新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 半世紀の歴史がある熊本駅近くの施設の賑わいの理由は…
2013japan366

 今日は久しぶりに熊本駅近くの田崎市場に行きました。

市民の台所として親しまれているプロ相手の市場ですが、年に一度だけ感謝祭が開催されているようです。広い市場内の駐車場は満車でしたので、道路を挟んだラウンドワンの駐車場に停めて市場内に足を踏み入れたのですが、今年は天気が良かったのと記念すべき50周年ということで多くの買い物客でごった返していました。

これまで田崎市場には何度か行ったことがありましたが、普段はどこにでも楽に駐車できるくらいガラガラです。しかし今日だけは人が多過ぎて真っ直ぐに歩くこともできない感じでした。たいして安いものは無さそうでしたが、娯楽が少ない熊本ですから年末の市場独特の雰囲気を味わいたいという人が多かったのでしょう。




2013japan367

 市場内では様々な種類の屋台が盛業中でした。

魚や肉を加工したものが多かったのですが、屋根がある場所はちょっと肌寒かったのでグツグツと煮立っていたクラムチャウダーと揚げたての鯨コロッケを試してみました。前者はクラッカー付きで100円と割安感がありましたが貝はほとんど見当たりませんでしたし、50円だったコロッケも鯨入りと言われなければわからないレベルでした。

まったく期待はしていませんでしたし、どちらも温かい料理でしたので後悔はしませんでした。しかし内容が薄いものがあると田崎市場全体の印象が悪くなってしまうので良い傾向じゃないのでは。作っている人たちは「値段が安いんだから…」と自己弁護するかもですが、そんなことを続けているとリピーターは増えないと思いますよ。




2013japan368

 サンマの炭火焼きには長い行列ができていました。

市場らしく7時からスタートしてるらしい田崎市場の感謝祭は東日本大震災の復興支援も兼ねているようで、チャリティーとして1000匹のサンマの炭火焼が来場者の皆さんに振舞われているとのことでしたが、人口が少ない熊本では行列に並ぶこともある種の楽しいイベントと受け止められているのでしょう。

物流が進化して九州でも馴染みがある魚になったサンマですが、煙が出るので敬遠されがちですし炭で焼けば一味違いますから、こうやって豪快に焼かれたものを屋外でいただくのは気分が良いでしょう。北の海の恵みを堪能した後に漁師さんに感謝を、そして九州からは遠い被災地のことに思いをはせて募金箱に小銭を入れたら現地の役に立つでしょう。屋内にはテーブルも用意されていたのですが、農村エリアからやってきたと思えるファミリーは日当たりが良いコンクリートの上で味わっていらっしゃいましたが正解だと思いました。




2013japan369

 希少な天草大王という鶏も感謝祭に登場していました。

ウェキペディアによりますと、「天草大王は熊本県内でのみ飼育生産されている日本最大級の肉用地鶏…」ということですが、一度絶滅していたのを熊本県農業研究センターが基礎鶏であるランシャン種という鶏を1992年にアメリカから輸入して熊本コーチンと交配させ、めでたく復元に成功したということみたいです。

成長した最大の雄は体重約7.5kgにもなったということですが、この剥製もかなりの大きさで迫力がありました。天草大王は熊本のスーパーでは見かけることがありますが、なかなかの値段ですから手が出ません。医者から「余命半年です…」と宣告されたら買ってみますけどね。来年は消費税も上がることですし、インフレも心配ですから…




2013japan370

 田崎市場でもやはりくまモンは大人気でした。

大勢が集まるイベントですから熊本県の営業部長のくまモンもどこかに顔を出していたとは思いますが、気軽に記念撮影できるのは水産会社が特注したFRP製の等身大のものでしょう。今日は日曜でファミリーが多かったのですが、子供の撮影が相次いでいたのでオンリーを撮影するのに時間がかかりました。

待ってる間に水産会社の方に値段を訊いてみたらご存知なかったのですが、この鯛はボルトで留められているそうでした。帽子は今日だけ置いてあったものですし、鯛を取り外せばいろんなものを持たせることができそうです。この水産会社の営業時間は午前中がメインでしょうから、午後の空いてる時間は他のくまモン関連商品の製造メーカーの物撮り用に貸し出せば良いのではないでしょうか。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/12/01(日) 23:59)

<<2013年の流行語大賞の表彰式に現れた想定外だったものは… | ホーム | 1日だけ歩行者天国になったシャワー通りで見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2807-a11bcec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア