新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 シンガポールの空中庭園がある三連の新しいホテルは…


 今朝のシンガポールは爽やかでした。

シンガポールは赤道に近い常夏の国であっても、朝晩は涼しい海風が吹き抜けることが多くて過ごしやすいのです。シャワーの後に宿で簡単な朝食を済ませて昨年末にタンジョンパガーにオープンしたモールを見に行くことにしたのですが、3kmほどしかありませんでしたから歩いて行くことにしました。MRTやバスに乗れば楽なのですが、アホな世襲議員たちのせいで円安傾向が進んでいますので自己防衛せざるを得ないのです。

ラッフルズホテル横を抜けてチャイナタウン方面へ歩いていたら、移民政策反対のデモがあったらしい広場の先に見慣れないビルが見えてきました。私はこの場所には普通のビジネスビルができるのだろうの予想していたのですが、パークロイヤルという高級ホテルでした。5階部分あたりが空中庭園みたいになっている感じでしたのでレセプションの女性に聞いてみたら、やはりゲスト用の庭園でプールもあるということでした。

屋上庭園にプールがあるということでは埋め立て地に建設されたマリーナ・ベイ・サンズが有名ですが、このホテルは街の中心部にも近くて悪くないかもしれません。ちなみにこのホテルの前の広場にはかつて大衆的なホーカーが集まった飲食施設があったのですが、建て直されることは無いみたいですので残念です。まあこれだけ大きな建物ができれは、それに相応しい緑地が必要だというのは理解できます。しかし広場の地下に移転させるなど、残す方法はあったと思いますけどね。



(都合により続きは後ほどアップします)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/28(木) 23:59)

 マニラ空港からチャンギ空港へ移動して感じたことは…


 早朝のマニラからのフライトは快適でした。

今回はLCCであっても窓側の席を確保できましたので、離陸してから青い海を眺めながら浅い眠りにつくことができたのですが、おかげで飛行時間を短く感じることができました。いつもならLCCの飛行機はシンガポール空港のチャンギ番外地といった雰囲気のバジェットターミナルに到着してイミグレまで延々と歩かされたりするのですが、昨年から取り壊されてターミナル4の工事が始まったことから、リノベーションを終えたばかりのターミナル2に到着することになり、エアコン完備のボーディングブリッジも使うことができました。

ターミナル2は私が世界一の空港だと信じて疑わないターミナル3に較べると見劣りしてしまうレベルでしたが、それでも異常に狭かったマニラのターミナル1に較べたらフォルクスワーゲンとトラバントくらいの差がありました。この画像は我々が乗ってきた飛行機を一緒に撮影しようと欲張ってしまったために逆光になってしまいましたか、チャンギ空港では子供でもインターネットにアクセスしやすいように配慮してあることがわかると思います。

入国審査を待ってる間にラックに置いてあったチャンギ空港の日本語版ガイドブックをチェックしてみたら、他にも世界初のバタフライガーデンなど興味深い新しい試みがいくつもあったのですが、シンガポールの友人とのランチの約束に遅れることは許されるないので急いで地下へ降りてMRTに乗りました。その電車の中でフィリピンとは次元が違う郊外の景色を眺めていて、「この格差はなぜ生まれてしまったのだろう…?」と考えたのですが、私の答えは日本的な考え方を参考にした国と逆におろそかにした国との違いではないかというものでした。もちろん様々な要素が組み合わされた結果である事は間違いないのですが、フィリピン人たちがマニラの交通インフラのような日本の援助を当然と思わずに敬意払い、その先進技術の奥にある開発思想まで理解するように努力してくれたらここまでの格差は生まれなかったのではないでしょうか。




(都合により続きは後ほどアップします)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/27(水) 23:59)

 フィリピン滞在の最終日に選らんだシネコンの場所は…


 今回のフィリピン行きの主目的は映画鑑賞でした。

しかし映画の値段がかなり上がっていましたし、上映中の作品はあまり面白いラインナップでは無かったのでダイ・ハードの新作とアカデミー賞を逃したリンカーンだけしか観ることができませんでした。最終日くらいは有終の美を飾るような作品を観たいものだと考えて、空港に近いマカティ地区にあるグリーンベルトという高級モールへ行ってみることにしました。

130ペソ(約299円)と割安感があるグリーンベルト1の映画館は既にチャイナタウンで観たダイ・ハードなどでしたので、中庭を抜けてグリーンベルト3のシネコンに行ってみたら、ちょうどオリバー・ストーン監督の「Savages」という新作が始まるところでしたので悩みました。

どんな内容かわからないものに190ペソ(約437円)も払うのは冒険し過ぎと思ったのですが、グリーンベルトの無料Wi-Fiに接続して検索する時間はありませんでしたので直感に頼るしかありませんでした。財布の中を確認してみたらフィリピンペソが多目に余っていましたので、少し割高であっても観てみることにしました。12日間の滞在で映画が2本だけじゃあんまりですし、18禁というレイティングも魅力的でしたのでね。

この作品は日本でも公開される思いますので詳しいことは書けませんが、残酷なシーンはたくさんあるものの、なかなか楽しむことができる作品でした。それはこのポスターからわかるようにキャラが濃い俳優たちをキャスティンできた結果でもあると思います。この作品をメキシコと雰囲気が少し似ているフィリピンで観ることができたのにも運命的なものを感じました。



(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/26(火) 23:59)

 刑務所での祝賀会の後片付けのような光景の正体は…


 バギオから乗ったバスはパサイ行きでした。

しかし北ルソンからやってきたバスはパサイターミナルに行く前に少し北にあるクバオターミナルに停まりましたので衝動的に降りてしまいました。終点のパサイまで乗った方が安上がりにはなるのですが、その周辺は何度も歩き回ったことがありますので新鮮じゃありませんからね。クバオターミナルで降りて個人商店のカウンターに置かれていた韓国製の小型の自動販売機に5ペソを投入して甘いコーヒーを買って、のんびりと歩いて南下することにしました。

マニラの宿に荷物を置かせてもらってバギオには最小限の着替えなどを持って行っただけでしたので、今朝ばEDSA(エピファニオ・デ・ロス・サントス大通り)という環七みたいな道路沿いを南下して、どこかのモールで朝食を食べることにしました。EDSA沿いにも朝食を出す安食堂はたくさんあったのですが、交通量が多いことから排気ガスの中で食べなくてはならないことになりますので気が乗らなかったのです。

10分ほどクバオターミナルから南下した所で警官の数が急に増え始め、ついには通行止めになってしまいました。他の歩行者にタガログ語で迂回するように促していた警官に英語でも説明してくれと頼んだら、EDSAの片側を通行止めにして1986年に勃発した民主化運動の祝賀イベントを行うので歩いて南下したい場合は歩道橋を渡って西側の歩道を歩くようにと促されました。警官や軍人以外にも黄色いTシャツを着た人が多かったのですが、そういえばフィリピンではイエローが民主化運動のテーマカラーでした。

通行止めになった場所から15分ほど南下したあたりで黄色い紙テープや紙吹雪が舞っていて、クレーンカメラを駆使してプロモーションビデオみたいなものを撮影している現場に遭遇しました。そういえばバギオで月曜日も民主化運動の記念日で3連休だと聞いていたのですが、まさかそのイベントに遭遇するとは思っていませんでした。私は野次馬根性を発揮させて東側のイベントをやっていたエリアへ戻ってみたのですが、辿り着いた時にはイベントが終わっていて掃除が始まっていました。

この画像だと黄色い制服を着た囚人たちが刑務所内の祝賀会の後片付けでもしているように見えるかもですが、彼らは民主化運動に汗を流したリベラルな人たちで、通行止めが解除される前に紙吹雪などをキレイに掃除してしまおうと頑張っている最中なのです。左手の刑務所の塀っぽいのはEDSAの中央分離帯的なLRTの3号線なのですが、その電車の窓からは民主化運動の祝賀イベントの様子が見えたことでしょう。今日はLRTの線路の真横にステージが作られていましたのでね。



(都合により続きは後ほどアップします)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/25(月) 23:59)

 偶然に見物することができたバギオの春のイベントは…


 旅先ではたまに偶然の出会いがあります。

知り合った旅行者の方から週末にクラーク空港の近くで熱気球のイベントが行なわれることは聞いていたのですが、バギオで花祭りが開催されていることはまったく知りませんでした。

昨晩に夕食をいただいたホテルの3階のレストランに行ってみたら近くの道路が封鎖されてのパレードが始まっていたのですが、世界中でいろんなイベントを見てきた私には地元の皆さんが熱狂する理由がわからないレベルのものでした。

それで花祭りの見物は早めに切り上げてネットでのメールやニュースのチェックしていたのですが、わざわざ花祭りのためにバギオ行かれたことがある観光客の方は信じられないことかもしれませんね。(笑)



(都合により続きは後ほどアップします)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/24(日) 23:59)

 夜行バスで夜明け前にバギオに到着して食べたものは…


 夜行バスで夜明け前にバギオに到着しました。

まだ宿にチェックインするには早過ぎましたので、まだ暗い内から頑張って営業していたジョリービーの朝食を試してみることにしました。カウンターで無料Wi-Fiが使えることを確認した後にお金を払ったのですが、料理が用意された後にパスワードを聞いたら、「マネージャーに聞いてみたら8時からでした…」と言われてガッカリでした。

ジョリービーの朝食のコーヒーは機内食に使われているようなカップで出てきたのは良かったのですが、パンケーキは使い捨て容器でしたので残念でした。味はマクドナルドの朝食と大差ない感じでしたが、ジョリービーはフィリピンなどアジアの数カ国でしか食べることができないものですから悪くはない選択だったと思います。



(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2013/02/23(土) 23:59)

 昨晩からの雨が上がってくれたので出かけた場所は…


マニラは久しぶりに雨になりました。

フィリピンの雨といえばスコールですが、今朝はかなり強い雨が降り続いていたので小旅行に出かけることを延期しようかと考えていました。しかし上手い具合にお昼前に止んでくれましたので、ジープニーでバスターミナルへ出かけました。業界最大手のビクトリーライナーいう会社のターミナルだったのですが、バギオ行きは明日の午後の便まで満席とありましたので焦りました。

しかしそこはフィリピンですからスタンバイで増発便を狙うという方法があり、多くの旅行者がその方法を選んでいたようでした。ビクトリーライナーはクーラーとWi-Fi付きのようでしたが、それであればもう少し工夫して増発便もネットで予約できるようにすれば良いのにと残念に思いました。増発便を待つために数時間も待つなんてアホみたいな話ですからね。



(都合により続きは後ほどアップします)




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/22(金) 20:48)

 他の国とちょっと違うフィリピンのネット事情は…


 フィリピンでの滞在も1週間になりました。

それでメトロマニラから逃げ出しての小旅行を考えているのですが、今日はその前にFNR新線を終点まで乗って、かつてスモーキーマウンテンという名前で有名になったトンド地区へ行ってみることにしました。新線の終点で降りてからGoogleマップを頼りに下町の路地を歩いたのですが、空港にあるようなコイン式のネット端末が置いてあったのは意外でした。さらに若い人たちがFacebookをやっていたのにも時代の変化を感じさせられました。

マニラの高級モールには無料のWi-Fiが用意されていたりするのですが、スマートフォンやタブレットを購入することができないトンド地区の低所得者層は路上のネット端末に5ペソコインを投入してネットにアクセスするしか方法が無いのでしょう。「スチールアイアン」という映画では粗大ゴミ置き場から拾ったロボットを修理して試合で闘わせていましたが、このエリアではゴミの中から拾った複数台のスマートフォンの部品を組み合わせて使えるようにしている猛者もいるのかもしれません。(笑)


(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/02/21(木) 23:59)

 マニラの都心と郊外を結ぶ新線の電車で驚かされた事は…


今日も電車でマカティ地区に行くことに。

大都市のわりに貧弱なマニラの公共交通を充実させるためにPNRという新しい路線が作られたようですが、宿からは距離的には少し遠回りになるものの軌道を走るために渋滞とは無縁です。その路線はマニラの都心と南東の湖畔エリアの住宅地を結んでいるのですが、空港の真横を通っていますので、つぎのシンガポール行きの時にも利用できそうです。

何度もマニラに来ている私はジープニーに乗り飽きていますので新しい路線ができたことは大歓迎ですが、郊外では単線になるために電車を運行する間隔が長いのが難点です。今日は運転手のランチブレイクのためなのか、次の電車まで1時間近くありましたので、私たちも近くの食堂で早めにランチを済ませることにしました。マカティ地区まで10ペソと安いのは嬉しいのですが、駅の入口でのセキュリティチェックや手書きでの乗車券の発行など無駄なことが多過ぎてイライラさせられますし、便数が少ないための混雑や駅名表示の貧弱さなどは動物園の猿電車の方がマシなのではと思えるほどでした。(笑)

電車内には一応クーラーがあるのすが、日本の古い電車の車両などを使っているため窓を開けて走った方が涼しいのではと思えます。また車内の広告類はすべて撤去してありますが、日本語の注意書きや路線図などは残っていることがあってトワイライトゾーンに入り込んだような不思議な感覚を味わうこともできます。しかし日本人がいちばん不思議に感じることは電車の窓に鉄製の網が溶接されていることでしょう。まるで囚人の護送列車のような雰囲気なのですが、おそらく投石により窓ガラスが割られてしまうことを予防しているのでしょう。新しい路線図は郊外では貧乏な人たちが住んでいるエリアをホーンを鳴らし続けて走るのですが、そんなうるさくて自分たちにはメリットが少ない電車に石を投げたくなる気持ちは理解できます。



(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/20(水) 23:59)

 シネコン全盛時代にチャイナタウンで映画を観た理由は…
^_^

ようやくマニラで映画を観れました。

これまでに行った高級モールのシネコンの値段は200ペソ前後とタイやマレーシアより高くてイライラさせられていたのですが、マニラの中で浅草的なイメージがあるチャイナタウンは割安感があるはずと出かけてみたのですが、1階が110ペソと安かったので嬉しくなりました。最近は見かけない手描きの看板もダイハードのような痛快アクション映画にはピッタリと思えましたし、偶然にチャイナタウンでは今日までの上映でしたのでタイミングもバッチリでした。

今回のダイハードは5作目ということで、趣向を変えてモスクワをロケ地に選んだことは予告編で知っていて楽しみにしていました。今回はニューヨークの警官が息子がいるモスクワに飛んてきて信じられないミラクルを起こし続けるのですが、それはこれまで通りエスカレートしていました。いくら息子を助けるため、あるいは悪人をやっつけるためだとしても、それをやっちゃダメだろうと思うことを平然とやって廃車の山を築いてくれたのは爽快感がありました。

アクションシーンやCGはかなり完成度が高くて感心させられたのですが、陳腐なストーリーやブルース・ウィルスの老いをカバーすることは無理だったようです。唐突に投入された息子役の役者さんも魅力に乏しくて、次回作の主役は無理なような気がしました。そうなれば完璧なおじいちゃんが再び大事件に巻き込まれることになるのでしょう。さすがにちょっと気の毒な感じがしますが…(笑)


(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/19(火) 23:59)

 マニラで知り会った、ある意味で羨ましいけどかわいそうでもある人は…
nino

 私はマニラで日本人男性と知り合いました。

彼の名前は二宮司くんという24歳の日本人男性なのですが、たまたま私と同じ宿に宿泊することにしたみたいです。彼は数日前に大阪を出て初めてのマニラ空港に到着したのですが、イミグレを通過してターミナルの外へ出たところで悪質なドライバーに声をかけられてタクシーに乗ったら、メーターに細工がしてあったらしく通常の10倍ほどの1200ペソ(約2750円)を請求されて払ってしまったと苦笑いしていました。「私なら運転手を睨みながら100ペソほど座席に置いて降りてしまうけど…」と心の中で考えながら聞いていたのですが、これから初めての世界一周旅行に出かけるという彼にとっては最初のトラブルは気を引き締めるための良い教訓になったのではとも思いました。

私が初めての世界一周旅行に出かけた時も「ペルーで警官にホールドアップされて時計を取られたことがあったなあぁ…」と遠くを見つめてしまったのですが、彼はこれからの1年間の旅でいろんな初めてのワクワクする経験ができることを羨ましくも感じました。彼は日本の物価水準が強く残っていたためか、あるいは珍しいほどのタクシーで法外な料金を請求されても特に意に介していないような感じでした。

それで話が終わりであったら良かったのですが、彼の災難は翌日も続きました。マニラの街に出かけるというので私とジープニーに乗ってLRTの駅まで行って、私はモール・オブ・アジアに映画を観に行くために別れたのですが、彼はその後にフィリピン人女性から声をかけられて一緒に教会などに行った後にカラオケに誘われて、そこでビールをガンガン勧められ判断力が鈍ったところで睡眠薬入りのチョコレートキャンディを食べさせられたらしいのです。

彼の記憶があったのはそこまでで、気がついたら日本大使館の前に停まっているタクシーの中だったそうです。被害は現金20万円ほどと10ヶ月ほど契約期間が残っていたiPhoneなどだったらしいのですが、お気の毒と言うしかありません。被害に遭った日は睡眠薬の後遺症で朦朧としていたらしいのですが、翌日は体調も回復したみたいですから一緒にツーリストポリスに出かけて事情聴取のお手伝いをさせてもらいました。私が不幸な青年のためにできることはそれくらいしかないのですが、彼は持ち前の立ち直りの早さから世界一周旅行の1ヶ国目からのトラブルに遭っても元気に旅を続けてくれることでしょう。私と同じように、円安にだけは負けてしまうかもしれませんが…(笑)


(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/02/18(月) 23:59)

 知らない間に開通していたマニラのPNRという新線は…


マニラはまあまあ変化していました。

日本にはフィリピンの話はあまり入ってこないので油断していたのですが、クラーク空港の観光案内所で貰った小冊子の地図に見たことが無いPNRという新しい路線が加わっていたので試しに乗ってみることにしました。マニラはかなり英語が通じますので、とりあえずジープニーで新駅方面まで行ってから誰かに聞けば良いだろうと軽く考えて出かけたのですが、それは後で後悔することになるとは夢にも思いませんでした。

他の乗客と一緒にジープニーの終点で降りてみたら、そこにはトライシクル乗り場があって、その先は浅そうな湖が広がっていて清々しい感じがしました。道路の南側には台風がやってきたら吹っ飛んでしまいそうなハンドメイドの小屋が軒を連ねていたのですが、その中にジャンク屋があったのには笑ってしまいました。ゴミを材料にして作った小屋でゴミを売ってる訳ですからね。(笑)

ジープニーの終点の周辺では新線の駅らしきものが見当たらなかったので、近くにいた原付きに跨がってヒマそうに世間話をしていた警官に地図を見せて駅はどこにあるかと聞いてみました。その警官からはジープニーに乗って北上することを勧められたのですが、近ければ歩いて行きたいと思って距離を聞いてみたら、自信満々に1kmと答えました。それじゃ歩いて行くよと礼を言って北上したのですが、歩いても歩いても駅らしきものが見えてきませんでした。

後で無料のWi-Fiがあった高級ショッピングモールでGoogleマップを確認してみたら4kmもあったのですが、警官の言うことを信じた私がバカでした。やはり旅先で信じられるものは自分とGoogleマップだけだと再認識させられました。今日は出かける前にヤボ用があって、初めて行く地域なのに下調べを怠ったことが敗因でした。今後はフィリピンもインド並みと思って、下調べは念入りに行うことにします。フィリピン人の名誉のために書いておきますが、距離感がおかしい警官は少数派だと思いますし、彼に悪意は無かった思います。今日は曇天で暑くも無かったですし、歩いたからこその発見もいくつかありました。それにジープニー代の8ペソ(約18円)も節約できました!(笑)



(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/17(日) 23:59)

 久しぶり行ってみたモール・オブ・アジアで見たものは…


マニラでは映画を観まくる計画でした。

1月のタイではタイミングが悪く、あまり良い作品に恵まれませんでした。最後に観た映画は中国の昆明での007ですから、新作を観たいという欲求はかなり高まっていました。アメリカ文化が大好きなフィリピン人向けのシネコンはマニラにたくさんあるのですか、まずは宿からジープニーで乗り換え無しに行くことができるモール・オブ・アジアという商業施設に久しぶりに行ってみることにしました。おそらくミネアポリスのモール・オブ・アメリカから着想したネーミングで、フィリピンでは今でも最大級の商業施設だと思いますので、映画以外にもブラブラして楽しいはずですしね。

モールに到着して2階のシネコンに直行してみたらタイミング良く最初に観ようと考えていた「ア・グッド・デイ・トゥー・ダイ・ハードード」が30分後に始まるところでした。しかし料金を聞いてみたら200ペソ(約457円)に値上がりしていましたのでガッカリでした。日本に比べたら格段に安いのですが、東南アジアの落ちこぼれのフィリピンの映画料金がタイやマレーシアより高いのは釈然としないので週明けにでも安い映画館を探すことにしました。

それでモール内の顔ぶれの変化をチェックしてみることにしたのですが、モール正面の2階という良いロケーションにユニクロの大型店がオープンしていました。お向かいのフォーエヴァー21や真下のスターバックスも前回は無かった新顔ですが、どこも人が多いのには驚かされました。また1階には無印良品の店もあり、すでにフィリピンには5店舗あるという話でしたのでさらに驚かされました。週末ということで海側のスケートリンクも大盛況でしたし、香港にメイドとして出稼ぎに行くようなフィリピンがなぜ景気が良い感じがするのか不思議でした。そのあたりは明日以降に理由を探ってみることにします。



(都合により続きは後ほどアップします)






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/16(土) 23:59)

 すっかり中華料理を食べ飽きて逃げ出した南の国は…


さすがに中華料理は食べ飽きました。

旅に出る前は中華料理の国は上海に1週間だけの予定でしたが、急にシンガポールの友人と南寧で合流することにしたので中華を飽きるほど食べることになったのです。しかし今日からは久しぶりのフィリピンですから、食のバラエティと安さが楽しみです。マニラは人口が多い大都市ですが、イケアはまだ進出していないのでイケアの朝食マニアとしては残念なのですけどね。

香港を早朝に発ったセブパシフィックの航空機は青い海の上を順調に飛び続けて定刻にマニラ北部のクラーク空港に到着しました。着陸した飛行機は茨城空港並みに小さいターミナルの正面に向かったですが、窓から少し離れた場所に駐機しているエアアジアの飛行機が見え、ターミナルまでゾロゾロと乗客が歩いているのが確認できました。「安さを追求するためにボーディングブリッジを使わない契約なのだろうか…」とぼんやり考えながらセブ機にボーディングブリッジが接続されるのを待っていたら、セブ機も階段で降りなきゃなりませんでした。私はフィリピンの航空会社なので楽できるものと思い込んでいたのですか、価格競争の激化で収益性が悪くなっているので少しでも節約したいということなのでしょう。

イミグレと税関は一言会話せずに簡単に終わり、小さなターミナルに出たら観光案内所がありましたので資料を頂いておきました。前回の旅の残りのペソを持っていましたので両替率が悪そうなマネーチェンジャーはスルーして、近くのダウターミナルという所まで50ペソのクーラー付きのジープニーに乗ろうとターミナルの外に出たら「シャチョー、タクシー?」と声がかかりました。もうマニラ空港も含めて「社長!」と声がかかることは無くなりましたが、まだクラーク空港では効果があるのかもしれません。「俺は社長じゃ無くて会長だ!」とジョークを言ってみたのですが、それは理解されなかったみたいでした。(笑)



(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/15(金) 23:59)

 香港で最後のランチに選んだ滞在なかで最安の料理は…


ついに香港も最終日を迎えました。

LCCの厳しい重量制限に合わせてあきらかに不要なものを処分したのですが、タイから陸路移動してきた名残りで少しオーバーしてしまっています。まあ航空会社のカウンターで重さを計られた場合には重ね着してポケットに重たそうなものを詰め込むという最終手段がありますので問題はありませんが。(笑)

香港での最後のランチは何にするかは数日前に決めていたのですが、もう中華料理にも飽きていますので吉野家の牛丼を食べることにしました。香港の吉野家では2回も失敗していますので、今日は有終の美を飾ることを心に誓っていました。それで選んだのは吉野家のメニューの中でいちばん安い牛丼に茹でた野菜がトッピングされた15香港ドル(約180円)の料理でしたが、この値段で飲み物まで付いているのはインフレの香港では珍しいことだと思います。香港では中国正月からメニューの値上げが相次いでいるのですが、吉野家は日本の企業らしく最低価格の丼を提供し始めたのです。

その温野菜牛丼に温玉が乗った20香港ドルの方が見た目は良かったのですが、今回はあえて香港最低価格シのンプルな方をオーダーしてみました。私は2009年の7月13日にサンノゼの吉野家で似たような牛丼に野菜が割り込んできている料理試したことがあるのですが、香港の方がコストパフォーマンスが高いと思います。しかし香港の牛丼は味に深みが無いのと、テーブルに漬け物が置いて無かったのが残念でした。また正月に働かされるのが不本意なのか、店員さんたちは死んだような目で機械のように仕事をしていましたが、香港の吉野家は経営方針を転換すべき時期を迎えているではないかと思ってしまいました。



(都合により続きは後ほどアップします)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/14(木) 23:59)

 香港名物の2階建てバスに乗って出かけた先は…


今朝も香港名物の2階建てバスに乗りました。

イケア沙田店がある郊外のショッピングモールの1階にあったフランフランの支店に置いてあったショップカードに見慣れない住所が印刷されていたので検索してみたら、そこは香港島の南側の小さな島でしたので驚かされました。そんな辺鄙な場所にフランフランが入居しているアウトレットモールがあるみたいでしたが、Googleマップでチェックしてみたら宿から171番のバスで簡単に行くことができるみたいでしたので、なぜ常識外れ場所にアウトレットモールがある理由をチェックしてみることにしました。

11、1香港ドル払ってバスに乗り込み、2階に上がってみたら最前席は親子連れに占領されていましたので、その後ろに陣取ってカメラをスタンバイさせました。香港では九龍側と香港島の間のトンネルの渋滞が社会問題化しているのですが、その様子もチェックしておこうと考えたのです。中国からの列車が発着するホンハム駅の真横のバス停で多くの乗客を拾ったバスは吸い込まれるようにハーバートンネルに突入したのですが、まだ正月休みが影響しているためか渋滞している箇所はほとんどありませんでした。

2階建てバスの大きなフロントガラスの前には眺望の邪魔になる黄色いバーが取り付けられているのですが、これは不意な正面衝突事故などで乗客が2階から投げ出されることを防ぐためのものなのでしょう。過去の不幸な事例から義務付けられたものだと思いますが、座席にはシートベルトもあることから不要だと思います。理由は大事故の頻度が少なそうなことと、私は臭いものにフタをするような安易な発想が嫌いなためです。最近は黄色いバーがダブルになっているバスも見かけるのですが、まるで囚人護送車のようです。まったくアホらしい話ですよね。



(都合により続きは後ほどアップします)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/13(水) 23:59)

 前回のリベンジに行ってみて返り討ちに会った理由は…


香港の正月気分もそろそろ終わりです。

今日あたりから通常モードに戻るところが多いと思いますが、コーヒーを飲みたくなりましたのでイケアに行くことにしました。実は深センからインスタントコーヒーを切らしていたのですが、中国でも香港でもけっこう高いので購入する気になれないのです。次の訪問地であるフィリピンに行けば安く購入することができますのでね。

前回はイケア九龍湾店でコーヒーを何杯もお代わりして満足できましたが、朝食の方は残念なレベルでしたので、今朝はイケア沙田店でリベンジしようと考えたわけです。Googleマップで検索したら宿の近くのバス停から81番バスで沙田のバスターミナルまで乗り換え無しで行くことができるということが分かり、 2階建てバスの一番前の特等席に座って野生の猿がいる山道を抜けて快適に到着できたのは良かったのですが、何とイケアは今日まで正月シフトで開店時間が10:30と遅かったのでガッカリさせられました。

せっかく6.10ドル払ってやってきたので駅直結のモールで1時間半も時間をつぶして再びイケアレストランに行ったのですが、ここでまたハプニングが。私は前回とは違う15ドルの朝食を指差して頼んだのですが、白衣のお姉さんが間違えて19ドルの方を皿についでしまったのです。前回とは少し違う内容でしたので私は疑問を持たずにレジに持って行ったのですが、最近の香港は英語がわからない出稼ぎの中国人が多くて困ります。少額のことで文句を言って取り替えてもらうのも大人気ないので我慢して食べましたが、1日の最初にトラブルがあると気分が悪いものです。香港が国際都市であり続けたいのなら、パートタイマーにも最低限の英語教育を義務付けるべきだと思いますが。


(都合により続きは後ほどアップします)




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/02/12(火) 23:59)

 香港が久しぶりに晴れてくれたので出かけてみた場所は…


香港は久しぶりに晴れてくれました。

それで宿での朝食やシャワーの後に近所の天文台に行ってみることにしたのですが、別に天文台に興味があったわけじゃなくて高い場所から香港の街を見下ろしてみたいと考えてのことでした。いつものようにGoogleマップを頼りに旧植民地らしい名前のエリザベス病院の横の坂を上がって行ったのですが、けっこうな高低差のために頂上に登る前には薄っすら汗をかくほどでした。それで天文台に向かう道から公園に寄り道して休憩して行くことにしました。

その公園から急斜面を上がるルートがありましたので上そがってみたら、そこには小さな陸上のトラックのようなものがある広場がありました。私は見晴らし台のようなものがあるんじゃないかと期待していたのですが、どうやら頂上部分はかなり前に平らに整備されてしまったようです。それで頂上から高層ビル群は確認することができたのですが、公園の樹木が邪魔して香港の街を見下ろすことはできませんでした。

しかしこの場所からは香港の高層ビルのトップ3をすべて見ることができましたし、大都市の中心に自然が残されているのも確認できましたので興味深い体験でした。帰りは油麻地駅方へ降りたのですが、頂上から最寄り駅まで頑張れば20分ほどで行くことができますので時間に余裕がある方にはオススメできます。



(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/11(月) 23:59)

 静かな香港の正月に開いていた意外な業種は…


香港の正月は信じられない静けさでした。

普段は渋滞している道路もガラガラでしたし、飲食店も含めてほとんどの店が閉まっていたのですが、正月から通常通り営業をやっている業種がありました。それはいくつかの麻雀屋でしたが、どこも店構えが新しい感じがしましたので人気があって儲かっているみたいです。日本では若年層の麻雀離れが進んでいるようですが、香港では根強い人気なのかもしれませんね。

それともうひとつ正月から営業していたものがあったのですが、それはプロのお姉さんたちでした。香港の女性は寒さに慣れていないため、または重衣料を着て歩ける期間が短いので、ちょっと寒いなると冬山登山にでも出かけそうな格好をしているのですが、街角に2人連れで立っているお姉さんたちは「寒くないですか?」と聞きたくなるような薄着なので間違いないと思います。

香港の正月は家族で食事したりしてのんびり過ごすということですが、大都市ですから1人暮らしの男性も多いのでしょう。また長期間の休みや列車のチケットが取れなくて中国の実家へ帰省することをあきらめた出稼ぎ男性もいるのでしょう。そんな人たちが朝食やランチの後などに好みの女性がいたら声をかけてみたりするのでしょう。それは香港がイギリスの植民地だった頃からの伝統なのかもしれませんが、ちょっと疑問があります。香港の習慣として正月は運が落ちるから風呂に入らないとか…(笑)

(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/02/10(日) 23:59)

 思いがけず早朝の香港で朝食難民になりかかった理由は…


今朝の香港もかなり冷え込みました。

私はシンガポール人が探してくれた香港の下町の宿泊まっているのですが、中国正月休みのために欧米人観光客が増えるらしく、今日から他所へ移動せざるを得なくなりました。いつもは前の夜に朝食用のパンを購入するようにしているのですが、先日はイケアに朝食を食べに行きましたし、最後に下町の食堂を試してみることにしました。

香港は高層ビルが林立する大都市で「眠らない街」というイメージもありましたので、24時間営業や早朝に郊外から出勤してくる人向けの店がたくさんあると思っていました。しかし香港の人達も豊かになったためなのか、早朝から営業している店はごくわずかでした。24時間営業のマクドナルドには席で堂々とビールを飲んでいたオヤジがいたりしましたし、中国の倍以上の値段でアホらしく思えましたので、他に何かマシな店が無いか薄暗い街を探し回ったのですが、なかなか手頃な店が見つからなかったのです。

ゴミが散乱する中をトボトボ歩きながら「マクドナルドに戻るしかないのかな…」とあきらめかけていたら、赤い「美心MX」という電飾看板が目につきましたので階下に降りてみたら手頃な値段で朝食を出していましたので救われた気分でした。トーストとコーヒーに麺料理などが付いてるようなメニュー構成だったのですが、悩んだ末に22香港ドル(約264円)のロシア風のマカロニスープのセットを選らんでみました。香港でロシア風の料理はミスマッチな感じもしましたが、寒い朝にはピッタリでした。

(都合により続きは後ほどアップします)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/09(土) 23:59)

 香港の啓徳空港跡地の近くのモールの中に移転してた店とは…


今朝の香港はかなり冷え込みました。

それでも最高気温が20度に届かないくらいのヌルい冷え込みだったのですが、寒さに慣れていない香港の皆さんは真冬のような格好で歩き回っていました。私も久しぶりにバッグの底からジャケットを引っ張り出したのですが、それは防寒対策では無くてスウェットシャツだけだと周囲の皆さんから浮いてしまいかねないからでした。

今朝は啓徳空港跡地の近くのメガボックスというショッピングモールの中に移転してたイケアに朝食を食べに行くことにしたのですが、それはイケア香港のウェブサイトに見たことがない朝食の画像が載っていたからでした。おそらく日本でNo.1のイケアの朝食マニアとしては、この世に食べたことがないイケアの朝食が存在していると知ったからには試さないという選択肢はありませんでした。

景色を楽しむことができないMTRじゃつまらないので、イケアのウェブサイトに載っていた赤いミニバスに乗って久しぶりにメガボックスに行ってみたら、イケア以外にもイオンが入居していて雰囲気がガラリと変わっていました。イケア九龍湾店はエスカレーターが中央部分にある既存の商業施設内にオープンしたので、入口から近い場所にレストランがあるという変わった構造になっていました。朝食はアラカルトでも注文できるように工夫されていましたが、まずは19香港ドル(約228円)のパスタとコーヒーが付いたビギナー向けのセットを試してみることにしました。

チキンはボリュームがあって悪くなかったのですか、パスタはなぜかスープが注がれて中途半端なものになっていました。イケア香港の朝食はもはや日本並みの値段になっているというのに、コーヒーは相変わらず1種類だけというサミシイものでした。半分ほど食べ終えたところで食欲が失せ、周辺のテーブルの地元民が食べている料理を見て「私もアラカルトで食べたいものだけ選べば良かったかな…」とため息をつく羽目になりました。こんな事があると誰に頼まれワケじゃないけどイケアの朝食マニアであり続けることがツラく思えてきます。(笑)


(都合により続きは後ほどアップします)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/08(金) 23:58)

 SSDを探すために出かけた旺角の電脳ビルで驚かされたことは…


今日は旺角の電脳ビルに出かけました。

原因不明で使用不可となったMacBook Airを独力で修理することにしたのですが、ネットで「香港最大級の電脳ゾーン」とあった深水の電子街では適合する割安なSSDが見つからなかったのです。それで今日は宿からも近い旺角の電脳ビルに出かけてみることにしたのですが、看板はそれなり大きさでしたが規模が小さくて不安になりました。それというのも1階部分はファッション関係のショップに占領されていて、外観は単なる雑居ビルにしか見えませんでしたからね。

看板の入口を示す矢印を頼りにビルの中に入ってみたのですが、1階には店がなかったのでエレベーターで4階に上がってみました。時間はお昼前だったのですが、その時間に開いている店は数店だけでしたので驚かされました。旺角は夜が賑わう下町ですから遅くまで営業しているのでしょうが、午後から店を開けるというのは感心しません。

電脳ビルを降りていく間に店が次々とオープンしたのですが、やはり私が探しているMacBook Airに適合する割安な64GBのSSDを見つけることができませんでした。こうなれば再びイミグレを通って深センに戻ることも覚悟しなきゃならないかもしれませんが、中国正月で人民大移動の時期では気が重いのです。イミグレに「日帰り専用レーン」でもあれば話は別なんですけどね。(笑)



(都合により続きは後ほどアップします)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/02/07(木) 23:54)

 シンガポールの友人との最後のランチに選らんだのは…


雨も上がって晴れ間が見えてきました。

これまで2週間ほど中国やマカオなどを一緒に旅していたシンガポールの友人が今日のフライトで帰国してしまうので最後のランチに行くことにしたのですが、何か香港らしいもの食べようという話になりました。それで宿の近所の観光客は足を踏み入れることは無さそうなローカルな店を試してみたのですが、文革の混乱期に中国から逃げてきたという感じのおばあちゃんたちが元気に働いていて最後のランチに相応しい良い雰囲気の店でした。

シンガポールの友人は牛肉と野菜を乗せた定番っぽい料理を、そして私はナスとタマネギを煮込んだものがかかった大衆的なぶっかけ飯を選らんだのですが、味付けに塩漬けした魚を干したものが使われていて美味しゅうございました。はるか昔に食べたことがあるような懐かしい味でしたが、それが香港だったのかは思い出すことができませんでした。料金はどちらも32香港ドル(約382円)と安くはなかったのですが、友人がシンガポール訛りの中国語で注文したためか食後に香港的なミルクティーを無料で出してくれましたので大満足でした。

濃厚なミルクティーを味わいながらシンガポール人と今回の旅のいくつかのハプニングのことを語り合い、シンガポールでの再会を約束したのですが、通訳としても大活躍してくれた彼が居なくなるとさみしくなります。香港は英語が通じる地域ですが、今日も彼がいたのでミルクティーを飲めたわけですし。もし私一人なら中国語で無料のミルクティーがあることを申し出されても理解できなくて「不用」と断っていたことでしょう。些細なことですが、せっかくの申し出を断られた方も良い印象は持たないでしょうし、私も少し中国語を勉強しておけばよかったかと後悔しています。


(都合により続きは後ほどアップします)



お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/06(水) 23:59)

 値上がりしていたスターフェリーで向かった先は…


今朝はワゴン式の飲茶を試すことにしました。

満腹になって2.50香港ドル〔約30円〕に値上げされていたスターフェリーで向かった先はセントラルのショッピングモールにオープンしていたアップルストアでしたが、まずは自分のリスクでMacBook AirのSSDを交換した場合に再インストールをしてくれるかを確認してみることにしたのです。2011年の7月にMacOSをSnowLeopardからLionに変更した時にもかなり数時間かかりましたが、香港の宿の遅いWi-Fiでダウンロードしたら半日かかっても終わらないかもしれませんからね。

アップルストアのお兄さんに深センでの経緯を説明してみたら、香港では自分で修理する人が多いためか「自己責任で…」という念押しが一切ありませんでした。「SSDの換装が終わったらウェブサイトで予約してから来店していただければ何の問題もありません」ということでしたので嬉しくなりました。アップルストアは中国正月の期間中も通常通りの営業ということでしたので、後は香港の電子街で安いSSDを見つけることができれば普通の生活に戻ることができるでしょう。




都合により続きは後ほどアップします。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/02/05(火) 21:56)

 中国旅行で最後の深センから長い橋を渡ってたどり着いた場所は…
ついに中国旅行も最終日になりました。

朝食とシャワーの後に宿の近所を散歩してから1元のミニバスで「世界の窓」に向かったのですが、それはラオス最終日に突然に起動しなくなったMacBook Airから最近のデータをUSBメモリーにコピーして保存してからMacOSを再インストールしてもらうためでした。

深センのアップルストアのお兄さんは頑張って対応してくれたのですが、残念ながらSSDが物理的に壊れているみたいで、MacOSの再インストールはできませんでした。私のMacBook Airは共に世界中を旅していますのでアルミの筐体は傷だらけなのですが、まだ2年も使っていないので引退させるには速過ぎます。

香港にもアップルストアがオープンしていますし、今回は中国正月を挟んで通常よりも長く滞在するスケジュールにしていますので打開策を考えることにします。電子部品関係では深センが有名ですが、香港は無税ですから秋葉原より割安にSSDの購入ができるかもしれませんしね。まずはネットでMacBook AirのSSDの換装に関する情報をチェックしてから、香港のアップルストアに出向いて相談してみることにします。

続きは後ほど…




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2013/02/04(月) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア