新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ユーロ高で円安傾向になったのでヤケになって購入したものは…


 今日はユーロ高の影響で円安になりました。

フランスの大統領選が終わってユーロ危機が遠退いたのが理由でしたが、歴代で最年少の大統領の政治基盤は強固では無いのでユーロ高はそれほど長く続かないかもしれません。

そんなこともあって今夏の渡欧には暗雲が立ち込めてきましたので、ヤケになって999円で安売りしていた珪藻土のマットを購入してしまいました。ナチュラルな素材ですし、猛暑の熊本で気化熱で涼しくなれば老猫の昼寝の場所に良いかと考えたのですが今のところは興味無いみたいでした。






 今日から知事や市長が仕事に復帰したそうです。

偶然だと思いますが、熊本で知名度が高いリーダーが仲良く大型連休中に手術入院していたのです。2人とも連休直後に復帰したそうですが、健康面での不安を払拭して震災後の復興に取り組むことをアピールしていました。

.2人とも無党派層の反発を避けるために自民党色を抑えるように画策しているのですが、復興の美名の裏で貴重な税金が公共工事などに無駄遣いされていることについては熊本のメディアでは問題だとは報じられていません。

これは水前寺公園に道路を挟んで面している熊本県の知事公邸から黒塗りの公用車で退院後に初めて県庁に向かうシーンだと思いますが、今朝は五月晴れで爽やかでしたし健康のためにも歩いて行けば良いのにと思いましたが。

原発などの迷惑施設が無い熊本の自治体の財政はすべて厳しいのですが、震災後にさらに切迫することになりました。仮設住宅の期限の延長が無ければ来年には多くの一人暮らしの高齢者が生活に困窮することになると予想されているのですが、熊本県のリーダーは広々とした高級住宅地の公邸から黒塗りの専用車で登庁し続けるのでしょう。そして熊本のメディアはそれに何も疑問を感じないのでしょう。






 熊本での生活は不快なことが少なくありません。

行政のリーダーが被災者と乖離した贅沢な生活をしていることや、それを知っていながら問題点を報じないマスメディアは唾棄すべき存在だと思います。地震から1年が過ぎて益城町や南阿蘇村など震源地に近かったエリア以外はダメージが残っていなくて、公共工事に税金をジャブジャブ投入しているので笑いが止まらない建設業者とかも多いようです。その構図は津波被害で大きくダメージを受けた石巻市などと復興特需で夜の街が賑わった仙台と似ています。

仙台では楽天イーグルスが人気でしたが、人口が少ない熊本には地元のプロ野球チームはありません。それでも熊本城の城内エリアの西側には場違いな県営の藤崎台野球場があり、不定期にプロ野球の公式戦が行われています。

私はすべてのプロスポーツは大嫌いですのでニュースの途中でスポーツの話題になるとイライラさせられるのですが、スポーツが被災地の活性化につながるという脳が筋肉化しているような連中が出しゃばることにもムカついています。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/05/08(月) 23:59)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア