新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 宿のWi-Fiが繋がらなくなったので思い出したいろんなことは…
2014philippines101

 フィリピン滞在も最終日となりました。

2月は短いので今晩のフライトに乗ったらシンガポール着は一気に3月ですから、飛行機の中で腕時計のネジを何度も何度も回さなければなりません。ちなみにPCはわざと日本時間のままにしておきますが、アイポッドタッチはチャンギ空港でWi-Fiに接続すれば自動的に現地時間に変わってくれます。マニラとの時差はありませんけどね。

最後のシャワーを浴びてニュースやメールのチェックをしようかとしたら宿のWi-Fiが繋がらなくなってしまいました。それで朝の散歩のついでにと9時過ぎにロビンソンへ行ってみたら、平日は10時からということでした。さすがに地方都市はのんびりしています。昨日だってジョリービーしかやってませんでしたし…




2014philippines102

 Wi-Fiはあきらめて近所をのんびり散歩しました。

これは宿の近所の床屋ですが、職人さんたちがヒマそうに談笑中でした。お客さんが入ってきたら鏡越しに見えるので席を譲るのでしょうが、日本の感覚からすると問題アリなスタッフさんたちですよね。ちなみに手書きの看板と回らない床屋カラーの柱が私好みですが、タクロバンで切ったばかりですので、また次回にでも…(笑)




2014philippines103

 イロイロではまだこんなバッグも現役みたいでした。

横の部分に空けられた穴はデザインではなくて、生きた鶏を運んだりする時のためもあるんじゃないかと思います。近くには中央市場がありますので、レストランの経営者兼料理長のお母さんが買い出しに行く時に使っているのかもしれません。イロイロはフィリピンじゃ大きな都市のひとつですが、まだのんびりした田舎っぽさを残しています。




2014philippines104

 イロイロはユニフォーム姿の比率も高そうでした。

以前はフィリピンの量販店のユニフォームは上半身だけ揃いのTシャツというのが定番でしたが、マニラは大都会になっちゃいましたのであまり見かけなくなりました。あくまでも私の予想ですが、店や会社から支給されたTシャツで通勤してきて働いて、帰宅後に脱いだものを洗濯機に放り込んでシャワーを浴びて上半身は裸で過ごし、翌朝はまたユニフォームのTシャツを着て…と繰り返してる人も少なくないんじゃないかと思います。もちろんイロイロでも若くてお洒落な人たちは違うと思いますけどね。




2014philippines106

 路上では少女が炭でトウモロコシを焼いていました。

日本だったら小さな子を働かせたら法律で罰せられるでしょうが、堕胎を禁止してるカソリックの比率が高いフィリピンでは少子化はかなり先の話になりそうですし、働く子供は親孝行との見方もあるのでしょう。日本のやけに甘いヤツじゃなくて、皮が硬いトウモロコシを久しぶりに食べてみようかとも考えたのですが、最後のランチにするにはサミシイので止めておきました。トウモロコシならこの先でも似たようなレベルのものがあるはずですし。




2014philippines105

 イロイロでは中心部でこんなものを販売しています。

これもマニラあたりじゃ見かけなくなった建物の上に置くタイプのタンクですが、まだ水道の供給が安定していないのかもしれません。台風も多そうな土地柄ですし、各家でタンクを用意しておく合理性は今でもあるのでしょう。宿でWi-Fiが繋がらなくなったことで昔のフィリピンのことをいろいろと思い出しましたが、イロイロはかつての雰囲気を残してる町だと思います。特に面白いものは見当たらなかったのですが、旅の途中にのんびりするには悪くないでしょう。パナイ島の北部に位置するボラカイ島へも近いですしね。




2014philippines107

 フィリピンでの最後のランチは悩みました。

高価なものは食べたいとは思わないけど、もうチェーン店やフードコートなどは飽きていましたので、町で昔からやっていて地元の皆さんに愛されているような店で食べたかったのです。歩き回っていたら町中にもSMの支店があったので通り抜けてみたら、その先に良さそうなセルフサービスの店を発見しました。

並んでる料理をチェックしてみたら、まるでイタリア料理店みたいでしたので即決しました。炊き込みご飯風なヤツとナスを平たく焼いたオムレツ、そして豚肉と野菜の煮物を選んで123ペソと少し高かったのですが、それだけの価値は充分にありました。もし次にイロイロに再訪することがあればまた食べたい店です。




2014philippines108

 映画と空港行きのために郊外のSMシティに行きました。

宿の目の前から乗り込んだジープニーはSMシティのすぐ近くに横付けしてくれて料金は7,50ペソと割安感がありました。ちなみにイロイロのジープニーは風通しが良さそうなスッキリしたデザインで悪くありません。ただし窓が大きく空いてるので、角を曲がって太陽が当たり出すと女性客は陰に大移動を始めたりしていました。美白肌を願う女心って世界共通なのかもですね。(笑)




2014philippines109

 今回のフィリピン旅行で初めて映画を観ることにしました。

それは近未来のLAが舞台の「Her」という不思議な作品でしたが、今年のアカデミー賞に5部門もノミネートされている秀作でした。日本公開は6月と遅いのでネタばれになることは書けませんが、CGを使ってる場所もわかりにくく、小道具も凝っていたりして楽しめました。

しかし毎年のように上海に行ってる私は上海ロケのシーンがあると現実に引き戻されてしまって感情移入するのに苦労させられました。料金は140ペソと少し高かったのですが、時間も余っていたこともあり、観ておいて良かったと心から思いました。マレーシアでもやってるでしょうが、この手の作品には字幕が邪魔ですからね。




2014philippines110

 映画の後でスーパーに行って小銭を使い切りました。

エアポートシャトル代の70ペソは財布の別の場所に確保しておきましたし、1500ペソくらい残りましたので空港使用料の分も問題ありません。先日の午後に確認しておいたSMシティの北側の乗り場に行ったら出発直前でしたのでタイミングも良いと嬉しかったのですが、小さなバンの中に押し込まれる羽目に。

新空港は日本政府の援助もあってイロイロの中心部から20kmほど離れた辺鄙な場所に移転したのですが迷惑な話です。イロイロの周辺はスカスカですし、沿海部に作れば騒音対策などの費用もたいしたことがなかったのではと思います。わざわざ内陸に作ったのは政治的な理由や警備のし易さなどがあったためかと思います。




2014philippines111

 イロイロ空港は佐賀空港並みのコンパクトさでした。

小さい空港は歩かされる距離が短いので嫌いじゃないのですが、こんなチンケな地方空港の使用料が550ペソと大空港並みでしたので大嫌いになりました。旅行者には必需品のWi-Fiも無く、出発ロビーのイスの絶対量が足りていませんでしたし。こんなクソみたいな空港から今でも増築中の世界一のシンガポール空港へ飛ぶわけですから笑ってしまいます。フィリピン人にとってみたら情けなくて泣きたくなるかもしれませんが。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2014/02/28(金) 23:59)

 セブ島からネグロス島経由でパナイ島のイロイロへの船旅の顛末は…
2014philippines90

 セブ島を出航した船は順調にクルーズし続けました。

真夜中にネグロス島に到着して、すぐにバスに乗ってバコロドという西海岸の港を目指したのですが、嬉しいことにWi-Fi完備のバスでした。バコロドの中心部には大きなロビンソンがあり、港の近くにはSMの新店舗が工事中でしたが、いくらモールマニアの私であっても今回はそれらをチェックする余裕はありませんでした。

バスの終点からパナイ島へ向かうフェリーが発着する港までトライシクルでの移動となったのですが、ここでも同じ乗り遅れ組のセブ出身の青年が値段交渉をしてくれました。もし私一人だったらバンや船やトライシクルを効率よく乗り継ぐことができなかったでしょうし、外国人ということで倍くらいの値段を支払う羽目に陥っていたかもしれません。親切な青年と一緒だったことは不幸中の幸いでした。




2014philippines91

 最後のフェリーで出航した後に太陽が昇りはじめました。

昨日は太陽が沈む前に出航予定でしたのでデッキから海に沈む夕陽を見ることができるかもと期待していたのですが、まさかタクシーやフェリーやバスやトライシクルを何度も乗り継いでイロイロに行く羽目になるとは予想していませんでした。長い12時間でしたが、おかげでネグロス島にも初上陸できましたし、フィリピンの若い友人と出会うことができました。日本通の彼が近い将来に東京に遊びに来るようなことがあれば、今度は私が何かの役に立ちたいと思います。




2014philippines92

 小型のフェリーは海から川に入ることができました。

それで町外れの埠頭では無くて市役所の裏手あたりに到着してくれたのですが、それは昨晩からいくつもの交通機関に乗ってきた私にとって嬉しいことでした。フィリピンの青年と記念撮影して別れた後に多くのトライシクルのお兄さんに声をかけられたのですが、「歩ける距離だから…」と笑顔で断ることができました。

宿にチェックインするには早過ぎましたし、長い夜を過ごしたばかりでしたので本物のコーヒーを飲みたくなりました。市役所前の公園を抜けて北上していたら馴染みのISANALが見えてきたので、そこで朝食でもと思ったらまだ開店準備中でした。本物のコーヒーを出しそうな他の店も同様でしたので、先日と同じジョリービーで食べることになったのですが、59ペソのセットはグレイビーソースが美味しかったので結果的には良かったと思います。食後もテーブルでブログ用の文章書きなどできましたし。




2014philippines93

 10時過ぎに宿にチェックインしてシャワーを浴びました。

疲れは少し残っていましたが、まずは近所のショッピングモールへ行ってシネコンの上映作品のチェックをしました。ロビンソンモールには6スクリーンありましたが、「ロボコップ 2014」はやってなかったのでガッカリでした。値段は140ペソくらいでマシでしたが、これから行くマレーシアに比べると少し高いので絶対に観たい作品じゃないと気持ちが動きません。

もうひとつの郊外のSMモールに期待することにしてロビンソンモールを出たら、建物が普通と少し違うことに気がつきました。「GO HOTELS」という新興ホテルチェーンが組み込まれたような珍しいタイプでしたが、今後のフィリピンではこんなスタイルが増えるのかもしれません。




2014philippines95

 SMシティに行く途中でランチを食べることにしました。

さすがにチェーン店やモールのフードコートには飽きていたので、地元の皆さんが愛用してそうな庶民的な店を探しました。学校に近いためかカフェテリア形式の店を試してみたのですが、魚と鶏肉の野菜煮込みとライスで63ペソでした。目の前にマリア像が飾ってある場所でいただいたのですが、日本円にしてみると150円くらいでしたので悪くはありませんでした。




2014philippines94


 食後にSMシティを目指して延々と炎天下を歩きました。

ジープニーに乗れば8ペソくらいで楽にアクセスできるのですが、モール周辺の様子を把握するために4km程度なら歩くことにしています。このやけに幅広い工事中の歩道の先にSMシティは見えていたのですが、歩いても歩いてもなかなか近くなりませんでした。次にイロイロを再訪するのは何年後かわかりませんが、10年後くらいには空き地だらけの地域にはビルが建ち並んで、街路樹がすくすくと生長して心地よい木陰を提供してくれるようになってるかもしれません。




2014philippines96

 SMシティのシネコンは8スクリーンありました。

ロビンソンと同じラインナップの他にアカデミー賞にノミネートされてるらしい「Her」(日本タイトル:世界でひとつの彼女、公開は6月28日とムチャ遅!)という作品がありましたので、モールのWi-Fiを利用して調べてみたらSiriのような音声ガイドに恋してしまうロマンチックなSFみたいで興味が沸いてきました。ただ上映が始まったばかりでしたので、観るとしても明日にすることにしてSMシティを起点にオペレーションされているというエアポートシャトルを確認しておくことにしました。イロイロの新空港は20kmも離れた場所に作られていて、ジープニーじゃ行けないみたいでしたので…





2014philippines98

 SMシティからはさすがにジープニーに乗りました。

市役所の近くまでが7,50ペソと微妙に安かったのですが、久しぶりに25センタボコインを触りました。どうせダメだろうと諦め気分でダウンタウンの映画館を探してみたのですが、やはりフィリピンで作られた低予算っぽい作品を上映中でした。やけに肌を露出した感じのポスターで、入場料は70ペソとシネコンの半額程度でしたので観てみようかとも思いましたが、タガログ語だったりするとお手上げですので止めておきました。先日の事件でお金や時間を無駄にしていて、疲れも少し残っていましたしね。



2014philippines99

 ダウンタウンには古い雰囲気の中央市場が残っていました。

海に近いので海産物も豊富で、干物売り場の品揃えの多さには驚かされました。旅の最後であればいろんな種類を買っておきたいものでしたが、これからマレー半島に向かいますので諦めました。ちなみに市場の前には「GAISANO」というスーパーがありましたが、わりと大型なのに惣菜売り場がほとんどありませんでした。SMのスーパーでも感じたのですが、まだフィリピンの地方都市では主婦が手抜きする習慣は無いようです。もちろんファストフード店で完成した料理をテイクアウトしたりはするでしょうが…




2014philippines97

 久しぶりにこんな感じの中華門を見かけました。

以前は問屋街だったような通りの入口で見かけたのですが、フィリピンと中国も領土問題でギクシャクしているのに無傷みたいでした。まあイロイロは小さな地方都市ですし、中国系のフィリピン人との関係もマニラやセブに比べると良好なのかもしれません。SMシティの近くに20階を越えている新しそうなビルはありましたが、マニラのように中国のバブルマネーが建設投資として押し寄せている雰囲気でもありませんでしたし。イロイロは中国のバブルが崩壊しても悪影響は少ないかもです。




2014philippines101

 夕方に宿に戻って明日の準備などを済ませました。

まだ旅行をはじめて1ヶ月にもなりませんし、シンガポールは毎年のように行ってるので特別な準備は不要でしたが、不要なものを処分したりしておきました。陽が暮れた後に空腹ではありませんでしたが、ビールを飲みたくなったのでロビンソンに行きました。イロイロでもコンビニを見かけませんので、ビール1本を買うのも面倒でした。

ロビンソンのスーパーなら惣菜コーナーが充実してるかもという期待は裏切られてしまいましたが、モールの通路部分にあったシュワルマの屋台に見慣れないシュワルマライスというのがありましたのでシンプルな59ペソのヤツを注文してみました。ホットプレートにシュワルマに入れる具材とライスを投入して軽く炒めて、持ち帰り用の容器に移してからソースをかけるというものでしたが、シュワルマ味の炒飯といった感じで悪くありませんでした。他では見かけたことがありませんが、もしかしたらイロイロで生まれた料理かもしれません。沖縄のタコライスのように…





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/27(木) 23:29)

 セブ最後の朝食に49ペソのパンケーキセットを食べてから出かけた先は…
2014philippines80

 悩んだ末に今日の夜行フェリーで出かけることにしました。

快晴で天候による不具合は無さそうですが、何が起きるかわからないので早めに移動しておくことにしました。セブはマニラ並みに物価が高くて、期待していた映画も楽しめないみたいですし。昨晩の内に朝食用のパンは購入しておいたのですが、本物のコーヒーを飲みたくなったので近所のジョリービーに行きました。

最近はご無沙汰だったパンケーキのセットにしたのですが、蜂蜜だけで食べることにしてバターはランチにパンを食べる時のために残しておきました。ジョリービーの朝食の中ではこれが49ペソでいちばん安いのですが、日本円にすると100円ちょいですから悪くはありません。コーヒーのお代わりがセルフ式でできればもっと良いのですが…




2014philippines81

 先日はかなり歩いたので今日はのんびりしました。

午前中にフィリピンで最後となる、私としては久しぶりに初めての町となるイロイロについて下調べをして今晩のフェリーのチケットを事前購入しておくことに。船はわりと大型みたいでしたので乗る直前に購入しても良さそうでしたが、もし満員で乗れないとすると割高な飛行機を利用しなきゃならなくなりますので…

いつものようにGoogleマップで港までの歩行ルートを表示させ、裏道の散策を楽しんでいたら日本語の看板が現れたので驚かされました。わりと大きな倉庫に「とらや商事」という看板を掲げていたのですが、日本のリサイクルショップで売れ残った家具などを並べているような感じでした。家電は日本とは電圧が違うので扱わないのでしょうが、200V仕様のクーラーなどは流用できるのでしょう。




2014philippines82

 フェリーのチケット売り場は辺鄙な場所にありました。

今晩の船が第3埠頭から出ることを確認して、「どこでチケットを購入すればいいの?」と訊いたら第4埠頭でとの答えでした。5分ほど炎天下の中を歩いて行ったら倉庫のような地味な建物の1階に事務所があり、今晩のイロイロ行きに乗りたいと言ったら810ペソということでした。船会社のウェブサイトに800ペソとあったので、「10ペソのターミナル利用料が含まれているの?」と訊いたら頷きました。

今日は乗船前に旅行者の人と会う約束をしていましたので、確認のために「第3埠頭を18時発だよね?」とダブルチェックしたら、またもや大きく頷きましたので安心しました。外国人旅行者の私に何も特別な注意も無かったのですが、これがその後の大問題に発展するとは考えもしませんでした。そのヒドい話については後半で…




2014philippines83

 準備万端になったのでセブの新興開発エリアに行ってみました。

日本人のIT関係者などがセブの新しいビジネスエリアに仕事場を移していたりすることは知っていたのですが、それは空港の近くのラプラプという島かなと考えていました。しかし日本領事館やHISのセブ支店などがMSシティの北にありましたのでGoogleマップを衛星モードに切り替えてみたら、それらしい建物が並んでいましたので間違いないだろうと判断しました。

そのビジネスエリアに入ってしばらく歩いていたら、工事中のビルの先に真新しいモールが見えてきました。アヤラモールというマニラにもありそうな名前でしたが、円形の巨大モールの中にグリーンベルトのような中庭を有するもので、まだ3割くらいの店舗が工事中でした。モールマニアとしては嬉しかったのですが、シネコンが4スクリーンしかなくて値段もマニラと似たような価格設定でしたのでガッカリさせられました。最後のイロイロに少しだけ期待していまうが、ダメな場合はマレーシアでリベンジとなります。




2014philippines84

 モールを出て近所のHISに行ってみることにしました。

建物の外の案内板に名前が見当たらなかったので1階の受付で訊いたら12階とのことでしたが、行ってみたらありませんでした。それで1階に降りて表示を自分の目で確認したら9階になっていましたが、やはりありませんでした。受付に文句を言いに行ったら、「引っ越したのでは…」と耳を疑う言葉が。

HISには次のフィリピン旅行用の下調べとセブの日本語のフリーペーパーがあるかもと思って行こうとしただけですので支障はありませんでしたが、時間を無駄にしてしまいました。まあ14階に小さなミニストップの支店があったので、最後に15ペソのソフトクリームを味わえたのは良かったですが。



 
2014philippines86

 オフィス街のコンビニでビールなどを購入しました。

炎天下を歩き回ったので昨晩と同じようにコンビニ内部の席でビールを飲んで休憩しようと考えたのですが、レジで「持ち帰りのみで…」と釘をさされたので隣の空き地の木陰で飲むことにしました。ビジネスパーク内のコンビニですから昼間からビールをラッパ飲みされると都合が悪いのかもですが、それなら売らなきゃ良いのではとも思いました。個人的にはアルコール度数が低いビールはビジネス街であっても問題ないと思いますけどね。




2014philippines87

 セブでは路上で飼われている鶏を良く見かけます。 

レイテ島などでは紐なしで飼われていたようですが、さすがに自動車が多いセブでは無理なのでしょう。このように紐1本で飼われている場合が多いですが、中には大きな網が被せられた気の毒な鶏もいます。紐方式なら木陰に逃げ込めますが、網だと数時間も強力な太陽を浴び続けなくちゃならなかったりしますので。ちなみにセブの猫は鶏に興味は無さそうです。いかにも強そうですからね。




2014philippines88

 旅行者の方との雑談を終えて第3埠頭へ行きました。

午前中に出発場所の確認とチケットを買うために来た時に繋がらなかったWi-Fiはスルーしてゲートに向かおうとしたら「ターミナル税を払って」とのこと。800ペソのチケットを買う時に確認したと伝えても払えの一点張りでしたので購入して中に入ったら待合室の左右に船が見当たりませんでした。

「出航10分前だというのにどうしたのだろう?」と係員に訊いてみたら、シャトルバスはもう出たとの驚くべき発言が!私はターミナルの入口でもチケット売り場でも第3埠頭から出ることを確認しておいたのに、フェリーは第4埠頭から出航するらしく、乗客をわざわざシャトルバスでピストン輸送してたらしいのです。私と同じように遅れたフィリピン人の青年がいたのですが、間に合うかもとシャトルバスに乗って第4埠頭に行ってみたのですが、数分遅かったみたいでした。




2014philippines89

 乗り遅れが確定したので打開策を話し合いました。

良いアイデアが無ければセブにもう1泊して、明日の午前中にマクタン空港からイロイロに飛ぶしかないかとも考えたのですが、直前の購入だとアホみたいに高い値段だったりしますのでネグロス島を経由して行くことを検討しました。いずれにしても乗れなかった乗船券を払い戻ししてもらわなければならず、事務所が閉まる前にと急ぎました。

その手続き中に青年が周囲の人に良い方法がないかを訊いて回ってくれたのですが、北バスターミナルからネグロス島へのフェリー乗り場に行くバスに間に合うかもという有力情報がありましたので今回の旅行で初めてタクシーに乗りました。10分ほどで到着してみたらバスではなくてバンでしたが、間に合いさえすれば何でも構いません。バンの出発まで30分あるとのことでしたので、ビールと船で食べようと事前購入しておいたハンバーガーなどで夕食としました。




2014philippines85

 バンは途中でも乗客を拾いながら北上しました。

2時間ほど信号が無い道を走り続けたら最初のフェリー乗り場に着いたのですが、かなり田舎っぽい感じの小さな港町でドラマに出てきそうな雰囲気でした。30分ほど待っていたら見たことが無い形の船が入港してきて、バスやサトウキビを満載したトラックなどが次々に下船してきました。とりあえずセブ島の脱出には成功して、船のベンチで横になって3時間ほどぐっすり眠りました。寝てる間に日付が変わったので、この続きは明日のブログでアップします。








テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/26(水) 16:32)

 数年ぶりに早朝のセブ港に上陸して見かけた巨大看板にあったものは…
2014philippines70

 数年ぶりに早朝のセブ港に上陸しました。

臨港エリアの独特の殺伐とした雰囲気は変わらないものの、私は信号やコンビニがほとんど無かったレイテ島からやってきましたので大都市ぶりに少しだけ驚かされました。マニラから飛んで来ていれば「田舎っぽいな…」と感じたかもですけどね。空が明るくなってきたのでサリサリストア前の自販機でコーヒーを買い、昨晩フェリーに乗る前に購入しておいたパンを食べました。

簡単な朝食を終えて再び歩き始めたら高層ビルが描かれた不動産の巨大看板が目に入りました。そういえば内陸に背が高いビルが何本か建設されていましたが、大都市過ぎるマニラを嫌ってセブを投資先やリタイア後の住まいに選ぶ人も増えていそうです。




2014philippines71

 歩いてたら共同墓地があったので見学してみることに。

入口は墓地らしい重厚なデザインで両側に大きな石造りの伝統的なデザインのものが並んでいたのですが、通路の奥には最近になって埋葬者の増加に対応するために作られたコンクリート製のものもありました。低所得者や親族がいない身元不明の死者などのために行政が用意したものなのかもしれませんが。




2014philippines72

 時間が早過ぎて宿にチェックインできませんでした。

まだ誰もチェックアウトしていないので部屋が用意できないとのことでしたが、Wi-Fiのパスワードは教えてもらえましたので中庭のソファでブログの更新を済ませることに。最近は移動が多いために更新が滞りがちでしたが、さすがにセブは大都市だけにスピードも速くて快適でした。午前中は心地よい涼風が吹いていましたし…

2時間ほどでチェックインでき、シャワーを済ませたらランチ&映画のために街外れのショッピングモールへGOです。その途中で新しそうな小型の商業施設を見かけたのですが、まだ認知度が低いためか高級なテナントが多いためかランチタイムは近いというのにガラガラでした。アフター5の方が賑わうのかもですが。




2014philippines73

 今日の目的地はこの巨大なSMシティというモールでした。

マニラのEDSA沿いにも同じ規模のものがありますが、セブの支店も奥に新館部分を建て増ししていましたのでじっくり見るためには半日はかかりそうでした。しかし私は世界中のモールを歩いてきたマニアですから、鍛え抜いた感を生かして効率的にフードコートとシネコンを探し出すことにしました。しかしシネコンを見つけるのは簡単でしたが、なかなかフードコートに遭遇することができませんでした。係員に訊くのはモールマニアとしては恥だし…




2014philippines74

 それでランチは地元のファストフード店を試すことに。

日本の蕎麦屋みたいに入口のガラス越しに丸焼きにした豚を解体していた「Ayer's Lechon House」という店でしたが、ロゴにSEBUとありましたので地元のチェーン店なのでしょう。最近は豚料理が続いていますが、マレーシアに行く前にはちょうど良いでしょう。

素材は同じでも料理法は違った方が良いのでSISIGという65ペソのセットを注文してみたのですが、見た目は貧相ですが、味はなかなかのものでした。これだけじゃ満腹にはならなかったので意地でもフードコートを探し出す決意を新たにしました。




2014philippines75

 シネコンに到着したらお目当ての映画を上映してました。

台北やマニラで看板を見かけていた「ロボコップ 2014」でしたが、15分後から始まるということで嬉しくなりました。しかし2D版の上映なのにIMAX劇場だというので400ペソ!わりと面白いとの評判ですが、ハリウッドの娯楽映画に900円もの料金は払えないので3月にマレーシアでやってることを祈りつつ、他のラインナップをチェック。

しかしどうしても観たい作品は皆無で、料金もレガスピの倍近い200ペソとかでしたので今日も却下となりました。SMシティの無料Wi-Fiでチェックしてみたらダウンタウンにも劇場が残っているみたいでしたので、それに期待することにしました。ちなみに意外な場所でフードコートを発見することができたのですが、試したいものが無かったので映画と同じようにダウンタウンに期待することに。




2014philippines76

 SMからダウンタウンまで3kmほど歩きました。

40分ほどの間に100台以上のジープニーに追い抜かれたと思いますが、何か面白いものがあった場合を考えて歩き抜きました。しかし海岸近くの大通りはガソリンスタンドや工場ばかりで何もありませんでしたが。メトロポリタン大聖堂の辺りからようやくセブらしい雰囲気になってきたのですが、建物の一部を補修中でした。門番に「ハリケーンでやられたの?」と訊いたら地震による倒壊があったみたいです。検索してみたら昨年の10月15日にマグニチュード7クラスの地震が発生し、100人ほどの死者が出たそうです。知らなかった…




2014philippines77

 ダウンタウンでいくつかのモールをハシゴしました。

南バスターミナルの近くのエリザベスモールはシネコンの痕跡さえ無くなっていましたし、ダウンタウンの映画館であっただろう建物は他の業態に転換していました。1館だけは上半身が裸のフィリピン人男性が二人で並んでる意味深なポスターがありましたが…(笑)

このオリエントというモールには2スクリーンがあったのですが、レガスピで130ペソでも観る気になれなかった「ポンペイ」という火山噴火を題材にした作品が150ペソでしたので却下。マレーシアで映画が安い水曜日に他に何も観るものがない時のために取っておくことに。




2014philippines78

 夕方に激安なフライドチキンコンボを試してみました。

オリエントの並びの古そうな商業施設の3階に半分以上の店が閉まっているような地味なフードコートがあり、客寄せのためかどの店でも安いコンボメニューを貼り出していました。夕食が食べられなくなると困るので、甘いものとコーヒーなどで休憩しようと考えていたのですが、このセットで30ペソでしたので衝動買いしちゃいました。

サマール島のバス会社の近くの売店ではペプシ1本だけで20ペソしたのですが、このセットで日本円に換算すると70円もしないわけですから笑ってしまいました。さすがにセブのダウンタウンは庶民の街ですね。路上で堂々と立ちションしてる少年も見かけましたし…(笑)




2014philippines79

 暗くなる前に裏道を通って宿に戻りました。

フィリピン滞在も残りわずかですが、最終目的地のパナイ島のイロイロに行くにはいろいろなコースがあるので悩んでしまいました。飛行機なら早いのですが高くて面白みも無いし、ダイレクトな船なら夜行だから時間は有効に使えるけどネグロス島はスルーしてしまうことになります。島から島へと渡るのがいちばん面白そうですが、時間がかかるのが難点でした。

21時頃までいろんなウェブサイトを見て回って結論が出なかったので、久しぶりに夜のセブの街を歩いてみることに。何のあてもなく高層ビルが建ってるあたりを目指して行ったらセブで初めてのミニストップを発見。39ペソのビールと26ペソのツナ入りのパイみたいなのを買って店内の飲食スペースでいただきました。食後に15ペソのソフトクリームを注文しようとしたら残念ながらソールドアウトでした。イロイロにもミニストップあるかな…?





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2014/02/25(火) 23:59)

 タクロバンでそれなりの目的を果たした後にハイエースで出かけた先は…
2014philippines60

 窓が無い部屋でしたのでぐっすり眠ることができました。

被災地は夜も早いけど朝も早いようで、ベランダに出てみたら祭りでもやってそうな喧騒でした。昨晩は夕食後にパンを買えなかったので早朝のダウンタウンに出かけ、ベーカリーで6~7ペソのパンを3個購入して自販機の5ペソの甘いコーヒーと共にいただきました。

早朝からシャッターを開けていたスーパー風な店を初めて見かけたので入ってみたら、食品以外を販売する大型の雑貨店でした。たしか台風被害直後のニュースではスーパーに食料を求めて客が殺到したとニュースで見たのですが、まだ再開していないのかもしれません。国際援助で食料の配布があったはずですので、住民はスーパーを必要としていないのかもです。それと銃を持った警備員も…




2014philippines62

 これは海に面したマクドナルドの店舗だった建物です。

私が見た範囲ではタクロバンのダウンタウンにジョリービーは3軒ありましたが、マクドナルドはこの1軒のみでした。この場所は旧バスターミナルに近くて海に面していますので、テラスからの眺めは良かったのでしょう。タクロバンのカップルのデートスポットとして人々の思い出に場所になっているのかもしれません。もう少し落ち着いたら再開されるのでしょうが、この場所で立ち塞がり続けるのは野暮だと思います。ハリケーンを教訓に世界初の防水型の地下店舗を作れば賞賛を浴びるでしょう。地上部分はテラスにテーブルとイスが置いてある公園風なデザインで、地下に降りると耐圧ガラス越しに海が見えるという驚きがあるデザインなら観光客も増えることでしょう。




2014philippines63

 マクドナルドの真横の渡し舟の発着所です。

現在では自動車でサン・ファニーコ橋を渡れば簡単にサマール島側に行くことができますが、橋が完成するまではこのような渡し舟しか無かったはずで、今でも自動車を持たない庶民の足として活躍しているのでしょう。どうせ20ペソもしないでしょうから乗ってみたい願望に駆られましたが、今回は時間の都合で無理です。数年後に復興の様子をチェックする時にでも!




2014philippines64

 これはハリケーンで壊されたわけじゃないみたいです。

トライシクルの後輪がパンクしたのを修理中なのでしょうが、ハリケーンで流された廃材から出た釘などを踏んでパンクしたとすればハリケーン被害と言えなくもないでしょう。レガスピでは運転手もすっぽりカバーするタイプばかりでしたが、タクロバンでは半分くらいしかカバーしないタイプが主流のようでした。そしてどのトライシクルにも「I LOVE TACLOBAN」のステッカーが…





2014philippines65

 ようやく今回の目的のひとつを果たすことができました。

私は晴れた日に屋外で髪を切るのが好きなのですが、それが被災地であれば尚更です。わずかですが地元の人の現金収入になりますし、今日の街角のおじさんのようにヒマそうな場合はお互いにとって好都合でした。マニラなど大都市の普通の床屋に入ると電気バリカンでザッと切られて鋏で簡単に仕上げるという場合が多いですし。

電気が完璧に回復していない被災地で鋏だけでやってもらえると期待していたのですが、私は建物の内部から伸びてる電線を見過ごしていました。イスに座って布をかけられた直後に電機バリカンの音が。まあ料金は40ペソでしたし、おじさんは神経質なくらいに丁寧でしたので文句はありません。おじさんも「今日は日本人の髪を切ったぞ!」と家族に自慢できたかもしれません。




2014philippines66

 午後に先日と同じ店でランチを食べることにしました。

実は先日オーダーしたものは2番目に試したかったもので、第一候補は品切れだったのです。それで「今日はある?」と訊いて頷かれたので65ペソ払って注文したのが、この豚の角煮を乗せたような丼でした。ちょっとメニューの写真に比べると貧相でしたが、味はまあまあでした。これで心置きなくタクロバンを離れることができます。




2014philippines67

 レストランの店員にセブへの行き方を訊きました。

しかし生まれてからタクロバンから出たことが無いらしく知らないということでしたので、隣に同系列のホテルで教えてもらうことに。「目の前のターミナルから100ペソ払ってオルモックまでハイエースで行って、22時発のフェリーに乗れば良い」と具体的な回答が。

お礼を言ってターミナルへ歩き出したら、客引き風な兄ちゃんが「オルモック?」と訊いてきたので頷いたら、動き始めていたハイエースを追いかけて止めてくれました。おかげで待ち時間ゼロで出発できました。このニーニョという飾りは南米でも良く見かけるカソリックの人たちにはありがたいシンボルみたいです。そのおかげもあったかどうかは不明ですが、一等席である助手席に座ってレイテ島の美しい自然を満喫しながら無事に2時間ほどでオルモックに到着できました。




2014philippines68

 今日は陽が沈むかなり前に港町に到着できました。

方角からしてみると海に沈む夕陽は無理として、何か神秘的な夕暮れの光景に出会えるかもと海岸に急いだのですが、その途中で久しぶりにコンビニエンスストアなるものを見かけました。まったく見たことが無い名前の店でしたが、田舎町でセブンイレブンより1時間長い24時までやってるとは偉いなと思い、夕陽の後でビールを買って屋台の焼き鳥などと食べようかと考えました。

海岸に到着してみたら猫の額ほどの狭いビーチにゴミが散乱していて、夕陽も100点満点で37点といった残念なものでした。救いがあったのは地元の若いお兄さんたちの太鼓の練習に遭遇したことでしたが、夕陽で温まったコンクリートの防波堤の上に寝転がって聴いていたらそよ風が心地よくて眠くなりました。




2014philippines69

 海岸での太鼓の練習は1時間以上も続きました。

タクロバンの被災地の光景から神戸や東北、プーケットなどを思い出して切ない気持ちになってしまいました。旅ののんびりした夕暮れはついつい感傷的な気分にさせられてしまいます。しかし時計を見たら19時を過ぎていて、そうのんびりもしていられなくなっていました。それで先ほどのコンビニに行ってみたら、まさかの閉店!

先ほどまで賑やかだったオルモックの町はチェーン店以外はほとんど閉まっており、仕方なく何度かフィリピン旅行でお世話になっているINASALへ行き、まだ試したことがなかった69ペソのボークBBQのコンボをオーダー。数分後に運ばれてきた料理はライスに串1本だけとシンプル過ぎましたが、味はかなりのレベルでした。もしもビールと串3本のメニューがあれば最高でしたが…




2014philippines61

 朝食用のパンを購入してフェリーに乗り込みました。

今日の船は自動車用の入口と歩行者通路が分かれていて、私がこれまで乗ったことが無いタイプの船でした。スロープを上がると船員がチケットの番号を見て2階へと促しました。私は今夜のフェリーも長椅子が並んでるタイプだろうと予想していたのですが、夜行専用に固定されたベッドが並んでるタイプのものでした。

大昔に中国で似たような船に乗ったことがありますが、常夏のフィリピンですから左右のデッキ部分にまでベッドが用意されていて、私の番号はその端っこでした。深夜は冷え込むことを想定してバッグの中からジャケットとブランケットを取り出して揺れながら眠りにつくことにしたのですが、なぜか私のベッドの前を猫が横切りました。船で飼われているのか、あるいは迷い込んだのかは不明ですが、久しぶりに膝に乗せて寝たい気分でした。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/24(月) 23:59)

 タクロバンがあるレイテ島からセブ島へ渡る前に…
 これからセブ島にバスと船を乗り継いで移動します。

タクロバンは映画館も無い小さな町でしたが、セブにはシネコンを併設した巨大なモールがあるはずですので楽しみです。外国人旅行者が多いので、安い宿でもWi-Fiは完備してるはずですし。

タクロバンがあるレイテ島はセブ島やボホール島に比べると観光資源が多いわけじゃありませんし、特別な名産なども無さそうです。しかし映画館やコンビニが見当たらないなど。開発が遅れていることは古き良き時代のフィリピンらしさを残しているとも言えるでしょう。今ならジョリービーなどのファストフード店もほとんど閉まっています。まだ災害の爪あとが残っている内に旅行されることをオススメします。

タクロバンではたくさん撮影しましたので、被災地の現在の様子を画像中心にアップしておきます。




2014tacloban2

 教会だって屋根を吹き飛ばされていました。




2014tacloban1

 屋根の部材の販売所のポスターが…




2014tacloban3

 海岸のフェンスの修理は後回しのようです。




2014tacloban4

 新しい電柱を立てて、電線の張替え工事中でした。




2014tacloban5

 ジョリービーも閉鎖中。移動店舗のみ営業中でした。




2014tacloban6

 ダンキンドーナッツの車には何か落ちてきたのかも。




2014tacloban7

 病院だって被災したけど、患者は受け入れ中でした。




2014tacloban8

 標識も強風で。すぐに修復できるでしょうが…




2014tacloban9

 GSの屋根も吹き飛ばされ、簡易の手作り屋根が。




2014tacloban10

 倒木はかなりありました。これは救えそうだが…




Typhoon Haiyan: Before and after」というオーストラリアのニュースサイトが作った昔と災害後を航空写真で較べることができるサイトと英テレグラフの類似のものが秀逸でした。参考までに…






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/24(月) 13:00)

 サマール島の北からオルデナリィバスで南下して辿り着いた場所は…
2014philippines50

 サマール島から南下するバスは大幅に遅れてしまいました。

最初は午前2時発と聞いていたのですが、レイテ島からのフェリーの到着が遅れたので待ってる間に太陽が昇ってしまいました。午前2時発なら早朝にタクロバンに到着できるので悪くないと考えていたのですが、到着予定時間が出発時間となってしまいました。出発が遅れて唯一の良かった点はサマール島の自然を満喫しながらドライブできたことでした。深夜だと景色を楽しむことは不可能ですからね。




2014philippines51

 今朝もノンエアコンのオルデナリィバスでした。

タクロバンまでの料金は300ペソで、6時間くらいはかかるということでした。途中の大きな町のバスターミナルに寄りながら、また客の希望により家や店の前で停まりながらのドライブですから時間がかかるのですが、困ったのはそれだけでなく物価の高さもありました。パンやフルーツを持っていたので朝食を買う必要は無かったのですが、1リットルの水を買おうとしたら50ペソと言われました。それで20ペソのペプシでガマンすることにしたのですが、マニラの倍といった感じでイヤになりました。ちなみにサマール島はガソリンも高そうでした。




2014philippines52

 運転手たちの私用でバスが停まることもありました。

途中の小さな町で鮮魚を並べている屋台が点在している地区がありましたが、そこで何のアナウンスも無く10分ほどバスを停めて買い物していました。おそらく奥さんから夕食用の食材を買ってくるように言われていたのでしょうが、誰も文句を言わずに待っていました。のどかな感じで良いとも思えますが、私は朝まで待たされたもので…




2014philippines53

 のどかといえば、乗り込んでくる売り子たちもそうです。

オルデナリィバスは窓が開くのでバスの外からでも販売できるのですが、売り子の目線が高い方が販売しやすいのかもしれません。大きな町だと10人くらいが両手に品物を持ちながら車内を往復するのですが、値切り交渉が始まると渋滞が発生してしまいます。ちなみに背番号7番のトーマス君は沖縄のサンターアンダーギそっくりのお菓子を売っていました。ルーツはフィリピンなのかもしれませんね。




2014philippines54

 ついにサマール島に別れを告げる時がやってきました。

この日本の融資で建設されたフィリピン最長の橋梁であるサン・ファニーコ橋を渡ってしまえばレイテ島ということになりますが、サマール島で使ったのはペプシ代の20ペソだけでした。橋が架かるくらい狭い海峡を挟んで台風の被害は天と地ほど違ったようですが、消費はできるだけ被災地でというのが私のポリシーです。中途半端に伸びた髪も到着直後にマニラで切りたかったのですが、どうせ代金を払うならタクロバンの床屋さんにと考えました。日本円にすればわずか100円くらいのものですが、気持ちの問題です。多くの観光客が被災地に行ってみて現実を知ることも大事だとも考えています。




2014philippines55

 14時過ぎにようやくタクロバンに到着しました。

新ターミナルと書かれた古い建物に入ってみたら中はほとんど電気が点いていませんでした。道路の倒れた電柱は撤去されていませんでしたが、新しい電柱は立てられていて最低限の電気は使えるようにはなってるようでしたが。ターミナル内のサリサリストアやファストフード店は発電機を使っていましたので、11月8日から3ヶ月以上が経っているというのに未だに不便な思いをされているようです。




2014philippines56

 とりあえず遅いランチを食べることにしました。

新ターミナルの真横に新しい建物があり、そこの1階に雰囲気が良さそうなファストフード店があったので、60ペソのポークのトマト煮込み丼みたいなものを試してみました。本当はもっとボリュームがあるものを食べたかったのですが、15時近かったので夕食を美味しく感じることができるように配慮しました。被災地の夜は早そうですし。

料理を食べ終えてGoogleマップでダウンタウンへ歩いて行く道をチェックしていて、「もしかしたら…」とチェックしてみたらWi-Fiがありました。しかし店員はパスワードを知らないということでしたので、同じ経営らしい隣のホテルに行ってみたら発電機を使っているからとか不具合の言い訳をしていました。そのホテルは予算オーバーでしたので、営業中のホテル名をいくつか教えてもらって歩き出しました。




2014philippines57

 ダウンタウンはかなり復旧してるみたいでした。

他の町より路上販売が多いと感じたのですが、通りに人が多いので賑やかな感じがしました。しかしCHOWKINGの店はまだ再開していなくて、その前ではジョリービーの移動店舗がハンバーがーとフレンチフライという限られたメニューだけで営業していました。

ジョリービーは他に3店舗ほど見かけましたが、すべて閉まっていました。CHOWKINGの他の支店やマクドナルドも閉ざされていましたが、ダンキンドーナッツだけは営業中でした。ドーナッツ屋は設備投資が少なくて済むので再開も早かったのかもしれませんね。





2014philippines58

 4軒目のホテルに決めて、シャワーを浴びました。

ちょっと予算オーバーでしたが、ロビーの周辺だけでしたがWi-Fiが使えるということで妥協しました。被災地の夜は早いので、ぐずぐずしてると夕食の選択肢も無くなりそうでしたし。外が暗くなってきたので夕暮れのタクロバンの様子をチェックしてみることにしたのですが、路上販売は片付けを始めていました。

いちばん被害が大きかったであろう海岸方面に向かって歩いたのですが、さすがに損壊した住宅の瓦礫はキレイに撤去されていました。役所の建物には復興のシンボルのような灯りが施されていましたが、これにより暗い町が少しは明るく感じることでしょう。ちなみに海岸に続く道の両側には屋台が並んでいて賑やかそうでした。




2014philippines59

 19時を過ぎたので夕食を食べることにしました。

まだ空腹じゃなかったので20時頃でも良かったのですが、店が閉まり出すとマズいと考えたのです。ファミリー客で混雑してるケニーズというローカルレストランで60ペソのビーフンの上にミートソースとゆで卵が乗ったフィリピン料理をテイクアウトしたのですが、そこのキャラクターっぽい人形の背後にくまモンを発見しました!

派遣された1000人ほどの自衛隊員の中に熊本から召集された人がいたためか、あるいは熊本の災害対策の公務員が調査に訪れた時に持ってきたものかもしれませんが、突然だったので驚かされました。ちなみにホテルに戻る頃にはほとんどの店が閉まっていて、ビールや朝食用のパンも買えませんでした。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/23(日) 23:59)

 現在は使われなくなっているレガスピ駅の前で見かけたものは…
2014philippines38

 昨晩購入しておいたパンを朝食にしました。

Wi-Fiが無料で使うことができるLCCデパートの開店は9時からと予想して、その前に現在は使われなくなっているレガスピ駅に行ってみることにしました。駅前の広場にはバスケットのゴールが置かれ、子供たちの遊び場に変わっていました。駅の正面のゲートは施錠されていたのですが、駅舎の横から廻り込むことができ、プラットフォームは女子高校生たちのダンスの練習場になっていました。

プラットフォームの先からはマニラに向かって錆びついた線路が続いていて、今では沿線の住人の通路になっていました。その方向には晴れていれば美しいマヨン山が見えたはずですが、昨晩からの雨がまだ続いていたので裾野さえ見ることは叶いませんでした。




2014philippines39

 開店直後のLCCデパートに行って雑用を済ませました。

雨もほとんど止んでくれましたので、ビーチに行ってみたら昔は火山の影響で黒砂の美しい海岸だったのがゴミだらけになっていました。すぐ海の近くまでお父さんが廃材で作ったような小屋が迫ってきていて、そこの住民たちが捨てたゴミだと思えますが、ゴミ問題の放置もフィリピン政府の手抜きのひとつなのでしょう。




2014philippines40

 トライシクルにはナンバーが割り当てられていました。

マヨン山と女性政治家らしき人物がデザインされていましたが、おそらくビーチのゴミ問題や低所得者住宅に対する考えが浅い人物なのでしょう。大都市のマニラでも貧富の格差は大問題ですが、レガスピのような小さな自治体は地価が安いこともあって政治家がやる気にさえなれば解決できることが多いと思います。しかしこの女性は充分な予算が無いことを言い訳にしているのでしょう。




2014philippines41

 宿をチェックアウトしてターミナルへ向かいました。

また少し小雨が振り出したので宿のご主人はジープ二ーでの行き方を教えてくれたのですが、途中のモールにも寄ってみたかったので歩くことに。この裏側にバスターミナルがあるので、中を通り抜けるというのが都合が良かったのです。旅行者なので入口のセキュリティチェックも簡単にスルーできてエスカレーターで3階まで行ってみたら2スクリーンのシネコンがありました。昨晩のものと合計すると小さな町に5スクリーンもあることになります。スゴいですよね。




2014philippines42

 ターミナルに到着したら、バスが出るところでした。

それで目の前にあった屋台に毛が生えた程度の店で20ペソのハンバーガーと5ペソのコーヒーを購入して、バスのコンダクターに74ペソの料金を払って最前列に陣取りました。私は景色が良く見えることからドライバーの真後ろの席がお気に入りなのですが、バスは出発前だというのにガラガラで特等席が空いていたのです。しかしそれもターミナルを出るまでのことで、市内をぐるっと周遊する内に途中から乗る人が続出して7割ほどが埋まってしまいましたが。




2014philippines43

 バスの窓から華僑系の墓地が見えてきました。

レガスピにやってくる時も空港の北側で近くを通ったので、今日はカメラを前もって準備しておきました。なぜレガスピに中国人が多かったのかはわからないのですが、アメリカと同じように鉄道建設と関係があるのかもしれません。フィリピンはスペインによる植民化の後にアメリカに統治された歴史がありますので、あり得ない話じゃないと思います。しかし町を歩いても華僑っぽい顔立ちの人は皆無だったのですが、現地との混血が進んだためかもしれません。




2014philippines44

 バスは2時間弱で次のソルソゴンに到着しました。
 
レガスピではソルソゴンで港へ行くバスに乗り換えたら良いと教えられたのですが、案内所で聞いてみたらバスは無いとのことでした。「どうやって行けというの!」と食い下がると、ダウンタウンの教会横からジープニーが出ているとトライシクルに乗せられました。

5分ほどの距離に20ペソ払って港に行くジープニーの真ん前で降ろしてくれたのですが、その時点で乗客は2人だけでしたので「満員発射だとすると長期戦になるかも…」と心配になりました。しかし15分後くらいに空席が多いまま出発してくれたのですが、今度も途中で客を拾って満席に。料金は90ペソと割高でしたが、2時間走って港の入口で降ろしてくれましたので文句はありませんでした。




2014philippines45

 フェリーの時間を訊いたら「すぐに出る」とのことでした。

コーヒーと甘いもので休憩するのは後回しにしてターミナルビルのチケット売り場に向かったのですが、IDの提示などが必要無かったのは意外でした。乗船名簿が存在しないのであれば、海難事故があった場合は私はミッシングということになりかねませんからね。船代が120ペソとターミナル使用料の30ペソを別々に払わされたのですが、そんな面倒なことは勘弁してもらいたいものでした。

私が乗り込んだスターフェリーⅢ号はどこか懐かしい雰囲気だと思ったら、かつて呉と松山の間を結んでいた日本製の船でした。トイレなどに日本語の表示が残っていたのですが、もしかしたら私が大昔に乗ったことがある船だったのかもしれません。出航時に屋上のデッキに出てみたのですが、残念ながら今日も厚い雲に邪魔されて海に沈む夕陽を見ることはできませんでした。




2014philippines46

 フェリーは1時間半くらいで対岸に到着しました。

次のバスを訊いてみたら、またもや「すぐに出る」という話でした。バスやトラックが行き交っていましたので、次のバスにすることに決め、近くの食堂で夕食を食べることにしました。海に面していましたので魚を揚げたものとイカの煮込みを注文したら80ペソもしたのですが、場所が良いことで強気の値段になったようでした。

店員の態度も無愛想で、味もたいしたことが無かったので大損した気分になりました。もちろんWi-Fiもありませんでしたしね。食後に係員に次のバスを訊いてみたら、朝の2時とのことでビックリでした。そんなに空白時間があるのがわかっていたら、ダウンタウンまで歩いて行って割安な店を探せば良かったと反省しました。




2014philippines47

 今日は接続が上手くいったのに最後に躓いてしまいました。

アホみたいに港の待合室でバスを待つのもイヤでしたので、今晩は名前も知らない町に泊まろうかと考えてホテルの場所を訊いてみたら目の前の建物を指差されました。先ほど食事した食堂の並びにあるホテルでしたが、24時間バスやトラックが行き交う場所ですのでうるさくて眠れないかもでしたので却下しました。

それでダウンタウンにある別のホテルに行ってみたのですが、壁に貼ってあった料金表の倍の値段を言われたのでムカつきました。しかも名前がパラダイスでWi-Fiも無し。まったくあり得ないので真夜中のバスを待ってタクロバンへ行くことに。「夕食をガマンしていれば…」と少し後悔しましたが、夜は肌寒いくらいの気温でしたのでマシでした。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/22(土) 23:59)

 これから被害が最大だったタクロバン方面に南下します…
 現在はルソン島の南部のレガスピという町です。

これから昨年の台風30号(ハイヤン、フィリピン名はヨランダ)の被害が最も大きかったタクロバンへ南下します。現地は少しは復旧してるでしょうが、セブまでネット接続は無理かもしれません。ネット中毒患者にはツラいですが、被災者の皆さんの苦労に較べたら…





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/22(土) 10:40)

 マニラのクバオから13時間かけてレガシピに到着して口にしたものは…
2014philippines29

 マニラからのバスは1時間遅れでレガシピに到着しました。

町の東側は海ですし近くにマヨン山というコニーデ型の活火山がありますので方角にも迷う心配はありませんし、早朝に着いたので何も問題なさそうでした。13時間の移動で空腹だったので、バスターミナルで何か食べておくことにしたのですが、15ペソのチーズドッグと韓国製の自動販売機での5ペソのコーヒーにしてみました。

チーズドッグといっても本物のチーズではなく、コーヒーも最初から甘いインスタントでしたが、両方で20ペソと日本円なら50円以下ですので文句はありません。しかもどこかのWi-Fi完備バスの電波を拾うことができてメールやニュースなどもチェックできましたし。以前のフィリピンのバス旅行でネットカフェ探しに苦労したことから較べるとえらく違うものですね。




2014philippines30

 バスターミナルのすぐ近くに踏み切りがありました。

かつてはマニラから列車でここまでのんびり旅行することもできましたが、何度かのハリケーンや火山の噴火などもあって再開されるかどうかわからないようです。最近は庶民もLCCで気軽に飛べるようになりましたし、マニラ中心ではありますが長距離バスも充実していますので鉄道なしでも支障はないのでしょう。しかし沖縄と同じで、鉄道が無いのはちょっとサミシイ感じがしますが…




2014philippines31

 まずは町の中心の戦没者慰霊塔を目指しました。

この石碑とLCCデパート周辺がレガスピの中心で、昔からの宿も残っているはずでした。以前に泊まった宿の記憶はありませんでしたので、ネットでの情報収集で引っかかった古そうなゲストハウスに行ってみたら扇風機だけのシングルがすぐにチェックインできるとのことでしたので即決しました。約24時間ぶりのシャワーは快適でした!




2014philippines32

 2日分の洗濯も済ませてランチを食べに行くことに。

町の商業の中心的な存在のLCCデパートに行ってみたら、予想通りに4階にフードコートがあり、Wi-Fiも完備ということでしたのでランチを食べることは決定しました。いろんな選択肢がありましたが、最近は中華やアジア飯ばかりでしたので、イタリアンを試してみることに。

49ペソのパスタとピザのセットを注文してみたのですが、麺の茹で加減はアルデンテでは無かったのですが悪くないものでした。Wi-Fiのスピードも遅くて安定はしていませんでしたが、人口が少ない地方都市であることを考えれば満足すべきでしょう。おそらく前世紀にはパスタもWi-Fiもレガスピじゃ望めないものだったでしょうし。




2014philippines33

 フードコートの横のステージでイベントが始まりました。

ブログのアップを終えて歓声がする方へ行ってみたら、なんとそこには韓国人の若いアイドルがフィリピン人の司会者と英語でトークしていました。たまに日本の地方都市の郊外型モールにも無名の韓国人歌手がやってきたりしていますが、レガシピみたいな町まで回っているとは驚きでした。

聞いた話では韓国の中流の若い人たちはアメリカやイギリスは金額的なハードルが高いので、近場のフィリピンを語学留学先に選ぶ人が多いということでした。このアイドルも2ヶ月くらいセブあたりで英語を勉強して、腕試しも兼ねて地方を回っているのかもしれません。




2014philippines34

 LCCデパートを出たら小雨が降っていました。

「これじゃ洗濯物が乾かないな…」とボヤきながら歩いていたら、目の前に教会が現れました。晴れることを祈るためではなく、雨宿りのために中に入ってみたら数名の物乞いが手を差し出してきました。外観は南米にでもありそうな普通の教会でしたが、天井高が低くて学生がミサを受けていましたので学校みたいな雰囲気でした。

また風通しを最優先に考えられたようで、祭壇の両側のスライド式の窓が全開になっていました。天草の教会には畳が敷いてあったりしましたが、教会も国によって様々ですから面白いものです。入口にあった血まみれの赤ちゃん像もインパクトがありましたし。




2014philippines35

 雨が止まないのでビーチに行くのはあきらめました。

陽が沈んでも雨が止む気配はまったくありませんでしたので、仕方なくLCCデパートに行って情報収集することに。1時間ほどPC作業をして夕食を食べにリサール広場周辺の屋台にでも行こうかと思いましたが、雨でバラエティが少ないようでしたので、昼と同じようにフードコートで済ませることにしました。

今日のランチはパスタでしたので、夕食はポークチョップとビーフンのコンボにしてみたのですが、豚肉が予想の半分以下の厚さしか無かったのでガッカリでした。まあアイスティー付きで59ペソでしたから、文句は言えないのですけどね。




2014philippines36

 1階のスーパーで朝食用のパンなどを購入しました。

雨が止まないので夜の町の探検はあきらめて宿に戻ることにしたのですが、少しだけ遠回りしてみました。リサール公園前のビルに映画のポスターがあったので、「ロボコップ 2014をやってるかも…」とチェックしてみたら「ポンペイ」という火山の映画などをやっていました。

入場料はどの映画のどの時間帯でも一律130ペソということでしたし、最終回の上映に間に合う時間でした。火山の町で火砕流に巻き込まれる映画を観るのも面白いかなと思ったのですが、もし映画を観てる時にマヨン山が噴火したら逃げ送れてしまうかもと考えて止めておきました。どうせ「ボルケーノ」みたいなCGだけの作品でしょうから、途中で眠ってしまいそうでしたしね。(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/21(金) 23:59)

 宿から徒歩5分のSMの前の路上で拾ったバスに乗って出かけた先は…
2014philippines21

 マニラは切り上げてバタンガスへ出かけることにしました。

フィリピンに到着前はマニラからルソン島南部まで夜行列車でと考えていたのですが、昨年のハリケーンで線路が被害を受けて復旧の目途がついていないという話でした。それで昔のようにバスを乗り継いで南下することにしたのですが、まずはプエルト・ガレラへのフェリーの発着口としても知られているバタンガスへ行ってみることに。

Googleマップのルート検索では徒歩15分のターミナルから出るバスが出てきましたが、ラッキーなことに宿から徒歩5分のSMの前を通るので遠くまで行く必要はないとの話でした。何の標識も無い路上でバスを待つのは少し不安でしたが、先に待っていた青年に確認したら間違いないとのことで安心しました。バスは5分ほどでやってきて、料金も152ペソと割安感がありました。




2014philippines22

 バスの運転手から港の入口で降りるように言われました。

ノルウェー人ファミリーなどを乗せたバスはそのままゲートを抜けて行き、1人だけバスから降りた私は暇を持て余したトライシクルのオヤジたちの注目を集めることに。ガイドの押し売りを「これからランチを食べるから…」と振り切って、とりあえず8ペソのジープ二ーで町の中心部へ行ってみることにしました。




2014philippines23

 賑やかな中央市場前でジープニーを降りてみました。

以前にも来たことがありそうな古い入口から市場に向かって歩いていたら、場違いなシュワルマの屋台がありましたので試してみることに。39ペソのシュワルマと10ペソのコーラで日本円にすると100円ちょいだったのですが、味は悪くありませんでした。

外国人が珍しいのかいろいろと質問責めにあったのですが、私も急ぐ用事も無かったので支障はありませんでした。フィリピンについてもいろいろ教えてもらったのですが、Googleマップで「ここはどこ?」と訊いてもわからなかったのには困惑させられました。




2014philippines25

 しばらく適当に歩き回ったら町の概要が理解できました。

小さな町ですのでGoogleマップで自分がいる場所がわかりさえすれば簡単でしたが、ちょっと歩き疲れたこともありましたのでWi-FiのマークがあったINASALというチェーン店で49ペソのハロハロを食べて休憩することに。クーラーが効いた店内でも早く食べないと融けてしまうので焦りましたが、なんと接続には成功したのにまったくインターネットにアクセスすることができませんでした。

レジの女性に文句を言ったら、「大勢が一度にアクセスしてるから…」と言い訳していましたが、何か根本的な問題があるように思えました。二度と行かない店のことですから、どうでも良いのですが。




2014philippines26

 デジタルでの情報収集はあきらめることにしました。

それでアナログな方法として人に訊くことにしたのですが、近くにあった市役所の窓口で相談してみることに。「日本から来た旅行者だけど、INASALでネット接続できなかったので町の観光案内や地図があったら…」と言ってみたら2階へと促されました。

2階で同じことを伝えたらモノクロの地図のコピーを2枚渡され、それ以外は無いとのことでした。それじゃ困るので、ルソン島の南部へ移動する長距離バスと乗り場について訊いてみたら、マニラに戻って南部行きに乗り換えるしか無いとのことでビックリさせられました。たしか大昔はいくつかのバスを乗り継げば南下できたはずですが、飛行機が全盛の時代でマイナーな路線は廃止されたみたいでした。




2014philippines24

 バタンガスに1泊するのを止め、マニラへ戻ることに。

マニラから南部のレガスピに行くとなると今晩の夜行バスに間に合わせる必要がありますので、特に魅力がないバタンガスで時間を無駄にはできないからでした。市役所のおじさんにマニラ行きのバスターミナルの場所を訊いたら、黄色いラインのジープニーに10ペソ払って乗ってマニラに行きたいと言えば問題ないと言われました。

その通りにしたらジープニーのおじさんに町外れの家具製作所や車の修理工場などが点在する辺鄙な場所で降ろされ、フロントウィンドーにマニラと書かれたバスに乗りなさいとのことでした。行きも帰りも合理的な方法で移動できたのですが、フィリピンが初めての旅行者なら不安だったことでしょう。ちなみに帰りのバスは175ペソと少し高かったのですが、Wi-Fiとコンセントを備えていたので助かりました。




2014philippines27

 バタンガスからのバスは途中まで快適でした。

車中のネットのスピードが遅いのはガマンできるとしてもクーラーの設定温度が低いのには厚着して耐えるしかなく、さらにEDSAに入ってからの大渋滞は歩いた方が早そうでイライラさせられました。多くの長距離バスが発着するクバオ地区が見えてきたので降ろしてもらって、上着を脱ぎながらレガスピ行きのバスを探したら4件目に45分後に出発するバスが見つかりました。

それで食事して戻ると伝えて、近所のCHOWKINGという中華系のファストフードで52ペソの広東やきそばを食べることに。コーヒーも飲みたかったのですが、コーラなどしかないということで水でガマンしました。食後にコンビニでビールを買い込んで乗車したら予定より5分ほど遅れて座席は半分ほど埋まった状態で出発しました。




2014philippines28

 レガスピ行きのバスは都合よくノンエアコンでした。

それで12時間も走るのに450ペソと割安感があり、さらに3人掛けの席を1人で使えたので楽でした。マニラの夜景を見ながら柿の種をつまみにビールを飲んでいたら、バタンガスに行ったこともプエルト・ガレラへの予行演習として良かったかもと思えました。しかしマニラの郊外で客待ちのため1時間近くも停まり、その結果8割の座席が埋まるようになったのでガッカリさせられました。

Wi-Fiはもちろんトイレも付いていないバスでしたので、3~4時間毎にトイレ休憩がありました。バスの窓からトイレに料金徴収人がいないことが確認できましたので行ってみたら、中から係の男性がファスナーを上げながら席に着きました。もう少し早く出てきてくれれば方向転換してどこかで立ちションして5ペソを節約できたのですが…(笑)






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/20(木) 23:59)

 これからルソン島の南部へバス移動のため、ブログの更新が滞るかも…
 これからルソン島の南部へ長距離バスで移動の予定です。

そのため、ブログの更新が滞るかもしれません。最近はWi-Fi完備のバスも見かけるのですが、通信速度が遅い上に揺れますので文字入力が億劫なので…





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/20(木) 18:44)

 宿のシンプルな沖縄っぽいとも思える朝食を食べて出かけた先は…
2014philippines11

 今回の宿にはシンプルな朝食が付いていました。

ランチョンミートと玉子の組み合わせはまるで沖縄料理っぽいのですが、気候や歴史などの共通項以外に米軍と深くかかわったことから似てしまうのでしょう。コーヒーもインスタントではなくアロマが感じられるものでしたし、フルーツは当然ながらトロピカルなものでした。空港や新市街に近いことや朝食のことを考えたら昨年まで泊まっていた郊外の宿よりマシです。他に良い宿が出現しないようなら、次にマニラに滞在する場合はこの朝食を食べることになりそうです。




2014philippines12

 朝食後はシャワーを浴びてのんびり過ごしました。

お昼近くになったので知り合った旅行者の方と今日もランチをご一緒することにしたのですが、世間話に気が取られて料理を撮影するのを忘れていました。それで食後にグリーンベルトという高級モールへ行く前に見かけた赤い鳥居について書いておきます。マカティに日本食レストランやバーなどが集中した地区があるのは知っていたのですが、この鳥居の奥に中庭があって5~6軒の和食屋が集まっていることは知りませんでした。マニラも奥が深いようで…




2014philippines13

 誘惑に負けて今日もアイスを食べてしまいました。

先日の午後の暑い時間にミニストップの店内に用意されていた座席で地元の人たちが美味しそうにアイスを食べていたので、私も試してみることにしたのですが、15ペソにしては濃厚で悪く無かったのです。ランチ後には何か甘いものが欲しくなるもので、20秒ほど悩んだ末にドアを開けてしまいました。「今日もたくさん歩くので、1個くらいは…」と自分に言い訳しながら注文してしまいました。(笑)




2014philippines14

 残念ながら今日も観たい映画がありませんでした。

私が知る限りではマニラでチャイナタウンの古い映画館に続く安さなのがマカティのグリーンベルト1の4スクリーンしかないシネコンですが、それは初期に建てられた商業施設で初期投資の回収も終わっているためだと思います。グリーンベルトは次々に増築されていてグリーンベルト3には8スクリーンの普通のシネコンもありますが、入場料も普通に220ペソとかしますので手が出ません。

グリーンベルト1は半額程度だったと思いますが、今日の上映は聞いたこともない作品ばかりでした。チケット売り場の液晶には「ロボコップ2014 上映中」との表示があったので時間を訊いてみたら「上映は昨日まででした…」との返事でした。先日のチャイナタウンと順序を逆にしてたら観ることができたと思うと残念でした。




2014philippines15

 マカティ地区には新しいビルが増え続けていました。

これはグリーンベルトとEDSAのマラヤ駅の間に拡張とリノベーションを果たしたグロリエッタというモールの南側のファサードですが、その前にはパームツリー並木を挟んで2棟の高層コンドミニアムが完成間近でしたし、その目の前には大きな区画で基礎工事が始まっていましたので、またさらにグロリエッタが増殖するのかもしれません。もしそうだとするとネーミングはグロリエッタ6かな…?




2014philippines16

 空中のマラヤ駅を通り抜けてEDSAを渡りました。

次の目的地であったボニファシド地区はまだ建設途中のビルも多く、公共交通網の整備も進んでいません。開発が本格化しだした頃からジープニーは走りはじめたみたいですが、中心部まで2kmもないようでしたので歩いて行くことに。途中はGoogleマップで見ると緑が多いのですが、高級住宅の中にポロクラブなどがあって独特の雰囲気でしたので退屈はしませんでした。低層の屋敷街を抜けたら、そこには昨年の1,5倍くらいの高層ビルが私を迎えてくれました。




2014philippines17

 これは中心部に新しくオープンしていた商業施設です。

2階の外壁に大きく無印良品のロゴがありましたが、内装工事が遅れたためか3月開店ということでした。無印良品はグリーンベルトの中にも店があるのですが、ボニファシド地区の新しい高層コンドミニアムに引っ越してくるのは富裕層ばかりということで出店することを決めたのでしょう。グリーンベルトの店は場所も悪くて中途半端な広さでしたので、こちらのオープン後には閉めてしまうのかもしれません。




2014philippines18

 ボニファシド地区にはこんなものまで建設されていました。

日本ではお台場や甲子園に、そしてアジアではジャカルタやクアラルンプール、新しいところではバンコクにオープンしたメキシコ資本のキッザニアですが、それが経済発展中のマニラにも初進出することにしたようです。いくら徒歩圏内とはいえ富裕層がボニファシド地区の中心から歩くとは思えませんでしたので、クアラルンプール店のような立体駐車場を組み込んだ単独店になるのでしょうが、どんな顔ぶれになるか楽しみです。入口の飛行機はフィリピン航空かセブパシフィックになるかは微妙ですが、ファストフード店はマクドナルドやKFCではなくジョリービーで決まりでしょう!(笑)




2014philippines19

 ボニファシド地区からの帰りも歩くことにしました。

GoogleマップでチェックしてみたらEDSAとの間に狭い路地が何本かあるみたいでしたので、その低層エリアがボニファシド地区の工事が始まる前の雰囲気を残しているのではと予想したからでした。まずボニファシド地区の住民も、遊びや買い物にやってくる観光客も足を踏み入れそうにない路地を歩いてみたら、道路を私物化してバスケットボールに興じている少年たちを見かけました。

路上で販売されていた屋台の食べ物も質は悪くなさそうで中の下くらいの雰囲気だったのですが、子供をクーラーがガンガン効いたキッザニアマニラで遊ばせるようなフィリピン人の成金たちはここの屋台のレベルの食べ物だって絶対に買い与えないことでしょう。




2014philippines20

 今日は一度もジープニーや電車には乗りませんでした。

それで歩き疲れて宿に戻りPCで次の旅行先の情報収集などしていたら、ランチをご一緒した旅行者の方も戻ってこられました。しばらく世間話をしていて空腹になったので夕食をという話になったのですが、私は近くのハンバーガー屋でテイクアウトしてビールと共に簡単に済ませようと考えていました。しかし夕食に肉類は胃にもたれるということでしたので、マカティスクエアという古いモールの近くのチキンのファストフード店でテイクアウトすることにしました。

旅行者の方は野菜中心のチョップスイとライスを、私は49ペソのアドボ丼とコンビニで26ペソだったビールにしてみたのですが、料理は普通に美味しかったのですが、ビールがアップル味でしたので大失敗でした。台湾でも似たようなフルーツ味のビールはありますが、大きなイラストで差別化されています。このサンミゲルは小さく「APPLE」と書いてあるだけですので皆さんご注意ください!





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/19(水) 23:59)

 台北の桃園空港からマニラのターミナル3に移動した後に見かけたものは…
2014philippines1

 台北からマニラへのフライトはアッという間でした。

それは深夜のフライトでぐっすり眠っていたためでしたが、到着後もターミナル3のベンチで明るくなるまで寝ていました。外が明るくなったので近くの駅に向かって歩き出したのですが、昨年は陽が暮れた後に到着したリソーツ・ワールド・マニラはまだ閉まっていて、今年は空港との間の区画の建設工事が始まっていました。空港の真横ですから高さ制限があるので似たようなビルになるのでしょうが、まだまだマニラの建設バブルは治まりそうにありません。




2014philippines2

 フィリピン国鉄のニコルズ駅まで2kmほどでした。

前回は夜でしたので歩道を歩いてる人は皆無でしたが、今日は出勤してる大勢の人と擦れ違いました。それで時間も半分くらいに感じたのですが、おそらく20分くらいは歩いたと思います。ニコルズ駅の小さなブースで前近代的な方法でチケットを購入して、15分後にやってきた電車に乗り込もうとしたら、早朝だったのに超満員でした。この電車は日本の中古車両でしたが、もしかしたら累計で世界でいちばん多くの乗客を乗せた車両かもしれません。(笑)




2014philippines3

 宿にチェックインして一眠りしてしまいました。

目覚めたら12時近かったのでロビーでメールチェックなどを急いで済ませていたら、日本人旅行者の方と知り合いました。フィリピンは初めてということで一緒にランチに出かけたのですが、まずはクーラーが効いた清潔な店が無難だと考えてジョリービーを選びました。世界中で唯一マクドナルドが勝てないファストフードチェーンとして知られているジョリービーですが、ハンバーガー以外にも肉料理とライスのセットなどもあって悪くないはずでしたからね。

我々が行ったマカティの店はフィリピンでいちばん流行っているかもという混雑ぶりでしたが、店員さんのテキパキとした誘導ですぐに席を確保できました。新メニューの69ペソ(約158円)のマッシュドポテト付きのセットを試してみたのですが、なかなかの美味しさでした。




2014philippines5

 食後にマビニ通りまで歩いて行くことにしました。

まずは両替を済ませてチャイナタウンで映画でも見ようかと思ったのですが、その途中で日本食のスーパーの支店がありましたのでフリーペーパーを貰っておくことに。フィリピンでも情報の媒体はネットに移行しているようで、2種類しかありませんでしたが中身はまあまあ充実していました。2誌ともバランスが取れた編集でしたし、新しい店のオープン情報などは役に立ちますしね。




2014philippines4

 初めて歩いた道で新たな発見がありました。

地味な入口の右手に象の置物があって家族連れが出入りしていましたのでテーマパークかと思ったら、マニラ動物園でした。私はこれまで10回以上はマニラに来ているのですが、こんな近くにあったとは知りませんでした。マニラは大都市ですから動物園があるとしてもEDSAの外側の郊外だと思っていたのですけどね。

入場料が安かったら入ってみようかとも考えたのですが、マニラ市民が50ペソなのにIDを持っていないと100ペソということでしたので止めておきました。私はこの手の二重価格制度が大嫌いですから。




2014philippines6

 ネット情報で見かけた両替所はかなり混んでいました。

マビニ通りの周辺には両替所が100軒くらいはありそうですが、レートや信用度はまちまちです。レートの表示をしていない店や、良いレートを表示しておいてコミッションを取るようなのもあるようですが、地元民で混んでる店は待つ価値があります。中央のミッキーマウスのイラストの窓口に現金を差し入れたら番号札を渡され、数分後にフィリピンペソが番号札と引き換えに渡されるという仕組みでしたが、今日のレートは1万円が4355ペソと悪くありませんでした。

現金の用意ができるまでの間も1万円札を200枚くらい数えてるフィリピン人女性や封印された1000ペソ札の束を数えもせずに4個も無造作にバッグに入れて若い現地の女の子と店を出たヤクザっぽい男性などがいて退屈はしませんでした。一応店の奥には札束を数えるための小部屋が用意されていたのですが、常連さんの信頼度は高いようでした。




2014philippines7

 両替後に観光案内所に行ってみたら閉まっていました。

前回の旅行の時に知り合った日本人旅行者が世話になった近くのツーリストポリスも閉まっていたのですが、リサール公園の再整備でも始まるのかもしれません。かなり長い間に観光案内所があった建物は老朽化していましたので、補強して文化施設にでもリノベーションするのかもしれません。初日に情報を得ることができなかったことは不運でしたが、移転先は宿から近かったことはラッキーでした。




2014philippines8

 気分を入れ替えて何か映画でも観ることにしました。

路上の店で50ペソで買ったビーチサンダルに履き替えて、いつもの映画館に行ってみたら看板はハリウッド作品じゃ無さそうでした。「タイミング悪く、今日はフィリピン映画か…」と周辺の映画館をチェックしてみたのですが、どこでもフィリピン映画ばかりでしたので驚かされました。もうマニラではハリウッド映画はモールのシネコンで観る時代になってしまったようですね。「ロボコップ2014」を観たかったのに…




2014philippines9

 映画館で休憩できなくなったので疲れが増しました。

とぼとぼとFNRの駅に向かって歩いていたら、なにやら現代アートのような光景が目に入りました。なんと川をすべてスラムの住人たちが捨てたペットボトルやゴミが覆いつくしていたのですが、なかなかの迫力がありました。こうなってしまうまで対処しない行政にも問題があると思いますが、このままでは川の上を歩けそうでした。ちなみに右に並べてある小さな箱のようなものは自転車タクシーの乗客用の座席です。これだけでも充分に現代アート風でした。




2014philippines10

 夕食は「INASAL」というチェーン店で食べました。

運が悪いことにチャイナタウンが始発の電車に座れず、宿の近くの駅に着いたらSMがあったので焼きビーフンとビールでも買って宿で食べようと考えたのですが、デリのコーナーが無いタイプの店でビールは冷えていませんでした。何も買わずに1階に降りたら以前に何度か試したことがある「INASAL」があったので、とりあえず49ペソ(約112円)の煮物と15ペソ(約34円)のコーヒーで休憩していくことに。

さすがにこれだけじゃ満腹になりませんでしたので、宿の近所のコンビニで29ペソ(約67円)のホットドッグと24ペソ(約55円)の冷えたビールを購入しました。トータルだと270円くらいですが、最近のインフレ気味のマニラでは仕方が無いでしょう。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/18(火) 23:59)

 午前中に出かけたので行列に並ぶことなく購入できた葱抓餅の味は…
2014taiwan31

 早いもので台北も最終日になりました。

本日の行き先は台北101ビルが建つ新市街でしたが、昨年はまだ工事中だったMRTの駅の様子もチェックしようと考えて、「おじゃマップ」で見た永康街の誠記という店で葱抓餅を試すことに。香取慎吾たちがにやってきた時には長い行列ができていましたが、それを回避するために11時過ぎに行ってみたらすぐに購入できました。

日本語で「全部!」と注文したら鉄板に卵を割り入れ、そこにハムとチーズを乗せ、最後に焼いてあったねぎ餅でフタをして両面を焼いて完成という簡単な調理法のファストフードでした。料金は50台湾ドル(約168円)と安くはないのですが、近所の公園でビールと共に美味しくいただくことができて大満足でした。もしも行列に並んでいたら疲れた上にビールもぬるくなって最悪な気分だったと思いますが。




2014taiwan32

 葱抓餅を食べ終えて公園でのんびりしました。

観光案内所でもらって一度も目を通していなかった印刷物などをチェックしていたのですが、目の前を少女が高齢の男性の手を取って歩いているのを見かけました。少女は髪の毛を隠していましたのでインドネシア人のメイドさんだと推測できましたが、経済成長が続く台湾では当たり前の光景になっているようです。彼女たちは仕事が休みの日曜には台北駅前に集まるという話でした。




2014taiwan33

 台北101に行く前にちょっと寄り道していくことに。

それは国父記念館の前の元ビール工場の空き地に建設中の台北ドームの様子をチェックするためでしたが、ここでも大林組が「地図に残る仕事」を頑張って成し遂げようとしていました。台北には松山空港の近くにアリーナや運動場がありますが、この台湾ドームではプロ野球の試合やコンサートなどが行われるのでしょう。再来年の紅白歌合戦の中継はここからになるかもですよ~。




2014taiwan34

 台北ドームの裏手にはこんな建物がありました。

手前の低層の建物はビール工場をリノベーションしたイベントなどの展示室で、奥のヤツの低層部分には誠品の新しい店が入居していました。建物の前には広場や小さな池があって環境は抜群で、売り場も広過ぎなくて心地良いものでした。個人的には2014年の商業施設のトップ10の暫定1位ですが、まだ2月ですから順位は下がるかもしれません。外観はあまり良くありませんでしたしね。




2014taiwan35

 さんざん歩いてようやく新市街に到着できました。

昨年にこの辺りを歩いた時は「Momo」という通販会社の看板がありましたが、どうやら採算性が見込めないので撤退したみたいです。既にオープンして数年になる新光三越と波長が合いそうなブリーズセンターが引き受けることになったようですが、建物は完成しているのにオープンは9月と遅くなるようです。ちなみに後方の左の建設中のビルもブリーズのものでしたが、資金力はあるみたいですね。




2014taiwan36

 これは台北市政府ビルの敷地内のビーチ風の砂場です。

ウッドデッキ横の砂場で遊んだ後は手や足を洗うことができるような場が用意されていましたが、台北101も間近に見ることができますし、悪くないアイデアだと思います。この砂場の横には小さな池があるのですが、大晦日の花火を撮影するのに良さそうです。池の中に三脚を立てて撮影したら他の観客の邪魔にもならないでしょうし。




2014taiwan37

 市政府前からMRTに乗って南港方面に向かいました。

地下から高架に乗り換え、南港の近くで建設中のビル群をチェックしたのですが、いくつかのビジネスビルは完成間近でした。おそらく台湾のIT企業が入居するようになるのでしょうが、この新しいビルで働く人たちを相手にする飲食店なども進出してくるのでしょう。この周辺にはまだ利用可能な土地がありそうですから楽しみです。




2014taiwan38

 高架鉄道は松山空港の前で地下に潜ります。

再び地上に出て通常はそごうの横の忠孝復興駅で乗り換えるのですが、開通したばかりの信義線に乗ってみるために1駅先の大安まで行きました。その大安駅でも高架部分から地下になるので高低差が大きいのですが、信義線は深いところを走っているために長距離移動を余儀なくさせられました。手にしているのが購入したばかりのEASYカードですが、変なキャラクターのデザインが不快です。




2014taiwan39

 夕方に台北駅から桃園駅へ鉄道で移動しました。

桃園空港に行くには台北駅発の直行の高速バスが便利なのですが、さすがに乗り飽きてしまいました。それで鉄道で桃園駅まで行ってから路線バスに乗り換えて空港に向かうことにしたのです。直行の高速バスはEASYカードが使えないので割引がありませんが、乗り継ぐ方法なら適用されますので少しだけ割安なのです。また日暮れ前に桃園駅周辺の様子も撮影しておきたかったですしね。

これは桃園駅前の「FE21」という商業施設なのですが、西単や板橋などにも同系列の店がありました。まったく期待していなかったのですが、隣の新光三越よりマシなくらいでした。地下に誠品書店が入っていましたが、デザイン面で協力してもらったのかもしれません。




2014taiwan40

 桃園からの路線バスは45分もかかりました。

それは桃園市内の渋滞と途中の町のバス停で何度も停まったからでしたが、急ぐ人とEASYカードを持ってない人にはオススメできないコースでした。まあ桃園駅の近くの安食堂でコインをすべて使い切ってスッキリできましたが、これも小銭が出ないEASYカードのおかげです。カードに残高があれば空港のコンビニで飲み物を買ったりしてもお釣りのコインは出てきませんから便利です。

空港にはソファの近くにWi-Fiとコンセントが用意してあって快適でした。また中国の空港と同じように95度くらいの熱湯が出るサーバーも備えてありましたが、今回はカップを忘れてきたので熱いお茶は飲めませんので冷たい水でガマンすることにします。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/17(月) 23:28)

 台北を訪れる度に驚かされる地元企業の新たな展開と次なる戦略は…
2014taiwan23

 台湾4日目にしてようやく太陽が顔を出しました。

気温も20度くらいまで上がり、おかげさまでTシャツ1枚で歩くことができるようになりました。今日はまず西単エリアをチェックすることにしたのですが、2年くらい前に完成した高層ビルの横を抜けて映画館街方面に歩いていたら誠品の新しいビルを見かけました。近くにある同系列のテナントビルとさほど違いはありませんでしたが、次々に新たな商業施設を開発するスピードには驚かされます。

誠品はこのビル以外に台北駅の地下街のリノベーションも手がけていましたが、老朽化した商業施設をモダンに蘇えさせることができるノウハウとネットワークを持っているようですね。香港島の新築の商業施設にも誠品書店がテナントとして入居していましたが、今後は香港のITグループのように中国本土に乗り込むことを狙っているのかもしれません。まあ中国のバブル崩壊後に底値で物件を手に入れようという計画なのかもしれませんが…




2014taiwan24

 ランチは屋台で揚げものを買ってビールと合わせました。

ビールはカルフールで6缶129台湾ドル(約435円)の台湾製の青島啤酒でしたので、1缶では73円ほどでした。野菜まんを平たくつぶして揚げたようなものは35台湾ドル(約118円)でしたから、200円ほどのランチということになりました。宿を出てしばらく歩いた後でしたので少しビールがぬるくなっていましたが、気温が上がってくれたことで満足すべきでしょう。先日までのように寒かったら、屋外でビールを飲みながら食べようなんて考えなかったはずですから。




2014taiwan27

 台北ではこんな日本的なベーカリーが人気のようです。

台北はどんどん街の様子が日本化しているのですが、元々はヨーロッパが本家であるベーカリーをこんな日本語で表現するあたりが台湾っぽいと思います。最近は日本のパン屋のレベルが向上してヨーロッパのベーカリーに負けない品質になっていますが、台北のパン屋さんにとっては日本品質のパンは目標なのでしょう。日本でパンの食べ歩きをしたり、修業をした人の店なのかもしれませんが、どこか根本が間違っているような気がします。




2014taiwan26

 新光三越の地下がリノベーションされていました。

ありがちなフードコートに変わっていたのですが、驚かされたのは14時過ぎだというのに丸亀製麺には行列ができていたことでした。丸亀製麺の国内店舗は773店で海外では56店、台湾ではすべて新光三越の中に3店舗あるということですが、ここ数年の間に味千ラーメンと似た規模に急拡大しています。バブル崩壊間近と噂されている中国が22店と少ないことがダメージを軽減することに繋がるかもです。




2014taiwan28

 220番のバスに乗って士林夜市に出かけました。

行きを歩いて、帰りはバスに乗ろうかとも考えたのですが、暗くなる前にこの工事中の文化施設を撮影したかったのです。これはMRTの駅と向かい合うように建設されていて、完成したらビルから飛び出したような巨大な球体部分が電車からよく見えて駅前のランドマークになるはずです。ビルの一部に球体構造を入れ込むことは香港で建設中の文化施設と似ていますが、安藤忠雄氏による東横線の渋谷駅か目黒の日の丸自動車のビルの影響かもしれません。(笑)




2014taiwan29

 予想通りに士林夜市はかなり混雑していました。

数年前に新築された夜市ビルの地下の美食街でなんて食べたいわけではありませんでしたが、台湾政府観光局からいただいたウェルカムキャンペーンのクーポンを使える店がたくさん並んでいるようでしたのでガマンしました。クーポンはスクラッチ部分が当たらなかったので50台湾ドル(約168円)が2枚あったので、まずは食パンを素揚げしたものに羊肉やクリームソースを入れた50台湾ドルのスナックをテイクアウトして、建物の外でビールと共にいただきました。

再び地下に降りて50台湾ドルのメニューを探したのですが、70台湾ドル(約235円)の牡蠣粥が食べたかったので現金を追加してオーダーしました。これは小ぶりの牡蠣が10個以上入っていてなかなかの美味しさでした。士林夜市には公共施設の工事をチェックするために再訪するでしょうが、食事をするのは今回が最後でしょう。




2014taiwan30

 帰る途中でくまモンの「にせモン」を見かけました。

熊本のテレビ局で台湾の夜市の土産物屋でくまモンが台湾啤酒を飲んで酩酊しているデザインのTシャツが販売されていることを報道していましたが、私が見かけたのはこの1枚だけでした。日本人観光客にウケるかと作ってみたけど売れなかったので、今頃は海を渡ってアモイ辺りでセール品扱いなのかもしれません。(笑)




2014taiwan25

 花博公園跡地では多くのランタンが並んでいました。

タイミング良く今晩が最終日でしたが、イベントの看板に「北京」という文字がありましたので旧正月直後に運んできたものかもしれません。今年の干支は馬ですので天馬のデザインのものが多かったのですが、長崎やシンガポールなどのランタンに較べると造りが荒いように感じました。それでも日曜ということもあって家族連れが多く、会場は真っ直ぐに歩けないほど混雑していました。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2014/02/16(日) 23:59)

 雨上がりの台北の街を散歩していて見かけた微妙な変化は…
2014taiwan21

 酒を2日間も絶ったので体の調子が回復しました。

雨も上がって傘を持ち歩く必要もありませんでしたので、今日は松山駅周辺の工事の様子をチェックしてみることにしました。まずはテレビ番組で見かけたものを試すために雙連駅方面に歩いていたら、昨年の7月8日に見かけた味千ラーメンの台湾1号店が移転していたのに気がづきました。まだ公式ウェブサイトの住所は変更されていませんでしたので、最近のことなのかもしれません。




2014taiwan15

 Uバイクのメンテナンスの車も見かけました。

UバイクとはパリのヴェリブみたいにICカードで借りることができる自転車のことですが、最近は新都心以外でもけっこう見かけるようになりました。今日は業者さんがカードの読み取り機の修理をしていたようですが、台北でも心無い悪戯がけっこうあるのかもしれません。




2014taiwan16

 探していた牡蠣の揚げ物はすぐに見つかりました。

フジテレビの「おじゃマップ」の台湾ロケの導入部で香取慎吾たちが美味しいと絶賛していた屋台グルメのひとつでしたが、35台湾ドル(約118円)を払って注文したら平たいお玉の上に溶いた小麦粉を薄く伸ばしたところに刻んだ野菜と小ぶりの牡蠣を乗せ、それに溶いた小麦粉でフタをして油で揚げるという単純な料理でした。揚げたてで美味しかったのですが、冷めたら不味そうな感じでした。




2014taiwan17

 松山空港近くの免税店もチェックしてみました。

昨年の7月9日に松山空港から金門に飛ぶ前にチェックしようと考えていた免税店でしたが、その時はうっかり曲がる角を通り過ぎてしまったので「次の機会でいいか…」とあきらめていたのです。今日はしっかりGoogleマップで確認しながら歩いたので問題なかったのですが、たいした内容では無かったのでガッカリでした。トイレにはウォシュレットはありませんでしたし、酒の試飲やお菓子の試食などもほとんどありませんでしたからね。




2014taiwan18

 ランチは内湖のカルフールで食べることにしました。

その手前のRTマートにも似たようなフードコートがあったのですが、お徳感があるものを見つけることができなかったのです。カルフールでは99台湾ドル(約334円)の水餃子と魯肉飯と青菜炒めのセットがありましたので、それを試すことにしました。フードコートでしたので味はそれなりでしたが、量は充分で満腹になりました。




2014taiwan22

 松山駅に行くために内湖から歩行者専用の橋を渡りました。

その橋は赤かったのに名前は「レインボーブリッジ」というみたいですが、その近くには立体のLOVEのオブジェが置かれていました。どうやらこの文字のメッシュの部分に恋人たちに愛を誓ってカギをかけてもらう企画なのでしょうが、2月13日に新しいものに取り替えられたばかりのようでスカスカでした。来年までにはたくさんのカギで埋め尽くされるようになるのかもですが…




2014taiwan19

 松山駅の真上の高層ビルは完成に近いようでした。

数年前に線路は地下に潜っていて、駅へのアクセスは工事中でも問題ないようでした。建物はほぼ完成していましたので、これから内装工事という段取りなのでしょう。年内にはテナントの店舗やオフィスなどが稼動しはじめるのかもしれません。駅の真上ですから、多少賃貸料が高くてもテナントはすぐに埋まるでしょうしね。




2014taiwan20

 今日は街のあちこちで供え物を見かけました。

台湾では月に2回ほど商売繁盛を願う風習が残っているようですが、通りかかったホームレスに持ち去られることがないか心配になりました。日本では神社の賽銭箱が狙われるような時代になっていますが、まだ神様との距離が近い台湾では供え物が盗まれるようなことは無いのかもですが。現在の台北は平和そのものですが、中国のバブルが崩壊しちゃったらヤバいことになるかもですけどね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/15(土) 21:58)

 バレンタインデーのランチタイムに台北の路地で見かけたものは…
2014taiwan7

 台北のバレンタインデーは雨になってしまいました。

外は寒そうでしたので午前中は宿でのんびり過ごして、早めのランチを食べるために出かけたのですが、ある路地の教会の前で食べ物を配っているのを見かけました。聖バレンタインの日ということで教会の皆さんが手作りした料理をホームレスに施しているのでしょうが、私も試してみたくなりました。外国人だとバレたら怒られるかもでしたので、止めておきましたが。




2014taiwan8

 今日のランチはフードコートで食べることにしました。

まだ二日酔いの影響が残っていましたのでQスクエア地下3階のフードコートでサッパリしたものを探したのですが、定番の牡蠣玉のセットをチョイスしてみました。120台湾ドル(約404円)と少し高かったのですが、麺と青菜炒めが付いていたので現在の台北ではガマンするしかないのでしょう。牡蠣玉の完成度は低かったのですが、フードコートに多くを求めるのは無理があるかもですね。




2014taiwan9

 ランチ後に台北駅に行ってみることにしました。

駅の2階部分のテナントの顔ぶれの変化をチェックして、観光案内所で資料を貰う予定でしたが、その途中の歩道橋の上から建設途中のMRTの駅舎が目に入りました。昨年は基礎工事をやっていたのですが、工事が遅れているような感じでした。空港と台北市内を結ぶ新路線の桃園機場捷運は、完成すれば台北駅から空港や台湾高速鉄道桃園駅を経由して中壢市まで突っ走ることなる予定ということですが、そうなればバスに乗ることは無くなるかもですね。




2014taiwan10

 台北駅の吹き抜け部分はこんな感じになっていました。

今日はなにやら情人節関連のイベントが行われるようでしたが、中国語は苦手ですので内容はよくわかりません。地元の芸能人がやってきてテレビ中継でもやるのかもですが、ビビアン・スー以外は知らないので私にはどうでも良い話です。観光案内所で無料Wi-Fiのサインがあったので申し込んでみたら、パスポートを見せてと言われました。登録後にユーザー名が査証番号で、パスワードが生年月日でアクセスできるようになりました。




2014taiwan11

 Qスクエアでは沖縄県関連のイベントがありました。

今日から16日までいろんなイベントが行われるみたいですが、ミス石垣が出題するクイズに正解すると記念品をもらえたりしていました。ミス石垣が出すクイズ問題を司会のお姉さんが通訳するまでにタイムラグがありましたので日本人には有利でしたが、「石垣市の人口は?」とか問題が難し過ぎてお手上げ状態でした。




2014taiwan12

 Qスクエアには東急ハンズもできていました。

たしか東急ハンズの台湾1号店はブリーズセンターだったと思いますが、最近はあちこちの改装の際に声がかかるようになってるみたいですね。ダイソー並みの小型店でしたが、田舎から台北に遊びに来た人たちが最後に買い物するのには便利なのでしょう。桃園空港の手前に三井のアウトレットが計画中のようですが、そんな郊外型店舗に東急ハンズの大型店がオープンすることもあり得るかもですね。




2014taiwan13

 18時から夏川りみさんのコンサートがありました。

沖縄観光振興のイベントのひとつでしたが、Qスクエアの入口の臨時ステージで「涙そうそう」などお馴染みの歌を40分も熱唱してくれました。私は沖縄から飛んできたばかりでしたので感慨深いものがありましたが、台湾の皆さんも楽しんでいらっしゃるようでした。

夏川りみさんのステージは撮影が禁止されていましたので、コンサート終了後に地下の食品売り場で見かけたロールケーキの話です。ケーキに直接「大久保麻梨子」とサインされていたので検索してみたら、見覚えが無いグラビアアイドルでした。アメブロで「台湾生活はじめました」という公式ブログがありましたが、日本じゃ競争相手が多過ぎるので台湾を狙ったのかもしれませんね。




2014taiwan14

 夕食もQスクエアのフードコートで済ませることに。

夏川りみさんの歌のおかげもあって二日酔いの悪影響はほとんど無くなっていたのですが、今晩までは胃を休めておこうと考えました。それでフードコートに粗食(ベジタリアン)の店があったことを思い出して行ってみたのですが、皿に美味しそうなものを少しづつ選んで五穀米を付けて75台湾ドル(約253円)でしたから大満足でした。これで明日からは普通の食事に戻れそうです。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/14(金) 22:47)

 那覇空港で無料シャトルバスに乗って移動した先にあったものは…
2013japan647

 那覇空港からは無料シャトルバスに乗りました。

2月10日からピーチなどLCCの発着が専用ターミナルに移ったためでしたが、貨物ターミナルを改装した味気ない建物でしたので驚かされました。平屋ですが天井は高いで、外壁をカラフルに塗装するとかできたはずなんですけどね。現在のピーチ・アビエーションの国際線は台北便だけですが、台湾政府観光局の広告を他の便ができるまで格安で表示させてあげるというのもアリだと思えます。




2013japan648

 LCCターミナルの内部はまさに倉庫でした。

右手に航空会社のカウンターや荷物のチェック装置などがあり、左手にカフェと土産物屋があるだけでした。予備知識なしで台湾からやってきたら印象が悪いのではと思いましたが、循環バスで那覇空港まで行けば銀行やコンビニなどもありますので不便では無いでしょう。しかし全体的なデザインは再考すべきなんじゃないでしょうか。沖縄らしさはカフェで出していたサンゴコーヒーくらいでしたしね。




2014taiwan1

 ピーチの台北便は20分ほど遅れて出発しました。

多少到着が遅れても台湾とは1時間の時差がありますし、二日酔いで食欲はまったく無かったので問題はありませんでした。2時間弱の快適なフライトで桃園空港に到着できたのですが、入国前の通路にモダンなデザインの待合スペースがあるのを見かけました。広いトイレ以外にシャワーも完備していましたが、デューティーフリー会社によって作られたトランジットの客向けのものでした。これで成田がますますショボく感じるようになることでしょう。




2014taiwan2

 新しくなった第1ターミナルはキレイでした。

昨年の6月にはリニューアル工事が終了していたようですが、天井がガラス屋根になって開放感がある感じに変わっていました。この正面にはターミナル2との間を往復するスカイトレインができていて第一印象はそれなりに良かったのですが、入国審査に時間がかかり過ぎましたのでイヤになりました。中国人旅行者が多いためだったみたいですが、台湾人向けのゲート以外をすべて一緒にするというのが問題だと思います。日本人旅行者は入国審査で時間がかからない場合が多いので、専用ゲートを作ってもらいたいものでした。




2014taiwan3

 台北行きの高速バス乗り場は地下にありました。

ターミナルはコンパクトで歩く距離が短いというのは良かったのですが、バス乗り場に出てみたら小雨が降っていて早朝の那覇より気温が低かったので驚かされました。今後もどんどん南に旅行する予定ですので、薄着で来てしまったことを少し後悔してしまいました。台北駅に着いた頃には雨も上がっていたのでマシでしたけどね。




2014taiwan4

 宿に向かう途中の路地で黒猫を見かけました。

親子だったのか似たような黒猫が2匹いたのですが、大きな方はカメラを向けたらサッと逃げてしまいました。この子はよほど空腹だったのか、逃げずに食べ続けていましたが。最近は台北の中心部ではなかなか猫を見かけなくなりましたが、台北駅に到着した直後に出会えたのでラッキーだったかもしれません。




2014taiwan5

 明日がバレンタインデーということを忘れていました。

沖縄を1週間ドライブした時にそれらしいディスプレイを見かけなかったということもあるのでしょうが、あまりテレビや新聞を見なかったことも理由なのでしょう。夕食のために台北駅の近くのモールに行ってみたらチョコレート専門店が繁盛していましたので、「そういえば明日か…」と気づかされたのです。この店では1000台湾ドル前後(約3360円)もするギフト商品が飛ぶように売れていたみたいです。




2014taiwan6

 台湾での初めての食事は寿司にしておくことにしました。

いつもならまずはこってりした中華料理を選ぶのですが、今日は二日酔いで食欲がまったくありませんでした。今日は何も食べないで寝てしまうという選択肢もありましたが、夜中に空腹で目が覚めてしまうこともあり得ますのでサッパリしたものを少しだけ胃に入れておくことに。それで中山地下街のテイクアウトの店で1個10台湾ドル(約34円)の寿司を6個購入したのですが、200円ほどでしたのでまあまあでした。本当は奥のホタテの握りを食べたかったのですが、130台湾ドル(約437円)もしましたので手が出ませんでした。(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/13(木) 23:59)

 北谷のしばらく空き地だった場所に完成間近だった建物の正体は…
2013japan638

 嘉手納基地の南部の北谷町にやってきました。

相変わらずアメリカンビレッジの周辺は観光客相手の店が犇めき合っていましたが、驚かされたのは対象年齢が高そうなホテルの進出でした。ここはしばらく空き地だった場所ですが、進出の場所として違和感がありました。よほど好条件を提示したか、あるいはホテル側のマーケティングの失敗かはわかりませんが…




2013japan639

 この立派な建物は読谷村の村役場です。

2012年の1月23日にもチェックしに行った楚辺通信所(通称:象の檻)の跡地の西側に建っていた村役場とは思えない立派なものでしたが、平成の大合併の影響で日本一人口が多い村となったみたいですから納得です。財政破綻で人口流出が止まらない夕張市は1万人を割り込みそうなのに、読谷村は4万人を超えちゃいそうですからね。

聞いた話によりますと、この村役場は日本で唯一米軍基地の中に建てられたものということでした。米軍のパラシュート降下訓練中に近所の子供が投下物資の下敷きになって亡くなるという事件が起きたらしいのですが、その後の村長たちの粘り強い交渉もあって村役場の周辺が日本に返還され、現在では周辺は広大な空き地が広がっていました。

美しいビーチが売り物のアリビラホテルまで歩いて行くこともできる立地ですので、アベノミクスに浮かれた連中に狙われているんじゃないかと心配ですが、正面玄関横には憲法第9条の記念碑が立てられているくらいですから大丈夫かもです。しかし極右思考の世襲政治家たちからいじわるをされるのではと別の心配が…




2013japan640

 ランチは今回も「ゆし豆腐そば」にしてみました。

浦添市の高江洲そばという有名店でしたが、新築されていて雰囲気がガラリと変わっていました。味は体験済みでしたので500円の小さなサイズと70円の野菜のてんぷらを選んでみたのですが、そばは相変わらずの美味しさでした。しかし新しくなって昔の食堂っぽい情緒は無くなりましたので、3度目は無さそうです。




2013japan641

 那覇新都心の顔ぶれはさほど変化してませんでした。

それでケネディ大使が沖縄入りしたことで県庁前で何かやってるかもと考えて国際通りを走ってみたら、大渋滞にはまってしまいました。何かの番組でアーケードの入口に熊本のフジバンビという会社の黒糖ドーナッツ棒のCMでくまモンが描かれているのを見かけましたので撮影の準備をしていたのですが、その先のファッションビルがドンキホーテに変わっていて、その1階にははらドーナッツが出店していたのに驚かされました。




2013japan645

 これは那覇空港の新しい国際線のターミナルです。

2月17日に供用開始ということで完成済みで、数日前にマスコミ各社へのお披露目もあったみたいです。LCCのターミナルに続いて国際線用も増築されるとは景気が良い話ですが、すべてまとめて大きなものを作るべきなんじゃないかと思いました。航空自衛隊の那覇基地に移転してもらえば充分な広さは確保できそうですからね。ちなみに手前の神様っぽいのも新しいものみたいですので、特に移転に対して支障は無さそうですし…






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/12(水) 22:55)

 残った桜を愛でに八重山へ続く坂道を上がって行って見かけたものは…
2013japan633

 今帰仁城の桜はほぼ終わっていました。

それで隣の本部町の八重山に行ってみたのですが、頂上へ向かうなだらかな坂道の桜並木には少しだけ桜が残っていました。まったく期待はしていなかったので嬉しいものでしたが、頂上にあった無粋なフェンスには在日米軍の警告文があって辟易とさせられました。

本土ではフェンスに遮られるという経験が少ないと思いますが、全土が米軍基地だらけの沖縄では日常茶飯事です。特に大きな基地の真横の道路を走る場合は、普通の沖縄の庶民の住宅とフェンス越しに見える広々とした米軍住宅との乖離に頭がクラクラさせられてしまいます。初めて沖縄入りするケネディ大使は行く先々で歓迎されるでしょうから、フェンスで遮られる沖縄の人たちの絶望感を理解することは無いでしょう。




2013japan634

 初めて名護のオリオンビールの工場に行ってみました。

以前から存在は知っていたのですが、なかなかタイミングが合わなかったのです。今日こそはと名護の町外れにあったビール工場に行ってみたのですが、祝日というのにわりと空いていました。30分ほどの工程の説明の後は楽しみの試飲タイムでしたが、真面目に運転してきたことを申告したのでノンアルコールビールしか選ぶことができませんでした。無料でしたので文句を言う筋合いじゃないのですが、この製品はハズレでした。




2013japan635

 2月の沖縄はプロ野球チームのキャンプのシーズンです。

名護市営球場では北海道日本ハムファイターズの練習が行われていて、駐車場には数名の係員が配置されるほどの人気ぶりでした。空港でいただいたリーフレットによりますと恩納村の赤間ボール・パークで韓国の三星ライオンズの練習も行われているようでしたので、どれくらい違うかチェックするために寄り道してみたら、試合形式の本格的な練習が行われていたのに観客は数人だけでした。キャンプに来ている選手たちは韓国では有名人でファンも多いのでしょうが、沖縄での知名度はゼロに近いのでしょう。



 
2013japan636

 残波岬に向かっていたら、こんな工場がありました。

沖縄土産として定番のちんすこうの工場でしたが、ガラス越しに少人数で手作りしてる様子を見ることができました。沖縄にはちんすこうを製造しているメーカーは20社以上もあるそうですが、そのほとんどはオートメーション化されているそうです。那覇から残波岬までドライブに来られたら、少しだけ足を伸ばして工場見学される価値はあると思います。工場直売もやっていましたしね。




2013japan637

 夕陽の時間に合わせて残波岬に行ってみました。

今日は午前中は昨晩の雨が残っていたのですが、午後から晴れてきたので久しぶりに海に沈む夕陽を見ることができるんじゃないかと期待していたのです。しかし水平線には雲が出現していて、3連敗という悲しい結果に終わりました。まあこれから先の国でも夕陽を見る機会はあるのですが、沖縄に1週間も滞在しているのに見れないとは不運です。大雪に見舞われた関東などに較べればマシかもですが…






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2014/02/11(火) 19:36)

 本部町の美ら海水族館と備瀬地区の間に建設中だったものは…
2013japan628

 久しぶりに美ら海水族館がある本部町にやってきました。

以前は美ら海水族館の周辺はかなり殺風景な雰囲気でしたが、海に面した地中海レストランやウィークリーマンションみたいな無粋なものが建てられていたので驚かされました。「ここも清里化しつつあるのか…」とガッカリさせられたのですが、備瀬地区に向かって走っていたら、もっと驚かされる工事現場がありました。

その正体はオリオンビールの工場見学について調べている時に公式ウェブサイトで見かけた「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」の工事現場でしたが、7月26日の開業予定日に間に合うのかと心配になりました。プチバブルの沖縄では腕が良いガテン系の職人さんが足りないという話ですし、頑張ってもらおうとビールを差し入れしたら、ますます工事が遅れてしまいそうですからね。(笑)




2013japan629

 本部港まで行ってみたらターミナルはガラガラでした。

近くの別のターミナルは悪天候で欠航ということでしたが、こちらは正常に運行されているようでした。連休中ですからそれなりに賑やかだろうと予想したのですが、まったくハズれてしまいました。それから本部港の近くにある橋を渡って瀬底島にも行ってみたのですが、やはり多くのペンションやレストランが点在していましたので残念でした。




2013japan630

 今日のランチは軽く済ませることにしました。

ここ数日は天気が良くないので今帰仁グスクのような観光地に行っても歩く気になれずに運動不足気味だったからでしたが、沖縄滞在も1週間近くになりますので飽きてきていたこともあります。それで悩んだ末に今帰仁のベーカリーカフェでスープとバーガーのセットを試すことにしたのですが、素材にこだわったナチュラルな雰囲気の店でオレゴンのコミューンにでも迷いこんだような感じでした。




2013japan631

 沖縄は人間も猫も寒がりなようでした。

次は台湾やフィリピンへ向かう予定の私は薄いジャケットで那覇空港に降り立ち、それだけでも充分です。しかし沖縄の人たちは15度以下になると暖房器具をオンにするようですし、猫も丸くなって寝ていました。それも冬毛を逆立てて体温をできるだけ残そうとしてるようでした。「寒いのなら膝の上に乗ってくれば良いのに…」と誘ってみたのですが、孤独を愛するロンリーキャットみたいでした。




2013japan632

 本部の橋の近くでこんな店を見かけました。

熊本に本社がある「黒糖ドーナッツ棒」でお馴染みのフジバンビのフランチャイズ店みたいでしたが、全国に8店舗ほどある中では最も人口が少ない地域にある店だと思います。よくこんな場所で商売が成り立つものだと感心したのですが、美ら海水族館などの大観光地の売店に卸業務を主にしているのかもしれません。もしこの店だけで販売していたとすれば数ヶ月で倒産しちゃいそうですからね。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/10(月) 23:59)

 国頭村の奥地区にある「おくみどり」などを売る奥共同店の成り立ちは…
2013japan622

 やんばるの北部の国頭村までやってきました。

その奥地区には沖縄本島で最北にあると思える奥郵便局があり、名産の「おくみどり」というお茶などを売る奥共同店という歴史がありそうな商店がありました。国頭村にやってくるまでにも共同店はいくつか見かけたのですが、集落の人々の利便性を高めるために村民の総意で運営され続けてきたのでしょう。

この共同店は最北であると共に、数ある共同店の原点のような存在みたいです。おそらく県道70号線や国道58号線が現在のような良い舗装でない頃から時間をかけて品物が運ばれてきたのでしょう。現在では奥地区でもネット通販で何でも購入できる時代ですが、実物を手に取って選ぶことができる貴重な存在なのでしょう。




2013japan623

 数キロ先の辺戸岬に着いたら小雨が降り始めました。

海の向こうには与論島などが見え、沖縄諸島と言われる理由がわかる気がしました。宗谷岬に行った時は北海道の最北であると共に日本の最北端であるので感慨深いものがありましたが、辺戸岬は沖縄本島の最北であっても鹿児島の南ですから微妙でした。ただ手付かずの海岸は無人で美しく、ハブクラゲを注意する看板が遠くまでやってきたことを実感させてくれました。




2013japan624

 国道58号線を南下して奥間ビーチにやってきました。

その直前までは普通のやんばるの畑や民家が点在していたのですが、場違いなJALのリゾートホテルが出現して驚かされました。最近になって新たに追加されたと思われるガラスのチャペルの前ではスタッフ総出で傘をさして新婚さんの写真撮影が行われていましたが、雨の日と割高な施設を選ばれたことを後悔されるかもしれません。天気は選ぶことができませんが、会場はたくさんの選択肢があります。今日の新婚さんが総額でいくら支払われたか知りませんが、LCCを乗り継げば世界3周旅行くらいできそうですね。




2013japan625

 ランチは大宜味村の前田食堂を試しました。

沖縄通の友人から人気店だとは聞いていたのですが、少し遅い時間だったのに席に着くのに20分ほど待たされました。名物の650円の牛肉そばはもやしがたっぷりで迫力がありましたが、半分ほど食べたところで七味やコーレーグースで味を変えましたので完食するのに何ら問題はありませんでした。それなりに美味しかったのですが、待ち時間を考えたら再訪することは無さそうです。





2013japan626

 ランチ後に近くの島巡りをしてみることにしました。

最近は沖縄入りしてもバイクばかりでしたので、那覇から日帰りできる距離の場所を旅行することが多かったのです。それで名護の北部に浮かぶ屋我地島には初めて足を踏み入れたのですが、予想していたよりも民家が多くて本島と変わらない感じがしました。

ただ北部の古宇利島は海岸付近にリゾートホテルが乱立しはじめていて、このままでは清里化してしまうのではと心配になりました。美しい海に浮かぶ古宇利大橋は住民や観光客にとって便利な存在でしょうが、浅ましい短絡的な考えの人にとっては悪魔の囁きであるのでしょう。リゾート開発は「てーげー」に進めてもらいたいものですが…





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/09(日) 23:59)

 沖縄県民がどちらかというとサッカーよりも野球を好む理由は…
2013japan622

 宜野座村で今晩の夕食用の食材を買い物しました。

それから村営の球場に行ってみたのですが、それは阪神タイガースの練習の様子をチェックするためでした。私は野球はキライですし、タイガースの選手なんて1人も知らないのですが、沖縄のキャンプ事情がどんなものなのか興味があったのです。球場はヤンバルに向かう途中にあり、お金はかかりませんでしたのでね。

カーナビに宜野座の球場を入れて走ってみたら、その入口の村役場前に「歓迎!阪神タイガース」の大きなサインがありました。今日は土曜日ということもあって観客席は半分ほど埋まっていたのですが、映画館やパチンコ屋など娯楽が無い地域なのでヒマを持て余しているのかなと思いました。球場の1塁側の芝生ゾーンではタイガースのユニフォームを着た親子が楽しそうにお弁当を食べていましたが、このような親子間の趣味の継承が沖縄の野球人気の原因なのかもしれません。那覇の周辺なら野球選手や芸能人を見かけることはあるでしょうが、それ以外でテレビに出ている有名人を目の前にする機会はほとんど無さそうですからね。




2013japan623

 宜野座から北上して、久しぶりに辺野古へ寄り道してみることに。

前回はカーナビが古かったので少し苦労させられたのですが、今回は最新のものでしたのでスムーズに米軍施設の敷地と地元のビーチを分断するフェンスに辿り着くことができました。辺野古の海岸は相変わらず美しかったのですが、高圧的な分断のフェンスが新しいものに取り替えられていたので腹が立ちました。以前のものであっても許しがたいのですが、権力を見せつけるかのように税金を無駄遣いして新しいフェンスに取り替えたことがムカついたのです。

前回も夥しい数のメッセージがくくり付けられていましたが、「老朽化により新しいものに更新する必要があり…」とか適当な理由を付けて強行したのかもです。それにより潤うのは政治家と癒着した業者で、裏金が還元されるシステムができあがっているのでしょう。それが「美しい国」の現実ですから日本人を続けることはできません。




2013japan624


 今日のランチはイタリア風な沖縄料理を試してみました。

1階がレストランで2階が洒落た宿泊施設になっている「カナンファームカフェ」といいうオーベルジュ風な店でしたが、近くで菜園もやってる自己完結型のようでした。モダンな店構えもメニューの内容も人口が少ない東村とはマッチしそうにない都会的なものでしたが、私のようにレンタカーでやんばるをドライブする観光客だけを相手にしているのでしょう。せっかくの美しい海岸が最近になって作られたらしい堤防により見えなかったことが残念でしたが、店名通りにスローにWi-Fiを楽しみながら食事して休憩することができました。




2013japan625

 東村を北上したら車の数がガクンと少なくなりました。

携帯の電波もつながらなくなったりして「ついにやんばるに来たんだなぁ…」と実感できたのですが、高江地区に入ったらヘリパッド反対という看板が目立ちはじめました。辺野古のV字滑走路の建設については全国ネットでも大きく報道されていますが、やんばるの自然の中にも似たような住民の反対を押し切って環境破壊が画策中であることは時間が割かれていません。今日も高江では地元の皆さんにより座り込みの抗議活動が行われていたようですが、アホみたいにオリンピックや首都圏の大雪の報道などを控えめにしてヘリパッドのことを自分たちと共通の課題という姿勢で報道すべきでしょう。




2013japan626.jpg

 さらに北上したら、こんな看板が増えてきました。

天然記念物のやんばるくいなは時速80kmくらいで突っ走る自動車などを想定せずに何千万年も生きてきたわけですから、被害に遭ってしまうことも多いようです。沖縄への振興予算でやんばるの道路が快適なことが野生動物たちにとっては災いとなっているわけですが、事故が多いので非常事態宣言が出てるようです。いつでも停車できるように前方を注視しながらドライブしたのですが、野生動物は一度も見かけることはありませんでした。個体数が減っているためなのか、道路の近くは危険だと学習したためなのかは不明ですが。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/08(土) 23:04)

 うるま市の埋立地の近くの郊外型商業施設で見かけたものは…
2013japan617

 沖縄市からうるま市まで海岸線を走りました。

マリーナを過ぎた辺りで東側に陸地が見えてきたのですが、その平坦さからも埋立地であると想像できました。道路の両側には全国チェーンの郊外型の商業施設が並んでいたのですが、モールマニアとして見過ごすことができなかったので具志川のイオンをチェックしてみることに。そのイオンの支店は他府県の店舗に較べて外観は入口にシーサーが置いてあるくらいの差しか無かったのですが、内容はずいぶんと田舎っぽい感じでしたので驚かされました。

そこには地元の中高生によるイベントに加えて、吉本の芸人たちによるステージの告知がありました。東京組の芸人さんの移動はたいへんでしょうが、明日から大雪という予想ですので春のように暖かいだけでも良いのでしょう。しかし大雪で飛行機が欠航しちゃったら出演者はもちろん具志川市の皆さんもガッカリされることでしょうが…




2013japan618


 昼前に長い海の中道を渡って宮城島に行きました。

行き交う車は軽トラの比率が高くなり、台湾などでよくある亀型の墓が点在している牧歌的な光景が続きました。しかしあちこちに「PCB反対」の手書き看板が。また国か沖縄県がアメとムチで迷惑施設を押し付けようとしているのでしょうが、その構図にはうんざりです。オスプレイも放射性廃棄物もPCBもまとめて世襲総理の地元の山口に持っていけば良いでしょうに。そんなことを考えながら走っていたら巨大な石油タンクがズラリと姿を現しました。マカオのように島と島の間の浅瀬を埋め立ててタンク群を設置したようですが、地盤は問題ないかとか原油が漏れた場合の環境への影響が心配になりました。




2013japan619

 島へ渡った目的は「ぬちまーす」の工場見学でした。

トリップアドバイザーの「行ってよかった工場見学」のランキングでは大阪のラーメン工場に続いて2位だったようですが、人口や立地のことを考えればスゴいことだと思います。それは独創的な塩の製造法のインパクトに加えて、コンパクトにまとまっている見学コースが好印象を与えているためだと思います。キレイな海水を汲み上げたものを清潔な工場内で噴射して、雪のように空中で結晶化させるという工法は単純ですがインパクトがありました。

工場見学後は2階のショップでミネラルたっぷりの塩を使った製品を試食させてもらい、レストランで地元名産のもずくを使ったランチをいただいたのですが、もずくをしゃぶしゃぶで食べた後のスープをもずく丼にかけてお茶漬け風に食べるというアイデアは秀逸でした。町の3軒の飲食店で同じ内容のものを1000円均一で出しているようでしたが、材料費を考えれば少し高い感じがしましたが。




2013japan620

 これはキャンプハンセンのゲート前の様子です。

2年前に沖縄を訪問した時に昔ながらのハンバーガー屋を探したことがあったのですが、その時にどこかの基地の前で食べた記憶を辿って探したのに見つかりませんでした。それがキャンプハンセンのゲート前であったこと、またそれが残っていたことも嬉しい驚きでした。このハンバーガー屋でできあがるのを待ってる間に世間話をしたバイトの高校生は東京の平均時給のことを話したら「卒業したら上京したい!」とか言ってましたが、現実を見て幻滅して沖縄に戻っているかもですね。(笑)




2013japan621

 夕方に宜野座村の道の駅風の販売所に寄ってみました。

新鮮そうな地元産の野菜の他にパパイヤやスターフルーツなど南国のフルーツが普通に売っていたのですが、その店の奥では沖縄の物産のコーナーもありました。10年くらい売れていないような雰囲気のものばかりでしたが、たまに物好きな観光客が買っていくのかもしれません。サンエーやかねひでなどの沖縄のスーパーでは琉球文化を感じさせるようなものは少ないのですが、この辺りまでやってくるとローカルな雰囲気が残っていました。しかしこのコーナーも次の改装では無くなってしまいそうですが…






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/07(金) 23:59)

 八重瀬の海岸で沖縄の多様な自然を再確認させられた理由は…
2013japan611

 今朝は朝食後に八重瀬の海岸に行ってみました。

ネットで見かけた自然歩道を抜けて海岸に到着してみたら旧日本軍の爆弾処理の建物跡があり、その先には根元を波で侵食された大きな岩がそびえていました。海水は極めて透明で、内陸から染み出した真水と混ざり合う場所では見たことがない藻が繁殖していました。

地元の方から聞いた話によりますと、藻の中では化石の部類に入るような類のものみたいです。今回も沖縄の多様な自然を再確認させられたのですが、那覇空港から40~50分走ればこんな光景と出会うことができるわけですからスゴいですよね。




2013japan615

 数キロ離れた湾内の島に渡ってみました。

橋を渡った正面に島の名物であるらしい天ぷら屋さんがありましたが、小さな島なのに行列が足りないようでした。沖縄で一般的なぐるくんにも惹かれましたが、美味しいと評判のイカを選びました。店の横のテーブルで美味しくいただいていたら、近所の猫がやってきました。イカは猫には良くないという説がありますので頭を撫でるだけにしておきましたが、かなり不満げでした。




2013japan612

 1時間ほど美しい海岸線をドライブしました。

以前から試してみたかった「ぬーやるバーガー」を目当てに与那原町のジェフ沖縄に行ってみたのですが、この不思議な名前のバーガーはバンズにランチョンミートとゴーヤ入りの卵焼きを挟んだものでした。セットにするとソフトドリンクになってしまいますので、アメリカ風に遠くの場所からインターフォンで単品を頼んで事前に購入しておいたビール風飲料と一緒にベンチでいただきました。




2013japan613

 ランチ後に首里城の近くの変化をチェックしました。

それから普天間基地を見下ろすことができる嘉数高台公園へ初めて行ってみたのですが、丘の上には地球を模した3階建ての展望台が観光客のために作られていました。たまたま団体さんがガイドさんから説明を受けていらっしゃいましたので、私もそれを聞いたのですが、なかなか興味深い話でした。世襲議員の皆さんには雑音でしかないのでしょうが…





2013japan614

 嘉数高台公園から北上しはじめたら雨になりました。

30分ほどで北中城村の中城城跡に到着できたのですが、雨が強く降りはじめましたので見物は次回にすることに。それで予定より少し早めに沖縄市に移動して、いつものようにまずは観光案内所で地図をいただきました。楽しみにしていたチャーリータコスは木曜定休でしたので、プラザハウスまで戻ってセニョールターコという店でタコスやエンチラーダなどで夕食としました。

久しぶりに足を踏み入れてみたプラザハウスはキレイに改装されていて、59周年記念のトートバックのプレゼントフェアとかやっていましたが、かつて米軍将校たちが馬鹿デカいアメ車で乗り付けていた雰囲気をほんの少しだけ残していました。観光案内所があるミュージックシティもまだキレイでしたが、その正面に昔からある商店街はほとんどゴーストタウンみたいになっていました。シャッターが閉まった店の前では老婆が犬と寝ていましたが、沖縄返還が決まった頃はバラ色の未来を想像されていたのかもしれません。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/06(木) 23:59)

 福岡空港の近くの食堂で変わったランチを食べた後に飛んだ所は…
2013japan606

 朝食後に高速バスに乗って福岡空港へ行きました。

ちょうどランチタイムに到着しましたので、800mほど南下した所にあった赤兵衛という店で名物の餃子カツ定食を試すことに。これは関西の深夜番組で芸人が街で素人に「これまで食べた中で美味しかった料理は?」と聞いて、その情報を元に実際に食べに行くという企画で存在を知りました。

餃子の中身に衣を付けて揚げたものを半分に切ったものが出てきたのですが、食感は良くて悪くはありませんでした。値段も650円とボリュームのわりに得な感じがしたのですが、途中で飽きてしまいましたので量を減らして500円にしてもらえたらと思いました。




2013japan610

 福岡空港には今年もこんなものがありました。

数年前に福岡空港を利用した時にも近くの大宰府天満宮の合格祈願のパネルがありましたが、まだこんな根拠が無さそうなことを続けているのかと驚かされました。民間会社が自分の金で何をやろうが勝手という考え方もあるでしょうが、この航空会社を救うために多額の税金が使われたことを考えるとイヤになります。




2013japan607

 チェックイン後に出発ゲートに向かいました。

その途中の売店でくまモンのPOPを見かけたのですが、熊本県の公務員がなぜ福岡まで出しゃばってきているのか不思議でした。いくら使用許可の基準が低いといっても、関係が無さそうな博多のお菓子にまで許可を与えるのって変な話ですよね。「ハッピー!大好きだモン」という台詞もくまモンが言いそうにない感じですしね。




2013japan608

 フライト後30分ほどで鹿児島上空にやってきました。

最初に滑走路が見えたので「どこの空港だろう…?」と考えていたら、特徴的な火口が見えてきましたので現在地を理解できました。数年前に近くの道路を走ったことがあった桜島でしたが、真上から見るのは初めてでしたので新鮮でした。鹿児島湾内の火山の噴火が積み重なってできた島が陸地とくっついたような感じでしたが、それは陸上では推測できないものでした。小笠原諸島の西之島付近の噴火で新たに現れた新島と似た感じだったのでしょう。




2013japan609

 2時間弱のフライトで那覇空港に到着しました。

すぐにレンタカーを借りてアウトレットモール方面に南下したのですが、まだ増床部分は工事中みたいでした。それで近くの道の駅などに寄ってから業務スーパーに向かいました。最近は都心でも店舗が増えている兵庫県に本社がある業務用食品を扱うスーパーとしては最大級のチェーン店でしたが、いつの間にか沖縄にも8店舗ほどが進出していたのです。とりあえず泡盛とビールを買ってみましたが、値段は割安感はありませんでした。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/05(水) 23:42)

 やや円高基調と気温のV字回復の期待と一抹のサミシサの理由は…
2013japan603

 熊本の気温は私の望み通りに急降下しました。

それでも昼間は膝の上に猫がいれば暖房は不要なくらいでしたが、この調子で私が避寒旅行に出かけた後は寒い日が続いてくれると嬉しいのですが。最近はちょっと円高基調になってきていますし、福岡から2時間も飛べば気温はV字回復してくれるはずですし、旅行中はスポーツ関連の話も少なくなりますので悪くありません。

和食にはとっくに飽きていますし、これから訪問予定のどこの都市も変化に乏しい熊本よりマシですので楽しみです。最近は地盤低下している日本のことを必要以上に持ち上げる番組が増えているような気がしますが、そんな極右政権に擦り寄ったような風潮やセチでのメダルを期待してるマスコミにもうんざりですから、この時期に出かけるのは私には好都合なのです。ただひとつ膝の上で熟睡する猫としばしの別れになることだけは残念ですが…




2013japan604

 ようやく録画しておいた「朝生」を見終えました。

今回のお題は当然ながら都知事選でしたが、候補者が真夜中の生討論を拒否したようで、田原氏による個別のインタビューの映像を見た後に少人数で感想を述べるような構成だったので盛り上がりに欠けたのです。高齢の田原氏の候補者たちへの質問はキレが無く、機密費から金を貰っていそうなゲストが勝手な推測で私論を述べても候補者は反論できませんでしたしね。

候補者へのインタビューなどゼロにして、それぞれの候補者を推している政治家や評論家たちを10人くらい並べて討論させた方がはるかにマシだったんじゃないかと思いました。余談ですが、熊本の新聞には元熊本県知事の候補者の陣営が都知事になったら東京でも路面電車を復活させるとか公言したらしいのですが、全国ネットのニュースでは見かけたことがありません。東京ローカルのニュースでは取り上げたりしているのかもですが。

ちなみに投票日は5日後ですが、本気で脱原発を訴えている2候補が票を分けあいそうな最悪な事態になりつつあるようです。暴走老人に続いて猪瀬のような最低な人間を選んだ人が400万人もいたわけですが、アベノミクスで景気が良くなると信じて隠れ原発推進派の候補者に投票する間違いをまた犯すかもです。311の前はほとんどの都民が原発は安全と信じきっていたようですしね。




2013japan605

 来週の週末に熊本でこんなイベントがあります。

理化学研究所が一般人を対象にしたスーパーコンピュータの講演会を各地で開催しているようですが、熊本の会場は自転車で10分ほどで行くことができるテルサホールみたいですので「もう少しタイミングが早ければ…」と残念でした。以前に神戸空港を利用した時にスパコンの「京」の前は通過したことがあったのですが、専門家の方たちによる今後の展望など聞いてみたかったのですけどね。

ちなみに国際的なスパコンの開発合戦には、これ以上税金をつぎ込んでいくということには反対です。それは円安になっても思ったより輸出が増えないということが示しているように日本の根幹が揺らいでいて、そんな形骸化した中で予算を増やすだけでは対投資効果が期待できないと考えるからです。被災地の復興や都市部の防災など、予算が必要なものがたくさんありますしね。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/04(火) 23:16)

 まだしばらくの間は工事が続きそうな白川沿いにあった看板は…
2013japan600

 先日に続いて今日も上着が不要なくらいの暖かさでした。

午後から月曜の無料映画を見るために熊本現代美術館に出かけたのですが、その途中の白川沿いにこんな看板がありました。この白川の両岸の工事はほとんど完成している感じがしたのですが、看板には7月31日までと書いてありました。工事はかなり長く続いていますが、急げば花見の時期に間に合いそうに思えますが。

今日は白川沿いの公園部分から大甲橋にアクセスできるようにするための階段の追加工事が行われていましたが、事前の工事と一緒に行わなかったのは税金の無駄遣いでしょうし、金儲けのために工事期間をわざと引き伸ばしているように思えました。この看板ではくまモンに「ご迷惑をおかけしています」と言わせていましたが、工事を担当してる会社の社長の顔写真を出すべきでしょう。




2013japan601

 今日の映画は2007年の地味なモノクロ作品でした。

それは「木洩れ日の家で」というポーランド映画で、撮影の当時に91歳だった主演女優が世界中の様々な映画祭で賞を獲得したということをネットのニュースで見てぼんやりと覚えていました。ワルシャワ郊外の歴史ある木造の一軒家に愛犬フィラデルフィアと静かに暮らしている老女の生活を情緒たっぷりに描いた作品でしたが、感情移入することができなくて困りました。

もうすぐ旅行に出かけることもあって最近はHDに録画した字幕付きの映画を消化するために早聞きモードで見ているのですが、老女と愛犬が見詰め合うようなシーンなどはリモコンのボタンを押したい衝動にかられてしまいました。今日の会場のアートロフトはほぼ満員でしたし、スクリーンが小さかったので前方の真ん中に座ってしまったので、途中で席を立つこともできませんでした。

我慢して最後まで見たらそれなりに面白かったのですが、期待していた現代のポーランドの街の様子は作品の中には出てきませんでした。最近はどれくらい変化しているのか知りたかったのですが、作品のほとんどが老女と愛犬が暮らす古い家の周辺でしたので…




2013japan602

 最近はスポーツ関連の話題が多くてうんざりです。

全国ネットのニュースではソチ入りしたキャスターたちがはしゃいでいますし、ローカルニュースでも2月16日の熊本城マラソン関連の話題が増えてきているのです。ニュース番組も基本的に録画したものを見ていますので早送りすれば良いので実害は少ないのですが、スポーツの部分が細切れで挿入されますので面倒です。

都知事選にはオリンピックの返上を公約に立候補している無名のおじさまがいらっしゃいますが、泡沫候補で無ければ1票を投じたいくらいです。こうなればクラウドファンディングで供託金の300万を集めて、私が次の都知事選に出るしかないかな…(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/03(月) 23:59)

 今朝の熊本日日新聞の1面に載っていて驚かされたニュースは…
2013japan596

 今朝の熊本は昨夜からの雨が上がって暖かくなりました。

いつもは昼過ぎにヒーターのスイッチを切るのですが、今朝は猫が膝の上に乗れっていれば暖房は不要でした。朝食後にコーヒーのお代わりを飲みながら新聞に目を通したのですが、1面の記事を見て驚かされました。それは目立ちたがり屋の市長のご乱心では無く「住むなら熊本、急上昇5位 首都圏から移住希望」という記事でした。

首都圏から地方への移住希望者をサポートしている東京のNPO法人が2013年の移住希望地域ランキングを発表したらしいのですが、熊本県への移住希望者が2012年の18位から大きく順位を伸ばして5位に急上昇したという内容でした。その調査は約8000人にアンケートを行って、回答してくれたわずか1642人分を集計した結果だそうで、1位は長野県で2位が山梨県というのは順当でしたが、3位が岡山県、4位が福島県となると精度を疑いたくなりました。

いずれにしても信頼性に欠ける取るに足らない暇ネタ的なランキングだったのですが、「くまモン効果による知名度アップ…」などと分析して報道するあたりが笑えちゃいます。私もくまモンによる知名度や地域イメージの向上を否定する気はないのですが、こういった記事を1面に持ってくるような感覚が信じられません。




2013japan597

 夕方から近所の大型店に買い物に出かけました。

今週から沖縄や東南アジアに旅行に出かけますので消費税が上がる前の買い物を済ませておくことにしたのですが、暖かい地域に行くので冬物はまったく対象外でした。今日は陽が暮れてからも上着が要らないくらいの気温でしたので冬物のコーナーはスルーしていたのですが、セールコーナーでこんなスリッパを見かけました。

それはつい最近まで780円で販売されていたくまモンデザインの暖かそうなスリッパでしたが、先日からの気温の上昇で売り場の責任者の方が「もう無理かな…」と判断されたのでしょう。予報では明日の最高気温は15度まで下がり、また寒くなるらしいのですが、沖縄じゃ桜も咲く季節になってますので冬物を処分するのも理解できます。




2013japan598

 明日は節分で、今年の恵方は東北東になるらしいですね。

私は日本の年中行事の中でいちばん縁遠いものが節分なのですが、いつも寒い2月は日本にいないようにしてるということも理由だと思います。今年は安い航空券に釣られて日本脱出が遅れてしまったのですが、ここ数日は暖かかったので悪くはありません。私の出発後に寒波が到来してくれれば最高なのですが…(笑)

日本の伝統的な節分なら私は不満は無いのですが、最近は恵方巻きなどが流行っておかしな雰囲気になってきていますのでイヤになります。特に昨年は伊勢神宮と出雲大社がそろって遷宮年を迎えたこともあって変にブームみたいになっていましたからね。無神論者の私は神社に行っても参拝はしませんし、1円だって払ったことはありません。宗教法人が税金を払ってないことを知らなかったガキの頃は賽銭箱に5円とか投げ入れていましたが…(笑)






テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/02(日) 23:36)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア