新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 友人に青山のキラー通りで降ろしてもらってから見て回ったものは…
2013japan66

 今日から3匹の猫と留守番することになりました。

連休中に法事がある友人から頼まれたのですが、猫は散歩させる必要もないですから断る理由はありません。犬たちと留守番してた友人宅から自転車で直行するのは面白くないので、青山方面に出かけるという友人の自動車に自転車を積ませてもらって、あちこちの新しい物件をチェックした後に向かうことにしました。

キラー通りを走っている時に自動車の窓から神宮前3丁目交差点とワタリウム美術館の間にあった公務員住宅の跡地に工事Ȕだった「ザ・神宮前レジデンス」が完成していて、いかにも専門家がデザインしたと思える公開空き地のポケットパークがありましたので降ろしてもらいました。その公園のデザインは以前にネットで見かけたニューヨークの線路跡に作られたヤツのパクリじゃないかと思えたのですが、実際に見に行ったわけじゃないので断言できません。

その公園に面してナチュラルローソンがオープンしていましたので、「またか…」とうんざりさせられました。都会の女性向きの店が増えるのは必然なのでしょうが、マレーシアから帰国して業務スーパーや西友などでしか買い物していない私には利用価値が無い業態ですからね。しかもこのナチュラルローソンは近所のクルックとのコラボ店で、ますます私には縁遠いタイプの店になっていましたし。(笑)




2013japan67

 今日の目的はこのアイアンマンのイベントでした。

千駄ヶ谷小学校交差点近くの住友不動産原宿ビル1階のベルサール原宿で「アイアンマン3」のDVD&ブルーレイの発売を記念して9月14日から開催されていたアイアンマン300%というイベントでしたが、この手のイベントとしてはかなりの規模で多額の経費がかけられたもので楽しませてもらいました。

日本の芸能人がデザインしたフイギュアはさほど面白くなかったのですが、等身大アイアンマンが並んでいるトニー・スタークの別荘をイメージしたフロアは迫力がありました。家具や備品も映画撮影で実際に使用されたものということでしたが、欲を言わせてもらえれば撮影用のカメラや台本なども設置しておいて臨場感を演出していただきたいものでした。
 
会場を出る前に配られたフイギュアのカタログには割引券が入っていて、それを近所のトイサピエンスという店に持っていって買ってるファンがたくさんいたようです。私もアイアンマンスーツのデザインは好みですし、ピカピカの新品を購入してから戦闘後の傷などを加えて汚し塗装してみたいという願望はありましたが、中国の工場などで生産されている現場が想像できちゃいますので手が出ません。




2013japan70

 次の目的地は原宿の竹下通りでした。

モールマニアの私はH&Mのディフュージョンブランドのモンキなどが入居している「キュート キューブ ハラジュク」という新しい商業施設をチェックしてみようかなと考えていたのですが、「ここは中国か!?」と疑っちゃうほどの大混雑でしたので断念しました。平日に出直せば良い話ですからね。

それで裏原宿の路地をチェックした後に表参道を走っていたのですが、あちこちにユニクロのバナーがありました。9月21日から3日間開催されている「UNIQLO FASHION FES」というイベントでしたが、私が表参道ヒルズに到着した時に吹き抜けの大階段でのファッションショーが終わるところでした。地下3階では集英社や小学館などの女性誌10誌とコラボレーショした期間限定のコンセプトショップがオープンしていたのですが、大金をかけてやる意味があるのか疑問でした。ユニクロにはコスト削減して商品を安くしてもらえることが期待されていると思えますが…




2013japan68

 これはコペンハーゲン発の雑貨店の工事現場です。

昨年の大阪店に続いて表参道から伊藤病院の角を「まいせん」方面に曲がった表参道スクェアのロイヤルホストの跡に「フライングタイガーコペンハーゲン」の東京での旗艦店を出すことにしたみたいですが、10月2日のオープン日にはワイドショーの生中継があったり行列ができたりしそうですね。

大阪のショップは入場制限されるほど人気で、売れ過ぎて販売する商品が無くなっていたりしたようですが、さすがに今回は余裕を持って計画されているのでしょう。ちなみに私は大阪店では買い物しようと思えばできたのですが、レジ待ちの行列がヒドくて気持ちが萎えてしまいました。韓国旅行前でしたし、東京にもオープンするという噂はありましたので買い物しなくて正解でしたが。







2013japan69

 これは明治通りで見かけた大阪発の雑貨店です。

大阪の南堀江店がオープンした時には「雑貨戦争勃発」と話題になったらしい「ASOCO」という業態ですが、こちらは9月27日オープンということでマスコミ向けの内覧会をやってるような状況でした。こちらの方が「フライングタイガーコペンハーゲン」より場所がわかりやすいので人気となりそうですが、しばらくの間はおのぼりさんが多い週末は行鉄に並ばないと入店できないことになりそうですね。

「フライングタイガーコペンハーゲン」も「ASOCO」も東京での「行列ができる店」という実績を武器に今後は全国展開してゆくのでしょうが、少し前のアメリカの状況と似てきたように感じています。最近の景気回復基調と来年の3月の駆け込み需要などがあるでしょうから、しばらくは大丈夫なのでしょう。しかし嘘つき世襲総理の経済政策のボロが出てきたり、中国のバブル崩壊など突発的な事件などあれば一気に冷え込んでしまうことだってあり得ます。あまり風呂敷を広げ過ぎない方が安全と思いますが…




2013japan71

 これは明治通りで見かけたフライターグの直営店です。

一昨年オープンした銀座店に続く国内2店舗目となるみたいですが、渋谷店は明治通りとキャットストリートの両方に面しているので、風が通り抜ける開放感がある構造となっていました。裏手では工房を併設してリペアにも対応するように工夫されていましたが、フライターグがここまで日本のマーケットに浸透するとは予想外でした。

フライターグは1993年創業で今年で創業20周年となり、渋谷店は世界で11店舗目という話です。製品単価が高いので、日本ではフライターグのショップは大都市だけにしか出店できないのでしょう。おそらくアップルストア並みの8~9店舗が限界なんじゃないでしょうか。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/22(日) 23:59)

<<訴訟社会になっていない日本だから存在するのかもしれないシステムは… | ホーム | 「ちょうど良い」という心地よさを感じた神奈川への小旅行は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2737-67889864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア