新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 5月最終日に「今日は何の日だっけ…?」と悩まされてしまった原因は…


 今朝は曇り空で気温も平年並みでした。

いつものようにコーヒーとトーストを用意しながら新しいタブレットでメールチェックしていたら、Googleのロゴが何やら不思議なデザインになっていることに気がつきました。10秒ほど考えても意味不明でしたのでクリックしてみたらモデルっぽい女性はザハ・ハディドでした。

奇抜なデザインの建物はアゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ・センターでしたが、実物を見てみたくなりました。秋にシンガポール航空で渡米するとしてもアゼルバイジャンに寄り道するのは良い方法とは思えません。プーチン政権下ではロシアへのビザ無し渡航が許されそうですが、来年の夏に新潟からウラジオストクに船で渡ってシベリア鉄道に乗るというのが良いかもです。

ちなみに今日はザハの誕生日でも亡くなった日でもなかったので気になって検索してみたら、どうやらザハがプリッカー賞を受賞した記念日だったようです。Googleロゴの担当者がザハを選ぶことに文句があるわけじゃ無いのですが、ちょっと理解に苦しむ話ですよね。






ようやく録画しておいた先週の朝生を見終えました。

今回はテーマが絞り込まれていませんでしたし、初ゲストのハゲの右翼作家は予想に反して大人しくて盛り上がりに欠けていました。番組の最後に憲法改正についての視聴者の意見が紹介されていましたが、国際情勢が悪化してきても自衛官を辞める人数が限りなくゼロに近いとでも考えているようなアホな連中が多いことに呆れました。

日本は職業選択の自由が保証されていますので自衛官が転職することを責めるわけでは無いのですが、憲法改正して自衛隊の違憲状態を解消したとしても自己犠牲の精神を強くして国民を守ってくれるとは思えません。もちろん多くの自衛官はできるだけ頑張ってくれるとは思いますが、実戦経験が無いひよっこたちに多くを期待するのは間違いでしょう。






新聞にトライアルの求人広告が折り込まれていました。

福岡に本社があるスーパーセンターなのですが、最近では関東や北海道まで支店を増やしているのに熊本県内は2店舗だけしかなくてサミシイ状態でした。ようやく8月に3店舗目が大津にオープンすることになったようですが、復興特需で人手不足なので厳しそうです。時給を東京並みに上げれば簡単に集めることはできるのでしょうが、アベノミクスは失敗という認識が高まっているので無理なのでしょう。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/31(水) 20:22)

 熊本市でも真夏日になった日に考えた酷暑からの脱出方法は…


 今日は熊本市でも真夏日になったようです。

長期予報では今年の夏は暑くなるということでしたが、5月末で真夏日ですから先が思いやられます。今年は北米で日食を見ることができますので久しぶりに渡米するつもりでしたが、予想外のトランプ政権となって原油価格も上がりましたのであきらめていました。しかしロシアゲート疑惑でトランプが失脚するかもしれず、原油価格も下がってきましたので渡米できる状況になるかもしれません。

しかし8月は夏休みシーズンでLCCがほとんど飛んでいない太平洋路線の格安航空券を探すのは難しそうです。それで先ほど見かけたシンガポール航空の70周年記念のセールで渡欧することを検討することに。久しぶりに機内食を食べたいですし、エアバスのA380にも乗ってみたいですからね。

来月にはシンガポールの友人の新居も完成予定ですし、チャンギ空港から友人と渡欧してデュッセルドルフでレンタカーを借りてオランダ、フランス、イタリアと周遊すれば楽しそうです。ヨーロッパはガソリン価格は高いのですが、友人とシェアすれば割安ですしね。






 ランチに島根で買ったヤマイモを試してみました。

名古屋のキンブル小牧店で購入した茶そばを茹でてヤマイモをすり下ろして加えてみたのですが、この季節にピッタリな料理でした。茶そばは2人前で60円くらいで、ヤマイモはこれと半分くらいのものとで100円という安さでしたが、高いガソリン代をかけて買ってきた食材だけに実際の原価はムチャ高いことになります。






 熊本に帰ってきたと実感するCMがありました。

阪神百貨店との関係があった県民百貨店が再開発のために消え去り、熊本のデパートとしては65周年を迎える老舗百貨店の独占状態となっています。その百貨店では毎年この時期に北海道フェアを行っているのですが、まったく進歩が感じられないので「いかにも熊本だなぁ…」と感じてしまいます。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/30(火) 23:06)

 九州から東北へのドライブを早めに切り上げたかった理由は…


 5月17日からのドライブ旅行が終わりました。

梅雨入り前でしたので雨が降ったのは2日ほどでしたし、地震の被災地の熊本から出発して広島の土砂崩れの現場、そして20年が過ぎて復興した神戸の姿、仮設住宅は激減していたものの生活再建の途上の東北の沿海部、そしてまだ焼け跡が生々しかった新潟など走ってみて改めて日本国民は最悪の場合を想定した備えが必要だと痛感させられました。

それ以外にも様々な見所がありましたので予定を延長して青森方面や四国などにも足を延ばしたかったのですが、旅行中に猫と触れ合う機会が少なくて禁断症状が出てきて帰路を急ぎました。久しぶりに膝に乗せて首筋や肉球などをマッサージしてあげたのですが、リラックスして眠りそうでした。






 夕方に流通団地の天ぷら専門店に行きました。

5月14日に益城町の詐欺女の豪邸を見に行った時に120円のバケット目当てで流通団地のパン屋に寄ったのですが、その隣の天ぷら専門店で5月29日に感謝デーで「天丼100円」という貼り紙を見かけたので楽しみにしていました。

無駄足にならないように公式ウェブサイトを確認してからと思いましたが、SNSサイトも含めて見つかりませんでした。どうせ食料品も含めて買物に行く予定でしたので出かけてみたら、工事用の足場が組まれて閉まっていました。

店の入口には明日は臨時休業という貼り紙がありましたが、今日は冷蔵庫のすべての食材を揚げて100円で提供してしまって早めに営業終了となったのかもしれませんね。それで明日は外壁の補修や塗り直し工事を行って、31日から新たな気持ちで営業再開されるのでしょう。






 帰宅する前に食料品などを買いに行きました。

野菜や日用品などと来月から値上げされるビール風飲料などを買いに行ったのですが、皆さん同じことを考えているようで在庫がずいぶん減っているようでした。

この店舗はわりと新しいので地震後の被害は少なかったようですが、背後のマンションは補修工事が始まっているようでした。被災地の熊本では空き地が増え、補修工事もあちこちで行われています。それはもうしばらく続きそうです。




本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/29(月) 23:59)

 日本海側の原発エリアをドライブしていて見かけたものは…


 今日の日本海側は雨の心配はなさそうでした。

早朝に福井県の小浜市を通過したのですが、なぜか地元とは無関係そうな猫のイラストの看板がありました。日本海側のこの辺りは原発エリアで税金の無駄遣いと思える過疎地域には不釣り合いな公共施設が多いのですが、こんなものにも税金を使っていましたのでイヤな気分になりました。






 最近こういったのを見かけるようになりました。

養父市の少し先で突然に現れたのですが、かつての古い商店街に新しい看板が掲げられていました。このような忘れられた道路は普段は走ることはありませんが、どんなレベルになっているのか走ってみることにしました。

人口が少なくて高齢化していると予想していたのですが、コンビニこそありませんでしたが最低限の商店は営業中だったことに驚かされました。また日曜日だったためか自動車が滅多に通らない道路で遊んでいる子供たちがいたことも興味深いものでした。






 道の駅で業務スーパーの場所を検索しました。

福岡県にも支店はあるのですが、閉店までに間に合いそうにありませんでしたので。日本海側の数店舗の中から国道8号線に近い鳥取北店を選びましたが、この支店はダイソーとの共同レジでしたので驚かされました。

ドライブ中の休憩も兼ねて最後の買物を終えたのですが、早く熊本にも支店を作っていただきたいものです。ちなみに道の駅では酒のやまやも検索したのですが、山陰には支店が無かったのでガッカリでした。山口の下関の支店も閉店時間が19時と早かったですし。






 「神話の里白兎」という道の駅で休憩しました。

因幡の白兎の伝説の舞台となっている海岸でしたが、晴れて暑くなった日曜でしたので駐車場はサーファーたちのいかつい車で混んでいました。神社に参拝する高齢者たちと白兎にまったく興味が無さそうなサーファーたちともコントラストは面白いものでしたが、道の駅に出店している業者の皆さんは後者は邪魔な存在なのでしょう。






 道の駅には白いウサギが飼われていました。

和歌山のタマ駅長をマネしたものでしょうが、ウサギは基本的に愛想が悪いので効果は薄そうです。もちろんウサギを飼育するのにかかる費用は少ないでしょうし、こうやってSNSにアップする人は多いでしょうから悪くはないと思います。

しかし小さな子供の手が届きそうな場所に置いてありましたので、アホな親子が来ると虐待になるんじゃと心配でした。






 道の駅には「すなば珈琲」の支店がありました。

しかし絵にならない小さな店でしたので、少し先の別の支店に行ってみました。そこも道の駅みたいな感じの古い建物を素人が金をかけずに改装だけといった感じの店でしたが、食べ物のメニューは豊富でしたので好感が持てました。






 日曜日でしたので大勢のサーファーがいました。

道の駅の前のビーチに較べると少なめでしたが、日本海側でもサーフィンがメジャーになっていることを初めて知りました。まあサーフィンは最低限の道具さえ揃えてしまえば金はかからないレジャーですので娯楽が少ない島根県に向いているのでしょう。私も久しぶりに試してみたくなりました。






 次の道の駅で地元産の野菜を購入しました。

2個入りのニンニクが180円で、大小2本のヤマイモが100円でしたので嬉しくなりました。どちらも常温で持ち帰ることができる食材ですし、普段はあまり買わない食材ですので悪くありませんでした。ちなみに商品をレジに持って行っても無人で、しばらく待たされました。万引きし放題といった感じでしたが、島根県には悪い人はいないのでしょう。






 米子市の先で不思議な飛行機雲を見かけました。

最初は運動会を知らせる花火かと思ったのですが、つい最近に熊本の上空で見たばかりでしたのでブルーインパルスに間違いないと気づきました。それで海岸方面に右折して和鋼博物館の前に停めて見学することにしました。

熊本の時とは違うデザインもあって悪くありませんでしたが、休憩用に初めて購入しておいたノンアルコール飲料はイマイチでした。ネーミングはピッタリでしたけどね。






 ピンクの派手なガソリンスタンドがありました。

これまでのレギュラーガソリンの最安値は119円でしたが、このスタンドでは113円という安さでした。それでまだタンクには半分ほど入っていたのですが、とりあえず給油しておくことに。安くてよかったとぬか喜びしたのですが、給油後に領収書をチェックしてみたら消費税が含まれていませんでしたので騙された感じがして不快でした。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/28(日) 23:59)

 日本海側は肌寒かったので陽がさす席でいただいた朝食の感想は…


 東北からの帰りは日本海側を走ることにしました。

シンガポールの友人と関西から関東までドライブした時は晴れ続きで30度を超えることもありましたが、さすがに早朝の日本海側は肌寒かったので久しぶりにガストの朝食を試してみることにしました。かつてワンボックス車で日本一周旅行をした頃には週に一度くらいは食べていたので飽きていたのですが、ここ数年はご無沙汰でしたので、どれくらい変わっているのかチェックしてみたかったのです。






 テレビで見た酒造会社をチェックしてみました。

シンガポールの友人をこういった歴史がありそうな酒蔵に案内してあげたかったのですが、自分だけだと試飲もできないのでスルーしました。今年は青春18きっぷの残りを使って福岡のビール工場に行った時に偶然に酒蔵の蔵びらきがあって試飲させてもらいましたが、日本海側もそのうちに機会があるかもです。






 国道8号線沿いにサバサンドの看板がありました。

日本テレビの「県民ショー」でなぜか日本海側でイスタンブール名物のサバサンドがブームになっているということを見かけましたが、それは本当だったようです。どうせアホみたいに高いはずですからスルーしましたが、渡欧する可能性がゼロだったりしたら衝動買いしたかもしれませんが。






 次のマリンドリーム能生は海産物が豊富でした。

晴天の週末ということもあって多くのドライブ客が休憩されていたのですが、蟹足を試食してみてまるごと購入してる人たちがたくさんいました。私も蟹は嫌いではありませんが、群集心理に乗せられて注文する気にはなれませんでした。






 富山に向かう途中で火災の跡地を通過しました。

昨年末の糸魚川火災の様子はテレビのニュースで何度も見かけましたが、あれから半年近く経つというのに焼け跡はほとんど手付かず状態でした。まあ東北の被災地でも再建は遅々として進んでいませんでしたが、財政的な理由で高齢化が進んでいる糸魚川エリアの再建も時間がかかるのでしょう。






 富山ではガラス美術館をチェックする予定でした。

ところが植樹か何かで天皇が富山入りしたみたいで、ヒドい交通規制に引っかかってしまって時間が無くなってしまいました。私は以前に皇居前でも天皇が通るからと止められたことがあるのですが、そんなアホな理由で時間を無駄にさせられるのにムカつきました。それでガラス美術館の内部をチェックするのは次回とすることにして、前回は工事中だった建物の裏側の様子を撮影しておくことにしました。






 富山駅の周辺の変化もチェックしてみました。

北陸新幹線が開業した時に駅前のバス乗り場に三日月状の屋根が架けられましたが、それ以外は特に大きな変化は見当たりませんでした。終点の金沢駅は何かのサイトで世界で最も美しいと認められていましたが、この駅前はもう少し何とかすべきではないでしょうか。






 砺波市のイオンモールをチェックしてみました。

全国的にイオンスタイルという新しい形態に変わりつつありますが、ここの田舎モールも現代的に変化していました。駐車場が混んでいて停めるのに苦労するほどでしたが、近くの商店街はすっかりシャッター通りと化しているのでしょう。






 これは安藤忠雄大先生が手がけた建物です。

個人的には興味が無いカメラの博物館でしたが、不思議な立地にありましたので建物と周辺の様子をチェックしてみることにしました。本当にこんな普通の住宅地にあるのかと疑いながらGoogleマップに導いてもらったのですが、急に目の前にコンクリートの塊が現れました。






 新しい三井アウトレットもチェックしてみました。

前回は工事中でしたが、もうすっかり地域に根付いている感じで駐車場も混んでいました。同じ系列のマレーシアのアウトレットモールに似ていましたが、まだ小矢部市民の方が生活にゆとりがあるのかもしれません。新しいうちだけかもしれませんけどね。





 イオンモール新小松もチェックしてみました。

前回は工事をやってることに気がつかなかったのですが、閉店時間に間に合うように金沢の中心部のチェックは次回にすることにして直行しました。最近のイオンモールらしく若いお客さんにウケるように配慮されていましたが、スーパーにはイートインもできるように工夫されていました。それで惣菜売り場で半額になっていた弁当を試してみましたが、お弁当類も都会的なものが多い感じでした。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/27(土) 23:59)

 女川で見かけた非人間的なデザインの避難所が連想させるものは…


2日目の東北も小雨混じりの冴えない天気でした。

板茂氏が女川の復興のために羽ばたくカモメをモチーフにした駅舎をデザインされ、そこから堤防の無い海に続く緩やかな坂道には低層の統一性がある商業施設が並んでいます。私は余計なコンクリート製の堤防など作らずに海と共に生活する道を選ぶべきだと思いますし、東北の被災地の中では女川が良い選択をしたと来る度に感心していました。

しかしこの工事中の建物に寄り添うように建てられた避難タワーは、非人間的で女川の町にはマッチしないと思います。そのフォルムはまるで南三陸の庁舎みたいでしたが、わざと死者を連想させるランドマークをマネしたのでしょうか。






 これは海に面した「おかせい」の新店舗です。

昨年は旧店舗で女川丼を食べましたが、支払い時に来年は商店街に建設中の新店舗に移るという話を聞いていました。その後にチェックした建物はかなり出来上がっていました。女川はコンクリート製の堤防もかさ上げ工事もしなかったので、次の大地震発生時には海に面したこの店は津波の被害を受けるかもしれませんが、私はそれは正解だと思います。






 女川では新しい集合住宅が完成していました。

中心部からまったく知らない新しい道路ができていましたので、仮設住宅があった運動公園に行けるのではと走ってみたら新しい集合住宅が建設されているのを発見できました。高台にありますので津波被害を受ける可能性は低いでしょうが、買い物などは不便でしょう。まあ最近は週末に郊外のスーパーセンターなどでまとめ買いするようなライフスタイルに変わっているでしょうから問題は少ないでしょうが。






 高台にはたくさんの墓石が設置されていました。

三陸鉄道の駅舎を見下ろす場所に墓地があったのですが、おそらく以前にもこの場所にあったのでしょう。しかしその数は6年前に爆発的に増加したのでしょう。先祖代々から続く墓地に仲間入りした皆さんから復興してる様子を見下ろされている構図ですが、それも被災地あるあるなのでしょう。






 別の高台では戸建て住宅の建設が始まっていました。

以前は何もなかった市街地を見下ろすことができる山の上が宅地に造成されていたのですが、まだ木造住宅の基礎部分の工事が始まったばかりでした。次回は来年の3月11日前後に訪れてみたいのですが、その頃にはほとんど完成して入居も終わっているのでしょう。しかしゼロから開発したのに、なぜ電柱を地中化しなかったのでしょうね。





 大川小学校の跡地にこんなものがありました。

被災した校舎は震災遺産として保存されることになったのか、そのままの状態で残されていました。一部にはロープが張ってあり、危険なので建物の内部には立ち入らないようにと看板がありました。建物の前には慰霊のための祭壇が置いてありましたが、太陽光パネルは違和感がありました。






 南三陸町の中心部の様子は激変していました。

女川とは大違いで土砂を満載したダンプカーがバンバン走り回っていたのですが、海岸に近い部分にはピラミッド状の見晴台が造成されていました。これはその頂上から移転してきた商店街方面を見下ろしているところですが、POPな色調の違和感がある南三陸町の未来予想図がありました。






 南三陸の商店街にはこんなポスターがありました。

南三陸町には同じ地震国のチリのイースター島からモアイ像が贈られていましたが、それをプリントしたゴブレットがお土産品として商品化されたようです。商店街は海の近くに造成された高台に移転していたのですが、モアイ像は元の奥まった場所に置き去りにされていました。観光案内所で尋ねてみたら、移転予定はあるとのことでしたが。






 防災庁舎には近付けないようになっていました。

数年前には「津波を思い出すツライ人がいるから…」と解体される寸前だったのですが、良識がある人たちの努力で津波被害を後世に遺すため保存されることになったようです。

人類の遺産として保存すべきだと考えていた私は解体されたら2度と行かないと決めていたのですが、嫌がる町民を説得して遺すことに努力してくれた方に感謝するために今後も年に1度のペースで変化をチェックしたいと考えています。






 南三陸町から北上するのは泣く泣く断念しました。

モールマニアとしては陸前高田の新しい商業施設をチェックしたかったのですが、そこまで北上すると大船渡や釜石まで足を伸ばしたくなるのでキリが無いですからね。南三陸からは復興支援で高速道路の無料区間がありますので、今回は南三陸で折り返すことにしました。

高速の途中に道の駅のサインがありましたので休憩に降りてみたら、 その三滝堂のレストランでは600円の牛タン丼がありましたので試してみることにしました。牛タンの量は少なめでしたが、なぜか100円くらい取りそうなセルフ式の飲み物が無料でしたので割安感がありました。






 食後に走り出したらこんな看板を見かけました。

地震からの復興記念庭園ということでしたので駐車場に停めて散歩してみようかと思ったのですが、無人状態で庭園らしさがありませんでしたのでスルーすることに。案内板とかで見所や広さが把握できれば降りてみる気になったかもですが…






 ようやく名物のあぶらげを味見することができました。

テレビ番組で何度も見たことがあった定義とうふ店ですが、仙台から単純に往復するのはイヤだったのです。ランチ後でしたので空腹ではありませんでしたが、今日を逃すと死ぬまで口にしないかもですので味見することに。

もちもち揚げたてでしたので美味しかったのですが、わざわざガソリン代を払って食べたい感じではありませんでした。西方寺はそれなりに風情があって悪くなかったですが。






 眺めが良い大倉ダムの上で少し休憩しました。

かなり田舎っぽい景色でしたが、仙台市の青葉区に位置しているダブルアーチ式コンクリートダムということでした。ダムの上を走るのは久しぶりでしたが、上流側と下流側の景色のギャップはなかなかのものでした。






 ニッカの宮城峡蒸溜所にも寄ってみました。

シンガポールの友人と御殿場のキリンの蒸留所に行ったばかりですし、以前に北海道に住んでいる頃にニッカの余市の蒸留所には行ったことがありましたのでスルーすることに。どうせドライバーはウィスキーの試飲もできませんし。






 道の駅風な施設で少し休憩することにしました。

ニッカの蒸留所から4kmほどしか走っていないので休憩するには早かったのですが、作並温泉の無料の足湯がありましたので試してみることに。 「作並湯の駅ラサンタ」はWi-Fiも完備していて、足湯でリラックスしながら今後のルートを検討できたりしましたので助かりました。






 天童市ではこんなものを見ることができます。

昔から将棋の駒作りで有名ですが、熊本でくまモンを見かけるのと同じくらい将棋をモチーフにしたものを見かけます。最近は若い棋士が活躍していますので、天童市の皆さんも観光客を増やそうと盛り上っているのかもしれません。






 山形駅の西口は雰囲気が大きく変っていました。

昔は空地だらけでしたが、再開発が進んで風格を感じられるようになってきました。駅前高層ビルの前のロータリーを走って信号待ちしている時に工事用のフェンスに複合文化施設のパースを見かけたのですが、やや和風な低層な建物ができるみたいでしたので残念でした。集客性を高めるためには大胆なデザインの建物が相応しいと思いますが。






 山形駅の近くにモンベルがオープンしていました。

新潟に向かうために南陽市方面に南下していたら偶然に見かけたのですが、人口が少ない地方都市にしては立派な建物でした。まあ中心部から少し走れば自然が溢れているオレゴンのポートランドみたいな山形ですからアウトドア用品の需要は多いでしょうが、土地が安いのも理由なのでしょう。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/26(金) 23:59)

 小雨の朝に通過した日立の駅ビルが閑古鳥が鳴いていた理由は…


今朝は久しぶりの雨のドライブになりました。

傘を持たずに来日したシンガポールの友人は一度も日本の雨を体験することなく半袖短パン姿で帰国しちゃいましたが、梅雨になる前の観光にベストな時期を選んだことになるのでしょう。東北への道は何度もドライブしたことがありますので友人のナビゲーションが無くても問題なかったのですが、雨でせっかくの太平洋が見えなかったのが残念でした。

これは眺望をウリにした太平洋に張り出した感じの日立駅ですが、どうせ何も見えないはずですのでスルーしました。






 道の駅で日本3周中の自転車を見かけました。

荷台のプラスチックボックスが自転車の持ち主のキャリアの長さを感じさせましたが、長丁場ですので生活の知恵が満載なのでしょう。どんな経緯で3周もしているのか、また世界一周中に南米で病死した私の友人のことを知らないかと尋ねてみたかったのですが、食事に出でかけたのか戻ってくる感じがしませんでしたので先を急ぐことにしました。






 フクシマはかなり昔に戻りつつありました。

2年くらい前にフクシマ原発の横を通る国道6号線の通行ができるようになり、仮設住宅暮らしの住人も昼間は自宅に戻れるようになりました。除染作業やアンダーコントロールできていない原発の後始末などのために出稼ぎに来てる人も多いですし、広野には小さなイオンがオープンしていました。






 Jビレッジはさほど変化が無いみたいでした。

駐車場は満車でしたし、以前は見かけなかったガードマンが立っていましたのでスルーすることに。もうすぐ元通りの利用方に戻るらしいので、次回はスポーツ振興施設として普通に入れるようになっているのでしょう。

少し先の元道の駅のまちづくり拠点事務所に行ってみたら、世襲総理の奥様のサインがありました。その隣は元総理の息子のサインでしたが、数年後には新しい世襲総理と元総理で罪人の妻という構図になっているかもですね。(笑)






 被災地にはいろんな施設が作られています。

これは楢葉町の丘の上に建設された遠隔技術の開発センターですが、フクシマをこのままの状態でほったらかしにできないので建物の中では苦労されている人たちも多いのでしょう。貴重な国費を投入して遠隔操作できる装置の開発が行われているのでしょうが、私はこんなコンクリート製の建物は税金の無駄遣いだと思います。そんな金があるなら原発の後始末を安全に行う技術の開発に使うべきでしょう。






 国道沿いの商業施設はそれなりみたいでした。

楢葉町役場の前にプレハブ工法で作られた復興市場的な商店街でしたが、おそらく以前は鉄道駅や国道沿いで営業していた飲食店などが集まっているのでしょう。東北に知人がいない私にとっては馴染みが無い店ばかりでしたが、津波被害を受けてから初めて帰省してきたような東北人には感涙もののラインナップなのでしょう。






 この常磐線の竜田駅は前回は完全な無人駅でした。

しかし今回は駅舎の前に花が飾ってありましたので、かなり雰囲気が違いました。この竜田駅は現在の最北端で、フクシマの原発などに通勤してくる作業員はここで電車を降りて仕事先が手配したバスに乗り換えるのでしょう。昼間はほとんど無人ですが、夕方には再び賑やかになるのでしょう。






 営業再開していた商業施設は賑わっていました。

このモールは廃墟化していた頃の記憶がありますが、その無人状態だった駐車場に多くの自動車が停まっていましたので感慨深いものがありました。ランチタイムでフードコートには短い行列ができていましたが、津波から6年以上の歳月が過ぎていますので遅すぎるくらいでしょう。






 帰還困難区域に近づいて緊張感が高まりました。

数年前はフクシマ原発に近づくとパトカーが増え、この辺りで通行止めになって内陸部への迂回を余儀なくされました。その帰還困難区域は脇道に入れないようにバリケードが作られていて、国道沿いの住宅の玄関はブリキで塞がれていましたので異常な雰囲気でした。原発推進派の皆さんはここを走っても賛成するのか尋ねてみたいものです。






 このコンビニは6年経っても廃墟のままでした。

わりと高い位置にあったためか津波の被害は無かったようですが、地震でライフラインが途切れた後にフクシマ原発のメルトダウンが発生したので慌ててレジの現金だけを持ってできるだけ遠くに避難されたのでしょう。国道6号線の通行止めが解除された後には店内のATMが荒らされていましたが、現金が残っていたかは不明です。






 南相馬にはコンテナ風な住宅が作られていました。

中途半端な時間でしたので歩いている人は皆無でゴーストタウンみたいでしたが、完成したばかりで入居がまだ始まっていないのかもしれません。あるいは入居者を募集しても寒々しいので埋まらないのかも。ちなみにスーパーは近くにありますし、家賃も安そうなのですけどね。






 仙台空港の近くの避難丘もチェックしてみました。

空港の周辺は津波被害を受けて空地だらけになっていたのですが、海岸方面に3つほど津波から逃げることができるための丘が整備されました。その手前には集会場みたいなものが作られていましたが、なぜかそこにはくまモンのパネルが置いてありました。






 仙台の長町エリアも雰囲気が変わっていました。

イケア仙台店の隣のやまやに駐車してワインなどを購入したのですが、その南側にあったプレハブの仮設住宅は撤去されていました。イケアの対面にはマンションが建ち並んでいましたが、仮設住宅があった場所もすぐに低層の商業施設などに変わるのでしょう。イケアのビストロでソフトクリームでも食べようかと考えたのですが、歩いて行くには遠すぎましたので止めておきました。






 時間がなくなり仙台の中心部はスルーしました。

内陸部を通る高速に乗る気になれませんでしたので海沿いの国道を走ったのですが、急に場違いな洋館が現れたので驚かされました。オルゴール博物館が復活したと書いてありましたが、なぜ松島にオルゴールなのか不思議でした。






 今日は明るいうちに石巻に到着する予定でした。

被災地の復興の様子を撮影したいと思って急いだのですが、手前で寄り道したので無情にも太陽が沈んでしまいました。それで開き直って石巻の手前のボウリングピンが目印の安そうなスーパーに寄り道して今夜の夕食を購入しました。

それは半額に値下げされていた寿司などでしたが、支払いの後にビールを冷やすための氷も貰っておきました。今夜は女川到着後にビールと共に食べて駅舎の上の風呂を試す予定でした。それなら飲酒運転になる心配はありませんのでね。






 今日の目的だった風呂の閉館に間に合いました。

前回は「おかせい」の閉店時間に間に合うように急いで名物の女川丼を食べたのですが、津波後に人口が激減した女川は夜が早いことはわかっていましたので、板茂氏が復興イメージしてデザインされた白い駅舎を眺めながら石巻のスーパーで購入しておいた寿司を食べました。

缶ビールを飲み干して駅舎の上の風呂を試すことにしたのですが、私が最後の客だったようです。1階が受付と土産物売場で2階は広々とした休憩スペース、そして3階に白いタイルのクリーンな雰囲気の風呂場がありました。

閉館15分くらい前に先客がお帰りになったら貸し切り状態になりましたので内部まで撮影させてもらえましたが、富士山みたいなシルエットはまだ納得できたものの奈良みたいな鹿のシルエットはいかがなものかと思いました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/25(木) 23:59)

 開店直後のイケアの立川店に行ったのに朝食を食べなかった理由は…


 開店直後の9時半にイケアの立川店に行きました。

イケアの朝食マニアの私は何度か立川店の朝食を試しているのですが、今日の目的は11時に開店する食べ放題のイタリアンに行く前の時間調整でしたのでコーヒーだけを飲むことに。イケアは最初の30分はコーヒーが無料でしたし、Wi-Fiもあるのでドライブ旅行中に立ち寄るのに便利なのです。

ちなみに最初の頃は駐車場が有料でしたが、現在は何かひとつでも購入してバーコードが印字されたレシートを出口の機械にかざすと良いシステムになっていましたのでマシでした。

新しいずんぐりとしたコーヒーカップの画像だけでは絵にならないので、新しいビストロの画像をアップしておきます。福岡店も改装中でしたが、1階でも座って食事やソフトクリームなどが楽しめるように工夫されていたのは高く評価できます。






 ランチはピザの食べ放題を試してみました。

以前から存在は知っていて試してみたかったのですが、いろんな種類のピザを食べたかったので先送りしていました。2人より3人の方が多くの種類を楽しめると考えて杉並の友人にも声をかけてみたのですが、ピザはスライスしたものをエンドレスで運んでくれるシステムでしたので心配は不要でした。

299円のドリアなどの料理を頼んで300円の追加料金を払えば、ストップという札を出すまでいくらでも違う種類のピザを運んできてくれるという嬉しいシステムでしたが、ピザの味が似たようなものばかりだったのは少し残念でした。






 明治神宮の工場現場を見に行ってみました。

シンガポールの友人はオリンピックスタジアムの建設計画がザハ案から隈研吾氏に変わったことは知っていましたので、1960年代に再開発で青山エリアが大きく変わったことや2020年の東京オリンピックが開催されなくなるかもという懸念や無事に開催されたとしても人口減少社会下では負の遺産となる可能性もあることなどを説明しておきました。






 乃木坂に向かう途中に青山1丁目を通りました。

信号待ちの時にダッシュボードの時計を見たら偶然に13時でしたので、シンガポールの友人のためにホンダ本社ビルに立ち寄ることにしました。私は何度も見たことがあるアシモなどのデモですが、日本以外では見る機会が少ないものですし、たまたまタイミングが合ったので見物することを勧めたのです。






 今日の目的のひとつは建築のイベントでした。

乃木坂のTOTOビルのギャラリー間で板茂氏の建築展を見たいためもあってシンガポールの友人の来日に合わせて旅行したのですが、はるばる熊本からドライブしてきた甲斐がありました。今回の展示を見てパリに行きたくなりましたが、新しい美術館の模型を見て台南も再訪せねばという気になりました。

熊本地震のための復興住宅の模型と、ギャラリー間のテラス部分には現物大の住宅の一部が展示されていました。この東京での展示が終わったら熊本地震の復興住宅のアイデアを膨らませたものを用意して熊本で展示してもらえると嬉しいのですが、多忙な方ですので難しいのでしょう。






 六本木を抜けて東京タワーの下を走りました。

そこから虎ノ門ヒルズやマッカーサー道路などを案内しようと思ったのですが、山が無いシンガポールと関東平野は共通点があるので都内で最高峰の愛宕山の上まで走ることにしました。私も久しぶりに頂上まで上がってみたのですが、NHKの放送博物館が新しくなっていましたのでチェックしてみることに。

ラジオ放送から白黒の街頭テレビ、そして高度成長期とオリンピックのカラー放送などNHKならではの貴重な映像や機材などがわかりやすく展示してあって見応えがありました。しかし熊本で見た熊本城のVRなどは残念ながらありませんでした。






 シンガポールの友人を品川駅に送っていきました。

羽田空港の国際ターミナルに送っていく予定でしたが、今日は柏方面に行くと言ったら遠回りになるからと日本人みたいに遠慮してくれたようです。電車だと品川から19分と早いですし、ドライブにも飽きていたのかもしれませんが。

北品川の開かずの踏切でさんざん待たされた後に品川の港南エリアを走ってみたのですが、かつてJUNの本社があった場所はまだ工事中でした。たしか数年前に移転した跡地ははとバスにより高層ビルに再開発されるという話でしたが。






 湾岸エリアを駆け抜けて銀座に向かいました。

目的地はもちろん開業したばかりのGINZA SIXでした。アホみたいに高い駐車場を利用する気になれませんでしたので内部のチェックは次回にすることにして建物の周りをドライブしてみましたが、まだ周辺に波及効果は無さそうでした。






 お台場エリアも早足でチェックしてみました。

築地の前を通って豊洲の問題物件もチェックしたのですが、「決められない都知事」の元で今年の2月とほとんど変化はありませんでした。それで他に何かないかとドライブしてみたら、これからの季節に流行りそうな湾岸レジャー施設が目につきました。こういった人工的な施設はまったく興味が持てないのですが、いかにも都会的で面白い現象ではあります。






 お台場エリアはさすがにいろいろ変化していました。

まずは倉庫をリノベーションしたというアンダーアーマーの新社屋をチェックしてみたのですが、巨大でしたので道路からだと上手く撮影できませんでした。それでTBSのステージが回転する新しい劇場をチェックしに行きました。

この劇場の周辺にはいろんな新しい施設ができていましたが、これも人口が多い東京圏ならではのことですよね。今後もオリンピック効果を期待して新規の投資が続くのでしょう。






 柏に行く前に秋葉原で少し買い物をしました。

前回に購入したリモコンを追加購入したのですが、その近所に大阪でタブレットを購入した店の系列店がありましたのでチェックしてみました。大阪で購入したASUSのタブレットのGoogleマップが落ちたりするのでiPadの中古を買おうか悩みましたが止めておきました。来月に新製品の発表があれば、さらに値下がりしそうですからね。






 御徒町では松坂屋の新館を見かけました。

前回はまだ最上階の部分は鉄骨が見えていましたが、もう外観はほとんど完成していました。上野や御徒町エリアでは久しぶりの大型物件ですが、松坂屋は保守的な社風ですから期待できそうにありません。まあ何かサプライズがあるかもですから、オープン後にチェックはしてみるでしょうが。






 太陽が沈んでから柏の目的地に到着しました。

前回に柏の葉の商業施設をチェックした時には人口池の横で工事中だった蔦家書店の新店舗でしたが、もうすっかり地域に根差している感じでした。柏エリアはつくばエクスプレスで都心に通勤するような若い住民が多いので違和感も無いのでしょうが、都心の代官山店には無い広々とした空間が魅力的なのでしょう。駐車場も無料でしたし、軽自動車で旦那を駅に迎えに行ってから立ち寄るような若夫婦も少なくないのでしょう。






 隣町のイオンタウン守谷をチェックしてみました。

蔦家書店の無料Wi-FiでGoogleマップが示してくれた最短ルートを走ってみたのですが、かなりワイルドな農道でしたので急速に市街地に変化していることが理解できました。まあつくばエクスプレスが工事中の頃は柏や守谷は田園風景が残っていたわけですから当然でしょうが。

「本当にこの道で大丈夫…?」と疑いながら15分ほどでイオンタウン守谷に到着できたのですが、まだそれほど遅い時間ではなかったのにガラガラでした。このエリアはそれだけモール間の競争が激しいのでしょうが、アベノミクスが失敗してるので早めに帰宅してまったり過ごす人が多いのかもしれませんね。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/24(水) 23:59)

 久しぶりに訪れてみた静岡駅の裏手で見かけた日本的なものは…


 今朝も素晴らしい五月晴れでした。

早朝に静岡に到着したのですが、新幹線で通過したことしかないシンガポールの友人のために静岡城の跡をぐるりと周遊しておきました。かつて静岡城があった石垣の内部には県庁などの醜い建物が居座っているのですが、それは外国人の視点からも変だと映ったようでした。

これは静岡駅の裏手で信号待ちしている時に撮影したものですが、NHKのドラマの影響を感じさせられるバナーが最近の日本的な傾向だと説明しておきました。






  静岡といえばものづくりが盛んな地域です。

ホンダなどのバイクやヤマハなどの楽器を例に説明したら納得していましたが、プラモデルのメーカーも集積していると田宮の本社ビルの前も通りました。

日本の子供ならいくつか田宮製品の思い出があると思いますが、シンガポールではその常識は通用しないみたいでした。田宮のロゴマークは見覚えがあるそうでしたが、プラモデルはごく一部のマニアだけの趣味だという話でした。






 清水駅の周辺はけっこう変化していました。

以前は昭和チックな普通の駅舎だったと思いますが、少しだけモダンなデザインに変わっていました。また国道1号線の角にはラピスコライユというブライダル施設が建設中でしが、以前の次郎長や海産物しかイメージがないところから脱皮しそうな感じでした。それが成功するかはわかりませんが、清水はどこへ行きたいのでしょうか。






 道の駅富士で御殿場の蒸留所の予約をしました。

ランチの予定時間から逆算して御殿場のキリンのウィスキー蒸留所に立ち寄る案を説明したら「蒸留所は未体験だし面白そう…」と前向きでしたので、当日でしたがダメ元で電話してみたら空いていたみたいで予約できました。それからGoogleマップで最短ルートを検索して富士山を眺めながらの快適な田舎道のドライブで蒸留所に到着できました。






 蒸留所ツアーはなかなか楽しむことができました。

私はスコットランドや北海道の余市のニッカなどの蒸留所に行ったことはがありますのでウィスキー作りの大まかな工程は理解していましたので、小声でガイドさんの説明を通訳しました。専門用語がわからなくても目の前で見学してるので雰囲気で理解してくれました。

ツアー終了後にはお楽しみの試飲の時間になりましたが、ドライバーの私は残念ながらソフトドリンクでした。まあ午前中からそれほどウィスキーを飲みたい気分じゃありませんでしたので問題なしでしたが。






 御殿場から山を越えて小田原に向かいました。

その行程はずっと富士山を背にしながらのドライブでしたが、山越えの曲がりくねった道路で真横に見えるようになりました。たまたまそんな田舎道で道路工事のために3分くらい通行止めになったのですが、ヒマでしたので最後の富士山見物ということにしました。






 辻堂に向かっていて渋滞に引っかかりました。

予定外のウィスキー蒸留所に寄りましたのでランチの時間が遅くなりそうでしたが、渋滞のせいでランチ難民になりそうでした。国道1号線は右手は海ですから良さそうな迂回路も見当たらず、空腹を我慢するしかないかとあきらめました。

しかしノロノロ運転中に「しゃぶしゃぶ食べ放題999円」のバナーを見かけましたので、予定を変更して食べることにしました。東京で何度か試したことがある「しゃぶ葉」というチェーン店でしたが、シンガポールの半額以下といった感じでしたので友人も喜んでくれました。






 食後にランチに行く予定の店の前を走りました。

テレビ番組で何度か見た200円カレーの店でしたが、以前からどの程度のクオリティーなのかチェックしてみたかったのです。まあ東京にも支店はありますし、今後も全国に支店を増やす計画みたいですので焦る必要はありませんが。






 近くの湘南クッキーにも立ち寄ってみました。

前回のドライブで初めて買い物してみたクッキー工場の横の自動販売機がズラリと並んだ店でしたが、今日はお買い得な特売品が少なかったので何も買いませんでした。ほとんどを輸入してるシンガポールには食品工場が少ないので、こういった工場のアウトレットも少ないのですが、あまり興味を示していませんでした。






 ららぽーとをチェックする時間はありませんでした。

モールマニアの私としてはチェックしてみたかったのですが、ランチ前に渋滞がありましたし食べ放題にも時間がかかりましたのでスルーすることにしました。

最初の計画では無料のららぽーとの駐車場に停めてから300円カレーを10分程度でかきこむというものでしたが、それが完璧に崩れてしまいましたので。






 これは藤沢Tサイトの近くに開発された住宅街です。

前回は暗くなっていたので蔦家書店の店内だけをチェックしたのですが、今日はその近くに開発されたITを強化したという住宅街の中をドライブしてみました。住宅の内部や設備はそれなりに優れているのかもしれませんが、外観やアクセス道路などは安っぽくてガッカリされられました。

ゼロベースで開発された物件だとシンガポールの友人に事前に説明していたのに、恥ずかしい思いでした。






 ようやく江ノ島が見える所までやってきました。

海に囲まれたシンガポールでは太平洋に面した海岸沿いのエリアもありますが、近隣国との貿易や倉庫街を開発するために埋め立てが行われていて殺伐な雰囲気となっています。セントサ島の観光客向けのビーチであっても沖合に無数のタンカーが停泊してたりしますし。

江ノ島を眺めながらのドライブは快適でしたが、時間が遅くなったので橋を渡ることは止めておきました。江ノ島観光は次回にでもゆっくり楽しんでもらえば良いですからね。






 さすがに湘南は観光客があふれていました。

これは「スラムダンク」のファンたちが集まることで有名な踏み切りですが、シンガポールでも少しだけ知られているそうでした。降りて撮影したいかと冗談で尋ねてみましたが、笑って首を横に降りました。鎌倉の街は混雑していたのですが、東京に近づいたことを実感させられました。






 こんなマニア向きの専門店ができていました。

モダンな外観のキャンピングカーの専門店でしたが、店の外にも多くのカスタムカーが並んでいましたので東京に来たことを実感させられました。もちろん日本経済の国際的な地位は下落していて平均年収はシンガポールに抜かれてしまったのですが、東京だけならまだ数年は大丈夫そうですので。

昨年の八代の花火大会の時にたくさんのキャンピングカーを見かけて驚かされましたが、アベノミクスに期待してるベンチャー企業の重役たちが福利厚生にも使えるとそそのかれて購入しちゃっているのかもですね。






 普通の住宅街の中にこんなのがありました。

東京タワーの真横に低層の和風な建物の高級飲食店を作ったことで全国的に有名になった「とうふ屋うかい」の系列店でしたが、まったく普通の住宅街の中に忽然と現れましたので感心させられました。この少し先の入口には自動車で乗りつける馴染み客のためにうやうやしい制服を着たドアマンが立っていましたが、まるでコメディーの一場面のようでした。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/23(火) 23:59)

 早朝に友人宅を出発してチェックしてみた名城公園の新しい施設は…


 今朝は名古屋の友人宅を早めに出発しました。

それはシンガポールの友人を犬山城に案内してから名古屋の北部でランチを食べるためでしたが、夕食を食べ過ぎて朝食が不要だということもありました。犬山城に行く前に友人から教えてもらった名城公園の新しい施設をチェックしてみたのですが、あまり面白いものではありませんでした。






 犬山城に向かう前に寄り道をしてみました。

それは前回に名古屋在住の友人と待ち合わせをした古い空港のターミナルをリノベーションしたショッピングモールでしたが、その隣に新館のようなものが工事中でした。元は空港ですから土地の余裕はありますので、売り場面積を増やして集客力のアップを狙っているのでしょう。これでイケア名古屋店以外の次回の楽しみが増えました。






 MRJの工場の周辺に変化は見られませんでした。

世界中の航空会社から受注していたのに何度か納品が延期されているみたいですが、高度技術の塊である航空機の生産は難易度が高いのでしょう。それは理解できるのですが、久しぶりの日本の本格的な航空機生産ですから、若い航空ファンの期待に応えていただきたいものです。






 今朝はコーヒーだけで何も食べませんでした。

昨晩に名古屋の友人宅で食べ過ぎたのですが、偶然に今日から名古屋郊外の回転寿司屋が55円のセールを始めるという話でしたので開店時間の11時に行くことにしたのです。シンガポールの友人を犬山城の周辺まで案内して開店少し前に到着しましたが、同じキャンペーンを以前にもやったことがあるらしく行列はありませんでした。

着席直後にタッチパネルで注文したのに品切れというのもありましたが、なかなかお得な感じがするキャンペーンでした。ひとつで100円のホタテは小さくてガッカリでしたが、55円の大きな海老とかき揚げは大満足でした。






 満腹になって長久手方面にドライブしました。

愛知万博が開催された長久手エリアは名古屋市と豊田市の中間にあり、軌道式の交通機関も整備されたことから環境が良い人気の住宅街となっているようです。

それで愛知県の稲沢市に本社があるアピタも支店を出していましたが、どうせ近いうちに再訪する予定ですのでスルーしました。モールマニアの私はチェックしたかったのですが、シンガポールの友人には退屈なはずでしたので。






 イケアの名古屋店も完成に近いみたいでした。

すでに公式ウェブサイトも作られていてスタッフの募集も始まっていましたが、来年にでも朝食を試しに行きたいと考えています。日本ではタッチポイントという熊本の小さな実験店を含めると11店舗目ですが、自動車でも公共交通機関でも行けるので悪くありません。






 万博の跡地は有効利用されていないようです。

私は名古屋には何度も来ていますが、長久手にやってきたのは開催が決まった直後と今日だけでした。愛知万博の環境に配慮したコンセプトには賛同したのですが、その開催直前の様子をニュースで見て一気に覚めて興味を失いました。

万博の跡地は荒れたりすることも多いのですが、観覧車がある遊園地みたいなものになっているようです。個人的には埼玉県の飯能市のあけぼの子どもの森公園みたいに周辺の住民たちの憩いの場にすべきだと思いますが。






 豊田駅の近くでこんな充電所を見かけました。

時代を反映して駅の両側に電気自動車用の充電所が用意されていたのですが、停まっていたのは日産の電気自動車でした。豊田市ではトヨタ車以外はあまり見かけないのですが、電気自動車のシェアは段違いなのでしょう。






 豊田市はやはり財政状況が良さそうでした。

トヨタホテルの近くに数本の駅前型の再開発ビルが建設中でしたが、そのテナントのほとんどが自動車産業関連のオフィスなのでしょう。低層部分の商業施設や飲食店も自動車産業関連の会社のビジネスマンに依存すると予想されますが、豊田市にはそれなりに平均給与が高そうな人ばかりが住んでいそうな感じですので安定しているのでしょう。






 残念ながら豊橋駅の近くの店は休みでした。

以前にWBSで見かけた障がいを持つ人たちによる丁寧な製品作りで人気だというチョコレートの専門店でしたが、美術館や美容院みたいに月曜定休だったようです。

まあこのプロジェクトは今後も拡大するでしょうし、そのうちに東京に大きな店もできるのでしょう。しかし地方都市の現在の様子を見ておきたかったのですけどね。






 夕暮れ時に蓬莱橋の見物に間に合いました。

昨年もドライブの途中に立ち寄ったことがあるギネス認定された静岡県島田市の大井川に架けられた全長は897mの世界最長の木造橋でしたが、暗くなるとLEDが点灯することに気がついてガッカリされられました。せっかく周辺に人工的なものが少ないというのに、台なしになっていましたので。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/22(月) 22:59)

 早朝に出かけてみた伊勢神宮の内宮の近くで見かけたものは…


 今朝は早い時間に伊勢神宮に到着しました。

シンガポールの友人を内宮の入口で降ろし、私はしばらく近くの商業エリアをぶらついて待つことにしました。早朝でしたので歩いている人も少なくて悪く無かったのですが、初めて来た時に較べると整備され過ぎている感じがして「金儲けに執着しているのでは…」と将来が不安になりました。






 おかげ横丁にはリアル招き猫がいました。

私のように猫を撮影してSNSに画像をアップする人が多く、その宣伝効果は数値化はできないものの無視できないものになっているのでしょう。観光客が喜んで撮影しているのを商店の皆さんが見かけて、これまで以上に大事にしようと考えられたのかもしれませんね。






 時代の変化なのか、こんな店もできていました。

ちゃんと公式な許諾を得ているのか知りませんが、伊勢神宮は若い観光客も多いのでそれなりに需要はありそうです。カラーを使わない抑えめな大きさの看板でしたので地元でも許容範囲と黙認されているのかもですが、こういったものがエスカレートするとイヤですよね。






 赤福の店頭でこんな凝った表示を見かけました。

店の入口にツバメの巣があって子育ての真っ最中でしたが、年季が入った看板でしたので数年前からツバメを大事にするのでしょう。シンガポール人からしてみると何のメリットも無いツバメの巣は商売の邪魔だと撤去されるだろうということでした。上手く「慈しみ」という言葉を説明できませんでしたが、来日経験が多いので理解してくれたみたいです。






 浦田橋の近くに新しい商業施設ができていました。

水がキレイな五十鈴川に面した場所に「野あそび棚」という低層の和風の施設が作られていたのですが、おかげ横丁と似たコンセプトでかなりの完成度でした。おかげ横丁も五十鈴川を上手く取り込んで活用していましたが、それをさらに借景として利用することに成功していました。






 五十鈴川の対岸では工場が進んでいました。

Googleマップでは「三重県営総合競技場」と表示されましたが、数年後の国体のために新しいスタジアムが整備されているようでした。伊勢神宮から歩いて行ける場所にスタジアムがあったことを初めて知りましたが、国体をきっかけにもっと郊外に移す案もあったのではと思いました。






 伊勢神宮から齋藤宮に初めて行ってみました。

日本人の名前の由来を掘り下げる番組で「斉藤」という姓が三重県だというのを見かけたのですが、その時に齋宮駅前にかつての祭事用の建物が復元されていることを知りました。

その建物の完成度はそれなりでしたが、当時をVRで擬似体験できるように工夫されていたことは悪くありませんでした。






 齋藤宮の屋外模型も見学しておきました。

実物大で再現されたものは現代の建材を使って建てられていますので、どうしても近くで見てしまうとアラの方が見えてしまいます。VRの映像だってリアリティはありませんでしたし、こういった場所ではその歴史を文章で読んで想像するのがベストなのかもしれませんね。

しかし屋外に展示してあった10分の1の模型はかつての祭事用の建物群を俯瞰して見る感じでしたので、適度に想像することもできて悪くありませんでした。






 松坂城跡の近くに御城番屋敷がありました。

かつての城下町の風情を感じさせる通りが残っていたのですが、その歴史的な景観の中で普通に暮らしている方たちがいるという話でしたので興味深いものでした。

その渋い町並みは私は面白かったのですが、シンガポールの友人には物足りなかったようでした。






 四日市で少し食料を買い物をしておきました。

初めての四日市のイオンモールでしたが、敷地内に古い倉庫のようなレンガ作りの建物をリノベーションした飲食店がありました。四日市は工業が盛んなエリアですが、おそらくかつては何かの工場だったのでしょう。






 レゴランドの近くにできた施設に行ってみました。

金城ふ頭駅とレゴランドの間に開発されたメイカーズピアという低層の建物が点在する門前町のような施設でしたが、休日の夕方ということもあって多くのファミリーが楽しそうに歩き回っていました。この手のオープンエアタイプの商業施設はシンガポールにもたくさんありますので興味は無さそうでしたので、友人には車中で待ってもらいました。






 熊本の杉養蜂園も メイカーズピアに出店していました。

名古屋では駅前のKITTEに続いて2店舗目みたいですが、こういったフェスティバルタイプの商業施設の方がイメージに合っていると思えます。芝生の上でハチミツソフトクリームを食べ、そのまま横になって昼寝できますからね。






 16時過ぎに名古屋の友人宅に到着しました。

東京で知り合った古い友人ですが、私のブログを毎日のようにチェックしてくれていてシンガポールの友人の存在もご存知でした。ブログには個人情報を書けないので、メールで補足したりしておきました。今日ようやく紹介できたのですが、すぐに打ち解けてくれました。

名古屋の友人が今夜の夕食用の食材の買い物場所まで運転してくれるというので我々は陽が高いうちからビールを飲めたのですが、遅くなると品切れや混むこともあるかもですので2缶目は我慢して栄地区までドライブしてもらいました。

偶然に今日まで名古屋での「まかないフェス」が開催中だったのですが、昨年の東京会場で試した味仙のまかない丼は品切れでした。それで名古屋城をイメージしたしゃちほこドッグなどを購入しておきました。昨年の東京会場に較べると客数は少なめで、それほど並ぶ必要はありませんでした。






 友人宅に戻る前に大須地区に寄ってもらいました。

去年に外国人用の新幹線乗り放題のジャパンレイルパスでシンガポールの友人は名古屋駅に降りたものの、名古屋の下町である大須地区には行ったことが無いということでしたので。大須観音や米兵などがあるアーケードの周辺をざっくりドライブしてもらいましたが、その途中にあった自動販売機で友人は出汁を購入していました。

ペットボトル入りの出汁はかなり美味との話でしたが、少し高過ぎましたので試してみるのは止めておきました。自動車でしたので買って帰ることは問題なかったのですが、世襲総理の政府にはなるだけ納税したくありませんし。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/21(日) 23:59)

 シンガポールの友人と卵かけご飯の朝食を食べて出かけた先は…


 今日も良く晴れてくれて暑くなりそうでした。

シンガポールの友人は何度かすき家の牛丼は食べたことがあるけど、朝食を出していることは知らなかったそうでした。それで日本的な卵かけご飯を試すことにしたのですが、私はアスパラとベーコンを、友人は鯖の塩焼きを選びました。

食べ終えてから最近の日本では寄生虫のアニサキスが話題になっていることを説明して、冷凍したものや焼かれたりして加熱されたものは安全だと補足しておきました。






 「大和路へぐり」 という道の駅で休憩しました。

いかにも奈良っぽい名前でしたが、こんなマスコットのコミュニティーバスが走っているのにも歴史の長さを感じました。まったく知らないキャラクターでしたが、奈良ではくまモン並みに知名度があるのかもですね。(笑)






 奈良に行く前に少し寄り道してみました。

熊本のCOCOSAも含めて全国のファッションビルなどに出店している中川政七商店の本社は奈良にあることをテレビ東京の番組で見かけたのですが、その番組を早送りして見ながら公式ウェブサイトもチェックしました。

番組で見かけた店が本社にあると思ってGoogleマップに導かれて行ってみたら、モダンな外観のオフィスでしたのでガッカリでした。寝ぼけてチェックしていたので勘違いしてしまったようでしたが、シンガポールの友人に本社のショップだからと期待させてしまって申し訳ない感じでした。






 平城京の朱雀門などをチェックしに行きました。

以前に1400年記念とかの時に再現されたばかりの朱雀門を見物したことがありましたが、あれから周辺の整備が進んで近くに路上駐車することはできなくなっていました。それで近くの住宅地に停めて、そこから少し歩いてもらうことにしました。あまり期待しないようにと伝えておきましたが、それでも友人の評価は低い感じでした。






 これまで見かけたことが無い標識がありました。

奈良はこれまで7~8回は訪問したことがあるのですが、いつも「代わり映えしないな…」という印象です。今回は新しいデザインの標識を見かけたのですが、奈良県の観光課が日本語がわからない外国人観光客にもインスタにアップしてもらうことを狙って整備したものなのかもですね。






 シンガポールの友人を大仏殿の近くで降ろしました。

それから奈良市の中心部の変化をチェックすることにしたのですが、最初は奈良市役所の横に建設中のバスターミナルでした。今後も歴史好きな外国人観光客の訪問が増えることを考えれば交通体系を見直すことは当然ですが、古都に相応しいデザインながら近代的で効率が良いシステムであることを期待しています。






 京都府最南端の道の駅に立ち寄ってみました。

大型連休前の4月15日にオープンして、ピーク時は駐車場に停めれないほど大人気だとニュースになっていた「お茶の京都みなみやましろ村」という道の駅でしたが、宇治茶の産地で京都唯一の村という差別化にも成功したのでしょう。

緑茶は外国人観光客にも人気ですし、ど田舎でも京都府ですからデザイン面が優れたオリジナル製品が並んでいるのではと期待していました。しかし品揃えは悪くは無かったのですが、わざわざガソリン代を払って行くほどじゃ…






 伊賀市ではコスプレ忍者があふれていました。

観光振興で忍者のコスチュームを貸し出して好評だという話はWBSなどで見かけたことがありましたが、予想を超える人数でしたので驚かされました。「赤信号みんなで渡れば怖くない」という感じで楽しそうに散策されていましたが、真夏はどうするのだろうと心配になりました。

しかし忍者コスチュームはモスリム女性にも向いていますので、伊賀市は金鉱を掘り当てたということになるのでしょう。SNSでも拡散しやすいですし、このコスチュームで歩き回って休憩する時にオリジナルのVRコンテンツを楽しめるように工夫すれば良いでしょう。






 上野市駅前には広いロータリーが整備されていました。

以前の駅前の様子は覚えていないのですが、おそらく古い木造の建物を取り壊して広くしたのでしょう。団体客向けの大型バスも駐車できますし悪くないと思いますが、駅舎のデザインは工夫する余地があるのではと思いますが。例えばゲーム会社とコラボしてゲームマニアだけでなく忍者マニアの聖地になるような駅舎を目指すとか。






 こんな忍者がデザインされた車がありました。

高さ制限があるためか、屋根の上には異常に平たい忍者が張り付いていました。ラッピングタイプの自動車ならもう少し観光客にアピールできるデザインにできるものが用意できたと思いますが、観光客が記念撮影したいようなものを目指すべきでしょう。






 道路沿いに現代アート風なのがありました。

ファミリーマートのゆめが丘西口店の横に「ゆめぽりす伊賀」という表示がありましたが、20世紀末にあちこちで作られた郊外型のオフィスビルが点在しているようなエリアなのでしょう。カラフルな忍者のシルエットが貼りつけてありましたが、名前に反して夢も希望も無さそうなので寒々しい感じがしました。






 踏切で場違いな雰囲気の電車を見かけました。

伊賀市を走る電車ですから忍者のキャラクターがデザインされていたのですが、かなり幼稚な感じでした。そのラッピングは民間の会社の宣伝でしたので文句は言えませんが、地元のためを思えばもう少し大人っぽいデザインにすべきではと思いますが。






 道の駅の温泉に入ってみることにしました。

少しばかりドライブ疲れもありましたし、裏山に面して露天風呂もあるそうでしたので。シンガポールの友人も今回の滞在中に天然温泉を楽しみたいと言ってましたので、少し早過ぎましたが風呂の後に近所の食堂で夕食をと決めました。






 風呂上がりに道の駅で野菜を購入しました。

周辺に人工物が少ない自然な環境で育てられた感じの野菜が販売されていましたので、名古屋の友人宅への手土産として購入しておきました。支払いを終えて自動車に置きに行こうとしたら、復興祈願コーナーに熊本のラーメンが並べてありましたので驚かされました。その気持ちはありがたかったのですが、熊本のスーパーの値段と較べれば割高でしたので複雑な心境でした。






 夕食はあまり選択肢がありましたでした。

道の駅の周辺には3軒の飲食店がありましたが、田舎は夜が早いようでどこもヒマそうでした。次の大きめの町まで走るという手もありましたが、大衆的な店のメニューを見て妥協することにしました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/20(土) 23:59)

 早朝の神戸の港湾部で見かけた巨大な工事現場の正体は…


 Googleマップで気になるものがありました。

それは神戸の湾岸エリアの市場の対面に新しいイオンモールがオープン予定ということでしたが、モールマニアとして無視できないで遠回りしてチェックしてみました。

かなり大規模なイオンモールでしたが、もう外装やサインの工事はほぼ終わっていましたので初夏にグランドオープンという感じでしょうか。次回が楽しみになりました。






 新しいスターバックスもチェックしてみました。

富山市の環水公園に出店した支店が「世界一美しいスターバックス」と過大評価されていましたが、その後に二子玉川の多摩川を見下ろす丘の上にも二番煎じの支店を出店していました。それらの開放感がある物件はそれなりに繁盛しているみたいですので、神戸のメリケンパークでも同じようなコンセプトでオープンしていました。






 JR神戸駅の周辺もチェックしておきました。

神戸中央郵便局の斜め前には歴史的な外観のファミリアの本社ビルがありましたが、残念ながら取り壊されていました。20年前の地震にも耐えていたはずですので、そのまま活用することもできたはずです。しかしより収益性をアップするために高層ビルにでも建て直されるのかもしれません。






 今回もポートアイランドもチェックしておきました。

昨年の4月にポートアイランドのイケア神戸店に朝食を目的に行ったのですが、たしかその時はイケアの南側はスーパーでした。それがいつの間にか東京インテリアに変わっていたのですが、それはコバンザメ商法みたいなものでしょう。中国でもイケアの横にインテリアショップがオープンしたりしていましたが、参考にされたのかもしれませんね。






 それからヤベノケンジ氏の作品を見に行きました。

安藤忠雄大先生が手がけた兵庫県立美術館の正面に設置されていたのですが、なかなか面白い組み合わせでした。この場所が選ばれた理由は知らないのですが、このミスマッチは悪くないと思います。ちなみにこのステンレス製のアート作品はピカピカでしたが、雨で洗われることがない太股だけ汚れていたのが印象的でした。






 話題だった工事現場はほぼ完成していました。

外壁の塗装前から何度もニュースやワイドショーで見かけた安部晋三小学校になるはずだった建物ですが、関係者が世襲総理に忖度しなかったので逮捕されるかもで工事は止まっているみたいでした。

もちろん開校できない場合は建物は取り壊されるかもですし、支払いも滞ることになるはずなので業者もこれ以上の工事は勘弁してくれということなのでしょう。






 大阪に向かう前に塚本幼稚園にも行ってみました。

大きな道路から外れた狭い一方通行の道路に面していたのですが、建物からは子供の声がしていましたので意外な感じがしました。特に警備員がいるわけでもなく、動物デザインの送迎車もあったことから実に平和な雰囲気でした。それがいつまで続くかは…






 中之島エリアはずいぶんキレイになりました。

景気が良いとは言えない大阪ですが、さすがにそれなりに人口が多いので良い景観を作る財源も確保できるみたいです。中之島エリアはパリのシテ島と似てると思いますし、川沿いの雰囲気を良くすることは府民の地元への愛着心を高めるために役立つ有益な投資でしょう。もう少し大胆な仕掛けをしてもと思えますが…






 御堂筋にテスラの支店ができていました。

アメリカや中国ではどんどん支店を増やしているみたいですが、リッチ層がドイツ車好きが多くて円安なこともあって売れ行きが伸びないのでしょう。最初の東京での店が旗艦店とは思えない貧弱さだったことも戦略ミスだと思いますが、大阪はマシなようです。






 なぜかコナンがテーマのカフェがありました。

作者が生まれた島根県なら理解できるのですが、大阪の南堀江で何の関係があるのか謎でした。検索してみたら映画の上映に合わせて期間限定でオープンしたみたいでしたが、コナンファンは層が厚いので経営が成り立つのでしょう。






 日本橋電気街でタブレットを買っちゃいました。

昨年は秋葉原の支店で富士通のタブレットを購入したのですが、カンボジアを旅行中に急に電源が入らなくなってしまいました。それでほとんど壊れているiPadと画面が割れたHuaweiのタブレットを持ってきましたが、それではドライブに不便なのでASUSの10インチを買うことにしました。






 大阪城の南側の商業施設に行ってみました。

船場や天満橋、そして大阪ビジネスパークなどを通って森ノ宮に南下したのですが、目的地は阿倍野と同系列の「キューズモール BASE」でした。かなり大衆的なモールであまり面白くは無かったのですが、モールの屋上部分にランニングコースがあるのが特色でした。






 歴史を感じさせる建物をチェックしました。

 ドライブ疲れのため、続きは後ほど…






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/19(金) 23:59)

 約2年ぶりに行ってみた広島郊外の被災現場で意外だったことは…


 広島の郊外の友人宅を早朝に出発しました。

今日は「世界博物館の日」ですので以前から行きたかった新神戸駅前の施設に間に合うようにと早めに出発したのですが、せっかく近くを通りますので2年前の豪雨で大きな被害を受けた現場の様子をチェックしてみることにしました。

まだ通勤ラッシュの前でしたので20分ほどで到着できたのですが、まだ工事は終わっていませんでした。もうすぐ中国地方も梅雨入りしますが、またゲリラ豪雨が襲うかもしれませんので対策を急がねばならないでしょう。まあ台風であれば事前に予測できますので、危険エリアの住民は事前に安全なエリアに避難しておけば死者数をゼロにはできるでしょうが。






 やはり土砂崩れ現場には堤防ができていました。

 ドライブ疲れのため、続きは後ほど…





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/18(木) 23:59)

 福岡と広島の友人に会いに行く途中に見かけたものは…


 熊本は五月晴れでドライブ日和でした。

関空に再来日したシンガポールの友人をピックアップするために早朝から出かけたのですが、しばらく国道3号線を走っていたら見慣れない道の駅がありました。そういえば熊本市内で初めての道の駅がオープンしたとニュースで見たことがありましたが、スイカの生産で有名な植木地区でしたのでネーミングも安直に「植木の里」でした。






 熊本最北の道の駅で野菜類を買い物しました。

(都合により続きは後ほどアップします)
















お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/17(水) 23:59)

 ヤボ用で出かけた郊外の参道で信号待ちした時に見かけたものは…


 今日は曇天で気温も上がりませんでした。

午前中にヤボ用がありましたので健軍神社の近くに出かけたのですが、その参道で信号待ちしている時にこんな光景を見かけました。神社の門に較べて鳥居が異常に低いようでしたが、川尻地区のように地震で地盤沈下したわけじゃないのでしょう。なぜアンバランスなのか謎ですが、もしも宮司さんと話したりする機会があれば尋ねてみますよ。






 知らない店が日本一になったという話でした。

カゴメが主催するナポリタンスタジアムというイベントがスカイツリーで開催されたらしいのですが、熊本の流通団地にある聞いたことが無いレストランの熊本素材を生かしたナポリタンが栄冠を勝ち取ったという話でした。

私は日本独特のスパゲティーナポリタンに対して魅力を感じませんし、これまでの人生で口にしたことは両手で数えられるくらいです。この日本一になったレストランは10分ほどでアクセスできますし、ナポリタンを誤解しているかもですので試してみるのも悪くないでしょう。しかしガッカリしても金をと取られるので試すことは無いでしょう。






 大甲橋の近くのコンビニの工場が終わるようです。

対面で目立っていた年中クリスマス気分のラブホテルも消え去りましたし、イオンモール大江店の裏手にも新しいコンビニがオープンしていたので中途半端な橋の近くのコンビニは淘汰されたのかと思っていたのですが、新しい資材が運び込まれていましたので改装だと知りました。

それが5月24日に再スタートすることになったようで、ポスティングされていたフライヤーを持って行くとロールケーキをくれるそうです。わりと駐車場も空いていますので貰いに行きたいのですが、その頃は再来日するシンガポールの友人と本州をドライブしてる予定ですので残念です。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/16(火) 21:12)

 120円のバケットと野菜を買ったので作ってみた料理は…


 熊本は今日も爽やかに晴れてくれました。

先日は熊本駅方面から益城町へ向かう途中に流通団地エリアの中央の通りを抜けたのですが、朝食用のパンを切らしていたので数年前に郊外型の洋食屋と同じ敷地にオープンしていたパン屋で120円のバケットを購入しておきました。

益城町で割安感がある野菜類も購入しておきましたのでサラダを作ったのですが、それは知人から「サラダにおいしいナッツ」という商品を貰ったことを思い出したからでした。そのネーミングはあまり良いとは思えませんが、いつものサラダが少しだけオシャレに変わったので悪くありませんでした。






 5月15日はヨーグルトの日ということでした。

5月9日のアイスクリームの日はまだその由来が納得できる感じがするのですが、このヨーグルトの日の説明はちょっと無理があるように思います。難問をスラスラ解答できるクイズ王でも知らないようなエピソードですが、乳業メーカーの社員でも何のことかわからない人がいるのでは。

被災地の熊本の酒屋が乳業メーカーと組んで開発したヨーグルト味のアルコール飲料の新製品が紹介されていましたが、1本500円とか割安感が無い商品には手が出ません。ヨーグルトの日で半額になるとかだったら話は別ですが。






 被災地ではこんなアプリが作られていました。

この不思議な名前のアプリは阿蘇の情報を集めた復興支援サイトらしいのですが、「かせする」とは熊本弁で「手伝う」という意味があるそうです。こういったアプリはくまモンのコレクターなら嬉しいのでしょうが、普通の人はわざわざダウンロードしてみようとは思わないのでは。

アプリを開発するのも、またそれを知らせるための広告にも金がかかるはずですよね。そんな金があるなら夏休みの観光シーズンに阿蘇山頂の草千里でくまモンをモチーフにしたかき氷でも無料配布してくれれば良いでしょうに。






料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/15(月) 23:49)

 爽やかに晴れてくれたので田舎道を窓を全開にしてドライブした先は…


 今日の熊本は爽やかに晴れてくれました。

今朝はヤボ用で熊本駅方面に出かけたのですが、そこからGoogleマップで見つけた田舎道を走って益城町などへ行くことにしました。まずはバンコクで逮捕された詐欺女の1億円豪邸を見に行ってみたのですが、最近の雨のせいで周辺は雑草が伸び放題でしたし竹が道路に倒れてきていたりして使われていないことが想像できました。






 詐欺女の豪邸の前の道路はこんな状態でした。

自動車が離合できない細い道路でしたが、この道路は詐欺女の豪邸のために作られた私道なのかもしれません。この道路と平行する2車線の道路は地震後に崩れた岩は行政により撤去されたと思いますが、こちらは私道なのでほったらかしになっているのでしょう。昨年の地震の直後はこういった光景があちこちで見られたのでしょう。






 初めて見かけた仮設住宅に立ち寄ってみました。

益城町の中心市街地と何度か行ったことがあるテクノ仮設住宅との間に作られていたのですが、日曜日なので集会場である黒いみんなの家では住民の皆さんがランチでも作っているみたいでした。その集会場の前には掲示板がありましたが、花づくり講座のお知らせの横に不審者は警察に通報するという警告がありましたので違和感がありました。






 これは完成したばかりの益城町の仮設庁舎です。

中心部にあった庁舎は地震直後はしばらく閉まっていて、駐車場にプレハブで建設された選挙ブースをそのまま活用して業務が続けられていたようです。耐震診断で中途半端に古い庁舎の建て替えが決まったようで、それが完成するまではこのプレハブ庁舎で業務が行われることになったようです。






 益城町の会社の新しい施設もチェックしてみました。

先ほどの仮設住宅やプレハブ庁舎からも歩いて行くことができる場所に以前から食品会社がありましたが、その敷地内にコンテナを活用した道の駅風な施設オープンしていたのです。隣の自社工場で作られた食材や南阿蘇のパン屋さんの菓子パンなど揃えられていましたが、事前予約の団体さん以外は工場見学ができないみたいでした。工場の壁の一部をガラス張りにして製品づくりの様子を見ることができるようにすれば良さそうですが…






 益城の復興市場にも初めて寄ってみました。

黒潮市場というスーパーが被災してしまったのですが、その駐車場に仮設の市場が作られたことは知っていました。私は帰り道は同じ道路をドライブしないことにしていますので、これまで何度か目の前は通りましたが、なかなか立ち寄る機会がありませんでした。

今日は行きはド田舎をドライブしましたので帰りに立ち寄ってみたのですが、東北で見たものに酷似していました。日曜日でしたのでお客さんは多かったのですが、特色があるメニューが無かったので残念でした。






 再建中のスーパーは骨組みができていました。

地震で3階建のコンクリート製の建物が健軍アーケード側に倒れ込んでヤバい状態でしたが、その部分補修ではダメだったようです。それでマルショク子飼店と同じように解体されて建て直されることになったようですが、平屋と聞いていたのに2階まで鉄骨が延びていました。

益城町の復興市場の奥の黒潮市場は元通りの高さで再建されるみたいですが、この健軍のスーパーはスピード重視で食料品を中心にした平屋になるのでしょう。アーケードから遠い奥の部分は複数階にして駐車場や事務所などになるのかもしれませんね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/14(日) 23:59)

 来週の世界博物館の日に熊本では無料になる施設が無さそうな理由は…


 今日も熊本市の現代美術館に出かけました。

それは14時からホームギャラリーで開催される被災した文化財の復旧に関する講演会に参加するためでしたが、少し早めに着いたので館内を歩き回りました。入口で美術館の友の会の会員募集のフライヤーを見かけたのですが、年会費が5000円もしていましたので時代錯誤だと思いました。

ちなみに5月18日は世界博物館の日でいろんな博物館が無料になったりしますが、熊本では見当たりません。昨年の地震の影響があるわけじゃないと思いますが、不思議です。






 熊本市の文化財の被害はたいしたことありません。

全国ネットのニュースで大きく報じられた熊本城の天守閣は60年くらい前にコンクリートで建造されたものですし、それ以外はほとんど報道されない程度のものでしかありません。今年は夏目漱石関係のイベントが予定されていたのですが、旧居が被災したりはしました。

赤十字関連のジェーンズ邸なども倒壊して地道に復旧される予定みたいですが、これまで何度も移転を繰り返している建物ですから熊本城の近くのNHKの跡地にでも移すべきかもしれません。隣のJTの跡地を熊本市が取得するという報道ありましたが、金沢の21世紀美術館クラスのものを地下に建設して船着き場を整備すれば良さそうですが。






 地下のチケット売場に行ってみました。

そこでは熊本地震のDVDやQUOカードなどが販売されていたのですが、熊本城とくまモンの1000円のカードを買うと2円が寄付されるということでした。寄付の割合が低過ぎるとは思いますが、その手続きやカードの印刷代などにかかる費用の方が高いのでアホらしいのでは。






 週末で中心市街地のアーケードは賑やかでした。

長引いていた同仁堂の復旧工事も終わっていましたが、空き店舗が増えていたのに驚かされました。郊外型店舗の復活やネット通販の利用が増えたことなどが理由なのでしょうが、販売員の確保に苦労しているのも原因かもしれません。






 書店のシンボルの河童像も復活していました。

この老舗の書店は被災後に復活するのにかなり時間かかっていましたが、柱が少なかった構造が災いしたのかもしれません。店頭には熊本地震関連の書籍が集められていましたが、この河童像に投げ入れられた賽銭はすべて地震被害への寄付になるということでした。しかも集められた賽銭と同額が書店からも寄付されるということでした。






 これは長崎書店で見かけたイベントの様子です。

熊本県は特産品の赤牛やトマトなどから「熊本の赤」というキーワードを打ち出しているのですが、そのコンセプトに賛同した熊本の食品会社などの赤い商品が展示されていました。ちなみに人口では福岡県には敵わない熊本県や鹿児島県は九州での2番手を狙うライバル関係ですが、熊本の赤に対して鹿児島は黒をイメージカラーにしているようです。






 水道町の手取教会の工事も始まっていました。

地震後に近くの手取神社は鳥居が落ちるなど目に見える被害がありましたが、教会は特に変化は無いみたいでした。教会の内部に被害があったという噂も聞いていませんでしたが、ルターのポスターがありましたので単なる経年劣化を防ぐための外壁の塗り替えなのかもしれません。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/13(土) 23:59)

 昨年の地震から1年ちょい耐えたのに残念な結末を迎えた建物は…


 先日ちょっと悲しい出来事がありました。

熊本駅に近い住宅地の古い木造家屋が唐突に倒壊して道路を塞いでしまったのですが、建物は数年前から空き家で無人だったそうですし、狭い道路は歩いている人がいなかったので近所の住民が驚いただけで済んだようです。

最近は震度4クラスの地震が続きましたので建物の古い材木の接合部分の劣化が進んでいたのかもですが、今月末に公費による解体が決まっていたらしいので建物の持ち主の方のお気持ちを想像するとお気の毒としか言えません。

ネットでは明日は福岡で地震が起きるかもという話がありましたが、熊本で3度目の大地震が起きるくらいの確率なのでしょう。九州はけっこう雨も降りましたので、福岡でも熊本でも鹿児島でも大地震が起きれば土砂崩れも含めて大きな被害が予想されます。地震国ではどこでも被災地になる可能性はあるので油断せずに備えておくべきでしょう。






 ランチには残りもののキャベツを使いました。

シンガポールの友人の再来日が近づいてきたので最近は冷蔵庫の食材を減らすようにしているのですが、そろそろ消費期限が迫っていた豚肉は半分ほど使って残りは板状に薄くして冷凍庫に入れておきました。そうやっておくとドライブ旅行から戻ってから解凍して使う時に便利ですからね。






 明日の午後に放送される番組のポスターです。

人口が少ない熊本県には民放が4局ありますが、テレビ東京の系列局が無いので深夜や日曜日などに割り込んでくることがあります。それに加えて関西で制作されている吉本芸人が出てる番組も増えてきました。またたまに名古屋や千葉などで作られた番組も放送されたりしています。

この福岡で制作されている番組は熊本では放送されていないのですが、熊本ロケの回だけ同じテレ朝系列のKABで放送されることになったようです。多くの熊本の素人がいじられたでしょうから、今日の放送を楽しみにしている人も多いのでは。県北の荒尾市などに住んでいる人たちは福岡の放送を見ていたりするので、珍しくもないかもですが。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/12(金) 23:59)

 湘南のシラス漁が危ういとのニュースを見ながら食べた料理は…


 湘南のシラス漁が危ういという話がありました。

オリンピック前からヨットの練習の場としてシラスの漁場が犠牲にされるかもしれないというニュースがありましたが、偶然にシラスを購入していたのでシラス丼を作ってみました。シラスは今が旬ですし、シンガポールの友人が再来日したら静岡あたりで食べようかと考えています。しかし小魚の丼が10ドルもすることを信じてもらえないかもですが。






 ようやく手に刺さっていた木片が抜けました。

1月中旬に鹿児島空港から香港に飛ぶ前に慌てて被災した木材の片付けを軍手を使わず素手でやっていた時に親指の付け根に木片が刺さってしまったのですが、さほど痛みは無かったので忘れていました。傷口はすぐに塞がりましたが、触ってみたらいつまでも異物感が残っていました。

最後のマレーシアで刺さった部分が膨らんできたので爪切りで皮膚を浅くカットしてみたら、乳白色の膿が噴出してきました。体の防衛反応で木片を溶かしてくれているのだろうから何度か繰り返していれば直るだろうと傷口が塞がる度に少しカットして膿を出し続けていたのですが、皮膚から硬いものが顔を出したので引っ張ってみたらコレでした。






 熊本ではこんなチェーン店のCMが流れています。

海外店舗まで加えると700店に届きそうですので世界一のラーメンチェーン店だと思いますが、そのキャラクターは熊本生まれの専務さんの幼少期をモチーフにしたというカワイイものです。男性の固定客の心は掴んでいるのでしょうが、売上を伸ばすためには若い女性客を獲得しなければならないということで商品開発を頑張っているようです。

このラーメンチェーン店は毎月22日のお客様感謝デーで半額だった頃は何度か通っていたのですが、割引率が減ってから足が遠退きました。昨年の地震の後に被災した西原村の支店の前のテントでの無料の炊き出しで食べたのが最後ですので試してみたいのですが、この新製品ではそそられません。





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/11(木) 23:59)

 熊本で10年前に始まった取り組みを世襲総理が無視する理由は…


 今朝のニュースは韓国の話題ばかりでした。

フランスも韓国も番狂わせはありませんでしたし、どちらも政権の基盤が弱いので大騒ぎする必要はなさそうです。両国とも個人的に興味深いのですが、国際社会での存在感は高いわけではありませんし。その韓国の大統領選がトップ扱いなのは全国共通でしょうが、熊本では10年目となる「こうのとりのゆりかご」のことが大きく報じられていました。

これまで乳幼児を中心に125人が預けられているそうで、最初に預けられた子供はもう自意識がしっかりしている頃ですから客観的な検証作業が必要でしょう。ところが世襲総理が「赤ちゃんポスト」は日本古来の倫理観を壊すので認められないといった態度を表明していたので熊本以外では今でも受け入れるシステムはありませんし、125人が幸せに育っていると世襲総理の立場を悪くすると忖度するような連中は検証作業をしないことに決めているのでしょう。

先週の子供の日にも少子化の深刻さが話題でしたが、ほとんどの日本人は2050年に少子化で成長率が落ちて困ることになることには無関心なくせに2020年のオリンピックには関心が高いのでしょう。そんな国民の民度の低さを世襲総理の取り巻きの連中が理解していて入れ知恵していることが日本の子供たちを不幸にすることになると思います。






 私は日本ではできるだけ納税したくありません。

それは世襲総理が票につながらない少子高齢化問題の対策を新米議員を担当大臣に任命するだけでサボっているくせに共謀罪や憲法を変えることなどには熱心だからですが、2020年の東京でのオリンピックが稼ぎ時だと認識しているマスメディアは世襲総理にへつらっているので国会で追求されても薄ら笑いを浮かべて質問にも真摯に答えず関係ないことを延々と喋ってはぐらかしている態度にムカついています。

オリンピックを人質にすればアホな国民やマスメディアの連中は黙ってしまうと確信しているのでしょうが、国際情勢が悪化したり天災で首都圏が大きなダメージを受けたりすればオリンピックの開催ができなくなることもありえるわけで、アベノミクスの失敗を隠すためにオリンピックモードで突っ走るのはリスクが高過ぎるでしょう。

フクシマの汚染水問題などが悪化したりして風評被害が増すと健康な体を維持することを気にする世界中のアスリートは東京オリンピックへの参加を辞退することもありえますし、盛り上がりに欠けることが確実になれば訪日観光客が激減することだってありえます。もしそんな事態になれば広告収入に大打撃を受けるマスメディアは倒産するものも出てくるかもしれません。それで国と同じように最悪の場合を想定しないことにしているのでしょうが、その罪は重いでしょう。






 熊本ですからハンコもこんなのがあります。

数年前にイオン大江店の前にオープンしたスタンプ屋が完成間近なKKTの新社屋の近くに支店を作ったみたいですが、その開店を知らせる広告にくまモンデザインのハンコのサンプルがありました。ペットのシルエットや肉球のハンコは日本中にあるのでしょうが、熊本県庁から認可されたくまモンのハンコは熊本だけでしか販売されていないのでは。

熱狂的なくまモンのコレクターの方なら欲しくなるかもですが、同じ趣味の友人へのプレゼントには良いかもですね。熊本県以外の人でも電話して発注して郵送してもらうのも安そうですしポストに入るサイズなので楽なはずですので。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/10(水) 23:59)

 小雨が降る中を明日の朝食用のパンなどを買いに行った理由は…


 今朝の熊本は雨が降って気温も低めでした。

それで体温が高い老猫に膝に乗られても不快じゃなかったのですが、明日の朝食用のパンなどを買いに出かけるために降りてもらうことにしました。ゆめタウンで必要なものをカートに入れてからレジに向かっていたらパッケージに熊本城がデザインされた「赤牛めんべい」という商品を見かけました。

これは通常のめんべいのイカや明太子に加えて熊本県産の赤牛を使用したご当地ものみたいですが、12袋入り(24枚)で1000円もしていましたので試してみる気にはなれませんでした。熊本城と桜のデザインもあざとい感じがしましたし、赤いパッケージも安直に熊本県の「赤いくまもとキャンペーン」に乗ってるように思えましたので…






 ゆめタウンに買物に来たのはコレが目的でした。

5月9日はアイスクリームの日だということで全国チェーンの専門店が100円という話でしたが、気温は低めでしたが新製品をチェックしたかったので寄り道してみました。渋谷などでは女子高生の行列ができていたんじゃないかと思いますが、熊本ではちょっと混んでいる程度でした。






 ゆめタウンで新しい飲食店を見かけました。

サーティワンの店内は買物を終えたおばさまたちが嫁の悪口で盛り上がっていましたので、ゆめタウン内を探検してアイスクリームを食べてしまうことにしました。小雨が降っていたので自動車まで小走りで行く必要がありましたので。

サーティワンの先に見たことが無い「スパユキ」という店があったのですが、大型連休前に開店したみたいでした。スパゲティーは想像した通りでしたが、ユキはかき氷のことでしたので違和感ありまくりでした。イタリアと台湾が融合した店でしたが、なぜか高そうな自転車が飾ってありました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/09(火) 23:59)

 ユーロ高で円安傾向になったのでヤケになって購入したものは…


 今日はユーロ高の影響で円安になりました。

フランスの大統領選が終わってユーロ危機が遠退いたのが理由でしたが、歴代で最年少の大統領の政治基盤は強固では無いのでユーロ高はそれほど長く続かないかもしれません。

そんなこともあって今夏の渡欧には暗雲が立ち込めてきましたので、ヤケになって999円で安売りしていた珪藻土のマットを購入してしまいました。ナチュラルな素材ですし、猛暑の熊本で気化熱で涼しくなれば老猫の昼寝の場所に良いかと考えたのですが今のところは興味無いみたいでした。






 今日から知事や市長が仕事に復帰したそうです。

偶然だと思いますが、熊本で知名度が高いリーダーが仲良く大型連休中に手術入院していたのです。2人とも連休直後に復帰したそうですが、健康面での不安を払拭して震災後の復興に取り組むことをアピールしていました。

.2人とも無党派層の反発を避けるために自民党色を抑えるように画策しているのですが、復興の美名の裏で貴重な税金が公共工事などに無駄遣いされていることについては熊本のメディアでは問題だとは報じられていません。

これは水前寺公園に道路を挟んで面している熊本県の知事公邸から黒塗りの公用車で退院後に初めて県庁に向かうシーンだと思いますが、今朝は五月晴れで爽やかでしたし健康のためにも歩いて行けば良いのにと思いましたが。

原発などの迷惑施設が無い熊本の自治体の財政はすべて厳しいのですが、震災後にさらに切迫することになりました。仮設住宅の期限の延長が無ければ来年には多くの一人暮らしの高齢者が生活に困窮することになると予想されているのですが、熊本県のリーダーは広々とした高級住宅地の公邸から黒塗りの専用車で登庁し続けるのでしょう。そして熊本のメディアはそれに何も疑問を感じないのでしょう。






 熊本での生活は不快なことが少なくありません。

行政のリーダーが被災者と乖離した贅沢な生活をしていることや、それを知っていながら問題点を報じないマスメディアは唾棄すべき存在だと思います。地震から1年が過ぎて益城町や南阿蘇村など震源地に近かったエリア以外はダメージが残っていなくて、公共工事に税金をジャブジャブ投入しているので笑いが止まらない建設業者とかも多いようです。その構図は津波被害で大きくダメージを受けた石巻市などと復興特需で夜の街が賑わった仙台と似ています。

仙台では楽天イーグルスが人気でしたが、人口が少ない熊本には地元のプロ野球チームはありません。それでも熊本城の城内エリアの西側には場違いな県営の藤崎台野球場があり、不定期にプロ野球の公式戦が行われています。

私はすべてのプロスポーツは大嫌いですのでニュースの途中でスポーツの話題になるとイライラさせられるのですが、スポーツが被災地の活性化につながるという脳が筋肉化しているような連中が出しゃばることにもムカついています。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/08(月) 23:59)

 大型連休の最終日の午後に熊本現代美術館に出かけてみた理由は…


 大型連休の最終日に熊本現代美術館に出かけました。

それは熊本出身の特撮の専門家の方の講演会があったからでしたが、まず座席を確保してから奥の入場無料の展示室に行ってみました。5月4日から「熊本市被災文化財のいま」というのが始まっていたからでしたが、その展示物の中でも私がいちばん興味があったのはNHKがドローンなどを使って被災した熊本城の内外を撮影したVRのデモでした。

1台しか用意されていなかったヘッドマウントディスプレイで4分ほどの映像を楽しむことができましたが、コードレスタイプだったことは回転しても邪魔にならず良かったのですがバッテリーの分だけ重たくて画質も少し期待ハズレでしたのでしたので残念でした。まあ待ち時間はほぼゼロでしたし、無料でしたので文句があるわけじゃありませんが。






 これはジェーンズ邸のペーパークラフトです。

熊本の被災文化財としては熊本城や阿蘇神社などばかりが報道されているのですが、知名度が低い文化財だって被災しています。西南戦争の時に田原坂での戦闘で傷ついた両軍の兵士を平等に治療したことが日本の赤十字の始まりということですが、その歴史遺産であるジェーンズ邸は何度か移築を繰り返していたためかバッタリと倒壊してしまいました。

その倒壊現場から将来の再建のために手作業で部材が保存されているのですが、会場にはその一部が展示されていました。熊本城や阿蘇神社などは補修費用が集まりつつありますが、知名度が低いジェーンズ邸は目処が立たない状況です。それで熊本学園の学生さんたちがペーパークラフトを買ってもらうことで売上を基金とすることを発案されていました。






 特撮の話は映画マニアには楽しめるものでした。

昭和の高度成長期に円谷プロダクションの特撮ものに熱狂されていた少年が上京して憧れの現場で仕事を続けて東京タワーなどを何度も爆破されていたのですが、熊本城の爆破シーンでは「ゴメンなさい…」と笑いを取っていました。

画質が悪いモノクロ撮影の時代からの特撮の歴史を解説されていたのですが、CGが全盛のデジタル時代では見ることが無くなっているフィルムについても説明されていました。開発途上国では今でもフィルムで上映されていることがありますが、隣で熱心にメモを取っていた高校生にとってはフィルムはFAXみたいなものなのでしょうね。






 特撮関係者からの色紙も展示されていました。

数年前に現代美術館で特撮関係の展示があったのですが、その時に来熊された特撮の専門家たちが被災した熊本城の20分の1サイズの模型を展示するという企画案に賛同されて熊本のファンに向けたメッセージを描いてくれていました。

被災地の熊本に対して特撮関係者の皆さんができることをと復興のシンボルである熊本城の大きな模型を作ってくれることになったみたいですが、個人的には天守閣の半分を木造で、残りの半分を地震でダメージを受けたコンクリート製のもので再現してもらいたいと思います。






 美術館には特撮関係の書籍も置いてありました。

数年前の特撮の展示の時に発行されたものだと思いますが、実際にテレビ番組や映画の撮影に使われた宇宙船などが詳しく解説されていました。特撮の話を聞いた後にチェックしてみたら日本の撮影業界の奥行きを楽しめましたが、デジタル時代にアナログへの郷愁もありました。






 いつもこの展示の前はほぼ無人状態です。

数年前に開催された草間彌生展の時に作られた階段の下の小部屋が会期が終わった後も恒久展示されることになっているようですが、現在開催中の国立新美術館では大行列ができているというのに熊本では素通り状態になっています。

こういった中途半端な展示なら意味が無いので止めてしまえば良いのではと思いますが、地震後に閉まっていた間にも見直しのチャンスを逸したのでこのままなのでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/07(日) 23:59)

 被災地の熊本で初めて見かけた復興特需のマイナス面は…


 これは先日の午後に見かけて驚かされた貼紙です。

数年前に国道3号線沿いに進出してきたつけ麺屋が閉まっていたのですが、何をやっても長続きしない物件でしたので「やっぱりダメだったか…」と早合点してしまいました。それからしばらくして新市街アーケードに移転していたことに気がついたのですが、昨年の地震で郊外型の商業施設がなかなか復活できなかったので中心部の客数が増えていたりしますので結果的に良い判断だったのではと考えていました。

しかし大型連休中で稼ぎ時なのにシャッターが閉まっていて、その理由が人手不足だと書いてあったので本当に求人に苦労しているのかと半信半疑でした。南阿蘇の道の駅では大型連休中に観光客数は増えるのに被災した東海大学から学生が消えてしまったのでアルバイトを熊本市内まで送迎しているというニュースがありましたが、中心部でも人手不足が原因で店を閉めることがあるとは信じられない思いでした。






 下通に熊本ラーメンの有名店が開店していました。

熊本駅の近くの二本木に本店がある黒亭の支店でしたが、本店ほどではありませんが行列ができていたので驚かされました。人手不足で閉める店があるかと思えば観光客相手に荒稼ぎする店もあったりと面白いのですが、本格的な復興期となる熊本では数年は混乱が続くことになるのでしょう。






 みやはらでこんな新製品を販売していました。

昭和の高度成長期から熊本ラーメンを家庭で手軽に作ることができることで人気のアベックラーメンを作り続けている五木食品が開発した名古屋風なピリ辛の汁なし麺でしたが、どの程度の完成度かチェックしてみることにしました。

挽き肉やニラは別に用意しなけれならない二人分の商品でしたが、税別で149円と安くはありませんでした。それで材料を揃えると一人分で200円くらいになってしまいそうですが、生麺タイプで電子レンジでも短時間に調理できるということですので手軽で悪くないかもですね。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/06(土) 22:45)

 子供の日に熊本駅前に見たことがない長い行列ができていた理由は…


 今日は熊本駅方面に送って行ってもらいました。

路面電車の終点の田崎橋電停の目の前のディスカウントストアで少し買物してから熊本駅まで歩いたのですが、終点では無人状態だったのに長い行列ができていたので驚かされました。大型連休中ですし、今日は子供の日で小学生が無料だったことも混んでいた理由なのでしょう。しかし300mほど歩いて二本木口電停まで行けばベンチもあるし、必ず座ることができるのに多くの人が並んでいたことが不思議でした。






 これは熊本駅の商業エリアで見かけたものです。

2011年の3月11日の東北大震災の翌日に九州新幹線が開業し、その高架部分の下にはお土産品などを売る商業エリアがオープンしました。在来線の鹿児島本線の高架化工事が進んでいて、熊本駅の表側の古い駅舎は取り壊されて建て直されることが決まっていますが、その2階の商業エリアには記念撮影用にこんなオブジェが置いてありました。






 乗りたいと思っていた遊覧船は満席でした。

昨年は地震の影響で大型連休のイベントは中止でしたが、一昨年まで春の園遊会ということで熊本城周辺で小型の木造船の無料体験などが行われていました。今日は天気も良かったので大阪から運んできた電動船に乗ってみようかと思っていたのですが、午前中に到着したのにすべて予約済みでした。







 熊本駅からは歩いて帰ることにしました。

路面電車が混んでいるのは確認済みでしたし、170円払って乗ってみても良いと考えている2014年に熊本市電開業90周年記念事業として開発されたCOCOROという高級感がある電車が都合よくやってくるとは限りませんし。風情が無いバスに乗るのもイヤでしたので久しぶりに歩くことにしたのですが、それは地震でダメージを受けていた城下町エリアの変化をじっくりと確認するためでもありました。






 気になっていた写真館もチェックしてみました。

同族の経営が続いている写真館としては世界最古となるかもしれない歴史ある貴重な存在なのですが、その木造の建物は地震でダメージを受けている感じでした。昨年の秋に近くを通りかかった時に隣の家屋が解体されているのを見かけましたので、写真館の継続をあきらめてマンションにでも建て直されるのではと心配していたのですが、隣はコインパーキングになっていましたので安心しました。






 花畑広場ではビールのイベントが開催中でした。

九州各県で開催されているものらしいのですが、小さな蒸留所で作られている地ビールは小さめのグラスで500円とかしていましたのでまったく興味が持てませんでした。この広場ではたまに100円ワインのイベントなど行われているのですが、ちょっと乖離が大き過ぎると思います。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/05(金) 23:59)

 2日続けて子飼商店街のスーパーに行く途中に見かけたものは…


 今日も子飼商店街のスーパーに行きました。

先日は目玉商品の99円のキャベツなど重たいものが多かったので自動車で行きましたが、今日は特売の菓子パンやお惣菜など軽いものしか買うつもりがありませんでしたので自転車で行きました。子飼商店街に行く近道は古い住宅地を通るので、一方通行もあるので自転車の方が楽でしたし。

本妙寺の参道を横切って子飼商店街に向かっていたら、偶然に夏目漱石の熊本での6番目の旧居跡を発見しました。夏目漱石の坪井の旧居跡も昨年の地震でダメージを受けて閉鎖されているみたいですが、この建物の外壁もかなり補修された痕跡がありました。仕上げに着色されるとマシになるのでしょうが、キレイに仕上がりすぎそうなのが心配です。






 子飼商店街は連休モードなのか静かな感じでした。

熊本大学にも近いこともあってバブル期に自動車で行くタイプの郊外型スーパーが増える前は多くの買物客で賑わっていたみたいですが、築年数が古い木造建物が多かったこともあって地震でのダメージで閉まっている店は倍増していました。今日はランチタイムに近い時間に出かけたのですが、それでも商店街を歩いている人はごくわずかでした。






 これはスーパーの近くの古そうな食品店です。

商店街の青果店などは新規オープンのスーパーと競争しても勝てないと5月2日までに在庫を売り切って連休中は休むことにしたみたいですが、からし蓮根は帰省してきた人に売れるためか営業していました。スーパーが復活すれば商店街を歩く人が増えるためか、商店街の古い店の目立つ場所にはスーパーの開店を祝うメッセージが貼ってありました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/04(木) 23:59)

 期待せずに出かけた子飼商店街のスーパーで驚かされたことは…


 憲法記念日の熊本はスッキリ晴れてくれました。

窓を全開にして爽やかにドライブできる気候でしたので約1年ぶりに子飼商店街に復活するスーパーに行ってみることにしたのですが、それは先日の折り込み広告に割安感がある商品が見当たらなかったので混んでいないだろうと予想したからでした。水前寺清子さんが幼い頃に暮らしていたという子飼商店街は地震の被害もあって歩いている人は疎らでしたが、スーパーの前にだけ場違いな行列ができていました。

たいして割安感がある商品は無かったのですが、歩いて行くことができるロケーションにスーパーが復活することを待ち望んでいた近所の高齢者たちが多かったようでした。入口ではサニー水前寺店のように入場制限をしていなかったのでカートを真っすぐに押せないほどの混雑ぶりでしたが、群集心理で普段よりも多く買い物してる人たちがかなりいたようです。もちろん私は必要な分しか買いませんでしたが。






 くまモンは大型連休中も忙しいみたいでした。

今日から日曜まではくまモンスクエアで1日2回のステージがあるみたいですし、先日は名古屋駅前で、そして今朝はお台場のフジテレビの前でのイベントに駆け付けていました。くまモンスクエアで踊っているのは後から広報誌で雇用された人で、県外に出張して全国ネットのテレビに出演していたのは最初から勤めていた先輩じゃないかと思います。

私は生くまモンを熊本で10回ほど、そして香港とバンコクのイベントで見かけました。その時に「毎回いつも同じことをしているのに頑張っているし、イヤな顔ひとつせずに記念撮影にも応じたりして…」と感心しているのですが、その評価はくまモンが何体いるかによって変わるでしょう。






 今年はこんな船が無料で運行中みたいです。

詳しいことは記憶していないのですが、たしか熊本城の築城400周年の前後に桜の馬場という和風の土産物屋が開発された頃から始まったイベントだと思います。熊本駅から熊本城までは路面電車でもアクセスできるのですが、坪井川を船で行けば信号は無くレトロな雰囲気で悪くないのです。

春のイベントの時だけでなく運行回数を増やして観光に役立てようという動きもあるようですが、その気運を盛り上げるために今年は大阪から遊覧船を借りてきたようです。明日までは天気も良いみたいですから試してみたいのですが、ローカル番組で紹介していましたので混みそうですので悩んでしまいます。行列に並んでまで乗りたいわけじゃありませんし…





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/03(水) 23:12)

 みやはらで売っていた5束で9円という激安なニラで作ってみた料理は…


 被災地の熊本では希に激安な食材に出会います。

以前に少し傷んだ4パック入りの箱の苺が99円というのがありましたが、先日は5束入りのニラが9円と信じがたい値段でしたので驚かされました。冷蔵庫に少しキャベツが残っていましたのでニラたっぷりの餃子を作ることにしたのですが、水溶き片栗粉を加えて羽根付きに仕上げました。

中心部分の空洞には浜松餃子風に茹でたモヤシを入れたのですが、安い食材ばかりのわりには美味しくて大満足でした。最後に強火にして風味を増すためにゴマ油を振りかけて仕上げましたが、ニラとの相性が抜群でした。






 熊本のローカルニュースでこんな特集がありました。

数日後に熊本のキリスト教系の慈恵病院に「こうのとりのゆりかご」が開設されて10年になるそうですが、最初は「赤ちゃんポスト」という俗称で思慮が足りない母親が子供を捨てることを助長する非人道的な装置のような報道が多かったので偏見を持った人も少なくなかったでしょう。

戦前の男女や夫婦関係のようなもの以外は堕落したものと考えていそうな世襲総理は熊本の病院が赤ちゃんの命を救いたいとやむにやまれずに始めたシステムに否定的でしたが、私は少子高齢化がますます深刻になる日本で匿名であろうとも経済的な理由で子育てができなくなった母子は生活保護とは別のシステムを国が整備して命を救うべきだと思います。

復興大臣と同じように名前ばかりの少子化担当大臣を任命するだけでは社会的弱者を救うことはできないのは分かり切った話ですが、世襲総理は数の力で法案を通して解決できることなのに右翼的な思想とは相容れないので無関心です。10年前に熊本の民間病院が始めた取り組みにあからさまに不快感を表明していましたが、その後に民主党政権下の時代も含めて建設的な対策は皆無ですからあきれてしまいます。

待機児童問題も同じですが、国が予算化に本気を出せば地方自治体に命じて早急に問題解決できる話です。憲法改正や共謀罪を論議するよりはるかに優先順位が高いことですが、この赤ちゃんの命を救う件でも現場から「日本死ね!」と悲痛な声が上がるまで無視するつもりなのでしょう。






 明日のオープンを知らせる広告がありました。

昨年の地震でダメージを受ける前は古臭い総合スーパーでしたが、今回の建て替えでは衣料品を無くして平屋の食品スーパーと生まれ変わったようです。先月の27日に建て替えでオープンしたサニー水前寺店と似た戦略ですが、オープン特価の割安感がある商品が少ないのも似ていました。

このスーパーのチェーンは他にもサンリブ健軍店など地震でダメージを受けて建て替え工事中なので経営は苦しいのでしょうが、インパクトが少ないと口コミ効果が期待できないのでは。他のスーパーに通うことに慣れた消費者を振り向かせるためには大胆な価格設定が有効だと思いますが…






料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/02(火) 23:59)

次のページ
copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア