新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 もし完売したら至上最高額となりそうなくまモン関連商品は…
2013japan257

 ついにバブリーなくまモングッズが販売されるようです。

体はブラックダイヤモンドでチャームポイントのほっぺはルビーの5体限定のネックレスのお値段は189万円ということです。これまでもシュタイフやバカラ、ミニクーパーなど高価なコラボ企画がありましたが、完売したら945万円ということですからスゴいですよね。

こんな高額商品が出てくるのも景気回復の雰囲気が出てきた年の瀬だからかもですが、くまモンのブームもついに終わるという前兆かもしれません。くまモンを初めて見てから3年になりますが、1年で飽きられると予想していたのですが、ゆるキャラグランプリで1位になっちゃったことで特別な存在になってしまいました。しかしさすがにこんな利益追求の高額商品まで出てくると腐臭のようなものを感じます。




2013japan259

 このくまモンのピンバッジは無料でいただけるそうです。

11月に熊本市で子宮頸がんに関する参加費無料の市民公開講座があるらしいのですが、その参加者にはティール&ホワイトリボンがあしらわれたくまモンのピンバッジが無料配布されるらしいのですが、作った数が少なそうですからくまモンマニアの皆さんにとっては希少価値が高いものになるかもしれません。

ちなみにティールというのは「小鴨」という意味みたいですが、頭部から首辺りの青っぽい色のことみたいですね。なぜティールと白とのコンビネーションが子宮頸がんの予防・検診・治療に対する正しい知識を普及・啓発するためのリボンの配色に選ばれたのかは知りませんが、まだまだピンクリボンなどに較べると認知度は低そうですね。




2013japan256

 くまモンに関するこんな新聞記事もありました。

日本コロムビアが「くまモンとあそぼ!」というCDアルバムを来春発売することにしたらしいのですが、収録曲のうち1曲は絵描き歌にして、その歌詞は公募するということでした。作品応募用のウェブサイトをチェックしてみたら、「当社が指定する第三者が応募作品を使用または商品化すること、または本規約に基づき使用等することに関して応募者に対し一切の対価の支払義務はございません。応募者は応募作品に関して一切の権利を主張しないことを同意していただきます…」とありましたが、これってタダ働きしろってことでしょうか。

くまモンは2010年に熊本県天草市出身の放送作家である小山薫堂氏が提唱された「くまもとサプライズ」のキャラクターで、熊本県庁の担当課に申請して認められると無料で使うことができることは知られていますが、その無料のくまモンを使ってCDアルバムを作る日本コロムビアは大儲けしても作詞者に作詞料を払わないということなら厚かましい企業体質だと思われても仕方がないのでは。日本コロムビアは1910年に設立された歴史ある会社らしいのですが、老舗企業としての節度を持ち続けていただきたいものですね。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/10/30(水) 23:59)

<<10月最終日のハロウィンの日に見かけた不思議なものは… | ホーム | 今朝の熊本のローカル新聞の一面トップだったニュースは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2775-dd099f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア