新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 広州行きの夜行列車のチケットを購入する前に見かけたものは…


 今朝の武漢は晴れてくれて暑くなりそうでした。

日本人旅行者はヴィザ無しだと15日間の滞在ができるのですが、そろそろマカオに逃げ出す用意をしておかないとヤバいのです。たしか不法滞在のペナルティーは500元もするような話でしたので。それで広州行きの夜行列車のチケットを買いに行ったのですが、その途中の歩道橋で花の植え替え作業を見かけました。歩行者の邪魔にならないようにすべきですが、それ以前に歩道橋を撤去してしまうべきでしょう。中国でも高齢化はすぐそこまで迫っているわけですし。









(都合により続きは後ほどアップします)








































































































お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/30(木) 23:59)

 列車内容選択を間違えて悩んだ末に辿り着いた中国の街は…


 久しぶりに列車の選択ミスをやらかしました。

以前は念入りに下調べしておいて駅の窓口に行き先や時間などを書いたメモを渡していたのですが、最近は現地人と同じように口頭で済ませていたのです。それは駅員が私の中国語以上に片言の英語を理解するようになったことにも助けられているのですが、どこの駅にもコンピュータの画面があるので、それで確認できるというのが楽できる理由でした。

ところが今日の南昌駅の窓口にはコンピュータのディスプレイが無かったので、紙に出発時間などを書いてもらう必要がありました。それで時間がかかったので列の後ろの客がザワついてきたので妥協して購入したら遠回りするルートでしたので大失敗でした。それで長沙で途中下車することも考えたのですが、悩んだ末に当初の目的地である武漢に到着しました。






 

(都合により続きは後ほどアップします)























































































お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/29(水) 23:59)

 夜行列車で久しぶりに早朝の南昌駅に到着して驚かされたことは…


 夜行列車は定刻通りに南昌駅に到着しました。

人口が多い中国では地方都市の駅でもホームがたくさんあって無駄に歩かされることが多いのですが、今日は西側に近いプラットホームに到着したので楽できるかとほっとしました。しかし出口は今晩の宿とは真逆の東側にしかなくてウンザリさせられました。東側には長距離バスのターミナルがありますが、乗り換え客以外には何のメリットも無いはずですが、2016年でも中国に利用客の利便性を期待してはいけないようでした。




(画像のアップが不調なので続きは後ほど…)







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/27(月) 23:59)

 夜行列車に乗る前に路線バスを乗り継いで出かけた先は…


 今日は夕方から夜行列車に乗ることにしました。

それで2軒目のアップルストアなどがある湖の周辺だけにしておこうかと思いましたが、モールマニアの血が騒いでしまいまして郊外のイオンモールまでチェックしに行くことにしました。これまで行っていることがない郊外にありましたのでバスを乗り継いで行くしかありませんでした。






 乗り換えの時までランチを食べておきました。

(都合により続きは後ほどアップします)









































































お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/26(日) 23:59)

 雨が降り続く杭州でもイケアの朝食を食べに行った理由は…


今朝は地下鉄1号線に乗ってイケアに行きました。

先日の寧波店に続いて二日連続でしたが、もちろん杭州店でも朝食を試すためでした。イケアの朝食マニアとして新しい店がオープンしたら試さずにおれないのですが、今日は土曜日でしたのでコーヒーは無料では無かったのが残念でした。それでもこれだけの料理で6元、コーヒーは飲み放題で5元と格安でしたが。

今日も朝からたっぷり食べて満腹でしたが、やはり食後のデザートに1階のカフェテリアで1元のソフトクリームを食べてしまいました。もう普通の人の一生分のイケアのソフトクリームを食べていて飽きているのですが、ついつい安さに負けちゃいまして…(笑)






 ついにイケアでも充電できるようになりました。

(都合により続きは後ほどアップします)





























































































お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/25(土) 22:59)

 ネット規制の厳しい中国からブログの投稿だけはできそうなので…
 今日は上海の南の寧波をに滞在しています。

ブログのアプリをいじっていたら、なぜか投稿だけはできそうなのでテスト送信してみます。しかし上手くアップできたか確認はできないのですが。これを読まれた方は右側のメールボックスなどで教えてくださいませ~。




未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/23(木) 15:17)

 老猫と思いっきりスキンシップして出かけた先は…


これから上海ですので更新は2週間後に…





































こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/20(月) 11:15)

 梅雨の日本から脱出するので冷蔵庫を整理するために選んでみた料理は…


 今日は久しぶりにテレビに災害情報が表示されました。

半月前にしつこく続いていた地震情報のバナーが消えてくれたのですが、今日は熊本各地の大雨注意の情報が流されていました。今回はある事情があって日本脱出が遅れたのですが、ウザい高校野球やオリンピックの時期は避けることができるので問題ありません。

しばらくアジアの周遊旅行に出かけますので冷蔵庫の整理をすることにしたのですが、やはりお好み焼きがいちばんですよね。余っている野菜をいろいろ入れて焼いてみたのですが、これで帰国するまで粉ものはガマンできます。旅行中でも作ろうと思えば工夫できるのですが、お好みソースが割高なので作る気になれないのです。






 昨晩の21時前に熊本で震度4の地震がありました。

(都合により続きは後ほどアップします)




















































料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/19(日) 23:59)

 日本を脱出する前に熊本の街の様子をチェックしてみた結果は…


 日本を脱出する出発日が迫ってきました。

その前に熊本の街の様子をチェックしてみることにしたのですが、もうほとんどの店が4,14の前のように普通に営業していました。あちこちに「がんばろう!熊本」と表示してあるのは不快ですが、こういったイラストなら同調圧力を感じないのでましです。ちなみにこれはどうも原画っぽい感じでしたが、マニアにガラスを割られて盗まれなければ良いのですが…






 熊本では地元愛の押し売り的なものを見かけます。

困った時に地域の皆さんがお互いのことを思いやって助け合うことに反対はしませんが、今回の地震は活断層に近かった益城や南阿蘇などに較べて被害が少なかった熊本市で必要以上に連帯を呼びかけられると気持ちが萎えてしまいます。他の被災地に行ったことがない人たちにとっては初めての経験で、テンションが高くなりがちなのは理解できます。それで「私たちは頑張ります!」だったら構わないのですが、「みんなでがんばりましょう!」はハッキリ言って迷惑です。それぞれに自分のペースがあるわけですから。






 この銅像は2度の地震に耐えて無事だったようです。

東区の横井小楠記念館は崩壊していましたが、石と金属で作られたものは丈夫ですよね。この左手の石垣は崩落していて、3度目のM7クラスの大地震が発生しちゃうと無事でいられるという保障はありませんが。ちなみにこの左手には崩落した石垣に押しつぶされた熊本大神宮があるのですが、そこは観光客の撮影スポットになっていました。そんな皆さんは横井小楠たちに背を向けて撮影して立ち去っていましたが、知名度が低いので仕方が無いのでしょう。






 熊本大神宮はほんの少しだけ変化していました。

まだ余震が続いていますので、廃墟からは手前の部分に置いてあった貴重品くらいしか取り出していないと想像できます。私は4月16日の昼頃にガラガラに空いた道路を走ってここの様子をチェックしたのですが、鳥居の下に賽銭箱が置いてあったくらいでその頃とほとんど違いはありません。この小さな賽銭箱は夜間は奥にしまうのかもですが、ちょっと心配ですよね。






 熊本市役所の古京町別館は耐えていました。

かつて日本陸軍輜重兵第六連隊施設や家庭裁判所庁舎などとして使われてきた歴史ある建物なのですが、耐震化工事が施されていなかったためか内部はダメージを受けていて解体される危機を迎えているようです。もちろん現代の最新技術を施せば次世代のために活用されることもできるのでしょうが、熊本城や石垣の補修工事に多額の費用がかかるということですので予算を確保するのは難しいでしょう。取り壊すくらいなら厳しい条件付きで民間に払い下げることを検討すべきだと思いますが。






 桜の馬場に熊本城復興祈願のハガキが置いてありました。

版画ではなくて切り絵だと思いますが、熊本城の上空にツバメが飛んでいる和んだ雰囲気のデザインでした。裏面にあった「熊本城は心の支え 心の支えを支えよう!」というコピーは単語の重複が多過ぎて良くないと思いますが、「がんばろう」といった同調圧力を感じるものじゃなかったのでマシでした。

これは観光案内所に置いてあったのですが、この場で書いてくれたハガキをくまモンのポストに入れると無料で届けることができるくらいの配慮があっても良かったのでは。SNSでつぶやいてもらうよりも熊本の観光をアピールできると思いますが。




20160618224048057.jpg

 初めて熊本市役所の14階に行ってみました。

市役所の1階は何度か通り抜けてみたのですが、地震直後の混乱状態の痕跡は割れた窓にブルーシートがした貼ってあるくらいしか残っていませんでした。以前は罹災証明書の発行待ちの長い列ができていたりしていましたが、14階のホールに各種の相談窓口ができていて分散されて混雑はかなり解消していました。




20160618224232111.jpg

 市役所から下通アーケード側を撮影しておきました。

14階からは熊本城も良く見えるので撮影している人が多かったのですが、私はもっと近い城見櫓から撮影済みでしたのでスルーしました。熊本城の反対側はフォトジェニックじゃないので誰も興味を持っていませんでしたが、工事現場マニアの私としては日本脱出する前に再開発ビルの鉄骨を確認しておきたかったのです。




20160618224351297.jpg

 またしてもみやはらの250円弁当を購入しました。

4,14以降は3度目なのですが、コンビニなら500円くらいしそうなクオリティのものが半額ですから割安感はありますよね。250円は中国なら16元くらいですが、上海なら吉野家やサブウェイでいちばん安いものを買うことができる程度でしょう。大きめのシャケに竹輪の天ぷらが2つ付いていましたが、満腹になり満足できました。




20160618224525080.jpg

 これは熊本で唯一のアダルト映画を上映する施設です。

4,14以降は熊本県内のすべての映画館が閉鎖されたのですが、最初に復活したのは活断層から遠い天草の劇場でした。2番目はこのアダルト劇場でしたが、私はどこにあるのか知りませんでした。みやはらからワシントンホテル側に走っていたら看板を発見できたのですが、普通の雑居ビルの中にあるようでした。客席がどれくらいあるかわかりませんが、映画会社の試写室より狭そうですね。




20160618224720992.jpg

 危険だった建物の撤去がかなり進んでいました。

4月29日にブログにアップしましたが、この白川に面した場所には歯科医院があったのですが、1階の駐車場部分の柱が折れて大きく傾いていたのです。見た目が悪過ぎましたし、歯科医院は熊本でも飽和状態ですので税金で解体される特権を利用されることにされたのでしょう。容積率いっぱいのテナントビルに建て替えて、桜並木を眺めることができることをアピールされるのでは。




20160618224825748.jpg

 大甲橋の脇の学習塾のビルも解体されていました。

大きな余震があればビルの壁が崩落する恐れがあったようで、川沿いの抜け道を2ヶ月以上も通行止めになっていて不便でした。もう解体作業は最終段階でしたので週明けには通行できるようになるのでしょうが、もうすぐ日本脱出する私はその恩恵を享受することはできません。もう1ヶ月くらい早かったらと悔しいのですが、解体業者は忙しいので仕方が無いのでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/18(土) 23:59)

 ヤボ用があったので午前中に出かけた東区役所で考えたことは…


 ヤボ用があったので東区役所に出かけました。

平日の午前中でしたが、かなり多くの相談者が順番待ちをしていました。もうクーラーは効いていましたが、次の旅行用にくまモンの団扇を貰っておきました。軽くて薄いので邪魔になりませんし、台湾あたりでくまモンファンがいたらあげちゃうこともできますし。

待ち時間に無料Wi-Fiがあったのでアクセスしてみたら、なぜか中国語が現れました。中国のページを開いたことがあったからなのかもしれませんが、まさかタブレットが中国製だからというわけでは無いでしょう。デフォルトで日本語の設定になっていたので不思議でしたが、どなたか理由をご存知であればコメント欄で教えてくださいませ。






 明日は大物歌手のコンサートが行われるようです。

今日と明日は梅雨の晴れ間で雨は降りそうにないので、多くの観客が会場の二の丸公園に集まるのかもしれません。私は生八橋は何度も口にしたことがありますが、生八代は未体験です。

おそらく4,14以降では初めての里帰りコンサートでしょうし、入場無料ですから出かけてみたい気持ちはあります。しかし桜の馬場から二の丸公園への無料シャトルバスが無くなりましたので止めておきます。会場の二の丸公園は混みそうですし。






 東区役所の駐車場で何かの工事が始まっていました。

東区役所は新築ですので2度の大地震にも耐えてくれたようですし、人口が急に増えたわけじゃないので業務用のスペースが足りなくなったということでは無いでしょう。行き場が無くなった障害者用の仮設の施設でも作っているのかなと考えたのですが、参院選用の臨時の投票所という話でした。伊勢志摩サミットのプレスセンターと同じように役目を終えたら壊すのでしょうが、税金の無駄遣いですよね。






 ランチはテレビで見かけた店を試してみつことに。

立花1丁目のサニー桜木店の対面にできていた魚屋が経営してる飲食店でしたが、新鮮な食材で作られた料理が割安だという話でした。まあまあの海鮮丼が1000円以下でしたので悪くは無かったのですが、週末に鯵をたくさん食べていましたので本日のランチからカレイのから揚げを選びました。値段は税込みだと800円を超えてしまいましたので、それほど安いとは感じませんでした。最初にサービスのアサリの小皿が運ばれてきたのですが、それを省いて税込みで700円とかにしてくれれば友人にもオススメできるのですが…






 食後に近所のダイソーに行って買い物しました。

本震が発生した時にテレビなどは無事でしたが、家具はいくつか倒れてしまいました。もうさすがにM7クラスの大地震は無いと思いますが、「100円で多少の安心感を買うことができるなら…」と衝撃吸収パッドを買っておくことにしたのです。2ヶ月前はあれだけの大きな揺れでテレビは無事だったのですが、それはたまたま揺れの方向が前後じゃ無かったからでしょう。もし前後に揺れていたらテレビが倒れて老猫が下敷きになっていたかもと想像するとゾッとします。






 秋津中央公園では仮設住宅が工事中でした。

川が流れているので敷地が三角形になってるのですが、その南側の底辺部が仮設住宅の敷地として割かれていました。近所の子供たちは遊び場を少し奪われてしまいましたが、数年はガマンしてもらうしかありません。ちなみに西原村などに完成していた木造の仮設住宅は温かみがあって悪くない感じでしたが、この秋津の仮設住宅は効率だけを追求したもので自殺者が出そうな雰囲気でした。






 生まれて初めて横井小楠記念館に行ってみました。

幕末の動乱期に影響力があったと言われている熊本藩士であり、儒学者でもあった人ですが、私は史実より美化され過ぎていると思いますので200円の入場料を払う価値はないと考えていました。

その内に無料開放されるようなことがあれば行けばよいかと考えていたのですが、水前寺公園の近くのジェーンズ邸と同じように本震で崩壊してしまったようです。ローカルニュースでは横井小楠記念館についてまったく触れていませんでしたが、ジェーンズ邸のように予算が確保されて復元されるかどうか不明です。






 健軍商店街もかなり日常に戻りつつありました。

アーケード部分にもたれかかってギリギリ倒壊を免れていたサンリブ健軍は崩れた部分だけを撤去するつもりかと想像していたのですが、どうやらすべてを解体することにしたようです。イオンやゆめタウンなどのピンクの新興勢力に売り上げを奪われてきたサンリブは大地震をきっかけに縮小ムードみたいですが、売り上げの伸びが期待できない健軍商店街ではこの場所で再建することはないのでは。






 健軍で初めて決定的なシーンを目撃してしまいました。

路面電車の終点から北上した所に「熊本合カギセンター」というロックの専門店があるのですが、そこの看板犬のジャックは何度も全国ネットの番組に出演してるので地元では知らない人はいないでしょう。そのジャックくんの特技は犬専用のボタンを押して自由に出入りできることですが、迷いなく前足でボタンを押して店に入るのを目撃できたのです。残念ながらデジカメを出すのが間に合いませんでしたが、目撃できただけでもラッキーだったと思うべきでしょう。






 この正面には陸上自衛隊の健軍駐屯地があります。

熊本県庁方面からの真っ直ぐな道路を空港方面に向かう場合には迂回しなければなりませんので、いつも「邪魔だな~」と感じているのですが、東区は劇的に住宅が増えましたので郊外に移転すべきじゃないかと思います。かつてはこの辺りはスカスカだったでしょうが、集合住宅も増えてきていますし。

特に自衛隊がこの場所にいなきゃならない理由はないと思いますので、空港方面にでも移転すべきじゃないかと思います。以前にも書きましたが、自衛隊の跡地は真っ直ぐな道路を整備して市民病院や市役所などを集合させると良いでしょう。その工事を始める前の数年は仮設住宅を整備すれば良いでしょう。






 ここに市民病院が移転することになったそうです。

自衛隊の健軍駐屯地の南側にある公務員住宅の跡地ですが、まだ移転予定地となっただけで解体は始まっていませんでした。空きビルの共用スペースに不審者が入り込まないように入口はベニア板で塞がれていましたが、地震に耐えた建物ですから、あまりお金をかけないでも住めるように改装できるのでは。市民病院は自衛隊の敷地に新築して、ここはしばらくの間は仮設住宅と利用すべきでは。






 まったく知らない人たちのメッセージもありました。

熊本出身の4人組みのミュージシャンらしいのでアスペクタあたりで開催される音楽イベントなどには出ているんじゃないかと思いますが、熊本在住のスポーツ選手と同じように信号待ちで隣になったとしても誰なのかわからないでしょう。グループ名で検索してみようかとも思いましたが、面倒なので止めておきます。どうせ私が興味を引くような情報は載っていないでしょうし。




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/17(金) 23:59)

 日本で最後になりそうな冷やし中華を作って食べた理由は…


 ずいぶん減りましたが余震は続いています。

もうすぐ大陸に逃げ出しますので地震ともお別れですが、ローカルな中華料理が楽しみです。中国でも夏場は「涼麺」というさっぱり冷たい料理を食べることができるのですが、日本風な冷やし中華は和食料理店でしか食べることができません。それでごまダレの冷やし中華を食べておくことにしたのですが、暑い日のランチには最高でした。






 夕方に函館の近くで大きめの地震がありました。

録画していた番組が途中で中断されてテレビ朝日系列のHTBの地震速報が割り込んできたのですが、震源地から200kmほど離れている札幌は震度1程度だったのにアナウンサーはヘルメット姿でしたので笑ってしまいました。もちろん札幌の近くにも活断層はありますし、地震が連動して発生することはあります。しかし函館からの放送じゃないので、これはあまりにも過剰演出の類ですよね。






 函館から遠い熊本では平和な時間が流れていました。

もう4,14から2ヶ月以上になりますので日常に戻っているのですが、出演料が無料で、ある程度の数字を持っているくまモンはテレビ局として魅力的なようです。サイコロを振って偶然を装ってあちこちに出没するコーナーが始まりましたが、梅雨時のロケだけに特注のレインコートを着せられていましたので気の毒でした。ファンを回してもかなり暑いでしょうが、雨の日はさらに蒸し暑いでしょうから。






 こんなのが夏ギフトとして販売されているようです。

6月10日のブログにも書きましたが、「がんばる県 くまもと県 負けん県 立ち直る県 愛しとるけん 信じとるけん!」と復興の願いがてんこ盛りに筆文字で書かれた新しいパッケージの商品がラインナップに加わったようなのです。私は札幌からヘルメット姿で地震速報を放送するのと同じように過剰だと思います。もし私がこんな商品を貰ったら、パッケージはすぐにゴミ箱に捨ててしまうでしょう。






 これは熊本県の広報番組で見かけたものです。

全国的な知名度は低そうですが、熊本のローカルチームは「がんばろう」という言葉が好きなタイプの人たちの間では人気があるようです。かなり弱いチームなようですが、それが逆に愛おしいというファンも多いようです。観客数を増やすために選手の子供たちとの交流も盛んなようで、別にそれに文句があるわけじゃありません。

しかし財政難の熊本県の予算を使った番組でこんな暑苦しいメッセージをたれ流すべきではないでしょう。企画した担当者はスポーツは健全なものだといった思い込みがあるのでしょうが、誰も腐りきったFIFAの体質さえ変えることもできないわけですし。






 最近のJAのCMも私の好みではありません。

「にこやか食堂」という偽善的な感じのアニメーションが放送されているのですが、それは清潔でなければならない食堂に食べられる運命の家畜が入ってきて和やかなひとときを過ごしているといったものですが、私は札幌からヘルメット姿で地震速報を放送するのと同じように陳腐だと思います。こんな企画が通ったことが不思議ですよね。






 このシンボルマークもいかがなものかと思います。

地震直後の赤いハートを抱いているデザインは募金箱などに貼るのに悪くないと思いましたが、この復興のために旗を振るデザインはくまモンのやんちゃなイメージと合わないと思います。しかもコピーが「がんばるけん、くまもとっけん」と陳腐なものでしたし。私は防災意識が低かった公務員の皆さんには給料に見合う仕事に励んでいただきたいと思いますが、復興には時間がかかるので「頑張り過ぎないでぼちぼちやりましょうよ…」と呼びかけるべきだと思いますが。






 鹿児島出身のこの人のメッセージもありました。

今回の地震で大きな被害があったのは熊本と大分くらいで、鹿児島は九州新幹線や高速が止まって物流に影響があったくらいだと思います。まあ桜島の噴煙を見て育ち、鹿児島県内の離島での火山活動などありましたので思いやりの心は他のミュージシャンより強いかもですが。しかし相変わらず見た目はアグレッシブですよね。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/16(木) 23:59)

 4,14から2ヶ月も過ぎてから発表された交通インフラ計画は…


 熊本県から交通インフラの計画が発表されました。

4,14から2ヶ月も過ぎているので熟慮された結果なのでしょうが、土砂崩れ現場の内側にトンネルを掘ることに内定したようです。国道57号線やJRの豊肥線は外輪山があるので南側に湾曲しているのですが、計画案のように阿蘇市へ真っ直ぐトンネルを掘れば阿蘇北部へのアクセスは楽になり時間短縮につながるでしょう。

その合理性は理解できるのですが、10kmほど景観を楽しめないルートはいかがなものかと思います。トラック輸送業者などは景観より効率を優先されるのでトンネル案に賛成でしょうが、立野の外輪山の切れ目を抜ける現在のルートはレンタカーでドライブする観光客にとってはありがたくない計画でしょう。トンネル案は自民系の連中が密室で話し合ってるような感じがするのですが…






 新聞博物館で地震に関する展示が始まりました。

4,14から2ヶ月間、熊本のローカル新聞のフロントページは地震関連でしたが、そのために撮影された画像は膨大なものでしょう。それを編集した写真集も発売されていますが、新聞社の博物館でも地震の企画展を行うことにしたようです。その企画展は「熊本地震 恐怖の夜から復興へ向けて」というもので9月までのロングランになるそうですが、わざと展示室に飾ってあって地震で床に散らばった古い金属活字などはそのままの状態で展示してあるみたいです。






 先日の発砲事件の原因はこれなのかもしれません。

桜町地区の再開発事業で熊本交通センターや県民百貨店などが解体されているのですが、熊本地震の被災家屋解体に暴力団関係者の不当介入を防ごうと解体工事業協会が6月8日に暴力団等排除連絡協議会という会合を開いたとのことでした。市長や解体業者は「これまで脅迫や不当な要求などは受けていない」と言ってるみたいですが、非合法組織が何も要求せずに発砲することはないでしょう。






 熊本の夕方の番組は基本的にネタ枯れ状態です。

どこの地方局も似たようなものだと思いますが、人口も競争も少ない熊本では面白いことが慢性的に不足しています。もちろんそんな中でも発想が豊かであれば面白い切り口で番組作りができるはずですが、やる気や才能がある人材は熊本には残らないようです。

それでゲストを呼んでヌルい話を延々としたりしているのですが、4,14から2ヶ月も経つので以前のような退屈な内容が増えてきたように感じています。まあ被災者の皆さんが平和な市民生活に戻ることができるのは良いことではあるのですが、仮設住宅もようやく入居がはじまったばかりですので複雑な心境です。






 こんな違和感がある新聞広告を見かけました。

4,14以前にはこういったバブリーな雰囲気の講座はありましたので、平穏な日々が戻ってきていると好意的に捉えることもできるでしょう。しかし仮設住宅の抽選にもれた人たちは避難所や車中泊での生活を強いられていることを考えれば「復興特需で儲かってる業者の奥様たちが集まるのか…」とイヤな気分にさせられてしまいます。






 私は基本的にテレビCMは早送りしています。 

見たいすべての番組をHDに録画するようになって邪魔なCMはボタンひとつでスキップできるようになりましたが、「もしかしたら熊本に関係している有名人のメッセージが放送されるかも…」と最速で早送りしたりしています。若いアイドル風な女の子がカメラ目線で何か喋っているのに気がつきましたのでチェックしてみたら、18日の選抜総選挙に出る熊本出身のAKBメンバーでした。

私はこの子は見た記憶は無いのですが、6月1日に発表された速報ではなんと21位ということでした。熊本の実家や同級生たちが被災したので同情票が集まったのかもですし、地震により熊本県民の郷土愛が深まって応援する人が増えたためかもしれません。現在はHKT48の田中美久が熊本県出身ということで新聞社のCMに出ていたりするのですが、その座が脅かされるかもしれませんね。






 在京メディアの関心はポスト桝添に移りました。

都民の半分は女性ですし、ろくでもない男たちが都政をメチャクチャにしてきた経緯もありますので、私も初女性知事が選ばれるのも悪くないと思いますが、街頭インタビューで名前が出てくるような連中はイヤです。このリストの中で許せるのは池上彰氏くらいですが、もちろん拝み倒されても出馬されないでしょう。

もし私が街頭インタビューを受けたとしたら日本総合研究所の寺島実朗氏の名前を挙げたでしょうが、それは国際派で公共の経済政策にお詳しそうですので。関東大震災が起きても慌てずに的確な指令を出してくれそうですし、オリンピックなどの国際イベントでもハゲのネズミ男みたいにはしゃいだりすることなく落ち着いて任務を果たしてくれると思います。






 明日は上海でちょっとした騒動が起きそうです。

敷地面積はTDLの2倍もあるらしいのですが、なにしろ人口は日本の10倍もありますので。上海空港で爆発事件があったばかりですから警備はキビシイでしょうが、行列に並んでいる間などに小競り合いが起きてしまうでしょう。スタッフ、いやキャストの教育も十分じゃないでしょうし、高い金を払っているんだからという特別意識を持つ来場者のマナーも悪そうですし。






 熊本出身のこの人のメッセージもありました。

昨年の10月16日に三角方面にドライブに出かけた時に氷川町の銀行跡の建物が県民栄誉賞を受賞した野球選手の記念館になったということでチェックしてみたのですが、スポーツ全般に興味が無いのでまったく忘れていました。ソフトバンクの監督だったおじいさんはお上手でしたが、この人はカメラの横のカンペに何度も目が行っていました。短いメッセージなので簡単に暗記できるでしょうに…(笑)





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/15(水) 23:59)

  次の旅行で里帰りさせることになる中国製のタブレットの感想は…


 次の旅行用に中国製のタブレットを購入しました。

2年ほどアーミーパンツのカーゴポケットに入るGPS内臓で1万円以下のものを探していたのですが、世襲総理の愚かな経済政策のせいで円安傾向でしたのでポチっと購入ボタンを押すことができませんでした。しかし旅行前にワケありの7インチタブレットが5000円以下でしたのでGPSは無かったのですが衝動買いしちゃいました。

送金代を節約するために郵便局のATMで支払ったら、3日目くらいに黒猫ちゃんが届けてくれました。エアーパッキンで梱包されていたのは本体のみで、説明書もMicro USBケーブルも付属していませんでした。日本のケーブルTV会社のおまけとして出荷されていたものみたいでしたので、初期設定は日本語でWi-FiのパスワードやGoogleのアカウントを入力するだけで簡単にできました。

アンドロイド端末もファーウェイ製品も生まれて初めてでしたが、保障は1ヶ月だけですがありましたので気休めになりました。中国や香港の電脳ビルでも似たような値段で中華タブレットを購入できますが、旅行前に旅行用のアプリを入れて慣れておきたかったのです。音声認識の認知度も上がってる感じがするのですが、充電中に「OK Google」と呼びかけても無反応なのは残念でした。他にもアンドロイドには無いアプリがあったり、使い勝手が微妙に違うこともあるのですが、送料込みで5480円でしたので不満はありません。

個人的にはQiみたいな置くだけ充電方式の防水端末が理想で、ベッドの中から「OK Google」と呼びかけて秘書の役目をこなしてくれるように進化すると嬉しいのですが、そういった端末が5000円で購入できるのは数年先になるのでしょう。このファーウェイのバッテリーがダメになる前に間に合ってくれると良いのですが、2020年のオリンピック前に日本のメーカーが大量生産による低価格化に成功すれば広告収入だけで来日する外国人観光客に空港で配ることだって可能でしょうから頑張っていただきたいものです。






 桜町の工事現場に銃弾が撃ち込まる事件がありました。

在京メディアは桝添の辞任騒動や4,14から2ヶ月の節目で仮設住宅の話などばかりで、熊本の工事現場のプレハブ事務所の窓が割れたくらいの事件は報じられていないかもしれません。警察が発砲事件として捜査しているという話ですが、おそらく非合法組織の犯行でしょうから犯人は見つからないでしょう。

熊本市長は再開発に伴う工事で思い当たるようなトラブルは無いと言ってるようですが、工事関係者を含めて何らかの軋轢が水面下であるのでしょう。熊本地震が発生したことにより桜町の再開発以外にもたくさんの公共工事が控えているのですが、自民党が推した元県議である熊本市長の取り巻き連中は久しぶりのビッグチャンスと小躍りしていそうで、そういった水面下の資金に非合法組織が群がってきたという構図なんじゃないかと想像しています。






 加藤神社にくまモンだるまが置いてあるそうです。

参拝客が熊本城エリアの復興を祈願して寄贈されたものみたいですが、フォルムは変えられないのでバランスは悪いですよね。まあ高崎あたりでわざわざ特注してくれたのでしょうから、誰も文句は無いでしょう。耳の部分が飛び出してるように工夫されていたらマシになるでしょうが、そこまで要求する人はいないのでしょう。天守閣だってコンクリート製で問題ないと考えている人が多いみたいですし…






 熊本の中心部ではこんなバナーが氾濫しています。

熊本の商店主の皆さんが地震の影響で売り上げが落ち込まないようにしたいという熱意は理解できますし、人口減を恐れている熊本県もしあわせ部の部長をバナーに起用することに文句はないでしょう。私は「がんばろう」という言葉を普通の人の一生分以上は見聞きしていますのでうんざりしているのですが、まだ「がんばるモン」はくまモンが勝手に頑張ることを宣言しているように思えますのでマシです。






 なぜかアメリカでおてもやん音頭が流れたようです。

コネチカットで開催された日本関連のイベントで熊本地震への追悼がひとつのテーマだったみたいですが、どうしても唐突な感じがしてしまいます。浴衣を着慣れていない感じの中央の女性もでしたが、ハッピ姿のおじさまは異常に踊りが大きくて違和感がありました。イベントを盛り上げたいという気持ちは理解できますが…






 熊本中心部での養蜂が再開されたそうです。

銀座の松屋の屋上で行われているハニープロジェクトを真似たような企画ですが、2度の大地震でも巣箱や蜂たちに大きな被害は無かったという話でした。しかし郊外の事務所兼自宅は大きなダメージを受けて、余震も心配されたことから庭にブルーシートで簡易の小屋みたいなものを作って仕事をされていたとか。

蜂蜜の場合は常温保存ができますし、仕事を再開するのに大きな障害はなかったようです。しかし造り酒屋で酒樽が壊れてせっかくの新酒を無駄にすることは想像しただけでイヤですが、蜂蜜を入れたガラス瓶が床に散乱してるのもキビシイですよね。






 ようやく桝添に対する辞任勧告が出揃いました。

自分で雇った弁護士に違法性は無いと言わせて逃げ切れるだろうと思っていたのでしょうが、自分が人をイラつかせる顔と態度だということを甘く考えていたのでしょう。2014年の都知事選の時にわざとらしく家のゴミ出し作業をしてるのを見せてトップ当選できちゃったので、今回も反省してるフリをして別荘を売るとか言えば忘れてくれると考えたのでしょう。しかし現在は選挙前ですので、桝添と心中したくない自民や公明から見放されてしまったわけです。

さすがにもう辞任は避けられないでしょうが、次は世襲総理が誰を推すかが楽しみです。また選挙カーの上で候補者の手を挙げて「都知事にはこの人しかいないではありませんかっ!」と大声でわめくのでしょうが、アベノミクスの失敗を謝らない偉そうな政治屋なので、桝添のことなんて知らん顔を決め込むのでしょう。






 こんな大御所からのメッセージもありました。

ソフトバンクの監督として福岡で生活したことがあるのでオファーされて快諾されたのでしょうが、私が若いミュージシャンやスポーツ選手のことを見てもわからないのと同じように10代の学生さんたちは字幕が無ければ「中国の政治家?」とか誤解するのかもしれません。この人の恩師は熊本出身の故川上哲治氏だと思いますが、現役時代に何度か来熊されているのかもですね。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/14(火) 23:59)

 4,14から2ヶ月になる直前に発生した地震の影響は…


 昨晩の22時過ぎに八代市で震度5弱の地震がありました。

しかし熊本市では膝の上の猫はすやすやと眠ったままでしたし、「また余震か…」と思った程度でした。ニュース番組を追っかけ再生していたら「九州新幹線が一部運転見合わせ」とテロップが出たので驚かされたのですが、もっと驚いたのはその程度の地震が「NEWS井戸端ランキング」で6位だったことでした。

新幹線が脱線でもしたら大惨事になるので安全第一なことは理解できるのですが、震度5程度でストップさせるのは過剰反応なんじゃないかと思います。遅い時間だったので乗客は列車内での宿泊を強いられたらしいのですが、運転見合わせを決めた責任者は顔出しして事情の説明と謝罪をすべきだと思います。






 被災地では詐欺的な被害が増えているようです。

活断層に近い益城や南阿蘇ではライフラインがズタズタに切れてしまいましたが、人口が集中している熊本市では電気は30分ほどで回復して携帯電話は問題なく使うことができたようです。それでSNSなどで足りない支援物資についてのやり取りが行われ、混乱は最低限に抑えられたようです。

避難所でわずかな炊き出しの食材が分け合われるなど善意の押し売りみたいな報道が多かったのですが、もちろん火事場泥棒みたいな悪い連中は少なくなかったようです。見積もりを要求しても出さずに屋根にブルーシートをかけて100万円近く要求されたりした悪いヤツらもいたそうで、被害者を増やさないようにこんな団扇が配られたそうです。絆を地域で作ろうというのは問題ないですが、税金を使って「がんばろう」の押し売りは止めていただきたいものですが。






 地震で精神的なダメージを受けた人もいるようです。

2度目の本震は真夜中で停電しちゃいましたので、倒れたタンスの下敷きになったりした人はパニック映画の主人公になったような気になられたかもしれません。本震の揺れは建物によって違いますが、飛び出した食器類はかなり割れましたが窓ガラスはすべて無事でした。熊本市の中央区ではその程度でしたが、小さな子供は余震にも怯えていたりするとか。

シリアなどで空爆に怯える子供たちのことを想像すると私は過剰反応じゃないかと思うのですが、来月から無料の電話相談が始まるそうです。24時間受け付けということですから、真夜中に子供の相手に困ったら相談されてみたら良いかもですね。






 大物歌手が義援金を持って来熊されていました。

市役所を表敬訪問された後に熊本城の被害も見学に行かれたようですが、職員の案内で我々が入ることを禁じられている石垣がゴロゴロ散乱しているエリアまで行かれて熊本城は熊本県民だけのものでは無いので内外からの資金を集めて見学再開できるようにすべきものだと自分に言い聞かせるように仰っていました。

大物歌手は全国を公演されていて各地の城も見ていらっしゃるでしょうが、熊本城だけしか知らない熊本県民はけっこういるようです。そんな人たちはコンクリート製の天守閣を「熊本の誇りなので早く改装して!」と勝手なことを望んでいるようですが、城マニアをガッカリさせないように私は伝統的な木造で再建すべきと思います。時間とお金はかかりますが、長い目で見たらその価値はあると思います。






 こんな人も義援金を届けてくれたそうです。

かつて産山村で野外コンサートを行ったことから現在も繋がりがあったのかもしれませんが、現在は大分県の杵築市に住まれているようですから在京の芸能人たちが慰問に行くような地域は避けることにされたのかもです。普通のサラリーマンならリタイアしてハゲたりしてる年齢ですが、さすがにフォークシンガーだけに見た目がお若いのに驚かされます。






 子育て関係のイベントは中止にならないようです。

被災地になっても出産数は急には下がりませんし、ニューヨークの大停電の10ヶ月後にベビーブームになったことがありますので、来春は熊本もちょっとした出産ラッシュとなるかもです。児童数が減る中での選挙ですので、すべての政党が子育てに注力する姿勢でしょう。選挙が終わったら予算が無くてと尻すぼみになると良くないのですが、有権者の半分は女性ですからさすがに昔みたいなことはないでしょう。

私は興味が無い分野ですのでスルーしますが、興味がある分野であってもこの広告のイラストを良いと思っているような人たちとは肌が合わないので近づく気はありません。






 急に株価が下落して円高になってくれました。

番組では6月23日のイギリスの国民投票でEU離脱となることを懸念してポンドが売られていると分析していましたが、私は伊勢志摩サミットで世襲総理の経済政策が失敗していることが明白になったことが広まってしまった影響も大きいと思います。これから旅行に出る身としては嬉しいのですが、マスメディアへの締め付けがエグい日本では今でもメディアコントロールで騙されている人がいるのでアホらしくなります。






 これは夕方の帯の情報番組のラストシーンです。

夕方には民放各局がヌルい情報番組を生放送しているのですが、日テレ系列のKKTはいつも新天街で撮影しています。これは明日は天気が良いので洗濯日和だと伝えているのでしょうが、相変わらず面白くないですよね。ちなみにこの撮影場所のマクドナルドはまだ復活していません。マクドナルドからWi-Fiの導入が発表されましたが、これまで無かった方が不思議ですよね。






 テレビでまったく知らない人たちを見かけました。

熊本出身のスポーツ選手なのでしょうが、一度も聞いたことがないチーム名です。まあ岡山県の皆さんも「ロアッソ」なんて知らないでしょうから似たようなものですが。もう4,14から2ヶ月になりますので熊本出身の有名人も品切れなのでしょう。内村光良氏は残っているのですが、こういった売名的なのはお好きでは無さそうですよね。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/13(月) 23:59)

 今回はベトナムには行かないこともあって作ってみた料理は…


 次回の旅行ではベトナムに行く予定はありません。

和食に飽きていて生春巻を作ることにしたのですが、野菜もたくさん食べることができますし、今の季節にピッタリで悪くありませんでした。日曜の昼なのでビールでもと思いましたが、インドシナはフランスの植民地だったことから白ワインにしました。ワインはチリ産でしたが、それは都合よく解釈しました。「新しい判断」ってやつです。(笑)






 スーパーにこんなカナシイ表示がありました。

入り口にゲートが無いスーパーですが、近所のマンションに訪問する人が勝手に停めたりするので迷惑なようです。それならどこでもある話ですが、熊本は地震があったので車中泊される人たちがいるみたいです。スーパーの駐車場は閉店後は静かですし、独立したトイレがあるので車中泊するのに便利なのでしょうが、スーパー側は困ってる人だけを援助したいのでしょう。近くにはコインパーキングもありますので、常識をわきまえてほしいということなのでしょう。






 熊本の番組でまったく知らない話をしていました。

4,14以降の在京メディアの被災地での取材と地元メディアの役割りなどを振り返っていたのですが、SNSで「熊本市動植物園からライオンが逃げて歩き回っている」というデマが拡散したという話の後に「2062年からやってきた未来人」のデマが広まって避難所では不安視する人もいたということでした。ライオンの話は知ってましたが、未来人の話は初耳でした。混乱時にはよくある話ですが、地方局であってもマスメディアの一員であれば良識を持ってデマを拡散しないように注意喚起すべきでしょうが、一度も聞いた記憶がありません。

この座談会に参加されていた皆さんはすべて熊本市内で被災されたと思いますが、在京メディアの取材陣に対して複雑な心境をお持ちのようでした。パワーバランスでは大きな格差があるのですが、今回はたまたま自分たちは被災体験者だということで「体験者でないとわからないことがある」と優位に立てるのが嬉しいようでした。数日後にやってきた系列局の取材陣から被災体験を訊かれて得意げに喋っていたんじゃないかと想像しちゃいますが…(笑)






 大阪で作られた番組を見ていてイライラさせられました。

世襲総理を熱烈応援する極右体質のおばあさんなどがレギュラーゲストですし、地方局なのに世襲総理が何度もゲスト出演していますので、たかじん氏の死後どんどん右傾化してるようです。それでも公的な電波を使っているのに偏向報道かと文句を言われないように通常はゲストを右寄りばかりじゃないように配慮しています。

しかし今日はアイドル席も空気を読んで意見を変えるタイプのお笑い芸人でしたし、見事に次の選挙で世襲総理が有利になるように誘導するような構成でした。今日のお題のひとつは「消費税率の引き上げを再延期した世襲総理の判断を信用できる?」というものでしたが、8人全員が肯定的だったのです。司会者は「ひとりくらいは信用できないと挙げてくれないと…」と笑いを誘っていましたが、盲目的に応援する右寄りの連中を集めているので自業自得でしょう。

あからさまに世襲総理の内閣を応援しちゃうと逆効果になる場合もありますので、この番組の茶坊主たちは上手く世論を誘導できているとほくそ笑んでいるのでしょう。選挙で与党が勝利したら、また赤絨毯を敷いてゲストとして番組に来てもらおうという魂胆なのでしょう。単に権力に擦り寄るタイプの卑しい人間なのでしょうが、上京した時にメディアコントリールが上手そうな世耕などと機密費を使って贅沢な会食を繰り返しているのかもしれませんね。






 旅行前なので溜まった映画を消化しておきました。

コーヒーを淹れて猫を膝に乗せ、HDの空きを増やすために録画日が古いヤツから見ることにしました。イギリスの探偵が主人公の映画はこれまでもたくさんありましたので眠たくなりましたが、早送りしたくなる誘惑になんとか勝つことができました。クライマックスの舞台は建設中のロンドンブリッジでしたが、そのあたりの設定は楽しめました。悪役やヒロインが物足りない感じでしたので、満足度は低かったですけどね。






 今日の益城の避難所は賑やかだったみたいです。

先日から石原プロによる「熊本元気食堂」という炊き出しが行われていて、今日はさらにサプライズでジャニーズの3人も参加されたみたいでしたので。もう4,14から2ヶ月になりますので避難所暮らしの皆さんはお疲れでしょうが、予想していた以上の有名人たちの手料理を手渡してもらって楽しそうでした。しかしいつもながら石原軍団の皆さんの手際の良さはスゴいですよね。






 今年はこのイベントは熊本では開催されないようです。

いつもの年であればグランメッセで開催されるのですが、今年は開催しても盛り上がらないだろうと中止になったようです。地震の後片付けで忙しくてもマニアの人はそれなりにいるはずですし、家に大きなダメージを受けた人がトレーラーハウスを避難所の代わりに使いたいということもあるでしょうから佐賀県でのイベントを熊本でも告知することになったようです。






 またエアアジアのBIGセールが始まるようです。

まだタイまでの航空券しか購入していないので、その後のルートもそろそろ決めようと考えています。しかしタイからは陸路で南下することもできますし、シンガポールからはインドネシアのバタム島にフェリーで渡ることもできます。それでBIGセールがSMALLセールだったりしたら買う気になれません。基本的には出発日に縛られてしまうのは好きじゃありませんし。しかし時差のせいで真夜中の発売開始なのですが、最近は早寝早起きなので困ったものです。






 最近見なかった演歌歌手のメッセージもありました。

芸名は北島三郎の北と山本譲二の山を取った北島音楽事務所所属の演歌歌手の方でしたが、ウィキペディアによりますと福岡県の柳川市出身とのことですからご自宅もけっこう揺れたかもしれません。熊本の高校生などは「誰?」とご存じないかもですが、避難所のお年寄りの皆さんは大ファンだったりするのでしょう。柳川に帰省されることがあれば熊本にも寄ってもらえれば喜ばれるでしょう。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/12(日) 23:59)

 みやはら名物の250円弁当よりも割安感があった食材は…


 みやはら名物の250円弁当は割安感があります。

常連客っぽいおじいさんは弁当だけ購入してアーケード内の半円形のイスに腰掛けて黙々と食べていましたが、私は駐車場が無い店までわざわざ歩いてきたので他にもいろいろ割安な食材を購入しておきました。賞味期限が近い99円のポークジャーキーも安かったのですが、この10匹ほど入って139円だった鯵はお買い得でした。サイズが小さくて捌くのが手間でしたが、美味しゅうございました。






 立野の土砂崩れの調査が進まないようです。

余震が続いている中で梅雨入りしたこともあって、重機を投入しての作業は作業員の命の危険性があるためと説明されています。たしかに山肌が崩れて保水能力が極端に低下しているので大雨が降れば危険性が高まるのですが、それを理由に九州電力が時間稼ぎをしてるようにも思えます。

この山の上の発電ダムが2度目の地震により崩れてしまい、その激流が木々をなぎ倒して国道57号線の近くの集落を襲ったと分析されているのですが、阿蘇地域では地震だけで崩れている場所もたくさんありますので因果関係がはっきりしないのです。電力会社は多額の広告費を支払っているスポンサー様ですので、批判的な報道が少ないというのもあるみたいです。九電はタイミングを見て調査結果を発表して、示談交渉を優位にしたいのでしょう。まあそれらは選挙後になるのでしょうが。






 熊本空港と高雄空港を結ぶ路線が復活しました。

そのチャイナエアラインの航空機で高雄市長と台南市長のご一行が仲良く熊本を訪問して、義援金と寄せ書きを熊本県知事に手渡してくれたそうです。ガス爆発事故があった高雄と地震被害があったばかりの台南では熊本の地震も他人事では無いのでしょうが、女性首相が誕生して大陸との関係が微妙なことも日本との関係を強化しておきたいという理由なのでしょう。伝統文化や言葉は大陸と共通ですが、台湾の生活レベルが上がって日本に親近感を感じる人は増えていますのでね。






 駄洒落みたいなネーミングのイベントがありました。

「南小国であそばんかい!」というイベントでしたが、これには「阿蘇挽回」という願いが込められているようです。南小国町役場の川を挟んで対面の市原小学校グラウンドで開催されたようですが、熊本地震で被災した、熊本県内と大分県内の子供たちを対象としたイベントだったようです。

宝探しやしっぽとりゲーム、射的など手づくり感がある項目が並んでいて、「午後からはあのサプライズゲストも…!」とありましたが、ポスターに描いてしまうとサプライズじゃ無くなってしまいますよね。そのあたりのヌルさも南小国っぽくて良いのですが、梅雨の中で天気も良かったので関係者の皆さんはホッとされていることでしょう。






 私は基本的にTBSはマシだと評価しています。

かつて「報道のTBS」という言葉があり、現場重視のジャーナリスト精神を保っている局員も他局に較べたら残っている方だと思います。そのTBSの金平記者は4,14後に何度も来熊されて被害の状況を報じていらっしゃいましたが、熊本の新聞に「一緒に歩こうばい」と変なタイトルの文章を寄稿されていました。

被災地にズカズカと踏み入れて取材するメディアの態度を自戒を込めて振り返っておられましたが、活断層に近くて被害が大きかった益城や南阿蘇の様子を見に行った回数は金平氏よりはるかに少ないですし、取材をしたわけでも無いので文句があるわけでもありません。神戸や東北の被災地に較べれば被害が少なかった熊本市で暮らしていて在京マスコミの取材陣を邪魔だと感じたことはありませんが、マスメディアの習性なのか美談ばかりが強調され過ぎていたのが不満でした。

しかし私がいちばん苛立ったのは在京マスコミの取材陣が楽な避難所の取材ばかりをしていて、私が知りたかった地震の被害の全体像を報じてくれなかったことでした。崩れさった阿蘇大橋の空撮は飽きるほど放送されていましたが、俵山トンネルの内部の様子が静止画で報じられたのは半月後くらいでした。3日ほど熊本空港は閉鎖されていましたし、新幹線も脱線して止まっていたのですが、大分空港からレンタカーで簡単にアクセスできたはずですし、福岡から在来線で熊本入りできたはずです。世襲総理が北海道などの補選を有利にするために被災地入りしたことを大きく報じていましたが、どうも政府に有利になるように偏って報道しているとしか思えません。






 「報道特集」で桝添問題を深く取材していました。

他の番組ではスルーしている都知事選で桝添を応援した自民党や、演説にやってきた商店街の経営者などにインタビューをしていました。自民党は世論調査で勝てる候補として桝添を選んだわけですから騙されたわけではないのですが、商店街の店主は「まさかあんな人だとは思わなかった…」と票を入れたことを後悔されていました。

18歳で初めて選挙に行くというなら騙されるのも仕方がないと思えますが、還暦を越えて「あんな人だとは思わなかった…」と言われてもねぇ。まあこれだけ振り込み詐欺事件が起きていて報道されているというのに、被害に遭う人は尽きません。次の選挙で自公に投票すると「国民の支持を受けたので」と憲法改悪を強行採決されちゃうでしょうが、桝添に入れたような人はまた間違いを繰り返すのでしょう。






 池上彰の番組は少しだけ踏み込んでいました。

しぶとい桝添が辞めないので五輪招致の賄賂疑惑問題に割く時間が無くなってる感じですが、まだ終わったわけじゃありません。甘い蜜に群がってる連中は「世界じゃ常識だし、招致に成功したのだから…」と過去のことにしたいのでしょうが、これから工事などに莫大な税金が投入されようとしていますので、誰がどんな基準で2億もの大金を支払うことにしたのか責任を明白にしなければなりませんし、その振込みの時に中抜きしたりキックバックを受けていないか調査すべきでしょう。

税金の横領疑惑でもあるわけですからマスコミは桝添を追求するのと同じくらい真剣に取り組むべきですが、振込みに関わった悪党が電通関係者らしいので腰が引けています。さすがに池上彰氏は電通の名前を口にしていましたが、ゲストの三流タレントたちは報復を恐れて沈黙してしまいました。






 熊本城の写真集が売り出されていました。

私は戦後にコンクリート製で再建された天守閣がダメージを受けたことに対して特別な感情は持ちませんが、それは御船町の恐竜博物館で恐竜骨格のレプリカが破損したと聞いたとしても「へ~、そうなの…」と反応するのと同じです。破損した熊本城を見て涙ぐんだりする人もいるみたいですが、「木造の宇土櫓の本体はダメージが少なかったので良かったじゃないですか!」と声をかけたくなります。

観光業者の中にはコンクリート製の天守閣を「熊本の誇りだから早期の改修を!」と言い出していたりするのですが、私は誇りを持ちたいのであれば木造の伝統工法で再建すべきだと思います。熊本城は石垣だけでも350億かかると言われていますが、私は予算の多くは木造で天守閣を再建することに費やすべきで、石垣はコンクリートとFRPのニセモノで我慢すべきだと思います。






 なぜかこんな人のメッセージも放送されていました。

東京の音楽一家に生まれたシンガーソングライターですから、熊本にはコンサートなどで何度か来たことがあるくらいだと思います。全国ツアーで6月25日に熊本県立劇場での公演が予定されていたみたいですが、地震の影響で中止になったようです。翌日の6月26日は福岡市民会館でやるので、ファンの皆さんに「福岡に来てくださいね」と心の中で呼びかけているのかも。福岡の後は7月1日の大阪と間が空きますので、月末に被災地に寄ってくれるかもですね。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/11(土) 23:59)

 渋滞覚悟で久しぶりに熊本の中心部に出かけてみた理由は…


 熊本の中心部の渋滞にはイライラさせられます。

以前から熊本市の都市計画の遅れからボトルネックが解消されていないことが原因なのですが、4km四方くらいの狭いエリアにNHKや熊本市役所など時代に合わない建物が居座っていることも理由でしょう。復興関連の公用車が増えたこともあるのですが、役所への手続きや買い物などのために近隣市町村からやってくる人も少なくないのでしょう。

2本のアーケードのほとんどの店は営業再開しているのですが、こんな感じでまだ再開していない店が並んでいる場合もあります。それぞれに再開できない理由は違うのでしょうが、もうすぐ2ヶ月ですから収入がゼロなのはかなりの負担になっているのでしょう。熊本市による空き店舗への補助はあっても、地震が原因の家賃補助は無いはずですから。






 6月19日は父の日だということに気づきました。

えげつない商業主義に乗るつもりはありませんのでデパートのディスプレイを見てもスルーすることにしたのですが、ガラス面に傷があったので立ち止まってしまいました。その傷はディスプレイの内側にあったのですが、2度目の本震で内部の展示物が倒れてダメージを与えたのでしょう。さほど大きな傷で無かったので新品のガラスに交換することは見送られたのでは。






 本日オープンの蔦屋書店はかなりの賑わいでした。 

5月21日に行った時に地下の書店の部分は先にオープンしていましたし、どうしても建物が古いので新鮮さに欠けていました。九州では福岡や北九州に続いて3番目の格安スマホの店や中心部では初めてのカルディコーヒーなどあって悪くはありませんでしたが、代官山、二子玉川、函館、湘南と大型の新築の支店を見た後ですから見劣りしてしまいました。

熊本県だけの特色もこのローカル書籍のコーナーくらいしかありませんでしたし、せっかくの歩行者専用道路に面しているメリットも生かしていませんでした。籠町通りと交わる部分など大改装して利便性を高めるべきだったのではと思いますけどね。まあ改装中の大地震が発生したことで予算を圧迫したことがあるのでしょうが、期待していなかったのに期待ハズレでした。






 蔦屋には長続きしそうにない店がありました。

宮崎市の寿司店の2代目が経営してるらしい「九州パンケーキ」という女性向きの店でしたが、タリーズコーヒーのフランチャイズで成功して貯めた資金でオリジナルの開発に挑まれたようです。九州の素材だけで作られている健康志向のパンケーキというアイデアは悪くはないのですが、熊本の消費者の心に響くとは思えませんが。

ちなみに「九州パンケーキ」の社長さんは6月2日に放送された「カンブリア宮殿」に出演されたらしいですが、福岡県以外はテレビ東京系列局が無いのでBSでの再放送を待つしかありません。それは「九州パンケーキ」の追い風にはなるでしょうが、大地震で冷え込んだ消費者心理を回復させることはないでしょう。






 いつものように「みやはら」で買い物しておきました。

10時から開店していたように記憶していましたが、11時からでしたので少し待たされました。開店前には15人ほどの常連さんが待っていましたが、それも他に較べて割安感があるからでしょう。

ちなみに蔦屋の食料品店も高品質っぽいわりには高いわけじゃありませんでしたが、やはりこの店と較べてしまうと割高に感じてしまいます。これもアベノミクスが失敗したせいですが、ここに並んでいた皆さんは私の意見に賛同していただけることでしょう。






 ここに地震復興がテーマの店ができるみたいです。

先週の熊本の若年層向けの番組で計画を知ったのですが、が担ぎ出されることになったようです。フジバンビの新聞広告でも見かけたスゴいコピーの看板がありましたが、私は喋らない設定のゆるキャラと一緒だと違和感がありますが。

相田みつおのように筆文字で書かれたのは「がんばる県 くまもと県 負けん県 立ち直る県 愛しとるけん 信じとるけん!」でしたが、あまりにも雄弁過ぎるように思えます。くまモンはやんちゃな小熊という設定だったはずですが、欲張り過ぎてしまうのは得策では無いでしょう。






 この飲食ビルは「元気に営業中!」ということでした。

ここの1階には吉野家の支店がありましたが、このバナーが無ければ常連客以外は入店しないでしょう。2016年では世界でいちばん地味な吉野家の支店かもしれませんが、ボランティアの受け付けをしてる花畑広場には近いので地味なファサードの前で記念撮影していく人が多いのかもしれませんね。






 熊本城の正面のビルに初めて立ち寄ってみました。

熊本市役所と天守閣の中間にある高級飲食店の「城見櫓」が営業を再開するまで6階の和風の大広間を一般公開してくれているとローカル番組で見たので見学させていただいたのですが、坪井川沿いだと樹木が邪魔になって見えないので私が知る限りでは最高のビューポイントでした。

裸眼でもかなりよく見えたのですが、テラスへの出口の近くに置いてあった双眼鏡を使わせてもらったら天守閣の割れた窓もハッキリと確認できました。いつまで無料開放されるか決まっていないみたいですが、手続きなどで熊本市役所に行かれるのなら近いのでオススメできます。タイミングが良ければ飯田丸五階櫓が崩れ去る決定的なシーンを目撃できるかもしれませんし。






 老舗ホテルは来月に営業再開をするとの話でした。

熊本城に面した客室の壁に亀裂が入っていたので「解体されて建て直されるのでは…?」と推測していたのですが、どうやら補修で済ませることになったようです。さすがにしばらくの間は巨大地震は発生しないだろうと考えて、7月からの最大7割引になる観光キャンペーンに間に合わせることにしたのでしょう。






 通行可になったので加藤神社に行ってみました。

シンガポールの友人が5月24日に来熊した時は余震で石垣が崩れると危険だからと通行止めになっていたのですが、土嚢を積んで安全性が確保できたということで裁判所側から宇土櫓の近くまで乗り入れることができるようになりました。先ほどの城見櫓よりも宇土櫓や天守閣に近いので記念撮影してる人たちが多かったのですが、NHK側から歩いてくるとちょっとたいへんです。以前は桜の馬場から二の丸広場まで運行していた無料シャトルバスを加藤神社まで走らせるべきでは。






 この崩れた部分は4,14以降に初めて見ました。

Googleマップで確認してみたら監物台樹木園の対面の戌亥櫓という建物でしたが、これまで許可を得た関係者しか入ることを許されなかったので気づかなかったのです。飯田丸五階櫓の状況と似てるのでニュースでも割愛されたのかもですが、熊本市役所はGoogleに最新のストリートビューを更新してもらうようにお願いすべきでは。ちなみにこの辺りの石垣はFRPのニセ石垣で安価に済ませても良いのではと思いますが。






 信号待ちしている時にこれを撮影しておきました。

熊本市役所の近くの熊本城稲荷神社でしたが、シンボルの赤い鳥居がダメージを受けていました。水前寺公園の参道や手取神社などでは鳥居が崩壊していましたし、藤崎宮ではズレないように金属で補強されていました。少なくなりましたが余震は続いていますので、ここの鳥居も何らかの補強が必要なのでは?





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/10(金) 23:59)

  和食には飽きているのにスーパーで寿司などを購入した理由は…


 KLから新千歳空港に帰国したのは1月末でした。

それで和食には飽きているのですが、スーパーで寿司が半額になっていましたので衝動買いしてしまいました。KLのスーパーでは不味そうな寿司が半額でも10リンギ(約263円)だったりするのですが、熊本なら値引き前の値段が298円と安いのです。

その他にいろいろと買い物したのですが、77円の赤ピーマンと99円の生姜はお買い得でした。さすがに農業県の熊本は安いものが見つかります。これもアベノミクスが失敗してる証拠のひとつでしょう。






 ニュースでは舛添のことをしつこく報じています。

奥歯にものが挟まったような言い訳に納得できないというのが100パーセントに近いというのに「都民の信頼を回復できるように…」と辞める気を見せないのでサンドバック状態になってるわけですが、桝添に投票した連中を批判する論調が皆無なのがおかしいと思います。

あるニュースでは熊本地震の発生時に桝添がファーストクラスに乗ってワシントンDCの桜まつりに行き、オープンカーではしゃいでいた様子を批判的に報じていましたが、自民党の国会議員で被災地のことを深刻に考える人間なんて一人もいないでしょう。桝添は選挙の時に多摩の路上で地元の有権者にウケが良い演説をして、当選したらほとんど足を踏み入れなかったそうですが、桝添は元からそんな人間だということを見抜けないヤツがアホでしょう。






 熊本の野党統一候補はふくよかな女性でした。

大阪の堺市出身の弁護士らしいのですが、高校時代から熊本の八代で暮らした元シングルマザーという話でした。九大を卒業して2003年に司法試験に合格して。貧困や女性問題に取り組んできたみたいです。アベノミクスの失敗により貧富の格差が拡大して飽食の時代に3食まともに食べれない子供も増えてきているとか。

与党は多摩での桝添の演説のように被災地に寄り添うフリをして、選挙前に最大7割引になるクーポンを配って話題つくりをするのでしょう。またもしも選挙前に「保育園落ちた 日本死ね」みたいな風が吹いて自民の候補者がヤバいと泣きついてきたらおばさまに人気の小泉の息子を投入したりするのでしょう。それくらい善戦してくれれば良いのですが…






 今回も世襲総理は争点を隠して戦うようです。

桝添に心を入れ替えて都政を頑張ってほしいと願う人がいないのと同じように、最初から無理があるアベノミクスに期待する人なんてほとんどいないでしょう。世襲総理は「アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」と具体的じゃない絵空事を公言していましたが、そんなことができるのならマイナス金利を導入する前にやれよとツッコミを入れたくなりました。

前回の選挙では争点を経済問題だと言って勝利し、選挙前には隠していた戦争法案を強行採決してしまいました。それを批判されるとマニフェストに書いていたので、国民から支持されて国会で多数派となったので法案を通すのは当然といった傲慢さでした。今回もマニフェストの最後に小さく憲法改正について書かれていますが、同じ手法で騙せると考えているのでしょう。国民もナメられたものですね。






 福島の白河市長が義捐金持参で来熊されました。

5年前に被災して熊本のことを他人事と見ることができなかったのかもですが、石垣の補修工事を行われている身として貴重なアドバイスもしていただけたようです。

やはり白河市ではジグソーパズルのように昔の写真を元に地道に積み上げられているみたいですが、桜の馬場から見える部分などはそういった在来工法が相応しいでしょう。しかし熊本城での崩れた場所はあまりにも広範囲すぎますので、目立たない場所は安価なERPなどを使って予算の総額を抑えるべきでしょう。






 九重に被災ペットの保護施設が作られたそうです。

益城町の避難所にもペットを預かるコンテナがありましたが、熊本地震で被災して避難所や仮設住宅で暮らすことになって飼い主がペットと共に暮らすことが難しくなることが予想されていました。「九州動物福祉協会」という団体により九州電力所有の元キャンプ場の一部が借り上げられ、古くなったバンガローを改修して犬や猫など最大500匹が受け入れられるとのことでした。悪い話では無いのですが、熊本市内からだと2時間以上かかりますのでペットの負担が大きいでしょう。






 広島では折り鶴の展示が始まったそうです。

平和記念資料館でオバマ大統領が手伝ってもらって折った鶴が8月末まで展示されることになったということでしたが、それに文句があるわけではありません。しかし日本のマスコミはノーベル平和賞を受賞したオバマは核のボタンを内臓したバッグと共に広島入りして、これからの数年で1兆ドル投資してアメリカの核兵器の近代化を企んでいる政治家であることを前置きして伝えるべきだったと思います。

またアナウンサーは「オバマ大統領が折った鶴」と断定的に報じていましたが、証拠が無いことを美談風に伝えることはいかがなものかと思います。オバマが多額の思いやり予算を支払ってくれる国に対して米軍関係者による強姦殺人事件後の印象を良くしたいと折り鶴を持ってきたことを否定する気はありませんが、本人が折るシーンを確認していないのであれば、断定的に伝えちゃダメでしょう。






 今年の上期のヒット商品番付の発表は笑えました。

東の横綱が「安値ミクス」だったのですが、編集部の気持ちはわかりますが響きが悪いですよね。アベノミクスの失敗により消費者の安値重視の傾向が続いているわけですから「アホノミクス」の方がピッタリなのですが、円安で輸出が増えることを無批判に良いことのように報じてきただけに世襲総理の内閣を刺激し過ぎないように配慮したのでしょう。

「アホノミクス」は安部がアホだと喧嘩を売るような感じですが、「安値ミクス」なら総理は頑張ったけど内外の複合要因で国民が低価格重視になったと責任回避の片棒を担ぐことができますので。ちなみに西の横綱は「マイナス金利特需」でしたが、今期のヒット商品番付はあまりにもサミシイですよね。これも「アホノミクス」の悪影響で日本の大企業が自社の抜本的な改革を先送りしたからでしょう。その真実を報じない日本のマスコミは世襲政治家たちと同罪だと思います。






 地震で遅れていた蔦屋書店が明日オープンします。

本当は大型連休前の4月28日くらいに新装開店するはずだったらしいのですが、2度の大地震で古い建物の外壁にクラックが発生していましたので安全なレベルまで補強するのに時間がかかったようです。それで大阪店より遅れることになってしまいましたが、私は人口が少ない熊本は地震が発生したこともあって消費が伸びなくて苦戦するんじゃないかと予想しています。






 この人は街で会ってもわからないと思います。

ウィキペディアによりますと神奈川県出身のシンガーソングライターで、熊本とは特に関係性は無いみたいです。今月末に福岡でコンサートが行われるので熊本のファンにも来て欲しいと考えておられるのかもしれません。それとも熊本に何らかのコネクションがあり、福岡公演の前後に来熊されて避難所を慰問される考えがおありなのかもです。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/09(木) 23:58)

  ようやく始まった熊本城の石垣撤去工事を見て考えたことは…


  ようやく熊本城の石垣撤去工事が始まりました。

クレーンで吊り上げた石に番号を手書きしてトラックに積み込んでいたのですが、それを基準にしてパズルのように元通りに組み上げるのに350億円ほどかかるのではと試算されているようです。熊本県や熊本市は地元や県外のお城愛好家や熊本県民の寄付などでは石垣や天守閣などの補修費用を賄えないので国費の投入をお願いしたいと希望しているのでしょうが、大借金国の日本政府に余裕があるはずもありません。

安全面からも被災地復興のためにも石垣は整備すべきですが、私はコンクリート製の天守閣を「熊本の誇り」と公言しても平気な土地柄ですので、石垣も在来工法で地道に行う必要はないと思います。まず斜面を崩落しないように最新技術で処理して、写真を元に工場で量産した石垣を模したFRPのパネルを貼り付けて完了ということにすれば大幅に安くできるでしょう。

もちろんニセモノの天守閣と違って、「武者返し」と呼ばれている石垣は故黒澤明監督も惚れたというホンモノです。「たとえ何年かかっても在来工法で元通りに…」と願う気持ちを否定する気はありません。団体や個人の寄付だけでも100年かけてというのなら「ご自由にどうぞ」と思いますが、税金投入となれば話は変わってきます。道路や橋などのインフラ整備などで多額の国費の投入が予定されていますが、私は熊本県民は欲張ってはいけないと思います。






 熊本城がよく見える場所が話題になっていました。

天守閣と熊本市役所の中間に「城見櫓」という景観をウリにした飲食ビルがあるのですが、現在はまだ営業再開をしていないので、建物の中でいちばん見晴らしが良い6階を見学者のために無料開放しているという話でした。崩落寸前の飯田丸五階櫓は余震と雨により応急処置が間に合わなければ瓦礫と化してしまいかねないのですが、この場所はその瞬間を見ることができる抜群のロケーションのひとつでしょう。






 ずいぶん減りましたが、まだ余震は続いています。

夕方のニュースで熊本城の石垣の撤去工事が行われ、それでようやく加藤神社までアクセスできるようになったことが5分ほどの動画にまとめられていたのですが、その最後の熊本城が4,14以前のようにライトアップされたあたりで余震が発生しました。最近はしつこいくらいに表示されていた地震情報のバナーも無くなりましたし、ムカつくACジャパンのCMも激減してくれました。余震の回数も減ってるようですが、M7クラスの3度目が起きないという保障はありませんので最悪の場合に備えておくべきでしょう。






 石原家のご子息の一行が来熊されていました。

来月の選挙日が決まったことですし、野党が候補者を一本化したので万全を期しておくことにしたのでしょう。ヒマそうで知名度があるので、幹事長から「被災地に寄り添ってるフリをしてこい!」と言われたんじゃないでしょうか。保守色が強い熊本には天皇も送り込みましたのでよほどのことが無ければ女性候補に負けることは無さそうですからね。






 石原家の親父は被災地に興味が無さそうです。

私は作家としても政治家としても才能が無いと思いますが、金儲けの才覚はこの世代の老人としてはずば抜けていると認めています。出版社の社長から「本が売れるから…」と進言されたからでしょうが、自分の言いなりになるバラエティ番組に偉そうに出演して本の宣伝に余念がありませんでした。

若い頃は対立していたという新潟の政治家を「天才」と持ち上げて話題性を高めて重版を続けていますが、私は犯罪者の功績ばかりを過大評価することは子供も教育に害があると不快に感じています。この老人のせいで桝添も図に乗った部分があるはずですが、誰も正面から批判しないとわかりきっているので他人事のように笑っていたのには呆れました。このタイプの老人に都政を任せてしまったことが間違いでしたが、その間違いを犯した連中が桝添に投票して「天才」を購入し、次は新刊の「総理」を購入するのでしょう。






 熊本の復興がテーマの店が計画中という話でした。

下通アーケードの西銀座通りの角、ファミリーマートの対面のビルが改装中らしいのですが、以前はくまモン関連商品を販売する店で悪いロケーションでは無いと思います。熊本の若年層向けの番組と組んで地元の高校生たちと商品開発することは悪くないアイデアだと思いますが、それが成功するかは高校生たちの面子次第なので心配です。ビギナーズラックがあれば良いでしょうが。






 梅雨入りしたばかりですが夏ギフトのCMが始まりました。

私は今年は被災地での贈答品の売り上げは落ちるのではと予測しているのですが、復興特需で儲かる職種の間では購買量が増えるかもしれません。また7月から最大7割引のクーポンが発行されたら勝ち組となる地域も出てくるでしょうし、貧富の差はますます大きくなりそうです。このアイスは見たことがないのですが、仮設住宅の冷蔵庫には縁が無いのでしょうね。






 ローソンの新しいキャンペーンが始まりました。

先日までは熊本限定でおにぎりの100円セールなど行ってきたのですが、今日から7月4日まで「くまもと応援キャンペーン」ということでくまモンがデザインされた新商品を投入するみたいです。そのキャンペーン商品の売り上げの一部は熊本地震の被災地に寄付されるということですが、日赤を通すというのはいかがなものでしょうか。

ローソンは被害が大きかった南阿蘇に景観に配慮したログキャビン風な店舗を出していますが、被災地だからこそ個性的な店舗をたくさん出していただきたいものです。くまモンは「くまもとサプライズ」のキャラクターであることを思い出して、これまでの常識にとらわれない発想で驚かせてほしいものです。






 なぜかこんな人のメッセージもありました。

ウィキペディアのプロフィールを見ても「佐野ブランド大使」とか「とちぎ未来大使」とか「埼玉県コウノトリ大使」など北関東ばかりで熊本とは関係なさそうですが、コンサートでは何度か来熊されているのかもしれません。お願いすれば節操無く受けてくれそうなので「くまもと幸福大使」でもお願いしてみてはいかがでしょうか。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/08(水) 23:59)

 体温が高い老猫を膝に乗せるのがツラくなった梅雨時に考えたことは…
fc2blog_20160602141922747.jpg

 被災地になって最初の梅雨の季節となりました。

今日は晴れてくれたのですが、そうなると気温が上がって扇風機の出番となります。私はエアコンは苦手ですのでクソ暑い熊本の真夏でも扇風機や団扇で凌いでいるのですが、体温が高い老猫を膝に乗せてじっとしてるのはツラい時期になりました。上海に飛んだらしばらく会えなくなるのでたっぷりスキンシップしておきたいのですが、熟睡されてしまうと動けなくなるので困るのです。PCの上で熟睡されるのも困るのですが、まだ自由に動けるのでマシです。

今日も被災地の熊本ではいろんな理不尽なことがあったので文句を書いておきたいのですが、4,14以降はずっと書き続けてきたので疲れが溜まっています。タイから先の旅行先もそろそろ決めなきゃなりませんので、今日は更新をこんなもので終えることにしました。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/07(火) 23:19)

 上通の郵便局で知ったマスコミで報道されていないことは…


 ヤボ用で上通の郵便局の出かけました。

そこに置いてあったNHKの「ひのくに通信」の表紙に「がんばろう熊本」とあったのでイラっとしたのですが、その内容が被災者の受信料の免除でしたので、何か策略があったのではと疑ってしまいました。最近はずいぶん減りましたが、4,14から最近までテレビ画面に地震情報のテロップが流され続けていたのですが、運転免許証の更新時期が数ヶ月の猶予があることなどは表示されていました。

しかし被災者に対して受信料の免除があるという情報は私は見かけたことがありませんでした。マスコミでは報道されていないと思いますが、それは被災者が免除の手続きを忘れてくれることを期待していたためじゃないかと疑ってしまいました。






 まだこの洋館の工事が始まっていませんでした。

4月16日に熊本城の周辺をチェックしに行った時に洋館のレンガの煙突部分が崩落していることに気がついていたのですが、その数日後にブルーシートがかけられていたので「梅雨入りする前に修復されるのだろう…」と勝手に思い込んでいました。しかし技術を持った作業員が忙し過ぎるためか、そのまま放置されていました。

もしかしたら公費で建物の取り壊しが無料になるので順番を待っているのかもしれません。周辺はマンションや集合店舗だらけになっていますので、日航ホテル裏の一等地で庭付きの洋館のまま法律事務所として使い続けるのはもったいないとも思えますし。






 ランチは冷やし中華と杏仁豆腐にしてみました。

春秋航空での上海行きが迫ってきましたが、中国では冷やし中華も杏仁豆腐も食べないはずなので問題ありません。和食には飽きていますので安く売られていた食材を選んだだけですが、外食で中華を口にしたのは5月12日にホテルキャッスルに行ったのが最後ですから適度に中華料理に飢えています。






 夕食にジャマイカ料理を食べるか悩んでしまいました。

録画しておいたニュースで桝添関連の茶番劇の様子をチェックしてから、熊本のテレビ局員たちによるローカルニュースも最速で早送りしながらお得情報を探しました。ごく稀にではあるのですが、激安なセールや限定数がある売り出し情報などが放送されたりしますので。

今日はテレビ局の駐車場にジャークチキンの移動販売車が来ていたのですが、私の記憶に間違いなければ熊本空港の近くで営業していたヤツだと思います。以前に何度か阿蘇に行く途中に通った時に試してみようかと考えていたのですが、消え去っていたので残念だったのです。

どうやら移動販売で資金を貯めて西原で店を開かれたようですが、2度の地震で被災されて移動販売に戻られたようです。西原ではライフラインの復旧が遅れていたことも理由なようですが、俵山トンネルの復旧が期待できないのでジャークチキンを食べるようなドライブ客は当分やってこないと判断されたのでしょう。

和食には飽きていましたし、久しぶりにスパイシーな料理を食べてみたいと考え、テレビ局の駐車場に行ってみようかと悩んだのですが、追っかけ再生でしたのでテレビ局に到着した頃には無人状態ということもあり得ました。明日は肥後大津駅前で営業されるということでしたので、そちらを選ぶ方が確実でした。しかし災害復旧車両も多くて慢性的に渋滞気味なこともありますので、ジャークチキンだけのために往復1時間もドライブしたくは無いのですが…






 熊本の新聞の夕刊は相変わらずの紙面でした。

桝添の茶番劇は夕方からでしたので16時前後に宅配される夕刊に間に合うわけは無いのですが、それでも被災地の子供たちを載せるのはいかがなものかと思いますが。首都圏の夕刊なら仮病疑惑の甘利や沖縄の米軍関係者の酒酔い事故の件などが報じられていたでしょうが。まあローカル情報を選ぶにしても立野ダム近辺の危険性やひこにゃんが来熊した話などの方が良かったのでは…






 熊本県庁に水素ステーションが完成したそうです。

九州では人口が多い福岡を差し置いて初めて導入されたそうですが、大津町にホンダの工場があるからなのかもしれません。また燃料電池自動車は水素を満タンにしておけばライフラインが途切れた非常時に電力の供給も可能ですから3度目のM7クラスの地震が発生する前にと優先されたのかもです。公用車である燃料電池自動車に堂々とくまモンを描けるのも子供ウケが良くてホンダの企業イメージのアップにもなりそうということも理由だったかもしれませんね。






 また老人たちが税金を使って会議をしていました。

今年の3月27日の県知事で大差で三選を果たした熊本県知事は70歳くらいですが、年齢のせいだけでは無くて2008年に出馬する前は東大の教授だった学者肌の人で緊急時のリーダーとしての資質には欠けているようです。県政の無駄を無くして財政再建をとの公約で当選して本人の給与も削減して自画自賛していましたが、役職が高い公務員たちと広大な敷地の公務員住宅に知らぬ顔で住み続けているようです。

4,14の後はすぐに優先順位が高いことを的確に指示する姿を県民に見せて安心させるべきだったと思いますが、しばらくくまモンと共に姿を見ませんでした。ある程度落ち着いてから原稿を棒読みして県民に力を合わせて復興をと呼びかけていましたが、「なんだそれ…」とガッカリさせるものでした。

熊本での大地震の発生をまったく想定していなかったためか有識者を集めて会議を行っていたのですが、その面子は男性ばかりでトップは災害に向き合った経験が無さそうなおじいさんでした。現場は混乱して、車中泊で死亡する人や被災者と向き合うことに疲れたためか公務員の自殺者も出ているのですが、おじいさんたちは県庁の会議室でお茶を飲みながら役に立たない話を繰り返しているようです。

熊本城も早期の復興をとコンクリート製の天守閣の改修工事を既定路線として話し合うのでしょうが、私はこんな時だからこそ解体して木造で再建すべきだと思いますが。現在の来熊した友人には薦めることができないレベルの天守閣を「熊本の誇り」だと公言したりする人種は会議室から追い出すべきだと思いますが。






 在京キー局の番組にくまモンが出演していました。

4月30日のブログでフジテレビがBSで始めた2時間枠の生の情報番組の司会を熊本出身の水前寺さんが務められることになったことを書きましたが、おそらくテレビ東京に抜かれたフジテレビが焦って被災地に寄り添う姿勢を見せることにしたのでしょう。

フジテレビは「料理の鉄人」などを放送していたこともあって、くまモンのテレビ出演に影響力を持っている小山氏に相談した結果かもしれませんね。全国的な視聴率はたいしたことが無かったでしょうが、熊本ではまあまあ良かったのでは。






 中国に続いてタイでも「にせモン」が現れました。

バンコクで書店と文具メーカーによって開催されたイベントにくまモンの偽物が現れたらしいのですが、その体形の違いからファンに指摘されて謝罪に追い込まれたという話でした。今年の1月8日にくまモンが初めてタイのショッピングモールでデビューした時は私はたまたまバンコクに滞在していたのでチェックしてみたのですが、知名度が低いみたいで盛り上がりに欠けていました。

それから地震があったこともあって親日家のタイ人の間で熊本の知名度も多少は上がったのでしょう。私は中国旅行の後に香港からタイに飛ぶチケットを買いましたが、タイの皆さんもぜひ熊本に観光に来ていただきたいものです。7月からは最大7割引になるクーポンも企画されていますし、ジェットスターの福岡便が無くなる前に乗っておかれると良いと思います。






 熊本出身の映画監督のインタビューもありました。

昨年の内に熊本城で「うつくしいひと」の撮影をされていましたので、最後に熊本城で撮影した監督として記録に残ることになるのでしょう。私はこの監督の作品は見たことはありませんが、今回の地震と「うつくしいひと」で知名度がかなりアップされたことと思います。

「うつくしいひと」は俳優も裏方もすべて熊本出身者で撮影されていましたが、地震があったこともあり次回作を作ることになれば皆さんの協力を得ることができるでしょう。監督は2度目の本震の時にたまたまホテルキャッスルに宿泊中で大地震を体験されたようですが、それを生かした作品の構想があるのかもしれませんね。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/06(月) 23:59)

 熊本城が描かれた新聞の折り込み広告に感心させられた理由は…


 熊本城が描かれた新聞の折り込み広告がありました。

地元に密着した不動産会社の、今後も被災者に寄り添っていきますといったメッセージが手書きで原稿が作られていたのですが、文字が上手すぎないところが誠実っぽくて効果的だと感心させられました。この不動産屋に限らず、熊本では4,14以降は賃貸住宅の需要が高まりましたが、仮設住宅の供給が進めば逆に条件が悪い物件は余るようになるでしょう。壁が薄くて安普請でも無料で住める方を選ぶ人が多数でしょうから。






 新聞に宇土市の駅カフェのことが載っていました。

昨年の10月16日に天草をドライブした時に初めて立ち寄ってみたJR三角線の網田駅は熊本でいちばん古い駅だということでしたが、地元のまちおこしグループが土日祝日のみオープンする駅カフェが営業再開したという話でした。その「網田レトロ館」では新メニューとして復興祈願のオムライス「OHDAーMADE」を提供しはじめたみたいですが、そのネーミングは苦笑してしまいますが、コーヒー付きで550円ということですから許せますよね。





 阿蘇エリアの地下で何か異変が起きているようです。

阿蘇の内牧駅の北側で約9キロに渡って地盤の割れや陥没が直線状に並んでいるのが確認されたらしいのですが、これまで知られていなかった活断層が存在するとの見方が研究者の間で強まっているそうです。それと関係があるのか不明ですが、源泉が枯れたり、逆に新たな場所から湧出したりしているみたいです。

阿蘇の温泉街は大型連休は後片付けなどに追われて宿泊客のキャンセルにも耐えることができたでしょうが、落ち着きを取り戻した今は夏休みに最大7割引のクーポンでどれだけ観光客が戻ってきてくれるか、どうやって阿蘇の復興をアピールするかなどが話し合われていることでしょう。そんな前向きな気持ちを活断層は一瞬で吹き飛ばしてしまうかもですが、こればかりは非力な人類はどうしようもありません。ただ最悪の場合を想定して備えておくしかありません。また「熊本でこんな大地震が起きるとは思わなかった…」と言うようなアホな政治家を二度と選ばないことでしょう。






 ようやく仮設住宅の入居が始まったそうです。

神戸や東北で何度も見かけた仮設住宅が熊本にも続々と建設中ですが、九州北部豪雨の後に阿蘇市に作られたものに較べると殺風景で寒々しい感じがします。避難所に建築家の板茂氏が紙管のパーティションを届けに来ていただけた時に熊本県知事も熊本市長も説明を受けていましたので女川みたいな住み心地が良さそうな仮設住宅を作ってくれるのではと期待していたのですが、政治屋たちは復興特需でどれだけ私腹を肥やすかにしか興味が無いのかもです。

ちなみに熊本県は細川知事時代にアートポリス事業という公共建築物を現代建築に精通した著名な建築家に設計してもらう事業を続けてきたのですが、東北の被災地の仮設住宅に建築家の呼びかけで建材メーカーの支援で数軒が作られた「みんなの家」みたいなものを作るという話も出てきていないようです。現在のアートポリスのコミッショナーは伊東豊雄氏みたいですが、熊本県の公式ウェブサイトには何も新しい計画の情報は載っていませんでした。






 新聞に蕎麦屋の広告が折り込まれていました。

先月の26日に福岡の友人の馴染みの博多ラーメン屋が休みだったので食べに行った福岡発の郊外型外食チェーンのウエストの系列の「生そば あずま」 という店の熊本1号店でしたが、クーポンがランチが50円引き、ディナーが100円引きというのは訴求力が無いですよね。個人的にはデザートやビールの無料券の方が嬉しいのですが…






 最近はコンビニの競争が激化しているようです。

セブンイレブンは全国の店舗でやってたみたいですが、ローソンは熊本県限定で100円セールをやっていました。本当に熊本だけなのかなと疑って公式ウェブサイトをチェックしてみたのですが、どうやら本当みたいでした。ちなみに6月7日からは九州エリアのローソンの店舗で「くまもと応援キャンペーン」が始まるそうですが、熊本県の食材を食べて応援するというコンセプトで対象商品の売上の一部は義援金として被災地に届けてくれるそうです。






 熊本の納豆メーカーがようやく復活しました。

通行止めになっている白川橋から徒歩圏内の世安町に本社があるマルキン食品は、宇土市の工場の仮復旧を終えて納豆製品の生産は再開したそうです。そう言われてみると4,14以降はスーパーの納豆売り場は品揃えが悪かったようですが、これからは4,14の前に戻るのでしょう。昨年100周年を迎えた食品メーカーは「元気が大好き」とのことですが、元気に本格復旧してさらにオリジナル商品のバラエティを増やしていただきたいものです。






 台湾での熊本支援の様子を紹介していました。

次の旅行の最後の訪問地は台北ですので、BSジャパンで放送された台湾を取材した「未来世紀ジパング」を録画してみました。番組の冒頭で台北にオープンしていたくまモンのカフェを紹介していたのですが、なぜかテレビで見かけたのは私は初めてでした。

親日家が多い台湾では熊本地震への感心も高くて多くの寄付も集まっているようですが、チャイナエアラインの高雄からの直行便も復活したことですし、寄付や「買って支援」よりも最大7割引のクーポンは7月から12月くらいまで使えるみたいですから観光に来ていただきたいものです。本物のくまモンも「熱烈歓迎!」するでしょうし。






 テレビ朝日の番組でアベノミクスが否定されていました。

ゲストの女性の権利を主張されている元国会議員のおばさまが「アベノミクスは成功しない」と切捨て、男性のゲストと不毛な論議を繰り返していました。基本的に放送法で縛られていて、広告収入を増やすために景気が浮揚している状態を好む民放キー局はアベノミクスの幻想にすがりたい傾向が強いのですが、戦時中に軍部の大本営発表を垂れ流して被害を大きくした反省がわずかに残っていて、両論を公平に放送していましたというアリバイが欲しいのでしょう。

しかしどちらかといえば平均給与が一般企業より高いテレビ局員は報道部門であっても与党寄りの人が多いのでしょう。民間企業が内部留保を増やすことが難しくなるような仕組みが無ければアベノミクスがいずれ限界を迎えることを知っていながら、それに代わる経済浮揚のアイデアを持つ政治家が見当たらないので静観しておくことにしているのでしょう。テレビ局員は報道部門であってもサラリーマンですから、本当のことを指摘して上層部から睨まれたくはないでしょうから。エセジャーナリストにとっては沈黙は金なのでしょう。






 高齢者向けのこんなメッセージもありました。

5年前の合併で現在は熊本市北区になっている鹿本郡の植木町出身の紅白出場経験がある演歌歌手で、熊本市の「わくわく親善大使」を務めていらっしゃるようです。歌番組はまったく見ませんし、紅白は録画しても歌の部分はスキップするので名前だけしか知らないのですが、地元の商店街などでの人気は絶大なのでしょう。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/05(日) 23:59)

 被災地の熊本が梅雨入りした日の午後に作ってみた料理は…


 ついに苦手な梅雨に突入してしまいました。

まだ余震が続いていますので、地盤が緩んだところに大雨が降ったりすると新たな地滑りなどの危険があります。地震も梅雨も非力な人類はどうしようもないことですので空を見上げてため息をついた後にランチを食べることにしたのですが、冷蔵庫の残り物から堅焼きそばにしてみることに。中国旅行の前ですが、堅焼きそばは大陸では見かけませんので問題ありません。






 午前中のローカル番組は相変わらずでした。

週末のイベントなどを告知したい3つのグループがクイズに成功すると告知タイムをゲットできるというのはコスられ過ぎている手法でしたが、その撮影場所はテレビ局のロビーとコストをかけない方針でした。ごく稀に役に立つ情報があるので録画しておいて早送りしてチェックしているのですが、CMをワンボタンで簡単にスキップできるHDレコーダーが普及している中でこんなことを続けていて大丈夫なのでしょうか。地方局の番組制作能力の低下は深刻だと思います。






 山鹿の八千代座の演劇公演のことを見かけました。

先月の26日に福岡に行った帰りに山鹿市のさくら湯に寄ったのですが、その時に八千代座で佐々木蔵之介さんたちが舞台公演されたことを知りました。その終了後に収益金の一部の約370万円を被災地への義援金として舞台上で県職員らに手渡たされたそうです。

もちろんそれだけでも十分に被災地のためになるのですが、もし新幹線でなくて飛行機で羽田にお帰りであれば益城の避難所に寄って分配していただければ良かったのでは。






 ヤボ用があったので夕方に上通方面に出かけました。

その時に信号待ちしている時に投げ銭システムの西原村の復興支援ライブの看板があったので撮影したのですが、こういった小規模なものもあちこちで開催されているようです。それぞれが自分の交流がある地域のために行われているのでしょうが、そのいくつかをまとめて中規模なものを開催するのが効果的だと思いますが。

梅雨が終わって最大7割引きの旅行クーポンが発行されはじめたら広域からの集客も期待できるはずですし。






 ヤボ用の帰りに熊本駅方面に行ってみることに。

24日の夕方にシンガポールの友人が来熊した時に熊本の歴史ある問屋街も案内したのですが、その時は薄暗かったので撮影はしませんでした。ローカル番組で老舗のフレンチは工事を終えたら再開予定という話でしたし、その隣の自然食品店は電車通りの事務所があったビルの仮店舗で営業中ということでした。高度成長期の地上げに耐えてきた貴重な建物が残っている地区ですので、なんとか元通りに再建していただきたいものです。






 この店は復旧の目処が立たないようでした。

店内に足を踏み入れたことはありませんでしたが、和風な食器などの雑貨販売と軽食を楽しめるカフェみたいなものの複合店でしたが、外から見た限りでは大きなダメージは無さそうでした。もう4,14から1ヵ月半になりますのでライフラインはすべて回復しているはずですが、もしかしたらキッチンやトイレなどの水回りに深刻なダメージが発生しているのかも。まあそれなら時間とお金をかければなんとかなるのでしょうが、オーナーさんの心が折れていたりすると…






 通行止めになった白川橋に初めて行ってみました。

活断層から少しだけ離れている熊本市内では新幹線は脱線して止まりましたが、在来線は無事でした。また熊本市電は線路の歪みを応急処置して2~3日後には走りはじめました。益城や嘉島では高速道路がダメージを受けて通行止めになっていましたが、熊本市内では橋の崩落は免れたようです。

一般道はあちこちで外壁の落下により通行止めになってましたが、私が知る限りでは橋の付け根の部分がダメージを受けて段差ができていたのはここだけです。調査が終わって改修工事が始まったようですが、産業道路は大動脈だけに遅過ぎるように思います。






 買い物に行ったスーパーで小さな発見をしました。

大正8年に鹿児島で会社が設立されたというセイカ食品はクラシカルなデザインのパッケージの「ボンタンアメ」を作り続けているのですが、その新しいパッケージには小さな見本みたいなものが取り付けられていました。ボンタンアメのことを知らない若い世代のために工夫されたものでしょうが、それは会社の存続をかけた重要な決断だったのかもしれません。






 世襲総理の一行がまた熊本にやってきたようです。

4.14後に世襲総理はしばらくの間は永田町から自衛隊員に指示だけしていたようですが、北海道の補選の前に来熊して点数稼ぎをしていました。その後にもう一度やってきて、サミット後にムチャクチャな論理で消費増税の先送りをして評判が悪いので「被災地に向き合う」アピールをしておくことにしたのでしょう。

今回も天皇のマネをして避難所で膝をついて握手して回っていましたが、このアピールは効き目があるのでしょう。さすがに最近はアベノミクスが失敗してるという認識が広がっていますし、日本幸福党以外の野党は候補者を統一するようになっていますので、選挙前にあちこちに顔を出しておくことにしたのでしょう。






 私はいつも有名人のメッセージを紹介してきました。

今回は2度目の熊本出身の書道家のものですが、今回は被災者に言葉をかけた後に筆を握っていました。私は書道の知識が無いのでよくわかりませんが、あまり上手くないのではと思えてしまいます。まあ「頑張ろう」と書いていなかったので文句はありませんが。(笑)





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/04(土) 23:59)

 筍とズッキーニの和風パスタに合わせてみた白ワインの味は…


 熊本の天気が良いのも今日までという予報です。

また明日からは被災地に雨が降るということですので、洗濯を済ませておきました。もうそろそろ九州も梅雨入りですが、その雨が土砂を洗い流してくれて南阿蘇の行方不明者が見つかれば良いのですが。ただし余震がしつこく続いていますので、新たな土砂崩れなどが発生することが危惧されます。さすがに3度目のM7クラスの大地震は起きないでしょうが、雨で土壌の水分量が多いとM4クラスでさえ引き金をひくことがあり得ますので…

大自然を相手にはできないので、空腹を満たすために福岡の道の駅で購入した筍とズッキーニを使って和風パスタを作ってみたのですが、それにはチリの白ワインを合わせてみました。福岡のやまや千早店で購入したのですが、3リットルで990円と安いわりには味も悪くありませんでした。アベノミクスの失敗が明白になればますます円高となり、中国経済が低迷してチリからの銅の輸入が激減すればペソ安となるかもですので楽しみです。






 朝の帯番組のゲストは漫画家の先生でした。

熊本県葦北郡芦北町出身で「仮面ライダーSPIRITS」などを描いていらっしゃるそうですが、歴代の仮面ライダーの中心にくまモンが描かれた「くまモン頑張れ絵」はあさって5日発売の月刊誌の表紙になるそうですので、さすがに完成度が高くて見応えがありました。

これまでにこの先生以外にも著名な先生たちが自分たちが被災地のためにできることをと「くまモン頑張れ絵」を描いてくださっていますが、その原画は漫画マニア以外でも見てみたいはずです。他見からボランティアに来てくれるような学生さんも興味があるでしょうし、観光客にもアピールするはずですから、工事中の旧ダイエーの防護壁などを使って展示会を行えば良いでしょう。

その原画展を開催するのを漫画家の先生たちに許諾をいただく時に手土産にくまモングッズや熊本県産の野菜などを差し入れして、「熊本城頑張れ絵」も描いていただけたら復興に役立ちますとお願いしてみれば良いでしょう。「くまモン頑張れ絵」を描いてくれた心優しい先生たちですから、商業目的で無ければ引き受けていただける可能性は高いのでは。






 帯番組で意外な国際交流のことを知りました。

私はまったく知らなかったのですが、今回の熊本地震で被害が大きかった益城町にはかつて日赤関連のベトナム難民のための「益城古城園」という援護施設があったそうですが、その時に益城町にお世話になったからとベトナムで集めた義援金を持って駆け付けてくれたそうです。日本との関係が深い台湾からの援助は全国ネットの番組でも大きく報道されましたが、おそらく益城町にかつてのベトナム難民から支援があったことは報じられていないでしょう。

訪問された元難民の方は現在は第一生命のベトナム子会社の会長職を務めておられるそうですが、ベトナム各地の170ヶ所に置かれた募金箱に集まった5億ドンと第一生命グループからの3000万の義捐金を届けてくれたそうです。5億ドンは円高傾向ということで日本円にしてみると250万円ほどですが、寄付は金額の多寡は無関係です。難民の方たちが青春時代を過ごした熊本のことを忘れずに自分たちにできることをと行動xしてくれたことに感謝すべきでしょう。






 静岡でこんな熊本支援のイベントが行われたそうです。

沼津市の桐陽高校の皆さんが文化祭の開催に合わせてスーパーやコンビニエンスストアなどに協力を呼び掛けて全校生徒で空き缶を53万個のを集めて熊本城と「がまだせ日本」の文字を描いてくれ、展示後には換金して熊本への義援金として送ってくれるみたいです。

熊本の被災者たちのことを考えながら並べてくれたのでしょうし、沼津市の高校生の皆さんの取り組みには感謝しかないと思いますが、今回の地震は大分にも被害を与えたので九州の地図に配慮がされていたらと思いました。もし太平洋沖で大地震が発生したら静岡県も被災地となるかもですので、静岡の皆さんには夏休みにでも最大7割引になるクーポンを使って九州旅行されることをオススメします。テレビなどで見るのと現実は大きく違いますので。






 行方不明だった7歳児が無事に発見されました。

北海道は雪が降るほど冷え込んでいたので、「誘拐など事件に巻き込まれていないのであればキビシイのでは…」と予想していたのですが、いろんな幸運が重なって無事に家族と再会できました。少子高齢化の時代で、特に北海道は人口減少の影響が大きいと予想されていますので、7歳児が無事だったことは実に喜ばしい話ですし、躾に厳しかったお父さんも責める気はありません。

ただこの報道も見て頭に過ぎったのは南阿蘇の行方不明者のご家族のことです。東北の津波被害で家族の消息がわからなくなってる方も同じでしょうが、この報道を見て心から「良かった…」と思っていらっしゃるでしょうが、焦燥感が増したりするかもですので。






 ニュースで放送番組審議会のことを見かけました。

毎月8人ほどが熊本放送の番組審議会で放送内容について話し合っておられるようですが、私はかなり問題があったと感じています。私は熊本の放送局で作られている番組は無駄話が多過ぎますし、カメラを意識し過ぎたオーバーアクションが不快ですので早送りしています。ですから的外れな批判になるかもですが、4,14以降の腰が引けたような熊本の放送局の取材には不満だらけです。

もちろん放送局員も被災者になられたのでたいへんだったでしょうし、余震が続いていたのでリスクがある場所への取材はやりにくかったのでしょう。しかし筋書きが見える美談ばかりが鼻につきましたし、高速の橋の落下や俵山トンネルの崩落の様子などの取材がわざと報じられなかったんじゃないかと疑っています。






 仙台からさとう宗幸氏が慰問に来てくれました。

1978年の「青葉城恋唄」の大ヒットや「2年B組仙八先生」で俳優としても活躍され、1995年からはミヤギテレビの夕方ワイド番組「OH!バンデス」の司会として宮城県で安定的な人気を獲得されているようです。熊本の日本テレビ系列局との交流が続いていて、そろそろ被災地の迷惑にならないだろうと来熊してくれたのでしょう。

さとう宗幸氏は益城などを視察してから、東北の被災地に出向いてラーメンを届けていたNPO法人の本拠地を訪問されていました。4,14以降は支援する側が被災者となったのですが、それでも志を失わずに支援を続けている現場で心のこもった熊本ラーメンを味わい、近隣住民のリクエストに応じて心をこめた歌を披露されていました。






 週末は天草で花しょうぶ祭りが開催されるようです。

活断層から距離があって大地震の被害が少なかった天草のような地域でも「余震が続いているという熊本県は危ないだろうし、混乱してる時期に観光に行くと迷惑なのでは…」と考えたりする人が2016年に実在するみたいで風評被害に苦しんでいるようです。まあ余震は以前に較べれば少なくなっていますし、7月には最大7割引となるクーポンが発行されるでしょうから、夏休みの時期に大勢の皆さんに来熊していただければ良いのでしょうが。







 前報ステ司会者の古館氏を久しぶりに見かけました。

古館氏が報道ステーションから降りる直前にドイツに飛んで精力的に取材されたことが評価されてギャラクシー賞のテレビ部門大賞に輝いたという話でしたが、サミット後にムチャクチャな理由で消費増税の先送りした世襲総理には良い当てつけになったことでしょう。

古館氏はこのまま世襲総理たちの暴走を許せばヒトラーのよいな独裁政治を招きかねないという危機感からリスクを覚悟で「このままで良いのですか?」と視聴者に問いかけられたわけですが、サミット後の世襲総理の自分勝手な主張に対する批判は異常に少ないと思えます。世襲総理の内閣の恫喝にビビッてるような連中は私はジャーナリストとは認めませんが、もうそんなレベルが多数派ですから自己矛盾に気がついていないのでしょう。






 この女優さんも熊本の出身だったとは知りませんでした。

私は日本のTVドラマはほとんど見ないので、この人が出ていた作品のリストを見ても「あ~、あの作品か」と思い当たるものは皆無でした。しかし顔と名前は記憶していたのですが、なぜだかわかりません。ちなみに女優さんだけあって、語り口が優しいメッセージは流暢で心に響くものでした。「こんな子が息子の嫁に来てくれたら…」と夢想するお父さんたちも多かったのでは。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/03(金) 23:59)

 被災地の熊本で多少は気を使ってあるなと感じたことは…


 被災地の熊本では「がんばろう!」が氾濫しています。

5年前に九州新幹線の開業前に新幹線に乗ったことがないと思える人たちが盛り上がっていましたが、今回もそんなタイプの神戸や東北に行ったことがない人たちが好んで「がんばろう!」を使っていると思います。そんな人たちが普段の会話で「がんばろう!」を多用するのは個人の自由ですが、バナーや広告に使われるとイライラさせられます。「がんばろう!」のバナーは既に頑張っている神戸や東北や熊本などの被災地にではなく、長田町に設置するのが相応しいでしょう。

そんな中で多少は気を使ってあるなと感じたのは「歩き出そう熊本」のバナーでしたが、被災地の復興は個人差もあって時間がかかるので「1日1歩」という水前寺清子さんの歌のように時間をかけて確実にというものが求められていると思います。「がんばろう!」という言葉は急かされている感じがしますし、体調を崩していたり精神的に落ち込んでいる人たちには暴力的なものに感じるのでは。テレビ番組の地震情報と共にもう止めていただきたいものです。






 これは先週から始まった熊本県のCMです。

おそらく昨年の夏から秋にかけて2016年用のカレンダー用に撮影された画像だと思いますが、数枚の牧歌的な雰囲気のくまモンの画像の最後に「未来につなげ よみがえれ」のコピーが出てくる無言のCMでした。神戸や東北に較べればかなり少ないのですが50人ほどの死者が出た大災害でしたので、鎮魂のイメージがある静かなCMは悪くないと思います。

「がんばろう!」という言葉が選ばれなかったことも良かったのですが、「未来につなげ よみがえれ」は命令口調なのが気になります。また「よみがえれ」というのは神頼みっぽいニュアンスが感じられますので、無くても良かったのでは。「未来につなげよう 熊本県」で良かったんじゃないでしょうか。






 これも晴天の日に阿蘇で撮影されたものです。

土曜日の情報番組で高森の月廻り温泉を紹介していたのですが、ゴーカートが1000円とは強気過ぎますよね。4月29日から営業再開した阿蘇猿まわし劇場は最初は500円からでしたが。7月からの観光庁のクーポンが適用できて7割引で乗れたりすれば多少は賑やかになるかもですが、1000円じゃ閑古鳥が鳴いてしまうのでは。






 これも晴天の阿蘇をイメージして描かれたものでしょう。

南阿蘇に絵本美術館がある葉祥明さんの作品だと思いますが、女子サッカーチームのスポンサーとなったことで全国的にも知名度が上がったフジバンビという会社の黒糖ドーナツ棒の商品パッケージに描かれているのです。これからの夏の贈答シーズンに売り上げを伸ばしたいためかCM量もかなり多いのですが、そのこれまでのCMにメッセージを入れておくことにされたようです。






 ようやくあちこちのビアガーデンが始まったようです。

これは熊本城の目の前にあるホテルのビアガーデンですが、飲み食べ放題で3800円というのは強気過ぎるように思えます。平日にはカニ足なども出るそうですが、私は熊本城が見えることにメリットを感じませんし元を取る自信も無いので止めておきます。

ビールならレスラー並みにいくらでも飲む自信はあるのですが、ビールの値段が安い中国旅行が控えていますので…





 ようやく郊外のモールが営業再開したようです。

若い夫婦などに人気がある光の森地区のモールですが、これほど営業再開に時間がかかるとは意外でした。しかもシネコンはまだ閉まったままということですが、それも何か裏事情があるのではと疑ってしまいます。4,14以降に光の森の近くのハンズマンやスーパーに買い物に行きましたが、それほど大きな被害は無さそうでしたのでね。

今のところ光の森に出かける予定は無いのですが、私はモールマニアですから何かイベントなどあればチェックしてみたいものです。






 「くまもと復興NAVI」というCMを見かけました。

寺原自動車学校が熊本の学生を取り込むために発行していると思える「T1パークマガジン」という雑誌があるみたいで、今回は被災地で汗を流している学生ボランティアたちの特集なのでしょうが、このタイトルだと何のことかわかりませんよね。「T1パーク」というのも意味不明ですが、「M1グランプリ」からの発想なのかもですね。






 最近はLCCのセールが多いように感じています。

もう帰国便まで購入済みなので安そうなセールが始まると悔しいのですが、格安だと設定されている座席数が少ないでしょうし、ライバルが多過ぎて手が届かないかもしれませんので問題ありません。

LCCの競争が激化して選択肢が増えることは嬉しいのですが、以前は飛んでいた熊本から関空やセントレア便が復活してくれると個人的に嬉しいのですが。






 熊本地震の液状化の調査が進んでいました。

JRの鹿児島本線と平行する道路上に液状化の被害が集中していることが明確になったのですが、やはり江戸時代には白川と緑川を結ぶ支流が存在していたのでしょう。熊本の人口が増えてきて、船による物流が下火になってきたので、支流を埋め立てて道路にしたのでしょう。その時は液状化のメカニズムも理解されておらず、道路にするのだから多少の陥没が起きたりしても問題ないと考えられていたのでしょう。ちなみにこの液状化してるエリアでは転出が増えているようです。






 意外なアイドルからのメッセージがありました。

福岡のHKTではなくてAKBの皆さんでしたが、新曲のお披露目でもあったのかもしれませんね。以前のリーダーが引退してから露出が減ってる感じがするのですが、AKBのコアなファンはプル型でしょうから問題ないのかもしれません。ちなみにHKTには熊本出身の女の子がいるのですが、このメンバーの中にいるかどうかは不明です。指原は大分出身というのは高崎山の売店でポスターを見たので知っていますが…





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/02(木) 23:59)

 熊本県の予算が過去最大となると知って考えさせられたことは…


 熊本県の予算は過去最大となるそうです。

熊本地震対策費の1393億円を盛り込んだ補正予算案のニュースがあったのですが、新たに4000戸の仮設住宅を盛り込み、6月補正後の一般会計総額は9335億円と県政史上過去最大になるそうです。納税者である日本国民には最低限の生活を国が保障すべきですし、5位の農業県の熊本が大地震から復興することは将来の食糧危機に対しても意義があることでしょう。

世襲総理が次の選挙で勝ちたいために消費増税を先送りして国の財政はますますキビシクなりそうですが、そんな時期に国の予算を熊本の復興のために使うことは慎重であらねばならないでしょう。熊本の災害を他人事と考えずに「買って支援」をしてくれたりする心優しい方がたくさんいらっしゃるでしょうが、熊本県庁には予算の大幅増を喜んでいる古い体質の連中もたくさんいるでしょうからね。






 こんな熊本の被災者向けの支援がありました。

宮城県が熊本の被災者を宮城県内のホテルや旅館に受け入れる事業が始まったのですが、せっかくの面白い企画なのに情報量が少な過ぎて残念ですよね。私は毎年のように宮城県に行ってましたので宮城県の状況は理解していますが、普通の熊本の人には敷居が高いでしょうしね。次の旅行の予定が無ければ私も申し込みたいのですが、その最大の理由はイケアの朝食マニアの私がまだイケア仙台店の朝食を試していないからなのです。(笑)






 朝の帯番組の生放送は相変わらずのヌルさでした。

今朝も熊本弁バージョンのラジオ体操の後で県内の高校の合唱部の生中継が行われていましたが、この高校の関係者以外は私と同じように早送りしているんじゃないかと考えたりしました。この合唱部の皆さんはブルーレイなどに永久保存版として焼いたりするのでしょうが、30年後くらいに「がんばろう熊本」の文字を見て地震のことを懐かしく思い出されたりするのでしょうね。






 開店前から老舗百貨店は行列だったそうです。

4,14から1ヵ月半も経ってようやく全館開業となったわけですが、再開発のために県民百貨店は閉店してしまい180万の人口の熊本県には百貨店は鶴屋だけになりましたので、復活を待ち望んでいた高齢者は多かったようです。イケアの朝食マニアの前にモールマニアだった私の評価は低いのですが、近いうちに1ヶ月ほど休んでいた間に売り場に工夫がされているかをチェックしてみるつもりです。先日の新聞の折込広告を見た限りでは期待薄ですが…






 久しぶりの熊本県の広報番組はヒドいものでした。

まず熊本県知事が会議室の壇上から県民に語りかけ、途中からくまモンを呼んで「私も地震以降は初めて会うんですよ…」と久しぶりにハグするというあざとい演出でした。西新宿の都庁の知事室でネットオークションばかりしていたと思えるYMASUZOEは就任時に都知事のイスの座り心地を訊かれて「悪くないけど、私は忙しくて座ることは少ないだろう…」とか言ってましたが、政治家は世襲総理を筆頭に嘘つきばかりだなとうんざりさせられました。(笑)






 上天草市では独自のキャンペーンを工夫したようです。

9月末まで1万円以上で3000円、1万円以下なら2000円の割引ということですが、7月から始まる「観光復興プログラム」だと最大7割引となるというニュースがあったばかりですのでインパクトが少ないですよね。キャンペーンを行う場合は上天草市は隣接する天草市や苓北町と歩調を合わせるべきでしょうし、長崎の雲仙や鹿児島の長島町へ周遊しやすいように工夫すべきだと思いますが。






 世襲総理の「新しい判断」ってムカつきますよね。

サミットで欧米の賛同は得ることができなかったのに「リーマンショック並みの危機が…」とムチャクチャな理由で「新しい判断」をしていましたが、まずはアベノミクスが上手く行かなかったことを国民に謝罪すべきでしょう。アベノミクスという概念は大企業が内部留保を最低限にして正社員を増やして給与を物価の上昇と同水準にアップしなければ行き詰るのは最初から予想できていたのですが、その失政を外部要因や熊本地震のせいにするのは「ゲスの極み」でしょう。

国民に向けて何を語るのかと思ったら「アベノミクスのエンジンを最大に…」と色褪せた戯言を偉そうな態度で喋っていましたが、「それくらいの演説はプロンプターを使うなよっ!」と罵倒してやりたくなりました。どうせ世耕あたりの入れ知恵で消費増税を先送りすることで7月の選挙では勝てると判断したのでしょうが、やりたい放題で都民から見放された桝添と同じ失敗をするのではと楽しみです。






 日本在住の外国人記者は私と同じ意見みたいです。

BS-TBSで放送されている「外国人記者は見た!」という番組は司会の軽そうなのに深いパトリックハーラン氏のトークが面白いのですが、ゲストの外国人記者たちが諸事情により権力に屈している日本人記者と違って自由に持論を述べているのも評価できます。消費増税の再延期についてはアベノミクスの失敗と言い切り、世襲総理がサミットの発言は国内問題のための政治利用をしていたと思うかという質問には全員がYESと手を挙げていました。






 今日から熊本城のライトアップが復活しました。

1ヵ月半も経ってようやく復活したわけですが、あまりにも遅過ぎるように思います。熊本では余震が続いているので安全最優先で工事も慎重に行わなければならないことは理解できるのですが、照明の工事だったら時間はかからないだろうと思いますが。

今日からのライトアップは以前と同じ白い色調のライトが使われているようですが、私は熊本城の修復が終わるまではブルー気味の色調を選ぶべきだったと思います。熊本地震の犠牲者に対して弔意を表す意味と修復するまで冷静に努力し続けるという気持ちを表現するにはブルーが相応しいと思えるのです。






 福岡出身の女性からのメッセージもありました。

最初はお笑い番組で見かけていたモデルさんですが、最近はすっかりお笑いとは距離を置かれているようです。この撮影時はやけにはにかんでいる感じなのですが、メイクの具合でほろ酔いっぽく見えてしまいます。優しい口調で語りかけるのは悪くないと思いますが、死者も出た災害ですから、もう少し配慮されても良かったのでは。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/01(水) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア