新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 2時間遅れで夜行列車がハジャイの町に着いてみて感じたことは…
2014thai70

 夜が明けても車窓からは先日と変わらない景色でした。

ファランポーン駅でいただいたタイムテーブルによりますと夜が明けてから2時間遅れで夜行列車は進んでいましたが、その駅名と照らし合わせてみたら、もう西側にはミャンマーの領土はありませんでした。昨晩は西側で列車と共に移動する満月を見ながら「この先はミャンマーか…」とぼんやり考えていたのですけどね。ちなみに今回、線路沿いは意外に植林がされていることに気がつきました。国内需要を満たすために必要だからでしょうが、これまで気が付きませんでした。たまには列車にも乗ってみるものですねぇ…




2014thai71

 これは早朝の名も無き駅のありふれた光景です。

物売りは列車内にも乗り込んでくるのですが、私は基本的にこのように窓の外で販売すべきだと思います。早起きしたおばちゃんたちが暗い内から手作りしたチキンの揚げ物などは美味しそうでしたが、朝食にはちょっと重た過ぎますよね。私はバンコクのチャイナタウンで朝食用にクロワッサンなどを購入済みでしたので何も買いませんでしたが、何も準備していなかったら高くても購入したことでしょう。




2014thai72

 夜行列車は2時間遅れでハジャイ駅に到着しました。

正式には「ハートヤイ」というみたいですが、「ハジャイ」と表記されることが多いみたいです。タイ南部ではわりと大きな町で、私も数年前にマレーシアからタクシーで国境を越えた時に数時間を過ごした記憶があります。まあ大きいとは言ってもバンコクに一極集中している現状では何も無い田舎町のひとつに過ぎないですけどね。




2014thai75

 まずはハジャイの町を適当に歩いてみることにしました。

わりとハジャイ駅から近い場所にロビンソン百貨店があり、そこの駐車場の一角の特設売り場でこんな変わったデザインの扇風機を見かけました。縦に2連のタイプと3連タイプのものでしたが、初めて見るデザインでしたので少しだけ欲しくなりました。特に3連タイプのメリットは無いと思うのですが、3段のキャットタワーに3匹の子猫が寝てる姿を想像してみたら「アリかも…」と思えたのです。(笑)



2014thai73

 ランチは安食堂のぶっかけ飯にしてみました。

タイバーツはたくさん持っていましたので、たまには高級な魚介類の専門店にでも行ってみようかとも考えたのですが、メニューに値段が書いてなかったので断念しました。観光客だからとボラれることは無いと思いますが、安いだろうと頼んだものがアホみたいに高い場合もありますのでね。それで無難に野菜とイカの煮物など乗せてもらったら40バーツ(役127円)とお手頃な値段でした。




2014thai74

 食後に映画館を探してみたら、一応シネコンがありました。

3つのスクリーンを遣り繰りして6作品を上映中でしたが、残念ながら私がバンコクで観たものでした。田舎町ですから前回のノンカイみたいにタイ語の吹き替え版ということだってあり得ますが、観たいものがラインナップに無ければお手上げです。ちなみにこのシネコンがあったリーガーデンというモールには無料のWi‐Fiがありましたので助かりました。フードコートではテーブルの近くに電源もありましたし。




2014thai77

 そのモールにはアップル製品を売ってる店もありました。

別のモールの1階にスターバックスがあるのを見かけて驚かされたのですが、こんな店まで成り立ってるわけですからスゴいですよね。まだバンコクにはアップルストアはありませんが、既にグランドオープンに向けてスタッフのトレーニングが始まっているのかもしれません。香港には3店舗もありますので、台北、シンガポール、クアラルンプール、バンコクあたりにはあるのが当然だと思えますが。




2014thai76

 小銭を使い切るためにコンビニでアイスを購入しました。

マレーシア国境までの列車のチケットはハジャイ駅に到着後に57バーツ(約180円)で購入済みでしたので、財布の中のコインは不要だったのです。本当はタイで最後のビールを買いたかったのですが、5時までは販売しちゃいけないというアホみたいなルールが生きていて願いは叶いませんでした。個人商店なら知らないフリして売ってくれたと思いますが、値段がコンビニより高くてお釣りのコインが増えたりしたらイヤでしたのでアイスで我慢することに。




2014maraisia100

 国境までの列車は1時間ほどかかりました。

パダン・ベサールというタイとマレーシアの国境の町の駅に到着したら、同じプラットフォーム上に両国のイミグレーションがありましたので移動距離が短くて楽でした。しかし今日はこの先のマレーシア側を南下する便が満席という話でしたので困りました。懐かしいKTMの制服を着たおじさんにどうすれば良いかと尋ねてみたら、ブリッジを渡って駅の表に出てバスに乗りなさいという話でした。

「タイとマレーシアの間には1時間の時差があるし、アロースターまで70km近くもあるのでちょっとヤバいかも…」と考えながらバスを待ったのですが、日が暮れてもまったくやってきませんでした。途中で知り合ったタイ人たちと「これはタクシーをシェアするしかないかも…」と相談していたら、タイミング良くタクシーがやってきました。

タクシーの運転手によりますと明日の朝までバスは走ってないとのことでしたので、他に選択肢も無いのでタクシーをシェアすることにしました。国境から30kmほど南のカンガーという町のバスターミナルまで行けば頻度は不明ですがクアラルンプール行きが発着してるという話でしたので希望を持つことができました。4人でシェアしましたので、タクシー代も1人あたり10リンギ(約310円)と安かったですし。




2014maraisia101

 カンガーのターミナルはまあまあの大きさでした。

「最悪でもアロースターまでのバスがあれば…」と心の奥で願いつつ窓口で訊いてみたら、30分後に47リンギ(約1455円)でクアラルンプールのプドゥラヤバスターミナル行きのバスが出発するとのことでした。迷うことなく購入して遅い夕食を済ませることに。きしめんに似た麺を炒めた3,50リンギ(約109円)の料理が早そうでしたので注文したら、運ばれてくるまでに15分ほどかかったのでイライラさせられました。のんびりした田舎町じゃ普通のことかもですけどねぇ…





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/03/18(火) 23:59)

<<夜明け前にプドゥラヤバスターミナルに到着して向かった先は… | ホーム | タイからマレーシアへマレー鉄道で南下中です>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2917-4ee9e48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア