新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 久しぶりに歩いてみたキャメロンハイランドの中心部の印象は…
ch2

 かなり久しぶりのキャメロンハイランドの滞在でした。

前回に旅行した頃は日本語の看板なんて皆無でしたし、日本人旅行者と道で擦れ違うことなんて滅多にありませんでした。昔のキャメロンハイランドは東南アジアの暑さに耐えかねた欧米人旅行者たちの避暑地といった感じで、旅行している人たちの年齢層も高めだったと思います。

最近ではエアアジアXで羽田や関空からLCCTに簡単にアクセスできるようになり、ペナン辺りからの帰りにキャメロンハイランドに立ち寄ったりする人が増えたみたいですが、タイのチェンマイのようにサービスアパートメントを借りて長期滞在する日本人の高齢者も増えているらしいのです。

そんなこともあって観光案内所では日本語を話すことができるスタッフを配置しているようですが、9時からと表示されていたのに担当者がやってくる気配はありませんでした。時計を見たら10時前だったのですけどね。(笑)




ch1

 少し路地を入った所に小さな市場がありました。

手前に4軒ほどの飲食店があって建物の後ろ側が野菜売り場になっていたのですが、近場の畑で採れたと思われる高原野菜などはさすがに新鮮そうでした。買い物客は地元の人ばかりのようで、常連さんたちが店番の人と親しげに会話していたりしました。

そんな野菜を使って作られたと思える飲食店の料理は割安感があったのですが、残念ながら「今日のランチはこれにしよう!」と思わせる決定打に欠けていました。時間が無かったりしたら妥協したと思いますが、昼過ぎのバスのチケットを購入しちゃっていましたので急いで決めなければならない理由はまるで無かったのです。




ch3

 タナー・ラタの町の端の方まで歩いてみました。

この丘の上の修道院跡がかつての町の果てという感じでしたが、今ではその更に奥までスイスのコテージ風な建物が増殖していました。階段で丘に登ってみたら修道院は横の建物で幼稚園をやっていて、子供たちが楽しそうに遊んでいました。日本の寺が幼稚園を経営してるのに似ているような気がしました.

この丘の裏には何棟もの5階建てくらいの集合住宅が建っていて、幼稚園の子供たちはそこからやってきているのでしょう。かなりの数の日本人の老夫婦も住んでいるらしいのですが、住人が増えると仕事が増えて、仕事があるから住民も増えるというサイクルになっているのでしょう。

ちなみに道路標識にはイポーまで116km、クアラルンプールまで209kmとありましたが、自動車で行けばイポーが2時間、クアラルンプールが4時間といった感じでしょう。イポーのイオンまで日帰り可能ですから、ランチ後に映画を観て自炊用の和風食材を購入して戻るといったことも問題なさそうです。




ch4

 悩んだ末にランチはパンケーキにしました。

旅行先ではそこの名物料理や特産物で作られたものを試してみたいと誰しも思うはずですが、「キャメロンハイランドに行ったらコレを食べなきゃ!」といったものが見当たらないのです。下界のものと似たような料理しか並んでいないので、マレーシアのハンバーガーチェーン店でも試してみようかと自暴自棄になったほどでした。

高地での最後のランチだから何か面白いものをと歩き回ったら、地元のフルーツを使うというパンケーキが4リンギ(約120円)でしたので妥協することに。注文して3分ほどで出てきたものは見本の写真とは大違いのサミシイものでしたが、不味くはありませんでしたので許容範囲でした。内容をわからずに頼んだ1.50リンギ(約45円)のアイスミルクの中にコーヒーゼリーを入れたものは予想外の美味しさでしたが。




ch5

 クアラルンプール行きのバスは13時45分発でした。

チケットを買った時に「13時20分に来てください」という話でしたが、その時は頷きながらも「狭い町なんだから5分前でも充分だろう…」と考えていました。ランチ後に特に見るべきものもなかったので言われた時間にバスターミナルに到着したら、もうバスに乗客の乗り込みが始まっていました。

30人乗りくらいの3列シートバスに7~8人しか乗っていなくて、定刻より20分も早く出発したので驚いたのですが、先ほどまで歩き回っていた修道院の近くでバスが停まって、他の乗客を待っていましたのでガッカリさせられました。私はわざわざバスターミナルまでチケットを買いに行ってランチ後にまた戻ったわけですが、まったくの無駄足だったわけですからね。




ch6

 タナー・ラタからのバスはなかなか快適でした。

今日の中国系のドライバーはタバコは吸いませんでしたし、途中で荷物を配達することもありませんでした。1回だけ途中の何も無い場所で停まって収穫されたばかりのタマリンドを荷物室に積み込んでいましたが、時間のロスはたいしたことはありませんでした。

2時間ほどで曲がりくねった山道が終わり、ほぼ直線の高速道路に乗りましたので予定時間より早くプドゥラヤターミナルに着くかもと考えたりしました。しかしクアラルンプールの郊外の高層コンドミニアムが見え始めた辺りから道が混んできて雨も降り始めました。

モントキアラの先で高速を降りた辺りでは大渋滞となり、31日の独立記念日のパレード並みのノロノロ運転になってしまいました。トイレ休憩は一度あったので問題なかったのですが、ランチはパンケーキ1枚だけでしたので空腹になってきました。なんとか1時間遅れで到着できたのですが、クアラルンプールの渋滞はヒドくなる一方ですから抜本的な対策をお願いしたいものです。




ch7

 早く着いたらケーキを食べるつもりでした。

今回はまだ一度もシークレットレシピでケーキを食べていませんので、定刻に着いたらセントラルマーケットの支店に行ってみようと考えていました。しかし時計を見たら18時を過ぎていて、コーヒーが無料になるお得なセットを頼めなくなっていました。それで「チャイナタウンの屋台にするか…」と考えたのですが、まだ外は雨が降り続いていました。

プドゥラヤターミナルの1階は軽食くらいしか無かったので雨に濡れて歩いて行くことも考えたのですが、4階にフードコートがあるという表示がありましたので試してみることに。店は半分くらいしか開いていませんでしたが、それなりの種類の店がありましたので、6リンギ(約180円)の鶏肉と野菜の炒め物のセットをオーダーしてみました。

見た目はたいしたことがありませんでしたが、レモングラスの葉が入っていて美味しい一皿でした。珍しくスープも付いていましたし、まったく期待していなかったので嬉しい発見でした。まだプドゥラヤターミナルはリノベーションして2年にもなっていないと思いますが、知名度が低いためか空いていたのも私には好都合でした。エレベーターがちょっとわかりにくいですが、今後も中心部に歩いて行く途中などに利用価値がありそうです。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/03(火) 23:59)

<<ようやくランチに食べることができた朝食の定番料理の感想は… | ホーム | いろんな美味しいものがあるイポーでの朝食に選んだものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2716-12904e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア