新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 久しぶりに新しい時代を切り開く可能性を感じさせられた作品は…
chinatokl22

 今日は本日封切りの「エリジウム」を観に行くことに。

一昨日と昨日はクアラルンプールでの上映が終わっちゃいそうな作品を観ておいたのですが、もう見逃して惜しいものは残っていませんから封切り日に新作を観ることにしました。今回の旅行の最初はエアアジアジャパンの成田~台北の第一便でしたが、初めてというのはなぜかウキウキしちゃいますよね。「エリジウム」はアメリカでは8月9日に封切られていますので、特に早いわけじゃ無いのですが、日本では9月20日公開ということですからあきれてしまいます。

都合で14時30分の回に行くことにしましたので、映画の前にランチを作ることに。まだアジア飯に飽きたわけじゃ無かったのですが、お好み焼き用に購入したイカを消費してしまうためにちゃんぽん風な料理を作りました。ジャイアントの安売りで購入した麺のクオリティがよろしくなかったのが残念でしたが、こちらのトッピングの定番のフライドオニオンのおかげで最後まで美味しくいただくことができました。

効き過ぎるシネコンのクーラー対策のジャケットのポケットに水とリンゴを入れて、無料のGO-KLバスでブキビンタンへ。バスを降りて7分ほ歩いて今日の目的地であるタイムズスクエアに着きましたが、かなり道路が渋滞していましたのでチャイナタウンから歩いた方がいくらか早かったと思います。まあ車内は程よくクーラーが利いていて、Wi-Fiが使えましたので問題はありませんでしたが。




chinatokl24

 シネコンのすぐ手前に赤い鳥居が出現していました。

パビリオンには2年くらい前の改装の時に日本的なテナントが集まるエリアができたのですが、それをマネして「台湾」をキーワードにテナントを集めたみたいのですが、内容がかなりしょぼいものでした。パビリオンの日本エリアも完成度が高いわけじゃないのですが、ダイソーや山頭火など少なくとも本物が出店していましたのでね。

ところがこの赤い鳥居の先にはたこ焼きの店でしたし、他のテナントで売ってるものはニセモノのドラえもんやキティちゃんグッズだったりしました。まあ最近の台湾の日本化はかなりのものですから間違ってるとは言えないのですが、もう少し何とかならなかったのかと残念に思いました。またオープンから1年以内の新しいエリアのはずなのに、既に空き店舗となっていた部分もありましたし。




chinatokl23

 さて本日のハイライト、「エリジウム」の話です。

この作品の存在は中国滞在中にマレーシアのシネコンのウェブサイトを見て知ったのですが、スキンヘッドのマット・デイモンの画像を見て近未来の戦争ものかと予想して、「他に何も観る映画が無くなったら、観てやってもいいけど…」と考えていました。ところがクアラルンプール入りしてシネコンに置いてあったPOPを見てみたら、「第9地区のニール・ブロムカンプ監督の作品」と書かれているじゃありませんか。検索してみたらジョディ・フォスターも出ていて、すごく面白そうでした。上手い具合にクアラルンプールのシネコンでは「エリジウム」の予告編をやっていませんでしたので、動画を一切見ることがなくシネコンの椅子に座りました。こんなことは滅多に無いことです。

日本公開前ですからネタバレしそうなことは書けませんが、この作品は最初は大きなスクリーンの映画館で観られることを強くオススメします。2010年の3月5日に南寧で「第9地区」をさほど先入観を持たずに観て、ブロムカンプ監督は何か面白い次回作を作るかもしれないと淡い期待を持ったのですが、とんでもない新作を世に送り出してくれました。一昨日と昨日に観たハリウッド映画も「ストーリーや人間描写はダメだけど、CGはなかなかのレベルだな…」と思ったのですが、「エリジウム」に比べたら話になりません。

この作品を観終えていろいろ考えさせられたのですが、私がバンコクで2008年の8月23日に観たピクサーの「WALL-E」との関連について知りたくなりました。「エリジウム」はブロムカンプ監督が脚本も書いたオリジナルらしいのですが、「WALL-E」と共通する部分がありますからね。もちろん「第9地区」を作ったほどの監督さんですから、「エリジウム」の構想はかなり前から暖めていたのでしょう。しかしタイミング的に制作決定は「WALL-E」が公開された時期と重なっているでしょうから、それに関する質問は多いはずです。

ウィキペディアによりますと、ニール・ブロムカンプ監督はまだ33歳だとか。若く見えるマット・デイモンよりはるかに年下ですが、役者さんたちは監督の力量を確信して演技に集中できたのでしょう。こんな才人が突然に現れたりするから、世の中って面白いですよね。今からでもJ.J.エイブラムス監督をクビにして、スターウォーズの残りの3作をブロムカンプ監督にお願いして作ってもらえないかな…




chinatokl26

 映画の後はKLCCに行くつもりでした。

GO-KLバスのブルーラインに乗って紀伊国屋に行ってフリーペーパーを貰っておこうと考えていたのですが、「エリジウム」を観たあとでは億劫になっちゃいました。ゲストハウスに戻って「エリジウム」について検索してみたい気持ちが強くなりましたので、GO-KLバスのパープルラインの残りの部分を乗って路線を確認しながら戻ることに。

もう「エリジウム」について書いちゃったので1日が終わった感じがするのですが、ゲストハウスに戻る前に見たものを簡単に紹介しておきます。これはタイムズスクエアの1階の吹き抜け部分に置かれていた巨大なカプセル自販機です。世界最大でギネスにも載ってるらしいのですが、誰もトークンを入れていませんでした。この展示の期間中に何度か実演はあるのでしょうが、週末で来店客が多い時期かもしれません。カプセルを補充するのに苦労しそうですしね。




chinatokl25

 これは現在のBBプラザの前の様子です。

KLCCやパビリオンなどが登場する前に流行っていたと想像できる古い商業施設でしたが、目の前のMRTの開業に合わせて再開発されることになったみたいです。私はてっきりこのBBプラザと系列のプラザ・ローヤットを取り壊して地下鉄直結の高層ビルを建てると予想していたのですが、閉店から1年経っても建物が残っていましたので内部の改装だけで済ませるようですね。

古いビルを壊して地下空間が広い新築のビルに建て替えをするのは多額の資金が必要ですから、ローヤット・グループの判断は正しいかもしれません。徒歩5分の所にパビリオンという強敵が鎮座していますので、少しばかりの工夫じゃ歯が立たないでしょうしね。近い将来に鳥インフルエンザのパンデミックの発生の恐れもありますし、低コストでそれなりに儲ける道を模索するのがベストかもです。モールマニアとしては面白くない経営判断ですけどね。




chinatokl27

 これは同じ場所から北東を撮影したものです。

右手にBBプラザがあり、この先の右角が最近H&Mがオープンし伊勢丹が入居しているLOT10、その対面がマクドナルドですが、MRTの工事の影響でマクドナルドの存在感が薄くなっています。まあMRTが開業したら多くの客で賑わうようになるでしょうから、大手の飲食チェーン店としては痛くも痒くも無いでしょうが。

ちなみにこの画像には自動車が1台も写っていませんが、いつも交通量が多いエリアです。たまたま私がデジカメを構えた時に信号待ちか何かで一時的に自動車が途絶えただけです。また右の黄色いジャケットのおじさんは電動の旗振り人形です。おそらく日本に土木作業の研修にやってきたマレーシア人の技術者が「これだ!」と閃いて旗振り人形のレンタル業を始めたのでしょう。他の国じゃあまり見かけませんが、このあたりもルックイースト効果かな…




chinatokl28

 最後にゲストハウスの猫たちについて少しだけ。

チャイナタウンのゲストハウスに連泊しているのですが、長い階段がイヤで他所に移ろうかと考えていました。しかしまだ子猫の部類のにゃんこが2匹もいることを知ったので、移動する気が無くなりました。次の週末にはイポーやキャメロンハイランド方面への小旅行に出かけようかとも考えていましたが、それも先延ばしにするつもりです。

今回のゲストハウスにもキッチンがあったのでいろんな食料品を買い込んだことも理由ですが、帰国前に計算して無駄なく食べ切るようにして、いちばん最後にイポーなどへの小旅行を入れ込もうかと考えています。まだ観ていない映画は残っていますので、何も観るものが無くなってから小旅行には行けば良いですからね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/22(木) 20:39)

<<数年後に様変わりするはずのパサールセ二駅前の現在の様子は… | ホーム | マレーシア通の人でも当てるのが難しいと思えるこの画像の場所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2703-f44237ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア