新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 映画料金が少し安くなる水曜日なのにのんびり過ごした理由は…
chinatokl76

 マレーシアでは水曜は映画料金が少し安くなります。

それで以前は1日に2本の映画を観たこともありますが、今回はお金を払ってまで観たいと思うような作品はもう残っていません。明日から始まる新作のラインナップを見てもそそられるものは皆無で、来月公開予定の「JOBS」を観ることができないとしたらクアラルンプールでは6本で終了となるでしょう。

そう考えながらマレーシア最大と思えるGolden Screen Cinemasのウェブサイトをチェックしていたら、ミッドバレーだけで1日に1回だけ上映している作品がありました。「NOW YOU SEE ME」というタイトルは覚えていなかったのですが、このスタイリッシュな構図のポスターはどこかの街角で見かけたことがありました。トレイラーをチェックしてみたらマイケル・ケインなども出ていて面白そうでしたので見に行くことに。これでマレーシアで観るのは7本ということになります。

上映開始が19時30分でしたので、暑い昼間はゲストハウスでのんびり過ごしてから出かけることにしました。ミッドバレーで映画を観るのは3回目ですから、あまり早く行っちゃうと時間を持て余しそうですからね。2軒のスーパーも隅々まで歩き回りましたし、帰国便は7kg制限がありますので土産物を買うこともできませんし。




chinatokl70

 16時過ぎに無料のGO-KLバスに乗りました。

ゲストハウスでのランチ後にコーヒーを飲みながら観光案内所でいただいたリーフレットをチェックしてみたら、テレコムミュージアムは入場無料という情報がありました。チャイナタウンからは歩いて行くことができる近さでしたが、GO-KLバスの2つ目の停留所で降りたら目の前ですので楽しちゃうことにしたのです。

歴史ある建物の階段を上がって展示室に入ろうとしたら、受付の女性が声をかけてきました。名前でも書かなくちゃならないのかと思ったら、最近になって有料化されたそうでした。現地人が5リンギ(約150円)で外国人は10リンギ(約300円)という話でしたが、二重価格が大嫌いな私は当然ながら見学する気が失せました。

この画像はマレーシアでも激減している公衆電話です。テレコムビルの近くなためか、ちゃんと使えそうな雰囲気でした。もちろん最近はほとんどのマレーシア人がスマートフォンを持っていますので、これで電話する人はあまりいないと思います。ちなみに「helo」はマレーシア語らしく、綴りの間違いじゃないのでしょう。テレコムミュージアムは「MUZIUM TELEKOM」という表示でしたし…




chinatokl71

 次は「CAP SQUARE」に行ってみました。

インド人街から少しKLタワー方面に行った所に開発されたオフィスビルの中の商業施設なのですが、8割ほど完成しているのにサミシイ感じがする開発地区でした。いつも空いているフードコートや4館ほどのシネコンがあったりしましたので通りかかった時にチェックしているのですが、いつもテナントが入れ替わっていたりしました。

ところが今回はほとんどのテナントが撤退していて、まるで廃墟のような雰囲気でした。一応オフィス勤めの人たちが通り抜けできるように導線は確保されていましたし、クーラーも普通に効いていました。テナントの総入れ替えをするのか、あるいはこのまま廃墟になってしまうのか不明ですが、元々の開発計画に無理があったと思います。




chinatokl72

 久しぶりにSOGOにも行ってみることにしました。

観光局のブログで部分的にリノベーションされてユニクロが入居したという情報を見かけましたのでチェックしてみることにしたのですが、もうひとつの理由はSOGOの裏手にあるバンクネガラ駅からKTMコミューターでミッドバレーまで簡単に行くことができるからでした。電車の本数は少なめですが、3駅だと1リンギ(約30円)で行くことができますので安上がりですしね。

SOGOの3階(日本での4階)のユニクロの店舗を確認してから裏手のペデストリアンデッキで駅に向かったのですが、そこには赤いタコのデコレーションがありました。SOGOに「築地銀だこ」でも進出したのかと思ったら、なんと地元の銀行のキャラクターみたいでした。インパクトは強いですけど、これってどうなのでしょう?




chinatokl73

 ほとんど待ち時間なしで電車に乗れました。

急いでいる時はなかなか来なかったりするのですが、博物館にいかなかったので時間の余裕があるというのに電車はすぐにやってきました。それも初めて見る新型車両でしたが、いったいどこの国で作られたものかわかりませんでした。マレーシアにはインド系の住人も多いですから、インドで作られてマラッカ海峡を渡ってきたのかもしれません。インドとマレーシアは陸続きですが、貨物だけであってもミャンマーは通れないはずですからね。

KTMコミューターは磁気記録式の紙製のカードが使われているのですが、自動発券機や自動改札機が壊れていることが多くて不便です。近い将来にアップルやGoogleの携帯端末にお財布機能が付くことが確実視されていますので、現在のシステムを修理するより時代の進歩を待つというのが正解だと思います。




chinatokl74

 水曜日で割安なためにシネコンは混んでいました。

今日の映画はアメリカでは5月31日に封切られた「NOW YOU SEE ME」という作品でしたが、日本じゃマジックに関するタイトルとしてアピールできないということで「グランド・イリュージョン」という苦しい邦題になり、10月25日から公開されるということです。この作品は特にネタバレしちゃいけないので感想を書くのが難しいのですが、若手の俳優さんたちも悪くなくて10リンギ(約300円)の入場料を払う価値はありました。脇を固めるマイケル・ケインやモーガン・フリーマンも存在感がありましたし、テンポも良かったですしね。

しかし致命的な欠陥がある作品なので、半年遅れで公開される日本で観ることはオススメしません。11月1日の映画の日に1000円で観るとしても無駄遣いのように思えますので。もちろんイリュージョンが大好きな方やお金と時間が余って仕方が無いという方たちは観に行くべきでしょうが。

ちなみにこの画像は本編が始まる前に流れたマレーシアの偉い人のPVです。タイの映画館ではいつものことですが、マレーシアでは初体験でした。今月末の独立記念日が迫っているからなのかもしれませんが、国に敬意を払うことを強制されるのはイヤなものです。暑苦しい映像は2分ほどだったと思いますが、起立しなきゃならないのはアホらしいですよね。もちろん私は座ったままでしたが…




chinatokl75

 上映終了後、電車に乗って帰ることにしました。

22時前でしたのでバンサー駅に向かう無料のシャトルバスは終わっているでしょうし、全行程を歩く気にはなれませんでしたからね。それで個人的に嫌いな同じコースを戻ることにしたのですが、KTMの窓口が閉まっていたので自動発券機に行列ができていてガッカリでした。一応3台並んでいたのですが、1台は故障中でもう1台はコイン専用でした。コインを持たない人は行列に並ぶしか方法が無かったのですが、その発券機は精度が低くて投入した紙幣が弾かれて戻ってくる代物でしたのでイライラさせられました。

ようやく1リンギ(約30円)のチケットを購入してホームに降りてみたら、そこに猫の親子が住んでいましたので心が和みました。左のお母さんは先日も見かけたのですが、右の子猫たちは初対面でした。誰かが持ってきたエサを美味しそうに食べていましたが、人間をまったく恐れていないのに感心させられました。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/28(水) 23:59)

<<美味しそうな場所で待ち合わせて美味しいものを食べた理由は… | ホーム | クアラルンプール駅で片道チケットを購入後に観た映画は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2709-61d73fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア