新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 炎天下でのムルデカパレード終了後に逃げ込んだ文化施設は…
chinatokl106

 炎天下でのパレード見物で疲れ果ててしまいました。

最初は貴賓席の横の日陰で見物していたのですが、戦車の行進が途絶えた時に中央の広場を抜けて会場から逃げようとしたら、警備のお兄さんに早く歩道に上がるように促されてしまいました。そこには熱心にマレーシアの国旗を振っている今日だけ愛国者という感じの人たちが壁のように立っていて、私は望まないのに最前列の太陽がサンサンと降り注ぐ最前列で見物することになってしまいました。

「日射病で倒れる演技をして警備のお兄さんたちに日陰に運んでもらおうか…」などと良からぬことを考えながらパレードが早く終了してくれることを願ったのですが、終わったのは私が会場入りして1時間後の11時でした。一刻も早くゲストハウスに戻ってベッドに倒れ込みたい気分でしたが、大勢の観客が一斉にチャイナタウン方面に帰りはじめましたので時間がかかりそうでした。

ちょうど目の前の古い建物の中にテキスタイル美術館があり、入場無料と書いてありましたので逃げ込むことに。中は貴重な布製品が痛まないように照明は薄暗く、室温や湿度も24時間体制で最適にコントロールされている感じでした。私はさほどテキスタイルに興味があるわけじゃありませんでしたが、館内にはイスもありましたし実にありがたい文化施設でした。




chinatokl100

 しばらく休憩していたら空腹になってきました。

インド人街に行くと遠回りになりますので、プドゥラヤバスターミナル方面に抜ける路地の屋台でぶっかけ飯を食べることにしました。おばちゃんからご飯を皿によそってもらい、それに20種類ほど並んでる料理の中から好きなものを好きなだけ乗せるというシステムです。料金はおばちゃんが暗算して決めますが、チャイナタウン在住の中国人と見られているためかボラれることはありません。

先週から食べたかったテンペのフライとナスをサンバルソースで煮たもの、そして羊肉のイエローカレーを乗せ、色合いを考えて緑黄色野菜を乗せようかとしたのですが、他のお客さんの盛り方がスゴく地味でしたので私も自粛しておきました。この料理とアイスティで6リンギ(約180円)で、野菜を乗せていたとしても200円くらいだったでしょうが、1人だけ浮いてしまうのは避けたかったのです。




chinatokl101

 食後のデザートにアイスクリームを食べました。

8月19日にKL入りしましたので1リンギ(約30円)の棒アイスやマクドナルドのソフトクリームは飽きていますので何か新しいのが無いか探していたら、ウエハースで紫芋のアイスを挟んだものがありました。1リンギの棒アイスと同じケースに入っていたので値段も同じかと思ったら、意外にお高くて1,50リンギ(約45円)もしていました。

「2度と買わないぞ!」と心に誓いつつ食べながら歩いていたら、チャイナタウンの路地に生き残っている路上床屋の前に「写真撮影5リンギ」の張り紙を発見。面白がって撮影する西洋人が目障りなので自衛のための張り紙なのでしょうが、この割高なアイスより高価です。ちなみに私はアイスを撮影したもので、路上床屋を撮影したわけじゃありません。たまたま写り込んだだけです!(笑)




chinatokl102

 ゲストハウスに戻ったら雨が降り始めました。

この時期のマレーシアは雨が多いのですが、長く降り続けるわけじゃありません。雨の後は気温も少し下がって過ごしやすくなりますので、旅行者の敵というわけではないのです。コーヒーを飲みながら明日からの小旅行の下調べをしていたら雨が止んでくれましたので、夕食の材料を買いに行くことにしました。近場のジャイアントやイオンじゃ面白くないので、先日のモントキアラから帰る途中に路線バスから見えたイオン系列のBIGが入居しているリバーウォークという郊外の商業施設を試してみることにしました。

買い物した帰りにKTMに乗ることにして、行きは無料のGO-KLバスとモノレールを乗り継ぐことにしました。モノレールはKTMに比べると割高なのであまり乗らないのですが、たまたまリバーウォークがモノレールの終点から徒歩圏内だったので久しぶりに乗りました。

これはモノレールのドアの上の駅名表示なのですが、駅前にある企業のマークが描いてあるのが面白いなと思いました。8月24日にクアラルンプールでは会社の前のバス停に自社の広告を出している話をアップしましたが、モノレールも例外じゃ無かったのです。KFCのマークの駅の前にはかなり大きなKFC本社ビルがあり、もちろんKFCの店も1階に入居しています。ですからバス停、モノレール駅、KFCの店舗、そしてKFC本社とその周辺はKFC一色なのです。




chinatokl103

 イオンのBIGはさほどビッグではありませんでした。

以前はこの場所にはカルフールの店舗があったのでしょうが、マレーシアから撤退した後の第1号店がここだったみたいです。まだオープンして1年も経っていないようで、店内の内装はキレイで日本的にコンパクトにまとまっていたのは評価できます。しかし地価が安い郊外だというのにミッドバレー店に比べて割安感はありませんでしたし、デリや生鮮食品のコーナーも貧弱でした。

モントキアラの富裕層が買い物に来る要素はまったくありませんし、周辺にはあまり高層住宅が無いので頑張っても売り上げを伸ばすことが難しい中途半端な立地なのでしょう。リバーウォークといってもキレイじゃない川に近いだけで、特に他に比べて優位なものは見当たりませんでした。2階なんてほとんどテナントが入っていませんでしたが、イオンの影響力じゃカルフール時代のマイナスを埋めることは無理だったようですね。




chinatokl104

 生ものを買い物して、KTMの駅に急ぎました。

リバーウォークからの近道を選ばずに、少し遠回りをしたのはクネクネしてる工事中のビルをチェックするためでした。低層の建物が多いセントゥル地区に開発されている「THE FENNEL」という3連の高層コンドミニアムですが、現在のところ2棟しか姿を現していません。個人的にはあまり良いデザインとは思えないのですが、タクシードライバーに伝える時に「クネクネしたビルまで!」と言えば良いので便利かもです。(笑)

この工事現場の近くには低層のインテリア関連会社が入居したビルもありましたし、これから開発が進むことになるのかもしれません。モノレールが1駅延伸してくれればブキビンタンやKLセントラルまで近くなりますしね。まあセントゥル地区のイメージがもっと良くならないと無理かもですが。インド映画専用の劇場がありましたが、インド系住民の比率が多いようですしね。




chinatokl105

 今日はBIGで貝とナシレマックを購入しました。

それと残りの野菜で貝たっぷりの汁ビーフンを作ったのですが、マレーシアの貝が味が薄くて期待ハズレでした。貝があればショウガと野菜だけで美味しくなると予想したのですが、磯の香りがまったく感じられない気が抜けたような料理になってしまいました。手持ちのエビのブイヨンを入れるのはためらわれましたので、醤油と七味で味を調えて仕上げに韓国海苔を散らしたらマシになりました。

これで計画した通りにほとんどの食材を使い切りましたが、お好み焼きを作るために買った小麦粉が残っています。まあ安いものでしたので、いつもゲストハウスのキッチンをキレイに掃除してくれているおばちゃんにあげれば良いのですけどね。帰国便が7kgの荷物の制限が無ければもったいないので持って帰りますが…(笑)




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/08/31(土) 23:59)

<<クアラルンプール駅から片道25リンギの電車で出かけた街は… | ホーム | マレーシアがイギリスから独立してから50回目の記念日の速報です>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2713-11e2c10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア