新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 宿のWi-Fiが繋がらなくなったので思い出したいろんなことは…
2014philippines101

 フィリピン滞在も最終日となりました。

2月は短いので今晩のフライトに乗ったらシンガポール着は一気に3月ですから、飛行機の中で腕時計のネジを何度も何度も回さなければなりません。ちなみにPCはわざと日本時間のままにしておきますが、アイポッドタッチはチャンギ空港でWi-Fiに接続すれば自動的に現地時間に変わってくれます。マニラとの時差はありませんけどね。

最後のシャワーを浴びてニュースやメールのチェックをしようかとしたら宿のWi-Fiが繋がらなくなってしまいました。それで朝の散歩のついでにと9時過ぎにロビンソンへ行ってみたら、平日は10時からということでした。さすがに地方都市はのんびりしています。昨日だってジョリービーしかやってませんでしたし…




2014philippines102

 Wi-Fiはあきらめて近所をのんびり散歩しました。

これは宿の近所の床屋ですが、職人さんたちがヒマそうに談笑中でした。お客さんが入ってきたら鏡越しに見えるので席を譲るのでしょうが、日本の感覚からすると問題アリなスタッフさんたちですよね。ちなみに手書きの看板と回らない床屋カラーの柱が私好みですが、タクロバンで切ったばかりですので、また次回にでも…(笑)




2014philippines103

 イロイロではまだこんなバッグも現役みたいでした。

横の部分に空けられた穴はデザインではなくて、生きた鶏を運んだりする時のためもあるんじゃないかと思います。近くには中央市場がありますので、レストランの経営者兼料理長のお母さんが買い出しに行く時に使っているのかもしれません。イロイロはフィリピンじゃ大きな都市のひとつですが、まだのんびりした田舎っぽさを残しています。




2014philippines104

 イロイロはユニフォーム姿の比率も高そうでした。

以前はフィリピンの量販店のユニフォームは上半身だけ揃いのTシャツというのが定番でしたが、マニラは大都会になっちゃいましたのであまり見かけなくなりました。あくまでも私の予想ですが、店や会社から支給されたTシャツで通勤してきて働いて、帰宅後に脱いだものを洗濯機に放り込んでシャワーを浴びて上半身は裸で過ごし、翌朝はまたユニフォームのTシャツを着て…と繰り返してる人も少なくないんじゃないかと思います。もちろんイロイロでも若くてお洒落な人たちは違うと思いますけどね。




2014philippines106

 路上では少女が炭でトウモロコシを焼いていました。

日本だったら小さな子を働かせたら法律で罰せられるでしょうが、堕胎を禁止してるカソリックの比率が高いフィリピンでは少子化はかなり先の話になりそうですし、働く子供は親孝行との見方もあるのでしょう。日本のやけに甘いヤツじゃなくて、皮が硬いトウモロコシを久しぶりに食べてみようかとも考えたのですが、最後のランチにするにはサミシイので止めておきました。トウモロコシならこの先でも似たようなレベルのものがあるはずですし。




2014philippines105

 イロイロでは中心部でこんなものを販売しています。

これもマニラあたりじゃ見かけなくなった建物の上に置くタイプのタンクですが、まだ水道の供給が安定していないのかもしれません。台風も多そうな土地柄ですし、各家でタンクを用意しておく合理性は今でもあるのでしょう。宿でWi-Fiが繋がらなくなったことで昔のフィリピンのことをいろいろと思い出しましたが、イロイロはかつての雰囲気を残してる町だと思います。特に面白いものは見当たらなかったのですが、旅の途中にのんびりするには悪くないでしょう。パナイ島の北部に位置するボラカイ島へも近いですしね。




2014philippines107

 フィリピンでの最後のランチは悩みました。

高価なものは食べたいとは思わないけど、もうチェーン店やフードコートなどは飽きていましたので、町で昔からやっていて地元の皆さんに愛されているような店で食べたかったのです。歩き回っていたら町中にもSMの支店があったので通り抜けてみたら、その先に良さそうなセルフサービスの店を発見しました。

並んでる料理をチェックしてみたら、まるでイタリア料理店みたいでしたので即決しました。炊き込みご飯風なヤツとナスを平たく焼いたオムレツ、そして豚肉と野菜の煮物を選んで123ペソと少し高かったのですが、それだけの価値は充分にありました。もし次にイロイロに再訪することがあればまた食べたい店です。




2014philippines108

 映画と空港行きのために郊外のSMシティに行きました。

宿の目の前から乗り込んだジープニーはSMシティのすぐ近くに横付けしてくれて料金は7,50ペソと割安感がありました。ちなみにイロイロのジープニーは風通しが良さそうなスッキリしたデザインで悪くありません。ただし窓が大きく空いてるので、角を曲がって太陽が当たり出すと女性客は陰に大移動を始めたりしていました。美白肌を願う女心って世界共通なのかもですね。(笑)




2014philippines109

 今回のフィリピン旅行で初めて映画を観ることにしました。

それは近未来のLAが舞台の「Her」という不思議な作品でしたが、今年のアカデミー賞に5部門もノミネートされている秀作でした。日本公開は6月と遅いのでネタばれになることは書けませんが、CGを使ってる場所もわかりにくく、小道具も凝っていたりして楽しめました。

しかし毎年のように上海に行ってる私は上海ロケのシーンがあると現実に引き戻されてしまって感情移入するのに苦労させられました。料金は140ペソと少し高かったのですが、時間も余っていたこともあり、観ておいて良かったと心から思いました。マレーシアでもやってるでしょうが、この手の作品には字幕が邪魔ですからね。




2014philippines110

 映画の後でスーパーに行って小銭を使い切りました。

エアポートシャトル代の70ペソは財布の別の場所に確保しておきましたし、1500ペソくらい残りましたので空港使用料の分も問題ありません。先日の午後に確認しておいたSMシティの北側の乗り場に行ったら出発直前でしたのでタイミングも良いと嬉しかったのですが、小さなバンの中に押し込まれる羽目に。

新空港は日本政府の援助もあってイロイロの中心部から20kmほど離れた辺鄙な場所に移転したのですが迷惑な話です。イロイロの周辺はスカスカですし、沿海部に作れば騒音対策などの費用もたいしたことがなかったのではと思います。わざわざ内陸に作ったのは政治的な理由や警備のし易さなどがあったためかと思います。




2014philippines111

 イロイロ空港は佐賀空港並みのコンパクトさでした。

小さい空港は歩かされる距離が短いので嫌いじゃないのですが、こんなチンケな地方空港の使用料が550ペソと大空港並みでしたので大嫌いになりました。旅行者には必需品のWi-Fiも無く、出発ロビーのイスの絶対量が足りていませんでしたし。こんなクソみたいな空港から今でも増築中の世界一のシンガポール空港へ飛ぶわけですから笑ってしまいます。フィリピン人にとってみたら情けなくて泣きたくなるかもしれませんが。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2014/02/28(金) 23:59)

<<素朴なイロイロ空港から世界一のチャンギ空港に着いて見かけたものは… | ホーム | セブ島からネグロス島経由でパナイ島のイロイロへの船旅の顛末は…>>

コメント
 
フィリピンからシンガポールへ移動なのですね

ラクサ、食べたいな~

ホテルが高いと聞いています
どんなところを利用されるのか楽しみにしています




URL | blueginger #- | 2014/03/01(土) 12:39 [ 編集 ]

  bluegingerさん、おかげさまで…
シンガポールは海風が心地よいです。

ホテルの数は増えているのですが、観光客数も負けじと増えているので高くなっています。おまけに円安ですから痛いですよね。

ラクサはまだですが、帰国はマレーシアからですので近日中に画像をアップできるはずです。
URL | cityde #7xnY8tyg | 2014/03/01(土) 22:39 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2901-6f540f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア