新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 景気の回復基調なのか、まだデフレなのか悩んだ理由は…
2013japan166

 昨晩から再び猫たちとの留守番生活が始まりました。

犬たちと違って散歩の必要はありませんし、足音もしないので静かで快適です。東京は最高気温は30度を越して真夏日となりましたが、汗が噴出すほどじゃ無いので問題ありませんし。今日は市ヶ谷でのセミナーに参加するために猫トイレの掃除をした後に友人の自転車を借りて出かけたのですが、早稲田通りの東中野の高徳寺前に新しい業務スーパーを見かけました。1週間後にオープンということでしたが、これでまた便利になります。お酒の看板は無かったのが残念でしたが、高円寺店も酒類は取り扱っていませんので同じですし。

このビルの1階は以前はガソリンスタンドだったと思いますが、ハイブリッドカーなど燃費が良い車が普及したこともあって淘汰されたのでしょう。嘘つき世襲総理のせいで円安となってガソリン価格も上がっていますので、自費で給油しなきゃならないドライバーたちは少しでも安いガソリンスタンドを探していますしね。

こうやって新規のスーパーが次々にオープンするということは景気回復というのも本当なのかなとも思えるのですが、成長が目立つのは割安感がある業務スーパーですので、まだデフレが続いているのかと疑ってしまいます。国会には1200円の「牛重」という特別メニューを出す吉野屋がオープンしたそうですが、アベノミクスのせいで格差がますます広がっているように思えます。我々の税金で豊かな生活を享受している政治家たちは業務スーパーには足を踏み入れたことなんてが無いのでしょうが、なんとも腹立たしい話ですよね。




2013japan167

 これは高田馬場の南側の工事現場の様子です。

Googleマップのストリートビューでチェックしてみたら、以前は3.1m以下の車両だけが通行可とかなり制限が厳しかったようですが、現在はけっこう深く掘っていますし、道路幅も拡幅されるようですから自転車やバイクの通行も楽になりそうです。

山手線のガードを抜けた先の戸山公園の近くでは新しいマンションの工事も進んでいましたが、2020年のオリンピック開催地決定や消費税が10パーセントに上がる前の駆け込みなどで目の色が変わってる不動産業者は利益のみを考えて暗躍してそうです。大久保3丁目から外苑の国際競技場までは4kmも離れていませんしね。山手線の内側であってもわりと緑地は多いエリアですから、首都直下型の大地震が発生したとしても近隣エリアより少しだけマシでしょうし。




2013japan168

 外苑東通りの弁天町の交差点で信号待ちしました。

交差点には周辺がマンションだらけになる前から両さんが居眠りしてそうな昭和チックな交番がありましたが、その文字が外された後に「地域安全センター」と書かれた看板が貼り付けられていました。検索してみたら「地域安全活動の拠点や各種ボランティア活動などの交流場所として昼間帯を中心に警察官OBである地域安全サポーターが勤務しています…」とありました。

21世紀になったあたりから交番から警官の姿が消えて機械で対応するようになったと感じていたのですが、それは交番を地域安全センターというものに変えていって、定年退職後の警官の再就職先を確保するための布石だったのかもしれません。日本の犯罪検挙率はどんどん落ちていると思いますが、新人警官が交番で地道に経験を積むということが無くなったのも理由のひとつかもしれません。これでまた税金を払いたく無くなりました。




2013japan169

 今日のセミナー会場では居眠りしませんでした。

会場が狭くて明るかったというのもあったのですが、朝日新聞の東北復興取材センターの方の「震災復興下における人口減少とまちづくり」という私がいちばん注目しているテーマの最新の情報でしたので、まったく眠くなることはありませんでした。2020年のオリンピック開催が決まったということもあって被災地のことはすっかり忘れ去られていますが、次の12月3日で震災発生から1000日となるというのに未だに新宿区の日本人住民と同じくらいの28万人ほどが仮設暮らしを強いられているということでした。

今回の被災地はフクシマ原発周辺と大仙台エリア、それとそれ以外に大きく分けることができると思いますが、講師の方はプチバブル傾向だった仙台市青葉区の朝日新聞総局に出社されているとすると東京で仕事してるのと大差ないのではという気がしましたが。Googleは石巻にオフィスを構えていましたが、朝日新聞もより被災地の仮設住宅に近い所に拠点をおくべきではと思いました。

講師の方はさすがに新聞社で鍛えられた感じで、データに裏付けられた話はそつが無くわかりやすかったのですが、安全ラインから一歩も踏み出すことが無かったのでイライラさせられました。まあ新聞社なんて10年後には自然消滅してしまいそうな「オワコン」ですから、あちこちに配慮し過ぎてエッジが効いたことなんて表現できない情けない体質になっているのでしょうけどね。

首都圏や東海地方などで大地震が発生したら東京オリンピックなんて再び幻となってしまうわけですし、1部100円以上もする新聞なんて購読する人は激減すると思います。東北の被災地の皆さんは阪神大震災を他人事と考えていて傷を大きくしてしまったと思います。朝日新聞は部数は落ちているとしても未だに日本国民に対してある程度の影響力がある理性がある組織だと思いますので、来年の3月11日の記念日に向けて「明日は我が身である」という真実をエッジが効いた表現で訴えるべきだと思います。ある程度の被災地の住民を敵に回してしまうことになるとしても朝日新聞には社会的な使命があるはずですからね。




2013japan170

 セミナーが終わったら外は真っ暗になっていました。

靖国通りを新宿方面に走り、富久町から裏道に入って歌舞伎町方面へ抜けました。路上でへらへら笑っていた酔っ払いのホストたちの中を走り抜けてコマ劇場周辺の工事の進み具合をチェックして職安通り方面に北上したのですが、大久保公園でつけ麺のイベントをやっていましたので盛り上がり具合をチェックしてみました。

入口のボードには4店ほどが「完売」と表示されていましたが、座席は半分ほどしか埋まっていなかったので希少性を演出するためにわざと仕込みの量を少なくしてあるのではと疑ってしまいました。先日から始まった「大つけ麺博」は11月6日までの長丁場ですから、材料の仕込みは余裕を持っておくのが常識的だと思えますので、完売するというのは怪しいですよね。まあ私は1杯850円もするつけ麺なんて興味が無いのでどうでも良い話ですが。せいぜい地方出身のホストやホステスを騙して頑張って売り上げを伸ばしてください。(笑)




2013japan171

 職安通りから韓国街の路地を北上しました。

ヘイトスピーチ騒動があったためか、以前より盛り上がりに欠けているような感じがしましたが、もしかしたら韓流ブームが廃れてきているためかもしれません。またLCCで割安にソウルや釜山に飛べるようになったことも大久保通りをサミシクさせている理由のひとつかもしれません。裏通りの春を売って暮らしてるボニータたちも減っているようでしたが、こちらは円安で稼ぎが減ったためかもです。

新大久保駅のガードを抜けて環七方面に走っていたら、以前はテスコがあった北新宿1丁目の角のビルの1階がまいばすけっととオリジン弁当に変わっていました。ロンドンオリンピックの盛り上がりを背景に日本進出を頑張っていたイギリスのテスコはフランスのカルフールと同じようにイオンに二束三文で買収されてしまったのですが、密かにテスコのクッキーなどを買っていた私としてはサミシイ思いでした。ちなみに北新宿1丁目の交差点から50mほど先には別のまいばすけっとの支店がありましたが、もったいない話ですよね。狭い方はイオンリカーやイオンサイクルにすれば良いでしょうに。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/10/11(金) 23:59)

<<都心の気温が31・3度まで上がっても猫たちが元気だった理由は… | ホーム | 修理に出かけてみて考えた街の自転車屋が衰退する理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2756-60052eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア