新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大阪で飛ぶ鳥を落とす勢いの飛ぶ虎は東京でも成功できるか…
2013japan100

 今日も友人に原宿まで乗せて行ってもらいました。

明日の都民の日のことを考え、後部座席を倒して自転車を積み込んで行ったのですが、最初の目的地は青山でしたので5分ほどで「フライングタイガー」に到着できました。6月に関空からソウルに飛ぶ前にタイガーの大阪店をチェックしていましたので新鮮ではありませんでしたが、東京店は今日は関係者向けのプレオープンで客数も少なめでしたし、見通しが良いワンフロアで買い物もしやすい感じでした。

特にどうしても欲しいと思う商品は無かったのですが、話題の店ですから友人たちにプレゼントするものをいくつか買い物しました。7点ほど購入して1000円ちょいでしたが、それくらいなら気軽にプレゼントできますのでね。既にオープンしているASOKOもハシゴしてみようかなとも考えましたが、混んでることが予想されますし、荷物を運ぶのに向かない自転車でしたので止めておきました。




2013japan101

 隣の「TEA STAND」もチェックしてみました。

こちらも「フライングタイガー」と同じビルの中に10月2日にオープンするようでしたが、スターバックスの紅茶バージョンといった感じのアフタヌーンティーの新業態でした。表参道に旗艦店をオープンさせ、今後は地方のデパートやモールに出店するという戦略なのでしょう。

代表メニューらしいラティーとパンプキンメイプルビスケットを試させてもらったのですが、どちらも甘さが控えめ過ぎたことに驚かされました。店内が混んできたので出ようとしたら、ピンクのスムージーの試飲もあったので味見してみましたが、やはり甘さが超控えめでした。それが最近の女性客のスタンダードになっているのでしょうが、数年後にタイやマレーシアに影響を与えるのかもしれませんね。




2013japan102

 青山TEPIAに行ってみたら、月曜は定休日でした。

入口においてあった3Dプリンターの展示だけを見て約束していた神楽坂方面に走ったのですが、その途中の国立競技場の周辺をチェックしておきました。少し前に取り壊し工事が始まるので嵐のライブがラストとかいうことでしたが、原案通りなら日本青年館や公園まで飲み込んでしまうことになりますので、変化する前の様子を見ておこうと考えたのです。

これは絵画館側の青山ゲートですが、見慣れない変なデザインの看板が付け加えられていました。チケット売り場のシャッターのTOTOのロゴもそうですが、国立競技場の管理を担当してる部署にはデザインセンスの無い責任者がいるようですね。

この青山ゲートから高速入口方面に曲がった所の壁には「東京オリンピックの感動を再び、この国立競技場で」というバナーがありましたのでイラっとしました。オリンピック招致の時にも都知事や世襲総理などが何度も「感動」という言葉を使っていましたが、スポーツ中継を見て一度も感動したことが無い私にとっては許しがたい表現なのです。最近の「感動の大安売り」傾向に対しては不快感がありますし、「スポーツの力」という曖昧なものを偉そうに話すコメンテーターが増えているのにもイライラさせられています。




2013japan103

 四谷のファミマでメールチェックさせてもらいました。

友人のメールに返信し終えて再び走り出そうとした時にこの看板を見かけたのですが、イヤ~な気分にさせられました。このカジノスクールは日本でのカジノ解禁に備えてディーラーを養成する日本初の専門機関として2004年に開校したということですが、国会でカジノ論議が進んでいないというのに見切り発車だと思えますのでね。

「感動」やら「スポーツの力」などを大安売りする脳が筋肉質の連中はカジノに対しても肯定的な人が多いと思いますが、東京が2020年の開催都市に選ばれたことで追い風が吹いてるとはしゃいでいそうですので不快です。私はラスベガスやマカオはもちろん、世界中の主要なカジノに行ったことがありますが、ギャンブル都市の暗黒面を多く見てきましたので自分たちの利益のために国の法律を変えようとする輩が大嫌いなのです。





2013japan104

 防衛庁の近くにこんな店がオープンしていました。

「りっくんランド」という練馬の自衛隊の広報センターにあった土産物屋と似たような商品を販売してる店でしたが、こちらの方が高額商品が多くて食品類は少ない感じがしました。防衛庁の中の売店でも同じような商品は販売してるのでしょうが、最近は納税者が気軽に敷地内に入ることが難しくなってるようですので、こういった店の需要もあるのかもしれません。

私は昔からアメリカやヨーロッパのサープラスは愛用しているのですが、日本のものは縫製は良さそうですがデザインが悪いので着たことがありません。最近はずいぶんマシになってるようですから無料なら試してみても良いのですが、国産ということで値段が高いので袖を通すことは一生無さそうです。




2013japan107

 初めて大日本印刷の施設を見学してみました。

数年前に市谷の釣り堀の近くに建設された大日本印刷のビルの1階と地下に作られた「ドットDNP」という施設でしたが、安心して駐車することができないので、これまで中身をチェックすることができなかったのです。「ドットDNP」は「本と写真の新しい楽しみ方を見つけていただくために、DNPがご提供する体験型のコミュニケーションスペースです」ということですが、デフレ不況の時代に多くの企業がこういった施設を縮小したりした時代に余裕があるなと感心させられました。

絵本のデジタルコンテンツが多いことも特色のようでしたが、少子高齢化時代に対する企業の取り組みとしては良い着眼点だと思えました。しかしコミュニケーションスペースが土足厳禁だったことは時代錯誤だと思えましたが。展示内容によっては靴を脱ぐということもアリだと思いますが、基本的に靴のままでOKなものにすべきでしょう。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/30(月) 23:59)

 首都直下型地震でライフラインが切れた時に食べそうなものは…
2013japan91

 今日のランチはたこ焼きを作ってみました。

自分ではあまり料理しない友人はアウトドアは好きで、屋外でも使うことができるいろんなタイプの調理器具を持っています。庭のプロパンガスを使うBBQはよく活躍していますが、ガスボンベ式のたこ焼き機はあまり出番が無いので、キッチンの棚の奥から引っ張り出して久しぶりに作ってみることにしました。安売りしていた「麦とホップ」の黒と共にいただいたのですが、なかなかの美味しさでした。

たこ焼きを食べながら首都直下型地震が発生した場合の危機対策の話をしたのですが、電気やガスなどのライフラインが切れたらこのたこ焼き機が活躍しそうだと思えました。タコを冷凍させておけば電気が切れた場合にも24時間くらい大丈夫でしょうし、タコが無くても冷蔵庫の余った食材で美味しいものが作れそうですし。

焼き台はテフロン加工されていますので作った後はティッシュで拭くだけでキレイにできますし、食器類も使わずに済みますので楽なはずです。このたこ焼き機は軽くて持ち運ぶこともできますので、ライフラインの復旧が長引いた場合の地域の炊き出し用にも有効に活用できるでしょう。材料やガスボンベをご近所さんで持ち寄れば、焼き立ての美味しいものを皆さんに配ることができますのでね。




2013japan92

 TSUTAYAの成城店が改装工事中でした。

9月25日から10月1日まで店を閉めての工事ということですので、内容がかなり変わることになるのでしょう。たしか中古機器の販売などの取り扱いを終了するという表示を見かけましたので、店内の什器を一新してキレイになるだけではなく、TSUTAYAの店舗網の中では高級なタイプの店を目指すのかもしれません。

9月19日のブログにも書きましたが、成城9丁目の周辺は高級マンションの建設が相次いだこともあって自然食品を扱うスーパーや富裕層向けの写真スタジオなどがオープンしたりしています。近くの都立総合工科高等学校は2006年に開校したばかりみたいですので移転とかは無さそうですが、これから相続税の非課税分の基準が変わることにより一戸建て住宅が減って高級マンションの建設が加速するということを織り込んでいるのかもしれません。




2013japan93

 初めて高井戸のスーパーで買い物してみました。

下高井戸5丁目の首都高沿いにあるスーパーバリューという店の存在は知っていたのですが、私は単なるホームセンターだと勘違いしていました。友人から2階は食品スーパーだと教えてもらったので初めて足を踏み入れたのですが、地方都市のスーパーみたいな雰囲気と品揃えで悪くありませんでした。今日はスーパーバリューの杉並高井戸店にはバイクで出かけたのですが、平面の駐車場は充分な大きさがありましたので重たいものを買いに行く場合に便利そうです。

スーパーバリューは埼玉県の上尾市に本社がある企業で、1996年の設立で店舗数が20以上ということですので急成長だと言えるでしょう。友人宅からだと近さでは西友、安さでは業務スーパーという選択肢がありますので、常に混んでいる環八を走って買いに行くということは無さそうです。今日は特売の納豆などを購入したのですが、このようなお得感がある商品が多ければ話は別ですけどね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/29(日) 23:59)

 近所のホームセンターで購入した10mのホースで洗ったものは…
2013japan88

 近所のホームセンター10mのホースを購入しました。

それを使って洗ったものは友人宅の玄関周りと車庫の床でしたが、台風の影響で細かな砂が舞い込んでいましたので、流水で洗い流すことができてスッキリしました。友人は引っ越してきてから一度も水を流して洗ったことがなかったということでしたが、デッキブラシで掃除してみたら雰囲気が明るくなりました。

このホースはレバーで巻き取りできるものではありませんでしたので少し面倒でしたが、頻繁に使うものじゃないので問題ないでしょう。友人は1年以上も車庫の掃除をしなくても平気だったわけですから、2~3ヶ月に一度くらいしか使わないでしょうしね。




2013japan89

 今日の夕食にはトマト鍋を作ってみました。

スーパーでカゴメの「甘さとコクのスープで野菜がおいしい完熟トマト鍋」という製品が安売りされていたので初めて試してみることにしたのですが、白いポテトサラダと赤いトマト鍋のコントラストがバッチリでした。パッケージに書いてあったレシピ通りにソーセージや鶏肉などを入れてみたのですが、ちょっと甘さが邪魔してたのが残念でした。

夕方から気温が下がってきましたので温かい鍋がピッタリでしたが、次はおでんでも作ろうかという話になりました。先日の夕方に友人を迎えに行った調布駅の近くで大根を安く売っている八百屋も発見しましましたのでね。日本に戻ってから野菜類の高さに苦しめられていますが、大根の値段は際立って高騰していましたのでね。




2013japan90

 食後に録画しておいた番組を見て腹が立ちました。

今日はなぜか17時から放送されていたTBSの「報道特集」でしたが、脱線事故を起こして管理体制のズサンさが問題になっているJR北海道について掘り下げて分析していました。JR各社は国民に多額の負担を押し付けて民営化したのですが、何度か国費から経営安定化基金を積み増していたことについては私は知りませんでした。

これから本格化する少子高齢化時代に単独で経営をしてゆくことが難しい人口が少ない地域に我々の貴重な税金が使われているわけですが、今後は乗客数が減り続ける赤字路線は廃線となりそうなのに新幹線は作り続けるというJRの姿勢には腹が立ちます。南北に長くて人口の大多数が太平洋岸の大都市に集中している日本では新幹線はその中央部分だけに集中させて、それ以外はLCCの路線で結ぶというのが私には正しい選択だと思えますのでね。

しかしこれから消費税が上がって、東京のような大都市と北海道のような人口が減少するのが確実視されている地方との格差はますます大きくなることが予想されます。1972年に札幌オリンピックが開催された時にインフラ整備が進んだ北海道はこれから様々なものが更新時期を迎えるわけですが、今回のJR北海道のように財源が乏しいと先送りされて重大事故を引き起こしかねません。今からでも2020年のオリンピックを辞退して、日本全体がバランスが取れたものになるように地道に改善に取り組むべきでしょう。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/28(土) 23:59)

 台風20号の余波の強風に耐えて成長してくれた秋の味覚は…
2013japan86

 今朝はスッキリと晴れて少し冷え込みました。

テレビのニュースでは北海道では早くも初霜が降りたとか報道していましたが、もうすぐ10月ですから当然ですよね。友人宅の小さな庭にはいろんな樹木が植えられているのですが、台風20号の余波の強風に耐えてブルーベリーの実がスクスク成長してくれていました。熟していそうなものをいくつか味見してみたのですが、市販のものより甘くて美味しゅうございました。

私は2007年の10月まで北海道に住んでいましたが、離れる前に庭の洋ナシやグズベリーを収穫して食べたことを懐かしく思い出しました。北海道では秋が短くて冬が急ぎ足でやってきたものですが、東京は11月中旬まで秋を楽しむことができるでしょう。収穫の秋でもありますし、いろいろと美味しいものもありますので楽しみです。




2013japan87

 香港から帰国した友人を調布駅に迎えに行きました。

今回は短い出張で荷物も少なかったので、高速代やガソリン代を考えれば成田空港まで迎えに行くのは無駄が多いので一番近い調布駅へのリムジンバスを選んだみたいでした。成田空港からは東京駅の八重洲口行きのバスが一番安いのですが、夕方で都心部の道路が混むことが予想されましたので、トータルの時間が短い調布駅行きのバスが出発寸前だったので飛び乗ったということでした。

南口のロータリーに路上駐車して友人の到着を待ったのですが、以前に横浜銀行の支店などがあった場所が建て替え工事中で防護壁で覆われていました。そこに東京都のスポーツイベントの「ゆりーと」というマイナーなキャラクターが描かれていたのですが、まったく知らない「ドッヂビー」という競技がありましたので驚かされました。

検索してみたらドッヂボールの「ドッヂ」とフリスビーの「ビー」を合わせた造語らしく、布製のフライングディスクを用いてドッジボールみたいなゲームを行う競技ということみたいですが、あまり面白そうじゃありません。ぶつけられても痛くないというので低学年の子供向きなのでしょうが、ドッジボールの緊迫感は無さそうですよね。




2013japan85

 夕食は調布駅の近くの回転寿司屋を試してみました。

リムジンバスから届いたメールでは到着後に甲州街道沿いのくら寿司で夕食をという話でしたが、私が南口に友人を迎えに行く途中に「すし銚子丸」というチェーン店の支店があるのを見かけましたので、予定変更してどんなレベルなのかチェックしてみることにしました。

まずはお茶を用意してレーンに流れているものじゃ無く、本日のオススメのお品書きにあった根室のさんまと静岡の生しらすを注文したのですが、どちらもくら寿司には無さそうなネタでしたので良いスタートを切ることができました。その後のホタテやあなごの白煮炙りなども美味しかったのですが、価格帯が136円、157円、262円と割高感がありましたので、リピーターになることは無さそうです。友人宅からはくら寿司やスシローの方が近くて便利ですしね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/27(金) 23:59)

 現代美術館で展示されていてもおかしくないと思える海外土産は…
2013japan82

 これは渡欧していた友人からいただいたお土産です。

フランス資本の大衆的なスーパーであるMONOPRIXのPB商品でしたが、こうやって多くの種類を並べてみるとパッケージデザインがユニークであることが理解できます。このままアート作品としてどこかの現代美術館で展示されていてもおかしくないと思えるほどでしたが、さすがにフランスは成熟した大人の国ですよね。

ウォルマートや無印良品などのPB商品はわざと単色使いでコストを抑えてる雰囲気を出していたりしますが、食べ物のパッケージの場合はカラフルな方が美味しく感じます。大量生産すれば単色使いの製品とのコストも気にならないくらいになるのでしょうし、日本の小売業にもこれくらい大胆な取り組みを期待したいものです。





2013japan84

 これは近所のスーパーで見かけたものです。

こちらも100倍くらいにデカいヤツをFRPで作れば現代美術館で展示されていてもおかしくないと思えるガリガリくんの派生商品でしたが、食べるものをトイレの掃除道具に使うという発想に違和感がありました。しかもこの商品は使い捨てでしたが、こういった商品を企画する人や好んで買うタイプの人とは友達になれそうにありません。

まだまだ不景気な感じが残る中で企業が工夫して商品開発していこうという姿勢を否定するわけではないのですが、2013年の成熟社会に相応しいレベルのものを追求していただきたいものです。ひとつのポイントとして海外の友人にお土産として買ってみたくなるようなものを目指すというのが有効なんじゃないでしょうか。




2013japan83

 また世襲総理が税金で海外旅行していました。

歴代総理の中でも外遊の回数が多いらしいのですが、もう季節はすっかり秋なのに国会はまだ夏休みということですから羨ましいものです。国の借金は1000兆円を超えたというのに優雅に政府専用機で羽田から飛んで、インターコンチネンタルホテルのペントハウスに泊まっているのでしょう。

国の最高責任者として本来やるべきことをほったらかしにしておいて、スピーチライターが書いた文章を下手な発音で棒読みしていましたが、これを肯定的に報道する日本の茶坊主的なメディアには呆れてしまいます。今回の「世界経済回復のためには3語で十分だ。Buy my Abenomics」というのはオリバー・ストーン監督「ウォール・ストリート」の中に出てきた台詞から着想したものみたいですが、オリバー・ストーン監督が知ったらムカつくんじゃないでしょうか。

9月25日に日本テレビで放送された「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」で大田総理も世襲総理は国民に対する説明が足りていないと批判していましたが、アルゼンチンやニューヨークで海外に向けて威勢が良い発言をする前に日本で我々納税者に向けてこれから深刻化する少子高齢化時代にどの方向に国を動かしていくつもりなのか具体的に説明すべきでしょう。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/26(木) 23:59)

 嘘つき世襲総理を支持する国民が信じそうなバラ色の未来は…
2013japan78

 朝から小雨が降っていて、散歩はためらわれました。

それで犬たちには雨が止むまで待ってもらうことにして、コーヒーを飲みながら録画していた番組を追っかけ再生しました。朝の情報番組ではカナダ入りした嘘つき世襲総理がシェールガス輸入の交渉を進めたことを肯定的に取り上げ、家計にプラスになるだけでなくて給料まで上がるとバラ色の未来っぽく解説していました。

嘘つき世襲総理は経団連メンバーの大企業に電気の安定供給のために尽力してるとか、消費税を上げる前に仕事をしてますよと国民にアピールしたいのでしょうが、多くの学者が水圧破砕法によるシェールガス開発の危険性を問題視している中で輸入を決めるということにセンスの無さを感じます。

日本の国民は東北大震災という天災とフクシマ原発のメルトダウンという人災を同時期に体験して、これまでの生活スタイルを根本的に見直すタイミングを迎えたと思いますが、多くの国民はアベノミクスや2020年の五輪開催など猫だまし的な手法にまんまと引っかかってしまっていると思います。私はこれから日本人が選ぶべき道は日本の国土に合ったマイクロ水力発電や地熱や波力発電などの自然エネルギーを上手くミックスしたものしかないと思いますが、真夏にクーラーが効いた部屋でオリンピックを見たいとか考えるような人たちはまやかしのバラ色の未来を信じるのかもしれません。




2013japan79

 ランチに丸美屋のお吸い物を試してみました。

インスタントのお吸い物としては永谷園の製品の認知度がダントツだと思いますが、本格的な高齢化時代に企業業績を伸ばすためにパクリとも思えるデザインの商品を開発したようです。この「香る生姜椀」は鰹と昆布の合わせだしに生姜の辛味をアクセントとして効かせているということでしたが、生姜の香りがほとんどしませんでした。

お湯を注ぐだけで椀ものを用意できるというのは手軽で悪くないのですが、次回この商品をスーパーで見かけてもカートに入れることは無いでしょう。私は海外旅行に出かける前にはいつも永谷園の4袋入の松茸の味お吸いものを購入することにしているのですが、その座を脅かす商品が出てくることは無さそうです。




2013japan80

 昼過ぎに雨が止んでくれたので散歩に出かけました。

待ちくたびれていた犬たちは雨後の香りが新鮮なのか電柱などの匂いを嗅ぎ回っていましたが、グイグイ引っ張られるのは気持ちが良いものじゃありません。犬の散歩に対する情熱や脚力を発電に生かす発明でもすれば世のためになりそうですが、散歩の時に行き先のコントロールさえ難しいので無理でしょうが。

散歩中に見慣れない表示があったのですが、道沿いに植えてあったヒマワリの種を自由にお持ち帰りくださいという案内でした。友人宅の庭は狭くて既に多くの植物が植えられていますので、新顔を受け入れる余地が無いので持ち帰ることはしませんでした。種を食べるのは好きですが、わずかな量を炒ったりするのは面倒ですしね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/25(水) 23:59)

 自転車と自動車で都内を走り回って見かけた笑えないものは…
2013japan75

 今日は友人と笹塚で待ち合わせをしました。

成田から香港出張に出かけるということでしたので、東京駅前のバス乗り場まで送って行くことにしたのです。笹塚まで自転車で行き、落ち合ってからは自動車に積んで戻るという方法にしました。それなら私も馴染みが無い道を走ることができて新鮮でしたし、友人も遠回りする必要がなくて合理的だったというわけです。

これは自転車で阿佐ヶ谷駅近くの路地を走っていた時に見かけたホテルですが、つられて笑って良いものか疑問でした。スマイリーフェイスは日本でも数年に一度ブームになりますが、このホテルチェーンは単に目立つことで収益性が上がることを目的にしているんじゃないかと感じましたのでね。泊まったことは無いので外観を見て感じた直感なのですが、中身は普通のビジネスホテルなんじゃないかと思えます。公式ウェブサイトも何の特色が無いものでしたし…




2013japan76

 今日は珍しく都心の道路が空いていました。

それで少し早く東京駅近くのバス乗り場に到着できたのですが、多くの人がバスを待っていましたので早めに着いて正解だったようです。おそらく連休に東京に遊びに来た人たちが成田からLCCに乗って帰ることにしたのでしょうが、出発前に成田空港から届いたメールによりますと、満員で乗れなかった人もいたということでした。

友人を降ろしてから犬たちが待つ家に急いで戻ることにしたのですが、20日にオープンしたばかりの東京駅八重洲口の「グランルーフ」の外観だけチェックしてみました。重厚なイメージの丸の内側の駅舎に比べてムチャ安っぽいデザインですが、いくら八重洲口が駅裏だとしてもヒドいと思います。

JR東日本は民営化した会社だから利益を追求するのは自由だろうと弁明するかもですが、首都の玄関として貧弱過ぎると私は思います。東京駅部分の空中権を周辺の高層ビル群に売却して儲けているはずですから、社会的な責任を果たすべきだと思います。




2013japan77

 東京駅からの帰りに少し寄り道をしてみました。

行きに新宿から四谷を抜けた時に韓国大使館があった辺りにパトカーや右翼の車が見当たりませんでしたので、以前の仙台坂の場所に戻ったのだろうと考えて、その様子をチェックしてみることにしました。オーストラリア大使館前から麻布方面に直進しようと考えたのですが、韓国大使館のかなり手前から道路封鎖していて直進できないように封鎖されていました。

韓国人が靖国に放火しようとしてたという報道がありましたので、それに自称愛国者のおじさまたちが反応したのかもしれませんが、他人に迷惑をかける行為は謹んでいただきたいものです。もちろん表現や結社の自由などを否定する気は無いのですが、この古臭いスタイルで何を訴えても共感を得ることはできないと思いますのでね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/24(火) 23:59)

 訴訟社会になっていない日本だから存在するのかもしれないシステムは…
2013japan74

 友人宅の郵便箱に不在票が入っていました。

ウェブサイトで再配達を申し込むか、ドライバーの携帯に電話するかしなければならないのは面倒だなと思ったのですが、その不在票には宅配ボックスの解除番号が書いてありました。その宅配ボックスの設置場所は部外者には悟られないように地味に作られていましたので、私はこれまでその存在自体を認識していませんでした。

4桁の解除番号を押したら宅配ボックスの扉が開いて送られたものを取り出すことができて便利でしたが、このシステムには根本的な問題があるのではという気がしました。郵便箱の中で不在票が他の郵便物やフライヤーなどに紛れてしまうことだってあるでしょうし、道路に面している宅配ボックスでは業者が4桁の解除番号を押す時に盗み見られてしまうこともあり得ますのでね。

いちばんシンプルで高齢者の住民にもわかりやすい方法はトークンみたいなものを解除キーとして使うことではないでしょうか。つまり宅配業者が届け物を宅配ボックスに入れて扉をロックすると自動的にトークンが出てきて、それを受け取る住人の郵便受けの専用口に投入すると扉の内側に納まるという仕組みです。郵便箱を開けてトークンを取り出し、それを宅配ボックスに投入すると品物を取り出すことができるということなら面倒もなくて簡単だと思いますが。




2013japan72

 久しぶりの猫たちとの生活は静かで快適です。

犬たちと違って爪は肉球内に納まっていますので、フローリングで歩き回っても無音ですからね。抜け毛の量もぜんぜん少ないので掃除は1日1回で済みますし、なにより毎朝の散歩の手間が無いのが嬉しいところです。体の大きさがまるで違いますので、猫は膝の上に乗せておいても負担がありませんしね。

犬も猫もたまに食べ物をもどしたり、紙類をいたずらして破いたりしますが、猫による被害の方がはるかに少ないのが現実です。友人宅の犬は特殊な例だと思いますが、これまで携帯電話やサングラスなど様々なものを噛み砕いていますからね。やはり私は犬派の皆さんのメンタリティを理解することはできません。




2013japan73

 これは新宿のオゾンで見かけたものです。

チューブに繋がれた小瓶が並んでいる「alomalize project」という名前の機械でしたが、個人に合ったアロマオイルを提案してくれる史上初の試みということでした。TwitterやFacebookなどの書き込んだ文章から分析され、それに適したアロマオイルを自動的に配合してくれるという仕組みのようでした。詳しい仕組みはわかりませんが、SNSに愚痴ばかり書いている人には気分を和ませてくれる配合にしてくれるといった感じなのでしょう。

アロマの専門家がいろいろと試行錯誤の上で作られているシステムでしょうし、プラシーボ効果というのがありますので信じやすい人には効果があるのかもしれません。しかしSNSに書き込む時に逆説的な表現をする人だっているでしょうし、携帯の予測変換機能で同じ単語ばかり使うタイプの人もいると思いますので、このシステムは無理があるのではという気がします。まあこの手のものが好きな方は「週刊誌の星座占いは良い時だけ信じる!」とかいうタイプの人が多いでしょうから、論理的なことはどうでも良い話でしょうが…(笑)






テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/23(月) 23:59)

 友人に青山のキラー通りで降ろしてもらってから見て回ったものは…
2013japan66

 今日から3匹の猫と留守番することになりました。

連休中に法事がある友人から頼まれたのですが、猫は散歩させる必要もないですから断る理由はありません。犬たちと留守番してた友人宅から自転車で直行するのは面白くないので、青山方面に出かけるという友人の自動車に自転車を積ませてもらって、あちこちの新しい物件をチェックした後に向かうことにしました。

キラー通りを走っている時に自動車の窓から神宮前3丁目交差点とワタリウム美術館の間にあった公務員住宅の跡地に工事Ȕだった「ザ・神宮前レジデンス」が完成していて、いかにも専門家がデザインしたと思える公開空き地のポケットパークがありましたので降ろしてもらいました。その公園のデザインは以前にネットで見かけたニューヨークの線路跡に作られたヤツのパクリじゃないかと思えたのですが、実際に見に行ったわけじゃないので断言できません。

その公園に面してナチュラルローソンがオープンしていましたので、「またか…」とうんざりさせられました。都会の女性向きの店が増えるのは必然なのでしょうが、マレーシアから帰国して業務スーパーや西友などでしか買い物していない私には利用価値が無い業態ですからね。しかもこのナチュラルローソンは近所のクルックとのコラボ店で、ますます私には縁遠いタイプの店になっていましたし。(笑)




2013japan67

 今日の目的はこのアイアンマンのイベントでした。

千駄ヶ谷小学校交差点近くの住友不動産原宿ビル1階のベルサール原宿で「アイアンマン3」のDVD&ブルーレイの発売を記念して9月14日から開催されていたアイアンマン300%というイベントでしたが、この手のイベントとしてはかなりの規模で多額の経費がかけられたもので楽しませてもらいました。

日本の芸能人がデザインしたフイギュアはさほど面白くなかったのですが、等身大アイアンマンが並んでいるトニー・スタークの別荘をイメージしたフロアは迫力がありました。家具や備品も映画撮影で実際に使用されたものということでしたが、欲を言わせてもらえれば撮影用のカメラや台本なども設置しておいて臨場感を演出していただきたいものでした。
 
会場を出る前に配られたフイギュアのカタログには割引券が入っていて、それを近所のトイサピエンスという店に持っていって買ってるファンがたくさんいたようです。私もアイアンマンスーツのデザインは好みですし、ピカピカの新品を購入してから戦闘後の傷などを加えて汚し塗装してみたいという願望はありましたが、中国の工場などで生産されている現場が想像できちゃいますので手が出ません。




2013japan70

 次の目的地は原宿の竹下通りでした。

モールマニアの私はH&Mのディフュージョンブランドのモンキなどが入居している「キュート キューブ ハラジュク」という新しい商業施設をチェックしてみようかなと考えていたのですが、「ここは中国か!?」と疑っちゃうほどの大混雑でしたので断念しました。平日に出直せば良い話ですからね。

それで裏原宿の路地をチェックした後に表参道を走っていたのですが、あちこちにユニクロのバナーがありました。9月21日から3日間開催されている「UNIQLO FASHION FES」というイベントでしたが、私が表参道ヒルズに到着した時に吹き抜けの大階段でのファッションショーが終わるところでした。地下3階では集英社や小学館などの女性誌10誌とコラボレーショした期間限定のコンセプトショップがオープンしていたのですが、大金をかけてやる意味があるのか疑問でした。ユニクロにはコスト削減して商品を安くしてもらえることが期待されていると思えますが…




2013japan68

 これはコペンハーゲン発の雑貨店の工事現場です。

昨年の大阪店に続いて表参道から伊藤病院の角を「まいせん」方面に曲がった表参道スクェアのロイヤルホストの跡に「フライングタイガーコペンハーゲン」の東京での旗艦店を出すことにしたみたいですが、10月2日のオープン日にはワイドショーの生中継があったり行列ができたりしそうですね。

大阪のショップは入場制限されるほど人気で、売れ過ぎて販売する商品が無くなっていたりしたようですが、さすがに今回は余裕を持って計画されているのでしょう。ちなみに私は大阪店では買い物しようと思えばできたのですが、レジ待ちの行列がヒドくて気持ちが萎えてしまいました。韓国旅行前でしたし、東京にもオープンするという噂はありましたので買い物しなくて正解でしたが。







2013japan69

 これは明治通りで見かけた大阪発の雑貨店です。

大阪の南堀江店がオープンした時には「雑貨戦争勃発」と話題になったらしい「ASOCO」という業態ですが、こちらは9月27日オープンということでマスコミ向けの内覧会をやってるような状況でした。こちらの方が「フライングタイガーコペンハーゲン」より場所がわかりやすいので人気となりそうですが、しばらくの間はおのぼりさんが多い週末は行鉄に並ばないと入店できないことになりそうですね。

「フライングタイガーコペンハーゲン」も「ASOCO」も東京での「行列ができる店」という実績を武器に今後は全国展開してゆくのでしょうが、少し前のアメリカの状況と似てきたように感じています。最近の景気回復基調と来年の3月の駆け込み需要などがあるでしょうから、しばらくは大丈夫なのでしょう。しかし嘘つき世襲総理の経済政策のボロが出てきたり、中国のバブル崩壊など突発的な事件などあれば一気に冷え込んでしまうことだってあり得ます。あまり風呂敷を広げ過ぎない方が安全と思いますが…




2013japan71

 これは明治通りで見かけたフライターグの直営店です。

一昨年オープンした銀座店に続く国内2店舗目となるみたいですが、渋谷店は明治通りとキャットストリートの両方に面しているので、風が通り抜ける開放感がある構造となっていました。裏手では工房を併設してリペアにも対応するように工夫されていましたが、フライターグがここまで日本のマーケットに浸透するとは予想外でした。

フライターグは1993年創業で今年で創業20周年となり、渋谷店は世界で11店舗目という話です。製品単価が高いので、日本ではフライターグのショップは大都市だけにしか出店できないのでしょう。おそらくアップルストア並みの8~9店舗が限界なんじゃないでしょうか。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/22(日) 23:59)

 「ちょうど良い」という心地よさを感じた神奈川への小旅行は…
2013japan60

 今日は暑くも寒くも無い最高の秋晴れの1日でした。

ショッピングモールマニアの私は以前から横浜のみなとみらい地区にオープンした商業施設に行くことを考えていたのですが、偶然にイケアのウェブサイトで港北店の朝食の食べ放題メニューが変わっていることを見かけましたので、まとめてチェックすることに。私はモールマニアであると同時に熱烈なイケア朝食のマニアですからね。

イケア港北店は8時半の開店ですので、それに合わせて出かける準備をしていたら、散歩に行くと勘違いした犬たちがソワソワしはじめました。「帰国したご主人さまがその内に連れて行ってくれるから…」と言い聞かせてバイクで出かけたのですが、道路が混んでいた上に事故渋滞に遭遇しちゃったので少し遅れて到着しました。

今回の食べ放題の朝食はコーヒーなどの飲み物付きで499円と割安なので期待していなかったのですが、スープやデザートもあって悪くありませんでした。常連さんたちのように高く盛ることはできませんでしたが、ランチは不要なくらいに満腹になりました。コーヒーも3種類が選べましたし、試してみる価値がありました。




2013japan61

 みなとみらいの新顔はなかなかの完成度でした。

新しい商業施設の名前は「MARK IS みなとみらい」とヒドかったのですが、全国でいろんな商業施設を開発している三菱地所が手がけているモールでしたので、横浜の立地にぴったりの無理がない内容で好感が持てました。お隣の横浜美術館とのバランスや屋上庭園なども「ちょうど良い」感じでしたし。

ちなみに地下4階とかなり深い部分にみなとみらい線の駅があることも特色で、当然ながら道路を挟んで隣に位置しているクィーンズモールとは地下4階部分でつながっていました。渋谷などから簡単にアクセスできることもこの新しい商業施設の特色でしょう。その地下通路を歩いて久しぶりにクィーンズモールに行ってみたのですが、新旧モールの雰囲気が違うのに驚かされました。クィーンズモールだって悪くは無いのですが、やっぱり新しいのと比べちゃうと…




2013japan62

 お昼になっても空腹感はまったくありませんでした。

週末でレストランフロアやフードコートは混んでいましたので、「今日はランチは抜いて夕食を早めに食べるか…」と考えながら歩いていたら、東京ガスのショールームから料理の実演と試食が始まるというアナウンスが聞こえてきました。実演は20分くらいという話でしたので、歩き疲れていた身には「ちょうど良い」休憩タイムでしたし。

30万もするというガスコンロの新製品でピザと揚げドーナッツの作りたてをいただいたのですが、量が「ちょうど良い」感じでした。ちなみにガスコンロには温度センサーが内臓されていて、揚げものをする場合に設定しておくと自動的に火力の調整をやってくれるということでした。最近は東京電力の地位が奈落の底に落ちていますので、東京ガスにとっては巻き返すチャンスなのでしょう。311以降にオール電化住宅なんて選ぶおバカな人はいないでしょうしね。




2013japan63

 次は元町方面に行ってみることにしました。

安藤百福発明記念館の先のサークルウォークという歩道橋の下で信号待ちしていた時にJICA横浜国際センターのことを思い出しましたのでチェックしてみることに。前回から1年以上経っていますので、展示が変わっているかもしれませんでしたので。今年は日本とASEANの友好交流40周年ということで、JICAの取り組みや神奈川の市民団体の活動報告などの展示がありました。

2階の移民博物館に行ってみたら北米や南米の日本人街についての展示があり、すごく懐かしい感じがしました。私も大昔の日本人街のことは知らないのですが、最近の絶滅寸前の日本人街とは違った雰囲気のことを多少は知っていますのでね。




2013japan64

 赤レンガパークや元町は混み過ぎていました。

バイクを停めて歩く気になれなかったので「ちょうど良い」気温の中を本牧方面に走ったのですが、かつて輝いていたマンション群は年月を経て色あせていましたが、根岸方面まで増殖していたのに驚かされました。さすがにその先に新しいものはできていないと思えましたので米軍根岸住宅の横を抜けて関内方面に戻ろうかと思ったのですが、9月14日の「出没!アド街ック天国」で上大岡のことをやっていたのを思い出しましたので、久しぶりにチェックしてみることに。

磯子まで南下して上大岡周辺の変化を見てみようと考えたのですが、駅前だけが都市化してるだけで退屈でした。9月17日に駅前に大手資本の商業施設が集中しないように配慮してる吉祥寺のことを書きましたが、それと正反対の悪い見本のようでした。吉祥寺は住みたい街No.1ですが、上大岡はランク外でしょう。私も残りの人生で再訪することが無いかもしれないと想像する珍しい街です。




2013japan65

 上大岡から真っ直ぐ走った所が最後の目的地でした。

根岸線の関内駅横のガードをくぐった先は重厚な外観の横浜郵船ビルにぶち当たるのですが、その裏手の運河沿いに古い倉庫をリノベーションしたBankARTStudioNYKというアートギャラリーがあります。そこで「日産アートアワード2013」というイベントが始まったばかりでしたので、久しぶりにチェックしてみることにしたのです。1階と2階のギャラリースペースに現代アート作品が置かれていて、3階が家具の町として有名な大川の広松木工という会社の「WHITE FUSION」という展示会場になっていました。

どちらもそれなりに面白くて大満足の1日でしたが、どこも道路が混んでいたのにはうんざりさせられました。「ちょうど良い」気温の中を「ちょうど良い」距離の横浜までの小旅行でしたが、自動車の多さはイケアの食べ放題の朝食以上でしたからね。(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/21(土) 23:59)

 秋晴れの爽やかな早朝に自動車で出かけた所で見たものは…
2013japan57

 今朝は久しぶりに目覚まし機能を利用しました。

渡欧していた友人が帰国する日でしたので早起きする必要があったのですが、迎えに行く準備をしながらコーヒーを1杯だけ淹れました。犬たちに「今朝の散歩は後でご主人様が連れて行ってくれるので大人しく待ってるように!」と言い聞かせ、マグを片手に羽田空港まで南下しました。

環八はわりと空いていましたので予定より10分ほど早く到着できたのですが、なにやら国際ターミナルの隣が工事中でした。「2014年4月以降供用開始予定」ということでしたが、2010年の10月に開業した羽田空港新国際線旅客ターミナルを拡張する計画があったようでした。現在のターミナルに継ぎ足しをして「T字型」になるようですが、私には良い計画だとは思えません。

最近になって報道番組に出まくっている都知事は横田基地を加えて首都圏3空港体制にするというプランを偉そうな態度で提言していますが、私はバブル時代の余裕がある時代に東京から大阪までリニアを整備して、富士山の裾野辺りにシンガポールのチャンギ空港のような巨大なハブ空港を作っておくべきだったと思います。




2013japan59

 今朝はコメダ珈琲で朝食をと考えていました。

環八から多摩堤通りに曲がった所にできていましたので、首都圏にも増え続けている人気の理由を探るために試してみようと考えたのですが、帰国したばかりの友人がうどんを食べたいということでしたので、「ゆで太郎」というチェーン店に初めて足を踏み入れてみました。

朝食メニューは同じ380円の値段で3種類あったのですが、私は無難な暖かい蕎麦と高菜めしのセットを選んでみました。400円でコーヒーとトーストとサラダのコメダ珈琲よりボリュームはありましたが、クオリティは低めでガッカリさせられました。アフリカを半年くらい彷徨って帰国したら、美味しく感じたかもですが。(笑)




2013japan58

 夕方にヤボ用があってバイクで出かけました。

甲州街道を挟んだ仙川駅の北側に「いなげや」や「Seria」、そして「しまむら」が並んでいる集合店舗ができていましたのでチェックしてみたのですが、内容はごく普通でしたが繁盛してるみたいでした。私には魅力が感じられないものでしたが、駐車場が60分無料というのは評価できます。

ちなみに「いなげや」の隣にもコメダ珈琲の支店ができていましたが、最近はあちこちで見かけるようになっているのには驚かされます。早く試してみたいのですが、ここなら自転車でも簡単にアクセスできますので悪くありません。欲を言わせてもらえれば犬たちを連れてくることができるテラス席があれば良いのですが。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/20(金) 22:58)

 今朝は定番のトーストとコーヒーの朝食にしなかった理由は…
2013japan54

 私の定番の朝食メニューはトーストとコーヒーです。

しかし今朝はそれにしなかったのは、明日の早朝に帰国する友人とコメダ珈琲の朝食セットを試してみようと決めていたからでした。ちょうど先日の朝でパンを切らしてしまったので、今朝はお粥を作ってみました。最近は私の友人たちは炊飯ジャーを捨てて専用の炊飯鍋で炊いてるのですが、当然ながら保温機能が無いので残ったご飯に水を加えて加熱するだけという簡単さですからね。

お粥に加えてのはベストマッチングのシラスで、ポン酢をちょっぴり垂らしました。しばらく純和風な雰囲気を味わってからザーサイの細切りとミョウガを加えて歯ごたえと変化を楽しみました。食べている時にいつものように犬たちがトーストの耳を貰いに集まってきましたが、食べるものが無かったのでガッカリしていました。明日の朝も外食ですので、2日続けてガッカリさせることが決定です。




2013japan55

 夕方に自転車で夕食の材料を買いに行きました。

スーパーに行く前にTUTAYAで最近のラインナップをチェックしてみたのですが、6月にプサンで見逃してしまっていた「アイアンマン3」があったので心を揺さぶられました。しかし「どこかで見る機会はあるだろう…」と見送ることに。ちなみにTUTAYAは月末に改装工事をやるそうでした。

これはTUTAYAの並びにいつの間にかオープンしていた写真スタジオですが、白い小屋のようなものが目立っていました。「アトリエ木下」という店名で検索してみたら、1923年に北九州の門司で創業した歴史あるスタジオみたいです。東京エリアでは自由が丘や代官山などにフォトスタジオがあるようですが、富裕層が多くてイメージが良いということで成城も選ばれたのでしょう。





2013japan56

 この自然食品店もわりと新顔だと思います。

やはりTUTAYAの並びの成城9丁目にオープンしていた「natural natural」という小さな店でしたが、たしかこの場所は以前はセブンイレブンだったと思います。それが成城マダムが好みそうな自然食品店に変わってしまったのですが、これも景気が回復してるからなのかもしれません。

店の前には3台分くらいの駐車場があって、そこの壁にはロンドンや福岡の支店の情報が記してありました。小田急線の成城学園前駅からも京王線の仙川駅も1,5kmほどある住宅地になぜか洒落た店の出店が相次いでいるわけですが、これは単なる偶然なのでしょうね。目の前の高校が移転して、その跡地に豪華なマンションが建つというような噂は聞いていませんし。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/19(木) 22:29)

 初秋といった天候の中で夏野菜のゴーヤを買った理由は…
2013japan51

 今朝は涼しくて初秋といった感じの天候でした。

半袖でバイクに乗るのをためらうくらいの涼しさでしたが、そんな中で季節はずれっぽいイメージの夏野菜のゴーヤを買ったのはこれまでいつも空っぽだった無人販売所に1袋100円で並んでいたからでした。この夏は中国やマレーシアで何度も食べて飽きていましたが、「2個で100円なら、新鮮そうだし久しぶりに食べてみるか…」と思ったのです。

薄切りしたゴーヤを玉子でとじたものに大根おろしと鰹節を乗せた日本ぽい料理法なら半年くらいは口にしていませんので新鮮に感じるでしょうし。以前テレビでゴーヤのわたを天ぷらにするというのを見かけたので、それも試してみたいものです。もうすぐ帰国する友人も天ぷらなら新鮮でしょうし。




2013japan52

 甲州街道沿いでこんな工事現場を見かけました。

以前にキューピーの仙川工場だったのが北関東辺りに新工場を移転させてマンションにでもするんじゃないかと予想していたのですが、建設中のこのビルにも見慣れたキューピー人形のマークが取り付けられていました。「そのままだとすると単なる耐震工事でもしていたのかな…?」と疑問に思って検索してみたら、公式ウェブサイトに「仙川工場跡地にグループ複合施設を建設」という情報がありました。

「今年の2月末に生産を終了したキユーピー仙川工場跡地に研究所を含む複合施設を建設」ということでしたが、研究所やオフィス機能以外に一般向けの見学用施設を併設するという話ですので楽しみです。工場は無くなっているわけですから、恵比寿のガーデンプレイスの見学施設みたいにキユーピーの歴史を見せるものになるのでしょうが、友人宅から自転車で行くことができるわけですしね。




2013japan53

 本日いちばんの話題はリニアのルート決定でしょう。

JR東海が国の支援を受けずに2027年開業を目指して建設するという計画でしたが、そのルートと6つの新駅予定地がようやく発表されました。東京側のターミナル駅は品川駅地下、名古屋側は名古屋駅の地下に設置予定で、中間駅は相模原市、甲府市、飯田市、中津川市と採算重視の直線ルートになったようです。

民間企業が自己資本で整備するものですので私が文句を言う筋合いじゃないのですが、人口減少社会であることをわきまえて無理がない経営を心がけていただきたいものです。トンネルばかりのリニア中央新幹線は悪天候には強そうですが、関東や中部は大地震の発生が懸念されているエリアですし、開業するまでには中国のバブル崩壊は必ずと言って良いくらい日本経済に悪影響を与えるはずですから、リニアへの投資が企業破綻の引き金にもなりかねませんので。

ちなみに今日の「5時に夢中!」ふかわりょうの代打司会者は二股交際で世間を騒がせたおじさまでしたが、彼もリニア計画には懐疑的でした。でもその理由は早過ぎる交通より個人的に自動車の方が好きという話でしたが。リニアの速さにまったく惹かれない私も同感でしたが、ゲストの美保純から女性との富士山へのドライブが多いということをバラされて大笑いしていました。まだまだお元気なようですが、日本の少子化対策のために今後も頑張っていただきたいものです。(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/18(水) 23:59)

 ヤボ用を済ませるために吉祥寺に出かけて見かけたものは…
2013japan46

 今日は秋晴れの中をバイクで吉祥寺に出かけました。

出張中の友人に頼まれたヤボ用を済ませるためでしたが、ある製品の設定は気が利いている担当者の方のおかげですんなり終了できました。10日前にも吉祥寺には来ていたのですが、街の変化の様子をチェックする時間はありませんでした。今日は台風一過の晴天で、暑くも寒くもない最高の気温でしたので、無目的に街を走り回るのに最適でした。

まずは西友の前で信号待ちて見かけたものですが、この武蔵野市の低層の建物は以前はすべて駐輪場だったような気がします。お役所ですから正式名称は「吉祥寺大通り北自転車等駐車場」というらしいのですが、その1階部分に「吉祥寺方式共同集配送センター」という表示があったのです。2011年の春にオープンしたみたいですが、まちづくりの一環として放置自転車を無くして、配送業務も効率化することを目指しているようです。「進化するまち『NEXT-吉祥寺』プロ. ジェクト」というコンセプトに基づいて工夫されたみたいですが、その対投資効果がいかほどのものなのか、聞いてみたいものです。




2013japan49

 吉祥寺は全国でも珍しい郊外の街と言われています。

それは他の街のように駅前に鉄道系の大資本による駅ビルが林立したりするのを許さず、武蔵野の杜の歴史を残す寺が微妙なバランスで点在してたりするためですが、そんな特色がある街にもチェーン店が忍び寄っています。9月7日のブログにも書きましたが、駅舎はまだ低層で緑と空が見える良い環境が保全されてはいます。

しかし武蔵野市はチェーン店が増えて他の郊外の街と変わらなくなることに危機感を持っているためか、五日市街道沿いに都市型の緑地を整備することにしたようです。これが完成すれば、さらに「住みたい町No1」の座は不動のものになるのでしょう。





2013japan47

 このシアターのことは名前だけしか知りませんでした。

ヨドバシカメラの裏手を歩いている時に偶然に通りかかったのですが、かなり中央線に近い場所に吉祥寺シアターがひっそりと建っていました。「公益財団法人 武蔵野文化事業団」により運営されている街の文化発信基地で、劇場側に配置された樹木は場末的な雰囲気があったエリアに品格を与えていると思います。

吉祥寺シアターの1階にあったシアターカフェの前にはマダムが好みそうな「ecco!!」というフリーペーパーが置いてありましたが、日本が高齢化と共に成熟化していることを実感させられました。この劇場が牽引役となって周辺の民家やアパートが洒落たカフェやショップに変わっていけば面白くなるかもですね。




2013japan50

 立体駐車場にこんな小さな店が張り付いてました。

ますます高感度な店が増えている吉祥寺ですが、人口が田舎の県庁所在地の都市より多い武蔵野市にはいろんなタイプの住民がいるので、こういった店の需要もけっこうあるのでしょう。わりと間口が広い立体駐車場でしたので誰かが薄い店舗を提案したのでしょうが、見た目が派手過ぎて武蔵野市を文化都市にしたいと願っているような方たちにとっては邪魔な存在なのでしょう。

景観条例などで縛るのは管理社会になりそうで個人的にイヤなのですが、ガイドラインで緩やかに吉祥寺のあるべき姿に導くというのが理想的だと思います。その将来の具体的な姿を市民に示すのが難しいとは思いますが、これまで様々な革新的な改革を行ってきた武蔵野市ですから、熱意があれば成し遂げることができるでしょう。




2013japan48

 新しいインテリア店もオープンしていました。

この建物は以前はKEYUKAでしたが、コピス吉祥寺に移転しちゃったため、けっこう長い間空き店舗でした。ビルのオーナーさんが家賃設定を下げたためか、あるいは景気回復基調のためか、フランフランの新店舗がオープンしていました。

L・A・G by Francfrancの吉祥寺店ということでしたが、昨年の10月から今年の2月まで青山に期間限定ショップとしてオープンしていたものが吉祥寺に移転したみたいです。検索してみたら5月10日にオープンしていたみたいですが、五日市街道はあまり走らないので気がつきませんでした。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/17(火) 23:59)

 夜中に強風で起こされ、台風がやってくる前に済ませたことは…
2013japan43

 今日は真夜中に強風に起こされてしまいました。

留守番をしている友人宅には犬たちが庭に出入りできるようにサッシの網戸にペットドアを取り付けたのですが、普段は磁石で止まるプラスチック製のドアが風の力でバタバタはためいてうるさかったのです。サッシを閉めに行くのが面倒だったのでブランケットをかぶって寝ようとしたのですが、雨音がしてきましたので起きて閉めました。

早起きの犬たちよりも早く起こされたのはムカつきましたが、窓ガラスに強く吹き付ける雨を見て「これで今日の散歩はパスできそうだな…」とホッとしました。しかし朝食後に特番で台風被害の様子を見ていたら、雨が止んでしまいましたので、つぶらな瞳の犬たちの催促に負けて散歩に出かけることにしました。

普段は犬連れのご近所さんと擦れ違ったりするのですが、今日はどなたも歩かれていませんでしたし、自動車も少なめでした。強風で落ちた葉の上を歩いていたら、久しぶりの秋っぽい感じがして心が洗われるような気がしました。マレーシアのキャメロンハイランドあたりでは四季が無い中でロングステイしてる高齢の日本人が多いらしいのですが、季節の変わり目が大好きな私には信じられません。




2013japan44

 午前中に強風と大雨がマックス状態になりました。

京都では桂川の水位が上がって30万近い住民に避難指示が出ていて、濁流が堤防を越えて嵐山の住宅地に流れ込んだとか報道していました。「こんな異常気象が今後も続くようなら2020年の夏は大丈夫かな…」と余計な心配をしていたら、2階のリビングルームからポタポタと水が落ちるような音が聞こえてきました。

そんなことは初めてだったのですが、なんと天井からの雨漏りでした。その原因は3階のベランダの排水溝に強風で落ちた樹木の葉が詰まっていたためでした。そのベランダに溜まった雨水が2階の天井裏に流れ込んでいたようでしたが、詰まった葉を取り除いて1時間ほどで雨漏りは止まってくれました。偶然に早めに発見できたので、洗面器に半分くらいの雨漏り被害で済みました。




2013japan45

 風呂に入る前に家の周りを点検しておきました。

庭の竹や樹木が強風で少しだけ被害を受けていましたが、それ以外は特に見当たらないようでした。庭に落ちた葉は時間が経てば朽ちてしまいますので問題ないのですが、玄関周りに落ちたものは掃除しなければならないのが面倒でした。まずは大まかに落ち葉を集め、その後に10mのホースを使って細かい砂や泥を洗い流しました。

雨漏りの原因となったベランダの点検も終え、ゆったり風呂に入りながら防水テレビで夕方のニュースをチェックしたのですが、深刻な台風被害に遭われた地域の映像を見てお気の毒だと心から思いました。地震も含めて自然災害はどこで発生してもおかしくなく、「明日は我が身」と考えて備えておくべきですよね。

ちなみにアウトドアが好きな友人宅には屋外で使うことができるガスボンベ式やチャコールを使うタイプの調理器具などがたくさんありますし、携帯電話や防水テレビなどを充電することができる変圧器を使うことができる自動車もあります。大地震などでライフラインが途絶えても1週間くらいは耐えることができますが、ご近所さん、特にオール電化住宅のマンションの皆さんはすぐにまともな生活ができなくなるのでしょうね。今日の災害を教訓にして、ライフラインが途絶えても山手線の内側の家庭は10日ほど、環七の内側では1週間ほどサバイバルできるだけの食料や燃料を備蓄しておくべきだと思います。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/09/16(月) 23:32)

 大雨が止んでから久しぶりに作ってみた冷やし中華の味は…
2013japan40

 台風の影響なのか、朝からスゴい雨でした。

さすがに犬たちも今朝は散歩はあきらめてくれたのですが、昼前に小降りになってきたのでソワソワしはじめました。散歩は路面がある程度乾いてからにしてもらうことにして、早めのランチに久しぶりに冷やし中華を作ってみることにしました。今年は初夏から韓国や中国などを旅行しましたので、例年に比べて冷やし中華を口にする回数はかなり少なかったので美味しくいただくことができました。

旅行中はどうしても野菜不足になりがちですから、自分で作ると野菜たっぷりの冷やし中華になってしまうのですが、そうなると製品に付いてるごまダレの小袋だけじゃ足りなくなります。それで友人宅の冷蔵庫にあったごましゃぶドレッシングなどを追加したのですが、撮影後に皿の表面が真っ黒になるくらい振りかけた韓国海苔とマレーシアのフライドオニオンが上手くマッチしてくれました。




2013japan41

 この数字を夕方のニュースで見てムカつきました。

内閣支持率が60パーセント台を回復したというのも「やるべきことをやらずに消費税を上げようとしてるのに何故…?」と疑問でしたが、その世襲総理を支持してる日本人の8割が「東京がオリンピック開催地に選ばれたことは良かった」と考えていることにも驚かされました。日本は成熟社会とか言われていますが、候補地の3都市に行ったことがある人なら2020年のオリンピック開催地としてはイスタンブールが最適だと考えるはずだと私には思えますからね。

今回のブエノスアイレスでのプレゼンテーションでは世襲総理が自己保身のために「フクシマ原発はコントロールされている」とウソをついたわけですが、このアンケートによりますと内閣を支持しているイノセントな人たちも7割以上がコントロールなんかできていないと捉えているようです。ということはウソをついてでも五輪開催都市になったことを容認したり喜んでいるということが透けて見えるのですが、私はそんな日本人は「恥を知りやがれ!」と罵倒したくなります。

多額の税金を使っての誘致活動に熱心だった前知事の暴走老人は「若い世代に自国でのオリンピックの感動を…」とか偉そうなことを言っていましたし、「東京がオリンピック開催地に選ばれたことは良かった」と考えている8割の日本人は「経緯はともあれ、もう決まってしまったことだし…」とアホみたいに喜んでいるのでしょうが、フクシマ原発の汚水処理が上手くできなくて世襲総理のウソが諸外国がら批判されるようになり、「そんな危険な国に選手団を送り出すことはできない!」という流れになったら何と言うのでしょう。

多額の税金を投入してスタジアムを建設して、中国のバブル崩壊などを契機に日中関係が悪化して紛争状態にでもなれば東京が2回目の「幻のオリンピック都市」となることだってあり得ますが、たかがスポーツのために税金を無駄遣いすることは私は反対です。日本社会の高齢化は待ったなしですから、税金は有効に使うべきですからね。




2013japan42

 不況を描いていた映画を見て考えさせられました。

BS日テレで放送された「カンパニー・メン」という2010年の映画でしたが、リーマンショックを契機にリストラされて苦しむエリートサラリーマン役をベン・アフレックが好演していました。大金持ちのCEOが自己保身のために不採算部門を切り捨てるところからドラマが始まるのですが、この場面はクビだと言われてデスク周りの備品を箱に入れて愛車のポルシェで自宅に戻る印象的なシーンです。

映画の後半で第二次世界大戦後に造船所で実際にものづくりをしていた経験があるトミー・リー・ジョーンズ演じる元上司が空虚なマネーゲームに明け暮れる現代アメリカ社会を嘆くシーンがあるのですが、日本も現実社会の痛みを知らない世襲議員たちのせいで同じ道を辿っているように思えます。アメリカは企業家精神に富んでいて国内マーケットも大きいですし、少子高齢化は深刻じゃありませんので私は産業が復活することを確信していますが、日本はますます疲弊して没落の道を突き進むことになるだろうと予想しています。

それは政治家たちが本来やるべきことをやらずに自己保身に走り、大多数の国民も簡単に騙されてしまうからでしょう。日本がダメになったのは高度成長期の余力がある時期に箱モノなど作って無駄遣いをし続け、将来に問題化する少子化に対してフランスのような有効な対策を施さず、国民もそんな怠惰な世襲議員たちに票を入れ続けてきたからでしょう。日本はよほどの幸運が続かない限りは没落の道を歩むしかないでしょうが、やるべきことをやらないでアベノミクスやオリンピックなど優先順位が低いことに熱心な現内閣を6割もの日本人が支持しているわけですから自業自得ではありますが…





テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/15(日) 22:37)

 台風の影響で明日から雨という予報で出かけることにした場所は…
2013japan39
 
 台風18号が関東へ上陸するかもという話です。

今日は犬たちとのんびり過ごして、明日バイクであちこちのイベントをハシゴしようと考えていたのですが、レインパーカーを着てまで出かけるほどの内容じゃありませんでしたので雨が降り出す前に出かけておくことに。この3連休は都内で秋祭りを含めていろんなイベントが行われのですが、ガソリン代も高いことですし渋谷近辺に絞ることにしました。自転車で行けば運動不足の解消になって一石二鳥なのですが、お米とか重たいものを買わなくちゃなりませんでしたので…

昨年のこの時期は桜新町にサザエさんねぷたを見に行ったのですが、2年続けて見るようなレベルじゃありませんでしたし、人が多いのは苦手ですから近場を試してみようかと考えました。でもゲストが私にとってはあまり魅力的じゃ無かったものでパスすることに。





2013japan35

 まずはお米を買うために甲州街道を走りました。

数日前に笹塚に業務スーパーの支店ができているのを見かけましたので買い物して行くことにしたのですが、その手前にいつの間にかオープンしていた驚安堂という店もチェックしてみることに。24時間営業のコンビニを大きくしたような形態の店でしたが、ドンペンくんが描かれているのでわかるようにドン・キホーテの系列店みたいです。

6月28日にオープンしたらしく店内はキレイでしたが、店名に負けないような値段設定ではありませんでしたので何も買いませんでした。この店は近所の住民か真夜中に大工道具が必要になった時くらいしか利用価値が無さそうです。




2013japan36

 代々木公園のイベントはスゴい盛り上がりでした。

今年は日本とベトナムの外交関係樹立40周年ということもあったのかもですが、私のように「明日から雨なので行っておくか…」と考えた人が多かったんじゃないかと思います。「ベトナムフェスティバル2013」の会場では555ビールを片手に屋台や雑貨の売店を楽しそうに冷やかしている人たちがいましたが、日本の物価に慣れていない私は何も買えませんでした。バインミーなど美味しそうでしたが…

最近は日韓や日中関係が冷え込んでいますので、ベトナム政府は今後の成長のために日越関係を深める好機と捉えているのかもしれません。ハノイ~ホーチミン間の新幹線も日本方式で来年に着工されることに決まったみたいですしね。完成すると5時間半で結ばれるらしいのですが、昨年の長時間の移動を考えるとスゴい変化です。




2013japan37

 次は代官山T‐SITEのイベントに行ってみました。

先日から連休最終日の16日まで開催されるリーバイスによるブルージーンズ生誕140年のイベントでしたが、「サンフランシスコ本社の保管庫からリーバイスとともに歩んだ歴史や文化を物語る貴重なアーカイブ数点が初来日…」というものでしたので、これは見逃せないと考えたのです。私はここ数年はデニムを身に着けたことが無いのですが、昔はサンフランシスコ本社の工場見学にも行ったことがあるほどのファンでしたので。

会場のGARDEN GALLERYには数本のビンテージジーンズとデザイナーやアーティストとのコラボ作品がゆったりと展示してあったのですが、ダミアン・ハーストの作品を見ることができただけでも高いガソリン代を払う価値がありました。その作品は数年前のオークションで300万ほどで日本人のコレクターが落札されたらしいのですが、良い決断をされたものだと思います。




2013japan38

 旧山手通り沿いに新しい店がオープンしていました。

たしかこの建物には以前はパレスチナの日本事務所があったと思いますが、それがFREECITYというLAの高感度なカジュアルファッション店の支店に変わっていたのです。店の前の花輪には芸能人の名前がありましたし、以前に聖林公司のセール会場として使われたこともありましたので検索してみたら、やはり聖林公司が手がけているようでした。偶然にオープン初日に通りかかったのですが、信号待ちしなかったら気がつかなかったかもしれません。

代官山から恵比寿に移動してガーデンプレイスの「恵比寿麦酒祭」というイベントもチェックしてみようかと考えたのですが、バイクだとどうせ飲めないので止めておきました。そのイベントでは売り上げが東北支援に使われるということでしたので仙台のイルミネーションを眺めながら高いビールを飲むのも悪くないと思ったのですけどね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/14(土) 23:59)

 オリンピックとは無関係に高層ビルが建設され続ける街は…
2013japan30

 今日は古い友人とランチの約束をしていました。

早めに出発したので約束の時間まで30分もありましたので、少し遠回りして武蔵小杉駅の周辺をチェックしてみることにしました。最近は湾岸エリア以外でも駅前に高層ビルが建設されることが増えているのですが、武蔵小杉はその中でも群を抜いている感じなのです。都心へのアクセスが良いわりに多摩川などの自然環境にも恵まれていることから人気となっているようですが、高層ビルが1棟も無い頃のことを考えると「変わったな~」と痛感させられます。

知らないうちに武蔵小杉東急スクエアという商業施設が開業していたので軽くチェックしてみようかなと考えたのですが、近くにバイクを停める場所が見つからなかったので断念しました。モールマニアとしては押さえておきたかったのですが、テナントは東急ストアやユニクロなどでありきたりみたいでしたので先送りすることに。




2013japan31

 友人とのランチはとんかつを選んでみました。

5種類のランチの料金はすべて880円で、友人はチキンかつが美味しいと注文していましたが、1週間ほど前にムスリム国から帰国してまだ豚肉を新鮮に感じる私はとんかつを選びました。マレーシアで1食200円以下の生活をしていたので割り高に感じましたが、日本社会に適応するためには慣れていくしかありません。

食後にいろんな工具を持っていて手先も器用な友人に、固くて外すことができなかったMacBook AirのSSDを固定しているネジを外してもらいました。秋葉原で星型のドライバーを買えば自分でも外せたはずですが、ネジひとつのためにマレーシアの1日分にあたる食費を払いたくなかったのです。




2013japan32

 食後にヤボ用で目黒方面に行くことになりました。

それで久しぶりにパスコの直売所に寄ってみることにしたのですが、売り場の雰囲気が少し変わっていました。相変わらず道路からは店があることを感じさせない地味~な感じでしたが、店内には昔みたいに割安感がある商品が並んでいなかったのです。

せっかく来たので100円に値下げされていたマフィンとクロワッサンを購入したのですが、ガソリン代を考えたら無駄足と言っても良いでしょう。徒歩や自転車で通える近所の人以外はメリットが無くなっていると思います。これもアベノミクスのせいかも…(笑)




2013japan33

 初めて東京農大の博物館に行ってみました。

以前に世田谷通りを走っていた時に食と農の博物館という看板を見かけて検索したことがあったのですが、入場無料ということでしたので目黒の帰りに寄り道してみることに。大学と馬事公苑の間のけやき広場に面して建てられていた4階建てのモダンなデザインの博物館でしたが、大御所の隈研吾氏の設計ということでした。

常設展も充実していてそれなりに面白かったのですが、「緑化作品にみる農大造園家90年の軌跡、そして明日へ」という企画展はかなり楽しめました。「明治神宮の森から首都高速大橋ジャンクション目黒天空庭園まで」という副題でわかるように東京農大の長い歴史と実績も再認識できましたし。隣接する展示温室のバイオリウムもまあまあ良かったのですが、ちょうどマダガスカルのワオキツネザルたちのディナータイムに遭遇できてラッキーでした。




2013japan34

 これはけやき広場の奥の馬事公苑の入り口です。

この施設は日中戦争の影響などから日本政府が開催権を返上したために「幻のオリンピック」となった1940年の第12回東京オリンピックに向けて馬術選手を育成する目的で開設されたということですが、戦後に開催された1964年の第18回東京オリンピックでは馬場馬術競技の会場となったそうです。日本中央競馬会 (JRA) が運営する馬事普及の拠点みたいですが、何度も近くを通ったことはありましたが足を踏み入れたことはありませんでした。

友人宅からなら自転車でも楽にアクセスできる距離ですが、せっかくバイクを停めたので馬事公苑内を見学してみようかと考えました。しかし掲示板で「第45回愛馬の日」というポスターを見かけましたので、その時にあらためて出直すことに。恒例行事の流鏑馬に加えてばんえい競馬のデモンストレーションもあるみたいですからね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/13(金) 23:59)

 なぜか生まれて初めて行ってみた友人宅の近くの駅は…
2013japan23

 今日の東京は久しぶりに暑くなりました。

古い友人との約束が明日になりましたので、今日は犬たちと留守番してる友人宅の近くを自転車で探検してみることに。いちばん近い小田急線の成城学園前駅や京王線の仙川駅などは何度も行ったことがあるのですが、なぜか歩いて行くこともできるほど近い喜多見駅や狛江駅の周辺は私にとって「未体験ゾーン」だったのです。

いつものようにiPod touchのGoogleマップで狛江駅までの歩行ルートを出してみたら、途中までは毎朝の犬の散歩のコースと同じでした。その何十回も歩いた道を自転車で駆け抜け、途中からまったく知らない住宅地を抜けたのですが、ほとんどが2~3階建ての家ばかりで空き地や農園などもけっこう残っていて和みました。

15分ほどで狛江駅に到着できましたが、小さな駅舎の横に不釣合いな大きさの商業ビルがあってオダキューOXが入居してりいました。駅前の交番の横には「絵手紙発祥の地」という大きなバナーがありましたが、驚かされたのは駅の斜め前に鬱蒼とした森があったことでした。その横には「泉の森会館」というギャラリーがある落ち着いた感じのビルがあり、暮らしやすそうな雰囲気を醸し出していました。




2013japan24

 狛江の掲示板で気になるものを見かけました。

狛江市と東大和市と武蔵村山市が共同で開催する「多摩3市うまいものフェア」という月末のイベントでしたが、国領駅と狛江駅の真ん中辺りの狛江市立緑野小学校の校庭で開催されるのですが、私が注目したのは全品100円だという料理でした。3市が2つの料理を出品しているようですが、すべて試しても600円というわけなのです。

それぞれの料理のサイズは小さそうですが、それを6種類も食べるのは無理がありそうです。3種類で充分な気がしますが、当日の気分次第で決めれば良いことでしょう。イベントのゲストはよしもと芸人のロバートや大西ライオンたちらしいのですが、女っ気が無いのが残念です。売れてないアイドルでも来てくれれば良いのですが…(笑)




2013japan25

 狛江駅からは小田急線沿いを東に走りました。

隣の喜多見駅も小田急線に乗って通過したことだけしかありませんでしたのでチェックしてみることにしたのですが、その途中に広大な敷地の電力中央研究所というのがありました。311以降は「電力」と聞くと胡散臭い感じがしますが、検索してみたら批判的な文章が目に付きました。東電との関係性がどのくらいあるのか知りませんが、周辺の一般住宅とは別次元の雰囲気が漂っていました。

道路からだと中の様子はわかりませんので、Googleマップの航空写真でチェックしてみたら広大な敷地内にはグラウンドやテニスコートなどがありました。IOC総会で嘘をついて2020年のオリンピック開催都市になったことで調子に乗ってる世襲総理は予定通りに来年の4月から消費税を上げることにしたみたいですが、それはこのような無駄なものをすべて処分してからにしていただきたいものです。さらに円安傾向を誘導しちゃっている自分たちが乗る政府専用機を2機も輸入しようなんて無駄遣いは止めていただきたいものです。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/12(木) 23:56)

 帰国後に初めて作って食べてみた和風の朝食の感想は…
2013japan20

 マレーシアから帰国してもうすぐ1週間になります。

旅行中はチーズなどの乳製品に飢えていましたので、最近は朝食の際にはチーズトーストばかり食べていました。それも飽きてきましたので、今朝は和風な朝食を作ってみたのですがなかなか美味しゅうございました。できればアジの開きでも焼きたかったのですが、買い物に行くのが面倒でしたので焼きナスで我慢することに。

普段は納豆はパックのまま食べているのですが、テーブルに置いてみたら白くて浮いてしまいました。それで撮影のために器に移し替えたのですが、洗い物がひとつ増えてしまって食後に後悔しました。美味しければそれだけで充分ですからね。




2013japan19

 買い物の途中でこんなPOPを見かけました。

もう開催都市が決定してけっこう時間が経っていますが、号外なんて欲しい人がいるのかなと不思議でした。テレビのインタビューは開催が決まって喜んでる人たちしか選んでいませんので国民の大多数が号外を欲しがってるかのように誤解する人がいるかもですが、私のように世襲総理が自己保身のためにIOC総会で噓をついたことを危惧するまともな人も少なくないと思います。

東京電力の担当者もフクシマの汚染水はコントロールできていないという認識のようですが、なぜ世襲総理はブエノスアイレスであんな噓をついたのか理解に苦しみます。世襲総理は以前に「美しい国」とか言ってましたが、原発は安全と妄信して対策を怠って深刻な放射能汚染を引き起こし、メルトダウンした後の対策も遅れて被害が拡大しているというのに、それを「コントロールできてる」とか「責任を持つ」なんて言ってアホじゃないかと思います。子供の教育にも悪影響を及ぼすでしょうが、それで「日本の若い世代に夢を与えたい」なんて無茶苦茶な話ですよね。




2013japan22

 多くの人がアップルには失望してるようですね。

iPhoneの2機種は漏れ伝わってきていた情報を超える新機能はありませんでしたし、「ワンモア…」もありませんでしたし。ゴールドが追加されて3色となったiPhone5sに付いた指紋認証機能は悪くないのですが、お財布携帯機能は今回も先送りとなってしまいましたし。

新製品のiPhone5cのSIMフリー版が99ドルなら私は消費税がかからない香港でホワイトを購入するでしょうが、通信会社と契約しない場合のアメリカでの価格は549ドルですから話になりません。廉価版という噂でしたので249ドルくらいじゃないかと予想していたのですが、iPhone5sとそれほど変わらない価格設定だと日本以外では苦戦するんじゃないでしょうか。

ちなみに今回からドコモからも販売されるようになりましたので、数年ぶりにウェブサイトをチェックしてみたらiPhoneの情報が見当たりませんでしたし、そのデザインがヒドかったのには驚かされました。日本で販売する3社はかなり前からiPhoneの発売時期やスペックはわかっていたはずなのに、日本での価格がいくらになるか発表されないのもイヤな感じがします。まあ私は日本の携帯電話の会社はすべて大嫌いですので、日本じゃ買わないですけどね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/11(水) 23:59)

 これから大きく変わりそうな東京で私が大事だと思うポイントは…
2013japan14

 これから東京は大きく変化しちゃいそうな感じです。

日本全体では人口減社会となるのが間違い無さそうですが、東京と福岡あたりは横バイしそうな感じですし、特に東京は世襲総理がアルゼンチンで大ウソをついてIOCの選考委員を騙し切ったので、2020年に向けてバブル化して変貌することになりそうです。

これはヤボ用で甲州街道を走っていた時に見かけた新宿南口の工事現場ですが、左に高島屋があることからわかるようにこの建物は線路の上に跨るように作られています。数年前から山手線の線路の上に人口基盤が作られていて、JRの南口やバスターミナル、それとチケット売り場などが出現することになりそうです。

この計画はかなり前から立案されていたものでオリンピックとの直接的な関係は無いのですが、もちろん日本有数の大ターミナル周辺の工事ですからかなりの影響はあるでしょう。これからの高齢化社会に備えてバリアフリーなど充分に考慮されたものができるはずですが、私はオリンピックバブルに浮かれることなく地道に整備を進めていくことが大事なポイントだと思います。しかし目の前の利益に飛びつく拝金主義者たちが台無しにするんじゃないかと心配です。




2013japan17

 ヤボ用を終えて246を走って帰ることにしました。

青山1丁目の交差点で信号待ちしている時にホンダの本社ビルの前に新型フィットが置いてあるのを見かけましたので、どれくらい変化してるのかチェックしてみることに。新モデルは130万円以下の1,3Lのガソリン車から200万近いハイブリッド車までいろんなタイプのラインナップがありました。

以前のフィットはまさにファミリーカーで女性っぽいイメージでしたが、新型の顔つきは少しインサイトに似ていて男性的に変わったように思えます。外見やインテリアを見ただけじゃ進化のレベルはわかりませんので、近いうちにどこかの国でレンタカーを借りる時にでも試してみたいと思います。




2013japan18

 今日は久しぶりに温かいうどんを作ってみました。

9月5日の遅い時間に羽田空港に帰国した後に環八のなか卯でうどんを食べようと考えていたのですが、閉店していたので食べ損ねていました。友人宅にうどんの乾麺はありましたが、生麺を食べたかったのです。うどんを食べたかった理由はおぼろ昆布を味わいたかったからでしたが、数ヶ月ぶりでしたので美味しゅうございました。

これでとんかつや寿司、蕎麦やハヤシライスなど食べたいと考えていたものは口にすることができたのですが、次はイタリアンやフランス料理を食べたくなりました。今回の旅行先はワインやチーズなどが割高でしたのでご無沙汰だったためですが、嘘つき世襲総理のせいで円安傾向で手が届きにくくなっています。税率が低いワインはマシですが、これから消費税が上がったらと想像すると憂鬱です。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/10(火) 23:59)

 犬たちとの散歩のデューティが始まって改めて気がついたことは…
2013japan11

 犬たちとの散歩のデューティが始まりました。

今朝は昨晩の雨がウソのように晴れてくれ、気温も25度前後でしたので快適そのものでした。もう旅の疲れはまったく残っていませんし、犬たちも大人になりつつありますので悪さをする回数も減ったので助かっています。しかし犬たちの散歩に付いていくのは問題ないのですが、落し物を拾わなければならないのは未だに抵抗があります。

まだ外国人目線が少しだけ残っていて改めて気がついたのですが、東京の街はあちこちで老朽化が進んでいますし、外国語の表示もまだまだ少ないですね。2020年に開催されるオリンピック都市に決まったのですが、私は開催までの7年間の間に計画的な都市改造を行う必要があると思います。

例えばこの公園の案内板の表示は消えかかっていましたが、更新する場合には多言語で表記することなど検討すべきでしょう。もちろんスペースの制限はありますので最低限のものだけ多言語表示して、細かいものは携帯端末で2次元コードを読み込んでもらうといったことを考えなければならないでしょう。




2013japan12

 今朝のワイドショーはオリンピック一色でした。

いつものようにオリンピック開催都市に選ばれて喜んでいるシーンばかりが繰り返し放送され、アナウンサーも「日本中が歓喜した…」とかウソをついていました。まあ「招致費用が無駄にならなかったのは良かったかな…」と肯定的に捉えている国民は多いでしょうが、被災地の皆さんのようにアルゼンチンでの世襲総理の発言を問題視してるマトモな人たちも多いと思えますが。

番組では市場が開催決定を受けて円安傾向になり、建設会社やスポーツ関連の株価が上がっていると煽るような報道をやっていましたが、その真っ最中に茨城での地震発生のテロップが流れましたので笑ってしまいました。地震の規模は小さいものでしたので今日は問題なかったのですが、これが2019年くらいに首都圏直下型の大地震が発生しちゃったら大変なことになるわけです。

もちろん開催までの7年の間に都心の耐震工事を進めたりすれば被害を最小にすることはできますが、よほどの技術革新がなければフクシマの廃炉はできていないはずですから深刻なのです。今夏の都心の気温は東南アジアの都市より高温でしたし、帰国前には竜巻による被害も発生したりしました。地球環境がマイルド化して何も起きなければ良いのですが、「想定外でした…」なんて責任放棄しないで済むように最悪の場合に備えておかねばならないわけです。




2013japan13

 これは夕方のマイナーな番組でのアンケートです。

「2020年のオリンピック開催都市に決まったことは嬉しいですか?」という質問だったのですが、半分以上の人がネガティブな答えでしたので驚かされました。まあ夕方の視聴率が低そうな番組での話ですので、信頼性が高いわけじゃないと思いますけどね。しかしバカ騒ぎすることで景気回復することにつなげようとするテレビ局のアンケートでこんな結果が出るのは珍しいのでは。

今回の旅行中に知り合った2人の中国人から「オリンピック開催都市決定おめでとう」という祝福のメールが届いたのですが、イスタンブールで開催されることを望んでいた私にとっては迷惑な話でしかないことを説明するのがたいへんでした。中国のバブル崩壊後になら説明するのは簡単でしょうが…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/09(月) 23:31)

 約2ヶ月ぶりに帰国しておかしな方向に動き始めてると感じた理由は…
2013japan8

 約2ヶ月ぶりに帰国して最初の日曜を迎えました。

洗濯日和じゃありませんでしたが、そのおかげで残暑とは無縁で秋の気配を満喫できました。久しぶりの日本は季節感もありますし、まだ新鮮に感じる食べ物も多くて楽しめています。ガソリンは上がっていましたが、その他の物価は長いデフレ時代の影響なのかアジアの諸外国のインフレに比べるとマイルドな感じがしました。

今朝は犬たちに起こされる前にイヤな予感がして目覚めたのですが、ニュースサイトの見出しを見て最悪な気分になってしまいました。2020年のオリンピックに立候補している3都市に行ったことがある人なら間違いなくイスタンブールを選ぶはずだと思うのですが、なぜか東京が選ばれてしまったのです。

私は他にどこもオリンピック開催都市に立候補する都市が無ければ東京が手を挙げても良いかなと思っているのですが、まだ一度の開催したことが無い地域の都市が熱烈に希望しているのを邪魔することは無粋なことだと考えています。東京都がぜひ開催したいという何らかの理由があるのなら別なのですが、金儲けの道具にしたいからというのが目的であるなら品格に欠ける行為だと思えますし、「美しくない日本」となってしまうと危惧しているのです。

世襲の国会議員が総理の座に返り咲いてから日本はおかしな方向に動き始めてるんじゃないかと感じているのですが、オリンピック招致に成功したことでマスコミからの批判を先送りすることができることになるのでしょう。日本のマスコミは元々権力に対しての批判精神が乏しいですが、「経済効果」って言葉に弱そうですからね。フクシマの問題にフタをして、これからの7年間は脳が筋肉質な人たちをゲストに呼んで安上がりに盛り上げようとするのでしょう。それって私にとってはかなり迷惑な話なのですが、「経済効果」って言葉が大好きな人たちにとっては好ましい展開なのでしょうね。




2013japan9

 ようやくランチにとんかつを食べることができました。

最後の滞在国がムスリム人口の比率が高いマレーシアだったということで私の強いリクエストでしたが、今晩から渡欧する友人も賛成してくれましたので二子玉川の「とんかつ大倉」に行ってみたのですが、なんと臨時休業でした。それで別の店にすることにしたのですが、それなりに美味しかったのですが期待が大き過ぎたので…

とんかつをいただきながら2024年のオリンピック開催都市にパリが決まるかなどと雑談したのですが、私はバンコクやシンガポールとマレーシアの共同開催の可能性についての持論を説明しました。マレーシアは2020年までに先進国になることを目標にしていてシンガポール間の新幹線も開業予定です。シンガポールからクアラルンプールまでは1時間ですから距離があり過ぎますが、対岸のジョホールバルなら問題ないでしょう。コーズウェイを跨ぐような人口基盤を作ってやれば環境面でも優しいと思いますが。




2013japan10

 食後にホームセンターでペットフードを買いました。

何も買わなくても駐車場が2時間無料のホームセンターに停めてランチに行ったのですが、停めさせてもらって何も買わないというのは日本人としての品格に欠けますので、在庫が余分にあっても問題にならないペット用の缶詰などを購入しておいたのです。友人がレジに並んでいる時にこんな新製品のPOPを見かけたのですが、「日本に帰ってきたんだな…」と実感させられました。

数日前のテレビ東京のWBSで無香性の洗剤や柔軟剤の新製品が人気という話がありましたが、消費者のニーズに敏感に反応する企業が多い日本ならではの話だと思います。こういった細やかなマーケティングの商品が豊富に並んでいることは外国人旅行者に楽しんでもらえると思いますので、今後は日本語がわからない人にも理解してもらえるようなパッケージをもっと工夫すべきでしょうね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/08(日) 23:59)

 コーヒーとチーズトーストとゆで卵の朝食の後に出かけた先は…
2013japan4

 5日の夜に帰国して2度目の朝を迎えました。

今日も早起きの犬たちに起こされましたが、私の散歩のデューティは明後日からですので気が楽でした。ゆったり気分でコーヒーを淹れて厚切りチーズトーストの朝食をいただいたのですが、秋っぽい気候でしたので快適でした。毛皮を着てる犬たちも舌を出して体温調節するようなことも無くなってリラックスしていました。

朝食の後に朝のワイドショーを見ていたらオリンピックの話ばかりで退屈でしたが、日本政府とマスコミと流通業界のバカ騒ぎが不快です。どう考えてみても2020年の開催都市は3都市の中ではイスタンブールが相応しいと思いますが、IOCの選考メンバーが正しい判断をしてくれることを期待したいものです。




2013japan6

 今日は友人の買い物のため、吉祥寺に行きました。

ヨドバシカメラで駐車料金を無料にするために1万円以上の買い物を済ませ、別の友人との待ち合わせの場所に移動することにしたのですが、吉祥寺駅周辺の景色がずいぶんと変化しているのを再認識させられました。この赤いクレーンがあった場所は以前は吉祥寺エコービルという名称でユザワヤなどがテナントに入っていたのですが、新しい駅直結のビルが建設中なのです。

来年の春には「新京王吉祥寺駅ビル(仮)」という名称の地下2階~地上10階建ての商業ビルとなり、ユザワヤの新店舗などがオープン予定らしいのですが、場所が良いので開業後は主婦やOLの皆さんに人気となりそうですね。吉祥寺駅は低いですし、北口には邪魔なビルがありませんから目立つ存在になるはずですしね。




2013japan7

 これは環七を走っている時に見かけた輸入車専門店です。

中古車販売大手のガリバーが運営している「LIBERALA」という高級輸入中古車の専門店でしたが、検索してみたらポルシェ・ベンツ・BMW・アウディを中心とした輸入中古車を扱っているそうで、この世田谷店は8月31日にオープンしたばかりだということでした。Googleマップのストリートビューでチェックしてみたら、以前はこの場所には古いタイプのガリバーの店があったようです。

アベノミクスで小銭稼ぎをしたような連中のための店なのでしょうが、2階のバブリーな応接室はそんな客の虚栄心を満足させるために作られたのでしょう。もしも2020年に東京がオリンピック開催都市に選ばれたら、ますますこの高級中古車屋は繁盛することになるのでしょうね。そんな20年前のようなことが繰り返されるのはうんざりですが、東京は拝金主義のおじさんたちが多いので困ったものです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/09/07(土) 23:59)

 久しぶりに四季がある都市に帰ってきたなと感じた理由は…
2013japan2

 久しぶりに友人宅の犬たちに起こされました。

「私がお散歩の付き添いをするのはご主人様が出張に出かけてからだよ…」と犬たちに言って再び寝ようとしたのですが、生まれつき天真爛漫な犬たちが理解してくれるはずもありません。「散歩に行こうよ~」とせがまれたのですが、「時差ボケなんで無理…」と勘弁してもらいました。マレーシアとの時差は1時間ですけどね。(笑)

今日は友人のバイクで近所の業務スーパーに買い物に出かけたのですが、いろいろと食べたいものがあってセーブするのが大変でした。マレーシアでは高価だったビールやムスリムが食べないベーコンなどを買い込んだのですが、小さな幸福感を味わいました。

これは店頭で半額で販売されていたカキ氷のシロップですが、「そうか、四季がある都市に帰ってきたんだな…」と感じさせてくれました。1年中が夏のマレーシアでは季節の変わり目の商品の入れ替え作業なんて無さそうですからね。せいぜいクリスマス用の商品が年明けにセールされるくらいでしょう。




2013japan1

 買い物に行く前に「アゲるテレビ」を録画しました。

ネットのニュースで「4月から生情報番組として放送してきたアゲるテレビの終了を発表した」という記事を見かけたからでしたが、業務スーパーから友人宅に戻って追っかけ再生してみたら宮崎駿監督の引退記者会見をやっていました。生中継だというのに「今回は本気です」という字幕が出たのには笑ってしまいましたが。

私は最近のジブリ作品にはほとんど感銘を受けたことが無いので、宮崎監督の引退も「ちょっと騒ぎ過ぎなんじゃないの~」という印象でした。宮崎監督は72歳ということですから、もう数年は長編アニメの製作を頑張ることができるでしょうが、惜しまれる内に長編映画製作から引退されることを選ばれたのは正解だと思います。日本には老害と陰口をたたかれていても楽チンな地位にしがみついている年寄りが多い中で立派な決断だと思います。




2013japan3

 今日の夕食はとんかつにしようと考えていました。

しかし出張前の友人が「今晩はミーティングが長引きそうなので夕食は個別に…」とメールがあり、夕食のために外出するのも面倒でしたのでラーメンを作って食べることにしました。かなり久しぶりに見かけたくまモンデザインの製品でしたが、味は同じ五木食品のアベックラーメンと大差ありませんでした。

九州の豚骨ラーメンは久しぶりでしたので美味しく感じたのですが、くまモンのパッケージは不要だなと思いました。一応パッケージの中に馬油ペーストが入っていたのですが、素人がブラインドテストで判別できないくらいのレベルだと思います。まあ作る時に一手間かけることでのプラシーボ効果はあるのかもしれませんが。(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/09/06(金) 23:59)

 帰国に多少は支障があるのを承知の上で深夜に出かけた場所は…
kl10

 早いもので今日は帰国便に乗らなければなりません。

それなのに深夜に上映される映画を観に行くことにしたのは、本当はマレーシアでは明日から封切られる「JOBS」が深夜に1回だけ上映されることに運命のようなものを感じたからでした。昼間なら10リンギ(約300円)前後で観ることができるのに13リンギ(約390円)と割高でしたので悩んだのですが、「ここで観ておかないと数年後にテレビで放送されるまで見ないだろうな…」と考えたのです。

CMや予告編などがありましたので本編が始まったのは1時を過ぎていたのですが、ジョブズを演じたアシュトン・カッチャーは頑張っていましたし、前半はテンポも良くて眠気は吹っとびました。しかし途中から「こんな調子で進めていて3時までに上手くエンディングを迎えられるのかな…?」と心配になりました。ジョブズが解雇された辺りではあくびの回数は増え、最後まで起きていられるか自信が無くなりました。

なんとか睡魔に勝って最後まで観ることはできましたし、最後にマレーシアで観たことを後悔はしませんでしたが、それは私がアメリカ西海岸が好きでシリコンバレーにも何度も行ったこちがあるからだと思います。ジョブズが亡くなる前に憧れていたアップル製品を購入したこともあってシンパシーを感じていたから楽しめたということもあったと思います。ですからアナログとデジタルの違いを説明できないような日本のOLさんにはオススメできません。ちなみに日本ではなぜか「スティーブ・ジョブズ」とフルネームの邦題で11月1日から封切られるようです。相変わらず日本公開は遅いのですが、せめて命日の10月5日に間に合わせることができなかったのかと残念です。




kl11

 今晩はパビリオンへは行きも帰りも歩きでした。

最近は無料のGO-KLバスにばかり乗っていましたので、この飲食店が並ぶ通りを歩くことがありませんでした。昨年も昼間しか歩いたことがありませんでしたので数年ぶりに夜の街を歩いたのですが、マレーシア景気が良いためかわりと繁盛してるみたいでした。

ちなみに私はマレーシアには20回以上は訪問していますが、陽が沈んでからこのエリアで食事したことは一度もありません。昼間は何度かここで食べたことがあるのですが、この夜の東南アジア的な雰囲気はなぜか好きになれません。旅行者の中には「マレーシアに来たならここで食べなきゃ!」という人もいらっしゃるかもですが…




kl12

 ゲストハウスに着いたのは夜中の3時半でした。

羽田へのフライトは午後ですので心配はありませんでしたが、早く寝ておかないと寝坊しちゃうかもしれません。しかしメールチェックした後についついジョブズについて検索しちゃったのが失敗でした。ウィキペディアで彼の経歴を読み始めたら、映画の中の描き方について疑問が出てきたりしたのです。それでまた疑問を検索したりして眠れなくなってしまったのです。

空が明るくなり始めてから寝て9時に起き、急いで朝食を胃袋に流し込んで最後のシャワーを浴びました。起きた時に降っていた雨も止んでくれたのでKLセントラルまで歩いて行くことにしたのですが、雨のおかげで気温が下がってくれて汗をかかずに済みました。

これはLCCT行きのバスが発着するKLセントラル駅ですが、空いてるスペースは残りわずかです。左のNUセントラルビルはほぼ完成していますし、この駐車場も次にやってくる時には工事が始まっているかもしれません。そうなればKLセントラルは全方向をビルに囲まれてしまうでしょう。開業した頃は周辺には何もありませんでしたが…




kl13

 空港バスは1時間ちょいでLCCTに到着しました。

9時過ぎにゲストハウスで朝食を食べたばかりでしたので空腹じゃ無かったのですが、LCCTから羽田までは7時間弱のフライトですから無理してでも何か食べておく必要がありました。フードコートは半分くらいの店しか開いていなかったのですが、その中でさっぱりとして食べやすいナシレマックを選びました。

空港のフードコートですし、普通のものより少し内容が良いものでしたので4,50リンギ(約135円)もしたのですが、国際線が発着する空港としては安い方です。これでしばらく赤いサンバルソースとはお別れですが、ちょっとだけサミシイ気分でした。日本でも缶詰は売っていますので、食べようと思えばいつでも味わえるのですけどね。




kl14

 LCCTターミナルは今日も混雑していました。

数日前にウェブ上でチェックインを済ませていたので自動チェックイン機で搭乗券をプリントアウトして手続き終了という簡単さでしたが、2013年ですからそろそろ次のイノベーションを期待したいものです。スティーブ・ジョブズが遺したiOSはもうすぐ支払い機能を持ちそうですが、Passbook‎と連携することで搭乗券の代わりとなるでしょう。

ちなみにこのLCCTはエアアジアの路線が増え続けて利用者数も右肩上がりなので、来年の4月頃に建設中のターミナル2に移転するみたいです。次回は中国正月明けの2月に戻ってくるかもしれませんので、その場合はもう一度利用することになるでしょう。エアアジア以外のLCCを選んだ場合は今回が最後となるでしょうが。




kl15

 羽田便はターミナルの近くに駐機していてくれました。

8月19日に中国の桂林からLCCTに到着した時はかなり遠い場所に到着したので延々と歩かされたのですが、エアアジアにとって大事な路線である日本へのフライトの乗客には配慮してくれているのでしょう。ちなみに歩く時間は短くて良いのですが、飛行時間は7時間弱と長いので退屈なのですけどね。

マレーシア人がビザ不要となった効果が現れているためか、羽田便はほぼ満席でした。近いうちに関空便も週7便になるそうですし、来年には福岡か名古屋か札幌行きの便が就航予定ということですから楽しみです。日本人もマレーシア人も気軽に訪問しあえるようになることは素晴らしいことだと思いますが、私はこれまでのオリンピック招致にかけた無駄金を観光振興に使っていたらと残念でなりません。

今回の旅の初日に成田から台北に飛んだ時に台湾観光協会からいただいた空港バスの無料チケットをありがたく使わせてもらったのですが、日本政府も「YOKOSO JAPAN」とか言うばかりだけじゃなく、山手線内のどこでも行ける「おもてなしチケット」でもプレゼントすれば良いのではと思います。わずかな税金の支出で来日された観光客の皆さんの第一印象が劇的に良くできるはずですが。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんな本ありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/05(木) 23:59)

 ようやくランチに食べることができた朝食の定番料理の感想は…
kl1

 ついにマレーシア滞在も残りわずかになりました。

ゲストハウスで知り合った旅行者の方も「滞在日数がわずかなので1食1食が大事…」と仰っていましたが、私もクアラルンプールで食べるのは残り数回ですので賛同できました。ランチ前に場所がわかりにくいピーター・ホー・エボリューション+ビヨンドまでご一緒してムルデカ広場のシティギャラリーまでの行き方を説明してからパビリオン方面に行くために無料のGO-KLバスに乗ったのですが、そのバスの窓から旅行者の方が地図を見て悩んでいるように見えましたので1番目の停留所で降りて詳しく説明して別れました。

もう一度GO-KLバスに乗り直す前に「そういえば近くの路地にロントンを出す屋台があったけど、ランチタイムでも食べることができるかも…」と考えて試してみることに。三角公園側の古い建物は再開発で無くなりそうですが、その裏の路地のいくつかの屋台はしぶとく営業中で、ロントンも試すことができました。玉子を入れてもらって3リンギ(約90円)と少し値上がりしていましたが、久しぶりに味わうことができてラッキーでした。




kl3

 食後にGO-KLバスでパビリオンへ行きました。

映画の上映時間まで1時間以上あったので、KLCCの紀伊国屋に新しいフリーペーパーを貰いに行くことにしました。パビリオンからGO-KLバスのグリーンラインに乗るとタイムズスクエア方面まで遠回りすることになりますので、空調完備のペデストリアンデッキを歩いて行くことにしました。行きは歩いて、帰りはKLCC始発のGO-KLバスに乗れば無駄が無いはずですからね。

そのペデストリアンデッキを歩いていたら左側にビルの駐車場部分から張り出すような新たなデッキの工事現場が見えたのですが、それがどこに繋がるものになるのかわかりませんでした。それで近くに立っていた警備員に聞いてみたのですが、知らないと笑っていました。もしかするとモノレールの駅と結ぶものかもしれません。




kl4

 KLCCのスリアは平日なのにわりと混んでいました。

今日は急いでいましたので水族館方面から地下通路を抜け、ユニクロの横から伊勢丹の食品売り場へ行ってエレベーターで上がって紀伊国屋の日本書籍売り場へ直行しました。そこでパノーラなどのフリーペーパーを貰ってKスクエア側のGO-KLバスのグリーンラインの乗り場に向かったのですが、その途中のテナントが微妙に入れ替わっているのに気がつきました。

ラルフ・ローレンなどの高級ラインのテナントが加わり、通路部分には座り心地が良さそうなイスなどがゆったりと配置されていました。映画の時間が迫っていなければここでゆっくりとフリーペーパーに目を通したい気分でしたが、それはまた来年ということになりそうです。




kl2

 今日の映画は豪華キャストのコメディを選びました。

他に観るのが無ければ「キックアス2」にしようかと出かけたのですが、シネコンのチケット売り場でロバート・デ・ニーロたちが楽しそうに笑って並んでるポスターを見かけて「The Big Wedding」というコメディ映画にしてみることに。裕福なグリフィン家の養子の息子の結婚式のために久しぶりに複雑な関係の家族が集まり、それぞれの特異なキャラクターから問題を起こしながらも絆が深まるといったありがちな設定の作品で退屈でした。

原題で検索してみたら「最高の人生の見つけ方」で脚本を担当したジャスティン・ザッカムという人が監督した作品ということでしたが、それで面白くなかった理由が理解できました。ちなみに日本では11月29日に「グリフィン家のウエディングノート」という邦題で公開されるようですが、日本でも私のように豪華な配役のポスターを見て映画館に入って後悔しちゃう人が多そうですね。




kl5

 映画を観終えて伊勢丹で食品を買い物しました。

イポーなどに行く前にほとんどの食品は食べ終えていたのですが、冷蔵庫に野菜類が少し残っていたので練り物を買って夕食はビーフンヌードルみたいなものを作ってみようかと考えていました。ところが今日のランチ前にピーター・ホー・エボリューション+ビヨンドまでご一緒した旅行者の方から夕食に行きませんかと誘われましたので、近場のフードコートに行ってみることにしました。

いろんな選択肢があった中で久しぶりにラクサを食べてみることにしたのですが、昨年の7月22日にペナンで食べたものよりアッサリしていて少し物足りない感じがしました。値段は6リンギ(約180円)と安くなかったので具材を期待していたのですけどね。




kl6

 食後に三角公園の近くにビールを買いに行きました。

以前によく購入していたバンコクバンクの斜め前の酒屋で3本10リンギのビールを購入したのですが、3人でしたので1人あたりちょうど100円でした。ゲストハウスに戻ってツマミを作って飲もうと考えていたのですが、その途中にセントラルマーケットを抜けた時に民族衣装を着た人たちのダンスが始まりましたので見学していくことに。

女性3人と男性3人の小規模な構成のもので、以前にKLCC近くの観光案内所の裏のステージで見たダンスに比べると地味な感じがしました。まあ無料のイベントでしたし、今日はさほど暑くも無かったので問題なかったのですけどね。




kl7

 久しぶりのビールはさほど美味しくありませんでした。

夕食に食べようと考えていたビーフンヌードル用の練り物はワサビ醤油で、野菜類は軽く炒めてからダイソーで買ったお好み焼きソースで味付けしました。これでビーフン以外はすべて使い切ったのですが、乾物のビーフンは嵩張りますが軽いので、エアアジアの7kgの制限があっても問題ではありません。

旅行者の方たちとビールを飲みながら旅行の話などして楽しく過ごしたのですが、今回の旅行で最後の映画を観るために強めのに淹れたコーヒーを飲んで出かけることにしました。その映画については日付が変わるので明日のブログにアップすることにします。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/04(水) 23:59)

 久しぶりに歩いてみたキャメロンハイランドの中心部の印象は…
ch2

 かなり久しぶりのキャメロンハイランドの滞在でした。

前回に旅行した頃は日本語の看板なんて皆無でしたし、日本人旅行者と道で擦れ違うことなんて滅多にありませんでした。昔のキャメロンハイランドは東南アジアの暑さに耐えかねた欧米人旅行者たちの避暑地といった感じで、旅行している人たちの年齢層も高めだったと思います。

最近ではエアアジアXで羽田や関空からLCCTに簡単にアクセスできるようになり、ペナン辺りからの帰りにキャメロンハイランドに立ち寄ったりする人が増えたみたいですが、タイのチェンマイのようにサービスアパートメントを借りて長期滞在する日本人の高齢者も増えているらしいのです。

そんなこともあって観光案内所では日本語を話すことができるスタッフを配置しているようですが、9時からと表示されていたのに担当者がやってくる気配はありませんでした。時計を見たら10時前だったのですけどね。(笑)




ch1

 少し路地を入った所に小さな市場がありました。

手前に4軒ほどの飲食店があって建物の後ろ側が野菜売り場になっていたのですが、近場の畑で採れたと思われる高原野菜などはさすがに新鮮そうでした。買い物客は地元の人ばかりのようで、常連さんたちが店番の人と親しげに会話していたりしました。

そんな野菜を使って作られたと思える飲食店の料理は割安感があったのですが、残念ながら「今日のランチはこれにしよう!」と思わせる決定打に欠けていました。時間が無かったりしたら妥協したと思いますが、昼過ぎのバスのチケットを購入しちゃっていましたので急いで決めなければならない理由はまるで無かったのです。




ch3

 タナー・ラタの町の端の方まで歩いてみました。

この丘の上の修道院跡がかつての町の果てという感じでしたが、今ではその更に奥までスイスのコテージ風な建物が増殖していました。階段で丘に登ってみたら修道院は横の建物で幼稚園をやっていて、子供たちが楽しそうに遊んでいました。日本の寺が幼稚園を経営してるのに似ているような気がしました.

この丘の裏には何棟もの5階建てくらいの集合住宅が建っていて、幼稚園の子供たちはそこからやってきているのでしょう。かなりの数の日本人の老夫婦も住んでいるらしいのですが、住人が増えると仕事が増えて、仕事があるから住民も増えるというサイクルになっているのでしょう。

ちなみに道路標識にはイポーまで116km、クアラルンプールまで209kmとありましたが、自動車で行けばイポーが2時間、クアラルンプールが4時間といった感じでしょう。イポーのイオンまで日帰り可能ですから、ランチ後に映画を観て自炊用の和風食材を購入して戻るといったことも問題なさそうです。




ch4

 悩んだ末にランチはパンケーキにしました。

旅行先ではそこの名物料理や特産物で作られたものを試してみたいと誰しも思うはずですが、「キャメロンハイランドに行ったらコレを食べなきゃ!」といったものが見当たらないのです。下界のものと似たような料理しか並んでいないので、マレーシアのハンバーガーチェーン店でも試してみようかと自暴自棄になったほどでした。

高地での最後のランチだから何か面白いものをと歩き回ったら、地元のフルーツを使うというパンケーキが4リンギ(約120円)でしたので妥協することに。注文して3分ほどで出てきたものは見本の写真とは大違いのサミシイものでしたが、不味くはありませんでしたので許容範囲でした。内容をわからずに頼んだ1.50リンギ(約45円)のアイスミルクの中にコーヒーゼリーを入れたものは予想外の美味しさでしたが。




ch5

 クアラルンプール行きのバスは13時45分発でした。

チケットを買った時に「13時20分に来てください」という話でしたが、その時は頷きながらも「狭い町なんだから5分前でも充分だろう…」と考えていました。ランチ後に特に見るべきものもなかったので言われた時間にバスターミナルに到着したら、もうバスに乗客の乗り込みが始まっていました。

30人乗りくらいの3列シートバスに7~8人しか乗っていなくて、定刻より20分も早く出発したので驚いたのですが、先ほどまで歩き回っていた修道院の近くでバスが停まって、他の乗客を待っていましたのでガッカリさせられました。私はわざわざバスターミナルまでチケットを買いに行ってランチ後にまた戻ったわけですが、まったくの無駄足だったわけですからね。




ch6

 タナー・ラタからのバスはなかなか快適でした。

今日の中国系のドライバーはタバコは吸いませんでしたし、途中で荷物を配達することもありませんでした。1回だけ途中の何も無い場所で停まって収穫されたばかりのタマリンドを荷物室に積み込んでいましたが、時間のロスはたいしたことはありませんでした。

2時間ほどで曲がりくねった山道が終わり、ほぼ直線の高速道路に乗りましたので予定時間より早くプドゥラヤターミナルに着くかもと考えたりしました。しかしクアラルンプールの郊外の高層コンドミニアムが見え始めた辺りから道が混んできて雨も降り始めました。

モントキアラの先で高速を降りた辺りでは大渋滞となり、31日の独立記念日のパレード並みのノロノロ運転になってしまいました。トイレ休憩は一度あったので問題なかったのですが、ランチはパンケーキ1枚だけでしたので空腹になってきました。なんとか1時間遅れで到着できたのですが、クアラルンプールの渋滞はヒドくなる一方ですから抜本的な対策をお願いしたいものです。




ch7

 早く着いたらケーキを食べるつもりでした。

今回はまだ一度もシークレットレシピでケーキを食べていませんので、定刻に着いたらセントラルマーケットの支店に行ってみようと考えていました。しかし時計を見たら18時を過ぎていて、コーヒーが無料になるお得なセットを頼めなくなっていました。それで「チャイナタウンの屋台にするか…」と考えたのですが、まだ外は雨が降り続いていました。

プドゥラヤターミナルの1階は軽食くらいしか無かったので雨に濡れて歩いて行くことも考えたのですが、4階にフードコートがあるという表示がありましたので試してみることに。店は半分くらいしか開いていませんでしたが、それなりの種類の店がありましたので、6リンギ(約180円)の鶏肉と野菜の炒め物のセットをオーダーしてみました。

見た目はたいしたことがありませんでしたが、レモングラスの葉が入っていて美味しい一皿でした。珍しくスープも付いていましたし、まったく期待していなかったので嬉しい発見でした。まだプドゥラヤターミナルはリノベーションして2年にもなっていないと思いますが、知名度が低いためか空いていたのも私には好都合でした。エレベーターがちょっとわかりにくいですが、今後も中心部に歩いて行く途中などに利用価値がありそうです。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/03(火) 23:59)

 いろんな美味しいものがあるイポーでの朝食に選んだものは…
ipoh1

 今朝は宿で知り合った方と朝食に行くことに。

クアラルンプールのゲストハウスは朝食付きでしたので、久しぶりにロントンを食べたいと考えて新市街のフードコートや市場などで探したのですが、時間が早過ぎたためか見つけることができませんでした。それで同行された方がいつも食べていらっしゃるロティでもいいかとあきらめかけたのですが、市場の真ん前にマクドナルドがありましたので朝マックすることに。今回は中国でもあまり朝マックしてませんし、マレーシアでは最初で最後になるはずですからね。

朝マックはマレーシアでは4リンギ(約120円)からあるのですが、私は新メニューだという4.75リンギのチーズとチキンかつとコーヒーのセットにしてみましたが、初めてでしたので楽しめました。クーラーは効いていましたし、コーヒーのお代わりもできたので悪くありませんでした。たまにはチェーン店の朝食も悪くないですね。




ipoh2

 午前中にお世話になった宿をチェックアウトしました。

2泊分の荷物を持ってイポー駅の南にあるバスターミナルで15時発のキャメロンハイランド行きのチケットを購入して、安心してランチを食べに行くことができました。ターミナルからの近さで川の手前の旧市街を選んだのですが、先日の南香茶餐室の斜め前にあってホワイトコーヒーがより美味しいとネットに書いてあった新源隆という店に入ってみました。南香より店が狭くて料理の数も少なく、その上に職人が持ち場を離れていてオーダーできませんでした。

「それじゃホワイトコーヒーの元祖と言われてる店に…」と2日続けて南香で食べることにしたのですが、今日は4リンギ(約120円)のエビのカレー麺と1,70リンギ(約51円)にしてみました。先日の貝とエビが乗った炒麺みたいなのを越えることはありませんでしたが、こちらも満足できるレベルでした。同行されたかたはほっとコーヒーを頼まれていましたが、やはりかなり美味しいコーヒーだと満足げでした。




ipoh3

 食後にイポーの観光案内所に行ってみました。

駅に近い公園の国旗の横にあったのですが、すぐ隣には立派な造りのOLD TOWN WHITE COFFEEの支店(本店?)もありました。ドアを開けようとしたら13時から14時までランチタイムと書いてあり、時計を見たらちょうど13時でしたのでガッカリさせられました。

しかし中にいた青年が我々を発見してカギを開けてくれ、いろいろな印刷物を出してくれました。自分の昼休みの時間は減るけど、イポーの観光客が増えることを優先してくれたようです。礼を言って旧市街に戻ることにしましたが、私が知りたかったイポーのレンタカー事情については良い情報がありませんでした。




ipoh4

 旧市街に戻ったのはプリンを食べるためでした。

観光案内所に行く途中にプリンが大きく描かれた看板を見かけたので戻ってみたのですが、この判断が正しかったことを一口目で確信させられました。これまでの人生でいちばん美味しいとは言いませんが、コストパフォーマンスの高さではナンバー1でした。冷たくて滑らかなプリンがたったの2,30リンギ(約69円)でしたからね。

同行者の方がプリンを注文された時に日本語を喋ることができる買い物客の女性から聞いた話によりますと、この天津という店はプリンが美味しいということでも有名ということでした。周りのテーブルを見ても、食後のデザートに皆さんが注文されていたようでした。普通の食堂なのでプリンだけ注文したのは良くなかったみたいですが、13時を過ぎてテーブルが空きはじめていましたので許してもらいました。勝手にですけど…(笑)




ipoh5

 インド人街でクッキーなど買ってバスに乗りました。

大昔にキャメロンハイランドに行った時のイメージでオンボロのクーラー無しの窮屈なバスを想像していたのですが、3列シートのゆったりとしたバスでしたので驚かされました。その最前列に座って高原リゾートまで2時間の景色を楽しませてもらうことにしたのですが、運転手は日本で言えば宅配便の係員も兼ねていて、ドライバーシートの周辺のあちこちに配達する荷物が転がっていて目障りでした。

そのドライバーが「割れ物注意」のシールが貼られた荷物をラフに扱うことは別に私には関係ないことでしたが、あちこちの商店や工場などに停まって配達することで時間が余分にかかることは迷惑でした。また車内禁煙のステッカーが3枚も貼ってあったのに当然のようにタバコを吸っていましたし。

また曲がりくねった山道を1時間ほど走ったら見た目にも植物の種類が変わり、外気温がかなり低くなってる感じがしました。でもドライバーのエコ意識が低いためか、自分が太っていて寒くないためか、クーラーのスイッチは到着まで切られることはありませんでした。ちなみにイポーの窓口にはキャメロンハイランドまでは16、50リンギと表示されていましたが、実際には18,50リンギ(約555円)でした。ドライバーの喫煙や窓口の表示の書き換えがされていないことは大都市のクアラルンプールでは無いと思えますが、まだマレーシアの地方都市はのんびりしてるようです。




ipoh6

 予定より少し遅れて高原リゾートに到着しました。

ゲストハウスにチェックインして遅れていたブログの更新を済ませ、陽が暮れてきたので夕食を食べにタナー・ラタの中心部に出かけたのですが、その激変ぶりには驚かされました。バスの窓からも日本のバブル時代に新潟や長野の山の中で見かけたような大型リゾートホテルやイチゴ狩りができる観光農園などが見えてげんなりさせられていたのですが、タナー・ラタにはスターバックスの支店やこんな店名が日本語の店もあったのです!

ある程度の変化は予想していたのですが、このままマレーシアの経済成長が続けばキャメロンハイランドが清里化するのは間違いないでしょう。まだ土産物屋の店頭に名前入りのマグカップなどはありませんでしたが、そのうちに誰かが日本を真似た商売を始めそうです。




ipoh7

 夕食を食べる店選びも簡単じゃありませんでした。

イポーは歴史がある街でしたので美味しそうな店の選択肢が多かったのですが、1885年にイギリスの国土調査官のウィリアム・キャメロンが初めてやってきてから128年経ってるとはいっても観光地としての歴史は浅いので、特に地元の特産物を使った名物料理とか無さそうでしたのでね。観光地ですから欧米の中高年旅行者が好みそうな高級感があるレストランはたくさんありましたが、私好みのカジュアルな雰囲気の店が少なかったのです。

しばらく歩き回ってバスターミナルの近くで良さそうな店を発見して、メニューの写真を見て5リンギ(約150円)のビーフライスというものを頼んでみたのですが、ビーフのワイン煮込みみたいなのが出てきたので当たりでした。高原にはこんな料理が合いますからね。ちなみに食後のコーヒーはイポーのものと比べたらガッカリしちゃいそうでしたので、久しぶりに1,50リンギ(約45円)のホットミロを頼んでみたのですが、これも高原にピッタリでした!





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/02(月) 23:59)

 クアラルンプール駅から片道25リンギの電車で出かけた街は…
chinatokl110

 日本へ帰らなければならない日が近づいてきました。

それで昨晩までに買い置きの食材をほとんど食べてしまって、マレーシアを出る前に近場を少し旅行することにしました。今朝はクアラルンプール駅から片道25リンギ(約750円)の電車に乗ったのですが、その電車の終点はペラ州のイポーという街でした。かつては華人比率が高くて錫鉱業によって栄えていたようですが、最近ではペナンに抜かれてマレーシア第4の都市に落ちたようです。

高速道路が発達しているマレーシアではイポーにはバスで行く人の方が多いみたいですが、私はクアラルンプール駅の近くに泊まっているということもあって電車を選びました。もうひとつの理由は久しぶりに行くイポーの駅舎が昔のままの佇まいを残しているとネットで見たからでしたが、到着ホームにはモダンな屋根がかけられていてガッカリさせられました。駅舎は昔のままでしたが、内部はごちゃごちゃしていて旅情を感じることはできませんでしたし。




chinatokl115

 これはイポー駅の対面の行政機関の建物です。

第1次世界大戦が起きたことでベルリンオリンピックが中止になった1916年に完成したタウンホールらしいのですが、独立前のマレーシアで初となる政党が結成されて初会議を行った場所として地元では知られているそうです。先日は記念すべき50年目のムルデカデーだったのですが、この建物の飾りつけも残されたままでした。

右手のモスク方面にはクアラルンプールのムルデカ広場にもあったものと同じような見物台が残っていましたが、イポーでも近場の軍隊や警察などによるパレードが行われたのでしょう。クアラルンプールに比べて蒸し暑くて、しかも駅周辺のオールドタウンは疲弊していますので歩いている人はほんの数人だけでした。日曜日ということもあったのかもしれませんが、何も無いので地元の人はやってくる意味が無いのでしょう。観光客だって駅舎の写真を数枚撮影したら、すぐに移動しちゃうでしょうし。




chinatokl111

 宿に行く前にランチを食べておくことにしました。

イポーについて検索すると目に付くのがホワイトコーヒーの発祥の地であるという文章ですが、マレーシアではスターバックスより店舗数が多いと思われる「OLD TOWN WHITE COFFEE」というチェーン店の始まりとなった南香茶餐室という店が観光客にも地元客にも人気だということでした。

歴史あるオールドタウンの街歩きを楽しみながら、イポーでのランチに相応しい店を探していたら偶然に目の前にその店がありました。昼間は混んでいて待たなくちゃならないといった情報もありましたが、相席ならすぐに座れるようでしたので試してみることに。店内の写真を見てエビが乗った炒麺みたいなのとホワイトコーヒーの冷たいヤツを頼んだのですが、麺料理が4リンギ(約120円)でアイスコーヒーが1,70リンギ(約51円)でした。

アイスコーヒーはごく普通に美味しいだけでしたが、麺料理にはエビだけでなく小さい貝が入っていて久々のヒットでした。昨晩の痩せた貝と違ってふっくらとしていて、味も濃厚だったのです。量は少なめでしたが、このクオリティで170円くらいだったら何度も通いたくなります。世襲総理アホな経済政策を行っていなければ150円以下で楽しめたはずですが、政府専用機に私の怒りのカミナリが直撃してくれないかな…(笑)




chinatokl112

 今晩の宿にチェックインして少し休憩しました。

それから91番のバスに乗って向かったのは今年の4月に郊外にオープンしたイオンのステーション18というモールでしたが、外観は日本のものとそっくりで笑ってしまいました。数年前に行ったクランのイオンは外壁がピンクでなくて黄色でしたから違って見えたのですが、こちらは最近の日本のイオンモールとほとんど同じような雰囲気でしたのでね。中のテナントもユニクロはありませんでしたが、かなりクアラルンプールの郊外のものとテナント構成が似ていました。

このイオンの新店舗はイポー市民の心をガッチリ掴んだようで、旧市街や新市街のサミシサが噓のような賑わいでした。イオンの周辺にも2階建てのタウンハウス風な建物が並んでいて、最近になってイオン効果を狙ってリノベーションしたような店舗もありましたが、この南部地域が新たなイポー新市街ということになっていくのでしょう。

日本で磨かれたモールがマレーシアの皆さんに受け入れられることは嬉しく思うのですが、イオンのせいで経営が成り立たなくなる古い体質の商店のことや文化や生活習慣を破壊することになることは憂いています。このモールは10時から22時くらいまでの営業のようですが、日本の地方都市のイオンのように閉店間際まで幼子を連れて買い物するマレーシア人が増えないことを祈りたい気分でした。




chinatokl113

 イポーのイオンには日本には無いものがあります。

マレーシアのモールに行ったことがある人なら「モスク!」と即答されるでしょうが、このステーション18というモールには更に図書館がありました。おそらく地元の保守的な人々の感情に配慮しての公共性を持った施設の導入なのでしょうが、「イオンは木を植えて、それを原材料として製本された本も置いてます!」とでもアピールしたいのかと見えてしまいます。

かなり狭い面積の図書館で、蔵書はほとんど置かれていませんでした。英語でのインフォメーションがありませんでしたので推測なのですが、インターネットで申し込んでおいた図書の受け取りや返却などが主な役目じゃないかと思いました。もちろんモスリムの人が好んで読みそうな雑誌類は置いてあり、奥さんがジャスコでお買い物中の旦那さんが時間潰しされてるようでしたが。




chinatokl114

 イオンから今度も91番バスで新市街に戻りました。

クーラーが効いたモールとバスから下界に降りたら汗が噴き出す感じがしましたが、イオンではすべての価格と商品がクアラルンプール並みでしたので何も口にしていなかったので、新市街の歴史がありそうな店でマレーシア風のカキ氷であるチェンドルでも食べようかと考えました。しかし良さそうな店が見当たらなかったので、豆腐花(トウファー) に変更しました。

暖かい滑らかな豆腐に黒砂糖で作ったシロップをかけるだけの簡単なデザートなのですが、水質が良いイポーの豆腐花は格別に美味いとネットで賞賛されているのを見かけたことがありましたしたし。たしかに美味しい豆腐で食べ終わるまでレンゲが止まらなかったほどでしたが、嬉しかったのはその料金でした。1、10リンギ、つまり30円ちょいだったのです。




chinatokl117

 今日のイポーでの夕食は何にすべきか悩みました。

豆腐花を食べ終えたのは18時前で、まだ夕食には早過ぎました。しかし日曜の新市街で開いてる店はわずかでしたので時間をつぶすのに苦労しそうでした。イポーに昔からあるもうひとつのイオンモールに行ってみることも考えましたが、いくら私がモールマニアでもイオンのハシゴは気が進みませんでした。それでイポー名物だという17リンギのソルトチキンを宿に持ち帰ってシャワーを浴びた後に食べることに決めたのですが、その直後にバケツをひっくり返したような雨が降ってきました。

いくら南国のスコールといっても、止むまでに1時間はかかりそうな雰囲気でしたので困ってしまいました。それで仕方なくあまり量が多く無さそうな料理を食べて雨が止むのを待つことにしたのですが、チキンとモヤシ料理の有名店は混雑していて食べたらすぐに席を立たなければいけないような感じでした。それで近くの不人気店で同じ料理を試してみることにしたのですが、チキンは普通でしたがモヤシ料理は抜群でした。

くたくたに煮た感じの麺料理は評価できないレベルでしたが、このモヤシ料理だけはお代わりしたいくらいでした。この3点セットで9,50リンギで、食後に頼んだホワイトコーヒーが1,60で合計11,10リンギでしたので、日本円にしてみると333円ということになります。日本のコーヒー1杯の値段で珍しいものを楽しめて満足でしたが、勘定を払った直後に雨が止んでくれましたので気分は最高でした。やはり普段の行いが良いためでしょうか…(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/01(日) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア