新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 10月最後の日に久しぶりに熊本の中心市街地に出かけた理由は…
2014kumamoto524

 久しぶりに午前中から講演会に出かけました。

ブログ内を検索してみたら、札幌で2006年、熊本で2007年と2008年に講演を聴きに行っていた藻谷浩介氏による「日本の宝!熊本の中心商業を生き残らせるには」というタイトルの講演会でしたが、今日もエネルギッシュに持論を展開されていましたので楽しめました。藻谷氏は日本中をくまなく取材されている方ですが、熊本市長選が行われることもMICE施設の建設がひとつの争点になっていることも最近までご存知なかったようでした。

九州新幹線の開業により福岡にますます近くなった熊本ですが、増え続ける郊外型店舗やネットショッピング以外にもMICEと共に開発予定の商業施設やダイエー下通店跡の再開発ビル、そしてJRによる熊本駅横に開発される商業ビルと人口減と高齢化が決定的となっているのにフロア面積は増え続けるというキビシイ時代を迎えそうです。今日のタイトルにあった「熊本の中心商業を生き残らせる」ことの難易度は高そうで、MICE施設になんて無駄なものに貴重な税金を使っている場合じゃないと思いますが、熊本市民の危機感は少なそうですから推進派の候補者があっさりと当選してしまいそうです。




2014kumamoto525

 講演会の後で久しぶりに鰻を食べに行きました。

創業が大正15年という大新という鰻屋さんが会場から近いということが最大の理由でしたが、かなり口にしていなかったこともありました。穴子はたまに食べていましたが、稚魚不足の鰻は最近は値上がりしていましたのでね。世襲総理の政権にできるだけ消費税を払いたくない私が鰻丼を食べる気になったのは、老舗ながら鰻の量を選べることからでした。これはいちばん鰻の量が少ない丼ですが、お吸い物も付いて650円と割安感がありましたのでね。




2014kumamoto526

 上通の入口でこんなカウントダウンを見かけました。

来月の市長選の若年層の投票率を増やしたいのでしょうが、この程度のものでは効果は無いでしょう。選挙前にはローカルメディアは市長選に関するいろんな報道を行うはずですが、今回の候補者の顔ぶれでは熊本の若年層にはアピーできないでしょう。将来の熊本のためには300億の無駄遣いになりそうなMISE施設の建設を止めることができる人を選ぶべきでしょうが、投票率は低そうですから土建屋などの組織票を獲得できる推進派の候補者があっさり当選するのでしょう。実にもったいない話ですが、その無駄遣いのツケは熊本市民が払うことになりますので自業自得だとも考えられます。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/31(金) 23:59)

 今年も残り2ヶ月となった時期に熊本の書店で見かけたものは…
2014kumamoto521

 早いもので今年も残り2ヶ月となりました。

地味にハロウィン関連のディスプレイがあったりするのですが、11月になったら一気にクリスマスムードと変わるのでしょう。中央郵便局の前ではくまモンも参加しての年賀状の発売のイベントも行われていましたが、これから急速に気温が低下して紅葉が進むのでしょう。そんな時期ですから書店の店頭には来年の手帳が並んでいたのですが、くまモンがデザインされているものもありました。




2014kumamoto522

 相変わらず書店ではおまけ付きの本を見かけます。

くまモンのトートバッグが付いている本は昨年くらいから2種類ほど発売されていましたし、これからの季節に子供たちが喜びそうなくまモンのブランケットが付いているものもありました。この子育てのための雑誌にはお母さんが手に装着するタイプのくまモン人形が付いていたのですが、これから冬で室内で過ごす時間が増えますので訴求力がありそうですね。ただくまモンは喋らない設定ですので、厳密に言えばこの人形も喋るとNGなのですが。




2014kumamoto523

 この書店ではこのムック本をプッシュしていました。

くまモンの手帳やくまモン人形が付いていた子育て本と同じように東京の出版社が企画した「LOVE!熊本」というガイドブックでしたが、熊本県の観光大使のスザンヌたちが阿蘇の温泉やパワースポットなどを案内するといった構成みたいです。熊本に住んでいる人たちが熊本の観光案内本を必要とするとは思えないのですが、これには熊本出身のデザイナーのブランドである「ネ・ネット」のにゃーという黒猫のキャラクターとくまモンがデザインされたトートバッグが付いているので、コレクターの方たちは購入されるのでしょう。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/30(木) 23:59)

 いつもの朝食に飽きはじめていた時にタイミング良く購入したものは…
2014kumamoto519

 早いものでアジア旅行から帰国して1週間となりました。

ベトナムで購入したコーヒーが切れたので、いただき物のモンタナ州のコーヒーの封を開けました。私は朝食には4枚か5枚切りの食パンを買ってトースターで焼いているのですが、1週間も食べ続けていると飽きてきました。最近はバターの値段が高騰して入手困難になりつつあるようですが、そんな時にたまたま出かけたスーパーで消費期限が近いニュージーランド製のクリームチーズが安く売られていましたので衝動買いしちゃいました。

コーヒーとチーズが切り替わったことにより、しばらくは新鮮な気分を楽しめそうです。しかしクリームチーズは量が多いので朝食だけではなく、何か早めに消費する方法を考えなくてはなりません。調理法を検索してみたら、旬のサンマを使った料理がありました。まだ少し高いみたいですが、安くなったら試してみる予定です。




2014kumamoto518

 先ほど来月の熊本市長選に関する番組がありました。

「明日の熊本を考える」というタイトルの1時間番組でしたが、候補者のおじさまたちたちが魅力的で無いのと仕切り役の男性が公平さに欠けていましたので、「熊本に明日は無さそうだな…」と思いました。元県議と元市議のおじさまは昭和的な利権が大好きそうな政治屋で、桜町の交通センターの周辺の再開発事業であるMICE施設の建設に対しては世襲総理たちが原発再稼動を目指すのと似たようなスタンスでした。

民間企業の経営者のおじさまだけが300億円もかけてMICE施設を建設することに反対していてマシでしたが、今後の熊本市が目指すものは九州の州都だと公言していましたのでガッカリさせられました。11月16日の市長選までは半月ほどですが、よほどのスキャンダルでも無ければ土建屋などの利権に群がる連中が支持する元県議のおじさまが当選してしまうのでしょう。




2014kumamoto520

 意味がわからない番組が放送されていました。

タイトルの「九州中部大回廊」で検索してみたら「kyushu-chubu-daikairo.com」というアホみたいに長いURLの公式ウェブサイトがあり、熊本の県北の魅力をアップさせることを目的に考え出されたものらしいことがわかりました。つまり九州中部大回廊とは有明海側の荒尾や玉名から山鹿や菊池を経て阿蘇へと続く地域を掘り下げてアピールする番組みたいですが、大回廊とはいささか大袈裟な表現だと思います。阿蘇の皆さんは「いきなり荒尾とつないで結ぶとか言われても…」と戸惑ってしまわれたのではないでしょうか。




こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/29(水) 22:10)

 アジア小旅行からの帰国後に初めて猫のありがたさを感じた理由は…
2014kumamoto515

 温暖な熊本も今朝は少し冷え込みました。

東北や北海道では初雪が降ったみたいですが、温暖な熊本県でも阿蘇山頂の湖では初めて氷が張ったそうです。しかし熊本市では最低気温はまだ二桁ありましたので、昼間は半袖でも大丈夫でした。太陽が沈んだらさすがに冷え込んできて体温が高い猫の存在がありがたくなりましたが、そろそろ避寒旅行の下調べを始めるべきかなと思いました。

いつの間にかイケアがオープンしていたインドネシアに久しぶりに行ってみようかと考えてビザなしになっていないかなとチェックしてみたら、以前は25ドルだったのが35ドルに値上がりしていましたのでムカつきました。世襲総理のせいで円安傾向が続いていますし、ホテル代がアホみたいに値上がりしているというミャンマーと共に訪問国リストの番外に入れておくことにしました。




2014kumamoto516

 熊本の隣の県の皆さんの決断にムカつきました。

鹿児島県の九州電力川内原発再稼働に地元の薩摩川内市議会が「同意」したということでしたが、わざわざ原発をなんとしても再稼働させたい通産省あたりの役人が盛り込んだ「国の責任の下で…」という文章を棒読みしていましたのであきれました。フクシマの後始末もできない国の責任でと言わても「原発は安心・安全です!」という笑い話と同じように信用できないのですが、次にフクシマのような人災が起きても「想定外だったので自分たちに責任は無いので、後始末は国民の税金で…」と消費税の増税に苦しんでいる我々に尻拭いをさせるつもりなのでしょう。

私はフクシマの人災が起きる前から危なくて不正の温床である原発を地震国の日本で増やすことには大反対でしたが、大自然の脅威の前には人間の存在が無力だと理解した人たちが増えたので今でも日本では反原発の比率の方が多いでしょう。しかし忘れやすい人たちも多くて世襲総理を支持している人たちも4割以上もいて、「専門家が安全と言うのなら原発を再稼働させても良いのでは…」と考える楽観的な人たちも少なくありません。

民主主義の原則は多数決ですから、私は日本政府は原則に関しての国民投票を行って原発を全廃すべきだと思います。しかしその結果は原発利権に群がっている政治家や役人たちに都合が悪いので、これまでのように地元自治体が合意したというだけで原発を作り続ける魂胆なのでしょう。これまで原発を受け入れた過疎の自治体は兼ねで魂を売るのに抵抗は無く、未だにアホノミクスに期待している浅はかな人たちもいらっしゃいます。もし原発の再稼働をさせるのであれば、そんな世襲総理を支持する皆さんで原発災害に対する基金でも作っていただきたいものです。その基金は積み立て方式にしておいて、何も事件が起きなかった場合は運用益と共に戻る仕組みにしておけば良いでしょう。フクシマのような人災が起きた場合はすべて失いますが、原発推進を支持したのは自分たちだからとあきらめることができるでしょう。




2014kumamoto517

 このCMで今年も残りわずかという感じがしてきました。

ドモホルンリンクルでお馴染みの再春館製薬の年末の恒例イベントなのですが、今年は11月18日から12月25日までということに決まったようです。このイベントの知名度が低かった頃は平日なら少し待つだけで再春館製薬の敷地内に作られたイルミネーションのコースを走ることができたのですが、渋滞が近隣の迷惑になるようになってから偶数と奇数ナンバーにより入場制限が行なわれるようになりました。

近年は「イルミdeスマイル」という予約制の限定企画が始まったようですが私が笑顔になれる内容じゃありませんし、予約や行列に並んでまで見るほどのイベントでも無いですから行くことは無いでしょう。イベントの収益はすべて寄付されるという話ですが、私は疑り深い性格ですので…(笑)





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2014/10/28(火) 23:59)

 ローカル新聞の1面に載っていたニュースバリューが無さそうなネタは…
2014kumamoto514

 たまにローカル新聞には驚かされることがあります。

それは全国紙には載らないニュースバリューが無さそうなネタが1面に載ったりするからなのですが、今朝のジェットスターの熊本空港への就航はまさにそれでした。搭乗率が伸びなくてスカイマークが撤退した時にJALとANAによる暗黒時代に戻るのかと危惧したのですが、数ヶ月前にジェットスターが一挙に成田と関空とセントレアからそれぞれ2便を就航させるとの発表がありましたのでホッとしました。

発就航記念の99円セールが始まった時は熊本の新聞やテレビ局などのメディアはほとんど話題にしていませんでしたが、それは旧メディアに広告を出してくれるJALやANAに対する配慮だったのかもしれません。今日はアホな国会議員が第3のビールの税率を上げるとか言い出したようですが、自分たちが飲まないものが値上がりすることは構わないと思っているからなのでしょう。メディアでのLCCに関する扱いが少ないのも新聞社やテレビ局の連中がJALやANAにしか乗らないからかもしれません。今朝の1面に載ったのは最近の熊本は暗い話題ばかりなので、久しぶりに明るさを感じさせるものだったからかもです。何か他に明るいネタがあったら社会面で小さく扱われていたことでしょう。




2014kumamoto511

 熊本空港には国際線もひとつ増えました。

たしか大韓航空が撤退した後にアシアナが就航して国際空港として存続していたと思いますが、昨年の台湾からのチャーター便の搭乗率が期待ができるものだったので高雄からのチャーター便の運行が始まりました。第一便の到着に合わせてくまモンも「熱烈歓迎」していたようです。しかし香港でも感じたのですが、台湾の人たちのくまモンに対する反応は日本とそっくりで笑ってしまいます。




2014kumamoto512

 これは高雄のチャーター便のテレビ広告です。

私も広告なんて止めて料金を安くすべきだと思いますが、熊本県の担当課や大手の旅行代理店の皆さんの常識では今でも広告すれば売れるとでも思っているのでしょう。浅はかな世襲総理が円安傾向にしちゃったために台湾の皆さんが日本に観光に来る割合は増えるかもですが、逆に日本人の渡航者は少なくなりそうです。しかし中国のバブル崩壊や伝染病の蔓延などがあれば頼みの台湾人観光客も激減してしまうことでしょう。リスクはかなり高まっていますが、こんな広告を出しているような人たちは想定していないのでしょうね。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/27(月) 23:59)

 できるだけ日本で消費したくない私が買い物をした理由は…
2014kumamoto510

何度か書いてますが私は安倍晋三が大嫌いです。

一般人の生活レベルを知らない世間とズレた世襲議員が嫌いということがあるのですが、安倍の場合は根本的に無理があるアベノミクスという経済政策で日本国民に打撃を与えることが予想されましたので腹が立ってしかたがないのです。そんなアホな政権を支えてしまう消費税を私が払いたいはずも無く、日本にいる間は生活に必要最低限なものだけしか買わないことにしています。

私の旅行に不可欠なiPod touchやiPadなどの情報端末は更新時期を迎えていますので、今回のアジア旅行の最後の香港で無税で新製品を購入しようかと考えていました。しかし9月に発表されたのはiPhoneだけでしたし、iPod touchについてはアップルのラインナップから消え去りそうな気配です。iPadは深センや香港では見本さえ並んでなくて、24日の発売日に熊本の家電量販店で現物をチェックしてみたら安倍が円安に誘導したこともあって値段に見合うものじゃありませんでした。

それで私のiPod touchとiPadには老体に鞭を打ってもうしばらく頑張ってもらうことにしたのですが、充電中の落下により曲がってしまったケーブルのままでは不都合ですので108円ショップで旧型のケーブルを購入することにしました。そのついでに旅行バッグのカギを管理するためのリール式のキーホルダーも購入しました。以前のものは旅行中に紛失してしまったのですが、これは上部にリングが付いていましたので失くしにくそうでしたので。生活必需品じゃ無いものに18円も消費税を払ってしまいましたが、まったくムカつきます。(笑)






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/26(日) 23:59)

 残りものの鯵と長芋と納豆などをたたいて作った料理は…
2014kumamoto507

熊本は今日も晴れて半袖で暮らせるほどでした。

ランチは約2ヶ月ぶりにカレーにしようかと考えたのですが、冷蔵庫に鯵が1匹だけ残っていたので長芋や納豆などとたたいてネバネバ丼にしてみることにしました。帰国後に鯵の刺身と納豆は個別に口にしていたのですが、こうやって丼にしてみると新鮮でした。撮影後に刻み海苔をたくさん加えていただいたのですが、なかなか美味しゅうございました。




2014kumamoto508

変化が少ない熊本も少しだけ変わっていました。

下通アーケードに名物社長の最高額のマグロ落札で有名な寿司屋の支店がオープンしていたのですが、寿司は好きでも名物社長のようなタイプの経営者は好きじゃないので嬉しくありませんでした。この店のすぐ近くには全国チェーンのラーメン屋がオープンしたばかりでしたが、ますます熊本の中心地はローカル色が少なくなりましたのでサミシイものです。




2014kumamoto509

昨日から桜町で秋のイベントが開催されています。

テレビ局が主催の退屈なイベントで興味は無いのですが、生放送がありましたがので録画して早送りしてチェックしてみました。ブログネタになるようなハプニングも無かったので、同じエリアの県民百貨店で開催されている北海道の物産展について少しばかり。県民百貨店は再開のために来年の2月に閉鎖されるために最後の北海道物産展となるとのことですが、他のデパートや郊外のモールなどで今後も年に数回は似たような物産展が開催されるでしょうから訴求力は無さそうです。

ちなみに私は最近は北海道には足を踏み入れていませんが、春秋航空の上海〜新千歳便が周遊しましたので来春にでも行ってみようかと考えています。寒い時期にインドネシアやシンガポールなどを旅行して、最後に上海から新千歳空港に帰国するというコースですが、昔に住んでいた家の裏庭で芽吹いたばかりの蕗の薹を天ぷらにして食べてみたいのです。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/25(土) 23:59)

 夕方から約2ヶ月ぶりに熊本市の中心部に出かけてみた理由は…
2014kumamoto503

熊本は今日も晴れて暑いくらいになりました。

熊本の中心部の変化と今日から発売されるiPadの新製品をチェックするのが目的でしたが、ついでにサンロード新市街で行われていた地産地消フェアにも行ってみました。夕方でしたのでめぼしいものは売り切れていたようですし、明日まで開催なので売れ残っていた大根など重たい野菜なども割り引きになっていませんでしたので何も購入しませんでした。大根は100円でしたが、明日の夕方なら売れ残りは半額になるでしょうからバカらしい気がしましたので…(笑)





2014kumamoto504

サンロード新市街の家電量販店はヒマそうでした。

iPadを組み立てている中国の深センのアップルストアではiPhone 6の発売日に行ったこともあって買い物客で溢れていたのですが、新製品の発売日だというのにガラガラでしたのでビックリしました。iPad mini 3は改良点が少ないのでスルーしてiPad Air2をイジってみたのですが、反射防止コーティングの効果は旧モデルと並べてみてわかる程度でした。

新色のゴールドの筐体は下品な感じがしましたし、iSightカメラが800万画素になったことや6.1mmと薄くなっていることは魅力的なのですが、円安ということもあって値段が高過ぎますので手が出ません。来年にはマイクロソフト陣営の複数の会社が100ドル前後のタブレットを出すという噂がありますので、その流れでタブレット全体の価格が下がることを期待したいと思います。まだアップルペイという支払い機能も使うことができる店が少ないので焦る必要もありませんし。




2014kumamoto505

買い物して戻る途中にこんなのを見かけました。

水道町のルーテル教会にかなり前からある小規模な商業施設でしたが、毎年この時期に収穫祭をイメージした感謝祭を行っているみたいでした。普段の夕方はサミシイ感じなのですが、今日は早い時間なのに多くの人で握わっていました。この商業施設はオープンしてから30年近くになるようですが、テナントの入れ替わりが多いためか古さは感じませんでした。駐車場が無いわりには健闘していると思いますが、さすがにこのままではキビシイ感じです。景気の低迷も長引きそうですしね。




2014kumamoto506

明日から変わったイベントが開催されるようです。

全国のふりかけメーカーが勢揃いするイベントらしいのですが、ふりかけ発生の地である熊本で開催されるみたいです。普段はあまり見かけない面白い製品もあるかもしれませんし、入場無料のイベントですから行ってみようかと思いました。しかし会場が駐車場が不便なカントリーパークでしたので止めておきます。移動の距離はたいしたことが無いのですが、田舎のくせに遠い駐車場から歩かせる会場はムカつきますので。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/24(金) 23:59)

 約2ヶ月ぶりの熊本で猫を膝に乗せてテレビを見ていて考えたことは…
2014kumamoto500

今日はタイミング良く晴れてくれました。

わずかに残っていたベトナムコーヒーで朝食を済ませた後にネットのニュースと新聞に目を通し、膝の上に乗りたがる猫を待たせて洗濯を済ませました。もう一杯コーヒーを淹れてテレビの前に座ったら、待ちわびていた猫がすぐに膝に乗ってきました。

福岡空港からの高速バスの車窓から見た限りでは熊本の街に変化は無さそうでしたし、新聞やテレビ番組を見ても変化は感じられませんでした。旅行期間はわずか2ヶ月ですから当然かもですが、台風の被害などが無くて平和だったことを喜ぶべきなのかもしれません。

現市長の不出馬宣言で11月に行われることになった熊本市長選の候補者は新たに民間企業の経営者の方が増えて3人になっていましたが、組織票が強そうな感じですので面白くない選挙になりそうです。また誰が市長になっても景気が低迷している状況下で良い材料も見当たらないので面白くはなりそうにありませんが。




2014kumamoto501

ランチは鯵の刺身と納豆とシンプルなものでした。

ネットのニュースで矢口真里が久しぶりにテレビ出演すると見かけましたので録画してみましたが、想定内の話ばかりで面白くはありませんでした。想定問答集を用意して所属事務所の皆さんとじっくり練習したのでボロは出なかったのでしょうが、帰国直後に思いっきり日本的なものを見せられて笑ってしまいました。女性閣僚たちがうちわ問題で辞任した後の新大臣はSMバー疑惑とか。香港ではデモ続行との話ですが、日本は平和なものですね。




2014kumamoto502

味千ラーメンにちょっとした変化があったようです。

2ヶ月に熊本のローカル番組とのコラボ企画で味千ラーメンのキッチンで開発担当者のおじさんが試作してるのを見かけたことがありましたが、それが完成していました。濃厚な豚骨味噌ラーメンで美味しそうですが、アベノミクスが失敗して不景気が続きそうなのに850円という料金は高過ぎると思います。昨晩は高速バスの車窓から熊本県庁の横の味千本店の前に行列ができているのを見かけましたが、それはこの新製品のためではなくて22日の味千デーで半額近くになる普通のラーメン目当てだったと思いますが。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/23(木) 23:59)

 今後の香港情勢が気になりつつも現地から離れることにした理由は…
2014hongkong500

早いもので香港を離れる日が来てしまいました。

香港エクスプレスのセールで帰国用のチケットを購入したのは民主化デモが始まるはるか前の8月でしたから仕方がないのですが、ネットのニュースによりますと政府関係者とデモ隊の代表者との初対話ではお互いの主張が平行線に終わってデモは長期化しそうとのことでしたので、帰国を先延ばしすることは必要なかったようです。香港空港のコンビにも届いていた現地の新聞には詳しい記事が載っていましたが、当然ながらまったく理解できませんでした。帰国後に池上さんの番組ででも解説してくれるでしょうから、それに期待したいと思います。




2014hongkong501

 空港ではセグウェイ風の乗り物を見かけました。

後ろから見たら前輪が見えなかったので「香港の空港でもセグウェイか…」と思ったのですが、やはり近くの中国の製品を選んだみたいでした。最近はあちこちの空港や駅などでテロが発生していますので、セキュリティ要員が見回っているのかなと思いました。しかしこの人は床に落ちているゴミを拾い集めて回っていました。香港の空港もかなり広いので、こんな乗り物も必要なのでしょう。最近の香港は人件費もかなり上がっているみたいですしね。




2014hongkong502

 ターミナル2でこんなものを見かけました。

キャスター付きのスーツケースを使うことを好む中国人が多いことから空港を設計する時にフラットな重量計が導入されたようですが、この黄色い枠の中に荷物を置くと壁に重さが表示されるようになっていました。香港エクスプレスの航空券を購入した時は10kgまで無料だったのですが、最近になって他のLCC並みに7kgになってしまいました。9月の出発時には5kgくらいでしたが、最後に少しお土産を購入したので8kgを超えていました。それで優先順位が低いものを捨てて、重ね着した服のポケットにできるだけ詰め込んで7kg以下にしました。チェックイン時には軽そうにもっていましたので、重さのチェックはされませんでしたが。




2014hongkong503

 なぜかターミナル1への移動を余儀なくさせられました。

香港エクスプレスもピーチなどと同じようにLCCの発着が多いターミナル2でチェックインしたのですが、ゲートはフルキャリアが多いターミナル1からだったのです。それも2時間前にはゲートが決まっていなかったのですが、私が広いターミナル間を歩いて移動している間に決まっていました。時間に余裕があった私は問題なかったのですが、ギリギリにやってきた人は焦ったことでしょう。乗客には迷惑な話ですが、こんなことがあると高い空港使用料を払いたくなくなりますよね。




2014hongkong505

 久しぶりのターミナル1は雰囲気が変わっていました。

空港の利用客は増えていそうですが、出国審査やセキュリティチェックはスムーズで好感が持てました。無料Wi-Fiは電源を入れる度に利用に同意するボタンをクリックせねばならないのは面倒でしたが、まあ不満は無いレベルでした。トイレはまだ洗浄便座はありませんでしたが、まあまあキレイでした。しかし旅行者用の無料PCや電源が使えるビジネス席が見当たらなかったのには驚かされました。ますます高い空港使用料を払いたく無くなりました。




2014hongkong504

 ターミナル1の出国エリアには味千が出店していました。

私が知ってるのはシンガポールのチャンギ空港と海南島の空港の支店でしたが、最近は他の空港にも支店を増やしているのかもしれません。毎月22日は日本では「味千デー」で割安に300円ちょいでラーメンを食べることができるのですが、香港は普通の店でも高いのに割高な空港店の値段は1000円を超えていましたので驚かされました。空港のコンビ二のビールの値段も高かったですし、ますます空港使用料を払いたくなくなりました。




2014hongkong506

 なぜか今日の機体は香港航空のA320でした。

乗る予定だった香港エクスプレスの機体に何かトラブルがあったために香港航空の予備機を急に使うことになったのかもですが、もしかしたら他の国からの到着が遅れたのかもしれません。ターミナル1からクーラーの利きが悪いバスでかなり離れた場所に連れていかれてタラップで飛行機に乗り込んだのですが、おかげで香港のイメージが悪くなりました。何度も同じことを書いていますが、こんな不快な思いをさせられて同じ空港使用料を払うのって間違っていると思います。ご迷惑をかけて申し訳ないと飲み物でも出すべきじゃないでしょうか。




2014hongkong507

 香港を飛び立つ前にこんな景色が見えました。

乗る飛行機が遠くに停めてあったためか、工事中の新しいターミナルらしきものを見ることができました。香港の近くにはマカオと深せんなどの国際空港がありますし、既に深せんまでは海上に橋が架けられていますし、マカオとの間にも架橋工事が進んでいますので空港の拡張は不要な感じもします。中国との新幹線工事を進んでいますし、ベトナムやフィリピンなど近隣国との間はフェリーなどの方が良さそうな気もしますし。



2014hongkong508

 今日は好みの左の窓側の席をゲットできました。

離陸後に一回りして、ターミナル1と2の真上を飛んでくれました。それから埋め立て工事の上や青衣地区の橋、さらに九龍の中心部の真上を抜けてくれました。「それなら一昨日と先日に行った旧啓徳空港の跡地も見えるのでは…」とデジカメを用意したら滑走路が見えてきました。今回は歩き疲れたので滑走路の先に作られたクルーズターミナルに行っていないのですが、次回は地上から飛行機を見上げてみたいと思いました。




2014hongkong509

 機長が福岡は雨で17度とアナウンスしていました。

日本の領空に入ってから雲が厚くなり、陸地はなかなか確認できませんでした。ようやく雲の切れ目から見えてきたのは久留米市でしたが、空には信号も無いので福岡空港までわずか数分でした。窓にわずかに水滴が付きましたが、到着後に滑走路は塗れていましたが雨は降っていませんでした。福岡空港はもちろん国際線のターミナルでしたが、こちらではボーディングブリッジで水平移動できて、日本人は少なかったのでほとんど待たずに入国審査と税関を抜けることができました。見た目が小さくてしょぼい空港ですが、狭くて歩く距離が短いのは私には好都合でした。




2014hongkong510

 タッチの差で早い時間の高速バスに乗れませんでした。

早くロビーに出ることができたので、予定していた高速バスのひとつ前の便に乗れるかなと期待しました。しかし窓口で回数券を購入した時点で出発していたようです。乗る予定だった高速バスまでは30分ほどありましたのが、福岡空港には電源が使えるテーブルや無料のWi-Fiがありましたので問題ありませんでした。




2014hongkong511

 熊本への高速バスはガラガラに空いていました。

到着後も上手い具合に路面は乾いていて、荷物の奥から傘を出す必要もありませんでした。約2ヶ月ぶりの日本では寿司を食べようと考えていたのですが、遅い時間でしたので半額になっていましたので助かりました。香港のスーパーにはサーモン主体の不味そうな寿司が高い値段で販売されていたのですが、デフレ傾向が続いている日本では298円の寿司が半額の150円ほどでしたのでね。どうやらアベノミクスの失敗はほぼ確実で、閣僚のドミノ辞任などでまた世襲総理のお腹も痛くなりそうな気配ですが、もう少しマシなヤツと代わってほしいものです。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/22(水) 23:59)

  香港最後に17香港ドルの朝食を食べてから出かけた場所は…


香港最後の朝食は雲呑麺にしてみました。

知り合った旅行者の方から物価が高い香港で17香港ドルで雲呑麺を食べることができる店があると教えていただいたので試してみたのですが、少し丼とエビのサイズは小さかったものの美味しくて満足できました。硬めの細麺と雲呑の組み合わせを食べると香港に帰って来たなと実感できるのですが、今回は最後になってしまいましたが。






初めて香港文物探知館というのに行ってみました。

九龍公園の対面のバス停の広告を見て偶然に存在を知った無料も文化施設でしたが、たまたま10時の開館直後に入館できました。古い2棟の建物の間を新しい展示室で結んだ中庭がある構造で、展示の仕方にも工夫があって楽しむことができました。香港にも石器時代の遺跡があったことを初めて知ったのですが、場所も中心部に近いですから香港旅行が初めての方にもオススメできます。






九龍側のそごうが閉店したという話でした。

跡地がどのように変化するのかということにも興味があったのでチェックしてみることにしたのですが、ネーザン通りのペニュンシュラホテルの対面あたりで工事中のそごうを見かけました。以前の場所よりも良いと思えますが、賃料はかなり高くなるでしょうから心配です。そごうの自己編集フロアは減らしてブランド店を並べただけのものになるんじゃないかと思いますが、それじゃまった面白くはありません。何らかの画期的な工夫があれば良いのですが…






 今日のランチはモスバーガーでと考えていました。

日曜に香港島の動漫基地に行った時に対面にできていたモスバーガーの支店にイカかつバーガーが半額というポスターがありましたので、今日はそれをテイクアウトしてビールと共に食べようと考えていました。しかしランチ後にKUMAMOTO CAFEに行く予定でしたので、その手前にある九龍湾のアピタの中にある支店に出かけてみたら、そのバーガーは半額じゃありませんでしたのでガッカリ。まあ香港で無理してモスバーガーを食べなくても良いのですが…






 それでランチは近所の弁当屋さんで購入しました。

KUMAMOTO CAFEがオープンしているはずのAPMモールまで一駅分を歩くことにしたのですが、その途中の自動車整備の町工場が集まったエリアに中国っぽい雰囲気の弁当屋がありましたので「中華っぽい食事には飽きているけど、香港も最後だからいいか…」と3種類のおかずを選んで26香港ドルという弁当を買って公園でいただきました。量が多かったので超満腹になってAPMモールへ行ったのですが、それについてはひとつ前の投稿をご覧ください。






 APMモールからは先日と同じ1Aのバスで戻ることに。

今日もイギリス植民地時代の名残りの2階建てバスの先頭に乗ってデジカメをかまえていたのですが、それは先日は啓徳空港の跡地の工事現場を撮影するのに失敗したからでした。この空き地が近い将来に都市公園になった時に近所の人が利用できるようにペデストリアンデッキが延びてきていました。ちなみにその先に小さく見えるのが月曜に朝食を食べに行ったイケアが入居しているビッグボックスがあるエリアです。





 今日もトンネルの広報施設に行ってみました。

香港滞在中に何度か行ってみたのですが、ずっとシャッターが降りていました。「今日もダメだったらシャッターに落書きしてやろうか…」と良からぬことを考えながら行ってみたら、今日はなんとか開いていました。展示内容に大きな変化は無かったのですが、このスタジアムがある模型は初めて見ました。トンネルが完成すると九龍地区からこのスタジアムがあるエリアまで5分で行くことができるようになるらしいのですが、今日は道路が混んでいたこともあり同じくらいの距離を45分ほどかかりましたので画期的な計画だと思います。





 九龍側のトンネルの入口の予定地に行ってみることに。

資料にあった地図によりますとトンネルの広報施設から西に歩いて10分くらいの物流会社の駐車場あたりが九龍側の入口となるみたいでしたが、そこは現在はまったく特色が無いエリアで、空き地を撮影して振り返ったら立体交差の道路の所がホームレスの寝床になっていました。もしトンネル工事が始まれば追い出されることになるかもしれませんが、現在はトンネルのことなど知らずに安らかに眠っているようでした。






 夕方から政府と学生の初めての対話が始まりました。

その様子はテレビで生中継されるという話でしたので会社が終わったらすぐに帰宅した人も多かったのでしょうが、17時に仕事を終えることができなかった人などは電車の中などで携帯端末でチェックされていたようです。今日の対話に出席した5人の香港政府の人間は北京の中国政府の操り人形みたいなものですから、今日の対話で成果があるだろうと予想する人はほとんどいなかったと思いますが、香港民主化を望む人たちの関心の深さはかなりのものでしょう。最近は中国経済の低迷の危険性が報道されることが多くなりますが、もしかしたら体制の崩壊が香港の民主化のきっかけとなるかもしれません。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/21(火) 23:59)

 速報 : 觀塘のスーパーマーケットに出かけて見た黒い物体は…


今日は熊本関連の店がオープンとの話でした。

偶然に香港に滞在中でしたので出かけてみたのですが、郊外の觀塘という下町のAPMモール地下の一田スーパーマーケットにイズミキッチンというカレー店が作ったらしいKUMAMOTO CAFEという店で、くまモンのデザインが多用されていました。






ランチタイムで店内は満席でした。





メニューはほぼ日本の雰囲気でした。






小さなグッズ売り場も併設していました。






熊本の酒を展示したバー風なコーナーもありました。






貴重なくまモンのコレクションのコーナーです。






本物のくまモン登場でカフェが盛り上がっていました。






これは一田スーパーの熊本産品コーナーです。






熊本産の野菜や果物も高い値段で販売されていました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/21(火) 17:56)

 早起きして219Xのバスに乗って出かけた馴染みの店は…


今朝はいつもより早起きしてバスに乗りました。

それは香港に滞在する度に行っている、昔の空港の近くのメガボックスという商業施設のテナントとして入居しているイケアで朝食を食べるのが目的でした。香港に入ってから使えるようになったGoogleマップで検索して、219Xのバスに乗って出かけたのですが、その途中でも工事現場を見かけました。左側の山と谷を大胆に切り開いて作っているのは普通のコンドミニアムかもしれませんが、たしかこの辺りの地下には渋滞緩和のためのトンネル工事が行われるはずですので、それとも関連するものかもしれません。






香港のイケアのレストランは8時からでした。

世界中のイケアのレストランが9時からというのに外食文化が根付ている香港では早いですが、香港の8時は日本の9時ですから私は文句がありませんでした。道路が空いていて早く着き過ぎてしまったですが、メガボックスには無料Wi-Fiがありましたので問題なしでした。イケアも空いていて注文や会計もスムーズでしたが、4種類の朝食メニューの中からハズれを選んでしまいました。久しぶりにサーモンを食べようと選んだ23香港ドルのオープンサンドが生では無かったのです。写真は完全に生でしたが…






これはイケアのテラスから見た景色です。

メガボックスのイケアには珍しくテラスがあるのですが、そこではガーデンチェアなどが雨ざらしの状態で展示してありました私の興味はそんな安物家具では無く、かつての空港の跡地がどのように変わるかということでしたが、ついに変化が現れました。それはまるでドバイの空港のようなモダンな建物でしたが、完成したばかりのクルーズ船のためのターミナルみたいでした。






それから無料のシャトルバスに乗りました。

メガボックスの地下からとなったシャトルバスはすぐに近くの九龍湾駅に到着したのですが、まずはシネコンのラインナップのチェックをしてみました。映画の料金が高い香港で観たい作品が無くて良かったのですが、今回の旅行は珍しく観たい作品が少なくてアンラッキーでした。ちなみにこのシネコンではジブリ作品を連続上映するみたいでしたが、香港にはコアなファンがいそうですから高くても席はそれなりに埋まるのかもしれませんね。






郊外からの帰りは1Aというバスに乗りました。

図書館の裏手にトンネルの広報センターがあったのを思い出して寄ってみたのですが、残念ながら休みのようでした。この仮設っぽい展示室ができてから数年になりますので、もう広報の役目は終えたということかもしれません。そうであれば何か入口に表示しておいてもらいたいものですが。






ランチは市場の近くの店を試してみることに。

公園などで同じようなものを食べている人を数人見かけたので人気店だろうと睨んだのですが、値段の安さが行列ができる理由だったようです。肉の量によって値段は変わるようでしたが、とりあえずベーシックな13香港ドルのものを注文してみました。何年も肉を刻み続けていそうなおじさんが手際よくパックに詰め、アルバイト風な女性がビニール袋にスープと箸などを入れてくれて180円ほどでしたが、香港では最安値の部類です。肉は骨付きでしたので、見た目より食べることができる部分は少なめでした。肉を倍にすれば良かったかなと思いましたが、それよりも別な店で青菜炒めなどを購入すれば良かったでしょう。宿の近くの専門店は閉店してしまいましたが、棒餃子をテイクアウトするというのも良いでしょう。






ランチ後にエレメントという商業施設に行ってみました。

空港までの高い列車が発着する九龍駅や高層コンドミニアムなどと共に開発された高級感があるモールなのですが、その内部の静けさからは想像できないほどの工事が隣で進行しているのです。地下4階くらいまで掘り下げているみたいでしたが、そこみは西九龍駅ができるようです。現在は中国からの直通列車はホンハム駅に到着しているのですが、この駅が完成すれば表玄関となるのでしょう。北京からの新幹線は深セン着た駅の次にこの西九龍駅に到着することになるのでしょう。






クーラーが効いたエレメントから外へ出ました。

それは不動産屋のポスターでエレメントの南側の部分が埋めたてられて都市公園として整備されているポスターを見かけたからでした。その辺りは以前から何ができるのか注目していたのですが、香港の新たな夜景を眺めることができるスポットとして整備されることになったようです。その場所は現在は関係者しか入ることができない単なる空き地でしたが、公園が整備されたら大勢の観光客で賑わうようになりそうです。






これは西九龍駅の北側の工事現場の様子です。

中国側から伸びてきた新幹線の線路は香港地形から地下を通ることになるようで、私は北側の線路上は公園にでもなるものと思っていました。しかしシールドトンネル工法では無くて開削してしっかりとした基礎部分作っていましたので、この部分にもビルを建てる計画があるのかもしれません。香港の不動産価格はチャイナマネーの流入により高騰し続けていますので、線路の上だって無駄にできない感じでしょうし。






香港ではたまに日本語の店名を見かけます。

日本人が経営している和食店や書店などは気にならないのですが日本人経営者なら名付けないような店を見かけると違和感があります。これは佐敷の飲食店街で見かけた工事現場ですが郊外で実績を作って中心部にも出店することにしたようです。いくら香港の工事が早いといっても今回は完成を見届けることはできません。店内のチェックは来年ということになります。




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/20(月) 19:21)

 新しい九龍駅の工事現場の横に姿を現していた鉄骨の正体は…


日曜日ですから香港島の様子をチェックすることに。

スターフェリーに向かう前に気になっていた新しい九龍駅の工事現場をチェックすることにしたのですが、まだ地下のホームなど部分を作っている段階みたいでした。

これは隣に建設中の新しい劇場の工事現場ですが、こちらは地上部分構造が姿を現し始めていました。かつてこの場所には竹の足場を組んで作るられた仮設のバンブーシアターがあり、そこで無料で京劇を鑑賞させてもらったことがあります。その時に奇抜なデザインの新劇場のことも知ったのですが、それが現実のものになろうしています。





一昨日と同じようにセントラル行き乗船しました。

週末はフェリー値段が上がるものだと思っていましたが、値段2.8香港ドルと平日と同じでした。香港島のセントラルピアの近くには真新しい観覧車も追加されて賑やかになっていましたが、こんな景色を眺めながらの移動が小銭で乗れるわけですから嬉しいものです。






やはり大勢のメイドさんが集まっていました。

一昨日にデモの真っ最中のセントラルの様子をチェックした時にメイドさんたちが集まるエリアを侵食しないように配慮されていたことは理解できていたのですが、彼女たちはセントラル駅の周辺の公園の日陰の定位置に陣取って楽しそうに歓談していました。

これはフィリピンの家族にお菓子や生活用品などを送るための梱包作業しているところなのですが、日本製のチョコパイなどマニラでも入手可能なものまで押し込んでいたので笑ってしまいました。





日曜日のデモ隊の様子チェックしてみることに。

これはセントラルに近いバリケードの西側の部分なのですが、見張り役と思える数人の若い男性が歩道橋の下の日陰で寝転んでいました。その少し先ではフィリピン人のメイドさんたちがラジカセで音楽を流してダンスを踊っていたのですが、私が見た限りではここがメイドさんとデモ隊が接近遭遇してる唯一の場所でした。






雨傘広場にはテントと風刺画が増えていました。

お札の肖像画っぽい力作は今回のデモのキッカケとなった香港政府の梁振英行政長官を憎たらしく描いたイラストでしたが、この人と共によく見かける689という数字の意味はわかりませんでした。それで検索してみたら、この人はわずか689票で当選した人物らしいのです。就任当時は「香港市民が今日有するいかなる自由及び権利も絶対に変えることはない」と宣言していたらしいのですが、結果は北京政府の言いなりだったために香港人から辞めろとダメ出しを喰らったようでした。この数字は民意を反映していないと蔑んでいる現れみたいですね。ちなみに北京政府を擁護するような発言をしたジャッキーも批判の対象になっているようです。






日曜日ということで雨傘広場は賑わっていました。

テントの数も増えているようでしたが、昼間は暑いので中で昼寝している人はいないようでした。日陰を作る目的もあってか、警察との格闘で壊れたと思える雨傘の布を縫い合わせてターフみたいなものが作られていましたが、これには巨大で高圧的な政府の庁舎を見えなくするという役目もあるのかもしれません。私はこの庁舎が完成した時に税金の無駄遣いだなと感じたのですが、良識派の香港人の皆さんもそう感じていたのかもしれませんね。






今日のランチはインドネシア料理を予定していました。

今回の旅行で口にしていませんでしたし、日曜日で多くのインドネシア人のメイドさんが集まっているはずでしたので、ガドガドなどのテイクアウトも数多く用意されていると思ったのです。しかし湾仔の市場の近くで近いうちに食べようと考えていた蒸飯のテイクアウト店がありましたので、ついつい衝動買いしてしまいました。23香港ドルと安くはなかったのですが、野菜もたっぷりで美味しいものでした。ただ私の理想としては半熟玉子でしたが…






目的地のひとつであった動漫基地は空いていました。

一昨年くらいに古い中国的な建物をリノベーションして開館した漫画やアニメをテーマにした公共施設なのですが、ちょうど展示の入れ替え時期だったようで残念でした。せっかく来たのでライブラリーみたいなコーナーで一休みしていくことにしたのですが、そこの児童書のコーナーで熊本県のキャラクターに似たイラストの本を発見しました。

前回に見た展示で日本の漫画にそっくりの本をたくさん見ましたので、また香港の作家がネットで見かけてマネしたのだろうと出版社をチェックしてみたら、このベビー熊の本は台湾で2007年に作られたものでした。くまモンは九州新幹線の開業前にコンセプトワークのオマケとして誕生したはずですので2010年生まれですよね。…ということは在京のデザイナーのパクリ、それとも単なる偶然?






動漫基地の対面にはモスバーガーができていました。

香港のマクドナルドも中国の工場で加工されたヤバいパティを使っていたりしていたのでしょうから、まだ日本のクリーンなイメージがあるモスバーガーが香港の消費者に支持されていることは間違いないでしょう。帰国日が近い私は海外で日本の店を利用する必要は無いのですが、壁にイカかつバーガーが半額というのを見て近日中に試してみることにしました。定価ならまったく興味が持てないのですが、半額キャンペーンに弱いもので…(笑)






タイムズスクエアの後にメールチェックしました。

そごうとの中間の新しいモールに香港で3軒目のアップルストアができたのでWi-Fiを利用するのに便利なのですが、やはりここにもiPadの新製品は置いてありませんでした。そうなれば用は無いので表に出たら、店の前の路上でiPhone 6を積み上げて堂々と売買していましたので笑ってしまいました。






そごうの前の道路でもデモが行われていました。

この香港名物の二階建て市電が走る道路はかろうじて東から西へ向かう車線だけは封鎖されていませんでしたが、市電はとめられていました。地下のMRTはデモの影響は無いはずですが、何も知らずに市電に乗った観光客は困惑したことでしょう。ちなみにこのあたりはデモ隊も警官も少なくて緊張感はほとんど感じることがありませんでした。






インドネシア人たちも何かをアピールしていました。

これはコーズウェイベイの外れの公園に近い彼女たちが日曜日に集まるエリアなのですが、今日はなにやらリーダー的な女性の話を真剣に聴いている感じでした。スピーチも垂れ幕もすべてインドネシア語でしたので何を訴えていたのか不明ですが、雨傘革命に触発されて待遇改善を雇い主の香港マダムに突き付けようと話をしていたのかもしれませんね。




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/19(日) 23:11)

 半年ぶりの香港で最初のランチに選んで屋外で食べた料理は…


香港でも帰国後に備えて早起きしました。

中国で2週間も自分のブログにアクセスできなかったので、慣れを取り戻すのに少し時間がかかりましたが午前中に更新を終えてランチを食べることにしました。宿の冷蔵庫でビールをキンキンに冷やしておいて出かけた先は何度かお世話になっているテイクアウト店でしたが、やはりお目当ての揚州炒飯は31香港ドルに値上げされていました。

それを近くの公園に持って行って中国将棋のテーブルでいただいたのですが、やはり中国の炒飯より繊細で美味しいものでした。日本円に換算すると400円を越えてしまいますので安くないのですが、二人分くらいの量があってスープ付きでしたのでマシでしょう。エビの火の通し方も絶妙でしたし。満腹になって昨晩に騒ぎがあったというモンコックに向けて歩き出しました。






モンコックは落ち着きを取り戻していました。

ネットのニュースでは数日前に香港警察により撤去されたバリケードをデモ隊が再び作ってモメたという話でしたが、現場に行ってみたらバリケードが再建されていてローカル局の取材班が撮影していました。モンコックは自宅から通える参加者が多いためなのか、先日のアドミラルティに較べるとテントの数は少ないようでした。また昼間は学校や仕事があったり、暑いのを嫌って集まりも悪いようでした。まあ見張り役の数人は携帯電話を持っていますので、警察がバリケードの撤去を始めたりすれば動員するという段取りは出来上がっているのでしょう。






前回の旅行で飲茶を食べた店の前もこんな状態でした。

ニュースでモンコックでもバリケード封鎖が行なわれていると知った時にいちばんに頭に浮かんだのが倫敦大飯店は営業できなくなっているんじゃないかということでしたが、ここを含めて閉まっている店は見当たりませんでした。中国では香港の商店主たちが「デモが続くと売り上げが減って大迷惑だ!」といった感じの報道ばかりでしたが、モンコックに関しては香港経済にとっての悪影響は少ないのでは。もちろん道路封鎖によりバスルートや配達などの変更を余儀なくさせられる人たちにとっては迷惑な話だと思いますが。






印刷物もアドミラルティと少し違ったものがありました。

モンコック側は雨傘関連のイラストも少ないようでしたが、デモ隊を指導しているメンバーが違うためなのかもしれません。ネットには北京での天安門事件の後に北米などに逃げた中国人が指導しているのではといった憶測もありましたが、混沌としていて正確なことは誰にもわからないのでは。デモの参加者たちは自分たちが持ち寄ったもので頑張っているように見えましたが、タイのデモみたいに富裕層から資金援助があるわけでもないでしょう。傘の会社が金を出すわけでも無いでしょうし。






分離帯に「日本政府」という文字が書かれていました。

旭日旗みたいなものも描かれていますので、もしかしたら数年前に中国で日本のデパートが襲われた時の余波で香港でも反日ブームが高まった時の批判的な文章なのかもしれません。今回の中国旅行や香港では反日のムードは皆無といっても良いくらいなのですが、香港や中国内のモスリム人口がの民主化の動きを撹乱させるために中国政府が仕掛けてくることもあり得ますので要注意でしょう。






これはモンコックのMRTの駅の真上あたりです。

マスコミ各社の望遠レンズ付きのカメラが地下への階段の上に並んでいますので、警官たちも無言で立っているだけでした。もちろんデモ隊と反デモの連中が喧嘩でも始めたら、それをキッカケに割り込んで抵抗するヤツを逮捕したくてウズウズしていそうでした。この場所での一昨日の騒ぎで少しガス抜きされたことでしょうし、21日に話し合いをすると発表がありましたので静かな睨み合いがしばらく続くことでしょう。






モンコックは香港の電脳街という一面も持っています。

モンコック駅から3分くらい東に歩いた所に秋葉原みたいに小さな個人商店が集まった電脳ビルがあり、そこでは発売が始まったばかりのiPhone 6が売買されているという話でしたが、その手前の路上でも売られていました。その余り気味の在庫の中には日本のアップルストアで購入されたもの混じっているのかもしれませんね。






移転していたトマトブックスに行ってみました。

以前のネイザン通りの場所から東に500mほど行った辺鄙な場所に移転したのですが、新店舗はホテルの地下なので遅いエレベーターを待つ必要も無く、売り場も広くて悪くありませんでした。広く感じるようになった原因のひとつはカフェを併設したからでしたが、それがイタリアントマトでしたので語呂合わせで選んだのかと思いました。しかし地下に降りる階段の壁に書いてあった話によりますと、書店のオーナーさんは日本のイタリアントマトを香港で展開していた人らしく、トマトブックスの店名もそこからの発案だったようでした。






思わぬ場所で文化屋雑貨店を発見しました。

香港の中心部では残りわずかとなった昔からの八百屋や花屋などが軒を並べているエリアの韓国食材店の2階にひっそりとあったのですが、私はその近くは何度も歩いていたのに存在していたことに気がつきませんでした。大昔に友人が文化屋雑貨店でバイトしていたこともあって懐かしい感じがしたのですが、階段を上がってみる気にはなれませんでした。現在の香港の店を見てしまうと、古き良き思い出が壊れてしまいそうでしたのでね。






それから重慶マンションで日本円を両替しました。

なんとか前回の残りでやりくりすることを考えたのですが、予想以上に物価が上がっていましたので諦めました。それで1万円を両替することにしたのですが、723香港ドルにしかなりませんでした。つまり1香港ドルが14円ほどになるというわけですが、計算はやりずらいですし困ったものです。ちなみに日本人観光客が多いためかこんな表示がありましたが、熊本県の担当課の使用許可は取っていないのでしょう。このブログをたまたま見た公務員の方は税金を使って視察になんか行かないでくださいね。このレベルのものは世界中にたくさんありますので…






夕食は屋台に毛が生えた程度の店で購入しました。

たしか前回は揚げ物8個で12香港ドルだったと思いますが、それが15香港ドルに値上げされていました。まだ値上がりしても200円ちょいですからガマンできましたが、これ以上の値上げや円安が進んだら諦めなくてはならなくなります。この揚げ物と冷えたビールの組み合わせは夜になって少し怪しい雰囲気が出てきた香港にピッタリなんですけどね。ちなみにこれを食べながら歩いていると道を尋ねられたりすることがあります。(笑)





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/18(土) 23:59)

 広州からベビーカーの中国人親子と新幹線で向かった先は…


早いもので中国滞在も半月となりました。

日本人が中国にビザ無しで滞在できるのは15日以内と定められていますので、今日は最終地の香港に出国せねばならないのですが、いちばん楽で安上がりなのは直通バスです。しかしそれは新鮮味が無いので、存在自体を知らなかった広州南駅から深セン北駅新幹線で行くことにしました。

広州南駅は地下鉄の終点ですので、中国旅行に慣れていない人にもわかりやすいでしょう。しかし私は駅周辺の様子もチェックしたかったのでバスで行くことにしたのですが、途中は高速道路を走ったので4元で20分ほどでした。深セン行きの大部分の新幹線が発着する広州東駅に較べて巨大で空いていて、72.5元のチケットも5分ほどで簡単に購入できました。

コンコースの1階にマクドナルドがあったので中国最後に朝マックしようかと考えたのですが、空港並みの値段で断念。3階の待合室でベトナムコーヒーを自分で淹れて出発まで待つことにしたのですが、珍しくベビーカーの親子を見かけました。人口抑制政策の中国では子供の数が少ない上に駅などの公共施設にエレベーターなどが少ないのでベビーカーや車椅子の利用者はあまり見かけないのです。この無邪気な赤ちゃんが成人する頃には中国は日本以上の超高齢化社会になっているはずですが、空室だらけの高層ビルを建設する金を公共施設のエレベーターなどに使うべきだと老婆心から思いました。






新幹線は40分ほどで巨大な深セン北駅に到着しました。

最近の中国の新幹線用の新駅はどれも巨大ですが、私が見た中では3番目くらいにデカい駅舎でした。香港の九龍駅が完成したら、この駅舎の地下の新幹線用のホームが北京との直行列車の中国最後の乗り場となるのでしょう。頭上には地下鉄の駅があり、地下にはバス乗り場、そして反対側の西口広場には高速バスのターミナルがありました。私は乗る予定だった54番のバス乗り場が見つからず困ってしまいましたが、偶然に見つけた81番のバスで目的地の近くまで行くことにしました。






中国最後のランチはイスラム食堂で食べることに。

貴陽のイスラム食堂で他の客が食べていたトマトと玉子を炒めた料理が美味しそうだったので、それを注文してみたのですが13元でしたので「早い、安い、美味い」が揃っていました。色も鮮やかで良かったのですが、さすがに単調で途中で飽きてきました。しかしイスラム食堂のテーブルにはトウガラシを炒めた魔法の香辛料が置いてありますので、それで辛くして最後まで美味しくいただくことができました。






深センのアップルストアの行列は短いものでした。

中国でのiPhone 6の発売は今日からという話でしたので大勢の客が並んでいると予想したのですが、今日はどうやら早い時間に在庫が無くなったのか予約する人たちだけが並んでいたようです。昨晩遅くに発表されたiPadの新型はまったく置いていなかったのでiPhone 6を初めて手にしてみたのですが、並んでまで買うような商品とは思いませんでした。ちなみにiPhoneなどを組み立てているフォックスコン社は深センにあると思いますが、iPadの新製品が並ぶまでにはしばらく時間がかかるようですので「近くて遠い工場」のようですね。






アップルストアの目の前からバスに乗りました。

245番のバスの終点が深セン口岸で出国ターミナルがあるのですが、その同じ建物の中には香港のイミグレーションもあって便利なのです。つまり出国後すぐに中国内で入国できる飛び地のように工夫されていて、その建物を出た所からは香港ドルでの支払いになります。深セン口岸から香港の郊外の元郎までのバスは12香港ドルでしたが、細かいのは20ドル札しか持っていなかったので乗客に替えてもらいました。ちなみに今回の旅行でこの爆発物処理装置を見るのも最後でしょう。






香港の宿にチェックインして香港島に向かいました。

景色を楽しむことができない地下鉄は高いこともあって却下して2.80香港ドルのスターフェリーに乗ったのですが、今日の目的地のセントラルのデモ隊が居座っている現場に行く前にIFCモールのアップルストアもチェックしてみることにしました。それはペデストリアンデッキから大勢の人たちが並んでいるのが見えたからでしたが、香港では在庫が充分にあったためか受け取りはスムーズに行なわれていたようです。しかし香港でもiPadの新製品は置いてありませんでした。






セントラル地区は普段と変わらない雰囲気でした。

私は報道姿勢が極端に偏っている中国を2週間も旅行していたのでデモ隊が占拠しているのは日曜にフィリピン人のメイドさんたちが占拠しているセントラル駅の周辺だと思っていました。しかし高級ブランドが揃っているセントラル地区のビジネスビルはまったく普段と変わらない雰囲気でした。日本語のネットのニュースサイトではまだデモは続いているということでしたが、「まさか香港の長官が市民との対話をすると発表したことで占拠が終ったんじゃ…」という良からぬ考えが頭を過ぎりました。






セントラル地区から少し東へ移動してみました。

数日前のニュースで政府関連施設の近くで数人のデモの参加者が逮捕されたとか読んだような気がしたのですが、セントラル駅の周辺ではなくて隣のアドミラルティには巨大な香港政府の建物があったことを思い出して行ってみました。途中から自動車の往来が極端に少なくなったので「これは近いに違いない!」と思ったらバリケードが見えてきました。この場所にはテントも人も少なかったのですが、デモの参加者のほぼ全員が携帯電話を持っているので見張り役は少人数でも構わないのでしょう。






アドミラルティ駅の周辺は多くの参加者がいました。

デモが始まってから3週間になろうとしていますので、ファストエードのテントや学習コーナー、ゴミの分別回収などいろいろ工夫してあり感心させられました。参加者たちは自分たちの思いを文字やイラストにして壁に貼ったりしていましたが、手先の器用な人たちは立体のオブジェを作ったりしていました。この「加油」というのは中国語で「頑張れ」という意味らしいのですが、機械に燃料を入れてパワーアップするようなイメージがあるようです。立体物は目立ちますし、短くて力強いメッセージは明快で良いですよね。






歩道橋にもいろんなメッセージが飾られていました。

巨大な香港政府ビルの前のデモの参加者が居座っている道路は普段は多くの自動車が行き交っているので近い距離なのに歩道橋が2本あるのですが、その間の部分が「雨傘広場」と名付けられて今回のデモの中心となっているようです。その中心の人たちに向けてメッセージが描かれていましたが、有名なジョンレノンの「イマジン」の歌詞の一部もありました。この雨傘革命が映画化されることがあればピッタリかもですね。






さすがに広場の近くには閉まってる店がありました。

雨傘広場に近過ぎるファストフード店や銀行などは最悪の事態を想定して臨時休業することにしたのでしょうが、普段なら近隣の政府関係のビルやオフィスビルで働く人たちで賑わっているはずですから迷惑な話でしょう。しかしだからと言って鉾先を収めてしまったら何も変わらないという最悪の結果となるでしょう。返還後の50年は一国二制度を守るという約束ですから、それまでの間は香港の将来は香港の人たちで決めるというのが正しいのでしょう。






デモ現場にはたまに日本語もありました。

香港は世界中の都市へのフライトがある中国の南の玄関口といった感じの国際都市ですから、雨傘革命に対していろんな言語の支援メッセージがありました。イラストや写真なども工夫されていたのですが、意外だったのは半沢直樹の画像でした。『バリケードの撤去や逮捕したりすれば倍返しするぞ!』という気持ちが込められているのでしょう。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/17(金) 23:59)

 ベトナム最後の朝食後にシャワーを浴びて荷物を預けて出かけた先は…


早くものでベトナム滞在も最終日になりました。

先日に続いてホテルの最上階で豪華な朝食をいただき、コーヒーを4杯もお代わりしました。もちろんスーパーでベトナムコーヒーは買い置きしていますので中国に移動後も飲むことができるのですが、最後だと思うと余計に美味しく感じたのです。食後にシャワーを浴びて、フロントで夕方まで荷物を預かってもらいました。Wi-Fiの接続が不安定で自転車もパンクしたりしましたが、スタッフもフレンドリーですし基本的に悪くないホテルでした。ハノイにイオンがオープンした後も泊まることになりそうです。






まずは先日の午前中に見かけた市場に行ってみました。

私は東側の建物から入って階段を3階まで上がったのですが、西側の建物から入っておけばエスカレーターがありましたので損した気分でした。まだこの先に中国がありますし、ベトナムで買う土産物は無いのですが、巨大な市場の雰囲気は楽しむことができました。特に面白いものはありませんでしたので、次回以降は立ち寄らないでしょうが。






湖の近くにこんなファストフード店がありました。

店名から数年前にアメリカで流行ったラップサンドの店かと思ったのですが、ハノイですから生春巻の店でした。2週間の滞在中に何度か口にしましたが、最後に雰囲気が変わった店で食べるのもアリかと思ったのですが、ちょっと値段が高かったので止めておきました。






湖の周辺では飾り付け作業が進んでいました。

今月の10日が60回目の独立記念日だと思いますが、その時に湖の周辺ではパレードなどが行われるのかもしれません。イルミネーションも取り付けられていましたので、自動車やバイクを通行止めにして歩行者天国になるのかもしれません。






湖の南側の高級モールへ初めて足を踏み入れました。

高そうなユニフォームを着たドアマンがいるモールで、入口は落ち着いた雰囲気がありました。しかし中央部分の吹き抜けのあたりは工事の音がしていたので違和感がありました。まだ1階部分しか完成していなかったのですが、さすがに次来た時には完成していることでしょう






最後のランチはフォーにしようかと考えていました

しかし路上の屋台っぽい店でお盆に乗せられたものを食べているお客さんたちを見て、私も試してみることにしました。一人分が35000ドンということでしたが、揚げたての豆腐が格別で大満足でした。このタイプの料理は他で見たことが無かったのですが、普通のベトナム料理に飽きた人にオススメできます。場所はWHOの通りの西側の角の家族経営っぽい店でした。






食後に久しぶりに映画館に行くことにしました。

上手い具合に10分後にビアース•ブロスナン主演の「ノーベンバーマン」というアクション映画が始まるところでしたので、45000ドンの入場料を払って劇場内に入りましたスクリーンが小さかったので失敗したなと思ったのですが、映画はよくあるタイプなのにテンポが良い展開で楽しませてくれました。古い劇場なのでクーラーの効きが良くなかったのも私にとっては幸いでした。






湖のほとりの売店でアイスクリームを買いました。

それを食べながらランナバウトの交差点を横断しようとしたら、先日までブルーのフェンスで覆われていた工事中の噴水が姿を現していました。独立記念日に間に合わせるために作業しているのかもしれませんが、日本人のブログてこの噴水の画像がアップされるのは初めてかもしれませんね。


追記: これから夜行列車に乗りますので、ベトナムからのブログのアップ最後になるでしょう。また中国では政府によりブログサイトにアクセスできないでしょうから、香港あたりに出るまでは更新できないでしょう。来月になっても更新されない場合はヤバいことに巻き込まれていると思っていただいても間違いないでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/02(木) 18:02)

 ハノイで豪華な朝食をいただいた後に自転車で出かけた先は…


ハノイのホテルでは多品種の朝食が楽しみでした。

前回の宿はバゲットとコーヒーだけのフランス人向けの朝食でしたが、今回の宿はドイツ人だって満足しそうな種類の多さが旅行者の間で話題だったのです。ジュース類の濃度が低かったことや、生野菜が無かったこと、またフルーツがバナナとスイカだけだったことなどはマイナス点でしたが、他のホテルに較べたらマシですから満足すべきでしょう。






食後に自転車を借りて北の湖方面に向かいました。

ホーチミンでいただいたフリーペーパーのハノイの地図に外資系のホテルや和食店などが書かれていましたので、どんな雰囲気なのか初めてチェックしてみることにしました。午前中から気温は高めでしたが、ヘルメットが不要な自転車は解放的で心地良い汗をかくことがてきそうでした。






偶然にパリのレアールみたいな巨大な市場の前を通りました。

この辺りで自転車を停めるのはハードルが高そうでしたので、もし明日時間があれば徒歩でチェックしてみることにします。もし時間が無ければ次回にでも。ハノイはイオンがオープンしたら再訪するでしょうからね。






湖の対岸には先日のロッテのビルが見えました。

こうやって見ると遠くて高いのですが、他が低いので際立って見えるということあるのでしょう。ちなみにGoogleマップで見たら同じ方向にランドマーク73という高層ビルがあるはずなのに見えません。それだけハノイ大気も汚染されているということでしょうか。






夕張みたいな無人の遊園地がありました。

いつから動いていないかはわかりませんが、まだ荒れてはいないみたいでしたので、8月までは営業していたのかもしれません。しかし圧倒的に場所が悪いと思いますが、なぜこんな場末を選んだのか理解に苦しみます。






新市街はあちこちで解体工事が行われていました。

これまではロッテビルのさらに西側の新市街はビル少なくて道路の交通量もかわいいものでしたが、急速に増えるのに対応させるために道路の拡幅が行われることになったようです。






ハノイっぽい店でビールを購入して休憩しました。

ランドマーク73の近くの古い低層のアパートの1階にスーパーがあったのですが、リノベーションして雰囲気は変わっていましたが、オリジナルはロシア的なものだったことが想像できます。共産党の支配が濃厚だった時代の匂いを残していましたが、今のハノイっ子には理解できないでしょう。






ランドマーク73ビルは悲惨な状態になっていました。

前回に初めてやってきた時はこの長いエレベーターを上がりロッテシネマで映画を観たのですが、今ではパークソンだけが営業している状態でした。そのパークソンもガラガラで、かなりのテナントが撤退していました。前回も売り場を見て回って「まだハノイでこのテナント構成は無理があるのでは…」と危惧していましたが、ホーチミンのクレッセントモールと同じ間違いを犯していました。






変わったデザインのホテルができていました。

いくつかの客室が空中に浮かんでいるような不安定なデザインの近代建築でしたが、これも中国の地方都市にありそうな雰囲気でした。ハノイは中国国境に近いですし、首都ですから北京に近い部分もあります。それでこのような建物が選ばれたのでしょう。






郊外で乗っていた自転車にトラブルが発生しました。

それまで快適走れていたのですが、急に後輪の空気が抜け出してきたのです。とりあえず路上の修理のおじさんに頼んで空気を入れてみましたが、数分後にはまた抜けてしまいました。

路上の修理のおじさんは英語が通じないでしょうし、困ってる外国人には数倍の料金を請求するかもしれません。その修理代をホテルが払ってくれるとも思えないので押して帰ることに。Googleマップで最短コースを選んだ湖の横を通り抜けるものでしたが、おかげで高架工事の様子を見ることができました。次の訪問時には完成していることでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/01(水) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア