新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 セブ島からネグロス島経由でパナイ島のイロイロへの船旅の顛末は…
2014philippines90

 セブ島を出航した船は順調にクルーズし続けました。

真夜中にネグロス島に到着して、すぐにバスに乗ってバコロドという西海岸の港を目指したのですが、嬉しいことにWi-Fi完備のバスでした。バコロドの中心部には大きなロビンソンがあり、港の近くにはSMの新店舗が工事中でしたが、いくらモールマニアの私であっても今回はそれらをチェックする余裕はありませんでした。

バスの終点からパナイ島へ向かうフェリーが発着する港までトライシクルでの移動となったのですが、ここでも同じ乗り遅れ組のセブ出身の青年が値段交渉をしてくれました。もし私一人だったらバンや船やトライシクルを効率よく乗り継ぐことができなかったでしょうし、外国人ということで倍くらいの値段を支払う羽目に陥っていたかもしれません。親切な青年と一緒だったことは不幸中の幸いでした。




2014philippines91

 最後のフェリーで出航した後に太陽が昇りはじめました。

昨日は太陽が沈む前に出航予定でしたのでデッキから海に沈む夕陽を見ることができるかもと期待していたのですが、まさかタクシーやフェリーやバスやトライシクルを何度も乗り継いでイロイロに行く羽目になるとは予想していませんでした。長い12時間でしたが、おかげでネグロス島にも初上陸できましたし、フィリピンの若い友人と出会うことができました。日本通の彼が近い将来に東京に遊びに来るようなことがあれば、今度は私が何かの役に立ちたいと思います。




2014philippines92

 小型のフェリーは海から川に入ることができました。

それで町外れの埠頭では無くて市役所の裏手あたりに到着してくれたのですが、それは昨晩からいくつもの交通機関に乗ってきた私にとって嬉しいことでした。フィリピンの青年と記念撮影して別れた後に多くのトライシクルのお兄さんに声をかけられたのですが、「歩ける距離だから…」と笑顔で断ることができました。

宿にチェックインするには早過ぎましたし、長い夜を過ごしたばかりでしたので本物のコーヒーを飲みたくなりました。市役所前の公園を抜けて北上していたら馴染みのISANALが見えてきたので、そこで朝食でもと思ったらまだ開店準備中でした。本物のコーヒーを出しそうな他の店も同様でしたので、先日と同じジョリービーで食べることになったのですが、59ペソのセットはグレイビーソースが美味しかったので結果的には良かったと思います。食後もテーブルでブログ用の文章書きなどできましたし。




2014philippines93

 10時過ぎに宿にチェックインしてシャワーを浴びました。

疲れは少し残っていましたが、まずは近所のショッピングモールへ行ってシネコンの上映作品のチェックをしました。ロビンソンモールには6スクリーンありましたが、「ロボコップ 2014」はやってなかったのでガッカリでした。値段は140ペソくらいでマシでしたが、これから行くマレーシアに比べると少し高いので絶対に観たい作品じゃないと気持ちが動きません。

もうひとつの郊外のSMモールに期待することにしてロビンソンモールを出たら、建物が普通と少し違うことに気がつきました。「GO HOTELS」という新興ホテルチェーンが組み込まれたような珍しいタイプでしたが、今後のフィリピンではこんなスタイルが増えるのかもしれません。




2014philippines95

 SMシティに行く途中でランチを食べることにしました。

さすがにチェーン店やモールのフードコートには飽きていたので、地元の皆さんが愛用してそうな庶民的な店を探しました。学校に近いためかカフェテリア形式の店を試してみたのですが、魚と鶏肉の野菜煮込みとライスで63ペソでした。目の前にマリア像が飾ってある場所でいただいたのですが、日本円にしてみると150円くらいでしたので悪くはありませんでした。




2014philippines94


 食後にSMシティを目指して延々と炎天下を歩きました。

ジープニーに乗れば8ペソくらいで楽にアクセスできるのですが、モール周辺の様子を把握するために4km程度なら歩くことにしています。このやけに幅広い工事中の歩道の先にSMシティは見えていたのですが、歩いても歩いてもなかなか近くなりませんでした。次にイロイロを再訪するのは何年後かわかりませんが、10年後くらいには空き地だらけの地域にはビルが建ち並んで、街路樹がすくすくと生長して心地よい木陰を提供してくれるようになってるかもしれません。




2014philippines96

 SMシティのシネコンは8スクリーンありました。

ロビンソンと同じラインナップの他にアカデミー賞にノミネートされてるらしい「Her」(日本タイトル:世界でひとつの彼女、公開は6月28日とムチャ遅!)という作品がありましたので、モールのWi-Fiを利用して調べてみたらSiriのような音声ガイドに恋してしまうロマンチックなSFみたいで興味が沸いてきました。ただ上映が始まったばかりでしたので、観るとしても明日にすることにしてSMシティを起点にオペレーションされているというエアポートシャトルを確認しておくことにしました。イロイロの新空港は20kmも離れた場所に作られていて、ジープニーじゃ行けないみたいでしたので…





2014philippines98

 SMシティからはさすがにジープニーに乗りました。

市役所の近くまでが7,50ペソと微妙に安かったのですが、久しぶりに25センタボコインを触りました。どうせダメだろうと諦め気分でダウンタウンの映画館を探してみたのですが、やはりフィリピンで作られた低予算っぽい作品を上映中でした。やけに肌を露出した感じのポスターで、入場料は70ペソとシネコンの半額程度でしたので観てみようかとも思いましたが、タガログ語だったりするとお手上げですので止めておきました。先日の事件でお金や時間を無駄にしていて、疲れも少し残っていましたしね。



2014philippines99

 ダウンタウンには古い雰囲気の中央市場が残っていました。

海に近いので海産物も豊富で、干物売り場の品揃えの多さには驚かされました。旅の最後であればいろんな種類を買っておきたいものでしたが、これからマレー半島に向かいますので諦めました。ちなみに市場の前には「GAISANO」というスーパーがありましたが、わりと大型なのに惣菜売り場がほとんどありませんでした。SMのスーパーでも感じたのですが、まだフィリピンの地方都市では主婦が手抜きする習慣は無いようです。もちろんファストフード店で完成した料理をテイクアウトしたりはするでしょうが…




2014philippines97

 久しぶりにこんな感じの中華門を見かけました。

以前は問屋街だったような通りの入口で見かけたのですが、フィリピンと中国も領土問題でギクシャクしているのに無傷みたいでした。まあイロイロは小さな地方都市ですし、中国系のフィリピン人との関係もマニラやセブに比べると良好なのかもしれません。SMシティの近くに20階を越えている新しそうなビルはありましたが、マニラのように中国のバブルマネーが建設投資として押し寄せている雰囲気でもありませんでしたし。イロイロは中国のバブルが崩壊しても悪影響は少ないかもです。




2014philippines101

 夕方に宿に戻って明日の準備などを済ませました。

まだ旅行をはじめて1ヶ月にもなりませんし、シンガポールは毎年のように行ってるので特別な準備は不要でしたが、不要なものを処分したりしておきました。陽が暮れた後に空腹ではありませんでしたが、ビールを飲みたくなったのでロビンソンに行きました。イロイロでもコンビニを見かけませんので、ビール1本を買うのも面倒でした。

ロビンソンのスーパーなら惣菜コーナーが充実してるかもという期待は裏切られてしまいましたが、モールの通路部分にあったシュワルマの屋台に見慣れないシュワルマライスというのがありましたのでシンプルな59ペソのヤツを注文してみました。ホットプレートにシュワルマに入れる具材とライスを投入して軽く炒めて、持ち帰り用の容器に移してからソースをかけるというものでしたが、シュワルマ味の炒飯といった感じで悪くありませんでした。他では見かけたことがありませんが、もしかしたらイロイロで生まれた料理かもしれません。沖縄のタコライスのように…





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/02/27(木) 23:29)

<<宿のWi-Fiが繋がらなくなったので思い出したいろんなことは… | ホーム | セブ最後の朝食に49ペソのパンケーキセットを食べてから出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2900-72eeb8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア