新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 片道1リンギか2リンギで行くことができる高級コンドミニアム地区は…
chinatokl90

 今日はKL郊外の高級住宅街に行ってみることに。

コンドミニアムの開発が始まった頃は路線バスも走っていなかったので苦労させられたのですが、現在ではチャイナタウンから簡単にアクセスできるようになりました。バンコクバンク前が始発のバスで行くのが楽なのですが、KTMコミューターの駅前の開発も進んでいるかもと考え、まずは1リンギ(約30円)払って電車で北へ3駅目のセガンブット駅に行くことに。あいにく最初に来た電車がバトゥケーブに行きでしたので2駅目のプトラ駅で乗り換えたのですが、その時に驚かされたのが壊れた自動改札機に駅員が立っていたことでした。

マレーシアではKLセントラル駅や新空港駅が開業した頃に一気に自動改札が普及したと思いますが、メンテナンスの悪さもあってどんどん壊れているようです。ですから改札はフリーパスだったりしますし、電車を利用して駅を出る時には段ボール箱に切符を入れるような仕組みになっていたりします。電車の中で検札する係員を見かけたことはありませんが、皆さん真面目にチケットを買っているようです。

しかしいくらマレーシアがまだ人件費が安いといっても改札に人間は不要ですよね。ちなみに奥に座っているおじさんはトイレの使用料を受け取る係ですが、日本円にしてみると1回につき10円ほどを徴収するために1日中座っているのです。トイレを無料化すれば人件費は不要なのに、実にアホらしい話ですよね。




chinatokl91

 駅前は以前とさほど変わっていませんでした。

しかし駅前からは見慣れない高層コンドミニアムの工事現場が遠くに見えたり、近くに高架式の新たな道路が建設中だったりしました。まずはPublikaという商業施設に行ってみることにしたのですが、その手前に見慣れない大きな建物が見えてきました。

Menara Matradeと表示してありましたので検索してみたら、MATRADE Exhibition & Convention Centreという展示会場のようでした。その真横にはモダンなデザインの高層ビルやモスクが建設されるようでしたが、土地が広い郊外だけに建物は巨大で駐車場が広いので歩くのには不向きです。




chinatokl92

 久しぶりのPublikaは賑やかになっていました。

前回はまだオープンしてから日が浅かったので工事中だったテナントが多かったのですが、さすがにもうすべてのフロアでテナントがほぼ埋まっていました。後背地に高級コンドミニアムが控えていますので、高感度なショップや美術品を扱うギャラリーなど他に無いテナントミックスが楽しめたのですが、このB.I.G.という地下の高級スーパーはかなりの完成度でした。

イオンがカルフールを買収した後に展開しているBIGと似ていますが、こちらは「Ben's Independent Grocer」という名前を短縮した別物みたいです。先日のアンパン地区のザ・インターマークの地下の「Jaya Grocer」というスーパーもなかなか良い品揃えでしたが、こちらの方が大きくて商品も充実していました。私が買いたくなるような割安感があるものは皆無でしたけどね。(笑)




chinatokl93

 ランチは何にすべきかかなり悩みました。

Publikaの地下にはEATというフードコートがあるのですが、値段は場所柄を反映して割高だったのです。隣のモントキアラに行く途中には庶民的な地区もありますので、移動すべきかと考えながら歩いていたら試したことがないHOT&ROLLという小さなファストフード店がありましたので、飲み物とのセットメニューを注文してみました。

珍しく簡単な英語しか理解できない店員さんだったので苦労したのですが、サテーチキンのラップサンドとキンキンに冷えたミネラルウォーターのセットで4,90リンギ(約147円)払いました。料理は熱々で普通に美味しかったのですが、量が少なめで満腹にはなりませんでした。野菜類も少なかったのですが、これならサブウェイの7,90リンギ(約237円)の本日のサブセットの方がマシでした。




chinatokl94

 Publikaを出る前にこんなのを見かけました。

サンリオと提携してる地元の銀行の広告でしたが、8月23日にアップしたドラえもんに続いてキティちゃんも真冬バージョンでしたので不思議な感じがしました。どちらも日本のキャラクターだということは知られていると思いますが、数ある中で冬っぽいデザインを選ぶというのは憧れなんじゃないかという気がします。

日本に入国するのにマレーシア人がビザが不要になる前は富裕層だけが日本を旅行できていたのでしょうが、その金持ち連中は冬の北海道観光から帰ってきてダウンジャケットなどを着込んだ写真を見せて自慢してたんじゃないかなと想像しています。マレーシアではキャメロンハイランド辺りの高地に行っても真冬用の服は不要ですが、だからこそ憧れの対象になるのではと思えるのです。




chinatokl95

 30分ほど歩いてモントキアラに到着しました。

まず1MONT KIARAという中央に吹き抜けがある商業施設に行ってみたのですが、ほとんど変化はしていませんでした。次に対面の古株のPlaza Mont Kiaraというモールに行ってみたのですが、13時を過ぎているというのに飲食店はどこも混んでいました。モントキアラは外国人や富裕層の住民が多いのでランチタイムも庶民たちより遅くて長いためかもしれません。

マクドナルドの先にマレーシアが誇るシークレットレシピというケーキショップの支店があったのですが、そこにケーキを注文すれば15時から18時までコーヒーなどの飲み物が無料になるという懐かしい表示がありましたので嬉しくなりました。最近はタイムズスクエア店やミッドバレー店などではそのタイムサービスは行われていませんでしたからね。しかし15時までには2時間近くもありましたので、モントキアラで食べるのはあきらめるしかありませんでした。




chinatokl97

 モントキアラからは路線バスに乗りました。

15時過ぎにはミッドバレーの隣のザ・ガーデンに行く無料のシャトルバスがあるのですが、それまでシークレットレシピでケーキとコーヒーを味わいながら待つことはできませんでしたのでね。たまたまモントキアラの南側のエリアを探検中にチャイナタウンへ行く路線バスの始発のバス停があったので2リンギ(約60円)払って乗ることに。

路線バスはモントキアラの高級エリアから一気に庶民的な低層住宅が建ち並ぶ地域を抜けたのですが、そこにも開発の波が押し寄せていました。以前に30度を越える中で生肉をぶら下げて売ってる肉屋などがあった跡にはモダンな集合住宅が建設中だったりしたのです。「開発は点から線へ、そして線から面に拡大していくのか…」とサミシイ気持ちになってしまいました。

40分ほどで路線バスがチャイナタウンのバンコクバンクの前に着いたので、久しぶりにセントラルマーケットを通り抜けてみたのですが、その中央部分に昔からあるシークレットレシピの支店にも15時から飲み物無料のバナーがありました。「これで久しぶりにケーキとコーヒーを楽しめる!」と心が躍ったのですが、時計を見たら14時40分でした。時間をつぶすために近くを歩き回っていたら、見慣れない無料シャトルバスの乗り場を発見しました。

それは以前に苦労して歩いて行ったことがある2つのモールに行くものでしたが、悪いことは重なるもので雨が降り始めました。洗濯物をゲストハウスの屋上に干していたので15時を過ぎたというのに戻らなくてはなりませんでした。まだ帰国まで少しありますので、ケーキとコーヒーは次回の楽しみとすれば良いのですけどね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/30(金) 22:55)

<<マレーシアがイギリスから独立してから50回目の記念日の速報です | ホーム | 美味しそうな場所で待ち合わせて美味しいものを食べた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2711-ae0f6929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア