新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 午前中に出かけたので行列に並ぶことなく購入できた葱抓餅の味は…
2014taiwan31

 早いもので台北も最終日になりました。

本日の行き先は台北101ビルが建つ新市街でしたが、昨年はまだ工事中だったMRTの駅の様子もチェックしようと考えて、「おじゃマップ」で見た永康街の誠記という店で葱抓餅を試すことに。香取慎吾たちがにやってきた時には長い行列ができていましたが、それを回避するために11時過ぎに行ってみたらすぐに購入できました。

日本語で「全部!」と注文したら鉄板に卵を割り入れ、そこにハムとチーズを乗せ、最後に焼いてあったねぎ餅でフタをして両面を焼いて完成という簡単な調理法のファストフードでした。料金は50台湾ドル(約168円)と安くはないのですが、近所の公園でビールと共に美味しくいただくことができて大満足でした。もしも行列に並んでいたら疲れた上にビールもぬるくなって最悪な気分だったと思いますが。




2014taiwan32

 葱抓餅を食べ終えて公園でのんびりしました。

観光案内所でもらって一度も目を通していなかった印刷物などをチェックしていたのですが、目の前を少女が高齢の男性の手を取って歩いているのを見かけました。少女は髪の毛を隠していましたのでインドネシア人のメイドさんだと推測できましたが、経済成長が続く台湾では当たり前の光景になっているようです。彼女たちは仕事が休みの日曜には台北駅前に集まるという話でした。




2014taiwan33

 台北101に行く前にちょっと寄り道していくことに。

それは国父記念館の前の元ビール工場の空き地に建設中の台北ドームの様子をチェックするためでしたが、ここでも大林組が「地図に残る仕事」を頑張って成し遂げようとしていました。台北には松山空港の近くにアリーナや運動場がありますが、この台湾ドームではプロ野球の試合やコンサートなどが行われるのでしょう。再来年の紅白歌合戦の中継はここからになるかもですよ~。




2014taiwan34

 台北ドームの裏手にはこんな建物がありました。

手前の低層の建物はビール工場をリノベーションしたイベントなどの展示室で、奥のヤツの低層部分には誠品の新しい店が入居していました。建物の前には広場や小さな池があって環境は抜群で、売り場も広過ぎなくて心地良いものでした。個人的には2014年の商業施設のトップ10の暫定1位ですが、まだ2月ですから順位は下がるかもしれません。外観はあまり良くありませんでしたしね。




2014taiwan35

 さんざん歩いてようやく新市街に到着できました。

昨年にこの辺りを歩いた時は「Momo」という通販会社の看板がありましたが、どうやら採算性が見込めないので撤退したみたいです。既にオープンして数年になる新光三越と波長が合いそうなブリーズセンターが引き受けることになったようですが、建物は完成しているのにオープンは9月と遅くなるようです。ちなみに後方の左の建設中のビルもブリーズのものでしたが、資金力はあるみたいですね。




2014taiwan36

 これは台北市政府ビルの敷地内のビーチ風の砂場です。

ウッドデッキ横の砂場で遊んだ後は手や足を洗うことができるような場が用意されていましたが、台北101も間近に見ることができますし、悪くないアイデアだと思います。この砂場の横には小さな池があるのですが、大晦日の花火を撮影するのに良さそうです。池の中に三脚を立てて撮影したら他の観客の邪魔にもならないでしょうし。




2014taiwan37

 市政府前からMRTに乗って南港方面に向かいました。

地下から高架に乗り換え、南港の近くで建設中のビル群をチェックしたのですが、いくつかのビジネスビルは完成間近でした。おそらく台湾のIT企業が入居するようになるのでしょうが、この新しいビルで働く人たちを相手にする飲食店なども進出してくるのでしょう。この周辺にはまだ利用可能な土地がありそうですから楽しみです。




2014taiwan38

 高架鉄道は松山空港の前で地下に潜ります。

再び地上に出て通常はそごうの横の忠孝復興駅で乗り換えるのですが、開通したばかりの信義線に乗ってみるために1駅先の大安まで行きました。その大安駅でも高架部分から地下になるので高低差が大きいのですが、信義線は深いところを走っているために長距離移動を余儀なくさせられました。手にしているのが購入したばかりのEASYカードですが、変なキャラクターのデザインが不快です。




2014taiwan39

 夕方に台北駅から桃園駅へ鉄道で移動しました。

桃園空港に行くには台北駅発の直行の高速バスが便利なのですが、さすがに乗り飽きてしまいました。それで鉄道で桃園駅まで行ってから路線バスに乗り換えて空港に向かうことにしたのです。直行の高速バスはEASYカードが使えないので割引がありませんが、乗り継ぐ方法なら適用されますので少しだけ割安なのです。また日暮れ前に桃園駅周辺の様子も撮影しておきたかったですしね。

これは桃園駅前の「FE21」という商業施設なのですが、西単や板橋などにも同系列の店がありました。まったく期待していなかったのですが、隣の新光三越よりマシなくらいでした。地下に誠品書店が入っていましたが、デザイン面で協力してもらったのかもしれません。




2014taiwan40

 桃園からの路線バスは45分もかかりました。

それは桃園市内の渋滞と途中の町のバス停で何度も停まったからでしたが、急ぐ人とEASYカードを持ってない人にはオススメできないコースでした。まあ桃園駅の近くの安食堂でコインをすべて使い切ってスッキリできましたが、これも小銭が出ないEASYカードのおかげです。カードに残高があれば空港のコンビニで飲み物を買ったりしてもお釣りのコインは出てきませんから便利です。

空港にはソファの近くにWi-Fiとコンセントが用意してあって快適でした。また中国の空港と同じように95度くらいの熱湯が出るサーバーも備えてありましたが、今回はカップを忘れてきたので熱いお茶は飲めませんので冷たい水でガマンすることにします。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/17(月) 23:28)

<<台北の桃園空港からマニラのターミナル3に移動した後に見かけたものは… | ホーム | 台北を訪れる度に驚かされる地元企業の新たな展開と次なる戦略は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2887-c98309be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア