新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 友人宅の近くでレンタカーを借りて久しぶりに行ってみたところは…
2014tokyo71

 今朝は友人宅の近くでレンタカーを借りました。

明日の朝のフライトでシンガポールに帰る友人と日光などを周遊してから羽田空港へ送ることにしたからでしたが、まずは友人が泊まっている浅草の宿にピックアップしに行くことに。久しぶりの自動車でしたので、自転車の時のように最短距離を追求しなくても良かったので御徒町駅前を走ってみることにしました。駅前の吉池本店ビルの工事が終わる頃じゃないかと思っていたら、4月25日にオープンするみたいでした。大型連休中はかなり賑わうことになるのでしょう。




2014tokyo72

 友人をピックアップして、まずはスカイツリーへ行きました。

友人はスカイツリーにはあまり興味が無さそうでしたので、周辺をドライブして車窓から見るだけにしておきました。予約しておいたビール工場見学の時間まで少し余裕があったのでセイコーの博物館へ行き、6号線を北上することにしたのですが、ファミリーマートの東向島駅南店のWi-Fiを使ってルート検索している時に偶然に東武博物館を見かけました。1989年に開館していたようですが、奥まった場所に位置しているためこれまで存在に気がつきませんでした。駐車場は無料ということでしたし、入場料は200円と割安感がありましたので次回にでも行ってみようかな…




2014tokyo73

 アサヒビールの工場見学は60分ほどかかりました。

新人のガイドの方とビール作りの工程を見て回った後はお楽しみの試飲の時間でしたが、運転手の私はソフトドリンクしか飲むことができませんでした。友人は主力商品のスーパードライや新商品のプレミアムビールなど試飲して満足していたようですが、私が試したノンアルコールビールは風味が物足りなくて残念でした。日本の技術を総動員すればもう少し美味しくできそうなものですが、引き続き製品の質の向上を頑張っていただきたいものです。




2014tokyo74

 ビール工場から宇都宮方面に北上しました。

294号を走っていたら天守閣のようなものが見えてきたのですが、それは数日前にフジテレビの「有吉弘行のダレトク!?」という番組で見かけた常総市の地域交流センターでした。展望室への入場料が400円もするので、ほとんど開店休業状態らしいのですが、全国ネットの番組で放送されたので少しは入場者が増えたのかもしれません。我々はもちろん行きませんでしたが。




2014tokyo79

 宇都宮市内を抜けて日光方面へ向かいました。

日光の中心部までトイレに行くことを我慢できない状態でしたので途中にあった道の駅に寄ることにしたのですが、そこの駐車場の桜は満開でした。日光とスカイツリーは偶然に同じ高さだという話でしたが、都内に較べて標高が高いので開花が遅れていたようです。予想はしていたことですが、少し得した気分になりました。




2014tokyo75

 日光市内に到着する直前に暗くなってしまいました。

東京の日没は18:20くらいですが、日光は西側が山ですので少し早いのです。東照宮を目指して日光市内を走っていたら、以前と雰囲気が変わっていることに気がつきました。それは電線の地中化工事が行われていてスッキリした印象に変わっていたからでしたが、まだ工事が半分しか終わっていない場所もあってちぐはぐな印象でした。日光への観光客を増やすために整備することに文句は無いのですが、東照宮の入場料金が1300円と高価で16:30までとアホみたいに早かったことに怒りを感じました。




2014tokyo76

 東武日光駅の周辺も整備されて雰囲気が変わっていました。

電柱が撤去された時に歩道の整備もされたようですし、スカイツリー効果を観光地の日光まで広げたいという東武電鉄と地元の商店主たちの意気込みを感じました。東照宮までのバスが発着するバス停には屋根がかけられていましたし、公共交通機関を使っても楽に日帰りできるように配慮されていると思います。

しかし例えば浅草からこの駅まで東武電車に乗ると片道2800円もかかるみたいですし、入場料やバス代や食事代などを合計すると日光観光は1万円が吹っ飛んでしまいます。交通費が高過ぎますし、宗教施設が入場料を取るということも違和感があります。日光の皆さんはお金をかけてキレイに整備したので、多くの観光客に来てもらってたくさん消費してもらいたいのでしょうが、私は二度と行きません。また行ってみたいと友人が言っても「料金に見合う価値が無いので止めておくべき」と助言するでしょう。




2014tokyo80

 日光市の中心部では再開発も行われていました。

船村徹記念館、日本のこころのうたミュージアム、多目的ホール、商業施設、屋台展示場などで構成される複合施設を小倉町周辺整備事業として工事を進めているようでしたが、面白い内容では無いので茨城県以外で話題になることは無さそうです。13日には日光市長選が行われるようでしたが、どんな人が選ばれようと高齢化して思考停止状態のままでしょうから日光の将来は暗そうです。




2014tokyo779

 同じ日光街道を走って宇都宮まで降りてきました。

宇都宮で夕食なら定番の餃子だろうと60分100円のコインパーキングに停めて「みんみん本店」に行ってみたのですが、閉店時間が近かったので店内は空いていました。シンガポールの友人は日本風な餃子を食べるのは初めてということでしたので、水餃子と焼き餃子にライスが付いたセットを2人分オーダーして、揚げ餃子も単品で追加してシェアすることにしました。

シンガポール人からしてみると餃子にライスを合わせることは不思議みたいでしたが、「中国の餃子に較べると皮が薄いから…」と説明したら理解してくれたようです。ただ友人の場合はビールと餃子だけで良かったようでしたが、昼間にビールはたくさん飲んでいましたし、みんみんでは400円もしましたので日本的な組み合わせを試してみたようです。もちろん飲めない私へ気を使ったのもあったのでしょう。




2014tokyo78

 食後に宇都宮の中心部を軽くドライブしました。

人口600万の過密した都市国家に暮らす友人にとってみると街が連続して存在する東京は違和感が無いみたいでしたが、日本の5大都市以外の人口が少ない地方都市の雰囲気も体験してもらおうと考えたのです。それと同時に地方都市中心部の衰退と郊外のモールの隆盛を理解してもらおうとイオン下妻店に寄ってみたのですが、お客さんはガラガラだったのに多くのテナントが22時まで営業していましたので驚いていました。少子化では日本の後を追うシンガポールの将来の姿を友人は想像したかもしれません。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/04/10(木) 23:59)

<<帰国する友人を羽田空港に送って行く前にドライブしてみた場所は… | ホーム | 約2ヶ月ぶりにお好み焼きを食べて出かけた眺めが良かった場所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2946-8575af70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア