新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ハノイのホテルの食べ放題の朝食が大きく変化していたことは…


ハノイでは食べ放題の朝食が魅力です。

他の宿も朝食付きが多いのですが、コーヒーとトーストだけといった簡単なものが普通です。しかし私が愛用している宿は少し奥まった場所にあるためか、食べ放題の朝食メニューを充実させているようです。まあハノイの宿はどこも旅行代理店を併設していて、宿泊代よりチケットの手配の収益の方が大きいのかもですが。つまり朝食をたらふく食べさせて、自分の所でチケットを買ってもらおうということでしょうか。

ちなみにホエンキム湖の北側の外国人観光客が多いエリアではコンビニで買うと10000ドンはするビールをグラスだとは思いますが半額程度で提供しているようです。つまりビールは観光客を自分の店に座らせるためのツールで、飲み始めたところで「どこから来たんですか?」と話しかけて出身地にちなんだジョークで和ませて料理を勧めるという手口なのでしょう。






午前中は宿でネットしてのんびり過ごしました。

朝食を食べ過ぎたのでランチは映画の後でも良いと考え、まずは午前中に日本円の両替ができるという宝石店が並ぶ通りに出かけてみました。ハイフォンにも大きな宝石店で両替できそうな感じでしたが、ハノイの集中しているエリアなら競争があってレートも良いかもと期待しました。

しかし予想していたより小さな店ばかりでしたし、レートは横並びでした。6軒目くらいで少しだけ他店より少しだけ上乗せしてくれましたので1万円だけ替えておきました。1枚の札が1783000ドンになって金持ちになった気分でしたが、昨年の9月22日は195000ドンでしたのでずいぶんレートが悪くなっているのですけどね。アホな世襲政権の早期退陣を願ってさらに節約しながら旅行するしか方法は無さそうです。ギリシャ問題の余波も一時的でしょうし…






ハノイの旧市街もどんどん変わりつつあります。

ナチュラル系のベーカリーの隣にはアップルの専門店がありましたが、日本の店名と同じで笑えるネーミングでした。アップル製品が好きで無理して購入している感じの中国とは違ってベトナムは安いアンドロイド端末が多いように感じますが、それなりにアップル製品のファンは多いでしょう。まだシンガポールや台湾にも公式のアップルストアはありませんが、ベトナムの経済成長が続いたら1号店がオープンするのかもしれません。10年以内にできるか誰かと賭けをしてみたいものです。私は当然ながらできる方に賭けますが…






ハノイの映画館は今日もヒマそうでした。

もう上映が終わってると予想していた「ジュラシックワールド」が上映中でしたので嬉しかったのですが、なんとベトナム語の吹き替え版でした。7月2日からだと予想していたターミネーターの新作がやっていたので観ることにしたのですが、お昼前の回は私以外に客がいなかったようでチケットを売ってくれませんでした。これまで何度か広い映画館で1人だけで映画を観たことがありますが、チケットを売らないというのは初めてでした。まあ50000ドンの入場料だけではクーラー用の電気代を賄うのはムリかもですが。






旧市街にあるもう1軒の映画館に行ってみました。

こちらの方が建物は新しく、やはり「ジュラシックワールド」はベトナム語版でしたが、ターミネーターの新作は英語版でしたし、すんなり50000ドンで購入できました。ちょうど12時から15人ほどの観客で上映が始まりましたが、こちらの劇場もクーラーが効き過ぎていなくて快適でした。

今度のターミネーターは2作目を意識したもので、なぜかロボットのくせに歳をとったシュワちゃんがさらに善人キャラになっていて笑ってしまいました。新人のキャスティングに問題がありましたし、想像を1ミリも超えないラストに「まだ始まったばかりの作品なので、もっと物価の安い国で観れば良かったかな…」と少し後悔しちゃいました。ちなみにベトナムでは黄色いキャラクターのアニメの方が人気があるみたいでした。






昨年は工事中だった高級モールに行ってみました。

その時には工事現場の防護壁には高級ブランド名がずらりと書いてあって、本当にそんなのが全部ハノイの旧市街地に店を出すのかなと疑っていたのですが、いちばん怪しいと疑っていたバナナ・リパブリックも含めてオープンしていましたので感心させられました。まあ旧市街のショップは新市街のと違って内外の客へのショールーム的な要素が強いみたいで、来客数の少なさからいくら単価が高いといっても旧市街だけの売り上げで成り立つショップは数少ないと思います。






ホエンキム湖の近くには観光案内所があります。

これまで何度か前を通った時にチェックしているのですが、今日もまた無人でした。何時に戻るとか目安が書いてあればマシですが、何もインフォメーションが無くて無人状態が続くとムカついてきます。ベトナムはビザが不要になったことで旅行者も増えているようですが、リピーターを増やすには観光客に満足してもらうのがいちばんです。せめてこの案内所の周辺だけでも無料のWi-Fiを用意すべきでしょう。






さすがに空腹になったので市場に行ってみました。

このドンスアン市場の3階の奥に大衆的な食堂があったことを思い出したのですが、もう15時近くになっていましたので食堂は混んでいないだろうと考えたのです。しかし予想していたように空いてはいましたが、ランチ用の鍋類は消え去っていてデザートタイムとなっていました。いくらそれほど空腹ではないといってもデザートだけじゃサミシイので市場でのランチのリベンジを誓って他を探しに行きました。






偶然にちょっと面白い料理と遭遇できました。

ドンスアン市場の周辺には路上でフォーや肉まん風な料理を出す屋台などがありましたが、どこも忙しかったランチタイムを終えて身内でのお喋りタイムみたいな感じになっていて、他所者が料理の値段さえ訊くのが憚れる雰囲気でした。少し時間帯がズレただけでランチ難民になりかけてしまいましたが、ある屋台に毛が生えたような店の前の写真付きの看板が目に入り、どんな料理なのかと想像していたら「食べる?」と声がかかりました。内容はよく理解できませんでしたが、30Kと値段が書いてあったので試してみることにしました。

それはベトナム風のつけ麺といった「ブンチャー」という料理でしたが、やや甘いタレの中には炭火で焼いた感じの魚などが入っていてサッパリとした美味しさで気に入りました。旅行中はどうしても野菜不足になりがちですが、この手の料理なら香草やモヤシもたっぷり食べることができますし。こうやって旅先にお気に入りのメニューが増えていくのも悪くないですよね。値段も日本円にしたら170円程度と安かったですし。






ランチの後に少し変わった床屋を見かけました。

外国人観光客が多いパブの入口の横に凝ったデザインの路上の床屋があったのですが、他と較べると破格の豪華さだと思います。日本一のイケアの朝食マニアであると共に路上の床屋のマニアである私としては散髪してもらいたい気持ちはありましたが、半月前に日本を出る直前にアマゾンで購入したバリカンでベリーショートにしてきたばかりですので、次回にすることに。イオンモールの開業が今年の10月に決まったらしいので、ハノイには1年以内に再訪することになりそうですし。

ちなみに夕食は昨晩と同じように21000ドンの1リットルのビールと25000ドンのケバブサンドにしたのですが、変わりばえしないので撮影しませんでした。ビールとケバブで両手が塞がっていましたしね。ケバブも野菜たっぷりでしたので悪く無かったのですが、ビールの量が増えているのが心配です。日本では1日1缶のペースを守っていたのですが…(笑)






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/30(火) 23:39)

 昨晩は暗くて気がつかなかったハロン湾の恐るべき変化とは…


ハロン湾のホテルは静かで安眠できました。

ベトナムに入国して日本との時差は2時間になりましたので、ますます早寝早起きになりました。テレビでベトナムの朝のニュースを見ても意味不明で面白くないので部屋で残り物のパンを食べてから海岸の散歩に出かけたのですが、そこで昨晩は暗くて気がつかなかった恐るべき光景を目の当たりにしました。それは海岸を埋めたててのローラーコースターの建設でしたが、こんな暴挙を見過ごして良いのでしょうか。

ベトナム政府や地元の政治家は世界遺産登録による観光客の増加を受けて海岸線を埋め立てて遊園地や人工島などを作ったマレーシアのマラッカをマネしただけと弁明するかもですが、世界遺産は素晴らしい景観などを次世代の人類に良好な状態で遺すことが目的のはずです。過剰な開発は世界遺産登録の破棄を通告するなどしなければ類似の乱開発が他でも起きてしまうでしょう。ユネスコは毅然とした対応を心がけるべきです。






これが悲惨な埋め立て工事の様子です。

海岸線には埋め立ての様子が見えないように防護壁で隠してありましたが、ある路上の喫茶コーナー部分だけ壁がありませんでした。そこから埋め立て用の工事車両が忙しく走り回る様子を見ることができたのですが、埋め立て用の土砂は昨晩にバスを降りた地区辺りから削って運んでくるのかもしれません。昨晩の異常な土ホコリの正体はこの工事の影響なのかもしれません。ちなみにこれを撮影するためにいちばん先まで行ってみたら、不快な腐敗臭が漂っていましたが、それは埋め立て工事のために生活廃水が行き場を失ったためなのでしょう。






10時過ぎにホテルをチェックアウトしました。

それでローラーコースターの目の前にあったバス停から7000ドン払って市バスに乗ってハロン駅の近くのバスターミナルで降りました。窓口で12時発で片道60000ドンのハイフォン行きのチケットを買おうとしたのですが、英語があまりできない係員が身振りで座って待っていてくれとのことでした。担当者が不在なので待たされるのかと考えていたら、先日と同じような中型のバスのコンダクターがターミナルまで乗客を探しに来て待たずに移動できることになりました。

大柄な欧米人なら苦労しそうな狭さのシートでしたが、ハイフォンまでは1時間ちょいでしたので問題ありませんでした。ちなみに料金は大型バスと同じ60000ドンでしたが、距離の割には高いように感じました。まあ60000ドンは日本円にすると325円程度なのですけどね。






ハイフォンは眠ったような感じの街でした。

ベトナム最大の港町で、大きな海産品の市場などがあって活気がある男性的なイメージがある中型の街だと想像していたのですが、自動車やバイクの数も少なめで静かな雰囲気でした。ランチタイムは過ぎていたので「お昼寝の時間なのかも…」とぼんやり考えながら歩いていたら、世界でいちばん間口が小さそうなH&Mの店を見かけました。スウェーデンの1号店だってこれよりは大きかったことでしょう。(笑)






ハイフォンでは2軒の映画館を見かけました。

1軒はまったく知らないアクション映画を上映中でしたが、1階の大部分を洋服売り場にしてなんとか経営を継続している感じでした。こちらの方は扉に大きな鍵がかけられていましたが、ディズニーの「ジョン・カーター」のポスターが貼ってありましたので3年ほど時間が止まっている感じでした。元映画館をリノベーションしてる物件はたくさん見てきましたが、邪魔な柱が無いことから他の業種に転用することも簡単だと思います。何か特別なワケありの物件なのかも…






今日はランチ難民になりかけてしまいました。

ネット検索したら、ハイフォンは特に観光客にアピールするものは無いためか「バインダークア」という名物の麺料理についての書き込みを良く見かけました。港町らしいカニの出汁で作られたフォーみたいなものみたいでしたのでバスターミナルからずっと探したのに見当たらなかったのです。ようやく駅の近くの市場の前に手書きの看板がありましたので、他に客がいないガラガラの店でしたが注文しました。

わずか1分ほどで運ばれてきたのは予想していたものとは違う海産物だけではないごった煮風の料理でした。カニの身は皆無で、エビや骨つきの肉や薩摩揚げ風なものなどが浮かんでいましたが、味がボケてる印象でした。麺は少し灰色がかったきしめんタイプで、香草やライムなどで味を調整して最後まで美味しくいただくことができました。値段は30000ドンと少し高い感じがしたのですが、ハノイに近いので地方都市であっても物価は同じくらいになっているのかもしれませんね。






ハイフォンの鉄道駅はなかなか風情がありました。

こういった様式を見るとフランスの植民地だったことを感じますが、街の中心部では撮影しておきたくなるような印象的な建物は見かけませんでした。狭い駅の中は左手にチケット売り場、右手に売店があるようなシンプルな構造で意外にもエアコンが効いていました。交通の主役はバスになっているようですが、まだなんとか数年は頑張ってるいけるようですので、日本の鉄道ファンの皆さんはお早目にとオススメしておきます。






時間があったので駅の近くを散歩してみました。

手元のドンに余裕が無かったので木製で背もたれのない55000ドンの2等席を購入したのですが、出発まで駅で待つのも退屈でしたので旅のお供に缶ビールでも買おうかと駅前をぶらついてみることに。驚いたことにホーチミンには腐るほどあるコンビニ風な店が見当たらず、酒屋もほとんどありませんでした。駅の売店では割高な値段で売っていましたが、ハノイに着いてから飲めばより美味しいだろうとガマンすることに。

ハイフォンの駅の近くには中が公園になっている名古屋のテレビ塔の付近に似た地区がありましたが、そこにフランスのとそっくりな外観の公衆トイレはありましたのでチェックしてみました。コインの投入口はありましたが、パリと同じ理由で無料化されたのかもしれません。中は床も壁もステンレスで、掃除もちゃんと行なわれているようでした。昼間は暑いの公園の利用者は少なめですが、夜には活躍するのかもですね。






列車は3時間弱でロンビェン駅に到着しました。

ハノイのベンタイン市場といった感じの歴史を感じさせるドンスアン市場の北に線路が走っていることは知っていたのですが、そこに小さな駅があってハイフォン方面への始発駅になってるとは昨晩ネットで調べてみるまでは知りませんでした。ハロン湾からのバスはハイフォンの少し海側のターミナルに着き、そこからハイフォン駅までは徒歩30分ほどで街の様子をチェックするにはちょうど良い感じでした。

列車は窓に鉄格子があって眺めは良くありませんでしたが、自由に歩き回れるのでバスより快適でした。またハイフォンからのバスはハノイ郊外に到着しそうでしたので、いつものホテルまでハノイ駅より近いロンビェン駅に到着するのは好都合でした。ネットで日本の鉄道ファンがここまでタクシーで乗り付けてハイフォンまで日帰りしたという旅行記を見かけましたが、単純往復は面白くないので午前中にロンビェン駅を出てハイフォンでバインダークアを食べ、バスでハロン湾に移動して1泊してからハノイに戻れば良いのではと思っちゃいました。






ハノイでの最初の夕食はバーミーにしました。

いつものホテルに到着したのはまだ両替ができる宝石店が開いてる時間でしたが、移動で疲れていましたのでパスポートを預けて支払いは明日以降にしてもらいました。シャワーを浴びてスッキリして、一休みしてからコンビニにビールを買うために直行。10000ドンの缶ビールでは物足りないので、21000ドンと割安な1リットル入りのペットボトルのビールを購入して豪快に店の前でラッパ飲みしました。

そのビールに合う食べ物を探すことにしたのですが、やはりハノイでもケバブ屋台が増えていました。もちろんケバブもそろそろ食べたいと思っていたのですが、ハノイでの最初はバーミーだろうと根性で探し続けることにしました。なんとかビールが無くなる前にバーミーの屋台を発見してパテを注文したのですが、残念ながら味はちょっと期待ハズレでした。値段は15000ドンと高くは無かったのですが、期待し過ぎていたのが良くなかったのかもしれませんね。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/29(月) 23:59)

 名残惜しい北海の子猫たちに別れを告げて出かけた先は…


ついに中国での滞在も最終日になりました。

最後の地として選んだ広西チワン族自治区の北海では宿に子猫たちがいて和ませてくれたので2泊してしまいましたが、円安で割安感が無くなった中国に長居は無用です。最初は南寧経由で昆明に移動してからラオスに入国することを考えていたのですが、最短ルートを行くために海岸沿いをバスで移動してからベトナムを抜けることにしました。

今回は最初の福岡空港から香港空港へのフライトが2700円とムチャ安かったので、ベトナム国境まで交通費は1万円以下で行けるのではと予想していたのですが、円安の影響で無理でした。世襲総理が狂った経済政策を始める前だったら1万円を切ることは可能だったでしょうが。毎度のことながら円安で儲けているヤツらがいることにムカついています。






北海から国境の街まで2時間という話でした。

それで日が昇る頃に起きたのに子猫たちと遊びながら、ゆっくりと朝食を楽しみました。1、5元払って13番のバスでバスターミナルへ行き、9時過ぎの高速バスで国境の街である東興まで移動したのですが、途中で何度も客を拾っていましたので4時間近くかかってしまいました。2時間というのは普通の車で一度も止まらずに走った場合のことだったのでしょう。






中国とベトナム国境は川が流れています。

もうすぐ不要となる中国語の「百度地図」を見ながらバスターミナルから数百メートル南下したら工事中の高層ビルの近くにたくさんの荷物を担いだ人たちの往来する姿が見えたのですが、それは後でトイレットペーパーだということがわかりました。日本に買物しに来た中国人観光客は化粧品や家電などを大量に買っていくのが有名ですが、そんな中国からベトナム人がトイレットペーパーを購入していくというのは意外でした。






中国最後のランチは何にするか悩みました。

北海ではシーフードを堪能しましたので、最後は普通のセルフサービス的な店で3種類くらいのおかずを選ぶことにしようかと考えていました。しかしどこの街にもある定食屋風な店が見当たらず、ランチ難民になりかけました。

中越国境の目の前のファッションビルの5階がクーラーが効いてそうなレストランフロアでしたので行ってみたら、これから行く「越南風味」の店ばかりでしたのでスルー。その建物の横の路地に屋台が出ていたので、中身がビーフンのクレープ風のものを5元で購入してランチとしました。国境の街はちょっとバブリーで物価も高めでしたので、お金と時間に余裕がある人はベトナムのモンカイか南寧などの中国の街で済ませておかれることをオススメします。モンカイでは日本円の両替は厳しそうですが、ドルや中国元なら通用しそうですので。







中越の国境越えは予想よりスムーズでした。

午後のいちばん往来が少ない時間だったのかもですが、どちらのイミグレも空いていたので歩いて橋を渡る時間を含めても10分ちょっとでした。国境の橋は自動車も通れるように作られているのですが、歩行者専用といった感じでした。ベトナムの管理事務所を出て客引きを「不要(プーヤオ)!」と中国語で追い払ってから建物を撮影しようとしたら、珍しく国境を越えてきた自動車を見かけました。きっと両国を行き来している政府職員か交易関係のビジネスマンなのでしょう。






モンカイのバスターミナルまで1時間かかりました。

しつこく乗れと勧めていたバイクタクシーに乗れば5分ほどで到着できたはずですが、私は初めての町で4キロ以内なら歩くというポリシーですのでネットで見かけたアバウトな地図を参考にして適当に歩いていたら遠回りしてしまいました。

北海では子猫と戯れる時間的な余裕がありましたが、モンカイの地元民に聞きながら探せば問題なかろうと思っていたのです。しかし百度地図には隣国情報はほとんどありませんでしたし、Googleマップはアクセス不可でしたので正確な位置を把握できなかったのです。モンカイではWi-Fiがありそうなカフェとか無さそうでしたが、どこかで野良電波でも拾ってGoogleマップで確認すれば良かったと後悔しちゃいました。






今日の目的地はハロン湾と決めていました。

私は何度もハノイに滞在していますが、行きも帰りも同じルートを通るのが嫌いなので日本人にメジャーな観光地であるハロン湾には行ったことが無かったのです。今回はモンカイからのルートとしてさほど遠回りで無かったので1泊していくことにしたのですが、バスはすぐに見つかりました。

しかしターミナルのチケット売り場のあまり英語が通じない係員は料金表に100000ドンと書いてあるのに120000ドンと言ったりしましたので交渉に時間がかかりました。しばらく料金でもめていたら、別の中型バスのコンダクターのお兄さんが笑顔で割り込んできて、ハロン湾ならすぐ出ると私のバッグを引っ張りました。交渉相手を変えて英語と中国語を混ぜて粘ったら70000ドンまで下がったので妥協しちゃいました。ドライバーの真横の眺めが良い特等席でしたが、すぐ出るというのはウソでしたし、途中で何度も客を拾うために停車したので時間はかなりかかってしまいました。






ハロン湾の到着は日暮れ時になってしまいました。

中国内もベトナムに入ってからもバス移動に想定外の時間がかかったのですが、このODAで作られたと思えるハロン湾のシンボル的な橋を通過した時には太陽は沈んでいました。ドライバーに私がネットで調べていた地図を見せて降ろしてくれた場所は橋を渡り終えて数キロ先の何も無い交差点でした。

標識も何も無い薄暗くてホコリっぽい道路を歩いてホテル街があるビーチまで降りて行くかどうか悩んだのですが、たまたま通りかかった女性にこの道で間違いないかと尋ねてみたら「遠いからバイクタクシーで…」ということでした。その女性が声をかけたバイクタクシーは2ドルと言いだしましたので女性にお礼を言って歩いて行くことにしたら、別のバイクタクシーのお兄さんが「1ドル!」と声をかけてきましたので妥協しちゃいました。空が明るければ歩いたのですけどね。






ハロン湾には腐るほどホテルがありました。

1ドルの約束で乗ったバイクタクシーの兄ちゃんが私の指定したホテルとは別の場所で降ろしたので値切ろうかとも思いましたが、日本円に換算したらアホらしくなって止めました。とりあえずそこのホテルの値段を聞いてみたら予想の3倍くらいでしたので引き留めようと必死な作り笑顔をキッパリと断わって別のホテルを探すことに。安い部屋は表通りから外れた裏にあるはずと路地を曲がってみたら、ちょうど良さげな流行ってなさそうなホテルがありましたので女性経営者と交渉。

私が何軒も交渉してきた客に見えたためか、意外にあっさり交渉成立。ホコリだらけの道を走ってきたのでシャワーを浴びたかったのですが、空腹に負けてしまいました。いつもならベトナムに着いたらフォーかバーミーですが、東興でのランチが軽かったのでガッツリと大盛り炒飯の店を選んでしまいました。スープと甘いお新香付きで30000ドンと安くは無かったのですが、テーブルに常備されているライムをたくさん絞りかけたらインドシナ風になって美味しゅうございました。食後にベトナムコーヒーを飲みたい気分でしたが、早く規制が無いWi-Fiにアクセスしたくてホテルへ戻りました。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/28(日) 23:59)

 香港からマカオをスルーして中国本土に突入することにした理由は…
現在はマカオのセドナ広場の近くです。

これから中国本土に突入することにしたのですが、それはマカオで宿泊するはずだった宿が閉鎖されていたからでした。それで次の国に出るまでしばらくブログの更新ができません。マカオの詳細も後日にアップする予定です。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/22(月) 16:59)

 香港4日目の朝食にもう一度食べたくなって選んだものは…


早いもので香港滞在も4日目になりました。

今回の滞在で初めての雨でしたのでフェリーでマカオへの移動は断念。ちょっと歩き過ぎなので1日ゆっくりと過ごすことにしました。それで18日に行った26香港ドルの朝食を出す大衆的なレストランに出かけたのですが、レタスが入った汁ビーフンは美味しゅうございました。混んでいたのでハムや玉子の皿は催促してから遅れてやってきましたが、香港の店員さんは忙しいと忘れてしまうこともありますので要注意です。






午前中はブログの更新でのんびり過ごしました。

ランチはテイクアウトの炒飯とビールで簡単に済ませて、熱いシャワーを浴びてスッキリしてから出かけたのですが、佐敦の白加士街で見たことが無い長さの大行列を見かけましたので驚かされました。「澳洲牛奶公司」という香港っぽい店でしたが、メニューを見ても人気の秘密がわかりませんでした。やはり実際に体験してみるしか方法は無いのでしょう。






これは熊本の洋菓子店ではありません。

普通の街のパティスリーなのですが、熊本産のメロンを使ったケーキを開発したようでした。それでくまモンのイラストを大きく使用しているのでしょうが、メロンはカットしてしまえばわからないので信用はできませんよね。熊本ではくまモンはやらせの赤いホッペ事件などありましたのでトマトのイメージが強いと思いますが、香港では熊は蜂蜜好きということがあり、甘いハニーメロンの方がイメージと合うのかもですね。






今日は日曜ということもあり教会は賑やかでした。

昨年10月に工事中だったネイザン通り沿いの教会の工事が終わり、1階に新たに作られた半円形のホールが一般市民に公開されていました。そのホールの真上は小さな公園になっていて、そこから自然光が取り込めるように工夫されていました。

また階段を上がってみたら、元からあったと思えるクラッシックな教会でイベントが行われていて、信者の皆さんがセルフ式の列に並んで食事中でした。どうやら事前に寄付をした人にクーポンのようなものが送られたようで、皆さんはそれを箱に入れて紙皿を受け取って列に並んでいました。






香港の書店では旅行関連の本が増えています。

香港ドルが強くなって、LCCもあちこちに飛んでいるので旅行熱が高まっているのでしょう。日本関連のガイド本もいろいろと出ていて面白いものでしたが、なぜか香港でも香港のガイド本がたくさん売られていました。その中で驚かされたのが「るるぶ」の香港バージョンでしたが、日本語版をそのまま訳したような感じで笑えました。そのうちにすべてのバージョンが翻訳されたものが出版されるのかもですね。






表紙にくまモンが使われている本がありました。

タイトルに「CEO」とありましたが、どうやらこのおじさまは自分が経営している「一田」というスーパーの最高経営責任者で、香港で日本的な要素を取り入れて成功した自慢話をまとめた本みたいですね。私は中国語はさっぱり理解できないので本にあった数枚の写真で想像しただけですので間違っているかもですが、研修旅行で行った九州のスーパーでくまモンの商品を見かけてユニークだと感じられたのでしょう。

熊本の味千ラーメンや岡田珈琲のこともあって、このCEOは他店との差別化のために日本的な要素を盛り込むことにして、それが日本通な香港人にアピールできたのでしょう。日本では無名なCEOですが、そのうちに日本のバラエティー番組で取材されることもありそうですね。






香港でも丸亀製麺所が人気のようでした。

重慶マンションで両替したら雨が降り出しましたので対面のモールへ逃げ込んだのですが、しばらく止みそうにないので久しぶりにモール内を探検してみました。シネコンの下の階にいつの間にか丸亀製麺所がオープンしていたのですが、夕方の中途半端な時間に列ができていましたのでビックリ。

しかし体感的には真夏なのに冬メニューを前面に出していたのはいかがなものでしょうか。日本的に季節感を大事にしておいてもらいたいものですが。こういったことは香港担当のスーパーバイザーの役目だと思いますが、数字が良いことで慢心していると数年後に痛い目に遭ったりして…






日本書店が元のビルに移転していました。

ネイザン通り沿いのイスラム寺院の前のビルの4階から東に数百メートル歩いたビルの地下に移転していた「トマトブックス」ですが、なぜか元のビルの2階に戻っていました。香港のフリーペーパーをいただいて帰ろうとしたら、衛星版の日経新聞にきになる記事が。

それは日本政府がミャンマーと新たな経済特区を開発することで基本合意に達したということでしたが、それはベトナムのホーチミンからカンボジアのプノンペン、そしてタイのバンコクを結ぶ回廊のインド側への出口にあたるということで面白くなりそうです。中国もラオスなどと違う回廊を模索中ですので、波乱がありそうです。






知らない間に地下通路が長く伸びていました。

雨が止まないので地下へ降りてみたら、見慣れないサインがありました。それでオフィス街を結ぶ地下通路でもできたのかと歩いてみたら、なんと「K11」という商業施設の地下フロアに繋がっていましたので驚かされました。地下通路はさらに東へ伸びていましたが、雨の日や暑い日には便利でしょう。地下通路はちょっと雰囲気が殺伐としていて残念でしたが、国際コンペでも行って賑やかイメージに変えれば良いでしょうに。






香港のバス停の広告にはいろんな工夫があります。

小雨が降る中で「ファイナルファンタジー」の水滴のようなキャラクターを見かけたのですが、わざと透明なフィルムに印刷してあって目立っていました。ダイキンのぴちょんちゃんと間違える人もいるかもですが、それも日本企業同士として許容範囲なのでしょう。この手のキャラクターの展開は日本独自のもので、相乗効果があれば良いはずですから。






香港で最後の夕食を何にするか悩みました。

行列ができる釜飯の店まで行こうかとも思いましたが、それはマカオや中国でも似たようなものを割安に食べることができますので却下。それでまだ一度も香港名物の海老が乗った黄色い細麺を食べていないことに気がついて佐敷の歩行者道沿いの店に出かけてみました。

いつものように注文しようとしたら、店先に見慣れない大きな文字で「15元」と書かれた紙が目につきました。店員に英語で何なのか訊いてみたら、「スライスフィッシュ」という返事でした。それで白身魚が入ったお粥の麺バージョンなのかと思って頼んでみたら、厚揚げをスライスしたようなものが乗っている麺料理でした。それなりに美味しかったけど、ちょっと裏切られたような気分でした。(笑)






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/21(日) 23:56)

 香港3日目の朝食に試してみて少し後悔させられた理由は…


香港3日目の朝食は何にするか悩みました。

初日は汁ビーフンとハムと玉子などのセットで、2日目はイケアの洋風なものでした。まだ今回は食べていない17香港ドルのエビ麺にしようかと歩き出したら、吉野家の看板が目に入りました。イケアのいちばん安い19香港ドルの朝食に似た洋風なものが3種類ほどあるみたいでしたので階段を上って行ってみたら高くて話になりませんでした。

あきらめて店を出ようかとしたら、ご飯と温玉と牛皿のセットが緑茶付きで24香港ドルであることを見かけましたので試してみることに。レジ横の見本の写真とはあきらかにボリューム感が劣る牛皿が出てきたのでガッカリでしたが、そんなことばかりしてるとチェーン店であっても客離れが進みそうです。私は2度と香港の吉野家には行かないでしょう。






今日はフェリーで湾仔に行くことにしました。

同じ道を歩くのが好きではないので香港のセントラルパークといった感じの九龍公園の中を抜けて行くことにしたのですが、その中央部にあるプールでは地元の子供たちが元気に泳いでいました。ペニンシュラホテルから近い都市公園の中に広々としたプールがあり、土曜日のお昼近くにスペースに余裕があるとは羨ましい環境ですよね。こんな公共のプールが日比谷公園にあれば入場制限するような混雑となるでしょう。天皇制なんか廃止しちゃって、皇居にプールを作れば良いでしょうが…






今回も無料の文化施設に寄って行くことにしました。

イギリス植民地時代の古い建物をリノベーションして作られた「香港分物探知館」というわりと歴史は新しそうな展示スペースでしたが、2階の常設展示室は変化はありませんでした。しかし1階では「発跡 香港」という面白いコンセプトの展示が行われていて楽しむことができました。英語のタイトルは「FACTORY HONG KONG」でしたが、かつて労働者の賃金が安くて香港の下町の工場でものづくりが行われていた時代に想いを馳せて、そこからインスピレーションを受けたアート作品を展示してあったのです。ちなみにこの展示は9月13日までみたいですので、興味がある方はお早めに~!






香港ではここのディスプレイを見るのが楽しみです。

初めて香港にやってきて、スターフェリーに乗って記念撮影でもするような観光客たち向けに開発されたと思える「1881 HERITAGE」という商業施設の中庭でしたが、いつも高級感があるテナントのイメージと合う凝ったディスプレイが迎えてくれるのです。今回は古き良き時代をイメージさせるようなアフタヌーンティーセットみたいなものでしたが、青空とクラシックな建物と良くマッチしていると思えます。






1881 HERITAGEの前にこんなバナーが。

1人1票の民主的な選挙の実現をとアピールしているらしい政治的なバナーでしたが、日本と変わらないレベルにまで成長した香港が中国の傀儡政権により納税者たちの希望が歪められる構造になっていることを信じられない日本人旅行者は多いと思います。今年の5月17日の大阪都構想に関する住民投票の時にシルバー票によって絶好の改革のチャンスを失ったと嘆いていたアホな連中がいましたが、そんなヒマがあるのなら香港の不平等を批判すべきでしょう。






長い歴史のスターフェリーに変化がありました。

一昨日のセントラル行きのフェリーもキレイに整備された観覧車の近くに到着しましたので「ずいぶんイメージが変わったなぁ…」と心の中でつぶやいたのですが、この湾仔側はまさに整備の真っ最中でしたので驚かされました。おそらくセントラル側のピアから国際展示場まで臨海の都市公園が整備されるのでしょうが、地下にはバイパスも作られているようです。さらに市民や観光客に満足してもらい、都市機能のアップも図ろうとしているのでしょうが、次の次くらいの訪問時には全体像を把握することができそうですね。






今日のランチは10香港ドルに抑えました。

コーズウェイベイのブティック街の変化をチェックして喉がカラカラに乾いてから地下のイケアに降りて行き、ホットドッグとドリンクのセットを注文してペプシを限界までガブ飲みしました。クーラーが効いたイケアで体を冷やしてから表に出る前に紙コップを満タンにしていきましたが、これで数時間は水分補給の必要は無いでしょう。宿の冷蔵庫には先日のビールを冷やしてありますので問題ないはずです。






ペプシを飲み終えてSOGOの書籍フロア行きました。

九龍のトマトブックスが無くなっていたので香港の日本語メディアであるフリーペーパーをいただきに来たのですが、抑え目の照明に座り心地の良いソファに変わりはがありませんでしたのでリラックスできました。フリーペーパーの記事は特に面白いものはありませんでしたが、ライザップの香港上陸の広告には笑ってしまいました。入会金3000香港ドルで全16回のコースでは24000香港ドルだそうです。(笑)






こちらのアップルストアも大盛況でした。

香港にあるアップルストアではいちばん新しいコーズウェイベイ支店ですが、レジには大勢のお客さんが並んでいました。しかし並んでる人たちが手にしていたのはiPhone 6の箱でした。やはりこちらでもアップルウォッチを試す人はいましたが、実際に購入することは少なそうでした。

アップルストアを出たら目の前に工事中のスウォッチショップありましたが、高額でブサイクなアップルウォッチより売れるのでしょう。アップルウォッチはGoogleグラスみたいなことにはならないでしょうが、低価格帯の商品を出さないと先行きが怪しいのでは。まずは普及させることが重要でしょう。






タイムズスクエア前で不思議なものを見ました。

クソ暑い香港でタートルネックのセーターを着た青い少女のキャラクターでしたが、風邪薬の会社のものとも思えませんでした。壁には現代アート風のポスターがあり、中央には巨大なトランプのタワーと関連性を見つけるのに苦労させられました。タイムズスクエアの内部の吹き抜けの動画でようやく謎が解けたのですが、これはピクサーの新作の「インサイドアウト」という作品の悲しみを表現するキャラクターのようでした。

どうやら少女の感情をいくつかのキャラクターが受け持つファンタジーのようで、ピクサーらしい親子の愛情がテーマなようです。旅行中にどこかで上映されていたら観てみるつもりですが、先日の「ピーナッツムービー」をさらに大掛かりにしたキャンペーンには頭が下がります。






漫画がテーマの文化施設にも寄ってみました。

2年前に古い建物の外壁だけを残してオシャレに生まれ変わった「動漫基地」は香港に来る度にチェックしていますが、今回はコミックの展示がほとんど無くなり、建築模型の展示が主になっていました。個人的に建築も好きなので面白かったのですが、名前からコミックを期待して日本からやってくるマニアはガッカリしそうです。建築模型の展示はこの建物の中庭にでもテンポラリーな展示室を作って行えば良いでしょうに。






歩いていて偶然に高感度な通りを発見しました。

屋台が並ぶ細い路地を適当に散策していたら、皇后大道東という大きな通りに出ました。そこにはロールスロイスやマクラーレンなどのショップが並んでいましたが、私は何度も香港に来ているというのに知りませんでした。これはこれから話題になる通りなのかもと先へ進んでみたら、かなり雰囲気が良いオーガニックの店がありましたので確信できました。ちなみに無印良品やミニクーパーのショールームもあり、オシャレなカップルが楽しそうに買い物していましたので間違いありません。湾仔駅からも近いですし、今後もオシャレな店が増え続ける注目スポットとなるでしょう!






無印良品の対面の工事現場を見てビックリしました!

角にミニクーパーのショールームがある道路が閉鎖されて奥の方まで一斉に工場が行われていたのですが、この画像の左手の工事中のビルを見て「これはもしかする香港で初めてのライフスタイルモールなのでは…?」という考えが浮かびました。ライフスタイルモールとは全米各地で増えている新しいスタイルの商業施設の概念なのですが、ごく簡単に言うと大規模な新築物件であるのに、わざと外観は街に融けこむように工夫したりする手法なのですが、日本にまだ存在していません。北米のものと較べるライフスタイルモールの範疇には入れることができませんが、伊勢市の「おかげ横丁」や大阪のユニバーサルスタジオのシティウォークが近いと思います。

このエリアは低層階はオシャレなテナントを配置して、上層階は九龍側を見渡せる超高級コンドミニアムとして売り出す計画なのでしょうが、次回がすごく楽しみになりました。もちろんこの地域にたまたま工事が集中しているだけで変なテナントが入居するということもあり得ますが、モールマニアの私の予想は香港の有名人たちが呼ばれて高感度なショップが一斉にオープンするというものです。その候補としては日本で人気となったパンケーキやカキ氷の店とか、クロムハーツやロンハーマンなどのアパレル、またディーン&デルーカやフライングタイガーなどもあり得ますよね。






最後に国際展示場内部一周しておきました。

セントラル側からの臨海都市公園の整備が進めば国際展示場のエントランスなどの変更があるかもとチェックしておくことにしたのですが、現時点では改装されそうな気配はありませんでした。国際展示場のいちばん外側の窓越しに整備中の公園を目に焼き付けておきましたが、おそらく来年か再来年には見違えるほどキレイになっていることでしょう。

ちなみに小さな変化ではありますが、湾仔のフェリーターミナルが西に移動していました。以前より海側にも張り出していたのですが、見かけない装置が設置されていましたので、これから埋め立てをして陸地を広げる計画なのかもしれません。九龍側にも高層ビルが建設中でしたあい、夜のレーザーショーをさらにレベルアップすることが決まっているのかもですね。







本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/20(土) 23:59)

 香港2日目の朝に2階建てバスから見えてきた工事現場は…


香港2日目の朝食はイケアで食べることにしました。

おそらく日本でいちばんのイケアの朝食マニアとして新メニューの有無をチェックしたかったのですが、コーヒーを何杯かお代わりして飲みたいというのが最大の理由でした。インスタントコーヒーは持ち歩いているのですが、満足できませんでしたので。イケアの後は旧空港跡地に完成したモダンなクルーズ船のターミナルに行く予定でしたので九龍湾駅に近いメガボックスの支店に行くことに。219X番バスに7.5香港ドルを支払って2階の特等席に陣取りました。

今日は昨年に工事が始まっていた場所のその後の様子を確認したかったのですが、山肌にコンクリート製の階段状の基礎のようなものが登場していました。これから斜面に沿うような高級住宅やオフィスなどが建設されるのではと予想しているのですが、まだ全体像は見えてきません。次回が楽しみです。






今朝はイケアでいちばん高い朝食を選びました。

それでも26香港ドルでしたが、ソーセージがドイツ風な歯応えがあるものでしたので悪くありませんでした。香港の生活レベルは確実に上がっていて、ちょっとオシャレな店なら100香港ドル前後が当然といった感じになっています。

そんな中で4分の1くらいの値段でコーヒー飲み放題でやってるのは偉いと思いますが、そろそろ香港のイケアでもコーヒーの種類を選べるようにすべきだと思いますが。香港からの観光客がわざわざ日本のイケアに行って朝食を食べたりはしないでしょうが、日本ではコーヒーが選べることを知ったらイヤな気分になるんじゃないでしょうか。






イケアの目の前に広大な空港跡地が存在しています。

かつての滑走路のいちばん先端部分に大型クルーズ船用のターミナルが建設されたことは知っていたのですが、Googleマップで検索してみたらバスでも徒歩でも行くことができるみたいでしたので、まずは歩いて行くことにしました。それはバス代を節約するためでもありましたが、バスが発着するのは九龍湾駅でしたから、イケアからは無料のシャトルバスに乗って駅に向かい、そこで乗り換えるという面倒なことがあったのです。

イケアからの道路は日差しを遮るものが無くてキビしいかもと覚悟して歩きはじめたのですが、適度に並木が整備されていてマシでした。橋を渡る時から巨大なターミナルは見えていたのですが、何も変化が無い単調な直線道路でしたので長く感じました。ちなみに元滑走路の真横の海では魚が頻繁にジャンプしていましたが、釣りをしたら豊漁になりそうでした。






クルーズターミナルはほとんど無人でした。

大型のクルーズ船が着岸していたのでターミナル内も賑やかなのかと思ったのですが、どうやら昼間は団体バスで香港ディズニーランドとか近郊に観光に出かけていたのでしょう。ターミナルのいちばん先には免税店とカフェがあり、クーラーをガンガン効かせた中でスーツを着て接客しているようでしたが、その中にTシャツ姿で入っていったら20人くらいの店員さんから注目されてしまいましたので居心地は最悪でした。

それでトイレに逃げ込んで顔を洗い、ペーパータオルで入念に拭き取ってから店内に戻りました。時間を置いたので視線はあまり感じなくなりましたが、免税店に用は無いのでエスカレーターで屋上庭園に上がりました。大型クルーズ船より長い屋上庭園は歩くのも一苦労でしたが、自由に使うことができるセグウェイでも常備しておいてもらいたいものでした。






ターミナルからは86番のバスに乗りました。

頑張れば歩いて行ける距離でしたが、料金は5.5香港ドルと安くはありませんでした。しかしクーラーが効いた車内は快適で10分もかからない内に九龍湾駅に到着しました。そこから広場を挟んだ対面にシネコンがありましたのでラインナップをチェックしてみたのですが、「ジュラシックワールド」や「テッド2」は公開中で、「ターミネーター」の新作は7月2日からで「進撃の巨人」は近日公開となっていました。

シネコンの窓側にまったく知らなかった「ピーナッツムービー」の立体POPが置いてあったのですが、なかなかのクオリティでしたので感心させられました。ほとんどの子供連れのファミリーはここで記念撮影をしていましたが、その内かなりの確率で映画を観に行くことになるのでしょう。立体は経費はかかりますが、すぐに元が取れるのでは。






九龍湾駅から2駅分を歩いて行きました。

昨年の10月21日のオープン日に行ってみたら大盛況だった「KUMAMOTO CAFE」の半年後の様子をチェックするためでしたが、予想していた通りにお客さんはまばらで店員さんたちもヒマそうでした。それでも何組かのお客さんはお茶しながら店内のくまモンのぬいぐるみなどと記念撮影していましたが、オープン日の喧騒とは大違いの静寂さがありました。こうなるとFRP製の邪魔なくまモン人形を処分して、普通の日式のカレー専門店にでもした方が儲かりそうですが、1年くらいは頑張るという約束なのかもしれませんね。






遅めのランチをモールのフードコートで食べました。

「KUMAMOTO CAFE」が入居していた「apm」というモールはチェーン店ばかりで退屈でしたので、目の前の観塘站から8.5香港ドル支払ってMRTに乗って「黄金電脳商場」などがあることで有名な深水埗駅へ移動しました。アキバ風な売り場ではお目当てのタブレットは見つからず、「西九龍中心」という大衆的なモールの8階のフードコートへ。

ランチタイムはとっくに過ぎているというのに大混雑していたのですが、それはチェーン店がほとんど無くて値段も割安だったからでしょう。私は大盛りのご飯に30種類ほど並んでいた料理から3つを選べて32香港ドルというシステムの店を試してみることにしたのですが、本格的な中華の味に大満足でした。しかし量が多過ぎて完食するのがたいへんでした。もう今晩の夕食は不要となりそうです。






深水埗駅近くの路上はアキバの裏通りに似ています。

こんなものを誰が買うのかと思うような中古家電や部品などを売る屋台が道路の両側に並んでいて楽しいのですが、いくらでも万引きできそうな雰囲気が中で成り立っているのが不思議でした。私は前回の旅行中にLEDライトを無くしてしまったので、ゴム製で取り外しができる自転車用のライトを5香港ドルで購入してみたのですが、日本円だと80円ですから安いですよね。これで旅行中にベッドの下の落し物を探したりするのが格段に便利になります。






食後の運動も兼ねて歩いて帰ることにしました。

いくつかの電脳ビルでタブレットを探したり、昨年の道路封鎖との状態を比較しながらネーザン通りを南下していたのですが、さすがに胃袋はまだパンパンでした。しかし甘いものは別腹ですので、マクドナルドの新顔の抹茶味を試してみることに。イケアの2.5香港ドルに較べれば5香港ドルは高いのですが、物価が高い香港では安い方だと自分に言い聞かせたのですが、予想より風味が良くて悪くありませんでした。






宿に戻る前にビールを購入しておきました。

普通のコンビニより安いので何度か購入したことがあるネーザン通り沿いの「バンガード」という大陸でよく見かけるスーパーでしたが、フランス製の500缶が4.5香港ドル、中国製の330缶が4つで11香港ドルでしたので嬉しくなりました。5缶で250円もしなかったわけですが、現在の香港では最安値なのでしょう。撮影後にキンキンに冷えたフランス製のヤツを裏手のサルベーションアーミー側の階段で一気に飲み干したのですが、気分爽快で最高でした。ちなみに中国製のヤツも青島で作られていて味は悪くありませんでした。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/19(金) 23:59)

 香港1日目に地元の方に教えて貰って食べた朝食は…


香港は早朝から強い陽射しで暑くなりそうでした。

今朝は地元の人に教えていただいた観光客は足を踏み入れたことが無さそうな店の朝食を試したのですが、8種類ほどの麺料理のラインナップから細切り肉炒めが乗せられた汁ビーフンを選んだら、ミルクティーとハムとスクランブルエッグなどが乗せられたものが付いてきました。それを箸ではなくてフォークとスプーンで食べるところが香港的でしたが、これだけで26香港ドル(約413円)でしたので大満足でした。






食後に新幹線駅の工事現場をチェックしておきました。

これはオースチン駅前から撮影したものですが、昨年まではすべて工事は地下で行われていましたが、半年以上経っていますので地上部分に顔を出していました。特徴的な弧を描く鉄骨は新幹線駅の対面にできる予定の劇場のものだと思いますが、まだ断定できる状況ではありません。次回にはかなりハッキリするんじゃないでしょうか。






市場で久しぶりに猫を見かけました。

香港では猫は基本的にビルの中で飼われているので外で見かけることは滅多にないのですが、市場ではネズミ対策ということで見張り役の任務を果たしているのかもしれません。かなり毛並みが良くて大事にされている感じの猫でしたが、片耳がちぎれていましたので若い頃には大暴れしていたのかもしれませんね。かなり貫禄がある猫でしたが、いつまでもストリートでたくましく生きていてほしいものです。






久しぶりにプロムナードへ上がってみました。

マカオへのフェリーが発着する黄金のカーテンウォールのビルの4階部分にはプロムナードと呼ばれている屋上庭園があるのですが、そこからも新幹線の駅の工事の様子をチェックしてみることにしたのです。ハーバーの近くまで工事が行われていましたが、おそらく観光客が散歩を楽しめるような都市公園になるのでしょう。プロムナード側にも数台のクレーン車が置いてありましたが、もしかしたらスターフェリーの乗り場から空中を歩いてエレメントまで行くことができるようになるのかも。こちら側の湾でも夜のレーザーショーが始まるかもですね。






2香港ドル払ってスターフェリーに乗りました。

セントラルの桟橋に近づくにしたがって観覧車が動いていることが確認できたのですが、昼間は暑いので周辺には人影が少なくて無人状態で回り続けていたようです。観覧車の周辺にはファミリー向きの遊園地が整備中で、夏休みに間に合うように出稼ぎ労働者たちが頑張っているみたいでした。ちなみにセントラルの桟橋以外にも新しい桟橋が姿を現していましたが、富裕層向きのチャーター船でも発着するのかもしれませんね。






香港市政府ビルの前で雨傘の集団を見かけました。

国際ニュースで議会で非民主的な選挙の改革案が否決されたと言ってましたが、怒りが収まらない活動家たちが真横で集会を開いていたようです。雨傘は改革のシンボルですが、今日は強烈な陽射しを遮ることが主目的みたいです。このようなニュース映像に使われそうな集会の場合は強い意志を強調するために黄色い雨傘で統一したりすべきだと思いますが、もしかしたら傀儡政権側の人間が買い占めてしまったのかも…(笑)






香港市政府ビルの正面でも演説していました。

海側の集会は人が多過ぎて中に入れない感じでしたが、こちらは少人数の集まりでしたので近くで撮影することができました。傀儡政権の長官たちを罵倒していたみたいですが、自分たちが納めた税金が望まない連中に給与として使われることが許せないのはよく理解できます。経済的には日本と同じくらいに成長してきたのに民主的な選挙が行われていないことが驚きですが、裏で暗躍する中国政府に対して正面からの批判をしない先進国側の怠慢も理由でしょう。日本の世襲政権も何も自分の利益にならないことですから黙認しているようですし。






これは香港市政府ビルの正面のKFCです。

昨年はデモ隊と警察の衝突によりガラスを割られたりすることを恐れてシャッターが降りていた店ですが、バリケードが撤去されて普通に戻ってみたら大盛況でした。昨年は香港市政府ビルや周辺のオフィスビルもセキュリティ担当者しか出勤していない感じで閑散としていたのですが、大勢のオフィスワーカーが戻ってきたので賑わっていたのでしょう。もしかしたら再び香港市政府ビルの前で道路封鎖が行われたりするかもですが、その時はまた激変してしまうのでしょう。






コンビニでビールを購入して休憩しました。

アバディーンストリート沿いの古い警察宿舎だった建物をリノベーションしたPMQというアート系のショップが集められた商業施設に行ってみたのですが、その裏手のひっそりとした坂道が趣がありましたので休憩の場として選びました。PMQはかつて孫文たちが通った中央書院の跡地に作られたものらしいのですが、この坂道も何度も歩いたのでしょう。






PMQの近くでこんな工事現場を見かけました。

今年の4月12日に大阪でも工事中の支店を見かけた「UNDER ARMOUR」ですが、坂道を楽に移動するために整備されたエスカレーター付きの空中歩道の脇でしたので意外な感じがしました。この周辺には香港在住の欧米人たちが酒を楽しむ店が多いのですが、それでコーズウェイベイの次の出店場所として選ばれたのかもしれません。






セントラルのアップルストアにも行ってみました。

本当はSOGOの近くのアップルストアに行ってから湾仔の桟橋からフェリーで帰るつもりでしたが、PMQ周辺の散策で疲れ果ててしまいましたのでセントラルから帰ることにしたのです。無料Wi-Fiでメールなどのチェックを済ませて店内の様子をチェックしてみたのですが、やはりアップルウォッチは人気が無い感じでした。一応行列用のスペースは用意されていたのですが、誰も並んでいませんでした。5分ほど待てば実際に腕に付けてみることもできそうでしたが、疲れ果てていたので止めておきました。次のアップルウォッチにはFaceTime用のカメラが付くかもという噂がありましたので、今のモデルは2万円以下に値下げされても買わないであようし…






九龍に戻ってSOGOの新店舗をチェックしました。

海岸から対面のペニンシュラホテル側へ移転したのですが、あまりの完成度の低さに愕然させられました。すぐに出て重慶マンションで両替したのですが、1万円が628香港ドルにしかならず超愕然でした。その隣の商業施設に行ってみたら、奥の人気店以外はすべてテナントが入れ代わっていましたので超超愕然でした。ここ数年で3度ほど変化しているのですが、何をやっても長続きしないみたいです。






DFSの前は中国人観光客で大賑わいでした。

ネーザン通りの東側のエリアを探検していたら偶然にDFSの前を通ったのですが、団体さんが大声で喋っていましたので大陸からの観光客だとすぐにわかりました。最近は国境の検査が厳しくなって赤ちゃん用のミルクなどを買い占める業者さんは減ったという話ですが、高級ブランドを買い漁る一般客は大歓迎なのでしょう。しかし香港の高級店の前の路上に座っていたのには違和感がありました。






今日はクリーム兄さんは出勤していませんでした。

ネットで店番している姿がかわいいと評判のクリーム色の猫ですが、連日の呼びかけや撮影で安眠できないようになって職場を放棄したのかもしれません。代わりにぬいぐるみが置いてありましたが、せっかく日本から来たのに残念でした。ちなみにいろんなクリーム兄さんグッズが開発されていましたが、少量生産のためか恐ろしい値段で販売されていました。






夕食は13香港ドルの弁当を公園でいただきました。

最初は行列ができる土鍋ご飯の店で40香港ドルくらいのヤツを食べようかと考えていたのですが、両替率が悪過ぎたので節約モードに切り替えることにしました。図書館の近くの肉屋で購入したのですが、おそらく現在の香港では最安値の部類でしょう。ちなみにビールはコンビニで2缶で9香港ドルでしたので、トータルでは17、5香港ドルということになります。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/18(木) 23:59)

 高速バスで味噌天神から天神へ出かけた理由は…


ついに退屈な熊本を脱出する日になりました。

和食にはとっくに飽きていましたので梅雨入り前に逃げ出したかったのですが、香港エクスプレスの2700円という格安な値段のセールに負けて今日の出発にしました。午前中に熊本の味噌天神から福岡の天神バスターミナルまでひのくに号という高速バスに乗りましたが回数券でしたので1枚あたりだと1645円でした。香港の九龍の宿までの交通費の総額は5000円もしないことになります。もちろん特別なセール料金でしたが、スゴい時代になったものですよね。

約2時間のドライブで天神バスターミナルに到着。3月に改装してキレイになったという乗り場をチェックしてみることに。そこはバスを降りた場所から対面に見えていたのですが、滅多にバスが走らない道路を横断してはいけないということで大きく迂回することを余儀なくさせられました。スタバやコンビニなどが並べられた乗り場は以前とは見違えるほどキレイでしたが、待ち合わせのシンボルとなるような仕掛けが無かったのが残念でした。たとえば現在の天神と50年前の詳細な模型でも並べてあればバスを待つ間も退屈しないと思いましたが。






天神地区の地下道もキレイになっていました。

以前から存在していたらしい地下2階部分を東西に結ぶ通路でしたが、天神地区の集客を増やすために改装に踏み切ったようでした。ウィキペディアによりますと「渡辺通り側からきらめき通り中央交差点付近までの地下には地下道のきらめき地下通路があり、天神地下街、ソラリアステージ、福岡三越、ソラリアプラザ、VIORO、岩田屋本館・新館と接続している…」ということでしたが、それらの商業施設が博多駅地区に負けじと資金を出し合ったのかもしれません。






アメリカのデリカテッセンが九州初出店していました。

西鉄が経営しているソラリアプラザの駐車場だった地下2階をディーン&デルーカを核店舗としてフードゾーンと改装してきらめき地下通路と直結させていたのですが、4月25日にオープンしたばかりということもあって賑わっていました。アメリカでは普通の大きさですが、国内店舗としては最大規模かもしれません。天神地区復興の意気込みは伝わってきましたが、アベノミクスが頓挫してしまったら閑古鳥が鳴きそうです。






久しぶりにアップルストアに行ってみました。

3月21日に新宿伊勢丹で工事中だったアップルウォッチ専門店のことをアップしましたが、高過ぎるので今日まで現物をチェックする気になれませんでした。初代のiPhone並みに分厚い感じで、デザインも戦略も好きになれないプロダクトでしたが、アップルウォッチの展示のやり方が悪いためもあり横目で見て素通りする人が多いみたいでした。数年後に機能がアップして2万円を切れば購入しても良いかと思いましたが、現時点では新しいMacBook Proの方が欲しくなりました。円安で高過ぎますので手が出ませんけどね。






フライングタイガーも九州初出店とのことでした。

2013年の6月に大阪店を、9月に東京店をチェックしていましたし、もう国内には20店舗近くある業態ですから長い行列には驚かされました。それだけ福岡県民の消費行動が旺盛ということもあるのでしょうが、九州だけでなく山口などからも買いに来ている人がいるということなのでしょう。もちろん福岡空港を利用する外国人旅行者が購入する場合もあるのでしょうが、日本で外国製品を購入されるのは複雑な心境です。






中洲の近くの銀行で少し両替しておきました。

いつもは旅行の前にわざと万札で払って小額紙幣を用意しておくのですが、今回はうっかりしていましたのでね。今回も渡辺通りを歩いたのですが、それは夕食用のサンドイッチを購入するためでした。香港行きのフライトの出発時間が中途半端なので、ひとつ100円のコロッケパンとBLTサンドを購入したのですが、空腹でしたのでアーケード内の広場でペットボトルに入れてきたワインと共に食べてしまいました。今日は最後にうどんを食べて空港に行く予定でしたが、うどんくらいなら胃袋に余裕がありましたので問題ないでしょう。






この昼前後には行列ができるという店は初めてでした。

私がキャナルシティーの東館のカルディで無料のコーヒーを飲んでから「平うどん」に辿り着いたのは15時を過ぎてしまいましたので、作業してるところが見える特等席にすんなりと座ることができました。博多ですから定番の430円のごぼう天うどんを注文したのですが、さすがに美味しゅうございました。うどんもやわらか過ぎず、香辛料で辛さを足しながら日本最後の食事を終えました。最近は東南アジアにも丸亀製麺などが進出していますので最後の食事はテイクアウトの寿司かサンドイッチにしようかと考えていたのですけど…(笑)






福岡空港まで今回も歩いて行くことにしました。

博多駅から割高な地下鉄に乗ると国内線ターミナルに行ってしまい、無料シャトルバスに乗り換える必要があります。また新幹線口から国際線ターミナルの近くまで行くバスもあるみたいでしたが、頻繁には出ていないみたいでしたので…

雨も降っていませんでしたので3.5キロほど歩いて行くことにしたのですが、博多駅の近くの郵便局の建て替え工事の様子を見て少し驚かされました。郵便局だけだと思っていたら、隣の博多ビルまで工事をしていたからでしたが、博多駅周辺でも天神地区の巻き返しに対抗する意識が満ちてきているのかもしれません。しかしアベノミクスが頓挫すれば、どちらも敗者となるおそれもありますが…






空港に行く途中で新しいビルを見かけました。

西部ガスが地元の「八仙閣本店」という高級中華レストランと組んで建設した「TERASO」という複合ビルの奥に「レガネットキュート」という初めて見るスーパーがありましたが、経営母体は西鉄ストアでした。コンビニより大きくてスーパーにしては物足りない感じでしたし、どういった層にアピールしたい店なのかわかりませんでした。客数も少なそうでしたので食品の廃棄ロスが心配でしたが、余りそうなものは他の西鉄ストアが分担して面倒を見てやってるのかも。






スーパーから25分くらいで空港が見えてきました。

前回は最短距離を歩いて行こうとしてスニーカーがぬかるみにはまってしまいましたので、今回は少し迂回してアスファルトの上だけを歩きました。福岡の国際線ターミナルは小さいので移動も楽でしたし、チェックインもスムーズでした。携帯電話などが充電できるデスクも増えていて好感が持てたのですが、Wi-Fiのスピードは満足できるレベルではありませんでした。国際線ターミナルとしては中途半端なので、LCCターミナルにでもしてしまえば良いかもですが。






今日の香港行きのフライトはほぼ満席でした。

香港に着いてからすぐに降りることができるように前方の通路側の席をリクエストしたので、全員がボーディングブリッジに消えてから後を追ったのですが、9割ほどが香港人だったようでお土産類が多くて乗り組むまで時間がかかりました。国際線ターミナルで購入したものならLCCであっても追加料金がかからないからでしょうが、私が日本のお土産として推薦したいものは皆無でしたので残念でした。






約3時間の快適なフライトで香港に着きました。

税関に並んでいた時に笑顔たっぷりのキレイなお姉さんからキャンペーンのリーフレットのようなものを頂いたのですが、ターミナルの左右に豪華景品が当たるっぽい感じのブースがあり、パスポートで外国人とチェックしてからiPadでルーレットみたいなゲームに参加するように促されました。

ボタンをクリックするとマリーンワールドの割引券と香港の観光名所のマグネットとWi-Fiの1週間無料券が当たりましたが、どれも価値が無さそうなものでした。まあ何も貰えないよりはマシでしたし、中には価値があるものに当たるラッキーな人もいるのかも。日本の空港でも企業協賛で似たようなことをやるべきでしょう。第一印象が良くなるはずですからね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2015/06/17(水) 23:59)

 次の旅行に出かける前にやっておこうと考えたことは…
2015nippon360

 今日はヤボ用で知人のマンションへ行きました。

3月29日に南小国に出かけた帰りに大津で購入した「ヒゴシルク」というからいもの新品種が4本ほど余っていましたので手土産に持って行ったのですが、もう6月ですから芽が出ていました。それで芽が少ない3本だけを渡して、いちばん成長していたものは持ち帰って庭に植えてみることにしました。

以前に普通のからいもを山の家に植えたことがあり、イノシシやサルに全部やられてしまいましたが下界なら大丈夫でしょう。上手くいけば帰国後に1本のヒゴシルクが10本くらいに増えるかもです。それが成功すれば、来年は100本に増やすことだって不可能じゃないでしょう。育ちが悪い場合も授業料と思えばあきらめることができますので悪くありません。




2015nippon362

 帰りにスーパーで少しだけ買い物をしました。

もう冷蔵庫の食料品はほとんど食べ尽くしましたので、今晩のおかずと明日のフライト中に食べる軽食を購入しておいたのですが、出口にこんなポスターがありましたので意外な感じがしました。周辺のスーパーには値段で負けませんと宣言していたのは評価できるのですが、レジで他店のチラシを見せなきゃならないのは面倒です。ネットのチラシの情報を見せるだけなら良いのですが、スマートフォンの画面では確認しにくいでしょうからレジにPCを置いてもらえればモアベターでしょう。




2015nippon361

 JR九州のマンションの工事が最終段階でした。

前回この工事現場の前を通った時には一部に防護壁が残っていましたが、もうすっかり撤去されていました。梅雨明けの前後には内装工事が終わってまっさらな新居への引越しが始まるのでしょうが、暑いので業者の皆さんはたいへんなのでしょう。また目の前の中学校に転校する子もいると思いますが、工事を急いで3月に完成していれば良かったでしょうに。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/16(火) 23:57)

 和食には飽きているのに次の旅行の前に食べておいたものは…
2015nippon356

 3月16日に帰国してから3ヶ月が経ちました。

その間に次の渡航先は香港や中国などですから、中華料理は意識的に避けてきました。円安傾向に加えて旅行先の東南アジアのインフレもありますので、外食は割安感があるイタリアンや韓国料理くらいで、ネパールやドイツなどにも行くかもしれませんから、インド料理やロシア料理も口にしませんでした。

デザート類もカステラやどら焼きなど和風なものはとっくに飽きているのですが、上通アーケードのロッテリアの近くに小さなたい焼き屋ができていましたので久しぶりに試してみることにしました。熊本は数年前に郊外に100円のたい焼き屋が数軒オープンしてブームになりましたが、久しぶりに食べてみたくなったのです。ややスリムなたい焼きの味は普通でしたが、東南アジアのイオンなどで打ってるたい焼きよりは物価の違いを考慮すれば悪くないのかもしれませんね。




2015nippon357

 私は古い体質の日本のプロ野球が大嫌いです。

特にナベツネのような連中が自分たちの利益を追求するのを隠そうともしない傲慢さには辟易させられているのですが、その強欲さが自分たちの首を絞めて観客動員数や野球中継の視聴率が下がっているようですから嬉しくなります。私は財政が大赤字で地震や噴火などで被災する可能性が高まっている地震国ではスポーツは愛好家だけの負担で賄うべきと考えています。具体的にはスポーツ関連施設より学校などの耐震化を優先すべきというものですが、ナベツネ体質のおじさまたちは自分たちの価値観を押し付けようとしますので不快です。

熊本では藤崎宮球場の老朽化を理由にしてナベツネ体質の連中が暗躍しているみたいですが、年金も貰えそうにない日本の若い世代に余計な負担を残して死んでいくのは止めていただきたいものです。もちろん外苑の国立競技場の建て替えに較べれば必要な費用は少ないのですが、野球なんて衰退していくスポーツに貴重な税金は1円だって使うべきじゃないでしょう。やりたいナベツネ体質の皆さんが手弁当で「フィールド・オブ・ドリームス」のようにセルフビルドすれば良いでしょう。




2015nippon358

 これは今年の高校野球関連の地方CMです。

毎年この時期になると素人の女子高生の中から高校野球のイメージガールが選ばれて笑顔をふりまいているのですが、「純朴な坊主頭の高校球児を女子マネージャー風な純粋な女子高生が見守る…」といったような陳腐な構図が透けて見えるようで笑えてしまいます。日本の野球が好きな皆さんは脳の活動が昭和で止まっているんじゃないかという気がしますが。(笑)






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/15(月) 23:59)

 次の旅行の訪問国を検討していた時に見かけた嬉しいニュースは…


 次の旅行では久しぶりに渡欧するつもりでした。

今年の前半は原油価格が下がりそうな雰囲気でしたし、エアアジアのロンドン便が復活するという噂もありましたのでね。最初の香港から陸路でタイに移動してからネパールを経由してイスタンブールからヨーロッパへと入って、最後はロンドンからクアラルンプールに飛べば無駄が無くて楽だと考えていました。ところがネパールでわりと大きな余震がありましたし、円安が進んだので気持ちが萎えてしまいました。ヨーロッパまで往復ともLCCで刻んで行くのはキビシイですからね。

そんな旅行のルートで悩んでいた時にインドネシアでの入国時に35ドルも取られていたビザが免除されはじめたという情報をネットで見かけましたので、今年の2月のリベンジにペナンからメダンに飛んでみようかと考えはじめました。ジャカルタには初めてのイオンモールもオープンしましたしね。ミャンマーに陸路で入国できるようになったという話も聞きましたので、次回はミャンマーとインドネシアをメインにと考えたわけです。しかしまだインドネシア観光省の公式ウェブサイトにはビザ免除の情報が見当たりません。インドネシア国内のすべての空港でビザ免除に対応できるようになってから更新するつもりなのかもですが、なんとも理解しがたい話ですよね。






 これは日テレのバラエティ番組で見かけたものです。

「笑神様は突然に…」という番組の「チーム鉄道BIG4」が熊本にやってきてロケしていたのですが、それで熊本電鉄菊池線の道路に面して電車が走るのが珍しいことだというのを知りました。この場所は始発の藤崎宮前駅から700mほど北上した坪井4丁目あたりなのですが、わざわざくまモン電車に合わせてロケが行われていたようです。ゲストの佐々木希は特に鉄道ファンというわけじゃなく、新番組の宣伝のためにロケに参加したようでした。特に面白いことは言わずに愛想笑いだけでロケをこなしていましたが、美人は得ですよね。(笑)






 今日も雨が降ったので気温は低めでした。

しかし世間はすっかり夏モードで、真夏っぽいCMも見かけるようになりました。これは「ヒゴクニ」というスティックタイプの菓子の夏バージョンみたいですが、私は通常のタイプさえ口にしたことがありません。熊本駅や空港など観光客が多いエリアでは試食ができるのかもですが、まだ一度も出会ったことがありません。工場見学があるかもと製造元の「菓舗あそりんどう」のウェブサイトをチェックしてみたら、工場は国道から奥まった阿蘇ファームランドの中にあるみたいでしたので立ち寄ることは無いでしょう。国道57号線沿いにあったりすれば、ちょっと味見してみようかという気になるでしょうが。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/14(日) 22:54)

 頂き物の稲庭うどんを初めての方法で試してみた結果は…
2015nippon196

 今日は天気予報が外れて雨になりました。

そのために気温は低めでしたので、久しぶりに温かい麺を食べておくことに。香港に出てしまえばバンコクに着くまでは中華麺ばかりになってしまうでしょうから、今日は稲庭うどんの乾麺を茹でて食べることにしたのですが、数週間前に何かの番組で見かけた溶き卵に絡ませるという方法を試してみました。

茹でたてのうどんの熱で溶き卵が少し固まって絡みやすくなって美味しかったのですが、途中でうどんが冷めてきたこともあって半分くらいで単純な味に飽きてきました。それでうどんのお湯を捨ててからゴマしゃぶドレッシングと刻み海苔を加えて最後まで美味しくいただきました。残った溶き卵は捨てるのはもったいないので、保存しておいて雑炊などに使う予定です。ちょうど冷ご飯も余っていましたし…




2015nippon354

 世襲総理には逆風が吹き荒れているようです。

年金情報の流出問題や戦争法案に対して総理経験者や重鎮たちまでが異を唱えたりしていますし、今度は浅間山までヤバくなってきましたので。我々は地震国で暮らしているので自然災害と無縁でいることはできませんが、日本人は何度も被災しているので防災に国力を集中させるべきでしょう。

つまり国立競技場は森山高至氏が指摘されているようにザハ案なんて止めてしまい、学校の耐震化など優先順位が高いものに税金は使うべきでしょう。新しい政府専用機やオスプレイの購入も止めて、日本版のFEMAのような危機管理局を作ってフェリーを改良して緊急医療設備を備えた救助船みたいなものを主要港に常駐させたりしておくべきかと思います。

世襲総理は食事会やゴルフなどで懐柔した総理番の記者たちを引き連れて避難島民を慰問という名目で屋久島に出かけたらしいのですが、こうやって作業服を着て膝をついて握手して回るというのは白々しいですよね。この世襲総理は野党議員からのフクシマ原発の電源喪失の危険性の指摘を無視して利権に食いつき続けたので未だに仮設住宅暮らしを余儀なくさせられている人が多いのですが、世襲総理は豪華な政府専用機で海外を観光旅行三昧というわけですからヒドい話ですよね。




2015nippon355

 今朝の新聞の広告を見て腹が立ちました。

先日のブログでも売れ行きが悪い熊本市のプレミアム商品券は計画段階から問題があることを書きましたが、新聞広告と折り込み広告がダブっていたのを見て市長の家を見つけてピンポンダッシュしてやりたくなりました。数年前の給付金のときも受け取りに行かなきゃならないのが面倒でしたが、このプレミアム商品券はネットやはがきなどで申し込んでから引き換えに行かなきゃならないのでムチャ面倒なのです。

国の借金は増え続けていますのでアホなバラマキに使う金は無いはずなのですが、作業服を着て被災地で握手して回るのと同じように保守的な有権者向けのパフォーマンスなのでしょう。ふるさと納税やプレミアム商品券などを好きな連中は昨年末の選挙で与党に投票したのでしょうが、いつまでアホなことを続けるつもりなのかと文句を言ってやりたくなります。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/13(土) 23:48)

 雨上がりの梅雨の晴れ間に庭で見かけて眉をひそめたことは…
2015nippon351

 先日の大雨がウソのように晴れてくれました。

近所の散歩が日課の老猫は喜んで出かけて行きましたが、雨水を美味しそうにゴクゴクと飲んでいましたので眉をひそめてしまいました。毎朝キャットフードをあげる時には政令指定都市の中では最高水準と言われている熊本市の水道水を浄水器にかけたものを用意しているのですけどね。まあ日本の猫たちは戦中戦後の食糧難の時代でも自力でネズミを捕ったりしながら生き延びてきた逞しい存在なのでしょうが…




2015nippon352

 夕方の情報番組に熊本市長が出演していました。

早送りしちゃったので間違ってるかもですが、新市長はたまに生放送で市民に呼びかけることで親近感を醸成しようとしているのでしょう。今度の熊本市長は悪党っぽい目つきですので、それを市民と対話しながら市政を進めるという仮初めの態度でカバーしようとでも考えていらっしゃるんじゃないかと思います。ちなみにMICE施設推進派の熊本市長は高齢者に理解されにくくてイメージも良くないので、「熊本城ホール」という仮称を前面に押し出すことにしたようです。「戦争法案」を「国際平和支援法案」と言い換えるようなものでしょう。

市長が局アナやローカル局のお偉方たちに見送られて帰られた後に事前予約が低迷して余りそうな熊本市のプレミアム商品券について司会者が解説していたのですが、それはゲストに来てくれた市長に対するヨイショだったのでしょう。ちなみに私は貴重な税金を無駄遣いするバラマキだと確信していますので申し込む気は無いのですが、今日の複雑な申し込み方法の解説で予約が大幅に増えるとは思えません。ネット予約に馴染みがない高齢者たちのために数ヶ所の臨時の受付窓口が作られたらしいのですが、実にアホらしい話ですよね。




2015nippon353

 父の日を前にしてこんな広告がありました。

地元の老舗百貨店が先月から募集していた「父の日川柳」の優秀作の発表でしたが、全体的にかなり低レベルでした。サラリーマン川柳とは違って毒もヒネリも無い健全な作品ばかりでしたが、こんな企画って何の意味があるのか理解できません。

ちなみに老舗百貨店では恒例の北海道物産展をやっているのですが、楽に歩いて行ける距離なのに催事フロアまで上がる気になれません。最近は北海道関連は有楽町のアンテナショップ以外はご無沙汰ですが、エアアジアジャパンなどLCCの新規就航などあれば飛んで行きたいと考えています。デパートの物産展には出ないようなB級グルメを試してみたいですし。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/12(金) 23:57)

 大雨に降られて帰ってきた老猫を乾かしてから試したものは…
2015nippon349

 今日は台風のような大雨が降り続いていました。

そんな中をいつもの散歩に出かけた老猫は大雨に降られて帰ってきたのですが、タオルで乾かしてから先日のダイレックス室園店で購入しておいたノミとり粉を試してみました。以前はまったくノミなんていなかったのですが、少し前に引っかき傷がありましたので、近所のノラ猫と格闘した時にでもうつされたのかも。ダイソーで購入したノミ取りクシで20匹くらい駆除しましたが、頑張っても再びうつされるかもですので困ったものです。まあ最初の旅行先の香港でもMERS感染者が出たという話もありますので、ノミなんてかわいいものですが…




2015nippon348

 今日の雨は夕方には止んでくれました。

天草などでは6月としては観測最多の雨量を記録したそうで、30万以上の人たちが公民館などに避難されたそうです。土砂崩れの被害を受けたから揚げ屋の人たちはご無事だったみたいですが、昨年の広島の災害も記憶に新しいことですし、天気予報で最大の被害を想定して早めに安全な場所へ避難すべきでしょう。まだ台風シーズンはこれからなんですけどね。




2015nippon350

 意外な場所に意外な店がオープンするようです。

首都圏に45店舗ほどの立ち食いスタイルのステーキ店を展開している「いきなりステーキ」が福岡じゃなくて熊本に九州初出店ということでしたが、その場所が郊外の空港の中でしたので驚かされました。まあステーキのサイズは自由に選べるようですから、時間が無い旅行者には便利かもしれませんが。熊本県が打ち出している阿蘇の赤牛も選べるみたいですので、内外の観光客の皆さんにもアピールできそうですし。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/11(木) 22:33)

 次の旅行では使わないかもしれない紙幣を送ってもらった理由は…
2015nippon346

 今日は東京の友人から外国通貨が届きました。

友人が棚の整理をしていたら使い道が無さそうなインドネシアルピアと韓国ウォンが出てきたのでマレーシアのレトルト食品と共に送ってくれたのですが、私はこれらの通貨を次の旅行中に使うか微妙です。今年の春に原油安が進んだ時には渡欧するチャンスだと円高になってくれることを期待していたのですが、望まない方向に進んでしまいましたので。ロンドン~クアラルンプール便が復活するという噂にも淡い期待を抱いていたのですが、それも帰国までに実現しそうにありませんし。

それで渡欧しない場合は前回はビザが無料になってなかったので旅行することを断念したインドネシアを旅行してみようかと考えているのですが、その場合はありがたく使わせてもらおうと考えています。ちなみに帰りはクアラルンプールから関空に飛ぶ便を購入しちゃいましたので、韓国には立ち寄ることが無いと思います。しかし突然に北朝鮮の現体制が倒れたりすれば帰国便を捨ててソウルに飛ぶことがあるかもしれませんので、とりあえず外貨用の財布に入れておきます。




2015nippon345

 これは買い物に行った時に見かけた古い電車です。

熊本電鉄菊池線の北熊本駅の隣のダイレックスの室園店に行った時に駐車場から隣の線路に長い間停まっていそうな古い電車を見かけたのですが、なぜか中から音楽が聴こえてきました。どうやら電車内に電子ピアノなどを持ち込んで演奏会のようなものが開かれているようでしたが、わざわざ近くまで行ってチェックしてみる気にはなれませんでした。

ちなみに明後日の日本テレビの「笑神様は突然に…」という番組はこのあたりでロケが行われたんじゃないでしょうか。鉄道マニアの芸人たちと番宣目的の女優がくまモン電車に乗ってる番組の告知を何度も見かけたのですが、そんなくまモン辛味の映像を適当に流しておけば熊本である程度の視聴率は稼げるのでしょうから地方のテレビ局って楽な商売でしすよね。




2015nippon347

 ビール飲み放題という電車の広告がありました。

JRから見放された第3セクターの肥薩オレンジ鉄道が海を眺めながら食事することができる観光列車を運行していることは知られていると思いますが、JR九州も夏の観光シーズンだけお弁当とビールを楽しみながら八代や天草方面まで往復する「爽快ビール列車」という企画をはじめたみたいです。

列車で移動しながら飲み食いしたいという鉄道ファンはそれなりにいるでしょうし、八代などでは2時間ほど待ち時間があるみたいですから多少は駅前でお土産も売れるかもですので地元も歓迎するかもしれません。JR九州も本業である鉄道部門で収益を上げる努力をしてると評価できなくはないのですが、安全面はくれぐれも疎かにしないでいただきたいものです。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/10(水) 23:59)

 円安で外国人観光客数が増えそうな時代に出てきた計画案は…
2015nippon342

 今日も春秋航空のセールをチェックしました。

毎月7日が国内線の747円セールがあり、9日は999円セールが始まったのですが、知名度が上がってきたためか、あるいは観光シーズンで格安な座席の割り当てが少なかったためか発売直後にほとんど売り切れていたようです。私は今回は香港への出発便もマレーシアからの帰国便も購入済みですので999円セールは単なる冷やかしでしたが、今月から名古屋にも就航しますので来年にでも乗ってみたいと考えています。

個人的にはセブパシフィックの福岡への就航や、来年に延びたらしいエアアジアジャパンの那覇への就航やアメリカ西海岸への太平洋路線などを期待しているのですが、ついでに世襲総理が政界引退して円高になって燃油代もゼロになってくれたら最高です。まあ高望みはできませんが、せめてベトジェットなどいろんなLCCが福岡に就航してくれればと願っています。

今日は昨年からチャーター便で運行されていたチャイナエアラインの熊本~高雄便が秋から定期便になるかもという報道がありましたが、どうせ安くないでしょうから乗ることは無いでしょう。また航空会社は未定らしいのですが、熊本から香港への直行便の運行も模索されているみたいです。こちらの方は香港エクスプレスであれば利用する可能性がありますが…




2015nippon343

 これは先ほどの番組で見かけたものです。

世界各地に住んでいる日本人妻の生活を紹介するバラエティ番組で、今日はマレーシアに住まわれている方の話でした。暮らしやすいことで移住先としても人気だということで、資源国ゆえに日本の3分の1くらいで快適に生活できると言ってましたが、私もほぼ毎年のんびりするために旅行していますので、円安になっていても割安であることは認めます。

しかしモスリム人口が多い国ですからアルコール類は日本より高いですし、シンガポールやタイに較べると刺激が少なくていささか退屈であることは書いておきたいと思います。エアアジアのハブなので20回ほど行ったことがありますが、他に安いLCCができたら寄らなくなることもあり得ます。




2015nippon344

 こんなショッキングな新聞広告を見かけました。

季節はずれにキムチを作る3回連続の講座でしたが、その受講料が16800円でしたからね。それが韓国ウォンの誤植であれば納得できるのですが、いくら材料費込みだといっても1回5600円というのは高過ぎますよね。16800円もあればエアプサンのセールで福岡からプサンまで往復して現地で本格的なキムチ作りを勉強できるでしょうからね。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/09(火) 23:59)

 鹿児島県の霧島市で作られた黒豚のレトルト食品の味は…
2015nippon337

 これは日曜のランチに初めて試してみたものです。

知人からいただいた鹿児島県の霧島市のメーカーで作られた黒豚のレトルト食品でしたが、ランチタイムが春秋航空のセール開始時間と重なってしまいましたのでレトルトパックを玉子と茹でて黒豚丼にしてみました。希望の日の航空券を購入できなかったのでガッカリしてやる気が無くなったのですが、ご飯に茹でたものを乗せるだけでしたので簡単でした。

レトルトの黒豚は1000円前後で売られているのに、肉の量はそれほど多くなくて味噌味の煮汁はたくさんありました。それをすべて丼に入れてしまうとつゆダクになり過ぎてしまいますので、残しておいて夕食に豆腐とシメジなどを入れて煮て無駄なくいただきました。黒豚のとんこつ味噌煮は普通に美味しかったのですが、類似の魯肉飯は台湾で安く食べることができますので日本で購入する気にはなれません。




2015nippon338

 最近はスポーツ関連のニュースが増えています。

ワールドカップの南ア開催はFIFA幹部に賄賂を払って勝ち取ったとか、国立競技場のザハ案をさらに醜くする建設費が2500億も以上もかかるとか腐りきった連中が暗躍していそうな話が多いので辟易とさせられているのですが、国際的なスポーツとは無縁だと思っていた熊本でもスポーツバカの保守層の支持を得るための取り組みが始まるようです。

2019年に予定されている女子ハンドボールの大会とラグビーのワールドカップ、そして2020年のオリンピックのキャンプ地の誘致などに取り組むための熊本県の計画らしいのですが、熊本県には明るい材料が少ないですから、もっと優先順位が高いことに予算と人材を集中すべきでしょうに。




2015nippon339

 熊本県庁は世界遺産の話に浮かれているようです。

実現すれば熊本県内で初めての世界遺産登録となり、荒尾市周辺への観光客数だって増えるでしょうから理解できないわけじゃありません。しかし戦争中に大勢の韓国人を強制労働させていたのに日本政府が事前の根回しを怠ったので韓国政府は不快感を表明し、それに対して「時代が違うから…」などと主張したりしたので、余計に話がこじれてしまいました。

この価値観が違う隣国の間をうまくとりまとめる人材はいないみたいですし、日本政府はわざと対立を煽るように仕掛けているようにも思えます。つまり韓国や中国の反対により世界遺産に登録されなければ国民の不満を韓国や中国政府を悪者にすることにより外へ向けることができますのでね。円安や船舶事故やMERS騒ぎで韓国経済が弱体化していることも日本政府は利用しようとしているみたいですが、私は隣国の不幸につけこむようなやり口は性根が腐っていると思います。




2015nippon340

 韓国製品の質はかなり上がってきてるようです。

ロサンゼルスで開催された災害ロボットコンテストで韓国のチームが優勝して、約2億5000万円の賞金を手にしたという話でした。もし日本のチームが優勝していたら「スゴいぞ!ニッポンの技術力!」とか大きく報道されたのでしょうが、ほんの数秒のニュースでしたので詳しい内容は不明です。

SONYのアイボや本田のアシモなどで日本はロボット産業ではトップランナーだったはずですが、オリンピックやカジノなどに浮かれている間にどんどん追いつかれているようです。災害用ロボットは人間には不向きな過酷な原発などの現場で活躍してくれることを期待されているのでしょう。フクシマの現場では韓国製ロボットばかりが活躍するようになったりして…




2015nippon341

 6月14日にオーディションが行われるようです。

昨年の7月に福岡の放送局の深夜枠の素人オーディション番組で選ばれた男性10人組のユニットがあるらしいのですが、なぜか熊本や鹿児島などでもオーディションを行うことになったらしいのです。このCMでは「集え!熊本のイケメン達」という恥ずかしいコピーがありましたが、どうも韓国のアイドルグループのバッタもんみたいな感じがしますが…(笑)






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/08(月) 23:59)

 中国を旅行するまで口にできないだろうとあきらめていた果物は…
2015nippon334

 知人から立派なビワをいただきました。

先月末から近所のスーパーにも並ぶようになりましたが、小ぶりのパックでも300円ほどしますので手が出ません。円安であっても中国なら日本より安いはずなので、次の旅行までガマンするしかないかなと考えていました。中国なら大嫌いな日本の世襲議員だらけの内閣に消費税を払う必要もありませんし。ところがどこかのお屋敷の庭に生っていた立派なビワをいただきましたので助かりました。中国は円安の上に物価も上がっていますので見かけても買えないかもしれませんし。




2015nippon336

 これは在りし日の初代国立競技場の画像です。

早い時期から利権が渦巻く国立競技場の建て替え計画に対して異議を唱え続けてこられた森山高至氏のブログで見かけたものですが、難がある過ぎるザハ案に代わる妙案を提示されていたのです。それはかつての初代国立競技場を現代に蘇がえさせるという現実的な計画でしたが、興味がある方は今日の森山高至氏のブログをチェックしてみてください。

私は「オリンピックなんて止めてしまえ!」という意見ですが、それを支持する人は少数派でしょう。醜いザハ案をカッコいいと言うようなアホな芸能人が多いので、時間と金の問題が無ければ醜さが倍増した修正案だとしても建設してほしいと考える人が多数派なのでしょう。しかしもう時間も金も無いわけですから、初代国立競技場を現代に蘇がえさせる案が妥当でしょう。建設費の総額が安くなるとリベートが減るでしょうから利権に群がってる連中は大反対でしょうが。(笑)




2015nippon335

 8月のイベントのCMがもう始まっていました。

4月24日にオープンしたばかりの大分県立美術館で開催される「進撃の巨人展」でしたが、当日チケットは2000円ということですから驚かされました。今年は映画の公開もありますのでファンの皆さんはたいへんでしょう。私は深夜に放送されていたアニメ版は録画して早送りして見ていたのですが、主人公が巨大化したあたりであきれて見なくなりました。映画版は数年後にテレビでチェックしてみるつもりですが。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/07(日) 22:29)

 初めて行ってみた世安町のスーパーの隣にあったものは…
2015nippon332

 今日は初めてのスーパーに買い物に出かけました。

熊本駅に近い世安町でひっそり営業していたロッキーというスーパーの本山店でしたが、普段は通らない道路なので最近まで存在に気がつきませんでした。夕方の情報番組でここから生中継していたので存在を知ったのですが、チェーン店ですから水前寺店とさほど変わりませんでした。本山店の目の前には熊本の納豆メーカーの配送センターがありましたが、本山店への納品は台車で済みそうですからムチャ楽なのでしょう。




2015nippon333

 これはテレビ東京の番組で見かけたものです。

類似番組もあるので最近は録画しても早送りして5分ほどで見てしまうようになった発展途上国の僻地で暮らす日本人に芸能人が会いに行く番組でしたが、今回は大地震の前にネパールに住む日本人を取材したものでしたので興味深くチェックしました。いつもの悪路を満員バスで移動したりするシーンは退屈でしたが、山間部でコーヒー豆の栽培に熱心に取り組まれている部分は「なるほどインドからの輸入物ばかりのネパールの輸出品として有望かも…」と感心させられました。

テレビ東京が取材を終えた後に大地震が発生したのですが、その日本人が暮らす村の被害はカトマンズなどに較べると深刻ではなかったようでした。数年間は観光客数が戻るまでたいへんでしょうし、コーヒー豆の物流などにも悪影響があるかもしれません。もうネパール産の生豆は日本にも輸出されているみたいですので、次に豆が切れた時にネパール産を選ぶことも被災地支援につながるでしょう。私は円安なので次の旅行中に再訪すべきか悩んでいるのですが、大自然に興味がある方にはそろそろ観光旅行も大丈夫そうですからオススメします。

番組の最後に東京から国際電話をかけて地震発生後の状況を訊いてから、こんな見飽きた義捐金の振込先が出てきたのですが、このやり方は倫理的にいかがなものかと思います。私は義捐金がいちばん現地に生きる方法で送るべきだと思うのですが、この編集だと義捐金がすべて日本人がコーヒー農園を頑張って作っている地域に届くと誤解しちゃう視聴者がいるでしょうし、テレビ東京の番組スタッフはせっかく現地取材をしておきながら安直に無難な団体を振込先に選んでいましたのでね。






 明日までイケアでこんなのが食べれます。 

おそらく日本一のイケアの朝食マニアである私としては試してみたい割安感がある企画ですが、いちばん近い福岡店までだって100キロほど離れていますので諦めざるを得ません。開催時期がもう少しズレていたら福岡空港から香港エクスプレスに乗る前にちょうど良かったのですが。まあ好評みたいですから、また行われることもあるでしょう。しかしこの企画はイケアのインド進出のプレイベントなのでしょうか…?





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/06(土) 23:59)

 もはや手遅れと思える日本の少子高齢化問題に対する提言は…
2015nippon329

 今朝の新聞のフロントページはこんな感じでした。

昨晩のニュースで創生会議が「東京圏の高齢者に対して41地域への地方移住を提言…」と短く報じられ、それには熊本も含まれていましたので大きく扱われるだろうと予測していました。今後の10年で75歳以上の後期高齢者が175万人増えることが予想され、何も対策を講じなければ医療や介護に対応できなくなると危惧されていて、その解決策としてマシな地方都市への移住や外国人介護士の受け入れ、大規模団地の再生、空き家の活用などを検討すべきとの提案がありました。

国が東京都にオリンピックのためのスタジアムの建設費の負担を当然のように求めるのと同じように東京圏の高齢者のケアがパンクしそうだから41地域への移住を薦めるというのは発想が安直過ぎて違和感があります。もちろん東京で生まれ育った後期高齢者の皆さんに地方に移住した方が豊かな老後を過ごせなすよと勧めても見知らぬ土地で余生を過ごすことを選ぶ人は多くはないでしょう。ある程度の個人資産を持っている人でなければ歓迎されないことは理解されているはずですし。

これから深刻になる高齢化社会の原因は専門家から少子化の弊害が指摘されていたのに形だけの担当大臣を任命したくらいで真剣に取り組んでこなかった歴代の内閣の不作為によるものですが、そんなアホで無責任な政治家たちを選んできた老人たちが困るのは自業自得だとも思えます。居住地を選択する自由は保障されているわけですし、移住に必要な個人試算を持つ老人が41地域に限らず好きな地方に引っ越してもらえば良く、東京都は介護ロボットなどの導入を大胆に加速させて高齢者のケアがパンクしないように備えておくべきでしょう。個人的にはオリンピックなんて辞退して、防災機能の強化やバリアフリー対策などに予算をかけるべきだと思いますが、石原の次に猪瀬、そして枡添を選んできた高齢者たちですからねぇ…




2015nippon330

 戦争法案に対する批判が増えてきたようです。

衆議院の憲法審査会で参考人として呼ばれた3人の研究者が自民党側も含めて戦争法案が違憲と批判しちゃったので与党が火消しに大慌てだそうですが、「最後は数の力で押し切ればいいか…」との慢心が事前の根回しを怠った原因なのでしょう。今回の3人だけでなく憲法を研究しているほぼすべての学者が戦争法案は違憲と判断しているみたいですし、最初からゴリ押ししようとするのは無理があると思えますけどね。

先ほど多額の税金を使ってウクライナなどに観光旅行に出かける世襲総理が離陸前に来年のサミットの会場は伊勢市の志摩観光ホテルに決めたと発表していましたが、アベノミクスの失敗が明確になって内閣が倒れたら次の総理から「自分の趣味で辺鄙な場所の会場を選びやがって!」と迷惑がられるかもですね。世襲総理は多額の税金を使って為替や経済を混乱させただけでも重罪ですが、中東の人質たちを見殺しにしたり今後は戦争法案を推し進めて自衛隊員を戦死させたりPTSDで自殺に追い込んだりしそうですので許せないと思います。このCGでは床板が開いて落ちる動画になっていましたが、できれば首にロープを描き加えておいてもらいたいものでした。(笑)




2015nippon331

 梅雨ですから今日も夕方まで雨が降っていました。

桜町の県民百貨店や交通センターがMICE施設の工事のために取り壊されるので、その手前の辛島公園の地下駐車場は経営が悪化するかもしれません。もちろん下通アーケードなどに買い物に行く人たちは引き続き利用されるのでしょうが、桜町方面の利用者が減ることは痛手でしょう。それで地下なので雨に濡れないことをアピールするCMを放送していましたが、傘を貸してくれるくらいじゃインパクトに欠けると思いますが。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/05(金) 23:53)

 梅雨の晴れ間に洗濯した後に冷やしおろしうどんにかけてみたものは…
2015nippon326

 今日は梅雨の晴れ間で抜群の洗濯日和でした。

1日の釜揚げうどんが半額の日に丸亀製麺所に行かなかったのでうどんを食べることにしたのですが、先月末は焼きうどんでしたので今日は冷やしおろしうどんにしてみることに。いつもは麺つゆをかけて食べているのですが、近所のスーパーで安売りしていたので衝動買いした山口のシマヤという食品会社の「まろやか 三柑橘ぽんず」という製品を試してみました。

シマヤのウェブサイトには「ゆず、オレンジ、温州みかんの三種の柑橘果汁をバランスよく配合して、かつおとこんぶのだしを加えた、まろやかで深い味わいのぽんずに仕上げました…」とありましたが、普通のポン酢とは風味が違うなと感じたのは一口目だけでした。半分ほど食べたら物足りなくなってショウガと胡麻ドレッシングを足してしまいました。




2015nippon327

 くまモンが出先から生中継する番組があります。

毎週あちこちのイベント会場などからくまモンは無言でアピールしているのですが、今日は6月1日に今年の営業が始まった「甲佐町やな場」からの中継でした。「やな場」は肥後藩主だった細川忠利が水田用水を調節するために造った堰の近くを泳ぐ鮎を獲るために造られたものらしいのですが、今日は先日の大雨のためか水が濁っていました。今日は同行した局アナが「やな場」の歴史を紙芝居方式で解説していたのですが、くまモンにはちょんまげのズラと刀が用意されていました。しかし熊のちょんまげ姿なんてシュールですよね。




2015nippon328

 業務用の太陽光発電の新聞広告がありました。

地震国の日本では原子力を減らして自然エネルギーの比率を増やすことは基本的に賛成なのですが、太陽光パネルで発電したものの買い取り制度や金額には大いに疑問があります。最近はあちこちをドライブ中にメガソーラーを見かけるのですが、私はソーラーパネルは基本的に新築ビルの壁面や屋上などに義務付けるべきだと思います。郊外は農地にしてジャトロファやイモ類を栽培してバイオ発電に利用したりすべきでは。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/04(木) 23:54)

 雨上がりの午後にヤボ用で出かけた味噌天神で見かけたものは…
2015nippon323

 今日の大雨で八代では土砂崩れが発生したようです。

夕方のニュースでその悲惨な映像を見た時には太陽が出ていて、路面もほとんど乾いていました。帰宅ラッシュ時間にヤボ用で味噌天神の電停の近くに出かけたのですが、そこで信号待ちをしていた時に昨年から空き店舗だったところが唐揚げ屋に変わっているのを発見しました。以前のプリン屋よりマシかもですが、唐揚げはライバルが多過ぎるので唐揚げブームが終わった後に生き残ることができるのはわずかでしょう。

あまり設備が要らずに小さな店舗で始めることができるので新規参入が相次いでいるみたいですが、それが同業者を苦しめることになるのでしょう。そして体力が尽きた店から消え去るのでしょうが、そういったことは何度か見てきたような気がします。差別化できる味付けなど工夫すれば良いのではと思いますが、保守的な土地柄ですから無理なのでしょう。




2015nippon324

 これは昨晩のバラエティ番組で見かけたものです。

どこかの球団の選手と離婚して熊本に引越したというスザンヌがゲストで、「熊本はオシャレな街」という説を懸命に説明しようとしていました。私は日本国内のすべての都道府県には行ったことがありますが、特に熊本のファッション業界が他に較べて盛んだと感じたことはありませんでしたので、ローカルな情報番組などで似たようなことを主張する局アナを見かける度に変な思い込みだなと疑問に感じていました。

スザンヌは熊本がオシャレだという根拠としてビームスの最初の地方出店が熊本だったことを挙げていて、それは本当だったようですが、そのイメージが一人歩きしちゃったのでしょう。パルコの出店も福岡よりも早かったのも間違った認識を広げてしまったんじゃないでしょうか。しかし人口が少なくて九州新幹線の開業により博多まで30分で行くことができる時代になったことや、ネット通販が伸びてきたことなどもあって熊本のセレクトショップなどは苦しくなっていると思います。




2015nippon325

 こんなプレミアム付き商品券のCMが始まりました。

地域活性化のためという名目で貴重な税金から予算が組まれて1万円の商品券で12000円分の買い物ができるというもので、ふるさと納税に飛びついたようなタイプの人たちは既にネットでの予約申込みを終えているのでしょう。旅行のために節約を心がけている私は安く買い物できるのは嬉しいのですが、手続きが面倒ですしバラマキ行政には反対ですので止めておきます。戦争法案や原発再稼動、辺野古基地移転などに熱心な世襲総理の内閣にはできるだけ納税したくないですからね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/03(水) 23:56)

 九州が梅雨入りしたとの発表直前に初めて試してみた飲食店は…
2015nippon320

 ついに九州が梅雨入りしたという発表がありました。

昼過ぎまで晴れていたのですが、雨が降る前に以前から試してみたかったイタリアンレストランに行ってみました。1年ほど前にオープンした店で存在は知っていたのですが、ランチが1000円でしたので足が向きませんでした。しかし最近では和食にすっかり飽きていますし、円安なので海外のサイゼリヤの支店だって割安感が無いだろうと予想できましたのでね。

今日の店は10種類ほどのパスタから選んで、前菜とパンとコーヒーが付いていて悪くはありませんでした。店のインテリアやスタッフの対応も良く、生ハムと季節の野菜の前菜も美味しかったので「これは当たりだったかな…」と喜んでいました。しかしパスタソースの濃厚さが物足りないものでしたし、なぜか数個の豆だけ火が通っていませんでしたので残念でした。ほとんど生といった感じの豆が数個だけ紛れこんでいたのですが、ほとんど食べ終えていた時に異常に気がついたので苦情を言えませんでした。何か見返りを要求するクレーマーとは思われたくなかったですからね。




2015nippon321

 レストランの近くに隠れ家的な店がありました。

車道から奥まった部分に飾り気が無い入口があるバーみたいでしたが、春先から秋の終わりくらいまでの夜は外で飲るのも悪くないのでしょう。この周辺はかつては民家しか無かったエリアだと思いますが、セルフリノベーションのブームがかなり広まっているようです。まあ場末ですから家賃は安いと思えますので、固定客がいるのなら経営は安泰なのでしょう。




2015nippon322

 梅雨入り前に熊本でもこんなCMが始まりました。

熊本からツアーの高速バスで行くファミリーも多い長崎県のアミューズメントパークの新しい施設を紹介するものでしたが、今度は「健康と美の王国」という大げさな名前の食やメディカルの面からヘルスケアを追求する内容みたいです。5月24日からテストオープン中の「健康レストランオーラ」の地元産の野菜などを使ったランチブッフェは大人が1680円ということですが、なかなか着眼点が良いですね。

夏には温泉施設やロボットホテルもオープンするらしいのですが、長崎で成功したものは蒲郡にも同じものを作ることができるので開発費を分散して利益率を高めることが期待できるのでしょう。その日本的なソフトは中国や東南アジアなどでも使うことができるのでしょう。ちなみに雨の日はポンチョをくれるみたいですし、雨の日バージョンの映像ショーなども用意されているようです。さすがに芸が細かいですよね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/02(火) 21:55)

 1日に丸亀製麺の前を通ったのに半額のうどんを食べなかった理由は…
2015nippon317

 今日はヤボ用でグランメッセ方面に行きました。

毎月1日は丸亀製麺で釜揚げうどんが半額になりますので、帰りに佐土原店に寄って食べようかなと考えていました。しかし早めに用事が済んだのでランチには少し早い感じでした。また今日も晴れて暑くなりましたので、クーラーが効いていても熱々の釜揚げうどんには惹かれませんでした。また和食にはとっくに飽きていますし、釜揚げうどんは帰国後でも良いかなと考えました。最近は丸亀製麺はいろんな国に支店を出していますので、旅行中に口にする機会もありそうですしね。




2015nippon318

 これはTBSの番組で見かけたランキングです。

全国の赤ちゃんの出産数のランキングで日本一となったのが人口が多いとはいえない熊本市の福田病院だったのですが、その1位が発表された途端にゲストの元マラソン選手で熊本県議にトップ当選した騒がしいおばさまが「私が出産した病院!」と大声でアピールしていました。このランキングの前には熊本に本社がある味千ラーメンが海外店舗数で日本一ということを話題にしていたのですが、その時にはおばさまは静かでした。

それで産婦人科のランキングの話になった時に熊本の視聴者のほとんどは「福田病院で出産したのでキャスティングされたんだろうな…」と感づいたことでしょう。白々しくランキング1位に驚いた感じにリアクションしていましたが、オファーを受けた時点でADから説明があったはずなんですけどね。スザンヌあたりも福田病院で出産したのかもしれませんが、離婚しちゃったのでキャスティングされなかったのかも…




2015nippon319

 早いもので今日から6月になってしまいました。

熊本県では3年前の7月に阿蘇市で土石流の被害がありましたし、熊本市内でも白川流域で床上浸水の被害も発生したりしました。昨年の広島の災害の記憶も新しいことですし、災害が起きてから行政の対応の遅れを指摘されないために大雨による被害が発生しそうな場合はハザードマップなどを活用して早めに避難して死者だけは出さないようにしたいのでしょう。

最近の温暖化による異常気象は深刻度を増していて、これまでの経験による予測を超える被害が発生することもありえそうです。しかし噴火や地震などと違って豪雨災害はある程度は予想できますので、死者さえ出さなければ行政は何とか最低限の生活ができるようにバックアップできるでしょう。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/01(月) 23:18)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア