新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 始まったばかりの梅雨の中で白川に架かる明午橋で見かけたものは…
meigobashikoujimae

 今年は平年より少し早く梅雨が始まっちゃいました。

夕方にヤボ用があって小雨の中を白川に架かる明後橋を渡ったのですが、渋滞中に橋の上に監視カメラのようなものがあるのを発見しました。普段は40キロくらいのスピードで駆け抜けていますので気がつかなかっただけなのかもしれませんが、昨年の7月の九州北部豪雨の後に取り付けられたものじゃないかと思います。

現在は明午橋の上流の子飼橋の架け替え工事が行われているのですが、国土交通省により明午橋も架け替え工事が始まることになったようです。明後橋は1953年の6・26水害で流出して、1960年に架け替えられたということですから老朽化が進んでいることもあるのですが、橋の構造が白川の流れをさえぎることがネックとなっているからというのも理由のようです。

この架け替え工事の総事業費は20数億円で、両側に3メートルの歩道を設ける計画らしいのですが、完成後も片側1車線のままになるようです。道路の拡幅工事が難しいので橋だけを2車線にしても仕方が無いのですが、朝夕の渋滞は深刻ですので架け替え工事に伴って何らかの改善を期待したいものです。




keikenganaiame

 夕方にTKUでこんな番組が放送されました。

昨年の7月12日の白川氾濫を今後の教訓とするように企画されたと思われる「経験のない雨が降った日」という30分の番組でしたが、私はいちばん被害が大きかった龍田陣内地区を最近になって見に行ったばかりでしたので興味深いものでした。天災の前には人間はつくづく無力だと痛感させられたのですが、行政からの避難指示が遅れたためにたいへんな思いをされた方が少なくなかったということでしたので腹が立ちました。

この画像は番組の最後に流された龍田陣内地区の最近の様子なのですが、災害に「終わり」は無いはずです。行政側は上流のダムや下流の河川拡幅工事などの20世紀的な手法で恒常化しつつある「数百年に一度の大雨」に備えようとしているのですが、私は間違った方法だと思います。




tatsunoyugosyotai

 今朝の新聞に山鹿の温泉の広告が載っていました。

県北の山鹿市は約370年前の肥後細川藩主の御茶屋に歴史が始まると言われている古い温泉街なのですが、その古い町並みを高齢化時代のまちづくりの柱にしようと「さくら湯」の復元工事が行われました。かなり頑張って以前と似た外観になり、入湯者が10万人を達成したそうですが、それを記念して普段は見学のみの殿様専用の御前湯である「龍の湯」を特別に無料で招待することにしたそうです。

龍の湯でリラックスできるのは7月13日に限定5組だけと狭き門なのですが、ちょっと少なすぎるように感じました。せっかく大金をかけて作ったものですから、山鹿灯篭まつりの時にでも山鹿に関するクイズでもやって、上位100人くらいにいつでも使える入浴券を渡すくらいしても良いのではと思いましたが。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/06/01(土) 23:59)

<<錦ヶ丘で偶数月の第3日曜日に開催されるはずだったイベントは… | ホーム | 帰国用の航空券をネットで購入する直前に届いたメールの内容は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2652-5a5408c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア