新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 私がアベノミクスに日本の将来を託してはいけないと考える理由は…


 電力各社が大赤字とのニュースに腹が立ちました。

何かあったら危険だとわかりきっている原発を私利私欲のために電力各社は世襲議員たちとグルになって推し進め、ヘマした後始末は国民負担という構図にはうんざりさせられるのですが、リスクが高いアベノミクスが失敗した場合のツケも国民に負担させれば良いと同じように考えていそうですからムカつきます。また円安に誘導して経済連メンバーの企業の後押しをして株価を上げて7月の参院選を有利にしようという魂胆ですが、それは日本企業の古い体質を温存させたり、ものづくりのレベルアップを阻害することになるかもしれないということをマスコミが指摘しないのもイライラさせられます。

今日からGoogle NowがiPhoneなどのアップル端末でも使えるようになるというニュースがありましたので無料のアプリをダウンロードして試してみたのですが、インストール後の解説動画も含めて良くできていましたので感心させられました。私は次の旅行用に7インチ程度のタブレットが安く発売されるのを期待して待っているところですが、アンドロイド端末なら親和性ももっと良いはずですので楽しみです。Googleの眼鏡型や時計型の端末も面白そうですが、私の手が届く価格帯になるまでは時間がかかりそうですから、バッテリーがヘタるまではタブレットでガマンすることになりそうです。

6月のWWDCではついにアップル製品に支払い機能が搭載されることが発表されるのではと噂されていますが、アマゾンもグーグルも本格参入するみたいですから2014年は「電子マネー元年」と言われるようになるかもです。日本のガラパゴス携帯やEDYなどのカードなどでは数年前から当然だった枯れた技術ですが、その優位性をまったく生かすことができなかった日本企業や通産省のおじさまたちには退職金の支払いを停止するくらいしても良いのではと思えます。

最近のワイドショーやバラエティ番組では円安で海外からの観光客が増えて和食やアニメなどの日本文化を楽しんでいる様子を垂れ流して「クールジャパン」は支持されると視聴者の自尊心をくすぐるような演出が目に付くのですが、他のアジア都市が日本化してるので優位性が長続きするものでは無いはずですのでヤバい傾向だと危惧しています。すぐに限界を迎えそうなアベノミクスに浮かれていて大胆なイノベーションをおろそかにすれば、高齢化が進んだ後はかつてのイギリスのような停滞期が続くことになるでしょう。




kumamotochikasui

 こんなDVDが作られて配布されるみたいです。

「肥後の水とみどりの愛護基金」という公益財団法人が小学校低学年向けに熊本の地下水についてわかりやすく学ばさせることを目的に制作したものみたいですが、これもくまモン人気にどっぷりと乗ったものみたいですよね。こんなDVDにより子供たちが貴重な資源である地下水の保全に関心を持ってくれるようになれば良いのですが、ちょっと安直なんじゃないかと思いました。

合併して73万人規模となった熊本市民の水道水は全て地下水で賄われていて、これは水資源が豊富な日本も珍しいということで国連水関連機関調整委員会から「生命の水」の最優秀賞を受賞したりしていて、国際的なお墨付きも得たことになります。21世紀中には水資源の枯渇で戦争が起きると予想されていますが、そんな時代に熊本市の地下水や水道水について掘り下げて考えて、子供たちに教育することに文句があるわけじゃありません。しかしくまモン人気に便乗していて工夫が足りないと思うのです。くまモンは「くまもとサプライズ」のキャラクターでもありますし、このDVDが全国版のニュースで報道されるようなサプライズが欲しいものでした。





rkkdaikoushin

 明日はこんなイベントが開催されるようです。

これはTBS系列のRKKの夕方のニュースで見かけた「それゆけ!ゆるキャラ大行進」という大型連休中にくまもと工芸会館で開催される親子向けのイベントなのですが、RKKですからくまモンより「あるぽ」という局のゆるキャラや夕方の「パンパカパンツ」というアニメ番組の豚のキャラクターを推しているようでした。

このパンツをはいた「パンパカ君」という豚のことはまったく知らなかったのですが、静岡放送とFLASHアニメ制作集団のDLEによる共同企画「みんなで歌おう!キャラクターソング」から2008年に誕生したそうですが、今では山形・熊本・岩手でも放送されて局地的な人気となっているようです。地方発で全国や海外に展開できるキャラクタービジネスとしてはくまモンと通じるものがありそうですが、パンパカ君は営利目的で利用料がかかるのでしょう。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/30(火) 23:59)

 少ない投資で最大級の効果を上げたかもしれない地銀の戦略は…
kumamonhekiga

 連休3日目も25度を超えて夏日になりました。

「屈辱の日」の翌日の29日は「昭和の日」らしいのですが、初夏の大型連休の時期に休日を並べて国民の意識を右寄りにコントロールしようという企みが透けて見える感じがしますので不快です。この時期は政治家たちの外遊も多くなるのですが、領土問題の交渉や資源外交などを進めて夏の参院選の優位を確実なものにしようという思惑もありそうですし。大型連休の時期に大勢の随行員と共に政府専用機を飛ばすというわけですから億単位の金がかかるのですが、それでロシアから割高な資源を買わされて領土問題は先送りされるということになれば最悪です。世襲総理は「最善を尽くしたが…」と五輪招致を失敗した都知事と似たようなことを弁明するかもしれませんが、税金は有効に使っていただきたいものです。

これは熊本市役所の隣にある熊本信用金庫の本店の壁面ですが、90周年を記念して巨大なくまモンが登場していました。地元に媚びている感じはするのですが、地域密着した感じをアピールする方法としては正解なのでしょう。3色のカッティングシート代はたいした金額じゃないのでしょうが、ローカルニュースでは大きく取り上げられていましたので宣伝効果は絶大だってでしょうし。




dtab

 格安と話題のタブレットをチェックしました。

タブレットを導入したいという知人がドコモのユーザーでしたので、ネットで格安と話題になっていた中国製のタブレットが良いのではと思ったのです。最低限の機能を備えている割には1万円を切る値段で質感も悪くないという話でしたが、やはり現物をチェックしてみないと判断できませんからね。噂に違わずフツーのタブレットで悪くないなと思ったのですが、月額525円のdビデオというコンテンツを実質7ヶ月ほど契約しなきゃならないということでしたので微妙でした。

アマゾンがアップルTVのようなセットトップを売り出すとか、アップルが6月のWWDCでPCと融合したネットTVを発表するとか噂されていますが、次の台北のPCショーでもたくさんの新型タブレットの発表がありそうですしね。このドコモのタブレットのキャンペーンは9月までと余裕がありますので、慌てる必要は無さそうです。




kumamototerroir

 新聞で意味不明な広告を見かけました。

破綻して国民の税金で救済された航空会社系のホテルの広告でしたが、「くまもとテロワール」といきなり言われても何のことかわかりませんでした。テロワールとはフランス語で土壌のことで、ワイン用語ではよく使われる言葉みたいですが、どうやら熊本県の豊かな土壌で育った食材を生かして料理などを提供するということみたいですね。

阿蘇の山々の上に浮かんでいる青い地球に見えるロゴは熊本県の地形をデザインしてあり、熊本県全域の海産物や農産物が産出する「テロワール」を意味してるのでしょう。地産地消の観点からも着眼点は悪くないアイデアだと思いますが、わかりやすさや馴染みやすさは無いので工夫が必要なんじゃないかと思います。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/29(月) 23:59)

 大型連休に外遊中のオッサンを応援するオッサンのインチキぶりは…
mihashitakajin

 連休2日目は気温が上がって夏日になりました。

日曜でしたので録画しながら追っかけ再生で「たかじんのそこまで言って委員会」を見ていたのですが、今日は船旅に出る辛坊さんの代わりに元大阪市長の平松邦夫氏が副委員長代理でしたので違和感がありました。今日のお題は「警告するオッサン大賞」の第二弾で5名のゲストが私論を発表されていたのですが、インチキ経済評論家の論理破綻ぶりには驚かされました。

反増税・反TPPという点は私も賛同できるのですが、リスクが高過ぎるアベノミクスを擁護して国民が信じれば成長できるといった絵空事を堂々と述べていたのには驚かされました。今日の番組では医療ジャーナリストのオッサンの鳥インフルエンザの話がダントツで面白かったのですが、番組にも出演したことがある世襲総理に摺り寄る感じで経済評論家が大賞に選ばれていましたのでイヤになりました。

医療ジャーナリストのオッサンは「鳥インフルエンザを過剰に恐れる必要は無いが、最悪の場合を想定して備えておくべきだ」と主張されていましたが、それは政治や経済政策でも同じでしょう。これまでの歴代政権(主に自民党)の不作為で日本は少子高齢化が深刻になっていて経済が冷え込んでいますが、前回も何も対策を講じなかった世襲総理を信じようと言う評論家たちが私は理解できません。また私は今回のフクシマの原発事故は人災だと考えていますが、それも歴代政権が推し進めてきた原発政策が元凶だと思います。

今日は富士山の噴火による被害についても危険だと指摘されていましたが、ちょっと株価が上がっただけで浮かれている場合ではないでしょう。最悪の場合を想定して備えておくべきだと思いますが、欲望を増幅する装置であるテレビは世襲総理の擁護派の意見がほとんどですからイヤになります。




originalsin

 今日はヒドい吹き替えの映画を見ました。

19世紀のキューバに住むアントニオ・バンデラスの豪邸にミステリアスな美女のアンジェリーナ・ジョリーがやってくることから物語が始まる2001年の「ポワゾン」というアメリカ映画でしたが、これは1969年の「暗くなるまでこの恋を」のリメイク作品だということでした。革命前の植民地の雰囲気も興味深いものでしたし、アンジェリーナ・ジョリーも適役で悪くなかったのですが、吹き替えがド素人の菊川怜でしたので最悪でした。アントニオ・バンデラスを吹き替えた草刈正雄もダメでしたが、菊川怜のヒドさに比べたらはるかにマシでした。

原題の「ORIGINAL SIN」というのは、キリスト教における「原罪」のことみたいですが、菊川怜に吹き替えを頼んで台無しにしてしまった日本の配給会社の罪は大きいと思います。ラストシーンなんて菊川怜の顔が浮かんできて笑ってしまいましたのでね。




jacmtokita

 農業県の熊本では、こんなCMを見かけます。

世襲総理がTPPに参加することを決めた後でもJA熊本は意見広告を流し続けているのですが、この新しそうなバージョンは「まんが日本昔ばなし」のナレーションでお馴染みの常田富士男氏を起用して「食の安全・安心」を語りかけるように工夫してありました。ちなみに常田氏は熊本県立の高校に通われていたようで、熊本とはつながりが浅くないようです。

私も日本政府は交渉力が無いので、メリットよりもデメリットの方が多くなりそうという理由でTPPには大反対なのですが、それはもちろん自己保身だけのためのJAとは違います。20世紀になる前に役割を終えたJAは消え去っていただきたいものですが、国民と乖離していてもしぶといのでイヤになります。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/28(日) 23:59)

 大型連休の初日に自転車で出かけてみて見かけたものは…
patodensha

 大型連休の初日はスッキリ晴れてくれました。

熊本市の中心部では「くまもと城下まつり2013」というイベントが開催され、今日だけ路面電車が終日無料になるという話でしたので、久しぶりに乗ってみようと考えました。会場までは歩いても行くことができる距離ですが、路面電車で交通センターの近くまで行って、そこからアーケードの中を歩けば無駄が無いと考え、近くの電停まで自転車で行くことにしました。

中心部に向かう電車を待ってる時に反対側の郊外に行く電車がやってきたのですが、白と黒に塗り分けられた「パト電車」でした。これはもちろん警察が取り締まりのために走らせているものでは無く、熊本の子供たちに交通安全をアピールするものでした。検索してみたら熊本市交通局から「パト電チョロQ」が1050円で販売しているということでしたが、物好きな人が少なからずいるみたいですね。

これを撮影した後にすぐに中心部へ向かう電車がやってきたのですが、すでに満員だったようでスルーされてしまいました。次の電車も満員という恐れもありますので自転車で行くことにしたのですが、電車内は殺人的な山手線に比べれば余裕がありそうな感じでした。交通局の担当者は「無料なんだから次を待たせても構わないだろう…」と考えたのかもしれませんが、混雑を予測して可能な限りの増便を行っているのか疑わしいと思いました。




kumamonbaloon

 中心部までは自転車で5分ほどで到着できました。

下通アーケードの中央部の銀座通りが歩行者天国になっていたのですが、そこに大きなくまモンの遊具が置かれていて、中では子供たちが楽しそうに跳ね回っていました。検索してみたら山鹿市の鹿本ショッピングセンターが作ったものらしいのですが、目玉企画としてあちこちのイベントに貸し出されているのでしょう。

「くまもと城下まつり2013」というイベントは開催側の顔ぶれが変わらないためか、面白いものがまったくありませんでした。くまモンが誕生する元になった「くまもとサプライズ」というコンセプトは悪くないと思いますが、くまモン人気が一人歩きしちゃったためなのか、サプライズの要素がまったく忘れ去られているようで残念です。




kamitoriartevent

 下通は何も無かったので上通に移動しました。

アーケードの入り口にあるびぷれす広場では「上通のうわさプロジェクト」という変なネーミングのアートプロジェクトが開催されていたのですが、そこに武将の甲冑を着た人たちが立っていて撮影に応じていました。「熊本城おもてなし武将隊」のメンバーみたいでしたが、これも京都などのマネですのでイヤな気分になりました。

びぷれす広場の上にある熊本市現代美術館の「熊本の華人展」という展示が「本日無料開放」とありましたのでエスカレーターを乗り継いで行ってみたのですが、生け花の展示でしたのでガッカリでした。「華人」というタイトルでしたので大陸からの移民の歴史文化の展示だと思っちゃったのです。今日は何も買うものが見当たらなかったのでお金は節約できたのですが、まったくの時間の無駄でした。やっぱり熊本は退屈です。早く脱出したいのですが、インフルエンザや北朝鮮は大型連休も無関係ですからビミョウです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/27(土) 23:59)

 熊本市が「路面電車が走る街」というポテンシャルを生かす方法は…
kuhonjiteishajyou

 これはダイエーの近くにある市電の車庫です。

高度成長期には邪魔者扱いされて廃止されることも検討されたことがあるという熊本交通局の市電ですが、地球温暖化が懸念される時代となってエネルギー消費が少ないエコ交通システムとして世界的に再評価されるようになりました。昭和時代に比べると路線は縮小されたようですが、現在でも2系統が市民の足となって活躍してくれています。大江のダイエーの南側に熊本市総合保険福祉センターなどが建設された頃に熊本市交通局の建物も建て直されたのでメインの車庫は上熊本駅の近くにあるみたいですが、なぜか数台分のスペースが残されていました。

熊本市の中心部は道路整備が遅れていて、けっこう朝夕の交通渋滞はヒドくなっています。しかしこれからの日本は人口減社会になることは確実視されていますので、これから多額の税金を投入して道路整備することは経済効率が良いとは思えません。観光面でも活躍してくれそうなことから路面電車を強化して有効活用することが合理的だと思えます。現在の上熊本駅方面の路線を廃止して専用レーンを走るバスシステムに変更し、熊本駅方面と健軍方面の路線を環状線に強化する案が最良と私には思えます。

その環状線は南熊本駅周辺を走らせて、熊本市役所や交通局の事務所などを効率的にまとめて移転させれば中心部の跡地を有効活用できるので悪くないと思います。明日の大型連休の初日は中心部のアーケード街でイベントが行われるために市電は終日無料になるのですが、現在の150円の乗車料はインパクトが低いので100円に値下げして、土日祭日は無料とすれば良いと思います。




thermaeromae

 なかなか面白い日本映画を久しぶりに見ました。

ローマ人という設定の登場人物を日本人の濃い顔の俳優たちが演じて話題になった「テルマエ・ロマエ」でしたが、古代ローマ時代の浴場の設計者が現代の日本にタイムスリップするというマンガみたいなストーリーみたいでしたので期待はしていませんでした。主役の阿部寛も上戸彩も好きになれないタイプの役者さんでしたしね。

原作がマンガだという知識はありましたし、タイムスリップものは見飽きた感じですので油断していたのですが、これが前半からテンポ良く笑わせてくれましたし、主役の2人も脇役の役者さんたちも好演してくれて感心させられました。なぜタイムスリップできたのかとか、ローマ時代の言語などのコミュニケーション問題などスッパリ切り捨ててあったのも結果的に良かったと思います。

入浴文化という世界的に見ればかなりマイナーなテーマの作品ですが、現代の日本人が当たり前のように楽しんでいる入浴が古代ローマなら数十人の奴隷を酷使しなければ実現できないことを再認識してくれたことも価値があると思います。続編はブルガリアで撮影中ということですが、すごく楽しみです。できればローマでイタリア人の反応を見ながら観てみたいものです。(笑)




27event

 明日はいくつかのイベントがあるようです。

左の広告は下通アーケードの中に農産物を積んできたトラックを停めて新鮮な食材などを販売するという試みで、右の「上通うわさプロジェクト」というのはアーティストの方が上通にやってきて、何かパフォーミングアートを行うというプロジェクトみたいです。

どちらも期待できないものですが、明日は天気も良いみたいですし路面電車も無料ですので出かけてみようかと考えています。売り場で現物をチェックしてみたいデジタル端末などもありますしね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/26(金) 23:59)

 農業県ならではの知人からの特色があるいただきものの感想は…
ponkanandzabon

 熊本県は全国5位の生産量の農業県だそうです。

1位はぶっちぎりで北海道で、その後は面積が広い県が並んでいるのでしょう。平野部の面積や日照時間なども重要なのでしょうが、熊本県の有明海側のエリアでは柑橘類の栽培が盛んです。それでオレンジ類をいただくことが多いのですが、知人からデコポンと晩白柚(ばんぺいゆ)とちょっと珍しいものをいただきました。

デコポンという名前は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標だそうで、高品質を保つ一定の基準をクリアしたものだけがデコポンの名称を使用することができるそうです。晩白柚は1930年頃に台湾から鹿児島に伝わったザボンの一種で、気候が栽培に適していたためか熊本県南部の八代地区で特産品となっているみたいです。晩白柚は重量が重いということでギネスの世界記録に認定されたことがあるそうですが、金額面でもギネス級です。

自分では高くて買う気にはなれないものばかりですが、いただきものを食べ比べするのは楽しいものです。これも農業県で暮らしているからでしょうが、近いうちに道州制が導入されることになるでしょうから県単位でどうこう考えるのは意味が無いことだと思いますけどね。




abeandkumamon

 今朝の新聞の1面はこんな記事が並んでいました。

右の記事は全国紙と同じだと思いますが、「くまモンの外交デビュー」の記事は熊本以外では奈良くらいしか載っていないのでしょう。7月の選挙前に遺族会や右翼志向の支持を固めたいと卑しく考えている世襲議員たちが靖国参拝して火種を増やしているのですが、くまモンやせんとくんなどの地域キャラクターと関係者の皆さんは北京入りして友好ムードを盛り上げようと努力していたみたいですね。

私は韓国や中国とはそれぞれ国交回復の時に戦後処理の話は終わっていると思いますし、政治家だろうが民間人だろうが信仰の自由は保障されていると思います。同時に信仰しない自由も保障されるはずですし、神が存在する証拠が無いので信じられないし、人間は死んだらお終いで魂なんてものも存在しないと考えています。

ですから韓国や中国がA級戦犯の合祀を問題視してるのなら、蕎麦屋が出前の催促の電話に答えるように「ハイ、罪人どもの魂は除外しておきましたよ~」とテキトーな事を言って参拝したけれゃすれば良いでしょう。それが遺族会や右翼志向の連中にバレたら困るから曖昧な態度でなんとか乗り切ろうと画策しているのでしょうが、そんな浅ましい態度を見てるとますます日本で納税したくなくなります。




whiteexpress

 またローカル有名人が出てるCMを見かけました。

全国ネットのくりいむしちゅーの番組にもたまに出演している上田のお兄さんが出演していたクリーニングチェーンのCMでしたが、さほど清潔感は無いの不思議なキャスティングでした。上田アニ氏はタレント業だけではなくて、最近は「上田兄餃子楼」という飲食店をチェーン展開している実業家でもありますので、何らかの企業経営者同士のつながりでの起用となったのかもしれません。

ちなみに「ホワイト急便」という看板は熊本以外でも見かけたことがあると思って検索してみたら、熊本を中心に鹿児島、横浜、千葉、大分で事業展開している中堅企業でした。それ以外の地域でも「日本さわやかグループ」という別の組織が名称を使用しているようですが、おそらくこのCMは熊本県だけで放送されているのでしょう。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/25(木) 23:59)

 1年の中でこの時期だけに限定される組み合わせの天ぷらの味は…
iceplanttenpura

 旬の山菜であるタラノメをいただきました。

北海道に住んでいた頃は裏庭で採ることができたタラノキの新芽ですが、九州のスーパーではけっこう高いものですから最近は口にしていませんでした。定番の天ぷらでいただくことにしたのですが、ちょうど植木の直売所で購入したアイスプラントがありましたので、この季節だけのコンビネーションを試してみることができました。秋から春にかけて栽培されるアイスプラントはもう終わる時期でしょうからね。

ビールを片手に揚げたての天ぷらをいただいたのですが、タラノメは普通に美味しゅうございました。しかしアイスプラントは衣を付けたことで表面の塩の粒みたいな食感が薄れて素材の持ち味を生かさなくなっていました。以前にメキシコでウチワサボテンの天ぷらを試したことがありますが、それと似ていたので思い出してしまいました。




kumamotonouryoku

 こんな変わったネーミングの企画が始まりました。

日本テレビ系列のKKTの夕方の情報番組で見かけたものですが、熊本県が全国5位の生産量の農業県であり、TPPに反対してるJAなどの広告収入も多いことから農業の重要性をアピールしておこうという局のアリバイ作りのようなコーナーなんじゃないかと思います。夕飯の準備をしながら夕方の番組を見ている主婦たちは安心安全な農作物に関心も高いでしょうし、他にあまり誇るものが無い熊本県では水と農産物は自慢できるものですからアナウンサーも視聴者も悪い気にならないので全員ハッピーなのでしょう。

公式ウェブサイトには「熊本県民ひとりひとりが熊本の農業が抱える問題を知り、農業を元気にすることは熊本全体を元気にすることにつながることを知り、熊本県民として誇りを持って熊本の農業を応援すること。KKTは県民と手を取り合って、みんなで熊本の『農力』向上に取り組みます…」とちょっとウザい説明がありましたが、やることは単に体験農業のレポートみたいです。まあ悪い企画じゃないとは思いますけど、もう少し工夫する余地があるんじゃないでしょうか。




kumamoncyosatai

 またしてもくまモンの新番組が始まります。

テレビ朝日系列のKABが木曜日の19時54分から放送する「行け!くまモン調査隊!」という5分間の熊本県の広報番組なのですが、くまモンは熊本県の営業部長という役職だけでなくて今度は調査隊の隊長に任命されてしまったようです。この番組はくまモン隊長と隊員たちがあちこちに出かけて行って熊本県の施策や取り組みをわかりやすく伝えることを目的にしているようですが、くまモンが出てることで子供たちが見るようになるのは悪くないかもです。

くまモンは県内だけでなく、首都圏や関西などのイベントの出張依頼などもあって大忙しのようです。まあ熊本県ではチームくまモンを強化するために人員募集していましたし、着ぐるみも増やしているみたいですから少しはスケジュールが楽になってるかもですが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/24(水) 23:59)

 熊本市の郊外で見かけた国道3号線沿いの工事現場で考えたことは…
fujibanbihq

 今日はヤボ用で県北まで出かけました。

国道3号線を北上して行くと右手に北バイパスが開通予定の工事現場があるのですが、そのちょい先には女子サッカーチームの胸のスポンサーになったことで全国的に有名になった黒糖ドーナツ棒というお菓子を製造しているフジバンビという会社の本社と工場が奥まって地味に存在していました。その前を久しぶりに通ってみたら、何やら5階建てくらいの薄そうなビルを建設していましたが、ネットで検索してみたら「3億5千万円をかけて新本社工場を建設、最大生産能力一日60万個に…」という情報がありました。

国道3号沿いの建物ですから1階には黒糖ドーナツ棒やサッカーグッズの直売所みたいなものが作られるのかと思ったのですが、1階は配送センター、2階は事務所などになるということでした。フジバンビは熊本や福岡など、そしてサッカーチームの本拠地があるためか神戸にも販売コーナーを持ってるみたいですので工場直売所は不要との判断だったのかもしれません。

しかし北バイパスが完成すれば住宅エリアである東バイパス周辺からのアクセスが良くなりますので、ファミリー客向けの工場見学や出来立ての黒糖ドーナツ棒を味わうことができるカフェや直売所のようなスペースを工夫すべきなんじゃないでしょうか。サッカーチームも黒糖ドーナツ棒もいつまでも人気が続くわけでは無いでしょうから、周辺住民に地域の食品とアピールしておくべきだと思いますが。




kumamonjikomi

 山鹿に隣接する和水町の中を通りました。

ヤボ用の約束まで時間があったのでローカルなスーパーに立ち寄ってみたのですが、野菜の値段が少し安いくらいでした。かなり田舎のスーパーでしたが、高速のインターにも近いことから流通面ではどこも変わりが無い時代になっているのでしょう。

酒売り場で熊本市内のスーパーでは扱い量が少ない茂作という焼酎をやけに推しているなと思ったのですが、それは製造元の「花の香酒造」という会社の地元だからみたいでした。その酒造メーカーのことは以前にローカルニュースで見たことがあって興味があったのですが、わかりにくい場所にあるみたいでしたのでチェックするのは断念しました。しかし「くまモン仕込み」というのは何でしょうね?




yamagasyougakukou

 山鹿で見たかったものはこの小学校でした。

シーラカンスK&Hという建築事務所が設計した山鹿小学校でしたが、木材をふんだんに使った校舎が川の字に並ぶように建てられていました。これは隣接する広場に向かうスロープから撮影したのですが、年に一度の山鹿灯籠祭りの時にはこの通路部分が一般に開放されて踊り子さんたちの控えのスペースになるということでした。

灯籠祭りが開催される8月は夏休み中ですから小学校の運営には支障が無いでしょうし、周辺の児童が歴史ある祭りに親しみを覚えるという良い効果もあると思えます。クソ暑い夏の間を熊本で過す気にはなれませんので、今年もどこかに避暑旅行に出かけようかと考えているのですが、この小学校も完成したことですし、一度は灯籠祭りを見てみたいものだと考えています。




yamagasakurayu

 山鹿は温泉町として800年の歴史があるみたいです。

山中で鹿が湯浴みしている場を発見したことが「山鹿」の地名の由来ということですが、中心部には八千代座などの古い建物が残っていて観光客に人気があるようです。しかし山鹿市の高齢化が進んで高度成長期のような賑わいは薄れ、さらに最近では黒川温泉などに客足を奪われて寂れてきていたようです。

そんな状況を改善しようと昭和まで町湯として賑わっていた桜湯を復元することになったらしいのですが、昨年の11月23日に歴史あるデザインで街に戻ってくることになったのです。入り口の近くには温泉水の試飲コーナーがありましたが、大きなペットボトルに汲んで持ち帰っている人もいました。桜湯は新たな観光スポットとしても活躍してくれるのでしょうが、地元住民の憩いの場としても人気なのでしょう。




yumedaichikan

 帰る途中に植木の直売所に寄ってみました。

山鹿市の国道3号線沿いにもJAの夢大地館という道の駅みたいな直売所があったのですが、今日は最近になって植木町にオープンした施設を試してみることにしました。山鹿に比べるとかなり狭い店でしたが、置いてある野菜などの種類は似たようなものだと思います。

政令市になるための人口要件を満たすために熊本市になり、元々の植木市役所が北区役所になったのですが、この直売所はその近くのJAのスタンドから曲がった所にありました。特に珍しいものは無かったのですが、生産者の名前が表示してあるという安心感があるためか、けっこう買い物してる人はいました。

 


テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/23(火) 23:59)

 久しぶりに自動車で熊本の県北エリアに行ってみて感じたことは…
kizunaya

 今日は福岡県の大牟田市までドライブしました。

博多のイベントに参加する方を途中まで送って行くためでしたが、ローカル番組で見かけた荒尾市と長洲町との境目の1万坪の敷地にオープンした「清里絆舎」という飲食店を試してみたいと考えたからでした。スッキリと晴れた中をわざと有明海側の信号が少ない海岸線をクルーズして行ってみたのですが、「こんな場所にあるの…?」と思うような場所にありました。

レストランの母屋は普通で面白く無かったので、酒樽風の点在する個室でランチをいただくことにしました。さすがに窓からの眺めは良かったのですが、テーブルが合板だったり屋根の素材が安っぽいものだったりしたのが残念でした。小さな子供がいるファミリーには良いのでしょうが、友人に勧めたくなるレベルではありませんでした。



kizunayalunch

 まだランチは1種類しかありませんでした。

大型連休の時期にはもうひとつ増えるらしいのですが、1000円の地鶏のセット以外はもつ鍋などのコース料理しか用意されていませんでした。地鶏はチャコールでは無くテーブルに仕込まれたガス台で焼くというのも残念でしたが、食前のサラダと小鉢、食後のコーヒーとデザート付きで1000円でしたのでまあまあでした。

塩やレモンだけでなくタレに生卵を落としたものも用意されていたのですが、地鶏との相性は良いと思えませんでした。地鶏のいろんな部位を楽しめるように工夫されていて悪く無かったのですが、器類はメラニン製の安っぽいのが多かったので残念でした。



kizunayasakura

 食後に広々とした庭園を散歩してみました。

元々は近くの畑のための貯水池と思えるものが敷地内にあり、白鳥や鴨などが飼育されているのには驚かされました。池の周りを散策できるように工夫されていたのですが、様々な種類の桜が植えられていて遅咲きのものを愛でることができたのはラッキーでした。

この店は料理と値段のバランスが良いとは思えなかったのですが、桜が満開の時期なら悪くないと思えました。10名くらいでコース料理を頼んだりすればマイクロバスでの送迎もしてくれるみたいですので、楽に花見をしたいグループに向いていそうです。手ぶらで出かけることができ、参加者全員が酒を楽しむことができますからね。



nagasukingyo

 食後に長洲の観光施設に行ってみました。

長洲は金魚の町として有名ですが、「金魚と鯉の郷広場」という埋立地の公園に「金魚の館」という建物があり、その入り口に金魚のゆるキャラと金魚の御輿が仲良く並んで迎えてくれました。それらの上部には巨大なこいのぼりが吊り下げられていましたが、当たり前過ぎて意外性はありませんでした。

この広場では大型連休中に恒例の金魚すくいのイベントが開催されるらしいのですが、おそらく全国ネットでは報道されないのでしょう。な~んにも事件が起きなければ5秒ほど流れるかもしれませんが、熊本のローカルニュース以外ではほとんど見かけることは無いのでしょう。




megasolerarao

 長洲からは海岸沿いを北上しました。

それはかつて石炭などの輸出入に使われていた三池港に作られていたメガソーラーの様子を見に行くためでしたが、近くの道路からは全貌を把握することはできませんでした。港湾部分はフラットな埋立地ですし立ち入り禁止のエリアばかりでしたので、俯瞰して見ることはできませんでしたからね。

東北の大地震の後のドサクサで1キロワットあたり42円という高い値段で買い取ることが決まってしまい、ほんの一部の腹黒い奴らが儲けるために大多数の国民の負担が増えることになっているのですが、私はメガソーラーの現物を見るのは初めてでした。




oomutaarcade

 荒尾からは無料の有明海沿岸道路を北上しました。

信号が無い高規格道路でしたから数分で熊本県から福岡県へと移動できたのですが、大牟田駅の周辺は炭鉱町として荒尾と似たような構造みたいですから地味な感じがしました。昨年は佐賀空港に行く前に大牟田駅前を徒歩で歩き回ったのですが、今日は自動車でしたから駅裏の西鉄駅側をチェックしてみました。

大牟田にはゆめタウンに続いて有明海沿岸道路の外側にイオンモールがオープンしているのですが、それだけの商業面積が増えて地元の既存店が生き延ることは不可能です。駅裏のアーケード街は絵に描いたようなシャッター通りになっていたのですが、今やこれが日本のスタンダードなのでしょう。ちなみにこのアーケードの近くのトライアルで少し買い物したのですが、福岡の店でしたのでくまモンが描かれた商品を見かけることがありませんでした。ほんの数キロだけ県境を越えただけなんですけどね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/22(月) 23:59)

 熊本の歴史ある郷土菓子の包装が劇的に変化していた理由は…
kumamoname

 今日は熊本も肌寒い日曜日になりました。

ミサイル問題は報道されなくなりましたが、インフルエンザの感染者は3桁になりパンデミックとなる恐れが増してきました。日本各地で発生した地震を心配していたら、中国で大地震が発生しました。次の渡航先のルートを再考せねばと考えていたら、今度は4月の後半になってフリースを着なきゃならないほどの低温となったりして、明日のアースディを機会に反アベノミクス的な概念が広まってくれることを期待してみたいものですが、懲りない人が多いので無理なのでしょう。

これは内坪井の夏目漱石の旧居を見学した後に立ち寄ってみたマックスバリュで見かけたのですが、熊本県の伝統的な銘菓である朝鮮飴のパッケージがくまモンがデザインされたものになっていましたので驚かされました。16世紀に園田武衛門により作られた求肥っぽい菓子は最初は長生飴と呼ばれていたみたいですが、加藤清正が家康の命令で朝鮮半島に出兵した時に携行したために朝鮮飴と呼ばれるようになったということでした。

日本は少子高齢化や生活様式の西洋化、菓子メーカーの商品開発の激化などで伝統的な朝鮮飴は売り上げが低迷していたみたいです。パッケージにくまモンさえ印刷すればある程度の売り上げアップが見込めるということで販売元の園田屋さんは誘惑に負けてしまったのでしょうが、私はこのデザインはいかがなものかと思います。




sanporamugi

 こんな新しいパッケージの食品もありました。

熊本県のアベックラーメンに触発されて開発されたんじゃないかと思えるサンポー食品の2食入り棒ラーメンのシリーズの新製品みたいですが、福岡県がラーメンのために新たに品種開発した福岡県産小麦であるラー麦で開発されたものみたいです。ラ王などの新しい麺に対抗できるものを目指して開発されたものかもですが、消費者の要望に応えるために普通の豚骨ラーメンに加えてつけ麺と冷やし中華のラインナップになったようです。

最近は九州でもラ王の5食入り袋麺が販売されるようになりましたが、東京なら300円を切る店もあるのに熊本のスーパーでは360円程度と横並びですので手が出ません。このサンポーの新製品はまだ売り場で見かけたことが無いのですが、お試し価格で安く売られていたら試してみる予定です。




syukatsufair

 今日はこんなイベントが開催されていたようです。

主婦向けの「カントリー&クラフトフェア」というイベントと同じグランメッセという郊外の会場で開催されていた「くまもと終活フェア」ですが、第3回ということですから恒例のものになっているようです。「終活」とは聞きなれない造語ですが、「生前から自分の葬儀や墓など人生の最後を迎える準備をすることで、前向きな気持ちでこれからをいきいきと過ごすことを目的に…」というニュアンスみたいです。

これも高齢化社会が本格化していることを証明してるのでしょうが、余生をどう暮らすのかを見つめ直すことは悪いことじゃないと思います。しかし私はこんなイベントに出かけて変なものに金を使うよりもLCCの片道航空券で海外旅行に出かけた方が効果的なんじゃないかと思います。治安が悪くなくて親日的なタイやミャンマーなどの田舎で数ヶ月のんびり暮らしてみれば葬儀や墓なんてどうでもいいという気になれるでしょうからね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/04/21(日) 23:59)

 小雨が降り続いて肌寒い中を出かけてみることにした理由は…
sousekitei3

 午前中から雨が降り始めまて気温が下がりました。

今日は熊本城の北側の内坪井の住宅地にひっそりと存在していた夏目漱石の旧居が改装したことを記念して無料開放されるということでしたので、近いので自転車で行こうと考えていました。無料の駐車場があることは知っていたのですが、6台分くらいしかありませんでしたので駐車するまで時間がかかるかもしれませんでしたからね。内坪井は閑静な住宅地ですので道が狭いですし、自転車で行く方が一方通行を走れたり、新しい発見があったりしますからね。

閉館時間の16時30分が迫ってきても雨が上がる雰囲気じゃありませんでしたので、自動車で行くことにしたのですが、やはり駐車場は満車で10分ほど待たされることになりました。夏目漱石内坪井旧居の入館料は200円ですが、普段はガラガラみたいですから駐車場を増やす必要は無いのでしょう。NHKの朝ドラで漱石夫婦が熊本で暮らした頃を放送でもすれば入館者数が増えて再整備の必要があるかもですが、今のところ1日のお金を払って入館する人数は1桁か2桁でしかないはずですからね。




sousekitei

 これが夏目漱石内坪井旧居の入り口です。

夏目漱石は1896年(明治29年)に松山から現在の熊本大学である第五高等学校の教師として熊本に転居したみたいですが、4年ほどの熊本滞在期間中に6回も転居したみたいです。この5番目に移り住んだ家は最も長い1年と8ヶ月を暮らしたということですが、鏡子夫人との新婚生活で長女の筆子さんが誕生した夏目家にとっての思い出の家となったみたいです。

後に鏡子夫人は「熊本で住んだ家の中で一番良かった」と語ったらしいのですが、庭も広くて周辺の環境も良かったはずですから納得できる話でした。ちなみに入り口の洋風な建物は漱石が転居した後に持ち主により建て増しされたもので、漱石たちが暮らしていた頃は純和風な家だったようです。




sousekitei2

 内部を見終えた後で庭を散策してみました。

娘の筆子さんの産湯を使った井戸が残っていたのですが、この画像はその井戸の辺りから内部を撮影したものです。執筆に励む漱石のからくり人形が置いてありましたが、紐を引くと猫の背中をポンポンと叩くような単純な仕掛けでしたので和みました。明治の建物はガラスも微妙に歪んでいて、独特の風情もありましたしね。

熊本での漱石ゆかりの建物がオリジナルの状態で保存されているのは内坪井だけみたいですが、なかなか楽しい施設でしたので無料開放すべきだと思いました。200円の入館料では維持費や人件費を賄うことはできていないのでしょうが、地元のNPOに管理を任せてしまう方が良さそうです。入り口の管理室をグッズ類の販売コーナーにして、縁側や庭でお茶を楽しむことができるようにすれば人気の観光スポットに変われそうな気がしますが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/20(土) 23:59)

 世襲議員たちに無理やり食べさせて感想を聞いてみたい料理は…
moyashi7yen

 G20のニュースを見てイライラさせられました。

親族が経営するコンクリート会社が九州新幹線工事で大儲けしている上に耐震性に問題があるかもと噂されている財務相が取り囲んだ記者たちの質問に対して偉そうな態度で答えていたからでしたが、そういったものを見せつけられる度に圧力鍋を買いに行きたくなります。会議の内容は公開されないので、松涛の豪邸に住んでいる大金持ちの財務相は「日本の金融緩和に反論はなかった」と語っていたのですが、英語が理解できなかっただけじゃないかと思えました。

世襲議員たちは異次元の経済改革とか将来の国民に莫大なツケを残すことになるかもしれない大博打に手を出し、成長戦略のためには女性の社会での活躍が不可欠と言い出したのですが、「それなら女性を副総理に任命してからにすべきでは…」と言いたくなります。保育園に待機児童を詰め込むことや企業に育児休業を3年間認めさせることを企んでいるみたいですが、男性社会の日本のマスコミがアホなアイデアに対して批判が少ないのにもイライラさせられます。

予定通りに消費税を上げるために円安に誘導して脱デフレを実現しようと無理を重ねているのですが、熊本のスーパーは高額商品が売れているらしい銀座や日本橋のデパートと同じ国とは思えない状況です。北海道に住んでいる頃に東京のスーパーでは49円くらいだったモヤシが9円で売られていて安いとブログに書いたことがあるのですが、熊本では7円で販売されていましたので驚かされました。

15円のちゃんぽん麺と購入すれば合計22円ですが、精肉売り場での牛脂と惣菜売り場で醤油と野菜売り場で捨てられるキャベツの外側の葉を無料でいただいてきて焼きちゃんぽんを作って世襲議員たちに食べさせてみたいですよ。バラエティ番組で高い交通費を使ってお笑い芸人に日本全国の安いメニューを食べさせる企画がありますし、ジャニーズのメンバーがあちこちで捨てられる食材を貰ってきて料理を作る企画も見かけましたが、地方のスーパーで激安価格で販売されているもので料理を作って世襲議員に届けて食べてもらうという企画も実現してもらいたいものです。アポを取ってくれたら、私が22円の焼きちゃんぽんを作って熊本1区で落選したのに比例名簿で復活当選した世襲議員に届けてみても良いですが…(笑)




newstation

 3年後に新しい駅が誕生することになったようです。

昨年の11月28日に熊本駅の南側の川尻にオープンしたマックスバリュに行った日に「景気の回復基調は見えないので新駅構想も頓挫してしまったのでしょう…」と書いたことがあるのですが、熊本市とJRとの交渉がまとまったみたいで鹿児島線の熊本駅~川尻駅間に新駅を設置する調印式を行ったということでした。

新駅は国道3号線と東バイパスが交差する近くの悪くない立地なのですが、これまではイメージが良くなかったこともあって周辺の開発は進んでいませんでした。しかし熊本南港やスポーツ施設、西区役所や将来の西バイパスにつながる万日山トンネルなどができたために新駅計画が実現することになったようです。

沿線の市民生活が便利になることは悪いことでは無いのですが、駅舎や広場などの整備費はすべて熊本市の負担というのはいかがなものかと思います。私は何度もこのブログで書いていますが、JRは国鉄時代に18兆円もの借金を国民に押し付けて民営化しているわけですからね。最近JR九州は豪華な観光列車を開発したりしていますし、駅前開発だけでなくハウストマトなど農業分野にまで手を広げていて民業圧迫しているとも批判されていますしね。駅の周辺の広場や道路などは熊本市が整備するのは当然でしょうが、駅舎は民営会社であるJRが自己負担で行うべきでしょう。




gardenlunchpicnic

 今週末にこんなイベントが開催されるようです。

熊本日日新聞社が毎週30万部ほど発行している「すぱいす」という主婦向けのフリーペーパーにより大型連休の時期に「カントリー&クラフトフェア」という有料のイベントが毎年開催されているのですが、今年は「ガーデンランチピクニック」という屋外屋台村みたいな企画が同時開催されることになったみたいです。

公式ウェブサイトをチェックしてみたら「春らしい気持よい風とのどかな陽射しに包まれておいしいランチも楽しめる!芝生広場には、クレープ、タコス、ケバブサンドなどのキッチンカーも登場…」とあったのですが、天気予報では明日は雨マークが並んでいました。芝生広場は屋外ですからランチを食べるために入場料を払う必要は無いのですが、珍しいものや割安感があるメニューは見当たりませんので出かてみる気にはなれません。最近はアホな世襲議員たちのせいもあってガソリン代だって値上がりしていますしね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/19(金) 23:59)

 山の家にブルーレイレコーダーを持って行く途中で見かけたものは…
yukiseikatsu

 今日は久しぶりに阿蘇に出かけました。

高機能なものに買い換えたために不要になった古いブルーレイレコーダーを山の家に設置するためでしたが、その途中の佐土原のとんかつ浜勝の裏手にオープンしていた「有機生活」という農産物の直売所をチェックしてみました。以前にローカル番組で紹介されていたのを記憶していたのですが、あまり面白そうな内容じゃ無さそうでしたのでチェックするのが後回しになっていたのです。

まったく期待せず、山の家に向かう途中だからガソリンの無駄にならないから良いだろうと立ち寄ってみたのですが、時間の無駄にはなりました。農産物の品揃えはまあまあだったのですが、デリコーナーは貧弱でガッカリさせられましたのでね。こういった店を作る場合はリピーターを増やすためにオリジナルの割安な商品を用意したりする工夫が必要だと思いますが、何も見つけることができませんでした。




kanabachan

 俵山トンネルを抜けてみたら曇っていました。

トンネル手前の西原村あたりは晴れていて、窓を全開にしてTシャツ姿で快適にクルーズできたのですが、標高が上がっていたこともあって肌寒くなりました。久しぶりに途中の道の駅みたいな「あそ望の郷くぎの」という観光施設に寄って行くことにしたのですが、阿蘇五岳方面を見渡すことができる木製の展望デッキのど真ん中にこんなおばあさんのキャラクターの立像が作られていました。

これは南阿蘇村の観光ポスターに起用されて人気者になった実在のおばあさんをキャラクター化したものみたいですが、立像の下に表示されていた「かなばあちゃん」という名前で検索してみたら、南阿蘇村の地産地消のキャラクターということでした。南阿蘇村は2005年に長陽村と白水村と久木野村が合併したことにより生まれた歴史が浅い自治体ですが、そのキャラクターを田舎っぽい雰囲気のものにしたというのは悪い判断じゃないと思います。おばあちゃんなら実在の人物がモデルでも恋愛スキャンダルとは無縁でしょうからね。(笑)




minamiasoinfo

 敷地内に南阿蘇の観光案内所が作られていました。

この建物は南阿蘇村観光協会の事務所を兼ねた観光案内所みたいで、「あそ望の郷くぎの」の物品販売所や飲食スペースとは駐車場を挟んだ離れた場所に作られていたのですが、私は間違った判断だったと思います。今日は大型連休前で曇っていても心地良かったのですが、雨の日や寒い日もあるわけですから観光案内のカウンターは物品販売所と同じ建物の中に作るべきですからね。

また電動自転車のレンタルもやっているのですが、自動車でここまでやってきて2時間300円や4時間500円など払って乗り回ろうという観光客は少ないと思います。レンタルの受付時間が9時から16時までで、17時までに返却しなきゃならないというのも早過ぎますが、南阿蘇鉄道でやってくる観光客が駅前で借りれるようにして、借りた場所と違う駅で返却できるようにすべきだと思います。

この観光案内所の中は殺風景でしたし、暇そうな職員たちは大声で世間話をしていました。南阿蘇村は観光資源が乏しい高齢化した自治体ですから、もっと頑張ってリピーターを増やすように努力しないと将来が危ういと思うのですが、村民の意識改革は難しいようですね。多額の地方交付税を受け取っておきながら、村営温泉などは村民割引で半額とか平気でやってたりしますのでね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/18(木) 23:59)

 4月17日の熊本日日新聞のフロントページに載っていた記事は…
kumanichi20130417

 昼に雨が止んで半袖で暮らせる気温になりました。

3月末まで阿蘇で雪が降るなど低温が続いていましたので膝に乗ってくる猫を心待ちにしていたのですが、そのありがたみも薄れてきました。もうすぐ冬毛が抜けるようになるでしょうが、そうなれば尚更でしょう。猫と一緒に夕方のニュースを見ながら地元紙の夕刊もチェックしていたのですが、テレビでも新聞でも熊大マグネシウム合金がアメリカの航空局のテストに合格したことを報じていました。

このニュースは今晩のテレビ東京のWBSでは取り上げられないかもしれませんが、人口が増え続けている世界に対して日本が貢献することができる素晴らしい発明であり、様々な分野の若い研究者にとっても良い前例になるものだと思います。まだ全国的な知名度は低いと思いますが、新しい熊大マグネシウム合金は軽くて堅牢というのに加えて燃えやすいという弱点さえ克服していますので、近い将来には熊本以外でも有名になると思います。まあ京都大学の山中教授の時もそうでしたが、日本人は欧米からのお墨付きがあって業績を認識するようなことはありますけどね。

熊大マグネシウム合金は黒子的な存在ですから、欧米で高く評価されるようになったとしても名前を覚えない人は少なくないでしょう。しかし日本以外のほとんどの国では人口が増え続けるわけですから、熊大マグネシウム合金が自動車や飛行機に多用されるようになれば知らない内に恩恵を受けることになるはずです。まだコストダウンなどの課題はあると思いますが、人類の未来のために頑張ってブレイクスルーしていただきたいものです。




tway

 次の渡航先を選ぶのに苦労しています。

先月の中旬までは友人の家族がお亡くなりになったことで昨年の8月に行くことができなかったモンゴルや中央アジア方面を旅行することを考えていたのですが、ゲートウェイである上海周辺で伝染病が発生したり、北朝鮮情勢がヤバくなってきましたので情勢が落ち着くのを待つしかないという困った状況になってしまいました。さらにアホな世襲議員たちのせいで円安傾向となってしまいましたし、燃油代は下がる要素が無いなど昨年までとは大違いですからね。

インフルエンザ、ミサイル、圧力釜爆弾に続いて、今日は地震の心配も出てきたりして、ネットのニュースを見てため息をついていたのですが、ちょっと面白いローカルニュースがありました。それは佐賀空港に韓国のLCCが就航することが決まったということでしたが、春秋航空に乗るのは飽きている私には良い選択肢となってくれるかもしれません。ド田舎にある佐賀空港は駐車場が無料ですしね。

まだティーウェイ航空の仁川~佐賀便の詳細は決まってはいないようですが、現在就航している仁川~福岡便より安くなるんじゃないかと期待しています。現時点での仁川~福岡便の最安値は片道4500円ですが、燃油代や空港税などを合計すれば7645円になってしまいます。佐賀空港の初就航記念キャンペーンなら空港税も安そうですから、片道5000円を切ることもあり得るんじゃないでしょうか。




kodera

 少子化でもこんな広告を見かけることがあります。

大型連休の前になると五月人形などの広告が増えるのですが、ほとんどの日本人の子供を好きになれない私は単なる無駄遣いのように思えてしまいます。誤解を避けるために書いておきますが、私がほとんどの日本の子供を好きになれないのは過保護過ぎてわがままな子が多いからです。ちゃんとした躾を受けた分別がある子供は大好きなのですが、滅多に知り合うことはありませんが。

この歴史がありそうな玩具問屋はずっと熊本の子供たちに五月人形などを販売してきたのでしょうが、広告の半分はベビー用品の紹介になっていたので驚かされました。少子化により経営が先細りになってきたので取り扱いアイテムを増やしたようですが、アホな世襲議員たちのせいで赤ちゃんの数だって減り続けるでしょうからキビシイ状況は変わらないのでしょう。最近はますます税金を払いたくなくなっているのですが、議員定数を削減するのは先送りしても消費税のアップは遅らせることは無いでしょうから腹が立ちます。参院選の街頭演説の時に圧力釜を仕掛けに行ってやりたい気分です…(笑)




本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/17(水) 23:59)

 鹿児島の「黒」に対して熊本の「赤」というイメージ戦略は成功できるか…
kumamonyakisoba

 熊本県は「赤」を打ち出すことにしたそうです。

黒豚や黒酢など鹿児島は県のイメージとして「黒」が定着していることから、熊本では「赤」を県のイメージカラーとして県産品をアピールする戦略を立案したということでした。「火の国・熊本」や生産量が日本一であるトマトやスイカの色から赤をイメージカラーとしてアピールすることに決めたみたいですが、色彩の中でいちばん目立つ色ですから悪くは無いアイデアだと思います。

しかし熊本県が500万の予算でありきたりのイベントを行っても「鹿児島の黒」並みにアピールすることに成功できるか疑問です。これまでも様々な試みがありましたが、ホテルなどの会場に関係者やマスコミを招待して生産者たちが県産品を並べて世間話をしながら試食したりするだけで仕事をした気分になってたりしているみたいですし。

この画像はたくさんの商品が並んでいるスーパーの棚の中で目立っていた五木食品の「くまモンの焼きそば」という新製品ですが、黒い中に赤いほっぺのコントラストが効果的だと思います。鹿児島の黒と熊本の赤を上手く組み合わせることにより効果的だと思えますし、お互いに単独で行うよりも相乗効果があるでしょう。

利益追求のためにJRが切り捨てた熊本と鹿児島の地方路線を引き継ぐために第三セクターの肥薩おれんじ鉄道が作られ、八代と川内間を細々と営業しているのですが、最近では「おれんじ食堂」という沿線の海岸線の景色を眺めながら地域の特産品で作られた食事を楽しむことができる観光列車が人気ということです。そういった民間の発想を延長したようなアイデアで、赤と黒のツートーンに塗られた両県の食材を楽しむことができる観光列車を運行するとか、両県には路面電車があることから22時くらいの遅い時間にお互いの特産品をつまみながら焼酎を楽しむことができる特別電車を運行したりすれば話題性もあって良いのではと思いますが。




vickycristinabarcelona

 今日はウディ・アレンが監督した映画を見ました。

2008年に公開された「それでも恋するバルセロナ」というアメリカ・スペイン合作映画でしたが、原題の「Vicky Cristina Barcelona」からわかるようにの2人のアメリカ人女性がスペインで暮らす間の様々な出来事をライトに描いた作品でした。スカーレット・ヨハンソンが演じるクリスティーナはパーティで知り合ったスペイン人芸術家と同棲するようになるのですが、そこに自殺未遂した芸術家の前妻のペネロペ・クルスが現れてちょっとした騒ぎになるのですが、かなり老けた印象でした。ペネロぺはかつて美しく才能に満ち溢れていた芸術家という役柄でなかなか良かったのですが、検索してみたらアカデミーの助演女優賞を受賞したということでした。

ウディ・アレンがスペイン観光旅行中にワインをたらふく飲んで思いついたようなストーリーで、たいした盛り上がりもなく終わったのですが、ペネロペと元の夫を演じたハビエル・バルデムの2人の演技だけが救いでした。ハビエル・バルデムは今回の007の悪役としては物足りなかったのですが、この作品では適役でしたのでね。




seiseiko55

 RKKで20時からこんな番組が放送されるようです。

春の選抜に55年ぶりに出場できたことで地元の高校野球ファンやOBたちは盛り上がったようですが、1時間枠でプライムタイムに放送するようなものなのかと不思議な感じがしました。ちなみにキー局のTBSでは明日のこの時間には「緊急!池上彰と考える“鳥インフルエンザ”迫りくる本当の危機!」という特番を放送するみたいですが、個人的にはこんな優先順位が低いローカルな番組は週末の夕方くらいにでも放送すれば良いと思いますけどね。

この「進まん 同心の友」という古風なタイトルの特番には高校のOBである姜尚中氏らがインタビューに応える形で出演されたりするみたいですが、ローカルな高校のために公共の貴重な電波を1時間も使う意義があるのだろうかと疑問に思います。RKKやスポンサー企業の幹部に高校のOBがいるだけなんじゃないかという気がしますが…




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/16(火) 23:59)

 円安傾向と株価高騰と技術革新で日の丸家電が復活できるか…
BZT720

 ブルーレイレコーダーを買い換えました。

これまで使っていた製品もパナソニックで操作に慣れていたことと、このレコーダーは無線LANを内臓していて愛用している7インチの防水テレビとSDカードやコード類を介さずに連携できるということで3チューナーで500GBタイプのものを選びました。箱が小さくて軽いなと感じたのですが、以前のモデルに比べて奥行きが短くなっていました。リモコンがはみ出しそうな奥行きですが、テレビがどんどん薄くなっていますので消費者の要望なのでしょう。

見た目はさほど変わらないリモコンでしたが数箇所の改良点がありましたし、録画中の追っかけ再生時でもCMを飛ばすことができるように改良されていたりして利便性が増していました。私の最大の関心事であった無線LANによる7インチの防水テレビとの連携なのですが、届く距離が短いのと操作にタイムラグがあることが残念でした。録画する時に「持ち出し番組」と設定しておき、さらに防水テレビ側に自動的に取り込むようにしておけば良いのですが、ブルーレイレコーダーをオフにした時に転送されるのでタイムラグが発生します。このあたりが改善されると嬉しいのですけどね。

操作はこれまで使っていた製品とほとんど同じでしたし、初期設定もガイドに従うだけでしたので簡単でした。細かな改良点はいくつかありましたし、前世紀に使っていたビデオデッキに比べてみたら格段の便利さです。パナソニックは先月の液晶テレビの新製品の発表会で音声コントロール機能を打ち出していましたが、一般家庭ではテレビに向かって話しかけて操作するだけでなく、エアコンや照明などまでもコントロールするようになるのでしょう。

今後はテレビの画質は4Kに移行し、それに音声コントロールが加われば買い替えを考える人たちが増えるでしょう。高機能な製品が円安により韓国製品に対抗できるようになれば「日の丸家電の復活」につながるかもしれませんが、私はアップルがもうすぐ出すと噂されているPCと融合したタイプのものに集約されると思います。日本の家電メーカーにもそういった製品を開発する能力はあるのでしょうが、経営者の将来を見通す能力が低いことで低迷していたのでしょう。日の丸家電の復活のカギは経営陣の大胆な発想の転換だと思いますが、WBSなどの経済番組で魅力的な経営者を見かけることはありませんので、あまり期待できないような気がします。




kyusyuparty

 過激な文章が書かれた自動車を見かけました。

気になって党名で検索してみたら、福岡を拠点に活動している変わり者の街宣車のようでした。党首の名前で検索してみたらウェキペディアにも情報があり、都知事にも立候補したことがあるということでしたので驚かされました。逮捕歴があったりと波乱万丈の人生のようですが、党の公式ウェブサイトらしいものを読んでみても何をやりたいのか理解できませんでした。

アホな世襲議員たちのせいで日本の将来はボロボロになりつつありますので、私も「もはや政府転覆しかない!」と思うことはあるのですが、こういった行動力はありませんので、黙って日本人を辞めて海外に脱出するしかありません。医者から「余命半年です…」と宣告されたら、この党のウェブサイトを熟読して入党するかもですが。(笑)




tenmansyokai

 こんな時代の変化を感じるCMを見かけました。

まったく聞いたことも無い質店の広告でしたが、自動車で行くタイプの郊外店だったのです。質屋のイメージは飲み屋街の外れあたりにひっそりと営業してる感じでしたが、地元民のライフスタイルの変化に対応するようになっているみたいでした。まあこの手の店は質入より質流れ品の販売の比率の方が高いのでしょうが。

オークションサイトなどの影響で質屋という業態は先進国からは消え去ってしまうのかもと考えていたのですが、酔客から貰ったプレゼントをすぐに現金化したいホステスやネットに馴染めないおじさまなどにより生き残ってこられたようですね。それもアップルやグーグルが本格的に電子マネー分野に参入するまでの命かもしれませんが…




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2013/04/15(月) 23:59)

 日曜日にアイスプラントとタケノコのサラダに合わせることにした料理は…
saladandpasta

 イベントで購入した野菜を料理してみました。

日本で先進的に栽培を始めた佐賀大学ではバラフ、最近ではアイスプラントという名前であちこちで栽培されるようになった新顔野菜ですが、肉厚の葉がサラダ向きですので頂き物のタケノコと合わせてみることにしました。春っぽいサラダに何を合わせるべきかと悩んだのですが、桜色に仕上がるということで明太パスタを作ってみました。刻み海苔も有明産でしたので、パスタとワイン以外はすべて地元の食材で作ることができました。

アイスプラントは生で食べても美味しいのですが、まだタケノコも残っていますので次は天ぷらを試してみる予定です。ローカルニュースできびなご漁が最盛期を迎えているということでしたので、そういった旬の食材を揃えてまとめて揚げることにします。




kmt48

 昨晩の深夜番組でこんなのをやっていました。

AKBなどの国内グループに加え、ジャカルタや上海などにも飛び火したアイドルブームですが、熊本にも本気モードや遊び感覚も取り混ぜて4つのアイドルグループが存在しているようでした。それぞれのメンバーが何人くらいいるのか知らないのですが、4グループから3名、計12人が体育館で体を張ったゲームを行い、優勝チームが歌を披露できるというありがちな構成でした。

アホみたいなゲームに一喜一憂していたのはピンクレディーを踊っていた世代の母親から生まれた女の子たちだと思いますが、似たようなメンタリティの子供たちが数万人いるんじゃないかと想像すると日本の将来が少し心配です。次の本家の総選挙の視聴率も良さそうな雰囲気ですし、結婚式特番で放送延期された「めちゃイケ」の抜き打ちテストで頭が悪くてもアイドルだったら稼げるという風潮がさらに広まりそうですからね。(笑)




minnanonekoten

 猫まで総選挙イベントが行われるようです。

テレビ朝日系列のKABが主催で大型連休中に県民百貨店の8階催場で開催される「みんなのねこ展」の中で猫の総選挙をやるみたいですが、ミサイルやインフルエンザなどの問題が懸念されている中で平和なものです。まあ1年に一度の大型連休ですし、平和なことは文句を言う筋合いじゃないのですが、日本中がアベノミクスに浮かれているようで心配なのです。

動物虐待とも思えるイベントに投票して喜んでいたりする人たちが少し株価が上がったからといって喜んでいたりするのでしょうが、円安になって輸入食品などが上がったり悪影響が出始めると次の口が上手い世襲議員を支持したりしそうですからね。それで「今度は安全で大丈夫です!」と言われて新しい原発建設を支持したりするのでしょう。これまでも何度も騙されているのに、現政権の支持率が70パーセント超えというのが証明していますよね。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/14(日) 23:59)

 明治初期に建てられた古い倉庫のイベントで購入したものは…
hayakawasoko

 今日は晴れて久しぶりに暖かくなりました。

それで自転車で明治時代に建てられた歴史ある倉庫で開催されるアースディマーケットというイベントに初めて出かけてみたのですが、出店数も特色がある商品も少なくて期待ハズレでした。このイベントは継続的に開催されているものみたいですが、もう少し季節感や話題性があるものを増やす努力をすべきだと思いました。

入り口に近いブースでアイスプラントが1パック120円で販売されていましたので購入したのですが、単にそのままの試食しかありませんでした。まだ一般的には目新しい野菜ですから、食べ方のバリエーションを提案してあげるべきだと思うのですが、例えばクラッカーの上に薄切りトマトやモッツァレラチーズを乗せて一番上にアイスプラントを飾ったものを試食させたりしたら良かったのではと思いました。

それ以外の料理の画像や育てている様子の画像を小型のディスプレイやPCなどを使ってスライドショーで見せれば良いと思うのですが、そういったちょっとした工夫が生産者の来場者との会話のきっかけとなったりして訴求力もあると思います。私が愛用しているパナソニックの7型の防水テレビであるME870は11000円程度まで値下がりしていますが、テレビ番組を録画して見る以外にSDカードを刺して静止画をスライドショーで見せることもできますのでオススメです。




jdfkumamon

 ローカル番組でくまモンのイラストを見かけました。

土曜日の午前中にテレビ朝日系列のKABで放送されている「駅前TV サタブラ」というヌルい情報番組の最後に週末のイベントを開催者の皆さんが無料で告知できるコーナーがあるのですが、通常は手描きのポスターなどが工夫されていたりして地方都市っぽいほのぼのとした雰囲気のものが多いのです。

しかし今日は北朝鮮のミサイル問題とは無関係に軍服姿の数人が最初に出てきて、日曜に開催される自衛隊基地の一般公開のことをPRされていました。私は左翼ではありませんので「軍服を着て街中を歩くな!」と主張したりする気は無いのですが、くまモンに軍服を着せるのはいかがなものかと思います。胸の日の丸の下には「みんなの明日 まもりたいモン」とありましたが、かなりのサプライズでした。

これを企画した人は単にくまモン人気に便乗して来場者を増やしたいという考えなのかもしれませんが、右傾化してる政権が憲法を変えて自衛隊を国軍にしようと画策している時期でもありますので、熊本県庁の担当課は子供に愛されるゆるキャラに軍服を着せるという申請は許可すべきでなかったと思います。




kktbccm

 これは週末のイベントのテレビCMです。

日本テレビ系列のKKTも絡んでいる中古車販売のイベントみたいですが、インパクト重視の低予算なもので感心しません。肥後にわかのタレントさんをブルーバックの前に立たせて撮影して、チョイチョイと背景を合成して字幕を入れて完成という20世紀的な安直なものでしたからね。私はほとんどのCMを飛ばして見ることにしていますので低レベルのCMを見せられてイライラすることは少ないのですが、オンタイムで視聴している人もいますので製作者の皆さんは頑張っていただきたいものです。

またキー局に比べれば広告収入が少ない地方局とはいっても、テレビ局は公的な電波を独占的に使うことを許されている公的な存在だと思います。そうであれば中古車販売など本業に関係が無い部分で小銭稼ぎなどすべきでは無いと思います。もちろん中古車販売は資源のリサイクルという大義名分はあるかもしれませんが、もっと電波を地域社会のために有効に使う手段はあると思えますのでね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/13(土) 23:59)

 鹿児島本線等連続立体交差等整備事業による沿線地域の影響は…
kagoshimahonsen

 熊本駅周辺では現在でも工事が続いています。

2年前の3月12日に九州新幹線は開業して駅舎も新築されたのですが、その後に在来線である鹿児島本線の高架工事も着手されていて、3年後くらいに終了する予定みたいです。正式名称は「鹿児島本線等連続立体交差等整備事業」というもので、550億かけて6kmほど高架にして踏切を無くしたりして利便性のアップを図ることになっているようです。この整備事業に伴って駅裏の静かな住宅地に数本の道路が作られたり拡張されるようで、それと消費税のアップを見込んだマンション開発なども進んでいるようです。

鉄道が高架化されると同時に貧弱なイメージだった在来線側の駅舎も取り壊して、安藤忠雄氏のデザインによる重厚なイメージのものに建て替えられることが決まっているみたいですが、そのパースから想像すると完成後の熊本駅周辺は初めて降り立った観光客にちぐはぐな印象を与えるようになるだろうと予想できます。新幹線でやってきた人も地上部分に降りて高架化された在来線の下を抜けて路面電車が走る新駅舎側に出ることが多くなると思いますが、低層の駅舎ですから滞留時間は短いでしょう。

政治家たちの怠慢で少子高齢化が進むことは間違いない時代に熊本駅周辺を総額1000億ほどかけて近代化しようとしているわけですが、私は根本から間違った計画だったと思います。地元の政治家や議員は実現する可能性が10パーセントも無いと思える道州制が導入された場合の九州の州都になることを夢見ていて、「州都にふさわしい玄関口を!」と税金を投入することを決めたのでしょうが、他に税金の有効な使い道はたくさんありますのでね。




takethelead

 録画しておいた映画をチェックしてみました。

「レッスン!」という不思議な邦題の作品でしたが、アントニオ・バンデラス主演でしたので「最初の部分だけ見て面白そうじゃなかったら消去すればいいか…」と録画しておいたのです。アントニオ・バンデラス演じるピエールというニューヨークのダンサーが偶然にグレた高校生が校長の自動車を破壊している現場に遭遇して、ボランティアで落ちこぼれの高校生たちにダンスを教えることにより自立や更生を促すというアメリカ映画らしいストーリーでしたが、最初に「実話から着想を得た」という表示がありましたので違和感がありました。

最初は堅苦しいイメージの社交ダンスに拒否反応を示していた高校生たちが主人公の熱意によってダンスが上達して競技会に出場するまでになるのですが、よくあるストーリーでしたがテンポが良くて最後まで早送りすることなく楽しむことができました。高校生役のキャスティングも悪くありませんでしたし。

しかし落ちこぼれの高校生たちが素直にダンスレッスンに励むようになる経緯の描き方が不足していましたし、競技会などでも「そんな映画みたいなことがあるなんて…」と思わせる部分が多くてあきれてしまいました。いつものようにブログを書く前に検索してみたら、「映画の舞台は高校となっているが実際は小学校で、現在も毎年およそ7500名の生徒に教えている…」という情報がありました。実話といっても大幅に脚色されているわけで、ちょっと酷いのではと再びあきれてしまいました。これだからアメリカ映画はバカにされるんですよね。




hauksandkumamon

 私にはイヤな季節が到来することになりました。

大陸からの黄砂や微細物質なども困りものですが、春先からスポーツ関連のイベントや番組が増えるので不快です。先日のブログにも書いた地元のサッカーチームは赤字が続けば消滅してくれるかもしれませんし、テレビの地上波に割り込んでくることも少ないので問題は無いのですが、野球はおじさまたちの人気が根強いのでイヤになります。人口が少ない熊本県には野球チームは無いので福岡のチームの広告やCMを見かけることが多いのですが、熊本の平和台球場で試合がある時にはこんなCMが流されたりしています。

基本的にテレビCMは飛ばしていますのでアナログ時代に比べると実害は少ないのですが、少子高齢化で日本という国がじわじわと疲弊しているのにスポーツバカは増加しているような感じがするので心配です。このCMでもくまモンが人寄せパンダ風に使われていますが、福岡の民間のスポーツ興行のCMに熊本県民の税金で賄われているくまモンを出演させるのはいかがなものかと思いました。

くまモン出演の許認可権を持つ熊本県庁の部署では「興行収入の一部は熊本県に落ち、健全なスポーツ精神の育成に役立つ…」などと正当化するのでしょうが、単に担当課の職員がスポーツバカなんじゃないかと疑ってしまいます。くまモンを野球イベントに出演させることにより球団から招待券を貰っていたりしそうですし。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/12(金) 23:59)

 伝統野菜の素材の持ち味を生かす方法としてベストな調理法は…
higonosuke

 肥後野菜を使ったコロッケをいただきました。

昔から熊本県だけで細々と作り続けてきた伝統的な野菜類を「ひご野菜」というネーミングで地域の特産として盛り上げようという機運があるのですが、そのラインナップ(熊本京菜、水前寺もやし、熊本長にんじん、ひともじ、ずいき、れんこん、水前寺菜、春日ぼうぶら、芋の芽、熊本赤なす、熊本ねぎ、水前寺せり、熊本いんげん、熊本黒皮かぼちゃ、水前寺のりの15品目) を見ると地味ですので広まる気配は無い感じです。そんな中で2011年の11月に中心市街地の対岸の住宅地に伝統野菜を具に使った「ひご乃すけ」という惣菜店がオープンしていたのですが、それをようやく試してみることができました。

春っぽい素材をチョイスされた盛り合わせで上品で美味しかったのですが、小さめのサイズのものが150円くらいの価格帯でしたのでリピーターになることは無いでしょう。また伝統野菜を活用する方法としてコロッケの具材とするのも疑問でした。素材の持ち味を生かす方法としてコロッケなどの揚げ物は相応しくないと思えますのでね。




koyamaandkumamon

 夕方の番組でくまモンの特集を見かけました。

テレビ朝日系列のKABの「くまもとパワーステーション」というローカル番組でくまモンの生みの親のデザイナーに代官山の事務所でインタビューされていたのですが、4月4日にフジテレビの「アゲるテレビ」という全国ネットの午後の生番組で見たものとほとんど同じ内容でしたので、「交通費を使ってそれだけなの?」とあきれてしまいました。

その取材班の志が低そうな特集では何も目新しい内容は無かったですし、サプライズ的なものを大事にするためか今後のくまモンの展開などの情報も皆無でした。デザイナーの方は発注されたロゴのオマケとして勝手に付け加えておいた熊のキャラクターが人気が出たことで驚かれたと共に喜んでいらっしゃるようですが、最初に作られた着ぐるみの完成度の低さにだけはガマンできなかったそうです。

これは初代のくまモンが「くまもとサプライズ」の発案者の小山薫堂氏とKABのロビーで並んでいる昔の映像ですが、現在のものとフォルムがまったく違います。現在のくまモンは左のピンクの宇宙人っぽいキャラクターと同じくらい頭が大きくて図体もふっくらしていて、そのボリューム感で素早い動きができることが人気の理由ですからね。個人的には平面から巧みに立体化してくれた着ぐるみの製作会社の貢献度が大きいと思います。その会社は宮崎にあると思いますが、東京に飛んでありきたりのインタビューをするより本当にくまモンが生まれた現場を取材した方が面白いと思いますが。




roassocm

 これは地元のサッカーチームのテレビCMです。

チームが立ち上げられた頃はフェラーリのような赤い馬のトレードマークから「ROSSO熊本」という名前だったのですが、商標登録できないとかの理由で阿蘇のイメージをミックスした「ROASSO熊本」と改名されて醜態を晒したことでサッカーファンの間では知られていると思います。私はスポーツ関連にまったく興味が持てませんので詳しいことはわからないのですが、J1というカテゴリーに昇格されることを期待してるファンの人がいらっしゃるようです。

その機運を盛り上げたいためなのか、深夜など安い時間帯に「180万県民のチームです!」というコピーのCMを放送しているのですが、私はスポーツ愛好者に多いこのような押し付けがましい発想が苦手です。世界的なスポーツイベントで日本のチームが優勝したりすると、「1億2千万が歓喜した…」とか前置きして嬉しそうにまくしたてるアナウンサーがいたりしますが、「勝手にスポーツバカにカウントすんじゃねぇよ!」と文句を言いたくなりますからね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/11(木) 23:59)

 予想していたラインでスタートしたセールに飛びつけない理由は…
1500yensale

 4月だというのに今日は肌寒い1日でした。

早いものでシンガポールから帰国して1ヶ月が過ぎましたので、最近はそろそろ次のモンゴル方面への旅の準備をしようかなとLCCのウェブサイトなどをチェックしているのですが、昨年からの敵対的な国際関係や最近の伝染病の影響で空席が埋まらずにセールやキャンペーンが始まるんじゃないかなと予想していました。

もう乗り飽きた感じがする春秋航空のウェブサイトをチェックしてみたら、やはり通常の半額になるセール情報がありました。前回は佐賀から上海まで1円+税の6000円ちょいで飛べたのですが、それが1500円+税の7500円ちょいということですから悩んでしまいました。

鳥インフルエンザがヒトからヒトへ感染するタイプに変化していることが確認されたら海外旅行どころでは無くなってしまいますし、北の将軍さまの国でも事件が起きるかもしれませんからね。中国政府の支援が無くなってしまえば軍部のクーデターが起きるかもしれず、そうなれば韓国から陸路で北上できるかもしれないのです。何度か行ったことがあるモンゴルよりはるかに刺激的な国に外国人が少ない時期に入国できるのは刺激的ですからチャンスを逃したくないのです。ですからさほど安くもない春秋航空のセールは見送るつもりです。




shingekinokyojin

 録画しておいたアニメを見て複雑な気持ちでした。

昨晩からBS11で放送が始まった「進撃の巨人」でしたが、原作のコミックが面白いと評判でしたので楽しみにしていたのです。コミックは完結してからまとめて読めば良いと考えて、これまでまったく目にしたことがありませんでした。大まかな序盤のストーリーは何かで読んだことがあったのですが、そんな荒唐無稽な話をどのようにアニメ化するのだろうと期待していたのです。

ですからアニメ版が原作のコミックに忠実に作られているのかは不明なのですが、序盤は背景がわからないものの不思議な世界にグイグイと引き込まれました。登場人物から背景の建物まで丁寧に描かれていましたし、テンポも良くて楽しめたのですが、「エバンゲリオンのこともあるし…」と複雑な心境でした。今回も巨人たちの謎解きが放棄されてしまうかもしれませんので…(笑)




higoniwaka

 次の日曜に肥後にわかの公演があるみたいです。

「肥後にわか」というのは大衆演劇のひとつのジャンルで、吉本新喜劇みたいなコメディだと思います。日曜の午後に熊本県立劇場で行われるみたいですが、公演を見るためには3000円も払わなくちゃならないというのには驚かされました。

出演者のリストを見てみたら「大田黒浩一、玄海竜二、英太郎…」とありましたが、熊本県ならそれなりに知られた名前のタレントさんですが、全国的な知名度はくまモン以下でしょう。肥後にわかはキツい方言で行われると思いますし、高齢者しか興味が無いと思いますが、少ない人口で存続できていることが不思議です。何らかの補助金でも出てるのでしょうか?





テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/10(水) 23:59)

 不思議な名前の居酒屋でランチに試してみた初めての料理は…
butakabayaki

 今日は初めての店で初めての料理を試してみました。

ちょっと前にテレビ番組で紹介されていた熊本市北部の鶴羽田町という住宅地の中にある「あっしゃんぶ」という変わった名前の居酒屋でしたが、それは「豚蒲」という料理を試すためでした。うなぎの蒲焼を豚に置き換えた料理ということでしたが、普通の蒲焼である「黒」とネギ塩だれの「白」の2種類がありました。それぞれ500円という価格は魅力的でしたが、初めての私は両方とも試してみたかったので650円ハーフ&ハーフのダブル盛をオーダーしてみました。

その値段からしてみて正方形のお重の表面を覆いつくしている豚肉は東京チカラ飯の焼き牛丼みたいな薄~いものに違いないと予想していたのですが、うな重並みの厚さがあったので嬉しくなりました。豚蒲は盲点でしたが、これなら丼ものの専門店としても成り立つのではと思いました。この郊外にある店はちょっと遠い感じがしますが、北バイパスが完成すれば体感的に少しだけ近くなることでしょう。




takenoko2013

 知人から掘り立ての竹の子をいただきました。

2年ほど前には自分で福岡県に近い鹿北町に掘りに行ったことがありますが、斜面での作業はけっこう疲れますし、高騰し続けているガソリン代を考えると近所で買った方が安い感じになっていますので止めておくことにしています。旬の食材として料理番組で見かけたので購入しようかと考えていた時にタイミング良くいただくことができたのですが、まずは刺身で試してみようかと思いました。

しかしネットで検索してみたら、「竹林焼き」という竹の子の底に空けた小さな穴から醤油や日本酒を注ぎ入れたものをオーブントースターで焼くという美味しそうな料理がありましたので試してみることに。外皮が焦げるまで25分ほど焼いてみて半分に割ってみたのですが、味見してみたら少しだけ早い感じでした。

それで半割りのものに日本酒を振りかけて3分ほど焼いてみたら最高の仕上がりになりました。仕上げに鰹節を振って踊る様子を眺めながらいただいたのですが、旬の食材の持ち味を最大限に生かした料理法のひとつだと思いますのでオススメできます。




sutekinaen

 最近パチンコ屋の広告が増えた感じがします。

折込チラシには新台のデザインを訴求する昔っぽいものが多いのですが、テレビCMや新聞広告はこのようなイメージ広告といった雰囲気のものに変わってきたような気がします。暴走老人が都知事だった時期にパチンコ屋は半島出身者の経営が多いし、節電の時代に不適切だと批判していましたし、カジノ構想も推進しようとしていましたので危機感が増したのでしょう。

少子化でパチンコ人口が増える要素が無い上に強力なライバルが登場すれば経営の根幹を揺るがすことになるかもしれないと考え、擁護波の世論を増やしたいという思惑があるんじゃないかなと想像できます。中央のふくよかな男性は4月からの朝の帯番組の司会にも抜擢されたローカルタレントなのですが、深夜のイメージがあるタレントさんでしたので、何か特別な「EN」があったのかもですね。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/09(火) 23:59)

 花見にピッタリだったかもしれない天草産の加工食品の味は…
iwashikamaboko

 天草の揚蒲という加工食品をいただきました。

外海のキレイな環境で育った鰯だけで作られた素朴な味わいの製品で美味しかったのですが、ビールのつまみとしても最高でした。今年は花見の日にだけ雨になってしまったのですが、来年用のリストに入れておくべきじゃないかと思いました。そのまま缶ビール片手に指でつまんでラフに食べることもできますしね。

最近はあまり使っていないキャンプ用の小型ガスバーナーと100円ショップで購入した焼き網がありますので、それで軽く炙っておろし生姜を乗せて大葉で巻いて醤油を垂らして食べるというのも良さそうです。また生春巻の素材のひとつとして短冊に切ったものをかいわれ大根などと巻くというのもアリかもです。




tourist

 揚蒲をつまみに録画しておいた映画を見ました。

アメリカ人旅行者役のジョニー・デップが謎めいた美女役のアンジェリーナ・ジョリーによってヴェネチアで事件に巻き込まれてゆくという面白い設定の「ツーリスト」でしたが、なかなかテンポが良くて楽しめました。検索してみたら2005年のフランス映画をドイツ出身の監督がハリウッド・リメイクした作品という話でしたが、全編にヨーロッパ的な味わいがある理由が納得できました。エンディングは予想していたものでしたのでガッカリさせられましたが、お金を払って映画館で観たわけじゃありませんので腹は立ちませんでした。

作品自体は時間の無駄じゃ無かったのですが、放送中に「これまでのストーリー」というダイジェストが差し込まれたのには腹が立ちました。通常枠を延長されて放送されたのですが、ダイジェストやCMまたぎの重複が無ければ早送りする手間を省くことができたはずですからね。日本のテレビ局の配慮にはイライラさせられることが多いのですが、監督さんからしてみると犯罪にも等しい行為だと思います。




grandmesseevent

 週末に開催されるイベントのCMがありました。

これは懐かしい名前のアーティストの展示会で、日曜日には本人も会場であるグランメッセにやってくるということでしたが、熱烈なファンのおばさまは土曜日に美容院に行かれるのかもしれません。工業製品に近いとも思えるアート作品で、販売される数も多いでしょうから仮に作者が亡くなられたとしても価値が上がりそうにない投資には不向きなアートだと思いますが、熱烈なファンの皆さんは思い出と共にリビングに飾っておくだけで満足なのでしょう。

先週はベンチャーズの熊本公演の新聞広告を見かけたのですが、一世を風靡したアーティストの方たちが人口180万の地方都市まで細かく網羅されることには感心させられます。しかしベンチャーズのメンバーはかなり高齢化が進んでいるようですし、円安傾向ですから今度の熊本公演がラストチャンスになるかもですね。ベンチャーズのファンの皆さんも高齢化してそうですし…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/08(月) 23:59)

 企画した人がニヤリとしていそうなくまモン関連の商品名は…
shirokuma179yen

 4月というのに阿蘇では雪が降ったそうです。

それで黒い山が白くなったのですが、白いものに黒いものがデザインされているのを見かけました。それは熊本の製粉会社の「しろくま」というものでしたが、くろくまが顔を出している感じになっていました。たしかこの商品名は以前から使われていたと思いますが、くまモン人気に便乗しようと新しいパッケージに変更したのでしょう。

4月から小麦の価格も上がるそうですから、全国で生活防衛のために買い置きを増やす家庭も多いと多いのでしょうが、熊本の家庭の食品庫にはくまモンがデザインされた様々な商品が並んでいることでしょう。通販もあるでしょうから、熊本以外のくまモンコレクターの家の棚にもディスプレイされているかもですが…(笑)




kumamondream

 くまモンは2月のイベントにも参加していたようです。

私はイベント開催日にはフィリピンに滞在していましたので知らなかったのですが、2月22日と23日に熊本城の近くの加藤神社で熊本や福岡のクリエーターたちによりプロジェクションマッピングが初披露されたみたいです。主催の日本テレビ系列のKKTの番組でその準備段階から当日の会場の様子まで伝えていたのですが、規模は小さいもののロケーションを生かした楽しめるものになっていたようです。しかし協賛のインテルのウルトラブックのロゴの露出が多かったのはウザい感じがしたのですが、人口が少ない地方都市で無料イベントを企画する上では仕方がないことだったのでしょう。

加藤神社の参道はかなりの奥行きがあってプロジェクションマッピングの場所として悪くは無いと思いましたが、左右のゆとりは足りていないので次回があるとすればもっと良い場所を選んでいただきたいものでした。再開発で取り壊されることが決まっている交通センター辺りが候補として良いのではと思いますが。




kumamontbs

 くまモンが全国ネットの番組にも出ていました。

TBS系列のRKKで日曜の朝に放送されている「がっちりマンデー」という30分番組でしたが、そのメインのゲストとして迎えられていたのです。くまモンは喋ることができないという設定ですから熊本県の宣伝部長でもあるスザンヌがカバーしていましたが、結婚後にアイドル枠から外れて仕事量が減った彼女自身もくまモン人気のおかげでバーターの仕事が増えたと笑い話にしていました。

地方自治体の取り組みが300億近い売り上げになるほど成長したことで全国ネットの番組で取り上げることになったのはスゴいと思いましたが、キャラクター使用料を無料にしたことがヒットした理由であるということが熊本県の英断という風に持ち上げられてる感じだったのは疑問でした。県知事の無料キャラで売り上げを伸ばした宮崎県の単なるマネだと思えますのでね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/07(日) 23:59)

 アホな政治屋のせいで日本経済がアルゼンチン化してしまうリスクは…
asanamaabe

 4月になって心配なことが増えてきました。

大陸の微細物質や伝染病、半島の不穏な動きなど周辺諸外国のリスクが高まってきていることもあるのですが、それらは民主主義国家では無い国のことですから国際社会が協力して圧力をかけ続けるしか対処方法が無いでしょう。共産国の体制が崩壊して民主主義国家に変わってくれるのが望ましいのですが、その変革期には内戦が発生したりすることが予想されますので複雑です。半島の南側の国とも領土問題や戦後保障などでモメていますが、他の共産国に比べればリスクや影響はかなりマシでしょう。

日本国内は円安によって大企業の業績が上がって景気回復基調なのですが、4月から輸入品など値上がりしはじめたので今後が心配です。通貨の番人であるはずの日銀の新総裁がハイリスクな方針を表明したことによって日本経済は綱渡り状態となりつつありますが、目先の利益しか考えないメディアが上手くいかなかった場合のことを説明しないことにイライラさせられます。

3月末のテレビ朝日の朝生のテーマは「激論!アベノミクスは日本を救うか!?」だったのですが、幇間体質の現政権を支持するコメンテーターの方が多い感じがしましたし。民放は景気回復により広告収入のアップが期待できることから「異次元の経済政策」をもてはやす傾向があるのですが、それが裏目に出た場合の被害は責任を放棄するはずですので困ったものです。これは原発は安全だと金をかけて民放でPRし続けてきて、他の先進国では当然だった電源喪失への対策を怠ってメルトダウンを引き起こしてしまった構図と似ていると思います。現在の日本のトップである世襲議員は野党議員から国会で電源喪失に対するリスクを質問されて問題ないと答えているのですが、それに対して責任を取らないだけでなく原発の新設さえ推し進めようとしています。

今回の朝生では終わり間際に自民党の斎藤という議員がアベノミクスに懐疑的なコメンテーターたちに対して何度か「暗いんだよ!」とバカにするような発言をしていて不快でしたが、過度な公共工事を続けて国の借金を増やした上に少子高齢化に対して有効な対策を講じてこなかったことから閉塞感が漂う世の中にしたのは税金で贅沢な生活している政治屋たちのせいですから「暗くしたのはお前らの責任だろっ!」とツッコミを入れたくなりました。

私はこのままじゃ日本はアルゼンチンみたいになってしまうんじゃないかと危惧しているのですが、7月の選挙後にさらに閉塞感が漂うようなことになれば愛国心を煽ってフォークランド紛争みたいなことに発展してしまうんじゃないかと心配なのです。国内問題から国民の目を逸らしたい日中の政権や紛争を起こして武器輸出を増やしたいアメリカ政府がグルになって仕掛けてくることさえあり得そうな気がしますし。暴走老人たちがヌクヌクとシェルター内で暮らす中で、「7月4日に生まれて」に出てくるようなイノセントな若者たちが戦地で血を流して戦うという構図は悲惨ですからね。




televitaspecial

 なぜか4月に311関連の特番が放送されました。

日本テレビ系列のKKTが夕方に放送している「テレビタミン」という帯番組のキャスターが3月11日の前後に東北の被災地を取材したものを編集するのに時間がかかったからなのかもしれませんが、その取材対象や構成なども含めて疑問を感じる完成度でした。アベノミクスに浮かれている人たちには忘れされようとしている東北の被災地の現状を知らせることは悪くないと思いますが、もっと効果的に伝える方法はあったはずですからね。

この番組では被災地から熊本に疎開してきた家族のことなどは取り上げていましたが、熊本県産の木材で寄贈された集会所や無償で貸し出された焼却炉などの話はまったく取り上げていませんでした。2年目だというのに単に復興が進まない被災地を歩き回って表面的な部分だけを報道している感じがしたのですが、それは地方局の限界なのでしょうか。私は3月11日は東京にいたので知らないのですが、もしかすると当日の「テレビタミン」では被災地からの生中継はそれなりに訴える内容があったのかもしれませんが。




shiotonkotsu

 これは熊本発世界チェーンのテレビCMです。

キャラクターのチーちゃんのイラストがお馴染みの味千ラーメンの季節限定商品らしいのですが、今頃になって塩麹ブームに触発された新商品が出てきたようです。味千ラーメンの国内店舗はチェーン店のメリットを生かすことができていませんので二度と店内に足を踏み入れることが無いと思いますが、毎月22日の味千感謝デーで半額にでもなれば新製品を試してみたい気にはなるでしょう。

ちなみに「テレビタミン」の311特番では東北の被災地を巡回している「九州ラーメン党」というボランティアグループのことを紹介していましたが、重光産業は世界各国で800店舗以上の味千ラーメンを展開してる大企業と成長したのに何らかの社会貢献をしたという話を聞いたことがありません。2011年の3月11日は私はクアラルンプールにいましたし、帰国したのは6月でしたので知らないだけなのかもしれませんが。重光産業は税金を納める以外にも美少年酒造の再建に協力したりして地域経済に貢献しているとは思いますが、チェーン店の総合力を生かす取り組みはいろいろとありそうなので残念です。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/06(土) 23:59)

 熊本にも高齢化社会がじわじわと広がっていることを感じた理由は…
100yencoffee

 近所のダイエーが少しだけ変化していました。

3月27日にイオン傘下になることが決まったダイエーですが、少し前に熊本店の小規模なリノベーションが行われていたようです。それは専門店街の書店の場所が2階の奥になっていたので気がついたのですが、それが無ければリノベーションされたことに気がつかなかったかもしれない程度のものでした。

書店は面積が増えていて悪くなかったのですが、じっくり選べるようにテーブルとイスが置いてあったには感心させられました。その横にはコーヒーなどの自動販売機があり、100円払えば気兼ねすることなく本をゆっくり選ぶことができるみたいでした。書店にカフェが併設してあるのを初めて見かけたのはロス郊外のラグーナビーチ辺りのモールだったと思いますが、雰囲気は違うものの熊本でも当たり前の光景になったのが複雑な心境でした。

アメリカは日本よりベビーブームが早かったので高齢者数が早めに増加したのですが、出生率が先進国の中では高いのと移民数も多いので少子化問題は深刻ではありません。日本は太平洋戦後に起きたベビーブームの世代が高齢化して、第二次ベビーブーマーの出生率が減ったので高齢化が深刻になっています。

国際化が進んでも日本政府の移民や難民の受け入れ状態は微々たるもので、少子化担当大臣なんて名前だけの税金ドロボーですから高齢化はボディブローのように効いてくるに違いありません。民間企業は生き残りのために海外視察などをして、書店の売り場にカフェコーナーを作ったりしています。そんな努力をしていてもダイエーの書店はガラガラでしたが、イオンの地域担当者は不採算店舗として閉鎖を決めるかもしれません。




syodaikumamon

 これはくまモンのにせモンじゃありません。

3月末に再放送された「現場発!」という番組で私も初めて知ったのですが、最初に作られたくまモンはこんな貧相なものだったようなのです。くまモンの生みの親のデザイナーが描いたものは最初からふっくらしていたと思いますが、誰かが選んだ発注先の技量が足りていなかったみたいです。さすがにこれじゃダメと判断されて宮崎の着ぐるみ業者に再発注されたのでしょうが、くまモン人気に便乗して利益を上げている皆さんはその決断をされた方に感謝すべきでしょう。

おそらく「くまもとサプライズにキャラクターがあった方が良いかな…」とくまモンの原案を小山薫堂氏が発想され、この初代の着ぐるみが作られた頃には誰も億単位のビッグビジネスに成長するとは考えていなかったでしょう。私も飽きっぽい性格の熊本県人のことだから人気は1年ほどでピークを迎えて廃れると予想していたのですが、恥ずかしながらまったく私の間違いでした。




higonabiohanami

 こんな時期がズレた広告を見かけました。

先ほど届いたフリーペーパーに載っていた地方版の「ぐるなび」みたいなウェブサイトのものでしたが、桜が散った頃に花見の人気スポットの話でしたのでね。今年はいつもの年より開花が早かったことによりミスマッチになってしまったのでしょうが、別のデザインのものに差し替えることはできたのではと思いますが。

天気予報では明日の熊本地方は90パーセントの確率で雨ということでしたが、それで平野部の桜はすべて散ってしまうことになりそうです。日曜日に天気が回復したとしても、熊本市内では花見に適した場所を見つけるのは難しいと思います。「ひごなび」のウェブサイトには標高が高い穴場の情報が載ってるのかもしれませんが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/05(金) 23:59)

 熊本の中心部に近い住宅街にまで忍び寄ってきていたものは…
direxkuhonjiten

 熊本市は基本的に変化が乏しい地方都市です。

2年前に九州新幹線が開業し、1年前に20番目の政令市になったのですが、新幹線は大都市の福岡へ吸い上げられてしまうというマイナス要因と終着駅である鹿児島に実利が多いという中で開業効果さえも無くなりつつあるようです。多額の費用をかけて周辺自治体と無理な合併をゴリ押ししてまで行った政令市への移行は一般市民にとってはプラス要因が乏しく、5区体制になっただけで普段の生活に変化は無いと感じる市民が多いようです。

熊本交通センターの老朽化などに伴って推し進められていた桜町地区の再開発計画も熊本市が保有している産業文化会館の土地の有効利用法を模索しているものの、民間企業への呼びかけに対して応札がゼロというサミシサだったようです。これは熊本市長が政令市移行の効果があったという強弁をあざ笑うような厳しい現実だと思いますが、くまモン人気や最近のプチバブル傾向がありますので将来を危機的に捉えている熊本市民は少ないみたいです。

先日のブログにも書いたように中心市街地で多少の変化はあるのですが、今日は白川の対岸の住宅街で中堅のディスカウントストアがオープンに向けて工事しているのを見かけました。ハローグリーンエブリーというスーパーとコスモスというドラッグストアの間に割り込むような感じで進出してこようとしているのですが、これで近くのダイエーや個人商店の経営状態はさらに悪化することでしょう。政治屋たちの無策で少子高齢化の流れは進むことになるでしょうから、人口減なのにチェーン店は増え続けるということであれば、結果がどうなるかは誰でも想像できることでしょう。

消費税が上がる前の駆け込み需要はあるでしょうが、それ以降に本格的な景気の回復が無ければ庶民は生活必需品しか買わなくなるはずですから、現在の危機的な状況を迎えているヨーロッパの国みたいな感じになりそうです。このまま昭和的な手法の政治が続けば確実に日本は衰退の道を歩むことになりそうですが、円安で株価が少し上がっただけで喜んでいるタイプの人たちが多い国ですから自業自得なのでしょう。




agemenmizuno

 相変わらずくまモン隊は忙しいようです。

フジテレビの全国ネットの新番組をチェックしていたら、くまモンの生みの親という人がゲストだったのですが、司会の女性が「オファーしてみたのですが…」と残念そうに話していらっしゃいました。くまモンは熊本県内の僻地のマイナーなイベントには数時間かけて出かけるようですが、日帰り可能であっても実績が無い新番組のくまモンがメインの扱いでないコーナーへの出演は断ったようです。

私がこのヌルい新番組を見ていて驚かされたことは、くまモンの生みの親という人が「くまもとサプライズ」について一言も説明しなかったことでした。小山薫堂氏がデザインを発注する時には概要を説明したと思いますし、何度も熊本入りされているはずなんですけどね。熊本県人でもくまモンが九州新幹線のPRのために生まれたと勘違いしてる人もいるみたいですし、生みの親の責任として背景を簡単に説明されるべきだったと思いますが。




tkunohi

 5月に毎年恒例のイベントが行われるみたいです。

フジテレビ系列のTKUが熊本県庁の近くの江津湖畔の動植物園周辺で開催する「お台場合衆国」みたいなイベントなのですが、もちろん地方局で予算も限られることから面白いものじゃありません。特設ステージでの生放送のゲストも旬を過ぎた芸人や歌手などが選ばれることが多いのですが、今年はやはりワイルドさを標榜するワイルドじゃない方でした。(笑)

入場料は無料でしたし、昨年は隣でソフトクリーム関連のイベントもやってましたので自転車で行ってみたのですが、TKUのイベントは発想が貧弱で楽しむことはできませんでした。動物園も旭山などに比べて見劣りしていましたが、飼育の裏側ツアーがあったので時間の無駄ではありませんでした。動物園は新しい施設を工事していましたが、それが完成していて面白い要素があるようなら出かけてみようかと考えています。期待はできませんが、無料ですからね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/04/04(木) 23:59)

 熊本市の中心市街地の不動産動向は本当に上向きなのか…?
shimotorinewshop

 これは熊本の下通にオープンした複合ビルです。

イオン傘下になることが決まったダイエーの近くに建てられたビルには全国チェーンのカラオケ屋などが入居していましたが、地元の皆さんにアピールしたいためなのか「くまモンの部屋」というのも用意されているみたいでした。以前に三井ガーデンホテルが客室のひとつをくまモンバージョンにしてローカルメディアで取り上げられたことがありましたが、そういった話題性を狙ったものなのでしょう。

熊本県外にもくまモンのファンは少しは存在しているみたいで、観光旅行で訪れた場合にこのくまモンの部屋で歌ったり、このカラオケ屋から徒歩5分くらいの実物大のくまモンの人形がカウンターに座っているバーで飲んだり記念撮影したりするのでしょう。多少の経済効果はあるでしょうから悪くは無いと思いますが、もう人気は峠を過ぎている感じですから長続きはしない一時的なものでしょう。




oaksstreetnewshop

 長く空いていたビルの1階も工事中でした。

上通アーケードに平行してるオークス通りの電停に近い場所の駐車場の跡に建設された中途半端な規模のビルの1階が2年くらいテナント募集のままだったのですが、最近の景気回復の影響を受けたためか内装工事が始まっていました。同じオークス通りのエノテカは撤退したのですが、このように資金を投入してチャレンジしようとする店もあるようです。

もちろん中心市街地の空きテナントが少なくなることに対して文句があるわけでは無いのですが、このような現象を過大評価したり政治屋たちの手柄のように言いふらす輩がいるのには腹が立ちます。どこの世界にも幇間体質の人間はいるものですが、国も熊本県も熊本市も再選されて2期目ということもあって権力に擦り寄るような浅ましさが目立ってきています。




h7n9china

 大陸の心配事がまた増えて深刻化しています。

上海周辺で感染源が特定できていない鳥インフルエンザ患者が増えているのですが、次も春秋航空で上海に飛んでからモンゴル方面に北上しようかなと考えていた私は根本的にコースを考え直す必要がありそうです。中国政府の有効な対策によって患者数が頭打ちしてくれれば良いのですが、ウィルスが変異してパンデミックが発生してしまったら死者数が数千万単位になりかねず、当然ながら隣国の日本だって深刻なダメージを受けざるを得ないでしょう。

それは国内の罹患者数が爆発的に増えるだけで無く、社会的な混乱が日本の秩序を壊滅させるに違いないからです。最近の北朝鮮の動きも心配ではあるのですが、パンデミックに比べたらかわいいものでしょう。パンデミックが発生して幸運にも生き延びることができたとしても、現在とはまったく違う殺伐とした世の中になることでしょう。被害の予想はできるわけですから本格的な対策を講じておいてほしいものですが、アホな政治屋ばかりですから無理なのでしょうね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/03(水) 23:59)

 日本企業のものづくりの低迷と復活の可能性を感じた理由は…
surface2013

 今朝は久しぶりに雨音で目覚めることになりました。

「これで桜も終わりか…」とサミシイ気分になりましたが、3月中旬に開花宣言が出ていたわりには長持ちしてくれた方でしょう。大陸からの微細物質の悪影響も予想していたよりもマシでしたし、これから暖かくなってインフレ傾向になるまでは暮らしやすい時期でしょうから、日本の春を満喫することにするつもりです。

午前中に価格コムなどでチェック済みのブルーレイレコーダーやLED照明の現物をチェックするために郊外のヤマダ電機に行ってみたのですが、そこでようやくマイクロソフトのSurfaceの現物をチェックすることができました。たしかSurfaceの日本での発売日は3月15日で、3月8日にアップルストア銀座店の目の前の松屋の壁面の広告を見てからだと1ヶ月近く経っているのですが、相変わらず地方都市の遅さにはイライラさせられます。

Surfaceは後発だけに他社のライバル製品を研究してあって久しぶりに時代の変化を感じさせてくれるものでしたが、オフィス系のソフトが不要な私には本体だけで48000円からという設定価格は高過ぎます。今後7インチ版が投入されることがあるとしても手が出ないだろうという思いを強くしたのですが、何かの特殊な事情で超円高にでもなれば話は別ですが。

Surfaceと日本製のタブレットを比べてみてサミシイ気持ちにさせられたのですが、攻めの姿勢に欠ける日本企業の限界のようなものも痛感させられました。何の工夫も無いくせに値段設定が高いアンドロイドOSのタブレットなんて触ってみる気にもなれませんのでね。

ブルーレイレコーダーは操作性も進化していましたしWi-Fi機能が当たり前となっていましたので物欲を刺激されたのですが、現在のブルーレイレコーダーが使い物にならなくなるまで買い換えることは控えておこうと思いました。6月にWWDCでアップルの革新的なテレビが発表されるかもしれませんのでね。




suntorygrandry

 スーパーで新製品の試飲缶をいただきました。

ネットでサントリーが全国で100万本の試飲缶を配るというニュースは見ていたのですが、たまたま100万人の内の1人になれました。350缶が100円前後で販売されるアルコール度数が5パーセントの第3のビールでしたが、このカテゴリーの製品としてはクオリティも高くて悪くないと思えました。CMに起用されている何の役を演じても同じダイコン役者の男優さんは好きじゃないのですが、これなら6本パックを買っても良いかなという気になりました。

第3のビールは中途半端な税率の発泡酒を絶滅に追い込んだ日本オリジナルのテクノロジーですが、これだけの完成度となればテクノロジーを輸出して外貨を稼ぐことができそうな気がします。海外旅行中に来日経験が無い欧米人とビールを飲んでいる時に日本の第3のビールの話をすると存在自体を知らないことに驚かされるのですが、ほとんどの人が一度は試飲してみたいと考えるみたいですし。




marumiyanyatou

 これは熊本の食品会社の納豆のCMです。

地元の熊本デザイン専門学校の学生がパッケージデザインしたという「にゃっとう」というユルい製品で、すぐに消え去るものだと予想していたのですが、しぶとく生き残っているみたいです。販売促進のてこ入れのためなのか、今度は熊本美少女図鑑とのコラボCMを作ることにしたようですが、単に素人女性が製品を持っているだけの電波の無駄遣いと思える内容でした。

中身は普通の納豆のパッケージだけを素人がデザインしたものに変えて、さらにそれを素人に持たせるCMを垂れ流すというのに金を払う食品会社の担当者の思考回路が私には理解できないのですが、消費者としてはそんな無駄を排除して商品単価を値下げしてくれる方が有難いのですけどね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/02(火) 23:59)

 2013年の4月1日にGoogleマップで見かけたの小さなウソは…
googlemapkumamoto

 早いもので2013年も今日から4月です。

小麦や食用油などの値上げや国民栄誉賞などの嬉しくないニュースが多かったのですが、報道各社のエイプリルフールのネタも笑えるものは皆無でした。熊本県がトマト生産量1位であることをアピールするためにくまモンが「とまモン」に変身というネタなんて「くまもとサプライズ」の本来のコンセプトから逸脱していて最低でしたし。

GoogleのYouTubeの動画をすべてシャットダウンするというネタもヒネリが無くてガッカリでしたが、Googleマップが宝探しモードになっていたのはそれなりに楽しめました。海賊が残した宝の地図の暗号を解いて宝を探し出そうというコンセプトで九州では熊本城に暗号が仕掛けられているみたいでした。

全世界をセピアの手書き地図風に置き換えてあった大作でしたが、シリコンバレーの担当者が衛星からの画像を元に適当に描いたものみたいで熊本南港のような埋立地などはそのままでしたし、有明海沿岸の扇状地にサボテンのマークが描いてありましたので笑えました。さらに英語での表記が東シナ海になっていたのにはあきれたのですが、エイプリルフールだと思えということでしょうか…(笑)




kumamon4koma

 くまモンの4コマ漫画の連載が始まりました。

2012年に銀座の熊本館というアンテナショップの店頭で拡大されたくまモンの4コマ漫画がディスプレイされているのを見かけたことがあり、「そのうちに新聞での連載が始まっちゃうんじゃ…」と考えたことがあるのですが、4月1日の新年度から現実のものになりました。これはエイプリルフールのネタじゃ無く明日以降も続くみたいです。

くまモンは地銀などのカードのデザインになったりしていて、さらにあちこちで見かけるようになっています。新年度から4コマ漫画にまでなることによって、「今日のくまモンはどんなネタかな…?」と新聞をめくるファンの読者も増えることになるのでしょう。しかし逆に露出が多過ぎて「もうくまモンにはウンザリだな…」とネガティブに捉える人も増やすことになるかもしれません。今日の熊本県庁の辞令交付式では県知事が「第2のくまモンと呼べるような新しい仕事をみつけてほしい…」とアホな挨拶をしていたようですが、くまモン周辺では腐臭がしてきている感じがしていますし。




kumamotopannohon

 こんなムック本が本日発売されるそうです。

「くまもとのパンの本」というタイトルの240円の雑誌ですが、低価格を実現できたのは熊本日日新聞社が発行している「すぱいす」というフリーペーパーのこれまでの記事をまとめただけだからかもしれません。単に美味しいパン屋さん情報をまとめただけではネットの無料情報に慣れた主婦やOLに買ってもらえないと予想されるためか、お得なクーポンも付いているみたいですので悪くないかもです。

以前に似たようなクーポン付きの温泉ガイドを見かけたことがありますが、クーポンならそれぞれの店が流行具合に応じて内容を変えることができるので双方にとって良いのでしょう。オープンしたばかりの店などは、効果が低そうな広告よりも確実に来店してくれるクーポンの方が馴染み客を増やすことにつながるかもですし。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/01(月) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア