新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 この季節に八代市で開催されたイベントに出かけて見たものは…
2013japan290

 午後から久しぶりに八代市に出かけました。

この季節に全国花火競技大会というイベントが開催されるということでしたので、熊本市から40kmほど南の県内第2の八代市に出かけたのですが、都市の魅力が少ないためか人口が減少し続けて中央区並みの13万人くらいになってしまっているようです。国道3号線を南下し続けて、行きは信号が少なくて早いバイパスを通らずに旧道を通ることにしました。最初は花火を見た後で水俣市まで南下して湯の鶴温泉に行って、翌日に人吉経由でゆのまえ漫画フェスタに行って五木村を抜けて周遊することを考えていたのですが、雨が降って冷え込むという予報でしたので日帰りすることにしました。

国道3号線の旧道を走ったのは行きと帰りと同じ道を走りたくなかったからでしたが、途中のトライアルというスーパーセンターで買い物することも理由でした。その後に八代市まで数キロの氷川町の道の駅竜北で名産の晩白柚というデカい柑橘類が安く販売されていたら買おうかなと思っていたのですが、まだ少し季節が早過ぎたみたいでした。それで今日は新鮮そうな野菜類と球磨川の上流で採れたと思える鮎の甘露煮などを購入しておきました。




2013japan294

 旧道沿いの目立たないスーパーに寄ってみました。

道の駅竜北から数キロ南下したところに「産物直売 よっていきなっせ」という看板がありましたので「よっていく」ことにしてみたのですが、普通のスーパーの入り口に産直品が少しだけ並んでいるといったレベルでしたのでガッカリさせられました。この店は周辺の店と駐車場を共有していて、道路から奥まっていて目立たない存在でした。氷川町もかなり高齢化が進んでいるでしょうから、隣の飲食店を見習って看板は大きな文字にされたら良いでしょうに。

ちなみにスーパーの近くには「歓迎 日本体育大学」というバナーがあったのですが、近くのウイングまつばせのアリーナで集団行動の公開練習が行われているからみたいでした。日本体育大学の指導者の方が宇城市在住ということで11月14日に横浜アリーナで開催される実演会直前の最終合宿の地として熊本が選ばれたみたいですが、周辺の飲食店は珍しい若いお客さん増えて大喜びでしょう。




2013japan291

 花火まで時間がありましたのでイオンに行ってみました。

イオン八代ショッピングセンターの駐車場の空きスペースを探すのに苦労するほど混んでいたのですが、それは花火が打ち上げられる球磨川河川緑地まで7kmほどの距離を結ぶシャトルバスの発着所になっていたからでした。往復500円と八代にしては高いと思いましたが、高齢者や子供がいるファミリーだと利用せざるを得ないのでしょう。八代の若いカップルは毛布などを持って歩いて会場に向かっていましたが、高齢者だとキビシイでしょうからね。

シャトルバスはイオン以外にゆめタウンや日奈久駐車場を発着する3系統が運行されていましたが、郊外のショッピングモールにとって駐車場をシャトルバスの発着所として利用させることは利益につながるので望むべきことなのでしょう。花火見物客が駐車した後にモール内でお弁当や飲み物を買い物してくれたり、見物後に冷蔵が必要な生鮮食品など購入してくれそうですしね。




2013japan292

 郊外の賑わいの反動は中心部に現れていました。

イオンやゆめタウンが進出してくる前はまだ歩いている人や開いてる店もあったのですが、今日は13万の八代市に30万の見物客の花火大会と言われていますので、店を開けている価値が無いということで元日のような雰囲気になっていました。撮影していた時に子供連れを見かけたのですが、アーケード内に住んでいる家族が花火見物に出かけたみたいでした。

このアーケードから徒歩圏内のJR八代駅は周辺の町からの見物客で賑わっていましたが、田んぼの中に無理やり作られた新幹線の新八代駅周辺はサミシイ感じがしていました。Googleマップで新八代駅から歩く場合のルートをチェックしてみたらストリートビューさえ無いルートが表示されましたが、3km以上も田舎道を歩く気にはなれないでしょうし、高い新幹線料金を払った後に花火見物渋滞がありそうな道路をタクシーに乗る人も少ないでしょう。





2013japan293

 花火会場の近くの駐車場は空きがありませんでした。

打ち上げ会場に近い麦島東公園方面に行ってみようとしたのですが、すべての道路は侵入禁止になっていました。それで反対側の麦島西町方面の住宅地に路上駐車をして歩いて行くことにしたのですが、土手を上がってみたら球磨川沿いにキャンピングカーがずらりと停められていましたので驚かされました。

まあまあ花火がよく見える場所を大型車両が占領するのはいかがなものかと思いましたが、おそらく九州中から口コミで早い時間に集まってきているのでしょうから、早い者勝ちの原則からは仕方が無いのでしょう。近県からキャンピングカーでやってくるファミリーはイオンやゆめタウンなどで食材を買い込んでBBQを楽しんで日が暮れるのを待ち、花火終了後はこの場所で一晩過ごして日曜にあちこち観光しながら帰途につかれるのでしょう。
 
ちなみに18時過ぎに花火が始まったのですが、競技大会でしたので打ち上げの間隔が長過ぎてイライラさせられました。以前に土浦の花火競技大会にも行ったことがあるのですが、その時よりも打ち上げの間隔が長過ぎるような気がしてガマンできなくなって道路が混む前に八代から脱出することにしました。今日は暗くなっても暖かかったので花火日和ではあったのですが、退屈には勝てませんでした。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/11/09(土) 23:59)

<<ついに基礎工事が始まったJT跡地の再開発が地域に与える影響は… | ホーム | コクが効いているという豚骨ソースの焼きビーフンの完成度は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2785-c2090911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア