新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 雨上がりにドリアン売りのトラックを横目に見ながら出かけた先は…
chinatokl50

 マレーシアで初めての日曜となりました。

今日も映画館は割高ですから、空港でいただいた地図に載っていた聞いたことが無い名前のモールに行ってみることにしたのですが、出かけようとしたら急にスコールが降りました。30分くらいで止んでくれ、曇り空で気温は30度以下とKLでは絶好のお出かけ日和となってくれました。これは私の日頃の行いが良いからでしょうか…(笑)

Googleマップで検索してみたらViva Home Mallまで4kmもない感じでしたが、モールまでの道路の周辺は面白いものが見当たらずに退屈でした。マレーシアらしいものとしてドリアンの直売トラックがありましたが、たいしてインパクトは無いですよね。




chinatokl51

 これがモールの西側のファサードの様子です。

この画像の右手、方角で言えば南側に幹線道路が走っていて、そこを走る自動車に存在をアピールするようなデザインになっていました。それというのも名前から想像できるように住宅やインテリア関連のテナントを多く集めたもので、郊外に住んで自家用車を持ってるような中流以上の客層をターゲットにしていそうだからでした。

今日は日曜ということで家族連れなどで賑わっていましたが、規模も内容も「まあこんなものだろうな…」といったレベルの商業施設で、わざわざ歩いて来た努力に報いるものはありませんでした。おまけに規模のわりにエスカレーターやエレベーターが少なく、モールの内部をかなり歩かされることになり迷惑でした。




chinatokl52

 モールのテナント入居率はわずか半分ほどでした。

1階や2階はマシでしたが、上に行くにしたがって空き店舗が増えていきました。最上階の3階(日本式なら4階)では空き店舗のスペースに子供が遊ぶことができる電動3輪バイクのコースが作られていたくらいでした。空気を入れて膨らませるタイプの遊具が置いてあるエリアもあって、子供たちは楽しそうでしたが。

お父さんとお母さんが家具を選んでいる間に子供たちはこのような遊具で遊んでいるというのは悪くないとは思いますが、最初の開発計画に無理があったのではと思いました。このモールが位置するエリアはわりと古い低層住宅が多く、今後も高層のコンドミニアムなどは建ちそうにない地域ですからね。




chinatokl53

 モールの1階にはジャイアントが入居していました。

明日は郊外のモールに行こうと考えていますので、中途半端な品揃えと値段のスーパーで買うものは無さそうでしたが、念のためにチェックしてみることに。入口の大きさのわりには奥行きがあって、それなりに楽しむことができました。安くなっていたアボカドなどをバスケットに入れ、念のために酒売り場にも行ってみました。

ムスリムが多いマレーシアではアルコール類には多額の税金がかかっているので、最後にビールを飲んだのが1週間前の桂林でした。もしセールでもやってたら買ってみようかと思ったのですが、セールの商品でも1缶5リンギ(約150円)もしましたのであきらめました。以前のチャイナタウンでは3缶11リンギで売ってる店があり、1日1缶のペースで飲んでいましたが、世襲議員のせいで円安ということもありますので帰国するまで禁酒とするのが正解のようです。




chinatokl54

 モールからはLRTに乗って戻ることにしました。

ジャイアントでの買い物を終え、モールの案内所に行って中心部へのバス路線を尋ねようかと考えていたのですが、モールの天井に電車のマークのサインがありましたので追って行ってみることに。サインは2階部分から外に出ることを促していたのですが、そこには幹線道路を跨ぐペデストリアンデッキがあり、その先の住宅地の外れにLRTのミハージャという駅がありました。

北行きに乗って終点のアンパンで降りれば、無料のGO-KLバスに乗り換えることができるはずでした。しかし乗り換えが2回もありますので、無難にマスジットジャメ駅まで乗ってから歩くことにしました。LRTは本数が少ないので少し待たされましたが、混んでいなくて座れました。これは最後尾の運転席のドアが開いていたので撮影してみたのですが、意外に計器類が少なくて運転は簡単そうでした。




chinatokl55

 LRTに乗ってる時間は15分ほどでした。

マスジットジャメ駅に到着した後も小雨が降り続いていましたが、傘が必要なレベルではありませんでした。これは川の手前から駅名となっている寺院やその奥のムルカデ広場方面を見たところですが、昨年は工事中だったモダンなビルが完成していて、そこにはマレーシアの巨大な国旗が取り付けられていました。

ムルカデ広場の周辺は8月31日の独立記念日に向けて国旗だらけになっているのでしょうが、好景気の中でのパレードが楽しみでもあります。それが終わった後はマレーシアの国旗は倉庫に仕舞われることになるのでしょうが、10月にオバマ大統領がやってくるみたいですから、今度は似たデザインのアメリカ国旗が町中に溢れることになるのでしょう。外灯などに2国の国旗を取り付けたら赤と白のストライプばかりで、目がチカチカしちゃいそうですよね。(笑)




chinatokl56

 これは先日の午後に紀伊国屋で見かけた本です。

311があったこともあり、ロングステイ先としてマレーシアを選ぶ日本人は増えているようですし、高いリターンが期待できる不動産の投資先として賭けに出る人も少なくないようです。私はこれまでのマレーシアは快適で暮らしやすかったので何度も滞在しているのですが、四季が無い地域で長く暮らすのはイヤですから2週間ほどが限界と思っています。また今後のマレーシア政府がプミプトラ政策を強化するようなら、渡航先として選ばなくなることもあり得ます。

もちろん人にはそれぞれに好みがあることは承知していて、1年中暑い国で暮らしたい老夫婦がいることも理解しています。そのマレーシアでのロングステイを選んだ人たちが出演された番組や書籍などチラっと見かけたことがありますが、当然ながら私はまったく羨ましくありません。個人のお金はどのように使うのも勝手ですから、「どうぞお好きに楽しんでください…」といった感じですが、この「ご褒美人生」というタイトルが付いた本には違和感がありました。

この書籍の著者は定年後の人生はご褒美との考えが底辺にあるようですが、少子高齢化の日本の社会で食い逃げ世代が「年金はご褒美だから…」と考えるというのには文句を言いたくなります。これまで団塊の世代たちが選んできた歴代の内閣が少子化対策に熱心じゃなかったので社会問題化していますが、現在の世襲議員の内閣も女性手帳を発案するようなアホな女性を担当大臣に選んじゃいましたので、これから先も改善するわけありませんよね。

ロングステイしてる老人たちを支えてる日本の若い世代は自分たちが貰えないことを予想しながら年金を払い続けているのですが、それを自分たちへの「ご褒美」と考えるのは道徳観念が狂っていると思います。年金を元手にロングステイをされる皆さんは「生活防衛のために皆さんが支払っていただいた年金を大事に使わせていただいています…」といった謙虚さあるのが理想的だと思いますが。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/25(日) 20:50)

<<ムルデカ広場に国旗掲揚式を見に行って偶然に見かけたものは… | ホーム | 映画料金が少し高くなるクアラルンプールの週末に選んだ場所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2706-7d93a767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア