新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大阪で飛ぶ鳥を落とす勢いの飛ぶ虎は東京でも成功できるか…
2013japan100

 今日も友人に原宿まで乗せて行ってもらいました。

明日の都民の日のことを考え、後部座席を倒して自転車を積み込んで行ったのですが、最初の目的地は青山でしたので5分ほどで「フライングタイガー」に到着できました。6月に関空からソウルに飛ぶ前にタイガーの大阪店をチェックしていましたので新鮮ではありませんでしたが、東京店は今日は関係者向けのプレオープンで客数も少なめでしたし、見通しが良いワンフロアで買い物もしやすい感じでした。

特にどうしても欲しいと思う商品は無かったのですが、話題の店ですから友人たちにプレゼントするものをいくつか買い物しました。7点ほど購入して1000円ちょいでしたが、それくらいなら気軽にプレゼントできますのでね。既にオープンしているASOKOもハシゴしてみようかなとも考えましたが、混んでることが予想されますし、荷物を運ぶのに向かない自転車でしたので止めておきました。




2013japan101

 隣の「TEA STAND」もチェックしてみました。

こちらも「フライングタイガー」と同じビルの中に10月2日にオープンするようでしたが、スターバックスの紅茶バージョンといった感じのアフタヌーンティーの新業態でした。表参道に旗艦店をオープンさせ、今後は地方のデパートやモールに出店するという戦略なのでしょう。

代表メニューらしいラティーとパンプキンメイプルビスケットを試させてもらったのですが、どちらも甘さが控えめ過ぎたことに驚かされました。店内が混んできたので出ようとしたら、ピンクのスムージーの試飲もあったので味見してみましたが、やはり甘さが超控えめでした。それが最近の女性客のスタンダードになっているのでしょうが、数年後にタイやマレーシアに影響を与えるのかもしれませんね。




2013japan102

 青山TEPIAに行ってみたら、月曜は定休日でした。

入口においてあった3Dプリンターの展示だけを見て約束していた神楽坂方面に走ったのですが、その途中の国立競技場の周辺をチェックしておきました。少し前に取り壊し工事が始まるので嵐のライブがラストとかいうことでしたが、原案通りなら日本青年館や公園まで飲み込んでしまうことになりますので、変化する前の様子を見ておこうと考えたのです。

これは絵画館側の青山ゲートですが、見慣れない変なデザインの看板が付け加えられていました。チケット売り場のシャッターのTOTOのロゴもそうですが、国立競技場の管理を担当してる部署にはデザインセンスの無い責任者がいるようですね。

この青山ゲートから高速入口方面に曲がった所の壁には「東京オリンピックの感動を再び、この国立競技場で」というバナーがありましたのでイラっとしました。オリンピック招致の時にも都知事や世襲総理などが何度も「感動」という言葉を使っていましたが、スポーツ中継を見て一度も感動したことが無い私にとっては許しがたい表現なのです。最近の「感動の大安売り」傾向に対しては不快感がありますし、「スポーツの力」という曖昧なものを偉そうに話すコメンテーターが増えているのにもイライラさせられています。




2013japan103

 四谷のファミマでメールチェックさせてもらいました。

友人のメールに返信し終えて再び走り出そうとした時にこの看板を見かけたのですが、イヤ~な気分にさせられました。このカジノスクールは日本でのカジノ解禁に備えてディーラーを養成する日本初の専門機関として2004年に開校したということですが、国会でカジノ論議が進んでいないというのに見切り発車だと思えますのでね。

「感動」やら「スポーツの力」などを大安売りする脳が筋肉質の連中はカジノに対しても肯定的な人が多いと思いますが、東京が2020年の開催都市に選ばれたことで追い風が吹いてるとはしゃいでいそうですので不快です。私はラスベガスやマカオはもちろん、世界中の主要なカジノに行ったことがありますが、ギャンブル都市の暗黒面を多く見てきましたので自分たちの利益のために国の法律を変えようとする輩が大嫌いなのです。





2013japan104

 防衛庁の近くにこんな店がオープンしていました。

「りっくんランド」という練馬の自衛隊の広報センターにあった土産物屋と似たような商品を販売してる店でしたが、こちらの方が高額商品が多くて食品類は少ない感じがしました。防衛庁の中の売店でも同じような商品は販売してるのでしょうが、最近は納税者が気軽に敷地内に入ることが難しくなってるようですので、こういった店の需要もあるのかもしれません。

私は昔からアメリカやヨーロッパのサープラスは愛用しているのですが、日本のものは縫製は良さそうですがデザインが悪いので着たことがありません。最近はずいぶんマシになってるようですから無料なら試してみても良いのですが、国産ということで値段が高いので袖を通すことは一生無さそうです。




2013japan107

 初めて大日本印刷の施設を見学してみました。

数年前に市谷の釣り堀の近くに建設された大日本印刷のビルの1階と地下に作られた「ドットDNP」という施設でしたが、安心して駐車することができないので、これまで中身をチェックすることができなかったのです。「ドットDNP」は「本と写真の新しい楽しみ方を見つけていただくために、DNPがご提供する体験型のコミュニケーションスペースです」ということですが、デフレ不況の時代に多くの企業がこういった施設を縮小したりした時代に余裕があるなと感心させられました。

絵本のデジタルコンテンツが多いことも特色のようでしたが、少子高齢化時代に対する企業の取り組みとしては良い着眼点だと思えました。しかしコミュニケーションスペースが土足厳禁だったことは時代錯誤だと思えましたが。展示内容によっては靴を脱ぐということもアリだと思いますが、基本的に靴のままでOKなものにすべきでしょう。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/30(月) 23:59)

<<2013年の10月1日の都民の日に出かけてみた公共施設は… | ホーム | 首都直下型地震でライフラインが切れた時に食べそうなものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2745-3586756a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア