが、ムチャ遅いですよね。

JRが大嫌いな私はデポジットを500円も取るカードを買う気にはなれませんのでPASMOさえ持っていないのですが、それは嫌いだから乗らないというのに加えて、これ以上財布にカードを増やしたくないというのも理由です。次のiPhone6あたりにはお財布携帯機能が付いて、世界中の交通システムが対応するでしょうから待ってりゃ良いはずですからね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/12/01(土) 22:12)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア