新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 映画料金が少し高くなるクアラルンプールの週末に選んだ場所は…
chinatokl40
 
 マレーシアでは週末の映画料金は少し高くなります。

ぜひ観たいと思うような映画も無くなってしまいましたし、週末はどこに行くべきか悩みました。クアラルンプールは大都市ですから行こうと思えばいくらでもあるのですが、桂林で石段を登った時の筋肉痛がまだ残っていますし、昼間は暑いので歩き回る気にはなれないのです。それで無料のGO-KLバスで行くことができるKLCCの紀伊国屋にフリーペーパーを貰いに行くことにしたのですが、円安時代の生活防衛のためにランチはゲストハウスで済ませておくことに。

キャベツ1個と小麦粉1kg、そしてダイソーで日本製のお好み焼きソースを買ってしまったので、帰国前にできるだけ消費する必要もありますので、今日のランチもこうなりました。素材は安いのですが、ソースとマヨネーズだけで10リンギ(約300円)近くしましたので安いランチとは言えません。まだソースとマヨネーズなどは残っていますので、次回はエビ玉を作ろうと考えています。イスラム国であっても外国人ご用達のスーパーでは豚肉を売っていますが遠慮するようにしています。帰国後にとんかつを食べる楽しみもありますし…




chinatokl41

 まずGO-KLバスでパビリオンに行きました。

パサールセ二駅からKLCCへの直行バスは無いので乗り換える必要があるのですが、パビリオンからはクーラーが効いたペデストリアンデッキが数年前に完成していますので歩いて行くことに。昨年は工事中だった建設現場がどうなったかも興味がありましたので、私の場合は歩いて行くのがベストな選択だったのです。

少しは広告が増えて賑やかになったペデストリアンデッキを3分ほど歩いたら、真新しいグランドハイアットホテルが見えてきましたのでエレベーターで地上に降りました。本館前に車寄せがあり、左のバンケットルーム風な低層階の建物の上がスイミングプールという定番の作りのようでガッカリでした。ちなみにプールの背後にチラリと見えているのがKLCCのペトロナスツインタワーですので、欧米人旅行者が買い物や食事を楽しむには便利なはずです。




chinatokl42

 この高層ビルも昨年はまだ工事中でした。

もう建物は完成していて、ビル名の背後の壁に電動ポンプで水が流れる仕組みも稼働中でした。しかしシークレットレシピなどのテナント部分はまだ工事中で、オフィスビルの機能が完璧になるまでには数ヶ月かかりそうな感じでした。このビルはロケーションも悪くないので、基礎工事の段階では地下から2階部分までは物販のテナントが入るのではと予想していたのですが、見事にハズれてしまいました。

ちなみにこのビルの対面には麺屋武蔵の看板がありましたが、いくつかの和食店が集まった複合店みたいでした。このビルの他にもKLCCの周辺では高層のオフィスビルやコンドミニアムが増えていますので、出店場所として選ばれたのでしょう。賃貸料はそれなりに高そうですが、正しい選択だと思います。




chinatokl43

 これはオフィスビルの隣の観光案内所です。

クアラルンプールにはエアアジアのハブ空港であるLCCTがありますので、周辺国から多くの観光客がやってきます。マレーシアには世界遺産などの見所は少ないのですが、英語が通じる大都市でありながら物価はまだ少し安い感じがしますので、買い物したりのんびりしたい観光客には人気のようです。

追い風ムードを生かして観光客の滞在日数を増やすことが課題のようですが、マレーシア政府も無料バスを走らせたりと頑張ってはいるようです。このタイプの観光案内所も街のあちこちに配置してあるのですが、ここでは窓口に手書きの「クローズド」の張り紙を貼って、中のおじさんは昼寝していましたのでちょっと問題だと思います。お昼休みは認められているのかもですが、先進国の旅行者から見たらサボっているとしか見えませんよね。




chinatokl44

 KLCCは週末のためかえらく混雑していました。

まず伊勢丹の地下の食品売り場を物色してからエレベータで3階まで上り、それからエスカレーターで紀伊国屋の中国語の売り場側の入口から入店しました。日本の書籍売り場の混み具合はそれほどでもなく、以前に比べて中国語版のコミックの売り場に侵食されているように感じました。これも円安とマレーシアの物価が少し上がっている結果かもしれませんね。まあネットや電子書籍などが普及しているのも原因なのでしょうが。

今回は週刊の南国新聞とJスポ、そして月刊のパノーラの3誌をいただいたのですが、昨年のリニューアルで伊勢丹の前に出現した座り心地の良いイスで目を通させてもらいました。特に面白い記事は無かったのですが、約1年ぶりのフリーペーパーですから広告も初めて見るものばかりで楽しめました。南国新聞で今日パブリカで盆踊りがあることを知りましたが、ちょっと遠いですから…




chinatokl45

 KLCCからGO-KLバスに乗ることにしました。

バス乗り場は想像した通りの場所にあって、既に2台のバスが到着していました。パープルラインは3回乗りましたが、グリーンラインは初めてですので、どの道を通るのか楽しみでした。検索すれば詳しいルートが出てくるのでしょうが、それじゃ驚きが無いのでワザと詳細を知らないまま乗ることにしているのです。GO-KLバスは無料ですから間違えても痛くないですからね。

KLCCからバス停に向かおうとしたら、目の前の「アベニューK」という閑古鳥が鳴いていた商業ビルが工事中なのが見えました。1階部分にかなり大きなH&Mがオープンするみたいですが、はたして今度は上手くいくのでしょうか。私はKLCCから楽にアクセスできる地下通路でも作らないと無理なような気がしますけど…




chinatokl46

 GO-KLバスはかなり混んでいました。

それでパビリオンの手前で降りて、少し歩いてからパープルラインに乗り換えることにしました。グリーンラインは周遊コースの半分も乗っていないので近いうちに全行程を制覇するつもりですが、平日の午後にやるべきだと思います。週末は乗客が多くて不快ですのでね。

イスタナホテルの前から西に歩いてGO-KLバスの停留所を見つけてパープルラインを待ったのですが、その近くにこんな停留所もありました。銀行の宣伝があるバス停ですが、この停留所の真裏がこの銀行の入口なのです。この近くにはKFCの本社らしいビルがありましたが、やはりその前のバス停はKFCの宣伝で埋め尽くされていました。クアラルンプールではごく普通なことのようですが、ちょっと面白い仕組みですよね。他の国では見かけないような気がしますが。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/24(土) 23:59)

<<雨上がりにドリアン売りのトラックを横目に見ながら出かけた先は… | ホーム | 数年後に様変わりするはずのパサールセ二駅前の現在の様子は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2705-332fb694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア